「学生」カテゴリーアーカイブ

人を好きになる気持・・・はじめてのキス『彼の見つめる先に』第2メインビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 人を好きになる気持ち、自我の芽生え、そしてはじめてのキス。

大人の入り口に立つティーンエイジャーの揺れ動く感情を、サンパウロの降り注ぐ日差しの中でみずみずしく映し出した青春映画がブラジルからやってきました。

2015年のアカデミー賞外国語映画賞ブラジル代表作品にも選ばれるなど、ブラジルのみならず、2014年の世界の映画シーンを代表する青春映画

彼の見つめる先に

が、いよいよ3月10日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。

ブラジルの輝く太陽の下、奔放かつ繊細な”ティーンエイジャー達の熱い季節”を、瑞々しい感性で描いた本作の象徴的なシーン=≪自由への疾走≫という監督の想いが詰まった、レオ&ガブリエルが自転車で夜の街を駆け抜けるCUTを使用した≪第2メインビジュアル≫が解禁!
映画情報どっとこむ ralph 思春期特有の言葉にできない気持ち。そして人生を鮮やかに変えていく、かけがえのない出会い。

ベル・アンド・セバスチャンの名曲「トゥー・マッチ・ラヴ」に乗せて綴られる、ひと夏の物語。そんな誰もが経験する/経験したであろう、“煌めき、悩み、反抗し、そして恋する”ティーンエイジャーの心情が、「自分に自信を持っていいんだ」という監督のメッセージとともに描き出されます。

本作の元になったのは、ダニエル・ヒベイロ監督が2010年に手がけた『今日はひとりで帰りたくない』(I Don’t Want to Go Back Alone)。各国の映画祭に出品されたこの短編映画が熱狂的な人気を博したことで、監督自らの手で同じキャストを起用して長編映画化。本作は第64回ベルリン国際映画祭でFIPRESCI(国際批評家連盟賞)とテディ賞に輝き、日本ではSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で脚本賞を受賞。


彼の見つめる先に
原題:Hoje Eu Quero Voltar Sozinho
英題:The Way He Looks

公式サイト:
www.mitsumeru-movie.com
Twitter:
@mitsumeru_movie

物語・・・
目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の中で、映画館に行ったり自転車に乗ってみたり、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガブリエル、ジョヴァンナ、それぞれの気持ちに変化がやってきて…。

***********************************

監督・脚本:ダニエル・ヒベイロ
出演:ジュレルメ・ロボ、ファビオ・アウディ、テス・アモリン、ルシア・ホマノ、エウシー・デ・ソウザ、セウマ・エグレイ
配給:デジタルSKIPステーション/アーク・フィルムズ
字幕翻訳:増子操
後援:ブラジル連邦共和国大使館
2014年/ブラジル/96分/PG12
配給:デジタルSKIPステーション/アーク・フィルムズ 


葵わかな・佐野勇斗で『青夏 Ao-Natsu』映画化決定!


映画情報どっとこむ ralph 2013年から2017年にかけ講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこによる人気コミック『青夏 Ao-Natsu』。

夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子 高生・吟蔵との〈夏限定の恋〉を描いたラブストーリー。

この度、本作の 映画化&キャストが決定!
W主演を務める葵わかな・佐野勇斗のほか、2018年ブレイク必至の超フレッシュなキャストが勢ぞろい!

理緒役には、『葵わかな。「わろてんか」後初の主演作となる本作で、 明治時代の女性起業家から一転、現代のイマドキ女子高生に扮する姿にも注目。そして吟蔵役には、佐野勇斗。本作が 映画初主演となる。
二人の共演は、映画『くちびるに歌を』(15年)以来3年ぶり2度目。葵は佐野のキャスティングを聞いた瞬間、「吟蔵のビジュアルにそっくり!」と思ったとのこと。

映画情報どっとこむ ralph そして、理緒や吟蔵とともに夏の恋を繰り広げる仲間たちにも、今後の活躍から目が離せない大注目の若手キャスト陣が揃いました。

吟蔵の幼馴染みで理緒の恋のライバル・万里香役には、古畑星夏。

理緒に恋する東京の男子高生・祐真役には、岐洲匠。

理緒と同級生の東京の女子高生・あや役には、女子高生のカリスマとして絶大な人気を誇る久間田琳加。

吟蔵の同級生・ナミオ役には水石亜飛夢。

吟蔵の同級生・さつき役には、秋田汐梨。

祐真と同級生で東京の男子高生・タカヤ役には、志村玲於。

映画、モデル、CM、戦隊ヒーロー、ミュージカル、ダンスボーカルユニットなど、あらゆるジャンルで最前線で活躍中の最旬若手俳優が一挙に集結し、この夏、青春よりも熱い恋の物語を描きます!

