「ミステリー」カテゴリーアーカイブ

高杉真宙が共に事件に立ち向かう!吉岡里帆映画『見えない目撃者』


高杉真宙が共に事件に立ち向かう!吉岡里帆映画『見えない目撃者』

映画情報どっとこむ ralph 主演は吉岡里帆映画『見えない目撃者』(2019年9月20日(金)公開)の新たなるキャストが解禁。

交通事故によって自らの視力を失うとともに最愛の弟を亡くし、更には警察官の道までも絶たれた主人公の浜中なつめは、ある日、車の接触事故に遭遇、その事故現場で車の中から聞こえた女性の声から誘拐事件が起きていると考え、聴覚、触覚、嗅覚などで感じた手がかりを駆使し事件を追う。やがてそれは「女子高生連続殺人事件」に発展、猟奇的殺人犯は真相に近づこうとするなつめの身にも迫っていく…。

★高杉真宙:視力を失った元女性警察官(吉岡里帆)と共に事件に立ち向かう“もう一人の目撃者”を熱演!
『見えない目撃者』吉岡里帆‗高杉真宙 この度、新たなるキャストとして高杉真宙が決定!『カルテット!』(12)で初主演を努めた後、『散歩する侵略者』(17)で毎日映画コンクールで新人賞を受賞。『虹色デイズ』(18)など幅広く活躍し、本年も『十二人の死にたい子どもたち』(19)他3本の作品が公開になっている、今注目の若手実力派俳優のひとり。本作で高杉が演じるのは、視力を失った主人公なつめと共に事件に立ち向かう“もう一人の目撃者”スケボー少年の国崎春馬。初めは捜査に非協力的な態度をしめしていた彼だが、なつめの「人を救いたい」という熱意に感化され、彼女の“もう一つの目”となり事件に立ち向かっていく。高杉は、その人間的に成長する一人の青年を、等身大の姿で静かに熱演している!

今回、解禁になったティザービジュアルでは、

【事件を目撃した。ただ“真実”は見えていなかった。】というコピーとともに、猟奇的な事件に立ち向かう高校生の“強さと覚悟”を体現した仕上がりになっています。
『見えない目撃者』高杉真宙
映画情報どっとこむ ralph ◆高杉真宙さんコメント
今回は「スリラー」という、これまであまり経験したことのないジャンルに挑みました。この作品の中には得体の知れない緊張感がずっとあって、追い詰められている雰囲気を感じ取り、自分の中で“想像しながら演じること”を大切にしながら演技していかないとと必死でした。今作で初めてご一緒させて頂くことになった森監督とは、撮影初日からたくさんの時間を共有し、僕が演じるスケボー少年の国崎春馬という高校生を擦り合わせていきました。スケボーも、クランクイン前から何度も特訓しました。吉岡さんは、役柄上ではサポートする役だったのですが、撮影時に「やりにくいところある?」と聞いていただくなど、助けていただきっぱなしでして本当に有り難かったです。そのおかげで、追い込むところは追い込んで狂気的なカッコよさを纏う春馬に仕上がったかと思います。完成する映画が今から待ち遠しいです。

◆吉岡里帆さんコメント
高杉さん演じる国崎春馬は、事件の犯人を肉眼で見た可能性のある目撃者の一人です。一見繋がる事の無かった、一人の青年と盲目の元警察官が皮肉にも事件を通して心を通わせていきます。一緒に演じていく中で、物語が進むほどに亡くなったなつめの実の弟と春馬がリンクしていくように感じ、守りたい存在として大きくなっていきました。私自身、なつめとしてどんなに苦しくても、純粋で真っ直ぐな春馬の姿勢に勇気付けられ、闘い抜く力をいただいたように思います。今作はサスペンススリラーとして、犯人を想像しながら演じていく事、犯罪に巻き込まれていく様のアクション、特殊技能など、技術的にも難しい要素が詰まっていましたが、高杉さんの真面目さや表現の細やかさには驚かされました。見てくださる皆様にはぜひそこにも注目していただきたいです!

