「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

愛、アムール アカデミー賞 5部門ノミネート!


本年度アカデミー賞ノミネーションが、
日本時間10日(木)22:30より発表になり、ミヒャエル・ハネケ監督の

『愛、アムール』

*2013年3月9日から日本公開

が、主要3部門を含む
<作品賞><監督賞><主演女優賞><脚本賞><外国語映画賞>
の5部門にノミネートされました。

主演女優賞にノミネートされた、エマニュエル・リヴァ(85)は主演では俳優・女優を通じ最高齢ノミネートとなります。劇中では、病を患った後、少しずつ心身の自由が失われていく老婦人の変化を壮絶に演じ、その円熟した演技にアカデミー前哨戦でも高評価を得てきました。

また、外国語映画賞の枠を越え作品賞のダブルノミネートも果たし、アカデミー賞のダークホースに躍り出ました。

これまでの主演女優受賞(ノミネート、受賞両方)最高齢は、1989年度第62回『ドライビング・ミス・デイジー』のジェシカ・タンディさん(当時80)でした。

そして今回、エマニュエル・リヴァがアカデミー賞主演女優賞を受賞した場合.....

男女主演助演、合わせて俳優部門の最高齢となります!

<エマニュエル・リヴァ プロフィール>
1927年生まれ、85歳。58年、映画デビュー。翌年、広島が舞台、岡田英次と共演したアラン・レネ監督『二十四時間の情事』で一躍、世界的知名度を得る。以後、40作以上の作品に出演。『二十四時間の情事』撮影時にリヴァが撮影した広島の日常風景の写真をもとにした写真集「HIROSHIMA 1958」が2008年に出版された。これを機に広島と東京で写真展が開かれ、50年ぶりに広島を訪れるなど、日本との縁が深い。
主演女優賞にノミネートされた、エマニュエル・リヴァ(85)

因みにアカデミー賞授賞式は日本時間2月25日午前9:00から行われます。

今から、楽しみ!

愛アムール公式HP:http://ai-movie.jp/
2013年3月9日、Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、
新宿武蔵野館、他全国ロードショー


********************************************************************
(c)2012 Les Films du Losange – X Filme Creative Pool – Wega Film – France 3 Cinema – Ard Degeto – Bayerisher Rundfunk – Westdeutscher Rundfunk

<作品概要>
パリの高級アパートで静かに暮らすジョルジュとアンヌは80代の元ピアノ教師の老夫婦。

教え子がピアニストで活躍する姿を誇らしげに感じ、お互いを思いやりながら日々を送る二人だったが、妻が病で突然倒れ、穏やかだった日常が少しずつ変わっていく…。

人が人を愛した末に待ち受けるその現実とは?人生最後の道程をともに歩んでいく夫婦、その究極の愛の物語。

脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ
『ピアニスト』『隠された記憶』『白いリボン』
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、
イザベル・ユベール、アレクサンドル・タロー

提供:角川書店、ロングライド、カウンターポイント
配給:ロングライド
(c)2012 Les Films du Losange – X Filme Creative Pool – Wega Film – France 3 Cinema – Ard Degeto – Bayerisher Rundfunk – Westdeutscher Rundfunk

2013年3月9日(土)より
Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、
新宿武蔵野館、他全国ロードショー


『王になった男』 前売り第2弾&JPプレミア招待クイズ


現在韓国で大ヒットとなっているイ・ビョンホン主演の宮廷歴史大作
『王になった男』。

現在、日本で豪華特典第一弾“王朝レターセット”付き前売券が発売されており、すでに全国で6,000枚以上売れているそうです。

そして、今回は第2弾のお知らせ。

2013年1月12日より

『王になった男』特典第二弾 “宮廷クリアファイル”付前売

発売開始です!
(※数量限定。一部劇場除く。)

金糸で竜を縫い込んだ赤い御衣を身にまとい、玉座に座った影武者のハソン(イ・ビョンホン)が前をまっすぐに見つめる写真が表に使われており、イ・ビョンホン氏に見つめられているようで視線が外せなくなること間違いなしのクリアファイルです。

王になった男 クリアファイル2
2013年1月12日より
豪華特典第二弾 “宮廷クリアファイル”付前売発売開始
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
現在、新宿バルト9はじめティ・ジョイ上映劇場では、『王になった男』「影武者を探せ」キャンペーンも開催中。
予告編を見てどれが影武者かをあてるクイズに答えると、正解者に抽選で豪華賞品がプレゼントされます。

なんと2013年1月29日に開催される、イ・ビョンホンが登壇予定の

『王になった男』ジャパンプレミア

への招待も賞品になっています!

*応募締切:1月18日まで

新宿バルト9:http://wald9.com/index.html
応募ページ:http://becameking.jp/king_present/

映画の内容ですが
『王になった男』は国際的スターとなったイ・ビョンホンが、初の時代劇で王と影武者の一人二役に挑む宮廷歴史大作。

イ・ビョンホンは、暴君として知られる朝鮮第十五代王・光海君(クァンヘグン)と、暗殺に怯える王の影武者となる心優しい道化師のハソンの二役を演じています。

韓国では9月13日から公開され、観客動員が12月12日に遂に1230万人を超え、韓国映画歴代興行成績TOP3となり、時代劇としてはNo.1となりました~(笑)。(1位は『泥棒たち』、2位は『グエムル -漢江の怪物-』)

韓国では大統領選も追い風となり、真のリーダーを求める国民たちが、理想の王の姿を影武者となったハソン(イ・ビョンホン)の姿に重ね合わせ、口コミが口コミを呼びロングヒットとなっています。

日本では、来年2月16日(土)より公開です!

********************************************************************


イ・ビョンホン主演の宮廷歴史大作
『王になった男』

2012年/韓国/131分/カラー/5.1chサラウンド
日本語字幕:根本理恵
原題:

監督:チュ・チャンミン (『マバド』『拝啓、愛しています』)
脚本: ファン・ジョユン(『オールド・ボーイ』)
キャスト:イ・ビョンホン/リュ・スンリョン/ハン・ヒョジュ/キム・イングォン/シム・ウンギョン
配給:CJ Entertainment Japan 製作:リアルライズピクチャーズ
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

公式HP:becameking.jp
公式FACEBOOK:http://www.facebook.com/becameking
公式twitter:https://twitter.com/becameking




ソン・ジュンギ 『オオカミ少年』日本公開決定!


映画『オオカミ少年』(原題)2013年初夏 日本公開決定!
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
今、韓国で女性が一番会いたい“優しい男” ソン・ジュンギ主演

あなたに出会って、世界が変わった──
韓国ラブロマンス映画史上No.1!

映画『オオカミ少年』(原題)


ついに13年初夏に日本公開です!

ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のクールなイケメンぶりが韓国のみならず、日本の多くの女性を虜にしたソン・ジュンギ。2012年、下半期の大ヒットドラマ「優しい男」主演により国民的な人気を得て、今、最もホットな若手スターとして注目されているソン・ジュンギの最新作 映画『オオカミ少年』(原題)が、2013年初夏、新宿シネマカリテほか全国ロードショーされることになりました。

本作は、心を閉ざした少女とこの世界に存在してはならないオオカミ少年が出会うファンタジーラブロマンス。
韓国では今年10月に公開され、700万人以上を動員した大ヒット作です。

ストーリーは

地方の村に引越しした少女スニ(パク・ボヨン)は、闇の中に身を隠す謎の少年(ソン・ジュンギ)を見つける。
少女の家族の一員として受け入れられることになった少年は”チョルス“と名付けられ、生活を共にすることになる。言葉を話さず、まるでオオカミのような目つきで人間離れした行動を見せるチョルスがどこか気になるスニは、食事の仕方、服の着方、文字の読み書きなど、世の中で生きて行く方法を一つずつ教える。生まれて初めて自分に手をさしのべてくれたスニに、切ない感情が芽生え始めるチョルスだったが—。

という感じ。

本作で、韓国初のキャラクターであり、この世に存在してはならない“オオカミ少年”という難役に挑んだソン・ジュンギは、これまで見せてきた知的で花美男スターのイメージとは 180度真逆の、ワイルドでかつ憂いのある瞳ですべての感情を表現。演技派俳優に位置づけられる成長ぶりをみせ、2012年最も活躍した若手俳優となった。

また韓国公開前にもかかわらず、トロント国際映画祭、バンクーバー国際映画祭、釜山国際映画祭など世界有数の映画祭からラブコールをうけて上映された映画『オオカミ少年』(原題)は、 その題材の奇抜さの根底にある、人が初めて恋する、そのもっともピュアで切ない瞬間を観客に思い起こさせる、究極の恋愛映画として大絶賛!

