「実写」カテゴリーアーカイブ

窪田正孝ら11人登壇!『東京喰種 トーキョーグール』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 世界累計3,000万部の発行部数を誇る話題沸騰の超人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」。原作コミックから、アニメ化、舞台化、ゲーム化を経て、衝撃の実写映画化となったことでも話題となり、今夏注目度No1作品です。

7月29日(土)の全世界公開に先がけ、本作の完成を記念し、豪華キャストが登壇するジャパンプレミアの開催が行われ、超豪華登壇者総勢11名が勢ぞろい!
ロビーに敷かれたレッドカーペットをキャスト陣が歩きレッドカーペットセレモニー。
そして舞台を劇場に移して舞台挨拶が行われました!

映画『東京喰種 トーキョーグール』ジャパンプレミア

日付:7 月10 日(月)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:窪田正孝、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、小笠原海、白石隼也、相田翔子、栁俊太郎、前野朋哉、萩原健太郎監督

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットセレモニー

エスカレーターを2名ずつ降りてくる演出!
全員が集まったところで窪田さんによる挨拶
窪田さん:今日はありがとうございます!東京喰種が日本で上映されます。石田スイ先生の凄くメッセージ性のある作品。自分で生きているつもりでも生かされていたりとか、周りの人への感謝したくなる物になりました。エンターテインメント性もヒューマンドラマとしても面白い映画です!楽しんでください!
「この夏、世界は!」に会場中が「東京喰種(トーキョーグール)!」で答えレッドカーペットセレモニーがスタート。
レッドカーペットでのTVのインタビューとファンへのサービスが行われました。

映画情報どっとこむ ralph そして、舞台挨拶へ。

先日のLAワールドプレミアから戻ってきた窪田さんには、「お帰り!」の声も。
窪田さん:海外でもファンのみなさんの熱がすごかったです!カネキも40人くらいいました!

と興奮気味に力説。日本のファンにジャパンプレミアでいち早く映画を観てもらえる喜びを語った。

また原作ファンでもある桜田さん、小笠原さんが、本作に出演できた感動を熱く語る一方で、前野さんは会場となった丸の内ピカデリーでかつてアルバイトをしていたことを告白。

前野さん:自分が出演した映画の舞台挨拶で、バイトしていた映画館に立てて緊張するけど、楽しい!
と語り、会場からも笑いと拍手が巻き起こった。

さらにステージでは、キャストたちが自身が演じたキャラクターへの思いや見どころなどをコメント。
自身が原作で一番好きだという亜門鋼太朗役を演じ、劇中で見事な肉体美を披露している鈴木さんは、
鈴木さん:亜門は漫画で腹筋が180個ぐらいに割れているから、どうやって近づけようと言うところから始めました!で、窪田さんがすごく動けるから、アクションも楽しかったです!

と笑顔。

大泉さんはお調子者ではない「喰種“捜査官”の真戸呉緒」役に惹かれオファーに即答したことを明かしつつ、原作での独特な風貌に対し
大泉さん:“マドクレ”(真戸呉緒)の見てくれがヒドい!!なのにキャスト発表の際にネットで「ぴったり」「そのまんまだ」って!あの顔には寄せようがないから、嬉しいけどちょっと違うんだよな!
と語り、会場を笑いに!

映画情報どっとこむ ralph 主人公カネキの運命を変える喰種・神代利世を演じた蒼井さん
蒼井さん:カネキがちょっと突けば引っかかるから、演じていて楽しかったです。

と役柄顔を彷彿とさせる魔性っぷりをのぞかせつつ、

蒼井さん:完成した映画を観たときは泣いてしまい、大好きな映画になりました。

と作品への自信を語った。


西尾錦役の白石さんは、
白石さん:カネキを一番最初に本気にさせる相手なので、映画前半の盛り上がりとしてがんばらないと

撮影時の意気込みを吐露。さらに同じシーンで共演した

窪田さん:ころころ転がされて…強すぎる!
小笠原さん:僕は錦先輩にされるがままでした!

