「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

活弁シネマ倶楽部で『ひかりの歌』杉田協士監督が想いを語った


映画情報どっとこむ ralph ゲストを招いて映画作品を紹介し、その裏側を明らかにすることをテーマの1つとしている“映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」第8回が1月13日(日)17時から放送された。

今回は、杉田協士監督の7年ぶりの長編映画『ひかりの歌』を紹介。
番組内では、「光の短歌コンテスト」で1200首から選ばれた4首をもとにしたという制作の経緯や杉田監督の映画に対する考え方など、インタビュー形式で放送された。


最初は4つの短歌をそれぞれ短編4つの映画にするつもりで、全てをまとめた長編映画にするつもりはなかったとした。

杉田監督は、本作の映画づくりにおいて、まず事前にフリーランスの窓口サイトで仕事依頼を受け付けていた4人の女優を主演にすることを決めており、その上で前述のコンテストで短歌を4首選んだという。そのうえで、それぞれの短歌と主演に合わせて、“ここで映画を撮りたい”と思いついた場所があったらその瞬間に実際に行って、話を聞き、撮影許可や出演許可をとった。

杉田監督:その(現地の)方たちと場所があって私たちスタッフ、俳優の人たちが行くと、もうなにかあるんですよね。私がなにか手を入れる必要がないので、それを私は見ている。こんなことが起きているというのを楽しんでいます。

と語った。

また、現場での指示について、細かい表現の指摘はせず、事前のイメージと俳優の動きのすり合わせを行うとして

杉田監督:演出をしていくというよりは、発見をし続けなければいけない。今そこで起きていることの良さに気づけるかどうか。もし見落としていたらアウト。

と、自論を展開した。

また、杉田監督にとっての映画とは何かという問いに対しては、「気になることに近づくための手段」として、“なんで?”と思うことに対してのアプローチの仕方において、杉田監督が選んだ表現が映画だったとした。

映画監督になったきっかけとして、シネマ・ロサの勝村俊之氏に『河の恋人』で才能を見出され、新たに一作品作ることを提示されて『ひとつの歌』を作ったことが、助監督から監督への歩みを進めたきっかけだったとそう。助監督の経験を積んだ杉田監督は映画監督という職業について、助監督とは異なり責任が伴うが故に

杉田監督:スタッフは監督の判断を信じる必要がある。最終的に責任を取るのはその(監督とプロデューサーの)二人なので。 
と話し、監督の判断が正しいかどうかは何年後かにならないとわからないこともある、変わった世界だと独特な映画現場の世界観を語った。

さらに、チョンジュ国際映画祭について、日本でいうと原宿を歩いているような若者が見に来ており、会場は満席だったと話し、その反応についても涙を流して質問をしてくれた人もいたと笑みを浮かべ、『ひかりの歌』が海を超えた韓国にも届いたことへの実感を伺わせた。


また、今後の自身の仕事については

杉田監督:小説を書こうと思っている。映画は何かが起きたら作ることになる。

と、まずは小説を書くことを決めていると今後について明言した。



「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
https://twitter.com/katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 『ひかりの歌』

2018年1月12日[土]よりユーロスペースほか全国順次ロードショー

http://hikarinouta.jp/

詩人・吉増剛造らから激賞されたデビュー作『ひとつの歌』以来となる杉田協士監督の長編最新作『ひかりの歌』。歌人の枡野浩一と映画監督の杉田協士が、映画化を前提に開催した「光」をテーマにした短歌コンテストで、1,200首のなかから選出した4首の短歌を原作に制作した4章からなる長編映画。それぞれ孤独のなかを生きる主人公4人の女性を、ときに静かに、やさしく包む光がある。この世界で生きるための支えになるささやかな光のありかを描き出す。

