「ミステリー」カテゴリーアーカイブ

穢れのない年に!『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』完成披露舞台挨拶


小野不由美の傑作小説『残穢』(ざんえ)が、主演に竹内結子、共演に橋本愛で、『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』1月30日(土)に全国公開となります。

本作は、事件や事故に起因する「土地」に根付いた<穢れ(けがれ)>の正体を解明していく物語。
その完成披露試写会がおこなわれ、竹内結子さん、橋本愛さん、佐々木蔵之介さん、坂口健太郎さん、滝藤賢一さん、中村義洋監督が登壇。個性的な役柄を演じた男性キャスト陣は今回初登壇で、撮影時のエピソードを語りました。

残穢
そして、フォトセッションでは2016 年のご多幸を祈り“塩入りバズーカ砲”で会場全体を清めました!

『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』完成披露試写会
日時:1月14日(木)
場所:丸の内ピカデリー1
登壇:竹内結子さん、橋本愛さん、佐々木蔵之介さん、坂口健太郎さん、滝藤賢一さん、中村義洋監督

MC:まずはお一人ずつご挨拶をいただきます。

中村監督:こどものころ、肝試しコースやお化け屋敷の演出をするのが大好きだったので、初めて今回は余計なことを考えず、楽しんでつくれました。観終わったあと、監督いじわるだなと嫌いになってもらえたら嬉しいです。

竹内さん:キャストそろって挨拶ということで、いよいよ公開が迫ってきたなという感じです。今までネガティブキャンペーンばかりしていたので、ポジティブに切り替えていきたいと思います。

橋本さん:今日はぜひ十分に怖がっていただけたら幸いです。

佐々木さん:怖い映画を安心してみようと思っているでしょ?せいぜい楽しんで帰ってください(笑)

坂口さん:後に引くじっとり怖い作品は初めてでした。監督の性格の悪さが凝縮されています(笑)ぜひ怖がっていってください。

滝藤さん:今年もよろしくお願いいたします。楽しんでいってください!

MC:まず、竹内さんにお伺いします。小説家の「私」という役は、心霊現象否定論者として、淡々と調査を進めていく役所ですが、
役とは対象的に、竹内さんご本人は、この映画の試写も最後まで見られなかったと伺いましたが・・・

竹内さん:一度目は怖くてずっと目をつぶっていたのですが、二度目はちゃんと観ました!監督に「時計仕掛けのオレンジ」みたいに目をつぶることができない状態にして見させるぞ!と言われまして(笑)本当に尾を引く作品。ポジティブキャンペーンに皆さんぜひ協力してください。

MC:橋本さんにお伺いします。竹内さんと対称的に、心霊的なものは全然大丈夫と伺いました。この作品に携わって、役作りで、苦労された点や、気を付けた点はどんなところでしたでしょうか?

橋本さん:心霊的なものはフィクションの場合は大丈夫です!撮影ではリアクションの幅や間の取り方など、監督の指示がわかりやすく、びっくりマーク5つの反応でと言われ、演技したあと2つ足して!など、
面白かったです。

MC:それでは、監督にお伺いいたします。竹内さん、橋本さんの美女2人を演出されたご感想は?特に、佐々木さん、滝藤さん、坂口さんの役は、癖のある役でしたが、キャスティングのポイントはどんなところでしたでしょうか?

中村監督:怖い作品を撮っていることを忘れますよ(笑)こんな美女2人が普通に道を歩いていたりしないですからね!男性陣3人は登場シーンがそれぞれ面白いんですよ。どう出てくるかお楽しみに!


MC:佐々木さんにお伺いします。平岡、という作家は、キャラクターの濃い役柄として印象深く登場しますが、役作りで気を付けた点はどういったところでしょうか?

佐々木さん:怖いことを面白がろうと、ウザいキャラ演じようと思いました。

MC:坂口さんにお伺いします。心霊マニア、という独特の役でしたが、監督からは、どんな役作りのヒントを頂いたのでしょうか?そう解釈して演じられましたか?

