「ミステリー」カテゴリーアーカイブ

フランソワ・オゾン監督来日!R-18心理サスペンス『2重螺旋の恋人』Q&A at フランス映画祭2018


映画情報どっとこむ ralph フランスを代表する映画作家フランソワ・オゾンのR-18心理サスペンス『2重らせん螺旋の恋人』が8月4日(土)公開となりますが・・・。

一足先にフランス映画祭2018(開催期間6/21~24)に出品!

これを記念して、フランソワ・オゾン監督が来日、ティーチインイベントを行いました!
今回は5年ぶりの来日となったオゾン監督。日常と妄想を行き来する本作に関して、もともと〝双子〟というテーマにずっと興味を持っていたが、ジョイス・キャロル・オーツの原作に出会ったことで今回の作品が生まれたこと、映画の登場人物のキャラクターの作り方の過程や、本作で混乱を引き起こす要因となるセクシュアリティに関しての考え方など、満席の観客からの好奇心旺盛で多様な質問に次々と回答。「次は団長で!」とお願いされたオゾン監督が、笑顔で「もっと歳を取ったらね!」とユーモアたっぷりにかわす場面も見られました。

「2重螺旋の恋人」上映後ティーチイン
日付:6月22日(金)
会場:イオンシネマ みなとみらい
登壇:フランソワ・オゾン監督
モデレーター:矢田部吉彦(東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)

映画情報どっとこむ ralph Q:発想の源は?

オゾン監督:出発点は私が双子に興味があったことですね。そこで原作(ジョイス・キャロル・オーツ)に出会いました。

Q: 2人とも精神分析医にするというのは、監督の発想ですか?

オゾン監督:それはもともと原作にありました。変えたのは、精神分析のシーンですね。原作はアメリカ風の精神分析でしたが、フランス式に変えました。アメリカとフランスの違い?フランスの方が精神分析医と患者が寝る可能性が高いのかどうか、それは私にはわかりません笑。でもやらないようがいいと思うよ!あと、ラストを変えました。原作は文学としては成立しますが、映画には向かなかったので変えました。

Q: ジェンダーを超越したような映画ですね?
オゾン監督:奇妙な意見だ。でも、私はこの映画でのセクシュアリティというのは「不満足」がテーマになってると思ってる。この映画の主人公も恋人に対して愛情はあるんだけど、何かが足りない。でも、性と心の乖離はよくある話だよね。どんな恋人でも満たされないものはあるし、その解決法は日本人の方が長けているのではないかな?

Q: マリーヌ・ヴァクトをキャスティングした決め手は?
オゾン監督:脚本を執筆した後に決めたよ。『17 歳』の時もヌードだったから、受けてくれるか不安だったけど、みごとに勤めてくれた。


Q:なぜ猫が出てくるの?
オゾン監督:原作に出てくるからね。あとは、犬と違って、映画映えするんだよ、猫は。あと、猫は英語でプッシーというし、女性器の意味でもあるよね。でも、僕は猫が苦手、昔襲われたからさ(笑)

映画情報どっとこむ ralph 『2重らせん螺旋の恋人』
原題:L’amant Double
原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。ルイと名乗る男はポールと双子で、しかも同じ精神分析医だという。なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく…。

***********************************

監督・脚本:フランソワ・オゾン
原作:ジョイス・キャロル・オーツ「Lives of the Twins」
音楽:フィリップ・ロンビ
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ、ドミニク・レイモン
2017年/フランス/1時間47分/カラー/スコープ/5.1ch/ 日本語字幕:松浦美奈
R-18
配給:キノフィルムズ
©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU  www.nijurasen-koibito.com  



鳴り止まない拍手!『友罪』 第21回上海国際映画祭上映とQ&A


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(金)より全国の劇場で公開し、“衝撃の問題作”として賛否を呼びながらも、各地で満席が出るなど大ヒットロングラン中の生田斗真&瑛太主演最新作『友罪』(英語タイトル:My Friend “A”)が、昨日6/20(水)夕方に「第21回上海国際映画祭」に正式出品され、大盛況の内に上映と監督のQ&Aを行いました。

