「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

森山未來、初の海外主演作『オルジャスの白い馬』で訪れたカザフスタンでの経験を「宝物のよう」と振り返る


映画情報どっとこむ ralph 日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、1/18(土)より新宿シネマカリテで公開され、今後、全国順次公開となります。

公開初日の1/18(土)に、新宿シネマカリテで森山未來、竹葉リサ監督を迎えて初日舞台あいさつを行いました。
満員の観客に見守られながらカザフスタン人スタッフ達と取り組んだ撮影などを振り返えっていただきました。
森山未來 竹葉リサ監督『オルジャスの白い馬』初日舞台挨拶
『オルジャスの白い馬』初日舞台挨拶
日時:1月18日(土)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:森山未來 竹葉リサ監督

映画情報どっとこむ ralph MCが胸をつかまれるような映画であったと感想を述べると、

森山未來『オルジャスの白い馬』初日舞台挨拶 森山さん:ただの楽しい映画ではないと思います。皆さんがどんな読後感をお持ちなのかすごく気になります。ストーリーなども重要なんですが、この映画はそれよりももっと大きなものを描こうとしているのかなと。一言で言うのは簡単ではないですが、“台地に溶ける”というんでしょうか。

と、完成した映画への印象を語る。

竹葉監督は、森山をキャスティングした理由として

竹葉監督:もともと、演技の芸術性が高い方だと思っていました。カザフスタンでの撮影は本当に過酷な現場になります。森山さんはイスラエルに留学した経験もありますし、乗馬の経験もあります。それで、“森山さんしかいない”ということでお願いしました。

と説明します。また、カザフスタン人監督との共同作業について、

竹葉監督:脚本の段階では日本とカザフのスタイルを合わせるためにかなり試行錯誤もありましたが、伝えたいものがすでに一致できていた編集ではスムーズだったと思います。

と自信を込める。

映画の撮影を通じて初めて訪れたカザフスタンの魅力について、

森山さん:カルチャーショックとはまた違う、原風景を見ているような場所でした。人間が立ち返る場所、自然の中に生かされているという感覚は、僕の中に宝物のように残っています」と振り返る。自身が演じた謎に満ちたカイラートという人物については「カイラートとは多くを語らない存在です。どうして家族から離れなければならなかったのか、どうして戻ってくることができなかったのかということは映画でもはっきりとは描かれていません。でも編集された後のものを見ると、そういう時世を表すようなものは全て抜かれていきました。僕はこういう感じを好きだなと思いました。

と、作品が持つ“語らない”魅力を説明する。

それに対して、

竹葉監督:ソ連崩壊の1990年前後という時代設定で、カイラートがそこに至る人生というのは、シナリオとしては裏では存在しています。人が生きているという輪郭が残ればいいと考えていました。

と、作品の狙いを語る。

森山さんは、本作で日本のものとは全くスタイルの異なる“カザフ”流の乗馬にも挑戦。そのことについて、

森山さん:向こうの馬は本当に荒いんです。草原で走ることに慣れているんだと思います。『モンゴル』(2008)でスタントをやられていた一流の方が付いてくれました。それで一度、映画にも出てくる“馬追い”をやってみたんですが、馬がどうしても走り続けて止まってくれなくて、さすがに無理でしたね(笑)

と振り返った。

さらに、過酷だったというカザフスタンでの撮影を振り返りながら、

森山さん:エルラン(・ヌルムハンベトフ/カザフ側の監督)は人柄のよさがにじみ出ている方で、スタッフも皆さん本当にあったかくて仲良くなることができました。いつでもカザフに戻りたいなと思います。

と懐かしんだ。
森山未來『オルジャスの白い馬』初日舞台挨拶 カザフ語をどのように覚えたのかという質問には、

森山さん:この映画の撮影前、日本にいなかったので、ネットでスカイプを使って勉強しました。カザフの方と週何回か、そのペースを増やしていったんです。現場では直前にセリフがどんどん変わっていきましたが、何を言われてもそれしか言えないですし、誰よりもセリフを覚えていたと思います(笑)

と明かす。

現場での数々の驚きのエピソードに対して、

竹葉監督:もし<俳優>という競技がオリンピックにあったとしたら、森山さんは確実に金メダルをとれるんじゃないかと思います(笑) 現場でどんどん変わっていくシナリオに対応しながら馬にも乗ったりして!