来月4月初旬のクランクインを予定しており、現在絶賛撮影準備中。

映画情報どっとこむ ralph 撮影に先駆け、今回は主演2人の劇中の制服姿も初解禁い たします。 さらに、LINE株式会社が提供するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」にて、映画『青夏』出演権&公開までのLINE LIVEスペシャルサポーターを兼ねたオーディション企画の開催も決定いたしました!なんと本編撮影時はセリフ付の配役を予定。さらに、最終オーディションは、古澤健監督も同席し、出演者を決定します。

青夏 Ao-Natsu
※読み方:あおなつ

8月1日(水)より全国公開いたします。

物語・・・
運命の恋を夢見る、都会育ちのイマドキ女子高生・理緒。夏休みの間、大自然の田舎で過ごすことになった理緒は、そこで地元の男子高 校生・吟蔵と出会う。クールで少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一気に恋に落ちる。 吟蔵こそ運命の人…?と思ったのも束の間、「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまう。 そんなとき、理緒に想いを寄せる東京の男子高生・祐真が理緒に会いにやってくる。 「夏休みが終わったら俺と付き合おう。東京で待ってる」―優しくて誠実な祐真の告白に、戸惑う理緒。 そんな理緒を見た吟蔵は、「おまえ、俺のこと好きなんじゃねぇのかよ!」と思わず本音を口にする。まっすぐでピュアな理緒に惹かれ始めてい た吟蔵だったが、いずれ離ればなれになってしまうことから、理緒への気持ちを必死で抑えていたのだった。 近づく夏の終わり。高まっていく気持ち。果たして〈夏限定〉の恋のゆくえは―?

***********************************

原作: 『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督: 古澤健(『今日、恋をはじめます』『クローバー』)
脚本: 持地佑季子(『青空エール』『くちびるに歌を』)
配給: 松竹
制作スケジュール: 4月初旬~5月初旬
公開: 2018年8月1日(水)
著作表記: ©2018映画「青夏」製作委員会


『僕のヒーローアカデミア』雄英高校プロモーション科入学試験応募開始!


映画情報どっとこむ ralph 2014年7月より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、2016年4月よりTVアニメ放送がスタートとなった大人気作品「僕のヒーローアカデミア」(原作:堀越耕平)。既刊16巻のコミックスのシリーズ累計発行部数は1300万部を突破し、2018年4月からTVアニメ第3期の放送も決定している「ヒロアカ」がついに2018年夏、初の完全オリジナル劇場版長編アニメーション作品『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE』として誕生!

そしてこの度、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE』の公開を記念して、物語の舞台となる雄英高校に、とある1クラスが臨時開校することとなりました!

原作やアニメから現実の世界へ!その名は、雄英高校プロモーション科!

雄英高校はデクたちが通う、ヒーローを志すものたちからは憧れの的となる超難関校。
ヒーロー科をはじめ、普通科、サポート科、経営科と様々な学科が設立されています。今回、臨時開校されるプロモーション科では、約1か月にわたる激戦の入学試験よって選ばれた「ヒロアカ愛」溢れる個性豊かな精鋭20名が、学校から与えられるカリキュラムに沿って、本作のプロモーション活動にあたります。

それらのカリキュラムを熱心に取り組むことができた生徒には『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE』のエンドクレジットに“自らが考案したヒーロー名”を刻むことができるスペシャル特典を授与!前代未聞のこのプロジェクトに、初の劇場版にして原作・総監修・キャラクター原案を務める堀越耕平先生からも「一緒に映画の宣伝しましょう!多分楽しいと思います!!」と、プロモーション科入学を目指す生徒への応援コメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 1次試験【個性診断テスト】の応募方法は・・・

劇場版Twitter公式アカウント(@heroaca_movie)をフォローの上、「#雄英高校AO入試」とつけて、公式サイト上で作成できる「入学願書メーカー」(もしくは必要項目を網羅したテキスト及び画像)や自己アピール用画像(任意)をツイートするだけ!年齢・性別問わず、熱い「ヒロアカ愛」をもって劇場版を盛り上げてくれる方なら誰でも応募が可能です!
カリキュラムは、4月の入学から夏の卒業(映画公開初日)までの期間中に【体力測定】【雄英体育祭】【期末試験】【職業体験】など、物語とリンクする多種多様な形で行われ、残念ながらプロモーション科に入学することができなかった方たちにも、共に盛り上がって頂けるカリキュラムやプレゼントを多数用意しているそうです!

