「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

名優ハリー・ディーン・スタントン『ラッキー』にコメント第一弾到着!!


映画情報どっとこむ ralph この度、 名優ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』が、2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開いたします。
本作は、自由で堅物で一匹狼、90歳の頑固じいさんラッキーとちょっと風変わりな街の人々の交流を描いた物語。そして、 名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、『パリ、テキサス』『レポマン』『エイリアン』など200本以上の作品に出演したハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品。


兼ねてよりハリー・ディーン・スタントンの大ファンだという俳優の竹中直人さんから、アメリカ文学研究者で翻訳家の柴田元幸さんをはじめ、各界の著名人から、ハリー・ディーン・スタントンへの愛に溢れたコメント第一弾が到着しました。

コメントページ: http://www.uplink.co.jp/lucky/#comments

映画情報どっとこむ ralph <映画『ラッキー』に魅了された著名人からのハリー・ディーン・スタントンへの愛が込められたコメント第一弾到着!!>

*敬称略・順不同

竹中直人(俳優・映画監督)
大好きだったハリー・ディーン・スタントンがずっとずっと仏頂面をしているんだ。なんだか観ていてやんなっちゃう。
でも…でもね…ハリーが歌い出すんだ。メキシコの素敵な家族の前で… 是非スクリーンでハリーの姿を見届けて欲しい。ハリーの美しく優しさに満ち溢れた歌声を…

柴田元幸(アメリカ文学研究者/翻訳家)
主役のハリー・ディーン・スタントンはもちろん素晴らしいが、逃げられた100歳の亀について誰かが切々と語る場面があるだけでこの映画を好きにならないわけにはいかない。その誰かを演じているのがデヴィッド・リンチだというのはほとんどおまけのようなものである。

清水崇(映画監督)
本作は、今の僕らに地続きだ。ラッキーのような老人は世界中にいるし、彼のような老人を蔑み、小馬鹿にする人もよく見かける。自分も老人になっていっているのに……?僕が年老いた時、偏屈でも穏やかに自分らしく生きられるだろうか。役者が役者を見つめる本作には、劇的な要素など無い。先輩名優への監督の眼差しに、全ての人への優しさを感じた。

いましろたかし(漫画家)
死は各自色々であろうし誰でも死ぬのだが砂漠の中の小さな街をトボトボと歩き人と他愛ない話をしながら老いて死ぬのはやっぱりラッキーなのではないのだろうか?映画は全てを語るものではないし、ましてや詩的でノンストーリーの映画となれば
それを観た自分の印象が全てだと思ってるので、ああラッキーはツキがある奴だなあと感じた次第です。結構笑えました。

百々和宏(ミュージシャン/MO’SOME TONEBENDER)
若い頃は「どうせ俺たち死に向かって歩く囚人だから~」なんて嘯(うそぶ)く歌が好きだったが、人生も半ばを過ぎりゃ死生観も変わる。終末を意識し始めた頑固ジジイ・ラッキーの懺悔にシンパシーを感じ、彼を見つめる周囲の暖かい眼差しにホッコリし、自由を求め脱走したリクガメを応援したくなる。私もこの映画の登場人物になりたいと思った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッキー

2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/lucky/

公式Twitter:
@LuckyMovieJP


銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。
「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない。

全ての者に訪れる「死」。
90歳の気難しい現実主義者ラッキーがたどり着いた、ある答え。

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。子供の頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、「エサ」として売られるコオロギ——小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。
現実主義で一匹狼、すこし偏屈なラッキーを演じるのは、2017年9月に亡くなったハリー・ディーン・スタントン。名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、全ての者に訪れる人生の終わりについて、スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品である。また、ラッキーの友人役として、映画監督のデヴィッド・リンチが出演。実際、長きにわたる友人である彼らを当て書きした脚本は哲学的で示唆に富んでおり、彼らの“素”を思わせるやりとりを見ることができる。

***********************************

監督:ジョン・キャロル・リンチ(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』出演)
出演:ハリー・ディーン・スタントン(『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス The Return』)、デヴィッド・リンチ(『インランド・エンパイア』『ツイン・ピークス』監督)、ロン・リビングストン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)、エド・ベグリー・ジュニア、トム・スケリット、べス・グラント、ジェイムズ・ダレン、バリー・シャバカ・ヘンリー
2017/アメリカ/88分/英語/1:2.35/5.1ch/DCP
配給・宣伝:アップリンク
(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved


カンヌ主演女優賞 ダイアン・クルーガー約11年ぶりの来日決定!『女は二度決断する』


映画情報どっとこむ ralph 第75回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞受賞、第70回カンヌ国際映画祭では主演女優賞(ダイアン・クルーガー)を受賞した、ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』が、4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて他にて全国公開となります。

そしてこの度、3月下旬に主演女優ダイアン・クルーガーがファティ・アキン監督とデニス・モシットと合わせて『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』(07)より約11年ぶりに来日することが決定しました!

来日時には、ダイアンはじめ監督やデニスが登壇するイベントも行うそうです。

映画情報どっとこむ ralph ダイアン・クルーガーさんのインタビューも届いています。

Q:本作への思い

ダイアン:「元々、私はファティの作品の大ファンでした。2012年のカンヌで「あなたの映画に出たい」と話して、ようやく夢が叶ったんです。この映画のもとになったネオナチによる事件については、ドイツに住んでいなかったこともあって、当時は知りませんでした。『女は二度決断する』は犯人側の動機は問題にしていません。ただ、家族を失った者が感じる悲痛な感情を描いています。撮影に入る前に約6ヶ月かけて30家族ほどのテロや殺人事件の犠牲者となった方々に話を聞いて、とてつもない苦しみや哀しみや重みを引き受けなければいけないと感じました。この経験は私の人生を完全に変えました。撮影中、何度も自分が演技をしているのではないような感覚になったんです。自分の目の前で起きていることに反応しているような……。今も私の中にカティヤはいます。この作品は私にとってとても大切な映画になりました。

Q:カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞時の喜びとともに

ダイアン:『女は二度決断する』は映画祭最後の週末に上映されました。だから私たちは日曜日に町にいたのです。私たちは日曜日の午後に声がかかり、何かを獲得したから帰らぬように、と知らされました。何の賞を獲得したのか知らなかったので、会場で自分たちの名前が呼ばれた瞬間、ひどく興奮しました。その瞬間のことは、私は正確に覚えていません。その週に、マンチェスターでアリアナ・グランデのコンサートでテロが起こったので、特に感情的でした。数十人のカティヤがイギリスで生まれたのです。

映画情報どっとこむ ralph 本作は『イングロリアス・バスターズ』『トロイ』などのヒット作品に出演するハリウッド女優ダイアン・クルーガーが、初めて母国ドイツでドイツ語の演技に挑戦した野心作。

ドイツで実際に起こった連続テロ事件に着想を得て生まれた。突然のテロにより、最愛の家族を失った女性。生きる気力を失いそうになりながら、彼女がくだす決断とは?

『女は二度決断する』

2018年 4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

STORY
突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは――。
ドイツ、ハンブルク。
カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。しかし、裁判は思うように進まない。
“Aus Dem Nichts”

突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか――。

映画情報どっとこむ ralph 『女は二度決断する』 最新映画賞まわり<2018.2.14現在>

第70回カンヌ国際映画祭 主演女優賞受賞(ダイアン・クルーガー)
第75回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞受賞
第90回アカデミー賞®外国語映画賞 ショートリスト
第1回インディワイヤー栄誉賞 主演女優賞(ダイアン・クルーガー)
第22回サテライト・アワード 主演女優賞(ダイアン・クルーガー)/外国語映画賞
第39回バイエルン映画賞 監督賞(ファティ・アキン)/女優賞(ダイアン・クルーガー)
第23回クリティクス・チョイス・アワード 外国語映画賞
第17回ニューヨーク映画批評家オンライン賞 外国語映画賞
第49回カンザスシティ映画批評家協会賞 外国語映画賞
第27回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 観客賞
第69回バンビ・メディア賞 審査員特別賞

第16回ワシントンDC映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第1回LAオンライン映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第16回サンフランシスコ映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第13回ノース・テキサス映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第42回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門出品
第14回女性映画批評家協会賞 女性による、または、女性についての、最優秀外国映画ノミネート
第4回フェニックス批評家サークル賞 外国語映画賞ノミネート
第18回フェニックス批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第7回ジョージア映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール

2017/ドイツ/106 分 提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド

©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


『オー・ルーシー!』個性的すぎる豪華俳優陣場面写真一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 今度の寺島しのぶはブロンドOL! Shall we ダンス?の役所広司再び? 次の習い事は・・英会話教室!

