「任侠」カテゴリーアーカイブ

『ギャングース』キャストが第31回東京国際映画祭レッドカーペットに登場し、場内大熱狂!


映画情報どっとこむ ralph 犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた映画『ギャングース』が11月23日(金)に公開となります。

この度本作の公開に先駆け、第31回東京国際映画祭 特別招待作品に選出され主演を務める加藤諒さん、渡辺大知さん、映画オリジナルキャラクターであるキャバ嬢“ユキ”を演じた山本舞香さん、“タタキ”稼業の中でカズキ達に引き取られる少女ヒカリを演じた伊東蒼さん、サイケたちと同じ少年院出身の詐欺プレイヤー眞鍋役の菅原健さん、そして入江悠監督がオープニングイベントに登壇し、レッドカーペットを歩きました。
水玉模様に蝶ネクタイの衣装でレッドカーペットに登場したのは、加藤諒さん。
工具全般担当のカズキを人生初のモヒカン頭となって演じた加藤さんは、会場の声援に圧倒されながらも手を振って応えた。

そして、車両・機動担当のタケオを人生初の金髪&眉なしの原作完コピのルックスで演じた、黒猫チェルシーのヴォーカル・渡辺大知さん。昨年の観客賞を受賞したコンペ作品『勝手にふるえてろ』に続くレッドカーペットの登場に悲鳴に近い声援が会場を包まれる中、ファンサービスに応えた。
チェック柄ドレスにカーキのジャケットを羽織って登場した山本さんとワインレッドのワンピース姿で登場した伊東さんは、菅原さんが持ち歩くバスケットに収められた、振り込め詐欺の防犯を呼びかける“映画オリジナル黒ティッシュ”を観客に配り始めると、加藤さんと渡辺さんもインタビュー中の報道陣にも手渡しで配りプレゼント。
思わぬプレゼントに報道陣からは笑いが起こりながらも、本作をしっかりとアピールした。熱狂のレッドカーペットを歩き終えた加藤さんは「レッドカーペットを歩かせていただきました。自分には無理なんだろうなと思っていましたが、初めてのレッドカーペット、最高でした!沢山の方に『ギャングース』を見て頂けますように!」と興奮気味に語った。


©2018 TIFF ※東京国際映画祭

映画情報どっとこむ ralph 映画『ギャングース

本作は、モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画を実写映画化した作品。“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを高杉真宙が演じ、立ちはだかる半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達を演じるのは世界的ギタリストのMIYAVI。その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキと豪華俳優陣が多数出演している。

11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!

gangoose-movie.jp

twitter:
@MovieGangoose

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)

林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太

金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人

原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ

制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社


渡辺大知、高杉真宙、加藤諒でユニット結成!映画『ギャングース』主題歌歌う!


映画情報どっとこむ ralph 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知のトリプル主演による青春エンターテインメント映画『ギャングース』。

9月に公開された同映画のトレイラー映像では主題歌表記が【The Gangoose 「CRYBABY」】とだけ記され、その詳細は一切告知がされないまま楽曲の一部が解禁となっており話題を呼んでいました。

その正体はこの映画の主題歌のために結成されたユニット“The Gangoose”。
このユニットが歌う楽曲「CRYBABY」は、タケオ役の渡辺大知による作詞・作曲・プロデュース、メインボーカルによる書き下ろし楽曲で、サイケ役の高杉真宙とカズキ役の加藤諒もコーラスで参加。青春のもどかしさが浮かんでくるような歌詞、そして疾走感溢れるメロディと熱量溢れるバンドサウンドがこの映画の空気感と絶妙にマッチした楽曲となっています。
映画情報どっとこむ ralph この主題歌解禁と共に映画本編を使用したMUSIC VIDEOが到着!