今後、益々と目が離せなくなった「ヒロアカ」の熱い夏に乞うご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 求ム!ヒーロー! ここが君のヒーローアカデミアだ!
入学試験スケジュール
3月05日(月)【一次試験】 募集開始
3月21日(水)【一次試験】 合格通知(40名)   
3月22日(木)【最終試験】 開始 ※試験内容はその日までシークレット!
3月30日(金)【最終試験】 合格通知(20名)

プロモーション科生徒 想定カリキュラム ※変更となる可能性がございます
4月07日(土) 入学説明会/TVアニメ第3期1話 みんなで鑑賞会 ★東京にて開催
それぞれに、プロモーション科専用Twitterアカウントの授与

4月~6月
【体力測定】、【個性強化】、【雄英体育祭】など、Twitterで様々な課題に挑戦!
“夏”某日
【期末試験】試験問題 鋭意考案中!
【職業体験】完成披露試写会への参加!★東京にて開催
【インターン】あなたの宣伝企画がオフィシャル認定!?


そのほか、プロモーション科に必要な多種多様なカリキュラムを順次公開!

入学生徒 特典
① 映画のエンドクレジットに「自分でつけたヒーロー名」を掲載!
② 完成披露試写会でイチ早く作品を鑑賞!
③ ポスターやチラシなど映画宣伝に必要なアイテムをプレゼント!

雄英高校プロモーション科 公式サイトURL
https://heroaca-yuei-pr.com/

映画情報どっとこむ ralph
僕のヒーローアカデミア THE MOVIE

2018年夏 全国東宝系にてロードショー!

映画公式サイト:
http://heroaca-movie.com/

物語・・・
舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく―。その物語はまさに「ドラゴンボール」「ONE PIECEワンピース」「NARUTO-ナルト-」が紡いできた「友情・努力・勝利」の系譜を継ぐ、ジャンプ新世代王道作品です。文字通り“個性”豊かなキャラクターが夢に向かって進んでいく姿を描いた物語は、その胸が熱くなるストーリー展開やバトル描写だけでなく、現代の“オンリーワンの個性を尊重する”風潮にもマッチし、瞬く間に話題沸騰に。さらにはその多くの人々の共感を呼ぶ設定だけでなく、日本の漫画には珍しいアメコミ風の描写も相まって、日本国内はもちろん、フランスのJapan Expo Award MANGA部門1位、アメリカの2017年コミック売上総合トップ4位にランクインするなど、海外での圧倒的な人気をも誇っています。
***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴
原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作/ボンズ
公開日/2018年夏
Ⓒ2018 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE製作委員会
    


市川美織ら美少女が 絶望的な状況下生き残りをかけた『放課後戦記』本予告解禁


映画情報どっとこむ ralph NMB48からのこの春の卒業を発表して話題の市川美織をヒロインに迎えた『放課後戦記』が4月7日に公開。この度、本予告が解禁になります。

本作品は2016年10月、主演に市川美織とりりかをWキャストに迎え、全席完売で幕を開けた舞台「放課後戦記」が新たなストーリーと新たに追加キャストを迎え、映像化された映画版『放課後戦記』。

市川美織、秋月成美、りりか、小宮有紗、遠藤新菜、青島心、窪田美沙、井上美那、大野未来、小泉萌香、片岡沙耶、新田祐里子、加藤美紅、野々宮ミカ、三橋栄香の映画、TV、アニメ、舞台、グラビアと今後の活躍が期待されている女優、声優、アイドルのネクストブレイク・ガールたちが大結集!!

映画だからこそ表現できる切れ味抜群のアクションと、殺(や)るか殺(や)られ るかのスリリングな展開は、舞台とはまた違った魅力を放ちます。

そして、今回、解禁となる本予告は、少女たちのデス・ゲームを全面に押し出し、このゲームを仕掛けているのは何者なのか?絶望的な状況下で、ヒロインの生き残りをかけた戦いを描いています。


映画情報どっとこむ ralph 放課後戦記

公開は2018年4月7日にシネ・リーブル池袋他全国ロードショー。

映画版ストーリー

ある日の放課後、門脇瀬名(市川美織)は憑対弓立(りりか)にハンカチを返すため屋上で待っている間に居眠りをしてしまい、目を覚ますと暗くなった学校に閉じ込められていた。携帯も通じない外部からシャットアウトされた校内で、瀬名の目に映ったのは手を切断されて苦しんでいる女子生徒だった。巨大な光や世界が赤く染まっていく不思議な出来事が起こる中、少女たちの史上最悪の殺し合いがはじまる・・・・・・。

