「任侠」カテゴリーアーカイブ

斎藤工が「ウチのガヤがすみません!」に登場!映画『麻雀放浪記2020』PR


映画情報どっとこむ ralph 本作、映画『麻雀放浪記2020』は、発表通りノーカットで、4月5日(金)より全国ロードショーとなります!


そして本作のPRで、主演の斎藤工が「ウチのガヤがすみません!」に登場!

注目は、<斎藤工が完コピするネタはどれだ選手権!>。
この日も、多くの芸人が集まった。斎藤工がゲストで来るということで、芸人たちはいつになく気合が入っている。それは、2016年年末、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)に登場した斎藤工が、サンシャイン池崎のネタを“サンシャイン斎藤”として完コピしたことで話題になり、翌年2017年には、サンシャイン池崎が大ブレーク。そこで、今回集まったガヤ芸人の中から、<斎藤工が完コピするネタはどれだ選手権!>3組の芸人がネタを披露し、斎藤工が完コピをするネタを選ぶコーナーで、“おもてなし”。

まさかの展開で神回の誕生となります!ぜひ、お見逃しなく!

映画情報どっとこむ ralph ★番 組 名: ウチのガヤがすみません!
★放送時間: 2019年4月2日(火)23:59~24:54 (毎週火曜放送 日本テレビ系全国ネット)
★出 演 者:<MC>ヒロミ、後藤輝基(フットボールアワー)

<ゲスト>斎藤 工

<ガヤ芸人>相席スタート、アインシュタイン、尼神インター、アンダーバー、インディアンス 田渕章裕、鬼越トマホーク、男と女 、コロコロチキチキペッパーズ、THE GREATEST HITS、チャイスー、天狗、天才ピアニスト ますみ、なすなかにし、ニッチェ、脳みそ夫、バッドナイス常田、ハリウリサ、フタリシズカ、紅しょうが、Mr.シャチホコ、みなみかわ、りんご ※五十音順


映画情報どっとこむ ralph 尼神インターの女芸人激白ファイル!
悩みやトラブルを抱えている女芸人が勇気を出して告白する企画!
先輩芸人をボコボコにした尼神インター渚に、一同納得の理由が!
しかし唯一納得できない先輩芸人の反撃とは!?
さらに涙あり、ドッキリありの恋愛告白に爆笑の渦!

斎藤工が「システマ」をマスター!?
斎藤工が気になっていたという、元ピーマンズスタンダードみなみかわの
「システマ」その場で「システマの神髄」を教わった斎藤工とみなみかわの
「システマ対決」!
あの斎藤工に「元プロキックボクサー芸人」の強烈なキックが炸裂!
果たしてその勝負の結果は!!

信頼ゲームでインスタ100万回再生!
テレビ初の「信頼ゲーム」をコロコロチキチキペッパーズが披露。
両手を合わせた手が顔にめがけて突っ込んでくるが、ギリギリで合わせていた手を離すというもの。そこで目を閉じてしまった人が負け。シンプルなゲームなのに、何故かスタジオ大爆笑!!

完コピするネタはどれだ選手権!
3組の芸人がネタを披露し、斎藤工が完コピをするネタを選ぶコーナー。
しかし斎藤工が選んだのは、絶対に選ばれないと思われていた衝撃ネタ!
まさかの展開に出演者、スタッフ、関係者が大パニック!!
歓声と奇声と悲鳴がスタジオ中に響き渡る!
その驚愕の光景は、間違いなく、ガヤ史上最高の伝説となる!!

映画情報どっとこむ ralph 『麻雀放浪記2020』
主人公“坊や哲”を演じる斎藤工は、10年の歳月をかけ、猛烈な熱量でこのプロジェクトを発信。1945年の《戦後》から東京オリンピックが中止となった2020年の新たな《戦後》へ“奴”はやってきた。その男の目に映るのは、彼の知る戦後とは別の意味で壊れたニッポンの姿。この一見絵空事のような未来に現れた“奴”の名は“坊や哲”!二十歳で童貞、幾多の劇戦賭博を制してきた若き天才ギャンブラー、坊や哲はが次に戦うのは、この未来の日本だったのだ!
原案は昭和の大傑作「麻雀放浪記」。かつて和田誠監督にも映画化され、今や250万部を超える阿佐田哲也の代ベストセラー。戦後アウトローを活写した、そのスピリットを受け継ぎながらも、『麻雀放浪記2020』は唯一無二の娯楽エンタテインメントへと独自の進化を遂げた。
監督は『孤狼の血』で「ブルーリボン賞」「日本アカデミー賞」など今年度映画賞総なめの白石和彌。いま最も攻めてる監督が、過去作を超越する熱きアウトサイダーと問題提起を炸裂させます。麻雀映画で今の日本に新たなページを刻みます。

