「ホラー」カテゴリーアーカイブ

森久保祥太郎ナレ予告が到着!愛と狂気のジェットコースター・ムービー『68キル』


映画情報どっとこむ ralph 毎年3月、米国テキサス州オースティン大規模フェスティバルSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)。

本年度の映画部門で、異例の追加上映も開催されるほど熱狂的に受け入れられ観客賞を受賞。
“⾒逃せない傑作”として認知され、大きな話題を呼んでいるマシュー・グレイ・ギュブラー主演新世代アクション・スリラー映画『68キル』が2018年1月6日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われる『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映されます!


そしてこの度、本作の予告編が完成!

なんと主演マシュー・グレイ・ギュブラーの代表作である、人気ドラマシリーズ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」で、彼が演じるリード博士の吹き替えを担当してきた、人気声優の森久保祥太郎さんがナレーションを務めています!
予告編では、イケメンだけど気弱な配管工チップが、愛しのガールフレンドに頼まれ押し入った豪邸で、彼女がまさかの殺人鬼に豹変!チップは目撃者のバイオレットと一緒に逃亡を開始するが、彼らが奪った6万8000ドルは、ギャング、サイコパス、メンヘラ、ジャンキーたちを引き寄せ、やがて血も涙もない仁義なき大バトルとへ発展してく…。チップはこの【ろくでなしどもの底辺バトル・ロイヤル】を生き延びることができるのか!?


映画情報どっとこむ ralph 森久保さんはIQ180の天才のリード博士とは、正反対の性格のチップを演じることについて、

森久保さん:「クリミナル・マインド」で、Dr.リード役としてのマシューに10年以上アフレコをし続けてきましたが、ここへ来て、また新たなマシューの魅力に出会えました!これがマシューの真骨頂なのではないかと言う、コミカルさと、彼にしか発想できないような台詞のやりとりに魅了されます!これはチャンスがあれば、是非、僕が吹き替えたいっ!絶対吹き替えたい!そう思わせてくれました!

と熱くコメント。

さらに映画については、

森久保さん:「そこまでする〜〜!?そうなるの!?という気持ちいい予想外の展開が、ポップでカラフルな映像に乗って飛び込んできます!見終わった感想を、早く誰かと共有したい!

とその面白さに太鼓判を押ています。

映画情報どっとこむ ralph 初期のタランティーノ作品を思わせる、ぶっ飛んだ爽快さと意表をつく展開!

ジャンルムービーの新境地を切り開く、愛と狂気のジェットコースター・ムービー『68キル』にご期待ください!


68キル

2018年1月6日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開!

気弱で女好きの配管工チップは、美人なガールフレンドのライザに頼まれると嫌とは言えない。彼はライザから、知り合いの金持ちが金庫に隠している6万8000ドルを盗みに行こうと誘われ、渋々同行する。しかし、留守なはずの家主は家にいて、犯行はあっさり失敗。逆上したライザは家主を惨殺してしまう。二人は金を奪って逃走を計ろうとするが、邸内にはもう一人、不運な目撃者がいた。

***********************************

監督・脚本:トレント・ハーガ『ザ・スリル』(脚本)

出演:マシュー・グレイ・ギュブラー「クリミナル・マインド FBI行動分析課」、アナリン・マッコード「トランスポーター2」、アリーシャ・ボー「13の理由」、シェイラ・バンド『ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜』

2017年/アメリカ/英語/95分/DCP/カラー/
日本語字幕:岩辺いずみ
原題:68kill
配給・宣伝:トランスフォーマー
© 2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
     


野沢雅子の鬼太郎が新予告に!『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』


映画情報どっとこむ ralph 「映画 妖怪ウォッチ」シリーズ最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が、12月16日(土)に遂に公開!!

今作は、「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界を描いた物語。
登場人物はみな一新され、新しい妖怪ウォッチの継承者が誕生! お馴染みの妖怪たちは普段の姿「ライトサイド」と戦闘形態「シャドウサイド」という二つの姿を手に入れ、バトル時には超変化します! さらに、今までとは一味違うちょっとシリアスな世界観や、国民的妖怪「ゲゲゲの鬼太郎」の登場など、例年とは異なる新しい要素が満載!