上映劇場は12/22(土)にオープンした新宿武蔵野館系列の新しいミニシアター、新宿シネマカリテで、韓国ラブロマンス映画史上No.1の作品がお披露目されることになります。

監督:チョ・ソンヒ
出演:ソン・ジュンギ、パク・ボヨンほか
配給:CJ Entertainment Japan2012年/韓国/125分
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

********************************************************************



みんな、誰かの初恋だった『建築学概論』公開決定


『建築学概論』2013年初夏ロードショー決定
© 2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
みんな、誰かの初恋だった。

韓国で社会現象となる“初恋ブーム”を巻き起こした「建築学概論」の日本公開決定&特報が完成致しましたのでご紹介!



映画「建築学概論」は、大学の初恋の相手だった女性が15年後に突然現れ、建築士の自分に家を建ててほしいと頼むことから始まる物語。

過去と現在を行き来しながら、現在の家を建てる過程と初恋の思い出を回想する構成となっており、現在の主人公ソヨンとスンミンをハン・ガインとオム・テウンが、20歳のころのふたりをK-POPグループ“Miss A”のスジと俳優イ・ジェフンが演じます。

この映画は恋愛ものなのですが、男性たちが“泣ける”と熱狂。

爆発的クチコミと驚異的なリピート率で410万人を動員し、韓国のこれまでの「頭の中の消しゴム」(256万人)、「私たちの幸せな時間」(313万人)という恋愛映画の興行成績を6年ぶりに塗り替えました。

そして、本作で抜擢された新人たちも大ブレイク。
若き日のソヨンを演じたスジは“国民の初恋”と呼ばれ、第二のチョン・ジヒョンと目され、2012百想芸術大賞新人女優賞を受賞。(スジさんはTVで放映されていた「ビッグ」の自由奔放な役の女優さんですね。)

また若き日のスンミンを演じたイ・ジェフンはプサン映画祭の閉幕式MCに抜擢され、スンミンの親友を演じたチョ・ジョンソクは2012青龍映画賞新人男優賞を受賞しました。

それから..
本作で撮影に使われたチェジュ島のソヨンの家は、撮影後一度取り壊されましたが、2013年3月に再建築され、ファンたちが集えるように『カフェソヨンの家』として開放される準備が行われています!

映画振興委員会主催’2012年韓国映画観客1億人突破記念イベント “で、1000万人動員した「泥棒たち」「王になった男」を押さえ『もう一度見たい映画NO1』に本作が選出され、また2012年流行語大賞では映画部門で唯一本作のナプトゥギの口癖「どうする、お前」が江南スタイルなどと一緒に選出され、さらなる“建築学概論”旋風をおこしているそうです。

で、まとめてみると

初恋現象その1:
公開されるやいなや爆発的口コミと驚異的なリピート率で「頭の中の消しゴム」(256万人)、「私たちの幸せな時間」(313万人)という恋愛映画の興行成績を6年ぶりに塗り替えた!

初恋現象その2:
映画振興委員会主催イベントで『もう一度見たい映画NO1』にイ・ビョンホン主演「王になった男」(日本公開2013年2月)などの数々のヒット作を抑え、本作が選ばれた!

初恋現象その3:
本作で人気グループ“MIss A”スジは“国民の初恋”と呼ばれ、大ブレイク!

初恋現象その4:
流行語大賞では本作のセリフ「どうする、お前」がノミネート!

初恋現象その5:
本作の撮影に使われたソヨンの家が、ファンの熱い声によって、撮影後取り壊されたものが再建築される!

そして、色々な賞のノミネート&受賞の数々。
2012青龍映画賞7部門ノミネート/
脚本・撮影・照明・美術・音楽・新人男優受賞(チョ・ジョンソク)・新人女優
2012大鐘賞4部門ノミネート/監督・助演男優・新人男優・新人女優
2012百想芸術大賞4部門ノミネート/新人男優・新人女優受賞(スジ)・男性人気・女性人気
2012韓国映画評論家協会賞 音楽賞受賞

公開は2013年初夏。
新宿武蔵野館、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー!!

待ち遠しいですね。

********************************************************************

『建築学概論』

【STORY】
建築家スンミン(オム・テウン)の前に、15年ぶりに家を建ててほしいと現れた謎めいた美女ソヨン(ハン・ガイン)。彼女はスンミンの大学時代の忘れられない初恋の相手だった。ソヨンの難しい要望を聞きながら、スンミンは彼女の実家であるチェジュ島の家を完成させていく。その建築の過程で次第に明らかになるソヨンの素性。そしてよみがえる不器用に失ってしまった愛の記憶と、新たに生まれてくる暖かな感情。しかしスンミンには婚約者がいた。やがて、ふたりのつくる家が完成するとき?。

