「ホラー」カテゴリーアーカイブ

山寺宏一・川島海荷・藤森慎吾・観月ありさ登壇!『モンスター・ホテル』初日舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 全米初登場No.1!全世界で興収5億ドルを突破し、シリーズ最高記録を更新!『モンスター・ホテル』シリーズ最新作『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』が10月19日(金)よりユナイテッド・シネマ、シネプレックスにて劇場公開となります。

本作の公開を記念して、映画公開初日となる10月19日 (金)にユナイテッド・シネマ豊洲にて初日舞台挨拶を行うことが決定しました。

登壇するのは、シリーズを通して吹替えを担当している山寺宏一さん、川島海荷さん、藤森慎吾さん、そして、今作でドラキュラがビビンと一目惚れして恋に落ちる新キャラクター・船長のエリカ役・観月ありささんも加えた豪華4名。

チケットは10月3日(水)AM0:00よりユナイテッド・シネマ豊洲インターネットオンライン販売にて発売開始です!


モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!

10月19日(金)よりユナイテッド・シネマ シネプレックスにて劇場公開
12月5日(水)ブルーレイ&DVD発売、レンタル開始

※上映は日本語吹替版のみ

公式サイト:
monster-hotel3.jp


***********************************


(c) 2018 Sony Pictures Animation Inc. and MRC II Distribution Company LP. All Rights Reserved.

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


『カメラを止めるな!』全米最大規模映画祭 「ファンタスティック・フェスト 2018」ホラー部門で最優秀監督賞


映画情報どっとこむ ralph 監督&俳優養成スクール・ENBU ゼミナールの≪シネマプロジェクト≫第7弾作品、上田慎一郎監督待望の長編デ ビュー作『カメラを止めるな!』。6/23(土)に都内2 館で公開が始まって以降、多くの観客に愛され、動員数 160 万人を突破!!現在の累計上映決定館数は 323館(9/26 時点で上映中の劇場は212 館)にのぼり、“カメ止め旋 風”は200万円で創って20億円の大当たりで、まだまだ止まりません!! 日さ久しぶりの映画界JAPANESE DREAM!!

そんな、ENBUさんウハウハで笑いが止まらない!カメ止め旋風は、海を渡り・・・・、


この度、アメリカ・テキサス州で開催されているホラーとファンタジー映画を中心とする全米最大規模の映画祭 「ファンタスティック・フェスト 2018」で 25 日(日本時間 26 日)、『カメラを止めるな!』(英題:ONE CUT OF THE DEAD)の上田慎一郎監督がホラー部門で最優秀監督賞を受賞しました!

アメリカ・テキサス州で開催されたファンタスティック・フェストは、世界中のホラー、ファンタジー、SF、アクションなど米国最大級のジャンル映画祭です。

映画情報どっとこむ ralph カメラを止めるな!


ストーリー
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42 テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバ イバル!” ……を撮ったヤツらの話。


***********************************


監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
特殊造形・メイク:下畑和秀
ヘアメイク:平林純子 制作:吉田幸之助
主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨 音楽:永井カイル 
アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二
プロデューサー:市橋浩治 製作:ENBU ゼミナール
配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール
96 分/16:9
2017 年 ©ENBU ゼミナール


ジョン・カーペンター監督 作『遊星からの物体 X』予告&新写真到着!


映画情報どっとこむ ralph SFホラーの傑作『遊星からの物体 X』<デジタル・リマスター版>の 10 月 19 日(金) 全国公開に合わせ、全米公開時のオリジナル予告編と新写真 4 点が到着しました!


