「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

廣木監督作品に前田敦子が!『さよなら歌舞伎町』



『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 

映画『さよなら歌舞伎町』

官能的な映像で男女の心の機微を掬い取る名匠・廣木隆一監督と、日本映画界を挑発しつつ数々の名作を生みだし、昨年『共喰い』を手掛け話題を呼んだ脚本家・荒井晴彦が、2003年『ヴァイブレータ』、2006年『やわらかい生活』に次ぎ三作目のタッグを組みます。

この最強コンビによって更なる魅力を引き出されるのは染谷将太と前田敦子。

一流のホテルマンになれなかった歌舞伎町ラブホテルの店長・徹役(主役)に若手実力派の染谷将太、有名ミュージシャンになる夢を叶えようともがく沙耶役に前田敦子が扮します。

廣木×荒井のゴールデンコンビが手掛ける一筋縄ではいかない
大人のエンターテインメント!


染谷・前田が演じる不器用で愛おしい倦怠期の同棲カップルを軸に、5組の男女の人生が歌舞伎町のラブホテルで交錯していく・・・・・・。

また、脇を固める俳優たちが豪華個性派揃いなのも見逃せません!!!


ベテランのラブホテル清掃人に南果歩

その夫で時効を待つ指名手配犯に松重豊

前田敦子演じる沙耶の音楽プロデューサーに大森南朋

デリヘル嬢にいれあげるサラリーマンに村上淳

風俗嬢のスカウトマンに忍成修吾

デリヘルの店長に田口トモロヲ

監督と染谷さんと前田さんのコメントが来ています!

【染谷将太コメント】

「僕は群像劇が好きな人間なのですが、ラブホテルというはなから群像劇になっているステージを荒井さんがとてもステキなまでにラブホテルを越えた域までもっていっていた本でした。撮影は廣木さんの人間力の元、自然と熱気に溢れた現場がとても心地よかったです。

誰が無理をしていることもなくいたって自然に廣木さんについていっている現場に感動を覚えました。

前田さんとの共演は現場に流れる温度に合わせて何も考えずに向かうことができました。

廣木さんからの指示によって本番だけ前田さんにぶつけた芝居もありました。

素直に反応してくださったのでとても演じがいがありました。」


【前田敦子コメント】

「脚本はホテルという一つの場所で様々なカップルがいろいろな方向にストーリーが進んでいく展開が面白かったです。

個性豊かな作品を撮られてきた廣木監督がこの本を手掛けるとどのような作品になるかが楽しみでした。染谷さんは同世代の俳優さんの中では抜群に人を引っ張る力があり、恋人同士のシーンをつくっていく中でリードしていただいた。

染谷さんは自然についていこうと思える素敵な人でした。

撮影全体は廣木監督がつくりだす空気感が心地よく、楽しかったです。

その雰囲気の中で、夢を目指す普通の女の子を、ありのままの感情をぶつけ自然体でお芝居することができました。」


【廣木隆一監督コメント】

「ラブホテルの群像劇という話を頂き、群像劇はずっと挑戦してみたかったし、若い時から仕事をしてきたゆかりのある新宿歌舞伎町という設定も面白いと思った。

染谷さんは存在がずっと気になっていて、一緒にやりたいと思っていた。実際初めて一緒に仕事をして、とても自然体でシンプルに芝居をやってくれたことが、とても良かった。

前田さんを起用した理由は、ミュージシャンの役で、劇中2曲弾き語りをするシーンがあり、歌が歌える女優がよかった。

前田さんなら沙耶を等身大で演じられると思った。
撮影では、役になりきりリアルに演じてました。

ラブホテルの個室で男と女が向き合い、心も体も触れ合うように、この映画は人間の体温が感じられる作品になっています。」

身も心もむきだしになった男女がラブホテルで出会った時に何が起こるのか—?7年後のオリンピックを控え、これから本格的に変わっていく新宿・歌舞伎町。

今しか描けない歌舞伎町のラブホテルを舞台に、実力派俳優たちのリアルな演技による極上の群像ドラマが誕生でっす!

映画『さよなら歌舞伎町』

は、2015年1月 テアトル新宿ほか全国順次公開です!


公式サイトayonara-kabukicho.com

********************************************************************


映画『さよなら歌舞伎町』

出演:染谷将太 前田敦子 大森南朋 松重豊 南果歩 
監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦 中野太 
配給:東京テアトル
R15+
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 


メタボdeダンス!ニック・フロスト「カムバック!」予告編解禁


ニック・フロスト最新作「カムバック!」の予告編が解禁です!

