「実写」カテゴリーアーカイブ

映画『アキラNo.2』完成披露試写会 舞台挨拶報告



映画『アキラNo.2』の完成披露試写会が7月15日(火)シネマート六本木にて行われ、上映後に舞台挨拶が行われました。

「アキラNo.2」完成披露試写会 舞台挨拶
主人公のNo.2 アキラを演じた小澤亮太にとってNo.1とは?

【日時】 7月15日(火)
【場所】 シネマート六本木
【登壇者】小澤亮太/城戸康裕/五十嵐麻朝/吉村典久監督


アキラNo2完成披露試写会舞台挨拶
映画『アキラNo.2』の完成披露試写会がシネマート六本木にて開催され、主演の小澤亮太ほか、城戸康裕、五十嵐麻朝、吉村典久監督が登壇した。

まずはじめに、マンガが原作となった本作のオファーを受けた時、そして原作を読んだ時の感想を聞かれると、

小澤さん:「最初に表紙を見たときは、普通のヤンキーもので、アクションを多くやれるぞと思っていたのですが、蓋を開けてみるとコメディ要素がたくさんあったので驚きました。今までにはないタイプの役でしたが、原作が本当に面白かったので、何度もマンガを読み返して撮影に挑みました」

と、原作を賞賛するとともに、役に対する熱い気持ちを語りました。

次に、本作のタイトルである“No.2”に絡めて人生で2番目に大切なことは何か、という質問が上がると、悩みながらも

城戸さん:「1番は夢ですよね」と真剣に答えたかと思うと、続けて「2番目は金ですよ」と激白。

会場は笑いに包まれました。同じ質問に対して

五十嵐さん:「1番は家族。2番目は一歩を踏み出す勇気」と答え、更に「勇気がなければ、人生勝ち残れないと思うので」と役者として更に上を目指す五十嵐の心意気を告白した。

小澤さん:「2番目は、いろいろあったと思える心じゃないかな」

と述べ、最後に

吉村監督:「人生で2番目に大事なのは“過去”。そして1番大事なのは“未来”」

とまとめると、

登壇者一同:「おぉーさすがです」

とベテラン監督の大人な意見に関心していた。

また、この映画に関して“No.1”だと言える点は、という質問を受けると

小澤さん:「原作が“No.1”。本当にこんなに面白い作品をやらせていただけることに感動でした」

と、改めて原作の素晴らしさを称えた。

城戸さん:「僕の筋肉のラインでしょうね」
とドヤ顔で答え、会場を爆笑!続けて

五十嵐さん:「この映画のプロデューサーの方が“No.1“だと思います。本当にお世話になった方でした」

と告白。最後に

吉村監督:「キャストが“No.1”。みんなのおかげで良い作品を作ることができた」と感謝を!

最後に
小澤さん:「この映画が完成できたのも、スタッフやキャストの皆様、そして支えてくれる方々のおかげだと思っております。不良を描きながらも、コミカルな要素もあったり、男の友情が詰まっていたりと盛り沢山な内容となっております。9月27日(土)の公開の際には、少しでも多くの方に劇場に足を運んでいただけたら思います」

と、述べ、これをもって公開日の情報が解禁となる形で舞台挨拶が終了となりました。

映画「アキラNo.2」

9月27日(土)よりロードショーです。

公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/akira-no2/

********************************************************************


【STORY】
不良の巣窟である陸山高校の”ナンバーズ”と呼ばれる最強軍団の“No.2”であるアキラはNo2の座にいて常にNo1を狙っているが、現実は甘くない。No1からは押さえつけられ、下の連中からはNo2の座を狙われる息のつけない立場である。絶対的な存在であり、生きる伝説といわれる史上最強の不良で学校のNo.1であるツトムの機嫌を取ることで、自らの居場所を確保している。気配り、気づかい、忍耐、努力をもってして、何とか頂点に立つべく奮闘する、異色の不良ドラマ!