坂口さん:僕自身、お化けに前のめり少年だったので、実際、幽霊が出てくれたら儲けものという感じでやっていました(笑)

MC:滝藤さんにお伺いします。竹内さんと初の夫婦役を果たされて、ご感想はいかがでしょうか?

滝藤さん:3回目の共演で、ようやく僕もここまで来ましたよ。夫婦役、光栄です。

竹内さん:現場で、お互い距離が近くなりましたねーと話したりしてましたね。

MC:2016年も始まったばかりですが、2016年に挑戦してみたいこと、2016年こそは、克服してみたいことがありましたら教えてください。

竹内さん:怖い映画をちゃんと楽しんで観られるようになりたいです!

橋本さん:バレエを習いたいです!

佐々木さん:目先のことをちゃんとやろうと思って、今日家を出るときに大掃除をしてきました。去年してなかったんで(笑)

坂口さん:スカイダイビングですね。空を飛びたいです!

滝藤さん:今まで病的な役ばかりだったので、今年は肉体派俳優を目指します。去年から鍛えてます!(笑)ケイン・コスギさんと共演したいです。

中村監督:毎年、ダイエットですよ(笑)。今年は本当にやります!

MC:さて今週11日は成人の日でした。橋本愛さんも12日に20歳の誕生日を迎えられたとのことで、新成人になられたお気持ちをお聞かせくださいますか。

橋本さん:あんまり変わんないです(笑)でもお酒が飲めるようになりたいですね。

MC:本作は<主人公たちが過去の出来事を遡る>ということから、本日はキャスト皆様にご自身を遡っていただきたく思います。竹内さん、佐々木さん、坂口さん、滝藤さん、みなさんそれぞれの20歳の思い出をお聞かせいただけますか。

竹内さん:三軒茶屋の駅前で自転車を買って、近くのレンタルビデオ屋さんに停めて5分ぐらいで戻ってきたら、なかったんです!それ以来、自転車を買うのをやめました(笑)。二十歳の思い出はそれです。

佐々木さん:もう一度大学を受けようと思って勉強してて、成人式に行けなかったんですよ。なので、当日近所の公園の木に向かって、なぜかローリングソバットの練習をしてました(笑)

坂口さん:僕も仕事で成人式に行けなくて、当日スタッフに「なんでここにいるの?」と言われてました(笑)

滝藤:俳優の道に進んだのが二十歳でした。無名塾に入って、そこが恋愛禁止だったので、当時つきあっていた彼女と別れ話してたことを今思い出しました・・・(笑)

中村監督さん:今より25キロぐらい痩せてました(笑)

<お浄め塩入バズーカー砲発射!>
また2016年が始まったばかりということで、本作にちなみ<穢れ>のない清らかな年になるように祈りを込めて、本作をご覧になる方に<穢れ>が残らないように祈って、キャスト陣・監督がお浄め塩入バズーカー砲で、会場全体を清めることに。「3、2、1 発射―!!」の号令で、キャスト陣・監督が一斉に発射ボタンを押すと、塩入ポチ袋が飛び出す仕掛けで、まさに<穢れ>が吹き飛ぶ感じ。
残穢バズーカ
MC:ありがとうございます~!竹内さん、橋本さん、お塩のバズーカ砲を打ってみて、いかがでしたか?

竹内さん:適度な重さで、簡単に押すだけで出るので、気持ちよかったです!

橋本さん:はい、気持ちよかったです!

