「任侠」カテゴリーアーカイブ

小澤廉のインタビュー動画が到着!映画『新宿パンチ』


映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ』がシネマート新宿他にて2018年12月1日(土)より公開。

この度、本作の主演・小澤廉さんのインタビュー動画が到着しました。


小澤さんは、パンチパーマのような極度のくせ毛が特徴の主人公・道場方正役で出演。

小澤さん:嘘をつこうとしても直ぐばれるタイプ。友達になりたい奴だと思った。(パンチ)以外と似合っていました(笑)

と自画自賛した。

小澤さんは、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」や「おそ松さんon STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~」など人気2.5次元舞台の出演をきっかけにブレイクを果たし、さらに、映画『BD 明智探偵事務所』やアイドルグループ「B2takes!」での音楽活動などマルチに活躍の幅を広げています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ

は12月1日(土)シネマート新宿ほか公開。

公式HP:
http://shinjuku-punch.com/ 

童貞でパンチ。歌舞伎町へやってきた。
パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガールズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。


***********************************

小澤廉
吉倉あおい 毎熊克哉 宮崎秋人 鈴木隆仁  矢柴俊博

監督:城定秀夫 脚本:永森裕二/城定秀夫
プロデューサー:久保和明 ラインプロデューサー:浅木大 アシスタントプロデューサー:佐々木圭介
撮影・照明:田宮健彦 録音:近藤崇生 美術・装飾:黒田享大 衣装:丸山江里子 ヘアメイク:唐澤知子 助監督:伊藤一平
制作プロダクション:レオーネ 企画・配給:AMGエンタテインメント 製作:「新宿パンチ」製作委員会 
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/93分
(C)2018「新宿パンチ」製作委員会 


中島健人&中条あやみ 映画『ニセコイ』主題歌ヤバイTシャツ屋さん「かわE」Music Video公開!


映画情報どっとこむ ralph 今年2018年3月からは誰もが予想出来なかった「NHKフレッシャーズキャンペーン2018」のイメージキャラクターに大抜擢され、楽曲「案外わるないNHK」を書き下ろし、現在放送中の「モード学園(東京・大阪・名古屋) 2018年度 TVCMソング」にも大抜擢。8月に開催された国内最大級の野外ロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」では、メジャーデビュー約1年半にして最大ステージ”GRASS STAGE”に大抜擢され、同月8月からレギュラー放送がスタートしたNHK総合「テンゴちゃん」のMCにも大抜擢。さらに今月には、12/21(金)公開の映画『ニセコイ』の主題歌に大抜擢された事が発表された、まさか!の大抜擢続きの3ピースバンド・ヤバイTシャツ屋さん(通称:ヤバT)。
そんなヤバイTシャツ屋さんが、12/19(水)にリリースする3rd FULL ALBUM『Tank-top Festival in JAPAN』に収録され、上記、12/21(金)に公開される、中島健人と中条あやみがW主演を務める映画『ニセコイ』の主題歌「かわE」のMusic Videoが公開された。
「かわE」のMusic Videoでは、「かわE」が主題歌を担当する映画『ニセコイ』で「小野寺小咲(おのでらこさき)」役を演じている今大注目の女優、池間夏海(いけまなつみ)がMVの主人公を演じている。ヤバイTシャツ屋さんのMVと言えば、「予算のかけ方を完全に間違えたミュージックビデオ」や「サビで伝わらなくなるMV」、「ノリで入籍させるMV」など、毎回そのコンセプトとまさか!の展開で大変話題になるが、今作は「大失敗するMV 」に仕上がっている。監督は、ヤバイTシャツ屋さんの(gt.,vo.)こやまたくやが別名義で活動する「寿司くん」が担当。寿司くんは、昨年、『第20回文化庁メディア芸術祭』の「エンターテインメント部門 新人賞」を受賞し、岡崎体育「MUSIC VIDEO」などの監督も務めている才能の持ち主。

「かわE」のMusic Videoは過去の作品と比べても高い評価を得ており、ヤバイTシャツ屋さんの得意とする1発撮りに挑戦している。失敗が許されない作品だけに入念にリハーサルが行われた。ヤバイTシャツ屋さんのMV史上初、ダンスを取り入れた内容の為、メンバーもフラッシュモブに初挑戦した。