と、応答。

桜田ひよりさんは、原作ファン。この役をやりたいと言っていたそうで

桜田さん:監督とお話して、喰種としてではなくて、一人の人間の女の子として、等身大で演じようと心がけました。

と話すと、桜田さんの母親で優しい喰種・笛口リョーコ役の相田さんは、
相田さん:演じていて辛いシーンもあったが、娘を守ろうとするシーンは気持ちを強く持って演じました。試写を見たら、映像も美しく愛に溢れていて、蒼井さんと同じように泣いてしまった。

と感動したことを明かした。
映画情報どっとこむ ralph 四方蓮示の柳さんは、

柳さん:四方は寡黙で責任感が強く、男が見てかっこいい男。常にかっこいい部分を意識しながら演じました
と熱っぽく役へのこだわりを語りました。

亜門と真戸に憧れる捜査官の草場を演じた前野さんは、打って変わって

前野さん:草場はいい奴だけど仕事はできない!最初は亜門や真戸に怒られているけど、彼らの仕事ぶりを見て気持ちが変わっていく、いたってリアルな登場人物として演じました。

と役作りのポイントを披露した。
萩原監督:『東京喰種』の魅力は一番はキャラクターだと思う。キャラクターがそれぞれ正義や葛藤を抱え、真摯に向き合いながら過ごしている。だから何が正解かわからなくなる、そういう部分を映画でも見てもらえたら。

と観客にメッセージを贈りました。

映画情報どっとこむ ralph そして舞台挨拶も終了間近を迎えたところで、登壇者へのサプライズプレゼントが!
なんと原作者の石田スイ先生による、窪田さんをモデルにしたカネキの描き下ろしイラストが突然お披露目された。窪田さんをはじめとするキャスト陣も、ハイクオリティなイラストに大興奮。

石田先生が多忙な連載生活の中、なんとかジャパンプレミアまでに完成させたことを聞くと、

窪田さん:感謝の言葉しかないです!
と感激しきり。さらに、カネキ以外にも、石田スイ先生が描き下ろした映画に登場するキャラクターのイラストが、本作公開時の入場者プレゼントになることも発表!

キャストからも歓喜!会場から大歓声が上がりました。

最後は、

窪田さん:この映画をぜひ皆さんの手で、世界に羽ばたく作品にしてもらえたらと思います。

と締めました。


映画情報どっとこむ ralph 東京喰種 トーキョーグール
7月29日 世界公開

公式サイト:
tokyoghoul.jp

人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ/窪田正孝)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ/清水富美加)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(Commission of Counter Ghoul)の捜査官・亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。



***********************************

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載

出演:窪田正孝
清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
村井國夫 / 小笠原 海 白石隼也 相田翔子 栁 俊太郎 坂東巳之助
佐々木 希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松 了

監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎
音楽:Don Davis
主題歌:illion「BANKA」

配給:松竹
©2017「東京喰種」製作委員会
©石田スイ/集英社
    


秩父高校に中島健人 芳根京子がサプライズ訪問『心が叫びたがってるんだ。』


映画情報どっとこむ ralph 実写映画『心が叫びたがってるんだ。』が7月22日(土)より全国公開となります。

目の前にいる大切な人に好きと⾔えない若者たちが素直な気持ちを伝えていく物語。
この夏、爽やかな感が 日本中を包み込む、⻘春共感ラブストーリーです!
7月10日、中島健人と芳根京子が、映画のロケ地となった埼⽟県立秩⽗⾼校に感謝を込めてサプライズ訪問!