<STORY>

都内近郊に住む4人の女性、詩織、今日子、雪子、幸子は、それぞれ誰かを思う気持ちを抱えながら、それを伝えられずに日々の生活をつづけている。旅に出てしまう同僚、店が近いアルバイト先の仲間、他界した父親、長い年月行方知れずの夫のことを思いながら、彼女たちは次の一歩を踏みだしていく。

過去記事:
杉田協士監督 7年ぶりの長編映画『ひかりの歌』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/137919



「活弁シネマ倶楽部」とは

様々な切り口で、様々な人が“映画を語る”ことで、映画の新たな楽しさを発信するトーク番組。番組タイトルにもなっている「活動弁士」は、映画の上映中、映画を自由闊達に語り、表現し、解説をすることを生業とする人たちである。本番組では、活動弁士の精神をそのまま受け継ぎ、映画に関わる様々な人をゲストに迎え、制作陣の想いや映画の知られざる一面など、様々な角度から映画を掘り下げていくWEB番組。

***********************************

キャスト:
北村美岬 伊藤茄那 笠原智 並木愛枝
監督・脚本:杉田協士
原作短歌:加賀田優子 後藤グミ 宇津つよし 沖川泰平
配給:GENUINE LIGHT PICTURES
制作:光の短歌映画プロジェクト




映画『そらのレストラン』主題歌「君がいるなら」スカートの映画版ミュージックビデオ解禁


映画情報どっとこむ ralph 大泉洋主演の北海道映画シリーズ第三弾となる映画『そらのレストラン』が1月25日(金)より全国公開となります。


この度、映画の本編映像を使用した、本作の楽曲を担当したスカートの主題歌「君がいるなら」映画版ミュージックビデオ(ショートver)が解禁。

スカートは、澤部渡によるソロプロジェクト。類稀なるソングライティング能力とボーカリゼーション、2017年10月にメジャー1stAL「20/20」をリリースし、全国27局のFM/AMラジオ局のヘビーローテーション&パワープレイを獲得。さらに、映画『高崎グラフィティ』、テレビ東京ドラマ24「忘却のサチコ」の主題歌に抜擢されるなど、今最も業界で注目を集めているミュージシャンです。

今回解禁となった映像では、「新しい朝の匂いの向こうに~」と作品に寄り添った歌詞に乗せて、亘理と家族が自分の牧場で採れた牛乳やチーズを楽しむ、幸せいっぱいの朝食シーンからはじまり、亘理のまわりに集う、有機農法の米と大豆にこだわる石村(マキタスポーツ)、無農薬栽培にこだわる野菜農家の富永(高橋努)など、それぞれの農家の日常が描かれていく。オープンしたレストランで皆が美味しそうに食べる料理の数々に加え、思わず見とれてしまう広大で美しいせたなの景色など、盛りだくさんの内容となっている。そして、家族や仲間の仲の良さが垣間見えるシーンにスカートの伸びやかな歌声が特上のスパイスとなり、彼らがレストランをオープンするために奮闘する様子は必見の内容となっています。



映画情報どっとこむ ralph 今回の楽曲に際して

澤部さん:とにかく自信作です。『そらのレストラン』に書き下ろした2曲はスカートにとって大事な曲になりました。
と、自ら太鼓判を押し、

大泉さん:映画『そらのレストラン』の最後で、美しい北海道の景色と、清々しい物語のラストにのせてこの主題歌がかかった時に、本当に幸せな気持ちになりました。初めて聴くのに何故か懐かしい気持ちになる不思議な曲でした。この映画と一緒にたくさんの方に聴いてもらいたいです。

と絶賛のコメントを寄せている。

1月23日(水)には、劇中挿入歌「花束にかえて」も収録されたメジャー2ndシングル「君がいるなら」が発売される。同日にこの映画版ミュージックビデオのフルverも解禁される予定だそうです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『そらのレストラン』