と最大級に称える。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

森山さん:この作品に関われて本当に光栄でした。皆さんがどう感じたかを聞いてみたいですし、カザフスタンの風を皆で共有できたらと思います。

と挨拶し、

竹葉監督:エルランと出会ってから365日、この映画の企画を通すことだけを考えていました。こうして映画館で観さんにご覧いただくことができるのは、本当に感無量です。

と締めくくった。


オルジャスの白い馬
英題:Horse Thieves

公式HP:orjas.net

【STORY】 
少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。
夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母を呼び出す。
不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして、一人の男が家を訪ねてくる…。

***********************************

2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ/英題:Horse Thieves
監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ
プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア 
撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 
音楽:アクマラル・ジカエバ 編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン
音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ
出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ 
配給:エイベックス・ピクチャーズ 
配給協力・宣伝:プレイタイム 
©『オルジャスの白い馬』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

衛藤美彩、「鯛福茶庵 八代目澤屋」で“たい焼き”修行? 中川龍太郎監督最新作『静かな雨』レポート


映画情報どっとこむ ralph 様々な役どころを自在に演じ分ける本格派俳優として注目されている仲野太賀と“乃木坂46”を卒業し新たな一歩を踏み出した衛藤美彩のダブル主演映画『静かな雨』が、2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開となります。
共演は、三浦透子、坂東龍汰、古舘寛治、川瀬陽太のほか、萩原聖人、村上淳 、でんでん等、日本を代表する俳優たちに加えて、『殯の森』『あん』などで世界的な監督として知られる河?直美監督も女優として出演しております。
監督は、2017年モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評連盟特別表彰をダブル受賞した『四月の永い夢』(18)、そして『わたしは光をにぎっている』(19)と活躍する若き俊英 中川龍太郎。詩人、エッセイストでもあり、独自の世界観を持つオリジナル作品を作り続けてきた彼が、初めて原作の存在する作品に挑み、新たなアプローチで新境地を拓いた。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、公開に先駆けて、たい焼き専門店「鯛福茶庵 八代目澤屋」に主演の衛藤美彩が登場!

本作にて、たい焼き屋を営む“こよみ”を演じている衛藤が、愛知県・名古屋市で“たい焼き修行”いたしましたので、ご報告。
衛藤美彩、「鯛福茶庵 八代目澤屋」 久しぶりにたい焼きに挑戦した衛藤は、「たい焼きを作りながら話すという動作が難しくて、当たり前にできるようになるまで練習を重ねました。『静かな雨』はささやかな日常の中で、「思い出」を作るのではなく、「思い」を重ねていく2人を描いた作品です。思いを重ねてできる、人と人とのつながりの大切さに気づいてもらえたら嬉しいです。」とコメントし、撮影を振り返った。
映画情報どっとこむ ralph 『静かな雨』

2020年2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

本作は、2019年釜山国際映画祭正式出品に続き、第20回東京フィルメックスではコンペティション部門に正式出品され、最も観客の支持を集めた“観客賞”を受賞しております。原作は、2018年映画化もされた2016年本屋大賞受賞のベストセラー小説「羊と鋼の森」の著者・宮下奈都のデビュー作で、2004年文學界新人賞佳作に選ばれた「静かな雨」(文春文庫刊)。
音楽は、国内外で活躍する音楽家で、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『未来のミライ』(18)等の映画音楽を手掛ける高木正勝。映像全編をノンストップで流して即興で音楽を作る、という手法で本作に臨んだ。透明感ある豊かな音楽が、繊細かつドラマチックに作品の世界観を支える。


【ストーリー】
たとえ記憶が消えてしまっても、ふたりの世界は少しずつ重なりゆく

大学の研究室で働く、足の悪い行助は、“たいやき屋”を営むこよみと出会う。
だがほどなく、こよみは事故に遭い、新しい記憶を短時間しか留めておけなくなってしまう。
こよみが明日になったら忘れてしまう今日という一日、また一日を、彼女と共に生きようと決意する行助。
絶望と背中合わせの希望に彩られたふたりの日々が始まった・・・。

***********************************

主演:仲野太賀 衛藤美彩
出演:三浦透子 坂東龍汰 古舘寛治 川瀬陽太 村上淳 / 河?直美 / 萩原聖人 / でんでん
監督:中川龍太郎
脚本:梅原英司 中川龍太郎
原作:宮下奈都『静かな雨』(文春文庫刊)
音楽:高木正勝
制作:WIT STUDIO、Tokyo New Cinema
企画協力:文藝春秋
配給:キグー
©2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋
2019/日本/カラー/99分/スタンダード/5.1ch デジタル




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

⾼橋幸宏、野宮真貴 登壇!『男と⼥ ⼈⽣最良の⽇々』公開記念トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 1966 年に製作され、カンヌ国際映画祭で最⾼賞“パルムドール”を、⽶アカデミー賞®で最優秀外国語映画賞を受賞するなど、世界中を席巻!男⼥の機微を⾒事に描いた恋愛映画の⾦字塔として今なお語り継がれるクロード・ルルーシュ監督の愛の名作『男と⼥』。それから53年後の2⼈の物語を、当時と同じキャストと同じ役柄で、アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが紡いだ愛の奇跡の物語『男と⼥ ⼈⽣最良の⽇々』(1/31公開)の特別試写イベントを1/17(⾦)スペースF S 汐留にて実施しました。