MC:最後に、主演の竹内さんから、これから映画をご覧になる観客の皆さんに、この映画を観てどんなことを感じとってもらいたいか、一言ずついただけますでしょうか。

竹内さん:怖い映画が苦手な方、そうでない方がいらっしゃると思いますが、そうでない方、観終わって大丈夫だったと油断しないでください!(笑)苦手な方はドキュメンタリーだと思って観てください。家まで憑いてきます!上映終了後に全員に塩入ポチ袋が配られますので、絶対に持って帰ってくださいね。ゆで卵につけてもおいしいですから!(笑)

その奇妙な「音」はただの始まりでした。

【穢(けが)れ】の正体とは?予定調和を許さない驚愕のラストまで目が離せない。

残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐」 

公式サイト:http://zang-e.jp

********************************************************************


原作:小野不由美 『残穢』(新潮文庫刊)
  第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋 (『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一 ( 『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介  ほか

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会


『クリムゾン・ピーク』“重要な空間”の特別映像が到着


ギレルモ・デル・トロ監督史上、最も美しい極上のゴシック・ミステリー『クリムゾン・ピーク』が1月8日(金)より公開となりました。

この度、デル・トロ監督が“重要な空間”と位置づける、屋敷の“廊下”の全貌が明らかになる特別映像が到着しました!

今回公開された映像では、不気味な屋敷の内部につづき、デル・トロ監督がとても大事な空間と考える廊下の全貌が明らかになっています。「ゴシック調の廊下は、私のお気に入りのセットだ」と話すように、映像内では蝶が描かれた壁紙や、シルエットを人の形に似せたアーチなどが映し出されており、監督の細部に至るこだわりが見てとれます。



また、屋敷の主人であるトーマス役を演じたトム・ヒドルストンは、

トム:トーマスはこの場所を避けようとするんだ。そこには恐ろしい秘密が隠されているからね。

と語ります。

トーマスと結婚し新たな生活を始めようとする主人公のイーディス、そんな彼女に何かを伝えようと姿を現すのは悪夢のような幻影や深紅の亡霊たち。その中でも廊下のシーンは一際恐怖と戦慄に満ちており、さらにそこには屋敷に隠された秘密を暴く重要な物が眠っているのです。

不可解な現象に誘われ、やがてその秘密を知ってしまうイーディスの身に起こるさらなる恐怖とはー?

『クリムゾン・ピーク』場面写真
『クリムゾン・ピーク』(原題『CRIMSON PEAK』)

大ヒット公開中!

公式サイト:http://CRIMSONPEAK.jp

深紅に染まる山頂(クリムゾン・ピーク)にそびえ立つ屋敷の、怖ろしくも美しい秘密とは?

イーディスは幽霊を見ることができる。初めて見たのは10歳、死んだ母親だった…。
『クリムゾン・ピーク』ポスター
父親のカーターと一緒に暮らしていた彼女は、ある日、突如墓場の彼方から現れた母親から不思議な警告を受けとる―「クリムゾン・ピークに気をつけろ。」大人になったイーディスは、父親が不可解な死をとげた後、トーマスいう男性と結婚し、彼の豪奢な屋敷でトーマスの姉・ルシールとともに三人で暮らすこととなる。しかし住居となるゴシック建築の広大な屋敷がそびえ立つ山頂は、冬になると地表に露出した赤粘土が雪を赤く染めることから、【クリムゾン・ピーク】と名付けられていたのだった…。

新たな生活に慣れるにつれ、クリムゾン・ピークはそれ自身の命を生きはじめ、悪夢のような幻影や深紅の亡霊たちが姿を現し始める。

果たして、亡霊たちが現れる本当の意味とは?そして、この屋敷に隠された秘密とは…?

********************************************************************

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:ギレルモ・デル・トロ/マシュー・ロビンス
出演:ミア・ワシコウスカ 『アリス・イン・ワンダーランド』、トム・ヒドルストン 『アベンジャーズ』、ジェシカ・チャステイン 『インターステラ―』、チャーリー・ハナム 『パシフィック・リム』

2015年/アメリカ
上映時間:119分
配給:東宝東和
レーティング:R15+
(C) Universal Pictures.
   