MVのあらすじとしては池間夏海が同級生の男の子に呼ばれ、会話をしていると突然フラッシュモブが巻き起こり困惑。「好き」という文字の登場に、フラッシュモブの告白をされている事が判明。必至で想いを伝えようとする同級生男子。その一方、まさかのフラッシュモブ告白に困り果てる池間夏海。どんどん告白が盛り上がる中、ヤバイTシャツ屋さんも告白の応援に登場したり、演奏で登場したりするなど、最初から最後まで見逃せない内容になっている。
曲が出来上がった時点で既にこのMVの構想が出来上がっていたが、主人公を誰にお願いするか悩んでいたメンバーが映画の試写を観て、「池間さん演じる小咲ちゃんの演技がこのMVにぴったりだ!是非主人公の女の子を演じて欲しい!」と思い立ち即オファー。今回の出演が実現した。

そして、この “ニセコイじゃなver.”と全く同じ一発撮りの構図ながら、映画『ニセコイ』の世界観を完全再現した“ニセコイver.”も特別に制作!“ニセコイver.”では、池間夏海が劇中で演じた人気キャラ“小咲”のビジュアルに再度扮し、エキストラやダンサーたちも映画でキャスト達が通う高校の制服に身を包んでフラッシュモブを踊る。さらに映画の本編映像がMVに入り込むなど、ヤバT×ニセコイの強靭なタッグが実現した!ヤバTファンも、ニセコイファンも楽しめる今回の「かわE」Music Video。” ニセコイじゃないver.”と”ニセコイver.”とで池間夏海の演技や表情などが違うので、そこも是非チェックして欲しい。

映画情報どっとこむ ralph このMusic Videoに関して、ヤバイTシャツ屋さんとMVの主人公を務めた池間夏海からコメントが届いています。

―ヤバイTシャツ屋さん コメント―
沢山の方にご協力いただき、とってもかわE作品が出来上がりました!
ヤバイTシャツ屋さん史上最大規模のMV。
そして史上最大規模の失敗を是非ご覧ください。
池間さんの困った顔のレパートリーと
ヤバTメンバーの動きのダサさにも注目してね。やったね!


【ヤバイTシャツ屋さん 3rd FULL ALBUM「Tank-top Festival in JAPAN」 12/19(水)Release!!】
●初回限定盤(CD+DVD) UMCK-9980 ¥3,580(税抜) ※スリーブケース付
●通常盤(CD only) UMCK-1613 ¥2,580(税抜) ※スリーブケース付


【「かわE」Music Video映像】

●「かわE」(ニセコイじゃない ver.)Music Video


●「かわE」(ニセコイver.)Music VideoはGYAO!で
httpvh://gyao.yahoo.co.jp/player/00505/v14127/v1000000000000014165/
 
映画情報どっとこむ ralph ―池間夏海さんコメント―
今回ミュージックビデオに出演できるというお話を聞いたとき、とても嬉しかったです。
ストーリーもフラッシュモブをされて、それを断るというとても斬新なお話で、コンテを見たときにとても撮影が楽しみになりました。

撮影もダンサーの方が沢山いて、とても賑やかな撮影でした。
とてもハチャメチャで誰が見ても楽しめる作品になっていると思うので、沢山の方に観て頂き、いっぱい笑ってほしいです!

映画情報どっとこむ ralph 映画「ニセコイ」

2018年12月21日(金)公開

公式サイト:
http://nisekoi-movie.jp/


「どうしてこうなったんだーー!」

勉強一筋の真面目な高校生にして実は極道「集英組」の一人息子・一条楽はある日突然金髪&ハーフのキョーレツ女子・桐崎千棘と宿命の出逢いをとげる。
実は千棘はアメリカのギャング組織「ビーハイブ」の一人娘。
性格真逆で相性最悪の2人は抗争寸前な親の組織の仲をとりもつため強制的に恋人のフリをさせられることに!
幼い頃に結婚の約束をしたハズの運命の相手を探している楽にとって好きでもない奴と恋人のフリなんて地獄!
でもバレても抗争勃発で即・地獄!

ゼッタイ無理!な恋愛抗争コメディ、開戦!!!

***********************************

監督:河合勇人
原作:古味直志「ニセコイ」(集英社ジャンプ コミックス刊)
出演:中島健人、中条あやみ、池間夏海、島崎遥香、岸優太(King & Prince)/DAIGO
©2018映画『ニセコイ』製作委員会 ©古味直志/集英社
  


高杉真宙 加藤諒 渡辺大知;The Gangoose が歌う『CRYBABY』メイキング到着!『ギャングース』


映画情報どっとこむ ralph 11月23日(金)に全国公開される映画『ギャングース』より、“The Gangoose”(タケオ(渡辺大知)、サイケ(高杉真宙)、カズキ(加藤諒))が歌う主題歌「CRYBABY」の収録メイキング映像が解禁となりました。

