「任侠」カテゴリーアーカイブ

『HiGH&LOW THE MOVIE 3』豪華22名のキャ スト陣が登壇。黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、窪田正孝、山田裕貴


映画情報どっとこむ ralph 『HiGH&LOW THE MOVIE 3 』 第二弾“超”完成披露試写会
黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、窪田正孝、山田裕貴ら22名登壇

「HiGH&LOW」シリーズも遂に完結!11月11日 (土)公開、シリーズ最終章となる『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』 の“超”完成披露試写会が本日11月2日(木)に東京・ユナイテッ ド・シネマ豊洲にて行われ、黒木啓司さん、鈴木伸之さん、町田啓太さん、窪田正孝さん、山田裕貴さん、鈴木貴之さん、一 ノ瀬ワタルさん、栁俊太郎さん、廣瀬智紀さん、西川俊介さん、西村一輝さん、青木健さん、清原翔さん、陳 内将さん、佐野玲於さん、佐野岳さん 、阿部亮平さん、小澤雄太さん、水野勝さん、田中俊介さん、守屋光 治さん、井澤勇貴さんの豪華22名のキャスト陣が登壇しました!

『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』 第二弾“超”完成披露試写会
日付:11月2日(木)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇: 黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、窪田正孝、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、栁俊太郎、廣瀬智紀、西川俊介、西村一輝、青木健、 清原翔、陳内将、佐野玲於、佐野岳 、阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴

映画情報どっとこむ ralph Q:(黒木さん、栁さん、鈴木(伸)さん、町田さんへの質問)今回の映画のタイトル「FINAL MISSION」ということで、シリーズを振り返っ て、撮影や宣伝で達成できた”ミッション”はありますか?また、今後、HiGH&LOWで挑戦していきたい”ミッション”を教えてください。

黒木さん:個人的には、街中ですれ違う人に「ROCKY!」と声をかけてもらうことが増えたので、この作品を通してROCKYというキャラクターを広く認知してもらえているの が嬉しかったです。

栁さん:黒木さんと一緒にお酒を飲みに行くというミッションは達成できました。(黒木さんは)お酒が強くて一晩で5~6軒回ったんですが、まさに「パーリィータイム」という 感じでした(笑)

鈴木(伸)さん:僕は山王連合会のメンバー全員でバイクに乗るというミッションが達成できて嬉しかったです!乗り慣れている人はかっこよく映ってるんですが、町田くんは 今回初めてのバイクシーンだったので、背中に定規がはいってるんじゃないかと思うくらい背筋が真っ直ぐで、総長(岩田剛典)がこれまでにないくらい笑ってました (笑)

町田さん:しっかりと定規がはいってましたね(笑)がんさん(岩田剛典)があんなに笑ってるのは初めて観ました。MOVIE2でノボルとフォー(関口メンディー)が闘って いるシーンがあるんですが、メンディーとの体格差がありすぎて全然動かせなかったので、今後は「メンディーを倒す」というミッションに挑戦したいです(笑)

Q:(窪田さん、佐野(玲)さん、佐野(岳)さんへの質問)前回の舞台あいさつでもRUDE BOYSは本当の家族のようなチームの仲の良 さを感じましたが、これまで撮影現場でチームで協力して乗り越えてきた出来事はありますか?また今回はスモーキーのピンチも訪れますが、3 人にとってスモーキーとはどのような存在でしょうか?

窪田さん:『HiGH&LOW THE MOVIE』の撮影の時は、スモーキーとタケシが協力して撮影するアクションシーンがありましたね。スモーキーももちろんですが、この映画に 出てくるキャラクター一人一人、「男性に好かれる男性像」が描かれていると思います。僕自身そういう男性に憧れているので、スモーキー役としてこのシリーズに携われ てとても嬉しく思っています。

佐野(玲)さん:窪田さんは普段チャーミングな方ですが、映画の中ではスモーキーとして説得力のあるお芝居をされているのがすごいなと思います。

佐野(岳)さん:僕の演じたユウという役はたかが外れてしまうキャラクターでもあるんですが、ユウのそんな熱い部分をスモーキーがおさえてくれてるという裏設定をつくっていました。

映画情報どっとこむ ralph Q:(山田さん、鈴木(貴)さん、一ノ瀬さんへの質問)鬼邪高校のお三方のコンビネーションは、もはやハイロー名物となりました。撮影でも プライベートでも仲良しということですが、シリーズを振り返って、一番印象深い思い出はありますか?