1月25日(金)全国ロードショー

公式サイト:
http://sorares-movie.jp/


STORY
北海道せたなで暮らす亘理(わたる)と妻のこと絵と一人娘の潮莉(しおり)。彼は父親から引き継いだ海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営んでいる。しかしチーズ作りはまだまだで、厳しい師匠に怒られてばかり。そんな亘理には気の会う仲間たちがいて日々助け合いながらも楽しく過ごしていた。そこに東京からやって来た牧羊を営む若者・神戸も加わり、それぞれの生産する食材を持ち寄り「おいしい」を共にしていた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。

***********************************

監督・脚本:深川栄洋
脚本:土城温美音楽:平井真美子
出演:大泉洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、安藤玉恵、庄野凛、鈴井貴之(友情出演)、風吹ジュン、小日向文世
配給:東京テアトル
©2018『そらのレストラン』製作委員会


馬場良馬/和地つかさ/古谷大和/テジュ 映画『HARAJUKU~天使がくれた七日間~』公開に先駆けフォトシネマ朗読劇上演決定


映画情報どっとこむ ralph 原宿を舞台に全編 iPhone で撮影。馬場良馬、椎名鯛造を主演に迎え、松田圭太監督がメガホンを取った映画『HARAJUKU~天使がくれた七日間~』(2019年公開予定)が映画公開に先駆け、フォトシネマ朗読劇として上演が決定しました。

『HARAJUKU~天使がくれた七日間~』は、時代の交差点である街、原宿を舞台に、一軒だけ残る銭湯を継いだ英雄の前に、天使が現れて彼を天国に連れて行こうとするが、天使が原宿に興味を持っている事を知り、原宿の事を色々教える代わりに、延命して欲しいと交渉。天使はその願いを聞き入れ、7 日間、英雄と共に人間界で生活する事を決める。彼らを通して、若者たちの疾走し駆け抜ける人生を描きます。

テレビ朝日系連続ドラマ「特命戦隊ゴーバスターズ」ブルーバスター/岩崎リュウジ役や 2017 年東京ドラマアウォード優秀賞〈衛星・配信ドラマ部門〉を受賞した「弱虫ぺダル」シリーズなどの出演で知られ、先ごろ発表された舞台「DEVIL MAY CRY ― THE LIVE HACKER ―」に出演が決定した馬場良馬が映画に続き、朗読劇に主演。銭湯“明治湯”を継いだ主人公・英雄を演じます。

共演にはグラビアアイドルとして雑誌のグラビアやTVのバラエティ番組の他、舞台『ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生~画業 45 周年だよマンガ道~』に主演、女優としても注目を浴びている和地つかさ、

舞台「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」など多くの舞台に出演している古谷大和、

AbemaTVの恋愛リアリティ番組「恋愛ドラマな恋がしたい」で注目されたテジュ、

…他が出演。

また映画版の原案、脚本を手掛けた松田圭太監督が、朗読劇の演出を手掛けます。映画とは違う手腕に期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph 『HARAJUKU~天使がくれた七日間~』

会場:大阪市立芸術創造館
日程:2019 年 3 月 23 日(土)~24 日(日)全5公演
時間:23 日 13 時~、16 時~、19 時~ / 24 日 14 時~、18 時~
*上演時間 約1時間半
*開場:各回の 30 分前を予定
*当日券販売:各回の開場時
*グッズ販売:各回の開場時/終演後
出演:馬場良馬/和地つかさ/古谷大和/テジュ…ほか
原案・脚本・演出:松田圭太(最果てリストランテ)
プロデューサー:嶋田豪・舟橋清美
主催:アイエス・フィールド

映画公開に先駆け、フォトシネマ朗読劇として上演が決定! キャストに馬場良馬、和地つかさら出演 フォトシネマ朗読劇第 4 弾 「HARAJUKU~天使がくれたくれた七日間」 2019 年 3 月大阪公演決定!!

