「ファンタジー」カテゴリーアーカイブ

『猫は抱くもの』舞台挨拶 柿澤勇人、サニーズ(林田岬優、佐藤乃莉、末永百合恵)ら登壇!


映画情報どっとこむ ralph 『ヘルタースケルター』(2012)以来、6年ぶりとなる沢尻エリカさんが主演、若手演技派俳優の吉沢亮さん出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)より全国公開。昨日の初日舞台舞台挨拶に続き、本日6月24日(日)に109シネマズ二子玉川で舞台挨拶が行われました。

登壇したのは、劇中で主人公・沙織を振り回す役を1人2役で演じた柿澤勇人さん、アイドルのサニーズを演じた林田岬優さん、佐藤乃莉さん、末永百合恵さん、本作のメガホンをとった犬童一心監督。

日時:6月24日(日)
場所:109シネマズ二子玉川 シアター1
登壇:柿澤勇人、サニーズ(林田岬優、佐藤乃莉、末永百合恵)、犬童一心監督
ゲスト:益田トッシュ

映画情報どっとこむ ralph 会場から割れんばかりの拍手に

犬童監督:僕は映画が封切られてすぐ見ようという気持ちが最近あまりないんですけど、皆様には初日2日目に見に来て頂いて本当にありがたく思っています。僕も見習おうと思います。

と挨拶。続く柿澤は、舞台の貴公子という紹介に対して

柿澤さん:舞台の貴公子柿澤です。最近あまり言われないんですけど(笑)

とコメントし、ファンの笑いを誘った。


MCからの“サニーズはどんなコンセプトで作られたのか“という質問にたいして監督は、

犬童監督:映画の時代設定は明確にしてはいませんが、90年代のアイドルや韓国のアイドルの映像を見ながら考えました。ただ、香瑠鼓さんに振り付けを頼もうと思っていたので、彼女がいっぱい仕事をしていた頃のアイドルでいこうと思いました。益田トッシュさんに作曲をお願いしたのは、普段やらない作曲家に依頼した時の感じをやりたかったのでお願いして、ビジュアルの面も相談しながら作っていきました。

とコメント。

そして、沢尻とのキスシーンについて聞かれ

柿澤さん:映像でのキスシーンは初めてで、舞台の稽古でも、いつキスシーンをするのか緊張することはあるんですけど、相手は沢尻さんなので、余計に緊張しました。でも、それがバレてしまうのも嫌なので、ガッツリ行きました!

とキスシーンの裏側も聞くことが出来た。

映画情報どっとこむ ralph そして、劇中のバラエティ番組で挑戦した熱湯風呂について聞かれ

林田さん:まさか熱湯風呂をやると思っていなかったので、気合入れ過ぎたら転んじゃいました(笑)

体を張った演技について語ると、監督から、実は沢尻さんもやりたがっていたというエピソードが披露され、観客を驚かせた。続き、印象的なサニーズの自己紹介の挨拶について林田さんは、

林田さん:楽屋で皆でふざけながら、それぞれの自己紹介を作ろうよという話になって、色んなアイドルの自己紹介を調べて監督に発表してみたら、監督が乗り気になって採用してくれたんです!

とコメント。


犬童監督:いざ見てみたら良くできていて、使うかどうかは分からなかったけどとりあえず撮っておき、実際に本編でも使いました。

と撮影秘話を披露した。

ここで特別ゲストとして劇中でサニーズが披露する楽曲の「ロマンス交差点」の作曲を担当した益田トッシュさんが登場し、

益田トッシュ:サニーズ最高だったので、すごく楽しい経験でした。

と挨拶。さらに、本日のメインイベントとなるサニーズの劇中でも採用された自己紹介が、沢尻さんの代わりに柿澤さんを加えたスペシャルバージョンで披露。

それぞれが台詞を決め、最後に全員で「We are サニーーズ!」とを決めると会場から大きな拍手が巻き起こった。

犬童監督:大きな拍手を貰うほどでもない(笑)

というツッコミが入り、更に会場を盛り上げた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

犬童監督:観る人によって解釈が変わるように作っている所があるので、是非この映画の感想を色んな人と話して欲しい。

と語り、イベントは、幕を閉じた。

猫は抱くもの

nekodaku.jp

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人

企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 



沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ、犬童一心監督登壇!『猫は抱くもの』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 沢尻エリカ主演、吉沢亮がエリカさまのペット役!犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が6月23日(土)に新宿ピカデリー他にて全国公開となりました!

