「ミュージカル」カテゴリーアーカイブ

クラウドファンディング締め切り迫る!『とってもゴースト』角川監督インタビュー


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル映画を日本に根付かせる活動をしてきた角川裕明監督が手掛ける次回作は音楽座さんのオリジナルミュージカル「とってもゴースト」。

現在、モーションギャラリーにてクラウドファンディング製作資金調達中。
ファンディングサイト

今週の2017年10月20日23:59締め切りを前に監督にインタビューをする機会をいただきました!
実は、記者自身ミュージカル好きで、音楽座さんの「とってもゴースト」は、何回か観劇させていただいた作品なので興味津々でインタビューに臨みました。


「とってもゴースト」映画化 角川監督インタビュー
日時:10月16日
ゲスト:角川裕明(かくかわひろあき)監督

映画情報どっとこむ ralph 角川監督自身も『レ・ミゼラブル』『エリザベート』『オーシャンズ11』などミュージカル作品に出られている俳優さん。スマートでイケメン。そして、ミュージカルへの熱が言葉の端々にほとばしります。先ずは、本作の映画化への経緯をお聞きすると

角川監督:日本ではミュージカル映画も少ないですし、オリジナルのミュージカルも少ないのが現状です。海外ではブロードウェイのミュージカルを映画化するという道が普通にあるのですが、日本にはない。ならば是非やってみたい。そんな話をSKIPシティーのプロデューサーにお話している時に、彼が懇意にしている音楽座さんに企画を持っていこうということになりました。私も元々ミュージカルを日本で広める活動と俳優として音楽座さんとはつながりがあったので、いくつか候補を持って行ったところ、音楽座さんも面白がってくれまして。今年の6月に再演した『とってもゴースト』を映画化しようということになりました。

と明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph とってもゴーストは、美貌の人気ファッションデザイナーが自動車事故で死んでしまうのですが、突然の事故死に自分が死んだことに気づかずに・・・と言うもの。既にファッションデザイナー入江ユキ役に安蘭けいさん、デザイナー志望の服部光司役に古舘佑太郎さんが決まっていて、このお二人にメインキャストを決めた理由を

角川監督:安蘭けいさんは、何度も共演させていただいていて、ぼくの監督作に出たいと冗談っぽく言われていたんです(笑)。今回役柄的にも実力的にも安蘭さんが適役だと思い、ダメもとでオファーしてみたらOKがでました。

と語る角川監督は、ミュージカルに対する思いも方向性も安蘭さんと似ている点も起用の一つだそう。そして、古館さんに関しては

角川監督:最初は役柄的に親子で1人を演じてもらおうと2世タレントを探していたんですね。その時に古舘佑太郎さんが気になってました。ただ脚本が進むにつれて、2世でなくてよい演出となり他を探したものの・・・どうしても彼自身の雰囲気と歌声が良くて。伝手がなかったので直接事務所にコンタクトしました。彼はミュージカルは初ですがミュージシャンでもあるので可能性を拡げたいとの古館さんの想いもあって出演が決まりました。

と。
そしてこの流れで、話が出たのが昨日出演することが解禁となったガイド役の永山たかしさんの事。

角川監督:本作で重要なガイド役を探していて、上映脚本をお願いしている方の関係で紹介されたのが永山たかしさんです。直ぐに会いに来てくれまして、内容を説明したら乗ってくれました。実力的にも人気的にも心強い方をキャスティングできました。

と嬉しそうな監督。記者的にはガイドは監督自身がされるのかと思ったと話すと

角川監督:監督をしながら出るのは、どっちつかずになるので、作品のクオリティーを上げるために監督に専念します。

とキッパリ。

映画情報どっとこむ ralph 他のキャストは、いつ頃決まりますか?と、お聞きすると

角川さん:オーディションを行います。締切は、2017年10月29日(日) 23:59 なので、やってみたいと思う人は挑戦して是非応募して欲しいですね。

とのこと、応募サイトはこちら

映画情報どっとこむ ralph ここで、失礼ながら低予算でファンタジーものの映画化は大変ではないかと聞くと?