『宇宙人ポール』、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』の製作陣が新たに仕掛ける、熱血ダンスコメディ!

『カムバック!』

は、10月25日(土)シネクイント他全国順次公開です!

解禁された予告編はこちら



いかがですか?

さえないメタボなおっさんが、美しく賢い上司を振り向かせるために、サルサに情熱を注ぎ、切り切れのダンスを!

リアルメタボのニックが7カ月間、毎日7時間特訓したそうです。

本作、ニック・フロストが製作総指揮・原案・主演の3役をこなしています。

監督はジェームス・グリフィス。コメディ集団を追ったショートムービー「 The One And Only Herb McGwyer Plays Wallis Island 」で英国アカデミー賞にノミネートされた新進気鋭の監督です。

実は本作は彼が3年間温めていた企画であり、およそ6ヶ月に及ぶ訓練をした彼のダンスシーンは必見。_CUB4681-Edit
“相棒”サイモン・ペグもカメオ出演する嬉しいサプライズもあり、長年のチームワークを如何なく発揮した、チーム初の“ダンスコメディ”が実現しました!

********************************************************************


『カムバック!』

STORY
少年・ブルースは妹のサムと共に、数々の賞を総ナメにしていた天才サルサダンサー。しかし、いじめられ選手権に出場できなかったことがきっかけで、それっきりサルサダンスを封印してしまう。

カムバック!_ポスター――それから25年後、ブルース(ニック・フロスト)は会社員として平凡な日々を送っていた。

ある日、アメリカから新しく女ボス・ジュリア(ラシダ・ジョーンズ)が赴任してくる。美人でユーモアもある彼女にブルースと同僚のドリュー(クリス・オダウド)はたちまち夢中になるが、ブルースにプレッシャーを与えてくるドリューに気後れし、彼はただ彼女を見つめるだけ。しかしある時、パブで偶然彼女を見かける。声をかけようと追いかけるブルース。彼女が入ったあるスタジオの扉をあけると、そこにはサルサダンスを踊る彼女の姿が…!
 
彼女は“サルサダンサー”だったのだ!

25年振りのトラウマと興奮が押し寄せるブルース。

彼女はもしかして、僕の本当の姿を分かってくれる運命の人かもしれない!

彼女を振り向かせるため、ブルースは25年振りに、サルサダンスの扉をたたく――!

製作総指揮:
ニック・フロスト(『ワールズ・エンド』)
テッサ・ロス(『スラムドッグ・ミリオネア』、『それでも夜は明ける』)
製作:
ニラ・パーク(『ホット・ファズ』、『宇宙人ポール』)
ジェームズ・ビドル(『ワールズ・エンド』)

監督:ジェームス・グリフィス 
脚本:ジョン・ブラウン 
原案:ニック・フロスト
キャスト:
ニック・フロスト、ラシダ・ジョーンズ(『セレステ∞ジェシー』)、クリス・オダウド(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』)、イアン・マクシェーン(『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』)、ロリー・キニア(『007 スカイフォール』)
2014/イギリス/98分/原題「Cuban Fury」/カラー/シネマスコープ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、シンカ
© STUDIOCANAL LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE /CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2013.All Rights Reserved.


声優口演ライブ「したコメ meets チャップリン」開催決定!


「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。
今年も2014年9月12日(金)~16日(火)に開催されますが、

今回決定したイベント上映は大好評企画<声優口演>。

無声映画にライブでセリフを吹き込み蘇らせるこの企画。
今年はチャップリン映画デビュー100年の記念の年。したコメの大好評企画<声優口演>を今年は2日間開催です!

そして、
ハッキリいって声優界の重鎮目白押しの豪華メンバーが集結!

シルヴェスター・スタローンの吹き替えなど、出演本数が7000本を超える声優界の大御所・羽佐間道夫さん、

「ドラゴンボール」の孫悟空役や「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎役で知られる野沢雅子さん、

「タッチ」の上杉達也役、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティ役など、多彩な名優・三ツ矢雄二さん、

「七色の声を持つ男」と名高い人気声優・山寺宏一さん

ほかたくさんの人気声優を迎え、チャップリンの古き良き無声映画に新たな命を吹き込みます!

111
羽佐間道夫 野沢雅子 三ツ矢雄二 山寺宏一 他豪華声優陣が集結
今回、したコメで「口演初お披露目」の作品は
本当に見逃せないプログラムです!

声優口演ライブ「したコメ meets チャップリン」
日時: 9月12日(金) 『チャップリンの質屋』『チャップリンの替玉』
13日(土) 『チャップリンの質屋』『チャップリンの改悟』 ※時間は追って発表いたします。
会場:浅草公会堂(住所:東京都台東区浅草1-38-6)
出演:

9月12日(金)

『チャップリンの質屋』
口演:羽佐間道夫、三ツ矢雄二、若本規夫、田中真弓、岩崎ひろし、中野裕斗
『チャップリンの質屋』
『チャップリンの替玉』
口演:三ツ矢雄二、若本規夫、田中真弓、安達忍、岩崎ひろし、中野裕斗、宮澤はるな、今村一誌洋、皆川壱毅、水瀬郁、成田遼
『チャップリンの替玉』

9月13日(土)
『チャップリンの質屋』
口演:三ツ矢雄二、若本規夫、田原アルノ、土井美加、草尾毅、中野裕斗

『チャップリンの改悟』
口演: 羽佐間道夫、野沢雅子、山寺宏一
『チャップリンの改悟』
第7回したコメメインビジュアル「したコメ」は、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わえるく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭。

メッチャ楽しいイベント満載の映画祭に是非足をお運びください。

公式HP:www.shitacome.jp

********************************************************************


ホドロフスキーにインスパイアのクリエータ展開催!


今週末の7月12日(土)よりいよいよ公開となりますアレハンドロ・ホドロフスキー監督の23年ぶりの新作

『リアリティのダンス』

が公開となります。

公開に併せて、アレハンドロ・ホドロフスキーにインスパイアされた宇川直宏、TOGA、河村康輔、Sister、西島大介、堀木厚志、DISCO nailといった様々なジャンルのクリエイターたちによるスペシャル・コラボレーション展が開催されます。

アレハンドロ・ホドロフスキーにインスパイアされた宇川直宏、TOGA、河村康輔、Sister、西島大介、堀木厚志、DISCO nail
アレハンドロ・ホドロフスキーにインスパイアされた宇川直宏、TOGA、河村康輔、Sister、西島大介、堀木厚志、DISCO nail スペシャル・コラボレーション展

既に販売中の映画『ホドロフスキーのDUNE』のオリジナルグッズやアレハンドロ・ホドロフスキー自身による自画像ドローイングTシャツの販売はもちろん、新たに豪華アーティストたち(宇川直宏、河村康輔、Sister、TOGA)によるコラボレーションTシャツがリリース!

7/11より先行発売、7/12より各公開劇場の一部とオンラインでも販売を開始です。

『ホドロフスキーのDUNE』『リアリティのダンス』2作品をまたいだスタンプカードキャンペーンのコンプリート特典となる、オリジナルバンダナその名も“幸せの黄色いホドバンダナ”お披露目。グラフィックデザインは河村康輔、シルクスクリーンはNADA.の堀木厚志による特別仕様となります。
幸せの黄色いホドバンダナ
幸せの黄色いホドバンダナ


コラボ中のDISCOのネイルデザインや、先日行われたイベントでクリエイトされた西島大介氏のドローイング、河村康輔氏によるDISCOネイル・コラージュ作品も展示。
Collage:河村康輔-Music:大谷能生-Nail-Art:DISCO-nail
Collage:河村康輔-Music:大谷能生-Nail-Art:DISCO-nail

【開催概要】

『ホドロフスキーのDUNE』『リアリティのダンス』公開記念
スペシャル・コラボレーション展


会期:2014年7月11日(金)~8月4日(月)
料金:無料
会場:アップリンク・ギャラリー
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
tel. 03-6825-5503
http://www.uplink.co.jp/gallery/2014/29427
参加アーティスト
T-shirt:アレハンドロ・ホドロフスキー、宇川直宏、河村康輔、Sister、TOGA
Silk Screen Bandana:河村康輔×堀木厚志(NADA.)
Nail Art:DISCO
Drawing:西島大介

西島大介postcard
西島大介postcard


Tシャツbodyのせ ※コラボレーションTシャツは7/12(土)より一部上映劇場、オンラインでも販売。
詳細はこちら。https://www.parco-city.com/shop/18upl138/18upl138

ホドロフスキー自画像Tシャツ(非売品バッヂつき)
価格:¥3,500
サイズ:S,M,L
ボディ:ホワイト
プリント:フロント
シルクスクリーン印刷(ブラック)

