「ファンタジー」カテゴリーアーカイブ

花江夏樹、浪川大輔の○○事件を暴露!『デジモンアドベンチャー tri. 第5章』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「デジモンアドベンチャー」15周年を記念して製作、初代「デジモンアドベンチャー」シリーズの続編、全6章で描く最新作『デジモンアドベンチャー tri.』。

舞台は、異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後。高校生になった主人公・八神太一をはじめ、成長した“選ばれし子どもたち”の冒険が描かれます。
本作の主人公であり“選ばれし子どもたち”のひとり八神太一役を演じる花江夏樹と、“選ばれし子どもたち”が通う高校の非常勤講師である傍ら、本職は現実世界に出現するデジモンの対処を管轄する組織の一員である西島大吾役を演じ、本シリーズの舞台挨拶へ初登壇となる浪川大輔の2名が登壇して、大ヒット御礼舞台挨拶を行いました。

『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』劇場上映中
大ヒット御礼舞台挨拶

日時:10月14日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:花江夏樹(八神太一役)、浪川大輔(西島大吾役)

映画情報どっとこむ ralph いつものコール&レスポンス!
MC:選ばれし大人たちの皆様!こんにちは!

観客:こんにちは!

でイベントスタート!

花江さんと浪川さんが現れると温かい拍手が!

花江さん:皆さんコンニチは!

浪川さん:大変なことになっております!
と、観終えたばかりの皆さん。
ラインライブのミンさんへも手を振ってご挨拶!

花江さん:もう5章まで来たのかという感覚です!時が経つのが速いですね。

浪川さん:今笑顔ですが。。。ね。まさにトライ。何にせよ。

映画情報どっとこむ ralph
花江さん:見どころは太一が恰好いいシーンが多かったので、今まではうじうじだったんですが。5章で格好よくなって印象的で。監督からこのシーンはトライで伝えたいシーンだからちゃんとやってと。

浪川さん:今まではちゃんとやってなかった?

花江さん:今回はより気合を入れてということです!

浪川さん:デジモンはバトルシーンの進化。5章の進化凄いんです。究極進化!どこまで進化するんですかと、問いたくなる。来るぞ来るぞ!で来た時に、盛り上がれるのがデジモンの良いところですね。

と、良さを伝えます。

映画情報どっとこむ ralph ほかの共演者の方との関係性は?

花江さん:1~5章までみんな仲良くなっているので、先輩後輩関係なく、話しています。

浪川さん:デジモン先輩。良い雰囲気ですね。面白いのもダークなのもありますが、現場はスムーズです。

花江さん:櫻井さんだけデジモンの中で男性なので肩身が狭そうです。

浪川さん:確かに。

浪川さん:池田君とかはムードメーカー。

花江さん:武内さんは二十歳はあの低い声かっこよいです。みんな集まるとマネしてハックモン大会になります。

浪川さん:花江君も座長として真ん中で頑張ってる。

花江さん:座長として気は配ってますが、千夏姉御が引っ張ってくれてます。


今回浪川さん初めてのデジモンでの登壇。と言うことで、1話の失神事件の真相を聞くことに。

花江さん:一章の時に、八神に呼びかけるシーンで八に神。ですが矢に神と書いてあって「おい失神」て浪川さんが読んだんです!(拍手と笑いの渦)

浪川さん:文面からでも、おかしいんだけどね、確かにね。きっと場を和ますために。。2晩くらい考えたんじゃない?いまはヤガミって呼んでます。成長しました。

映画情報どっとこむ ralph 最終章の6章が2018年初夏に公開決定!アフレコも終了。ネタバレなしで何か・・・

花江さん:6章はヤガミって言ってます!

浪川さん:全部の答えが。なるほどとなるのが6章です。デジモンのテーマの一つ絆が感じられます。

花江さん:まさにTri.


