「ミステリー」カテゴリーアーカイブ

坂口健太郎ら男性キャスト3画像到着!『残穢(ざんえ)』


第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・小野不由美先生(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化

主人公「私」に人気実力派女優の竹内結子さん。
「私」とともに調査を重ねる久保さん役には神秘的な魅力を放つ女優、橋本愛さん。

残穢
残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-

が、2016年1月30日(土)に全国公開。

初共演の女性2名に加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な出演陣が集結。そのシーン画像が届きましたのでご紹介!

佐々木蔵之介さん
佐々木蔵之介
坂口健太郎さん
坂口健太郎
滝藤賢一さん
滝藤賢一
いったいどのようなシーンなのでしょう・・・
役名などもまだあかされていません・・・

物語は・・・

残穢ポスター過去と現在を繋ぐ事件の数々――。
小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。

「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」

好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。

すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。

彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか――。

「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、やがて、さらなる事件に巻き込まれていく。



予定調和を許さない驚愕のラストまで、かた時も目が離せない戦慄のリアルミステリー

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

2016年1月30日(土)に全国公開

公式サイト:http://zang-e.jp

********************************************************************

原作:小野不由美『残穢』(新潮社刊)第26回山本周五郎賞受賞、7月29日文庫化予定
監督:中村義洋(『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一(『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演;竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
 


保志総一朗ナレーションの『ヴィジット』予告編解禁!


M・ナイト・シャマラン監督・脚本最新作にしてシャマラン史上最高のスリラー

ヴィジット

が、10月23日(金)より公開となります。

その初映像となる予告編と場面写真が解禁!

VISIT
7年ぶりに自身のルーツである“スリラー映画”へと原点回帰。
そして『パラノーマル・アクティビティ』をプロデュースしたジェイソン・ブラムとの初タッグを組み、今まで以上に不気味な雰囲気に包まれた世界観を表現しています!

本映像の最後にはシャマラン監督から

「あなたは既にダマされている」

というコメントが届けられ、約束を破った2人に待ち受ける恐怖と、シャマラン監督の真骨頂である衝撃の展開を期待させる映像です。



本映像のナレーションを務めているのは、人気声優の保志総一朗さん。

アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(キラ・ヤマト役)、「戦国BASARA」(真田幸村役)、「ひぐらしのなく頃に」(前原圭一役)など、これまでにも様々なキャラクターを演じてきた保志さんが今回のナレーションで初挑戦したのはこれまでにないギャップを出す事。

映像の最後では、今までに聞いたことのない低音の鬼気迫る声でタイトルを読み上げており、映画の内容を暗示させる仕上がりです。

保志さんより本作への期待のコメントも寄せられてます!

保志総一朗保志さん:登場人物の気持ちと、第三者的なナレーションという側面との中間を意識してやりました。いつもはキャラクターになりきるため、どうしても気持ちが強く入ってしまいますが、気持ちを混ぜつつ、語るというのが難しかったです。元々、このジャンル向きの声ではないので、タイトル読みで見せたギャップはとても大変でした。予告編のインパクトある映像と相まってお客さんの好奇心をくすぐるような見え方になったら良いなと思います。

怖い映画は得意な方ではありませんが、本作の予告は見ていくうちに惹き込まれていく仕上がりになっていました。映画の中身をどれだけ面白く伝えられるかという部分が予告編の醍醐味だと思うのですが、日常の和やかな雰囲気から後半にかけてのギャップがすごく印象的で、ナレーションをしながらも内容がかなり気になりました。

VISIT_場面写真3
祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。

第一の約束 楽しい時間を過ごすこと
人里離れた祖母の家へ
休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。

第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること
奇妙な「3つの約束」とは?
優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、奇妙な「3つの約束」が伝えられる。

第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと
この家は、何かがおかしい
夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。
そこで2人が目にしたものとは――?

VISIT_場面写真2
挙動がおかしい祖母/呼びかけに無反応な祖父/カギがかけられた納屋/尾行してくる男/消えた隣人/「ここには“暗闇さん”がいるの」/夜中に響く騒音/床下で襲ってくる女、――なぜ?

