「学生」カテゴリーアーカイブ

宇木敦哉監督・脚本・作画 劇場アニメーション『センコロール コネクト』本予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 6月29日に公開する劇場アニメーション『センコロール コネクト』の本予告を解禁しました。



突如、街に現れた白い巨大生物とそれを操る少年達、そして好奇心旺盛なショートカットの少女。

スクリーンからほとばしる、奔放なイマジネーションに圧倒される、短編アニメー ション『センコロール』。

マンガ家・イラストレーターとして活躍し、近年では『デジモン アドベンチャー tri.』のキャラクターデザインでも知られるクリエイター、宇木敦哉がほぼ 1人で作り上げた本作は、2009年の公開当時、ファンの熱狂的な支持を得た。。 ……それから約10年という長い沈黙を破って、プロジェクトが再始動。

伝説となった第1 作と、その直接の続編となる第2作を合わせた『センコロール コネクト』として、私たち の前に姿を現す。緻密に組み上げられたビジュアルセンス、繊細さと凶暴さを併せ持った縦 横無尽なアニメーション、そしてさらにスケールアップし、謎が謎を呼ぶ魅惑的な世界観。 いまだフレッシュな衝撃を失わない『センコロール コネクト』とともに、私たちは「宇木 敦哉」という才能を、再び発見するだろう。
『センコロール コネクト』 『センコロール コネクト』 『センコロール コネクト』 『センコロール コネクト』 『センコロール コネクト』
映画情報どっとこむ ralph 【ポストカードサイズ全国共通前売券】
▽価格:1,500円(税込) 
※当日一般:1,800円(税込)の処
※数には限りがございます。なくなり次第、販売終了になります。

◆公開劇場  北海道 札幌シネマフロンティア  東京   新宿バルト9   シネ・リーブル池袋  愛知 ミッドランドスクエアシネマ  大阪 シネ・リーブル梅田  福岡 T・ジョイ博多
映画情報どっとこむ ralph 『センコロール コネクト』 「センコロール コネクト」

公式サイト:
https://www.cencoroll.com/

公式Twitter:
@cencoroll_pjt

『センコロール コネクト』 <サウンドトラック商品情報>
『センコロール オリジナルサウンドトラック』
◆収録内容 ・全28曲 (supercellによる主題歌『LOVE&ROLL』『theme of “CENCOROLL”』も収録)
◆特典:宇木敦哉による描き下ろしジャケット
◆発売日:2019年6月26日(水)
◆価格:¥3,000(税抜)

***********************************

【STAFF】
監督・脚本・作画 :宇木敦哉
音楽 :ryo (supercell)
配給 :アニプレックス

【CAST】
ユキ:花澤香菜 テツ:下野紘 シュウ:木村良平 ケイ:森谷里美 カナメ:高森奈津美 ゴトウダ:赤羽根健治

(c)宇木敦哉/アニプレックス
(c)2019 宇木敦哉/アニプレックス


「小さな恋のうたバンド」佐野勇斗・森永悠希・山田杏奈・眞栄田郷敦・鈴木仁 新宿でライブ!


映画情報どっとこむ ralph 映画『小さな恋のうた』が遂に明日5月24日(金)より全国公開となります。
幾度となく沖縄で取材を重ね、8年にも及ぶ時間をかけて完成した物語は、MONGOL800の楽曲の数々に込められた知られざるメッセージを導き出し、二つの国と共に生きる若者たちの“生きた青春”を描きます!

そして、この度、本作から生まれた、メインキャストからなる“小さな恋のうたバンド”が、映画公開の前日に新宿・歌舞伎町の街頭にてフリーライブ&トークイベントを敢行。“公開前夜祭”と称し、その集大成として最高のライブパフォーマンスを披露した!「小さな恋のうた」「あなたに」を熱唱し、集まった約1500名(主催者発表)を熱狂させました。
日程: 5月23日(木)
会場:新宿 歌舞伎町シネシティ広場
登壇:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁

映画情報どっとこむ ralph 本作のロケ地・沖縄で4月に開催されたプレミアイベントにて、楽曲の生みの親・MONGOL800後押しを受けて、鮮烈メジャーデビューが決まった本作のメインキャストである佐野勇斗さん、森永悠希さん、山田杏奈さん、眞栄田郷敦さん、鈴木仁さんによる「小さな恋のうたバンド」(通称:ちい恋バンド)。