【出演】
小澤亮太/五十嵐麻朝・橋本マナミ・福山翔大
小西成弥・吉田大輝・高橋郁哉/城戸康裕
【スタッフ】
原作:奥嶋ひろまさ「アキラ№2」(「ヤングキング」少年画報社)
脚本:井上桜子・吉村典久 
監督:吉村典久 
制作:ゴセント 製作:エスピーオー
2014年/日本/カラー/ステレオ/HD/122分 
(C)2014奥嶋ひろまさ/少年画報社/エスピーオー


爆弾ジョニーLIVEで主題歌担当を発表『日々ロック』


爆音ロックエンターテイメントムービー映画
『日々ロック』

が11月22(土)より公開となります。

先日、黒猫チェルシーが楽曲提供に加わることが発表に続き、爆弾ジョニーが7月6日(日)SHIBUYA CLUB QUATTROでのワンマンライブにて、本作の主題歌を担当することを発表しました!

日々ロック×爆弾ジョニー
今春に上京したばかりにも関わらず、東京でエネルギッシュに活躍をしている、今もっとも目が離せない若手ロック・グループの爆弾ジョニー。
爆弾ジョニーのボーカル・りょーめーが原作と台本を読み込み、書き上げた主題歌「終わりなき午後の冒険者」は、劇中で拓郎がロックを鳴り響かせる勢いに劣らない、疾走感のあるメロディ。

主人公たちの目的地に辿り着けないもどかしさや迷い、彼らの熱い想いを感じさせる曲となっています!

楽曲情報 
主題歌:「終わりなき午後の冒険者」爆弾ジョニー
作詞・曲/編曲:爆弾ジョニー
Words produced by いしわたり淳冶
(Ki/oon Music)
※現在、リリース情報に関しては未定。

併せて、爆弾ジョニーよりコメントも届きました!

「初の映画主題歌を担当させてもらえて大変光栄です。“日々ロック”はだいぶ前から友人と読んでおり、映画化されそうだね〜とか話してました(笑)是非、映画館に足を運んで風を感じようぜ!バンドやろうぜ!そしてその足で12/4りょーめー21歳誕生日ワンマンライブ@ZEPP TOKYOにお越しください!」

映画『日々ロック』
は、11月22日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://hibirock.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie

********************************************************************


【ストーリー】
史上最低のロッカーが、最高の奇跡を起こす!!
勉強もスポーツもできない、彼女はもちろんいない、学校ではいじめられっ子・・・
という究極のダメ男・日々沼拓郎。サエない高校生活を送っていた拓郎は、ある日、友人の誘いで
バンドを結成することになる。バンドの名前は“ザ・ロックンロールブラザーズ”。
ギター&ボーカルの拓郎は、ベースの草壁とドラムの依田とともに上京して、伝説のライブハウス
“モンスターGOGO”で活動を始める。しかし観客は電線のカラス程度しか集まらず、鬼のように怖い
ライブハウスのオーナー・松本の計らいで、店の掃除などをさせられながら、住み込みで何とかライブに出させてもらう。ある日、ザ・ロックンロールブラザーズのライブ中に、1人の酔った女が客席から飛び出してきた!!彼女の名前は宇田川咲。斬新なスタイルで世界的な評価を得ているトップアイドルだ。彼女は拓郎のマイクを奪い、RCサクセションの「雨あがりの夜空に」を熱唱する。

アイドルとは思えないその凄味を感じるギター演奏とボーカルに圧倒される拓郎たち。<日本一ヘタレなロッカー>と<世界基準のアイドル>のありえない出会いの先にある奇跡の結末とは!?

