「実写」カテゴリーアーカイブ

笑顔ヤバッ!今泉佑唯 映画『酔うと化け物になる父がつらい』撮影オフショット&新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、松本穂香さん演じる田所サキとは正反対で、いつでも明るい妹・フミ役を演じた今泉佑唯さんの可愛すぎる貴重な撮影オフショットと、劇中の場面写真が解禁となりました!


現在、女性ファッション誌のモデルを務めるほか、女優としても活躍する今泉さん。

欅坂46を卒業後、本作が初めての映画出演となり撮影現場ではかなり緊張していたそうですが、姉役の松本穂香さんと和気あいあいと過ごしており、今回解禁となるオフショットからは“化け物”に振り回される田所家の明るい妹・サキさながら、楽しい雰囲気が伝わってきます。
『酔うと化け物になる父がつらい』今泉佑唯オフショット さらに、劇中で家族団らんで夕飯を囲むシーンの場面写真もあわせて解禁。
ミントカラーが可愛いラフなスウェット姿で美味しそうにカレーを頬張る姿に思わずほっこりすること間違いなし!
『酔うと化け物になる父がつらい』今泉佑唯場面写真
映画情報どっとこむ ralph
『酔うと化け物になる父がつらい』

3月6日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー


【ストーリー】
うちの“常識”は、いつだってよその“非常識”。
日曜日、夏休み、クリスマス。思い出の父はいつも酔っていた。
普段は無口で小心者なのに、酔うと“化け物”になる父と、新興宗教にハマる母。一風変わった家庭で育った主人公のサキは、“化け物“のおかしな行動に悩まされ、徐々に自分の気持ちに蓋をして過ごすようになる。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を漫画として笑い話に昇華しながらなんとか日々を生きるサキ。そんなある日、アルコールに溺れる父に病気が見つかってしまう-。知っているようで、何も知らなかった父のこと。サキが伝えたかった、本当の気持ちとは?


***********************************

【クレジット】
松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ

原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
監督:片桐健滋  脚本:久馬 歩 片桐健滋  音楽:Soma Genda 主題歌:GOOD ON THE REEL「背中合わせ」(lawl records)
制作:MBS よしもとクリエイティブ・エージェンシー 制作プロダクション:CREDEUS  配給:ファントム・フィルム 
製作:吉本興業 MBS ユニバーサル ミュージック 秋田書店 VAP ファントム・フィルム
©菊池真理子/秋田書店 ©2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

毎熊克哉・武田梨奈 W主演『いざなぎ暮れた。』公開決定&予告映像到着


映画情報どっとこむ ralph 毎熊克哉と武田梨奈がダブル主演する映画『いざなぎ暮れた。』の劇場公開が2020年2月21日(金)島根県・東宝5で先行上映。同年3月20日(金)東京・テアトル新宿に決定。

同時にポスタービジュアルと予告映像が解禁となりました。


“神様に一番近い港町”を、崖っぷちの男と女が弾丸のように駆け巡るというストーリー。太古から2680年以上続くとも言われる神聖な祭り事・諸手船神事(もろたぶねしんじ)が行われる町・島根県松江市美保関町は、“神様に一番近い港町”と呼ばれています。その神話が息づく港町の詩情の中で、実の親戚にオレオレ詐欺をするという、ブラックでスリリングな話が描かれます。
いざなぎ暮れた。
いざなぎ暮れた。 2019年4月に開催された「第11回沖縄国際映画祭」で1回限りの上映予定でしたが、海外映画祭での好評や、ロケ地となった島根県松江市民を中心に、劇場公開を希望する問合せが殺到したことから緊急上映が決定しました。
いざなぎ暮れた。
映画情報どっとこむ ralph 本作の主人公・ノボル役を演じる毎熊克哉は、2016年、映画初主演作『ケンとカズ』で第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞などを受賞。さらに、映画『北の桜守』(18)やNHK連続テレビ小説「まんぷく」(18~19)、ドラマ「恋は続くよどこまでも」に出演するなど引く手数多の人気俳優。
毎熊克哉 いざなぎ暮れた。 毎熊克哉コメント:
「沖縄映画祭での初上映から約一年、改めて劇場公開できる事になりとても嬉しいです。本作は美保関の方々の全面協力があって撮影する事ができました。少ない滞在時間ではありましたが、スタッフキャスト一丸となって必死に撮影して、よい思い出になっています。作品自体も、短い時間の中で起こるどたばたロードムービーです!自分の故郷やルーツを思い返すような作品になっていると思います。お楽しみに!」


映画情報どっとこむ ralph 同じく主人公・ノリコ役を演じる武田梨奈は空手黒帯の腕前からデビュー後、映画『ハイキック・ガール!』(09)の主演に抜擢。アクションのみならず、シリーズ4期に渡って放送された人気ドラマ「ワカコ酒」(15~19)でも抜群の存在感を示している。また、二人と敵対する地元若人役でネルソンズの青山フォール勝ちが映画に新鮮な彩りを与えている。
武田梨奈 金髪 いざなぎ暮れた。 武田梨奈コメント:
「もともとはショートフィルムとして制作された映画でした。現地で撮影していくにつれて、生まれゆく空間が沢山ありました。そして、長編映画として完成いたしました。トラブルを抱えたカップルは、小さな町で “本当に大切なもの”に出会うのです。未熟なカップルの成長を、ぜひ劇場で見守ってください。


映画情報どっとこむ ralph この作品はもともと島根県美保関町を舞台にした15分の短編映画として着手されましたが、美保関町民と松江市現地職員の烈々たる応援によって最終的に“ご当地PR映画”感ゼロ、ブラックユーモア満載の骨太な長編ロードムービーに姿を変えることとなりました。第11回沖縄国際映画祭を発端に、海外映画祭への入選が相次いで、2020年1月20日時点でモナコ国際映画祭・セントラルミシガン国際映画祭・ブルーリッジ映画祭など12ヶ国25以上の映画祭に入選を確定し、すでにベスト作品賞2つを含む10タイトル以上を受賞。今も続々と入選受賞の報が後を絶ちません。

