「バイオレンス」カテゴリーアーカイブ

北野武監督他強面勢ぞろい『アウトレイジ 最終章』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 北野 武監督18作目『アウトレイジ 最終章』が10月7日全国公開となります。

その公開に先立ち、9月25日(月)にジャパンプレミアが行われ・・・

北野武監督を始め、総勢13人の強面、西田敏行さん、大森南朋さん、ピエール瀧さん、松重豊さん、大杉漣さん、塩見三省さん、白竜さん、名高達男さん、光石研さん、池内博之さん、金田時男さん、岸部一徳 が登壇!

ド迫力のジャパンプレミアとなりました!

『アウトレイジ 最終章』ジャパンプレミア
日時:9月25日(月)
場所:イイノホール
登壇:北野武監督、
西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、
塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳

映画情報どっとこむ ralph 関西【花菱会】からご挨拶!
西田さん:ようこそおいでいただきました。今日お集まりの方たちは、抽選でタダでご覧になられる運のいい方です。是非宣伝する義務が生じます(笑)。ちょうど、頸椎と胆のうの治療から退院した時にお話をいただき最終章に出演できました。塩見君と共にリハビリしながら撮影しました。北野監督に支えられて花菱会を盛り立てられました!振り向けないので体ごと振り向いているので、そこも楽しんでください。

大杉さん:中年の域を超えた俳優が集まり、北野監督の元戦えたのが、緊張感をはらんだ怖い現場でした。とても良い作品になりました。

塩見さん:北野武監督と前作に続いて仕事が出来たこと、最高の時間でした。『アウトレイジ・最終章』グッとくる映画です!宜しくお願いします。

岸部さん:申し込ん見に来られている。相当な北野作品ファンだと思います。喜多の作品には三本目でしたが、アウトレイジにやっと声をかけていただけまして、楽しませていただきました。今ままでは武さんにあっさりと殺されましたが、この後ご確認ください。

瀧さん:初めて北野組に参加させていただきました。今まで怖い顔には自信があったのですが、この諸先輩方と並ぶとまだまだなと思います。これから観られるお客様。よく当たったなこの野郎!昨今バカ野郎不足な皆さんに成分を補充できる本編になっています。

映画情報どっとこむ ralph 花菱会の傘下になり下がった産能会の皆さんとMCが紹介すると会場は爆笑に。

名高さん:前回までは巻頭でトップの組織だったのですが段々せこくなって来ました。目いっぱい精いっぱい頑張っています。お楽しみに!

光石さん:全開から引き続き出させていただいて嬉しく思っています。

池内さん:今回北野組に参加させていただいて本当に幸せな出来事でした。この役を創っていただいて本当にありがとうございました。現場は緊張感の中で、木村組組長でしたが怯えながら楽しみました。

警視庁の〇暴役の松重さん
松重さん:これだけのメンバーの中。僕だけ公務員です。このご時世このメンバーの中でにこやかに映ると食が失う可能性があります。この世界に前作から引き続き生きられたことが幸せでした。

チャングループ、会長役の金田さんは役者ではなく北野監督の友人。
金田さん:素人の私が出させていただいて、2回人生をさせていただいたようです。

白竜さん:北野監督と最初に出会って28年。おかげで、飲み屋に行くと殺し屋が来たと言われたものです。北野組で良かったです。ビヨンド、そして最終章と出していただき感動しております。

と、感情が高ぶり声を詰まらせる場面も。

大森さん:ぼくは監督のファンで、アウトレイジシリーズが始まる情報は知っていて、。まず加瀬亮君が出てまして。チョット嫉妬し。ビヨンドで桐谷健太と新井がでていて、大きな嫉妬に。そして最終章と言うことでかなりアプローチしまして。やっと夢がかないました。

映画情報どっとこむ ralph 北野監督:この、メンツで神戸に行ってイベントしようと思いましたが、抗争が起こりそうなので東京でのイベントにしました(笑)今度最終章にしたのは、深作さんお仁義なき戦いシリーズになってしまうので、一回締めようと。ヨーロッパでは、バイオレンスものしか最近は興味ないのかと言われるので、次は純愛映画をと思い小説を書きまして、ヒット中です!これを撮って、そのあともう一本挑戦して、ダメだったらバイオレンスに戻ろうと思います。(笑)日本を代表する役者の皆さんに出てもらって台本を渡せば映画は出来てしまいます。まあ、西田さんのアドリブには困りましたが!(笑)何年かしたら日本の役者オールスターでまた、映画撮ってみようと思います!

と、公言してイベントは終了。
10月7日(土)、全員暴走開始です!



物語・・・
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

10月7日(土)、全員暴走!


outrage-movie.jp

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武 
音楽:鈴木慶一
出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野 
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
      


ヒョンビン 誕生日に情報解禁!공조 を邦題『コンフィデンシャル / 共助』で公開決定


映画情報どっとこむ ralph ヒョンビン35歳の誕生日となる9月25日。
ハードなアクションを予感させるチョルリョンの場面写真とともに日本公開情報解禁となりました!

この度、動員数781万人を記録し、2017年上半期韓国映画動員数ナンバー1となり、第21回ファンタジア国際映画祭で最優秀アクション賞を受賞したメガヒットアクションエンターテインメント『共助』が『コンフィデンシャル/共助』の邦題にて2018年2月、TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国公開することが決定しました!

『愛してる、愛してない』、『王の涙 イ・サンの決断』を代表作にもちドラマ「シークレット・ガーデン」で日本でも圧倒的人気を獲得したヒョンビンが上司の裏切りにより妻と仲間を殺され、復讐に燃える北朝鮮の最強エリート刑事リム・チョルリョンを演じ、『ベテラン』、『LUCK-KEY ラッキー』など韓国の名優ユ・ヘジンが韓国側の庶民派熱血ダメ刑事カン・ジンテを。

映画情報どっとこむ ralph 韓国へと逃亡した北朝鮮の犯罪組織を追い、誰が見ても相性の悪い二人が国の垣根を越えて事件を追う、史上初の“南北共助捜査”を極秘で契約しタッグを組む。二人は、世界を揺るがす危機へと立ち向かうことになる。冷酷無慈悲な犯罪組織のリーダーに『ビューティ・インサイド』のキム・ジュヒョク、最強エリート刑事に恋心を抱くダメ刑事の義妹を少女時代のユナが演じ、劇場映画としては初出演を果たす。

繰り広げられるのはハリウッドクラスのド派手なカーアクション、銃撃戦、追跡劇、そして手に汗握る接近戦!ヒョンビンは今までのイメージにないハードなアクションに挑戦。ロシアの戦闘術システマを駆使した超絶スタイリッシュなアクションを披露する!前代未聞の“南北共助捜査”でタッグを組んだ二人は果たして3日間というタイムリミットの間に北朝鮮から韓国へと逃げた組織のリーダーを捕らえることができるのかー!?!

コンフィデンシャル/共助
原題:공조
英題:Confidential Assignment 

2018年2月、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
kyojo-movie.jp

公式Twitter
@kyojo-movie 【ハッシュタグ】#共助


物語・・・
北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)はアメリカドルの偽札を作る犯罪グループを逮捕する任務を遂行中、上司チャ・ギソン(キム・ジュヒョク)の裏切りにより仲間と妻を殺されてしまう。組織は偽札を作る銅版を奪い、韓国へと逃亡。それが明るみに出ると世界を揺るがす危機を誘発するため、秘密裏に取り返さなくてはならない北朝鮮はチョルリョンをソウルに派遣する。国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は庶民派ダメ刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)を任務にあたらせ、歴史上初の“南北共助捜査”を極秘に契約する。しかし、韓国は北朝鮮の真の思惑を探るべく捜査を偽装してカンにチョルリョンの密着監視を命じていた。かくして出会うはずのなかった刑事コンビはそれぞれの思惑を持ちつつ凶悪な犯罪組織との戦いに身を投じていく―。

***********************************

監督:キム・ソンフン 
出演:ヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョク、ユナ(少女時代)ほか
配給:ツイン 

2017年/韓国/カラー/デジタル/韓国語/95分
(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED


健太郎 x 山田裕貴 愛すべきアホウたちの実話 映画『デメキン』予告編


映画情報どっとこむ ralph お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹さんの半生を綴った実録自伝小説・コミックスの実写映画化!

映画『デメキン』2017 年 12 月 2 日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

その予告が完成しました!

本作は、幼少期から“デメキン”と呼ばれいじめられた佐田さんが、喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰める物語。

原作は、2009年3月22日に小説が発売。

2010 年 3 月 19 日より始 まったヤングチャンピオン連載中のシリーズ累計発行部数 170 万部を突破した大人気コミックスの「デメキン」。

主人公の正樹役は、2017 年 9 月 23 日スタートの NHK 土曜時代ドラマ「アシガール」や同年 10 月 28 日公開の 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』などに出演する、ネクストブレイク筆頭の逸材・健太郎が演じ、映画『亜人』(9月30日公開)や『あゝ、荒野』(前編:10月7日公開 後編:10月21日公開)、『HiGH& LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11 月 11 日公開)など話題作への出演が続く実力派俳優の山田裕貴が脇を固めています。

監督には、 三池崇史の助監督として数多くの現場を支え、右腕とも言える山口義高。

脚本は『百円の恋』で第 39 回日本アカ デミー賞最優秀脚本賞ほか、同年のビックタイトルを立て続けに獲得した足立紳。


映画情報どっとこむ ralph

この度、解禁された予告は、「またチーム作らん?」という厚成(山田裕貴)の言葉を皮切りに、正樹(健太郎)の代名詞でもあるタイマンをはじめ、壮絶な喧嘩シーンや轟々しいバイクシーン、仲間同士が衝突する様子を映し出 している。

映画『デメキン

2017 年 12 月 2 日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:demekin-movie.com

物語・・・
幼少期からギョロとした二重まぶただったためデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある 日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷし が強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・ 厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラー メン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの 日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返して いた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛 んな敵が待ち受けていて…。
***********************************

出演:健太郎 山田裕貴 栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修 岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン(水玉れっぷう隊) 坂田聡

原作:佐田正樹『デメキン』
監督:山口義高 脚本:足立紳 音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)

製作:東映ビデオ、AMG エンタテインメント
製作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMG エンタテインメント 2017/日本/115 分
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
(C)2017 映画『デメキン』製作委員会

  


亜人「無敵の〇〇」同士の『エンドレス・リピート・バトル』コラボ開始!


映画情報どっとこむ ralph 桜井画門先生による漫画「亜人」が、満を持して実写映画化。
主演は、類まれなる身体能力で数々のアクションもこなす佐藤健さん。対峙するのは常にストイックな精神で役に挑む綾野剛。2大“憑依型”俳優の直接対決は必見です。他、玉山鉄二さん、城田優さん、千葉雄大さん、川栄李奈さん、浜辺美波さんと実力派俳優陣も集結!
邦画史上、最大の新感覚エンターテインメントの可能性を切り開く本作は、2017年9月30日(土)公開です。

映画情報どっとこむ ralph この度、「絶対に死なない男」と「絶対に死なない男」の壮絶なバトルを描いた新感覚アトラクションムービー『亜人』による全国タイアップ情報が公開!

亜人たちの「絶対に死なない(=無敵)」vs「絶対に死なない(=無敵)」の戦いになぞらえて、日本各地で「無敵の〇〇」同士の『エンドレス・リピート・バトル』コラボの実施が決定し、コラボビジュアルがこの度一斉にお披露目となりました。

日本の大手レコードショップ『タワーレコード』と『HMV』のそれぞれのユニフォームをあしらったビジュアルを始め、「お好み焼きvs焼きそば」 の永遠の戦い、「北海道旅行vs沖縄旅行」の永遠の戦いなど、決着がつかないであろう多種多様の戦いが各地で勃発!

9月19日時点で14のビジュアル(うち、6種は今後展開予定)の展開が決定しています。

◆展開中のコラボ(展開開始順)
タワーレコード & HMV /鶴橋風月 / ばくだん焼本舗 /レバンガ北海道 /インキューブ㈱アトム(「がんこ炎」「カルビ大将」「韓の宴」) /札幌理容協同組合

◆展開予定のコラボ
H.I.S / 横浜F・マリノス & 大宮アルディージャ /
セントラルパーク(名古屋) / 静岡弁当 /名古屋観光コンベンションビューロー / 奈良健康ランド奈良プラザホテル
★コラボ情報まとめページ(現在展開中の施策のみ)
http://ajin-movie.com/tieup/


「亜人」 
9月30日(土)全国公開

***********************************

監督 :本広克行  
作:桜井画門「亜人」(講談社「good!アフタヌーン」連載)
出演 :佐藤健 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈 浜辺美波 山田裕貴 / 綾野剛
Ⓒ2017映画「亜人」製作委員会 Ⓒ桜井画門/講談社




『全員死刑』小林勇貴監督パリで大暴れ! フル○ンで首絞め再現!大喝采


映画情報どっとこむ ralph けしからん!日本映画界を狂わす今もっとも注目すべき危険な狂悪エンターテイメント!

借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の金を奪おうと無謀な計画で1人を殺害したことをきっかけに、連続殺人へと狂い咲いて行く様を、実行犯の次男の目線で描く問題作。

それが間宮祥太朗 映画初主演『全員死刑』(=英題『Death Row Family』)。

フランス・パリ「エトランジェ映画祭2017」“モンドビジョン部門”枠で出品され、現地時間9月14日(木)21時45分から全世界初の上映が開始、上映後には小林監督が登壇しティーチインを行いました。

フランス・パリ「エトランジェ映画祭2017」
現地時間:9月14日(木)21時45分
会場:パリの映画館Forum des Image
登壇:小林勇貴監督

映画情報どっとこむ ralph 会場となったパリの映画館Forum des Imageには、“エトランジェ=奇妙な、見知らぬ人”の言葉通り、個性豊かで一癖もふた癖もある観客が、日本が放つ強烈な新人監督“小林勇貴”の姿を一目見ようと映画祭に多数訪れました。


ティーチインがはじまると監督は、

小林監督:この映画はずっと撮りたかった映画で、そのワールドプレミアをフランスで出来ることが嬉しいです。

と真面目に挨拶を切り出すも

小林監督:質疑応答もいいんですけど、やっぱり俺はみんなで一緒に楽しみたい!という気持ちが強いので、俺にタオルで殺されたいという人がいれば前に出てきてください!

と映画のワンシーンを再現することを提案。予定していた進行を早速無視しはじめ、タオル片手に「カモン!カモン!」と観客を挑発。しかし半信半疑の観客たちは誰も動こうとはせず失笑します。  

そんな流れを変えたのは、いまや日本では絶対にアウトなあの行為。
そう、フル○ンです。スルスルとズボンを脱ぎ、なんの躊躇いもなくパンツを脱ぎはじめ、メンチを切りながら「カモン!カモン!」と叫び続ける監督の姿に、次第に熱を帯びはじめる会場。

志願者が続々と登場し、首を絞める(ふりをする)監督と、それに応じて一生懸命に苦しがる(演技をする)観客というなんとも温かな茶番が繰り広げられることになりました。

そして一通り事を終えるたびに、笑顔で「サンキュー」と観客にハグをする紳士的な監督の一面にも、観客から親しみを込めた大きな拍手が手向けられ、
映画祭委員長からも「こんなに観客と一体になった作品や監督を他に知らない!」とまさかの絶賛コメント。

映画情報どっとこむ ralph 観客からも「映画もあんたも狂ってるよ!」「最高のパンクムービー!」「一生忘れられない映画体験!」「若い頃の三池崇史みたいに衝撃的だ!」と絶賛の嵐!!!!

小林監督:映画でも舞台挨拶でも観客をぶっ殺すことができて嬉しかったです!

と満足気。こうしてティーチインは大盛況のうちに終了しました。


【小林勇貴監督コメント全文】
嬉しいこと!映画でも舞台挨拶でも観客をぶっ殺すことができて嬉しかったです!
悔しいこと!終電間近の上映ってこともあって、席がもう少し埋まって欲しかった!でもそんな中来てくれたお客さんの熱量は凄くて、圧倒されました!!!映画祭の委員長に「こんなに観客と一体になった作品や監督は今まで他にないです」と言わしめることが出来ました!全員死刑だ!ぶっ殺う!!!!!

映画情報どっとこむ ralph 今回の映画祭では『全員死刑』の英語字幕版インターナショナルトレイラーも上映されました。英語字幕版は狂気さ5割増し。


全員死刑

物語・・・
家族想いの主人公タカノリは、情緒不安定な組長の父・テツジと、ヒステリックな母・ナオミを借金苦から救う為、兄・サトシと共に近所の資産家一家の現金強奪を実行する。しかしあまりにお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害し事態はエスカレート。
ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の人間狩りがはじまった―
***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
2017年11月18日(土)全国ロードショー
配給:日活/東京テアトル
©2017「全員死刑」製作委員会