この度、映画公開直前にして5種類の新予告を解禁!

1つめの新予告は、過去シリーズの妖怪ウォッチとは全く異なる、大人向けの“シャドウサイド予告”。
Web限定で公開され、映画の雰囲気をたっぷり味わえる2分30秒の予告です。これぞ妖怪!本領を発揮したその姿に、大人も子どももワクワク・ゾクゾクする内容となっております。


映画情報どっとこむ ralph 残りの4種類はテレビで放送される15秒の新予告。

鬼太郎の登場シーンを集めた“鬼太郎編”、

大迫力のバトルシーンを集めた“バトル編”、

主人公2人の声を務めた上白石萌音、千葉雄大からのコメントが入った“ゲスト声優編”。

そして、“シャドウサイド予告”と同様に緊迫感あふれるシーンで構成された“ホラー編”。


それぞれ、今までの妖怪ウォッチにはない今作の魅力を、違う角度から詰め込んだ予告になってます!

さらに新予告では、“野沢雅子ボイス”が入った鬼太郎のシーンも解禁!
今年の9月、“鬼太郎の登場”&“声優は野沢雅子”という情報を解禁した際は、「妖怪ウォッチも鬼太郎も大好きなので楽しみ!」「野沢雅子の声は本当に嬉しい!」と、大きな反響がありました。ついに「ゲゲゲの鬼太郎」アニメシリーズの初代・鬼太郎の懐かしの声が蘇ります! ねずみ男、ねこ娘たちも登場し、目玉おやじのお馴染みのセリフ「おい、鬼太郎!」の声も! 待ちに待った鬼太郎ファミリーの登場シーンは必見です!

さらにさらに、楽曲でも“妖怪コラボ”が実現!
新予告映像では、今作のエンディングテーマ曲「ようかい体操第一 ゲゲゲの鬼太郎Ver.」の一部も流れます!「ゲラゲラポー」と「ゲゲゲのゲ」が合体して「ゲ、ゲ、ゲゲゲラポー」!? 新予告映像で、不思議な妖怪メロディを是非確認してください!

映画情報どっとこむ ralph 映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

12月16日(土)全国ロードショー!

公式サイト:
http://www.eiga-yokai.jp/

***********************************

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2017 
©水木プロ・東映アニメーション


池田エライザ主演ハートフルなオカルトファンタジー映画「ルームロンダリング」情報解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、池田エライザ主演映画「ルームロンダリング」の情報解禁に!
いわくつきの“訳アリ物件”ばかりに引っ越しを繰り返す八雲御子。
彼女の仕事は訳アリ物件に自分が住むことによってルームロンダリング“物件を浄化する”こと⁉ところが、部屋に居座る“この世に未練たらたら”な幽霊たちのお悩み解決に奔走させられることに⁉

「御子、泣くな、笑え。」

御子と様々な幽霊たちとのふれあいは、多忙を極める私達に、立ち止まることや、人を思いやることの大切さを再認識するきっかけとなるかもしれません。切なく哀しくも可笑しい、<ハートフルなオカルトファンタジー>が出来上がりました。
                                
【池田エライザ:八雲御子(やくも・みこ)役】からのコメント
愛おしいと思える台本に出会えたことが素直に幸せだと感じました。御子として様々な人に出会い影響を受けていくことが、わたしにとってとても有意義な時間であり、とても大切な時間でした。誰に出会い、何を思い、何を大切だと思うか。それが人の心を育てていくということを、命の垣根を超えて教えてくれる作品になりました。小さな女の子がぬいぐるみを抱えるように、優しい気持ちで見てもらえると思っています。ちょっぴり可笑しなキャラクターたちをよろしくお願いします。

【オダギリジョー:雷土悟郎(いかづぢ・ごろう)役】からのコメント
残念ながら、今の時代、オリジナルの脚本を映画化する事は容易ではありません。そんな中でTSUTAYAさんのこうした取り組みは素晴らしいと思いますし、微力ながら応援したい気持ちでこの企画に参加することにしました。そしてもちろん、想いの詰まった脚本がとてもユニークでしっかりと魅力のある世界観を感じさせてくれた事も、参加したいと思った大きな理由でした。

【片桐健滋:監督・脚本】からのコメント

日々の暮らしの息苦しさとか孤独をどうやってコメディーにできるかと頭ばっか悩ましてましたが…いざ始まったら!素敵なキャストの皆さんが動き出して、大好きなスタッフのみんなが頭の中の妄想を叶えてくれました。最後には、書いたことなんて忘れて「ルームロンダリング」のファンになってました…撮影で感じた楽しいがきっとスクリーンから溢れ出していると思います!ぜひ、劇場でご覧ください!宜しくお願いします!

【梅本竜矢:共同脚本】からのコメント

大好きすぎるキャストの皆さんと頼れるスタッフの皆さんが、片桐監督と僕の「こんなこといいな、できたらいいな」を、各々の不思議なポッケで叶えてくれました。本当に有り難うございます。この映画は、職場や学校や家庭の中で居場所を探している人たちに勇気を贈る物語です。『ルームロンダリング』という題名ですが、皆さんの日々の荒んだ気持ちもロンダリング(浄化)する仕様になっておりますので、まずは劇場でお試し下さい。

映画情報どっとこむ ralph コンテスト受賞により勝ち取ったオリジナル作品の制作決定!

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015にて準グランプリを受賞した今作は、企画提出者であり、脚本を手がけた片桐氏と梅本氏が居酒屋での語り合いから生み出したオリジナルストーリーです。実績のある監督でさえ、簡単にはオリジナル作品の制作機会が得られない現在において、自ら勝ち取った初長編映画監督作品の誕生です。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー                                       
5歳で父親と死別した八雲御子(池田エライザ)。その翌年には母親が失踪してしまった。その後は祖母に引き取られた御子だが、18歳になると祖母も亡くなり、天涯孤独となってしまった。度重なる不幸に自分の殻に閉じこもってしまった御子のところに、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれた。そのアルバイトとは“ルームロンダリング”だった。

「1K・4万円・自殺」
新たな部屋に越してきた御子。夜、風呂場へ行くとそこには春日公比古(渋川清彦)の幽霊がいた。
自分の姿が見える御子に驚く公比古だが、御子は公比古に驚かない。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになっていたのだ。奇妙な共同生活を送る2人だが、ある時、公比古は自分の演奏が収録されたデモテープを見つける。そのテープこそレコード会社に送ろうと思って送れなかったまま亡くなってしまった後悔の産物。今からでも送って欲しいと公比古から頼まれる御子。そんな折に悟郎からの連絡。新たな物件への引っ越しが決まる。

「2K・10万円・刺殺」
引っ越した先の幽霊・千夏本悠希(光宗薫)は見知らぬ男に殺されたOLだった。
隣人の虹川亜樹人(健太郎)は事件当時、異変には気付いたが何も出来なかった事を悔いていた。そこへ、居るはずのない公比古が現れる。御子がまだ送っていないカセットテープへの執着から現れたようだ。幽霊同士語り合う公比古と悠希。悠希の恨みを晴らしてあげたい御子は似顔絵描きで犯人を探そうと思いつく。御子の書いた似顔絵を元に、警察へ連絡した亜樹人だが、なんと偶然にも連絡を受けた警官こそが悠希を殺した犯人であった。
一方的に殴られ続ける亜樹人の絶体絶命のピンチを御子の決死のアイディアで救い出し、さらには犯人逮捕へと至るのだった。
母親の深月にも幽霊が見える能力があり、そのことで精神を病んだのだと悟郎から聞かされた御子は、悟郎に頼み込んで深月の居場所を聞き出す。そこはかつて一緒に暮らした区営住宅の跡地であり、そこに深月は確かにいたのだが・・・
公比古と悠希は、そして御子と亜樹人は・・・見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。



コミカライズ決定!                                 
12/12(火)発売の月刊『コミックビーム1月号』にて表紙&巻頭カラーで連載スタート!
漫画:羽生生純、出版社:KADOKAWA
                             
「ルームロンダリング」

公開:2018年全国ロードショー
公式サイト:
roomlaundering.com
公式twitter:
@roomlaundering

***********************************

TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2015 準グランプリ作品     
出演:池田エライザ 渋川清彦 健太郎 光宗薫 / オダギリジョー  
監督・脚本:片桐健滋  共同脚本:梅本竜矢
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 
配給:ファントム・フィルム 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント プラスディー 
(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会


『ゲット・アウト』ゴッサム・インディペンデント映画賞にて最多3部門


映画情報どっとこむ ralph 10/27(金)より全国33館で小規模公開され、公開21日目となる11/16 (木)で興行収入1億円の大台を突破し、本国同様、日本でもサプライズ・ヒ ット!映画ファンを中心に SNS 上でも高評価が続出している本作が、この度、 2017 年ゴッサム・インディペンデント映画賞にて最多3 部門を受賞&2017 年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞にて 2 部門を受賞しました!
ゴッサム・インディペンデント映画賞は、2014年『バードマン あるいは(無知がも たらす予期せぬ奇跡)』、2015 年『スポットライト 世紀のスクープ』、2016 年 『ムーンライト』と、作品賞を受賞した映画がそのまま 3 年連続でアカデミー賞作 品賞を獲得するなど、まさに前哨戦の流れを左右する賞レースの一つ。

そんな縁 起がいい賞で、本作は作品賞、ブレイクスルー監督賞、脚本賞、男優賞の最多 4部門でノミネートされ、惜しくも作品賞は逃したものの、ブレイクスルー監督賞、脚本賞、観客賞の最多3部門を受賞し、ゴッ サム・トリビュートとしても製作を務めたジェイソン・ブラムが表彰されました!
また、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞は、映画の普及促進に関する活動を行なう、現存する世界最古の団体による賞で、同じ くアカデミー賞前哨戦として注目されている賞レースの一つ。そんな由緒ある賞で、本作は新人監督賞、アンサンブル演技賞の 2 部門を受賞し、優秀作品 10 本としても表彰されました!

ジャンルムービーにも関わらずアカデミー賞前哨戦でもサプライズ受賞の嵐を巻き起こしている『ゲット・アウト』の快進撃は止ま らない!

映画情報どっとこむ ralph 『ゲット・アウト』(原題:GET OUT)は大ヒット上映中!

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは 裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る 管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。

翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパー ティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携 帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがお かしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。 製作を手掛けたのは、『インシディアス』『ザ・ギフト』『ヴィジット』のジェイソン・ブラム。

監督・脚本を務めたのは、アメリカのお笑 いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ピール。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンが異色のタッグを組み、じわじわ来る“恐怖” とあっと驚く“結末”が待ち受ける、今まで誰も観たことないオリジナリティ溢れる本作を作り上げた!低予算ながらも全米初登場で NO.1大ヒットを記録し、監督デビュー作にも関わらず米映画レビューサイトで99%大絶賛された、映画の常識を覆すサプライズ・ スリラーが遂に日本上陸!

公式HP:
http://getout.jp
公式TW:
@GetOutJP
公式FB:
@GetOutJP

***********************************

製作:ジェイソン・ブラム
監督・脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー
ユニバーサル映画
配給:東宝東和
© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved


トム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』墜落シーンの舞台裏一部公開!


映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ブルーレイ&DVDリリースが好評リリース中!

リリースを記念して、特典映像に収録されている「無重力への挑戦:墜落シーンの舞台裏」の一部を公開!

55歳にして様々なリアル・アクションを本作でも披露したトム・クルーズが初挑戦したのが、無重力状態ので飛行機の墜落シーン。1回の無重力状態が22秒間のため、このシーンを64回も繰り返し撮影するという過酷さながらも楽しむ彼の姿や、その光景を「ダンス」と表現したトム。さらに打ち上げも前代未聞の無重力!?という貴重なシーンも楽しめます。


『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ブルーレイ&DVDリリース記念 特典映像一部公開!
トム・クルーズ、無重力撮影を“ダンス”と名言!打ち上げも無重力!?

世界はもとより、日本国内においてもハリウッド人気俳優第1位を維持し続けているトップスター トム・クルーズ。彼の主演映画史上No.1の全世界オープニング興収を記録し、『ミッション:インポッシブル』を髣髴とさせる体当たりのアクションシーンが満載の『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ブルーレイ&DVDが好評リリース中!最新VFXと最高のキャスト&スタッフを誇るアドベンチャー・ムービーが、豪華な特典映像付で堪能できます。トム・クルーズが初めてモンスターと戦うというファン必見の極上エンターテイメントをお見逃しなく!

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ブルーレイ&DVDリリース記念として、特典映像に収録されている「無重力への挑戦:墜落シーンの舞台裏」の一部を公開!本作で55歳にして様々なリアル・アクションを披露したトム・クルーズが、初挑戦をしたのは飛行機の墜落シーンで、無重力に耐えながらの過酷な撮影。自ら提案したというこのシーンのリハーサルでは、「自由に移動ができず、演技するのも一苦労。ワイルドで激しく、奇抜で自由なシーンにしたい」と意欲満々のトム。さらに、共演した考古学者役のアナベル・ウォーリスを、「運動神経がいい」と演技のみならずその身体能力もベタ褒め。そんな彼女をリードしつつ、撮影自体をとことん楽しんでいるトップスター・トムの姿に感心するばかりだ。

また、1回の無重力状態が22秒間のため、このシーンを64回も繰り返し撮影したことを明かしたトムは、その光景を「ダンスさ」と印象的に表現。あえて編集はせずにそのままの映像を使っているため、よりリアルで臨場感あふれるシーンを楽しむことができる。そして、スタッフからの「完璧だ」という声が出た瞬間、トムとアナベルは思わず喜びのハイタッチ!さらに、彼は次々とスタッフと抱き合い、偉業を成し遂げた仲間たちと、得も言われぬ達成感を分かち合った。また、あえて無重力状態で、キャストやスタッフがくるくる宙を舞いながら入り乱れ、歓喜する打ち上げの光景は、他に類を見ない貴重な映像だ。エンターテイメントに携わるプロ達の遊び心が効いており、チームワークの良さも証明している。「内臓が口から出そうになるが、その後は最高の気分を味わえる」というスタッフの言葉に改めて納得すること間違いなしだ。
映画情報どっとこむ ralph その他、未公開シーン、トム・クルーズと監督の対話、アクションシーンの舞台裏をはじめとする豪華な映像特典は、ぜひ、ブルーレイ&DVDで要チェック!

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ブルーレイ&DVD特典映像一部公開!


【ブルーレイ特典映像】

*はDVDにも収録
■未公開シーン&ロング・バージョン(*)
■トム・クルーズと監督の対話
■リアリティの追求(*)
■無重力への挑戦:墜落シーンの舞台裏(*)
■アマネットのすべて(*)
■トム・クルーズのアクション(*)
■ジキルとハイドになるまで(*)
■アクションシーンの舞台裏(*)
■ニック・モートンという男(*)
■グラフィック・ノベル「アマネットの再生」(*)
■本編音声解説

監督/製作アレックス・カーツマン、
キャスト:ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン (*)


『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ブルーレイ&DVDリリース中!
ブルーレイ+DVDセット ¥3,990(税別)
3D+ブルーレイセット ¥5,990(税別)
4K ULTRA HD + Blu-rayセット ¥5,990(税別)
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C)2016 Universal Studios. All Rights Reserved

***********************************