サイケ、カズキ、タケオは少年院で出会い、出所後も3人で身を寄せ合い、タタキ稼業を生業に必死に生き抜いていく物語だが、そんな役柄をも越えた3人の絆の強さが滲み出ています。

映画情報どっとこむ ralph 渡辺大知さんからのコメント

完成した映画『ギャングース』を観て、メシを食うとか、家に住むとか、当たり前の事が出来ないときでも、たくましく生きていく主人公たちのキラメキにグッときました。「CRYBABY」は悔しいことがあっても一人で闘えないとき、そばに寄り添ってくれる誰かがいることの温かさを残したくて作った歌です。この曲が映画の世界とリンクして、誰かの心の支えになってくれたら嬉しいです。
映画情報どっとこむ ralph 映画『ギャングース』

11 月 23 日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!

公式HP:
gangoose-movie.jp

twitter:
@MovieGangoose

モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、読者アンケートでは常にベスト5をキープし続けるなど高い人気を獲得した肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画が原作。『SR サイタマノラッパー』(09)で鮮烈デビューを果たした入江悠が監督を務めたことでも話題に。
***********************************


高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー) 林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太 金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SR サイタマノラッパー』シリーズ)

脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC 所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン
2018「ギャングース」FILM PARTNERS
R15+
©肥谷圭介・鈴木大介/講談社 / IG


小澤廉がパンチパーマ!映画『新宿パンチ』予告・新場面写真が解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 小澤廉がパンチパーマ!映画『新宿パンチ』がシネマート新宿他にて2018年12月1日(土)より公開となります。
その予告・新場面写真が解禁となりました!


新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた当作。夜になればネオンが煌びやかに輝き、渇きを感じた男女が入り混じる。そんな欲望渦巻く不夜城の主役はキャバ嬢、風俗嬢ら夜の蝶たち。

その供給源は主にスカウトマンが担っている。

そんなユートピア歌舞伎町で、最底辺人生を行く女好きの田舎者・道場方正が足を踏み入れたスカウトビジネス。22歳、童貞、一文無し、フラれた女は100人のスペック最低、パンチ頭の負け犬人生。能天気な破天荒男は歌舞伎町で一発大逆転できるのか?スカウトマンたちのリアルな実態を鋭く描いた、成り上がりエンターテインメント。
童貞でパンチの主人公・道場方正を演じるのは、嵐と“視聴熱ランキング”を競い、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」や「おそ松さんon STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~」など人気2.5次元舞台に多数出演。今秋には、祭nine.の寺坂頼我とW主演を務める映画『BD~明智探偵事務所~』の公開も控える小澤廉。

さらに人気ファッション誌のモデルを務め、女性から絶大な支持を集める吉倉あおい。今、最も勢いのある俳優で、映画『ケンとカズ』の毎熊克哉。「マジで航海してます。~Second Season~」の宮崎秋人。日本のドラマ、映画界に欠かせない名優・矢柴俊博が小澤の脇を固める。

この度公開された予告映像には、腹に一物抱えたキャラクターたちの個性豊かな姿が切り取られ、ムード歌謡「六本木~GIROPPON~」で一躍有名となりパンチパーマでお馴染みの鼠先輩が小澤扮する方正の父親役で出演していることが明らかになった。


映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ

2018年12月1日(土) シネマート新宿ほか公開

公式HP:
http://shinjuku-punch.com/ 


童貞でパンチ。歌舞伎町へやってきた。
パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガールズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。

***********************************


小澤廉
吉倉あおい 毎熊克哉 宮崎秋人 鈴木隆仁  矢柴俊博

監督:城定秀夫 脚本:永森裕二/城定秀夫
プロデューサー:久保和明 ラインプロデューサー:浅木大 アシスタントプロデューサー:佐々木圭介
撮影・照明:田宮健彦 録音:近藤崇生
美術・装飾:黒田享大 衣装:丸山江里子
ヘアメイク:唐澤知子 助監督:伊藤一平
制作プロダクション:レオーネ
企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「新宿パンチ」製作委員会 
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/93分
(C)2018「新宿パンチ」製作委員会 



野村周平と柳ゆり菜、2人揃ってのコメント映像が到着!映画『純平、考え直せ』


映画情報どっとこむ ralph 9月22日より劇場公開がスタートした映画『純平、考え直せ』。
絶賛上映中特別映像と題して、主演・野村周平とヒロイン・柳ゆり菜、2人揃ってのコメント映像が到着しました。

この度、本作に設定された“3日”という限定期間!
もし、2人にこの限定期間しか残されていなかったら?!そんな質問をぶつけてみました。野村周平には、3日で食べておきたいもの。柳ゆり菜には3日でやりたいこと。果たして2人の本心の回答とは?!