キャラづくりに関して

キャラ作りは大変ですが。西島に関しては子供たちが相談しやす感じに。今回は大人としての顔をして。バランスを意識していますね。

花江さん:先生ぽくなくてお兄ちゃんぽかったのが

浪川さん:いつの間にか支えている感じにしたかったんです。

とキャラづくりを明かしました。

キャラと本人が似ている点。

浪川さん:切り替えの部分がぽいよね。気が抜けてるとき・・・決めるときは決めるところ。それがわかりやすいのが似てる。それから、悪気無いのに人を利用するところ。甘え上手。

花江さん:私服が短パンが多いです。あとはなんでも相談したくなる感じ・・・ですね。


ここで告知!5章4週目の上映が決定!10月21日ポストカードが入場特典配布決定!

最後に・・・ まさに Tri!

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』は、全国16館にて劇場上映中。

公式サイト:
digimon-adventure.net/

***********************************

上映館:札幌シネマフロンティア、MOVIX 仙台、新宿バルト9、渋谷TOEI、T・ジョイPRINCE 品川 横浜ブルク13、MOVIX さいたま、T・ジョイ蘇我、シネシティザート、TOHO シネマズ 浜松 109シネマズ名古屋、梅田ブルク7、T・ジョイ京都、広島バルト11、T・ジョイ博多、鹿児島ミッテ10
©本郷あきよし・東映アニメーション


森川・北村・佐藤・浅川 政府が決める「恋」通知を肯定!『恋と嘘』登壇初日


映画情報どっとこむ ralph マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」アナザーストーリーとして待望の実写映画化。

この度、10月14日(土)の公開初日に、森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子の豪華キャストと主題歌を担当した阪本奨悟さん、そして古澤健監督が登壇して舞台挨拶を行いました。

映画『恋と嘘』公開初日舞台挨拶
日程:10 月14 日(土)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督

映画情報どっとこむ ralph 森川さん:今日第1回目の上映を観ていただいてありがとうございます。

古澤監督:本日は沢山の方にお集まりいただきありがとうございます。これで、僕らの手を離れて独り歩きしていきますが、皆さんの温かい笑顔を観ると祝福していただいたという思いでいっぱいです。

と、感激の監督他、登壇者の挨拶から舞台挨拶がスタート。

撮影現場や思い出に残るシーンを聞かれ、

北村さん:現場の空気感を創っていたのが寛太で助かりました。僕ら二人も役に溶け込みやすかったです。和気藹々でした。

佐藤さん:葵ちゃんと二人の水族館のシーン、何しろキラキラしたシーンが多かったので。それから3人のシーンは印象的でしたし。ぶるぶる5時間待って「丹坂葵だな」って一言いうシーンも思い出深いです。

と、語り、一方女性陣は

森川さん:浅川さんと田辺さんは前からお知り合いで、そこに参加させていただいた感じでした。

浅川さん:葵ちゃんがフレンドリーで嬉しかったです。

田辺さん:浅川が葵ちゃんに指輪を見せるシーンは、凄い!キラキラしていて。個人的にはドキドキしましたし、ちょっと寂しかったです!

というお友達の田辺さんの振りに

浅川さん:初めて左手の薬指に指輪をはめたので、ずっとニヤニヤして口角上がりっぱなしでした。ちょっと自慢しちゃいました!

と、明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 作品は2037年の近未来。理想のパートナーを政府が決める、恋愛禁止の世界。ある日、私たちは「恋」を通知される恋愛禁止の世界の演出は・・・

監督:近未来や政府通知と言う特殊な設定ですが、そこの面白さが原作にはあってリアルなんですね。ですから映画版に関しては、設定に甘えずに生身で演じる、どうすればリアルな感情が出るのかを話し合いながら、台本通りでなく演出しました。


森川さん:監督はお芝居の近くでみてくれていて、違うなと言うときは直ぐに言ってくれるので、はっきり言ってくれるんで、安心して任せました。
北村さん&佐藤さん:そうですね。

