「ファンタジー」カテゴリーアーカイブ

IT=“それ”役は多田野曜平が続投!!日本語吹替版に、豪華声優キャストが勢ぞろい


映画情報どっとこむ ralph IT=“それ”は姿形を変え進化し、子供だけでなく大人までも恐怖のどん底に陥れ、人間にとって最恐のトラウマを与える――文学作品として圧倒的な評価を得ている、ホラー作家の“頂点”スティーヴン・キングの傑作小説が原作の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、全世界で社会現象化!

そしてあの恐怖から2年、『IT/イット』が遂に完結する!
史上No.1のホラーエンターテイメント『IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』が、11月1日(金)全国公開!

映画『IT/イット』シリーズ初の<日本語吹替版>に、豪華声優キャストが勢ぞろい!
細谷佳正、高垣彩陽、小野大輔、神谷浩史、諏訪部順一、三宅健太、平川大輔が“ルーザーズ・クラブ”結成!
IT=“それ”(ペニーワイズ)役は多田野曜平が続投!

合わせて、日本語吹替版予告も解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph 自らを“ルーザーズ(負け犬)”と呼んでいた、落ちこぼれの子どもたち7人=“ルーザーズ・クラブ”のメンバーたち。
ビル役に細谷佳正、ベバリー役に高垣彩陽、ベン役に小野大輔、エディ役に神谷浩史、リッチー役に諏訪部順一、マイク役に三宅健太、スタンリー役に平川大輔が、すっかり立派な大人へと成長した“ルーザーズ・クラブ”のメンバーそれぞれを演じる。
IT/イット THE END さらに! IT=“それ”(ペニーワイズ)役に多田野曜平が前作から続投決定!
より感情移入できる<日本語吹替版>上映は、お化け屋敷のようなドキドキの楽しさを体感でき、絶叫するほどの恐怖と感動ドラマの両方で泣ける、ホラー苦手な初『IT/イット』の方には最高の上映フォーマット。

映画情報どっとこむ ralph 『 I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

公開表記:11月1日(金)全国ロードショー

公式サイト:
http://itthemovie.jp
公式Twitter:
@IT_OWARI
ハッシュタグ:#イット見えたら終わり


***********************************

監督:アンディ・ムスキエティ
原作:スティーヴン・キング
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
出演:ビル・スカルスガルド、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャスティン、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファ、
ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、アンディ・ビーンほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.







良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ヤング ポール監督自身によるシッチェス・カタロニア国際映画祭『ゴーストマスター』レポート到着!


ヤング ポール監督自身によるシッチェス・カタロニア国際映画祭『ゴーストマスター』レポート

映画情報どっとこむ ralph 第2回TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM準グランプリ受賞、ヤング ポール監督作品『ゴーストマスター』が12月6日(金)より新宿シネマカリテ他にて公開となります。本作はヤング ポール監督の長編デビュー作でありながら、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭、プチョン・ファンタスティック国際映画祭など海外映画祭への出品が続々と決定している異色作です。

この度、本年度、第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭 (SITGES Festival de Cinema Fantàstic de Catalunya)にも正式出品されました。(開催期間10月3日~10月13日)『ゴーストマスター』はMidnight X-Treme部門Japanese Madnessコーナーにて2回上映され、そしてシッチェス映画祭サイドが全上映作品150本の中から選ぶレコメンド映画に選出され、映画祭最終日に追加上映も行われました。現地スペイン・シッチェス入りしたヤング ポール監督による映画祭のレポート到着しました!
『ゴーストマスター』シッチェス映画祭 ヤングポール監督 現地レポ
『ゴーストマスター』上映概要
●1回目 10月11日 01:00~会場:Retiro
●2回目 10月12日 01:00~ 会場:Tramuntana Meliá Sitges
●3回目(追加上映)10月13日 15:30~ 会場:Tramuntana Meliá Sitges

映画情報どっとこむ ralph ヤング ポール監督:

スペインの海沿いの観光保養地であるシッチェスは、バルセロナから列車で30分ほどで着く。シッチェス・カタロニア国際映画祭は、ジャンル映画(ホラーやSF、アクションなど)を中心に扱う映画祭で、ヨーロッパでは最大で世界三大ファンタスティック映画祭のひとつとして名高い。過去の受賞監督にタランティーノ、ジョニー・トー、レオス・カラックスなど錚々たるメンツ。2019年が第52回目の開催となる。