角川さん:そこは、脚本と演出で一工夫します。ミュージカルやファンタジーになじみのない方達にも共感いただけるリアリティがあるものにしようと思っています。例えば、舞台版と違ってガイドの人物像、背景を描いたり・・・・。今はネタバレになるので明かせませんが楽しみにしてください。

とのこと。すると気になるのは音楽。楽曲スコアは、音楽座さんオリジナルでいくのか尋ねると

角川さん:メロディーラインと歌詞はなるべく世界観を保ちます。ただし、アレンジを効かせて今の時代を反映した物にと思っています。そのためにも今回はミュージカル畑の方ではなく、映像に音楽を付けることを多く手掛けているミュージシャンの方にアレンジをお願いしています。

と映画化するからこそ、新しい世界観も出していかれるそう。


最後に・・・

角川監督:日本人が喜ぶ違和感のないミュージカル映画にこだわって創っていきますが、今回はミュージカルの華やかな部分とダンスもしっかり見せて、ミュージカルの王道の部分も出していきたいなと思っています。

皆さんも、映画に参加してみませんか?

①クラウドファンディング製作資金調達中atモーションギャラリー:今週、2017年10月20日23:59締切
資金支援サイト 

②オーディション:2017年10月29日(日) 23:59 締切
オーディションサイト 

映画情報どっとこむ ralph
出演者のお二人からのコメントもどうぞ!

入江ユキ役:安蘭けいさん コメント
角川さんの日本ミュージカルに対する熱い思いに何か協力できないかと思っていたところに映画出演のお声 をかけて頂き、とても嬉しく思っています。しかも音楽座さんの名作で
とても素敵な作品なので楽しみで仕方が ありません。古舘さんとの共演もとても楽しみです!沢山の方に愛される映画になるよう、微力ながら全力を尽くしたいと思います!この出逢いに感謝です。


服部光司役:古舘佑太郎さんコメント
お芝居・歌・ダンスと、三つの要素が試されるミュージカル映画。音楽をきっかけに、この世界に入った僕にはうってつけだと息巻いていましたが、最近、実際にダンスをしてみて 一気に血の気が引きました。全く
経験な かった事を忘れていました!(涙)。でも、新しい事に挑戦するのが大好きなので、とても楽しみです。宝塚のトップとしてステージに立たれていた安蘭けいさんにミュージカルの美しさをとことん教えて頂きながら、普段バンドをやっている僕は僕なりの、“歌と映画”の可能性を探したいです

***********************************


劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」舞台挨拶付上映会が全16回追加決定!


映画情報どっとこむ ralph 11月4日(土)よりよりシネ・リーブル池袋他にて公開される劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』。
劇場版では、TVシリーズからのカットに新作カットを加え、台詞はすべて新規に収録。さらには新曲6曲を加え、全12曲もの歌で新たな物語を紡ぎます。​

そして!豪華キャスト陣登壇の舞台挨拶付上映会が川崎、名古屋、大阪、神戸、東京にて【全16回】追加決定しました。​

先立って、公開日の11月4日(土)に茜屋日海夏(立華リツカ役)、斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)、豊永利行(マリウス役)、吉村 愛(監督)が登壇するシネ・リーブル池袋での初日舞台挨拶付上映会が決定していましたが・・・・

好評につき、このたびTOHOシネマズ 川崎(川崎・11/5)、伏見ミリオン座(名古屋・11/11)、シネ・リーブル梅田(大阪・11/11、11/12)、シネ・リーブル神戸(神戸・11/12)での追加開催が決定しました。斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)をはじめとする豪華キャスト陣が、作品初となる関西を含む各地に登場します。また、 11月4日(土)に開催されるシネ・リーブル池袋でも16:05の回、18:05の回が追加となり、この2回には木村 昴(南那城メィジ役)の追加登壇が決定しました。​

映画情報どっとこむ ralph 立華リンド役・羽多野 渉からの見どころコメントも到着しました。​

立華リンド役・羽多野 渉からのコメントも到着。「大きなスクリーンや劇場の音響を使った、迫力のミュージカルシーン。アクマもヴァンパイアも歌います!」と、ミュージカルアニメならではの見どころを語りました。​

そして、舞台挨拶付上映会の一部が、観客参加型イベント「アクマと詠う上映会」になることも決定しました。 「アクマと詠う上映会」は、劇場内でのコール&レスポンス、ペンライトの使用やコスプレが可能なイベントで、観客が“アンサンブル”(ミュージカルで舞台を支える大切な存在で、主演キャスト以外の出演者のこと)として、作品に加わる(=出演する)ことのできる参加型の上映会となっています。 ​

11月4日(土)からの公開に向けて熱が高まる本作に、引き続きご期待下さい。​

映画情報どっとこむ ralph

物語・・・
立華リツカは、四皇學園に通う高校2年生の少女。見知らぬ誰かとの恋にあこがれながらも、日々変わらぬ穏やかな生活を送っていた。

それは、イギリスに留学中の兄、立華リンドが帰国する日。彼女は學園の生徒の憧れである、生徒会長・鉤貫レムからの呼び出しを受け、生徒会の面々と不思議な出会いを果たす。それは少し変わった1日。それだけのはずだった。しかし、帰宅した彼女が目にしたのは倒れた母親の姿。そして、フードを被った怪しげな男たち。彼らは、ヒトではなかった――。
***********************************

キャスト
立華リツカ:茜屋日海夏
鉤貫レム:斉藤壮馬
立華リンド:羽多野 渉
楚神ウリエ:近藤 隆
南那城メィジ:木村 昴
棗坂シキ:平川大輔
ローエン:鈴木達央
マリウス:豊永利行
葛葉アズナ:松田利冴
ジェキ:鈴木裕斗
ネスタ:小山力也
アンサンブル:劇場版をご覧頂くあなた


原案:岩崎大介(Rejet)
原作:グリモワール編纂室
監督:吉村 愛
脚本:金春智子
キャラクター原案:前田浩孝(Rejet)
キャラクターデザイン:高品有桂
音楽プロデューサー:藤田淳平
音楽:Elements Garden
音楽制作:DIVEIIentertainment
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
©グリモワール編纂室/Dance with Devils F 製作委員会


『ラ・ラ・ランド in コンサート』明日10月3日は名古屋公演、そして大阪公演へ!


映画情報どっとこむ ralph 『ラ・ラ・ランド』の興奮と熱狂が再び!

今年2月に日本公開され、多くの人々が文字通り「恋に落ちた」極上のミュージカル・エンターテインメント映画『ラ・ラ・ランド』.

巨大スクリーンでの上映&オーケストラの生演奏によるイベント上映が『ラ・ラ・ランド in コンサート』。明日10月3日は名古屋公演、そして大阪へ!
【ラ・ラ・ランド in コンサート 公演情報】

●名古屋公演:当日券 販売予定あり
2017年10月3日(火)18:00開場/19:00開演
会場:名古屋国際会議場 センチュリーホール
お問合せ:中京テレビ事業 
052-588-4477(平日10:00〜17:00)

●大阪公演:当日券 販売予定あり
日時:2017年10月4日(水)18:00開場/19:00開演
会場:フェスティバルホール
お問合せ:キョードーインフォメーション 
0570-200-888(10:00〜18:00)

上映作品:『ラ・ラ・ランド』
言語:英語上映・日本語字幕付き/音楽(作曲):ジャスティン・ハーウィッツ 
上演時間:2時間20分(途中休憩20分含む)
コンサート出演:指揮:エリック・オクスナー 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
*映画キャスト・シンガーは出演しません。
チケット価格:S席 9,800円/A席 7,800円
※全席指定・税込、未就学児入場不可
コンサート公式サイト 

映画情報どっとこむ ralph 【ラ・ラ・ランド】

ブルーレイ・DVD発売&TSUTAYA先行レンタル中
ブルーレイ・スタンダード・エディション4700円(本体)+税
DVDスタンダード・エディション3800円(本体)+税

デジタル配信中(発売元ギャガ/販売元ポニーキャニオン)
物語・・・
夢追い人が集まる街ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア(エマ・ストーン)は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。

ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。
彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから、二人はすれ違い始める。


監督・脚本:デイミアン・チャゼル『セッション』
出演:ライアン・ゴズリング『ドライヴ』、エマ・ストーン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、J・K・シモンズ『セッション』

提供:ポニーキャニオン/ギャガ
配給:ギャガ/ポニーキャニオン
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.
© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.