「はいさい FESTA2019」や「AGESTOCK」といったイベントで精力的にライブ活動を行い、楽曲「小さな恋のうた」は先行配信後早々にLINE MUSICリアルタイムランキングで1位を獲得。さらには、ニッポン放送の「優秀新人」にも選ばれるなどCDデビュー前からすでに話題沸騰。そして昨日5月22日にCDがリリースされ、さらに台湾最大の音楽配信サービスKKBOXのJ-POPチャートで連日1位の記録を受けて、台湾でもCDデビューすることも発表されました!(5月31日発売)

Q.一言挨拶

佐野さん:遂に明日、映画「小さな恋のうた」公開ということで心待ちにしていました。前夜祭を盛り上げていきたいと思っています!今日は楽しんでいってください!よろしくお願いします!

森永さん:朝4時から並ばれていた方もいらっしゃるみたいで、本当にありがとうございます、という気持ちでいっぱいです。前夜祭に相応しい盛り上がりになっていると思います。

山田さん:こんなにたくさんの方がいらっしゃると思っていなくてビックリしています。明日から公開ということで、「小さな恋のうた」の魅力をたくさん届けたいと思います!

眞栄田さん:今日はありがとうございます。よろしくお願いします!映画に向けて全力で練習していた事を見て頂きたいと思います!

鈴木さん:こうやってみなさんの前に立てることが本当に嬉しいです。明日から公開されますが、今日も楽しんでいければと思います!


Q. 1年間に渡り全力をかけた映画がついに明日公開となりますね。半年に及ぶバンド練習、そして撮影、宣伝期間を経て1年間走り続けた今、どのような「想い」を伝えたいですか?一年前の自分と比べて成長した部分など感じているものがあれば教えてください?

佐野さん:本当に去年の5月に初めてメンバーと会って、バンド練習をはじめました。モリリン(森永)はドラムをやっていたんですが、他のメンバーは初めての楽器に挑戦することになり、これはやばいんじゃないか?映画できるのかな?というところから始まりまして…半年間の練習ってなかなかないんですが、毎週のように集まって本当のバンドのような関係性を築き上げました。映画の中にもその関係性が現れていると思います。

森永さん:頭の片隅にはバンドメンバーがいるというような一年間でした。撮影を通して、この人たちのことを守らなきゃ!という一種の母性に似たような感情が4人のメンバーを見ていたら出てきて見守らせて頂きました。僕も年長者として進んで現場作りをしないといけない立場になってきたんだと自覚させていただいたと共に、成長させていただいたと感じています。

山田さん:この5人のバンド感みたいなものは成長したんじゃないかなと思います。普段お芝居をやっているんですが、私がバンドのメンバーの役をやるとなったときに何ができるかと思ったときに、想いを届ける演奏をしたいとずっと思っていました。それをこの5人と一緒に作り上げられたと思いますし、バンド内の絆がどんどん成長していったと思いますし、劇中でもこのバンド応援したいなと思えるような演奏になっていると思います。

眞栄田さん:この作品が(俳優として)初めてなんですが、なぜ役者をやっているのかというと、このスタッフ、キャストと出会えたのが大きいと思っています。ゼロからのスタートで成長しかなかったと思っています。いろんなことを学ばせていただいた作品です。いろんな人の熱い想いがこもった作品になっていますので、ぜひ見て欲しいなと思います!

鈴木仁さん:小さい頃から音楽に対して苦手意識があって、この世界に入って音楽だけはやらないなと思っていたんですが、この作品に出会えて自分がベースを弾く事になって一から音楽を好きになれた作品でした。この作品に出会えたことで自分も変われたと思っています。

Q.代表して最後の挨拶/演奏前に一言

佐野さん:今、全員の想いを聞いてもらったと思うんですが、なんと言おうと、明日公開です!
スタッフの皆さん、沖縄の皆さんの想いを届けたいと思います!皆さん、お楽しみに!!

