「バイオレンス」カテゴリーアーカイブ

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第2シーズン+アルファで劇場上映発表!


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数200万部突破!
太田垣康男による『機動戦士ガンダム サンダーボルト』が待望の続編アニメ化!

有料配信で大ヒットを記録したガンダムシリーズ『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の最新作、第8話が7月14日正午に配信が開始。ついにクライマックスを迎えたことを記念し、上映&トークイベントが実施されました。

そして、有料配信で公開された第2シーズン全4話に新作シーンを加えた特別編が11月18日(土)より、劇場にて上映されることも発表となりました!
日時:2017年7月16日(日)21:00~
場所:新宿ピカデリー
登壇:中村悠一(イオ・フレミング役) 木村良平(ダリル・ローレンツ役)
菊地成孔(音楽) 小形尚弘(サンライズプロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 8話をご覧になっての感想。

中村さん:
まさか、というところで終わってしまい…(木村良平さん:「ここでえええええ??!!!???というとことでしたね。もう、ここで放り出すわけにはいかないですよね!」)まぁ今回第2シリーズをやらせていただくと決まった時から嫌な予感はしていたんですけどね(笑)今なお、原作も続いているので決着をつけるのは難しいことはわかっていたんですが、改めて映像で見るとすごくもどかしいところで終わってしまいましたね。イオ的にはこれからというところで終わってしまったのでまだまだ続きをやらざるを得ない!ですね。

小形プロデューサー
8話は実はすごく絵の枚数がかかっているんです。今までは抑えていたとは思うんですけど…普通テレビシリーズだと多くて5000枚のところ、サンダーボルトは18分の映像で14000枚使っているんです。(キャスト・会場から驚きの声)みなさんに応援してもらって、また何本もつくれるようにしたいですね。


印象に残ってるシーン・好きなシーン
中村さん:南洋同盟の坊さん達がせめてくるところはすごく異質な感じがして、お経っぽい音楽がすごく怖かったですね。

木村さん:8話はやっぱりダリルの戦闘シーンですね。原作を読んでいたときから楽しみしょうがなかったので、そこがやれてうれしかったです。

小形さん:お経の音楽は、実は1シーズンのバロウズ艦長役の声優さんが読んでいるんです。ダリルの戦闘シーンは当初の想定を超えるくらいこだわっていましたね。普通メカの設定画を作るときは4~5枚あれば足りるのですが、今回のアッガイは設定資料が100枚くらいありましたね。(笑)


映画情報どっとこむ ralph 初公開になった特報映像の感想


中村さん:エクスペンダブルズみたいでしたね(笑)パソコンで先に見させていただいたんですが、劇場で聞くと全然音の迫力が違っていてとてもいいですね。今日の特報映像だけでもすごかったので、本編はとんでもないものが出来そうで楽しみですね。

木村さん:追加シーン用、ということでいろいろ収録しているセリフもたくさんあるのでそれがどんな風に構成されて映画が完成するのか楽しみですね。たくさん録ったので、カットされないことを願います!

小形さん:劇場用に音も貼り付けなおしているんです。ぜひ劇場でみていただきたいですね。11月に公開されたときは、また監督から直接いろいろ語ってもらえればと思います。前回の劇場版では、戦闘シーンを足しただけでしたが今回はそれだけではなく、それぞれのキャラのドラマシーンもたくさん盛り込んだので、ぜひ楽しみにしていただきたいですね。録らせていただいた声はもちろん、しっかり使わせていただきます!(笑) アトラス、アッガイの戦闘シーンもこれでもか、というほど増えると思います!

映画情報どっとこむ ralph ここで菊地成孔さんが登壇し音楽メインのお話に。

今回の第二シーズンで松尾監督と話したこと

菊地さん:第1シーズンのときはまず音楽の必然性というものがあって、イオとダリルが戦闘中にラジオで音楽を聞いているという設定があるからそれに沿ったオーダーがあったんですが、今回の第2シーズンではさらにオーダーが増えて(笑)。今回劇中で、ビアンカがピアノを弾いて、イオがドラムを叩いてというセッションのシーンがあるので、ふたりで演奏するデュエット曲をつくってくれと言われました。実は予告編につかうために、その曲だけ先行して去年のクリスマスに録音したんです。ピアニストの桑原あいちゃんとドラマーの山田玲くんにお願いしました。そこからいろいろと録っていったんですが、第2シーズンではテーマ曲も新たに書き下ろしました。
今回はダリルの曲もガラッと変わりましたね。漠然とですが、今回は昭和歌謡をテーマしました。前作はアメリカのオールディーズをイメージしていましたが、アメリカのファンから、日本語の曲が聞きたいという声もありまして、今回は日本語の歌詞にしています。英語で作詞したものを日本語に訳したので、英詩のテロップを映像に流してもらうようにお願いしました。前回とは逆転しているんですね。
あとはお経ですね。松尾監督からいろいろなバリエーションをつくってほしいとお願いされました。全体的に今回は、前回に比べて松尾監督のお願いが増えましたね(笑)聞けばわかるくらい有名なお経をつかっているので、わからないように逆再生しているですよ。このアイディアは、時間がなかったのでいいや!って逆回転することにしたんです。元がしっかりしているお経なので逆回転してもきちんとお経っぽさが残っているんですよね。(中村さん「知りたい人は逆再生すればいいんですね、サントラがすごい売れますよ…。」)

今回の音楽への感想

中村さん:
本編で「ジャズが聞こえたら、ぼくだよ」っていうのがあるじゃないですか(木村さん「そんなかわいい感じでしたっけ(笑)」)それが、観ている人達にとってもそうなんですよね。あの音楽が流れてくると連邦サイドのお話にいくんだ、って話の流れが変わるということがすごく伝わりやすいな、と思います。今回はお坊さんも入ってきて焦点も増えたのでより音楽が効果的だなと感じましたね。あと、お経が聞こえてくると怖いなと思いました。
(これまでの音楽で)一番印象的なのはやっぱりテーマ曲ですね。普通のアニメーションではないような音楽で、
ガンダムのゲームをやってるときに流れてくるのを聞いても、サンダーボルトだけ他のガンダム作品とも全然違う異質な感じがすごくいいですね。

木村さん:今回、ダリルとイオのそれぞれのシーンが頻繁に切り替わるのですが、曲のあるおかげで、いまどっちのシーンなんだろう、というのがすごくわかりやすかったです。あと個人的にはアッガイの目でダンスがかわいくて(笑)すごい好きでした。ポップな楽曲が流れると一気に雰囲気が変わるのもとてもおもしろかったですね。メカニックだけでももちろん楽しめるんですが、そこに印象的な音楽が乗っかることでさらに楽しみが増えるのはこの作品の強みだな、と思いましたね。イオとダリルの音楽が対になっているのもとても印象的ですごく好きですね。

菊地さん:
アニメの曲は大変ですね。ルパンのほうがまだ楽でした(笑)でもおかげさまで、アメリカのガンダムオタクのミュージシャンがたくさんいるんですが、ジャズの世界で第一線で活躍しているミュージシャンの“サンダーキャット”が「いま一番やばいのはサンダーボルト」とツイートしてくれたりするんですよ(笑)ニューヨークでの公演も決定したので、これからもどんなふうに広がっていくか楽しみですね。作詞に関しては、サントラがでることはきまっていたので、曲だけで聞いていても成立することを心掛けました。一番お気に入りの曲はイオとビアンカのセッションである、ドラムとピアノの曲。全部で7分の作品ですが、1分半くらいしか使われていないのでぜひ全部きいてほしいですね。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

小形さん:
今はまだ言えないこともありますが、秋は劇場にきて楽しんでいただきたいです。

菊地さん:
とてもこだわって作っているので、とにかく監督の健康が心配ですね。
若いエネルギーが満ちている作品なのでとても楽しみですね。それに合わせてニューヨークでの公演も楽しみにしていただければと思います。

木村さん:トレーラーでみただけでもやっぱり劇場でみるといいな、と思ったので本編が劇場上映されたときにはぜひ映画館に足をはこんでもらいたいですね。そして見てもらってめっちゃ面白かった!と大きな声でいっていただければ、きっと続きができると思うので!(笑)末永くよろしくお願いいたします。

中村さん:
今回8話で終わってはいますが、毎回新しいお知らせが出来ているので11月に上映したときにも、また新しいお知らせができるといいな、と思います。音楽との結びつきが強い作品なので、それと絡めたことが出来たらいいですね。引き続きよろしくお願いいたします。

物語・・・
イオとの死闘を制したダリルは、ジオン残党軍の一員として地球にいた。彼は奪われたサイコ・ザクの情報を得るための諜報任務に就いていたのだ。
一方、新たな仲間と共に「サンダーボルト作戦」に参加したイオの前に、南洋同盟守備隊隊長を名乗るペール中佐が立ち塞がる。
海中で、氷原で、密林で繰り広げられる、ジオン、連邦、南洋同盟、三つ巴のモビルスーツ戦。

戦争はまだ、終わってはいなかった。

***********************************

キャスト
イオ・フレミング:中村悠一/ダリル・ローレンツ:木村良平/ビアンカ・カーライル:古川由利奈/ビリー・ヒッカム:逢坂良太/ビンセント・パイク:杉田智和/クローディア・ペール:行成とあ/カーラ・ミッチャム:大原さやか

スタッフ
原作:矢立肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より) /漫画原作・デザイン:太田垣康男、スタジオ・トア/監督・脚本:松尾衡/アニメーションキャラクターデザイン:高谷浩利/モビルスーツ原案:大河原邦男/アニメーションメカニカルデザイン:仲盛文、中谷誠一、カトキハジメ/美術監督:中村豪希/色彩設計:すずきたかこ/CGディレクター:藤江智洋/モニターデザイン:青木隆
撮影監督:脇顯太朗/編集:今井大介/音楽:菊地成孔/音響監督:木村絵理子/音響効果:西村睦弘/制作:サンライズ

(C)創通・サンライズ
    


浅川梨奈 座長感漂う『人狼ゲーム マッドランド』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph SUPER☆GiRLS浅川梨奈 主演映画『人狼ゲーム マッドランド』が7月15日(土)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて公開。

浅川梨奈さん、松永有紗さん、門下秀太郎さん、飯田祐真さん、栗原吾郎さん、長谷川ニイナさん、眞嶋秀斗さん、木下愛華さん、坂田将吾さん、綾部真弥監督が登壇して初日舞台挨拶が行われました!

映画は、プレイヤーが村人と、人を殺す役目の人狼などの役職にわかれ、会話から「誰が人狼なのか」を探る人狼ゲームシリーズ。
今まで、主演に桜庭ななみさん、土屋太鳳さん、高月彩良さん、小島梨里杏さん、古畑星夏さんなど今や引っ張りだこの若手女優の登竜門的シリーズ第6弾です!

『人狼ゲーム マッドランド』初日舞台挨拶
日程:7月15日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:浅川梨奈、松永有紗、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華、坂田将吾、綾部真弥監督

映画情報どっとこむ ralph 満席&立ち見のお客さんも出る大人気主演の浅川さんから
浅川さん:初日に来てくださった皆様ありがとうございます!

綾部監督:週末の夕方この映画を選んでいただき本当にありがとうございます。シリーズ4本目の監督ですが、満席+立ち見。初めてです嬉しく思っています。
との挨拶からスタート。

長編映画初主演の浅川さん、

浅川さん:第6弾のシリーズに自分がこうして主演として参加できて嬉しいですし、主演は不安でしたが、初日にこれだけのお客様に来てもらえて、ものすごくうれしいです。今はドキドキとワクワクでいっぱいです!

過去シリーズは参考にされました?

浅川さん:ちょうど古畑ちゃんが撮影している時に、他の作品で一緒だったので、次に自分が?でしたし、森川葵ちゃんにも現場の雰囲気とかを聞いていたので、いいタイミングでアドヴァイスをいただけました。勉強になりました。監督とは相談色々させていただきました。
映画情報どっとこむ ralph いままでのシリーズとの変化を聞かれた監督

綾部監督:あまり多くの変化はないですが、同じ場所で撮っているので、場所や美術、演出など工夫して変えていますね。浅川さんは、明るくてその反面寂しがり屋なのを生かせればと演出しました。

松永さんは、浅川さんとは別作品で一緒だったそうで
松永さん:その時は距離が近くなかったんですけど・・・今回はお泊りの部屋も一緒だったので、撮影もオフも近くなりました。役が私の性格と真逆だったので、心の中の心境を出し過ぎず、抑え過ぎず・・・頑張りました。

撮影時の感想などを聞かれ

門下さん:初めての映画作品で不安でしたが、現場に入ると皆が雰囲気が良くて。体当たりで演じました。

飯田さん:内容が内容なので、楽屋とかどうなのかなと思ってましたが、浅川梨奈ちゃんが人懐っこくていい子なんですよ。休憩時間は梨奈チャンが和ませて・・撮影になると監督のスタートの言い方の緩急でシーンに入りやすくしてくれていたんです!
と、撮影時の座長と監督のエピソードを披露!

映画情報どっとこむ ralph 栗原さん:僕の役は・・・なんで、浅川さんにハーレムで嬉しいでしょ!って、いい思いしました。

長谷川さん:長編映画が初めてで、見ていた作品に出られることで不安が大きかったですが、リハで監督に、「思いっきりやっていいよ」って言われて、本番では思っていないほど感情が出て、驚きました。撮影は女子皆で銭湯に行って、帰りにアイスを食べながら和気藹藹で帰りました。

眞嶋さん:男子チームも銭湯で、お湯をかけあいながら「頑張ろうね」って話してました。撮影期間は泊まり込みで気が抜けなくて、その環境にいられることが役者として嬉しかったです。監督の指導も幸せでした。

木下さん:これだけ同世代の方たちとお芝居するのは初めてで楽しかったですし、順どりで、朝から晩まででハラハラが続く撮影は贅沢な時間でしたね。一つの役だけを演じられる1週間は幸せでした。

と、缶詰撮影に幸せを感じる役者さんたち。

坂田さん:長く続く作品い参加させていただけたことに深い感謝をしております(笑)現場おごはんがおいしかったです。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

浅川さん:私達十人本気で死にたくないと、本気で作り上げた作品です!この作品を多くの方に観ていただきたいので宜しくお願いします!#人狼ゲームマッドランド でネタバレしない程度に感想を!エゴサーチしますので!

衝撃の結末が待っている

人狼ゲーム マッドランド

2017年7月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開



監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム”。人呼んで<人狼ゲーム>・・・。

とある建物の中で目を覚ました10人の高校生。首には見慣れない器具が取り付けられ、小池萌(浅川梨奈)はそこが、巷で噂になっている「人狼ゲーム」の会場であることを知る。何のつながりも無い10人のメンバーは否応無しに、それぞれカードを引くことに。生存条件は「皆殺し」という圧倒的不利な状況のなかで、生き残りをかけてゲームを遂行する。

公式ホームページ:
http://jinro-game.net/

***********************************

出演:浅川梨奈
松永有紗 門下秀太郎 飯田祐真 栗原吾郎
長谷川ニイナ 眞嶋秀斗 木下愛華 坂田将吾
佐奈宏紀

監督:綾部真弥
脚本:川上亮、綾部真弥
原作:川上亮「人狼ゲーム マッドランド」竹書房刊

企画・配給:AMGエンタテインメント
(C)2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会


SWORDメンバー新ビジュアルが解禁「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」


映画情報どっとこむ ralph 新作・映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」が、8月19日(土)より全国ロードショーになります!

そして!SWORDメンバー新ビジュアルが解禁!

今回公開されるのは、山王連合会・White Rascals・鬼邪高校・RUDE BOYS・達磨一家らSWORDの各チームが集合した新ビジュアル。かつて拮抗していた者同士が共に並び立つ理由とは?

さらば、SWORD  の文字の意味は?

傷だらけの彼らが見つめるその先には何があるのか?
そしてスモーキーの姿はなぜないのか?

ストーリーのキーポイントが垣間見えるビジュアルです!

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」
8月19日(土)全国ロードショー!
ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会
***********************************


『アウトレイジ 最終章』全員暴走「バカヤロー!」な予告編初解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この度、北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』(10月7日全国公開)の、<予告編>と<ポスタービジュアル>が完成しました。
『アウトレイジ』シリーズは、北野 武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズです。そんな『アウトレイジ』シリーズが、ついに前作から5年の月日を経て最終章を迎えます。

完成した予告編は、《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下、韓国に渡った大友(ビートたけし)と、大友を慕う韓国・済州島グループの市川(大森南朋)がマシンガンを乱射する、『アウトレイジ』シリーズ史上最高にド派手で衝撃的なシーンからはじまる。

取引のために滞在した韓国の地で【花菱会】幹部・花田(ピエール瀧)がトラブルを起こし、大友と対峙する。「なめとんのか!!」と恫喝する花田に対し「なめてなんかいねーよバカヤロー!!」とブチ切れる大友。しかし、この結末は花田が張会長の手下を殺害するという最悪のシナリオに…。焦る市川と苛立つ大友の思いをよそに、このトラブルをきっかけに《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》、一触即発の状態になってしまう。

一方、【花菱会】では新会長の野村(大杉 漣)が、目障りな若頭・西野(西田敏行)を陥れようと、【張グループ】と西野が争うよう花田を焚き付けて画策し、【花菱会】内部での内紛が巻き起こる。《裏切り》・《駆け引き》・《騙し合い》が連続し、それぞれが想いを交錯させ、【張グループ】【花菱会】【山王会】【警察】が入り乱れる“全員暴走”の全面戦争へと突入。大友もまた、全ての因縁に決着をつけるべく日本へと戻り、暴走劇を繰り広げる。

映画情報どっとこむ ralph シリーズ史上最大級のスケールでおくる<全員暴走>の究極の抗争劇。

《怒号》と《大金》、《銃弾》が飛び交い、《裏切り》・《駆け引き》・《騙し合い》が連続する、アウトレイジ(極悪非道)たちの全面戦争!果たしてどんな決着をみせるのか?遂に完結する最終章公開に向け、ますます期待が高まります。


さらに、<なりきりトイサングラス付き>前売りムビチケカードの販売が決定!

発売日:7月15日(土)
価格:¥1,400-(税込)
※特典はムビチケカード1枚につき1つ。
※劇場窓口での購入者限定の非売品(一部劇場を除く)
※数量限定。なくなり次第終了 

「オレを誰だと思ってんだバカヤロー!!全員暴走だコノヤロー!!」
サングラスをかけて、アウトレイジ(極悪非道)になりきった自撮り写真を投稿して、豪華特典がもらえるキャンペーンの開催が決定!!
詳しくは
公式HPoutrage-movie.jp
をチェック!

映画情報どっとこむ ralph あらすじ
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

10月7日(土)、全員暴走スタート!

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武 
音楽:鈴木慶一
出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野  
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会  
    


『アトミック・ブロンド』“最強の女スパイ”降臨。場面写真初解禁!


映画情報どっとこむ ralph 10月20日(金)より日本公開決定した『アトミック・ブロンド』。
主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、アカデミー女優で、近年では『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で高い評価を受けているシャーリーズ・セロン。
監督は、『ジョン・ウィック』共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチ。
共演には、『X―MEN』『ウォンテッド』の演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のガゼル役で一躍注目され、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では敵役に起用されたソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)など実力派俳優が脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph その場面写真初解禁されました!

お披露目されたのは、先日解禁となった特報でも話題の激しいアクションシーン。
シャーリーズ・セロン演じるイギリスの諜報機関MI6のエージェント、ロレーン・ブロートンがブロンドヘアを振りかざしながら、次々と敵をなぎ倒すカットです。
ミニスカートにニーハイブーツ、と敵を倒す姿も超絶スタイリッシュ!

このシーンの経緯も気になるところです。

また、そのほかにも解禁された写真からは、ネオンライトの下、シャーリーズ・セロンの美しいスパイ姿を捉えた場面写真が2枚解禁され、それぞれの鋭い眼差しで見つめる姿は、隙を見せないオーラを纏っています。
赤いライトに照らされた写真では胸元がセクシーに開いた服を着、タバコを手にするロレーン。その眼差しの先に待ち受ける相手とは。
また、ロレーンがジェームズ・マカヴォイ演じる、ベルリンに潜入中のMI6のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルと並んで歩く姿も。ベルリンの壁も横には見え、本作の舞台である80年代のベルリンを感じさせます。
シャーリーズ・セロン演じる美しき最強の女スパイ、ロレーン・ブロートンが激動のベルリンを舞台にどんな活躍を見せるのか、全米公開をいよいよ今月末に控え注目が集まる本作の続報に今後もご期待ください。

アトミック・ブロンド

公式 HP
http://atomic-blonde.jp/
Twitter
@atomicblonde_jp/

シャーリーズ・セロン演じるMI6の女スパイ、ロレーン・ブロートン.。
しなやかな肢体から魅せるガンさばき。
消された諜報員と消えた最高機密のリストの奪還を命じられたロレーンは、世界の運命を握るリストの行方を追ってベルリンに訪れ、世界中のスパイとの争奪戦が繰り広げられる。


***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)
キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテ ッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテ ン・アメリカ』シリーズ)他
2017 年/アメリカ映画/115 分
配給:KADOKAWA