山田:「HiGH&LOW」はコブラちゃん(岩田剛典)とのタイマンのシーンをはじめ、一番が決められないくらいシリーズ全てが思い出になってます。

鈴木(貴):「HiGH&LOW」シリーズの最初の撮影日がちょうど裕貴くんの誕生日だったんですが、シリーズの撮影を通して一ノ瀬くんの誕生日をお祝いして僕の誕 生日も祝ってもらって…というのを3年くらい続けているのがいい思い出です。

一ノ瀬さん:3年間続いたシリーズなので、どれも印象深いです。アクションもさることながら九龍との迫力ある対決もあるのが今作の見所かと思います。九龍との対峙が描 かれたシーンを観て諸先輩方の迫力に圧倒されたので、自分もこんな俳優になりたいなと思いました。

Q:(阿部さん、小澤さんへの質問)クライマックスで達磨一家が見せるサプライズには驚きました。「HiGH&LOW」というお祭りを振り返って みて、ご自信の一番心が躍った思い出はありますか?

小澤さん:毎回出てくる瞬間は鼓動が高鳴りました!

阿部さん:一番最初のチーム紹介の場面を撮影する際に、メンバーが20人~30人いて全員法被を着ている瞬間です!先日ハロウィンで達磨一家の衣装を来ている 人を見かけたのですが、テンションがあがってしまい、思わず声をかけてしまいました!

Q:(SMG<廣瀬さん、西川さん、西村さん>三中トリオ<青木さん、清原さん、陳内さん>、達磨ベイビーズ<水野さん、田中さん、守屋さん、井澤さん>へ の質問)本作ではSWORD最大のピンチが訪れますが、今回の撮影現場で皆さん最も”ピンチ”だったことはなんですか?

廣瀬さん(SMG代表して回答):アクションシーンで鼓動が高鳴りすぎていたので、「パーリィータイム」と言う自分の心の中の声が、黒木さんが言う前に漏れそうになったと きはピンチでした(笑)

田中さん(達磨ベイビーズ代表して回答):撮影現場のケータリングの豪華さがすごくて、思わず食べ過ぎて3キロ太ってしまったので、ピンチでした(笑)
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

黒木さん:皆さん本日はありがとうございます!この作品は3年かけた集大成となっております。ロッキーというキャラも3年間で成長出来ましたし、自身も成長しました。エン ディングでは、スタッフさんからのあったかいメッセージ等も描かれているので、ぜひ最後までご覧頂ければと思います。

物語・・・
チームを超えて力を合わせ、悪名高きスカウト集団・DOUBTと監獄からの刺客・プリズンギャングとの“黒白堂駅の闘い”に勝利したSWORD(山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYS、達磨一家)メンバーたち。だが、勝者が決まったかに見えたその場に、九龍グループの善信会を率いる善信吉龍(岸谷五朗) が乗り込んでくる。九龍グループが振りかざす“大人の力”は、想像をはるかに超えて強力だった。琥珀(AKIRA)、九十九(青柳翔)、雨宮雅貴・広斗兄弟 (TAKAHIRO、登坂広臣)が、命懸けで公開したUSB内の機密情報によって一度は逮捕された九龍グループ総裁・九世龍心(津川雅彦)は、証拠不十分によ りすぐ釈放。打ちのめされた若者たちに追い打ちをかけるかのように、九龍グループ総力を結集した“SWORD壊滅行動”が遂行されていく──。 大切な仲間を狩られ、愛する地元の街に吊された山王連合会。 大切な根城のクラブ「HEAVEN」を金の力で追い立てられるWhite Rascals。 鬼邪高校や、達磨 一家の本拠地も壊滅状態。 固い結束を誇る山王連合会は分裂の危機に晒され、コブラ(岩田剛典)は一人、九龍に闘いを挑むが、逆に拉致され激しい拷問に あってしまう。 “無名街”には重機が入り、無残にも九龍に破壊されていく。ここにいては家族に危険が及ぶと察知したスモーキー(窪田正孝)は、皆に逃げろと告げて、 一人街に残り、敵に対峙しようとするー。 政府と裏でつながっている九龍グループは、かつて政府主導で行われた不正を隠ぺいするため、SWORD地区の“無名街”を 爆破、その跡地にカジノ建設を目論んでいた。その事実を知った琥珀は、コブラ救出作戦を決行。一堂に会したSWORDメンバーと琥珀・九十九・雨宮兄弟たちは、 隠ぺいを暴くための“3つの証拠”を見つけだし、九龍の野望を永遠に打ち砕くことを決意する。 「これが最後の喧嘩だ!」政府によるSWORD地区の爆破セレモニーが 刻一刻と迫るなか、九龍グループの圧倒的戦力をくぐりぬけて、“ファイナル・ミッション”に走る若者たち──。伝説として語り継がれるSWORD最後の闘いが、いま始ま る。

