「学生」カテゴリーアーカイブ

松岡茉優・渡辺大知の“ムズキュン”『勝手にふるえてろ』 最強の萌えシーン!


映画情報どっとこむ ralph 公開に先駆けて、今回解禁となるのは、昨年社会現象にもなった人気テレビドラマから発祥し話題となった“ムズキュン”が、本作『勝手にふるえてろ』で再び味わえるシーンとなっています。ムズキュンとは、「見ているこっちがムズムズしてしまう」そんな二人に胸キュンしてしまうところから出来上がり、話題となった言葉です。

本作では、24歳まで恋愛経験のないヨシカが二とのデートで気まずい雰囲気になってしい、翌日会社で顔を合わせた2人が仲直りするシーンが、思わず“ムズキュン”するシーンのひとつとなっています。
「ごめん…」と謝りながら前日返しそびれたお弁当箱を渡そうとする二に対して、ヨシカは腕を出しそれを受け取るかと思いきや、そのまま“二”の腕の中へ。そしてぎこちないハグ!!そんなヨシカの行動に、「このまま抱き上げて振り回したいけど……怖がらせるとやだから、俺、感情を殺すね」と喜びを噛みしめながらもヨシカのことを思い自制する二。この2人に一体なにがあったのか!?大人なのにじれったい2人の恋愛模様に思わず“ムズキュン”し、「こんな感情初めて!」と見ているこっちも応援したくなる最強の萌えシーンとなりました。松岡茉優と渡辺大知が贈る不器用な大人のじれったい恋に、ムズキュンブーム再来の予感です!!



映画情報どっとこむ ralph 『勝手にふるえてろ』

12/23(祝・土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開
http://furuetero-movie.com/ 

“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?
2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!
24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!
そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊 
監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)
趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海  
梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 片桐はいり

配給:ファントム・フィルム 
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records) ©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会



映画『honey』鬼キュン♡パネル展~冬休みバージョン~開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 2012年9月〜2015年12月まで、集英社 別冊マーガレットにて連載され、女の子なら誰もが憧れる史上最高に甘い〝初恋〟を描き、不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんのギャップが、中高生に圧倒的な支持を集めた大人気コミック「honey」(目黒あむ著)の実写化が、主演・平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)とヒロイン・平祐奈で2018年3月31日(土)に公開します。

この度、全国に展開するイオングループの書籍専門店「未来屋書店」にて、『春まで待てない!映画『honey』鬼キュン♡パネル展~冬休みバージョン~』が実施される運びとなりました。全国の未来屋書店て、映画ポスターと劇中のシーン写真のパネルが展示され、さらにこのパネル展を記念して『honey』原作コミック購入の方にはもれなく、映画『honey』オリジナル“鬼キュン♡ハチのステッカー”がプレゼントされます。(数量限定/なくなり次第終了となります。)

『春まで待てない!映画『honey』鬼キュン♡パネル展~冬休みバージョン~』
期間:2017年12月22日(金)~順次 ※開始日は店舗によって異なります。
実施店舗:未来屋書店・アシーネ(一部店舗を除く) 
概要:映画ポスター&劇中シーン写真のパネル展示
原作コミック購入の方にもれなくオリジナル“鬼キュン♡ハチのステッカー”プレゼント
 (数量限定/なくなり次第終了)

詳細はこちら 


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズ!?

幼いころに両親を事故で失い、優しい叔父・宗介に見守られて育った女子高生・小暮奈緒は、ビビりでヘタレ、そして不良が大の苦手!
あろうことか、奈緒は入学式の日、上級生と新入生とのケンカに遭遇してしまう。その新入生とは、真っ赤な髪と鋭い目つきをした“超”不良と恐れられる鬼瀬大雅だった。ある日突然、奈緒はその鬼瀬から、体育館裏に呼び出される。放課後、奈緒がそこに向かうと…「俺と、結婚を前提につき合ってください!」と、突然のプロポーズ!?からの告白。叔父の宗介に憧れながらも、ビビッて断れなかった奈緒は、鬼瀬とつき合うことに。しかし奈緒はギャップに戸惑いながらも、徐々に鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということに気付いていき…。遂に奈緒は鬼瀬に嘘をついていることが心苦しくなり「怖くて告白を断れなかったけど、本当は他に好きな人がいる」と打ち明ける。奈緒の為に悲しい気持ちをかくして「あらためて友達になろう」と優しく笑う鬼瀬。そんな中、友達が出来ずに悩んでいた超かわいい転校生・雅と鬼瀬が急接近!?はじめての嫉妬、はじめての気持ち、はじめての…恋…? 奈緒の中に、今までに感じたことのない想いが溢れはじめる。

