「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

いいファーの日、映画『毛皮のヴィーナス』もろもろ解禁!


数々の賞に輝く鬼才 ロマン・ポランスキー監督最新作

『毛皮のヴィーナス』

が、12月20日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

そして、本日11月20日は【1・1・2・0(い・い・フ=2・わ=0―)の日!】ということで、この度、マフラーを毛皮に見立て艶やかに纏うセクシー画像が到着!!解禁!

kegawa_01
本作は「マゾヒズム」の語源となったマゾッホによる伝説の自伝的長編小説「毛皮を着たヴィーナス」に着想を得て書かれた戯曲を映画化。

圧倒的な存在感を放つ女優ワンダを演じるのは、実力派女優にしてポランスキーの妻、エマニュエル・セニエ。ワンダに翻弄される演出家トマ役を、カメレオン俳優マチュー・アマルリックが演じ、圧巻の掛け合いを魅せます。

そしてこの度、使っていた人物の人となりが伝わる品物を扱う、「PASS THE BATON」とのスペシャルなコラボ企画がついにスタート!会期中に毛皮のファーアイテムを出品&購入された方に本作のオリジナル特典をプレゼント。

そして限定ペイントオーバーバッグの発売も決定!USEDのショッピングバッグの上から新たにデザインを加えているため全てが1点モノ。

ニューコンセプト、セレクトリサイクルショップ!
【毛皮のヴィーナス×PASS THE BATON スペシャル企画】
ペイントオーバーデザインプランA●『毛皮のヴィーナス × PASS THE BATON スペシャル企画』会期中(11/20~12/28)に、毛皮のアイテム(ファーアイテム)をご出品またはご購入(丸の内店・表参道店)してくださった方へ、先着で映画関連商品(B2サイズポスター/非売品マスコミ用パンフレット/オリジナルリップ型ボールペン)をプレゼントいたします。(なくなり次第終了)

●毛皮のヴィーナス×PASS THE BATON限定ペイントオーバーバッグを12月12日(金)~ 発売
※本作の半券チケットをお持ち頂いた方先着10名様(各店5名様ずつ)に、プレゼント!その他のお客様には特別価格にてご提供いたします。

(丸の内店・表参道店)
お問い合わせ: http://www.pass-the-baton.com/

ワンダがひとたび台詞の読み合わせを始めると、トマはすぐに惹きつけられ二人の芝居は次第に熱を帯びてゆく。次第にトマは役を超え、なすがままに吐露をし、ワンダの元へ膝間づき、彼女に身も心も支配されることに心酔していくのだが―。

彼女がトマに着せる古着のジャケットは、じつは小説の設定そのものビンテージもの。この不可思議な一致は何かを予感させながら、物語はめまぐるしく展開するにつれ、謎めいた彼女に観客も巻き込まれていく。

『毛皮のヴィーナス』

は、12月20日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開です。
公式HP:kegawa-venus.com

kegawa_02
********************************************************************

監督・共同脚本:ロマン・ポランスキー
(『戦場のピアニスト』 『ゴーストライター』 『おとなのけんか』)
出演:エマニュエル・セニエ(『赤い航路』 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』 『潜水服は蝶の夢を見る』)マチュー・アマルリック(『007/慰めの報酬』 『グランド・ブダペスト・ホテル』 『潜水服は蝶の夢を見る』)
2013年/フランス、ポーランド/シネマスコープ/5.1ch/G/96分/原題:VENUS IN FUR/字幕翻訳:松浦美奈 公式サイト:提供:ショウゲート、ニューセレクト 配給:ショウゲート 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 (C)2013 R.P. PRODUCTIONS – MONOLITH FILMS
公式サイト:kegawa-venus.com
 


『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』仙台でスタンプラリーやパネル展


“ヤマト40 周年”を記念して、「宇宙戦艦ヤマト2199」の完全新作劇場映画となる、

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

が、12 月6 日(土)に公開いたします。

イスカンダルから地球への帰り道で起こった戦いが描かれています!



そして!

この度、完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』と仙台市交通局のタイアップが決定し、地下鉄を使ったスタンプラリーやパネル展を実施することが決定致しました。

さらに、本作の公開日と同日の12 月6 日に地下鉄でサービスを開始するICカード乗車券icsca<イクスカ>とコラボしたオリジナル動画も展開されます。

本オリジナル映像は沖田艦長が仙台市民にicsca の使用を説き、スターシャ女王がメッセージ映像を発表する内容となっており、期間中に地下鉄駅構内の改札上液晶表示器、駅構内放送でも放映されます。

『宇宙戦艦ヤマト2199-星巡る方舟』
<タイアップ概要>
1.期 間 11月22日(土)~12月19日(金)
2.内 容
(1)スタンプラリー:地下鉄駅6駅〔地下鉄泉中央駅、旭ヶ丘駅、勾当台公園駅、仙台駅; 河原町駅、長町南駅〕に
あるラリーポイントを回ってスタンプを集めると、
先着でグッズをプレゼントがもらえるスタンプラリーを実施。
(2)パネル展:地下鉄仙台駅コンコースにおいて、パネル展を実施。
(3)オリジナル動画配信:交通局ホームページ及びYouTube 等において、

宇宙戦艦ヤマト2199 とICカード乗車券icsca がコラボレーションしたオリジナル動画を配信。
地下鉄駅構内の改札上液晶表示器、駅構内放送でも放映。
公式HP: http://www.kotsu.city.sendai.jp/icsca/
仙台市交通局と異例のタイアップ決定!
乗車券icsca コラボオリジナル動画解禁

~完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』 あらすじ~
ついに明かされる――― 2199 年、回避できぬ未曾有の闘い!!
時に西暦2199 年。苦難の航海を経て、目的地イスカンダルで〈コスモリバースシステム〉を受領したヤマトは、いままさに大マゼラン銀河を後にしようとしていた。
『宇宙戦艦ヤマト2199-星巡る方舟』 本ポスター だが突如、大マゼラン外縁部で謎の機動部隊と遭遇する。

彼らこそは蛮勇で宇宙にその名を轟かす戦闘民族〈ガトランティス〉。指揮官はグタバ遠征軍大都督「雷鳴のゴラン・ダガーム」を名乗り、艦の引き渡しを要求してきた。戦闘を避け地球へ急ぎたいヤマトに、突如空間を跳躍し紅蓮の炎が襲い来る。それはダガームが放ったガトランティスの誇る最新兵器〈火焔直撃砲〉の光芒だった。

間一髪、ワープでダガームの追撃を振り切ったものの、薄鈍色(うすにびいろ)の異空間へと迷い込んでしまうヤマト。ヤマトはまるで意志を持ったように舵を切ると、謎の惑星へと誘われていく。事態打開のため、古代、桐生、沢村、新見、相原の5 人は惑星へと情報収集に降下する。地表に降り立った彼らが見たものは、そこにあるはずのない艦(ふね)。だがその艦内には先客がいた。それは七色星団の戦いを生き残りヤマトへの復讐を誓う、ガミラスのフォムト・バーガー少佐の姿だった。彼らもまたここに迷い込み、脱出できないでいたのだ。

ヤマトの空間航跡を追ってワープしたダガームもまた、薄鈍色の宇宙へとたどり着く。ヤマトが誘われた眼前に輝く惑星こそ、彼らが探し求めていた宝の星であったのだ。邪魔なヤマトをあぶりだすべく火焔直撃砲の砲門を惑星へと向けるダガーム。果たして古代たちは閉じられた空間を脱出し、ガトランティスの包囲網を突破できるのか。

一刻も早く地球へ戻りたいヤマト、力で宝の星を求めるガトランティス、ヤマトを討たんとするガミラス―――それぞれの譲れぬ想いが交錯する。

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』

公式サイト:http://yamato2199.net/

12月6日(土)全国ロードショーです。

********************************************************************


原作:西﨑義展/総監督・脚本:出渕 裕
チーフディレクター:別所誠人
キャラクターデザイン・総作画監督:結城信輝
チーフメカニカルディレクター:西井正典
メカニカルデザイン:石津泰志、玉盛順一朗
セットデザイン:青木 薫、高倉武史、小林 誠
撮影監督:青木 隆
美術監督:谷岡善王/色彩設定:鈴城るみ子
編集:小野寺絵美
音楽:宮川彬良、宮川 泰
音響監督:吉田知弘/CGディレクター:上地正祐
CG制作協力:SUNRISE D.I.D. /アニメーション制作:XEBEC
製作:宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

キャスト
古代進:小野大輔/森雪:桑島法子/島大介:鈴村健一
真田志郎:大塚芳忠/桐生美影:中村繪里子/沖田十三:菅生隆之
©西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会


ラブストーリーズのラストは水谷ケイ主演「農家の嫁 あなたに逢いたくて」


恋愛映画の連作・ラブストーリーズが、いよいよvol.6にて完結します。

ラストを飾るのは、水谷ケイ主演・榎本敏郎監督

「農家の嫁 あなたに逢いたくて」。

12月6日(土)より新宿K’s cinemaにて公開です。

農家の嫁 あなたに逢いたくて
農家の嫁 あなたに逢いたくて01 都会のガールズバーで働いていた女子が、女に縁のなかった農家の長男から強烈な求婚をうけ、結婚。

生活も一変、水商売から農作業。ちがう環境に必死に順応しようとする主人公の元に、何の因果か水商売時代の元カレがやってきて・・・・・

家族や結婚を夢見る女がたどり着く最後の愛とは・・・・



主演は伝説のバラエティ番組「ギルガメッシュないと」や「お天気お姉さん」でエロスの象徴となり、今も国内外で人気を博す水谷ケイ。

監督は、「死んでもいいの 百年恋して」で切ない愛を描いた榎本敏郎。

農家の嫁 あなたに逢いたくて02
愛することに不器用な、
都会の女と農家の男が育む愛の物語——。

「農家の嫁 あなたに逢いたくて」

12月6日(土)より新宿K’s cinemaにて公開です。

公式HP:www.lovestories.jp

農家の嫁 あなたに逢いたくて03
********************************************************************

キャスト:
水谷ケイ 浜田 学
農家の嫁 あなたに逢いたくてチラシ西本はるか 吉野紗香 竹田朋華 吉岡睦雄 柴田明良 / 団 時朗 田島令子

スタッフ:
監督:榎本 敏郎
企画:利倉 亮 プロデューサー:江尻健司 酒井識人 キャスティング:松永 琴 関根浩一 撮影:花村也寸志 照明:福田裕佐 録音:山口 勉 編集:桐畑 寛 助監督:佐藤 吏 制作担当:山地 曻 監督助手:青木優太 録音助手:篠﨑有矢 メイク:大久保恵美子 スチール:千葉朋昭、市川晶子 制作応援:竹内宏子 音響効果:藤本 淳 MA:若林大記 メイキング:坂本 礼 配給宣伝:熊谷睦子
製作:レジェンド・ピクチャーズ 配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
【2014/日本/カラー/89分/HD】 
©レジェンド・ピクチャーズ 
<ラブストーリーズ>


江戸時代の離婚は現代の2倍!?『駆込み女と駆出し男』画像初公開!


井上ひさしさんが晩年11年をかけて紡いだ時代小説「東慶寺花だより」を原案に、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田眞人監督が初めて時代劇に挑戦した

2015年5月16日に全国公開の映画『駆込み女と駆出し男』

この作品の場面写真および特報映像が初公開となりました!



初公開の場面写真は3点!

医者見習いで駆出し戯作者(作家)の信次郎(大泉)は、江戸を追われ東慶寺の門前の御用宿に居候。
駆け込み女と駆出し男
医者見習いの信次郎は、じょごの顔の火傷を治療しようとするが・・・。
駆け込み女と駆出し男1
駆込み寺へ向かうところで足を挫いたお吟と偶然出会ったじょご。
お吟を大八車に乗せて二人で駆込み寺へと向かう。
駆け込み女と駆出し男2
江戸時代の駆込寺である東慶寺を舞台に、離縁を願う女たちの手助けをする駆け出しの医者で戯作者見習いの男と、さまざまな事情を抱えて駆込んでくる女たちの織り成す人情エンタテインメントです。

主演は大泉洋さん。

駆込み女に戸田恵梨香さん、満島ひかりさんというヒロインを迎え、樹木希林さん、堤真一さん、山﨑努さんと日本を代表する俳優たちが集結です。

「駆込み女と駆出し男」
監督・脚本:原田眞人
2015年5月16日(土)全国ロードショー
配給:松竹
公式サイトhttp://kakekomi-movie.jp 
(C)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

********************************************************************

 


YEBISU GARDEN CINEMAのオープニング作品『間奏曲はパリで』に決定


フランス映画祭2014で正式上映されたロマンティックな大人の逃避行。
満員御礼・拍手喝采の大絶賛を博した話題作が日本公開決定!

このたび、2014年のフランス映画祭で上映されたイザベル・ユペール主演の軽やかな大人のロマンティック・フレンチラブストーリー。

“La Ritournelle”は、邦題を『間奏曲はパリで

として2015年4月4日(土)角川シネマ有楽町ほか全国公開が決定。

間奏曲はパリで
間奏曲はパリで_posterそして、良質な映画を上映し続けたものの2011年に閉館し、今年9月に再オープンの情報が発表された恵比寿ガーデンシネマが、名前を新たに「YEBISU GARDEN CINEMA」として、本作をオープニング作品として上映することが決定しました!

落ち着いた大人の街・恵比寿で、以前の恵比寿ガーデンシネマの雰囲気そのままに、ロマンティックな大人の映画をご覧いただけます。また、ユペールがエッフェル塔をバックにこれから起こる出来事にわくわくした表情を抑えきれない姿のチャーミングなポスタービジュアルも、完成です。

ゴダール、シャブロルらヌーベルバーグの巨匠たちのミューズであり、『ピアニスト』『8人の女たち』で世界の映画祭で女優賞を受賞したフランスの国宝級女優イザベル・ユペールを主演に、フランスの若手実力派マイク・フィトゥシ監督による、洗練された大人のフレンチ・ラブストーリーが誕生。

ユペールは、これまでのイメージを完全に打ち破る、明るく自由気ままなヒロインを演じ、全世界の女性の共感を呼んでいる。また、不器用ながら優しい愛で妻を想う夫に『ル・アーブルの靴みがき』のジャン=ピエール・ダルッサン、アバンチュールを共にする紳士役に『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のミカエル・ニクヴィスト。

ヒロインを魅了するパリジャン青年に、『理想の出産』の人気急上昇中イケメン男優ピオ・マルマイなど、彩豊かなキャストが集結。歴史と文化と美しい街並みに溢れるパリを舞台に、未知なる出会いに喜び、傷つき、迷いながらも、本当に大切なものに気付かせてくれる物語。

イザベル・ユペールの新境地、チャーミングで軽やかな、大人のフレンチ・ラブストーリー!

ハンサムで優しい若者、紳士でロマンチストな外国人、無骨な牛飼いの夫—

三人の男性の間で揺れ動く女性が最後に選ぶのは…?

『間奏曲はパリで』

2015年4月4日(土)角川シネマ有楽町ほか全国公開です。
オフィシャルHP:kansoukyoku-paris.jp

********************************************************************


物語・・・
美しき、迷える“羊飼い”の主婦ブリジット。
おひとりさまで行く、恋の都パリで出会ったものとはー

ノルマンディーで農場を営む夫婦のブリジットとグザヴィエ。子供が巣立ってからというものの、穏やかで幸せだけど平凡な毎日。遊び心を忘れないブリジットは、変化をもたらそうと努力をしても、実直で無骨な夫は無関心。ある日、隣家のパーティで出会った魅力的なパリジャン・スタンとの楽しい時間が、彼女の心に火をつける。夫に嘘をつき、ひとりパリ行きの手配を始めるブリジット。

未知なる期待を胸に、人生を変える休日へ出かけるのだ。

フランス映画祭2014上映作品
出演:イザベル・ユペール、ジャン=ピエール・ダルッサン、ミカエル・ニクヴィスト、ピオ・マルマイ 

監督・脚本:マルク・フィトゥシ 
原題:La Ritournelle/2014年/フランス/99分
ビスタ/5.1ch /字幕翻訳:高部義之 
配給・宣伝:KADOKAWA
(c) 2014 Avenue B et Vito Films, Tous droits réservés.