映画『いざなぎ暮れた。』は2020年2月21日(金)島根県・東宝5で先行上映。同年3月20日(金)東京・テアトル新宿にて公開。
いざなぎ暮れた。 STORY
“神様に一番近い港町”へ弾丸旅行してきた、新宿の男と女。崖っぷちの男は、強引に連れて来た金髪の恋人に、旅の本当の目的を隠していた。…それは、実の親戚に“オレオレ詐欺”をすること。しかし12月3日は、聖なる岬にとって特別な意味を持つ日。 町を冒涜するかのような2人の道程は、地元の若人と東京のおっかない半グレを巻き込み、思いがけない方向へと舵を切る。弾丸のように進む、スリリングな展開と、神話が息づく島根の詩情、エッジの効いたブラック・ユーモア、不器用な純愛が奇跡の配合で混ぜ合わさり、予想外のカタルシスへと爆走する。

***********************************

毎熊克哉  武田梨奈
青山フォール勝ち  岸健之助 和田まんじゅう (ネルソンズ) 奥村隼也 
山口提樹 潮 圭太 (メンバー) どさけん 江西あきよし 大皷長次 蒼央 小池澄子

脚本・監督:笠木 望製作:泉正隆 エグゼクティブプロデューサー:新田敦生 
プロデューサー:覚野公一 森田耕司 現地プロデューサー:住吉裕 岩成優子
ラインプロデューサー:矢加部英達 撮影監督:原俊介 音楽:栗谷和代 録音:田中秀樹 
ヘアメイク・衣装:長野一浩 監督助手:東畑渉 助監督:富澤昭文

協力:吉本興業 あなたの街に住みますプロジェクト 松江市 松江観光協会 美保関町支部 松江観光協会
たまつくらふと 松江フィルムコミッション協議会 大山隠岐国立公園満喫プロジェクト 島根半島東部協議会 美保関地域観光振興協議会
製作:「いざなぎ暮れた。」製作委員会 
制作:レフトハイ 
配給・宣伝:吉本興業 
©︎2018 「いざなぎ暮れた。」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐野元春登壇!近浦啓監督の長編映画デビュー作『コンプリシティ/優しい共犯』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 短編映画『SIGNATURE』が第70回ロカルノ国際映画祭ほかで高い評価を受けた近浦啓監督の長編映画デビュー作『コンプリシティ/優しい共犯』が新宿武蔵野館ほか全国順次公開中です。

本作は技能実習の職場から逃亡、他人になりすまして働きにきた中国人青年チェン・リャンと、彼を受け入れる孤独な蕎麦職人・弘は親子のような関係を築いていくが、不法滞在者を追う警察の手がチェン・リャンに迫る。二人はお互いの幸せを願い、ある決断をする。嘘の上に築いた絆の行方とはー。この決断をあなたは許せるだろうかー?

メガホンをとったのは、本作が長編映画デビューとなる近浦啓監督。本作は北米最大の映画祭・トロント国際映画祭でワールド・プレミア上映され、続いて釜山、ベルリンと世界の名だたる映画祭へ入選し正式出品、そして厳しい目を持つ映画ファンが集まる東京フィルメックスで観客賞を受賞した。  

この度、本作のメガホンをとった近浦啓監督と今年デビュー40周年を迎えた歌手・佐野元春とのトークイベントを実施致しました。近浦監督が10代の頃から佐野元春の音楽に大きな影響を受け、2010年代からはその佐野元春氏の映像作品を多く手がけてきた縁から、今回のトークイベントが実現しました!
佐野元春x近浦啓監督『コンプリシティ/優しい共犯』トークイベント
日時:1月26日(日)
場所:新宿武蔵野館
登壇:佐野元春、近浦啓監督(敬省略)

映画情報どっとこむ ralph 近浦監督が2010年代からはその佐野元春氏の映像作品を多く手がけてきた縁から、実現した今回のトークイベント。
佐野元春x近浦啓監督『コンプリシティ/優しい共犯』トークイベント 佐野さん:この映画が撮っている主題、社会的なイシューは、どちらかというとドキュメンタリーで扱うテーマなんだけれども、それが映画として成立しているということに感心、感動しました。

と称賛。近浦監督は満面の笑みを浮かべる。

長編映画デビューを果たしたことに

佐野さん:率直におめでとうございます。私のコンサートのドキュメンタリーも彼に撮ってもらいました。多くの映像監督と仕事をしてきました。音楽を理解している監督と、映像で引っ張っていく監督と2種類いるんですけど、近浦監督は珍しくその両方を兼ね備えている。

とこれまでの近浦監督との仕事で感じた印象を語る。

佐野さん:ドキュメンタリーというのは作り手が1つの事実に対して自分はこう思うんだという、監督なりの結論を元に客観的な事実を積み上げていくスタイル、問題提議をしていくところが優れている。この映画はその手法プラス、現代に生きる我々や翻弄される人々の側から想像力を使ってその問題に向き合うことができる。そこが凄く素晴らしい。

と本作の優れた点を語った。

ロケ地や映画公開までの流れなど、監督を質問攻めにする佐野さんは劇中の藤竜也さんについて

佐野さん:古風な日本の父親を体現しているという意味においてクリント・イーストウッド的で、その中で葛藤している。

と感じたようだ。

映画情報どっとこむ ralph 一目見た瞬間からルー・ユーライさんに決めていたという近浦監督の言葉や赤坂沙世さんのキャスティングの演出的な部分での起用理由に佐野さんは大きく頷いていた。

そして

佐野さん:とにかくラストシーンに思い浮かぶものがありました。これから観る人たちがラストシーンにどんな思いを抱くのかとてもきになります。

と続けた。

フランスのヌーベルヴァーグやアメリカンニューシネマの時代の映画に影響を受けたという近浦監督に

佐野さん:わたしはリアルタイムです。15才くらいでしたね。10代の頃から表現することに興味を持ってて。詩を書いたり、曲を書いたり、そして今こうなっている。他の表現も気になっていて、特に映画は表現のすべてがそこにありますから、訴求力という点ではパワフルですよね。音楽を聴くように映画にも興味を持った。よく新宿でヌーヴェルヴァーグの時代の映画を観ていましたね。