***********************************

キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、小松政夫 / 竹中直人 ほか

企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
監督:白石和彌
  


崎山つばさ・植田圭輔・最上もが 新宿裏社会で生きていけるのは誰!?『クロガラス1』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 崎山つばさが映画初出演にして初主演!映画『クロガラス』。
2部作となる本作は、2019年3月9日(Part.1)、3月30日(Part.2)より1週間限定レイトショーにて公開となります。

崎山に加え、植田圭輔、最上もががチームを組んだ解決屋“クロガラス”が、歓楽街新宿の裏社会で起こるトラブルに立ち向かいます。

そして、その劇場公開を記念して、初日舞台挨拶が行われ解決屋“クロガラス”のメンバーである崎山つばさ(黒斗役)、植田圭輔(悠哉役)、最上もが(日菜役)の3名が登壇しました。


映画『クロガラス1』舞台挨拶付上映会
日時:3月9日(土) 
会場:シネマート新宿
登壇:崎山つばさ(黒斗役)、植田圭輔(悠哉役)、最上もが(日菜役)

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手と歓声の中、キャストが登壇!

崎山さん:皆さん観たばかりですよね!プラスのいい時間になったらなと思っています。僕の初主演映画です。並々ならぬ思いで撮りました。作品の良さを伝えられたらと思っています。

植田さん:崎山さんの初主演映画。並々ならぬ思いをヒシヒシと感じて(笑)。勝手知ったるつばさと一緒なのと、もがちゃんがいる事。この参院でしか出せない関係性が印象深いものになっていると思います。

最上さん:えーーー。崎山さんの並々ならぬ努力。もとい。思いが詰まった作品になっています。堅苦しい!!!

と一言挨拶。ですが、最上さん何やら言いたいとのことで、

最上さん:本当は入ってくる順番、崎山さん最初なのに。植田さんが調子乗って先頭で入ってきて。普通主演最初でしょ!
崎山さん:俺もそう思った!(笑)

と怒られる植田さんは

植田さん:一番が好き!なのかな・・・・

とはぐらかす植田さん。

映画情報どっとこむ ralph 印象的なシーンは

崎山さん:机を蹴っ飛ばすシーン。クロガラスを印象付けるシーンとして監督と話していて、何度もやっていたら、蹴る度にもがちゃんが、びくっとするのが印象的でした。
最上さん:来るのわかってたのに、毎回、びくっとなってました。OKテイクはびくっとしてません!

植田さん:人生初チェインソーを握ったんです。本物。途中チェインソーの機嫌が悪くて。

最上さん:チャインソー待ち多かったよね!

と、撮影時の舞台裏を明かしてくれました。
注意点は?と問われ、

植田さん:あれは人に向けてはいけません!

と、笑いを誘っていました。

最上さん:なんでしょー早朝から初めて深夜になると、口が回らなくなって。事務所のシーンが長回しで、植田さんが寝ていたのが印象的でした。2回目以降は寝てるかも?をチェックして観て下さい!

と観客にアピール。付け加えて

崎山さん:そうそう、植えちゃんは赤ちゃんみたいなんですよ。バーッて喋って、寝ちゃう。
との言葉に、観客から可愛いの声。

映画情報どっとこむ ralph ここで企画!裏社会耐性心理テストを発表!。

裏社会に適応できて裏表があるのが、崎山さんと植田さん。最上さんは裏社会では生きられないと判断され・・・・。実は崎山さんと植田さんの答えが14問中13問一緒と言うなかなかの仲良しの結果だそう。

最上さんは、診断の詳細が結構当たっていたようで崩れ落ちる場面も。
最上さん:芸能界なんて裏社会みたいなもんじゃん!生きるのつらいもん!二人はきっと楽しいでしょ。この業界!心の奥底の黒い部分が一緒でしょ?

植田さん:そうかも。ポーズ一緒だもんね。やみ深いわ。

崎山さん:やみ深いか・・・・あんな質問でよくアタルよね。

と、企画終了!

映画情報どっとこむ ralph 最後に
崎山さん:このクロガラス2が3月30日に上映されます。その先3,4。それからドラマとか・・・漫画とかゲームとか。転回できたら思っています。皆さんの力を貸してください!今日はどうもありがとうございました。
と、和気あいあいな舞台挨拶を締めました。


映画『クロガラス1』
2019年3月9日より1週間限定レイトショー

映画『クロガラス2』
2019年3月30日より1週間限定レイトショー

公式Twitter:
@blackcrow2019

昨年の「第69回NHK紅白歌合戦」にミュージカル「刀剣乱舞」の刀剣男士として出演し、多くの女性ファンを熱狂させている崎山つばさが 映画初出演にして初主演!崎山に加え、植田圭輔、最上もががチームを組んだ解決屋“クロガラス”が、アジア最大の歓楽街「新宿の裏社会」で起こるトラブルに立ち向かいます。さらに、本作の主題歌には崎山本人が初めて作詞を手掛けた主題歌「Re:quest」を使用! 金さえ払えばどんな危ない仕事も引き受けるダークヒーロー“クロガラス”の活躍に是非ご期待下さい。


***********************************

劇場:シネマート新宿、シネマート心斎橋
出演:
エピソード1
崎山つばさ 植田圭輔 最上もが 西川俊介 出口亜梨沙 南圭介 / 菅田俊
エピソード2
崎山つばさ 植田圭輔 最上もが 浅川梨奈 栗林藍希 松林慎司 / 菅田俊
監督:小南敏也
主題歌:崎山つばさ「Re:quest」
©エイベックス・ピクチャーズ
  


岡田准一主演『ザ・ファブル』原作人気キャラ・ジャッカル富岡&河合ユウキの特別映像が到着


映画情報どっとこむ ralph 週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計発行部数320万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、いま一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』が実写映画化、6月21日(金)に全国公開を迎える。

圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称”ファブル”。そんな彼がボスから与えられた指令は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」だった!長年、裏の世界に身を置いてきた伝説の殺し屋は、一般人として無事1年間過ごすことができるのか!?

主人公のファブル/佐藤アキラ役には、アクション・演技ともに定評があり、さらに今回はコミカルな演技も多く求められる役柄に挑戦する、国民的俳優・岡田准一。そのほか超豪華キャスト共演で話題沸騰中!

昨日3月7日(木)には、初解禁のアクションシーン&個性的すぎるキャラクターも満載の予告映像が登場!さらに、原作でも人気のキャラクターである「ファブルを唯一大爆笑させる男」ジャッカル富岡(宮川大輔)と「ヨウコに酔い潰されるチャラ男」河合ユウキ(藤森慎吾/オリエンタルラジオ)の出演情報も発表されたばかり。

映画情報どっとこむ ralph 予告映像に続き今回、「これを観れば、キャラクターの魅力が丸わかり!?」な、ジャッカル富岡(宮川大輔)と河合ユウキ(藤森慎吾/オリエンタルラジオ)の特別映像を解禁いたします!

唯一ファブル/佐藤アキラ(岡田准一)を大爆笑させる芸人として登場するジャッカル富岡。
原作でもハイテンションな一発ギャグと出で立ちで大人気のジャッカルは、本作でも重要な役どころ。その一発ギャグ「なんで俺もやねん」のシーンを本邦初公開!!どうしても耳に残ってしまう中毒性が高すぎるリズムネタは、つい口ずさんでしまうこと間違いなし!

また、ヨウコ(木村文乃)をバーでナンパするも、完膚なきまでに酔い潰される河合ユウキのシーンの一部も初解禁!原作ファンの期待を裏切らない「チャラ男あるある」を体現した様子は爆笑必至。酔い潰される過程もテンポよく展開していますので、最後までお見逃しなく!

★特別映像:
「いま話題沸騰中の新人芸人」ジャッカル富岡編


★特別映像:
「世紀のプレイボーイ」河合ユウキ編


映画情報どっとこむ ralph 『ザ・ファブル』

6月21日(金)公開
<STORY>  
どんな相手も6秒以内に殺す――。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

***********************************


出演:
岡田准一 
木村文乃 山本美月 
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾 宮川大輔

佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市

原作:南勝久『ザ・ファブル』
(講談社「ヤングマガジン」連載)

監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
©2019「ザ・ファブル」製作委員会


岡田准一『ザ・ファブル』本予告映像解禁 宮川大輔・藤森慎吾の出演解禁


映画情報どっとこむ ralph 岡田准一『ザ・ファブル』 待望の予告編映像が解禁!


今回の映像では、ファブル(岡田准一)とフード(福士蒼汰)の壮絶銃撃戦シーンをはじめ、初解禁アクションシーンが満載! ボス(佐藤浩市)の命令で相棒のヨウコ(木村文乃)と共に普通の生活を満喫し始めたファブルが、初めて会った“普通”の女性ミサキ(山本美月)を、“誰も殺さずに救出する”という新たなミッションに挑戦する姿も描かれます。ファブルを取り巻く悪いヤツラ(福士、柳楽、向井、安田)も印象的に登場!どうファブルと対峙していくのか、期待が高まるとともに、佐藤アキラとして普通にアルバイトする中で“ハッピーな迫力”があるイラストの才能があることも明らかに!?激しいアクションだけでない、クスッと笑えるシーンにも期待です!

映画情報どっとこむ ralph 併せて、今まで誰が演じるのかベールに包まれていた人気キャラである、お笑い芸人”ジャッカル富岡”として宮川大輔、

宮川大輔/ジャッカル富岡
お笑い芸人。普段無表情であることが多い主人公ファブル(岡田准一)を持ち前の一発ギャグだけで唯一大爆笑させることができるという原作でも本作でも”重要な”役どころ。

宮川大輔コメント:
ジャッカル富岡は原作で非常に人気のキャラクターで、ファンの間では誰が演じるのか話題沸騰と聞きました。しかも岡田准一さん演じる伝説の殺し屋が唯一爆笑する芸人役ということで、その重要さを受け止め、魂を込めて演じました。ジャッカル富岡のシーンは、撮影全体の終盤に行われたので、先にアップしたキャストの皆様のバトンをつなぐ気持ちでやらせていただきました。衣装は上半身が裸にネクタイだけなので腹が出ていた方が面白いと考え、前日には特盛3杯食べて出来る限りの役作りをしました。



そしてチャラ男の“河合ユウキ”として藤森慎吾(オリエンタルラジオ)

藤森慎吾(オリエンタルラジオ)/河合ユウキ
ヨウコ(木村文乃)がバーで出会う客。お酒が大好きなヨウコ(木村文乃)を「チャラ男あるある」を駆使し口説こうとするも逆に弄ばれて潰されてしまう、どこか憎めないキャラクター。

藤森慎吾コメント:
ヨウコ役の木村文乃さんとの共演で、終始ドキドキ、大興奮の現場でした!その木村さんに鼻にピスタチオを詰めていただけるというのは、たまらない経験でした!両方の鼻にピスタチオを詰められて、片方だけ落ちるという難しい撮影もあったので、木村さんとは入念にリハーサルをしました!演じさせていただいた河合ユウキは、ずっと女の子のことばっかり考えているどうしようもない奴ですが、憎めない可愛げのある奴だと思います!そんな河合の滑稽な様子に、笑ってもらえたら嬉しいです!


の出演情報も解禁。

予告編内にもジャッカル富岡のシュールなギャグを見て爆笑するアキラの姿が!“河合ユウキ”はヨウコ(木村文乃)をバーで口説こうとするも、逆にヨウコに潰されてしまうダメなチャラ男という原作でも人気のキャラクターです。

映画情報どっとこむ ralph 『ザ・ファブル』

6月21日(金)全国公開です。

物語・・・
どんな相手も6秒以内に殺す――。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる
存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。
殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

***********************************


出演:岡田准一 
木村文乃 山本美月 
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾 宮川大輔

佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市

原作:南勝久『ザ・ファブル』
(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
©2019「ザ・ファブル」製作委員会


2.5次元俳優の神7「崎山つばさ」出演映画『クロガラス』舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 2部作となる本作は、2019年 3月9日(Part.1)、3月30日(Part.2)より1週間限定レイトショーにて公開されます。

この度、映画『クロガラス』の舞台挨拶付上映会の開催が決定しました。

『クロガラス1』の映画公開初日となる3月9日(土)には、 解決屋“クロガラス”のメンバーである崎山つばさ(黒斗役)、植田圭輔(悠哉役)、最上もが(日菜役)の3名が登壇。また翌日 の10日(日)には崎山に加え、『クロガラス1』の依頼人で新人ホスト・和輝役を演じる西川俊介と突然姿を消した常連客・舞衣役 の出口亜梨沙、小南敏也監督の4名が登壇し、ご挨拶します。


さらに、『クロガラス2』の映画公開初日となる30日(土)にも、 崎山、植田、最上の3名が登壇!崎山をはじめとするキャスト陣と小南監督が、撮影中のエピソードや映画公開を迎えた心境などに ついて語ります。


チケットは、2月26日(火)12:00よりプレイガイドにて一般先着発売が開始となりますが、崎山つばさと植田圭輔の オフィシャルファンクラブでは2月23日(土)18:00~2月24日(日)23:59にて先着発売、最上もが公式LINEアカウントでは 2月25日(月)12:00~2月25日(月)23:59にて先着発売されます。

映画情報どっとこむ ralph 【『クロガラス』舞台挨拶付上映会 概要】

<登壇予定>
◆3月 9日(土)
崎山つばさ、植田圭輔、最上もが
16:40の回(上映終了後)、19:05の回(上映開始前) 21:15の回(上映開始前)

◆3月10日(日)
崎山つばさ、西川俊介、出口亜梨沙、小南敏也監督
8:30の回(上映終了後)、10:45の回(上映開始前)

◆3月30日(土)
崎山つばさ、植田圭輔、最上もが
16:15の回(上映終了後)、18:30の回(上映開始前) 20:35の回(上映開始前)

<上映劇場>
シネマート新宿 (東京都新宿区新宿3丁目13番3号新宿文化ビル6F・7F)

<一般先着発売>
期間:2月26日(火)12:00~
○『クロガラス1』舞台挨拶付上映会(3月9日、3月10日)
受付URL:https://l-tike.com/blackcrow2019

○『クロガラス2』舞台挨拶付上映会(3月30日)
受付URL:https://l-tike.com/blackcrow2-30

※抽選販売ではなく、先行販売となります。
※一般先着販売開始前に、登壇者ファンクラブによる先着発売がございます。 詳細に関しましては、リリースの2ページ目をご確認下さい。
<料金> 2,000円(税込/全席指定)
※先着順となり、チケットは所定枚数が無くなり次第終了致します。
※座席指定はできません。
※別途プレイガイド手数料がかかります。
※特別興行のため各種割引サービスは適用外となります。
<主催> エイベックス・ピクチャーズ株式会社

映画情報どっとこむ ralph 【『クロガラス』舞台挨拶付上映会 概要】

<登壇者ファンクラブによる先着販売スケジュール>

崎山つばさファンクラブ、植田圭輔ファンクラブ先着発売
期間:2月23日(土)18:00~2月24日(日)23:59

崎山つばさ
オフィシャルサイト:
https://sakiyama-tsubasa.net/

植田圭輔
公式チャンネル:
https://ch.nicovideo.jp/uechannel

※決済方法はクレジットカードのみの受付となります。

●最上もが公式LINEフォロワー先着発売
期間:2月25日(月)12:00~2月25日(月)23:59
※決済方法はクレジットカードのみの受付となります。

<注意事項>
※登壇者、上映時間は変更になる場合がございます。
※劇場内は、カメラや携帯端末などのいかなる機材においても録音/録画/撮影を禁止しております。 このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除の上ご退場いただきますので、予めご了承ください。
※上映会場にマスコミ取材が入る可能性がございます。撮影などでお客様が映りこむ可能性がございますので、予めご了承ください。

<チケット販売に関するお問合せ>
ローソンチケットインフォメーション
0570-000-777 (10:00~20:00)
※自動音声のご案内の後、オペレーターへおつなぎします。

映画情報どっとこむ ralph 映画『クロガラス1』
2019年3月9日より1週間限定レイトショー

映画『クロガラス2』
2019年3月30日より1週間限定レイトショー

公式Twitter:
@blackcrow2019

昨年の「第69回NHK紅白歌合戦」にミュージカル「刀剣乱舞」の刀剣男士として出演し、多くの女性ファンを熱狂させている崎山つばさが 映画初出演にして初主演!崎山に加え、植田圭輔、最上もががチームを組んだ解決屋“クロガラス”が、アジア最大の歓楽街「新宿の裏社会」で起こるトラブルに立ち向かいます。さらに、本作の主題歌には崎山本人が初めて作詞を手掛けた主題歌「Re:quest」を使用! 金さえ払えばどんな危ない仕事も引き受けるダークヒーロー“クロガラス”の活躍に是非ご期待下さい。



***********************************

劇場:シネマート新宿、シネマート心斎橋
出演:
エピソード1
崎山つばさ 植田圭輔 最上もが 西川俊介 出口亜梨沙 南圭介 / 菅田俊
エピソード2
崎山つばさ 植田圭輔 最上もが 浅川梨奈 栗林藍希 松林慎司 / 菅田俊
監督:小南敏也
主題歌:崎山つばさ「Re:quest」
©エイベックス・ピクチャーズ