「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

真っ直ぐな心にかけた『ソロモンの偽証 後篇・裁判』舞台挨拶


 4月11日(土)の

ソロモンの偽証 後篇・裁判

の公開を目前に控えながらも、前篇を鑑賞した方々からは「早く後篇・裁判を観たい!」という声が多数あがっており、来たる4月4日(土)と4月5日(日)の両日 後篇・裁判の先行上映がおこなわれました。

さらに『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の先行上映を記念して、1万人の中から主演の座を勝ち取った藤野涼子、成島監督に“藤野と板垣に賭けた”と言わしめ、後篇・裁判の大きなカギを握る神原和彦を演じた板垣瑞生、そして成島出監督が登壇する舞台挨拶を4月5日に実施いたしました。

0405『ソロモンの偽証』後篇上映イベント1
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』先行上映記念舞台挨拶 
イベントレポート

日時:4月5日(日) 
場所:新宿ピカデリー スクリーン1
登壇者:藤野涼子、板垣瑞生、成島出監督

舞台挨拶内容

藤野涼子さん:本日はあといよいよ公開が1週間後に迫った『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の先行上映にお越しいただきましてありがとうございます。
後篇はどうなっているのだろうというモヤモヤが一足早く晴れたことだと思います。

板垣瑞生さん:若い方も大勢劇場に来ていただけて嬉しいです。ありがとうございます。

成島出監督:皆さんにひとつお詫びがあります。本当は前後篇にしたくなかったのですが、初めのプロットでいくと10時間位になってしまうところでした。なんとかインターバルを入れてでも一本にしようとおもったのですが、宮部みゆきさんの原作を半分くらいしか入れ込むことが出来なくなってしまうので2部作という形にさせていただきました。若い方も大勢、貴重なお小遣いのなかから来てくれてありがとうございます。


MC:後篇は裁判のシーンが特に見どころですが、印象に残っているシーンなどありますか?

藤野さん:特に最後のシーンです。そこに居ない人に対して想いを伝える、表現するということはとても大変だなと思いました。何度もNGを出しましたが、監督やスタッフのおかげで最後は自分でも納得できる演技ができたと思います。

板垣さん:300人を前にした長回しシーンです。プレッシャーが凄かったです。

成島監督:藤野さん、板垣君は子役からやっている子とかに比べて一番演技ができませんでした。演技としては最下位と言っていいほどでしたが二人の真っ直ぐな眼差しと、真っ直ぐな心にかけてみようと思いました。間に合わないと反対するスタッフもいましたが、結果的に二人が見事やり気ってくれました。

MC:後篇・裁判の公開も間もなくですが、今の心境はいかがですか。

藤野さん:オーディションも含め1年以上携わってきた作品がようやく公開されるという想いと、寂しいなという想いがあります。

板垣さん:現場で色々な方と出会えて、そして公開されて作品を沢山の方に観ていただけるというのはとても嬉しいです。一生で一度あるかないかの貴重な現場に参加させていただき、ありがとうございました。MC:作品をご覧になった周りの方々からの反応はいかがですか?

藤野さん:前篇良いところで終わるので、「後篇を早く観たい!」とよく言われますね。

成島監督:映画をご覧になった方は是非原作も読んでみてください。キャラクターの背景など映画で描き切れていないところもありより一層楽しんでいただけると思います。映画化には、原作の宮部みゆきさんも太鼓判を押してくれています。

MC:それでは最後に一言お願いいたします。

藤野さん:今日はお越しいただきまして本当にありがとうございました。
みなさん、最後までご覧になったので作品の結末はおわかりだと思いますが、そこは秘密にしていただいた上で周りの方に薦めていただければと思います。よろしくお願いします!

0405『ソロモンの偽証』後篇上映イベント2
後篇見たい度 98.4%!!

『ソロモンの偽証 前篇・事件』絶賛公開中
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』4月11日(土)公開!