私の監督作である『ゴーストマスター』が光栄にも選出されミッドナイトエクストリーム部門で上映されることになり招待を受けたので、私はシッチェスにやって来た!!!!
『ゴーストマスター』シッチェス映画祭 ヤングポール監督 現地レポ シッチェス、日本で小耳に挟んだところによると「熱海」みたいな規模感の港の観光地だとのこと。坂の上にある駅から細い路地を下っていくと海がバーっと開けていて、規模感含め、たしかにほぼ熱海。ビーチ沿いにはオープンなレストランが並び、ちょっと離れたところにはヌーディストビーチもあってゲイカルチャーも盛ん。オープンな気風の街で「もう母国の日常に戻りたくねぇ…!」と各国のフィルムメーカーたちの談、そんな気持ちのいい、街・・・。
『ゴーストマスター』シッチェス映画祭 ヤングポール監督 現地レポ 街の至る所に映画祭のシンボルマークであるゴリラのイラストや旗などが溢れ、映画祭がこの街と共にある印象。ジャンル映画祭なのでホラー作品も多いのだが、イベントの一環として子供の映画工作コンテストなどもあり残虐に殺された人形が飾ってあって懐が深いなと感激。ビーチ沿いには映画グッズの露店がズラッと並び、街行く人の映画Tシャツ率が誇張抜きで60%ぐらいじゃないかと言う素晴らしく映画ウェルカムな環境だった。
 

映画祭の期間中に上映される作品もジャンル映画祭の最高峰なので挑戦的なものも多く、またクローネンバーグ『クラッシュ 4Kレストア版』や伝説的カルト映画『Tammy and the T-Rex』などクラシック作品などの特集上映などもあり幅広い。

『ゴーストマスター』はエクストリームな映画を深夜1時から朝8時までぶっ続けで上映するというクレイジーな枠での上映。上映会場は4つあるのだけれど、この日の上映は街に中心にあるレトロな劇場「Retiro」。舞台挨拶のために深夜のシッチェスの街をテクテク歩いていると、劇場の前にかなりの人だかりが。熱海的なこの街で、映画を見るために深夜集まった観客達の熱気がすごい
『ゴーストマスター』シッチェス映画祭 ヤングポール監督 現地レポ 同じく日本からやってきていた『シグナル100』竹葉リサ監督と共に登壇。映画祭シンボルマークであるゴリラのポーズでウホウホ登場したところ、ウオオオオ!!と応えてくれる観客達。その熱気にコールアンドレスポンスで竹葉監督も私もテンション昂ぶり
『ゴーストマスター』シッチェス映画祭 ヤングポール監督 現地レポ ヤング ポール監督:この会場にいる皆んながエクストリームだ!映画、楽しんでくれよな!

的に舞台挨拶を終える。


シッチェスの観客達は、熱量と映画へのリスペクトが物凄い。各映画の上映の前にはシッチェスのロゴを使ったアニメが流れるのだが、その度に観客はスクリーンに向かって歓声と拍手で迎える。そして制作会社のロゴ、俳優や監督の名前がスクリーンに登場する度に劇場内には歓声が上がる。映画に敬意を持ってウェルカムしている感じにグッとくる。

そして『ゴーストマスター』の上映も、拍手と共に始まった。笑う時には大きく笑い、ホラーな場面ではどでかい叫び声。映画の序盤、とある重要なシーンでは叫びと笑いと拍手とYEAH!!!!が混じり合った特大の反応・・・。この企画が製作決定になってから3年あまり。遠く離れたスペインの港町で深夜自分が監督した映画が上映され、こんなに多くの人に喜んでもらえた事に、劇場の隅で観ていた私はじんわりと感動しました・・・。

当然ながら映画祭では、他の作品の監督達やプロデューサー、そして他の映画祭のセレクション担当や記者などと話をする事になる。スカイプ英会話で日々進歩していると信じたい英語力で(こんな名前ですが栃木出身で全く英語ネイティブではない!)情報交換や一緒に食事したりもする。他の非英語圏からの参加者見てても思うが、結局重要なのは伝える意思と気合。ブリュッセル映画祭・プチョン映画祭でも一緒だったオーストラリアのトニー・ダクイーノ監督(THE FURIES)にはとても良くして貰った。
『ゴーストマスター』シッチェス映画祭 ヤングポール監督 現地レポ 『ゴーストマスター』シッチェス映画祭 ヤングポール監督 現地レポ 2回目の上映も盛況のうちに終了した。結局『ゴーストマスター』は映画祭のセレクション作品として上映回数が1回増え、最終日の昼間にも上映される事になった、至極光栄!全ての作品に出る訳ではないレビューも書かれ、とても満足のいく映画祭となった。
『ゴーストマスター』シッチェス映画祭 ヤングポール監督 現地レポ
映画情報どっとこむ ralph ■シッチェス・カタロニア国際映画祭とは
1968年から開催されているシッチェス・カタロニア国際映画祭は、ポルト国際映画祭(ポルトガル)、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭(ベルギー)と並ぶ、世界三大ファンタスティック映画祭の一つに数えられる、ホラーやファンタジー作品に重点を置いた国際映画祭。世界的にみても、規模、知名度ともに最大級のジャンル系映画の祭典。映画『ゴーストマスター』は、ヤング ポール監督の長編映画デビュー作ながら、世界三大ファンタ系映画祭のうち2つの映画祭で正式出品作品に選出されるという快挙を成し遂げた。