File written by Adobe Photoshop? 5.2




本映像は「メーデー メーデー。氷の中に何かを見つけた」と助けを求める音声から幕を開ける。

しかし応答は一切無い。

南極基地に向かうヘリコプターの姿、氷の中から発見される何か。そして 10 万年もの間、氷漬けになっていた<それ>が新たな寄生先を見つける。寄生した人間の姿に擬態する<それ>は誰にも見えず、聞こえず、感じられないという。<それ>は 12 人の南極隊員の中に姿を隠して潜み、既に本物の人間はたった数人しか残っていない状況。疑心暗鬼に陥る隊員たち。ライフルや火炎放射器など様々な手段で対抗をするが、次第に追い込まれてしまう。

そして最後は響き渡る絶叫と「人類は最も温かい隠れ場所だ」という意味深いコピーで予告編は幕を閉じる。

本予告編の後半で一瞬登場する宇宙生物の姿だが、撮影を開始した 1981 年 8 月 から翌 8 月の公開までその姿は徹底的にヴェールに包まれており、撮影現場でもポスト・プロダクションの段階でも写真を撮ることは一切禁じられていた。

宇宙生物の風貌や特徴について、すべてを把握していたのは監督のジョン・カーペ ンターと脚本のビル・ランカスター、ロブ・ボッティンら特殊造型チームのみで、全貌はその他のキャストやスタッフにも明かさ れていなかったという。ポスト・プロダクションは公開直前の 5 月まで続いており、宇宙生物の造型についてカーペンターが いかにこだわっていたかということが窺える。尚、本予告編はTV 放映向けにスタンダードサイズとなっているが、実際の上 映はオリジナルのシネマスコープサイズで行われる。

また、同日 10 月 19 日(金)からはジョン・カーペンターが製作総指揮と音楽を務める『Helloween』が全米公開。
日本国内では9 月 29 日(土)より同じくジョン・カーペンター監督による SFホラーの傑作『ゼイリブ<製作 30 周 年記念 HD リマスター版>』がシネマカリテ他全国順次公開となるなど、巨匠ジョン・カーペンターが大盛り上がりの秋とな りそうだ!!是非この機会にスクリーンで堪能して欲しい。

映画情報どっとこむ ralph ■丸の内ピカデリー爆音映画祭 『遊星からの物体X』先行上映情報
日時:10 月 10 日(水)
19 時~トークショー、
19時半~上映 場所:丸の内ピカデリー3

チケットは丸の内ピカデリー公式HPにて9月28日(金)17時~発売開始(劇場窓口は9月2 9日(土)劇場オープン時より)

物語・・・
南極基地に現れた一匹の犬。 それは 10 万年前に地球に墜落し、氷の下で眠っていた宇宙生物だった。接触した生物の細胞に同化、擬態を行うその生命体は、隊員へ と次々と姿を変え、基地の中に侵入する。
およそ 2 万 7000 時間で地球上の全人類と同化が完了するという試算結果に怯えた生物学者ブレアの手により、通信手段、交通手段を 断たれ孤立した基地。誰が本物で、誰が“物体 X”かわからないという究極の状況下で、疑心暗鬼に陥る 12 人の隊員たちは果たして生き 残ることが出来るのか―。そして人類の運命は一体―。

***********************************


監督:ジョン・カーペンター
脚本:ビル・ランカスター
原作:ジョン・W・キャンベル・Jr 「影が行く」
出演:カート・ラッセル、A・ウィルフォード・ブリムリー、T・K・カーター、デヴィッド・クレノン、キース・デヴィッド、リチャード・ダイサート、チャールズ・ ハラハン、ピーター・マローニー、リチャード・メイサー、ドナルド・モファット、ジョエル・ポリス、トーマス・ウェイツ

製作:デヴィッド・フォスター、ローレンス・ターマン
共同製作:スチュアート・コーエン

1982 年|アメリカ映画|109 分|カラー|スコープサイズ|DCP|原題:THE THING|ターマン=フォスター・カンパニー作品|ユニバーサル映 画 提供:boid、キングレコード|配給:アーク・フィルムズ、boid
© 1982 UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 公式 HP thething2018.jp


菊地亜美とジャンポケ斉藤 「音を立てたら即アウト」なゲームに挑戦!『クワイエット・プレイス』


映画情報どっとこむ ralph 低予算映画ながらも、全世界でホラー映画では類を見ない世界的大ヒットを続けている映画『クワイエット・プレイス』が9月28日(金)より全国公開となります。

この度、本作の公開を直前に控え、タレントの菊地亜美さんとジャングルポケットの斉藤慎二さん&おたけさんをゲストに迎え「音を立てたら、即死」の世界で生き残れるか⁉公開記念イベントを実施しました!


『クワイエット・プレイス』公開記念イベント
日程:9月27日(木)
場所:スターライズタワー
登壇:菊地亜美、ジャングルポケット 斉藤慎二&おたけ

映画情報どっとこむ ralph イベント開始早々、なぜかMCとともに一人で場内に現れたジャングルポケット・おたけさん。

おたけさん:今日はMCというポジションでやっていきたい!

とイベントにかける熱意を語りつつ、早速映画の予告映像が流れると

おたけさん:これまでにもたくさんホラー映画観てきましたが、音が怖いというホラーのイメージを覆した新感覚。映画観ている間、息を殺して観てしまいました。

と明かし、【音を立てたら、即死】という映画の世界観を楽しんだ様子。


今回、そんな本作の世界を体験してもらうべく、絶叫必死!「音を立てたら即アウト」なゲームにチャレンジしてもらおう!ということで、ゲーム挑戦者の新婚・菊地亜美さんとジャングルポケット・斉藤さんが登場!

『クワイエット・プレイス』というタイトルの通り、静けさが重要な作品にも関わらず、早速、騒がしい二人の本領発揮で無駄に大声を出して登場する二人。

おたけさん:静かにしてもらえます?即死ですよ!

といったツッコミが入るなど、場内にはすでに笑い声が。《静か》とは程遠いスタートとなったものの、映画の感想を聞かれ

斉藤さん:上映中、ずっと心臓がバクバクしていてガマンできないんですよ!これは他の映画では味わえない緊張感ですね!

と本作を絶賛!

菊地さん:ホラー映画とか好きで、最近話題になった映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』という作品も観たりしていたんですが、まさかここまでホラー映画で泣かされるとは!映画の中の家族愛に感動です!

と語り、恐怖だけではない新たなホラー映画として本作を楽しんだことを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 今回、お二人ともが結婚して家庭を持つ身ということで、そんなお二人のために用意されたのが「音を立てたら即アウト」ゲーム!

劇中に登場する白砂が敷かれた道を再現し、砂に隠された足つぼロード上での縄跳び、虫おもちゃのトラップ回避に、劇中の食事シーンを再現した葉っぱを用いたお皿の上でロシアンルーレットといった過酷なゲームに挑戦!家族を守るための試練とはいえ音を立ててはいけないというルールに「それでご飯食べてきたのに?」と不満を漏らす斉藤さん。一方で「やだ・・・大丈夫かな。。。。怖い!!!!」とゲームスタート前から大騒ぎの菊地さん。音を立てたかどうかの判定は《即OUTボード》を持ったおたけさんが担当するということで、早速、菊地さんからゲームに挑戦してもらうことに。

菊地さん:絶対に音は出しません!

と意気込みながらスタートした菊地さんでしたが、歩き始めた直後に「ちょっとタイム!」とゲームを一時中断。「これ無理!」と大声を出し、場内を駆け回って足つぼロードの過酷さをアピール。
ようやくゲームが再開すると、どうしても痛みに耐えかねて声が漏れてしまい、その都度、おたけさんが《即OUTボード》を出して、場内の笑いを誘っていました。

特に虫おもちゃのトラップが一番苦手だったようで、トラップを見た瞬間「キャー!!!!」と大きな悲鳴をあげ、ゲームのルールを完全無視!最後にはわさび入シュークリームを食べて声を上げるなど、おたけさんから10OUTの判定をもらってゲームクリアならずの結果に。


続いて斉藤さんがスタートすると、

齋藤さん:足つぼには少しづつ耐性がついてきているから!

と自信を覗かせてスタートしたにも関わらず、一歩足と踏み出した途端に「ゔ―!」と大きな声を。痛みに耐えながらもゆっくり進む斉藤さん。そんな中、スタッフから時間が無い・・という指示がでたことを知り、いきおいよく進み始めたかと思いきや、縄跳びミッションをスキップするなどの暴挙に。場内は笑いに包まれる中、やはりそこは芸人さん。最終的にはコースを逆走し、菊地さんの倍以上足つぼロードを歩きながら縄跳びやわさび入りシュークリームにもしっかりチャレンジ!根性をみせながら場内を笑いの渦に巻き込みました。

最終的に両者が音を立ててしまい、菊地さんが10アウト、斉藤さんがなんと21アウトという結果になったものの、映画の中だったら即死となっていた事態に、菊地さんと斉藤さんのお二人は「こんなに激しいPRイベントは初めて!」「即死だったね・・」と口々にコメント。場内は笑いに包まれました。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、4人家族のアボット家がそれぞれ力を合わせて生き抜いていく、という家族愛がテーマでもある本作にならって、手話でコミュニケーションしている映画の登場人物と同様に、よりチームワークを高めるためのジェスチャーゲームをすることに。

二人が交互にジェスチャーと解答をしていくという内容にはもちろん罰ゲームがあり、解答を間違える毎に、最大1m20cmにもなる巨大風船が膨らんでいくという恐怖が襲いかかります。1つ目の「音を立てたら即アウト」ゲームでアウトを連発した二人。MCとして何もしないおたけさんに対し不満があったようで、

斉藤さん:お前もやれ!

と突然の声を荒げ、

菊地さん:そうですよ!ずるいです!!

と二人して無理やりおたけさんをゲームに引きずり込む展開に。「今日はMCだけって・・」と抵抗を見せるおたけさんをよそに、無情にもゲームがスタートしました!
急遽、三人で行うことになったジェスチャーゲーム。菊地さんから始まったジェスチャーのひとつめのお題は「お風呂」!なぜか熱湯風呂を表現した菊地さんのジェスチャーに最初は苦戦し、思わずおたけさんから「下手くそ!(笑)」とツッコミが。声を出さず、必死に動きを変えてジェスチャーを続ける菊地さんの努力のかいあって見事斉藤さんが正解!続いて「出産」というテーマでジェスチャーを始めたところで菊地さんの持ち時間が終了に。計3問実施するはずでしたが、1問しか正解できなかったというこで、少しずつ風船が膨らみ始める中、続いて、斉藤さんがチャレンジ。

「足音」というテーマに対し、なぜか動きではなく顔芸を始める斉藤さん。おたけさんからの「顔芸するな!」といったツッコミや菊地さんからの「顔!顔!」という声が上がる中、様々な動きをする中でタップダンスを踊った瞬間に菊地さんが見事正解!しかしほとんどの時間を最初のテーマで使ってしまい、2つ目のお題「ハロウィン」が始まった瞬間にタイムオーバーに。さらに大きくなった風船の様子に恐怖の表情を浮かべながら、最後はおたけさんの順番に。しかし、なぜかおたけさんの番が回ってきた瞬間に風船への空気の注入が止まらないというハプニング!かなりの大きさに膨らんだ風船に恐れおののきながら、「ホラー」というお題でジェスチャーを始めると・・・バァンッ!!!!と大きな音をたてて風船が破裂!!あまりの恐怖に斉藤さんは「もうやだよ!!」と言って場内を歩き回り、会場の笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph イベント後に行われた囲み取材では、本作を誰と一緒に観に行きたいかと問われ、

菊地さん:旦那さん!旦那さん!はビビりだけどみたがりというタイプなんです!予告を見て観たいと言っていて、わたしも観終わった後、映画館でもう一度観たいと思っていたので、一緒に行きたいと思います!

と笑顔。既に本作を奥さんと一緒に観た斉藤さんは、後輩芸人である「ナダル」をあげ、

齋藤さん:最近ナダルが可愛すぎて!あいつがどう反応するか楽しみですね!

と満面の笑みで明かしました。また、おたけさんは、6年付き合っているホラー好きの「彼女」と観たいそうで、

おたけさん:今回の<キングオブコント>で優勝したらプロポーズしようと思っていたんですけど、決勝にも行けなかった(苦笑)今年、来年くらいにはと思っています!

と近々結婚することを匂わせました。


最近結婚した菊地さんは、子供について問われると

菊地さん:映画の中で子供を守る為に必死になる親の姿が描かれていて「すごい愛を感じたんです。なので、そういった強い想いをもって、守る存在ができるのはいいなと思っています

とコメント。

斉藤さん:相方(太田)が仕事が終わるとすぐに家に帰るんです!芸人としては全く面白くない!子供は顔の大きさが横澤夏子のくせに…。

といいつつも

斉藤さん:両親が教師だったり、よく学校にも手伝いにいったりして、子供は大好きなので早く欲しいとは思っています。

と語りました。


クワイエット・プレイス
原題:A Quiet Place

物語・・・
音を立てると“何か”がやってくる。
音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界で、生き残った1組の家族がいた。その“何か”は、呼吸の音さえ逃がさない。誰かが一瞬でも音を立てると、即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らすエヴリン&リーの夫婦と子供たちだが、なんとエヴリンは出産を目前に控えているのであった。果たして彼らは、最後まで沈黙を貫けるのか―――?

***********************************

監督・脚本・出演:ジョン・クラシンスキー
脚本:ブライアン・ウッズ、スコット・ベック
製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラ- 
キャスト:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ
全米公開:4月6日

配給:東和ピクチャーズ 
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


すべてのシーンがラストへの恐怖の伏線!映画『へレディタリー/継承』予告映像が完成


映画情報どっとこむ ralph 今年のサンダンス映画祭で発表されるや「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、トラウマ級の恐怖で全米を震撼させたホラー映画『へレディタリー/継承』の予告映像が完成。

監督・脚本を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。

天才的な発想と演出、すべてのシーンがラストへの恐怖の伏線となる計算し尽された脚本と異常なまでの完成度は、ホラー映画の新たな到達点となった。
主演は『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット。本作で見せる鬼気迫る怪演で、既に来年のオスカー主演女優賞ノミネートが確実視されています。製作は昨年アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』を生み出し、今年も『レディ・バード』が賞レースを席巻。設立6年目にして話題作を次々と発表し、オスカー常連となった最注目の映画スタジオA24。

映画情報どっとこむ ralph 完成した予告映像は・・・・・、

祖母・エレンの葬儀から始まり、祖母が遺した“何か”を受け継いだら死ぬ というテロップとともに、想像を絶する恐怖に襲われる家族を映し出す。暗闇に誰かの気配がする、不思議な光が部屋を走る、ガラスに写った自分がこちらを見て怪しく笑っている・・・!祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情の孫・チャーリーは、鳥の死体から首を切り落とそうとしている。

不穏すぎるシーンと、家族の絶叫。想像を絶する恐怖の一端が垣間見える映像だ。



映画情報どっとこむ ralph 受け継いだら死ぬ 彼女たちが祖母から受け継いだものは一体・・・?

へレディタリー/継承
原題:HEREDITARY

11.30(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式HP:
hereditary-movie.jp

公式twitter:
@hereditarymoviejp


物語

この家族の物語は、あなたの永遠のトラウマになる。

グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。自らの人生を精巧なミニチュアで表現するアーティストであるアニーは、エレンとの暗い思い出をミニチュアにし、セラピーにも通う。夫のスティーヴン、内気な高校生の息子ピーター、祖母に溺愛されていた対人恐怖症の娘チャーリーとともに、家族を亡くした哀しみを乗り越えようとしていたのだ。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまってことに気づかぬまま・・・。

チャーリーの様子がおかしい。祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめている。

彼女の部屋を覗くと、アニーがミニチュアを作るように、チャーリーも自分の部屋でこっそりと人形を作り続けていた。それは、動物の生首とガラクタでできた狂気のオブジェだった。



やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発する。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声が聞こえる、暗闇に誰かの気配がする・・・。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。

“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺した“何か”とは一体?



***********************************



出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド

脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック

撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン

音楽:コリン・ステットソン
ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
2018年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:127分| PG-12
©2018 Hereditary Film Productions, LLC