公式HP:www.solomon-movie.jp

「ソロモンの偽証」後篇メイン
********************************************************************

【Story】
校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。誰がなぜ、嘘をついている?
被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。
ソロモン後篇ポスター意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。
また、死亡当夜の柏木卓也の足取りを追う中で、卓也の自宅にそれぞれ異なる場所の公衆電話より4回電話があったことが判明、涼子はこの4本の電話こそが事件の真相の鍵を握ると確信する。校内裁判で告発状の真相を語りたいと出廷を表明する樹理、また時を同じくして、凄惨な過去を背負いながら真っすぐに生きようとする神原の姿勢に感化され、大出も出廷を決意する。
朗報に心躍らせるクラスメートたち、しかし涼子はある人物への疑念が拭えない。
 遂に開廷される前代未聞の校内裁判、生徒・保護者ほか多くの傍聴人が押し寄せ、会場となった体育館は、異様な雰囲気に包まれる。
告発状、卓也死亡当夜の4本の電話ーそれらに隠された驚愕の真実が次々と判明していく。なぜ、あなたは嘘をついたのか。その嘘に隠された思いとはいったい―。

原作:宮部みゆき(新潮文庫刊)/監督:成島出
出演:藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 
清水尋也 富田望生 前田航基 望月歩
佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 小日向文世 黒木華 尾野真千子

配給:松竹
(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会
  


テニミュ3rd青学vs不動峰大千秋楽ライブビューイング決定!


大人気ミュージカル大千秋楽公演を全国の映画館で完全生中継!

2015年5月17日(日)にTOKYO DOME CITY HALLで上演される

「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs不動峰」

大千秋楽公演を全国の映画館でライブビューイングすることが決定しました!

テニスの王子様3rdライブビューイング
ミュージカル『テニスの王子様』(通称「テニミュ」)が、遂に3rdシーズンに突入。2月13日(金)の東京プレビュー公演を皮切りに台湾・香港公演を経て、5月17日(日)まで、全国5ヶ所で上演されます。

“新生テニミュ”の幕明けとなる本作は、キャストを一新し、これまで歌われてきた名曲の新しいアレンジや、3rdシーズンからの新曲も数多く登場し、新たなテニミュの歴史を刻み始めます!

これから繰り広げられていく3rdシーズンの熱戦の火蓋を切る、この不動峰戦大千秋楽公演の熱気を全国同時に映画館の大スクリーンで体感してみてはいかがでしょうか。

ライブ・ビューイング実施概要
◇タイトル :
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs不動峰 大千秋楽ライブビューイング
◇日  時 :2015年5月17日(日)18:00開演  
◇会  場 :全国各地の映画館 
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、終映が19:00を過ぎる上映回にはご入場いただけませ  ん。予めご了承ください。 
◇料  金: ¥3,600(全席指定/税込み)  
◇チケット:
【プレオーダー】4月5日(日) 12:00~4月19日(日)23:59
◎イープラス:http://eplus.jp/tennimu2015f-lv/  
(PC、モバイル共通)

【一般発売】  4月29日(水・祝)12:00~5月15日(金)12:00  
◎イープラス:http://eplus.jp/tennimu2015f-lv/
(PC、モバイル共通)
◎全国のファミリーマート店内の端末「Famiポート」にて販売

※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
◇プレイガイドチケットに関するお問い合せ:
イープラス 0570-07-5050 (10:00~18:00 オペレーター対応)

LVJ_teni_fudouB10323_olミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs不動峰 大千秋楽ライブビューイング情報サイト
http://liveviewing.jp/tennimu3rd-fudomine/

ミュージカル『テニスの王子様』
公式サイト http://www.tennimu.com/ 
主 催:テニミュ製作委員会
(ネルケプランニング/マーベラス/集英社/日本アドシステムズ/テレビ東京)

配  給:ライブ・ビューイング・ジャパン

********************************************************************

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs不動峰 STORY
テニスの名門校・青春学園中等部(青学(せいがく))に入学してきた越前リョーマは、アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持つ、テニスの天才少年。
早速テニス部に入部したリョーマはクールな態度を誤解されるが、その圧倒的な強さ、テニスセンスは他を寄せつけない。
そんな中、特例で都大会のレギュラーを決める校内ランキング戦への出場を許され、見事レギュラーの座を勝ち取る。青学(せいがく)は地区予選を
順調に勝ち進み、いよいよ決勝戦へとコマを進める。しかし、決勝の対戦校は意外にも、昨年暴力沙汰で大会出場を辞退したノーシード
校・不動峰であった…。不動峰の気迫に、苦戦を強いられる青学(せいがく)レギュラー陣。地区予選の優勝をかけた、最後の一戦が始まる。
©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト 
©許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会


『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』初日舞台挨拶


ジヌよさらば~かむろば村へ~

4月4日(土)に公開となりました!!!

そして、主演の松田龍平さん、監督の松尾スズキさん、世話焼きな村長役の阿部サダヲさん、どこかアヤしい女子高生役の二階堂ふみ、神様的な西田敏行さんを迎え初日舞台挨拶が行われました

さらに、劇中の田んぼで収穫されたお米から全国各地の劇場をめぐる“わらしべ長者キャンペーン”が行われ、最終地である新宿ピカデリーで最後の物と交換が行われました。

映画『ジヌよさらば~かむろば村へ~』初日舞台挨拶

日時:4月4日(土)
場所:新宿ピカデリー
http://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/access.html

登壇者:松尾スズキ監督、松田龍平、阿部サダヲ、二階堂ふみ、西田敏行

ジヌよさらばsy日舞台挨拶
登壇最初のご挨拶

松田さん:無事初日が迎えられて幸せです。楽しんで帰ってください。(ヘアスタイルは)撮影中です。
松田龍平
阿部さん:面白かったですか?(盛大な拍手)じゃ、今日宜しくお願いします。
阿部サダヲ
二階堂さん:短い時間ですが楽しんでいってください。
二階堂ふみ
西田さん:どうもようこそ。ジヌよさらばと言う映画に出ていますが、有料のお客様が大好きです。
西田敏行
松尾監督:ありがとうございます。キャスト、スタッフのおかげでようやく撮影から1年ようやく公開に漕ぎ着けました。
松尾スズキ監督2
MC:原作の笑いに、監督オリジナルの笑いも入ってますがご苦労なさった点は?それからお気に入りのシーンは。

松尾監督:苦労はなかったですね。むしろいがらしさんだったら、こういうギャグをここでいれるなって。最初のシーンを思いついた時に自然な流れでギャグが出来てきました。気に入ったシーンは、三谷幸喜さんの写真の前でわさわさしてるところですね。全くいらないですからね。

MC:監督の演出はいかがでしたか?
松田さん:毎シーン提案していただいて。動きは監督が見せてくれて。独特過ぎて「できないっす」って言いながらくみ取りながら演じました。

MC:阿部さん印象的な役ですが・・
阿部さん:かっこよく太れたなと。台本にない監督の思い付きが多くて。川に落ちるのも阿部だったらいいだろみたいな。

監督:阿部ならいいだろじゃなくて、阿部なら出来るだろです。信頼です。

二階堂ふみ2MC:ちょうど留学中にオファーがあったようですが。
二階堂さん:いままでの役と違って。。脚本いただいて少年漫画にあるお色気マンガみたいな立ち位置になれる気がして。いいなと思って。是非できたらいいなと思いました。さらけ出しました。(観客拍手)

監督:パンチらに拍手が起きたのも初めてですね。映画史上。

MC:西田さんのセリフが心に響きましたけど。
西田さん:神様ですからね。私の普段どおりが神様のようなので問題ないなと。

MC:この世で一番苦手なものを教えてください。

監督:買い物が苦手で。特に、ガチャガチャしたお店は混乱して駄目ですね。でも、つい入っちゃうんですけどね。

松田さん:虫。げじげじ、ムカデ、蛾ですね。

二階堂さん:排水溝にたまった髪の毛。あれへ込みますね。

阿部さん:俺も蛾でいいですかね。耳の中に入ったことがあって“ドゥダダダダ”だってどんどん奥に入っていくんです。それ以来。高2位でしたが泣いちゃいました。

西田さん:膝にたまった水ですね。一向に去ってくれません。

ここで、わらしべ長者キャンペーン最後の物々交換。
広島宮島しゃもじが・・・鑑賞券10枚を飾り熊で柄の手拭いに包んだものと交換。
わらしべ長者0 わらしべ長者 わらしべ長者2
最後に・・・
松田龍平2 監督:最後までお付き合いいただいてありがとうございます。お客さんに観られて何ぼです。ご協力お願いします。

松田さん:笑っていただけたら嬉しい映画なんで。面白かった方は観ていない方にお披露目ください。


『ぼのぼの』『I(アイ)』など、独特の世界観で多くのファンを持ついがらしみきお原作の人気漫画「かむろば村へ」を、鬼才、松尾スズキが監督。誰も観たことがないリアルとファンタジーの間をいく爽やかなエンタテイメント快作です。

4月4日(土)より、全国公開です!

