「実写」カテゴリーアーカイブ

『ラブ&マーシー』特別映像解禁!トークイベントも決定!


ブライアン“公認”ならではの豪華&こだわりエピソード続々!

ラブ&マーシー』特別映像解禁!

28日に公開記念トークイベント開催も決定!

ブライアン&ビーチ・ボーイズ 時代を超えて愛され続ける名曲を生み出したザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなります。来週末の公開を控え、本作が持つ多面的な魅力を捉えた特別映像が解禁となりました。

公式サイト:loveandmercy-movie.jp

本作が描くのは、創作意欲にあふれた60年代のブライアンと、精神的な問題を抱えた80年代というブライアンの異なる2つの時代。それぞれポール・ダノとジョン・キューザックという演技派俳優が演じている。

60年代のブライアンについて、

ポーラッド監督:・ビーチ・ボーイズや彼を知らない人はサーフミュージックにすぎないと思いがちだ。でも、彼には複雑なハーモニーを聴き取る能力があった。

その研ぎ澄まされた感覚ゆえスタジオミュージシャン達を困惑させる提案を次々にしていく様子や、ポール・マッカートニー、山下達郎、村上春樹も絶賛したというポピュラー・ミュージック史上不朽の名盤「ペット・サウンズ」のレコーディングで実際に使ったスタジオを使ってその制作過程を描いていく“本人公認”作品ならではのエピソードが出演者やスタッフの言葉から次々に明かされていく。ブライアン本人が撮影現場を訪問した場面も捉えています。

そして、精神科医ユージン(ポール・ジアマッティ)の支配下に置かれながら、現在の妻であるメリンダ(エリザベス・バンクス)と出会い、彼女の愛の力で闇の中から再び光を見出していく様子を捉える80年代のブライアンについて、

キューザック:度壊されたものが再生する姿は美しく感動的だ。

と特の表現で説明しています。

撮影が終わるまで、キューザックとダノは役作りについて話し合うどころか接触することさえ一切なかったそうで、そのことについて

キューザック:ブライアンはアーティストで、直感やフィーリングで仕事をしているんだと思う。だから2人の俳優が彼を演じるなら、それぞれが自分の想像力を使うべきだと思った。

ダノ:僕たちは意識的に決めたんだ。これは2人の異なる人物なんだとね。僕は60年代のブライアンの精神を再現しようとし、ジョンは彼が演じるブライアンの精神を再現しようとした。

それぞれが別々のブライアン像を作り上げたにも関わらず、同じビジョンを持ち、その結果それぞれが演じるブライアンが時に全く同じ表情を見せるなど、大きな共通点が生まれていることをこの映像からも感じ取ることができる。

ラブ&マーシー_メイン
また、7月28日(火)にタワーレコード渋谷店で公開記念トークイベントが行われることが決定!

ザ・ビーチ・ボーイズの熱烈なファンとして知られる音楽家の高田漣さん

高田さん:この映画はブライアンを知らない人にとっては衝撃の半生であり、ブライアンを追い続けた僕らにとっては最高のプレゼントであると思います。そして今もブライアンが元気に歌っている事の尊さに涙がこぼれます。素敵じゃないか!

と映画への絶賛コメントを寄せるや音楽評論家の萩原健太などがブライアンやバンド、映画の魅力について語り倒す90分となります。このトークイベントはUstream生配信もあるので、公開前の予習にぴったりですね!


ラブ&マーシー 終わらないメロディー

原題『LOVE & MERCY』

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーです。

公式サイト:loveandmercy-movie.jp

********************************************************************

ものがたり・・・
1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった──。

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ
監督・製作:ビル・ポーラッド 
脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 
製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 
製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 
音楽:アッティカス・ロス
2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分/ PG12

監修:萩原健太 
翻訳:栗原とみ子
配給:KADOKAWA
© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.
  


『ラブ&マーシー』公開前に見ておきたい企画展at代官山蔦屋


時代を超えて愛され続ける名曲を生み出したザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなります。

公開まであと2週間を控えた7月18日(土)より代官山蔦屋で本作公開を記念した企画展がスタートしました!

展示1
ブライアンが愛用していた型を再現したモデルで映画本編でも使用されている>や、ザ・ビーチ・ボーイズの代名詞ともいえるボールドストライプシャツのほか、キャピトル・レコード時代の「ザ・ビーチ・ボーイズ」からブライアンのファーストソロアルバム「ブライアン・ウィルソン」などアナログレコードを展示する。また、本作の場面写真の数々をパネルとしても掲出。

映画公開前にブライアンや映画の世界に触れられる貴重な機会となっています。

●場所: 代官山蔦屋書店音楽フロア(東京都渋谷区猿楽町17-5)
●期間: 7/18 (土)~8/9(日)
●展示内容:『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』パネル
フェンダー社・アメリカンヴィンテージ63年型(白)、ガーベル新潟・ボールドストライプシャツ(赤)      キャピトル・レコード時代の「ザ・ビーチ・ボーイズ」からブライアンのファーストソロアルバム「ブライアン・ウィルソン」、ニューアルバム「ノー・ピア・プレッシャー」などアナログレコード


映画の物語・・・
1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった──。
ラブ&マーシー
********************************************************************

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ
監督・製作:ビル・ポーラッド 脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 音楽:アッティカス・ロス
2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分/原題『LOVE & MERCY』/PG12/監修:萩原健太 翻訳:栗原とみ子
配給:KADOKAWA
公式サイト:loveandmercy-movie.jp
© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

  


『劇場霊』お化け屋敷 ホラー体験はいかが・・・


伝説のホラー『女優霊』から20年、新たなる恐怖の幕が開く

映画『劇場霊

この度、中田秀夫監督最新作『劇場霊』(11月21日公開)の世界を再現した、お化け屋敷「幕張の劇場霊」~あなたのからだ、ちょうだい~ の開催が決定いたしました!
劇場霊お化け屋敷 とある劇場。
記者会見を兼ねた芝居のゲネプロに招かれたゲスト達。
しかし劇場内には、不穏な空気が漂い不可解な出来事が次々と起こる…。それは事故で死んだ女性の魂が乗り移った、呪われた人形が巻き起こす、恐ろしい惨劇の始まりだった。次々に人々を襲う人形。閉鎖された劇場内から、ゲスト達は無事脱出できるのか!?

ゲストが歩いて進むウォークスルータイプのホラーアトラクションで、入口から廊下を進むと守衛室や楽屋を通るなど、あたかも舞台のスタッフになって劇場の裏側に進入したかのように、映画『劇場霊』の惨劇をリアルに体感できます!

【お化け屋敷「幕張の劇場霊」~あなたのからだ、ちょうだい~
実施会場 イオンモール幕張新都心・グランドモール3F・イオンホール
展開期間 8月1日(土)~8月30日(日)
営業時間 10:00~20:00(最終入場時間 19:45)

チケット販売方法・入場料金
全国のローソン・ミニストップにて前売券及び当日券を販売、会場にて当日券を販売。
前売料金:大人・大学生700円 中高生600円
当日料金:大人・大学生800円 中高生700円子供500円(当日券のみ、3歳以上~小学生)


バーチャルホラー体感「劇場霊360°」(無料)
施設外ホワイエロビーにおいて、VRヘッドマウントディスプレイのGear VRを使用し、映画「劇場霊」の恐怖の世界を、360°バーチャル空間で再現した「劇場霊360°」体感コーナー(無料)も併設!!迫り来る足音。逃げられない恐怖。かつてない絶叫ホラー体験にあなたは耐えられるか!?