撮影のお礼と映画完成の報告とともに、⾼校生の等身大の悩みを描いている本作同様、「いま叫びたい青春の悩み」をテーマに、⾼校生から寄せられた相談に答えました。

『心が叫びたがってるんだ。』 秩⽗⾼校サプライズイベント
日時:7月10日(月)
場所:埼⽟県立秩⽗高等学校
登壇者:中島健人 芳根京子 清水博之プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 原作の舞台でもある秩⽗でほとんどが撮影され、今回訪問した秩父高校も重要なシーンの撮影が行われた場所。

その⼀つは屋上での、4⼈が集まりミュージカル制作の打ち合わせをするシーン。
武甲山はもちろん秩⽗市内が⼀望できるパノラマをバックに、初めてメインキャスト4⼈が揃った撮影。
今回のイベントでは「ここさけ」のプロデュー サーが撮影のお礼と映画完成の報告に来た!という名目で、全校生徒約700⼈に体育館に集まっていただき、 本作プロデューサーの清水博之が登壇。撮影のお礼と映画完成の報告をし、

私ひとりでは、この映画の魅⼒を伝えき れないと思ったので、今日は助っ⼈に来てもらっています!

と話すと、会場にはざわめきが。

MCが中島健⼈と芳根京⼦を 紹介すると、割れんばかりの歓声があがり、生徒たちが両手で手を振り、それに応えながら、二⼈が登場した。

中島さん:元気ですか?秩父という『ここさけ』が生まれた場所で撮影ができて幸せでした。

芳根さん:今日は球技⼤会ということで、時間をいただきありがとうございます。少しの時間ですが、みなさんと⼀緒に素敵な時間を過ごしたいと思います。

本作は、ここ秩⽗が舞台。思い出がありますか︖

中島さん:秩⽗のみなさんは人柄が素敵です。東京でのロケはギャラリーの⽅は最後までいらっしゃいますが、秩父の⽅は必 ず8時に帰ります。しっかりされている⽅が多いという印象があります。

芳根さん:豚みそ丼を食べました。おいしかったです。わらじカツ丼も食べました。撮影で1か月ちょっと秩父にいたので大好きになりました。

⾃分の役の特にここを見て欲しいところは?

中島さん:僕が演じる拓実が「武甲のお月さま」をおじいちゃん、おばあちゃんとおいしそうに食べるシーンがあるんです。あれは おいしかった。

芳根さん:(⾒どころは)全部!4⼈が本当にキラキラ輝いているので全部見てほしいです︕

映画情報どっとこむ ralph ここで青春Q&Aコーナーに

わたしは上がり症なのですが、どうやったら緊張せずに人前に出れますか︖という質問。「ここさけ」の中で芳根さんが 演じている順ちゃんも人と話すことが苦手で、しゃべるとお腹が痛くなってしまうという⼥の子でしたが・・・

中島さん:僕もすっごく緊張します。

芳根さん:⾹川照之さんにご相談したら、その緊張を超える経験をすれば今の緊張は小さく感じるようになるから何事も経験だと。だから今はたくさん緊張していいんだなと思いますし、ある程度緊張感をもって伝えると、より伝わると思います。

中島さん:いい緊張はいいパフォーマンスにつながります。僕は緊張と友達になります。目標をもって、目標を達成するために、 緊張に負けるわけにはいかないという意思があれば、緊張も⾃然に友達になり、味⽅になると思います。あとは深呼吸して リラックスして臨んで!。

Q:好きな⼈と中々話せません。という質問です。
中島さん:こう⾒えてシャイなんです。普段は「セクシーサンキュー!」などと言ってますが、プライベートでは言いませんしし、本当に好きな子の前ではドキドキしちゃう。だからいつもより多めに感謝の気持ちを⾔います。ありがとうをたくさん言って、ほかの誰よりもあなたに感謝していますという気持ちを伝えます。