イベントゲストは1967年の映画『男と⼥』公開時に劇場で18回鑑賞した⾼橋幸宏さんと、2016年に映画『男と⼥』50 周年記念としてフランシス・レイの世界的名曲「男と⼥」をオフィシャル・サポーター・ソングとして発表した野宮真貴さんという『男と⼥』を愛してやまないお⼆⼈。⾳楽活動はもちろん、様々な分野でトップを⾛り続ける“かっこいい⼤⼈”の代名詞であるお⼆⼈が本作を通して“⼤⼈の恋愛のたしなみ⽅”をたっぷりと語り、登壇前には野宮真貴さんがアコーディオン奏者を従えてしっとりと「男と⼥」を歌い上げ、
その後、⾼橋幸宏さんを交えて、映画『男と⼥』について熱く語るトークイベントを開催しました。

『男と⼥ ⼈⽣最良の⽇々』公開記念トークイベント
⽇時:1/17(⾦)
場所:スペースFS汐留
ゲスト:⾼橋幸宏、野宮真貴

映画情報どっとこむ ralph クロード・ルルーシュ監督にこれまで2回ほど会ったことがあるという⾼橋幸宏さん。
⼀⾜早く『男と⼥ ⼈⽣最良の⽇々』鑑賞した感想を

高橋さん:最初の10分のジャンの表情だけでこの映画は成功と思いました。」「劇中、すごいシュールな映像やギャグを⼊れてくる、映画なのか夢なの分からない。その映像がすごくいいですよね。トリュフォーやゴダールも好きですが、それとこれとは別。こういう映像はルルーシュにしか撮れないと思う。『男と⼥』は当時としてはとても斬新だったよね。

と語り、

野宮さん:第1作⽬は、⼤⼈の恋のおしゃれ映画として⼤好きだったので。だから、今回はまたあの⼆⼈に会えるという嬉しさ、どういう⾵に描かれているかという期待と不安が⼊り混じってみたのですが、また⼆⼈が再会して、新しい恋が始まるという本当に素敵で幸せな映画になっていました。

とお⼆⼈揃って絶賛。さらに

野宮さん:前作でのアヌーク・エーメは私にとって⼤⼈の憧れの⼥性像で。第1作⽬当時の彼⼥の年齢を超えた今でもそう思っています。私⾃⾝ファッションにもとても影響受けていて、ベッドシーンの⿊い下着やムートンコート、シンプルなセーター、センターパーツのボブヘア、クラシックなアイラインメイクとか、ちょっと意識しているんです。あと、彼⼥の髪の⽑が艶々でふわっとしていて、、、。加齢していくと普通⽔分を失っていくものだから、あれはさすがだなと思いました(笑)!フランス⼈特有のさりげないメイクをしているのですが、⾚い⼝紅をつけているのは⼥性 であることの誇りのように感じましたね。

とその想いを語りました。


劇中に登場する、ドーヴィルの有名なホテルに2回宿泊したことがあると明かした⾼橋さん。
第1作⽬の「男と⼥」がヒットしたことで有名になったホテルだが

⾼橋さん:僕が泊まったのは(劇中で2⼈が泊まる)26号室じゃないけどね!⾒学させてくださいとは恥ずかしくて⾔わなかったけど(笑)、昔と全然変わっていなかった。⼤好きなホテルです。ドーヴィルは可愛い街だから。虜なんですよ。

と語り、まだ本作を観ていない⼈について聞かれ

⾼橋さん:若い⼈になら『まず、前作を観なさい』っていいますね。そうではない⼈は、まあ、観なくてもわかるから(笑)。とてもわかりやすいストーリーだし。。。

続いて

野宮さん:私も、若い⽅なら前作をすぐ観てといいますが、親御さんと⼀緒に観に⾏くのもいいのかなと思います!それぞれの恋愛のときめきとか語り合って。

と述べました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・、

⾼橋さん:僕が観たときは中学3年⽣だったから、親と⼀緒に⾏ったことはないですね(笑)。今の中学3年⽣が観たら頭でっかちな⼦供になるかもしれませんねえ。お勧めしない!

と語り、場内を笑いに誘いました。


『男と女 人生最良の日々』

STORY
いまや記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャ
ン)。過去と現在が混濁するなかでも、かつて愛した女性アンヌ(アヌーク・エーメ)のことだけを追い求めていた。そんな父親の姿を見た息子
は、アンヌを探し出すことを決心。その想いを知ることになったアンヌはジャン・ルイの元を訪ね、そしてついに、別々の道を歩んでいた2人は
再会を果たすことになる。長い年月が過ぎたいま、アンヌとジャン・ルイの物語がまたあの場所から始まろうとしていた……。
***********************************

監督:クロード・ルルーシュ『男と女』『白い恋人たち』『愛と哀しみのボレロ』『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』