第73回ゴールデン・グローブ賞 作曲賞受賞『ヘイトフル・エイト』


2月27日(土)全国ロードショーとなるクエンティン・タランティーノ監督による雪山のロッジを舞台に“ヘイトフル”なクセ者8人が殺人事件をきっかけに「嘘」と「嘘」をぶつけ合う密室ミステリー『ヘイトフル・エイト』。

この度、1月11日(日本時間)にて発表となりました、第73回ゴールデン・グローブ賞にて、エンニオ・モリコーネが3度目のゴールデン・グローブ賞作曲賞を受賞しました!

ヘイトフル・エイト
代理でスピーチをおこなったタランティーノ監督は、「映画音楽の作曲家としてだけでなく、モーツァルトやべートーヴェン、シューベルトなどすべての作曲家の中で、彼が一番好きな作曲家なんだ。彼が87歳でこの賞を受賞したことが本当に嬉しい!グラッチェ!」と、感謝の気持ちを述べました。


アメリカでは昨年のクリスマスに限定公開でスタートした本作は、年末には全米約2500館に拡大公開され大きな盛り上がりをみせています。

今回の脚本賞、作曲賞の受賞を受けて、日本時間1月14日(木)に発表されるアカデミー賞ノミネート発表にも、益々注目と期待が集まっています。


オープニングから気を緩めることのできない、すべての会話と視線、何気ない身振りに仕掛けられた巧妙かつ緻密な伏線。タランティーノ印のブラックな笑いと過剰なアクション満載の、かつてない謎解きを見破ることはできるのか?!

ヘイトフル・エイト』(原題:The Hateful Eight)

2月27日(土)全国ロードショーです。

公式サイト: gaga.ne.jp/hateful8.

********************************************************************


雪嵐のロッジに閉じ込められたクセ者8人、そこで起こる殺人事件。
ぶつかり合う「嘘」と「嘘」、やがて浮かび上がる予想外の「真相」―。

ヘイトフル・エイト_ポスター生き残るのは誰だ!?

舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、
一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる密室殺人。

一体誰が、何の目的で?吹雪が作り出す密室で、疑心暗鬼で張り詰めた緊張をほぐすため、またお互いを探り合うため、他愛のない会話をかわす面々。やがてそれぞれの素性がすこしずつ明らかになり、偶然集まったかに見えた彼らの過去が繋がり始めた。

そこで再び、予想を超えた出来事がー。

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 
音楽:エンニオ・モリコーネ 
美術:種田陽平
出演:サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンス、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン
配給:ギャガ 
(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.
  


おかずクラブのピークは!?『クリムゾン・ピーク』イベント


1月8日(金)より公開となりますギレルモ・デル・トロ監督の監督史上最も美しいゴシック・ミステリー映画『クリムゾン・ピーク』。

その日本公開を直前に控え、芸人人生のピークを迎えている!?女芸人・おかずクラブが登壇し、本作のプレミア上映イベントが行われました。

オカリナさんは真っ赤なドレス、ゆいPさんは純白のドレスを着用し、ストーリーにちなんだ3つのキーワード、「謎」・「恋愛」・「過去」になぞらえた質問に答えてもらい、驚愕の“真実”が暴かれることに…

クリムゾンピークおかずクラブ
『クリムゾン・ピーク』 公開直前!!クリムゾン・プレミアイベント
日時:1月5日(火)
場所:TOHOシネマズ 渋谷
ゲスト:おかずクラブ(オカリナ、ゆいP)

MC:それでは、本日の特別ゲストをお呼びいたします。大きな拍手でお迎えください。おかずクラブのゆいPさんとオカリナさんです!

ゆいPさん:今日はイーディスとルシールって呼んでください!だいぶ衣装の採寸大きめですけど、こんな私大きくないですよね!うんうん、そうですよね。

オカリナさん:誰に聞いてんのよ。


MC:映画ご覧になっていかがだったでしょうか?