***********************************

企画プロデュース:EXILE HIRO
脚本:平沼紀久、渡辺啓、上條大輔、Team HI-AX
監督:久保茂昭(「HiGH&LOW THE MOVIE」監督)、中茎強(「HiGH&LOWドラマSEASON2」監督)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW THE MOVIE」/「るろうに剣心」シリーズ)
企画制作:HI-AX
製作:「HiGH&LOW」製作委員会
©2017「HiGH&LOW」製作委員会
配給:松竹


AKIRA、岩田剛典x城滉一、加藤雅也ら総勢18名が登壇「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」


映画情報どっとこむ ralph ついにシリーズ最終章「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」が11月11日(土)より全国ロードショーとなります。

この度、公開に先駆け“超”完成披露試写会 FIRST MISSIONが行われ、今作品の軸ともなるAKIRA、岩田剛典、をはじめ、日本映画界を代表する岩城滉一、加藤雅也ら総勢18名が登壇しました!
日付:10月31日(火)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:
AKIRA、岩田剛典、青柳翔、TAKAHIRO、橘ケンチ、小林直己、小野塚勇人、津川雅彦、岩城滉一、加藤雅也、笹野高史、髙嶋政宏、木下ほうか、中村達也、早乙女太一、HIRO(企画プロデューサー)、久保茂昭(監督)、中茎強(監督)、平沼紀久(脚本)

映画情報どっとこむ ralph HIROさん:最高のキャストとスタッフで最高の作品が出来たと思いますので楽しんでください!

AKIRAさん:皆さん盛り上がってますか!(イエーイ!)
ここにいる皆さんと来てくださったファンの皆様のおかげでファイナルミッションまでたどりつけました。ありがとうございます。

青柳さん:いよいよ披露できる日が来ました。嬉しく思っています。
TAKAHIROさん:皆さん楽しんでますか!?(イエーイ)
岩田さん:3年近く続けてきた最終章を観ていただける日が来ました。楽しんでください!
そして、動き出した九竜グループから

岩城さん:今日はハロウィーンの仮装の方へ行かないで来てくださってありがとうございます。凄くいい映画になってます。
加藤さん:ハロウィンに行かないでと言おうとしてましたが・・・若い人たちが躍動する映画に良い形で参加できて嬉しく思ってます。
笹野さん:皆さんの気持ちと一緒です。。映画の中に出てくる人たちだ!!!と思ってます。若い時に観たワクワクした映画のようでした!

高嶋さん:盛り上がってますか!!!(イエーイ)ミンさんの歓声で勢力いただきました。この作品は日本で創られたのかなともうぐらいの凄さです!濡れると思いますよ~
との発言に皆でストップが!

木下さん:2では一言も発してませんが・・・3では、喋ってます!

中村さん:最初はえらいヤクザだったのに、だんだんセリフが。。。。楽しんでいってください。

早乙女さん:もともとマイティウォリアーにいたのですが、気づいたら九龍グループに。なぜか映画を最後前観て下さい。

橘さん:意外なことが見えてくるシーンがあります!手を汗握りながらご覧ください。

小林さん:自分はこんなに素晴らしい皆さんと共演出来て嬉しいです。

小野塚さん:3年前は下っ端でしたが、3年で幹部に成り上がりました。意外と優秀なんです。

平沼さん:今回は長年の謎が回収されているので、お楽しみに!