出演:アヌーク・エーメ『男と女』『モンパルナスの灯』、ジャン=ルイ・トランティニャン『男と女』『愛、アムール』、スアド・アミドゥ、アン
トワーヌ・シレ

音楽:カロジェロ、フランシス・レイ『男と女』『ある愛の詩』

Cinéma 2019 年/フランス/90 分/フランス語
宣伝プロデュース:サルーテ
配給:ツイン
© 2019 Les Films 13 – Davis Films – France 2




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭「今泉監督の着眼点がすごい!」 映画『mellow』初日舞台挨拶レポート


映画情報どっとこむ ralph 『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、本日1月17日(金)に全国公開。

そしてこの度、新宿バルト9にて、初日舞台挨拶が行われました。


映画『mellow』 初日舞台挨拶
日時:1 月 17 日(金)
場所:新宿バルト 9
登壇:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 主演の田中圭をはじめ、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、本作のメガホンをとった今泉力哉監督が登壇すると大きな拍手が沸き起こりました。

MCから、本作の脚本を初めて読んだ時の印象を聞かれ

田中さん:着眼点が凄いなと思いました。大きな出来事は特に起きないんですけど、当たり前に日常あるようなことを丁寧に丁寧に紡いでいっているので。こんなに温かい物語を描くのはどんな方なんだろうなと思っていました。
と監督の最初の印象を語り、役作りついても

田中さん:現場で監督や皆さんと一緒に1つ1つシーンを作っていって、そこで生まれる役の方が結果良いんじゃないかと思うので、役作りはしないですね。

とその場の空気感を大切にしていることを語った。
⽥中さんの演じた夏⽬は、

田中さん:こんなにモテるキャラではなかった。

と語っていたことについて監督は、「そうなんです。もう少し“好き“の矢印がばらついていたばずなんですけど、話を書いているうちに全部田中さんに矢印がいってしまって、でもただのモテる役だったら嫌な人になっていたと思うんですよね。でも田中さん自身がちゃんと考えて演じてくれていたからこそ、この雰囲気が出せたんだと思います」と絶賛。続けて、夏目について聞かれた田中は、「モテることを考えていた時に、ふと実はそこまでモテてないな、と気づいたんですよね。想いを告げて満足する人。これから恋愛をしていく練習台みたいな、優しさであったり、寄り添ってくれたことによって好きになる、恋まで発展しない手前の人みたいな」と夏目像にコメント。

監督との仕事について聞かれ

岡崎さん:日常感を凄く大切にされていて。いざ現場でやってみたら凄く難しかったけど、監督の出すとても優しい空気感の中で挑戦出来て、自分の中で凄く刺激になり、新しい引き出しが増えました。ありがとうございました。
と感謝の気持ちを伝えた。
そして、宏美役の役作りについて聞かれ

志田さん:バスケ部の役なんですけど、実は球技がとても苦手で、友達にマンツーマンで教えてもらっていたんですけど、リハーサルでも全然出来なくて。でも本番では一発で出来て自分でも驚いてしまって。平然を装うのが大変でした。
と明かした。

映画情報どっとこむ ralph また、陽子について聞かれ

松木さん:1つ後悔していることがあって、みんなでラーメンを食べているシーンがあるんですけど、監督から私にだけチャーシューを食べてくださいという指示が無くて食べられなかったのが後悔です(笑)
と明かすと、

田中さん:監督!食べさせてあげて下さいよ!(笑)

とツッコミが入り、

監督:すいません!覚えてないです(笑)今度チャーシューを食べるためだけにご一緒したいです!

と会場は笑いに包まれた。

田中さんとの共演について
白鳥さん:圭さんが休憩中とかに花束を作る練習をしていて、すごいな。と思いました。
と大人顔負けのコメントに

田中さん:見てくれてたんだね!ありがとう!

と感激している様子だった。


役作りや意識したことについて聞かれ

ともさかさん:あまり演じる上で面白くしようとは思わず、真面目にやったつもりなんですけど、第三者からみたら当たり屋みたいじゃないですか、夏目さんに申し訳ないと思いました。
と話すと会場から笑いが起こった。ともさかさんとの撮影について

田中さん:異様な空気の青木夫婦に、現場では夏目を演じていたので、ビビってたんですけど、完成した本編を観て、あのシーンからギアチェンジするくらい面白くなっていました。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

監督:女性同士や結婚していたり、不登校だったり、普通は咎める部分を優しい雰囲気に包まれ、認めることを意識して作った映画です。

と語り、

田中さん:誰かを想うだけで温かい気持ちになることを教えてくれる凄く素敵な優しい映画です!この作品を観て、ラーメン食べに行って、誰かを想ってお花屋さんに行って、メロウな気持ちになってください!

