「ファンタジー」カテゴリーアーカイブ

ヘイリー・スタインフェルド、トラヴィス・ナイト監督ら登壇!映画『バンブルビー』 香港記者会見


映画情報どっとこむ ralph 過去5作品の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)突破の世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。

そのシリーズ最新作『バンブルビー』が、2019年3月22日(金)に日本公開となります!

待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。

そして!この度、12月13日(木)に、香港で本作の記者会見が行われアジア圏の有力なメディア媒体が多数詰めかけ、注目度の高さを見せつけました!


映画『バンブルビー』 香港記者会見
日時:12月13日(木)
場所:ザ・リッツ・カールトン香港(中国・香港)
参加者:
ヘイリー・スタインフェルド、ジョン・シナ、トラヴィス・ナイト監督、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ(プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 先日12月9日(日)に行われたLAワールド・プレミアで、Rotten Tomatoes 100%スタートという驚異的な賞賛を受けるなど、大変な盛り上がりを見せた『バンブルビー』ですが、このほど12月13日(木)に香港にて記者会見を行いました。

会場に選ばれたリッツ・カールトン香港の記者会見会場には、ワールド・プレミアから世界に拡がった作品の関心の高まりを現すかのように、日本や中国をはじめ、韓国や、マレーシアなど、計7カ国から、約30ものメディア媒体が会場に詰めかけました。

司会の紹介を受け、チャーリー役のヘイリー・スタインフェルド、バーンズ役のジョン・シナ、トラヴィス・ナイト監督、プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが会場に登場すると、会場は拍手で包まれ、熱気に溢れた盛り上がりを見せました。
これまでのシリーズから継続してプロデューサーを務めるロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラは、シリーズで初めてオプティマス・プライム以外のトランスフォーマーが主役となった経緯について、

ボナヴェンチュラP:バンブルビーは、トランスフォーマーの中で最も理解しやすいキャラクター。面白くて、感情豊かなトランスフォーマーです。今回非常に人間らしい物語を伝えるには、最も人間っぽいトランスフォーマーの彼が必要でした。そして、何より彼はファンのお気に入り。だから、この決断はとても簡単でした!

と、バンブルビーが主役として選ばれたことが必然であったと語り、自信をのぞかせました。

今回、実写監督デビューを果たしたトラヴィス・ナイト監督は、オファーの経緯について

トラヴィス監督:2年ほど前に今作のオファーを受けた際には、僕のこれまでの経歴には、このシリーズに加わることが自然に思われる要素が何もなかったので、ものすごく驚きました。しかし、80年代に子ども時代を過ごした僕にとって、これはとてもエキサイティングなオファーでした。トランスフォーマーのキャラクターで遊んで育ったので、子どもの頃から大好きだったキャラクターの誕生秘話を描けるなんて、まるで夢が叶ったようでした。

と今作を監督できることになった喜びを語りました。


映画情報どっとこむ ralph 同様に本作から初めてトランスフォーマーシリーズに加わったジョン・シナは、この作品に加わった経緯について

シナ:完全に運だよ(笑)早い段階で脚本を読ませてもらい、自分がどの役を演じるかも知らなかったけど、作品を観た皆さんもご存知の通り、ものすごく良い物語で、読み始めたら止まらなかった。それからこの男(ロレンツォ)とこの男(トラヴィス)に会って、彼(トラヴィス)が僕について「いいね」と言って、彼(ロレンツォ)がこうしたんだ(親指を立てる)

と、WWEで長年会場を沸かせてきたエンターテイナー振りを発揮したジョークに、会場は笑い声で溢れました。

今回、シリーズで初めて女性主人公を演じたヘイリー・スタインフェルドは、

へイリー:普通の若い女の子を演じることができて嬉しかった。チャーリーは特別なパワーを持っていないけど、勇敢で、強くて、賢くて、目の前に立ちはだかる障害に対処できる能力を持っている。彼女は初めそれに気付いていないけど、バンブルビーとの出会いを通してその力に気付いていくの。正直で、リアルで、信ぴょう性のある物語に参加することができて、ラッキーだと感じているわ。

と、チャーリーを演じた喜びについて語りました。また、ヘイリーは自動車修理が得意なチャーリーを演じるに当たり、

ヘイリー:私の3歳上の兄は、レースカーのドライバーでメカニックなの。彼は車の知識がすごいから、撮影現場に来てもらったり、助けてもらったの。

と自身の兄の助言を受けていたことを語ると、トラヴィスがすかさず

トラビス監督:それに、彼はバンブルビーを運転したんだよね?スタントドライバーには僕の求めていることができなくて、彼に聞いたら「できる」と言われたんだ。それで運転してもらった。1テイクだけね。

と、撮影現場での仰天のエピソードを明かしました。

新たな相棒、新たな監督、新たな展開と大いなる期待が集まっている本作は、Rotten Tomatoesで瞬く間に絶賛レビューが殺到し、現在も驚愕の97%フレッシュを維持!