6月23日(土)に、初日舞台挨拶が行われ、沢尻エリカさん、吉沢亮さん、峯田和伸さん、コムアイ(水曜日のカンパネラ)さん、犬童一心監督が登壇しました。峯田さんを含めた主要キャストが揃うのはこの初日挨拶1回のみ!と言うことで超貴重な全員集合!!


翌24日が犬童監督の誕生日ということでキャスト4人から監督へ猫型のバースデーケーキをサプライズプレゼント。
さらに監督からは沢尻さんへ、お手紙サプライズ!

『猫は抱くもの』初日舞台挨拶
日時:6月23日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、犬童一心監督

映画情報どっとこむ ralph 監督、キャストが呼び込まれると大きな拍手と歓声。


沢尻さん:本日は本当にお越しいただきありがとうございます。初日を迎えて嬉しく思っています!
との挨拶からイベントはスタート。続いて

吉沢さん:既にご覧になったのですよね。いかがでしたでしょうか!?(拍手)最後まで楽しんでいただけたら嬉しいです!
と、ご挨拶。

峯田さん:今日は・初日に・こんな凄い沢山の前で・・・普段僕は音楽やっていて。登壇車の半分が本業じゃないなんて・・楽器とマイクがないと喋れないです。

と、可成り饒舌(笑)。

コムアイさん:(本作の)音楽をやったという緊張と皆さんがどう思ったのだろうと言う思いと。。お芝居も初めて映画でやったので。皆さんが気に入ってくださったらいいなと思っています。今日は全員揃ったので凄い安心感があります。

と、吉沢さん同様に観客の受け止め方が気になる様子。

犬童監督:この映画は、いつと違うアプローチ。いつもは使わない部分の脳と筋肉を使い楽しんで作りました。皆さんもこの映画の仲間になってくれたらと思います。

確かにこの作品は、猫仲間を見ている一匹の猫になって、観るのも良いかも。

映画情報どっとこむ ralph 本作は第21回上海国際映画祭に出品中で監督と沢尻さんは映画祭から帰って来たばかり。

第21回上海国際映画祭写真

沢尻さん:熱量が凄かったですね。皆さんに声を掛けていただいて嬉しかったですね。

と感想を述べると

犬童監督:上映したホールは1200人。チケットも即完売で。舞台挨拶も熱狂的に歓迎ムードで。まあ沢尻さんを熱狂的にですが。余りに凄かったのでこの映画行けるのではないかと思いました!

と中国進出も視野的発言。


しかし、沢尻さんは弾丸旅行だったそうで

沢尻さん:一日も居なかったんです。9時間日帰り(苦笑)。街中で少し撮影したのは、街の雰囲気を味わえてよかったです。(笑顔)

なんとお昼ごはんも食べれずに帰って来たそう。

犬童監督:みんな写真を撮っていましたが、沢尻エリカを撮ってると思ったので、離れて歩いてました!(笑)

因みに上海国際映画祭のコンペ結果は6月24日発表です。

映画情報どっとこむ ralph 本作は夢を忘れられないアラサー女性を演じた沢尻さん。共感できるところを聞かれると

沢尻さん:30代女性、仕事もプライベートも悩むころだと思うんです。共感できるところは多かったので自然に入れましたね。

沢尻さんのペットで見守っていた吉沢さんは

吉沢さん:素敵な女優さんですね。飼い主とペット。普通の恋人より距離感が近いんですよ。稽古の時に猫な僕から近づくことが多くて、嫌がられないかと心配でした。でもすぐ受け入れてくれて。完全に僕を見る目が、ペットを見る目だったので。受け入れて下さった!と言う甘えっぱなしでした。

甘え上手そうな吉沢さん。
沢尻さん:キャットフードを食べながらのシーン。1個食べると凄いもぐもぐになるんですけど、私がNG出して・・・申し訳なくて口ぱさぱさで。

吉沢さん:この大きさのこれ様に作ったクッキーで。でも、バクバク食べろとの指示で。練習用はしっとりしてたのですが、本番はぱさぱさで。


と苦情。実は、しっとり版が絵的にキャットフードに見えなかったので、研究の末パサパサになったと監督。


峯田さんと沢尻さんが坂を転がるシーンはスタントマンがやる予定だったそうですが

峯田さん:練習ではうまくいっていましたが、本番では坂まで行ったら勢い転んで自分たちでやっちゃいました。怪我無くてよかったです。

犬童監督:本人達がやってくれて、しめたなと思っちゃいました。
と、笑顔の監督。このシーンそのまま使われています。


コムアイさんは、出演オファーを受けた時に

コムアイさん:猫役と聞いて声優だと思っていたら、自分でやるのだと。猫たちの動きのタイミングが難しかったです。皆が上手くいったときは気持ちよかったです。

と、すると

吉沢さん:コムアイさんは素が猫なんです。楽しかったです。ほかの役者さんとは違う居心地の良い空気感で。楽しかったです。

コムアイさん:よく言っていただいてありがとうございます。わたし同じ演技が出来なくて。それを吉沢君がフォローしてくれて良くしてくれたので。

と、仲良さそうな空気が流れる雰囲気。

映画情報どっとこむ ralph ここで、翌24日が犬童監督の誕生日ということでキャスト4人から監督へ猫型のバースデーケーキをサプライズプレゼント。

沢尻さん:犬童監督明日お誕生日です!

と運ばれてきたのは良男くん(猫)型ケーキ。
で、ハッピーバースデーの歌を皆で合唱!

逆サプライズで監督から沢尻さんにお手紙。

沢尻さん:現場で手作り感が強くて。良い現場だったんです。いいものを創ろうという現場が凄く良い時間でした。役者人生の中でも大切な映画になりました!

と、締めました。

猫は抱くもの

nekodaku.jp

こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。
***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了

藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 /
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人

企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会
   


『夏のホラー秘宝まつり2018』映画祭のポスタービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 【ホラー秘宝】は、キングレコードが贈る、ホラー映画の人気レーベル。
そのラインナップの質は、ホラーファンのみならず一般の映画ファンからも一目を置かれる存在。2014年に、ホラー映画未開の地・キネカ大森で開催された「ホラー秘宝まつり」第1回の開催は大成功を収め、多くのホファンからの声援・喝采をいただき、年々、規模を拡大し、【観客参加型のホラー映画祭!】として開催されてきました。そして今年は記念すべき、5周年を迎えます。5度目の“夏”迎え、パワーアップした『夏のホラー秘宝まつり2018』、皆さまを確実に恐怖のどん底へと陥れます。 この度、映画祭のポスタービジュアルが解禁となります!

“『怪談新耳袋新耳GメンG冒険編』メン”VS『心霊グラビア ツアーズ』美女アイドルのバトル勃発!!!!

より恐怖のどん底へ引きずり込むのは、どのホラー映画か?

今年のホラー秘宝まつりの目玉は、なんと行っても“新耳Gメン”だ!2013年を最後に、沈黙を続けていた大人気心霊ドキュメントシリーズ、”新耳Gメン”と呼ばれる中年の男たちが心霊映像を撮影するために、心霊スポットに体当たりの殴り込みをかける、伝説のシリーズ。ノーCG、ノー特殊造形、ノースタント、フェイクじゃない、まさにリアル、一切のやらせなしのガチンコ心霊ドキュメンタリー。昨年、5年ぶりに見事、不死鳥のごとく復活した「怪談新耳袋Gメン」が今年も登場!さらにパワーアップして前編・後編の2部作に!幽霊が出る廃墟旅館、必ず出ると言われる山岳の山小屋、広大な工場跡地など、おぞましい心霊スポットに突撃ルポ。やらせなし!スタントなし!CGなし!これが本物の心霊映像だ!

そして、今年は、もう一本!美女アイドルが映画祭の人気企画『新耳袋Gメン』ばりにグラビアアイドル4名が、ホラースポットをガチンコで突撃する『心霊ツアーズ』。
まさに、 新耳Gメンの中年男VS美女アイドル!大人気心霊ドキュメンタリー「怪談新耳袋Gメン」にライバル出現!?「新耳袋Gメン」は中年の男たちが心霊スポットに潜入するが、本作品は女性タレント達が幽霊を撮影するべく、心霊スポットに潜入!今回の主人公たちは、原あや香、ミシェル・ヤン、池尻愛梨、松川千紘の4名。彼女たちが心霊スポットに、まさに全身全霊で殴り込みをかける! 

映画情報どっとこむ ralph さらに、今回は、園子温監督や小林勇貴監督に続く、若干22歳の気鋭の若手・阪元裕吾監督の商業映画デビュー作『ファミリー☆ウォーズ』も参戦!殺人を犯した認知症のおじいちゃんを家族が餅で殺そうとするも失敗。一家は破滅への道へと突き進み、家族で殺し合うバトルへと勃発といった内容から、SNSで賛否を呼び炎上勃発!本作の情報をSNSにUPしたところ、その内容から賛否を巻き起こし、一部、上映中止の声が上がる問題作!

意気揚々とホラースポットに潜入する前のスナップ写真のGメン(『怪談新耳袋Gメン冒険編』)、この後に起こる恐怖を知らずに笑顔でほほ笑むグラビア美女アイドル(『心霊ツアーズ』)、家族から、つきたての餅を口元に運ばれ、その意図を感じ取った無表情のおじいちゃん(『ファミリー☆ウォーズ』)がデザインされ、三つ巴のバトルの様相を呈し、より恐怖のどん底に引きずり込むかを賭けた、阿鼻叫喚の地獄絵図を彷彿とさせる、この世の物とは思えないビジュアルが遂に、完成いたしました!
そして、このバトルの行方は、映画祭会期中に毎年劇場で実施している“ホラー総選挙”の結果で明らかに!劇場の投票用紙で投票が最も多かったホラー作品を、映画祭の最終日となる9日(金)の最終回に発表され、シークレット上映されます。

映画情報どっとこむ ralph 夏のホラー秘宝まつり、全国へ感染拡大!東京・名古屋・大阪の三都市で同時開催決定!

東京@キネカ大森:8月25日(土)~9月7日(金)

名古屋@シネマスコーレ:8月25日(土)~
 
大阪@シアターセブン:8月25日(土)~


<血の祝祭>全国で開幕!
キネカ大森に続き、名古屋・大阪にて開催決定!名古屋でシネマスコーレ、大阪はシアターセブンと、全国三都市同時開催が決定いたしました!全国で催されることが決定し、ますます盛り上がることが予想される『夏のホラー秘宝まつり2018』にぜひご注目ください!

さらに、例年通りスペシャルな特典が満載!
①スタンプラリー実施、5本みたら1本無料。
②全作品をコンプしたらDVDプレゼント!
③ホラー総選挙を実施、人気投票1位の作品を当てたらDVDプレゼント、さらにグランプリ作品はキネカ大森の【名画座】枠でアンコール上映
④投票率の最も高いホラー映画を、映画祭最終日にシークレット上映
⑤参加型イベントを多数開催!ゲストによるトークショー【ホラーしゃべれ場】や、クラッカー、コスプレありの【パリピ(パ―ティーピーポー上映)】なども予定。


***********************************




沢尻エリカ 中国映画にも出たい!第21回上海国際映画祭『猫は抱くもの』舞台挨拶で!


映画情報どっとこむ ralph 『猫は抱くもの』が、いよいよ6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。

この度、本作が、第21回上海国際映画祭のコンペティション部門に選出され、上映日である本日(6月21日)、主演の沢尻エリカと、犬童監督が、急遽上海に飛び、満席の観客(1200人)の前での舞台挨拶と、メディアの数が50を越える報道陣が詰めかけた記者会見に臨みました。

日時: 6月21日(木)
<本編上映後 舞台挨拶>17:35 〜 17:55 
<記者会見>18:05 〜 19:00
場所:
<本編上映・舞台挨拶>
Shanghai Film Art Center HALL 1 
<記者会見>
Crowne Plaza Hotel
登壇: 沢尻エリカ、犬童一心監督

映画情報どっとこむ ralph 【Shanghai Film Art Center HALL 1内のレッドカーペット及び映画祭パネル前】

舞台挨拶を前に、レッドカーペットを歩いた沢尻エリカさんと犬童一心監督。
登場するやファンクラブのメンバーや現地のファンも大勢詰めかけ200名を越す人だかりができ熱烈な歓声の中、沢尻と監督が登場した。中には5時間かけてきたファンも。
『猫は抱くもの』が上映される「Shanghai Film Art Center HALL 1」の中に敷かれたレッドカーペットの先にある上海国際映画祭のパネルの前に立ち、二人はサイン。
そのあと花束をもらい

沢尻さん:シェイシェイ、ありがとう

と終始笑顔でコメントしていました。

映画情報どっとこむ ralph 【本編上映後 舞台挨拶 @ Shanghai Film Art Center HALL 1】

1200人もの観客でソールドアウトとなった本編上映後に、上海国際映画祭にふさわしい、華やかなGUCCIのドレスをまとった沢尻が登場すると、会場からは、割れんばかりの拍手と歓声が鳴り響いた。というのも、中国国内でもテレビドラマ『1リットルの涙』がテレビ放映されており、それを機に沢尻は、高い知名度と人気を得ている。会場にも沢尻の中国でのファンクラブ“沢尻会”(現在約9000名ほど。2008年発足)の多くのファンたちが詰めかけていた。沢尻と犬童監督が登場すると大歓迎を受けた!

犬童監督:素晴らしい大きな劇場で自分の作品が上映されることがすごく嬉しいです。一緒に見たかったです。こんな大きなスクリーンで見ることはもうないと思うので。


Q.監督は以前猫の映画を撮られていますが、監督自身猫がお好きなのですか

犬童監督:そうです。僕は家に2匹猫を飼っていて、この映画で吉沢亮さんが演じているロシアンブルーの良男の演技に対して、
家で飼っている猫の動きや性格を伝えました。

Q.ロシアンブルーの猫を主役にしたのは何故ですか

犬童監督:原作の小説でもロシアンブルーが主役で、それでロシアンブルーで演技のできる猫を探しました。

Q.この作品は沢尻さん6年ぶりの主演作ですが、上海国際映画祭で上映された感想を聞かせて頂けますか。

沢尻さん:6年ぶりの主演映画で、すごく自分の気に入った作品になりました。
その映画が海外で上映されることになって嬉しいです。

Q. 猫に対する自分の想いや感想をお聞かせ下さい

沢尻さん:この映画がきっかけでこの良男を家で引き取って、家では「グリグリ」と呼んでいるんですけど、
凄く素敵な子で、家族の一員になって、もともと家は犬を二匹飼っていてこれで猫が一匹来て、
本当に賑やかな家になっておかげで楽しく過ごしてます。

Q. 作品の中ではすごい吉沢さんと触れ合うシーンが多いんですけど、そのときは恥ずかしいとか思いました?

沢尻さん:ちょっと恥ずかしかったです(笑)あまりにも近いので、最初はすごい照れ臭かったんですけど(吉沢さんが)
人間だってことを忘れて、吉沢さんが本当に猫っぽく演じてくれたので、猫だと思って可愛がりました。
「1リットルの涙」のときからのファンです。シェイシェイ。嬉しい、ありがとう。

Q. 中国の観客の情熱をさっき感じられたと思いますが、これから中国進出とか、そういう考えはありますか

沢尻さん:正直(進出)したいです! 中国映画はスケールも大きいし、見ていて本当に凄いなあと思うことがたくさんありますので。
そういう作品に関わることができたら、私も嬉しいなあと思いますし、(出るときは)中国語を勉強したいと思います。


映画情報どっとこむ ralph 実は、沢尻は新作の撮影の真っ只中でスケジュールはビッシリ。
当初は映画祭の参加は全く予定されていなかった。しかし、沢尻の強い希望もあり、至難のスケジュール調整を経ての渡航となったため、今回は日帰り、わずか9時間の中国滞在!

帰国の便の時刻が迫り、記者会見も泣く泣くの中座となった。

沢尻さん:ファンの皆様との距離がすごく近くて、とてもうれしい気持ちになりました。また上海に来られるように頑張りたいと思います」という言葉を残して再び機上の人に。日帰りという弾丸トラベルとなった今回の映画祭参加だったが、沢尻も犬童監督も大満足の時間となった。

そして、日本映画として最高賞の「金爵賞」を受賞すれば、2005年『村の写真集』(監督:三原光尋)以来の快挙となる。注目の金爵賞は6月24日(日)の夜に開催される閉幕式で発表される。


『猫は抱くもの』

nekodaku.jp

こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了

藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 / 伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人

企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 


池松壮亮 x 松居大悟監督 第21回上海国際映画祭『君が君で君だ』上映舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 池松壮亮 主演、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二共演の超衝撃作『君が君で君だ』が7月7日の七夕より全国公開となります。

本作は、好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を描いた恋愛譚です。
そしてこの度、『君が君で君だ』が6月16日(土)~6月25日(月)にて開催されている第21回上海国際映画祭のGALA部門に出品となり、上映&舞台挨拶を行いました


上海国際映画祭は、会期中に国内外約500作品が上映される、アジア圏最大規模の映画祭。本作は映画祭の中でも注目のGALA部門に出品。そして本日、上海最大級1200人超の座席数を誇る「SFC Shanghai Cinema Hall1」にて上映され、主演の池松壮亮、松居大悟監督が舞台挨拶&ティーチインを行いました。チケットは発売10分で即完となり、会場は満席となった。

映画情報どっとこむ ralph 上映中は、笑いも起こり、盛り上がりを見せ、終盤にかけて真剣な空気で包まれていった。エンドロールに入った途端、鳴りはじめる拍手。


池松さんと松居監督の登場には、割れんばかりの歓声。

松居監督:みなさんこんにちは、松居大悟です。今日はどうもありがとうございます。

と中国語で挨拶。

池松さん:みなさんこんにちは、池松壮亮です。今日はお越しいただきありがとうございます。こうして上海まで来たのですが、僕が伝えたいことは映画に込めたので、とくに言いたいことは無いのですが、なぜ上海まで来たのかというと、上海に来ると、上海ガニを食べさせてくれるということで来ました。笑

と池松節で会場の笑いを誘った。


また作品ついて、

松居監督:この映画をつくるのに7年間かかったのですが、いわゆる人を好きになって、相手も好きになるという、当たり前の愛ではない、愛のかたちを描きたかった。

とコメント。司会者から池松に「チャレンジしたことは?」の質問に

池松さん:人毛(髪の毛)を食べたこと。それがいちばんきつかったですね。

とその撮影を振り返るエピソードに、会場は笑いと興奮が入りまじり大盛り上がりをみせた。

映画情報どっとこむ ralph
さらにティーチインの時間となり、司会者が質問を求めると、一斉に手が上がり・・・。

来場者から「映画の内容に関すること」や「この愛の異質さ」を尋ねるものなど、限られた時間に数々の質問が続いた。また映画でキャストたちが歌っている尾崎豊の“僕が僕であるために”について聞かれ

松居監督:この映画は、“君が好きだと気づく以前の気持ち”を大事にしたいと思って作りました。“僕が僕であるために”は尾崎豊が愛情の在り方を歌っているような曲だと思っていますので、それを彼らに歌っていただきました。

と答えた。さらに、メディア取材では、作品で描かれている恋愛観について聞かれ

池松さん:この恋愛に対して、あのようなことはしたことはないけれど、かすかに身に覚えがある。

と答え、さらに松居監督について聞かれると、

池松さん:松居監督は舞台もしている。普通の映画現場よりも長く、稽古を行なう。俳優から湧き上がってきたことをもとに、言葉が多いタイプではないけれど、強い言葉を投げかけてくれる。これまで何本も一緒に作品を作ってきたので、ある程度通じ合えている関係性だと思う。その中で今回は、言葉がなくても通じ合えていたのかもしれない。松居監督は“言葉になる前の何か”を、映画を通して、毎作品かたちにしている人。映画を通して、愛という言葉に疑念を持ちながらも探していく。映画を作ることへの希望を感じています。

と答えた。

映画情報どっとこむ ralph 日本では来週26日に完成披露を迎え、7月7日の七夕に公開となる本作だが、世界への殴り込みは、本日1200人超の会場を埋め尽くした映画ファン、映画メディアからの熱い注目を集める船出となった。


『君が君で君だ』

7月7日(土)七夕全国ロードショー
公式サイト:https://kimikimikimi.jp


物語・・・
この愛は純情か、それとも異常か。-大好きな子が好きな「尾崎豊」「ブラピ」「坂本龍馬」になりきり、自分の名前を捨て、10年間ただひたすら好きな子を見守ってきた3人の男たちを描いた恋愛譚。触れ合うことも告白することもなく、ただ見守り続けてきた3人が、執拗な借金の取り立てから好きな子を守るべく立ち上がるも返り討ちに!物語は大いなる騒動へと発展していく。

***********************************

監督・原作・脚本:松居大悟
出演:池松壮亮キム・コッピ満島真之介大倉孝二

制作:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ
ⓒ2018「君が君で君だ」製作委員会