と挨拶し、終始優しい雰囲気に包まれながら、イベントは幕を閉じた。

公式HP:
mellow-movie.com

『mellow』ポスター
***********************************

出演:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ともさかりえ/小市慢太郎

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」
音楽:ゲイリー芦屋
製作プロダクション:ダブ
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン 
©2020「mellow」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮沢氷魚 × 藤原季節 男性同士の恋愛の“その先”『his』試写会イベントin大阪


映画情報どっとこむ ralph 今泉力哉監督が描く、男性同士の恋愛の“その先”の物語

『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督最新作『his』が1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開いたします。本作で映画初主演を務めるのは、ドラマ「偽装不倫」(NTV)で多くの視聴者の心を掴んだ”塩顔イケメン令和代表”等と話題沸騰中の宮沢氷魚。

本作では周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわ しゅん)を演じます。そして、迅の忘れられない恋人・日比野渚(ひびの なぎさ)には、現在、U-NEXTにて配信中のオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない藤原季節。

恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が、二人の青年の恋愛を題材に、「好きだけではどうしようもない」、恋愛の‟その先”の物語に挑んだ意欲作です。
この度、宮沢氷魚さん、藤原季節さんの舞台挨拶付き試写会イベントを大阪にて実施しました。

『his』試写会
日時:1月17日(金)
会場:なんばパークスシネマ
登壇:宮沢氷魚、藤原季節

映画情報どっとこむ ralph 満席の客席に笑顔を見せながら登壇した宮沢氷魚さんと、「まいどー!」と元気よく登壇した藤原季節さん。

大阪の印象を聞かれると、二人は「名古屋から移動してきてからずっと取材を受けていたので、全然大阪に来ている実感がないんですよ。」と寂しそうな表情を見せたが、

藤原さん:先ほどたこ焼きの差し入れをいただいて、ようやく大阪を感じました!

と答えると、

宮沢さん:とても美味しかったよね。

と宮沢も笑顔を覗かせた。


映画情報どっとこむ ralph 自身と、それぞれの役柄との共通点について質問が及ぶと、

宮沢さん:自分の悩み事や本心を他人にはあまり言わずに自分一人で解決しようとする部分です。僕自身が幼少期に感じていた、自分の居場所がどこにあるのか分からなくて悩んでいた想いと迅が抱えている生きづらさには共通するものがあると思いながら演じていましたね。

と振り返った。

藤原さん:物事をこねくり回して考えるところが似ているかな。 渚は一見するとめちゃくちゃな行動をするんですが、その裏側で臆病な自分を隠しているんだと思うんですよね。

と語った。

お互いの魅力を聞かれると、

宮沢さん:季節くんはとにかく熱い男です。物事に真剣に向き合い取り組む人だなと思いました。『his』の台本にものすごく書き込みとかをしていて、ボロボロになっていたんですよ。

と語ると、

藤原さん:メモ魔なんですよ。渚はこういう詩が好きなんじゃないかなと思って、アンチュール・ランボーの詩とかを書きこんでいたと思います。

と明かした。一方、

藤原さん:一言では難しいな…。

と悩みながら

藤原さん:氷魚くんは内側から発光している!!

と言い放ち、爆笑させた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

これから本編を見る観客に向けて

藤原さん:自分に正直になれるように変わることが出来た作品です。是非多くの方に愛してもらいたいです。

と語りかけ、

宮沢さん:答えがない作品かもしれませんが、いろいろな意見があっていいと思っています。皆さんの周りの多くの方に薦めたり、発信していってもらいたいです。

とアピールし、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph his

1月24日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

今泉力哉『his』
ストーリー
井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ
企画製作:メ~テレ
製作:映画「his」製作委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(日本/5.1ch/カラー/127分)
©2020映画「his」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

渡辺いっけい・遠山雄・金田明夫 からのコメント到着『いつくしみふかき』


映画情報どっとこむ ralph 2018年の『カメラを止めるな!』に続き、2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大賞」の作品賞を受賞し、カナダのファンタジア国際映画祭の長編初監督コンペティション部門に正式出品され、現在までに11の賞を受賞している映画『いつくしみふかき』が、満を持して2020年4月17日(金)にテアトル新宿ほかにて公開されることが決定しました。


psychocinematography.comで2019年の日本映画トップ10の1位に選ばれた本作は、劇団チキンハート主宰の遠山雄の親しい知人とそのお父さんについての実話で、ひきこもりの知人が葬儀で父親をかばいながらも謝罪をした姿が衝撃的だったことが映画化のきっかけ。実際に知人が住んでいた長野県飯田市に、劇団員が実際に代わる代わる住み込んで、今回の映画化に漕ぎ着けた。

父親・広志役を、意外にも本作が映画初主演となる渡辺いっけいが、遠山の知人が基になったその息子・進一役を、遠山自身が演じ、W主演を飾る。
2人を取り持つキーとなる牧師・源一郎役に、ベテランの金田明夫、広志の舎弟・浩二を劇団チキンハートの榎本桜が演じるほか、三浦浩一、眞島秀和、塚本高史ら、本作監督の、劇団チキンハート演出の大山晃一郎と親交のある豪華な俳優陣が脇を固める。

2月14日(金)からロケ地である長野県飯田市のトキワ劇場及びセンゲキシネマズで、2月21日(金)から主演の渡辺いっけいの出身地である愛知県のイオンシネマ豊川で先行上映を行い、4月17日(金)よりテアトル新宿にてレイトショー公開ほか全国順次公開予定。

映画情報どっとこむ ralph この度、映画初主演となる渡辺いっけい、本作企画の、息子・進一役の遠山雄、牧師・源一郎役 金田明夫よりコメントが届きましたのでご紹介!

<広志役:渡辺いっけい コメント>
6年前「TEAM」と言う刑事ドラマに出演中、面白い役者に出会った。芝居が妙にすっとぼけていて魅力がある。助監督のヤマちゃんこと大山晃一郎に「あれは誰?」と聞くと「遠山雄、ウチの劇団員です」と嬉しそうに言われた。それから彼らの劇団公演を観に行くようになり、「実は映画を撮りたい」と2人から切り出されたのが4年前。この度、映画はようやく完成した。怪作である。闇鍋的に面白い。笑えて泣ける。撮影地・飯田下伊那のロケーションの美しさ、人々の暖かさが画面から滲み出ている。僕は出演者なのに、一観客としてじっくりと何度でも繰り返し見たくなる、そんな映画です。

<進一役 遠山雄 コメント>
映画『いつくしみふかき』は長野県飯田下伊那の皆さんと5年かかりで作った映画です。無名俳優として死んで行くわけにはいかないと思い自分が一番大切にしている場所で一世一代の大博打を打ちました。完成までに時間がかかってしまったせいで映画を助けてくれた方々が亡くなったり多額の借金を背負ったりと気持ちが何度も折れましたが、たくさんの方の支えがあって公開が決まりました。この映画をもって映画俳優として生きていく心に迷いがなくなりました。売れない俳優の大勝負ぜひ見届けに来て頂けましたら幸いです。

<牧師・源一郎役 金田明夫 コメント>
人の贖えない運命だとか色んなことを正攻法というよりは俯瞰の位置で見ていて、観ている方に、ボディブローのように効かせていって、最後ノックアウトしちゃうような映画でした。監督の中では12ラウンドをちゃんと戦う戦い方をした映画だなと思いました。家族と地域に生きている力強い人間たちの生きる力と生きる愛が見える映画です。ヒーローは出てこない、日常の切り取りの中で淡々と起きていく中でものすごいドラマが進んでいきます。中盤のコミカルなシーンは、チャップリンの言葉で、「クローズアップで撮ると悲劇で、ロングショットで撮ると喜劇だ」という言葉がありますし、チェーホフもそうだけれど、本人たちにとってはとんでもない悲劇なんですけれど、周りにしてみると喜劇という構図で面白かったです。将来性がある面白い監督なので、彼がこれからも撮るためにも劇場で観て下さい。後で「最初の作品を映画館で観てるんだよ」と自慢できると思います。


映画情報どっとこむ ralph 映画『いつくしみふかき』

2020年4月17日(金)よりテアトル新宿にてレイトショー公開
ほか全国順次公開予定

公式サイト:
www.itukusimifukaki.com

公式Twitter:
@itukusimifukaki


【STORY】 
30年前。母・加代子(平栗あつみ)が進一(遠山雄)を出産中に、あろうことか母の実家に盗みに入った父・広志(渡辺いっけい)。「最初から騙すつもりだったんだろ?」と銃を構える叔父を、牧師・源一郎(金田明夫)が止め、父・広志は”悪魔”として村から追い出される。進一は、自分が母が知らないものを持っているだけで、母が「取ったのか?この悪い血が!」と狂うのを見て、父親は”触れてはいけない存在”として育つ。30年後、進一は、自分を甘やかす母親が見つけてくる仕事も続かない、一人では何もできない男になっていた。その頃父・広志は、舎弟を連れて、人を騙してはお金を巻き上げていた。ある日、村で連続空き巣事件が発生し、進一は母を始めとする村人たちに、「悪魔の子である進一の犯行にちがいない。警察に突き出す前に出ていけ」と言われ、牧師のいる離れた教会に駆け込む。「そっちに行く」という母親に「来たら進一は変わらない」と諭す牧師。一方、父・広志は、また事件を起こし、「俺にかっこつけさせてください」という舎弟・浩二 (榎本桜)に、「待っているからな」と言っても、実際には会いに行かない相変わらずの男で、ある日、牧師に金を借りに来る。「しばらくうちに来たらどうだ?」と提案する牧師。牧師は進一のことを「金持ちの息子」だと嘘を吹き込み、進一と広志は、お互い実の親子だとは知らないまま、二人の共同生活が始まる。





