「ミステリー」カテゴリーアーカイブ

吉田大八監督x錦戸亮『羊の木』に、山上たつひこ先生、いがらしみきお先生コメント


映画情報どっとこむ ralph 2月3日(土)より全国公開中の吉田大八監督最新作、錦戸亮主演で贈る『羊の木』。

「がきデカ」の山上たつひこ原作、「ほのぼの」いがらしみきお作画という漫画界に君臨する2人の巨匠がタッグを組み、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した傑作コミックを、『紙の月』 『桐島、部活やめるってよ』の俊英・吉田大八監督が原作のセンセーショナルなテーマはそのままに、大胆なアレンジを加え映画化。さびれた港町を舞台に、国家の極秘プロジェクトとして殺人を犯した元受刑者である男女6人を受け入れをきっかけに町の日常が変化していく様が描かれています。

今回、公開を記念して、原作者である、山上たつひこ先生、いがらしみきお先生の両名からコメントといがらしみきお先生による描き下ろしイラストが到着!

山上たつひこ(漫画家)
喜劇であれ、悲劇であれ、ホラーであれ、ドラマには張りつめた空気がなくてはならない。上質の虚構を作り出そうとする意思が発する緊張感である。主役が人気アイドル、共演者もテレビでよく見かける顔。一抹の不安があった。原作の世界観をどこまですくい上げていただけるのだろうかと。それは杞憂だった。
出演者はテレビから映画への切り替えスイッチを持っているかのようにギアを上げ、大画面にふさわしい重厚さを醸していた。優れた映像作家は独自の魔法を使う。俳優の、テレビでは見せることのない深い陰影は、吉田大八監督のマジックの手際の一つであるに違いない。

いがらしみきお氏(漫画家)
全編とおして画面の緊張感が素晴らしいです。原作よりもさらに焦点を絞ったため、その分、熱くなり、焦げ、煙を発し、青白い炎を上げて燃えているような映画になりました。韓国映画好きの私としては、初の受賞歴が釜山映画祭だったことも感慨深いです。これは日本人が作った韓国映画かもしれません。原作者の勝手な妄想ですが。

いがらしは、本作を金沢での特別試写会鑑賞。その際に印象的だった一コマを切り取った、描き下ろしイラストです。

映画情報どっとこむ ralph http://hitsujinoki-movie.com/

物語・・・
素性が知れないものたち、信じるか?疑うか?
さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文(あや)をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。


***********************************

出演:錦戸亮  木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平
監督:吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
脚本:香川まさひと
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」
© 2018『羊の木』製作委員会 ©山上たつひこ、いがらしみきお/講談社
配給:アスミック・エース  



理由なき監禁。出口なしの恐怖!『ベルリン・シンドローム』日本オリジナル予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 女性監禁虐殺事件。

その凶悪殺人犯に理不尽に襲われた被害者の恐怖と戦慄をスリリングに描いたメラニー・ジョーステンのベストセラー小説を、『さよなら、アドルフ』で注目されたオーストラリアの俊英ケイト・ショートランド監督が完全映画化。サンダンス映画祭をはじめ世界各国を震撼させたセンセーショナルで危険な問題作『ベルリン・シンドローム』が、4月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国ロードショーとなります。
女性バックパッカーが見舞われる出口なしの恐怖を捉えた日本オリジナル予告編が、劇場上映に先駆けて解禁となります!


オーストラリア人の女性カメラマン、クレア(テリーサ・パーマー)は、ベルリンでの旅行中、アンディと名乗る好青年(マックス・リーメルト)と出会い、たちまち心惹かれる。彼の自宅に招かれるが、甘い時間は一転、男との出会いは想像を絶する悪夢のはじまりとなる。扉は頑丈にロックされ、窓は強化ガラスで覆われ、彼女は自分が異常な男の周到な罠にはまってしまったことを知る。アンディはクレアを置いて何事もなく仕事へ向かい、拘束したクレアを撮影、知らぬ間に肩に“僕のもの”と書くなど偏愛ぶりを見せる一方で、若い女子に妖しい視線を向けるなどその異常ぶりが垣間見れる。クレアは自分が監禁される理由も分からず何度も脱出や抵抗を試みるが、他に誰も住んでいない集合住宅から脱出することができるのか。
主人公クレアを体当たりで演じるテリーサ・パーマーは『さよなら、アドルフ』が世界的に評価された同郷のケイト・ショートランドを最も好きな映画監督に挙げており、共に仕事をすることを切望していたといい、「ケイト・ショートランドは自然かつ信憑性のある作品を作る方法を知っていて、そこに重きを置いている。それをカメラを通して表現できる監督は今までいなかったわ」とその手腕を絶賛。クレアは秋から雪深い冬へと長きに渡り監禁されることになるが、アンディとの激しい攻防のみならず彼女の複雑な心理状況を見事に演じきったパーマーの熱演にもぜひ注目してほしい。


ベルリン・シンドローム

4月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国ロードショー!