芳根さん:私は何もできないです・・・心は⾼校生のままで・・・。

と、可愛らしい回答のお二人。


芸能人になりたい!や好きな人が出来ないなどのどうすれば?な質問に丁寧に答えるお二人。

Q:⼤⼈になって⾃分で積極的にいろいろすると、しゃしゃり出ている感じで周りから嫌われないかなと。

芳根さん:全然そんなことはないです。平気だと思います。私が人見知りなので、すごくかっこいいなと思って聞いていました。

中島さん:かっこいい!この場で手を挙げられること、素敵なことだと思います。なにか変わったことをすれば、反対意⾒は必 ずあるけど、それは悪いものではないと思うし、前に進む気持ちを持って⾃分らしくいれば、きっと夢にたどり着くと思います。 ありのままで突っ⾛っていってください。いい生徒会⻑、いい学校だね。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

中島さん:この作品は、“最⾼の失恋”を描いています。でもその失恋は悪いことではなくて⾃分が強くなるものだと思います し、今日という日、明日という日がものすごく楽しみになる作品になってます。ぜひこれを観て、今思っていることを思いっき り叫んじゃってください。

芳根さん:大切な人と⾒て、心にあることをぜひ、叫んでほしいなと思います。胸を張ってお届けできる作品を作れたと思って いますし、この作品を作れたのは秩⽗のみなさんのおかげだと思っています。

実写映画『心が叫びたがってるんだ。

7月22日(土)より全国公開です。



物語・・・
目の前の“⼤切な⼈”に「好き」と⾔えない4⼈の物語。 ⾼校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実⾏委員に任命されてしまう。⼀緒に任命されたのは、おしゃべりが出来ない少⼥・成順。彼⼥は幼い頃、 ⾃分の⼀言で、両親が離婚してしまい、それ以来誰にも心を開かなくなっていた。その他、優等⽣の仁藤菜月、野球部の元エース田崎⼤樹が選ばれた。実は拓 実と菜月は元恋⼈で、2⼈は⾃然消滅した後、お互いに気持ちを確認できずにいた。任の思惑で “ふれ交” の出し物がミュージカルに決定。「ミュージカルは奇 跡が起こる」という⼀言に、勇気を出した順は詞を書くことを決意し、さらに主役に⽴候補する。そんな彼⼥の姿に感化された拓実が曲をつけることに。順は拓実の 優しさに好意を寄せるようになり、菜月は⾃分の想いを諦め、そして夢を追う順の姿に⼤樹は好意を寄せ始める。目の前の⼈に想いを伝えられず、すれ違う4⼈。 そして、舞台当日「やっぱり歌えない」と順は消えてしまい、拓実は順を探しに⾏く。しかし、舞台は、主役不在のまま幕をあける…

公式サイト
kokosake-movie.jp

7月5日(水)六本木ヒルズアリーナでの完成記念プレミアイベントの模様はこちら

http://eigajoho.com/?p=76163

***********************************

原作:超平和バスターズ
監督:熊澤尚⼈
出演:中島健⼈、芳根京⼦、⽯井杏奈、寛⼀郎 / 荒川良々、⼤塚寧々
配給:アニプレックス
(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会
(C)超平和バスターズ


吉沢亮、新木優子、杉野遥亮で「あのコの、トリコ。」実写映画化!


映画情報どっとこむ ralph 芸能界を舞台にした幼なじみ3人の
“キラキラ”三角関係ラブストーリー!
あのコのためなら何だってできるんだ。恋をすると、オトコは変わる。

「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊4巻のコミックスは累計部数50万部を突破。大好評により続編も決定している白石ユキの大人気漫画「あのコの、トリコ。」の実写映画化が決定しました。
芸能界を舞台に、幼い頃に役者になることを誓い合った幼なじみ3人の恋物語!

メガネ男子×人気モデル×人気俳優の三角関係の行方は…?“キラキラ”な芸能界を舞台に“キラキラ”すぎる3人が織り成す、今までにない“キラキラ”三角関係ラブストーリーが誕生します!

映画情報どっとこむ ralph 地味で平凡、女子に見向きもされないメガネ男子の主人公:鈴木頼(すずき・より)を演じるのは、「仮面ライダーフォーゼ」(11-12/EX)で注目を浴び、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13/小泉徳宏)や、『アオハライド』(14/三木孝浩)、『オオカミ少女と黒王子』(16/廣木隆一)などに出演し、『銀魂』(17/福田雄一)、『斉木楠雄のΨ難』(17/福田雄一)、『リバーズ・エッジ』(18/行定勲)と公開待機作が数多く控えている若手実力派俳優、吉沢亮。「きれいすぎる顔」と評される吉沢が、一途に恋する地味男子の一瞬の輝きを、魅力全開に体現する。

吉沢亮 コメント
原作を読んだ時、男目線で話が進んでいくということが、すごく珍しいと思いました。鈍臭い男の子が主人公で、彼の成長物語が少女マンガであるということが、面白いと思います。なので、僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、結構プレッシャーです。杉野くん演じる昴がめちゃくちゃキラキラなので、昴に負けないように、僕が演じる頼の成長していく様をきちんと意識して、最後まで頑張りたいと思っております。



元気で夢に真っすぐなモデル:立花雫(たちばな・しずく)役には、non-noモデルとして活躍するとともに、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(16/カンテレ・CX)でのクールな紅一点捜査員の好演も記憶に新しく、映画では『僕らのごはんは明日で待ってる』(17/市井昌秀)や公開待機作『悪と仮面のルール』(18/中村哲平)などでヒロイン役も務め、確かな演技力を評価される新木優子。二人のイケメンに愛されるヒロインを、チャーミングな笑顔満開で演じている。

新木優子 コメント
女子が見てキュンキュンするポイントが全部詰まっているマンガで、楽しんで読ませていただきました。また、
メインの3人が芸能界で活躍しているというのも、すごい今っぽいと思います。この作品をみて、芸能界にちょっとでも興味のある人の背中を押すことができるような、そんな作品になると思います。いろんな方が期待して下さっている雫も演じつつ、自分の思っている雫もしっかりと出して、悔いなく撮影を乗り切りたいです。


そして、人気俳優にのし上がった東條昴(とうじょう・すばる)役には、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(16/NTV)、「感情8号線」(17/CXTWO)、「兄に愛されすぎて困ってます」(17/NTV)などに出演し、映画では『キセキ-あの日のソビト-』(17/兼重淳)、『兄に愛されすぎて困ってます』(17/河合勇人)と公開作が立て続き、『覆面系ノイズ』(17/三木康一郎)の出演も決まっている注目の若手俳優・杉野遥亮が演じる。これからの日本映画界を背負っていく若手俳優たちが集結!


杉野遥亮 コメント
原作は展開が早くて最初はビックリしました。でも、これが今っぽいのかなとも思いました。芸能界という夢のようなキラキラした世界を描いているのは興味深いですが、その映像化は難しいだろうなと感じています。東條昴という男は、すごくカリスマ性があってキラキラしていて掴みどころがない。僕も一生懸命考えて役を作っていきたいと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph 実力派制作陣のコラボレーション!
監督には、新鋭・宮脇亮が満を持して映画初監督に挑戦する。脚本には、巨匠・浅野妙子が担当する。

宮脇亮監督 コメント
『あのコの、トリコ。』このシンプルなタイトルに惹かれました。高校生の恋と夢。この二つが絡み合いながら展開していくのがこの作品の魅力だと思います。恋をすると誰もがキラキラと輝く。そして夢を追いかける姿もまた輝いて見える。そんな登場人物達の心が動く瞬間を大事に切り取っていきたいと考えています。恋をすることで魅力的に変わっていく若者達の姿に、ドキドキしながら見て頂けたら嬉しいです。

白石ユキ先生(原作) コメント
実写映画化のお話をいただき、本当に驚きました。 吉沢亮さんは幅広い役柄を演じてらっしゃるので、頼をどんな風に演じて下さるのかとても楽しみです。 新木優子さんはキリッとしたイメージで、意志の強い雫役にぴったりだと思いました。 杉野遥亮さんは優しそうな役柄が多い印象なので、昴役は良い意味で想像を裏切られそうです。 実写となることでキャラクターたちがもっとキラキラしていくことと思います! 宮脇監督の手腕で間違いなく良い作品になると思いますし、一人の観客として映画の完成が待ち遠しいです。



公式サイト:http://toriko-movie.jp


***********************************

出演:吉沢亮、新木優子、杉野遥亮   
原作:白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館刊)
監督:宮脇亮 
脚本:浅野妙子
配給:ショウゲート 


劇場版第2弾「トモダチゲーム 劇場版FINAL」予告動画解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『別冊少年マガジン』連載中で、4月にドラマ版が放送され、第1弾劇場版が2017年6月3日(土)に公開!遂に9月2日公開予定のシリーズ完結編の劇場版第2弾「トモダチゲーム 劇場版FINAL」のポスタービジュアル、場面写真、ストーリー、劇場予告動画を解禁になりました。


劇場版第2弾「トモダチゲーム 劇場版FINAL」

物語・・・
ゲームは遂にクライマックスへ…

友達の借金を返済するため「トモダチゲーム」に参加した片切友一(吉沢亮)、沢良宜志法(内田理央)、美笠天智(山田裕貴)、四部誠(大倉士門)、心木ゆとり(根本凪)。「コックリさんゲーム」に続き「陰口スゴロク」もクリアした友一たちは、ついに自分たちをトモダチゲームに引きずり込んだ“裏切り者”が美笠であることをつきとめた。しかし友一は自ら最も過酷な最終ゲームに一人でコマを進める。こんな危険なゲームを商売にしている運営サイドをつぶすために。そして美笠もまた友一と同じ道を選んだ。

最終ゲームの「友情かくれんぼ」は対戦形式。

チーム内で「隠れる役」と「探す役」に分かれ、相手チームの「隠れる役」を先に見つけたチームの勝ち。
負ければ借金は倍になる。対するKチームはリーダーの門倉十蔵を中心に協力し合って勝ち上がってきた男子高校生5人組。
おまけに友一と美笠のチームには得体の知れない水瀬マリア(上野優華)が加わることに。
隠れる役の美笠は探す役の友一が食料を届けてくれることを信じて待ち続け、友一は美笠がギブアップしないことを信じてKチームへの罠を仕掛けるが……。

映画情報どっとこむ ralph 公式サイト:
tomodachi-game.com
ツイッター:
@tomodachi_game


劇場版第1弾
シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中

劇場版第2弾 
『トモダチゲーム 劇場版FINAL』
9月2日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー

劇場版第1弾「トモダチゲーム 劇場版」
8月23日(水)ブルーレイ&DVD発売予定

***********************************

キャスト:
吉沢亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪、上野優華、天月-あまつき-、久保田悠来
原作: 山口ミコト
作画: 佐藤友生
監督: 永江二朗
脚本: 永江二朗/佐上佳嗣
2017年/日本/98分/
©山口ミコト・佐藤友生/講談社
©2017年「トモダチゲーム」製作委員会


高杉真宙、葵わかな ら浴衣で京都の夏を演出『逆光の頃』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「コップのフチ子」の原案者であり、異才のマンガ家タナカカツキの名作「逆光の頃」が高杉真宙主演で映画化され、7月8日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開となりました。その初日舞台挨拶が高杉真宙、葵わかな、金子大地、小林啓一監督が、京都を舞台にした映画にちなみ浴衣で登壇!
風鈴の音と浴衣姿…。日本の夏!な舞台挨拶が行われました!