と懐述した。
佐野元春x近浦啓監督『コンプリシティ/優しい共犯』トークイベント 近浦監督:映画作家として佐野さんを撮りたい。

というと・・・

佐野さん:ひとつ憧れがあって、アウトローをやってみたい。冷酷なアウトローを。もしそういうシネリオがありましたらお願いします。

とまさかの逆オファーに会場からは笑いが起こった。

最後にこれから映画を観る観客に向けて近浦監督が感謝を伝え、大きな拍手が沸き起こり、舞台挨拶は終了した。


映画情報どっとこむ ralph 『コンプリシティ/優しい共犯』

新宿武蔵野館ほか全国順次公開中

http://complicity.movie
コンプリシティ ポスター
***********************************


ルー・ユーライ 藤竜也
赤坂沙世 松本紀保 バオ・リンユ シェ・リ ヨン・ジョン 塚原大助 浜谷康幸 石田佳央 堺小春 / 占部房子
監督・脚本・編集:近浦啓
主題歌:テレサ・テン「我只在乎ニィ(時の流れに身をまかせ)」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
製作:クレイテプス Mystigri Pictures 制作プロダクション:クレイテプス 配給:クロックワークス 
2018/カラー/日本=中国/5.1ch/アメリカン・ビスタ/116分 ©2018 CREATPS / Mystigri Pictures/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新田真剣佑・北村匠海 W主演映画『サヨナラまでの30分』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑と、同じく『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』。

このたび、昨日1月24日(金)より全国公開を迎えた本作の【公開記念舞台挨拶】を、1月25日(土)にTOHO シネマズ日比谷にて実施。主演の新田真剣佑、北村匠海、共演の久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、そして萩原健太郎監督が登壇しました。
『サヨナラまでの30分』公開記念舞台挨拶イベント
日時:1月25日(土)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:新田真剣佑、北村匠海、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、萩原健太郎監督  ※敬称略

映画情報どっとこむ ralph 1年前に死んだバンド「ECHOLL」のボーカル・アキ役の新田は、印象的なシーンについて聞かれると「(北村扮する)颯太とアキがぶつかるシーンはアキとして感情が凄く動いて、正直にアキとして自分の思いを颯太にぶつけることができました」と回想。カセットテープが再生される30分間だけアキと体が入れ替わる颯太を演じた北村は「まっけんとは常に一緒で、お互いがお互いを支えあっているような気持ちでやっていました。自転車の二人乗りシーンや家のシーンも思い出深くて、特に2人で颯太の家にいるシーンはアドリブが多くてお気に入りです」と紹介。それには新田も「予告にもそのシーンは入ってるんだよね」と、北村のあげたお気に入りシーンに納得の笑みを浮かべた。

「ECHOLL」のピアノ担当でアキの恋人・カナ役の久保田は、そんな2人が演じた家のシーンついて「撮影に入って3日目の段階であそこまでの親密な雰囲気が出せるのは凄いと尊敬してました」と主演の2人をリスペクト。バンドのギター担当・ヤマケン役の葉山は自身の出演シーンをあげ「颯太をフェスに連れ出すシーンは、なんとクランクインの次の日の撮影でした。だから気持ち的にも凄くきつかった」と、クライマックスに差し掛かる重要シーンの演技の調整に苦心したことを明かすと、北村は「でもすごくいいお芝居で。そのパワーに圧倒されて涙が出そうになった」と労っていた。

ドラム担当・重田役の上杉は「回想シーンでアキと坂道を走ったのは楽しかったです。ただ早朝の撮影でみんなゲッソリとしていた」と思い出し笑い。ベース担当・森役の清原は「(バンドメンバー)みんなでやった居酒屋のシーンが楽しかった」というも「僕らに見えない設定のアキもその場には居て、相槌を打ったり、(アキが見えない体で演じなければならない)僕らを笑かしにくるので、ついつい見てしまってNGになったり・・・(笑)」と新田のおちゃめな一面を暴露。それに新田は「(唯一アキが見える颯太を演じた北村以外の)誰ともセリフのやり取りがないので、みんなのお芝居に対してチャチャを入れることしかできず。ちょっと寂しかったかな」と可愛らしく肩をすぼめていた。
そしてこの日は、映画公開記念ということで、映画のタイトル『サヨナラまでの30分』の“30”にちなんだ「30秒ゲーム」を実施。新田・北村ペア、久保田・葉山ペア、上杉・清原ペアの3チームに分かれ、優勝チームにはお昼の食事が豪華肉づくし弁当になるという特典。1つ目は「30秒でカセットテープをどれだけ高く積み上げられるか」といった映画のキーアイテムでもある“カセットテープ”にもちなんだオリジナルゲーム。豪華弁当に目がくらんだ新田・北村ペアがスタート前にカセットを積み上げ始め、フライングを指摘されやり直しもありつつ、新田・北村ペア39cm、上杉・清原ペア35cm、久保田・葉山ペア37cmとの結果に。北村は「これはもはや建築だから」と得意顔を見せ、新田は「お弁当!」とガッツポーズを見せる。
「サヨナラまでの30分」公開記念舞台挨拶
2つ目のゲーム「30秒で万歩計の歩行数をどれだけ増やせるか」では、チーム二人で協力して万歩計を全力足踏み。ところが新田は北村の真剣な姿に大爆笑。北村から万歩計を渡され自身の番になっても爆笑は収まらず「やれよ!」と北村に注意を受けるも、笑い過ぎて咳き込むほど。
ところが新田・北村ペアは他の2チームが約50歩という中で、82歩という1番の数字を叩き出し、結果2連勝で優勝。しかし北村は「あまり嬉しくない。だって最初にまっけんが振ってたもん!」と仲間の不正を告発する一方で、「でもこの歩数計、動かしてないのに数字がカウントされている…」と機械の不具合を報告。それでも豪華肉づくし弁当は新田・北村ペアがゲットという結果になった。

最後に北村は「この映画を通して、音楽や人から溢れ出る言葉や感情の力の凄さに気づくことができました。音楽に助けられ、人の言葉に救われるというメッセージがこもっています。これから先もこの映画がいつまでも温かくみなさんの心に残れば嬉しい」と期待。新田は「自分たちの歌った曲が、映画が色々な人に知ってもらえる喜びを感じ、幸せな気分になりました。この熱い青春映画が沢山の方々に届けば」とヒットを願っていた。

映画情報どっとこむ ralph 『サヨナラまでの30分』
全国公開中

公式サイト:
http//www.sayonara-30min.com

公式twitter:
@sayonara_30min

サヨナラまでの30分 【STORY】
メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、
「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。

***********************************


新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔
牧瀬里穂 筒井道隆 / 松重豊
監督:萩原健太郎  脚本:大島里美  
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦  企画・プロデュース:井手陽子 
音楽:Rayons 音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース 
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

東京フィルハーモニー交響楽団がオープニングアクト!映画『Fukushima 50』ワールドプレミア舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、2020年3月6日(金)に全国公開。

この度、佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、緒方直人、平田満、荻原聖人、佐野史郎、安田成美、若松節朗監督がワールドプレミアイベントに登壇いたしました!舞台挨拶前のオープニングアクトでは五嶋龍、長谷川陽子、NHK東京児童合唱団、東京フィルハーモニー交響楽団、そして本作の音楽をてがけた岩代太郎の指揮による生演奏も披露されました!
『Fukushima 50』ワールドプレミア舞台挨拶
映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ) ワールドプレミア舞台挨拶
日時:1月26日(日) 
場所 :東京国際フォーラム
演奏: 岩代太郎(作曲・指揮)、五嶋龍(Vn)、長谷川陽子(Vc)、東京フィルハーモニー交響楽団、NHK東京児童合唱団 (敬称略)
登壇者:佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、緒形直人、平田満、萩原聖人、佐野史郎、安田成美、若松節朗監督 (敬称略)

映画情報どっとこむ ralph 客席にはイベント当選倍率が200倍越えの中で見事当選した幸運な1100人が会場を埋め尽くしました。そして舞台挨拶を前に五嶋龍、長谷川陽子、NHK東京児童合唱団、東京フィルハーモニー交響楽団、岩代太郎によるオープニングアクトとして本作のサウンドトラックより「Chapter All Life」、「Chapter Home Country Forevermore」、「Be with Danny Boy」の3曲が披露されました。
『Fukushima 50』ワールドプレミア舞台挨拶 満員となった客席はNHK東京児童合唱団の優しく包み込むような歌声と五嶋龍、長谷川陽子、東京フィルハーモニー交響楽団が奏でる洗練された音によって魅了されていき演奏が終了すると客席からは大きな拍手が鳴り響きました。

映画情報どっとこむ ralph そしてオープニングアクトが終了しキャスト陣、若松監督が登壇すると改めて大きな拍手が巻きおこり、キャスト陣それぞれが観客に向け感謝の想いを込めて挨拶をしました。

本作を披露するにあたって心境を聞かれ

佐藤さん:先日キャンペーンで福島を訪れて本作を上映しました。福島から始めなければいけないだろうと思っていましたし、福島の方々に作品を見ていただくことは非常に怖いことです。公共の電波で津波の映像が流れる前には『津波の映像が流れます』というテロップを流さなければ映像を流すことができません。暗い映画館の中でとても辛い映像を見なければならないので、被災された方や被災された方をご家族・友人に持つ方々、福島の方や宮城の方に見ていただくことは恐怖でもありますけど、それを乗り越えらなければいけないんです。エンディングまで作品を見た時に 必ずこの映画は記録としても記憶としても残るだろうと思います。それをまず福島に持って行きました。そして本日東京の皆さんに見ていただいて、これから全国に持って行きます。
と本作に対する強い意気込みを語りました。続けて

渡辺さん:郡山で当時高校生の時に被災し、TV局のアナウンサーになった方のインタビューを受けました。『最初は体の震えが止まらなくなり、それでも最後まで見なければいけないと思っていても途中で心が折れそうになりました。電気が無く携帯もパソコンも見ることが出来ない中で色々なニュースが飛び交っていたけれどこの映画を見ることで、当時何が起きていたのかということがわかりました。ありがとうございます』という言葉をいただいた時はこの映画を届けていける自信をいただきました。
とコメントすると、

若松監督:お二人に対して思うことは福島の方に寄り添ってお話しをしてくれているので映画が始まる前にお客さんが泣いているんです。福島の皆さんが映画を見終わった後に『このような映画を作ってくれてありがとうございました』と言ってくれたことがとても嬉しかったです。
と先日行われた福島キャンペーンでの一幕を語りました。
また過酷な撮影中の雰囲気を聞かれ

佐藤さん:本作は時系列に沿って順撮りしているので、私含めた中央制御室のメンバーは色々と思いながら現場にいるんですけど、シーンを重ねていく内にみんな同じ境遇の中にいるという意識が強くなっていきました。結束感というものが普通の映画とは違うものでしたね。

と撮影を重ねていく内にチームとしての結束力が生まれてきたことを述懐しました。


そしてその中央制御室(中操)の一員として出演してる吉岡さんも

吉岡さん:撮影が終わった後マスクを取るとみんな老けてましたね(笑)浩市さんは『64-ロクヨン-』(2016)の撮影より疲れたと言っていましたし、本当にみんな必死でした」と撮影時のことを振り返りました。そんな大変な撮影が続く中で同じく中操メンバーの平田は「真っ暗の中、防具服を着て撮影をしていると誰が誰なのかなのか分からなくなるんですけど、不思議と何日か経ってくると分かってくるんですよ。これがチームなんだなと思いました。
とコメントし、

荻原さん:チームの結束力が高まったのはクランクイン前に浩市さんが決起集会を開いてくださったからだと思います。中操の皆はそのおかげで一つになりました。
と役柄としてだけではなく主演としての佐藤さんの心意気に感謝を述べました。続けて

佐藤さん:防護服を着て、マスクも被ってるんで台詞も明瞭には聞こえないんですけど、出来上がった映像を見てみると不明瞭でありながらもちゃんと意思が伝わるんだなと思いましたし、映画の神様はいるんだなと感じましたね。

と中央制御室での撮影を振り返りました。そして当時の総理大臣役を演じ

佐野さん:よく今回の役をお受けになりましたねと言われるんですけど、何でそんなことを言うのだろうと思いますね(笑)今は情報が分かっているから当時何が起きていたかを語れるんですけど、当時は何の情報も分かっていない中でどう判断するべきか、あの時の総理は東京でじっとしていたらそれはそれで責められたでしょう。けれど現場を見てみなければ判断できないというのが正直なところだと思います。
と今回のオファーを受けた際の気持ちを語りました。
緊急対策室(緊対)総務班のメンバーとして出演している安田さんは

安田さん:なんとか役目を果たせたとは思います。本当に参加できて良かったと完成した作品を見て思いました。映像を通して伝える素晴らしさが感じられました。本当に見た方が良い作品というよりも絶対に見なければいけない作品だと思っております。

と作品に対する強い思いを語りました。同じく緊対の一員として出演している緒形さんも

緒方さん:映画を撮ってるとオンとオフがありますけどこの現場はオフがなくずっと突き進んでいるような現場でした。そんな中で渡辺謙さんを見て芝居をしていこうと決めていました。

と緊対のリーダーでもある渡辺さんの背中を見て撮影をしていたことを明かした。それを受けて

渡辺さん:中操チームが先に撮影をしてその後に僕と浩市くんの回想シーンを撮って、緊対の撮影に入ったんです。僕のクランクインは浩市くんとの回想シーンからだったんですが彼らが必死の思いで撮った想いをそのまま渡されたような気がしました。この想いを落としてもいけない、そのまま緊対の中にぶつけていかなければならないと思いましたし、最後まで完走できたという思いです。

と本作の出来栄えに自信をのぞかせました。そしてMCからキャスト・スタッフ陣が並々ならぬ想いを込めて作り上げた本作の世界73の国と地域での配給・上映が決定したことも発表されました!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・
『Fukushima 50』ワールドプレミア舞台挨拶 渡辺さん:なぜ作品タイトルが英語表記なのか、福島県郡山から発信したものが東京に来てこれから全国に向かってそして世界に向かってこの映画届けるために『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)というタイトルになったんだと思います。この映画を見ていただいたら何か素晴らしいパワーを届けられるに違いないと信じています。

と挨拶をし、

佐藤さん:災害というものはいつも深い傷跡、爪痕を残すものです。その負の遺産を我々のほんの少しの努力で遺産として明日へそして未来へバトンとして渡すことができるはずです。この負の遺産を明日への遺産に変えられるよう皆さん願っていてください。

と願いを込めて客席に向かって語りかけました。最後までキャスト・監督へ盛大な拍手が上がりながらイベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか―、何が真実なのか―、浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、今、遂に明らかになる。

主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役に佐藤浩市、福島第一原発所長、吉田昌郎役に渡辺 謙。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田 満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤 工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美ら、豪華実力派キャストが結集し、日本映画史上最大級のスケールでついに映画化。 震災から約10年が経った今だからこそ、あの日、あの時、あの震災で、福島原発事故で「最後の砦」になったFukushima 50の決死の覚悟を、改めて目に焼き付けてほしい。そして私たちはこの映画を通して、もう一度、東日本大震災と真摯に向き合わなければならない。
『Fukushima 50』

映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)

公式HP:
fukushima50.jp 

twitter:
@Fukushima50JP

あらすじ
あの日、原発内に残り戦い続けた50人の作業員たちを、世界は“Fukushima 50(フクシマフィフティ)”と呼んだ。
2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大深度7「という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。
太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では
制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。それは人の手でやるしかない命がけの作業。
同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた。避難所に残した家族を想いながら、作業員たちは戦いへと突き進む―

***********************************

出演:佐藤浩市  渡辺謙 吉岡秀隆 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人 堀部圭亮 小倉久寛 和田正人 石井正則 三浦誠己 堀井新太
金井勇太 増田修一朗 須田邦裕 皆川猿時 前川泰之 Daniel Kahl 小野了 金山一彦 天野義久 金田明夫 小市慢太郎 伊藤正之 阿南健治
中村ゆり 田口トモロヲ 篠井英介 ダンカン 泉谷しげる 津嘉山正種 段田安則 吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎 安田成美

監督:若松節朗  
脚本:前川洋一 
音楽:岩代太郎 
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA
配給:松竹、KADOKAWA
© 2020『Fukushima 50』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

橋本環奈、 小関裕太・瀬戸利樹ら11名登壇!映画『シグナル100』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 主演・橋本環奈。原作コミックの壮絶な描写に、連載当時から実写映画化不可能といわれた超問題作を映画化する『シグナル100』が、2020年1月24日(金)より公開いたしました!

ある日、担任教師により自殺催眠をかけられた36人の生徒たちが学校内で繰り広げる、生き残りを賭けた狂気と絶望のデスゲームを描く本作。

この度、本作の初日舞台挨拶を実施。
橋本環奈をはじめ、小関裕太、瀬戸利樹他ネクストブレイク間違いなしの若手俳優たちも大集結!
ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭からの招待が決まったことが発表されるほか、“日常の行動”が死に繋がる本作に因み、1/17にエランドール受賞の発表があるなど、今、日本で最も勢いのある二十歳といっても過言ではない橋本ほかキャスト陣の2020年オリンピックイヤーに目標にしたい“日常の行動”について発表するなど、大盛り上がりのイベントとなりました。
『シグナル100』初日舞台挨拶
『シグナル100』初日舞台挨拶
日程:1月24日(金)
場所:丸の内TOEI
登壇:
橋本環奈、小関裕太、瀬戸利樹、甲斐翔真、中尾暢樹、福山翔大、
中田圭祐、山田愛奈、若月佑美、恒松祐里、竹葉リサ監督
映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶のチケットが発売されると同時に即完、満員の会場内の熱気が高まる中、橋本さんを筆頭にキャスト陣が登場。初日を迎えた感想を問われると、橋本さんは「無事に初日を迎えられて嬉しいです。」、小関さんは「公開が近づくに連れてSNSでの熱が強くなっていくのを感じていました。こういった作品に出演するのが夢だったので、ついに初日を迎えることが出来て嬉しいです!」、瀬戸さんは「この日を迎えられて嬉しいです。」、甲斐さんは「今日という日を迎えるために皆で過酷な撮影に挑みました。」、中尾さんは「僕にとって特別な作品になりました。」、福山さんは「この作品は窮地に追い込まれた生徒たちの青春映画だと思います。」、中田さんは「今日このように多くの方にお越しいただきとても嬉しいです!」、山田さんは「たくさんの方々にお越しいただいて初日を迎えられて嬉しいです。」、若月さんは「この作品はメッセージ性がたくさん詰まった作品になっています。そして、今日のこの満席の光景を目に焼き付けたいと思います。」、恒松さんは「箕輪という役は感情の振り幅が激しい役だったので大変でした。皆で全力で作った作品なので、ぜひその熱を感じて頂けたら嬉しいです!」、竹葉監督は「大切な初日を底抜けに明るい出演者の皆さんとこの場に立てて感無量です。お化け屋敷にいるかのようなドキドキ感を感じながら楽しんで頂けたら嬉しいです!」とそれぞれにコメント。

次世代を担う若手実力派キャストが終結している本作。先日行った完成披露イベントで橋本さんが「チームワーク抜群」と太鼓判を押した共演者との撮影現場でのエピソードを問われると、橋本さんは「今でもプライベートで会っているくらい、撮影当時から皆仲が良かったです。特に、撮影の合間に女子メンバーが集まってTikTokで動画を撮ったり、緊張感のある撮影でありつつも、現場は本当に和気あいあいとしていました。」、小関さんは「学生時代に戻ったみたいで本当に楽しかったです。山奥での撮影だったので山びこなど昔ながらの遊びを皆でしていました。シリアスな撮影の後に山びこをすると、『帰ってきた~!』っていう感覚になるんですよね(笑)」、若月さんは「私も学生時代に戻った気がしました!調理室で皆でご飯を食べたんですが、一人一人おぼんを持って並んで、なんだか懐かしかったです。」と振り返りました。

また、本作がジャンル系映画が集結するブリュッセル国際ファンタスティック映画祭からの招待が決まったことが発表されると、海を飛び越え上映されることについて橋本さんは「『シグナル100』は目を覆いたくなるシーンが多くありながらもエンターテイメントのようなドキドキワクワク感を味わえます。そういった日本映画の良さが詰まったこの作品を、海外の方々にもたくさん観て頂けたら嬉しいです。」と語り、竹葉監督は「海外ではバイオレンスな作品を好む人が多いと思うので、『シグナル100』も楽しんでもらえると思います!」と自信を覗かせました。

また、橋本さんが先日、一年を通して最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる“エランドール賞”を受賞したことに話題が及び、会場からは大きな拍手が。去年は本作の撮影から始まったという橋本さんは「今までにない新しい役柄に挑戦したいと思っていた時に、お話を頂いたのが『シグナル100』でした。20歳を迎えてすぐにそういった作品と出会え、とても充実した1年でした。」と振り返りました。

さらに、新年を迎えたということで2020年の抱負を、日常の行動が死に繋がるという本作にちなみ、「日常の行動」に絡め、登壇者全員が発表!橋本さんは『URL』。「自分が気になったニュースのURLを友達に送りがちです(笑)でもそうすると、自分が今まで興味持たなかった分野にも世界が広がっていくから楽しいんです。だから抱負といいますか、これからも続けていきたいことですね!」と明かすと、実は出演者たちも実際に「URL」を送っているそうで、恒松さんは「私が食べることが好きだから飲食店の情報とかよく送られてきます。」、若月さんは「私にも色んなジャンルの情報を送ってくれます、おかげで色々詳しくなりました!(笑)」と明かしました。続いて小関さんは『バーボン片手に靴磨き』。「素敵な30代になっていきたいので、オシャレにバーボン飲みながら、靴を磨く男性になりたいです!」と嬉々として話すと、すかさず瀬戸さんが「靴と言えば…以前『シグナル100』の完成披露会見の時に間違って小関くんの私物の靴を履いて登壇してしまったんです!」と驚きの告白をし、会場は笑いに包まれた。そんな瀬戸さんの抱負は『高低差をなくしたい』。「自身の印象の違いに困惑することがあるので」と明かすと「それは高低差じゃなくて、ギャップをなくしたいでしょ!」と登壇者から続々突っ込みが入り、またもや会場から笑いが。続いて甲斐さんは『朝ごはんを食べる』、中尾さんは『一人旅をする』、福山さんは『運転をする』、中田さんは『サウナに入る』、山田さんは『髪を綺麗に保って伸ばす』、若月さんは『肌の水分量を増やす』と続々と挙げ、恒松さんの「ハンドクラップダンス」に話が及ぶと一同が疑問に思う中、瀬戸さんが唯一「俺もやったことある!」と、ステージ上で披露!そこに恒松さんも加わり、即興ダンスが繰り広げられ、またも会場は笑いに包まれました。最後に竹葉監督は『零歳』と発表。「私が『バトル・ロワイアル』を観たのが2000年、あれから20年経って2020年、また“ゼロ”がつく。これからも純粋なものを生み出していきたいです。」とそれぞれが今年の抱負を語りました。
『シグナル100』初日舞台挨拶 最後に橋本さんより「今日からこの映画が皆さんに届いていくのがとても嬉しいです。R‐15+作品なので衝撃的な描写も多いですが、多くの人に観て頂きたいです!」と、本作に込めた想いを寄せ、舞台挨拶は大盛り上がりの中、幕を閉じました。
橋本環奈『シグナル100』
映画情報どっとこむ ralph 『シグナル100』

公式HP:
signal100.jp 

公式Twitter/公式Instagram:
Signal100_Movie

シグナル100_ポスタービジュアル
<STORY>
担任教師の手により、突如として自殺催眠をかけられた 36 人の生徒たち。遅刻をする、電話をかける、涙を流す…ふだん行っ ていた行為が死を招く。その催眠発動(自殺)のシグナルは全部で 100。死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。生徒たち が続々と自殺に追い込まれる中、死への恐怖から人間の本性が徐々に暴かれていくー。催眠を解くのが先か、自分以外のクラスメ イト全員が死ぬのが先か!?生き残りを賭けた狂気と絶望のデスゲームがはじまる……!

***********************************

出演:橋本環奈 小関裕太 瀬戸利樹 / 中村獅童

原作:宮月 新・近藤しぐれ『シグナル100』(白泉社・ヤングアニマルコミックス)
監督:竹葉リサ
脚本:渡辺雄介
音楽:Jin Nakamura
主題歌:yukaDD(;´∀`) 「Carry On」(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東映 
(C) 2020「シグナル100」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

物語『男と女 人生最良の日々』に山田洋次監督、岸惠子、吉行和子らコメント


映画情報どっとこむ ralph 1966年に製作され、カンヌ国際映画祭で最高賞“パルムドール”を、米アカデミー賞(R)で最優秀外国語映画賞を受賞するなど、世界中を席巻!

男女の機微を見事に描いた恋愛映画の金字塔として今なお語り継がれるクロード・ルルーシュ監督の愛の名作『男と女』。


それから53年後の2人の物語を、当時と同じキャスト同じ役柄で、アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが紡いだ愛の奇跡の物語『男と女 人生最良の日々』に向けて、本作を一足早く鑑賞した著名人の方々より多数の絶賛コメントが到着!


第1作目から50年を経て新たな『寅さん』を2019年に送り出した山田洋次監督からは「はじめて『男と女』を観たときのあのふるえるような感動。そして半世紀を経てあの二人が主役で続編が生まれ、ぼくもまた、50年を経て「寅さん」を世に出した。同志のルルーシュ監督に乾杯!」という熱いエールが寄せられたほか、ルルーシュ監督と以前から親交がある岸恵子さんからは「クロード・ルルーシュ監督の稀有な才能が生んだ『男と女 人生最良の日々』は半世紀以上経った『男と女』ジャン=ルイ・トランティニャンとアヌーク・エーメを更に魅力的に描く人生晩年の感動作。フランスの映画文化が生んだ奇跡です。」との賛美が贈られ、吉行和子さん、魔夜峰央さん、野宮真貴さん、平松洋子さん、岩下志麻さん小堺一機さん、青野賢一さん、ライムスター宇多丸さんらなどからも熱い想いが語られています。

映画情報どっとこむ ralph <コメント一覧:敬称略、順不同>

山田洋次(映画監督)
はじめて『男と女』を観たときのあのふるえるような感動。そして半世紀を経てあの二人が主役で続編が生まれ、ぼくもまた、50年を経て「寅さん」を世に出した。同志のルルーシュ監督に乾杯!

岸惠子(女優・作家)
クロード・ルルーシュ監督の稀有な才能が生んだ『男と女 人生最良の日々』は半世紀以上経った『男と女』J・L・トランティニャンとアヌーク・エーメを更に魅力的に描く人生晩年の感動作。フランスの映画文化が生んだ奇跡です。

吉行和子(女優)
まさかあの時の二人に会えるなんて、素敵に年を重ねていて、しかもそこには恋がしっかり存在していて、こんな幸せな気持ちにして下さったルルーシュ監督に大感謝です。

魔夜峰央(漫画家)
さすがはルルーシュ監督、おしゃれで瑞々しい感性は今も健在。とても上質な映画。
※「週刊文春エンタ!」ガチンコシネマチャートより

野宮真貴(ミュージシャン)
1966年の『男と女』は、美しく燃え上がる「愛の奇跡」の映画でした。それから半世紀。新しい『男と女 人生最良の日々』は、時を超えて「愛し続けることの奇跡」の物語になりました。クロード・ルルーシュの映像とフランシス・レイの音楽は、永遠に記憶されることでしょう。 

平松洋子(エッセイスト)
郷愁やオマージュではなく、ヴィヴィッドな時間が描かれていることに驚嘆させられ、あの『男と女』を支配していた映画の魔法の復権に酔いしれた。
(※「家庭画報」2020年2月号より)

岩下志麻(女優)
53年前の興奮が蘇る。ルルーシュのテクニックは相変らず鮮やか。アヌーク・エーメは今も魅惑的でジャン=ルイ・トランティニャンはチャーミングで抜群の存在感。素晴らしかった!!

小堺一機
前作から半世紀余。オンタイムで観た方々!
時の流れを心に刻み半生を振り返る事でしょう!
どのシーンも人生の大切さに満ちている。
ラスト、疾走する車の車窓がグッとくる!! 
セ・ラヴィ!!

青野賢一(ビームス創造研究所クリエイティブディレクター、文筆家)
猛スピードで走り抜ける車。
景色が後方に過ぎ去ってゆくほどに、時間は、記憶は巻き戻される。映画の中の二人だけでなく、スクリーンを見つめる私たちもまた。そして見つけるのだ。ずっと変わらなかった思いを、今。


ライムスター宇多丸(ラッパー・ラジオパーソナリティ)
76年『ランデヴー』の大疾走まで織り込み、映画と記憶と人生を等価の夢として愛でてみせる、正しく「ヌーベルバーグの続き」な試み!
(※「週刊文春エンタ!」ガチンコシネマチャートより)

映画情報どっとこむ ralph 『男と女 人生最良の日々』

1/31(金) TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー

いまや記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)。
過去と現在が混濁するなかでも、かつて愛した女性アンヌ(アヌーク・エーメ)のことだけを追い求めていた。そんな父親の姿を見た息子は、アンヌを探し出すことを決心。その想いを知ることになったアンヌはジャン・ルイの元を訪ね、そしてついに、別々の道を歩んでいた2人は再会を果たすことになる。長い年月が過ぎたいま、アンヌとジャン・ルイの物語がまたあの場所から始まろうとしていた……。

男と女 人生最良の日 2019年のカンヌ国際映画祭で発表され、上映後20分にも及ぶスタンディングオベーションが鳴り止まなかった本作。
前作に引き続きアンヌを演じるのは、『男と女』でゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞し、アカデミー賞(R)においても主演女優賞にノミネートされたアヌーク・エーメ。類まれなる美貌と変わらぬ気品でスクリーンに華やかさを加えている。対するジャン・ルイも、名優ジャン=ルイ・トランティニャンが続投。近年も『愛、アムール』(12)でセザール賞の主演男優賞に輝くなど高く評価されているが、年齢を重ねたがゆえの重厚な存在感で観る者を魅了します。

監督を務めたのは、フランスの巨匠クロード・ルルーシュ。

エスプリに富んだ会話は、さまざまな男女を描き続けた“恋愛の名手”ならでは。

1作目の名シーンを織り交ぜながら、新たなラブストーリーを紡いでみせた。

そして、音楽を手掛けたのは、ルルーシュ監督の盟友で、昨年惜しくもこの世を去った作曲家のフランシス・レイ。

お馴染みの「ダバダバダ…」のスキャットで始まる『男と女』のテーマ曲は、色褪せることのない名曲として愛され続けている。

本作でも、遺作となった大人の色気を感じさせる曲の数々で愛のメロディを響かせ、作品に彩りを加えた。

50年以上の時を経て、同じキャスト・スタッフが再集結するという奇跡が実現した本作。

「愛は時に素晴らしく、そして難しいということを示した説明書のような作品」

と語るルルーシュ監督が贈る“恋愛映画の真骨頂”がついに誕生した。

誰もが一度は経験したことのある愛の喜びと痛み。心の奥にしまい込んだはずのきらめきが、いま蘇る。

***********************************

監督:クロード・ルルーシュ『男と女』『白い恋人たち』『愛と哀しみのボレロ』『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』

出演:アヌーク・エーメ『男と女』『モンパルナスの灯』、ジャン=ルイ・トランティニャン『男と女』『愛、アムール』、

スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ 音楽:カロジェロ、フランシス・レイ『男と女』『ある愛の詩』 

2019年/フランス/90分/フランス語 宣伝プロデュース:サルーテ 

配給:ツイン

(C)2019 Les Films 13 – Davis Films – France 2 Cinéma






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

綾野剛 × 北川景子 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』映画化決定!


映画情報どっとこむ ralph 2010年「さよならドビュッシー」で、このミステリーがすごい!大賞を受賞して作家デビューし、“どんでん返しの帝王”の異名を取り、数々のミステリー小説を世に送り出す作家・中山七里のクライム・サスペンス小説「ドクター・デスの遺産」が実写映画化!
『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』
映画情報どっとこむ ralph 綾野剛 × 北川景子 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』
主演に『新宿スワン』『楽園』など数多くの作品で幅広い役柄を演じ分けるカメレオン俳優・綾野剛が決定!主人公の警視庁捜査一課の敏腕刑事・犬養隼人を演じる。

■主演:綾野剛さんからのコメント
「禁断の題材にとうとう触れてしまった思いでなりません。
撮影中もこの作品の強度に耐えうる表現ができているのか?と自問自答の日々でした。しかし、そこで大きな支えとなり現場を包み込んでくれたのが初バディである北川景子さん。2度目の共演ですが、本当に頼もしく、常にブレない芯の強さと清らかさがあります。
深川監督、各部署スタッフ、キャストと共に、新境地に立つ事ができました。
お届けできる日が今から楽しみです。」

映画情報どっとこむ ralph さらに共演には『謎解きはディナーのあとで』『スマホを落としただけなのに』などドラマ・映画・CMと多岐に渡り活躍する北川景子が決定!綾野演じる犬養のバディである冷静沈着な女性刑事・高千穂明日香を演じる。

■北川景子さんからのコメント
「「お父さんが悪いお医者さんに殺された」という男の子からの通報をきっかけに、二人の捜査一課コンビが連続殺人犯を追いかけることとなります。
最後まで誰が犯人なのかわからない緊張感と、私たちが犯人像に辿り着くまでのもどかしさ、焦燥感をお客様に感じていただけるように撮影していきました。
事件を追えば追うほど、犬養、高千穂それぞれが「命の尊厳とは何か、安楽死は善か悪か」と悩み翻弄されていくので、その感情を細かく丁寧に演じられるよう取り組みました。
アクションも少しあるので、かっこよく、暑い夏に負けないように(熱中症にもなりましたが)がんばりました。
綾野さんとは2度目の共演ですが、2人1組でずっと動く役は初めてです。
綾野さんは常に役と向き合っておられる熱い方です。犬養が一つのことに集中した時に醸し出す殺気や、こうと決めたら一直線に突き進んでいく勢いは綾野さんなのか犬養さんなのか、分からないほどでした。私は部下でありながら、そんな綾野さん演じられる犬養を冷静に、時々呆れながら、時々乱暴に扱いながら見守る役です。手のひらで転がしていると言っても過言ではありません。現場でも気がつけば綾野さんをずっと観察していました。綾野さんは思いつきでいろんなことをお芝居に取り入れたり、好奇心旺盛な子どものような一面があると今回初めて気がつきました。そんな綾野さんを後輩ながら微笑ましく見守ってきた夏でした。
私たち凸凹コンビをどうぞ楽しみにしていてください。」

映画情報どっとこむ ralph 監督は『神様のカルテ』「チェイス」など人間ドラマからサスペンスまで幅広い作品で手腕を発揮してきた深川栄洋。本作では安楽死を手口とする連続殺人犯と刑事の息もつかせぬ攻防戦をスリリングに描き出す。

■監督:深川栄洋(43)コメント
「心掛けたのは最後まで振り落とされないように舵を握り続けること。プロデューサーと目指したのはエンターテインメントとして、ある社会問題と向き合うこと。ともすれば深く入り込みすぎて、自分の立っている場所が分からなくなるような作品です。誰もが人生のどこかで必ず向き合わなくてはならないテーマを綾野さん北川さんとともに悩み尽くした作品となりました。二人はいいコンビです。綾野さんは北川さんのことを、北川さんは綾野さんのことを僕に教えてくれました。二人は全く違う考え方を持った役者ですが、二人とも強烈な役者バカだと思います。もちろんそういう僕も映画バカですが……、子役オーディションに参加して子役の為に熱演していた綾野さんと、アクションで綾野さんに本気の蹴りを見舞う北川さんの熱を感じに劇場に来てください。」

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影は、2019年7月~8月の酷暑続く真夏に行われた。現在は編集中で、20年11月に全国公開の予定。

綾野剛 × 北川景子
刑事役で初バディ!安楽死を手口にする連続殺人犯ドクター・デスの謎を追う!

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』

2020年11月、全国ロードショー!

映画公式サイト:
doctordeathmovie.jp

ストーリー
終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生。捜査に乗り出す犬養と高千穂は、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医者の存在に辿り着く。そんな中、重度の腎臓病に苦しんでいる犬養の一人娘・沙耶香が、ドクター・デスに安楽死の依頼をしてしまう――。
【安楽死】という手口で、被害者を苦しませることなく、安らかな死を処方するドクター・デスの目的と正体とは?
犬養と高千穂はこの連続殺人犯にどう挑むのか!?驚きの結末が待つ、犯罪史に刻まれる禁断のクライム・サスペンス!

***********************************

原作:中山七里「ドクター・デスの遺産」(KADOKAWA/角川文庫)
監督:深川栄洋
出演:綾野剛 北川景子 ほか

©2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