チケット券種:
SS 席 座席前方確約・出演者の直筆サイン入り台本・メイキング DVD 付 10,000 円
S 席 メイキング DVD 付 7,000 円
A 席 5,000 円
《キャスト先行》 専用 URL は、キャストの公式ファンクラブサイトまたは SNS 等をご確認ください。
・受付期間:1 月 18 日(金)18:00~1 月 21(月)23:59
・当落発表:1 月 23 日(水)
・引換期間:1 月 23 日(水)発表後~1 月 27 日(日)23:59
※抽選申し込み条件
・希望順位受付:第 2 希望まで
・同一ステージでの重複申し込み無効
・1 回の申込み制限枚数:2 枚まで

《カンフェティ先行》
・受付期間:1 月 31 日(水)10:00~2 月 3 日(日)23:59
・当落発表:2 月 5 日(火)
・引換期間:2 月 5 日(火)発表後~2 月 10 日(日)23:59
※抽選申し込み条件
・希望順位受付:第 2 希望まで
・同一ステージでの重複申し込み無効
・1 回の申込み制限枚数:2 枚まで

《一般販売》
・販売開始日:2 月 16 日(土)10:00~

主催:アイエス・フィールド
***********************************



2月8日(金)に公開映画『ファースト・マン』ライアンの繊細な演技に期待高まる本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションが、アポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描いていく。

この度、ライアン・ゴズリングがリサーチを重ねた繊細な演技が映し出される本編映像が到着しました!

今回解禁されたのは、アポロ11号の乗組員に任命されたニール・アームストロング船長(ライアン・ゴズリング)、バズ・オルドリン操縦士(コリー・ストール)、マイケル・コリンズ操縦士(ルーカス・ハース)の3名が、出発に向けての記者会見に登壇する様子が映し出されたワンシーン。会場には人類初の月面着陸という華々しいミッションに目を輝かせ、我こそ先に質問しようと次々に挙手する記者たちと、“第1号”になれるかもしれない喜びに心を躍らせながら意気揚々と質問に答えるバズの姿が。しかし、ニールだけは記者たちの羨望の眼差しに目をしかめ、“もし成功したら…”という質問にも「皆、成功を目指しています」と淡泊に回答。続けて、“人類初の月面着陸に何を持っていくのか?”と問われるも「少しでも多くの燃料を」と毅然とした態度を貫くのだった。

周りから英雄として讃えられる一方で、幼い娘を失くした過去や、命を落としていった仲間たちの想いを背負いながら過酷なミッションに向き合っていくニールの複雑な心情を、名優ライアン・ゴズリングが持ち前の演技力で繊細に演じる。



映画情報どっとこむ ralph ニールを演じるにあたり、実際の家族に会ったり、当時の本人を知る関係者に話を聞いたりと、積極的に行動していたというライアンはニール・アームストロングという人物について

ライアン:ニールの控えめで、地味な性格が印象的だった。典型的なカウボーイでも、早口のパイロットでもない。口数が少なくて、黙って部屋の隅に座っているけど、瞬時にあらゆる物事を査定することができる一番頭のいいタイプの人間なんだ。」

と自身の見解を説明。そんなライアンの劇中の演技を、

チャゼル監督:ニールはいつも自分に特別な要素はないと主張していた。周囲の状況によって偶然月に立った最初の人間になったといっていた。ニールにはそういった正常さがあったし、ライアンの演技はすごくさりげなく、彼の性格を表していたよ。

さらに実際にニール本人と会ったことのある原作者ジェイムズ・R・ハンセンも

ハンセン:ライアン以上にニールを演じられる俳優はいない。彼にはニールと同じように内省的で静かで控えめなところがある。それに彼自身の解釈でアームストロング像を描いて、細部にまで気を配らないとわからないようなニールの特徴を見事に表現しているんだ!