公式HP:http://www.jinuyo-saraba.com/

********************************************************************

<ストーリー>
銀行マンとしての資質がなかったのか、深刻な<お金恐怖症>に陥ったタケ(松田龍平)は過疎化が進む小さな村“かむろば村”へ逃げるようにやってきた。財産は100万円で手に入れた空き家だけ。
ジヌよさらばポスター ガスも水道も携帯電話も要らない!現金は使わない!と宣言したものの、暖房の無いボロ家で暮らし始めた初日に風邪をひく始末。

農業を始める気なら田舎暮らしこそ現金や携帯電話が必要なのに、と村人たちにあきれられる毎日だ。
田舎暮らしを甘くみていたタケだが面倒見のいい村長・与三郎(阿部サダヲ)が経営する村唯一のスーパーで雇ってもらうことになりバイト代は食糧の現物支給で。田んぼや畑の仕事を村人たちに教えてもらいつつ、なんとか物々交換と自給自足生活になじみ始めたある日、怪しい男(松尾スズキ)が村に現れ……。

作品概要
監督・脚本・出演/松尾スズキ
原作/いがらしみきお「かむろば村へ」(小学館 ビッグコミックス スペシャル刊)

出演/松田龍平、阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、片桐はいり、中村優子、
村杉蝉之介、伊勢志摩、オクイシュージ、モロ師岡、荒川良々、皆川猿時、西田敏行
特別協力/福島県柳津町 
特別協賛/福島民報社  
配給/キノフィルムズ
(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会
  
  


ヒップホップの原点『ワイルド・スタイル』トークイベント&関連企画展


3月21日(土)より劇場公開し、現在大ヒット上映中の映画『ワイルド・スタイル』

1983年に公開され、影響を受けたと公言するアーティストは数知れず。DJ/ラップ/ブレイクダンス/グラフィティ・アートからなる「HIP HOPカルチャー」を全世界に広め、世界中に衝撃を与えた伝説の映画と言われています。

その大ヒットを記念して、①『ワイルド・スタイル』の上映+トークイベントと、②関連企画展が開催されます。

①『ワイルド・スタイル』上映+HIPHOP講座

「Back to 1983 in TOKYO-あの年、東京で何が起きたのか‐」

ゲスト:葛井克亮、荏開津 広、ばるぼら

日時:2015 年4 月15 日(水)
19:15 開場/19:30上映【上映終了後トークショー】
会場:アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18トツネビル)
ゲスト:葛井克亮/Kaz KUZUI、荏開津 広(執筆/DJ/京都精華大学非常勤講師)、ばるぼら(ネットワーカー)

料金:水曜サービスデー¥1,100 / UPLINK会員¥1,000
詳細・ご予約:http://www.uplink.co.jp/event/2015/36717

日本のHIPHOPは1983年の映画『ワイルド・スタイル』(最初の)公開を皮切りに文化的にも商業的にも大きく飛躍していきました。当時の東京公開時には総勢20名以上のアーティストが来日し様々な場所でパフォーマンスを披露、日本のHIPHOPシーン形成に大きな影響を与えたといわれています。

まさにHIPHOP史に残る事件ともいわれる映画『ワイルド・スタイル』日本公開。あの年、東京でいったい何が起きていたのか?ゲストに『ワイルド・スタイル』を日本に紹介した葛井克亮さん、ヒップホップ、80年代サブカルチャー双方のガイド役として荏開津 広さん、ばるぼらさんを迎え、あの年、東京でいったい何が起きていたか、何が事件だったのかを考察・検証していきます。

wildstyle_sub
②映画『ワイルド・スタイル』公開記念企画

ワイルド“ブームボックス”スタイル展
‐ラジカセで辿るHIPHOP30年の歴史‐

日本で生産されたラジカセはアメリカに渡り「BOOMBOX」あるいは「ghettoblaster」と呼ばれヒップホップムーブメントの飛躍に一役買いました。本展示では当時の日本製ヴィンテージラジカセの展示から現行のアメリカブランドのラジカセまでを展示しヒップホップ30年の歴史をラジカセで辿ります。※一部販売も行います。

ブームボックス展
【開催概要】
会期:2015年4月1日(水)~4/27(月)
料金:無料
会場:アップリンク・ギャラリー
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
tel. 03-6825-5503

※詳細はこちら
http://www.uplink.co.jp/gallery/2015/36679

【展示協力】
松崎順一(家電蒐集家/デザインアンダーグラウンド主宰)/RAZY WORKS(lasonic)

ワイルド・スタイル

渋谷シネマライズ、シネ・リーブル梅田、名古屋センチュリーシネマほか、全国順次公開中。

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/wildstyle/
公式Twitter:https://twitter.com/WILDSTYLE_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/1536356179967832

********************************************************************

DJ/ラップ/ブレイクダンス/グラフィティ・アート。
ヒップホップが始まる瞬間を切り取った、今こそ観るべきマスターピース!
ワイルドスタイルA 1982年、ニューヨーク、サウス・ブロンクス。グラフィティライターのレイモンドは、深夜に地下鉄のガレージへ忍び込み、スプレーで地下鉄にグラフィティを描いていた。レイモンドのグラフィティはその奇抜なデザインで評判を呼んだが、違法行為のため正体を明かせずにいた。ある日、これまでに何人ものアーティストを表舞台に送り出してきた新聞記者のバージニアから仕事の依頼が舞い込むが、仕事として描くことと自由に描くことの選択に思い悩む…。

監督・製作・脚本:チャーリー・エーハン
音楽:ファブ・ファイブ・フレディ(フレッド・ブラズウェイト)、クリス・スタイン
撮影:クライブ・デヴィッドソン 
キャスト:リー・ジョージ・キュノネス/ファブ・ファイブ・フレディ(フレッド・ブラズウェイト)/サンドラ・ピンク・ファーバラ/パティ・アスター/グランドマスター・フラッシュ/ビジー・ビー/コールド・クラッシュ・ブラザーズ/ラメルジー/ロック・ステディ・クルー、ほか 
(1982年/アメリカ/82分/スタンダード/DCP)
提供:パルコ 
配給:アップリンク/パルコ 
宣伝:ビーズインターナショナル 
字幕監修:K DUB SHINE 

©New York Beat Films LLC
  


人生逃げ腰の方には、危険!映画『セッション』試写してきた。


何かに前のめりな方に、至極の映画

逆に人生逃げ腰の方は観ないほうが!!危険な映画です。


先日、映画『セッション』の金子ノブアキさんのトークショーを取材に行ったのですが、余りにも彼のこの映画へのメッセージが良かったので、その足で試写に行ってきました。

で、どうだったかと言うと凄いもの観てしまった感。
そして、強迫観念が残る疲れが。

それは自分の甘さがしみたから。。。

セッションメイン
本作の内容は、

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したニーマンを待っていたのは、伝説の鬼教師フレッチャー。

因みに映画の原題はWHIPLASH 鞭打ち。
実は、本作の中心になる楽曲名でここからすべてが始まります。

常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。罵声罵声罵声罵声!
やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

やがて・・・

鬼教師フレッチャーのJ・K・シモンズが強烈。
彼でなかったらこの映画が成り立たなかったのではと思えるほど迫真です。

もちろん、主役のマイルズ・テラーも鬼気迫ってます。この映画でドラムを始めたそうですが、この映画に近いぐらい練習したに違いありません。

でも、J・K・シモンズの存在感が凄過ぎです。

さらに特出すべきは、、

監督が29歳のデイミアン・チャゼル。
今後引っ張りだこの監督になるのでしょうね。

実は、彼は高校の時にドラムをやっていて、その時の体験がモチーフになっているそうです。フィッチャーのモデルの先生がいるということですよね。

そして、
この映画が大きく話題になって、評価が高いのは

おそらく最後の終わり方。

え~!!!

そして、素晴らしい。
あなたも是非、WHIPLASHな世界へ。

セッション

4月17日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー


注意点!!!
・音楽好きじゃない方は、途中飽きるかも。
・精神的にタフさが求められるかも。


********************************************************************


セッションポスター監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー『ダイバージェント』
J・K・シモンズ『JUNO/ジュノ』
配給:ギャガ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ

(c) 2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.