***********************************

渡辺いっけい 遠山雄
平栗あつみ 榎本桜 小林英樹 こいけけいこ のーでぃ 黒田勇樹
三浦浩一 眞島秀和 塚本高史 
金田明夫

監督:大山晃一郎
企画:遠山雄 プロデューサー:清弘樹/榎本桜 脚本:安本史哉/大山晃一郎 撮影:谷康生 照明:阿部良平 編集:菊地史子 録音:高松愛里沙 美術:榊さくら 音楽プロデュース:吉川清之 整音・効果:渡辺寛志 記録:松村愛香 衣装:深野明美 メイク:長縄希穂 制作担当:津崎雄大 助監督:安養寺工/松村卓
 演技事務:清水亜紀 ラインプロデューサー:福田智穂 タイトル題字:高田菜月
主題歌:タテタカコ「いつくしみふかき」
後援:長野県飯田市 特別協力:映画「いつくしみふかき」を応援する会 遠山郷 天龍村
配給・宣伝:渋谷プロダクション 2019/5.1ch/JAPAN/DCP/107min






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高橋一生&蒼井優、MCなしでトークイベントに挑戦『ロマンスドール』


映画情報どっとこむ ralph ラブドール職人の男と、一目で恋に落ち結婚した妻の日々を描き、型破りな設定とセンセーショナルな展開が大きな話題と共感を呼んだ、タナダユキの小説
  • 『ロマンスドール』


  • 発表から10年を経て、同小説が映画『ロマンスドール』としてタナダ自らが脚本・監督を務める形で実写化。1月13日(祝・月)に公開記念イベントが開催され、主人公・哲雄役の高橋一生と園子役の蒼井優が登壇。MCを立てずに2人で進行を担当しつつ、観客から集められた質問に答え、結婚や恋愛観について語り合った。

    『ロマンスドール』公開記念イベント
    場所:神楽座
    登壇:高橋一生、蒼井優

    映画情報どっとこむ ralph 通常の舞台挨拶とは異なるMCなしのトークイベントとなったが、

    高橋はさん:みなさんの顔がよく見えます。新鮮な気持ちです。

    と微笑みながらコメント。
    客席に晴れ着姿の新成人を見つけた高橋と蒼井が祝福するなど、会場はアットホームな雰囲気に包まれた。

    観客からの最初の質問は、【結婚したいけど、他人と人生を共にするのが怖い】という方からの【この映画に出て、結婚に対する意識が変わったか?】というもの。

    高橋さん:(結婚が)できるかな? という恐怖はあります(苦笑)。この歳になると…。

    と自虐気味に答えつつ

    高橋さん:そもそも結婚に対して、イメージしているものが少ないです。

    と明かし、

    蒼井さん:私もそうでした。

    と同意。トークは劇中の新婚生活のシーンについての話になり、

    高橋さん:去年の1月に蒼井さんと(劇中の)新婚生活の撮影をしたのが楽しかったです。新しいダンボールや荷物を持って帰って『よろしくお願いします』とか言うのは、俳優冥利に尽きるなと思いました。(結婚)したいけど、相手がいないと始まらないですからね。

    と語る高橋さんだが、普段ほとんど外に出ず、家の中で自転車をこいでいることが多いと明かすと、

    蒼井さん:それ(=自転車)を捨てたほうがいい! その脚力で外に出るべき!

    とツッコミが!一方蒼井さんは、独身生活から結婚生活への変化を

    蒼井さん:“車線変更”って感じです。大きく道が変わるというわけでもない感じ。

    と自身の結婚生活を言い表した。

    映画情報どっとこむ ralph 続いて、

    【この映画に出演することを決めた一番の決め手は?】という質問には、高橋さんも蒼井さんもタナダユキ監督の存在が大きかったと即答。

    約19年ぶりとなった共演に関しては、

    高橋さん:お芝居に普段のところからスムーズに入っていけるんです。会話のキャッチボールが多かったけど、キャッチボールの球は一個じゃなく机の下でも2~3個、飛ばしてるような感じでできたのは、相手が蒼井さんだったから。

    とコメント。


    蒼井さん:全く同じことを思ってました。

    と語り、哲雄と園子の食卓での重要なシーンの撮影について

    蒼井さん:延々とやっていたかったです。

    と述懐。互いへの強い信頼を感じさせた。

    さらに【一目ぼれをしたことはありますか?】という質問には、

    高橋さん:あります。だいたい、ファーストインプレッションで『あ、僕はこの人を好きになってしまうんだろうな』というのはブレないんですけど、(恋に落ちる人の)系統が似てるかというとそうでもない。

    と語った。

    蒼井さん:いまはどんな人がいいですか?

    という蒼井さんからの問いには、

    蒼井さん:笑うときにものすごく笑ってくれる人がいい。

    と返答、

    蒼井さん:若いうちはビジュアルや造形美みたいなことが気になるかもしれないけど、ちょっと歳を重ねると、結果、表情筋(が大事になる)。若い子でコンプレックスがある子もいるかもしれないけど、もうちょっとしたら、素材で勝負できる時が来る。

    と同意した。

    また【好きな人への愛情表現はどう表すか? お金? 時間? 言葉?】という質問に、

    高橋さん:お金と時間と言葉は簡単に渡さないでしょうね。それをやったらつまんない。

    と答えると、

    蒼井さん:だから付き合えないんじゃないですか?