映画情報どっとこむ ralph 〈セットリスト〉
1.小さな恋のうた
2.あなたに


***********************************


【Credit】
出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他
配給:東映
監督:橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)
脚本:平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17)
Inspired by the songs of MONGOL800


高杉真宙の愛の告白に会場騒然!?『映画 賭ケグルイ』大ヒット御礼舞台挨拶第2弾


映画情報どっとこむ ralph 原作者・河本氏がシナリオ原案・監修を務めた完全オリジナルストーリーとなる『映画 賭ケグルイ』が現在、大ヒット公開中です!さらに、5月17日(金)からは副音声上映も好評を博すなど公開後もなお、“賭ケグルイ”旋風が吹き荒れる本作。

この度、浜辺美波演じる主人公蛇喰夢子の同級生で、本作にはなくてはならないキャラクターで劇場版も大いに盛り上げた鈴井涼太(すずいりょうた)を演じた高杉真宙と、早乙女芽亜里(さおとめめあり)を演じた森川葵、そして映画オリジナルキャラクターとして、今回の「劇場版 賭ケグルイ」で物語のカギを握る村雨天音(むらさめあまね)を演じ、映画初出演を果たした宮沢氷魚が登壇し、今だから話せる撮影秘話などエピソードトークを披露しました。

『映画 賭ケグルイ』大ヒット御礼舞台挨拶イベント
日程:5月22日(火)
場所: TOHOシネマズ日比谷
登壇:高杉真宙、森川葵、宮沢氷魚

映画情報どっとこむ ralph この日は上映後のトークということで、特に映画公開前、“謎”に包まれてばかりで多くを語ることができなかった宮沢さん演じる村雨に関する話題で登壇陣は大盛り上がり。

まず、宮沢さん自身、映画公開後に「道で声をかけられる機会が増えた」と明かすが、「『氷魚くんですよね?』と言われるかと思いきや『天音っち!』とか『村雨』とか『今日は歩火(あるきび/福原遥)さんはいないんですか?』とか…(笑)。いるわけねーだろ!」と困惑しつつも嬉しそうに語る。

そんな宮沢さんについて、高杉さんは「ああいうクールな役で、すごくカッコいいし、クールそうな人かと思ったら、意外とかわいらしいところがあって、ご一緒していて和みます。(宮沢さんが)『歩火…』と言うときの声がすごく好きです!」と大絶賛!

宮沢さんも「(高杉さんが)大好きです! 過去の作品を見て、お会いするまで怖い人のイメージがあったんですけど、本当に優しくてこんないい人はいないです」と相思相愛のよう。 これには2人の間に立っている森川さんは「私、間にいない方がいいですかね…(苦笑)」とやや気まずそう…。

その森川さんは、劇中での宮沢さんとのギャンブル対決を振り返りつつ「その節は、申し訳なかったです。うちの矢本悠馬がご迷惑をおかけして…(苦笑)」と平身低頭。矢本さんのアドリブを多用した動きに周囲、特に宮沢さんは笑いをこらえるのに必死だったようで、森川さんは「矢本悠馬は素敵な役者だけど、何をしてくるか読めないし予測つかない」と説明し、自身の監督不行き届き(?)を改めて謝罪した。

宮沢さんは「(笑わないように)相当、頑張ったよ…。超面白いもん。毎回、違うことやってくるし、しまいにはこっちに絡んでくるし。(矢本さんは)先輩だし、何も言えないけど…(ボソッと)あとでクレーム言れてやろうかと…それくらい面白くてつらかったです」と本音を漏らし、会場は笑いに包まれていた。

この日は、映画を見終えたばかりの観客からの質問に3人が回答!
「自分で『あ、これキマった!』と思うシーンは?」という質問に、高杉さんは自信満々に(?)「オープニングです! オープニングでしかカッコつけられないから(笑)」と即答。一方、森川さんは、前述のような矢本さんとのアドリブ合戦の中で、芽亜里が言い放つ「あんた、バケモンだ」というセリフに触れ、「矢本悠馬と遊びすぎて、これ、次のシーンとつながらないぞ! と思って自分で修正をかけました。(結果的にうまくいって)『私、やるな』と思いました(笑)」と振り返った。

宮沢さんは「初めて自分の目の色が変わった瞬間」を挙げ「(眼の色の変化が)『賭ケグルイ』の醍醐味だし、夢でした。金色になった瞬間、感動して、俺、『賭ケグルイ』に出てる! って初めて実感がわいた」と感激を口にしていた。 

また「他のキャラを演じるなら?」という問いには高杉さんは、劇場版で“説明役”を果たすことが多い報道倶楽部の記者・新渡戸九(小野寺晃良)の名を挙げ「かわいいし、カメラ目線での説明を全力でやりたい!」と語る。
一方、森川さんは「村雨みたいなクールな役はカッコいい。後ろに光を背負ってゆっくりと(レッドカーペットに)出てきたい」と希望を口にする。そして宮沢さんは、意外にも「木渡ですかね?」と矢本さんがアドリブ全開で演じた木渡潤を熱望! 「遊びたい! 自由にやりたい!」と意外な願望を明かしていた。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 賭ケグルイ』
は大ヒット上映中。

***********************************


出演:浜辺美波 高杉真宙 森川葵 宮沢氷魚 福原遥 伊藤万理華 松田るか 岡本夏美 柳美稀 松村沙友理(乃木坂46) 小野寺晃良 
池田エライザ 中村ゆりか 三戸なつめ 矢本悠馬

監督:英勉
脚本:高野水登 英勉
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
シナリオ原案:武野光・河本ほむら(小説:「賭ケグルイ戯」より)
シナリオ監修:河本ほむら
ゲーム監修:オインクゲームズ
主題歌:そらる「アイフェイクミー」(Virgin Music) オープニングテーマ:PassCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
配給:ギャガ
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会


西島秀俊・西田敏行ダブル主演『任侠学園』特報解禁 ・主題歌:スカパラが撮影現場訪問!


映画情報どっとこむ ralph 社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説「任俠」シリーズ(中公文庫)が、西島秀俊と西田敏行のW主演で、遂に映画化!

第一弾はシリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任俠学園』!真面目過ぎるが故、空回りしながらも世の為、人の為に走り回る不器用な彼らが、日本列島を笑顔で満ち溢れさせる!まさに“令和”の「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」シリーズとも言える人情コメディ。

このたび、本作の公開が9月27日(金)に決定!

待望のポスタービジュアルと併せて、本邦初となる特報映像と主題歌情報も一挙解禁。
『任侠学園』訪問写真
映画情報どっとこむ ralph 特報映像では、ドスを利かせた声で「行くぞ!」と組員たちを率いる西島扮する阿岐本組ナンバー2の日村や、「シートベルトのルールを守ってやってるんだぞコノヤロー!」と更にドスを利かせた西田演じる組長・阿岐本ら、いかついながらもどこか不器用で親近感が湧く、地元密着型ヤクザ・阿岐本組の面々に加えて、彼らに振り回されながらも逆に振り回す!?超濃厚なキャラクターを演じる若手からベテランまで、個性溢れる豪華共演者の姿が初解禁!

「わたくしどもがヤクザだってこと、いつ頃分かりました?」と野太い声で迫り寄る阿岐本組長に対し、生瀬扮する学園の校長・綾小路が「会ってすぐ」と即答する一幕など、小気味よいテンポで繰り広げられるコメディーに期待せずにはいられない!!


映画情報どっとこむ ralph さらには、本作の主題歌に、日本が世界に誇るスカバンド、東京スカパラダイスオーケストラが決定!本作のために書き下ろした新曲「ツギハギカラフル」
東京スカパラダイスオーケストラ コメディー映画への描き下ろしは自身初の試みとなる。東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦(バリトンサックス)、川上つよし(ベース)、NARGO(トランペット)は、昨年8月から9月にかけて撮影された本作の撮影現場にも訪問し、書き下ろし楽曲「ツギハギハラフル」へのインスピレーションを得た。
東京スカパラ『任侠学園』訪問写真 東京スカパラ『任侠学園』訪問写真 東京スカパラ『任侠学園』訪問写真
音源も特報映像と共に解禁され、軽快なサウンドは、まさに、何色にも重なるカラフルな出演者を華やかに彩っている。

【東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦 コメント】
社会的に正しいか不適切か、よりも、行動に真心や愛情があるかどうかで物事を判断したい、と常々思ってる自分に、この映画はとっても刺さりました。主題歌『ツギハギカラフル』の歌詞は、価値観の多様化で益々予測できない未来を意識的に楽しもうじゃないか、という気持ちで書かせて貰いました。とっても素敵な映画に参加させて貰えて本当に光栄です。ありがとうございます。
皆さんが、この『任侠学園』を思い切り楽しんで下さることを願って止みません。

映画情報どっとこむ ralph 西島秀俊と西田敏行がW主演を務める本作を、大ヒットドラマ「99.9 –刑事専門弁護士-」シリーズ(18、16/TBS)や「民王」(15/テレビ朝日)など数多くの人気ドラマや『劇場版 ATARU』(13)を手がけた木村ひさし監督が手がけ、主演2人を支える阿岐本組の組員を担う、伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基や、阿岐本組が理事となって再建を図る高校の生徒として、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子が出演。更に、生瀬勝久、中尾彬、光石研、白竜、高木ブー、佐藤蛾次郎ら、超個性的でパワー全開な豪華ベテランキャストが「若者には負けられん!」とスクリーン狭しと大暴れ!!

『任侠学園』

9月27日(金)全国公開!

任侠学園
<ストーリー> 
困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだった。

***********************************


出演: 西島秀俊 西田敏行
伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋
佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎 ・
桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久
原作: 今野 敏『任俠学園』(中公文庫) / 脚本:酒井雅秋 / 監督:木村ひさし 
幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ / 企画・制作プロダクション:ROBOT 
コピーライト:©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
公式HP:www.ninkyo-gakuen.jp / Twitter&Facebook: @ninkyogakuen


平野紫耀 vs 橋本環奈『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』追加キャスト情報解禁


映画情報どっとこむ ralph 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」(原作:赤坂アカ/集英社・週刊ヤングジャンプ連載中)は、2015年6月に連載開始し、週刊ヤングジャンプの中でも非常に人気の高い作品として、単行本は既に累計部数・650万部を突破!先月最終回を迎えたアニメ(毎日放送、TOKYO MXほか)ではアニメファンからも絶大な支持と満足度を得ました。
平野紫耀×橋本環奈_かぐや様は告らせたい そしてこの秋、努力型の天才生徒会長・白銀御行役に平野紫耀(King & Prince)、大財閥の令嬢で文武両道の生徒会副会長・四宮かぐや役に橋本環奈、生徒会会計・石上優役として佐野勇斗という、今をときめく超人気キャストを迎えて実写映画化することが発表され、大きな話題となっています。

そして、

今回遂に全ての主要キャストが発表となりました!

それは・・・

池間夏海さん、浅川梨奈さん、堀田真由さん、ゆうたろうさん、髙嶋政宏さん、佐藤二朗さん!!!
かぐや様は告らせたい_追加キャスト
映画情報どっとこむ ralph ●柏木 渚役・・・池間 夏海 2002年7月10日生まれ(16)
秀知院学園高等部2年。翼からアプローチを受ける。時々かぐやの恋愛相談を聞かされている。

【コメント】 
柏木渚ちゃんは、笑顔で話しているのだけど、裏に何かありそうな。その何を考えているかわからない雰囲気を出すのは難しかったのですが、渚らしさを感じて頂けると思います。楽しみにしていてください。
平野さんはテレビで観たままのすごく面白い方でしたし、橋本さんは頭の回転も速くて想像以上にカッコイイ方でした。
この作品は、”いかに相手に告らせるか”という二人の駆け引きが見どころの映画ですが、
幅広い世代の方にも楽しんで頂ける作品になっているので、是非映画館にお越し頂きたいです。


●藤原 千花役・・・あさかわ浅川 なな梨奈 1999年4月3日生まれ(20)
秀知院学園高等部2年。生徒会書記。愛犬ペスをこよなく愛するゆるふわ巨乳。
生徒会きっての脳内お花畑で、白銀とかぐやの攻防には全く気付いていない。

【コメント】 
原作、アニメ共に大ファンだったので藤原書記を演じさせて頂けると聞いて、
率直に私でいいのだろうかと思い嬉しさと同時に不安でいっぱいでした。
藤原千花のおっとりとした可愛らしさ、鈍感で真っ直ぐでおバカな所、隠しきれない腹黒さの全てが愛おしくて、
私自身千花が大好きだからこそ絶対にイメージを壊したくないと思い、遠慮せず思いきりを大切にしながらも、
常に周りにお花が浮かんでいるような千花らしさを忘れないように演じさせて頂きました。
常に笑いの絶えない明るくて素敵な現場で、平野さんと橋本さんがどんな時も中心となり引っ張ってくれていたので本当に心強く楽しかったです。生徒会4人でのシーンが多かったのですが、
休憩中もずっと全員で喋っているくらいにぎやかで短い撮影期間とは思えないくらいでした。
アニメ好きとしてはやはり小原好美さんが命を吹き込んだ藤原千花が念頭にありまして、
たくさん研究させて頂いたので個人的に千花の声にも注目して見て頂けたら嬉しいです。



●早坂 愛役・・・ほった堀田 まゆ真由 1998年4月2日生まれ(21)
秀知院学園高等部2年。四宮家に仕える近侍。常にかぐやを支え、見守っている。

【コメント】 
早坂愛は四宮かぐやにとって他の登場人物ともまた違った関係性なので、
表情や仕草、目線の動きなど実写版のリアルな早坂愛に近づけるように監督と相談しながら演じさせて頂きました。
平野さんも橋本さんも明るく常に現場を盛り上げてくださり同世代の皆様ととても良いチームワークの中
撮影に臨ませていただきました!
「告ったほうが負け」という恋愛頭脳戦は他の恋愛映画とはまた違った面白さや発見があるのではないかなと思います。
「かぐや様は告らせたい」の世界をスクリーンでぜひみなさんに楽しんでいただけたら嬉しいです!


●翼役・・・ゆうたろう 1998年6月3日生まれ(20)
秀知院学園高等部2年。白銀に柏木との仲について恋愛相談をする。

【コメント】 
  僕が演じた翼は、はじめはおとなしくて真面目ですが、紫耀くん演じる白銀会長にアドバイスを頂いてから色んな変化があります。外見もそうですが、監督と少しずつ話し合いをして口調や言葉のニュアンスも意識して変えていきました。
翼が白銀会長に恋愛相談するシーンは、紫耀くんと「2人のコントラストが出せるようにしたいね」って話をしていて、
翼の大きな一歩になるシーンなので演じていて楽しかったですし、監督も面白がってくれて、すごくお気に入りのシーンです。生徒会のみんなとは同世代と言うこともあってとても仲が良く、ずっとわちゃわちゃしていて、すごく楽しかったです。


●白銀の父役・・・たか髙しま嶋 まさ政ひろ宏 1965年10月29日生まれ(53)
白銀御行の父親。職業不詳。御行と、御行の妹・圭と3人でボロアパートに暮らしている。
ゲームしてパチンコに行って飯を食べる生活を送っている。

【コメント】 
  原作でも一癖ある白銀の父親役ですが、現場で抑えてやってみたり、オーバーにやってみたりで、
その都度、監督とのキャッチボールで作り上げていきました。
それが楽しくもありました。原作のようにもう少し出番が多いと良かったです(笑)

●田沼 正造役&ナレーション・・・佐藤 二朗 1969年5月7日生まれ(50)
四宮家ご典医。世界の名医十選に選ばれた心臓外科医

【コメント】 
医者の役はこれまでもたくさん演じてきましたが、ここまでの世界的ゴッドハンドという役は初めてです。ただ幸か不幸かオペシーンはほぼありませんので、なんとかごまけるのではないかと・・・、ごまけるなんて言っちゃいけない。なんとかなるのではないかと思っています(笑)ナレーションは割と全編的に流れていますので、それによってこの映画の雰囲気が変わりますよね。たぶんね。なので、それはそれで責任を感じながら・・・、ごめんなさい嘘です。そんなに責任は感じておりません。そんなに責任感じたら、ふざけられませんから。僕もばかばかしい作品は結構やっておりますけど、そんな中でもさらにばかばかしい感じの楽しい作品ですので、期待してください。

映画情報どっとこむ ralph 平野紫耀、橋本環奈をはじめ超豪華キャストが勢揃いする『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』。

両想いの天才2人が、相手に“告らせたい”一心で、超高度な恋愛頭脳戦を繰り広げる、異色の戦いが2019年9月6日(金)に開戦します!


恋愛はいくさ戦―。「告白した方が負け」なのである!! 
天才たちの恋愛頭脳戦ここに開幕!!

将来を期待されたエリートたちが集う私立・秀知院学園。頭脳明晰・全国模試上位常連の生徒会会長・白銀御行
(平野紫耀)と、文武両道で美貌の持ち主・大財閥の娘である生徒会副会長・四宮かぐや(橋本環奈)は互いに惹かれ合っていた。しかし、高すぎるプライドが邪魔して、告白することが出来ずに、半年が経過――。
素直になれないまま、いつしか自分から告白することが「負け」という呪縛にスライドしてしまった二人は「いかにして相手に告白させるか」だけを考えるようになっていた。
天才だから…天才であるが故に、恋愛にとっても不器用でピュアな二人による、相手に「告らせる」ことだけを追い求めた命がけ(!?)の超高度な恋愛頭脳戦!果たして勝敗は!?そして2人の初恋の行方は―?

***********************************

©2019映画『かぐや様は告らせたい』製作委員会 ©赤坂アカ/集英社