高杉真宙さん、加藤諒さん、渡辺大知さんのトリプル主演による青春エンターテインメント映画『ギャングース』。

本作の主題歌のために結成されたユニット“The Gangoose” が歌う「CRYBABY」はタケオ役の渡辺大知による作詞・作曲・プロデュース、メインボーカルによる書き下ろし楽曲で、サイケ役の高杉真宙とカズキ役の加藤諒もコーラスで参加していることが話題を呼んだが、この度レコーディングの模様を収めたメイキング映像が解禁となった。
収録スタジオに集まった高杉さんと加藤さんに、作詞・作曲・メインボーカルそしてプロデュースの渡辺さんから、バンド名や楽曲、この曲に込めた想いを説明するシーンから始まります。

レコーディング経験が少ない高杉さんと加藤さんへ、「映画のイメージとかメッセージを含んだ上で、映画のことを意識しすぎずと思って作った」との語る渡辺さんに、2人は息ぴったりに笑顔で拍手。そんな中、3人別々の音程でのハモりがあることを知ると、「つられちゃいそう…」と不安そうな高杉さんと加藤さんの姿が映し出されている。  
 
しかし、レコーディングが始まると軽快なロックミュージックに全員ノリノリに。和気あいあいと収録に挑む3人がまるで兄弟のようで、絆の深さが感じられるメイキング映像に仕上がっています。

収録後・・・

渡辺さん:この映画に対する想いを、自分の持ってる力を注げるだけ注ぎこんで作りこんでおります!めちゃくちゃ楽しんでレコーディングしました!

と笑顔でコメント。

加藤さん:こういう男くさくって、汗の匂いが漂ってくるような曲はあまり歌ったことがなかったから、歌ってて気持ちよかった!男の魂というか…やっぱロックっていいっすよね!

と興奮冷めやらぬ様子。そして

高杉さん:初めて聴いたときに自分が撮影したときの記憶が巡ってくる感じがあったり、大知君から”サイケっぽく”と言ってもらったりして、それがすごく新鮮で…めちゃくちゃ緊張していたんですけど、楽しくできたんじゃないかな。早く皆さんに聴いてほしいです!

と熱いメッセージを語っている。
映画と同様に3人が笑顔溢れながらレコーディングしたメイキング映像にご注目ください。



因みに「CRYBABY」は11月15日より配信限定でリリースされます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ギャングース』11月23日(金)に全国公開です!

公式HP:
gangoose-movie.jp
twitter:
@MovieGangoose

犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描き、モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、読者アンケートでは常にベスト5をキープし続けるなど高い人気を獲得した青春漫画の実写化。『22年目の告白-私が殺人犯です-』』(17)の入江悠が監督・脚本を手がけた。親も、金も、学もないサイケ・カズキ・タケオ3人の少年。彼らが生き抜く為につかんだ仕事は、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」稼業。ある日、偶然にも振り込め詐欺のアガリ(収益金)の隠し場所を知った3人。それは最強の犯罪営利組織カンパニーとして台頭する半グレ「六龍天」のものだった。身元がバレないよう慎重にタタキを繰り返すも、あることから3人の身元がバレ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうが・・。社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーには定評のある入江悠が監督・脚本を手掛けた。犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた青春エンターテイメント・ムービー。

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン 
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社

R15+
配給:キノフィルムズ


ヤクザがアイドルデビュー 実写『Back Street Girls -ゴクドルズ-』公開へ!


映画情報どっとこむ ralph 多くの仁侠映画&東映ファンを狂喜させた映画『孤狼の血』の興奮冷めやらぬ中、今度はあのころのピンキーバイオレンスの世界を彷彿とさせる、映画『Back Street Girls -ゴクドルズ-』が、2019年2月8日(金)に、劇場公開される運びとなりました。
本作は2015年より「ヤングマガジン」で連載が始まるや、その斬新過ぎる設定から口コミで拡散しネットを中心に現在話題沸騰中の漫画「Back Street Girls」(講談社「ヤンマガKC」刊)が原作。

極道を貫いてきた男たちが、まさかの全身整形アイドルデビュー。しかも、思いもよらず人気急上昇。段々とアイドルとしての自分に目覚めながらも…極道である本来の自分と女心の間に揺れながら、そして葛藤しながら、アイドルとして生きていく男たちをコミカルに描いた物語。

『ビー・バップ・ハイスクール』をはじめ、数々の名作ヤンキー漫画で名を馳せるヤンマガと仁侠映画の横綱東映がガッチリタッグを組んだこの映画。

女子中高生向けのキラキラムービーやアイドル映画/ドラマに食傷気味なあなたに是非観て頂きたい作品となっております。「仁義なき戦い」シリーズをはじめ数々のアウトロー映画を世に送り出してきた東映が、2019年2月8日に未だかつて誰も観たことのない極道アイドルコメディを放ちます!

映画情報どっとこむ ralph 『Back Street Girls -ゴクドルズ-』
2019年2月8日(金)公開!