ヴィジット』(原題『The Visit』)

10月23日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

公式サイト:http://THEVISIT.jp

********************************************************************

ヴィジット_ポスタービジュアル監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:M・ナイト・シャマラン、ジェイソン・ブラム、マーク・ビエンストック

出演:キャスリン・ハーン、ディアナ・デュナガン、ピーター・マクロビー、エド・オクセンボールド、オリビア・デヨング

上映時間:94分
配給:東宝東和
(C) Universal Pictures.

  


竹内結子×橋本愛『残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-』ポスター完成


第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化

残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-

が、2016年1月30日(土)に全国公開となりますが、そのティザーポスターが完成しました。

主人公「私」に人気実力派女優の竹内結子。
「私」とともに調査を重ねる久保さん役には神秘的な魅力を放つ女優、橋本愛。初共演の2人に加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な出演陣が集結。

ある日聞こえきた不可解な「音」の正体を探る先に浮かび上がる、

残穢ポスター過去と現在を繋ぐ事件の数々――。

『その奇妙な「音」は、ただの始まりでした。』のコピーに呼応して、ある事件の予兆が聞こえてしまった「私」こと竹内結子と、「久保さん」こと橋本愛の二人が耳を塞いでいます。

二人の背景には日常の風景と「音」が繋ぐ切り離された世界の両面が象徴されており、そこにどんな謎が隠されているのか、好奇心を掻き立てます。

二人の腕には、何者かの黒い手の跡が残っていて、登場人物たちがどんな事件に巻き込まれるのか、さらにその先に待ち受ける戦慄の真相にたどり着くまでの期待感が高まるビジュアルです!

物語は・・・

小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」
好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。
すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。

彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか――。

「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、やがて、さらなる事件に巻き込まれていく。

予定調和を許さない驚愕のラストまで、かた時も目が離せない戦慄のリアルミステリー

「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」

2016年1月30日(土)に全国公開

公式サイト:http://zang-e.jp

********************************************************************

原作:小野不由美『残穢』(新潮社刊)第26回山本周五郎賞受賞、7月29日文庫化予定
監督:中村義洋(『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一(『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演;竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会


「終わりのセラフ」聖地・新宿の街に巨大ガチャガチャが出現!!


急げ!レアグッズをゲットせよ!!
(C)鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社・終わりのセラフ製作委員会
集英社ジャンプSQ.(スクエア)にて好評連載中、シリーズ累計350万部突破の大ヒット作品が待望のアニメ化!!

終わりのセラフ」。

4月よりTVアニメとして放送されると、大きな話題となり、公式Twitterアカウントのフォロワー数はなんと約7万人!2015年春期放送スタートのアニメ作品の中では2位に大きく差をつけ、堂々の第1位(@anime_follower調べ)となっております。

この度、本作のDVD&Blu-ray第1巻発売を記念いたしまして、本日、6月22日(月)より『終わりのセラフ』作中で決戦の舞台となった新宿駅構内に巨大ガチャガチャが出現しています!
終わりのセラフ新宿ガチャ
高さ約2mのこのガチャガチャは通常の筐体の約200倍!
アニメの聖地巡礼さながらにキャラクター達とともに設置され、大きな盛り上がりとなること間違いなし。

また、28日(日)には「終わりのセラフ第1巻Blu-ray/DVD 」購入者を対象とした特別イベントを実施!原作者の鏡貴也サイン、豪華キャスト(入野自由、小野賢章、中村悠一など)サイン入り台本など、ここでしか手に入らないグッズを抽選でプレゼント!

「Blu-ray&DVD第1巻発売イベント

・ガチャガチャ展示 6月22日(月)~28日(日)
※特別イベント6月28日(日) AM8:00~PM8:00(景品無くなり次第終了)

・参加方法:「終わりのセラフ第1巻DVD・Blu-ray 」の購入レシートを持参された方に、参加整理券を配布。案内時間に再来場で、ガチャポンを回し、当選くじによって販促物景品をプレゼント。
・景品内容:鏡貴也サイン、キャストサイン入り台本、「終わりのセラフ」特製ショッパーなど
・場所:東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード イベントスペース

【DVD/Blu-ray情報】終わりのセラフ第1巻<初回限定生産> 
2015年6月24日(水)発売
Blu-ray(GNXA-1401):7,000円+税
DVD(GNBA-2401):6,000円+税

ある日突然、未知のウイルスにより世界は滅びた。生き残った子供たちは地の底より現れた吸血鬼たちに支配され、家畜同然の扱いに耐えかねた百夜優一郎はミカエラや幼い孤児たちと外の世界へと脱出を図るが……。時は4年後。優一郎は日本帝鬼軍の吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊。恐るべき吸血鬼たちとの戦いに、その身を投じていく…!!