北村さん:監督は生で見てくれる。撮影現場ではリアルに監督からのレスポンスが速かったのでいろんな発見がありました。でも映画を観るとファンタジーになっていて新鮮でした。

佐藤さん:映画観ると近未来チック。住宅も全部統一されていて、そういう世界観にも助けられました。

映画情報どっとこむ ralph 本当に政府通知があったら!と問うと
賛成派:森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈
反対派:田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督

森川さん:知れば知るほどいいなと。16歳で世間を知りきってないときなら受け入れられるかなと。最良のパートナー政府通知。リアルに最良のパートナーと出会えるのってかなり低いと思うんですよ!

と、だいぶネガティブ。

浅川さん:有。夢あるなと。政府通知ないと結婚できなさそうなので。人生安牌やなと。

北村さん:素敵な制度。映画の中でも悪いものとして描かれているわけではないんです。政府が平等に幸せになれるように与えてくれてるので。

佐藤さん:最良の相手。一回会ってみたい。

と言う無し派は、

監督:近未来の設定じゃなくて、リアルですよね。僕は45のおっさんなんで。間違えるチャンスも良かったなと思うので。

と、さすが大人な監督。

田辺さん:教えてもらうのは良いのですが、16歳と言う曖昧な時に・・・これからの将来が決まるのは楽だと思うんです。が、自分で出会いたいです。

阪本さん:完全否定はできないですが、物事自分で決めたいので。

と、反対派の阪本さんは今回主題歌と挿入歌を担当しています。
阪本さん:福山さんの「ハロー」は、僕が1歳の頃にリリースされていた曲なんです。僕の色でどう届けられるか試行錯誤しました。書き下ろしの方は台本を読んで自分の青春時代を重ねて表現しました。
森川さん:この映画は青春ラブストーリーですが、恋愛禁止。ラストは衝撃的です。阪本さんのエンディングを聞き終わってからのシーンを観て頂いて、感想を思い浮かべてもらって映画が完成します。映画を完成させてください!

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋と嘘』

公式サイト:koiuso.jp 
公式Twitter:koiuso_jp

物語・・・
いつもそばにいる“最高”の幼なじみと、政府が教えてくれた“最良”の結婚相手。運命の恋はどっち?
少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

***********************************


出演:
森川葵 北村匠海 佐藤寛太 浅川梨奈 田辺桃子 / 
遠藤章造 眞島秀和 温水洋一 中島ひろ子 三浦理恵子 木下ほうか / 徳井義実

監督:古澤健(『ReLIFE リライフ』) 
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』) 
原作:『恋と嘘』ムサヲ(講談社)
主題歌:阪本奨悟「HELLO」(A-Sketch)
制作プロダクション:The icon 
配給:ショウゲート 
(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社


杉咲花がフェイス・オブ・アジア賞受賞!第22回釜山国際映画祭『メアリと魔女の花』韓国プレミア


映画情報どっとこむ ralph 今夏、全国公開された話題作、スタジオポノック第一回長編作品米林宏昌監督「メアリと魔女の花」。

本作品は、現在開催中の第22回釜山国際映画祭(BIFF)のワイド・アングル部門のアニメーション・ショーケースにて招待を受け、監督の米林宏昌、プロデューサーの西村義明、そしてメアリ役を演じた女優の杉咲花が参加しています。

先ほどソヒャンシアターセンタムシティーにて、韓国初となるプレミア上映され、大好評を博しました。
米林宏昌監督:韓国で今日が初めてお客さんに見てもらう機会だと聞きました。皆さんの反応が楽しみです。メアリは韓国のアニメーターにも沢山助けてもらいました。優秀でとても感謝しています。12月に公開になると聞いていますが、多くの人々に見ていただけることを願っています。

とコメント。映画祭の反響を受け、公開への期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph そして、このたびメアリ役で参加した女優の杉咲花が、今後のアジアでの活躍が期待される俳優に授与される、marie claire Asia Star Awardsのフェイス・オブ・アジア賞を受賞いたしました。

杉咲花さんからのコメント
私が大好きな「メアリと魔女の花」という作品で、この映画祭に参加させていただいたことが出来てすごく光栄に思っています。
私はアジアの作品が大好きなので、ここに来れたことも幸せですし、いつかチャンスがあれば作品に参加できるようにこれからももっと頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。カムサハムニダ。

韓国の劇場公開(配給:CJ E&M)は12月を予定しています。

映画「メアリと魔女の花
英題:Mary and The Witch’s Flower

***********************************

キャスト: 杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子 脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会


桜井ユキ、高橋一生 他『リミット・オブ・スリービング ビューティ』初日舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、10月21日に映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピングビューティ』が初日を迎え、舞台挨拶への豪華登壇者が決定しました。

当日の舞台を華やかに彩るのは、本作で映画初主演となる桜井ユキをはじめ、佐々木一平、満島真之介、高橋一生といった豪華キャストが集結。更に、本作でメガホンをとり、本作が商業映画初デビューとなる二宮健監督がキャストとともに華を添えます。そして初日を記念し、登壇者たちが劇中に登場する店「AURORA」に集結いたします。

映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピングビューティ』初日舞台挨拶
日程:10月21日(土)
登壇者(予定):桜井ユキ、佐々木一平、満島真之介、高橋一生、二宮健監督
*登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

舞台挨拶実施劇場:新宿武蔵野館 スクリーン1

初回上映後舞台挨拶
(10:00の回上映後、11:30頃より)
2回目上映前舞台挨拶
(12:20の回上映前。舞台挨拶後、本編上映12:45開始)

映画情報どっとこむ ralph チケット販売情報
料金:全席指定 2,000円(税込)
チケット発売日:10月14日(土)10:00AMより
チケット販売方法:
本舞台挨拶付上映回のチケットは<チケットぴあ>にて販売致します。
すでに全国共通特別鑑賞券をお持ちの方もご鑑賞には専用チケットが必要です。
全席指定となります。お席はお選び頂けません。
<チケットぴあ>での購入方法 【Pコード:557-732】
一般発売: 10/14(土)10:00より

インターネット購入サイト

チケット購入に関するお問合わせは、TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/ までお願い致します。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
小さなサーカス団でマジシャンの助手をしているオリアアキ(桜井ユキ)、29歳。
女優を夢見て上京してから10年。サーカスに入団した頃は若く美しかったアキも、30歳を目前に、生きる目標すら見失いモラトリアムな日々を繰り返していた。アキはステージの上で、マジシャンの催眠術にかかるふりをする。体を浮かされ、剣に刺され、催眠状態を演じているうちに妄想と現実の境界が揺れる。自分が生きてきた人生の軌跡。過去の疑問と屈折が彼女の中を駆け巡る。やがてアキの精神状態は、現実と妄想の2つの世界を行き来するうち、徐々に摩耗していくのだった。そして2つの世界の境界が壊れようとしたとき、アキの人生再生がはじまる・・・?!

***********************************

出演:桜井 ユキ
古畑 新之、佐々木一平、新川 將人
成田 凌、山谷 初男、満島真之介
高橋 一生
原案・脚本・監督:二宮 健
製作:キングレコード 製作プロダクション:ステューディオスリー
配給:アーク・フィルムズ
カラー/ビスタ/5.1ch/89分
(c)2017 KingRecords


宮沢りえ公開アフレコで生歌も披露!映画『ムーミン谷とウィ ンターワンダーランド』


映画情報どっとこむ ralph ムーミン映画最新作となるパペットアニメ『ムーミン谷とウィ ンターワンダーランド』2017年12月2日(土)より丸の内TOEIほか全国公開

この度、日本語吹き替え キャストでムーミン役を務める宮沢りえの公開アフレコを行いました。

今回、皆に愛されるキャラクター・ムーミン役の日本語吹き替えを担当したのは宮沢りえさん。

本日のアフレコ取材に臨みました!
本作でも鍵となる重要な2シーンをたしかな演技力で演じる見事な宮沢は、一気に会場を 作品の世界へと引き込みました。

そして 「ねぇムーミン」生歌も披露!

宮沢に取っても想い出深いキャラクター・ムーミン

映画情報どっとこむ ralph ムーミン役の練習は “男の子っぽく”!?研究を重ねて挑んだアフレコ お気入りの台詞は「クリスマスさん」

MCより、今回の様に声優として「声だけで演じること」 について尋ねられると

宮沢さん:声だけで演じることの難しさを改めて感じました。さらに、ムーミンは「妖精」。その存在を声 で演じることは、さらに難しかったですね。家で男の子っぽい声を出してやってみたりもしたんです。でも、そうやって作りこんでしまうと、逆に耳障りになってしまって。こうかな、どうかなと研究して臨みました。

と告白。

想い入れの あるムーミンとその世界を大切に演じた、女優としてのこだわりが垣間見えました。続いて本作のお気に入りのシーンを聞かれると、

宮沢さん:“クリスマスさん”!シーンというより、本作で出てく る台詞なんですが。ムーミンは冬を過ごすのが初めてなので、クリスマスを人だと思っているんです。だから、“クリスマス さん”って呼ぶ。そこがすごくチャーミングだなと思って、すごく好きな台詞の1つです。

と笑顔を見せました。

宮沢さん:ムーミンを演じている時は、清らかで純粋な気持ちでいられることができたので、 とても素晴らしい時間でした。是非、みなさんにも劇場でその世界を感じて欲しい。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

宮沢さん:パペットアニメーションは、その動き1つで表情もガラッと変える、独 特の世界観をもっています。ムーミンの世界観と相まって、本作は観ている人の想像力をかきたて、心を温めます。わたし 自身演じている時は、清らかで純粋な気持ちでいることができ、素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。この作品は、 わたしが小さい頃楽しんだように、お子様と一緒にご家族で楽しめることはもちろん、大人の方にも是非観ていただきたいです。深いストーリー、愛くるしいキャラクターたち、必ず楽しんでいただけると思います。冬の寒い時期、心がほっとあ たたかくなる作品です。是非楽しみにしていてください。

と、優しく、そして力強く語りました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、今回公開アフレコを実施した宮沢をはじめ、そのほかの声優に森山智之、朴璐美、そしてナレーションに神田沙也 加が揃った超豪華キャストによる、ムーミンの映画シリーズ初となる冬の物語。初めてやってくる冬、そして“クリスマスさ ん”の存在を知ったムーミンの冒険が、この冬始まります!

ムーミン谷とウィンターワンダーランド

原題:『MOOMINS and the WINTER WONDERLAND

2017年12月2日(土)全国ロードショー

公式サイトURL:
www.moominswonderland.jp

物語・・・
はじまりは、木の葉が舞い落ちる秋。冬になるとムーミン一家は春まで眠りにつきますが、好奇心 いっぱいのムーミントロールはムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけます。そこで知ったのは、まもなくやっ てくるという「クリスマス」の存在。”クリスマスさん”って誰? どんな人? ムーミン一家はクリスマスさんをもてなそ うと大騒ぎ! やがてムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜・・・・・・。ムー ミンたちが初めてクリスマスを迎えるまでを描いた、心あたたまる物語。

***********************************

監督:ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン
エグゼクティブ・プロデューサー:トム・カーペラン
声の出演:宮沢りえ、森川智之、朴璐美
ナレーション:神田沙也加

主題歌:サラ・オレイン(ユニバーサル ミュージック)
配給:東映
©Filmkompaniet / Animoon
Moomin Characters ™