熱狂は、LAから香港、そして全世界へと、止まることの無い熱狂の渦として拡がり続けています。アジア、そして日本での公開にむけ大いに期待の高まる盛り上がりのなか記者会見は幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph バンブルビー


公式サイト:
bumblebeemovie.jp/

公式twitter:
@Bumblebee_JP 

<STORY>
1987年、海辺の田舎町。父親を亡くした哀しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーは、18才の誕生日に、海沿いの小さな町の廃品置き場で、廃車寸前の黄色い車を見つける。自宅に乗って帰ったところ、車が突如、変形≪トランスフォーム≫してしまう。驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。チャーリーは記憶と声を失い
”何か”に怯える黄色い生命体に、「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付け、かくまうことを決める。ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。思いがけない友情が芽生えるのだが、しかく、予想もしない運命が待ち受けているのだった――


***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、
ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee 
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


『映画ドラえもん のび太の月面探査記』予告映像、ポスタービジュアル、追加声優解禁!


映画情報どっとこむ ralph シリーズ39作目となる『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(3/1公開)の脚本は、本作で初めて映画の脚本を務めた、ドラえもんの大ファンを公言する直木賞作家の辻村深月。監督は『新・のび太の日本誕生』(2016)の八鍬新之介が、初のオリジナル脚本の監督に挑みます。

ゲスト声優には広瀬アリス、中岡創一(ロッチ)、高橋茂雄(サバンナ)、柳楽優弥、吉田鋼太郎といった豪華キャストが集結!さらに主題歌は新進気鋭のアーティスト平井 大が務めることでも話題。

辻村深月が描く、王道かつ良質な魅力でお届けする映画ドラえもんは、ドラえもん史上最大のSF冒険ファンタジー!太古から人類を魅了して止まない、神秘的でロマン溢れる“月”を舞台に、ドラえもんたちの新たな冒険が幕を開けます!


そしてこの度、最新予告映像とポスタービジュアルが解禁されました!

のび太がひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側に作った夢のウサギ王国をきっかけに、月に隠された秘密が明らかに―!?

予告映像では、“月”を舞台に繰り広げられる冒険と、“信じる力”で結ばれた堅い友情の物語を、平井大が歌う壮大なバラード「THE GIFT」に乗せて描かれます。さらに、月の裏側に住んでいる謎の美少女・ルナ(広瀬アリス)、のび太たちの前に立ちはだかる侵略者・ディアボロ(吉田鋼太郎)とその部下・ゴダート(柳楽優弥)のキャラクターボイスが続々解禁!
また、今作のカギを握る謎の転校生・ルカを、中性的なな少年ボイスの代表格として圧倒的人気を博し、「テニスの王子様」(主人公:越前リョーマ役)などで活躍する声優・皆川純子が務めることが新たに解禁されました。
日本を代表する実力派声優が、ドラえもんたちの物語をより一層盛り上げます!



映画情報どっとこむ ralph さらに、同時に解禁されたポスターは、左上で不適な笑みを浮かべるディアボロと、その部下ゴダート、中央に輝く“月”で背中合わせになっているルカ・ルナが印象的なビジュアルで、初期の映画ドラえもんを彷彿とさせる王道のドキドキワクワクが詰まった正統派なポスターに仕上がっています。子どもたちはもちろん、往年の映画ドラえもんファンも期待が高まること必至!涙、笑い、仲間、そして冒険。


王道かつ良質な魅力でお届けする『映画ドラえもん のび太の月面探査記』に是非ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 「映画ドラえもん のび太の月面探査記」

2019年3月1日(金)公開
公式サイト:https://doraeiga.com/2019/

【STORY】
月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと一緒にウサギ王国に行くことに。そこでのび太は偶然エスパルという不思議な力を持った子どもたちと出会う。すっかり仲良くなったドラえもんたちとエスパルの前に謎の宇宙船が現れる。エスパルはみんな捕えられ、ドラえもんたちを助けるためにルカも捕まってしまう!はたしてのび太たちはルカを助けることはできるのか!?

***********************************


原作:藤子・F・不二雄
監督:八鍬新之介
脚本:辻村深月
主題歌:平井大「THE GIFT」
キャスト:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一 ルカ:皆川純子
ルナ:広瀬アリス キャンサー:中岡創一(ロッチ) クラブ:高橋茂雄(サバンナ)
ゴダート:柳楽優弥 ディアボロ:吉田鋼太郎
© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019


初4DX公開に期待の声、続々!『シュガー・ラッシュ:オンライン』!


映画情報どっとこむ ralph 2018年の最後を飾る4DX最新作映画は、人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、アーケード・ゲームのキャラクター ラルフとヴァネロペの冒険と友情を描いたディズニー映画最新作『シュガー・ラッシュ』の最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』!

来たる12月21日(金)より、全国の4DXシアターで上映スタート!

誰も見たことのないインターネットの世界、映画の枠を超えた究極のエンターテイメント・パークとし、ネットレースゲームのドライブのシーン、ライディング体験など、4DXシアターでしか味わえない要素がいっぱい!

特に、 『シュガー・ラッシュ:オンライン』本予告でも確認できるような、ヴェネロペがレーシングカーで走り抜けるシーンでは、4DXが独自のリサーチ収集してきた車の演出効果を最大に駆使し、車のエンジンの音をモーションチェアのバイブの効果だったりと、レーシングカーならではのスピード感も風の効果やリズミカルなモーションチェアの動きによって再現され、LAN線を通してインターネットの世界に猛烈なスピードで移動する場面では、まるでジェットコースターに乗っているかのようなスリルたっぷりの体験が。

何より、「シュガー・ラッシュ」の最強レーサー、ヴェネロペがレーシングカーを始め、多彩な乗り物を操って走り抜くドライブのシーンでは、4DXならでは表現できる効果によって、最強なライディング体験が期待です!

映画情報どっとこむ ralph 『シュガー・ラッシュ オンライン』4DX 上映劇場
※劇場情報は、各劇場サイトよりご確認くださいませ。
※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

【ユナイテッド・シネマ】
【シネマサンシャイン】
【USシネマ】
【109シネマズ】
【コロナシネマワールド】
【イオンシネマ】
【フォーラム那須塩原】
【アースシネマズ姫路】

映画情報どっとこむ ralph 映画『 シュガー・ラッシュ オンライン 』について

公式サイト : Disney.jp/SugarRushOL

【STORY】
好奇心旺盛な天才レーサーのヴァネロペと、彼女の大親友で心優しいゲームの悪役キャラクターのラルフは、レースゲーム<シュガー・ラッシュ>の危機を救うため、誰も見たことのないインターネットの世界へ飛び出す。そこはディズニープリンセスたちに出会えるなど、何でもありで何でも叶う夢のような世界だが、思いもよらぬ危険も潜んでいて、二人の冒険と友情も最大の危機に!?はたして<シュガー・ラッシュ>と彼らを待ち受ける驚くべき運命とは…。

***********************************

監督:リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン(『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』)
製作:クラーク・スペンサー(『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』)
原題:Ralph Breaks the Internet 全米公開:2018年11月23日 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2018 Disney. All Rights Reserved.


相棒と巡り会い、二人の運命が動き出す『バンブルビー』日本版ポスター & 日本版新予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph ドジだけどやさしいバンブルビーと孤独な少女チャーリーの強い絆を感じさせる、『バンブルビー』日本版ポスターおよび日本版新予告が解禁に!

このほど完成した日本版ポスターは、「何があっても あなたを守る。」のコピーとともに、迫り来る危機に身構えるかのような少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)と、大きな体を投げ出してチャーリーを守り抜こうとするバンブルビーの姿が描かれます。トラヴィス・ナイト監督が「少女の複雑な心情を、時にはコミカルに、時には感情的に捉えようと思っていた。一方、バンブルビーは今作で男性的な部分を描き、主人公の少女チャーリーとバンブルビーで、1枚のコインの裏表の役割をはたしているんだ」と語る”最高の相棒”としての関係性が鮮やかに映し出されています。

合わせて解禁となる新予告では、数奇な出会いから2人が心を通わせていく様子や、バンブルビーがトランスフォームしながら決死の覚悟でチャーリーを守り抜く様子が描かれ、バンブルビーを抱きしめ「ずっと一緒にいる」と呟くチャーリーの姿に思わず胸が熱くなる。強い絆で結ばれた二人の物語への期待が膨らむ仕上がりです!



映画情報どっとこむ ralph 待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。

チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)で第83回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。監督は、第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たし、これまでのシリーズとは異なった新しい展開を予感させる本作に期待が集まっています。

『バンブルビー』

公式サイト:
bumblebeemovie.jp/

公式twitter:
@Bumblebee_JP 


<STORY>
1987年、海辺の田舎町。父親を亡くした哀しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーは、18才の誕生日に、海沿いの小さな町の廃品置き場で、廃車寸前の黄色い車を見つける。自宅に乗って帰ったところ、車が突如、変形≪トランスフォーム≫してしまう。驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。チャーリーは記憶と声を失い
”何か”に怯える黄色い生命体に、「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付け、かくまうことを決める。ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。思いがけない友情が芽生えるのだが、しかく、予想もしない運命が待ち受けているのだった――

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、
ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee 
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


4DX上映 期待のポイント3つとは!『ドラゴンボール超 ブロリー』


映画情報どっとこむ ralph 全世界で桁外れの人気を誇る伝説的コミック「ドラゴンボール」の記念すべき劇場版20作品目最新作『ドラゴンボール超 ブロリー』が、いよいよ今週12月14日(金)より、4DX上映開始!

この度、4DXエクストリーム版での上映を記念して、4DXスペシャルポスターが劇場へ到着!
<ブロリーの衝撃に備えよ。>というキャッチコピーと共に、本作で登場する新たなサイヤ人”ブロリー”のインパクト大!の顔と、4DX EXTREMEというロゴとキャッチで、ポスターだけでも”4DXエクストリーム版”の迫力を感じ取れる内容です!

4DXバージョンが期待できるポイント3つを公開!

映画情報どっとこむ ralph 1.これぞ、4DXエクストリーム版で観るべき、体験すべき作品!モーションチェアが駆使できるすべての演出で、没入感MAXに!

本作のなか、最も”4DXエクストリーム”の効果が炸裂するシーンは、何と言っても、対ブロリーとの戦闘シーン。モーションチェアの力加減や角度の加減、バイブの効果、増して、キャラクターの殺陣にあわせて首の後ろからエアーショット効果がリズミカルに披露され、演出の音も作品と一つになっているかのような感覚に!さらに、モーションチェアの動きによって、空を飛んだ状態で空中で戦いを観戦するような気持ちもたっぷり味わうことができる!


2.悟空、ベジータ、ブロリー、そして、ゴジータまで、主要キャラクターによる、”攻撃演出”に注目!

今まで4DXでは『アベンジャーズ』シリーズをはじめ、様々なキャラクターを分析し、それぞれの個性を表現した演出で多くの4DXファンにも高い評価を受けている。特に今作では、形態を変化しながら攻撃をし続ける悟空、ベジータの姿はもちろん、今まで見た事のない”ブロリー”というキャラクターや、23年ぶりにスクリーンに登場した”ゴジータ”による戦闘シーンが膨大に披露されており、主要キャラクターの登場シーン、そして形態を変えるシーン、そして、あの”かめはめ波”もタイミングや場所によって4DXの様々な演出が絶妙に表現されているので、主要キャラクターによる”攻撃演出”の違いを自ら体験してみつけてみるのも楽しみの一つになるはず!


3. 「氷の世界」をありのまま!?体験できるのは、4DXだけ!

本作で、悟空やベジータがブロリーと対戦するメイン舞台として「氷の世界」が登場。4DXシアターでは、風の効果によって寒気の演出を披露したり、攻撃よって氷の海に飛び込まれてしまうシーンでは、あっ!となるような水の効果を仕掛けてきたりと、いつの間にか氷河に囲まれた大地の現場に、自分がいるかのような演出を体験できる。「気づいていたら、寒かったね!」と、そのリアルさに気づくのはまさかの終了後のタイミング。上映中は、とにかく対戦シーンと4DX演出の迫力で物語にも夢中になってしまい、自然と体も暑くなるからか、上映終了後に気づき「氷の世界」をありのまま体験できた!という驚きが思い浮かぶ。


映画情報どっとこむ ralph 『ドラゴンボール超 ブロリー 』4DX 上映劇場
※劇場情報は、各劇場サイトよりご確認くださいませ。
※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

【ユナイテッド・シネマ】
【シネマサンシャイン】
【USシネマ】
【109シネマズ】
【コロナシネマワールド】
【イオンシネマ】
【フォーラム那須塩原】
【アースシネマズ姫路】

”4DXエクストリーム版”とは、
4DXモーションチェアのバイブ効果や揺れの演出など、演出の強度設定1〜9のうち、最も強い9レベルの動きが集中的に演出され、かつてないライディング・アクションに特化されたバージョン。

映画情報どっとこむ ralph 映画『 ドラゴンボール超 ブロリー 』について

◆公式サイト :
http://www.dbmovie-20th.com/

【STORY】
これは、新たな“サイヤ人”の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ——。

***********************************

原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也 作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人
美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子
特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快
製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会