ホドロフスキー×宇川直宏 Tシャツ
価格:¥5000
サイズ:S,M,L
ボディ:ブラック
プリント:フロント+バック
シルクスクリーン印刷(グレー/シルバー)

ホドロフスキー×河村康輔 Tシャツ
価格:¥4,200
サイズ:S,M,L
ボディ:ブラック
プリント:フロント
シルクスクリーン印刷(ホワイト)

ホドロフスキー×Sister Tシャツ
価格:¥4,200
サイズ:S,M,L
ボディ:ホワイト
プリント:フロント
シルクスクリーン印刷(ブラック/ワインレッド)

ホドロフスキー×TOGA Tシャツ
価格:¥5,000
サイズ:S,M,L
ボディ:ホワイト
プリント:フロント
シルクスクリーン印刷(ブラック/イエロー)
ラバーシート加工

********************************************************************


映画『リアリティのダンス』

リアリティのダンス_ビジュアル_m世界を熱狂させた巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー、85歳。
23年ぶりの新作は、ホドロフスキーがに原点に立ち戻り生み出す癒しの物語。

1990年の『The RainbowThief』(日本未公開)以来23年ぶりとなる新作は、生まれ故郷チリの田舎町で撮影された自伝的作品。権威的な父親との軋轢と和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た“世界”とは…映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。

『リアリティのダンス』
『リアリティのダンス』
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』)、パメラ・フローレス、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー
音楽:アダン・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
配給:アップリンク/パルコ
(2013 年/チリ・フランス/130 分/スペイン語/カラー/1:1.85/DCP)

(c) “LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE 2013

2014年7月12日(土)より
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷アップリンク、キネカ大森ほか、全国順次公開

公式サイト: http://www.uplink.co.jp/dance/
公式Twitter : https://twitter.com/danceofreality
公式Facebook : https://www.facebook.com/TheDanceOfReality.jp


殺し方教えます『殺人ワークショップ』


殺したい人がいるあなたへ。殺し方教えます。

って、やばすぎです。

殺人を教えるという衝撃的なテーマ! 
鬼才・白石晃士監督の幻の問題作がついに《完全版》として公開決定!

『殺人ワークショップ』 

9月13日(土)劇場公開決定!

殺人ワークショップ
殺人ワークショップ1白石監督が今回題材に選んだのは、殺人の方法を教える闇のワークショップ。しかも、集まった者たちが殺したい相手を皆で本当に殺していく、実践型のワークショップ。「殺人という反社会的な目的に突き進むことで、魂が解放されていく様を描く」

殺人ワークショップ2主演は『オカルト』『超・悪人』で白石作品に主演し、強烈なインパクトを放つ宇野祥平。彼のミステリアスな佇まいが、恐ろしくも人間味を感じさせる殺人ワークショップの講師役に説得力が。

殺人ワークショップ3
主題歌は張り裂けそうな歌声で独自の音楽世界を築く北村早樹子

本作のために書き下ろした「卵のエチュード」(8/27リリース決定)は静謐で崇高な光を感じさせ、映画の世界観に深みを与えています。

本作は俳優と映画監督を養成するENBUゼミナールで、白石監督が講師を担当した俳優コースの実習作品として作られ、これまでに3回だけ上映。するとそのあまりにも衝撃的な内容が大きな反響を呼び、早くから劇場公開をのぞむ声が上がっていた作品にさらなる編集を加えた《完全版》として、ついに劇場公開です。

『殺人ワークショップ』
2014年9月13日(土)より渋谷アップリンクにて公開

公式HP: https://www.facebook.com/mdr.workshop
公式twitter アカウント名:murder_ws



********************************************************************


『殺人ワークショップ』
同棲する恋人から日常的に暴力を振るわれているアキコの元へ、奇妙なメールが届く。それは「殺したい人はいませんか?人の殺し方を教えます」と書かれた、闇の殺人ワークショップへと誘うメールだった。アキコはそのメールに返信し、ワークショップへと応募するのだが…。
監督・脚本:白石晃士
出演:宇野祥平、木内彬子、西村美恵、徳留秀利、伊藤麻美、井ノ川岬、杉木悠真、重田裕友樹、川連廣明、須田浩章、細川佳央
撮影監督:岩永洋
録音:小牧将人
特殊メイク:相蘇敬介(LINK FACTORY)
編集:宮崎歩(STUDIO VIEW)
製作:ENBUゼミナール
宣伝・配給:ENBUゼミナール 
(HD/シネマスコープ/2014/75分)
©ENBUゼミナール