と大絶賛。


映画情報どっとこむ ralph 実在したニール・アームストロングというキャラクターが、ライアンの徹底したリサーチと、ふたりの間に存在した共通点によって、劇中でどのように映し出されていくのか・・・

映画『ファースト・マン
原題:『FIRST MAN』 

公式Twitter:
@firstmanmoviejp 

公式サイト:
http://www.firstman.jp/


***********************************


全米公開:10月12日(金)
監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー 
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16) 
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
※作品公開年は全て日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和 

写真用クレジット:©Universal Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


安藤ゆき原作 石井裕也監督「町田くんの世界」公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 安藤ゆきによる第20回手塚治虫文化賞受賞作「町田くんの世界」が実写映画化6月7日(金)全国公開することが決定しました。

本作のメガホンを取るのは、日本アカデミー賞受賞監督・石井裕也(35歳)。
2009年の商業デビュー作『川の底からこんにちは』では、第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞。その後も様々な作品を世に送り出し、2013年公開の三浦しをんによるベストセラーを映画化した『舟を編む』では、第37回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞をW受賞する快挙を達成。さらに第86回アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品にも選出さるなど各映画賞を総なめ。2018年公開『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』では、第12回アジア・フィルム・アワードで名だたる監督達を抑え、監督賞を見事受賞。

手掛けてきたほぼすべての作品が、海外の国際映画祭への招待や、数々の賞を受賞するなど、国内だけでなく海外にも多くのファンを持つ、今、最も新作が期待される若手実力派監督です。

石井裕也(監督・脚本)コメント
人を好きになる気持ち、愛とかそういうものは、普通であれば恥ずかしくて口に出すのもはばかられますが、やはりどう考えても人間にとって必要なこと。それが今、本当にやるべき題材だと感じ、それをまったくてらいもなく、恥ずかしげもなくやってる“少女漫画原作の力”に僕も乗っかりたいと思いました。この作品では、本当に例外的なことをやりまくっています。まさか自分が少女漫画原作をやるとは思っていなかったので、逆に振り切れたというか、冒険的になれたし、映画的な自由を得られたんだと思います。
映画情報どっとこむ ralph 派遣OLが病気の父に代わって田舎のしじみ工場の経営に奮闘する姿を描いた『川の底からこんにちは』。玄武書房の辞書編集部に配属された主人公がその特殊な才能を生かし、訳あり編集部員たちと協力しながら新辞書「大渡海」を編纂する姿をユーモラスに描く『舟を編む』。ベストセラー同名詩集をもとに、東京に生きる男女の切ないラブストーリーを描いた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』など、これまで石井監督が手掛けてきたのは、ごく普通の生活を生きる人間たちや家族です。

そして石井監督が最新作の題材に選んだのは、別冊マーガレットで2015年から2018年まで連載されていた漫画「町田くんの世界」。今回、自身初となる漫画原作、しかも昨今続く少女漫画原作の映画化という、自身も“例外的”と語るほど、これまでの監督のイメージとは一線を画するジャンルへのチャレンジとなります。今まで人間をおかしくも、その本質を描いてきた監督が、新ジャンルでどのようなドラマを私たちに見せてくれるのか。平成の時代が終わり、新たな時代に公開となる本作では、今回様々な新たな試みに挑戦。撮影では、このデジタル全盛の時代に逆行する35mmフィルムで全編を撮影、その他常識に囚われない手法を取り入れています。石井裕也監督のキャリア集大成となる本作で、新時代に相応しく、今までの邦画の概念をぶっ壊す!

映画情報どっとこむ ralph 邦画史上、類を見ない<予測不可能な結末>

「町田くんの世界」

6月7日(金)全国公開

【ストーリー】
運動も勉強も苦手で、見た目も普通な町田くん。しかし、彼には困った人の事は絶対に見過ごさず、接した人みんなの世界を変えてしまう不思議な力が…!? そんな町田くんに訪れた突然の出来事…。優しさに溢れていた“町田くんの世界”がひっくり返る!

***********************************

監督・脚本:石井裕也
脚本:片岡翔
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会