中茎監督:ほぼ一年間やっと完成しました。ミンさんお力を借りて新しいものになりました。
最後まで目をそらさずにご覧ください。

久保監督:僕はコブラと琥珀が大好きで。二人の・・・(涙)に思いを詰めて撮影しました。楽しんでください。

と、涙のスタート。

映画情報どっとこむ ralph 映画が完成して、その心境は
AKIRAさん:監督の涙が語っています。3年間。これだけの大作を3年間続けるのは大勢の力がなければ成立しませんでした。あんなに琥珀がわがままを言わなければ・・こんなに強烈な敵を迎えなかったのにと思います。改めて成長出来た作品だと思ってます。

岩田さん:3年間、楽しかったり苦しかったりの撮影。色々なことを経験させていただきました。伏線も解消されてますし、エンドロールでグッと来てしまいました!感動できる作品になってます。

MCがアクションに関して聞くと

TAKAHIROさん:ドンドン期待値が上がって。アクションチームとしっかりやりました。長回しなので集中が半端なくて。大変でした。

青柳さん:前回は車輪止め。今回も別のもので戦ってます!


大人の本物の力を見せつけられる本作。撮影現場は

岩城さん:凄かったでした!皆さんに負けないように精一杯やりました。コブラとの対峙は顔が近くてカワイイと思っちゃいました。(笑)最近は番線で一緒にいることが多くて、可愛いのも慣れました。
と、告白する岩城さんに岩田さんは照れてるご様子。

加藤さん:衝撃シーンがあります!鉄パイプで殴ります。あててないですからね!
と、ファン対策に余念がない加藤さんに岩田さんは

岩田さん:当ってないです。予告にもある生コン飲まされるシーン。あれゴマ豆腐でめっちゃおいしかったです。(笑)

AKIRA:ちなみに僕は直己にガンガンあててましたけどね。
小林さん:ありがとうございます。

と、なぜか感謝。

映画情報どっとこむ ralph 笹野さん:隅々まで気が回った素敵な現場でした。HIROさんのコンビニお差し入れはなかったですけど。気持ちよく撮影できました。
高嶋さん:ふつうは現場は、時間に追われることが多いですけど。この映画は丁寧に時間をかけてやっています。俳優として充実してました。そして大先輩方と一緒にいられたのはビシッとしました。貴重でした。

木下さん:危険な撮影も中たので・・・次回作があるなら、是非格闘シーンを。簡単なやつを。やりたいです。

中村さん:普段音楽やってますが、今回本物の暴走族で、音楽やっていた大先輩の岩城さんがいて、加藤さんにも声かけていただいて。貴重な体験でした。

橘さん:岩城さんが後ろにいた僕の服を直して、姿勢が良すぎる。前かがみなった方がいいよと直々にご指導いただいて。ありがとうございます。

早乙女さん:無茶苦茶怖かったです!でも本当は優しい方達ばかりでした。

小林さん:カメラ廻ってるときは緊張感でしたが。撮影の合間には皆さんが談笑しているのを見られて、現場楽しかったです。

小野塚さん:僕は笹野さんと長回しのカットで、すこしでも笹野さんを吸収しようと頑張りました。

平沼さん:前作以上に重厚な人間模様が描かれていて。それぞれがメッセージを残しています、どのメッセージを皆さんが持って帰るのか楽しみです。そして新たな伏線も貼っています。探してみて。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

HIROさん:画面から出るエネルギー、パワーを感じて下さい。仲間って良いなと感じてもらえればと思います。

ここでAKIRAさんが達磨の目に墨入れ
フォトコールで終了!