◆第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭 (Midnight X-Treme部門)
『ゴーストマスター』正式出品 上映概要
Midnight X-Treme部門は優秀なインディペンテントホラー映画を集める部門で、観客による投票で最優秀作品観客賞1本が選ばれます。同部門の作品は計30本上映されます。日本映画からは、『ゴーストマスター』のほか、『シグナル100』『血を吸う粘土 派生』『飛んで埼玉』の4本が上映されました。

映画情報どっとこむ ralph ヤング ポール監督作品
三浦貴大 成海璃子
『ゴーストマスター』

12月6日(金)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
三浦貴大 x 成海璃子『ゴーストマスター』 【あらすじ】
とある “壁ドン”映画の撮影現場で、監督やスタッフからこき使われる、助監督・黒沢明。名前だけは“巨匠”で“一 流”だが、断れない性格で要領の悪い、B 級ホラーを愛するただの気弱な映画オタクだ。いつか自分が監督として撮 ることを夢見て、書き温めていた脚本「ゴーストマスター」が心の支えで、常に肌身離さずに持ち歩いていた。しかし、 あまりに過酷すぎる撮影現場でうっ積した黒沢の不満と怨念のような映画愛がこの“脚本”に悪霊を宿し、撮影現場 を阿鼻叫喚の地獄へと変えていく・・・

***********************************

三浦貴大 成海璃子
板垣瑞生  永尾まりや  原嶋元久  寺中寿之  篠原信一 
川瀬陽太  柴本幸  森下能幸  手塚とおる  麿赤兒
監督:ヤング ポール
脚本:楠野一郎 ヤング ポール  
主題歌:マテリアルクラブ「Fear」
制作プロダクション:セディックインターナショナル マグネタイズ 
製作:カルチュア・エンタテインメント TSUTAYA Digital Entertainment
配給:S・D・P 
©2019「ゴーストマスター」製作委員会 


【映画祭 出品一覧】
★シッチェス・カタロニア国際映画祭 Midnight X-Treme部門 正式出品(スペイン)
★ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 Spamflix Asian Film部門 正式出品(ベルギー)★プチョン国際ファンタスティック映画祭 World Fantastic Red部門 正式出品(韓国)★Be Afraid Horror Fest コンペティション部門 正式出品(イタリア)★ザグレブファンタスティック映画祭 Thrills&Chills部門 正式出品(クロアチア)
★ブエノスアイレス・ロホサングレ映画祭 正式出品(アルゼンチン)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

吉沢亮・吉岡里帆・長井龍雪監督 登場にスペインのファン大歓迎!『空の青さを知る人よ』シッチェス国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 2019年。日本中待望の長井龍雪監督最新作、オリジナルストーリー長編アニメーション映画『空の青さを知る人よ』が本日10月11日(金)より公開となります!

そして、この度、世界三大ファンタスティック映画祭の一つである、「シッチェス・カタロニア国際映画祭」のアニマット部門(アニメーション部門)とオフィシャルファンタスティック・コンペティション部門の2部門に選出され、10月9日(水)(現地時間)に公式上映と舞台挨拶が行われました!

映画情報どっとこむ ralph 現地時間の10月3日(木)にスペイン・シッチェスでシッチェス・カタロニア国際映画祭が開幕。

アニマット部門(アニメーション部門)とオフィシャルファンタスティック・コンペティション部門に『空の青さを知る人よ』が選出され、吉沢亮・吉岡里帆・長井龍雪監督が現地を訪れ、大歓迎を受けました。
10月9日(水・現地時間)にシッチェス国際映画祭のメイン会場入りをした吉沢亮・吉岡里帆・長井龍雪監督は、キャストや監督と会えるのを心待ちにする大勢のファンが待ち受ける中、当日午後からメイン会場の「オーディトリ メリア シッチェス」にてレッドカーペットを歩きました。本映画祭の副ディレクターでもある、Mike Hostench氏が3人をレッドカーペットの入り口で出迎える他、到着を待つファンの中には、長井龍雪監督の『心が叫びたがってるんだ。』のフライヤーを持ってくる熱烈な現地のファンが会場に駆け付けました。レッドカーペット到着後には、大きな歓声が上がると共に、3人にサインを求める声も多く、多数のファンの熱意に3人も笑顔で応えていました。

映画情報どっとこむ ralph 公式上映は期間中2回実施されますが、10月9日(水)14:30から上映を行う映画祭メイン会場「オーディトリ メリア シッチェス」は、およそ800名の観客で埋め尽くされ、上映前から高い熱気で包まれました。舞台挨拶に、吉沢亮・吉岡里帆・長井龍雪監督の3名が開場の後方扉中央より登場すると大歓声が沸きあがりました。
吉沢は冒頭に「ブエナスタルデス。(こんにちは。)ソイ 亮 吉沢。(私の名前は吉沢亮です)」と

スペイン語で挨拶し、大きな歓声が起きました。さらに、「スペインは今回初めて来たのですが、昨日、シッチェスの海沿いの素敵なレストランで海を見ながらご飯を食べるという、素敵な時間を過ごさせていただきました。最後まで映画楽しんで頂けると嬉しいです。」と「空青」の紹介と「スペインでの思い出」を語りました。続く、吉岡は、「シッチェスは海外の映画祭で初めて訪れた街です。私にとって、とても特別な街になりました。私も昨日、素敵な晩御飯をたべました。ハモン エスタバ ムイリコ!(生ハムとても美味しかったです)」とコメントし、自身が参加するシッチェス国際映画祭への喜びを爆発させました。さらに、吉岡同様、海外の映画祭での舞台挨拶は初となる、長井龍雪監督は「この作品は日本の地方都市を舞台にしており、一人の不思議な青年を通して、二人の姉妹やそれをとりまく人々が、様々な思いを紡いでいく作品です。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。」と作品を紹介しました。


映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶終了後、上映が始まると、タイトルが出てくるシーンで拍手が沸き起こるなど、早くも映画と観客が一体化。さらには、あかねと慎之介が再会し、慎之介が挿入主題歌である「空の青さを知る人よ」を歌うシーンでは、吉沢が披露したモノマネ風のアレンジに会場では笑い声が起きるほか、クライマックスでは鼻をすする人も。上映終了後は会場から大きな拍手が巻き起こり、会場内が温かい拍手で包まれました。10代・20代の若者から長年の映画ファンやシニア層まで広い年代が、同じように『空の青さを知る人よ』の描く切なくもふしぎな“2度目の初恋“に思いをはせるとともに、秩父を舞台にした日本の美しい映像に感嘆しました。

上映後、作品を観た20代の男女のカップルに感想を聞くと、「映画は素敵でした。長井監督の作品はいくつか知っていますが、この作品はとても素晴らしいです。長井監督の作品の魅力は作品が与えてくれる力です。生き生きとしたストーリーの流れの中で何度も刺激されて、最後には感動で泣かされてしまいます。それは「あの花」「ここさけ」でも同じでした。映画の中で感動させられ続け、最後にそれが極みに達して泣いてしまいます。それが好きです。今年のシッチェス映画祭で見た中で、最高の作品です!」と長井龍雪監督の過去作から見てきたファンの声が聞こえてくるほか、日本へ行ったことがある30代女性の観客の方は「日本の生活や日本の風景の描き方が本当にリアルで素晴らしい。私は日本を知っていますが、この風景を見て懐かしく思う気持ちもあり楽しみました。秩父を訪れたいと夫にねだってみます。」と話していました。映画を観終えた人々はみな笑顔で会場を後にし、素晴らしい上映会となりました。


上映会と舞台挨拶を全て終えた吉沢は「会場のアットホームな感じがとても良かったです。日本の文化(新渡戸の演歌など)もわかったうえで反応してくださっているのがわかってすごく嬉しかったです。」と述べるほか、吉岡は、「見ている最中に拍手が起こるのが、日本ではあまりないですし、嬉しくありがたかったです。また、シッチェスで多くの方と楽しく観ることが出来、すごくいい映画だなと改めて思いました。」と話し、長井監督は、「日本の細かい小ネタなど入っているので、(上映前は)伝わるのか不安でしたが、会場で沢山笑ってくださっているのを見て驚くとともに、今は無事に上映が終わりホッとしています。」と話しました。

映画情報どっとこむ ralph コメントまとめです。


吉沢亮レッドカーペット後コメント

現地の人が盛り上がってくれているというのがやっぱり凄く嬉しいですね。この作品は、日本の風景とか沢山出てきて、日本を象徴する作品だなと思っているのですが、そういうのを含め、ファンの方が熱狂的に反応してくれている感じが、嬉しいなと思います。

「空青」は観客の皆さんに、喜んでもらえるのではないかと思っています。

作品を観られるみなさんの反応が楽しみです。



吉岡里帆レッドカーペット後コメント

レッドカーペットを現地の皆さんが盛り上げてくださるので、めちゃくちゃ嬉しいです。「空青」も早く観ていただきたいなって思っています。いよいよ始まるワールドプレミアでは皆さんの傍で一緒に作品を感じながら観られるようなので、皆さんがどんな反応をされるのか、とても楽しみです。



長井龍雪監督レッドカーペット後コメント

お客さんの雰囲気が盛り上がっていて、とても嬉しいですね。

日本のアニメなのに、海外の方にこんなに喜んでもらえて本当に嬉しいです。

ワールドプレミアがこれから始まりますが、緊張してよくわかんないですね(笑)

みなさんに楽しんで頂けたら嬉しいです。



吉沢亮 舞台挨拶時コメント

ブエナスタルデス。(こんにちは。)

ソイ 亮 吉沢。(私の名前は吉沢亮です)

HER BLUE SKY(「空の青さを知る人よの英題」)で慎之介の声を演じさせていただきました。スペインは今回初めて来たのですが、昨日、シッチェスの海沿いの素敵なレストランで海を見ながらご飯を食べるという、素敵な時間を過ごさせていただきました。最後まで映画楽しんで頂けると嬉しいです。グラシアス!



吉岡里帆 舞台挨拶時コメント

ブエナスタルデス。(こんにちは)

ソイ 里帆 吉岡。(私の名前は吉岡里帆です)。私は、このHER BLUE SKY(「空の青さを知る人よの英題」)であかねというお姉さんの役を演じさせていただきました。ここ、シッチェスは海外の映画祭で初めて訪れた街です。私にとって、とても特別な街になりました。私も昨日、素敵な晩御飯をたべました。ハモン エスタバ ムイリコ(生ハムとても美味しかったです)「空青」楽しんでください。



長井龍雪監督 舞台挨拶時コメント

オラ!(こんにちは) シッチェスのみなさんこんにちは。

HER BLUE SKY(「空の青さを知る人よの英題」)監督の長井龍雪です。この作品は日本の地方都市を舞台にしており、一人の不思議な青年をとおして、二人の姉妹やそれをとりまく人々が、様々な思を紡いでいく作品です。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

映画情報どっとこむ ralph さらに、なんと、この大熱狂の「空の青さを知る人よ」上映の様子を見たスペインの配給会社より上映後すぐにオファーがあり、スペイン語圏を含む、合計94の国と地域での「空の青さを知る人よ」の配給が決定いたしました!!

尚、映画祭の授賞式は現地時間10月12日(土)現地時間の夜に行われる予定です。

『空の青さを知る人よ』新ビジュアル
『空の青さを知る人よ』

公式サイト:
soraaoproject.jp

STORY
山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。そんなある日、町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして金室慎之介の名があがる。あかねのかつての恋人であり、高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が町に帰ってくる…。時を同じくして、あおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。まだあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。思わぬ再会をきっかけに、次第に、しんのに恋心を抱いていくあおい。一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

シッチェス・カタロニア国際映画祭について

スペイン・バルセロナ近郊の海辺のシッチェスで毎年10月に開催される映画祭であり、シッチェス映画祭(Sitges Festival)の略称で親しまれる。SF、ホラー、サスペンスなどのジャンル映画を特化して扱う「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つであるとともに、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭であるため世界でも権威のある国際映画祭である。

☆映画祭正式名称:SITGES – International Fantastic Film Festival of Catalonia ,

☆開催期間:10月3日(木)~10月13日(日) ☆開催回数:第52回(←今回が52回目)

☆公式HP:https://sitgesfilmfestival.com/eng

☆『空の青さを知る人よ』上映セクション名:①Official Fantastic Competition Section②Anima’t Section(※Anima’t Sectionでは2016年に「君の名は。」、2018年「未来のミライ」が最優秀長編作品賞を受賞)

***********************************

出演: 吉沢亮 吉岡里帆 / 若山詩音 落合福嗣 大地葉 種﨑敦美 / 松平健

監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里 キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
主題歌:あいみょん(unBORDE/Warner Music Japan)
音楽 横山 克
原作:超平和バスターズ
制作:CloverWorks
製作:アニプレックス フジテレビジョン 東宝 STORY KADOKAWA
©2019 SORAAO PROJECT
配給:東宝





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

伊藤健太郎から深紅の薔薇サプライズ!玉城ティナ「プロポーズみたい!」と思わず照れ笑い!


映画情報どっとこむ ralph 映画『惡の華』がTOHOシネマズ日比谷ほかにて大ヒット全国公開中です!
押見修造による累計発行部数300万部突破の人気コミックを映画化した『惡の華』御礼舞台挨拶が行われ、主演の伊藤健太郎、玉城ティナ、そして井口昇監督が参加した。
映画『惡の華』御礼舞台挨拶 日程:10月10日(木)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:伊藤健太郎、玉城ティナ、井口昇監督

映画情報どっとこむ ralph 主人公・春日高男(かすがたかお)役を演じられた伊藤健太郎さんは「今日で(惡の華のプロモーションが)最後というのは寂しいです。最後まで盛り上げていきたいです!」と一言。
仲村佐和(なかむらさわ)を演じた玉城さんは「既に複数回見られている方もいらっしゃってありがとうございます。」と感謝の気持ちを伝えた。
メガホンを取った井口監督は「何回も見ていただけた方がいて、本当にこの作品をつくって良かったなと思いました。」と胸のうちを語った。伊藤さんは「公開まで長いなーとずっと思っていましたが、公開してみたらあっという間で、最後になってしまうのが寂しい。ロングランになればまたこうやって立てるのに!」と熱い思いを伝えた。
 また、2人の元に届いた声で印象的だった感想を聞かれた伊藤さん玉城さん。伊藤さんは「地元の仲間が見てくれて、教室をぐちゃぐちゃにするシーンを見て鳥肌がたったと言ってくれた。もう一回見に行くといってくれたんです。なかなかないんですよ、地元の友達が何回も見てくれるのは!」と答え、玉城さんは「完成披露で見てくれた友達が、公開してもう一度見たよと言ってくれました。観客の方々も深く考えてくれる作品なんだなと思うと嬉しいです。」と話した。井口監督は「まさか井口監督作品で泣くなんて、という声もあって、原作の良さを損なわずに映像にしたい!という思いが伝わって本当に良かったです。」と答えた。伊藤さんとも共演し、プライベートでも親交のある中川大志さんから届いたコメント「これは、井口監督にしか描けない惡の華だと思いました。罵られ、ど突かれる、伊藤健太郎の顔。くそぅ…いつも嫉妬させられる。」に対して感想を聞かれた伊藤さんは、「嬉しい。同世代で一緒に戦っている友達からこうやってもらえると。素敵なコメントをいただけて胸がいっぱいです。お礼の言葉は直接会って言おうと思います。(笑)」と反応した。
 玉城さんが「今回中学生役ということで、玉城・伊藤で大丈夫かという声が多くあったのですが、こうやって演技を褒めてもらえると嬉しいですよね!」と話すと、井口監督も「公開前は美人すぎるとか、かっこよすぎるという声が多かったのですが、公開されてからそういう声はなくなりましたよね。勝った!と思いましたよ!」重ねて反響の良さを語った。
 また、映画評論家の町山智浩さんからその演技を大絶賛されたという玉城さんは「(今回演じた)仲村さんが伝えたかったことを少しでもわかってもらえたとしたら、この役を演じて良かったなと思います。」とその想いを語った。これに井口監督は「ツイッターでは今公開されている『ジョーカー』と仲村さんを比較している声も多くありましたよ!」と話題作と絡めた感想を挙げた。伊藤さんも「惡の華は日本版『ジョーカー』だと思う!」と重ねると、井口監督はすかさず「ということはこの映画も海外映画祭いけますね!」と盛り上がった。

 今回の舞台挨拶で、長い映画のプロモーション期間を終えた2人。印象的な出来事を振り返った。伊藤さんは「大阪で焼肉行きましたね!」と地方でのPR活動時の思い出を話すと、玉城さんは「ラジオに出させていただいて、多少の下ネタにも全力で取り組んだり、そういうのも楽しかった。テレビで鎌倉ロケをやったりだとか。ずっとみんなで仲良くやってきました。」と語った。
そして、この日会場に来ていた、プロモーション期間にずっと協力してくれたという原作者の押見修造さんの名前が挙がると、井口監督は「押見先生が企画を許してくれたということが全ての始まりだったので、本当に感謝です。一緒にPRをしていただいたり、嬉しいです。こんなに映画に寄り添っていただける原作者っていないですよ!」と感謝を述べた。
映画情報どっとこむ ralph イベント終盤、22歳のお誕生日を迎えた玉城さんに、サプライズでプレゼントが登場!
座長・伊藤さんから深紅のバラを手渡し!
会場のお客さんとともに「おめでとう」と玉城さんは「プロポーズみたいですね(笑)こんなに重い花束を渡してもらったのは初めて!22歳を迎えて、これからも頑張ろうという気持ちになりました。」と恥ずかしさを表情に浮かべながらも気持ちを述べた。

 イベントの最後に、井口監督は「本当に素晴らしいキャストの方々をキャスティングできて良かったなと思います。自分の青春時代とシンクロさせて見ている人が多くいて、良かった。この作品はこの先もずっと残っていく作品になったはずです。本当にありがとうございました。」と語った。玉城ティナさんは「映画の見方に正解はないと思っていて、それぞれの解釈で、『惡の華』がみなさんの中で育っていくんだなということを、今日ひしひしと感じております。そして、監督他スタッフの皆さまにも感謝しながら、22歳となった今日を迎えられて、本当に嬉しく思います。ありがとうございました。」と新たなスタートを切った今日の思いの丈を語った。最後に主演・伊藤さんは「正直な話をすると、この映画は青春映画です!とずっと今まで言っていたのですが、それが伝わるのか不安がありました。でも、感想を見てみると、僕らが送り出した『惡の華』をみなさんの中で育ててくれてるということがわかって、やって来て良かったなと思いました。この作品は10年後、20年後にも残っていく作品だと思っています。またこうして皆様にお会いできることを願ってます。本当にありがとうございました。」と熱いメッセージを届けた。
イベントは大盛況の中終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『惡の華』御礼舞台挨拶

【ストーリ―】 
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・
伊藤健太郎、玉城ティナ『惡の華』本ビジュアル
***********************************


伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ 
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾
原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  監督:井口昇  脚本:岡田麿里  
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」 製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム  ©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会
公式サイト:akunohana-movie.jp  twitter:@akunohana_movie




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

シンカリオン × 銀河鉄道999 夢の鉄道アニメコラボが実現!


映画情報どっとこむ ralph 実在する新幹線が変形するロボット「シンカリオン」の運転士となったハヤトら子供たちが、新幹線超進化研究所の大人たちと協力して敵に立ち向かう物語を描いたテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』。その劇場版、劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』が12月27日全国ロードショー! 

劇場版では、次世代新幹線の開発のための新幹線試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」が早くもシンカリオンへと変形し、新たな運転士とともにハヤトたちが日本の平和と安全を守るための戦いに挑みます。



この度、映画公開を記念して、元祖鉄道アニメとも言える、「銀河鉄道999」と「シンカリオン」とのスペシャルコラボが決定!
日本漫画界の巨星・松本零士によって生み出された「銀河鉄道999」は1978年にテレビアニメ化され、作品そのものが持つテーマ性や細部にわたる鉄道描写が大きな話題となり、日本アニメーションの歴史にその名を刻みました。

今回、鉄道アニメの大先輩とコラボする「新幹線変形ロボ シンカリオン」もまた、「新世紀エヴァンゲリオン」や「初音ミク(※作品内では発音ミク)」とコラボレーションするなど、日本アニメーションの歴史の中でいくつものチャレンジをしてきました。
そんな両作品のコラボビジュアルには、銀河超特急999号とシンカリオン E5はやぶさ MkIIはもちろん、メーテルや鉄郎をはじめ、「銀河鉄道999」のキャラクタータッチで描かれた、速杉ハヤトや速杉ホクトの姿も! スペシャルコラボならでは貴重なビジュアルが完成しました。
シンカリオンx999コラボビジュアル そして、このスペシャルコラボのポップアップストアが10月11日(金)より、「池袋P’PARCO」(東京都)と「なんばマルイ」(大阪府)に期間限定でオープンすることも明らかに!
 