***********************************



チャラン・ポ・ランタン姉妹独特の目線で「ゆれる人魚」ジャパンプレミアでトーク at したコメ


映画情報どっとこむ ralph 2016年サンダンス映画祭、ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞をはじめ世界各国で数々の受賞を果たし、ユニークなビジョンと革新的デザインで世界中のファンタスティック映画ファンを魅了したポーランド映画「ゆれる人魚(英語題「THE LURE」)」が2018年春、新宿シネマカリテ他にて公開となります。ホラー・ミュージカル・マッシュアップ・ムービーです!

この度、本作の公開に先駆けて、9月15日(金)〜18日(月)に東京国立博物館・平成館にて開催中の「第10回したまちコメディ映画祭in台東」にて9月17日(日)に舞台挨拶付きジャパンプレミア上映が行われゲストに・・・・

本作のヒロインである人魚の姉妹にちなんで、テレビドラマ『逃げ恥』OPほかドラマ・映画・CM曲、アーティストへの楽曲提供など幅広いジャンルで活躍中の姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンが登壇。衣装や世界観がおとぎ話のようなチャラン・ポ・ランタンのふたりが、不思議な魅力に包まれた本作の魅力を、姉妹独特の目線で語りました。

「ゆれる人魚」ジャパンプレミア上映in第10回したまちコメディ映画祭in台東
日時:9月17日(日)
場所:東京国立博物館・平成館
登壇:チャラン・ポ・ランタン【もも(妹)/小春(姉)】

映画情報どっとこむ ralph 日本での公開決定の情報解禁とともにSNSを中心に話題沸騰となった本作のジャパンプレミア上映ということで、会場はいち早く本作を観たい映画ファンでいっぱい。

もも:今回のトークショーのお仕事の依頼を頂いてから、本作を観させて頂いたのですが、本当に私たちにマッチした作品で、この仕事のキャスティングをした人が素晴らしいと思いました(笑)。ジメジメした冒頭でありながら、華やかできらびやかで素晴らしかったです。ミュージカルシーンだけを切り取っても素晴らしく、ポップでありながら盛大で見どころ満載でした!80年代の音楽ということなのですが、私にとっては1周回って新しく、新鮮な感じがしました。

小春:私はオドロオドロしい童話が好きで、そういった物語を読んで曲を作ったりしていますが、この作品もすごく怖い部分もあり、それでいてミュージカルのシーンはCDアルバムのミュージックビデオを一気見しているような感覚がしてステキでした。本作のヒロインである姉妹の人魚を見て、こんなに色々なジャンルの音楽が出来る女の子二人組がいたら、事務所は黙っていないだろうなと思いました(笑)。


姉妹だからこその合図はありますか?

もも:決まったものは特に無いのですが、目配せすることはあります。ライブ中なんかも結構しています。(小春に対して)だよね!?通じてるよね!?

小春:通じてる、通じてる(笑)。こっちも「今それは言っちゃダメ」とか目で送ってるから(笑)

映画情報どっとこむ ralph ふたりのうち恋に落ちやすいのはどちら?

もも:私も小春ちゃんも恋に落ちるタイプだとは思いますが。

小春:ももは恋に落ちない!ももは、自分の軸が一本しっかりと通っているので、恋に落ちるという感じでは無いんです。


姉妹で好きな男性のタイプはかぶることはあるのでしょうか?

もも:私はどちらかと言うと真面目で、オタク気質な何かに対してすごくこだわりの強い人がタイプなんですが、小春ちゃんはことごとくだめんずウォーカーで、だめな男ばかり好きになってしまうんです。仕事を辞めてしまったりするような人ばかりです。それでいつも私が止めようとするということが多いです。

小春:確かに私はダメな男を好きになることが多くて、年上なのにやんちゃをしているような人が可愛らしく見えるんです。面倒見が良いようで凄く尽くすんですが、その人との別れ際になると、その可愛く見えていたやんちゃな部分が腹立たしく見えるんです(笑)
この映画では妹が人間に恋をして、それを姉が止めようとするのですが「私たちは映画とは真逆だな」と思いながら観ていました(笑)。

人生の大きな決断を迫られた時は?