公式HP:
honey-movie.jp
***********************************

出演:平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.) 平 祐奈   
横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRL) 佐野 岳 臼田あさ美 中山 忍 高橋 優 
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊) 脚本:山岡潤平 監督:神徳幸治 主題歌:Sonar Pocket『108~永遠~』
配給:東映/ショウゲート 
©目黒あむ/集英社 
©2018「honey」製作委員会 


知念侑李×中川大志×小松菜奈 小田和正『坂道のアポロン』主題歌決定 予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!オンナ編」第1位に輝いた、名作コミック「坂道のアポロン」が、単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)がメガホンを取り映画化、2018年3月10日(土)に全国公開いたします。
原作は、人気漫画家・小玉ユキにより「月刊flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック。

予告編では、主人公で転校生の薫(知念)と、皆から恐れられる不良の千太郎(中川)がジャズを通じて心を通わせ、一生ものの友と出会う。本作の為に、ピアノとドラムを数か月猛特訓した2人のセッションのシーン。そして、薫の律子(小松)への淡く、儚い片想いや千太郎との衝突。なにか大きな事件を感じさせる10年間が描かれています。


映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の主題歌が小田和正「坂道を上って」(アリオラジャパン)に決定し、音源も解禁!古希を迎えてもなお、唯一無二の存在感で全世代に愛され続ける小田和正が本作のためだけに書き下ろした新曲です。作品に寄り添いながら、懐かしく、そして切なさが込み上げてくる、感涙必須な楽曲となっています。
主題歌楽曲情報
「坂道を上って」 
作詞・作曲・編曲:小田和正 (アリオラジャパン)

小田和正さんからのコメント
ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、やはり坂道を上って通っていました。中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました。参考までにと見せてもらった「坂道のアポロン」は素晴らしく、特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです。  

映画情報どっとこむ ralph 解禁された本ポスターでは知念と中川らがセッションを楽しむ姿と共に、「運命を変えてしまう出会いがある― 必泣の感動作」というコピーが添えられ、セッションの高揚感と熱い人間ドラマを感じさせる渾身のビジュアルに仕上がっています。こちらは公式サイトをチェック!

映画情報どっとこむ ralph 坂道のアポロン

アニメ化でもその音楽シーンの完成度の高さなどで話題を呼んだ、人気漫画の待望の映画化となります。舞台は長崎県・佐世保。高校生の西見薫(にしみかおる)は、転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎(せんたろう)と、運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子(りつこ)と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい・・・。

主演・薫を演じるのは、映画単独初主演となる知念侑李。千太郎役に中川大志、律子役に小松菜奈を迎え理想的なキャストの中、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』 『ぼくは明日、昨日の君とデートする』)がメガホンを取りました。
共演に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀、山下容莉枝、ジャニーズJr./SixTONESの松村北斗、野間口徹ら、実力派キャストが集結。友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する10年間を描いた、2018年春必見の感動作が誕生しました。

公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/ 
公式twitter :
@apollonmovie

ストーリー
医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず・・・

***********************************

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈 
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩  脚本:髙橋泉  
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント 
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
   


平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)初主演!『honey』鬼キュン特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph “ギャップ萌え“必須!来春が待てない!! 
ドッキドキの鬼キュン♡特報映像解禁♡


2012年9月〜2015年12月まで、集英社 別冊マーガレットにて連載され、女の子なら誰もが憧れる史上最高に甘い〝初恋〟を描き、不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんのギャップが、中高生に圧倒的な支持を集めた大人気コミック「honey」(目黒あむ著)の実写化が、主演・平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)とヒロイン・平祐奈で2018年3月31日(土)に公開致となります。



この度、映画『honey』の新予告映像が解禁となりました!
原作が少女マンガということもあり、キュンキュンのラブストーリー映像で始まると思いきや、ハードな雨の中のアクションシーンでスタート。
続いて突然のプロポーズ、手作りのお弁当など、原作の名シーンがちりばめられ、初めての告白、初めての失恋、初めての嫉妬、初めての…たくさんの“初めて”と甘く切ないシーンが目白押し!平野紫耀演じる
見かけは不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんにギャップ萌え必須の映像となっています。春まで待てない!絶対恋がしたくなる!!
「青春」と「初恋」のすべてが詰まった新予告映像にご期待ください! 

映画情報どっとこむ ralph さらに、12月23日(土)より、全国の上映劇場にて、鬼キュン♡ステッカー&クリアファイル付きムビチケカード発売開始が決定!(数量限定/なくなり次第終了)購入特典の主人公・鬼瀬くんがバラの花束、ヒロイン・奈緒が赤い傘のキーアイテムをそれぞれ持つクリアファイルと、ドッキドキの鬼キュンゼリフ、原作の画などが入ったステッカーをぜひゲットしてください!