    と鋭すぎるツッコミが飛ぶと、会場からは笑いが。

    蒼井さん:私は家族に対しても言葉ですね。家族って横にいて当たり前と思ってたら、意外と言葉で伝えないと伝わってないことが多いけど、きちんと言葉で伝えたら喜んでくれます。

    と“金言”ともいえるアドバイスを口にし、高橋さんも観客も深くうなずいた。

    映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

    蒼井さん:観た方の時間にそっと寄り添うような、『正しい!』と押し付けることなく、そっと寄り添える夢のような映画ができたと思います。

    とアピール。

    高橋さん:人生はどうしても進んでいくけど、つまづいてしまったり、先がわかんなくなった時に、この映画をもう一度見直していただくと、前に一歩だけ進もうかなと思えるんじゃないかと思います。

    と呼びかけ、イベントは温かい拍手に包まれながら幕を閉じた。

    ロマンスドール_メイン_表面_再入稿ol


    『ロマンスドール』

    2020年 1月24日(金)全国ロードショー

    【あらすじ】  
    変わらない⽇常の中で、どうして僕らは、変わってしまったんだろう。
    美人で気立てのいい園子に一目惚れして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていること。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明けた。
    僕と妻の、10年の、嘘と秘密と、ほんとの愛。
    変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。



    ***********************************

    高橋一生 蒼井優
    浜野謙太 三浦透子 大倉孝ニ ピエール瀧
    きたろう 渡辺えり 

    脚本・監督:タナダユキ
    原作:タナダユキ「ロマンスドール」(角川文庫刊)
    ©2019「ロマンスドール」製作委員会
    配給:KADOKAWA 




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    大泉洋を主人公にあてがき。監督:吉田大八「騙し絵の牙」追加キャスト発表!


    映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数50万部突破を誇り映画化もニュースとなったミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士の話題作で、あの「大泉洋」を主人公にあてがき(その役をあらかじめ決めた俳優を想定して書き下ろすこと)し、表紙モデルにも起用、2018年本屋大賞にランクインされ、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫刊)。その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に迎え、吉田大八監督により映画化が決定!国民的俳優と日本アカデミー賞監督との最強タッグで、邦画界最高峰のエンターテインメント作品が誕生する。

    先日、松岡茉優、佐藤浩市の参戦が発表され話題沸騰中の本作ですが・・・
    大泉洋 松岡茉優 佐藤浩市 騙し絵の牙
    映画情報どっとこむ ralph この度、さらに12人の追加キャストを発表!
    ミステリアスでカリスマ性のある新人デビュー作家・矢代聖(やしろ・ひじり)に宮沢氷魚。そして矢代とともに速水率いる「トリニティ」を盛り上げる超人気ファッションモデル城島咲(じょうじま・さき)に池田エライザ。

    亡くなった「薫風社」社長の息子・伊庭惟高(いば・これたか)に中村倫也。その惟高の後見人で保守派の常務・宮藤和生(くどう・かずお)に佐野史郎。伝統ある薫風社の文芸誌「小説薫風」編集長であり、速水と敵対する江波百合子(えなみ・ゆりこ)に木村佳乃。江波の忠実な部下である編集者・三村洋一(みむら・よういち)に和田聰宏。編集長の速水を疎ましく思う「トリニティ」副編集長・柴崎真一(しばさき・しんいち)に坪倉由幸。
    改革派の専務・東松(佐藤)と手を取る大手外資ファンド代表の郡司一(ぐんじ・はじめ)に斎藤工。

    ヒロイン・高野の父で、小さな書店の店主・高野民生(たかの・たみお)に塚本晋也。そして高野が接触する謎の男にリリー・フランキー。速水のよき相談相手であり、お茶の間で^@も人気の文芸評論家・久谷ありさ(くたに・ありさ)に小林聡美。
    そして、速水の前に立ちふさがる文学界の大御所作家・二階堂大作(にかいどう・だいさく)に國村隼。

    若手からベテランまで、日本を代表する豪華キャストが勢ぞろい!
    がけっぷち出版社で繰り広げられる、仁義なき騙し合いバトルに花を添える。

    映画情報どっとこむ ralph また、公開日が6月19日(金)に決定。

    最後に笑うのは誰か!?

    『騙し絵の牙』

    6月19日全国ロードショー

    公式サイト:
    movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

    公式Twitter:
    @damashienokiba

    騙し絵の牙 舞台となるのは、大手出版社「薫風社」。創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…。しかし速水は、一見頼りないながらも実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発…クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?


    ***********************************

    監督:吉田大八
    脚本:楠野一郎 吉田大八
    原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫刊)
    出演:大泉洋 松岡茉優
    宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
    坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 
    佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
    木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市
    配給:松竹
    ©2020「騙し絵の牙」製作委員会




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