場所:新宿シネマカリテ
日程:2017年7月8日(土)
登壇:高杉真宙、葵わかな、清水尋也、金子大地、小林啓一監督

映画情報どっとこむ ralph 高杉さん:今日は浴衣姿で来ました。映画の余韻と夏を感じていただければと思います。

全京都ロケの本作。
葵さん:京都っぽい雰囲気で行ければと思います。
清水さん:無事初日を迎えられて本当にうれしいです。
金子さん:・・・本日はよろしくお願いします。
監督:浴衣・・・ちょっと恥ずかしいんです。
と、この並びだと一人三遊亭・・・感が。

映画情報どっとこむ ralph 京都での撮影時の思い出を聞かれ

高杉さん:観光地廻ったり、結構、路地裏散歩して楽しんでいました。京都の趣を感じてました。清水君とはあちこち・・
清水さん:映画見たり、ショッピングしたり。。それより今清水君て言われてショックです。

通常では尋也と呼ばれているので寂しかったそう。仲良ささが感じられます。
葵さんは撮影時に本厄だったそうで

葵さん:時間を利用して八坂神社で厄払いをしました!
金子さんはインドア派らしく

金子さん:僕はホテルのWiFiでYOU TUBE。後は散歩。


撮影の想いでは

高杉さん:クランクインからアップまで2年あったので、公開は嬉しいですね。京都の町を楽しんで、青春した感じが映画から伝わって、青春の御裾分け出来たらなと思っています。
葵さん:夜の学校に入るのは新鮮でした。夏らしくていいなと思いました。(高杉さん:暗くて怖かったんです。)

青春映画として・・・鴨川での撮影は・・

清水さん:寒いし足の裏は痛いし。橋の上から外国人がめっちゃ見てるし・・・最後にはお風呂入りました。真宙の裸みたし・・・しなやかでした。

エンドロールで金子さんと高杉さんはアクション監督に名前が出ています。
金子さん:真宙君とのシーンで、二人でカメラに映るように考えたんです。

監督:ノープランだったので二人に任せて。なのでクレジットしました。

監督は原作マンガのファン、実写化するにあたり

監督:漫画の雰囲気を崩さない絵作りを心がけました。

映画情報どっとこむ ralph 昨日が七夕。願い事は・・

高杉さん:漫画が好きなので、おうちが漫画喫茶みたいになったらいいなと!

葵さん:浴衣を着てお祭りに行けますように!いろいろ食べたいので帯は緩めで。

清水さん:僕は「逆光の頃」が大ヒットすればと!(高杉さん:僕も願ってるって!)

金子さん:今回のような素敵な役がまたもらえますように!

監督:感無量です!

最後に・・

高杉さん:熱いメンバーで作りました!楽しく撮影をさせていただいて、こうして舞台挨拶ができて嬉しく思っています。沢山の方に観ていただきたいと思っています。

と締めました。
映画情報どっとこむ ralph 京都生まれ、京都育ちの 17 歳、赤田孝豊。

高校 2 年生である彼は、思春期ならではの同級生との別れ や喧嘩、そして幼馴染の少女との初恋を経験する。日常と非日常、夢と現実―古都・京都の街並みを背 景に、双方の世界を行き来する一人の少年
のゆらめきときらめきが、鮮やかに紡ぎ出されていく。

日常と非日常、夢と現実。

双方の世界を行き来する少年のゆらめきときらめきが、京都の街を背景 に鮮やかに紡ぎだされており、

その叙情性が高く評価された名作コミック「逆光の頃」。
その中から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を映像化しています。

異例ともいえる長期に渡るオール京都ロケを敢行し、花街の祇園、鴨川を渡る四条大橋、五山送り火(大文字)といった、おなじみの風景のほか、なかなか許可が下りない寺院やライヴハウス、路地裏など、初めて見るリアルな京都も切り取っている作品です。



逆光の頃

7 月 8 日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開

公式サイト:
gyakko.com

***********************************


原作/タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニング KC」所載)

出演: 高杉真宙 葵わかな 清水尋也 金子大地 田中壮太郎 佐津川愛美
監督・脚本:小林啓一「ももいろそらを」「ぼんとリンちゃん」
原作:タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニング KC」所載)
2016/カラー/ビスタ/ステレオ/上映時間:67分
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン