「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

菊地亜美が選んだ守られたいのは岡田?木下?『カリフォルニア・ダウン』


巨大地震に崩壊するカリフォルニア。愛する者を守り抜く父親の姿が胸をうつ、ドウェイン・ジョンソン主演の感動のエンターテイメント超大作

カリフォルニア・ダウン

は、9月12日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
今回公開直前特別試写会が行われ「2007年度ベスト・ファーザーin関西」受賞、どんなイベントでも全力!な、ますだおかだ岡田圭右さん、そして、菊地亜美さんが登壇!さらにTKO木下隆行さんが、和製ドウェイン・ジョンソンとして登場!

そして・・菊池さんが岡田と木下、どちらに守られたいか?!の質問に!
カリフォルニアダウン特別試写会
『カリフォルニア・ダウン』イベント付き特別試写会
日程:9月7日(月) 11:00~11:40
ゲスト:ますだおかだ岡田圭右(46)/TKO木下隆行(43)/菊地亜美(25)
会場:都内

岡田さん:朝最早からありがとうございます!先ほど試写観させていただいて。凄いんです。終わった時スタンディングオベーションしちゃいました!
カリフォルニアダウン岡田圭右
菊地さん:色だけ、衣装をヒロインと同じにしてきました。開始30秒からハラハラドキドキが止まらなくて!2時間あっという間で。最後ほっこり。今までの洋画で一番胸にささりました!結構序盤で泣いちゃって。

岡田さん:俺も号泣しちゃった!あの岡田も泣いた!大切な人。家族と観て欲しいです!
菊地亜美

MC:理想の父親像は?

菊地さん:この映画を観て、お父さんに任せられるような、守ってくれるようなお父さんが理想です。実際のお父さんは寡黙で・・こんな状況になったことないですからね。多分。守ってくれると思います。

MC:芸能界のお父さんは?

菊地さん:・・・・

岡田さん:芸能界の母は和田アキ子さんですね。強烈な母です。ウルトラの母超えてますから!包み込んでくれます。握りつぶしてもくれます。

菊地さん:居ないんです。(MC:バカリズムさんは?)バカリズムさんはお世話になってるんですけど親戚のおじさんみたいなんです。

MC:実は本日スペシャルゲストに来ていただいてます!

TKO木下さんがドウェイン・ジョンソンになりきって登場!

木下さん:Thank you for invite me! 映画の中でもバツイチで。どんだけグッと来たか。
ドウェインジョンソンになりきるTKO木下
菊地さん:なんか違う!

MC:ドェインと言うよりは
カリフォルニア鶴瓶
MC:鶴瓶師匠!ですね。さて、木下さんへのオファー理由が劇中のドェインは娘との絆が強いけれども疎遠になってしまう。木下さんもわかれた奥さんと娘さんにあって仲が良いということで。

菊地さん:映画のヒロインも木下さんの娘さんもお父さんに気持ちを伝えるなんて偉いとおもいます。

MC:もし自分の父親になるならば頼りがいがあるのは?岡田さん、木下さんのどっち。

菊地さん:絶対選ばないとですよね。・・岡田さん! 
菊地亜美のベストFは岡田圭右
菊地さん:木下さんは気が若いので。チャラいんですよ。岡田さんは本当にちゃんとしていらっしゃるので。危ない時は助けてくれそうです。


MC:最後にメッセージを!

菊地さん:本当に迫力ある映像で、家族と観ても友達と観ても心から離れない心が打たれる映画だと思います。

木下さん:映画館で是非観ていただきたい。今この時を大切な人と出来るだけ一緒に居たくなる映画です。

MC:岡田さんはギャグで!

岡田さん:地球が割れる俺の・・・・・カリフォルニアダウン、岡田もダウン!See You!



岡田さん、菊池さんともに前半から泣いた!

カリフォルニア・ダウン

9月12日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー

配給:ワーナー・ブラザース映画 
(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

********************************************************************




マララ・ユスフザイの素顔を描いたドキュメント『わたしはマララ』予告編到着!


一人の子供、一人の教師、一冊の本、一本のペンが世界を変えるのです
―マララ・ユスフザイ

He_named_Me_Malala2014年ノーベル平和賞の最年少受賞者となった 17歳の少女マララ・ユスフザイの素顔を描いたFOXサーチライト初のドキュメンタリー映画『わたしはマララ』原題:He named me Malalaが 12月 11日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショーとなります。

その予告編&ポスタービジュアルが解禁となりました!

わたしはマララポスター本作は、史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが、当時15歳だったマララと友人がスクールバスで下校途中に銃撃された衝撃的な事件とともに、マララの出生、父ジアウディンがその名に込めた想い、そして今の彼女を追っていきます。

なぜ教育のために運動し、タリバンに撃たれたのか?

ブラッド・ピットやロジャー・フェデラーが好きな“ふつう”の女の子が世界を変えようとしている―。

本予告編では、パキスタンのスワート渓谷で女の子が生まれ、アフガニスタンの伝説の少女マラライの名に因みマララと名付けられたこと、そして多大な影響を受けた教育者でもある父や彼を支える家族と過ごす今の生活を追います。

メガフォンは『不都合な真実』のデイヴィス・グッゲンハイム監督です。
彼の目が知られざるマララとその家族の絆に迫っています。



同時代を生きる私たちがいま知っておくべきストーリーかもしれません。
是非劇場へ。

『わたしはマララ』原題:He named me Malala

12月 11日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショーです。
公式サイト: malala.jp

********************************************************************

監督:デイヴィス・グッゲンハイム『不都合な真実』
出演:マララ・ユスフザイとその家族
2015年/アメリカ /カラー /ヴィスタサイズ /88分
日本語字幕:栗原とみ子
原題: He named me Malala
©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
配給:20世紀フォックス映画


KISSがしたくなる映画集『XXX』初日舞台挨拶


新人脚本家ユニット《チュープロ》からオリジナル脚本を託された矢崎監督がプロジェクト。
オムニバス映画『XXX KISS KISS KISS』が9月5日から公開となり、監督はじめ各主要キャストが登壇しての初日舞台挨拶が行われました。
xxx_初日舞台挨拶
オムニバス映画『XXX』初日舞台挨拶
日付:9月5日
場所:K‘sシネマ
登壇者:矢崎仁司監督
『儀式』松本若菜、加藤良輔
『背後の虚無』柿本光太郎、安居剣一郎
『さよならのはじめかた』中丸新将、塚田美津代、涼香
『いつかの果て果て』荻野友里、草野康太
『初恋』川野直輝、吉田優華

矢崎監督:今日は来ていただきありがとうございます。まだ大きな画面で観ていないのでちょっと心配なんですけど。ラッシュをみていたら、無性にキスしたくなったんです。今観たばかりの皆さんは、きっと、早く帰ってキスしたいのではないかと思います。

大変な撮影に火をつけた5人の脚本家。撮影現場でも一緒に現場を作ってくれて暖かい思いでした。
キスシーンは始まるとどこでカット掛けようか迷いますね。素敵なキスは見ると得したような気がするので。なんとかそんなキスが心に残るように撮影しました。

xxx_初日舞台挨拶_矢崎仁司監督
儀式から

松本さん:今日、他の作品すべて見て、其々のキスの色があって。とても見ごたえがあった2時間45分でした。でも、一番『儀式』が好きかな。
撮影は、監督の山梨の実家で、そこでは5人の脚本家の皆さんがご飯を作って下さって。楽しくて印象的でした。
xxx_初日舞台挨拶_松本若菜
加藤さん:キスがしたいです。そこにつきます。
撮影は、雰囲気が凄くあったかくって。緊張をほぐしてくださいました。
xxx_初日舞台挨拶_加藤良輔

背後の虚無から

柿本さん:初めて全5作観たのですけど。僕は同性愛の役でちょっとヘビーなんじゃないかなと思っていたんですけど。他の5作もみてそんなに重くないなと。僕自身観てちょっと可愛いなと思いました。撮影はホームのようでまたやりたいなと思いました。
xxx_初日舞台挨拶_柿本光太郎
安居さん:僕もキスっていいなと思ったのですが・・僕は光太郎君とだったので。状況によってキスの仕方も違うんだなと思って。興奮しました。帽子は矢崎監督リスペクトでみな帽子かぶってます。撮影時のバイクは僕の自前で、監督の家と撮影を往復してまるで親戚のうちに遊びに行ってるようでした。
xxx_初日舞台挨拶_安居剣一郎2
さよならのはじめかたから

中丸さん:土曜の午後に劇場に足をお運びくださりありがとうございます。当初出来るかなと思った役でしたが、正直グッときました。最後のシーンが監督のお母さんの部屋でしたね。
xxx_初日舞台挨拶_中丸新将
塚田さん:初めて自分で観て、とても素敵な映画でした。本当に平凡な人が出ている話ですけど最後のキラキラ感。全ての人たちがキラキラしてるんだよと象徴しているとおもいます。
xxx_初日舞台挨拶_塚田美津代2
涼香さん:この大きなスクリーンに自分が映るのはまだ慣れてなくて。恥ずかしくて。でも、出演出来たことが嬉しく。感謝しています!
xxx_初日舞台挨拶_涼香
いつかの果て果て

荻野さん:撮影当時の虚無感とふわふわした感じがそのまま映像になってるなと。自分的にはタバコとタバコのキスがエロかったと思います。
xxx_初日舞台挨拶_荻野友里
草野さん:キャスト凄いこれだけいますが、スタッフは少人数で。現場の大変さが映像に現れていないのが感動でした。僕たちの映画は撮影最終日が9月5日で今日がちょうど1年で。この時間帯がちょうどごはん時でしたね。
xxx_初日舞台挨拶_草野康太
初恋から

川野さん:余韻があって笑いが止まりませんが。いろんなキスがあるんだなと思いました。
xxx_初日舞台挨拶_川野直輝
吉田さん:初めて5作品観て、矢崎ワールドの画の美しさを感じました。初恋の最後の青空が大好きです。スタッフさんたちと衣食住一緒で家族のように過ごして、和気藹々な現場でした。
xxx_初日舞台挨拶_吉田優華
×××_ちらし表新宿K’s cinemaではこの公開を記念し、《more yazaki movie》として矢崎仁司特集も開催決定。上映作は『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』『不倫純愛』『太陽の坐る場所』『花を摘む少女 虫を殺す少女』。特にソフト化されていない『花を摘む少女 虫を殺す少女』は、映画館でしか見られません。この機会にぜひ特集にも足をお運びください。


『×××(読み:キスキスキス) 』情報
●公式サイト:http://filmbandits.net/xxx/

2015年9月5日(土)より、新宿K’s cinemaで都内独占公開です!
上映時間:
9/5(土)~11(金)、19(土)~25(金) 12:30、18:00
9/12(土)~18(金) 12:30、15:45、19:00(9/13(日)、14(月)、16(水)は12:30、20:00)
9/26(土)~10/9(金) 20:00
(情報は8月30日現在です。必ず劇場:新宿K’s cinemaにhttp://www.ks-cinema.com/schedule/ご確認ください)

監督:矢崎仁司(『三月のライオン』、『ストロベリーショートケイクス』、『太陽の坐る場所』)
撮影:石井勲(『不倫純愛』、『なにもこわいことはない』、『チョコリエッタ』)
照明:大坂章夫(『青春☆金属バット』、『ストロベリーショートケイクス』、『人生、いろどり』)
編集:目見田健(『青二才』、『タイガーマスク』、『マリア狂想曲』)
音楽:田中拓人(『オカンの嫁入り』、『そこのみにて光輝く』)
助監督:古畑耕平 
キャスティング:横山千賀、斎藤緑
©Cfilmbandits 
  
********************************************************************


『儀式』
儀式1儀式儀式1図書館で働く兎雨子(松本若菜)。今朝もまた同棲相手の晴日斗(加藤良輔)と喧嘩した。一緒に暮らすうちに何かを失ってゆく。たとえば希望、信頼、そして熱情――。 「もうおしまい」。いつもそう思うのに、まるで絡まったまま、ほどけない二人の恋。今度はサヨナラか、仲直りなのか、かかってくるまで分からない声の儀式が、また静かに始まるーー。
◇脚本:武田知愛
◇出演:松本若菜、加藤良輔、林田麻里、深谷由梨香、辻京太、松田将希、牛丸亮、川俣しのぶ、