公式HP:
berlin-syndrome.com

公式Twitter:
@berlin.kankin


物語・・・
この部屋から生きて逃げ出した女は誰もいない。<生還率0.00%>!狂気の男からの極限の脱出劇!!
男との出会いは、想像を絶する悪夢となった…。歴史と芸術の街ベルリン、オーストラリア人の女性カメラマン、クレアは、ベルリン旅行中にアンディと名乗る男と出会う。彼女はアンディの部屋に泊まることになるが、その日からアンディの部屋に監禁されてしまう…。この男は一体何者なのか?彼女に近づいた真の目的とは?叫び声も誰にも届かない、脱出不可能な絶望の部屋から彼女は脱出できるのか!

***********************************

出演:テリーサ・パーマー/マックス・リーメルト
脚本:ショーン・グラント
監督:ケイト・ショートランド
原作:「BERLIN SYNDROME」メラニー・ジョーステン
原題:BERLIN SYNDROME/2016年/オーストラリア/英語、ドイツ語/カラー/116分/5.1ch/DCP/シネマスコープ/R15+/
配給:レスペ
© 2016 Berlin Syndrome Holdings Pty Ltd, Screen Australia
  


原作者:スティーヴン・キング 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 映画化した本作の魅力を語る


映画情報どっとこむ ralph ブルーレイ&DVD リリース は2月21日。

2月21日(水)ブルーレイ&DVD リリース 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 原作者:スティーヴン・キングもヒットを確信! 映画化した本作の魅力を語る!

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』原作者のスティーヴン・キングによるインタビューが到着。
本作は、1986年に発表されたステ ィーヴン・キングの人気小説を映画化した2部作の第1章。既に第2章となる続編の製作も決定しています。原作を書いた時は自分が幼少期を過ごした50年代を舞台にしたというキングだが、80年代に時代設定を変えた本作について、

キング:素晴らしいと思う。主人公たちの思春期を 1980 年代に設定しているところも実に機転が利いている。 続編で大人編が描かれることになれば、ちょうどリアルタイムになる ように設定している。監督のアンディ・ムスキエティは80年代の子供達の世界をリアルに描いている。私は80年代に自分の子供を 育てているので、その時代をもう一度生きているかのような感覚に 陥った。

と絶賛。

映画情報どっとこむ ralph ビル・スカルスガルドが演じたペニーワイズについても

キング:ペニーワイズは子供が恐れるあらゆるモンスターのアバターのような存在だ が、ビル・スカルスガルドによる再解釈も見事だ。(1990年のTVシリーズ版「イット」でペニーワイズを演じた)ティム・カリーよ り不気味さも増していて、よりダークな感じに仕上がっている。

と賞賛している。また、「ルーザーズ・クラブ」を演じた7人の子役 について、

キング:最近の子役は本当に上手なので不気味なくらいだ。私が子供だった頃の子役はセリフを言い、かわいければそれで良かった。だがこの作品に出演している子供たちは本当に素晴らしい。みんな見ていて楽しかったが、中でも印象に残ったの はリッチー・トージア役だ。自分もああいう生意気な子供だった。フィン・ウォルフハードの演技は見事だ。

と語った。

本作は予告編がアップされるや否や、『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24 時間で 1 億 9700 万回 という史上最多の再生回数を記録。ホラージャンルの全世界興行収入歴代 No.1 の大ヒットとなった。キングはこのヒットについて、

キング:私は最初からヒットする可能性があると確信していた。昔 TV ミニシリーズを見てトラウマになった大人層を完全に 取り込むつもりだという読みだったよ。よく言われるのが『ティム・カリーは本当に怖かった。いまだに下水溝を通りかかる時 にピエロの姿が脳裏に浮かぶ』というコメントだ。同時にこの映画は80年代に育ったミレニアル世代を完全に取り込むに 違いないとも思った。