オカリナさん:怖かったです!観ててドキドキしちゃいました。

ゆいPさん:オカリナは怖いの苦手なんですよ。オカリナは基本、ジェットコースターでも何でもOKなんですけど、幽霊だけはダメみたいで…

オカリナさん:だって、幽霊は戦えないじゃない。戦えないのは怖いじゃないですか!

MC:本作のクリムゾン・“ピーク”にちなんでお伺いしますが、去年は多くのバラエティ番組に出演されるなど、まさに“ピーク”な年になったと思うのですが、お二人は去年を振り返ってどんな年でしたか?

ゆいPさん:ちょっと!去年は序章でしたよ~今年が勝負だと思ってますから!2016年頑張っていきたいと思っていますよ。

オカリナさん:転換期でしたね。去年がピークだなんて、まだまだ私たちこれからですよ!ピークだなんて、アナタ摘み出すわよ!

MC:すいません。(笑)

MC:続いてのキーワードは「恋愛」です。お二人はどちらがタイプですか?

オカリナさん:断然、アランでしょう!!なんでトーマスに惹かれるのかわからない!

ゆいPさん:本当に!優しい男が一番ですからね!昔ならミステリアスなトーマスに走ってたかもしれないけどね、いい年になったので、誠実なアランを選びますよ。

オカリナ:私たちは危ない道へはもう走らないですから。

MC:ちなみに、昨日、お二人と同じ女性芸人のキンタロー。さんが結婚を発表しましたよね。

オカリナ:そう今日知ったんですよ!めでたいなぁ~どんな方と結婚したのか気になりますよね。

ゆいPさん:本当にめでたいですよ!1年半前から付き合ってたって言っていたけど、その時、そんな話出なかったのに!

クリムゾンピークおかずクラブs2
MC:お二人にもモテ期があったと思うので、それをグラフにしていただきましたので、まずはゆいPさんから発表お願いいたします。

オカリナさん:私は平行線です。唯一、2歳の時が少し可愛かったかなって…写真からの情報ですけど。

ゆいPさん:私は20歳の時に人生で一度だけ彼氏ができたんです。夏のバイト先で1つ上の先輩に告白されて。2か月で別れましたけどね…覚えてるのは一度手を握ったことくらいですかね。その時ラクロス部だったので、毎回ジャージで登場してたんですけど、それが嫌だったみたいで。別れた後、SNSにもめちゃくちゃ書かれてたんですよ!

オカリナ:彼女、好きな人のSNSチェックしちゃうんですよ。

ゆいPさん:皆さんしますよね?

オカリナさん:…しないよ。しないしない。

ゆいPさん:えっするでしょ。

MC:告白は一回だけですか?

ゆいPさん:告白に近いものはありますけどね…愛してるくらいは。

オカリナさん:それは告白だよ。

ゆいPさん:そんなことない。アンタはまだゼロだからわかってない。

オカリナさん:人に愛してるなんて言わないよ、日本人は。

ゆいPさん:言うの。アンタはわからないんだから。

オカリナ:イタリアとかに留学した人しか言われないよ。日本人は言わないよ!!

ゆいPさん:アンタは経験がないんだから!そんなこと言わないの!

MC:お二人ともそこまでにしていただいて…次が最後、キーワードは「過去」です。1週間後が成人の日ということで、お二人が20歳の頃のある意味お宝写真を入手いたしましたので、ここでお披露目しつつ、そのころのエピソードをお聞かせいただければと思います。まずは、ゆいPさんのお写真です。
ゆいP成人式写真
ゆいPさん:恥ずかしい!この時にちょうど彼氏がいたかいないかですよ。今より20キロ痩せてる時です。って言っても当時80キロくらいでしたけど。桜美林大学行ってたんですが、桜美林のベッキーって言われてましたからね。