当日は、千人という上海国際映画祭で最大級のキャパシティを誇るメインスクリーンの「上海大劇院」が若い男女を中心に満席となる賑わいを見せ、上映中はのめり込んで鑑賞していたお客さんが声をあげて反応する場面なども見られ、エンドロールに入ると会場は大きな拍手に包まれました。

その後、瀬々敬久監督が登壇し、観客とのQ&Aが行われました。

第21回上海国際映画祭 NEW FROM AUTHOR
(作家性の高い監督の新作を上映/非コンペ)部門出品
日時(現地時間):6月20日(水)
場所:上海大劇院
登壇:瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 監督:今日この日、日本と上海の両国でこの『友罪』という映画が上映されていることがとても嬉しいです。有難うございます!


観客:地方から『友罪』を観るために映画祭に来ました。とても素晴らしかったです!(場内拍手)監督の最も好きなシーンは?

監督:益田が「外でお酒でも飲もうか」と鈴木を誘い、「コンビニでつまみでも買って」と応える鈴木のシーンです。さりげないシーンですが、普通の人にもあるようなかけがえのない時間がそこには流れている気がしました。こういう素敵な時間が、犯罪者や色々つらい思いをした人たちを救ってくれるのではないか、その一方で罪を犯した人がこういったかけがいのない素敵な時間を自分は被害者から奪ったのだと反省をする機会にもなると思いました。素敵な時間を大切にしてください!

観客:日本国内での評判も良いようですが、監督ご自身はマスコミなどの評価についてどう思われますか?

監督:すごく難しい質問です(苦笑)マスコミの方の評価も大切ですが、僕含めスタッフは沢山のお客さんに観て欲しくて作っていますし、沢山のお客さんに感動してもらえたらという気持ちで作っています。だから今日もここにいる上海のお客さんと出会えてすごくうれしいです。(場内席を立って拍手を送る人も)

映画情報どっとこむ ralph 観客:この映画のキャラクターは皆罪を背負っていますが、監督は罪を負った人々も幸せを得るべきだと思いますか?

監督:罪を背負った人たちもふとした時に笑ったり出会いがあったり、悲しんだり喜んだりするのが人生だと思います。でも罪は背負い続けながら生き続けなくてはいけない。矛盾しているようですが、そうして生きていくことが大切だと思います。

と、語りました。

映画情報どっとこむ ralph
友罪

は、2013年に薬丸岳が発表したベストセラー小説「友罪」の映画化作品です。隣りで静かに微笑む友が、かつて日本中を震撼させた“あの事件”の犯人だったらー。元ジャーナリストの益田役を生田斗真、少年Aだった過去を持つ鈴木役を瑛太が演じ、答えのない極限の友情が描かれています。主演2人が覚悟を持って撮影に挑んだ想いを語ったことでも話題を呼び、公開後もSNS等で「心揺さぶられた!」「ヒリヒリして焼けるようだった。力作」「生と命にスポットを当てた最高の映画」「映画が社会にできることってこういうことでは。必見」「生田斗真さんと瑛太さんの凄まじい感情の振り幅に圧倒された」「匠の1本。巧い。ゼゼ監督流石」など感想が上がっています。

絶賛公開中!

***********************************


監督・脚本:瀬々敬久(『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市  
 
配給・宣伝:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
     


岩田剛典インタビュー『去年の冬、きみと別れ』プレミアム・エディションに収録一部公開


映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶時の涙に込められた瀧本監督への熱い想いや、両親やHIROの反応など、今だから語れるエピソードを明かす!


ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、2018年7月18日(水)より『去年の冬、きみと別れ』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。

また、20日(水)よりデジタル先行配信を開始いたします。

「プレミアム・エディション」には、メイキングや未公開映像集など約3時間に及ぶ豪華映像特典が収録されます。

その一つである「撮り下ろし!今だから語れる、岩田剛典<公開後>単独インタビュー」では、主演の岩田剛典さんが、公開後だからこそ話せる内容をたっぷりと40分語ってくれています!
映画情報どっとこむ ralph 「プレミアム・エディション」の映像特典として収録される、撮り下ろしの単独インタビューに臨んだ。

劇場公開後初となるインタビューという事もあり公開後の反響を聞かれると、

岩田さん:まず両親 に観てもらって。今までの自分の作品とかもチェックしてもらっているんですけど、その 中で伝えられたのは、今回の作品でものすごく成長が垣間見えたということでした。 あとはいろいろなメンバーが観てくれたり、感想を送ってくれたりしました。

と明かし、所属事務所の社長である HIROさんの反応も告白。HIROさんは今まで親心で作品を観るあまり、なかなか岩田さんを役そのものとして見ることができなかったそうだが、本作では 「芯のあるひとりの俳優(が演じるもの)としてストーリーに入り込めたし、作品として も面白かった」という感想をもらえたと嬉しそうに話した。

また、撮影時を振り返り、通常テクニカルな確認しかしないカメラテストの段階で、ワンシーンまるごとセリフを覚えて本気で何度も演じるという瀧本組の洗礼を受けたという、あまり語られていないエピソードを告白。
まだクランクインする前の、気持ちも追いついていない段階で最初は辛かったというが、そこで鍛えてもらった事で俳優としてのスキル的な部分はもちろん、心の構 え方を学んだ撮影現場だったと瀧本監督への感謝を語った。

初日舞台挨拶では、そんな監督からの手紙が読み上げられる サプライズ演出に男泣きした一場面が話題となったが、

岩田さん:普段(手紙を書いたりとか)そういうことをしない監督が、ねぎらいの言葉を並べて伝えてくださったことが自分の心には響きましたし、その当時の思い出がよみがえって。あの時に抱えて いた葛藤や不安などを分かち合った監督と理解し合えている、一緒に戦えたという、そういう気持ちが自然とあの時の涙 につながったのかな。

と振り返った。その後監督に会った際、「いろんな作品に出て経験値を増やして、もう一回一緒にやろう」と言ってもらったそうで

岩田さん:現状に満足しては瀧本さんのレベルに追いつけないなと思っています。次は瀧本さんが演出するところがないくらい、完璧に瀧本さんワールドにフィットできるよう、もっともっとお芝居を磨いていき たいです。

と今後の抱負を熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

岩田さんにとっての本作という質問には、

岩田さん:瀧本組でこの作品に参加できたのは、自分の表現者としてのこれからに向 けてものすごく大きな糧になったと個人的に思っていますし、演じるということの楽しさをより感じさせてもらえたと思ってい ます。今後、5年後、10年後と、この先きっと役者として経験を積むんでしょうけど、その中で自分にとってものすごく大き なターニングポイントとなった作品と言えるんじゃないでしょうか。この時期にこの作品に出演できたということは、すごくプ ラスになりましたし、この作品で経験できたことは間違いなく生きると思っています。

と強い思い入れを語った。

インタビューでは、この他にも山本美月、斎藤工ら共演者とのエピソードや、ネタバレありの撮影秘話などを約40分にわたって 語っている。


また、Amazon特集ページにてその映像の一部も公開!!!!
Amazon特集ページURL:
https://www.amazon.co.jp/b?node=5801117051


去年の冬、きみと別れ

2018年7月18日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
【初回仕様】 ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)
¥6,990+税
【初回仕様】 DVDプレミアム・エディション(2枚組)
¥5,990+税
【初回仕様】 ブルーレイ 
¥4,990+税
【初回仕様】 DVD 
¥3,990+税



デジタルセル先行配信中
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

***********************************

   


ポップにグロい!?台湾発学園ホラー 『怪怪怪怪物!』上映決定


映画情報どっとこむ ralph 1968 年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年 10 月に開催されている映画祭。

SF、ホラー、サスペンスなどのジャンル映画を特化して扱う「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つです。 『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション』は、シッチェス映画祭で上映された作品の中から厳選した作品を日本で上映する、シッチェス映画祭公認の映画祭。

そしてこの度、映画祭の上映ラインナップ第二弾を解禁します!

この度、ラインナップ第二弾として、昨年の第30回東京国際映画祭で絶賛の声を浴びた、『怪怪怪怪物!(かいか いかいかいぶつ!)』(原題:『報告老師!怪怪怪怪物!』)をシッチェス映画祭にて上映いたします!!そして、邦 題も決定!漢字はそのままで、読み方は“かいかいかいかいぶつ”と若干日本風になりました。

本作は、日本スタッフ・キャストによるリメイク版が今年公開されることでも話題となった、台湾で大ヒットを記録した映画 『あの頃、君を追いかけた』のギデンズ・コー監督によるオリジナル脚本最新作です。前作のラブストーリーとは打って変わ って、『怪怪怪怪物!』では香港ではポスターが発禁処分となったほど、衝撃シーンも満載!スクールバスの中での血まみ れの殺戮劇など、タイトルのポップな雰囲気とはかけ離れた残酷な世界が観る人を待ち受けております…!

上映ラインナップ第二弾は… かい かい かい かい ぶつ !『怪怪怪怪物!』 2017 年東京国際映画祭で絶賛を浴びた 、血も凍る台湾発学園ホラー!

映画情報どっとこむ ralph ★場面カットも到着!!

ギデンズ・コー監督
1978年台湾・彰化生まれ。2000年に“九把刀”(9本のナイフ)というペンネームでインターネット上に文 章を掲載。以後、さまざまなジャンルの作品を発表し、その数は 70 を超える。多くの作品が映画、舞 台、テレビドラマ、オンラインゲームにまで展開されている。初監督作品『あの頃、君を追いかけた』 (TIFF2011 出品)が大ヒットを記録。本作が監督 2 作目である。

映画情報どっとこむ ralph 「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2018」


期間:2018 年 10 月
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマ・スコーレ、他
料金:通常料金:1500 円 専門・大学生、シニア:1100 円 高校生以下:1000 円
公式サイト:
FB:
https://www.facebook.com/sitgesfanta/

ツイッター:
https://twitter.com/sitges_fanta

提供:キングレコード
配給・宣伝:ブラウニー 協力:松竹

***********************************

スタッフ 監督/脚本 : ギデンズ・コー(九把刀)
プロデューサー : アンジー・チャイ
撮影監督 : チョウ・イーシエン
編集 : リー・ニエンシウ
美術監督 : リャオ・ミンイー 音楽 : クリス・ホウ
録音 : ドゥ・ドゥチー 録音 : ウー・シューヤオ
衣装 : ドラ・ン 視覚効果 : パオ・チェンシュン
視覚効果 : ホアン・メイチン
特殊メイク : リウ・シエンチア
アクション指導 : ジミー・ハン

出演:トン・ユィカイ ケント・ツァイ ユージェニー・リウ チェン・ペイチー ジェームズ・ライ タオ・ボーメン リン・ペイシン

2017/110 分/北京語/台湾/ホラー


答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。『人魚の眠る家』第1弾ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説「人魚の眠る家」を篠原涼子さん、西島秀俊さんで映画化。


この度、本作の第1弾ビジュアルが完成しました。公開日は11月16日(金)に決定しました。

そして、追加キャストとして、篠原涼子演じる播磨薫子の妹・美晴役に山口紗弥加さん。薫子の娘・瑞穂に向き合う医師・進藤に田中哲司さんが発表となりました。

映画情報どっとこむ ralph 第1弾ビジュアルの制作意図

水面から柔らかな光が差し込む水中に、ひとり佇む主人公・播磨薫子(篠原涼子)。胸には、安らかに眠るわが子を抱いているようだ。慈愛に満ちた微笑みを浮かべるその姿は聖母のようで、まっすぐにこちらを見つめるその瞳は、愁いを帯びながらも強い意志を感じさせる。

「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。」

衝撃的な問いかけは何を意味するのか。愛する人へ捧げたその無償の行為は、善か、悪か、愛か、欲望か?


東野圭吾の禁断のミステリーが、ついに幕を開ける。

人魚の眠る家

2018年11月16日(金)公開です。

***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子 山口紗弥加 田中哲司

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会