「実写」カテゴリーアーカイブ

桜田ひより『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』特報!CDリリースも決定!


映画情報どっとこむ ralph 大人気コミック「咲-Saki-」が実写ドラマ・映画化プロジェクトが2016年開始。
浜辺美波主演で第1弾『咲-Saki-』が実写化され評価されるなどドラマ・映画ともに話題となりました!

そして!実写化プロジェクト第2弾として、桜田ひより主演によるもうひとつのガールズマージャンストーリー本格美少女麻雀物語『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』が、12月3日(日)より全4話と特別編を合わせた計5話のTVドラマシリーズの放送をMBS/TBSドラマイズム枠にてOAがスタート。そして、映画版が2018年1月20日(土)から、新宿バルト9ほか全国公開も決定しております。

そして!本日、映画特報が解禁となりました!

幼なじみの原村和との再会を目指して辿り着いた全国大会での阿知賀女子学院麻雀部メンバーの奮闘や、千里山女子・白糸台・新道寺女子それぞれの高校の固い絆で結ばれた友情も描かれております。そして対局の迫力シーンも見所です!

映画情報どっとこむ ralph 今回、阿知賀女子学院麻雀部で歌う楽曲「笑顔ノ花」が、ドラマと劇場版のオープニングテーマであることも解禁となり、特報の中で、楽曲の一部を試聴することができます。「笑顔ノ花」は、阿知賀女子学院麻雀部のキャスト5人がキャラクターソングとして歌唱。

歌唱キャストは、桜田ひより、伊藤萌々香(フェアリーズ)、恒松裕里、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、中山莉子(私立恵比寿中学)。フレッシュな歌声と上品でみずみずしいコーラスが印象的で、阿知賀女子学院麻雀部のチームワークが際立つポップチューンとなっています。

さらに、前作第1弾の主題歌「きみにワルツ」と同様に、今回も作詞・作曲を担当したのは、先日惜しまれつつ解散したみみめめMIMIのユカ。前作と同じ製作陣・スタッフという趣旨に共鳴したユカが、引退前に書き下ろした渾身の楽曲となっています。彼女の独特のメロディと歌詞の世界観が、ドラマのストーリーにさらなる青春ドラマとしての鮮やかな彩りを加えています。

また本日、このオープニング楽曲のCDリリースが決定したことも合わせて発表されました。発売日は年明けの2018年1月17日に決定。初回盤に付属のDVDには「笑顔ノ花」Music Videoのフルverと貴重なメイキング映像が収録されます。

CDのM2では、Hysteric Blueの名曲「春〜spring〜」をカバー。
こちらも阿知賀女子学院麻雀部のキャスト5人が歌唱しており、ドラマと劇場版のエンディングテーマとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A

原作:小林 立
作画:五十嵐あぐり
全6巻好評発売中!! 
定価:本体各552円+税

麻雀の全国大会を目指す、元気いっぱいの女子中学生・穏乃。
その理由はただひとつ――
親友だった天才麻雀少女、原村和と再戦するため。
同じ夢を持つ仲間を集めて進む、長くも険しい全国大会への道。
果たして穏乃の夢は叶うのか?

もうひとつのガールズマージャンストーリー本格美少女麻雀物語――始動!!
©Ritz Kobayashi/SQUARE ENIX
©Aguri Igarashi/SQUARE ENIX

***********************************

原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
コミック作画:五十嵐あぐり(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
制作プロダクション:ダブ
©小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト


GLIM SPANKYが映画『不能犯』に主題歌「愚か者たち」書き下ろし!1/31発売


映画情報どっとこむ ralph この度、俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメント 映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

見つめるだけで相手を死に追いやる主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、忍成修吾、今野浩喜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍という豪華キャストが出演。

映画情報どっとこむ ralph そして主題歌は、今大注目の男女二人組ロックユニットGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)の書き下ろし楽曲「愚か者たち」に決定。

3rdアルバム『BIZARRE CARNIVAL』を引っ提げて、現在、初の香港・台湾での単独海外公演を含む全国ツアー「BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018」真っ只中で、勢いの止まらないGLIM SPANKYですが、

この度、映画『不能犯』の主題歌「愚か者たち」が、1月31日にシングル発売されることが決定!

さらに、5月12日には自身初となる日本武道館でのワンマンライブも決定しました!

大阪で行われたライブ中にメンバー自らが観客に向けて発表した本情報ですが、5月の「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」決定に対して、

松尾さん:高校一年生でGLIMを結成し、10年が経ちました。一度も活動休止せずやり続けてきて、気づけば武道館!これは最高の夜にしたい!全国から、いや世界から集まれ~!

とし、

亀本さん:僕たちが高校生の時にバンドを結成してからのひとつの大きな節目になるイベントです。ぜひ遊びに来てください!

とコメントしています。

全国ツアー「BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018」が真っ只中、12月10日名古屋DIAMOND HALLと1月6日新木場STUDIO COASTのチケットは既に売り切れ。1月シングル発売と5月の日本武道館のワンマンライブに向けて、さらに勢いを増したGLIM SPANKY旋風。この歌声と楽曲が全国に響き渡るに違いない。今後のGLIM SPANKYの動向に目が離せない。

映画情報どっとこむ ralph 【GLIM SPANKY リリース情報】

(シングル情報)
■3rdシングル「愚か者たち」1月31日(水)発売
CD ¥1,300+税 品番:TYCT-30072
1.愚か者たち
他、2曲収録予定

【関連サイト】
GLIM SPANKY オフィシャルサイト
GLIM SPANKY オフィシャルモバイルサイト「FREAK ON THE HILL
GLIM SPANKY ユニバーサルミュージック サイト

映画情報どっとこむ ralph 【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。
あらすじ・・・
都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。

彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故。

宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。
多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。

彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

公式サイト:
http://funohan.jp/
公式twitter:
@FunohanMovie
公式facebook:
@FunohanMovie/

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
   


スカート覗く衝撃のポスター解禁!『チェリーボーイズ』池田エライザがヒロイン!


映画情報どっとこむ ralph このたび、2018年2月17日(土)よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国劇場公開となる 『チェリーボーイズ』のポスタービジュアル、ヒロイン・池田エライザなど全キャスト、主題歌に MANNISH BOYSの「GO! GO! Cherry Boy!」が決定致しましたので、御紹介!

そして!<衝撃のポスタービジュアル解禁> 今回解禁となったポスタービジュアルは、覆面を脱ぎ捨て、スカートの中を覗こうとする童貞3人組の姿が!

とある地方都市、仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端な3人組。

揃いも揃って25 歳の童貞で、寝ても覚めても考えるこ とは女性とSEXのこと。そんな負け組認定の冴えない童貞3人組が、自分を変えるためにとった行動とは…。いざ、脱童貞大作戦!!

原作は童貞漫画の金字塔として高い人気を得ている古泉智浩の『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)。
童貞3人組の主人公で
通称:クンニこと国森信一には林遣都。
通称:ビー チクこと吉村達也に栁俊太郎。
通称:カウパーこと高杉誠には前野朋哉。

また、『アズミ・ハルコは行方不明』『アイスと雨音』松居大悟の脚本を基に、原作の実写映画化を熱望した西海謙一郎監督がメガホンをとり、長編映画デビューを果たしました!

映画情報どっとこむ ralph <ヒロインは人気急上昇中の若手女優 池田エライザ>
本作品のヒロインは池田エライザ。童貞3人組のマドンナ的な存在にして、脱童貞大作戦のタ ーゲットにされる釈笛子を演じる。大胆キャラに扮し、過激シーンにも果敢に挑むなど、幅広い演技と体を張った熱演で童貞 3人組を見事に迎え撃ちます!

池田エイラザさんからのコメント

悩める男子たちの青春の一ページに参加できて楽しかったです。母性全開でお届けしています。みんないたって真剣です。 ぜひ最後まで、最後までお楽しみください。


また、童貞3人組を目の敵にする不良・通称:プーチンこと中出英雄に石垣佑磨、プーチンの舎弟・清水に 岡山天音、強面な一匹狼の変わり者・通称:ゴキこと五木誠一郎に般若が出演。さらに、山谷花純、 松本メイ、岸明日香、馬場良馬の若手から、吹越満や立石涼子のベテラン勢まで、バラエティに 富んだ個性豊かなキャストが顔を揃えてます。

映画情報どっとこむ ralph <主題歌は MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)の「GO! GO! Cherry Boy!」!!>
エンディングを飾る主題歌は、斉藤和義と中村達也によるロックユニット・MANNISH BOYSの 「GO! GO! Cherry Boy!」。11 年夏に急遽結成され、圧巻のライブパフォーマンスと意外な二人 による異色コラボに多くのロックファンを引き寄せている。各々のソロ活動が多忙を極めている なかにおいてもMANNISH BOYSとして、精力的な展開を打ち出し、アグレッシブルに走り続け ている。「GO! GO! Cherry Boy!」は、14 年に発表された既成曲ながら、 「GO! GO! GO! Cherry Boy!」というフレーズが繰り返し歌われ、本作の主人公たちを応援する ような楽曲となっている! 奇蹟の“チェリーボーイズ”コラボが、ここに実現した!

映画情報どっとこむ ralph チェリーボーイズ
201 8 年 2 月 17 日(土)より シネ・リーブル池袋、渋谷 TOEI ほか 全 国ロードショ ー

とある地方都市に住むボンクラ3人組――国森信一(林遣都)、吉村達也(栁俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)。 仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。揃いも揃って 25 歳になっても童貞をこじらせている。3 人集まって考え ること、話すことは、上手く行かない世の中への愚痴と女性とSEX のことのみ。そんな負け組認定の男達が、自分と人生を 変えるためにある計画を立てた!?いざ、脱童貞大作戦へ!

***********************************

林遣都 栁俊太郎 前野朋哉 池田エライザ / 石垣佑磨 岡山天音 般若 山谷花純 松本メイ 岸明日香 馬場良馬 吹越満 立石涼子

監督:西海謙一郎 脚本:松居大悟 原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊) 主題歌:「GO! GO! Cherry Boy!」MANNISH BOYS(スピードスターレコーズ) 音楽:石塚徹×鈴木俊介 製作:間宮登良松 エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 プロデューサー:中野剛 原田博志 松嶋翔 キャスティングプロデューサー:眞野雄次 撮影:沖村志宏 照明:鳥越正夫 録音:山田幸治 美術:山本直輝 編集:太田義則 スタイリスト:杉本京加 ヘアメイク:知野香那子 特殊メイク:三好史洋 VFX スーパーバイザー:井上英樹 アクション監督:根本太樹 制作担当:雲井成和 タイトルロゴデザイン:井上則人 スチール:井上貴之 ポスターデザイン:杉山ハジメ 音楽プロデューサー:田井モトヨシ 音楽制作:ロードアンドスカイ・オーガニゼイション パブリシティ:アティカス 制作プロダクション:マイケルギオン 製作:東映ビデオ マイケルギオン 配給・宣伝:アークエンタテインメント 2018 年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/113 分/R15+ ©古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン


健太郎、山田裕貴 映画『デメキン』予告2~オラオラ編が解禁。著名人から胸熱コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 佐田正樹の自伝を健太郎、山田裕貴で映画化『デメキン』予告2~オラオラ編が解禁。
https://youtu.be/LMNPpZrsm4g
予告編は健太郎演じる佐田がケンカを売られメンチを切るシーンから幕開け。そして、「殺すぞコラ!」「こいよオラァ!」といったヤンキーたちの怒号の数々が収められているほか、設置された不良度チェックゲージがMAXを振り切る危険な内容となってます。

映画情報どっとこむ ralph また、三池崇史、品川祐、博多華丸ら豪華著名人から胸熱コメントが到着しました。

■三池崇史(映画監督)
ヤンキー映画はクソだが、不良映画は美しい。この映画は、刹那的で愛と哀愁が血にまみれている。だから不良映画だ。だから好きだ。

■品川祐(お笑い芸人)
不良も暴走族も時代遅れだし、喧嘩なんてしないのにこしたことない。でも、僕らの頃はそれで仲間を作って友情を育んだ。そんな青春が映画の中ぐらいは残ってていいじゃない。口の中の血の味。部屋に充満する煙。タバコの臭い。喧嘩の後のラーメン。青春不良映画ど直球。

■博多華丸(お笑い芸人)
今時珍しいどストレートなヤンキー映画。当時関わらなくて本当に良かった。

■赤井英和(俳優)
弱いヤツには手ェ出さへん。素手でいくねんタイマンや。自分の為の力なんてちっぽけや。誰かの為に出る力はデッカイで。なんでや!?ドツき合ってるのに悪人いてへん。エエやないかー『デメキン!!』

■沖直実(イケメン評論家)
職業柄、次にブレイクするイケメンは?と質問を受ける度に名前をだしてきたイケメンが勢揃いの映画だ。健太郎も山田裕貴も栁俊太郎もいい意味で今までのイメ-ジを裏切り、新しい引き出しを見せてくれた最高の不良映画。

■内藤みか(作家・イケメン評論家)
敵にも味方にも全力で愛を捧げる伝説のイケメン総長爆誕!おっきな瞳をいっぱいに見開き、仲間を引き連れ突っ走るデメキンの目線をスクリーンから浴びたら、あなたもきっと惚れてしまう!

映画情報どっとこむ ralph 映画『デメキン

2017年12月2日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://demekin-movie.com/

物語・・・
幼少期からデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷしが強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラーメン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返していた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛んな敵が待ち受けていて…。

***********************************

出演:健太郎 山田裕貴
栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修
岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン(水玉れっぷう隊) 坂田聡

原作:佐田正樹『デメキン』
監督:山口義高
脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)
製作:東映ビデオ、AMGエンタテインメント
製作プロダクション:ステアウェイ 配給:AMGエンタテインメント 2017/日本/115分

(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
(C)2017 映画『デメキン』製作委員会


福士蒼汰『曇天に笑う』新ビジュアルも完成 主題歌はサカナクション!


映画情報どっとこむ ralph 女性層を中心に熱狂的なファンを持つ大ヒットコミックシリーズ「曇天に笑う」の映画化。

主演は、本作で時代劇映画に初主演を果たし、体当たりでアクションシーンにも挑戦する福士蒼汰。そしてメガホンを取るのは、広克行監督。

この最強の2人が初のタッグを組み、圧倒的なアクションエンタテインメント作が誕生します。

そして!!!映画の新ビジュアルも完成しました。

福士蒼汰演じる曇天火が堂々と真ん中に立ち、力強くもどこか柔和な表情がキャラクターの魅力を表現し、主人公のカリスマ性を感じさせるビジュアルとなっています。

また、新ビジュアルの解禁に合わせて、この度、映画の主題歌に大人気ロックバンドのサカナクションが新曲を描き下ろすことが決定!監督がプライベートでも親交があるフロントマンの山口一郎氏に主題歌を熱烈オファーし、描き下ろしが実現しました。

映画情報どっとこむ ralph 「陽炎」と名付けられたこの楽曲、2017年3月末からライブツアーでもすでに披露され、ライブで演奏するたびに修正を重ね続け、10月に行われた幕張メッセ公演の演奏後ステージ上では山口氏が「この曲が今後のサカナクションの方向性を決める」と言い切るほど、現在の彼らが持つ音楽性を最大限に昇華した渾身の一曲になりうることが仄めかされました。
サカナクションは、本作品で、主題歌のみならず、オープニング曲「曇天に笑う-opening&ending‐with GOCOO」も楽曲提供しています。

実は主題歌「陽炎」はまだ完成しておりません。
サカナクションのクリエイションに対する熱意は尋常なものではなく、7月に関係者向けの初号試写会が行われましたが、

山口さん:他ならぬ本広監督のオファーに応えていると確信できるレベルに達していない。

ということで試写は急遽未完成のデモ曲を付けての対応となるなど足かけ1年半にわたって今なお、制作中。

今回、映画の宣伝進行上、未完成ながら主題歌を公式発表ということで異例の楽曲完成祈願コメントが本広克行監督、主演の福士蒼汰、
サカナクションのレコード会社担当者から寄せられました。


映画情報どっとこむ ralph 本広克行監督 コメント ​

この映画の演出プランを悩み続けている時に2015年の日本武道館でSAKANATRIBEの音楽に​踊り狂う観客を見ていて映画の冒頭のシーンはこの感じ、トランス、群れ、和太鼓、跳ねる人々!​これだって事ですぐに一郎さんに相談してオープニングの音楽はあっという間に出来あがって​すごいインパクトになった。そうするとエンディング曲もサカナクションで終えることになり​オープニングを越えて新しい世界の扉を開くような曲を、歌詞を、作るのは本当に大変な作業で、​​ほぼ出来上がってるのに何度もライブで演奏しては変更して磨き上げていく。​本当のところ曲を、一郎さんをずっと待ち続けている関係でいたいけど作品はいつか完成する。​なんだか淋しいけど早く世界中の人に観て聴いて貰いたい。完全に待つ事を楽しんでます(笑)​


主演・福士蒼汰 コメント ​

試行錯誤して作られているサカナクションさんの楽曲。​楽しみで仕方がありません。​【曇天に笑う】に携わる人それぞれが時間をかけ、頭を捻り作る一つの映画。​どんな空になるか期待感でいっぱいです。​


サカナクション担当A&R 
山上 聡(NF Records/ビクターエンタテインメント)​

現在、バンドは自信を持って皆様にお届出来る新しい音楽を見つけるために必死にもがいております。​
足かけ1年半という長きにわたってお待ちいただいた本広監督・映画「曇天に笑う」関係者の皆様、​そしてサカナクションの新曲をお待ちいただいているリスナーの皆様のご期待に添えるよう、ギリギリまでバンド・スタッフ一丸となって​楽曲制作に向きあう所存でございます。​いよいよ、待ったなしの締め切りも近づいてまいりました。(汗) ​皆さまにおかれましても我々とともに、⼿に汗握りながら完成をお待ちいただければ幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 曇天に笑う

2018 年3月21日(水・祝)全国公開

公式サイト:donten-movie.jp
公式twitter:@donten_movie
公式Facebook:@donten.movie/

***********************************

原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
監督:本広克行
脚本:高橋悠也
出演:
福士蒼汰 中山優馬 古川雄輝 桐山漣
大東駿介 小関裕太 市川知宏 加治将樹 / 若山耀人
池田純矢 若葉竜也 奥野瑛太 宮下かな子 深水元基 山路和弘
東山紀之
※桐山漣のレンの字は、シンニョウに連となります
配給:松竹
©︎映画『曇天に笑う』製作委員会 ©︎唐々煙/マックガーデン