VRヘッドマウントディスプレイのGear-VR-横
映画『劇場霊

11月21日公開

公式サイト:www.gekijourei.jp
公式Twitter:@gekijourei

ものがたり
映画『劇場霊」ポスター 芸能事務所に入って5年、いまだ役に恵まれない若手女優・水樹沙羅(島崎遥香)は、気鋭の演出家・錦野豪太(小市慢太郎)の新作舞台に端役で出演することに。演目は、若さを保つため少女の生き血を浴びていた実在の女貴族エリザベートの生涯を描く「鮮血の呼び声」。舞台にはエリザベートの内面を映し出す分身の人形が置かれ、その前で沙羅や主演の篠原葵(高田里穂)、野村香織(足立梨花)らは火花を散らしながら連日稽古に打ち込んでいた。そんなある日、劇場でスタッフの女性が変死体で発見される。その直後、今度は葵が転落事故で意識不明の重体に。

葵の降板を受け、沙羅は急きょ主演に抜擢される。ところが稽古中に、沙羅は舞台に置かれた人形が動き出すのを目撃。果たして目の錯覚か、それとも…。劇場にただならぬ気配を感じとった沙羅と美術スタッフの和泉(町田啓太)は、人形を制作した作家・児島(中村育二)を訪ねる。ところがその頃、劇場ではこの世のものとは思えない「ちょうだい…ちょうだい…」という声が響き渡り、新たな惨劇​が巻き起こっていた――。

********************************************************************

『劇場霊』
監督:中田秀夫 『女優霊』(’96) 『リング』(’98)、 『クロユリ団地』(’13)
脚本:加藤淳也、三宅隆太
出演:島崎遥香、足立梨花、高田里穂、町田啓太、中村育二、小市慢太郎

主題歌:「もしもあなたが…」Thinking Dogs(ソニー・ミュージックレコーズ)
配給:松竹株式会社
製作:『劇場霊』製作委員会
©2015『劇場霊』製作委員会
  


「いやし猫DVD 猫侍 玉之丞ときどき春馬」発売が緊急決定


北村一輝主演。コワモテの侍と白猫が活躍する人気時代劇の第2弾『猫侍 南の島へ行く』。

9月5日から全国劇場公開になる『猫侍 南の島へ行く』に先駆けて、白猫・玉之丞の魅力が満載のDVD

いやし猫DVD 猫侍 玉之丞ときどき春馬

の発売が緊急決定しました!

8月20日より全国のローソンで先行発売。9月より一般発売が開始されます。

あなご
<POINT>
①大ヒットを記録した癒し猫DVD「三匹の玉之丞」の新シリーズが待望のDVD化!
昨年8月に発売。並み居る大作を抑え、オリコンDVDランキング2位を獲得した猫だらけのヒーリングDVD「三匹の玉之丞」の続編がいよいよ登場!

②フォロワー数Twitter18,000以上!Facebook16,000以上!
超人気シリーズのドラマ「猫侍season2」。そして9/5から全国公開の「猫侍 南の島へ行く」の猫だけスピンオフ!北村一輝主演ドラマ&映画「猫侍」シリーズより、ファンからの熱い希望で[猫だけ]のスピンオフ第二弾が決定!NGシーンやオフショットに加え、新撮にてあなごプライベート映像も追加!本作のファンならずとも楽しめる猫まみれDVD。

③雑誌「anan」で特集になった奇跡の2匹が夢の競演!
猫界のスーパースター「猫侍」のあなご×ワイモバイルCMで今最も注目を集める春馬のスーパーオフショットを収録!
アフラックのCMや「猫侍」の玉之丞役などで活躍するもっとも有名な白猫“あなご”と
ワイモバイルのCMが「人間くさい!」と話題になり、猫ファンのみならず全ての女子のハートをキャッチした春馬をはじめとし「猫侍」に出演した猫たちの気ままなで愛らしい姿を余すところなく収録!

春馬
★購入方法★
8月20日(木)~から「いやし猫DVD猫侍 玉之丞ときどき春馬」が全国のローソンで先行発売になります!
店内に設置してあるLoppiでは、7月18日(土)より予約開始になります。9月からは一般発売が開始されます。

定価:1,000円(税抜)
※一部取り扱いのない店舗がございます。

≪DVD収録内容(予定)≫
■玉之丞asあなご
■はるまas春馬
■猫さまたち
■ドラマ「猫侍SEASON2」映画「猫侍 南の島へ行く」in玉之丞
■猫さまNG集~ドラマ「猫侍SEASON2」映画「猫侍 南の島へ行く」より
■あなごさんのお部屋訪問(新撮) 
■あなごオーナーに聞く!あなごの事情(新撮) 
■猫さまたちの午後 侵入!ネコ・パラダイス…その他多数収録予定

