「実写」カテゴリーアーカイブ

渡邉剣と天野浩成 想いを育ててゆく「花は咲くか」ポスター解禁&他キャストも発表!


映画情報どっとこむ ralph 初めて人を好きになった、あの胸が締め付けられるような、切ない想い。誰もが一度は経験する「恋」の葛藤を描く、年の差カップルの純愛ラブストーリーを描いたBLコミックス「花は咲くか」が、待望の実写映画化。恋愛に身を焦がす時代はとうに過ぎ、今は仕事漬けの日々を送るサラリーマンと、他人に興味を持てずに生きてきた大学生が、ひょんなことから出逢い、想いを育ててゆく。
累計発行部数35万部超えの、日高ショーコ原作の大人気同名コミックスが、ついに映画となってスクリーンに!

そして!

禁断の香りが漂うポスタービジュアルが完成!

先日解禁された、主人公・水川蓉一役を務める映画初主演、渡邉剣と、今回BL映画初挑戦、蓉一に惹かれていくサラリーマン、桜井和明役を演じる天野浩成の二人の背中合わせの姿が、より禁断の香りを漂わせるポスタービジュアルを解禁です。

過去記事で渡邉剣と天野浩成でコメントしています(こちら

映画情報どっとこむ ralph 渡邉剣と天野浩成 以外のキャストも原作のイメージに合ったフレッシュな俳優が勢揃い!

藤本浩輝役:蓉一の大学の同級生。蓉一に興味を抱く。

塩野瑛久(しおの あきひさ)


水川菖太役:蓉一の従兄弟。蓉一、竹生と一緒に暮らしている。

小原唯和(おばら ゆいと)


岩崎竹生役:蓉一の従兄弟。蓉一、菖太と一緒に暮らしている。

水石亜飛夢(みずいし あとむ)

吉富桔平役:蓉一の家の管理人。蓉一の父の友人。

本宮泰風(もとみや やすかぜ)

映画情報どっとこむ ralph 花は咲くか

2018年2月24日(土)ロードショー

公式HP:
http://hanawasakuka-movie.com/

初めて人を好きになった、あの胸が締め付けられるような、切ない想い。

脚本は『どうしても触れたくない』『ひだまりが聴こえる』などBL映画を多く手掛る高橋ナツコが担当。原作者完全監修の元、繊細な心の襞を細部まで描く。監督は東映㈱東京撮影所所属の谷本佳織。本作が長編映画初監督作品ながら、きめ細やかな演出と幻想的な映像美をスクリーンに展開。原作ファンはもちろん、BL作品未体験の女性陣にも観てほしい、心に沁みる、癒しのラブストーリーが誕生した。

物語・・・
広告代理店に勤める37歳のサラリーマン・桜井和明(天野浩成)は、CM撮影で赴いた古く美しい日本家屋で一心に花の絵を描く19歳の美大生・水川蓉一(渡邉剣)と出逢う。この家の持ち主でもある蓉一は、他人に興味がなく親しい友人すらいなかった。同居している従兄弟の竹生(水石亜飛夢)や菖太(小原唯和)を心配させていたが、屈託なく話しかけてくる桜井にだけは心を開くようになる。二人の気持ちは次第に絡み合ってゆくが、桜井は蓉一との年齢差や同性同士という現実を前に、二人の関係を先に進ませることが出来ないでいた。まるで自分を避けているかのような桜井の行動に動揺し、苛立ちを感じる蓉一。さらに、蓉一に好意を寄せる美大のクラスメイト・藤本(塩野瑛久)も現れる。そんな中、桜井に大阪転勤の辞令が。桜井と蓉一に決断の時が迫る。


***********************************

渡邉 剣 天野浩成
塩野瑛久 小原唯和 水石亜飛夢 / 本宮泰風

原作:日高ショーコ「花は咲くか」(幻冬舎コミックス刊) 脚本:高橋ナツコ 監督:谷本佳織 
主題歌:「ふたり願い星」綱希美香(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 音楽:加藤亜祐美   
製作:間宮登良松 企画:加藤和夫
プロデューサー:日野原彩子 キャスティングプロデューサー:福岡康裕 
アソシエイトプロデューサー:菅谷英智 高橋 浩 
音楽プロデューサー:中谷しの ラインプロデューサー:林周治
撮影:上野彰吾(J.S.C.)
美術監督:若松孝市(A.P.D.J.) 照明:赤津淳一
美術:松田香代子 録音:光地拓郎 編集:柳澤和子 整音:宮本明子 装飾:榊さくら 
小道具:横山夏子 絵画製作・監修:木下令子 衣裳:工藤唯 ヘアメイク:竹川紗矢香 
助監督:六車雅宣 
プロダクションマネージャー:杉崎隆行
製作プロダクション:東映東京撮影所
製作統括:木次谷良助
製作・配給:東映ビデオ 
© 2018東映ビデオ © 日高ショーコ/幻冬舎コミックス


長瀬智也xディーン・フジオカx高橋一生「空飛ぶタイヤ」特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 池井戸潤による大ベストセラー小説を長瀬智也主演で。

​共演にディーン・フジオカ、高橋一生で紡ぐ映画「空飛ぶタイヤ」。


その特報30秒が解禁となりました!​

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、自らの無実を信じ、大企業に対して調査を開始するところから物語は始まります。

この度解禁となった初映像では、赤松徳郎、トレーラーの製造元であるホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)、ホープ自動車のグループ企業であるホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が、巨大企業の闇にそれぞれの立場で迫っていく姿が描かれています。​

そして・・・深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼…豪華すぎると話題のキャストも勢ぞろいしています。

映画情報どっとこむ ralph 日本でいちばん熱くかっこいい男たちが織りなす、世紀の大逆転エンタテインメントを是非ご期待ください。​




特報とともに、ティザーポスター・チラシが解禁となりました!!が・・・

こちらはジャニーズさんなのでWEB NG なので、確かめたい方は劇場へGO!​

映画情報どっとこむ ralph 『空飛ぶタイヤ』​

物語・・・
よく晴れた日の午後に、1台のトレーラーが起こした脱輪事故。​
事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)は警察で信じられないことを聞く。​
突然タイヤが外れた、と。​
整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼は車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。​

ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、赤松の要求を疎ましく思いながらも、真実を突き止めるために、​また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、​グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。​
突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”。

過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。​

果たしてそれは事故なのか事件なのか。​
男たちは大企業にどう立ち向かっていくのかー正義とはなにか、守るべきものはなにか。​
日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転劇!!!​

2018年6月15日(金)反撃開始!​

公式サイト:
soratobu-movie.jp​
公式twitter:
https://twitter.com/soratobu_movie​
公式Facebook:
https://www.facebook.com/soratobu.movie/​

***********************************

原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』 (講談社文庫、実業之日本社文庫)   ​
出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、​阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼ほか​
監督:本木克英​
脚本:林民夫​
音楽:安川午朗​
撮影:藤澤順一​
照明:長田達也​
美術:西村貴志​
録音:栗原和弘​
編集:川瀬功​
装飾:湯澤幸夫​
配給:松竹​
制作スケジュール:2017年4月末クランクアップ、現在編集作業中、2018年春完成予定​

公開: 2018年6月15日(金)反撃開始!​
©表記(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会​


大阪の街でも間宮祥太朗、小林勇貴監督が大暴れ!『全員死刑』まさかのロケットスタート!


映画情報どっとこむ ralph 初日、都内ヒューマントラストシネマ渋谷初日舞台挨拶、テアトル新宿では異例の初日全回満席!

渋谷初日舞台挨拶
SNS上では町山智浩、ライムスター宇多丸、いとうせいこう、水道橋博士といった映画界を牽引する文化人が『全員死刑』をつぶやき、公開前日の夜に監督が映画公式アカウントにブロックされるという前代未聞の事態がニュースになるなど、SNSでの盛り上がりも最高潮に達し、誰も予想しなかったまさかの大ヒットスタートとなりました!

地方キャンペーンでも本作の人気はとどまる所を知らず、監督&間宮の登壇回はチケット即完!その中でも、特に白熱した大阪舞台挨拶の模様をレポート。

日付:11月19日(日) 
場所:シネ・リーブル梅田ほか
登壇:間宮祥太朗、小林勇貴監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中、登場した間宮さんと監督。

間宮さん:昨日は、渋谷と新宿がすべての回満席だったそうで、しかも新宿のレイトショーではエンドロール後に拍手が起こったそうです。本当に嬉しいです!大阪にもこうして満員のお客様が詰めかけてくださって、本当にありがとうございます!