オカリナさん:目鼻立ちはハッキリしてるからね。今は平愛梨に似てるんだよね。

ゆいPさん:オカリナは最近、深津絵里に似てるって言われるんですよ。

オカリナさん:きっと調子いい時に似てるんでしょうね。

ゆいPさん:今日はすこぶる悪いですね。

MC:そうなんですね。(笑)続きまして、オカリナさんのお写真です。
オカリナさん成人式写真
オカリナさん:この時、ファッション雑誌で読んで、髪の毛を一度全部剃るとキレイになるって聞いて、剃ったんです…これはそれがちょっと伸びた頃ですね。眉毛も全部剃っていたので、ちょっと病気みたいな感じでしたよ。

ゆいPさん:この手毬を浮かしてるのは念能力使ってるのよね。

オカリナさん:そうそう、20歳の記念に念能力使ったんです。(笑)

MC:お二人の今年の目標は何でしょうか?

ゆいPさん:大喜利の力をつけたいですね。いろんな番組に出させていただいたのですが、なかなか腕が上がらないんですよ。赤嶺総理が得意なので、今度合宿で習おうと思って。

オカリナさん:個人的に漫画のワン“ピース”が好きなので、声優やりたいなぁ…村人Aでもいいです。

ゆいPさん:それ配給違うから!やめなさい!


MC:それでは、最後にネタバレなしのメッセージを頂いて終わりにしたいと思います。

ゆいPさん:映像がキレイで、ストーリーに引き込まれると思います。衣装もすべて素敵で、女性が憧れるようなお洋服がたくさん出てくるんです!屋敷の中も隅々まで美しくて、怖いけど、最後まで観ちゃうと思います。

オカリナさん:怖いのが苦手な人は誰か誘って観に行ったらいいですよ!映像の美しさで吹き飛ぶと思います。
                                                『クリムゾン・ピーク』(原題『CRIMSON PEAK』)

1月8日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開

公式サイト:http://CRIMSONPEAK.jp


********************************************************************

監督:ギレルモ・デル・トロ  脚本:ギレルモ・デル・トロ/マシュー・ロビンス
出演:ミア・ワシコウスカ 『アリス・イン・ワンダーランド』、トム・ヒドルストン 『アベンジャーズ』、
ジェシカ・チャステイン 『インターステラ―』、チャーリー・ハナム 『パシフィック・リム』

2015年/アメリカ/上映時間:119分

配給:東宝東和
レーティング:R15+
(C) Universal Pictures.


土屋太鳳、満島真之介らが登壇!『僕だけがいない街』試写会レポ


僕だけがいない街ポスター 今回は、映画ではなくて、TVアニメのイベントレポートです。記者も試写させていただきましたが、物凄く引き込まれてしまいました!早く3話目が観たい!!

放映開始に先駆け完成披露試写会が行われたのは、「マンガ大賞」や「このマンガがすごい!」に2014年、2015年と2年連続ランクイン、コミックス累計239万部突破の人気原作をTVアニメーション化した『僕だけがいない街』。

フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて1月7日(木)より放送が開始されます。

完成披露試写で1話&2話の上映後、アニメ声優初挑戦の土屋太鳳さん、満島真之介さんと、声優の赤﨑千夏さん、伊藤智彦監督が登壇しトークイベントを行いました。

土屋さんと満島さんが演じるのは同一人物。藤沼悟という役の子供時代と大人になってからの役を演じています。

僕だけがいない街舞台挨拶
TVアニメ「僕だけがいない街」完成披露試写会イベントレポート
実施日/2016年1月5日(火)
登壇者/土屋太鳳、満島真之介(藤沼悟役)、赤﨑千夏(片桐愛梨役)、伊藤智彦(監督)
会場/新宿バルト9

いち早く本作を鑑賞した多くの“僕街”ファンが待つ会場に現れたのは、「悪い事」が起こる直前まで時が巻き戻る、“リバイバル”という現象に悩まされる藤沼悟役を2人1役で演じた土屋太鳳さん、満島真之介さん。そして、29歳の悟と同じピザ屋でアルバイトをしている女子高生、片桐愛梨役の赤崎千夏さんと伊藤智彦監督。