原作:榎屋克優「日々ロック」
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
監督:入江悠(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太
(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)

出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人

劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、
DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)

制作・配給:松竹  
(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社


なぜ王子は野獣の姿に?『美女と野獣』実写化


”ü—‚Æ–ìbƒ|ƒXƒ^[_olあの世紀のラブストーリーの待望の実写映画化

『BEAUTY AND THE BEAST』(原題)の邦題が

『美女と野獣』

に決定し、11月1日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座他にて全国公開されることになりました。

そして、併せて日本版ポスターも決定!ビジュアルも解禁となりました。

醜い野獣と、身も心も美しい娘ベルが織り成すファンタジーの傑作として、小説、絵本、アニメーション、映画、ミュージカルと、その形を変えて世界中で語り継がれてきた本作ですが、そのほとんどにおいて、描かれていないことがあります。

それは、「なぜ王子は野獣に身を落としたのか?」。彼は一体どれほどの罪を犯し、そこにはどんな秘密が隠されているのか・・・。

これまで描かれていなかった、切なくも悲しい物語が、いま紐解かれます――。

フランスで生まれたこの物語の深淵に挑むのは、クリストフ・ガンズ監督。1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の<隠され続けてきた>過去に光を当てます。

美しきヒロイン・ベルには、カンヌ国際映画祭史上初の主演女優へのパルム・ドールにも輝いたレア・セドゥ。野獣には、『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル


おとぎ話でありながら、大人をも魅了し続ける傑作が、新しい驚きを息吹に、さらに切なく、そしてさらに豪華に生まれ変わります!

『美女と野獣』
は、11月1日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座他にて全国公開です!

********************************************************************


物語
美女と野獣ロゴバラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。

やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。

かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく―。

監督:クリストフ・ガンズ
主演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ
配給:ギャガ 提供:アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ
原題:La Belle et La Beta/2014年/仏独合作/113分/カラー/5.1chデジタル/シネスコ/字幕翻訳:丸山垂穂
(C)2014 ESKWAD – PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION  ACHTE / NEUNTE / ZWOLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS                              


『海街diary』 4姉妹に綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず




小学館「月刊フラワーズ」にて大人気連載中の吉田秋生のコミック

『海街diary』

是枝裕和監督による映画化のキャストが決定、2015年初夏に公開となります。


今回、発表された4姉妹キャストは、綾瀬はるか(29)、長澤まさみ(27)、夏帆(22)、広瀬すず(16)の4人。

旬な女優たちが勢ぞろい。

オリジナル作品を多く手掛ける是枝監督がどうしても自身で映像化したいと熱望した企画がついに始動いたします!

海街diaryキャスト+キャラ写
(C)吉田秋生/小学館


『海街diary』は

鎌倉の祖母の残した家で暮らしていた3姉妹のもとに、幼いころに別れたきりだった父が残した“異母妹”を迎えることになり…。

海の見える街に暮らす姉妹たちの織り成す清新でリアルな家族の絆の物語です。

4名のキャスト及び、是枝裕和監督、原作者の吉田秋生先生のコメントも到着しています!


長女役:綾瀬はるか(29)コメント:
香田 幸(こうだ・さち)(29)看護師。姉妹だけで暮らす家で、家長である責任を強く感じている。

本格的な撮影は夏からですが、先日少しだけ撮影しました。
早朝ということもあり、私にとっては静かにはじまった作品ですが、監督やスタッフのみなさん、共演者のみなさんと、海街鎌倉に暮らす姉妹たちの息吹きを感じる様な物語をお届けしたいと、新たな挑戦に心は燃えています。

次女役:長澤まさみ(27)コメント:
香田佳乃(こうだ・よしの)(25)地元の信用金庫に勤めるOL。酒好きで年下の男に弱い。

今回『海街diary』という素晴らしい作品で是枝組に参加出来ること、幸せでなりません。是枝監督の力、人間力には特別なものを感じ、魅了されます。4姉妹が、生き生きとエモーショナルに映画の中で存在出来るよう演じられたらと思っています。

三女役:夏帆(22)コメント:
香田千佳(こうだ・ちか)(21)地元のスポーツ用品店で働く、マイペースな三女。

吉田秋生先生原作の「海街diary」を是枝監督が撮る!ということだけでもとても魅力的で、さらに素敵な共演者のみなさまとお芝居できるなんて、今年はうっとりするぐらい充実した夏になりそうです。
丁寧に真摯にこの姉妹と向き合っていきたいとおもってます。