と笑顔で感謝の気持ちを一言。

小林監督:こんな凶悪映画にお客さんが入るのか?という疑問を持たれていたんですけど、こうして心の正しい皆さんが観に来てくれて最高です!!(笑)本当にありがとうございます!!

と挨拶し会場を沸かせました。

これまでの宣伝活動や初日舞台挨拶でもその相思相愛ぶりが話題の2人。
MCから互いの魅力を問われると、

小林監督:間宮くんは“鬼気目”(ききめ)を持っている人なんです。“鬼気目”というのは恐ろしいことをすることも、恐ろしいことをされることも知っている人の目のことで、これは“一番優しい人”にしかできない目なんです。間宮くんにはじめて会った時にその目を感じて、完全に心がぶっさらわれました。そこからずっと間宮くんの魅力に憑りつかれています。

と間宮さんを称し、

間宮さん:小林監督は本当に映画が好きで、とにかく純粋な人。あと、どんな時でも自分と対峙している相手を大事にするんです。本当にずっと一緒に映画を撮っていきたい監督です。

とベタ褒め。その言葉に恥ずかしそうに身体を揺らしながらニヤニヤする監督の姿に、間宮さんファンの観客から「可愛い!」の黄色い声が続出することに。

映画情報どっとこむ ralph また、間宮さんは映画本編の好きなシーンについて聞かれると

間宮さん:煙突から炎が出てくるシーンがあるんですが、このシーンがどうしようもなく好きで。こんな撮り方あるんだ!と驚きがありました。そしたら監督はこの煙突のシーンを鈴木清順監督を意識して作ったと仰っていて。僕、そのことを最近まで知らなかったんですが、僕が一番好きな映画が鈴木清順さんの『ツィゴイネルワイゼン』で。あ、だからかって!!お互いにそのことが繋がった時は凄い盛り上がりました。

小林監督:そう!あのシーンは!鈴木清順!なんですよ!って!

(大きいジェスチャーが監督と間宮から繰り広げられ、会場爆笑)

その後も互いの映画愛やこの作品へかけた強い想いが語られ、最後締めくくりとして、

間宮さん:こういう映画なので風当りは強いと思いますし、いろんな意見が出るのは当然だと思っています。でも皆さんの色々な感想をSNSなどで読ませていただいて、皆さんが純粋に映画に向き合って、素直な気持ちをそのまま伝えてくれていることが嬉しいんです。

と感慨深げに語り、

小林監督:何度も観ても楽しめるように仕掛けを沢山ちりばめた映画になっています!ぜひまた何度でも映画館にぶっさらわれに来て下さい!何度もぶっさらいます!あと俺はエゴサーチの鬼なので、皆さんの感想は全部読みます!どんな感想でも待っていますので、ぜひ感想ください!本当にありがとうございました!!これからも宜しくお願いします!!

と深々とおじぎし、盛大な拍手に包まれ大歓声の中、舞台挨拶は終了しました。

映画情報どっとこむ ralph また、公開前から本作に注目し、絶賛激励コメントを寄せている映画界を代表する重鎮たちが新人・小林勇貴監督を更に盛り上げるべく、トークイベントに続々参戦することが決定!!第1弾は11月29日(水)ヒューマントラストシネマ渋谷にて、映画評論家の町山智浩が登壇!小規模ながら異例のヒットとなった本作の魅力、今後の日本映画界を小林勇貴と共に語り合います!

そして2週目には、17日のビジュアル解禁で話題騒然となった昭和実録映画風ポスターのポストカードを、来場者特典として全国の上映劇場で数量限定で配布することが決定!11月25日(土)11月26日(日)大入袋代わりに観客の皆様へ感謝の気持ちをプレゼント致します!
チラシ刷りは一切無し、劇場掲出も限定された本ビジュアルは、2週目のポストカードでしか手に入れることは出来ない激レア特典です!

全員死刑

2017年11月18日(土)全国ロードショー

公式HP:
shikei-family.jp

借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の金を奪おうと無謀な計画で1人を殺害したことをきっかけに、連続殺人へと狂い咲いて行く様を、実行犯の次男の目線で描く問題作だ。

主演の次男・タカノリ役にはこれが映画初主演作となり、『帝一の國』(17)や『トリガール!』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮祥太朗。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が小林勇貴の才能に惚れ込み結集。わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語が繰り広げられる。

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 
原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳 音楽:中川孝
エンディングテーマ:HER NAME IN BLOOD「Answer」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給:日活/東京テアトル
     


中条あやみと志尊淳、小関裕太が花とゆめの表紙に!映画『覆面系ノイズ』


映画情報どっとこむ ralph この度、 11月20日発売の「花とゆめ」の表紙に、劇中衣装に身を包んだ、中条あやみと志尊淳、小関裕太が登場いたします!

1974年に創刊された本誌で、実写映画が表紙を飾ることは<初>になります。

また、映画公開直前SP号として、スペシャルDVDが付録に。原作者の福山リョウコが中条、志尊、小関の三人に突撃インタビューをしている模様や、中条や志尊らがメジャーデビューを果たす、劇中から飛び出した覆面バンド・in NO hurry shout;(通称:イノハリ)が務める映画主題歌「Close to me」MVメイキングなど、貴重な映像が盛りだくさん。
3号連続インタビュー企画のラストを飾る本号ではスペシャルDVDに収録された、福山リョウコと表紙を飾った三人のインタビューを一部掲載。撮影時のエピソードはもちろん、全員片想いする登場人物の誰に共感するか?など、たっぷりと本作について語ってます。​

映画情報どっとこむ ralph 【花とゆめ】 11/20発売号

価格 380円(消費税込)​

<映画「覆面系ノイズ」公開記念スペシャルDVD>​
-BONUS TRACK DISC-​
★中条あやみ・志尊淳・小関裕太に、原作者・福山リョウコが突撃質問!​
★映画主題歌「Close to me」in NO hurry shout; MVメイキング​
★映画特報映像​
★福山リョウコ先生アトリエ訪問​
★SPおまけ・覆面系ノイズ⑦巻PV byハルヨシ(CV:小野大輔)​

映画情報どっとこむ ralph 覆面系ノイズ

11.25(sat)ROADSHOW!!

http://fukumenkei-noise.jp/​

好きって言えないけど この想い、響け―。 片想いとメロディがあふれる、切キュン片恋ストーリー誕生!​

歌うことが大好きなニノ(中条あやみ)は高2の春に転校先の学校で、幼いころに出会った曲作りをする男の子・ユズ(志尊淳)に再会。ニノを想って曲を書き続けてきたユズは、思わぬ再会に戸惑いながらも気持ちを募らせる。一方ニノは幼いころに離れ離れになった幼馴染・モモ(小関裕太)に今でも思いを寄せていた・・・。いつかモモにこの歌声を届けたい!日々練習を重ねるニノはある日とあるオーディション会場でモモらしき人物に遭遇!せっかく再会できたのにモモに気持ちを伝えられないニノ。そんな時、辞めてしまったボーカルの代わりにユズの所属するバンドでボーカルを担当することに。それぞれの恋する気持ちが交差する中でニノが気づく本当に大切な人とは!?​

過去記事:
中条あやみ、志尊淳、小関裕太登場に女子中高生大興奮!『覆面系ノイズ』

中条あやみ、志尊淳、小関裕太登場に女子中高生大興奮!『覆面系ノイズ』





***********************************

出演:中条あやみ 志尊淳 小関裕太 真野恵里菜 磯村勇斗 杉野遥亮​
原作:福山リョウコ「覆面系ノイズ」(白泉社「花とゆめ」連載)

監督:三木康一郎
脚本:横田理恵 三木康一郎​
主題歌:in NO hurry to shout;「Close to me」(ソニー・ミュージックレコーズ)​
エンディングテーマ:MAN WITH A MISSION「Find You」(ソニー・ミュージックレコーズ) 配給:松竹​
©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会 ©福山リョウコ/白泉社・花とゆめ


笠菜月、甲斐翔真、秋野暢子ら登壇!『写真甲子園 0.5 秒の夏』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」は、北海道・東川町で毎年開催され、来年で節目の第25回目を迎えることを記念して映画『写真甲子園 0.5 秒の夏』として映画化を発表。

先週11月11日(土)、映画が北海道先行公開いたしましたが、本日 11 月18日(土)、ついに全国公開しました。
主演:甲斐翔真、笠菜月、そして秋野暢子、菅原浩志監督がユナイテッド・シネマ豊洲の初日舞台挨拶に登場しました。
本作は、夏の東川町で行われる「全国高等学校写真選手権大会」を舞台に、葛藤や挫折に直面しながらも、一枚の写真に青春のすべてを賭ける高校生たちの熱き姿を描いた青春ストーリー。

映画『写真甲子園 0.5 秒の夏』初日舞台挨拶
日時:11月18日(土)
会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:笠菜月、甲斐翔真、秋野暢子、菅原浩志監督

映画情報どっとこむ ralph 甲斐さん:ついに全国公開しました。この映画は、初主演映画であり初出演映画です。何もかも初めてだったので、役と向き合うとはどういうことなのか、どう向きあえばいいのかさえも当時は分からなかったけれど、菅原監督がすごく丁寧に心情の作り方や脚本の読み方なども教えてくれました。俳優をスタートさせた作品として、本当に心に残る作品になりました。プレゼンテーションのシーンは、実際の写真甲子園と同じように、自分たちで撮影した写真の中から8枚の組写真を選び、プレゼンテーションの内容も自分たちで決めました。奮闘しながら6時間以上かけて考えて作りました。 写真家の立木義浩さんや竹田津実さんも、写真をみながら台本無しでリアルな講評をして下さいました。俳優という職業に向きあって、葛藤しながら成長できた作品です。挑戦・挫折・協力・成長が描かれている青春映画です。勇気をだすこと、挑戦すること、前向きな気持ちを持って帰っていただけたら嬉しいです。

と自身の記念作品となったことに想いを込めながら語り、

笠さん:5歳の時、監督の作品に出演させていただいた経験があります。今回も1対1で指導してくださるなど、どこか懐かしい気持ちもあり、そして一生懸命撮影にのぞんでいこうと思いました。親切に向きあってくださり、仕事をまたご一緒できて幸せな気持ちでいっぱいです。写真甲子園本戦のシーンは、演技ではなくリアルな緊張感もあり、理屈ではない心の底からの気持ちがでていて、全身全霊で演じています。映画を観た後、プラスの気持ちが皆様の心に芽生えるようであれば嬉しいです。

と話しました。

秋野さん:フレッシュで若い方々が多数出演している作品で、一生懸命に映画に取り組んでいる気持ちがスクリーンを通して伝わってきます。まっすぐな青春映画です。この子達の熱が大人にも伝わってきて、大人の自分ももう一度何かに取り組もうと思えます。映画は年齢問わず、みんなで一生懸命作ります。そしてお客様に観ていただいて初めて「映画」として完成します。 また劇場にお越しいただければと思います。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph そして・・・・、

菅原監督:北海道・東川町で24年続いている写真甲子園の映画です。実際の写真甲子園を初めて見た時、写真を撮っている高校生たちがあまりにも真剣で、声もかけられませんでした。オシャレも恋愛もせずに、写真に全ての青春をかけている姿に感動し、「伝えたい。映画にしたい。」と思い映画化しました。 エンドロールに登場する写真は、24年間続く写真甲子園で生まれた写真です。長い歴史の中で作られた映画であることを伝えたくて使わせていただいております。本日は、初日第1回目の上映にお越しいただきまして、本当にありがとうございました!

と、24年間続いている写真甲子園へ参加したすべての高校生や関係者の皆様へ改めてお礼をした。

舞台挨拶の最後、監督からキャスト3名にサプライズで花束のプレゼントもあり、拍手喝采の初日舞台挨拶となりました。

映画『写真甲子園 0.5秒の夏』

は、11月18日(土)本日より全国順次公開中。


***********************************

笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 緒形幹太 平 祐奈
中西良太 金山一彦 小柳友貴美 宮崎秋人 北見敏之
立木義浩 竹田津実
千葉真一 秋野暢子
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志
プロデューサー:作間清子/音楽:吉村龍太/撮影:上野彰吾/
照明:赤津淳一/美術:長 寿恵/録音:室薗 剛/編集:時任賢三/
助監督:桑原昌英/ヘアメイク:井川成子/ラインプロデューサー:原田文宏

製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/
東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス