「ライブ」カテゴリーアーカイブ

『尾崎豊を探して』全国公開決定!特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 尾崎豊のデビュー当時から二十代前半の圧巻のライブ映像と貴重な映像記録で構成された『尾崎豊を探して』が、「ライブ・ビューイング・プレミアム」として2020年1月全国公開が決定しました。

『尾崎豊を探して』

この映画はあなた自身を探す旅になるかもしれない。

『尾崎豊を探して』
人がつくりあげたルールの中で生きていく苦悩を歌に託し、優しさとは何か、愛するとは何かを求め続け、わずか26歳の若さで夭折した尾崎豊。『卒業』『I LOVE YOU』『シェリー』『15の夜』、いまもって宝石のような輝きを放つ尾崎の歌は何を伝えようとしていたのか。新宿ルイードの初ライブにさかのぼり、地方公演、ニューヨーク、大阪球場、国立代々木競技場、そしてなにげない日常まで、400時間にも及ぶ映像記録から断片をひろい集め、糸をつむぐようにより合わせた「尾崎豊を探す旅」。映像作家・佐藤輝の執念に突き動かされた編集作業を経て、初めて陽の目をみるありのままの尾崎豊がここにいる。

いまを生きるすべての若者と、同時代を生きてきた永遠の青春に捧げる感動のオマージュ。

映画情報どっとこむ ralph 須藤 晃(音楽プロデューサー)
泣きながら『卒業』を歌う尾崎の映像を初めて見た。そこに彼の隠しきれない秘密を見た気がした。
彼を追いかけているだけの時間だった気がする。絶対に追いつかない、捕まえようとするとふっと消えてしまうような。彼の言おうとすることを作品に落とし込むことだけに必死だった。正体を見たことはなかったんじゃないかと不安になったことが何度もある。

映画情報どっとこむ ralph 尾崎豊の人生にまっすぐ真剣にぶつかってケジメをつける。
青くさいですが、それが大人としての僕たちの責任だと思います。



『尾崎豊を探して』

2020年1月全国公開

公式HP 
ozakisagashite.jp

公式twitter
@official_ozaki
『尾崎豊を探して』ポスター
映画情報どっとこむ ralph 《 LIVE VIEWING PREMIUM(ライブ・ビューイング・プレミアム)とは 》
ライブ・ビューイング・ジャパンは、有名アーティストの伝説のライブやチケットが入手困難な貴重なライブを最新の技術で収録し、そのアーティストの魅力を最大限に引き出すこだわりの編集を行い、鑑賞しやすいチケット料金と来場しやすい上映期間を設け、映画やライブの粋を超えた新しいライブ映像で演出した映像作品をお近くの映画館よりお届けします。映画館が新しい音楽空間に生まれ変わります。今後も伝説のライブや今なお活躍するアーティストの収録ライブ映像作品をラインナップに展開していきます。

***********************************

監督・撮影・編集:佐藤輝 プロデュース:須藤晃/御領博/福田信 
制作:テル・ディレクターズ・ファミリィ 制作協力:アイソトープ/カリントファクトリー
製作:『尾崎豊を探して』製作委員会(ライブ・ビューイング・ジャパン/マザーエンタープライズ/ソニー・ミュージックレーベルズ/東京テアトル/グランドマザーミュージックビジョン/KDDI)
配給:東京テアトル/ライブ・ビューイング・ジャパン  
タイトル&キャッチコピー:日暮真三 ポスターデザイン:十河岳男
2019年/カラー/16:9/STEREO/95分/DCP  PG12
(C)2019「尾崎豊を探して」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松竹ブロードウェイシネマ『42ndストリート』バークレイ・ショット画像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 既に、予告編映像が解禁となった松竹ブロードウェイシネマ『42ndストリート』。


この中に、カレイドスコープ(万華鏡)の様な、群舞のダンサーを絶妙な上の位置から撮影しているシーンがあります。

これが、「バークレイ・ショット」と言われていて、今では大変、有名な手法です。この「バークレイ・ショット」の生みの親がバスビー・バークレイ、1933年公開の映画『四十二番街』の振付担当です。

1930年代からのミュージカル映画で、「個人技(個人芸術)」としてのダンスシーンを一人で完成させたのが『踊るニューヨーク』等の俳優・ダンサー・歌手のフレッド・アステア(1899〜1987)とするならば、「群舞」としてのダンスシーンを完成させたのが『四十二番街』(振付)『私を野球につれてって』(監督)等の振付師・監督のバスビー・バークレイ(1895〜1976)ではと言われても過言ではありません。二人とも元々は、舞台出身です。

バークレイの振付は「質より量」。彼の「群舞」のダンスはスクリーンを埋め尽くし、繰り広げるマスゲームと化します。

舞台出身の彼は映画の世界で「舞台では表現できないダンスシーン」の演出を試みました。その代表が「万華鏡ショット(バークレイ・ショット)」。ダンサーたちの群舞を真上から撮影。舞台では前後の奥行きがあるため、ダンサーを円形に配置して踊らせても、客席からそれが円形になかなか見えないはず。しかし映画なら撮影ステージの上で円を描いて踊るダンサーたちを真上から撮影することで、完全な円形を作り出すことが可能。映画の中では数十人、数百人のダンサーたちが、画面の中で何重もの同心円を描いて踊り、ダンサーたちの動きは音楽とシンクロして、万華鏡のような千変万化の幾何学模様を描くことができます。

バークレイショット①_42ndストリート バークレイショット①_42nd ©BroadwayHD

本作『42ndストリート』では、舞台で不可能だったシーンの再現に成功しました。10/18(金)より公開の『42ndストリート』でもそれを観ることができます。

映画情報どっとこむ ralph 42ndストリート

10.18(金)から東劇(東京)先行限定公開、10.25(金)よりなんばパークスシネマ(大阪)、ミッドランドスクエア シネマ(名古屋)ほか全国順次限定ロードショー!

公式:こちら

本作『42ndストリート』は、1933年公開の大ヒット・ミュージカル映画『四十二番街』を舞台化した作品です。『四十二番街』は、ミュージカル映画の画期的な位置にありました。この舞台を特別に撮影、編集し、日本語字幕を付けたのが、今回の『42ndストリート』です。

撮影には何台もの高性能カメラを使用し、映画館でもお楽しみ頂ける映像に仕上げました。群舞シーンの本番では、約50人はいるであろう大人数のダンサー達が、生き生きと迫力たっぷりに踊りあげます。その姿は、一度観たら絶対に忘れられない光景です。そして、もう1つ忘れてはならないのは、「希望」と言うストーリーです。

主役のペギーは、夢を胸に秘め、新しい世界へ飛び立とうとします。でもそこには、色々な困難が立ちはだかります。ペギーに限らず、誰だってそんな経験があるはずです。そんな時、「希望」と言う名の笑顔で前進して欲しい―。そんな願いがこの作品には込められています。世界中で大人気の『42ndストリート』で約2時間の旅行をお楽しみください!


【STORY】
今は心も体もボロボロに弱っているジュリアン・マーシュは、演出家として新作ミュージカルに全力投球していた。その最中、プレミア前日に、主演女優のドロシー・ブロックが怪我をしてしまう。その代役に選ばれたのは、群舞の中の一人である、ペギー・ソイヤーだった。厳しい世界で、果たしてジュリアンとペギーは成功出来るのであろうか……。

***********************************

配給:松竹
©BroadwayHD
演出・共同脚本:マーク・ブランブル  
共同脚本:マイケル・スチュワート
出演:クレア・ハルス、ボニー・ラングフォード、トム・リスター他
英国/2018/ビスタサイズ/135分/5.1ch 日本語字幕スーパー版




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

BTS 新作映画 『BRING THE SOUL: THE MOVIE』 日本での公開情報が解禁


映画情報どっとこむ ralph 世界中を熱狂させている韓国のグローバルスーパースター、BTSの新作映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』が、8月7日(水)に全世界同時公開することが先月韓国で発表されましたが、日本での公開情報が解禁しました。

ポスタービジュアル、予告映像、そして上映劇場、前売券の情報などが正式発表されました。

本作は、2018年BTS WORLD TOUR“LOVE YOURSELF”当時、ソウルを皮切りに数多くの都市を巡り、ヨーロッパツアーの長旅を終えたBTSが、ツアー最終日翌日。フランス・パリの小さなルーフトップテーブルで開かれた、ささやかな打ち上げでのメンバーらの会話からツアーを振り返っていく内容となってます。
BTS『BRING-THE-SOUL:THE-MOVIE』 BTS『BRING-THE-SOUL:THE-MOVIE』 BTS『BRING-THE-SOUL:THE-MOVIE』 BTS『BRING-THE-SOUL:THE-MOVIE』 BTS『BRING-THE-SOUL:THE-MOVIE』 BTSのWORLD TOUR公演はもちろん、スポットライトが消えた後の彼らの素顔、数多くのステージを経験し、そしてまた新しい都市に出会う彼らの想いなど、ステージとステージ裏で行き来する7人の少年たちの輝く旅を描いています。

BTSメンバー7人の色とりどりの魅力が込められている『BRING THE SOUL: THE MOVIE』は、彼らの正直で真っ直ぐな姿と、ときめきと感動を一緒にお届け致します。

世界中でBTS旋風を巻き起こしている彼らの様々な表情をスクリーンで感じることのできる、まさにファンへのプレゼントのような作品は、8月7日(水)全世界同時公開です。

映画情報どっとこむ ralph 七色の表情が詰まったポスタービジュアルも初公開!
ステージ上でファンを見つめているBTSメンバーの表情を収めており、幸せな笑みを浮かべる姿から感動に濡れる表情まで、ファンたちに向けられたBTSメンバーの心をそのまま感じられる姿を、夢幻的な色合いに温かい感性を加えた世界観で表現!
BTS『BRING-THE-SOUL:THE-MOVIE』
映画情報どっとこむ ralph 『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告映像(60秒)、同時解禁!!
大観衆を熱くさせる7人の熱狂的なステージパフォーマンスから、「韓国公演はいつも緊張する」と本音を語り合ったり、  
純真な笑顔を見せる普通の20代の姿まで、様々な魅力がふんだんに詰め込まれた圧巻の予告映像も同時に解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 7月18日(木)より、ムビチケカード(劇場購入特典付き)が発売決定!
BTS『BRING-THE-SOUL:THE-MOVIE』
【劇場購入特典】 
映画オリジナル特製ポストカード
※ムビチケ1枚につき、ポストカード1枚
※種類は1タイプのみ
※数量限定、なくなり次第終了

全国の上映劇場情報は、シアターページをご覧ください。

BTS『BRING-THE-SOUL:THE-MOVIE』
『BRING THE SOUL: THE MOVIE』

全国135館での上映!!
2019年8月7日(水)~8月18日(日)全国限定ロードショー

「Lights/Boy With Luv」7月3日発売
好評発売中!


***********************************

監督:パク・ジュンス
エグゼクティブ・プロデューサー:“HITMAN”BANG
出演:BTS(RM、SUGA、JIN、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOK)
制作:Big Hit Entertainment / CAMP Entertainment
配給:東宝映像事業部
上映時間:1時間44分
©2019 BIG HIT ENTERTAINMENT Co.Ltd., ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「クイーン」のフレディ・マーキュリーが愛したオペラの世界《カルメン》 MET ライブビューイング


映画情報どっとこむ ralph ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET メト )の世界最高峰の最新オペラ公演を大スクリーンで楽しむ MET ライブビューイング。
人気オ ペラ、ビゼー《カルメン》が3月8日(金)~14日(木)まで 1 週 間限定で全国公開となります。 魔性の女の虜になった瞬間、男の運命が狂い出す!
Maria Kowroski and Martin Harvey as solo dancers during the overture to Act I of Bizet’s “Carmen.”Taken at the Metropolitan Opera during the dress rehearsal on December 23, 2009.Metropolitan Opera

追えば逃げる、逃げれば追う、現代の恋愛劇にも通じる永遠の恋の法則をオペラ化した大ヒット作!様々な映画やCMで使われているヒットメロディ満載のオペラ《カルメン》は、オペラ初心者でも楽しめるオペラの代表作です。
《カルメン》は数々の映画やCMで楽曲使用されている名作。先日 第 91 回アカデミー賞にて、フレディ・マーキュリー役を演じたラミ・ マレックが主演男優賞を受賞したことでも話題の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、劇中の重要 なシーンで《カルメン》のテーマ曲ともいえる〈ハバネラ〉が登場します。


ロックバンド「クイーン」のボー カルでありながら、オペラにも深く傾倒していたフレディ・マーキュリー。MET ライブビューイング《カルメン》の上映に先駆け、フレディ・マーキュリーとオペラ、ロックとオペラの世界について、音楽ライタ ーの小田島久恵さんにご執筆いただきました。

映画情報どっとこむ ralph フレディ・マーキュリーが愛したオペラの世界が躍動する《カルメン》

第91回アカデミー賞で 4 冠を獲得し、主役のフレディ・マーキュリーを演じたラ ミ・マレックは初ノミネートで見事主演男優賞を受賞した『ボヘミアン・ラプソデ ィ』。2018 年に公開されて 4 か月目に入るのに、まだ一向にフィーバーがおさまら ない『ボヘミアン…』現象だが、あの映画にはとても印象的なシーンがある。レコ ード会社の重役室に呼ばれたロックバンド「クイーン」のメンバーは、「次も『キラ ー・クイーン』のような曲を書いてヒットを飛ばせ」と命令されるのだが、フレデ ィは「次の俺たちのアルバムはオペラだ!」と言い放ち、アナログプレイヤーでビゼ ーのオペラ《カルメン》の、有名な楽曲〈ハバネラ〉をかけるのだ。重役は「今さ ら誰がオペラなんて聞くか!」と怒り狂うが、バンドメンバーたちは言うことをきか ない。フレディとクイーンがこのとき構想したアルバムは『オペラ座の夜』(1975) となり、英国や日本のみならず全米も制覇して全世界でヒットし、クイーンの名を 不朽のものにする。あの名曲『ボヘミアン・ラプソディ」もこのアルバムに収録された。

フレディはオペラを愛していた。ロック・ミュージシャンとして不動の地位を築 いた後も、歌手としての理想はつねにオペラ的な世界にあった。映画では、成功し ていくにつれ期待が高まっていく運命を恐れ「これからは絶対に、音程を外せなくなる…」と青ざめた表情で恋人の メアリーに心の内を明かすシーンがあるが、彼が目指していた歌唱の完成度は、オペラの次元に近いところにあった のだ。正確な音程、きらびやかな高音と伸びやかな発声、そして技巧的でドラマティックな表現力である。そこには 厳しさがある。ただシャウトして観客をノセればいいのではない。緻密に作った物語を聴かせること、入念なトレー ニングでパーフェクトな声を聞かせること、派手な衣装で「何か」を演じること…それは見事にオペラの美意識に通
じていた。フレディは晩年近く、当時のオペラ界の大スター歌手モンセラート・カバリエとデュエットも録音してい る。バルセロナ・オリンピックまで生きていれば、彼女とセレモニーでデュエットを歌う予定だったのだ。

ロックとオペラは遠いようで、意外に近い関係にある。オペラの 世界にもカリスマやスターたちがいて、夏の音楽祭ではスタジアム をいっぱいにしてスクリーンに顔を映し出しながら熱唱する。オペ ラの物語にはロックのライヴに負けないドラマティックな感動と胸 騒ぎがあるし、歌われているのはたいてい愛とか恋とか嫉妬のこと だ。そして、一度好きになると、どんどんのめりこんでしまうとい う点も似ている。とても中毒性の高いジャンルなのだ。CD や DVD を 鑑賞しているだけでは満足できなくなると、生の舞台を観たくなり、 オペラのさまざまな「聖地」に旅したくなる。海外に行かなくても 日本にもオペラハウスがあるし、海外の劇場も引っ越し公演で年に 何度かやってくる。私自身、オペラの公演に足を運ぶ時の気分は、 昔ロックのコンサートに行くときの気分とかぶってしまうのだ。一緒に歌ったり頭を振ったりはしないけれど。

フレディの映画の魅力は、台本のこまごまとした部分よりも、歌のシーンに集約されていたと思う。ラミ・マレッ クがアカデミー賞主演男優賞をとったのも、歌うスターであるフレディがあまりに特異で、桁外れの魅力をもってい たからではないか。オペラにも、フレディのようなシンガーがたくさんいる。信じられない高音を連続して出すテノ ール、どんな女優よりも濃厚な演技をするソプラノ、妖艶で悪い女にもなるメゾ、最強の女たらしにもなるバリトン …これらの歌手の魅力が溢れ出すのは、やはりオペラと言う物語の世界の中だ。オペラには魔法のような魔力がある。


食わず嫌いなら、まず最初に《カルメン》を見てみるのはどうだ ろう。フレディが映画でかけていたあのオペラである。退屈なシー ンがひとつもなく、すべてがハイライトシーンのような完璧なエン ターテイメントの世界で、哲学者のニーチェもこのオペラの大ファ ンだった。 〈ハバネラ〉〈 セギディーリャ〉〈 闘牛士の歌〉など、耳 にした瞬間「あっ、知ってる」と思う曲も多いはずだ。そこから、 さらに好きな歌が増えていく。エキサイティングな場面の連続に釘 付けになる。オペラ歌手がすごいのは、やはり演技しながら、素晴 らしく正確な音程で歌うことだ。高音のシーンは特に興奮する…彼 らも命懸けで究極の声を出しているのだ。それが成功するかどうか …観客も見守る。われわれも見守る。歌手の冒険が成功したときの
大きな歓声は、オペラならではのものだ。

メトロポリタン歌劇場の上演を映画館で観られる MET ライブビューイングは、『ボヘミアン・ラプソディ』に夢中になった人々が次に訪れるべきスクリーンだ。フレディが愛した世界が生き生きと躍動している。《カルメン》でドン・ホセ役を歌うロベルト・アラーニャはオペラ歌手でありながらポップスのアルバムも出すなど魅力的で、ストーリーは刺激的、映像にはダイナミックな迫力がある。「クイーンみたいな」バンドがもはやいない今、ファンが見る べきものはオペラしかない、とも思う。一年後には、お気に入りの歌手の名前をズラリと語れるオペラ・マニアになっているかも知れない。
(音楽ライター 小田島久恵)

映画情報どっとこむ ralph ★魔性の女に魅入られた男の運命やいかに! あの『ボヘミアン・ラプソディ』にも使われた傑作オペラ!
MET ライブビューイング 2018-19 ビゼー《カルメン》
2019 年3月8日(金)~14日(木) 東劇・新宿ピカデリーほか全国公開
指揮:ルイ・ラングレ
演出:リチャード・エア
出演:クレモンティーヌ・マルゲーヌ、ロベルト・アラーニャ、アレクサンドラ・クルジャック
***********************************


舞台写真(c)Marty Sohl/Metropolitan Opera




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「ルパパト ファイナルライブツアー2019」キャラクターソングの歌唱決定!


映画情報どっとこむ ralph 2月10日(日)遂に最終回を迎えた大人気テレビ番組「快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー」(午前9:30~テレビ朝日系)。そのフィナーレを飾るイベント「快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー ファイナルライブツアー2019」。

この度、公演内第二部のキャストトークショーにおきまして、出演キャストによるキャラクターソングの歌唱が決定しました。

昨年発売されたアルバム「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー VSキャラクターソングアルバム」に収録されてる曲を歌唱する本企画。

1月23日(水)に日本武道館にて開催されたライブイベント「超英雄祭」にて結木滉星(パトレン1号/朝加圭一郎 役)と工藤遥(ルパンイエロー/早見初美花)の2名による熱唱も好評を博しましたが、今回のツアーでは全キャストが各会場日替わりで歌唱します。


映画情報どっとこむ ralph 各会場の歌唱スケジュールも今回解禁となりました。

3月17日(日) “静岡(静岡市民文化会館)”
10:00
12:45
15:30
伊藤あさひ(夜野魁利) 奥山かずさ(明神つかさ)

3月21日(木・祝) “浜松(アクトシティ浜松)”
10:00 12:45 15:30
工藤遥(早見初美花) 結木滉星(朝加圭一郎)

3月24日(日) “札幌(札幌文化芸術劇場 hitaru)”
11:30 15:00
伊藤あさひ(夜野魁利) 横山涼(陽川咲也)

3月31日(日) “仙台(仙台プラザホール)”
10:00 12:45 15:30
元木聖也(高尾ノエル) 奥山かずさ(明神つかさ)

4月6日(土) “名古屋(日本特殊陶業市民会館 フォレストホール)”
14:00
濱正悟(宵町透真) 横山涼(陽川咲也)

4月7日(日) “名古屋(日本特殊陶業市民会館 フォレストホール)”
10:00 12:45 15:30
濱正悟(宵町透真) 横山涼(陽川咲也)

4月13日(土) “広島(広島文化学園 HGBホール)”
10:00 12:45 15:30
工藤遥(早見初美花) 元木聖也(高尾ノエル)

4月14日(日) “福岡(福岡サンパレス)”
12:30 15:30
濱正悟(宵町透真) 結木滉星(朝加圭一郎)

4月20日(土) “大阪(オリックス劇場)”
10:00 工藤遥(早見初美花) 横山涼(陽川咲也)
13:00 濱正悟(宵町透真) 奥山かずさ(明神つかさ)
16:00 “伊藤あさひ(夜野魁利)/結木滉星(朝加圭一郎)/元木聖也(高尾ノエル)

4月21日(日)
10:00 工藤遥(早見初美花) 横山涼(陽川咲也)
13:00 濱正悟(宵町透真) 奥山かずさ(明神つかさ)
16:00 “伊藤あさひ(夜野魁利)/結木滉星(朝加圭一郎)/元木聖也(高尾ノエル)

テレビでは観られない、キャストの熱唱にご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph そして!映画サイトなので・・・こちらもご紹介!

劇場版のBlu-ray・DVDは好評発売中!

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン・フィルム)』

全てのギャングラー犯罪の消滅と、ルパンレンジャーの正体を暴くため来日した名探偵、エルロック・ショルメ。ギャングラーからの襲撃に備え警備するパトレンジャーと、ギャングラーを狙って登場したルパンレンジャー。快盗VS警察…VS探偵!?三つ巴の混戦のなか、レッドと1号が異世界にさらわれた!?陰謀をかいくぐり、ピンチを切り抜ける術は、絶対の決意を抱く2人の共闘!“厄介な”快盗と“面倒くさい”警察。“ありえない”コンビが立ち上がる!




***********************************

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