「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」

11.11(土) 全国ロードショー

チームを超えて力を合わせ、悪名高きスカウト集団・DOUBTと監獄からの刺客・プリズンギャングとの“黒白堂駅の闘い”に勝利した SWORD(山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYS、達磨一家)メンバーたち。だが、勝者が決まったかに見えたそ の場に、九龍グループの善信会を率いる善信吉龍(岸谷五朗)が乗り込んでくる。九龍グループが振りかざす“大人の力”は、想像をは るかに超えて強力だった。琥珀(AKIRA)、九十九(青柳翔)、雨宮雅貴・広斗兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)が、命懸けで 公開したUSB内の機密情報によって一度は逮捕された九龍グループ総裁・九世龍心(津川雅彦)は、証拠不十分によりすぐ釈放。 打ちのめされた若者たちに追い打ちをかけるかのように、九龍グループ総力を結集した“SWORD壊滅行動”が遂行されていく──。

大切な仲間を狩られ、愛する地元の街に吊された山王連合会。

大切な根城のクラブ「HEAVEN」を金の力で追い立てられるWhite Rascals。

鬼邪高校や、達磨一家の本拠地も壊滅状態。

固い結束を誇る山王連合会は分裂の危機に晒され、コブラ(岩田剛典)は一人、九龍に闘いを挑むが、逆に拉致され激しい拷問に あってしまう。

“無名街”には重機が入り、無残にも九龍に破壊されていく。ここにいては家族に危険が及ぶと察知したスモーキー(窪田正孝)は、皆 に逃げろと告げて、一人街に残り、敵に対峙しようとするー。

政府と裏でつながっている九龍グループは、かつて政府主導で行われた不正を隠ぺいするため、SWORD地区の“無名街”を爆破、その 跡地にカジノ建設を目論んでいた。その事実を知った琥珀は、コブラ救出作戦を決行。一堂に会したSWORDメンバーと琥珀・九十九・ 雨宮兄弟たちは、隠ぺいを暴くための“3つの証拠”を見つけだし、九龍の野望を永遠に打ち砕くことを決意する。

「これが最後の喧嘩だ!」政府によるSWORD地区の爆破セレモニーが刻一刻と迫るなか、九龍グループの圧倒的戦力をくぐりぬけて、 “ファイナル・ミッション”に走る若者たち──。伝説として語り継がれるSWORD最後の闘いが、いま始まる。

***********************************

企画プロデュース:EXILE HIRO
脚本:平沼紀久、渡辺啓、上條大輔、Team HI-AX 監督:久保茂昭(「HiGH&LOW ドラマseason1」総監督/「HiGH&LOW THE MOVIE」「THE MOVIE2」監督) 中茎強(「HiGH&LOWドラマseason2」「THE MOVIE2」監督) アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW THE MOVIE」/「るろうに剣心」シリーズ)
企画制作:HI-AX
製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会
ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会 配給:松竹

【ムゲン】 AKIRA・青柳翔 【雨宮兄弟】 TAKAHIRO・登坂広臣 【山王連合会】 岩田剛典・鈴木伸之・町田啓太・山下健二郎・佐藤寛太・佐藤大樹・八木将康・岩谷翔吾・山本彰吾/天野浩成 【White Rascals】 黒木啓司・遠藤雄弥・稲葉友・栁俊太郎・廣瀬智紀・松田凌・西川俊介・西村一輝 【鬼邪高校】 山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・青木健・清原翔・陳内将 【RUDE BOYS】 窪田正孝・佐野玲於・ZEN・佐野岳/藤井夏恋・鈴木梨央 【達磨一家】 林遣都・阿部亮平・小澤雄太・水野勝・田中俊介・守屋光治・井澤勇貴 【苺美瑠狂】 楓・佐藤晴美・山口乃々華・城戸愛莉/藤井萩花・坂東希 【MIGHTY WARRIORS】 ELLY・大屋夏南・野替愁平・白濱亜嵐・ANARCHY・LIKIYA・祐真キキ/NAOTO・関口メンディー 【九龍グループ・会長】津川雅彦・岩城滉一・岸谷五朗・加藤雅也・笹野高史・髙嶋政宏・木下ほうか・中村達也・早乙女太一 【九龍グループ・幹部】橘ケンチ・小林直己・尚玄・小野塚勇人・渡邉紘平・武田幸三・夕輝壽太・白石朋也・荒木秀行・黒石高大 長谷川初範・堀部圭亮・矢島健一・斎藤洋介・渡辺裕之・池上幸平/豊原功補/YOU/小泉今日子/飯島直子


