「実写」カテゴリーアーカイブ

平野紫耀 初主演! 『honey』高橋 優 映画初出演!


映画情報どっとこむ ralph 演じるヒロイン・奈緒の叔父 宗介役に!

この度、2012年9月〜2015年12月まで、集英社 別冊マーガレットにて連載され、女の子なら誰もが憧れる史上最高に甘い〝初恋〟を描き、不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんのギャップが、中高生に圧倒的な支持を集めた大人気コミック「honey」(目黒あむ著)が、主演 平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)とヒロイン 平祐奈で実写映画化致します。

この度、本作のヒロイン、平 祐奈演じる奈緒の叔父・小暮宗介(こぐれ・そうすけ)役を、シンガーソングライターの高橋 優が務めていることが解禁されました。小さい頃に両親を亡くした奈緒とずっと一緒にいるために、仕事を辞め、奈緒の両親の喫茶店を継ぎ、毎日奈緒に「おかえり」を言い続ける奈緒のたった1人の家族となります。平野紫耀演じる鬼瀬大雅と出会うまで、奈緒は小さい頃からずっとそばにいてくれた宗介に憧れを抱き続けていました。

今回、高橋 優は映画初出演となります。

映画情報どっとこむ ralph 小暮宗介役 高橋 優(33)コメント 

今回、はじめて映画に出演させていただきました。撮影現場は自分が思い描いていたよりも、はるかに楽しかったです。出演者の皆さんも、スタッフの皆さんもコミュニケーションがとれているし、笑顔の絶えない現場で、僕がいつも音楽の現場でそういう雰囲気作りを心がけてきたので、すごく溶け込みやすかったし、「自分もここにいていいんだな」という気持ちになれました。
(音楽と映画の違いは)普段、歌を歌うときは、僕は作詞作曲をしていて、ステージングまで結構、僕が意見を言ってやらせてもらっている部分が多いんですけど、映画に関しては完全に監督の思い描いているものに自分が近づいていく作業だと思っていて、今までの自分の人生でそういうことをやったことがなかったので、できるだけ、自分がどうやりたいかよりも、監督がどうしたいのかを聞きながら、演じるようにしました。

演じている分には楽しかったんですけど、撮影中、自分のシーンをあんまりチェックしていないので、自分がどういう芝居をしたか、どう映っているか、わからないので気がかりです(笑)なにぶん結果(完成)を見てないのですが、見るのも楽しみにしています!

『honey』は、鬼瀬大雅と小暮奈緒の出会いと恋愛模様が主軸になる作品だと思いますが、それだけでなく、奈緒のバックグラウンドというか人柄、鬼瀬大雅の方にもバックグラウンドがあって、
ひとりひとりの人間物語もしっかりと構築されているお話だと思うので、ただ一概に恋愛の物語という風に限定せずに、ヒューマンドラマとして見ても楽しんでいただける作品なんじゃないかなと僕は思っています。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズ!?
ヘタレでビビりの女子高生、小暮奈緒(こぐれ なお)の前に現れた、誰もが恐れる真っ赤な髪の目つきが鋭い〝鬼S不良男子〟鬼瀬大雅(おにせ たいが)。
奈緒は彼の告白を断ろうとするけど、怖さにビビって断れない。
「…ヨロシクオネガイシマス…」その瞬間から、二人の甘い!?
関係が始まった!??最初は、鬼瀬の一挙一動にビビりまくっていた奈緒も、少しずつ鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということを知り、今まで感じたことがないはじめての想いが芽生え始める。


映画『honey』

2018年 春 鬼キュン♥ロードショー

公式サイト: honey-movie.jp
公式Twitter:honey-movie2018 #映画honey

***********************************

出演:平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.) 平 祐奈
   横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRL) 佐野 岳 
   臼田あさ美 中山 忍 高橋 優
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平 監督:神徳幸治
配給:東映/ショウゲート 
映画クレジット:(C)2018「honey」製作委員会
原作クレジット:(c)目黒あむ/集英社マーガレットコミックス



石井杏奈 19歳の誕生日に始球式!『心が叫びたがってるんだ。』


映画情報どっとこむ ralph 埼玉西武ライオンズ VS 千葉ロッテマリーンズの始球式に、埼⽟県の秩父を舞台に したの実写映画『心が叫びたがってるんだ。』より、仁藤菜月役の石井杏奈が登場︕︕

⽯井杏奈、メットライフドームで、初めての始球式︕


埼⽟⻄武ライオンズ VS 千葉ロッテマリーンズ 始球式
日時:7月11日(⽕)18:00試合開始
場所:メットライフドーム(埼玉西武ドーム)
登壇:石井杏奈

映画情報どっとこむ ralph 埼⽟県の秩父を舞台にした実写試写映画『心が叫びたがってるんだ。』より、仁藤菜月役の⽯井杏奈さんが始球式に登場。

メットライフドーム(埼玉西武ドーム) に大歓声が響き渡る中、「NATSUKI 7.22」のオリジナルユニフォームでマウンドへ!

初めての始球式ということもあり緊張した面持ちの石井さん。
本日7月11日が19歳の誕生日であることがアナウンスで告げられるとにっこりと笑顔。観客も拍手と歓声で誕生日を祝福。

そして・・・

引きしまった表情の石井さんは伸びやかな投球フォームで・・・・

ボールはツーバウンドしてキャッチャーミットへ。
温かい拍手が球場を包み込んだ。


映画情報どっとこむ ralph Q:始球式を終えられて感想を

石井さん:残念ながらノーバウンドでは届かなかったです。実は過去にソフトボール部の役をやらせていただいたり、弟が野球部なのでよくキャッチボールをしていたので、投げる前はちょっとだけ自信があったんです。昨日も弟に会ったら、アドバイスをもらいました。肘から投げるんだ よって(笑)。でも、球場に⼊ってからマウンドとユニフォームを⾒たときに実感が湧いてきて、緊張してしまいました。球場の裏で練習 をしていたんですが、18メートルの距離が届かなくて。それで⼀気に緊張が⾼まりましたね。

Q:リラックスすれば、もっと上手に投げられたかもしれませんね?

石井さん:実は弟が球場に来ていたんです。あとで感想がもらえるかもしれません。

Q:メットライフドームは『ここさけ』の聖地のひとつ。アニメ版の声優さんも始球式を⾏った場所です。

石井さん:今回は仁藤菜月として投げさせていただいたんです。『ここさけ』に関わっていたからこそできた始球式だと思いますし、野球を好きなみ なさんにも『ここさけ』を⾒ていただけたらなと思いながら挑みました。『ここさけ』がもっと広がればいいなと思います。

Q:この始球式で『ここさけ』を知った方々に、作品のみどころをお伝えください。

石井さん:4人の登場人物の青春物語です。観た方はきっと4人の誰かに感情移入できると思います。勇気を出してみよう、自分の殻を破っ てみようと私も感じることができました。いろいろな⼈の背中を押す作品になれば良いなと思っています。

Q:そして本日は19歳の誕生日ですね。おめでとうございます。19歳になっての意気込みをお願いします。

石井さん:19歳は……仁藤菜月みたいな⼥性になりたいです︕⾼校生なのに⼤⼈っぽいですし、正義感もあって、まわりからも愛される女の子で、私自⾝も憧れています。こんなふうに誕生日を過ごせるなんて思ってもいませんでしたし、何年経っても忘れない19歳の誕生日になりました。

映画情報どっとこむ ralph

物語・・・
目の前の“⼤切な⼈”に「好き」と⾔えない4⼈の物語。 ⾼校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実⾏委員に任命されてしまう。⼀緒に任命されたのは、おしゃべりが出来ない少⼥・成順。彼⼥は幼い頃、 ⾃分の⼀言で、両親が離婚してしまい、それ以来誰にも心を開かなくなっていた。その他、優等⽣の仁藤菜月、野球部の元エース田崎⼤樹が選ばれた。実は拓 実と菜月は元恋⼈で、2⼈は⾃然消滅した後、お互いに気持ちを確認できずにいた。任の思惑で “ふれ交” の出し物がミュージカルに決定。「ミュージカルは奇 跡が起こる」という⼀言に、勇気を出した順は詞を書くことを決意し、さらに主役に⽴候補する。そんな彼⼥の姿に感化された拓実が曲をつけることに。順は拓実の 優しさに好意を寄せるようになり、菜月は⾃分の想いを諦め、そして夢を追う順の姿に⼤樹は好意を寄せ始める。目の前の⼈に想いを伝えられず、すれ違う4⼈。 そして、舞台当日「やっぱり歌えない」と順は消えてしまい、拓実は順を探しに⾏く。しかし、舞台は、主役不在のまま幕をあける…

公式サイト
kokosake-movie.jp

7月5日(水)六本木ヒルズアリーナでの完成記念プレミアイベントの模様はこちら

***********************************

原作:超平和バスターズ
監督:熊澤尚人
出演:中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛⼀郎 / 荒川良々、大塚寧々
配給:アニプレックス
(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会
(C)超平和バスターズ


浅川梨奈・犬飼直紀・足立紳監督 「14の夜」トーク&DVD特典お渡し会


映画情報どっとこむ ralph 2016年12月の公開時から強い共感を呼んだ話題作、映画『14(じゅうし)の夜』のDVDが7月12日(水)よりリリースとなります。

本作は『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得するなど、国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いた、今映画界から最も注目される脚本家・足立紳の監督デビュー作です。

そのDVDリリース(7/12)を記念し、一足先にファンの皆さんにDVDを届けるべく!浅川梨奈さん、犬飼直紀さん、足立紳監督さんによるトークイベント & DVD特典お渡し会が行われました。

<「14の夜」トークイベント&DVD特典お渡し会>
日時:7月11日(火)
場所:書泉ブックタワー秋葉原店
登壇:浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、犬飼直紀、足立紳監督

映画情報どっとこむ ralph 7月12日(水)よりDVD発売!

DVD発売前日の7/11に行われたトークイベント&DVD特典お渡し会には、主演の犬飼直紀さん、浅川梨奈さん、足立紳監督が登壇。
足立監督:9割10割浅川さんのファンでしょうか(笑) ありがたい気持ちでいっぱいですね。

と挨拶すると会場から笑いが起こった。
本作は監督、脚本を務める足立が8年前からずっと温めていた企画。キャストの犬飼さん、浅川さんは自身の役柄について

犬飼さん:オーデションが土日にあって、すぐに決定の連絡がありました。決まってすぐは自覚がありませんでしたが、すごく嬉しかったですね。それぞれキャラクターが個性的なので、どんな人が集まるんだろうと楽しみでした。

浅川さん:最初に台本を頂いた時に、最初に出てきた(タカシ(犬飼さん)が妄想のなかでおっぱいを揉む)レンタルビデオ屋の女性店員の役だと思って。『私、これをどう演じればいいの!?大丈夫かエイベックス!』と思いました(笑) 、読み進めてメグミ役だと気づいて。普段使わない口調で、タカシにわーっと詰め寄るところもあって驚きましたが、初めてのヤンキー役は新鮮で楽しかったな。スタッフからしっくりきてるとも言われました。

このコメントに観客が一斉に頷くと、

浅川さん:あ!いま頷いたみんなの顔覚えてるんで。

とファンにニラミをきかせると。ファンがにやける場面も。でも、本作のこの演技を観た映画関係者が浅川さんをオファーする事が多いそう。ある意味はまり役です。

映画情報どっとこむ ralph 1987年が舞台の本作は、美術にも並々ならぬこだわりがあり

犬飼さん:自分が知らない時代の役でしたので、セットが助けてくれたところもありました。

と、語る犬飼さん。
現場にはまだ10代のキャスト陣にはわからないキン消しやVHSの数々があったそうで、ポスターにもなっているレンタルビデオ店は、実際にあるまだVHSを置いているレンタルビデオ店に足立監督自ら交渉し、ロケ地に選んだそう、

足立監督:僕の持っているポスターやVHSビデオを置いたんです。いや、あんまり細かく見すぎると、1995年くらいの映画がバンバン置いてあるから!

と突っ込みは無しでと、ただ、ある洋画のポスターは大人の事情で後から消したそうです。。
初主演の犬飼さん。

犬飼さん:見たよ!って言ってくれる方が本当に多かったですね。自分の代表作で、自己紹介のような映画だと思っています。あと、プールに全裸で飛び込んだりしたのでメンタルが強くなりました。

また、本作以降、女優としての活動がぐっと増えた浅川さんは、

浅川さん:出演作のプロデューサーや監督から“見たよ”“(本作を)見て浅川さんが気になった”と言われることが多かったです。自分の殻が破けて、新たな一面をファンやいろんな方に見ていただけた。

と、足立に感謝の気持ちを表す。二人からの嬉しいコメントに

足立監督:この二人は本作の出演以降、仕事が来てるので僕も嬉しいです。これからもっと売れても、『14の夜』をずっとプロフィール欄に残しといてね。消えると傷つくから…


と懇願すると大きな笑いが起きた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

浅川さん:今日いらっしゃったみなさん、今日は家に帰って早速DVD再生してくださいね。それにほら、DVDって何枚も買えると思うので、1枚とは言わず、買ったらお友達にじゃんじゃん布教してください(笑) いつかみんなで時間を合わせて、twitterのフォロワーさんたちと「14の夜」実況やりたいなと思ってます!

とトークイベントは終了。

DVD特典お渡し会に移行し、ファンと丁寧なお渡し会に!

映画情報どっとこむ ralph 「14の夜」 商品情報 7月12日(水) リリース

14の夜[DVD] 4,700円+税
品番:DSTD03990【スペック】 本編 + ●映像特典
◆メイキング(予定)
◆劇場予告(予定)
【公開日】2016年12月公開
【視聴制限】※小学生には助言・指導が必要。COLOR/本編113分(予定)/片面2層/1.主音声:ドルビー5.1ch/16:9 LB 【販売元】東映株式会社
【発売元】東映ビデオ株式会社
(C)2016「14の夜」製作委員会

※商品の仕様に関しましては、予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

***********************************

【キャスト】
犬飼直紀 濱田マリ 門脇 麦 和田正人 浅川梨奈(SUPER☆GiRLS) 健太郎 青木 柚 中島来星 河口瑛将 稲川実代子 後藤ユウミ 駒木根隆介 内田慈 坂田聡 宇野祥平 ガダルカナル・タカ /光石研
【スタッフ】
脚本・監督:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:キュウソネコカミ「わかってんだよ」
(Ge8ng Be PG-12
   


とにかく明るい安村さん目標減量越え16㎏落とす『ビニー/信じる男』


映画情報どっとこむ ralph 世界チャンピオンに輝いた直後に交通事故で瀕死の重傷を負い、歩けるようになることも不可能と言われる中で自分を信じてトレーニングを重ね、頂点へのカムバックを目指した伝説のボクサー、ビニー・パジェンサ。

マイルズ・テラーが、実在する伝説のボクサーを演じた『ビニー/信じる男』が7月21日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開します。
本作応援隊長である、とにかく明るい安村さんは、劇中でビニー・パジェンサを演じたマイルズ・テラーが役作りで落とした体重と同じ13キロの減量に挑みました。わずか2ヶ月で、目標を上回る16キロもの減量に見事成功。代名詞とも言える「安心して下さい!履いてますよ!」の“全裸ポーズ”ができなくなった身体で新ネタも披露し大盛り上がりのイベントとなりました。

日時:7月11日(火)  
場所:神楽座
登壇:とにかく明るい安村

映画情報どっとこむ ralph マスコミの期待が高まる中、まずは4月のイベント時93.1キロだった時に撮影された、とにかく明るい安村さん等身大パネルが登場。

たった二か月で13キロ減量という目標を達成できたのか・・・という不安をMCも吐露する中、ガウンを着た安村さんが颯爽と登場。ネットでもその激痩せっぷりが話題となっている中、

安村さん:行きますよみなさん!

と声をかけながらガウンを脱ぎ、痩せた身体を披露。2か月前の等身大パネルと並び、その明らかなシルエットの変化に会場も拍手喝采。

安村さん:どうですか!?みなさん!!

と終始ドヤ顔でポーズを取りアピールした。2か月前の等身大パネルを見て、

安村さん:よくこんなので生きてたと思いますよ。

と自虐した。


映画情報どっとこむ ralph あまりの痩せっぷりにMCも困惑しつつ、これまで鉄板ネタであった“全裸に見えるポーズネタ”への影響を質問。

安村さん:パンツは見えません!

と言い張る中、さっそくネタを実践。減量前と同様にポーズを取るものの、会場の予想通り全くパンツが隠れず、MCからは「ずっと安心してましたよ!」と鋭いツッコミを入れられ、

安村さん:最近営業で地方に行くと、子供たちからも“見えてる見えてる!”って言われるんですよ!

と指摘が入ることを明かした。

映画情報どっとこむ ralph 見た目は明らかに変化したものの、注目すべきはその体重。今回の13キロ減量という目標は、本作で“伝説のボクサー”ビニー・パジェンサを演じたマイルズ・テラーが役作りで実際に落とした体重から設定されたもの。前回4月に行われたキックオフイベント時に、もし目標体重に届かなかった場合、劇中のビニー同様に自身の貯金を全額カジノにつぎ込むことを宣言していた安村さん。会場に見守られる中、運命の体重測定を実施。MCが体重を読み上げると、なんと77.0キロ。目標を上回る、16キロもの減量に成功した。これにはMCはもちろんご本人も驚きつつ、

安村さん:マイルズ・テラー超え、ビニー超えですね!!!

と声高らかにアピール。まさにハリウッド俳優級の減量を達成した安村さん。見事目標を達成したご褒美のチャンピオンベルトを巻き、ご満悦の様子で

安村さん:綾部さんはまだ東京にいるらしいので、先に僕がハリウッドでデビューしたいと思います!

と宣言した。見事目標体重をクリアした安村さんは、トレーニング中の辛かったことについて聞かれると、

安村さん:家族でご飯を食べに行っても、僕だけ食べないなんていうのもあって・・・子どもから心配されました。

と明かした。


また、レイザーラモンHGやなかやまきんに君といった“筋肉芸人”と話す機会が増え、トレーニングや食生活のアドバイスをもらったそう。しかし、それ以外の周囲の芸人からは「大丈夫かお前?」と本気で心配されていたことを告白した。

減量に伴って、以前のようにうまくパンツを隠すことができなくなってしまった“全裸ポーズネタ”。それに代わる新ネタを今回考案してきた安村さんは、BGMに乗せ“普段の生活がボクシングっぽくなってしまうポーズ”を披露。

安村さん:これでハリウッドに殴り込みます!!一年後には筋肉芸人を目指して頑張ります!

と宣言。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、いよいよ公開が10日後に迫った本作の見どころを聞かれ

安村さん:再起をかけた男の熱い闘い、是非劇場で御覧ください!安心して下さい!面白いですよ!!

とアピール。大盛り上がりの中、イベントを締めました。

ビニー/信じる男

原題:BLEED FOR THIS

物語・・・
アメリカ、ロードアイランド州プロビデンス。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界ジュニアミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い周囲の人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。

***********************************

監督・脚本:ベン・ヤンガー「マネー・ゲーム」
製作総指揮:マーティン・スコセッシ「沈黙サイレンス」
出演:マイルズ・テラー「セッション」、アーロン・エッカート「ハドソン川の奇跡」、ケイティ・セイガル「ピッチ・パーフェクト2」、キアラン・ハインズ「沈黙サイレンス」、テッド・レヴィン「シャッターアイランド」
提供:ファントム・フィルム/KADOKAWA 
配給:ファントム・フィルム 
宣伝協力:ブリッジヘッド
/2016年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/117分
日本語字幕:林完治
    
   
    
   


『アトミック・ブロンド』“最強の女スパイ”降臨。場面写真初解禁!


映画情報どっとこむ ralph 10月20日(金)より日本公開決定した『アトミック・ブロンド』。
主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、アカデミー女優で、近年では『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で高い評価を受けているシャーリーズ・セロン。
監督は、『ジョン・ウィック』共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチ。
共演には、『X―MEN』『ウォンテッド』の演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のガゼル役で一躍注目され、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では敵役に起用されたソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)など実力派俳優が脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph その場面写真初解禁されました!

お披露目されたのは、先日解禁となった特報でも話題の激しいアクションシーン。
シャーリーズ・セロン演じるイギリスの諜報機関MI6のエージェント、ロレーン・ブロートンがブロンドヘアを振りかざしながら、次々と敵をなぎ倒すカットです。
ミニスカートにニーハイブーツ、と敵を倒す姿も超絶スタイリッシュ!

このシーンの経緯も気になるところです。

また、そのほかにも解禁された写真からは、ネオンライトの下、シャーリーズ・セロンの美しいスパイ姿を捉えた場面写真が2枚解禁され、それぞれの鋭い眼差しで見つめる姿は、隙を見せないオーラを纏っています。
赤いライトに照らされた写真では胸元がセクシーに開いた服を着、タバコを手にするロレーン。その眼差しの先に待ち受ける相手とは。
また、ロレーンがジェームズ・マカヴォイ演じる、ベルリンに潜入中のMI6のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルと並んで歩く姿も。ベルリンの壁も横には見え、本作の舞台である80年代のベルリンを感じさせます。
シャーリーズ・セロン演じる美しき最強の女スパイ、ロレーン・ブロートンが激動のベルリンを舞台にどんな活躍を見せるのか、全米公開をいよいよ今月末に控え注目が集まる本作の続報に今後もご期待ください。

アトミック・ブロンド

公式 HP
http://atomic-blonde.jp/
Twitter
@atomicblonde_jp/

シャーリーズ・セロン演じるMI6の女スパイ、ロレーン・ブロートン.。
しなやかな肢体から魅せるガンさばき。
消された諜報員と消えた最高機密のリストの奪還を命じられたロレーンは、世界の運命を握るリストの行方を追ってベルリンに訪れ、世界中のスパイとの争奪戦が繰り広げられる。


***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)
キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテ ッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテ ン・アメリカ』シリーズ)他
2017 年/アメリカ映画/115 分
配給:KADOKAWA