ポップアップストアでは、コラボビジュアルを使用したグッズが先行発売されます。アクリルキーホルダー・缶バッチなどの999コラボグッズ以外にも、シンカリオン運転士たちの描き下ろしビジュアルを使用したアイテムを始め、大充実のラインナップとなっています。

是非映画を観る前にチェックしてみて下さい!!

映画情報どっとこむ ralph グッズ情報
●「銀河鉄道999」と「新幹線変形ロボ シンカリオン」とのコラボ商品
シンカリオンx999コラボビジュアル シンカリオンx999コラボビジュアル
●期間限定 シンカリオン ポップアップストア 限定商品
シンカリオンx999コラボビジュアル シンカリオンx999コラボビジュアル
映画情報どっとこむ ralph 期間限定 シンカリオン ポップアップストア in 池袋P’PARCO 

■期間:2019年10月11日(金)~2019年10月30日(水)
■営業時間;11時00~21時00分
■場所:池袋P’PARCO 3階 Limited Base  東京都豊島区東池袋1-50-35

期間限定 シンカリオン ポップアップストア in なんばマルイ
■期間:2019年10月11日(金)~2019年10月30日(水)
■営業時間:平日・土曜日 11:00~20:30
日曜・祝日 11:00~20:00
■場所:なんばマルイ 7階(Limited Base)
大阪府大阪市中央区3-8-9

※商品ラインナップなどの詳細は、Limited Base公式HP・ツイッターをご覧ください。随時更新していきます。

★公式HP:http://www.limitedbase.com/
★ツイッター池袋:@Limited_Base
★ツイッターなんば:@LBosaka

映画情報どっとこむ ralph 劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』

【映画公式サイト】
shinkalion.com/movie/

【映画公式twitter】
@shinkalion

12月27日(金)全国ロードショー

――現在と未来をつなぐシンカリオン、発進! 
E5系はやぶさ、N700Aのぞみ等実在する新幹線が変形するロボット「シンカリオン」の運転士となったハヤトら子供たちが、新幹線超進化研究所の大人たちと協力して敵に立ち向かう物語を描いたテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』。
劇場版では、次世代新幹線の開発のための新幹線試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」が早くもシンカリオンへと変形し、新たな運転士とともに日本の平和と安全を守るため、戦いに挑む。
テレビアニメでは描かれなかったシンカリオン誕生の秘密、ALFA-Xが繋ぐ現在と未来、ハヤトとホクトの親子の絆…。シンカリオンだからこそ描ける時空を超えた感動の戦いが今、始まる!!
劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』 ティザービジュアル ストーリー
地球を奪うため、新たな敵・ナハネ、オハネフそして謎の巨大怪物体が宇宙から現れた!
そのすべては、超進化研究所が密かに開発を進めていた「シンカリオン ALFA-X」が鍵を握っている…!?
平穏な日々を過ごしていたハヤトら<チームシンカリオン>の戦いが再び幕を開ける――!!

突然の敵の攻撃により父・ホクトが行方不明になってしまい、不安を隠せないハヤト。そこに現れたのは、なんと時空を超えてやってきた“9歳のホクト”だった! 光の粒子に包まれてタイムスリップしてきた<少年ホクト>は、地球を守るため、そして元の世界に戻るため、最新技術を結集し完成した「シンカリオン ALFA-X」の運転士になることを決心する。二人の想いとともに、北海道支部・山形支部・大宮支部・名古屋支部・京都支部・門司支部から集結した<チームシンカリオン>は宇宙最強の敵に立ち向かう!

チームシンカリオンは日本の平和と安全を守ることができるのか! 
ハヤトは父・ホクトと再会することができるのか!?



***********************************

【スタッフ】監督/池添隆博 脚本/下山健人 キャラクターデザイン/あおのゆか 
メカニックデザイン/服部恵大 音楽/渡辺俊幸 音響監督/三間雅文
【キャスト】佐倉綾音 沼倉愛美 村川梨衣 真堂圭 竹達彩奈 杉田智和 雨宮天 うえだゆうじ 山寺宏一/
釘宮理恵 伊藤健太郎 吉田鋼太郎

※短縮表記の場合は↓
 佐倉綾音 釘宮理恵 伊藤健太郎 吉田鋼太郎他

【主題歌】「ガッタンゴットンGO!」BOYS AND MEN(ユニバーサル ミュージック)
【アニメーション制作】OLM
【アニメーション制作協力】SynergySP
【CGアニメーション制作】SMDE
【制作】小学館集英社プロダクション
【製作】超進化研究所
【配給】東宝映像事業部

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