◆森淳一監督コメント
(高杉くん演じる)春馬には、「一見、何を考えているのかわからない若者」というイメージを抱いていました。他人に関心がないばかりか、自分の将来にさえ興味がない。実際の高杉くんは人当たりもよく好青年でしたが、カメラを通すと憂いのある目がピッタリでした。撮影中は自分の演技に悩む姿も見られましたが、演出的な注文を100%理解しようとする姿勢は、とても好感が持て心強くもありました。少年と大人の間を行き来しているような男性を、見事に演じてくれたと思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『見えない目撃者

公式HP:
http://www.mienaimokugekisha.jp 

公式Twitter:
@mmokugekisha 

<ストーリー>
警察学校卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめ(吉岡里帆)。
そのときの事故が原因で失明し、警察官を諦めた彼女は、弟の死を乗り越えることができずに3年経った今も失意の中にいた。そんなある日、なつめは車の接触事故に遭遇する。その事故現場で車中から聞こえた、助けを求める少女の声から誘拐事件の可能性があると訴えるなつめ。視覚以外の感覚から感じ取った『目撃』情報を警察に提示するも、警察は目の見えないなつめを『目撃者』足り得ないと考え、捜査を打ち切ってしまう。それでも、少女を救いたいと考えるなつめは、事故現場で車に接触したスケボー少年・国崎春馬(高杉真宙)を探し出す。やがて、彼らの必死の捜査により女子高生失踪が関連づけられてゆくのだが、猟奇殺人鬼の魔の手は彼らにも迫ってくる。

***********************************

出演 吉岡里帆  高杉真宙
監督:森淳一   脚本:藤井清美 森淳一
Based on the movie ‘BLIND’ produced by MoonWatcher
企画・制作プロダクション:ROBOT・MoonWatcher 幹事・配給:東映
(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.



浅沼直也×上田慎一郎×中泉裕矢 トリプル監督作『イソップの思うツボ』場面写到着!


映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』クリエイター上田慎一郎×浅沼直也×中泉裕矢が再集結し、前代未聞のトリプル監督でおくる『イソップの思うツボ』が8月16日(金)より全国ロードショーとなります。

この度、【ネタバレ厳禁】の本作の真相に近づく、本作の場面写真が一挙解禁となりました。

アンニュイな表情で水槽を見つめるカメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽(石川瑠華)。
『イソップの思うツボ』 先日解禁となった予告編でも「カメが空から降ってきた」 というニュースが流れるなど“カメ”が重要なキーワードとなっている ようだが、果たして・・・。

また、ファイティングポーズで何者かと戦う勇ましい戌井小柚(紅甘)の姿や、
『イソップの思うツボ』 恋を予感させる兎草早織(井桁弘恵)と大学講師・八木の見つめ合う姿…の後ろにいる美羽など、
『イソップの思うツボ』 ヒロイン3人の日常の姿を切り取ったものも。
『イソップの思うツボ』 『イソップの思うツボ』
一方で、鋭い眼差しでこちらを見つめる美羽の写真も到着し、内気なヒロインの“もうひとつの顔”が映し出される。
『イソップの思うツボ』 ほかにも、取り乱し銃を構える早織の姿や、
『イソップの思うツボ』 父と共に捕らわれる小柚、
『イソップの思うツボ』 忍び寄るスーツ姿の謎の男たちなど、重大事件発生を感じさせるヤバイ写真も!
『イソップの思うツボ』 ヒロインたちの日常 と非日常が入り乱れ、物語はカメとウサギとイヌの騙し合いバトルロワイヤルに突き進む!?
『イソップの思うツボ』 『イソップの思うツボ』 謎に包まれた本作が徐々にヴェールを脱ぐ!本作の真相に触れる(かもしれない)、怒涛の展開を期待させる場面写真とな っている。

映画情報どっとこむ ralph イソップの思うツボ

8 月 16 日(金)より全国ロードショー
公式 Twitter:
@turtle_themovie


構想3年、監督3人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!! あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い! やがてむき出しになる、3つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?