ムビチケカード取扱劇場等詳細は映画公式サイトへ。
  

映画『honey』※読み方(ハニー)

2018年3月31日(土) 鬼キュン♡ロードショー

公式サイト:
honey-movie.jp
公式Twitter:
honey-movie2018
#映画honey

物語・・・
「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズ!?
幼いころに両親を事故で失い、優しい叔父・宗介に見守られて育った女子高生・小暮奈緒は、ビビりでヘタレ、そして不良が大の苦手!
あろうことか、奈緒は入学式の日、上級生と新入生とのケンカに遭遇してしまう。
その新入生とは、真っ赤な髪と鋭い目つきをした“超”不良と恐れられる鬼瀬大雅だった。ある日突然、奈緒はその鬼瀬から、体育館裏に呼び出される。放課後、奈緒がそこに向かうと…「俺と、結婚を前提につき合ってください!」と、突然のプロポーズ!?からの告白。
叔父の宗介に憧れながらも、ビビッて断れなかった奈緒は、鬼瀬とつき合うことに。
しかし奈緒はギャップに戸惑いながらも、徐々に鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということに気付いていき…。
遂に奈緒は鬼瀬に嘘をついていることが心苦しくなり「怖くて告白を断れなかったけど、本当は他に好きな人がいる」と打ち明ける。奈緒の為に悲しい気持ちをかくして「あらためて友達になろう」と優しく笑う鬼瀬。そんな中、友達が出来ずに悩んでいた超かわいい転校生・雅と鬼瀬が急接近!?はじめての嫉妬、はじめての気持ち、はじめての…恋…?奈緒の中に、今までに感じたことのない想いが溢れはじめる。

***********************************

出演:平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.) 平 祐奈
   横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRL) 佐野 岳 
   臼田あさ美 中山 忍 高橋 優
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平 監督:神徳幸治
主題歌:Sonar Pocket『108~永遠~』
配給:東映/ショウゲート 
映画クレジット:(C)2018「honey」製作委員会
原作クレジット:(c)目黒あむ/集英社マーガレットコミックス
     


『ちはやふる -結び-』主題歌Perfumeに決定!再タッグにコメント!


映画情報どっとこむ ralph 『ちはやふる -結び-』が、2018年3月17日(土)に公開となりますが、主題歌を『ちはやふる -上の句・下の句-』に引き続き、Perfumeが担当することが発表となりました!

前作『ちはやふる -上の句・下の句-』の主題歌「FLASH」は、『ちはやふる』の為に書き下ろされた1曲で、本作の題材である日本の文化“百人一首”“競技かるた”の和の世界をテンポの良い独特な音楽と、かるたを取る一瞬の様子を想像させる歌詞で表現し、映画を鮮やかに彩りました。

自身たちも熱狂的な“ちはやファン”だと公言しているPerfumeは、『ちはやふる -上の句・下の句-』公開後も、今年3月に開催された日本アカデミー賞授賞式で優秀主演女優賞を受賞した広瀬さんと優秀助演男優賞を受賞した新田を祝いに会場に駆けつけるなど交流が続き、今回の再タッグが実現しました。

映画情報どっとこむ ralph
Perfumeさんからのコメント

あ~ちゃんさん:
●再タッグについて
次回作をいちファンとして楽しみにしていたので、「次回も主題歌を」と言っていただいた時には、大好きな作品なので、本当に嬉しかったです。(あ~ちゃん)
●『ちはやふる -結び-』を観た感想
印象的なシーンが多くて、「盛り込みすぎ!泣かせすぎ!」という感じでした(笑)。友情も描かれていて、ただただ真っ直ぐな気持ちで一つのことを想い続ける人は強いな、と思いました。考えさせられるし、勇気も貰うことができて、色んな気持ちになりました。周防名人の台詞で「一瞬を永遠に留められることができるという事を忘れないで」という言葉がありましたが、私たちも色んな人の心にとめてもらえるような一瞬を描きたいと思いながら歌っているので、ジーンと来ました。

のっちさん:最高でした!とても感動したし、また千早ちゃんたちに会えた喜びが大きかったです。新が千早に想いを伝えるシーンを観ることができて、ドキッとしました。

かしゆかさん:「結び」なので、完結編で“卒業”がテーマだけど、ただただ悲しいのではなくて、希望に溢れている感じが伝わって来て、観ていて心地よかったです。


●主題歌「無限未来」について

あ~ちゃんさん:レコーディングをしたときに、中田さんもきっと「ちはやふる」が好きで感情移入しているんだろうな、と思える仕上がりになっていてうるうるしてしまいました。タイトルが「無限未来」と初めての漢字だけのタイトルで印象的です。“無限未来”という言葉が歌詞にも出て来るんですが、響きがとても良く、一言一言が心に響きます。

かしゆかさん:この曲が『結び』の最後のエンドロールで流れる時に、映画と合うんだろうかと不安もあったので、すずちゃんの感想を聞いて勇気を貰えました。

のっちさん:見えない未来だけどその未来がキラキラしていて、そこに行きたい気持ちや不安など千早ちゃんたちの世代のみんなが持つ気持ちが、この曲に詰まっている気がします。


●「ちはやふる」の魅力について

かしゆかさん:「ちはやふる」は、一人ひとりのキャラクターが自分の目標や夢に向かって一生懸命で、揺るがない決心が漫画の中から伝わってくる作品です。かるたシーンのスピード感も風が吹くくらい感じられて、「ちはやふる」に、末次先生の絵の素晴らしいところが沢山詰まっているのだと思います

●イラストについて

Perfume:絵の中で千早ちゃんに会えました!夢のコラボ!末次先生ありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph 綾瀬千早役・広瀬すずさんからのコメント

広瀬さん:前作に続きPerfumeさん、ほんと、嬉しすぎます。Perfumeさんの色でちはやふるが完成されたので、今回も、また鮮やかに染めて頂いて心から感謝感謝です。映画をみた後にエンディングで私も初めて聞いて、なんて、素敵なんだろうと、思いました。聞いた瞬間に一気に涙が出てきて、「ちはやふる」の色や繊細さが主題歌から感じられて、感無量でした。まさに、最終章というしっとりした音たちに急に心が寂しくなって、でも光ってる何か一本の糸のようなもので繋がっていて、切っても切っても切れる事はないだろうなという太さというか。大好きな一曲になりました。督から、自信あります。という言葉が出た瞬間のあの表情を私は目の前でみました。私も、そう思います。出し切って、すごく気持ちがいいです。必ず最高の青春映画を届けられると思います。3部作の中でも、1番苦しく、切なく、愛おしい一本になりました。宝物です。

映画情報どっとこむ ralph また、「ちはやふる」とPerfumeの再タッグを記念して、原作者・末次由紀が広瀬演じる主人公・綾瀬千早とPerfumeが、顔を寄せ合ったイラストを描き下ろし、広瀬さんとPerfumeさんにサプライズでプレゼントし、豪華コラボを祝しました。

原作者・末次由紀先生コメント

「ちはやふる」の続編も、Perfumeさんに楽曲を担当していただけるということになり、大変うれしく思っています。映画の最後に流れてくる主題歌「無限未来」を聞いたときの調和! イントロのみずみずしさに涙が出そうになりました。本当に蒼い水の中から響いてくるようなPerfumeさんの声と調べ、それがそのまま「ちはやふる」の世界を満たしてくれています。早く皆さんと聞きたいです!

映画情報どっとこむ ralph さらに!予告篇・特報2も解禁となりました!のでご覧ください!




ちはやふる -結び-

2018年3月17日(土)全国東宝系にて公開

物語
いつも一緒に遊んでいた、幼なじみの千早・太一・新。家の事情で新が引っ越してしまい、離ればなれになってしまうが、高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、太一とともに仲間を集め、瑞沢高校かるた部を作った。「新に会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」創部一年目にして、全国大会に出場した瑞沢かるた部だったが、千早は個人戦で史上最強のクイーンに敗れ、さらに強くなることを部員たちと誓った。あれから二年―、かるたから離れていた新だったが、千早たちの情熱に触れ、自分も高校でかるた部を作って、全国大会で千早と戦うことを決意する。一方、新入部員が入り、高校三年最後の全国大会を目指す瑞沢かるた部だったが、予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまう。動揺と悲しみを隠せない千早…。千早、太一、新は、再びかるたで繋がることができるのか?今、一生忘れることのない最後の夏が始まる。

主題歌情報
タイトル:無限未来
唄:Perfume 作詞・作曲:中田ヤスタカ(CAPSULE) UNIVERSAL MUSIC

『ちはやふる -結び-』では、主人公・千早たちの高校最後の夏を描くことから、小泉徳宏監督から「同じ花は二度と咲かないように、二度と戻ってくることはない“この一瞬”を表現した音楽を作って欲しい」というリクエストがあり、それに応える形で、主題歌「無限未来」が書き下ろされました。卒業が迫る主人公たちの想いを連想させる歌詞や、競技かるたの動きを思わせるフレーズもあり、完結編となる本作に相応しい1曲となっています。

待望の新曲「無限未来」は来春シングルとしてリリース予定です。


***********************************

原作:末次由紀『ちはやふる』(講談社「BE・LOVE」連載)
監督・脚本:小泉徳宏
音楽:横山克
出演:広瀬すず 野村周平 新田真剣佑
上白石萌音 矢本悠馬 森永悠希 清水尋也 優希美青 佐野勇斗 清原果耶
松岡茉優 賀来賢人/松田美由紀 國村隼
©2018映画「ちはやふる」製作委員会 ©末次由紀/講談社
©末次由紀/講談社