「ファンタジー」カテゴリーアーカイブ

人工知能に恋する『her/世界でひとつの彼女』


スパイク・ジョーンズ監督4年ぶりの長編最新作

『her/世界でひとつの彼女』


6月28日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショーとなります。

ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、そして主人公を魅了し、ときに翻弄する人工知能型OSシステム“サマンサ”の声だけの出演にスカーレット・ヨハンソンと、豪華キャストが紡ぐ、誰も感じたことのない愛おしさ、切なさがぎゅっと詰まったラブストーリーです。

『her/世界でひとつの彼女』 HER:Photo-courtesy-of-Warner-Bros
『her/世界でひとつの彼女』
HER:Photo-courtesy-of-Warner-Bros
本作は、3月3日(月)日本時間に開催される第86回アカデミー賞に作品賞含む5部門ノミネート。
★作品賞
★脚本賞(スパイク・ジョーンズ)
★美術賞(KKバレット、ジーン・セルデナ)
★歌曲賞-カレン・O「The Moon Song」
★作曲賞(ウィリアム・バトラー、オーウェン・パレット)

そして、授賞式では、本作の主題歌「The Moon Song」を歌うカレン・Oが、歌曲賞にもノミネートされている同曲をパフォーマンスする事が発表されました!

先日ロサンゼルスのラジオ局で同曲を披露。その際スパイク・ジョーンズもアコースティック・ギターとコーラスで参加し、2人のセッションが話題となっていました。

少し先の未来のロサンゼルス。
人工知能型OSの“サマンサ”にひかれていく...

『her/世界でひとつの彼女』

は、6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショーです。

公式サイト:http://her.asmik-ace.co.jp/

********************************************************************

『her/世界でひとつの彼女』
Story: 少し先の未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ傷心の彼はある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。次第にセオドアは“彼女”と一緒に過ごす時間を誰といるより幸せに感じるようになり、”彼女“に魅了されていく―

監督&脚本:スパイク・ジョーンズ 
出演:ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス ルーニー・マーラ オリヴィア・ワイルド スカーレット・ヨハンソン 


『シャドウハンター』試写してきたよ!



2200万部突破!カサンドラ・クレアのアクション・アドベンチャー小説ついに映画化!!

『シャドウハンター』


4月19日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!

ということで、一足早くマスコミ試写に行ってきました!

『シャドウハンター』
ストーリーは...
15歳の普通の少女クラリーは、ある日何者かに母親がさらわれた。

主人公クラリーには、リリー・コリンズ
主人公クラリーには、リリー・コリンズ
それをきっかけに、自分が“シャドウハンター”という妖魔と戦う一族の末裔であることを知ってしまう。

母親もまた優秀なシャドウハンターだったというのだ。

犯人の目的は、シャドウハンターが代々守っていた伝説の聖杯。聖杯の在処を知る鍵は、クラリーの封印された記憶の中だけ。母を救うため、聖杯を守るため、クラリーは新たな仲間たちと共に、吸血鬼・人狼をも巻き込んだ壮絶なバトルに突入していく!!

体に刻まれたルーン文字が現れ。。。自分にしか見えない妖魔が!
そして、彼女の封印された記憶にセカイの運命が。

イヤ~実に日本のアニメかライトノベル的な乗りのストーリーで、スピーディー&コンパクトで入り込みやすいです。一緒に観ていたおじさん達はもっと壮大なほうが。。なんていってましたが、原作ありますしね。日頃深夜アニメにボットーしている僕にはこれぐらいが好きな感じです。
今回は原作本「シャドウハンター 骨の街」が元。今後「灰の街」、「硝子の街」と映画されていきそうな予感です。

主人公クラリーには、リリー・コリンズ。これが可愛いそして強い。美少年のシャドウハンタージェイスはジェイミー・キャンベル・バウアー 。
3人の三角関係は!
3人の三角関係は!
そして幼馴染で何年もクラリーが好きなサイモンはロバー・シーハンがオタク系を好演です。彼がいることで、現実世界で起こっていること!って気にさせてくれます。

そして、3人の三角関係も良いんですよ。

実はこの作品。ティーンな、恋愛映画なのです。

監督のハラルド・ズワルト。
ベスト・キッドのリメイクをヒットさせたカタです。

この作品、人間関係もケッコー複雑なんですけど130分内にうまく入れ込んで伏線を上手く張って、しかもわかり易い。

そして、CG&デジタル全盛の中 セットを作って35ミリで撮って、アクションも出来るだけ役者にやらせているのは通好みかも。

現代マンハッタンの裏、シャドウワールドへあなたも。。。

『シャドウハンター』
は、4月19日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショーです。
是非!

公式サイト:http://www.shadowhunter.jp/
Twitter:@ShadowhunterJp
Facebook:https://www.facebook.com/ShadowHunterJp

********************************************************************

『シャドウハンター』
The Mortal Instruments: City of Bones
監督:ハラルド・ズワルト 『ベスト・キッド』(10)
原作:「シャドウハンター 骨の街」(創元推理文庫)
出演:リリー・コリンズ 『白雪姫と鏡の女王』(12)、『ミッシング ID』(11)
ジェイミー・キャンベル・バウアー 『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(07)
ジョナサン・リス・マイヤーズ 『パリより愛をこめて』(10)
レナ・ヘディ『ジャッジ・ドレッド』(12)、「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」(08~09)

2013年/アメリカ・ドイツ・カナダ/130分/DCP/カラー/シネスコ
提供・配給:プレシディオ
協力:ワーナー・ホーム・ビデオコピーライト
©2013 Constantin Film International GmbH and Unique Features (TMI) Inc.


『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』試写してきました!


ヨヨネネかけます!ときます!
のろい屋しまい!

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』

2013年 12月 28日より新宿バルト9ほか全国にてロードショーです!

徳間書店発行のコミック雑誌「月刊 COMICリュウ」で連載され、大塚英志の事務所「物語環境開発」のキャラクターデザイナーとして知られる、ひらりんのオリジナルコミックス「のろい屋しまい」を原作とし、スターチャイルド×ufotableのタッグがおくる新作劇場アニメです。

監督に平尾隆之、キャラクターデザイン・総作画監督に柴田由香、副監督に高橋タクロヲといった強力スタッフ。
ヨヨ
ネネ主人公・のろいや姉妹の姉のヨヨ役に諸星すみれ、妹のネネ役に加隈亜衣という期待の実力派若手キャスト。

さらに、声優・小松未可子がテーマソングアーティストとして参加し、音楽面からのアプローチによる作品表現という新天地に挑むことも話題となっています。

ヨヨとネネ魔の国
同じ魔女っ子物でも、まどマギの対極をなす感じでしょうか?
魔の国の背景メッチャ可愛いです。キャラクターもわかりやすくて入り込み易いですよ~。

昔の魔女っ子と違って、完全懲悪ではないので子どもには難しいかなと思います。。。が、今の子はおませだからね。この方が良いんでしょうね。

魔女っ子アニメの原点回帰なファンタジックな世界を劇場で!

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』
2013年 12月 28日より新宿バルト9ほか全国にてロードショー!

公式サイト: http://www.majocco.jp/


********************************************************************


ストーリー
その時代その国には..のろい屋を営む魔女の姉妹がいました。のろい屋では、姉のヨヨさんと妹のネネちゃんが、魔法や呪いに関する人々の悩みの依頼を日々解決していました。

そんなある日、森に突然異形の大樹が生えてきました。よく見ると、大樹は見たこともない建物に絡みついています..それは、22人が住む魔の国にはないはずの、現代的な高層マンションだったのです!さっそく調査にあたるヨヨさん。建物内で見慣れない人影を見つけて追いかけると、今度は足元に謎の魔法陣が浮かび上がり、不思議な光に包まれて…異世界へ。魔の国と異世界に一体何が起こったのでしょうか!!??かくして、2つの世界をまたいだヨヨさんとネネちゃんの不思議な冒険が始まるのです!!!!

■キャスト
ヨヨ:諸星すみれ
ネネ:加隈亜衣
孝洋:沢城みゆき
健生:櫻井孝宏
亜紀:佐々木りお
ニルス:子安武人
ビハク:中川翔子
樹老長:長克巳
おヨネ:本田貴子
おヨミ:氷上恭子


原作:ひらりん(物語環境開発)
「のろい屋しまい」徳間書店刊
監督:平尾隆之
キャラクターデザイン・総作画監督:柴田由香
副監督:高橋タクロヲ
美術監督:三宅昌和
色彩設計:千葉絵美.
撮影監督:棚田耕平
CG監督:宍戸幸次郎
編集:今井剛
音楽:椎名豪音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーションプロデューサー:松尾亮一郎
制作プロデューサー:近藤光
制作:ufotable製作:魔女っこ姉妹のヨヨとネネ製作委員会
テーマソング「虹の約束」/小松未可子
©物語環境開発/徳間書店・魔女っこ姉妹のヨヨとネネ製作委員会


映画『糸』安島萌 松尾惠理 イベントレポ


16日、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で、コバトンTHEムービー「糸」の上映&トークイベントが行われました。

上映後に廣瀬敏監督、安島萌さん、松尾惠理さんが登壇。撮影話で盛り上がりました。


MC:監督、コバトンTHEムービーは埼玉県の魅力を発信するプロジェクトですが、今回舞台背景となる土地に秩父を選ばれたきっかけはあったのですか?」

監督:僕建築物がすきなんですけど、秩父はセメントが有名。最初セメントの映画を。。と思ったのですが

MC:糸ではなく?

監督:でも、セメントだとちょっと画にならない。で、銘仙で有名な秩父ですから、糸をたどって行くストーリーにしました。

MC:秩父の街中を歩いた方はわかると思いますが、映像にもあるレトロな町並みがあるんですよね。

監督:観光地化されて無いというか、そのまま生活をしているところに、よさげな建物があるそこが良いんですよね。


MC:安島さん映画は初とお伺いしておりますが、今回の作品に出演されていかがでしたか?

安島さん:最初は凄く緊張して、監督を始めスタッフさん達が本当に優しく教えてくださって。緊張も解きほぐされ、楽しんで撮影に望めました。

MC:ある日突然、小指に糸がということですが、何か役作り・イメージで望まれましたか?

安島さん:糸がついてるってことは、日常無いじゃないですか。なので糸がついてたらどうなんだろうって言う井めーして膨らませていくことは心がけました。

MC:実際、町並みをご覧になって印象はいかがでしたか?

安島さん:凄い町並みが綺麗で、その中で撮影が行われていたので、プライベートで写真沢山撮っちゃいました。


MC:今回の映画に出てこられる3人の役者さんは音楽座ミュージカルという劇団に所属されていますが、今回の映画はまったく歌の無いストレートなお芝居。そして、観客の前ではなくカメラの前での演技というシチュエーションでしたが、松尾さん、その当り、演じるということに関していかがでしたか?」

松尾さん:そうですね。舞台は、しぐさ、表情、行動を全て大きくしないとなりません。シアトリカルリアルという、劇場の大きさにあったことをしなくてはならないのです。が、今回はカメラの前ということで、より普段のリアルさを求められました。

ですので、声も大きく出さなくて大丈夫ですし。動きもちょっとの手のしぐさとかが要求されるので、逆に芝居をしていないような感覚が自分の中にあったんです。でも監督が映画の中ではそれが普通だからといってくださいましたので、それで進めていきました。


MC:映画の中では雨が降っているようなシーンはなかったのですが、実際は雨が撮影中振っていたとお聞きしましたが。。

監督:映んないものなんですよ。本当に、雨と工事現場に悩まされましたね。無事に撮れて 良かったです。

MC:撮影中大変だったこととか、こだわったこととかありましたか?

監督:撮影中も大変なんですけど。。。今が、一番大変です。
   それにしても女優のお二方は、控え室では緊張する緊張するって言ってたのに、舞台に上がったら僕1人緊張してるって言う。ちょっとづるいです。

MC:監督さんは人前で余り話す機会がない?

監督:そうですね。僕自身、最初に映画の仕事に就いたときから、カメラに前に立つのは役者さんで、人の前に立つのは僕らスタッフじゃないと教えられたので、あんまり前に出たくないんですよね。

MC:お二人は撮影中のここだけの話なんてありますか?

安島さん:糸の先にはスタッフさんがいまして、動きに合わせて一生懸命巻いていたんですよ。スタッフさんとの連携。呼吸が合わないと切れちゃったり、踏んでしまったりするので大変でしたが楽しかったです。

松尾さん:糸が重要視されているので動きに合わせた流れ方とを気に掛けていらっしゃって、糸同じ色でも何種類も用意されていたんです。

MC:秩父銘仙の命は糸ですからね 。やはりそこにはこだわっていた作品ということなんですね。

MC: 最後に監督から皆様へ一言お願いします。

監督:撮る機会をいただいた埼玉県と県民の皆様に感謝します。そして、僕の趣旨に賛同して無理を聞いてくれた俳優さんたち、スタッフの方たち、ありがとうございました。

と、監督の挨拶で幕を閉じたのでした。


安島萌 公式ブログ:http://ameblo.jp/moepii530/
音楽座ミュージカル HP:http://www.ongakuza-musical.com/
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭HP:http://www.skipcity-dcf.jp/

********************************************************************


コバトンTHEムービー 「糸」

『糸』
秩父の自然と古き良き街並み。そして織物の秩父銘仙を背景に、人と人のつながりや感情を心の糸で表現した描いたヒューマンストーリーです。

ある朝、真理(安島萌)は自分の指に糸が絡んでいることに気づく。夢かと思うが、確かに絡んでいる。そんな時、同じ境遇の男・立石(小林啓也)と出会い、心の糸にはいろいろな色があることを知る。そして15年前に別れた母親(松尾惠理)への忘れかけていた感情が心の中にあることに気づく。。。。

監督:廣瀬敏
キャスト 安島萌 小林啓也 松尾惠理
制作プロダクション 株式会社ミュービクス
製作 埼玉県
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
(C)埼玉


『私のオオカミ少年』 ソン・ジュンギ コメント


『私のオオカミ少年』は、5月25日より日本でも公開され、メイン館では2週目の週末も早々に全回完売になるなど、話題となっています。


オオカミ少年を演じた主演のソン・ジュンギから日本の皆さんへ御礼コメントが到着しました!

「日本で『私のオオカミ少年』の反響が良いと聞いて、とても嬉しいです。 この作品は、韓国では多くの共感を得ましたが、所変わればなわけで、共感してもらえなかったらどうしようと心配もしていましたし、日本の観客の皆さんがどんな反応をされるのか、すごく気になっていました。日本でも、こうして良い反応をいただき、映画を楽しんでいただけて、すごく嬉しくて感激しています!これからも『私のオオカミ少年』を応援してくださいね。本当にありがとうございます! 」

日本でも本作が女性層を中心に「泣ける」作品として支持されている理由を、ライター・リサーチャーの松谷創一郎氏は「全方位的な訴求力がある非常に普遍的な物語に、日本の少女マンガテイストをうまく取り込み、恋愛ファンタジーとして、うまくリアリティをもたせた作品の出来の良さ」があると語っています。

「オオカミ少年のような異形の存在が人間と交流する物語は、東洋・西洋を問わず神話や昔話に多く、映画では古くは『フランケンシュタイン』そして名作『シザーハンズ』や近年では吸血鬼を描いた『トワイライト』そして、日本でもアニメで『おおかみこどもの雨と雪』が大ヒットしたように、こういう物語はいつの時代でも強く訴求する可能性がある。

そこに、本作は実際に世界各地で報告されてきた狼少年=狼に育てられた人間、という実話の要素を加え、さらに(韓流ドラマにも同じことがいえるが)日本の少女マンガテイストを強く含んでおり、日本の女性、特に少女マンガを誰でも楽しんだ中年の女性層にはジャストフィットしたといえるでしょう。

また、この作品は恋愛ファンタジーなので、リアリティラインの調整がとても重要で、“ありえない話”にいかに説得力をもたせるかがカギとなるが、本作は“狼男(神話)+狼少年(実話)”という調整をして、ファンタジー要素を少し抑え、時代を1960年代に、そして老いた女性の回想という個人の記憶=主観にすることにより、ファンタジックな表現を許容されるようになるところも秀逸。さらには、少女マンガでは定番の表現手法である、逆光カットの多用も非常に印象的。もっと若い10代の女の子にも観てほしいし、十分に楽しめる作品では。」と分析しています。

今はやりの「涙活」映画として、さらなる盛り上がりが期待される、『私のオオカミ少年』は新宿シネマカリテほか全国順次公開中。また6月8日(土)よりシネマート心斎橋などでも公開されます。

そしてそして!
新宿シネマカリテでは6月8日(土)から、ここだけでしか見られないソン・ジュンギ特別インタビュー映像を本編上映前に独占上映!お見逃しなく!

********************************************************************



監督・脚本:チョ・ソンヒ
出演:ソン・ジュンギ、パク・ボヨンほか
提供:CJ Entertainment
配給:CJ Entertainment Japan

2012年/韓国/カラー/ビスタ/ 125分
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

公式サイト ookami-shounen.jp
公式facebook www.facebook.com/ookami.shounen.jp
公式twitter @ookami_chulsoo