残り4日、残り3日、残り2日、残り1日、少女たちの殺戮のカウントダウン、最後に生き残るのは誰か?
***********************************

原案:オクショウ
監督:土田準平
脚本:桃原秀寿

出演:
市川美織 秋月成美 りりか 小宮有紗 遠藤新菜 青島心 窪田美沙 井上美那 大野未来 小泉萌香 片岡沙耶 新田祐里子 加藤美紅 野々宮ミカ 三橋栄香


映像初解禁!『わたしに××しなさい!』S キャラ雪菜と悪魔なモテ男 絶対服従15秒


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数 200 万部突破&第 36 回講談社漫画賞 受賞作品「わたしに××しなさい!」(遠山えま 講談社)の実写映画『わたしに××しなさい!』の映像が初解禁となります。

とある秘密を握られたことで、雪菜(玉城ティナ)の恋のミッシ ョンを受け続けることになった学園一のモテ男、時雨(小関裕太)。

「わたしに××しなさい!」と次から次へとつきつけられる絶 対服従の過激ミッションは次第にエスカレート!恋愛小説のネ タのために続けていた雪菜の恋のミッションはいつしか本当の 恋愛に・・・?!初公開となる本編映像は 15 秒スポットと短 いながらもトキメキと過激さに溢れた内容。絶対零度の S キャ ラ女・雪菜の恋のミッション、悪魔なモテ男の S キャラ男・時 雨の過激発言、S 対 S の恋路の行き着く末は…!?

ポルカドッ トスティングレイの主題歌「ICHIDAIJI」( ×× ver.)もこのス ポット映像から初解禁となります。


映画情報どっとこむ ralph 主演の雪菜を演じるのは twitter フォロワー数 100 万を突破し、数多くの女性層に支持される玉城ティナ。

昨年は『P と JK』『暗黒女子』、『サクラダリセット 前篇 後篇』など映画出演も続き、遂に映画初主演となった。W主演の時雨役には映画『覆面系ノイズ』、『曇天に笑う』や TV ドラマ「奥様は、取扱い注意」 で大活躍中の小関裕太。

さらに、雪菜の幼馴染で時雨をライバル視する晶役に『イタズラな Kiss THE MOVIE』出演の佐藤寛太(劇団 EXILE)、

時雨の幼馴染で一途に時雨を想い続けるマミ役には、『ミスミソウ』 で主演を果たす山田杏奈、

雪菜の恋愛小説のライバルで時雨の腹違いの兄弟の氷雨役に『逆光の頃』『ナラタージュ』に出演し注目を浴びた金子大地、

と旬な若手キャストが大競演!

監督は『グッモーエビアン!』 『猫なんかよんでもこない。』の山本透。

映画情報どっとこむ ralph 原作の「わたしに××しなさい!」は人気ケータイ小説家として活躍する女子中学生・氷室雪菜が、恋愛 小説のネタのために同級生・北見時雨を脅迫し、数々の恋のミッションを課していき 疑似恋愛にのめりこ んでいくラブストーリー。今回の映画・ドラマでは高校に舞台を置き換えている。これまでのキラキラ系恋愛映画とは一線を画す、胸キュン ROCK な過激ミッション恋愛ムービーが誕生しました。

わたしに××しなさい!

公式
HP:
batsu-shina.jp

映画:2018 年 6 月 23 日(土)新宿バルト 9 ほか全国公開
TV ドラマ:(MBS/TBS)ドラマイズム枠にて放送 MBS:2018年3月25日スタート、TBS:3月27日スタート

STORY
とある秘密を握られたことで、雪菜(玉城ティナ)の恋のミッションを受け続けることになった学園一のモテ男、時雨(小関裕太)。

「わたしに××しなさい!」・・・と次から次へとつきつけられるミッションは次第にエスカレート!恋愛小説のネタのために続けていた雪菜の恋のミッションはいつしか本当の恋愛に・・・?!

***********************************

出演:玉城ティナ、小関裕太、佐藤寛太、山田杏奈、金子大地
原作:遠山えま『わたしに××しなさい!』(講談社「KC なかよし」刊)
監督・脚本:山本透
脚本:北川亜矢子
(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会