『背後の虚無』
背後の虚無背後の虚無背後の虚無3東京の大学に通う夏男(柿本光太郎)は、幼馴染の成生(安居剣一郎)に秘かに思いを寄せていた。夏になると故郷・山梨に帰郷し、運転代行業で働く成生を手伝って、ひと夏を共に過ごすのが、夏男のささやかな幸せだった。老いた母と地元で暮らす優しい成生。この友情が終わるのは、自分が告白したときだろう。そう堪えてきた夏男に、ある日突然訪れた虚無とはーー。
◇脚本:朝西真砂
◇出演:柿本光太郎、安居剣一郎、樋井明日香、前野恵、志水季里子、長澤洸青、佐野大輝

『さよならのはじめかた』
さよならのはじめかたさよならのはじめかたさよならのはじめかた4妻は毎朝、庭に水を撒く。夫は新聞を取りに玄関へ出る。知人の葬式に出掛けることが日常になった。緩やかに穏やかに近づく別れの跫音ーー。妻・綾子(塚田美津代)が自らを蝕む病の正体を知ったその日、バス停で出会った少女・明里(涼香)。彼女の言葉が、綾子と浩一(中丸新将)夫婦の心を小さく揺らす。 古いカメラの「眼」の底に残る風景とは……。
◇脚本:中森桃子
◇出演:中丸新将、塚田美津代、涼香

『いつかの果て果て』
いつかの果て果て1いつかの果て果ていつかの果て果て1路上で春を売る美玖(荻野友里)の毎日。昨日も今日もその先もーー。美玖はあこぎな商売で、常にトラブルを抱えていた。その日も追ってきた客の男、安川(草野康太)の前で、また別の客とトラブルを起こす。その様子をじっと見る目、まっすぐ延びる道に一人の少女(海音)が佇んでいた。不思議な視線に惹かれるように川にたどり着く美玖と安川。どこかに続く川の中、闇が3人を満たしていく。
◇脚本:五十嵐愛
◇出演:荻野友里、草野康太、海音、木村トモアキ

『初恋』
初恋2XXX-初恋初恋2トムラ(川野直輝)は心血注いだ金魚屋の経営に失敗、抜け殻のような現実逃避の日々を送っていた。そこへ突然、高校時代の同級生・京子(吉田優華)が現れる。初恋相手との再会に動揺を隠せないトムラ。そんな気持ちを知ってか知らずか、大人びた京子は気ままに泳ぐ金魚のように、トムラの心に波紋を作る―。
◇脚本:大倉加津子
◇出演:川野直輝、吉田優華、榎亮太郎、田中夢、山本将宏、初見弘貴、山田寛幸



知りたかったがここにある『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』公開日決定


美しさとオリジナリティで世界中の人々を魅了している、アントニ・ガウディ世紀のプロジェクト「サグラダ・ファミリア」。

そのドキュメンタリー映画『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』が2015 年12 月12 日(土)、YEBISU GARDEN CINEMA 他にて公開が決定しました。

さらにチラシビジュアルも2 種公開となりました。
創造と神秘のサグラダ・ファミリア
映画『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』ちらしA本作は、カタルーニャ州の建築家アントニ・ガウディが構想し、1882 年の着工から133 年経った現在に至るまでいまだ完成していない建築プロジェクト「サグラダ・ファミリア」を、スタッフしか入れない内部の映像と建築関係者らのインタビューによって解明するドキュメンタリー。

かつて、完成までに300年かかると言われていた、アントニ・ガウディ世紀の一大プロジェクト「サグラダ・ファミリア」は、いかにして2026年完成予定。150年早まったその訳は!?

映画『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』ちらし知りたかった事がここにある!!

創造と神秘のサグラダ・ファミリア

12月12日(土)
YEBISU GARDEN CINEMAほか、全国順次公開

監督:ステファン・ハウプト 
出演:ジャウマ・トーレギタル、外尾悦郎、ジョルディ・ボネット、ジョアン・リゴール、ジョアン・バセゴダ、ライモン・パニッカー、ルイス・ボネット  

配給・宣伝:アップリンク
© Fontana Film GmbH, 2012
(2012年/スイス/スペイン語、カタルーニャ語、ドイツ語、英語、フランス語/94分/16:9/カラー)

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/sagrada/
公式Twitter:https://twitter.com/SagradaMovieJP
公式Facebook:http://bit.ly/SagradaMovieFB

********************************************************************




『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』韓国プレミア


メイズ・ランナー2 迷路〈メイズ〉の謎はまだ終わっていなかった―圧倒的な熱狂に包まれ、異例の速さで完成したこの続編は、迷路の先にある、驚きの「迷宮」へ誘い込む!

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』が、10月23日(金)より公開です。

巨大迷路の出口を見つけた主人公のトーマスたちだが、そこは、次なる迷宮の入り口だった。
通路を抜けたトーマスたちは、前作のラストで姿を現した組織によって
“選ばれし者”の過酷な運命をさらされる。

別のメイズの生存者とともに、新たなサバイバルがスタートする―

この度、9月2日現地時間、ソウル江南(カンナム)区MEGABOX COEXにて本作の韓国プレミアが開催され、ニュート役のトーマス・ブロディ・サングスター、ミンホ役のキー・ホン・リーが登壇いたしました。

メイズ2_韓国プレミア2
『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』韓国プレミア
メイズ2_韓国プレミア5
日時:9月2日(現地時間)
場所:ソウル江南(カンナム)区MEGABOX COEX
参加キャスト:トーマス・ブロディ・サングスター、キー・ホン・リー

10月23日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開
3D字幕版/2D字幕版公開(一部劇場を除く)

公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner/

9月2日(現地時間)に開催された『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』韓国プレミア。
会場となったソウル江南(カンナム)区MEGABOX COEXには約3000人のファンと、アジア各国の取材陣が多数集結し、トーマス・ブロディ・サングスター、キー・ホン・リーの二人を出迎えました。

ファンを前に笑顔を見せ、写真撮影やサイン、ハグなどのサービスを丁寧に行い、レッドカーペットを往復。
メイズ2_韓国プレミア3 メイズ2_韓国プレミア4 続けて行われた舞台挨拶に登壇すると、サングスターは今回の訪韓を楽しみにしていた事を明かし、リーはハリウッド超大作を引っさげ生まれ故郷に戻ってきたことに喜びを感じている様子。

自身の演じるキャラクターの魅力を語った2人は、最後に会場のファンと共に、セルフィー!!
MR2_韓国プレミア1
この日は本作の宣伝アンバサダーを務める人気女性グループ4miniteをはじめ、アイドルグループ2PMのニックン、女優のキム・ユジョン、イ・ヨウォン、俳優のリッキー・キムも参加。レッドカーペットに花を添えました。
メイズ2_韓国プレミア6
トーマス・ブロディ・サングスター(ニュート役)
こんなにたくさんのファンに歓迎してもらえるなんて、正直想像してなかったよ!
韓国にファンが大勢いるって確かめる事が出来て嬉しい。ここへ来るのを本当に楽しみにしていたんだ!
ニュートは準リーダーとみなされているけど、それは本当だと思う。
彼はリーダーに最適というタイプではないけど、グループをまとめて、前へ進めることができる。
みんなが一緒にいるために行動し、彼らがどこで何をしようとしているか、気持ちを察することに長けているんだ。
みなさんの手厚い歓迎に感謝しています。どうか映画を楽しんで!

キー・ホン・リー(ミンホ役)
我が家に帰ってきたような気分だ。こんなにたくさんのファンが来てくれた事に感謝しかないよ。
韓国で『メイズ・ランナー』の人気が高い事がとても嬉しく、誇らしいと感じているんだ。
ミンホは必要となったら素早く、そして力強く進んでいくタイプ。グループ1の力持ちでもある。
彼の役割は、みんなを守ること。たとえ最悪の事態にあっても常に出口を探すこと。
『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』も楽しんでもらえるように願っているよ。

********************************************************************

『メイズ・ランナー』
地下から上昇してくるエレベーターで“グレート(広場)”に送り込まれる、記憶を失った若者たち。
グレートの周囲にそびえ立つ壁の内部は迷路になっていた。
夜ごと構造を変えるその迷路に入って、外の世界への脱出法を探れ!
迷路を攻略 その先には…

『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』
迷路の外の世界で待っていたのは――
彼らをさらに過酷な運命へと導く巨大組織。
そして、灼熱の太陽に焼きつくされ、すべてが崩壊した砂漠のような地球の光景。
この世界の攻略方法は存在するのか?

監督:ウェス・ポール
出演:ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、キー・ホン・リー他

配給:20世紀フォックス映画
(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.