新宿に強面たちが集結!『アウトレイジ 最終章』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』が10月7日全国公開となり、初日舞台挨拶が行われました。北野武監督、西田敏行さん、大森南朋さん、ピエール瀧さん、松重豊さん、大杉漣さん、金田時男さんが新宿歌舞伎町がすぐ近くの新宿ピカデリーに一歩出たら会いたくない強面たちが集結。

『アウトレイジ 最終章』初日舞台挨拶
日時10月7日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:北野武監督、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男

映画情報どっとこむ ralph 暖かな拍手に迎えられ、キャストの皆さんが一人づつ登壇。最後に北野武監督が現れると一層大きな拍手!全くボケずに着席。

初日を迎えての感想を聞かれた西田さん
西田さん:小説『アナログ』(北野武:著)の販売促進会においでいただきましてありがとうございます!!!(拍)

こんなに沢山の方々にお集まりいただき、感謝の念に堪えません。

心から御礼申し上げます!

(誰が生き残るのか?と言うことで、役者界での生き残り方法を)ともかく、風が吹く方に尻尾を振りながら元気に歩いていく。(笑)これが方法です。

大杉さんは9年ぶりの北野組
大杉さん:もう9年経つのかなと思いますね。アウトレイジは良い緊張感の現場で、北野組は僕にとって独特で・・・帰ってきたな。と言う気持ちでいっぱいです。
(個性的なキャラクター)誰からも信頼されていないというキャラは、中途半端で役作りが難しかったですが、やりがいはありました。

初北野組のピエールさん
ピエールさん:北野組初めてだったので、緊張しながら現場に入り、わからないまま終わってしまった感があります。アウトレイジと言う最高の作品に出させていただいて光栄です。
(役作りは・・・)変態なやくざなので、いつも通り(笑)プライベートを出し過ぎないように心がけました。入れ墨を入れるのに8時間かかるのですが・・・・出来上がりみたら、後の方は背中書かなくても良いんじゃないかなと。今思いました。(観たばかりの観客、大笑)

映画情報どっとこむ ralph 金田さんは本来実業家。で前作に続き出演する素人さん。
金田さん:今回は監督が表現したいことがだんだんわかってきました。家族を巻き込んで、役に入り込みました。

前作に続いてマル暴(組織犯罪対策部)刑事役で出演
松重さん:ビヨンドで、台本上では死ぬ役だったんですが・・・撮影中皆死にたくない!って雰囲気になってきまして、桐谷君と新井君は「死にたくない!」と、死んだシーンで生きてるかもを自分で演出する。生き残りにかけた男たちの映画でもあります。ぼくの場合は生き残れまして・・・そして生き残った5年でした!
(正義感溢れる刑事役に共感は?)全員悪人問い看板の中で、善良な公務員。一人だけ浮いてるなと思ってはいました。

アウトレイジへの出演を度々画策していたことで知られる大森さんは念願かなって初参加。
大森さん:夢にまでみたアウトレイジ出演です。遂に最終章で呼んでいただき、感動しました。
(アウトレイジの魅力は?)北野映画が好きなのと、バイオレンスものが好きなので・・現代で、ここまでやくざを描いているのは珍しいので、その辺りは魅力ですね。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中に印象に残った
西田さん:思いではすべてのシーンですが、脳溢血の後遺症がある塩見さんと初日に撮ったんですが、私も頸椎も亜脱臼して、歩行がままならなかった時で。二人とも抱えられながらの撮影。監督が「大丈夫?本変えちゃう?」って、気遣いをしていただきました。

北野監督:西田さんが怪我。塩見さんが病気になったり。体の悪さ具合が迫力があって生かそうと思っていて観ている俺の首はこんなだから・・・どんな撮影なんだと(笑)。

北野監督:アウトレイジは一度死ぬと、二度と出られないのがルールなので、いよいよ最終章です。三部作で自分なりにうまいまとめ方が出来たなと思ってます。次の映画は恋愛()ものとかをやって、その間にバイオレンス映画を見直して、次は日本の役者オールスターズで撮るかなと。この映画に呼ばれない役者は認められてないという追い込み方をして・・・お車代だけ出てもらおうかなと思ってます。仲代さんも500円で出てもらいます!(笑)
と笑いを取ったところで、強面集団退場となりました。

アウトレイジ 最終章

ただいま絶賛全員暴走中!次回の原作?北野武著小説『アナログ』絶賛販売中

outrage-movie.jp

あらすじ・・・
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。
そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武
音楽:鈴木慶一

出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会


警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ『孤狼の血』劇場版特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」 生き残りをかけた男達の激闘が幕を開ける!

映画『孤狼の血』は、2018年5⽉12⽇(土)公開です。


原作は柚月裕子、監督に白石和彌、そして役所広司、松坂桃李ら日本を代表するキャストが集い、 今から圧倒的な期待と注目を集めています。

この度本作より、⼀度⾒たら最後、魂に焼き付く【 劇場版特報 】が解禁!「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」この⾔葉と鋭い視線で、男たちの闘いが幕を開けます!


31秒の特報・・・ですが、銃声が響き、命を奪い合う男たち。それぞれの「正義」を掲げぶつかり合う彼らは、その背中に何を背負い、何を求 め夜の闇に消えていくのか……これはまさに、“魂に焼き付く、暴⼒とカタルシス”。 抑えることのできない「暴⼒」に正⾯から挑み、男達の「⽣き様」を描いた本作への期待は、留まるところを知りません!

迫力の特報は是非大きなスクリーンで!劇場では10/7(⼟)より特報映像が流れます!

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。
所轄署に配属となった日岡秀⼀は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、⾦融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同⼠の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー⼩説「孤狼の血」が、2018年5⽉12⽇、待望の映画化!

映画『孤狼の血

2018年 5⽉12⽇(⼟) ROADSHOW

***********************************

キャスト:
役所広司,松坂桃李,真木よう子,音尾琢真,駿河太郎,中村倫也,阿部純⼦,中村獅童竹野内豊、滝藤賢⼀,⽮島健⼀,田口トモロヲ,ピエール瀧,石橋蓮司,江口洋介
ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(⾓川⽂庫刊) 
監督:白石和彌 
配給:東映 
©2018「孤狼の血」製作委員会


熱き男達を支える阿部純子、映画『孤狼の血』で白石組に仲間入り!


映画情報どっとこむ ralph 2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』。

原作は柚月裕子先生、白石和彌監督。そして役所広司さん、松坂桃李さんら日本を代表するキャストが集い、圧倒的な期待と注目を集めていますが・・・この度映画オリジナルキャラクターで阿部純子さんが仲間入り。白石組初参戦への想いがつまった本人コメントが到着しました!

本作で演じたのは、松坂桃李さん演じる日岡を手当てし、親交を深めていく薬局の店員・桃子。それぞれの正義を掲げ激しくぶつかり合う男達の“仁義の世界”で、生き抜く術をもつ彼女は、唯一原作にはない「映画オリジナル」のミステリアスな存在。
「呉弁でのセリフに苦労した」という阿部さんですが、そのコメントからは、白石組の「激しさ」に飛び込んだ彼女の決意と本作への自信がうかがえます。


映画情報どっとこむ ralph
阿部純子さんからのコメント

撮影を終えた感想
阿部さん:撮影では白石監督や尊敬する役者さんたちにたくさん支えていただきました。
作品の猛々しさとは打って変わって、現場は和やかな雰囲気だったので、とても演じやすかったです。
唯一苦労したところは、広島の呉弁でのセリフです。微妙なイントネーションの違いなどがあり、時間を見つけては方言指導の方と練習しました。
その甲斐もあって、作品で当時の呉が蘇ったのではないかな、と思っています。

完成した作品を見て

阿部さん:正義を貫く男性の背中に心を鷲掴みにされ、ただ身じろぎもせずスクリーンを見つめてしまいました。上映時間があっという間に感じられるほどでした。
わたしの役柄は、唯一原作にはない、ミステリアスな存在です。仁義の世界で、生き抜く術を身につけています。そんな女性ならではの強さにも注目していただければ幸いです。
このようなインパクトのある映画に参加できて本当に感謝の気持ちしかありません。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

孤狼の血

2018年5月12日(土)公開です

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介ほか
原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊) 
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会