ジャック
猫侍-南の島へ行く映画「猫侍 南の島へ行く

物語・・・
斑目久太郎(北村一輝)は、無双一刀流免許皆伝の腕前で、“まだら鬼”の異名を持つ剣豪だったが、江戸での仕官が叶わず、今は故郷・加賀藩で姑・タエ(木野花)の恨み節を背中に浴びながら浪人生活を送る日々。そこへタエが、四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰ってくる。単身赴任に気乗りしないながらも、愛猫・玉之丞を連れて土佐藩へと旅立つ久太郎。だが、船着き場を目前にして謎の忍者(木下ほうか)に荷物を盗まれ、分身の術に惑わされている間に四国行の船が行ってしまう。実はその忍者、久太郎と娘・お静(横山めぐみ)の離縁を目論むタエが、裏で手を引いていたのだった!?
それでも小舟を「れんたる」して土佐を目指す久太郎は、空腹やゲリラ豪雨に耐えて島を発見。「四国だ、土佐だ」と喜んだのも束の間、それは島ではなく巨大なクジラだった!果たして久太郎と玉之丞は、土佐にたどり着けるか?

2015年9月5日[sat]より全国ロードショー!!

http://nekozamurai.info/

北村一輝
LiLiCo  髙山善廣
木下ほうか 酒井敏也 緋田康人 / 木野花 / 横山めぐみ

(C)2015「続・猫侍」製作委員会

猫侍-南の島へ行く」
********************************************************************


トレボロウ監督吹き替え文化に触れる『ジュラシック・ワールド』来日記者会見


ハリウッド最高のヒットメーカー:スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めたシリーズ最新作

ジュラシック・ワールド』。

8月5日(水)に満を持して日本に上陸いたします!

この世界的メガヒット作を引っさげ、この度、ヒロイン:クレア役のブライス・ダラス・ハワード、クレアの甥:グレイ役のタイ・シンプキンス、同じくザック役のニック・ロビンソン、さらに初来日となるスピルバーグのお墨付き、コリン・トレボロウ監督が来日!!

日本語吹替え版声優を務める玉木宏さん、木村佳乃さん、松岡茉優さんと共に来日記者会見に参加。トレボロウ監督は「プロモーションでいろんな国をめぐってきましたが、吹替えをされた方々に会うのは初めてです!」と日本のカルチャーに驚かれていました。
『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
『ジュラシック・ワールド』来日記者会見イベント

実施日:7月13日(月)
会場:ザ・リッツ・カールトン東京

登壇者:ブライス・ダラス・ハワード(クレア役)、タイ・シンプキンス(グレイ役)、ニック・ロビンソン(ザック役)、コリン・トレボロウ監督

日本語吹替え版声優
玉木宏(オーウェン役)、木村佳乃(クレア役)、松岡茉優(グレイ役)

MC:本日は『ジュラシック・ワールド』記者会見にお越しいただき誠にありがとうございます。それでは、さっそくお迎えいたしましょう。
『ジュラシック・ワールド』来日
まずは、本作のメガホンを取りました、コリン・トレボロウ監督です。

監督:こんにちは。プロモーションのワールドツアー最後の地が日本なんですが、とても楽しみにしていましたし、今日この場に来られて本当に嬉しいです。美しい日本に来られたことが光栄ですし、嬉しいです。

22年前、創設者のジョン・ハモンドが思い描いていた恐竜たちを間近で見る、触ることのできる「ジュラシック・パーク」が現実になったらどうなるのか。彼の夢を叶えることができました。
コリン・トレボロウ監督
MC:続いて、ヒロインのクレア役を演じましたブライス・ダラス・ハワードさんです。

ブライス:こんにちは。ブライス・ダラス・ハワードです。よろしくお願いします。(日本語)日本に来られて嬉しいです。みんな日本に行けることを待ち遠しく思っていました。皆さんに歓迎していただけて嬉しいです。

私が12歳の時に『ジュラシック・パーク』を観た時と同じように、現代の若者たちも同じ体験をしていると思います。私たちは『ジュラシック・パーク』に敬意を表しています。
ブライス・ダラス・ハワード
MC:ザック役のニック・ロビンソンさん、ご挨拶をお願いします。

ニック:こんにちは。今、とても興奮しています。美しい国、日本の多くの皆さんに映画を観てもられたら嬉しいです。それからみんな恐竜好きなことを願っています。ジュラシックシリーズに参加できてすばらしい体験になったし、本当に嬉しいです。
ニック・ロビンソン
MC:最後にグレイ役のタイ・シンプキンスさん、ご挨拶をお願いします。

タイ:こんにちは。(日本語)タイです。日本は美しいし、とてもお気に入りの国です!実は、いろいろなところに観光に行っていて、京都にも行きました。こんなに素晴らしい作品に参加できて夢が叶いました。
タイ・シンプキンス
記者からの質疑応答

Q:(キャスト全員への質問)恐竜との共演はいかがでしたか。また思い出に残っている撮影エピソードはありますか。

ジュラシック・ワールド3ブライス:アニマトソニクスのおかげで、本当に恐竜がいるのだと思いまいた。だから恐竜に対してしっかり演技をしなくてはいけないと思いました。もちろん想像力を働かせて演技をしましたが、本当に恐竜がいたらと思うとワクワクしました。そんな環境を作ってくださった監督に感謝しています。

ニック:チャレンジすることも、大変なことも多かったです。お気に入りのシーンはタイとバンの後ろに乗って恐竜に追いかけられるシーンです。特殊効果もたくさん使っていて、まさにあのシーンは映画を楽しむための要素がたくさん詰まっています。

タイ:撮影は全部楽しくて想像力をたくさん使って演技をしました。でも何よりも大変だったのは、高所恐怖症なのに、滝から飛び降りなくてはいけないシーンがあって・・頑張りました!

Q:(監督への質問)本作の総製作指揮のスティーヴン・スピルバーグから監督を指名された時、どんな気持ちでしたか。

監督:スピルバーグは私に最も影響を与えた人と言っても過言ではありません。彼は「ジュラシック」シリーズの続編をずっと製作したがっていましたが、ただ作る意味があるのであればと言っていました。私の挑戦はただ『ジュラシック・パーク』を模倣するのではなく、新しいことをする、現代の若者たちへ贈る作品を作ることした。そして私は達成することができました。

Q:(監督への質問)撮影には新しい技術を使われましたか。

監督:いろいろ新しい技術を取り入れましたし、開発しました。その1つにアニマトロニクスがあります。恐竜の質感など本物のように再現することができました。ラプトルはモーションキャプチャーを使っていますが、人が演じることによってよりリアルに、実際いるかのように感じそして感情移入できるようになりました。

Q:(監督、&タイへの質問)球体の乗り物ジャイロスフィアのシーンはいかがでしたか。

ジュラシック・ワールドILMUPaAE監督:ジャイロスフィアは僕らがデザインしました。恐竜を間近に見ることのできる乗り物ですが、後々悪いアイデアだったと気付かされてしまいます。グレイとザック兄弟が恐竜に襲われてしまう。ジャイロスフィアが実際に作って2人に乗ってもらい、ジャングルで撮影しました。
その結果、よりリアルなものにすることができました。

ニック:あの乗り物はとても精巧にできています。ガラスの光の反射角度などにもこだわりがあるんですが、見事に造られています。

タイ:ジャイロスフィアのことを聞いた時、すごい!面白そうと思っていて、実物を見たとき「イケてる!」と感じました。撮影には2ヶ月ほどかかったんですが、イスは硬いし居心地が悪かったので、エアコンまわりとかイスとかもう少しどうにかならないかなぁと思っていました。

MC:ではここで、日本語吹替え版キャストの皆様にご登壇いただきましょう。日本語吹替え版でグレイ役を演じられた松岡茉優さん、クレア役の木村佳乃さん、そして、主人公オーウェン役の玉木宏さんです。まずは玉木宏さん、一言ご挨拶をお願いします。