モノガタリ・・・
“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。 大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。 “復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。 三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる――。 これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない! 騙されるな!!!!!! 誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮! 予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!


***********************************

監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢
脚本:上田慎一郎
共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢
出演:石川瑠華 井桁弘恵 紅甘 斉藤陽一郎 藤田健彦 髙橋雄祐 桐生コウジ 川瀬陽太 渡辺真起子 佐伯日菜子 制作・企画:デジタル SKIP ステーション
製作:埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース
©埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分


『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』公開日&ティザービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 株式会社レベルファイブが企画・原作を行い、今や国民的人気を誇る「妖怪ウォッチ」。

常に進化を続ける『妖怪ウォッチ』が、令和元年となる今年、誰も見たことのない新たな妖怪エンターテインメントとして生まれ変わります!

それが・・・


『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』

公開日が12月13日(金)に決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 注目の物語は、猫耳のような赤髪の主人公・ジンペイが、個性豊かな仲間たちと一緒に学園の不可思議な謎に挑む、なんとまさかの変身ヒーローもの!巨大な学園都市を舞台に繰り広げられるギャグ満載のぶっ飛び妖怪冒険活劇で描かれるのは、友情!青春!バトル!そして恋!?今冬、新しい妖怪ウォッチが、笑いと興奮で再び日本中を熱狂させます!

合わせて解禁されたティザービジュアルには、センターを陣取る寺刃ジンペイの周りに、見覚えのあるヤツらに似た個性豊かなY学園の仲間たちが描かれ、さらには妖怪・ウィスパーを彷彿とさせる怪しげな先生の姿も…!
また、初お披露目となるキャラ、大きな猫耳がトレードマークの妖怪HERO・が装着する、妖怪ウォッチらしき腕時計の正体とは―!?期待が高まるティザービジュアルは、7月12日から劇場に掲出されます。

映画情報どっとこむ ralph そして、毎年話題となる「劇場限定 前売特典」も発表!今年は前売券特典として、今作の主人公・寺刃ジンペイが描かれた「ジンペイ メデタイ妖怪アーク」を全国合計10万名様限定でプレゼント!
ここでしか手に入らない特別な特典にもご注目ください!

■劇場前売券情報:

発売日:2019年7月12日(金)
特 典:≪ジンペイ メデタイ妖怪アーク≫
※前売券特典情報を掲載の場合、下記注意文言も合わせて載せて下さい。
・全国合計10万名様限定。
・劇場限定の特典です。劇場前売券1枚につき1個プレゼント。
・特典は劇場により数に限りがあります。
・特典は非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。
・詳細は映画公式サイトをご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』

12月13日(金)全国ロードショー!



■ストーリー

学園最大の謎を解明せよ!

トップクラスの能力を有する者だけが入学を許される超エリート校・Y学園。
その学園で新たに設けられた選出基準『YSP』により選ばれたのが主人公・寺刃ジンペイ!
YSP基準とは一体なんなのか?謎のアイテム『YSPウォッチ』とは…?
変身ヒーローあり!熱いバトルあり!巨大ロボあり!?狂気の沙汰とも言える、驚愕の新機軸ドタバタ冒険活劇!
はたして、Y学園に隠された謎とは…。

摩訶不思議な世界で、今、新たな妖怪ウォッチが回り始める!

***********************************

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2019
©LEVEL-5 Inc.


ホラー映画『シライサン』に忍成修吾 谷村美月 江野沢愛美 染谷将太 出演決定&コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph “その名“ を知った者のもとに現れ、目をそらしたら殺されてしまうという新たな怨霊の恐怖を描く映画『シライサン』は2020年1月公開となります。主演は飯豊まりえさん。そして、稲葉友さんの出演が発表となっていましたが・・・

この度3度目となるキャストが解禁!!