【STAFF】監督:イ・ヨンジュ 『殺人の追憶』(03)ポン・ジュノ監督のもとで演出部として参加。
『不信地獄』(09)で監督・脚本デビュー、本作は監督2作目。
監督自身が建築学科出身である。
【CAST】
オム・テウン 「シルミド」「魔王(TV)」
ハン・ガイン 「マルチュク青春通り」「太陽を抱く月(TV)」「赤と黒(TV)」
スジ 「ドリームハイ(TV)」「ビッグ(TV)」本作で2012百想芸術大賞新人女優受賞
イ・ジェフン 「高地戦」「ファッション王(TV)」2011大鐘賞&青龍映画賞&映評賞の新人賞受賞
チョ・ジョンソク 「キング(TV)」 本作で2012青龍映画賞新人男優受賞

(韓国/2012年/117分/カラー/韓国語/原題:建築学概論/2012.3.22韓国公開)
提供:ショウゲート/アット エンタテインメント
公式サイト:www.kenchikumovie.com
公式ツイッター:@kenchikumovie
公式FACEBOOK:kenchikumovie
© 2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
2013年初夏、新宿武蔵野館、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー!!


中野量太監督『チチを撮りに』 試写観てきた


先日第55回アジア太平洋映画祭で、出演の渡辺真起子さんが「最優秀助演女優賞」を受賞した中野量太監督『チチを撮りに』のマスコミ試写に行ってきました。

この作品は本年7月に開催された「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012」の長編部門・国際コンペティションにて、日本人初の監督賞を受賞し、SKIPシティアワードとのダブル受賞した作品です。



で、どうでした。

明らかにラルフが好きそうな映画じゃ無いですよね。

私が行きたかったのに。。

そう。。。?何でも観るよ。

この映画は評判いいし、話題に上ってるからね。

で、感想だけど。時間作って観て良かったかな。

僕だけじゃなくて周りに座ってる方たちもマスコミや映画関係者ばかりで、厳しい目を持っている人ばかりだと思うけど、結構くすくす笑ってたし、色々な場面での反応も良かったよ。


若手?の監督なのに凄くまとまっていて、
映画として気持ちいい作品。

映画祭上がりの作品って、独りよがりで観たいやつは観ろ!的なのが多いけど『チチを撮りに』は差にあらず。
しっかり、観る側を意識したものに思えて好印象です。

伏線もいくつも張られ脚本練られてるし、言葉の選び方も良かった。。
やっぱり映画は脚本が綺麗に練られてる作品が僕は好き。

若手の女の子2人の演技も素直で良いし、

そして、

なんといっても「最優秀助演女優賞」渡辺真起子さんの存在感が凄い。

欲を言えば、
映像がデジタルデジタルなパキパキな映像と少しフィルムっぽいところが交互するのが気になっちゃいましたけど自主制作作品ですから、これはご愛嬌です。



最後の最後のカットはね。。。と僕は思います。
皆さんの劇場で見た感想欲しいです。

どんな方にお勧めですか?



特に。。。は、無いけど。

先ずは、日本映画が好きな方。

そして、シングルマザー。
それから、シングルマザーで育った姉妹。

自主制作をされている学生さん。

かな。

本作品は、ベルリン映画祭にも呼ばれてるみたいです。

中野量太監督。

今後が期待されます。
覚えておきましょ!

公開は2013年2月16日新宿武蔵野館から。
全国順次公開予定です。

作品の内容は

『チチを撮りに』
2月16日(土)より新宿武蔵野館にてレイトショー
Capturing_Dad_(c)2012

ストーリー

とある町。東村呼春は17才の高校生。フリーターの姉・葉月と母・佐和との三人暮らし。父の正高は14年前、新しい女性とともに家を出たきりだ。

ある日の夕食時。突然、佐和が言い出した。

「末期ガンでもう駄目なんだって。あんた達会ってくれば」
そして買ってきたカメラを娘二人に渡し、
「あのひとの顔、撮ってきてくれない?見たいの」
翌日。母に見送られながら娘達は父の入院する病院へと小さな旅に出る。

列車の中。父親の記憶が全然ない呼春は葉月に思い出を聞いたりしながら久方ぶりに逢う父親に思いをめぐらせる

『チチを撮りに』
プロデューサー: 平形則安
脚本・監督: 中野量太
制作: ピクチャーズネットワーク
日吉ヶ丘PICTURES
キャスト: 渡辺真起子・柳英里紗・松原菜野花
滝藤賢一

『チチを撮りに』2月16日(土)より新宿武蔵野館にてレイトショー
********************************************************************