「ファンタジー」カテゴリーアーカイブ

実写映画『ピーターラビット』とんでもウサギ!早くも続編製作が決定


映画情報どっとこむ ralph 発行以来累計2億5000万部のイギリスが生んだ大ベストセラー、初の実写映画化となる『ピーターラビット™』。


アメリカでは1億1524万ドル(約126億7673万円/1ドル110円換算:6月17日現在)、インターナショナルでもお膝元イギリスを筆頭にオーストラリア、フランスなど世界中で大ヒットし全世界興収は347,795,011ドル(約382億5745万円)を上げ、これを受けて早くも続編製作が決定しました。

全米公開は2020年2月を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph また日本でも先月5月18日(金)に日本公開を迎えて同日公開作品の中で興行収入・動員ともにNo.1の成績を上げ、毎週末の前週比対比も常に高ホールドをキープ。ついに公開4週目の先週末で10億円を突破しました。

これは、客層が当初の女性グループから、週を重ねるごとにファミリー、そして男性ファン、ティーンへと広がり、うさぎのピーターと動物嫌いのマグレガーの戦いのエスカレートぶりに「ウサギ版アウトレイジ」「マッドマックス 怒りの湖水地方」「仁義なき戦い 湖水地方死闘篇」などSNS上でのBUZZが話題となっていることも大きく起因しています。

まだまだ“跳び”続けている『ピーターラビット』

大ヒット公開中!

公式サイト:
PeterRabbit-movie.JP 

公式 twitter:
https://twitter.com/PeterRabbit_JP

#ピーターラビット

物語・・・
ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。亡き両親のことを想うと寂しいけれど、ビアの存在がすべてを吹き飛ばしてくれる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症で動物嫌いのマグレガーが隣に引越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと、あの手この手で動物たちを追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの“恋心”も絡まって思わぬ大事件に発展!ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへと向かうのだが――。

***********************************

監督:ウィル・グラック(『ANNIE/アニー』『ステイ・フレンズ』)
全米公開日:2月9日
出演:ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』『X-MEN:アポカリプス』)、ドーナル・グリーソン(『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)

声の出演:ジェームズ・コーデン(『はじまりのうた』『イントゥ・ザ・ウッズ』、「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」司会)、デイジー・リドリー(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『オリエント急行殺人事件』)、マーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』)

本作アンバサダー&日本語吹替版声優(ピーター):千葉雄大



ディズニー/ピクサー映画最新作『インクレディブル・ファミリー』限定フルカラートートバッグ付き映画前売券、予約開始!


映画情報どっとこむ ralph 8月1日(水) 全国ロードショーとなる『インクレディブル・ファミリー』。

株式会社セブンネットショッピングは、ディズニー/ピクサーの映画最新作『インクレディブル・ファミリー』のフルカラートートバッグ付き映画前売券をセブンネット限定で販売します。
フルカラートートバッグは、本作のイメージに合わせたカラーで、表面はキャラクターのイラストを大きくプリントし、裏面は総柄風となっています。

ムビチケカード前売券は、一般と小人の2種類で販売します。

販売期間は7月31日まで。

商品概要
商品名:映画「インクレディブル・ファミリー」
TEAM INCREDIBLESフルカラートートバッグ付きムビチケカード前売券(一般)

<セブン-イレブン・セブンネット限定>
販売価格:3,300円(税込)
商品名:映画「インクレディブル・ファミリー」
TEAM INCREDIBLESフルカラートートバッグ付きムビチケカード前売券(小人)


<セブン-イレブン・セブンネット限定>
販売価格:2,800円(税込)

発売日:7月25日(水)

トートバッグ仕様
<サイズ(約)>縦36×横37cm マチ11cm
<素材>綿100%
<原産国>中国


販売ページ
http://7net.omni7.jp/general/005101/180615incredible


映画情報どっとこむ ralph インクレディブル・ファミリー

一足早く6月15日(金)に全米で公開を迎え、堂々初登場1位の大ヒットスタートを記録!
この成績は、世界的大ヒットとなったディズニー/ピクサーの大人気作品、『ファインディング・ドリー』($136,183,170※)も越え、
全米歴代アニメーション作品のNo.1の週末オープニング記録を塗り替えるという偉業を成し遂げました!