それは・・・
忍成修吾さん、谷村美月さん、江野沢愛美さん、染谷将太さんさんの4名。
映画情報どっとこむ ralph 忍成さんが演じるのは雑誌記者の【間宮幸太】。乙一(安達寛高)原作の映画『手を握る泥棒の物語』(04)にも出演しており、本作では間宮の陰影深い人物像に惹かれ参加を決意。「シライサン」の呪いと連続不審死の関係性を追う記者を好演します。

<間宮幸太 役>
忍成修吾さんからコメント 
久しぶりのホラー映画への出演でした。最初は事件を調べていたはずだったのに、徐々に人外の存在に気づき始めて巻き込まれていく男の役です。大事な人を守りたくて暴走してしまうのが、いけないものと思いつつ。。。とても共感出来ました。自分の出演しているシーンは昼間が多かった印象です。それがまた不気味なのかなと思いつつ、どの様に仕上がってくるのか楽しみにしています。



谷村さんが演じるのは間宮(忍成修吾)の妻【冬美】。乙一(安達寛高) 原作の『死にぞこないの青』(08) へも出演しており、本作ではある事故によってつらい記憶を抱えるミステリアスな役どころに挑みます。

<間宮冬美 役>
谷村美月さんからコメント
物語を読んで、出来るだけ自分の中で想像を膨らませて作品に取り組んでいたものの、 実際に撮影をして、少しばかりの映像を見させて頂いたとき、自分の想像を遥かに上回り、 そこには不気味さが際立っていました。早く多くの皆さんに見て頂き、この恐怖の連鎖を味わって頂きたいです。



江野沢さんが演じるのは主人公・瑞紀(飯豊まりえ)の友人であり、あるきっかけでシライサンに運命を狂わされていく【加藤香奈】。同じくモデルとして活躍する飯豊とは今回が初の映像共演であり、本作への出演や役作りに対して大いに意気込みを見せています。

<加藤香奈 役>
江野沢愛美さんからコメント
最初は全く経験のない役柄だったのでとっても難しくて不安でした。
ただ本読みの時に自分が用意していった香奈を相談したところ監督がすごく褒めてくださったのでとても安心して撮影に臨めました。特殊メイクのクオリティも素晴らしいので、そちらにも注目していただきたいです。
この映画は1シーン目の私がきっかけでストーリーが進んでいくため、本当に私にとって1番難しいシーンで、撮影日もとっても悩みました。そのくらいそのシーンは特に大切に演じました。なのでしっかり見ていただけたら嬉しいです。
あと私の撮影初日が旅館で怖い話をするシーンだったんですが、染谷さんが素晴らしすぎて全員が本当にビビってたところをぜひ見て欲しいです。笑



染谷さんが演じるのは山奥の旅館に出入りする酒屋店員の【渡辺秀明】。安達監督の初監督作品『一周忌物語』(09)に出演していたことから本作への出演を決意。2度目のタックにも注目が集まります。

<渡辺秀明 役>
染谷将太さんからコメント 
およそ10年前に安達組の短編に出演させて頂きました、そして初長編映画に呼んでいただき、自分を忘れないでくれた!と感謝感激でございます。すごい濃厚な後味の残る「シライサン」、映画館に異様な寒けと空気が流れるこの映画を、是非劇場で感じて欲しいです。


映画情報どっとこむ ralph 「夏と花火と私の死体」で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、以降「GOTH」「暗いところで待ち合わせ」など多数の人気「夏作を生み出してきた乙一(安達寛高)の完全オリジナル作にして長編映画初監督作品となる本作。

映画『シライサン』は2020年1月に公開予定!

公式HP:
shiraisan.jp 

公式Twitter:
@shiraisan_movie

眼球破裂と心不全による連続不審死が発生したことを発端に、被害者に関係する人々の周辺でも次々に奇妙な現象が起こり始める。どこからともなく感じる視線、通り過ぎる影、誰かがいるかのような気配…、すべてのきっかけは〝ある名前” を知ってしまったことが始まりだった…。「その名を知ると、呪われる―」 よくある怪談話と軽視していた都市伝説が本物の呪いだと確信していく人々を襲う、いつ訪れるかも分からない死の恐怖。次第に錯乱し、極限状態へと追い込まれていく様が描かれ、観る者を恐怖のどん底へと陥れていきます。

***********************************


出演:飯豊まりえ  稲葉友  忍成修吾  谷村美月  染谷将太  江野沢愛美  ほか 

脚本・監督:安達寛高(乙一)   
配給:松竹メディア事業部
公開:2020年1月 全国公開
©2020松竹株式会社   


玉森裕太 衝撃のセリフ再現!登壇『パラレルワールド・ラブストーリー』


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数150万部を超える東野圭吾のベストセラーを映画化した『パラレルワールド・ラブストーリー』が全国公開中。

本作の大ヒットを記念して、6月10日(月)に主演の玉森裕太さん、森義隆監督が登壇、舞台挨拶を行いました。

パラレルワールド・ラブストーリー玉森裕太
日程:6月10日(月)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:玉森裕太、森義隆監督

映画情報どっとこむ ralph 登壇した玉森さんは客席からの大きな歓声と拍手に思わず照れ笑い。本日の舞台挨拶は

玉森さん:愛と感謝を込めた大ヒット御礼舞台挨拶。愛と感謝で出来ています、玉森です!

と挨拶し、会場の拍手と笑いを誘った。

公開から10日が経つ本作だが、玉森さんは友人をはじめ様々な感想が届いているといい、

玉森さん:映画を観終わっているのに、まだ映画の世界にいるような感覚になるという感想がすごく多いんです。

と一度入り込むと、なかなか抜け出せない本作の魅力についての感想が多いことを明かした。さらに同グループであるKis-My-Ft2の北山宏光さんと宮田俊哉さんも本作を鑑賞し、特に宮田さんからはたくさん感想をもらったそうで

玉森さん:玉が玉じゃなかった…ちょっとエロかった。

と大人の色気に困惑していたというエピソードを披露し、会場がキスマイの仲の良さにほっこりする場面も。

登壇した森監督も、まわりから今まで作ったどの映画の時とも少し違った反応が起きていると言い、

森監督:今まで制作していた映画よりも多様性のある意見や感想をもらえる映画だと感じます。賛否も含めて様々な感想が出るのは映画で大胆なことが出来たからこそで、お客さんに面白いものを見せることができたという手応えを感じています!

と十人十色の感想が出てくる本作に改めて自信をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph さらに本作を何回観たかということを「○パラした」ということにちなみ、会場には最高何パラした人が出てくるのかを玉森さんが聞いてみることに。2パラからスタートし、2日に1回ペースで鑑賞している5パラという観客もちらほら見えるが、なんと会場の最高は玉森さんと森監督も思わず驚愕の声をあげた17パラ!

玉森さん:一体17回って何を見ているんですか!?どういう視点で観ているんですか!?

と興味津々。

映画情報どっとこむ ralph そして2つの世界<パラレルワールド>に迷い込んだ玉森さん演じる主人公・崇史が、真実の世界を追い求める「頭フル回転ミステリー」である本作にちなみ、会場には「セリフ」「告白」「驚愕」「嫉妬」「玉」「記憶」「未公開」と7つのワードが書かれた「フル回転ルーレット」が登場。

矢印が止まった箇所のお題でトークや課題にチャレンジすることに。映画にちなんだワードが並ぶなか、玉森にちなんだ「玉」というお題が気になる登壇者たちだったが、なんと1回目のルーレットでいきなり「玉」を引き当て大盛り上がり。

玉は・・・・けん玉!これに挑戦してもらうことが明かされ・・・。けん玉はやったことがないという玉森さんでしたが、なんと一発で皿に乗せることに成功!
パラレルワールド・ラブストーリー玉森裕太 さすがジャニーズのスター勝負強さを見せつけました。

2回目のルーレットが止まったのは「嫉妬」。

劇中、玉森さん演じる崇史が親友の智彦(染谷将太)への嫉妬する表情が非常に印象的ということで、玉森さんが最近嫉妬したことを明かすことに。

玉森さん:舞台挨拶で北海道に行かせてもらったんですけど、スタッフの皆さんは前日入りして美味しいものをたくさん食べてたらしくて。僕が当日入りしたら、昨日の美味しかったジンギスカンの話をずっとしてくるんですよ、僕いなかったのに」とスタッフたちの美味しい北海道グルメトークに嫉妬したエピソードを明かした。

