「実写」カテゴリーアーカイブ

『来る』追加キャスト青木崇高&柴田理恵&伊集院光&太賀も“来る”!


映画情報どっとこむ ralph この度、岡田准一 主演映画『来る』(12月7日公開)の追加キャスト情報が解禁致しました。解禁されたキャスト陣は、青木崇高さん、柴田理恵さん、伊集院光さん、太賀さんら、超個性派俳優陣たち!

青木崇高さんは、自称・秀樹(妻夫木聡)の親友で“民俗学者”である【津田大吾】を、柴田理恵さんは、TVで有名な“タレント霊媒師”である【逢坂セツ子】を、伊集院光さんは、香奈(黒木華)が勤める“スーパーの店長”を、太賀さんは、“あれ”に遭遇してしまう秀樹の“後輩社員”である【高梨重明】をそれぞれ演じます。

彼ら超個性派俳優陣が、岡田准一さん、黒木華さん、小松菜奈さん、松たか子さん、妻夫木聡さんらとともに、本作にどのような化学反応を起こすのか!

そして、迫り来る“あれ”をどのように待ち受けるのか!

怪しい雰囲気を漂わせる彼らが、どのようにストーリーに関わってくるのかも本作の見どころの一つです。“かつてない最恐エンターテインメント映画”に相応しいキャスティングがそろい、恐怖とワクワクで公開が今から待ちきれません。

人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント映画

『来る』がついに、2018年12月7日(金)来る。

公式サイト:http://kuru-movie.jp/

映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本を務めたのは、CM演出の巨匠にして、その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也。
そして2018年。中島監督最新作に、日本を代表する5人の演技派俳優が集結した。主演は、近年数多くの映画に出演し、名実ともに国民的俳優となった岡田准一。『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、日本中の話題を集めた黒木華。中島監督作『渇き。』で才能を見出され、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、鮮烈な女優デビューを飾った小松菜奈。『ヴィヨンの妻』で報知映画賞・日刊スポーツ映画賞・日本アカデミー賞の3賞で最優秀女優賞を受賞、『告白』では中島ワールドの強烈なヒロインを体現した松たか子。

そして『悪人』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』では同最優秀助演男優賞を受賞、確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木聡。ほかにも、青木崇高、柴田理恵、伊集院光、太賀といった個性的な面々が共演。原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)。


物語・・・
オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。民俗学者・津田はその「何か」を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「※※※※」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・・・!・・・・・・、・・・・!
あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。 エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

***********************************

原作:「ぼぎわんが、来る」(2015年10月30日 初版発行 2月24日文庫発売)
◆著者:澤村伊智(角川ホラー文庫刊)2015年「第22回日本ホラー小説大賞」獲得

作品タイトル    「来る」
監督・脚本      中島哲也
出演         岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
           青木崇高 柴田理恵 太賀 志田愛珠 蜷川みほ 伊集院光 石田えり
撮影スケジュール   2018年2月上旬~5月上旬
製作プロダクション  東宝映画 ギークサイト
配給         東宝
映画のマルシー    ©2018「来る」製作委員会
中島哲也,岡田准一,黒木華,小松菜奈,松たか子,妻夫木聡,青木崇高,柴田理恵,太賀,志田愛珠,蜷川みほ,伊集院光,石田えり


CanCamに登場!吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮の神スリーショット解禁『あのコの、トリ コ。』


映画情報どっとこむ ralph 「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部突破(電子ダウンロード含む)、主人公の 地味で冴えないメガネ男子・頼(より)が大好きなあのコ・雫(しずく)のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴(すばる) 幼なじみ3人の、恋と夢を追いかけるストーリー、さらには男の子目線での物語の展開が人気を博した白石ユキの「あのコの、トリコ。」。

ドキドキの恋と芸能界への夢を追いかけるシンデレララブストーリー映画『あのコの、トリ コ。』は10月5日(金) より全国公開いたします。

そんな『あのコの、トリコ。』から、吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮の美しすぎる神スリーショットをお届け♡ 劇中では、地味で冴えない主人公・頼(吉沢 亮)と、最強ライバルとなる人気俳優の昴(杉野遥亮)が、小さい頃から女優を 目指す幼なじみのヒロイン・雫(新木優子)を取り合うドキドキの三角関係が繰り広げられます。

そんな3人が誌面でも夢の共演を果たし、9月22日発売の「CanCam」(小学館)11月号に登場します!


今回掲載される写真は、『あのコの、トリコ。』の世界で、頼、雫、昴がプリクラを撮影したらこんな感じなのでは?と妄想を掻き立てられる ようなプリクラ風ショット。映画から、原作のマンガから、本当に出できてしまったんじゃないかと思わせるほど、仲良く、キュートで、素の表情が 切り取れるプライベート感満載の写真は悶絶必須となっています。


「CanCam」誌面上では他にも、かわい過ぎる3人のお団子ショットや、それぞれカッコイイソロショットなども掲載。インタビューでは、「映画の撮影が始まる前にそれぞれ持っていた印象」「実際会ってみたら○○だった」「お互いのトリコになってしまった部分」「恒例の恋バナ」など赤裸々トークで大盛り上がり♡もちろん、撮影エピソードや本作の見所トークも飛び出しています。そんな吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮、三人の魅力がたっぷり詰まった、CanCam11月号は明日9月22日(土)に発売します。


編集長が「ドリカム系の写真だね」ってわけのわからないこと言ってたので調べたらドリカムって女子1人に男子2人の3人だったんですね。驚

映画情報どっとこむ ralph 『あのコの、トリコ。』

は10月5日(金) より全国公開いたします。

toriko-movie.jp


物語・・・
「大好きな“あのコ”のために、ボクは変わる――」 田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生・鈴木頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、
幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて
恋をした頼は、彼女が所属する芸能プロダクションに頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。 ランジェリーの広告撮影の日、共演するはずだった頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、
あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を
受けることに! 頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そして、
この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく―。

「思い出したんだ。僕にも小さい頃、俳優になりたいって夢があったなぁって」 昴が遂に雫に告白、しかも自分が主演する恋愛映画の相手役に雫を指名する。それを聞いた頼は複雑な想いを抱える
が、話題を呼んだランジェリー広告が監督の目に留まり、自身もアート系の恋愛映画の主演に抜擢される。雫のそばに
いられなくなることで出演を迷っていた頼を雫は叱咤激励、頼は映画に出ることを決意する。そして、頼と雫は互いの
夢に一歩ずつ近づくにつれ、少しずつすれ違っていき……。

「やっと気づいた。好きだけじゃそばにいられない。」 そんな中、ある日昴が頼を呼び出し「雫は渡さない」と宣戦布告。「僕は別に……」と煮え切らない頼に重ねて「諦
めろ。お前は最初から俺に負けてるんだから」と言い放つ。しかし雫への想いが抑えられなくなった頼は、昴に無謀な
勝負を挑む。恋と夢が複雑に絡み合う、3人の想いの行方は……?



***********************************

吉沢 亮 新木優子 杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗
原作:白石ユキ『あのコの、トリコ。』(小学館 Sho-Comiフラワーコミックス刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
音楽:吉俣 良
主題歌:「トリコ」Nissy(西島隆弘)
配給:ショウゲート
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会


斎藤工主演、松田聖子共演エリック・クー監督最新作『家族のレシピ』劇場公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 斎藤工さん主演、松田聖子さん共演、シンガポールを代表する巨匠エリック・クー監督最新作でシンガポール・日本・フランス3ヶ国合作映画『ラーメン・テー(Ramen Teh)』の邦題が『家族のレシピ』と決定しました!

楽しみな劇場公開は、2019年3月より、シネマート新宿をメイン館に全国順次ロードショーとなります!


本作は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)をきっかけに製作された、ラーメンとバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「美味しい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。

斎藤工さん演じる主人公が、父親の死をきっかけに幼い時に亡くした母の地元・シンガポールに旅立ち、一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走します。

共演の松田聖子さんは、シンガポールのフードブロガー役で主人公に現地の名物グルメを案内し、家族探しを手助けする役。

その他に、伊原剛志さん、別所哲也さんら日本人キャストに加え、シンガポールからは、人気コメディアンのマーク・リーさんや国民的女優のジネット・アウさんらが出演。

監督は、カンヌ・ヴェネチア、トロント、ベルリンなどの国際映画祭で常に高い評価を得ているシンガポールを代表する映画監督で、2011年にはマンガ家・辰巳ヨシヒロの漫画を原作に初の長編アニメーション『TATSUMI マンガに革命を起こした男』で日本でも広く知られるエリック・クー監督です。

写真もレスリー・キーさんととっても豪華です!

映画情報どっとこむ ralph また本作には、美食の国・シンガポールの名物グルメの数々と、今や日本を飛び出し世界的なブームを巻き起こしているラーメンが劇中に続々と登場し、映画ファンはもちろん世界の美食家たちから熱視線を受けているそう。

過去に、映画『二郎は鮨の夢を見る』『エル・ブリの秘密世界一予約のとれないレストラン』なども上映され話題となったベルリン国際映画祭の食をテーマに秀逸な作品を選出する「Culinary Cinema(キュリナリー・シネマ)」部門にて、今年の2月開催でワールドプレミアを行い、エリック・クー監督や斎藤工さん、松田聖子さんも出席した食事会付き上映は大盛況で評判となりました。

また、9月開催の「世界一の美食の街」と謳われるサン・セバスチャン国際映画祭(9/21~29)の「Culinary Cinema(キュリナリー・シネマ)」部門にも正式招待が決まり、食事付き上映会を9月23日(日)現地時間18時半より披露。

現地には、エリック・クー監督、主演の斎藤工さん、松田聖子さん、シンガポールより女優のジネット・アウさんが出席する予定です。

映画情報どっとこむ ralph 『家族のレシピ』
原題:RAMEN THE

2019年3月、シネマート新宿 ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
www.ramenteh.com

公式ツイッター:
@RamenTeh


物語・・・
高崎でラーメン屋を営む真人は、一緒に働いていた父の突然の死に際し、一冊の古いノートを見つける。

真人が10歳の時に亡くしたシンガポール人の母が書いたもので、その中には、料理のレシピや写真など、様々な思い出が詰まっていた。幼い頃、シンガポールに住んでいた真人は、当時自分を可愛がってくれたシンガポールの家族のことを思い出す。忘れかけていた過去の1ピース、1ピースを埋めるため、真人はシンガポールへと旅立つ。

まずは行方が知れないかつての家族を探すため、以前より交流のあったシンガポール在住の日本人フードブロガー・美樹にアドバイスを頼むことになった。そしてシンガポールのソウルフード・肉骨茶(バクテー)のお店を営んでいた叔父との再会を果たす。祖母がまだ生きていること、父と母の出会い、自分を生む決意をした経緯など、初めて知る家族の過去と向き合うこととなる。

シンガポールと日本、一度はバラバラになってしまった家族を再び取りもどすため、真人が選んだ方法とは…?


***********************************


出演:斎藤工、マーク・リー、松田聖子、ジネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン
監督:エリック・クー 『TATSUMI マンガに革命を起こした男』
プロデューサー:橘 豊、フォンチェン・タン、ジュシアン・ハン、山口晋
撮影:ブライアン・ゴートン・タン
脚本:ウォン・キム・ホー  
料理監修:竹田敬介  写真:レスリー・キー
2017/シンガポール・日本・フランス合作/日本語・英語・中国語/DCP/カラ―/2.35:1/89分
配給:エレファントハウス
宣伝:マジックアワー
(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists
   


『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』窪田正孝×松田翔太×山本舞香で製作決定!


映画情報どっとこむ ralph 2018年7月「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界 累計発行部数3700万部を誇る超人気コミックス。

2017年7月29日に実写映画が公開され興行収入 11億円を突破し、世界29ヶ国で公開され今も尚拡大中であり、世界的な大ヒットを記録しました。

そして!

この度、新たなスタッフにより進化した実写映画続編『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の製作が決定。

新キャストも解禁となりました!
映画情報どっとこむ ralph 前作に続き、主人公・金木研(カネキ ケン)役は、窪田正孝が演じます。人間でありながら喰種(グール)としての能力に目覚め、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿に、世界中の原作ファンから絶賛された窪田が今回も魅力的に演じます。

窪田正孝さんコメント:【金木研(カネキケン)役】
金木と再会できて幸せに思います。 スイ先生の東京喰種は新たな感性や感覚、出会いを与えてくれました。 金木は正直扱い辛くやっかいな奴だけど、人には決して感じ得ない世界を魅せてくれます。 新たな東京喰種の「一肉片」の作成に精進して参ります。 (※読み「一肉片」=いちにくへん)



原作ファンの間で圧倒的な人気キャラであり、本作で映画初登場となる月山習(ツキヤマ シュウ)役 を演じるのは、独特の世界観と存在感が話題の松田翔太。 「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種でカネキと対峙する役どころ。最大の宿敵の登場に期待が高まります。

松田翔太さんコメント:【月山習(ツキヤマシュウ)役】
東京喰種の異様な世界にこれから浸れることを嬉しく思います。監督を始めとするスタッフの仲間や、窪田く んを中心にキャストの皆さんと、この撮影を楽しめたらなと思っております。月山が具現化するとどうなるの か、巧妙なCGや本格的なアクションも含め彼の独特な精神性を表現できたらなと思っております。撮影開始が 待ち遠しいですね。



さらに、ヒロインの霧嶋董香(キリシマ トーカ)役には、演技派女優として幅広い層から支持を受ける山本舞香。

山本舞香さんコメント:【霧嶋董香(キリシマトーカ)役】
参加出来てとても嬉しいです。 今回、「東京喰種トーキョーグール2(仮)」からの参加ですが、世界観を大切にしつつ霧嶋董香として皆様 の期待に応えられるよう、そして愛されるように監督とセッションしながら撮影できたらと思いますので見 守っていただけると嬉しいです。 アクションも凄く楽しみでしっかりと練習して臨めたらと思っています。 そして、東京喰種のチームの皆様と少しでも早く溶け込めたらなと思ってます。 宜しくお願いします。

映画情報どっとこむ ralph 食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。
大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しなが らも、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらとともに生活をして いる。そんな中「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習が「あんていく」を訪れる。

月山はカネキの特殊な「におい」に異常な興味をもち、彼を「グールレストラン」に誘い出す。
「グールレストラン」とは?

カネキvs月山…

人間と喰種の共存を賭けた闘いの行方はいかに!? 大きな話題と反響を巻き起こした映画『東京喰種 トーキョーグール』が、2019年さらに進化した エンターテイメント超大作として誕生します!

東京喰種 トーキョーグール2(仮)

公式サイト:
http://tokyoghoul.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/tkg_movie

***********************************

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「ヤングジャンプコミックス」全14巻
出演:窪田正孝(主演)、松田翔太、山本舞香
配給:松竹
制作スケジュール: 2018年10月クランクイン
公開:2019年全国公開
©石田スイ/集英社 ©「東京喰種」製作委員会



ワン・ジュンカイ『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』キャラクターポスターが8種一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 日本中の心を温めた名作が中国で再び映画化『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』として10月13日(土)に日本公開となります。

出演には、中国で絶大な人気を誇る NO.1 男性アイドルユニット TFBOYS のワン・ジュンカイ、2017 年版中国美人ランキングで1 位を獲得したディルラバ・ディルムラット、『山河ノスタルジア』のドン・ズージェンらに加え、『空海 –KU-KAI- 美しき王妃の謎』のチン・ハオ、さらには世界的アクションスター、ジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店の店主役で出演という豪華な顔ぶれ。

そして!
キャラクターポスターが一挙大解禁!郵便箱をのぞき込んでいるビジュアルと共に、各役に宛てた手紙のコメントも添えられています。

映画情報どっとこむ ralph ジャッキー・チェンも参戦!キャストへの悩み相談キャンペーン実施決定!

本作の公開を記念し、キャスト本人に手紙で悩み相談ができるキャンペーンを実施致します!対象はワン・ジュンカイ、ディルラバ・ディルムラット、ドン・ズージェン、ジャッキー・チェンの4名。どんなお悩みでもOK!当選者は計4名で各キャストから直筆の返事が届きます!この貴重な機会にぜひ相談を!!!

【キャストへの悩み相談キャンペーン概要】
◆応募条件:手紙に、①相談したいキャスト名 ②お悩み内容 ③住所 ④氏名 ⑤年齢 を明記。
封筒に、手紙と、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-』の鑑賞半券を2枚同封。
※事務局内で一度開封し、中国語に翻訳してから本人に届けますことをあらかじめご了承下さい。
◆応募先:〒102-8078東京都千代田区富士見1-8-19 ㈱KADOKAWA 映画宣伝課
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-』お悩み相談事務局 宛
◆募集期間:10月14日~11月5日 ※〆切当日消印有効
※中国語による本人直筆手紙となります。※日本語の翻訳を同封して、事務局よりご当選者様にお送りいたします。※当選発表は発送をもってかえさせていただきます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟ー再生ー

は、10月13日(土)に日本公開です。

namiya-saisei.jp

2017年の大晦日。とある女性起業家を襲撃し無人の雑貨店に逃げ込んだ3人組の孤児シャオボー、トントン、アジェ。古びた時計の針が新年を告げると、シャッターの郵便受けから突如手紙が落ちてくる。それはなんと1993年から届いた手紙。その雑貨店はかつて、店主が手紙による悩み相談をすることで有名だった。まさかと思いながら返事を出してみると、また1993年から手紙が届く。3人は店主に成りすまし悩み相談を始めることに。出逢ったこともない昔の人たちとの、25年の時を越えた交流。そして明らかになる、ある秘密。しかしそれは偶然ではなく、運命が導いた必然だった―
***********************************

原作:東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(角川文庫刊)
監督:ハン・ジェ
出演:ワン・ジュンカイ ディルラバ・ディルムラット ドン・ズージェン リー・ホンチー チェン・ドゥリン ハオ・レイ チン・ハオ ジャッキー・チェン
原題:解憂雑貨店/Namiya  
配給:KADOKAWA  
109分/PG12/2017年/香港=中国=日本 
© 2017 EMPEROR FILM PRODUCTION COMPANY LIMITED WANDA MEDIA CO., LTD. SHANGHAI PMF PICTURES CO., LTD KADOKAWA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED