「実写」カテゴリーアーカイブ

IMAXでホラーはいかが!?実際にあった心霊現象『死霊館のシスター』ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界1,350円超えの驚異的な興行収入をたたきだした大ヒットホラー『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』が9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開となります。このたび遂に最新作のポスタービジュアルが解禁となります。


また『死霊館』シリーズ初となるIMAX上映が決定しました!

2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以上の興行収入を上げ大ヒットを記録。

以降、『死霊館 エンフィールド事件』、『アナベル 死霊館の人形』、『アナベル 死霊人形の誕生』と、累計1,350億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている『死霊館』シリーズ最新作となる『死霊館のシスター』はシリーズすべての恐怖の始まりを描いています。

映画情報どっとこむ ralph このたび解禁となったポスタービジュアルは、不可解な事件の真実を追う見習いシスター・アイリーンをまるで焼きつくすかのように、『死霊館』『アナベル』シリーズの元凶となる悪魔のシスター・ヴァラクの姿がこちらを覗く…。汚れなき清廉なシスター・アイリーンと、呪いで人々を恐怖のどん底に突き落とす悪魔のシスター・ヴァラクの対比が印象的で、「呪え。」「祈れ。」と大胆にあしらわれたコピーが熾烈な対決を予感させるデザインとなっている。

さらに『死霊館のシスター』のIMAX上映が決定!通常の映画で使用されるフィルムよりも大きなサイズの映像を記録、上映することで臨場感のある視聴体験ができるIMAX上映は『死霊館』シリーズでは初となる試み。IMAX上映で『死霊館』の世界に飛び込めばさらに恐怖倍増!失神レベルの恐怖が観客に襲いかかる!上映劇場など詳しくは今後、公式HPで発表予定。

主演のアイリーンを『死霊館』シリーズでロレイン・ウォーレンを演じたヴェラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガが務め、バーク神父を『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチルが演じる。製作は『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワン、監督は『ザ・ハロウ/浸蝕』のコリン・ハーディ。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『アナベル』シリーズを担当したゲイリー・ドーベルマンが脚本を務める。

映画情報どっとこむ ralph 死霊館のシスター
原題:The Nun

9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/

【STORY】
1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこの事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。二人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。バーク神父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“悪魔のシスター”と対峙することになる―。

***********************************

監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェームズ・ワン

出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズほか

配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ&ポイント・セット

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/


棚橋弘至、寺田心、田口隆祐、真壁刀義 バトルトークイベント!映画『パパはわるものチャンピオン』テレ朝夏祭り


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット絵本、『パパのしごとはわるものです』と、『パパはわるものチャンピオン』(岩崎書店刊)が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至の主演で待望の映画化とな
りました。

この度、テレビ朝日夏祭りとコラボし、イベントステージに主演の棚橋弘至、息子役を演じた寺田心、レスラー役の田口隆祐、そして、真壁刀義が参戦!

司会は映画で実況をつとめた野上慎平アナウンサー!

G1 CLIMAX後、初の公の場に登場でファンは大興奮!

普段見ることが出来ない各レスラーの演技や、本作の見どころをプロレスラー目線で語っていただき、真夏にさらに熱くなるような男たちの熱気溢れるイベントとなりました。

日程:8月15日(水) 
場所:テレビ朝日 六本木ヒルズアリーナ
登壇:棚橋弘至、寺田心、田口隆祐、真壁刀義


映画情報どっとこむ ralph テレビ朝日夏祭りに、「100年に1人の逸材」棚橋弘至が初主演することで話題の映画『パパはわるものチャンピオン』から、主人公・大村孝志/ゴキブリマスクを演じた棚橋弘至選手、息子役を演じた寺田心くん、ゴキブリマスクの相方・ギンバエマス役の田口隆祐選手、そして、破壊神スイートゴリラ丸山役の真壁刀義選手が参戦!司会は劇中で実況をつとめた野上慎平アナウンサーが担当した。

―入場

野上アナの呼び込みによりキャスト陣が登壇――のはずが、誰も出て来ない。すると会場に「ゴキブリマスクの入場曲」が鳴り響き、客席側からプロレスの入場風にキャスト陣が登場!本作で息子役を演じた寺田心は、父親役の棚橋弘至に肩車をされ、観客とタッチしながら客席を練り歩く形で入場。

―挨拶

野上アナがG1のことに触れると

真壁選手:G1で疲れてないやつなんていねえよ!

とが言うと、先日G1で優勝した

棚橋選手:疲れてないです!

と最初から棚橋節をみせつけ、会場から拍手が起きた。その後順番に挨拶していく中で、

心くん:皆さんにお会いできてすっごくうれしいです!

と挨拶すると

真壁選手:おい!かわいすぎるだろ!

と思わずツッコミ。次に挨拶をした田口選手は心くんの真似をしてかわいい声で挨拶。寺田くんに対して

田口選手:こんな大人にならないでね!

と笑いを取っていました。

真壁選手は「スイートゴリラ丸山」という役名について控室でも思い出し笑いをしていたと棚橋選手からバラされ、真壁選手は、熱中症やお子さんに気遣う挨拶など役名さながらのスイートな発言で優しさを垣間見せていました。挨拶を終えて、キャストが椅子に座る際に、椅子が高くて座るのに手こずっていた心くんを棚橋選手がサポートする一幕もみられた。


主人公を演じてみてどうだったか?と聞かれると

棚橋選手:責任感がうまれました。映画全体を引っ張っていかなきゃならないが、初めてのことが多く、何していいか分からなかったので、明るい現場の雰囲気をつくるためにニコニコしていました。

と答えた。クランクインが去年のG1CLIMAX終了後すぐだったため、G1が始まる2か月前くらいから寺田と監督と3人で演技の練習をしていたと明かした。そのなかで滑舌をよくするために練習した「外郎売」を実際に披露。それに対して「よく覚えているなとは思ったけど、噛んでるよな」と真壁からツッコミを入れられると、G1の8.10リング上でも噛んでしまったことを自虐して笑いを誘った。

プロレスと演技の違いを聞かれると、セリフの言い回しを考えながら繰り返し練習し、その都度監督に指導してもらったとのこと。何回もやっていくうちに「あ、自然に言えた」と正解の感覚をつかんでいく感じにやっていたと語った。

それに対して

心くん:努力していててすごい!

と棚橋選手をねぎらう少年。


棚橋選手は、レッスンの時からずっと一緒にいたため、関係性を親子という役どころに実際に落とし込めたのはよかった。また、心くんがプロレスに興味を持ってくれたことを嬉しそうに語った。それについて心くんは、オカダ・カズチカが棚橋選手にドロップキックをするシーンで心配になってしまい思わずリングに上がってしまったというエピソードを明かしました。

また、撮影中にプロレスごっこをして遊んでいた2人。実際に、レインメーカーを小さな身体を生かしくぐり抜け、後ろに回ってパンチするという“寺田心式レインメーカー返し”を披露。

「プロレスラーと共演するのは怖かったか?」と聞かれると、

心くん:プロレスを知るためにDVDを観たら、たまたま血だらけの映像をみてしまって大丈夫かな?と思ったが会ってみたらすごく優しくて、遊んでくれて楽しかったです!

と答えた。それに対して

真壁選手:リングを降りたら優しいただのおじさんだよ。

と笑いを誘った。



田口選手は、その名演から試写にきた関係者から評価されていることに触れられると、冗談交じりに「演技は勝負。」と独自の役者論を語り笑いを誘った。しかし、本作で主人公の妻・詩織役を演じた木村佳乃からは「役者かと思った。あなたは役者に向いているわよ。」と言われていたエピソードが明かされると

田口選手:来年から試合数が減るかも…」と役者の仕事が増える可能性にまんざらでもない様子をみせた。

真壁選手は見どころを聞かれると

真壁選手:破壊神という役どころで暴れまわっています。控室でのシーンなど裏側の鬼気迫る雰囲気を味わってほしい。(その雰囲気の中を)心君が逃げ回るシーンもあるのでみてほしい。

と語った。それに対し、「プロレスを知らない方でももちろん楽しめる作品だし、プロレスの映画なんて興味ないというプロレスコアファンにも届くような作品」と野上アナが熱弁した。

それに答えるように、

棚橋選手:理解しあえない関係性に対してヒントをくれる作品です。

と語るが、それに対して

心くん:噛んだよね?

とかわいくツッコミ。棚橋選手が噛んでNGを出した撮影秘話も語られた。


ここで他に出演するプロレスラーが紹介される。「どこのシーンでだれが出てくるか楽しめますね」と野上アナ。ここで

真壁選手:控室など(新日本プロレスの)派閥ごとに分けられていた。

などスタッフの気遣いがあったなど裏話が明かされた。棚橋選手が初のヒールレスラーをやったことに対して

棚橋選手:手探りだったけど、パートナー(ギンバエマスク)がいたから心強かったです。

と答えると、かつてヒールレスラーとして活躍した経験のある

真壁選手:ヒールレスラーなのにラメが入ってたり光沢のある衣装で派手でこんなオシャレなヒールいねえだろと思ったけど、2人(ゴキブリマスクとギンバエマスク)の掛け合いとかが面白かった。

など2人のヒール論が本気でぶつかるシーンについても語った。プロレスの試合を観戦するシーンについて聞かれ

心くん:プロレスファンに応援の仕方を教わったりして、声を枯らして応援したりとプロレスが大好きになりました。

と語り、その寺田の頭を真壁がやさしく撫でるとういう一幕も。

最後に・・・

真壁選手:プロレスの面白さや裏側が描かれているし、なによりもハートフルな家族の物語なので、心があったかくなりたかったら、この映画を見てください。

田口選手:プロレス映画というよりも、プロレスのシーンもある映画としてみてほしいです。親子の感動の作品ですので、ぜひ劇場で観ていただきたいです。

心くん:この映画は小さい子から、おじいちゃんおばあちゃんまで見られる映画だと思います。色んな役の立場に立ってみれば様々な見え方があると思います。

と大人顔負けのコメントに会場から拍手が起きた。

棚橋選手:この後は言いにくい・・・・全力でがんばりました!

と仁王立ちで堂々と挨拶した。

最後は、観客と共に記念撮影をし、「今日噛んでばっかりだけど映画では噛んでないです」「会場の皆さん、愛してま~す!」と棚橋らしく締めくくった。
映画情報どっとこむ ralph 映画「パパはわるものチャンピオン

2018年9月21日(金)全国ロードショー
www.papawaru.jp

物語。。。
大事なのは勝つことじゃない。人生を戦い続けるすべての人に贈る感動の物語。

まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田心)に打ち明けられずにいた。だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは?そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか―。

***********************************


出演:棚橋弘至/木村佳乃/寺田心/仲里依紗/オカダ・カズチカ/田口隆祐/大泉洋(特別出演)/大谷亮平/寺脇康文

原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」作:板橋雅弘 
絵:吉田尚令(岩崎書店刊)
監督・脚本:藤村享平 
制作プロダクション:ブリッジヘッド/パイプライン 
配給:ショウゲート
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会 
  


リュック・ベッソンがスケールアップで放つ『TAXi ダイヤモンド・ミッション』


映画情報どっとこむ ralph 新感覚カー・アクションとして全世界にTAXi旋風を巻き起こし、大ヒットした『TAXi』1作目の公開からちょうど20年の本日(『TAXi』1作目は1998年8月15日公開)、新たなTAXiシリーズが2019年1月に公開される事が決定いたしました!

フランスではすでに公開され、2週連続第一位を獲得!動員は365万人を超える特大ヒット!その他ヨーロッパ各国でも次々に公開され、アクセル全開の大ヒットを飛ばしています!
お馴染みのキャストが刷新し、新たなバディとなったのは、超絶ドライブテクを持つがスピード狂の警官マロ(フランク・ガスタンビド)と、伝説のタクシードライバー:ダニエルの甥でありながら、かなり間抜けなタクシー運転手エディ(マリク・ベンタルハ)。二人はフェラーリなど高級車を操るイタリアの強盗団から、世界最大のダイヤモンド“カシオペア”を守り切れるのか!?

TAXi ダイヤモンド・ミッション』という邦題(原題:TAXi5)も決定し、2019年年明けにぴったりの、爽快・軽快・超痛快!なノンストップ・エンタテインメントが誕生!

2019年1月 全国ロードショー

公式サイト:
taxi5.asmik-ace.co.jp

***********************************

製作: リュック・ベッソン、ミシェル、ローラン・ペタン
監督: フランク・ガスタンビド
脚本: リュック・ベッソン、フランク・ガスタンビド、ステファーヌ・カザンジャン

出演: フランク・ガスタンビド、マリク・ベンタルハ
2018年/フランス/103分/スコープサイズ
日本語版字幕:寺尾次郎
配給:アスミック・エース
© 2018 – T5 PRODUCTION – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION – EUROPACORP – TOUS DROITS RÉSERVÉS


葵わかな 古畑星夏 久間田琳加 秋田汐梨「青夏」女子会開催!井上苑子がサプライズで生歌披露!


映画情報どっとこむ ralph 南波あつこ先生の人気コミックの映画化『青夏 きみに恋した30日』が全国公開中です。

本作は夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵との、夏休みだけの〈期間限定の恋〉を描いたピュアラブストーリー。

この度、公開を記念して葵わかなさん、古畑星夏さん、久間田琳加さん、秋田汐梨さんという女子キャストが集結し“青夏”女子会をいました!

さらにスペシャルゲストとして、挿入歌「点描の唄」をMrs. GREEN APPLEとともに歌う井上苑子が生披露!
日時:8月15日(水)
場所:丸の内ピカデリー2
登壇:葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子

映画情報どっとこむ ralph 8月1日に全国公開し、「切なくて号泣!」「こんな夏休みを過ごしたい!」「終始キュンキュンする!」と多くの熱い反響が寄せられている本作。女子会に現れたキャストに観終えたばかりの観客から暖かい拍手と歓声。
公開後の反響について
葵さん:妹や同級生から見たよと言ってもらえている。同年代の方は親近感を持って観てくれたみたいだし、大人の方も観てくれているようで嬉しいです。

とコメント。古畑さんも幅広い年代に鑑賞されていることを実感しつつ
古畑さん:映画を観た親からは『あなたいつも可哀想な役柄ね』と言われた。でもそれはそれで良かったかな。

と複雑な幸せを感じているご様子。

劇中の男子4人
吟蔵:佐野勇斗
菅野祐真:岐洲匠
ナミオ:水石亜飛夢
タカ:志村玲於
で理想のタイプは?

葵さん:菅野君は丁寧でいいですね。

古畑さん:菅野君ですね。

久間田さん:タカといいたいけど 祐真君がいいです。理緒を思い続けるのがいいですね。
秋田さん:無言でも安心。ナミオとさつきみたいなセットがいいです!
井上さん:ナミオ
で、吟蔵君がいない!

葵さん:銀蔵は強引なのに最後のアプローチしない。好きなのに、何も手ごたえがない。それなのに俺のこと好きなんじゃなんて・・・振り回されるのはいや!

と、駄目だしするも、吟蔵はまだ成長中だから!とフォローも。

もし。あなたが男性で付き合うなら

理緒:葵わかな
万里香:古畑星夏
あや:久間田琳加
さつき:秋田汐梨

古畑さん:理緒ちゃん。けなげ。好きってなっちゃう。大好きバカ!って言われたらうれしいツボです。

秋田さん:あや。友達思いで、友達の恋を応援するのは素敵。

と、優しい秋田さん。

久間田さん:万里香さん。男になったら、おねえさんタイプにグイって引っ張ってほしい。

と、装飾男子になる設定。

葵さん:さつきちゃん、素朴な感じがいいです。心優しそう。都会の人が持っていない優しさを持っていそうなので。

井上さん:久間田さん・・ あやに一旦行って・・・さつきちゃんみたいのがいいかな。

と、ピュアな感じのさつきさんが女子受けが良いよう。

吟蔵について・・・

久間田さん:早めにハッキリしほしい。

葵さん:吟蔵、本人はいい人だけど。こっちは期間決まってるからね。

と、否定的。

井上さん:ピュアな映画好きでみますが、映画を見てると裏もわかるから吟蔵がんばれ!って思うけど、実際の理緒央だったら。はっ?てなります!上から過ぎ!!!

と、主役がだめだしされる面白い映画。

映画情報どっとこむ ralph ここで、女子会といえばな恋愛話。観客からの恋愛相談コーナーに!

Q:追う恋と、追われる恋どちらが?
秋田さん:追う恋。好きじゃない人に追われても。辛くても追うほうがいいです!

古畑さん、久保田さん、井上さんも追う恋を選択。

葵さん:年を考えます。若ければ追う恋。でも、大人は待ってられません。

と、合理的な葵さん。


Q:彼が就職で故郷に帰ってしまう。このまま続けるか分かれるか?・・期限は半年。と、ディープな質問が

一同:難しい・・・

と、考えると、
井上さん:遠距離できる人なり。OK。結婚する人いますから。全然いいと思います。

秋田さん:私は・・・遠距離無理なので。。。自分が耐えられるならいいのでは?

葵さん:第三者は背中を押したほうがいいんじゃない?ほかに好きな人はいないんだったら、止める意味はないんじゃ?

古畑さん:会いたい気持ちあるなら遠距離でもいいと思います。

と大人な古畑さん。


最後の質問は男性から。

Q:花火大会デート予定。男性が浴衣を着てくのは女性はどう思う

古畑さん:着て欲しい!

葵さん:二人とも普段着!。経験ないから普段着のほうが楽だし!

というと、古畑さん

古畑さん:普段着って!デートだよ。

と、恋愛観が真逆?なお二人。

井上:一緒に浴衣も選んじゃうのは?

葵さん:楽しいかも!

久保田さん:着て欲しい。いつもと違う姿は、好きになっちゃう。

葵さん:女の子が、浴衣を着ているなら着てほしい。

とすると、質問の男性は、選びに一緒に行くと言うと

葵さん:いいな~。

と本当にうらやましそう。中々芸能人はお買い物デートできないですものね。

映画情報どっとこむ ralph 挿入歌「点描の唄」について

井上さん:この歌を録音したときは映画を見ていないんですね。なので、切なくなり過ぎないように歌いました・・届いてなくても、話す感じで歌っています。

葵さん:女性の声が映画に入るとグッときて、苑子さんの声が入ると自分の中にしみ込んできました。悲しいシーンも。歌を聞いて。イメージ膨らませて演じてました。楽しいシーンにも、かぶさるのもすごく、いいプラスでした。助けられました。

と、話す葵さん。

ここで井上さんがサプライズで生歌唱。

ライブで歌うのは初めて

井上さん:緊張しました。でも、どこかで歌いたいなと思っていたので。歌えて良かったです。ありがとうございます。

とすると

葵さん:素敵。凄い素敵でした。生で聴けないのかな?と思っていたので凄く光栄です。
と感激し、

古畑さん:こんなに近くで聴けるなんて嬉しかった。サビになると強くなる声が素敵。
とウットリ。

久間田さん:映画を観た後に口ずさんでしまうメロディ。本人が生で歌ってくれたのでより圧倒された。
と嬉しそう。

秋田さん:曲が配信されてからエンドレスで聴いていました!こうやって生歌を聴くことができて幸せ。
とすっかりファンの皆さんでした。


青夏 きみに恋した30日

8月1日(水)全国 青春全開です!


物語・・・
運命の恋を夢見る、都会育ちのイマドキ女子高生・理緒。夏休みの間、大自然の田舎で過ごすことになった理緒は、そこで地元の男子高 校生・吟蔵と出会う。クールで少しぶっきらぼうだけど 実は優しい吟蔵に、理緒は一気に恋に落ちる。 吟蔵こそ運命の人…?と思ったのも束の間、「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまう。 そんなとき、理緒に想いを寄せる東京の男子高生・祐真が理緒に会いにやってくる。 「夏休みが終わったら俺と付き合おう。東京で待ってる」―優しくて誠実な祐真の告白に、戸惑う理緒。 そんな理緒を見た吟蔵は、「おまえ、俺のこと好きなん じゃねぇのかよ!」と思わず本音を口にする。まっすぐでピュアな理緒に惹かれ始めてい た吟蔵だったが、いずれ離ればなれになってしまうことから、理緒への気持ちを

必死で抑えていたのだった。 近づく夏の終わり。高まっていく気持ち。果たして〈夏限定〉の恋のゆくえは―?



***********************************

葵わかな 佐野勇斗
古畑星夏 岐洲 匠 久間田琳加 水石亜飛夢 秋田汐梨 志村玲於
霧島れいか 南出凌嘉 白川和子 / 橋本じゅん

原作 南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:古澤 健

主題歌: Mrs. GREEN APPLE 『青と夏』
挿入歌:Mrs. GREEN APPLE 『点描の唄(feat.井上苑子)』(ユニバーサルミュージック/EMI Records)

配給:松竹
c2018映画「青夏」製作委員会


満島真之介が憧れの『おかあさんといっしょ』のお兄さんに!


映画情報どっとこむ ralph 1959年に放送が開始され、時代とともに何世代もの人々に愛され親しまれて来た国民的人気番組

おかあさんといっしょ

が60年目を迎えるこの秋、『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルではじめて映画化され、いよいよ来月9/7(金)全国ロードショーとなります。


本作は、ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが外へ飛びだして、様々なことにチャレンジ!劇場内で歌って踊って楽しめる、この映画ならではの楽しみ方が満載です。

この度『映画 おかあさんといっしょ』の実写パートに、ゲストのお兄さんの出演が決定!

この前代未聞の役に大抜擢されたのは、昨年6本のドラマと8本の映画に出演し、映画・ドラマ・舞台・アニメの声優など様々なジャンルの作品に引っ張りだこ、どんな役柄も個性豊かに演じきる若手実力派俳優の満島真之介さん(29)。
満島さん自身は、幼い頃から「おかあさんといっしょ」の“うたのお兄さん”に憧れ、上京直後は学童保育で働き、「おかあさんといっしょ」の歌をマスターして、子どもたちと一緒に歌って踊って触れ合ってきました。今でもその当時にマスターした歌や振り付けは覚えており、幼い頃から番組に親しんできた満島さんが、ついに『映画 おかあさんといっしょ』で夢の出演を叶え、映画でしか見られない“しんのすけお兄さん”が登場します!

映画情報どっとこむ ralph 満島真之介さんのコメント

『映画 おかあさんといっしょ』出演のお話を頂き、夜も眠れないぐらい嬉しかったです。
僕は、人生の一番の夢が“うたのお兄さん”になることで、ただ、もうできないのかな…ってちょっと諦めていた時に、今回お話を頂き、20代最後の夏に奇跡がやってきて、素敵な人生のプレゼントをもらったと思いました。小さい頃から観ていた「おかあさんといっしょ」が今年で60年目を迎え、映画化されることには、映画の新しい未来を感じました。歴史的な大事件ですよね(笑)。僕も新しい冒険として、そして映画がすてきな体験になるようにいっしょに何かできたらいいなと思っています。そして子どもだけじゃなく、「おかあさんといっしょ」なので、大人の方たちもいっしょにぜひ楽しんでいただきたいです。

映画情報どっとこむ ralph また番組でおなじみの人形劇「ガラピコぷ~」はアニメになり、チョロミー、ムームー、ガラピコの宇宙での大冒険が活き活きと描かれます。先日、劇場版の新キャラクターが発表され、ゴムリ役に横山だいすけ、イオ役に関根麻里さんがゲスト声優として参加します。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』 
全編にわたって、みんなで楽しめるコーナーが盛りだくさんの約70分!

【実写コーナー】
ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが、外へ飛び出して、いろんな乗り物に乗って楽しくおでかけ♪…と思ったら、いつのまにか不思議な町に着いてしまい、そこにはちょんまげの人がいっぱい!

すると突然、忍者たちに囲まれ、お兄さん、お姉さんは大ピンチに。

そこに、ちょんまげ頭の謎の人物が現れて…?お兄さん、お姉さんたちはいったいどうなるのでしょうか!?

【アニメコーナー】
チョロミー、ムームー、ガラピコはしずく星を飛び出しツムリ星へお出かけ!到着するとツムリ星はぼろぼろの星になっていました。そこで出会ったのはツムリ族のお姫様イオ(声:関根麻里)。イオには昔ゴムリ(声:横山だいすけ)というロボットのお友達がいましたが、ある事件をきっかけに離ればなれになってしまいました。ひとりぼっちになったゴムリは、星の大切なグミグミの実を盗んでしまい…。グミグミの実の力がなくなったツムリ星はどんどん元気がなくなってしまいました。そのお話を聞いたチョロミーたちは、イオとゴムリの仲直りをお手伝いすることに!
果たしてイオとゴムリは無事仲直りし、ツムリ星は元気を取り戻せるのでしょうか。
※本作は、テレビ放送でのオープニングアニメーションを担当したアニメーターの久野遥子からバトンタッチし、ダイナモピクチャーズがアニメーションを制作します。


★『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』の映画館での楽しみ方★

小さいお子さまやご家族にも安心してお過ごしいただける上映環境となっております。映画館デビューにもピッタリの本作では、お子さまのはじめての映画館の記念に写真撮影タイムもご用意!
劇場は明るく、歌ったり踊ったり大きな声を出したり、元気いっぱいに遊べる、新しい映画館での楽しみ方にもご注目ください。


お子さまの人生で初めての映画館体験となる“ファーストムービー”として、ぜひご期待ください!

公式HP:
eiga-okaasan.jp 

***********************************

出演:花田ゆういちろう 小野あつこ 小林よしひさ 上原りさ 満島真之介 チョロミー ムームー ガラピコ スキッパー

声の出演:吉田仁美 冨田泰代 川島得愛 ・ 西川貴教
横山だいすけ ・ 関根麻里

主題歌:「ティッタトティッタ」 作詞:もりちよこ 作曲:栗原正己
製作:『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』製作委員会
(日活/ライブ・ビューイング・ジャパン/イオンエンターテイメント/NHKエデュケーショナル)

配給:日活/ライブ・ビューイング・ジャパン 
制作:NHKエデュケーショナル/ダイナモピクチャーズ
2018年/カラー/16:9/5.1ch/DCP
 
©2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会