既に本作を鑑賞した方からは、信念を曲げない男・純平と、そんな純平との出会いで変化していく加奈への共感の声が、SNS上に続々登場!!

古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、そしていつの時代も変わらない若者たちの葛藤が、ひとつの作品としてまとめ上げられ、本作に映像ならではの化学反応を引き起こしている本作。残された時間が決められた時、これまで見えなかった何かが見えてくるかもしれません。現代を生きる若者たちを激しくも瑞々しく描き、限られた3日間を刹那に疾走する2人の青春物語。

映画情報どっとこむ ralph 映画『純平、考え直せ』絶賛公開中!

公式サイト:junpei-movie.com 


物語・・・
新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか〝一人前の男〟になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい〝鉄砲玉〟になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!
***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳/
戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子
原 作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊) /
主題歌:the pillows「眩しい闇のメロディー」(DELICIOUS LABEL)
監督:森岡利行
脚本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 プロデューサー:梅川治男
製作 キングレコード アークエンタテインメント / 製作プロダクション:ステューディオスリー 配給 アークエンタテインメント
Ⓒ2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ
上映時間:95分


小澤廉 歌舞伎町:スカウト戦争!映画『新宿パンチ』ポスタービジュアル&場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ』がシネマート新宿他にて2018年12月1日(土)より公開となり。

この度、本作のポスタービジュアルと場面写真が解禁となります。
新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた当作。夜になればネオンが煌びやかに輝き、渇きを感じた男女が入り混じる。そんな欲望渦巻く不夜城の主役はキャバ嬢、風俗嬢ら夜の蝶たち。その供給源は主にスカウトマンが担っている。そんなユートピア歌舞伎町で、最底辺人生を行く女好きの田舎者・道場方正が足を踏み入れたスカウトビジネス。22歳、童貞、一文無し、フラれた女は100人のスペック最低、パンチ頭の負け犬人生。能天気な破天荒男は歌舞伎町で一発大逆転できるのか?スカウトマンたちのリアルな実態を鋭く描いた、成り上がりエンターテインメント。
映画情報どっとこむ ralph 童貞でパンチの主人公・道場方正を演じるのは、嵐と“視聴熱ランキング”を競い、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」や「おそ松さんon STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~」など人気2.5次元舞台に多数出演。今秋には、祭nine.の寺坂頼我とW主演を務める映画『BD~明智探偵事務所~』の公開も控える小澤廉さん。

さらに人気ファッション誌のモデルを務め、女性から絶大な支持を集める吉倉あおいさん。

今、最も勢いのある俳優で、映画『ケンとカズ』の毎熊克哉さん。

「マジで航海してます。~Second Season~」の宮崎秋人さん。

日本のドラマ、映画界に欠かせない名優・矢柴俊博さんが小澤さんの脇を固める。

映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ

公式HP:http://shinjuku-punch.com/ 

2018年12月1日(土)シネマート新宿ほか公開



物語・・・
童貞でパンチ。歌舞伎町へやってきた。
パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガールズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。

***********************************

小澤廉
吉倉あおい 毎熊克哉 宮崎秋人 鈴木隆仁  矢柴俊博

監督:城定秀夫 製作:永森裕二/久保和明 脚本:永森裕二/城定秀夫 
企画:永森裕二
プロデューサー:久保和明 
ラインプロデューサー:浅木大 アシスタントプロデューサー:佐々木圭介
撮影・照明:田宮健彦 録音:近藤崇生 
美術・装飾:黒田享大 衣装:丸山江里子 
ヘアメイク:唐澤知子 助監督:伊藤一平
制作プロダクション:レオーネ 
企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「新宿パンチ」製作委員会 

2018年/日本/カラー/シネマスコープ/93分
(C)2018「新宿パンチ」製作委員会