四女:広瀬すず(16)コメント:
浅野すず(あさの・すず)(14)幸たちの異母妹。サッカーが得意で鎌倉でもジュニアチームに所属する。年齢よりも大人びた少女。

今回、海街diaryに出演させて頂く事になりました。
素晴らしい監督とキャストの皆さんの中で、私も一緒に海街diaryという作品に参加させて頂けることが凄く嬉しいです。原作の漫画のファンの方にとっても、色々な思いのある作品だと思います。
そして、役名が名前と同じ「すず」ということにびっくりしました。
役名を聞いて、「すず」が一気に近い存在になりました。
初めて台本を読まずに撮影に挑みます!私自身とてもプレッシャーや不安はありますが、全力を出して素敵な作品にしたい、と強く思っています。「海街diary」が「すず」がたくさんの方に愛されるよう、皆さんに支えてもらいながら頑張ります!
楽しみに待っていて欲しいです!

監督:是枝裕和(これえだひろかず)コメント:
koreeda原作モノの映画化に心動き、心躍ることは少ないのですが、この作品は、一巻目を手にした瞬間からどうしても自分の手で映画にしたいと思い続けていました。光と闇の散りばめられた四姉妹の物語に出会えたこと。そして、念願かなってその映画化に監督として関われること。今、このふたつの喜びを噛みしめているところです。

4姉妹のキャスティングについて:
まず「今、誰を撮りたいか」を最優先に考えました。もちろん姉妹にみえるよう4人の相性やバランスも重視しましたが、理想的な4姉妹が出来上がったと思っています。

綾瀬さんはどちらかというと、自由な次女の役のほうが彼女のこれまでの役のイメージに近いと思うのですが、彼女の別の顔を撮りたいと思いました。4姉妹の顔合わせの際、立ち稽古をしてもらいましたが、既に彼女の中にはしっかり者の長女がいて、見事に長女の振舞をしていました。その様子を見て、「この映画は大丈夫だ」と確信しました。

長澤さんは『奇跡』でちょっとだけご一緒しましたが、また是非撮りたいと思っていた女優さんです。次女の役もぴったりだと思います。綾瀬さん演じる長女と長澤さん演じる次女の姉妹喧嘩や、かけ合いが本作の基調となるリズムをつくっていくと考えています。このお二人のやり取りは、「いつまでも見ていたい」そう思わせるものがありました。

夏帆さんはマイペースな雰囲気が原作の三女に近いと思います。これまでのお芝居もずっと注目していて、コメディからシリアスな役まで、とても幅広く繊細に表現できる女優さんだと思っていました。

四女のすず役はオーディションで選んだのですが、その場にいたスタッフ満場一致で広瀬さんに決まりました。広瀬さんを見たときに「“すず”がここに居る」と思えたのです。4人での立ち稽古の際も、先輩たちを相手に動じず、新人とは思えない在り方が頼もしかった。役に入り込み太い芝居をする、将来がとても楽しみな女優さんです。

原作者:吉田秋生(よしだあきみ)コメント:
映像化のお話はいろいろいただいていましたが、一番に手を上げて下さっていた是枝監督にお任せすることにしました。私自身、是枝監督の処女作品からのファンでしたし。スクリーンの香田姉妹、私も会うのが楽しみです。

2014年春、是枝監督が理想とする4姉妹が顔合わせのため東宝スタジオに勢ぞろい。原作の吉田秋生さんが大切にされている「鎌倉の四季」をスクリーンに映し出すべく、四季を追って、姉妹の1年間を描く予定だそうです。

既に春編・梅雨編の撮影を終え、夏編の撮影が始まるのは7月末予定です。出来上がり楽しみ!

『海街diary』

2015年初夏、全国ロードショー

作品公式サイト:umimachi.gaga.ne.jp 

********************************************************************


海街diary原作イラスト物語 
鎌倉で暮らす三姉妹、幸、佳乃、千佳の元に、15年前家を出ていった父の訃報が届いた。長い間会ってもいなかった父の葬儀のため山形に向かった三人はそこで異母妹すずと初めて会う。身寄りのなくなった彼女が、葬儀の場でどうしようもない大人たちの中で毅然とふるまう姿に、長女・幸は別れ際とっさに口にする。「すずちゃん・・・鎌倉にこない?いっしょに暮らさない?4人で」。そうして鎌倉での4姉妹の生活が始まる―。


製作の経緯・撮影について
2007年に初めて「海街diary」の一巻を読んだときから、是枝監督はこの作品を映像化したいと考えていた。2012年秋、本映画の幹事会社となるフジテレビが是枝監督に正式にオファーし、念願かなって本格的に映画化の企画が始動。2013年夏より脚本の執筆に取り掛かり、2014年春、是枝監督が理想とする4姉妹が顔合わせのため東宝スタジオに勢ぞろいした。
原作の吉田秋生さんが大切にされている「鎌倉の四季」をスクリーンに映し出すべく、四季を追って、姉妹の1年間を描く予定。既に春編・梅雨編の撮影を終え、4姉妹が揃うのは夏編の撮影が始まる7月末の予定。

(C)吉田秋生/小学館
配給:東宝・ギャガ


禁断の楳図かずおワールド満載!『マザー』特報解禁!!


楳図かずお『マザー』恐怖漫画の奇才・楳図かずお 初監督作品

『マザー』

遂に特報が解禁!!


「おろち」「洗礼」「まことちゃん」など、独特の世界観を持つ数々の作品で社会現象を巻き起こした恐怖漫画の巨匠・楳図かずおが、77歳にして長編映画監督デビューを果たす映画『マザー』の特報映像がついに完成しました!


1995年以降、腱鞘炎のため休筆を続けている楳図が、自ら脚本も手掛け挑む映画の内容は、今まで数々の作品で読者を魅了してきた「楳図ワールド」の秘密を解き明かすような自叙伝的なストーリー。
幻想と現実の狭間で繰り広げられる恐ろしくもせつない最恐ホラーです!
 
 特報では、主人公の「楳図かずお」役を演じる歌舞伎俳優・片岡愛之助が、楳図のトレードマークともなっている赤白ボーダーシャツ姿で登場。「奇妙な取材依頼」から始まった「不可解な母の死」の謎とは…?
禁断の楳図かずおワールドが垣間見える特報です。




禁断の楳図かずおワールド満載!!

『マザー』

遂に特報が解禁!!
9月27日(土) 新宿ピカデリー他 ロードショー
http://mother-movie.jp/

********************************************************************


『マザー』ストーリー
漫画家・楳図かずお(片岡愛之助)のもとに、ある出版社から彼の生い立ちを本にしたいという話が舞い込む。
担当編集者・若草さくら(舞羽美海)は取材をするうちに、楳図独特の創作の原点には、亡くなった母・イチエ(真行寺君枝)の影響が大きいことを知る。
やがて、楳図の生い立ちを調査するさくらの周りで次々に起こる怪奇現象。
別荘の窓についた謎の手の跡、タクシーの隣席に見えるいないはずの人影、楳図のまわりに漂う紫煙、イチエの葬式の参列者の写真に写る彼女自身の姿…

死んだはずの母の怨念が、楳図とさくらのまわりで底知れぬ恐怖を巻き起こしはじめる!!

監督:楳図かずお
脚本:楳図かずお、継田淳                     
                                       
主演:
片岡愛之助 <楳図かずお役/ 漫画家>      
共演:
舞羽美海 <若草さくら役/かずおの担当編集者>
真行寺君枝 <楳図イチエ役/かずおの母>

主題歌:中川翔子「chocolat chaud」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
※4th Album「9Lives」収録
(ソニー・ミュージックレーベルズより発売中)

配給:松竹メディア事業部
(C)「マザー」製作委員会