アニメ公式サイト: http://owarino-seraph.jp 
原作公式サイト : http://owarino-seraph.com

作品公式twitter: @owarino_seraph

********************************************************************

キャスト
百夜優一郎 :入野自由
百夜ミカエラ:小野賢章
一瀬グレン :中村悠一
フェリド・バートリー:櫻井孝宏
柊 シノア  :早見沙織
早乙女与一 :岡本信彦
君月士方  :石川界人
三宮三葉  :井口裕香
クルル・ツェペシ:悠木 碧
柊 暮人   :前野智昭
柊 深夜   :鈴木達央
クローリー・ユースフォード:鈴村健一 

スタッフ
原作:鏡 貴也、漫画:山本ヤマト、コンテ構成:降矢大輔
  (集英社「ジャンプスクエア」連載)
監督:徳土大介
副監督:肥塚正史
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:門脇 聡
イメージボード:品川宏樹    
音楽プロデュース:澤野弘之
アニメーション制作:WIT STUDIO

主題歌
OPテーマ SawanoHiroyuki[nZk]:Gemie 「X.U.」 
EDテーマ SawanoHiroyuki[nZk]:Yosh  「scaPEGoat」 

 (C)鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社・終わりのセラフ製作委員会
 (C)Takaya Kagami, Yamato Yamamoto, Daisuke Furuya/SHUEISHA, Seraph of the End Project


映画「青鬼 ver.2.0」“間違い探し”上映決定!


ニコニコ動画で火が付き、関連動画の視聴回数が6,000万超を誇る大人気フリーゲーム『青鬼』。
青鬼-ver.2
待望の映画第2弾では、「青鬼」に加え、ゲームファンの間で“ハンペン”と親しまれ絶大な人気を誇る青鬼の亜種、「フワッティー」も登場します!

そして、この度7月4日映画公開を記念して、ニコニコ生放送(ニコ生)で同日0:00より『青鬼 ver.2.0』世界最速上映が決定しました!

世界で一番早く映画を観るにはニコ生でネットチケットを購入し視聴する感じです。

『青鬼ver.2.0』上映チャンネル
http://live.nicovideo.jp/watch/lv215442619

【前売券】全会員・・・1300ポイント(税込 1300円)
販売期間: ~ 2015年7月3日(金)23時59分

【当日券】全会員・・・1800ポイント(税込 1800円)
販売期間:2015年7月4日(土)0時 ~ 2015年8月1日(土)21時

そうなんだよね。

さらに、映画史上初となる“間違い探し”上映も決定しています。

なんですかそれは!?



これは、映画館とニコ生で上映される『青鬼 ver.2.0』の映像内に

違いが5箇所あって・・・
【景品】“フワッティー”超プレミアフィギュア
その違いを見つけた方に世界で1体しか存在しない「フワッティー」のフィギュアがプレゼントされるという、史上初となる映画館とニコ生のコラボイベントなんだって。

さらに、抽選で100名に正解者の名前が入った「特製“正解認定”カード」が贈られます。

上映開始日7月4日より公式ホームページ設置される解答フォームより応募ができるそうです。

新しい映画のカタチの誕生ですね!

青鬼 ver.2.0

7月4日(土)全国ロードショー

公式サイト: http://aooni-movie.com/

青鬼ver2
********************************************************************

出演:中川大志 平祐奈 松島庄汰 久松郁実 勧修寺玲旺  タモト清嵐

監督:前川英章
脚本:いながわ亜美
制作:デジタル・フロンティア
企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「青鬼 ver.2.0」製作委員会

(C) 2015 noprops・黒田研二/『青鬼 ver.2.0』製作委員会