さらに次のルーレットで矢印が止まったのは「記憶」。玉森自身の記憶が正しいものか、記憶力を試すべく16歳から最近まで5枚の玉森の写真がスクリーンに登場し、若い順番に並べるという企画に挑戦し、こちらも見事に正解。中には金髪に白色のメッシュを入れている時代のものもあり、あまりの懐かしさに玉森も「よくやれたもんだなと思います。

と苦笑いしきりだった。


次にルーレットが指したのは「未公開」。
森監督から撮影したけど本編では使われなかったシーンについて
パラレルワールド・ラブストーリー玉森裕太
森監督:いくつかあるんですけど、玉森くんわかりますか?

と聞かれ、

玉森さん:麻由子(吉岡里帆)と智彦(染谷将太)が恋人の世界で、地中海料理を3人で食べに行ったうちのワンシーン。でも崇史が席を立ってトイレで顔を洗った後の鏡に映る表情がカットされました。

森監督:崇史が燃え盛る嫉妬を冷やしに行くシーンなんですけど、そこでは(玉森に)殺意みたいなものを求めましたよね。この映画で自分でも思いもよらない感情に気づく崇史にしたかったんですが、すでに様々な感情の渦巻くシーンだったので、よりお客さんの解釈が広がるようにカットしました。

と裏話を明かした。


「セリフ」

を指したルーレットでは劇中のドキッとする崇史のセリフを玉森が再現することに。少し悩んだ玉森さんは劇中で麻由子に放った「もうあいつと寝たの?」というセリフをチョイス。

玉森さん:もうあいつと寝たの?

あまりの刺激の強さに会場は阿鼻叫喚。

玉森さん:言う方もどきどきしました。こんなセリフってまず実生活で言うことないですから。

と玉森さんが吐露すると、

森監督:すごいセリフだなと思いながら撮ってましたね。でもそういう心の中の声が溢れて、ストレートに出てしまう崇史というのは、この映画の核だと思います。

と印象的なシーンであることも明かした。

ルーレットは本作のキャッチコピーである「驚愕の108分」にちなんだ「驚愕」であいうえお作文に挑戦。「きょ」「う」「が」「く」で愛の告白を作るお題が課せられた。

玉森さん:『きょ』うさー、『う』ちくる?

と黄色い声援があがる上々の滑り出しを見せていたものの、次に

玉森さん:『ガ』ビーン!

という突然の珍回答を発し、

玉森さん:く…『く』るの?来ないの?

と締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

玉森さん:この映画は、自分の恋愛観や、誰目線で観るかでも感じ方が変わるので、観るたびに新鮮な気持ちになれる映画です。これからも作品をたくさん愛していただいて、もっと多くの人に知っていただけたらいいなと思います。

森監督:何回も観ていただけていることに感謝しています。ぜひ今後も友達と一緒に楽しんでいただければと思います。

と締めくくり、舞台挨拶は幕を閉じた。


『パラレルワールド・ラブストーリー』

公式サイト:
parallelworld-lovestory.jp

公式Twitter:
@paralove_movie



【STORY】
ある日突然、崇史(玉森裕太)が迷い込んでしまった2つの世界。1つの世界は、愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。しかし、もう1つの世界では麻由子が親友の智彦(染谷将太)の恋人に・・・。混乱する崇史の前に現れる、2つの世界をつなぐ【謎】の暗号。目が覚めるたびに変わる世界で、真実にたどり着けるのか?

***********************************

出演:玉森裕太 吉岡里帆 染谷将太 筒井道隆 美村里江 清水尋也 水間ロン 石田ニコル / 田口トモロヲ
原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」(講談社文庫)

監督:森義隆
脚本:一雫ライオン
音楽:安川午朗
主題歌:「嫉妬されるべき人生」宇多田ヒカル(Epic Records Japan)
企画・配給:松竹
©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会©東野圭吾/講談社