物語・・・
「俺たちの魂はいつまでもヤクザだ!男の中の男!…こんなんなっちゃったけど!!」犬金組の若きヤクザ三人組、山本健太郎、立花リョウ、杉原和彦の三人は、イケイケの組の中でも、特に活きの良い三人組だ。社会のつまはじきものだった彼らは、自分たちを拾ってくれた組に強い恩義を感じ、【男として】【男らしく】【組の為に働く】ことを心に誓った!しかし、とある事件で不始末を起こした三人は、犬金組の組長の思い付きで、タイで性転換&全身整形をさせられてしまう!そして組長は三人に「今日からお前らはアイドルだ!芸能界でのし上がって、バッチリ金稼いでこい!」と告げられるのだった……!確かに見た目は、とってもキュートな女の子になってしまったものの、中身はゴリゴリのヤクザのまま…とてつもない葛藤が彼らを襲う!
 「お…俺達はヤクザだ…!」
 「なのに…なのに、どうしてこんなことを…!」
 「俺達のチ〇ポを返してくれ!!」
果たして三人は【女として】【可愛く】【組の為に働く】ことが出来るのだろうか!?…誰も見たことのない「ヤクザでありながらアイドル」という葛藤を描く、前代未聞のアイドル伝説が幕を開ける!!

***********************************

原作:ジャスミン・ギュ「Back Street Girls」(講談社「ヤンマガKC」刊)
脚本:増本庄一郎 伊藤秀裕
監督:原桂之介

出演:
白洲迅 柾木玲弥 花沢将人 
岡本夏美 松田るか 坂ノ上茜
菅谷哲也 浅川梨奈
小沢仁志 桜田通 / 大杉漣(友情出演)
岩城滉一

製作:映画「ゴクドルズ」製作委員会
制作プロダクション:エクセレントフィルムズ
配給:東映

©ジャスミン・ギュ/講談社
©2019映画「ゴクドルズ」製作委員会


『ギャングース』原作・肥谷圭介先生から 映画キャスト版描き下ろしイラストが到着!


映画情報どっとこむ ralph 青春エンターテインメント映画『ギャングース』が11月23日(金)に全国公開致します。公開に先駆けまして、原作漫画肥谷圭介氏の描き下ろしイラストが解禁となります。

モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による漫画「ギャングース」の実写映画である本作。公開に先駆け、「漫画の日」である11月3日(土)に原作漫画担当の肥谷圭介氏から今回特別に映画オリジナルキャスト版の描き下ろしイラストが到着した。

今回解禁された肥谷圭介氏による描き下ろしイラストには、原作漫画に登場するキャラクターが映画キャストで再現されている。高杉真宙が演じた“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを中央に、人生初のモヒカン頭で加藤諒が演じた工具全般担当のカズキは躍動感溢れる仕上がりに。人生初の金髪&眉なしという原作完コピのルックスで演じた黒猫チェルシーのヴォーカル・渡辺大知は車両・機動担当のタケオそのもの、そして上部には彼ら3人の前に立ちはだかるかのように、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップ:安達を怪演した世界的ギタリストMIYAVIが睨みを利かせる。

また、原作屈指の人気キャラクター“情報屋”高田を演じた林遣都は、すらっとした手でトレードマークの“眼鏡クイ”を完全再現しており、本作の重要人物が一挙大集合している。

一足早く本作を鑑賞して

肥谷先生:映画はよく冷めていると言われる僕でも何度もグッとくるシーンが沢山ありました。最高でした。続編が観たいです。

と、「ギャング―ス」生みの親も絶賛する映画に期待が高まる。

また、11月22日(木)より発売の雑誌モーニングでは映画公開記念の特別企画として、主人公であるサイケ、カズキ、タケオの3人を演じた高杉真宙、加藤諒、渡辺大知のインタビューも掲載予定です。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ギャングース』は11月23日(金)より全国公開。

公式HP
gangoose-movie.jp

公式twitter:
@MovieGangoose


親も、金も、学もないサイケ・カズキ・タケオ3人の少年。彼らが生き抜く為につかんだ仕事は、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」稼業。ある日、偶然にも振り込め詐欺のアガリ(収益金)の隠し場所を知った3人。それは最強の犯罪営利組織カンパニーとして台頭する半グレ「六龍天」のものだった。身元がバレないよう慎重にタタキを繰り返すも、あることから3人の身元がバレ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうが・・。

本作は、『SR サイタマノラッパー』(09~)、『22年目の告白―私が殺人犯です―』(17)など、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーには定評のある入江悠が監督・脚本を手掛けた。犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた青春エンターテイメント・ムービー。

***********************************


高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン 
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社