米サイト「BOXOFFICE MOJO」の速報によると(6/18付け)、6月15日(金)から17日(日)の3日間、4410劇場での暫定の数字で、
約198億5613万円(約1億8000万ドル)と、まさに歴史的大ヒットスタート

日本での公開は8月1日(水)となります!

Disney.jp/incredible  

彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない。
パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!
超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット。

さらに、スーパーパワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャックジャック…その潜在能力は、まだ未知数。

家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生した!

***********************************


監督:ブラッド・バード
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』入場者プレゼント決定!


映画情報どっとこむ ralph 2014年7月より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、2016年4月よりTVアニメ放送がスタートとなった大人気作品「僕のヒーローアカデミア」。

既刊18巻のコミックスのシリーズ累計発行部数は1500万部を突破し、現在毎週土曜夕方5時30分に日本テレビ系全国ネットでTVアニメ第3期が放送中の「ヒロアカ」が、ついに今年8月3日(金)に初の完全オリジナル劇場版長編アニメーション作品が全国ロードショー!
物語の舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者・ヴィラン敵から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、劇場来場者全国合計100万名様限定で、入場者プレゼント「僕のヒーローアカデミア Vol. Origin(ボリューム:オリジン)」の配布が決定いたしました!堀越耕平先生がこの入場者プレゼントのためだけに描き下ろした限定イラストが表紙になったコミックスには、なんとこのここでしか読めないマンガが掲載!更には、堀越先生が学生時代から憧れ続けている「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎先生との夢の対談が実現!今まで聞くことができなかった「ヒロアカ」、そして「ONE PIECE」の制作秘話や、お互いの印象などが盛り沢山に語られた対談は、ジャンプファン必見の永久保存版!それに加えて、ヒロアカキャラを徹底大解剖したキャラクター設定資料集も収録。この夏、映画館でしか手に入らない超貴重な大ボリューム入場者プレゼントを必ずゲットしよう!
※お1人様につき1つプレゼント。
※8月3日(金)より映画「僕のヒーローアカデミア」上映館でもらえます。
※劇場により数に限りがありますので、プレゼント終了の際はご了承ください
※プレゼントは非売品です。転売目的でのご購入はご遠慮ください。
※詳細は劇場スタッフにお問い合わせ下さい。
映画情報どっとこむ ralph 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

※「英雄」に「ヒーロー」とルビが入ります
2018年8月3日(金) 全国東宝系にてロードショー!


映画公式サイト:http://heroaca-movie.com/

<主題歌>
菅田将暉「ロングホープ・フィリア」(EPICレコードジャパン)
菅田将暉の新曲「ロングホープ・フィリア」は本映画のために制作した楽曲で、作詞・作曲を秋田ひろむ(amazarashi)が担当。菅田将暉の楽曲がアニメーション映画の主題歌になるのは本作が初めてとなります。
2018年8月1日にニューシングルとしてリリース、7月14日(土)から先行配信されます。


<ゲスト声優>
●メリッサ・・・志田未来

デクが<”I”アイランド>で出会う”無個性”の少女。”個性”がないことに悩みつつも、
尊敬する父デヴィットのような科学者になるべく、 明るく前向きな性格をもって日々努力を続けている。


●デヴィット・・・生瀬勝久

メリッサの父親で、若き日のオールマイトが海外で活躍していた時の相棒。
世界的な科学者で、多くのヒーローのサポートアイテムを開発している。
オールマイトのコスチュームを開発したことも。


<あらすじ>
白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。
デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。
世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。
メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。
その時、突如
鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムがヴィラン敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてします!
いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する-!
その鍵を握るのは、ナンバー平和ワンのヒーロー象徴・オールマイト。      

夏に向けてより一層盛り上がりをみせる『ヒロアカ』に今後もご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph ≪TVアニメ≫
『僕のヒーローアカデミア』新シリーズ第3期絶賛放送中!

毎週土曜夕方5:30(※一部地域を除く)/読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
【1期】 放送時期:2016年4月~6月 / 放送局:MBS・TBS系 毎週日曜 17:00~
【2期】 放送時期:2017年4月~9月 / 放送局:読売テレビ・日本テレビ系 毎週土曜17:30~
●世界148ヵ国にて配信
●FUNimationによる北米での配信:2017年4月期、7月期で再生数No.1を獲得

***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴
志田未来、生瀬勝久

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
公開日/2018年8月3日(金)
©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会
©堀越耕平/集英社


越後はる香オフィシャルインタビュー到着!太田隆文監督作『明日にかける橋』で映画デビュー


映画情報どっとこむ ralph 太田隆文監督が、鈴木杏、板尾創路、田中美里、越後はる香、藤田朋子、宝田明らを迎えて、全国的にも最大級の規模を誇る静岡県の袋井花火大会を舞台に制作した映画『あす明日にかける橋 1989年の想い出』 。

本作は、主人公が、不況の現代からバブル最盛期の1989年にタイムスリップして、弟を亡くした交通事故を防ぎ、家族の幸せを取り戻そうとする、感動の青春・家族ムービーです。
日本が経済大国として君臨した時代と、不況が続く現代とを比較することで、日本人がバブルで得たものと失ったもの、本当に大切なものは何かを描きます。

今回主演の鈴木杏さん演じるみゆきの高校時代役で映画デビューを果たした越後はる香さんのオフィシャルインタビューが届きましたのでご紹介。

映画情報どっとこむ ralph Q.女優さんを目指したきっかけは?

越後さん:中学校の頃に、映画やドラマがすごく好きで、「私もやってみたいな」というのがきっかけでした。『海街diary』や『ヒミズ』が好きです。

Q. 本作には、どのような形でキャスティングされたんですか?

越後さん:オーディションでした。時代に流されず、ちゃんと自分の意思のある女の子なので、自分ならどういう風に演じられるかやってみたいなと思いました。

Q.みゆき役についての感想はいかがでしたか?

越後さん:はっきりものを言うところは私と一緒だなと思います。違うところより似ているところの方が多いです。母が本作が舞台の1989年当時高校1年生だったので、母にその当時のことを聞いたり、監督に、当時のCMとか流行っていた音楽とかのDVDやCDを頂いたので、撮影に入る前に聞きました。

Q.大人になったみゆきを演じたのは鈴木杏さんでしたが、プレッシャーはありましたか?

越後さん:鈴木杏さんの高校時代役を演じると聞いて、「大丈夫かな?」という不安はありました。けれど、実際撮影に入る際には、「やろう!」と思い切ってやりました。
現場では、カメラが回り始めたら、ぱっと変わるという方が多かったので、先輩方の演技を間近で見て、刺激がいっぱいありました。

Q.両親役の板尾創路さんと田中美里さんとの共演はいかがでしたか?

越後さん:最初に撮影した家族のシーンは、食卓のシーンだったんですけれど、カメラが回る前に、お二人が弟を含めた4人での会話を作ってくださったので、家族の空気というのはできたかなと思います。クランクアップした時に、田中美里さんに、「はる香ちゃんがみゆきで本当によかった」と言ってくださったことが、すごく心に残っています。

Q.弟が事故死した後の、先生役の藤田朋子さんとの葬儀でのシーンは、感情を作るのに難しかったかと思いますが、いかがでしたか?

越後さん:撮影に入る前に、悲しい音楽を聞いていました。弟の健太を演じた田崎怜弥くんは、みんなを笑顔にするような子だったので、その前に撮影した、弟とのシーンのやり取りを思い出して、役に入り込んで演じられました。

Q.宮本こうすけさん演じるユキヒコに恋する役ですが、ミュージシャンという夢を追いかけるような男に恋をするというのは、共感できましたか?

越後さん:自分のやりたいことが決まっていて、意志がある人はすごくいいと思います。

Q.この役を演じる上で、一番難しかったところはどこですか?

越後さん:職員室のシーンで、先生に「自分はやりたいことがあるのに、なんで他のことをやらなくてはいけないんだ」と反抗するというのが、どれくらいの気持ちかが少し難しかったので、監督に相談しました。

Q.撮影は、静岡県の袋井市、磐田市、森町でしたが、静岡はいかがでしたか?

越後さん:静岡は、新幹線から富士山を見る位で、今回初めて行ったんですが、茶畑が多いことにびっくりしました。上京する前も、兵庫の栄えているところに住んでいたので、自然の多い静かな田舎の雰囲気のところに行き、浄化された気分でした。
静岡で有名なハンバーグのレストラン「さわやか」に行けたことが、すごく嬉しかったです。

Q.完成した本編の感想はいかがですか?

越後さん:自分が初めて出演した作品で、「もうちょっとこうした方がよかったな」という方が強くて、自分の粗探しをしちゃいました。けれど、自分が出ていないシーンは、初めて観るものだったので、一観客として共感して泣きました。

Q.特にお気に入りのシーンはありますか?

越後さん:みゆきが家出をする日に弟がコロッケを持って2階のみゆきの部屋にあがってくるシーンとお葬式のシーンが印象に残っています。

Q.メッセージをお願いします。

越後さん:「ああしていたらこうなっていたかな、こうならなかったかな」というのは、今の自分の行動や発言で変わっていくと思うので、今を大切に過ごしていけたらなと自分でも思います。この映画を観たら、「過去には戻れないから、これからはきちんと考えて、後悔しないように生きていこう」と改めて思えるような作品だと思うので、ぜひ観ていただきたいです。


映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶決定!
6月30日(土) 10:30からの回上映後初日舞台挨拶あり。
(上映前予告なし。)

舞台挨拶登壇者(予定):鈴木杏、田中美里、越後はる香、藤田朋子、宝田明、太田隆文監督

会場:有楽町スバル座
(千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルヂング内
JR有楽町駅 JR日比谷口 徒歩1分
地下鉄有楽町線 有楽町駅 D4番出口 徒歩1分)

※初日舞台挨拶の回のみ入替制となります。
※登壇者は予告なしに変更をする場合がございます。あらかじめご了承願います。
※特別興行の為、株主優待カードはご利用いただけません。
※有楽町スバル座は全席自由席の為、事前には販売しておりません。
当日のみ有効のチケットを当日窓口で販売しております。
※混雑状況により、お立見となる場合や、満席の場合はご入場をお断りすることもございます。
お問い合わせ:有楽町スバル座 03-3212-2826

映画情報どっとこむ ralph
明日にかける橋

2018年6月30日有楽町スバル座、8月にテアトル梅田、9月1日より静岡県内ほかにて全国順次公開

公式サイト:
http://asunikakeruhashi.com/ 

Twitter:
@asukake1989

主人公のみゆき(鈴木杏)は30代のOL。とある田舎町で暮らしている。
弟・健太(田崎伶弥)が交通事故で死んでから家族は崩壊。母(田中美里)は病気で入院。父(板尾創路)は会社が倒産、酒に溺れる。みゆきが両親を支え働く日々。

そんな2010年の夏のある日、夢がかなうという明日橋を渡ったことでなんとタイムスリップ!
弟が死んだ1989年に戻ってしまう。バブル全盛の時代。
そこで出会う若き日の両親と元気な弟と若き日の自分(越後はる香)。
みゆきは、もし、この時代で健太を救うことができれば、家族を救うことができるかもしれないと希望を見出すが、その先には、様々な困難が待ち構えていた。


***********************************

鈴木杏 板尾創路 田中美里 越後はる香 藤田朋子 宝田明
草刈麻有 冨田佳輔 田崎伶弥 長澤凛 弥尋 山下慶 山本淳平 天玲美音 大石千世 栩野幸知
宮本弘佑 岡村洋一 嵯峨崇史 増田将也 本間ひとし 真木恵未 遠藤かおる

監督・脚本・編集・プロデューサー:太田隆文
アソシエイトプロデューサー:小林良二 
撮影:三本木久城 
照明:石川欽男
録音:植田中
美術:竹内悦子(A.P.D.J)
衣裳:丸山江里子 
ヘアメイク:大久保恵美子 
制作担当:酒井識人
助監督:富澤昭文
題字:大石千世 
音楽:遠藤浩二 
音響・効果:丹雄二
制作:青空映画舎
配給:渋谷プロダクション
©「明日にかける橋」フィルムパートナーズ


日本アニメの新鋭 石田祐康監督・新井陽次郎登壇に興味津々!『ペンギン・ハイウェイ』inアヌシー


映画情報どっとこむ ralph 6月11日(フランス現地時間)より開催中の、世界四大アニメーション映画祭の一つ、アヌシー国際アニメーション映画祭で、現地時間15日に、『ペンギン・ハイウェイ』の石田祐康監督とキャラクターデザインの新井陽次郎さんが登壇する上映会が行われました!

日付:6月11日(フランス現地時間)
会場:アヌシー国際アニメーション映画祭
登壇:石田祐康監督、新井陽次郎

映画情報どっとこむ ralph 今回『ペンギン・ハイウェイ』が招待されたのは、新作のアニメーション映画について紹介するイベント「Work in Progress」(ワークインプログレス)。イベント開始前は会場前に長蛇の列。


二人が登場し、『ペンギン・ハイウェイ』の予告篇が上映されると満席の会場からは歓声があがった。
石田監督:ペンギン・ハイウェイを選んだのは、少年の目線で、少年の世界を純粋なかたちで描きたかったこと、そして少年からの“お姉さん”にあこがれる気持ちも物語をひっぱる強い力があると感じたし、日常の中に不思議なことが入り込んでくる絶妙なバランスに惹かれました。

と明かしました。

キャラデザインの新井さんは主人公“アオヤマくん”のキャラクターデザインについて聞かれ、

新井さん:アオヤマくんは少し背伸びをしていて、同級生のいじめっ子と対立していたりする。同年代から見ると生意気なんだけど、大人から見るとかわいらいしく見えるよう意識しました!

と話し、壇上でキャラクターを描き、その模様がスクリーンに映し出されるライブドローイングを実施。

約5分の間で、本作の主人公・アオヤマ君とペンギンが滑らかに描かれていくのを観客は熱心に見守り、完成すると大きな拍手が起こりました。

世界から注目される作品の、監督とキャラクターデザインを20代の若さで務める二人の話を、フランス中から集まったアニメファン達は終始興味津々な様子で聞き入った舞台挨拶。


登壇を終えて・・・

石田監督からのコメント
最初は緊張しましたが、お客さんのリアクションから伝えたいことが伝わっている感じがしたので嬉しかったです。フランスの皆さんにも早く作品を観てもらって感想がききたいと思っています。

新井陽次郎さんからのコメント
皆さんに喜んでもらおうと、ライブドローイングは練習もしてきたので、肩の荷が少しおりました。喜んでもらえていたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph ペンギン・ハイウェイ』フランスでの公開は2019年を予定。
またフランス他世界十か国以上での上映が決まっています。

そして!日本公開は8月17日(金)。 

公式サイト:penguin-highway.com


★アヌシーアニメーション国際映画祭★
ザグレブ、オタワ、広島と並ぶ世界4大アニメーション映画祭の一つ。カンヌ映画祭からアニメ部門が独立し1960年に設立、世界最大にして、最も歴史の古いアニメーション映画祭として知られている。
毎年国内外の約230作品が上映され、来場者は約12万人を記録している。
また同時に世界最大規模のアニメーション見本市 MIFA (Marche international du fim d’animation) が開催されており、世界95か国(2017年度)のアニメ・ビジネス関係者が一同に集まる。

***********************************

出演:北 香那、蒼井優
原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康 
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
主題歌:宇多田ヒカル「Good Night」(EPICレコードジャパン)
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会