この度、日本人監督作品として10 年ぶりにカンヌ国際映画祭批評家週間に選出される快挙を成し遂げ、オスカーの前哨戦として注目 されるインディペンデント・スピリット賞において新人作品賞と主演女優賞にWノミネートされた話題作『オー・ルーシー!』が4月28 日 (土)からユーロスペース、テアトル新宿他にて公開となります。

何事にも満たされない日々を過ごす43歳の独身会社員・節子。
がふと立ち寄った英会話教室のアメリカ人講師に恋をし、東京 と LA で大騒動を巻き起こす様を時に赤裸々に時にユーモアたっぷりに描く本作。主演にはリアルな女性像を演じさせたら当代随一の女優、 寺島しのぶ。
さらに共演に南果歩、忽那汐里、役所広司という国際的に活躍する錚々たる面々が揃い、ハリウッドからは『パール・ハーバー』 などで知られるジョシュ・ハートネットが参戦するなど、新人監督でありながらその脚本と熱意に惚れ込んだ豪華俳優陣が出演を快諾!海外メディアからも「寺島しのぶから目が離せない」(ヴァラエティ)、「本物の感情が詰まっている」(スクリーン)と絶賛されています!

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となった場面写真は、メイド喫茶で働く姪の美花(忽那汐里)に頼まれ通う事になった英会話教室で、胡散臭い金髪のカツラを被せられた主人公の節子(寺島しのぶ)を同じく教室に通う 茶髪のカツラを被った小森(役所広司)と真ん中で小森と一緒にハグポーズをする英語講師ジョン(ジ ョシュ・ハートネット)に対しなんだか浮かない表情の節子。
楽しそうな二人とは裏腹に一体何故節子 だけ表情が暗いのか?気になる1枚だ。

続いて先程の写真と比較すると節子の表情は一変しワクワクに満ちた“女”の顔を覗かせている。
すっかりイケメンジョンにノックアウトされ、被せられていたカツラを自らノリノリで着けこなし、薄暗い自宅で不気味にほほ笑む節子の恋の予感を感じる一枚だ。

続いて舞台はジョシュの住むロスでの一枚。

ジョシュを追いかけ思い切って日本を出た節子、ガソリンを入れる姿さえも様になるジョン。果たして節子はジョンから愛される事が出来るのか・・!?

映画情報どっとこむ ralph ★★第 70 回カンヌ国際映画祭批評家週間 正式出品★★
★米インディペンデント・スピリット賞 新人作品賞/主演女優賞 W ノミネート★

ハリウッドを魅了した平栁敦子長編初監督作品が遂に日本上陸!!

4月28日(土)ユーロスペース、テアトル新宿他にて公開です。



***********************************

監督・脚本:平栁敦子
出演:寺島しのぶ、南果歩、忽那汐里、役所広司、ジョシュ・ハートネット
エグゼクティブ・プロデューサー:ウィル・フェレル アダム・マッケイ
プロデューサー:ハン・ウェスト 木藤幸江 ジェシカ・エルバーム 平栁敦子
共同脚本:ボリス・フルーミン
配給:ファントム・フィルム
(日本・アメリカ合作/カラー/ビスタ/95分)
(c) Oh Lucy,LLC


「あなたは、赦せますか――?」映画『Vision』特報


映画情報どっとこむ ralph 河瀨直美監督。
初めて手がけた劇映画『萌の朱雀』を発表した1997年から約20年。

生まれ故郷である奈良県を舞台に、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得したフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして、日本が世界に誇る国際派俳優 永瀬正敏をダブル主演に迎えた映画『Vision』が、6月8日(金)に全国公開決定。
そしてこの度、本作の特報が解禁となりました。

特報では木立の狭間から差し込む柔らかな光と水のせせらぎが流れる美しい自然の映像に突如銃声が響き渡り、スリリングな旋律の奏と共にジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、岩田剛典等、各キャストの劇中での姿が初解禁となります。ラストに流れる「あなたは赦せますか――?」という挑戦的な言葉の意図とは一体…!?自然豊かな神秘の地になぜ人々は集ったのか。奥深い森で出会った人々にどんな未来が訪れるのか。


映画情報どっとこむ ralph Vision

2018年公開
公式HP:
http://vision-movie.jp/

公式Twitter:
@vision_movie_

神秘の森、奈良の吉野を舞台に全編奈良でのオールロケ撮影を行った本作は、世界中を旅しながら紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌがとあるリサーチのために吉野を訪れるところから物語が始まる。吉野の山間で生活をしている山守の男・智は、老女・アキからの「ジャンヌが山に入る」という予言通り、ジャンヌと糸を手繰り寄せるように出会い、文化の壁を超えて次第に深く心を通わせていく。しかし、それぞれの運命は山に生きる人々も巻き込みながら、思いもよらぬ形で交錯していく。

フランスの女性エッセイスト・ジャンヌをジュリエット・ビノシュ、吉野の山間で生活をしている山守の男・智を永瀬正敏が演じる他、永瀬演じる智と同じ山守の鈴を岩田剛典、ジャンヌのアシスタントに美波、山守とは違う形ながらも山に生き、山を守る猟師の岳を森山未來、同じく猟師の源を田中泯(特別出演)、自然と共存しながら森で暮らしている女・アキに夏木マリ、と日本が世界に誇る実力派キャストが集結しました。


【STORY】
世界中を旅しながら紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ。アシスタントの花と共にとあるリサーチのため奈良の吉野を訪れる。杉の木立が連立する山間で生活をしている山守の男・智(とも)は、ジャンヌが山に入ってくるという老女アキからの予言通り、ジャンヌと出会い、文化の壁を超え、次第に心を通わせていく。智と同様、山守の鈴(りん)、猟師である岳(がく)、源(げん)もまた、山に生き、山を守る。それぞれの運命は思いもよらぬ形で交錯していく…。ジャンヌはなぜ自然豊かな神秘の地を訪れたのか。山とともに生きる智が見た未来とは。

***********************************

出演:ジュリエット・ビノシュ 永瀬正敏 岩田剛典 美波 森山未來 田中泯(特別出演)・夏木マリ

監督・脚本:河瀨直美
企画協力:小竹正人
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO 
プロデューサー:マリアン・スロット 宮崎聡 河瀨直美
配給:LDH PICTURES 
 
(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.


『ボブという名の猫』BD&DVD本日発売!保護猫ちゃんしあわせフォトコレクションスタート!


映画情報どっとこむ ralph 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』ブルーレイ&DVD本日発売!保護猫ちゃんしあわせフォトコレクション開催!

世界でシリーズ累計1,000万部の売り上げを記録している英国の大ベストセラー自伝を「英国王のスピーチ」のスタッフが映画化し、日本でも劇場公開時大ヒットを記録した話題作「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」のブルーレイ&DVDが、猫の鳴き声(ニャーニャーニャー)にちなんで本日2月22日(木)に発売となる。
From left to right: Luke Treadaway (James), Bob, Roger Spottiswoode. Director and Co-producer Roger Spottiswoode. Producer Adam Rolston of Shooting Script Films. Screenplay adapted by Tim John and Maria Nation; based on the International Best Selling book A Street Cat Named Bob.

ブルーレイ&DVDの発売を記念し、『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』×フェリシモ猫部 保護猫ちゃんしあわせフォトコレクションが同日よりスタートした。本作のように人に助けられ今では周りも自分もしあわせな毎日を送るボブのような、保護猫出身の愛猫のしあわせな現在が伝わる写真と心温まるエピソードをSNS投稿すると、抽選でプレミアムグッズが当たるという内容だ。締切は3月7日(水)となっている。

ロンドンでプロミュージシャンを目指すも挫折し、ホームレスとなりドン底の生活を送る青年ジェームズが出会ったのは、ケガをした一匹の野良猫だった。ボブと名付けたその猫との出逢いを経て、ジェームズはセカンドチャンスをつかむことになる。日本で公開されるや否や映画レビューサイト「フィルマークス」では初日満足度1位を獲得するなど好評を博し、興行収入2億円を記録する大ヒットとなった本作。「野良猫を助けたつもりが、救われたのは自分だった」という主人公ジェームズとボブのような世界をほっこりさせるエピソードは、実は身近なところにもあるのかもしれない。本キャンペーンを通じて、様々な人と猫とのつながりを感じながら、改めて本作を堪能しよう。

なお、豪華特典を同梱した豪華版「初回限定!ボブとおでかけBOX【Blu-ray】」にiPhoneカバーをセットした受注生産限定商品は、好評につき2018年2月25日(日) 23時59分まで受注期間が延長された。この機会をぜひお見逃しなく。

映画情報どっとこむ ralph <キャンペーン概要>

特設ページ:こちら

応募期間:2018年2月22日(木)~3月7日(水)23時59分
応募方法:
1) 保護猫出身の猫ちゃんのしあわせな現在が伝わる写真と簡単なエピソードを、ハッシュタグ #保護猫しあわせフォト #ボブという名の猫 をつけて、ご自身のInstagram、twitter、猫部トークに投稿。
2) フェリシモ猫部公式 Instagram、Twitterアカウントをフォロー、または猫部トークにアカウント登録。
  (当選のご案内はDMにて行います、ご自身が投稿するアカウントと同じ種類の猫部公式アカウントをフォローください)
3) 一部写真はフェリシモ猫部公式アカウントからシェアされることも!さらに抽選でプレミアムグッズが当たる!

プレミアムグッズ
・A賞
原作者ジェームズ・ボーエン直筆サイン入 原作本「ボブという名のストリート・キャット」(辰巳出版刊):1名様
原作者ジェームズ・ボーエン直筆サイン入 原作本「ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険」(辰巳出版刊):1名様
・B賞
劇場版プレスシート:10名様
・C賞
にゃんとかわいい! 22枚のにゃんにゃんポチ袋セット:20名様

当選発表 2018年3月8日予定

映画情報どっとこむ ralph <商品情報>
2018年2月22日発売/レンタルスタート

初回限定!ボブとおでかけBOX【Blu-ray】/¥6,800(本体)+税/PCXE.50818

<封入特典>ミニトートバック/シーズングリーティングカード(6枚組)
Blu-ray通常版/¥4,700(本体)+税/PCXE.50801
DVD通常版/¥3,800(本体)+税/PCBE.55839

<共通特典映像> 
①メイキング&インタビュー
②ロンドンプレミアレッドカーペット
③ジャパンプレミア
④来日インタビュー
⑤予告編&TVスポット集
発売元:コムストック・グループ
販売元:ポニーキャニオン
(C) 2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

DVD特設サイト:
https://bob-movie-dvd.ponycanyon.co.jp/


映画情報どっとこむ ralph ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

映画公式サイト:
http://bobthecat.jp/
物語・・・
ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物依存から抜け出す事もできず、まさにドン底の生活を送っていた彼のもとにある日、足にケガをした一匹の野良猫(ボブと命名)が迷い込んでくる。ジェームズが有り金全てをはたいてボブを助けて以来、ふたりはどこへ行くにも一緒で、次第にその動向が世間の注目を集めるようになる。しかし、彼らの前に次々と試練と困難が立ちはだかり、ジェームズはボブのためにも、それらを1つ1つ乗り越え、やがて大きなチャンスが訪れることになり…。

***********************************

キャスト・スタッフ
ルーク・トレッダウェイ『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』
ジョアンヌ・フロガット「ダウントン・アビー」シリーズ
ルタ・ゲドミンタス「ストレイン」
アンソニー・ヘッド『ゴーストライダー2』
ボブ(猫)

監督:ロジャー・スポティスウッド『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』
製作総指揮:ポール・ブレット『英国王のスピーチ』
        ティム・スミス『英国王のスピーチ』
        ダミアン・ジョーンズ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー『シャイン』『エリザベス』
オリジナル楽曲:チャーリー・フィンク(ノア・アンド・ザ・ホエールのフロントマン)