玉木:オーウェン役の吹替を演じた玉木宏です。13歳の時に『ジュラシック・パーク』を観て夢中になりました。まさかこんな形で参加させていただけるなんて光栄ですし、喜びを感じながら楽しく演じられました。オーウェンを演じるクリス・プラットの演技に合わせつつ、恐竜の怖さもしり、そして彼らに愛情を持っている役であるということを意識しました。

MC:続いて木村佳乃さん、ご挨拶をお願いします。

木村:こんにちは。木村佳乃です。本日はお集まりいただきありがとうございます。『ジュラシック・パーク』は観ていて大好で、今回参加できて嬉しいです。もしこの続編にキャストとしてオファーされたとしたら、夢のようなお話ですよね!私は動物が好きで、また馬術部にも入っていたこともありますので、オーウェンのような女版恐竜調教師役をやってみたいですね。

MC:そして松岡茉優さん、ご挨拶をお願いします。

松岡:はじめまして。松岡茉優です。今回、大好きなシリーズで初吹替えをさせていただいたのですが、タイ君の口元をずっと観察する生活を2週間くらいしていました。タイ君の役は、いろいろと悩みを抱え憂いを帯びている少年だったんですが、恐竜が大好きで元気な男の子を演じようと心がけました。そして今日、初めてタイ君に会って何だか初恋の人に会ったような気持ちがしてドキドキしてしまいました。

タイ:不思議な気持ちです。ちょっとテレますね。


MC:玉木さん、今や映画史に残るオープニング歴代記録を打ち立てた本作、そして監督に一言いただけますでしょうか?

玉木:本当におめでとうございます!とてつもない記録を打ち立てているという素晴らしいニュースを見ました。日本でも公開を待ち望んでいるファンがたくさんいます。日本でも大ヒットすると思います。

監督:プロモーションでいろんな国をめぐってきましたが、吹替えをされた方々に会うのは初めてです。声は個人のキャラクターが出ます、そして観客と映画を繋ぐ大事な部分です。今日3人にお会いして素晴らしい俳優さんたちだと確信しました。

MC:それでは最後に、歴史を塗り替えた映画『ジュラシック・ワールド』に携わった皆さんから、世界で最後に公開される日本の観客のみなさんにこれだけは言っておきたいという一言をお願いします!

監督:この作品は是非、家族みんなで映画館で観てもらいたいです。笑って、叫んで、ワクワクドキドキできる老若男女、全ての人が楽しめる作品です。

ブラス:私が11歳の時、父が監督をした作品のプロモーションで日本に初来日しているんです。日本の皆さんは映画に愛情を持っていて、そして温かいです。そんなすばらしい皆さんに本作を是非、楽しんでもらいたいです。

ニック:映画を楽しんでほしいです。そしてこの映画の素晴らしさを是非、広めてもらえたら嬉しいです。

タイ:なんといっても「ジュラシック」シリーズ最新作なので、是非観てほしいです!

玉木:本作には、誰も見たことのない恐竜の夢があります。そして、恐竜に対して愛情が詰まっています。最新技術を駆使した映像にドキドキハラハラすると思います。

木村:最高のアドベンチャー作品に仕上がっています。是非、字幕版と吹替版の両方を観ていただきたいです。

松岡:『ジュラシック・パーク』ファンは、公開を待ち望んでいると思いますが、是非、劇場に観に行ってほしいです。ザックとグレイの兄弟の絆にも注目してほしいです。お兄ちゃんがだんだんたくましくなっていき、そして弟はお兄ちゃんとの距離を縮めていきます。是非、劇場でご覧ください。

ジュラシック・ワールド
ジュラシック・ワールド』(原題:Jurassic World)

公式サイト:http://www.jurassicworld.jp

8月5日(水)よりジュラシック・ワールド開園!

********************************************************************

監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
脚本: リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァーandデレク・コノリー&コリン・トレボロウ
ストーリー: リック・ジャッファ & アマンダ・シルヴァー
キャラクター原案:マイケル・クライトン

キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン

配給:東宝東和
(C)2015 Universal Pictures