と述べている。また、

キング:映画を見る人は、いじめ、初恋、夏休み、親元を離れて友達と過ごすひと時な ど、原作にも描かれている普遍的な要素に共感してくれるはずだ。

とも語っており、世代ごとに訴えかける要素と普遍的な要素が掛け合わさった事がヒットの要因だという事が伺える。

映画情報どっとこむ ralph 2018年2月21日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始

【初回仕様】
ブルーレイ&DVDセット(2枚組/イラスト・カード付)¥3,990+税
【初回仕様】
<4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>(2枚組/イラスト・カード付)¥5,990+税
【数量限定生産】
スチールブック仕様 <4K ULTRA HD&2Dブルーレイセット> (2,000セット限定/2枚組)¥6,990+税 デジタル配信中

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

***********************************

   


松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣祐ら登壇『不能犯』初日舞台挨拶 心理テストに崩れ落ちたのは・・・


映画情報どっとこむ ralph 本日、2月1日(木)より全国公開となりました映画『不能犯』。

その初日舞台挨拶イベントが行われ、松坂桃李さん、沢尻エリカさん、新田真剣祐さん、間宮祥太朗さん、真野恵里菜さん、芦名星さん、そして、白石晃士監督が登場!公開初日を迎えての思いをそれぞれに披露し、また、主人公宇相吹(松坂さん)を取り巻く人間の欲望がむき出しになるストーリーに絡め、心理テストを実施!登壇者全員の深層心理がむき出しになり、会場は大いに盛り上がりました!


日時:2月1日(木)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣祐、間宮祥太朗、真野恵里菜、芦名星、白石晃士監督

映画情報どっとこむ ralph 松坂さん、沢尻さんらキャスト陣と監督が観客席を通って登場!

松坂さん:もうすぐ雪が降ろうとしている中、お越しいただきありがとうございます!本格的に降る前に帰りましょう!最後まで楽しんでいってください!

沢尻さん:本日はお越しいただきありがとうございます!撮影も楽しく、自分にとって、とても思い出に残る作品でした。こうやって初日を迎えられて本当に嬉しいです!

新田さん:ずっと走っている男でした!本日はよろしくお願いします!

間宮さん:初日にお越しいただきありがとうございます!映画の公式ツイッターで、“不能犯を観ないと愚かだ“といっているのを何度も見かけたのですが、このようにお越しいただいたみなさんは、愚かじゃないということですね!本日はよろしくお願いします。

真野さん:複雑なキャラクターではありましたが、非常にやりがいのある役柄を演じさせていただきました。こうやって初日を迎えられたことを嬉しく思っています。本日は楽しんでいってください!

芦名さん:ご覧いただいた皆さんの心には色んな感想が浮かばれていると思います。後半にかけて衝撃の展開が繰り広げられるわけですが、その結末は明かさずにどうか広めていってくださると嬉しいです。本日はありがとうございました。

白石監督:宣伝コンセプトは違いますが、僕としてはこの映画は、”一緒に仲良く親子で観れる人殺し映画“だと思っています!今日沢山お越しいただいているような若い子方も楽しんでくださる人殺し映画だと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

とそれぞれ挨拶してイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 公開を迎えたことに
松坂さん:宣伝部に感謝しています。本当に撮影が終わってからの方が長かった気がしていて…。最近は芝居1割、バラエティ9割といった感じでした(笑)しかし、芸人さんともコミュニケーションをたくさん取れて非常に良い経験になりました。それに何より宣伝部の方には本当にお疲れ様でしたといいたいですし、感謝の気持ちでいっぱいです。あとは、みなさんに委ねるのみです。こうやって今日初日を迎えられて本当に嬉しく思っています!

白石監督:今日は木曜ではあるのですが、先ほど聞いた話によるとお客さんが結構来てくれているようで!すごく嬉しく思っています!

と胸中を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 続けて、人間の心の奥にある闇を暴く、スリラー・エンターテインメント作品。
DaiGoさん監修の心理テストを実施!

<好きな食べ物を教えてください。>との問い。
実はこの質問は、好物の苦味が強いほど、腹黒度数が高いと言うもの。

白石監督は「たこ焼き」 インスブルック大学の研究結果なのでたこ焼きはどうなのか・・・
芦名さんは「ステーキ」
真野さんは「もずく酢」、観客の反響に不安になる真野さん。
間宮さんは「鮨」
新田さんは「魚」
沢尻さんは「チーズ(ブルーチーズ系)」
松坂さんは「マグロの赤身」
とそれぞれに回答。

「サイコパス、ナルシシズム、サディズムの傾向!」腹黒度数が高いという答えを見ると、
その場でへたり込んでしまった真野さん。

そんなことはないですよね。と言うMCのフォロ―に、

真野さん:どうなんでしょうね・・・

と不敵な笑顔も。キャストたちのバラエティ豊かな回答に会場は大盛り上がり!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

松坂さん:今日はありがとうございました。そして、改めて宣伝部の方々、本当にありがとうございました。こうやって初日を迎え、作品をお見せできることが何よりの喜びです。今日を皮切りに(作品が)育っていってほしいと思っているので、より多くの方に広めていただきたいです。足を滑らさないように帰ってください!

と挨拶。大盛り上がりの中、イベントは終了しました。

映画『不能犯

2月1日(木)、全国ロードショー
funohan.jp


***********************************

【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒いスーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明する―。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していく―。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とは―?

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会   
    


追加キャストの佐藤寛太、山田杏奈、金子大地からコメント!「わたしに××しなさい!」


映画情報どっとこむ ralph 少女コミック誌「なかよし」にて熱狂的な人気を博した「わたしに××しなさい!」(遠山えま 講談社)の実写映画の公開日が 6 月 23 日に決定、さらに TV ドラマ(全 4 話)は 3 月 25 日(MBS)、3 月 27 日(TBS)に放送されることが決定しました!

そこで、先頃発表された玉城ティナ&小関裕太の W 主演に加え、若手キャスト 3 名の追加情報が解禁されました!

それは・・・

雪菜(玉城ティナ)の幼馴染で時雨(小関裕太)をライバル視する晶役に『イタズラな Kiss THE MOVIE』出演の佐藤寛太(劇団 EXILE)、時雨の幼馴染で一途に時雨を想い続けるマミ役には、『ミスミソウ』 で主演を果たす山田杏奈、雪菜の恋愛小説のライバルで時雨の腹違いの兄弟の氷雨役に『逆光の頃』『ナラ タージュ』に出演し注目を浴びた金子大地、と旬な若手キャストが大競演!これまでのキラキラ系恋愛映画 とは一線を画す、胸キュン ROCK な過激ミッション恋愛ムービーが誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph 佐藤さん、山田さん、金子さんからコメント届いています!

佐藤寛太さんからのコメント

皆さんこんにちは、霜月晶役を演じさせていただきました佐藤寛太です。 この作品は自分の気持ちになかなか素直になれないキャラクター達が、それぞれの想いを抱え前に 進もうと必死にもがく、とてもエンターテイメント性の強い作品になっております。玉城ティナさ ん始め、同世代の共演者の方々に囲まれ、学ばせていただきました。是非、劇場でご覧いただけれ ばと思います。公開を楽しみにしていてください!


山田杏奈さんからのコメント

マミはいわゆるライバル役なので、イヤミなところはありつつも(笑)、いじらしさや憎めなさも持 ち合わせる魅力的な女の子だなと感じました。 そこを表現できるように心がけて演じていて、すごく楽しかったです! 撮影では監督と相談させていただいたり、みなさんの表現から勉強したりしてコミカルな要素をリ アルに自然に落とし込むのを目標にしていました。 是非劇場でご覧ください。


金子大地さんからのコメント


自分にとって初めての役柄を当然悩みながらそして、楽しみながら演じさせてもらいました。 少女漫画の実写化ということで自分がどんな風になっているのか僕もわからないので本当に作品 を観るのが楽しみです。 監督をはじめスタッフの皆さん、キャストの皆さんと一生懸命作った素敵な作品です。できる限 り多くの皆様に観て頂けると嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph
わたしに××しなさい!
公式 HP:batsu-shina.jp

映画:2018 年 6 月 23 日(土)新宿バルト 9 ほか全国公開
TV ドラマ:(MBS/TBS)ドラマイズム枠にて放送 MBS:2018 年 3 月 25 日スタート、TBS:3 月 27 日 スタート

物語・・・
とある秘密を握られたことで、雪菜(玉城ティナ)の恋のミッションを受け続けることになった学園一のモテ男、時雨(小関裕太)。「わたしに××しなさい!」・・・と次から次へとつきつけられるミッションは次第にエスカレート!恋愛小説のネタのために続けていた雪菜の恋のミッションはいつしか本当の恋愛に・・・?!

***********************************

出演:玉城ティナ、小関裕太、佐藤寛太、山田杏奈、金子大地
原作:遠山えま『わたしに××しなさい!』(講談社「KC なかよし」刊)

監督・脚本:山本透 脚本:北川亜矢子

(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会