初めて声優に挑戦している土屋さん、満島さんにに悟役を演じた感想を問いかけると、土屋さんは緊張の面持ち。

土屋さん:悟として生きる時間は私にとってあまりに大きな挑戦です。今は緊張で真っ白にというか透明になりそうです・・・・。
僕だけがいない街土屋太鳳2
そんな土屋さんを兄のように見守る満島さんは、

満島さん:アニメに声を吹き込むのは初めてですので、ワクワクドキドキしています。チーム一丸となってこの作品を届けたいです。

と、笑顔を見せていました。
僕だけがいない街満島真之介
MC:放映に先立ち1話と2話を鑑賞して

僕だけがいない街土屋太鳳 土屋さん:秘めた熱量を感じました。自分への課題も厳しく実感しました。映画のアフレコは撮影した自分の動きに声を当てる作業なので、リバイバルに近い様な感じですが、アニメは命を吹き込んでいるような感じです。アフレコの現場では、先輩のみなさんの声が見えるような感じがするんです。

と話し、改めて声優の難しさと繊細さを噛み締めている様子。

僕だけがいない街2満島さん:普段は体と役を引き離せないですが、今回は自分が実写では出来ない顔だったりしますので、これまで生きてきた声と悟の姿が重なった事で、人間的な深みが出たような気がします。太鳳ちゃんの小学生の悟もそこに重なって、もう一人分増えたような感覚です。それから、不思議なのはアニメでは男の役も女性が演じる事が多いから、アフレコブースには女性ばかり並んでいるのに、アフレコを始めるとちゃんと男の子がそこにいるのにびっくりしました。

そんな2人の共演者の声優である赤﨑さん

赤﨑さん:満島さんがムードメーカーで、現場は明るくチーム感があります!

と現場の様子を明かしていました。

MC:アフレコについて

伊藤監督:役者さんは掛け合いの芝居が真骨頂だと思うので、一人でアフレコするという状況はないようにしています。会話のシーンは必ず相手の声優さんと一緒に収録しないと、役者さんの本領が発揮できないと思っての事です。

MC:もし悟のようにリバイバルできるとしたらいつに戻りたいですか?

土屋さん:赤ちゃんの時!よく泣く子だったそうで、声を枯らしていた様なので、あんまり泣きすぎない方がいいよ!声の仕事もするからね!って伝えたいですね!。

満島さん:僕もそう思った!母親のお腹の中とか。それから記憶のなかった時期に今の感覚のまま戻って、母が自分にどう接してくれていたのか知りたい。

赤﨑さん:今の自分に戻ってこられるか怖いので、したくないです。

監督:僕はしたくないです。妻と会えなくなるのが嫌ですからね。後悔するより前を未来に進みたいです。あっテーマとは違っちゃいますが。

会場からは大きな拍手が!
僕だけがいない街伊藤智彦監督
MC:今年の抱負は?

土屋さん:去年はチームワークが大切だと感じた年でしたが、でもいつの間にか、支えてもらった感じでしたので。。今年は自分から意識して、チームを盛り上げていきたいと思います。

満島さん:色々なものと向かい合って自分に誠実に生きていきたいです。新たな挑戦となるアニメから始まるこの1年。自分にとって大きな新たなスタートにしたい年です。

赤﨑さん:毎日元気!元気があれば何でもできる!

伊藤監督:『僕だけがいない街』を無事にノイタミナに納品する事です!・・・あと売れるといいなあ・・・。

と新たな年の始まりを述べました!

MC:最後にメッセージを!

僕だけがいない街1土屋さん:アニメだからこそのリアルな表現で描かれていて、心が凄くつぶれそうになる場面もありますけど、だからこそ人の。。魂の暖かさを感じる作品です。大きな責任を感じていますが、観ているみなさんに鍛えていただけたらとおもいます。

満島さん:匂いや音楽で、ふっと過去を思い出すことがあるように、誰もがリバイバルを経験してるとおもいます。観ている人の五感と記憶を刺激する作品です。

赤﨑さん:アニメーション、ストーリー、音楽、そして演技の全てが合わさって魅力になっている総合力の作品です。お二人は声優初挑戦ですが、新鮮なお芝居が返ってくるので毎回楽しい思いをさせていただいています。本当に丁寧に作られていて、続きが気になるそんな『僕街』をよろしくお願いします!

伊藤監督:絵コンテからはじめて半年が経って、ようやく完成した作品。ネタバレに気を付けないといけないお話です。ネット掲示板とかを見ない方が楽しめると思います。評判がよければ嬉しいです。最後まで頑張ります。今日はありがとうございました。

とメッセージを贈りました。

2016年1月、TVアニメーション『僕だけがいない街』がフジテレビ“ノイタミナ”にて放送を開始すとなります。

TVアニメ『僕だけがいない街』情報です。

2016年1月7日より 毎週木曜24:55からフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送
(※初回放送は25:50から)
公式HP:http://bokumachi-anime.com
Twitter:@bokumachi_anime

フジテレビ:1月7日より毎週木曜 24:55~
北海道文化放送:1月10日より毎週日曜 25:30~
岩手めんこいテレビ:1月7日より毎週木曜 24:55~
仙台放送:1月7日より毎週木曜 26:05~
秋田テレビ:1月7日より毎週木曜 25:20~
さくらんぼテレビ:1月7日より毎週木曜 24:55~
福島テレビ:1月7日より毎週木曜 25:55~
新潟総合テレビ:1月7日より毎週木曜 25:45~
長野放送:1月26日より毎週火曜25:55〜
テレビ静岡:1月7日より毎週木曜 25:35~
東海テレビ:1月7日より毎週木曜 26:15~
関西テレビ:1月7日より毎週木曜 25:55~
岡山放送:1月22日より毎週金曜25:50〜
テレビ新広島:1月7日より毎週木曜 26:00~
テレビ愛媛:1月7日より毎週木曜 25:00~
テレビ西日本:1月7日より毎週木曜 25:55~
サガテレビ:1月8日より毎週金曜 24:40~
テレビ熊本:1月7日より毎週木曜 25:45~
鹿児島テレビ:1月7日より毎週木曜 26:05~

※放送時間は予告なく変更になる場合がございます。


スタッフ
原作:三部けい(ヤングエース連載)
監督:伊藤智彦
シリーズ構成:岸本卓
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
色彩設計:佐々木梓
美術監督:佐藤 勝
美術設定:長谷川弘行
撮影監督:青嶋俊明
CG監督:那須信司
編集:西山茂
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:A-1 Pictures

主題歌
オープニングテーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」
エンディングテーマ:さユり「それは小さな光のような」

キャスト
藤沼悟:土屋太鳳 満島真之介
雛月加代:悠木碧
片桐愛梨:赤﨑千夏
ケンヤ:大地葉
ヒロミ:鬼頭明里
オサム:七瀬彩夏
カズ:菊池幸利
白鳥潤:水島大宙
藤沼佐知子:高山みなみ
八代学:宮本充
(C)2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

原作
月刊ヤングエース連載中(毎月4日発売)
コミックス:1巻~7巻まで発売中

実写版映画も作られていて、こちらは藤原竜也さん、有村架純さんが演じていて3月19日(土)全国ロードショーとなります。

公式サイト:bokumachi-movie.com 
公式ツイッター:@bokumachi_movie

僕だけがいない街ポスターキャスト:藤原竜也 有村架純
鈴木梨央 中川翼 林遣都 安藤玉恵 淵上泰史 高橋努
及川光博
福士誠治 森カンナ
杉本哲太/石田ゆり子
原作:「僕だけがいない街」三部けい(KADOKAWA/角川コミックス・エース) 

監督:平川雄一朗 
脚本:後藤法子 
音楽:林ゆうき
プロデューサー:春名慶
配給:ワーナー・ブラザース映画 

********************************************************************