もも:もともと小春ちゃんがアコーディオンをしていて、歌詞付きの曲を作った時に誘われたのが、歌い始めたきっかけでした。その時は本当に成り行きに流されるようにして歌い始めたのですが、歌っていく中で小春ちゃんや聴いてくれる人と出会って、人に必要とされていることを感じて「私は歌っていこう」と思うようになりました。

小春:7歳の頃に母と妹とサーカスを見に行ったのですが、その時に白塗りのピエロがアコーディオンを弾いているのを見たのがきっかけです。その日の帰りに母に「あの伸びるピアノが欲しい」と言ったのですが、「サンタさんにお願いしなさい」と言われてサンタクロースに手紙を書いたのを覚えています。それ以降、何をしても長続きしない私ですが、アコーディオンだけは辞めることなく続いています。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

もも:私たちも本作を観て「この映画の世界観良いな。素晴らしい映画に出会えたな」と思いました。皆さんも良いと思ったらSNS感想を広めて頂き、ひとりでも多くの人に観てもらいたいと思います。

小春:私はこの映画のことで、凄く同意したのは「ベーシストはおすすめしません」ということでした(笑)
是非観てみてください!

と締めました!

物語・・・
はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。
ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。
一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。
たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを駆り立てる。

新宿シネマカリテほか2018年春公開 

***********************************

監督:アグニェシュカ・スモチンスカ
出演:キンガ・プレイス、ミハリーナ・オルシャンスカ、マルタ・マズレク、
ヤーコブ・ジェルシャル、アンジェイ・コノプカ
2015年/ポーランド/ポーランド語/カラー/ DCP/92分
提供:ハピネット
配給:コピアポア・フィルム
宣伝:エレクトロ89 
© 2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE




ホラー・ミュージカルのニュー・ウェーブ「ゆれる人魚」したコメでプレミア


映画情報どっとこむ ralph 2016年サンダンス映画祭、ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞をはじめ世界各国で数々の受賞を果たし、ユニークなビジョンと革新的デザインで世界中のファンタスティック映画ファンを魅了したポーランド映画「THE LURE」。

本作の日本公開が、2018年春、新宿シネマカリテ他にて公開に決定し、邦題も「ゆれる人魚」に決定しました。


本作は、ポーランド映画界大注目株の女性監督、アグニェシュカ・スモチンスカ監督長編デビュー作。

共産主義時代下であった1980年代のポーランドを舞台とし、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」にツイストを加えた、ふたりの肉食人魚姉妹が主人公の少女から大人への成長物語をエネルギッシュでワイルドに描く、ホラー・ミュージカル・マッシュアップ・ムービーです。

映画情報どっとこむ ralph この度、第10回したまちコメディ映画祭in台東にて、公開に先駆け、9月17日(日)東京国立博物館・平成館にて本作『ゆれる人魚』が特別招待作品に選ばれ、ジャパンプレミアを実施します。

ジャパンプレミアには、テレビドラマ『逃げ恥』OPほかドラマ・映画・CM曲、アーティストへの楽曲提供など幅広いジャンルで活躍中の姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンがトークゲストとしてご登壇します!

チケットはチケットぴあにて発売中、ぜひお見逃しなく!

「ゆれる人魚」
(英語タイトル「THE LURE」)

Facebook:@yureruningyomovie  
Twitter :@yureruningyo
Instagram:@yureruningyo


物語・・・
はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。
ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。
一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。
たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを駆り立てる。

新宿シネマカリテほか2018年春公開 

***********************************


監督:アグニェシュカ・スモチンスカ
出演:キンガ・プレイス、ミハリーナ・オルシャンスカ、マルタ・マズレク、
ヤーコブ・ジェルシャル、アンジェイ・コノプカ
2015年/ポーランド/ポーランド語/カラー/ DCP/92分
提供:ハピネット
配給:コピアポア・フィルム
宣伝:エレクトロ89 
© 2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE