「バイオレンス」カテゴリーアーカイブ

YOSHI 菅田将暉 仲野太賀『タロウのバカ』メインビジュアルと本予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』などの大森立嗣監督のオリジナル脚本による最新作『タロウのバカ』が9月6日(金)よりテアトル新宿ほかにて公開となります。

そして、本作の第3弾ビジュアルとなる【メインビジュアル】と【本予告】を解禁。

この度、解禁された本予告は、YOSHI、菅田将暉、仲野太賀が演じる、タロウ、エージ、スギオ の3人の少年が10代という一瞬にも永遠にも感じる特殊な時間をもがきながら疾走する姿が映し出されている。


タロウ(YOSHI)は生まれてから一度も学校に通ったことがない。母親の恵子(豊田エリー)は滅多に自宅のマンションに帰ってこなくて、いつもひとりぼっちのタロウは都心と郊外の中間にぽっかりと空いたような川沿いの町を野生動物のようにうろついている。そんなタロウに高校生のエージ(菅田将暉)とスギオ(仲野太賀)という仲間ができて、タロウの人生が動き始める。

エージは柔道のスポーツ推薦で今の高校に進学したが、膝を壊して周囲の期待を裏切り、柔道部の顧問の教師から「社会のすみっこで生きてけ!」と罵られている。将来のことがどうでもよくなり自暴自棄になっていくエージ。

ごく普通の中流家庭で育ったスギオは、同級生の洋子(植田紗々)に一方的に想いを寄せている。ただ、彼女から相手にされず、自身のふがいなさにも苛立ち、もがいている。ネットで出会った男たちに体を売っている洋子に対して「売りなんか やめろよ!」と怒声を浴びせる場面も。
そんな、社会からはじきだされた3人の少年は、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた厳しい現実と向き合うことに・・・。予告編の終盤、「生と死の狭間を駆け抜ける 純粋で過激な問題作」のテロップとともに、3人が暴走していく衝撃的なカットが連なっていく。タロウは女性に拳銃を掴ませ、「撃てよ!撃てよ!」とわめきちらし、エージは金属棒で何者かを思い切り、殴りつけている。

しかし、どんなに過酷な試練が待ち受けても、3人でいる時だけは笑顔でいられ、心が解放され、自由でいることができた。予告編に流れるパワフルで異様な楽曲はインドの弦楽器シタールで演奏された音楽家、大友良英による劇伴。

映画情報どっとこむ ralph また、メインビジュアルは、第1弾ティザービジュアルの覆面を外した3人の姿が写し出されている。タロウの手にはピストル、エージは金属棒を振り上げていて、ただならぬ緊張感と何かが起こりそうな空気感をまとうビジュアルとなっている。
キャッチコピーは、本予告のラストにも提示された「3人が世界のすべてだった。」
刹那的に生きる3人の少年の過激で独創的な青春映画が期待できる。


『タロウのバカ』

あらすじ
主人公の少年タロウには名前がない。戸籍すらなく、一度も学校に通ったことがない。そんな“何者でもない”タロウには、エージ、スギオという高校生の仲間がいる。エージ、スギオはそれぞれやるせない悩みを抱えているが、なぜかタロウとつるんでいるときは心を解き放たれる。大きな川が流れ、頭上を高速道路が走り、空虚なほどだだっ広い町を、3人はあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じている。しかし、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、彼らはそれまで目を背けていた過酷な現実に向き合うこととなる・・・。

www.taro-baka.jp

***********************************

監督・脚本・編集:大森立嗣
音楽:大友良英 
出演:YOSHI 菅田将暉 仲野太賀 奥野瑛太 豊田エリー 植田紗々 國村隼
製作:「タロウのバカ」製作委員会 
配給:東京テアトル   
  
(c)2019映画「タロウのバカ」製作委員会 


『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』小山力也×山路和弘×山寺宏一スーパーコンボ炸裂!沢城みゆきも参戦!


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計興収5000億円を突破という規格外の人気を誇り、常識にとらわれないスケール、アクションの代名詞といえるシリーズへと成長したワイスピ最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』が、8月2日(金)全国超拡大ロードショーとなります!
この度、スーパー豪華な日本語吹替え版キャストが決定!!
小山力也さん、山路和弘さんらシリーズお馴染みの豪華ファミリーをはじめ、
ファミリーの前に立ちはだかる最強の敵として、ついに山寺宏一さんがワイスピ初参戦!!
小山力也さん×山路和弘さん×山寺宏一さんのスーパーコンボがここに実現!!
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 過去シリーズから引き続き、ルーク・ホブス役を小山力也さん、デッカード・ショウ役を山路和弘さんが務めるなど、ファンおなじみの豪華声優陣が再集結を果たす事となる本作ですが、シリーズ屈指の最強ファイター2人の前に立ちはだかるのは、世界の破滅を目論む超人的な戦士、ブリクストン。そんなシリーズ史上最強の敵役として、声優界最強の男、山寺宏一さんがワイスピに初参戦!小山力也さん×山路和弘さん×山寺宏一さんという夢のスーパーコンボが発動いたします!!

さらに、ショウの妹であり、兄譲りの戦闘力をもつ女性エージェント、ハッティ役として、アニメ「ルパン三世」の峰不二子役や、報道番組「報道ステーション」のナレーターを務める沢城みゆきさんが山寺さんと同じくファミリー入りしました!

映画情報どっとこむ ralph ルーク・ホブス役 小山力也

吹替えが大好きです。吹替えに育てて頂きました。吹替えは、先達の誇り、仲間の誇り、未来への誇りです。僕らは、寸法合わせの滑舌マシーンではありません。映像の中の俳優に畏怖し、共演者を畏敬し、そして勝負を挑む。生きて血の通った声を届ける。男の色気の山路さん、数多のスキルの山寺さん、瞬時の判断力の沢城さん、そして一瞬にして吹替えの世界に連れていって下さる沢田さん。本当に嬉しい現場でした。カンパイのビールが旨い!吹替え万歳!!


デッカード・ショウ役 山路和弘
「まさか地球を救うとは…」なんて言いながら皆でワイワイ飯を食った。途中参加の私としては詳しい事は定かではないが。それにしてもデッカードはあんなにオシャレだったか?ステイサムのイメージなのだろう…。アイデアを出し合い好き放題に皆でやってるだろう撮影現場の空気が伝わり、吹替え現場まで好き放題…いや、それは冗談。兎に角、いい年こいた男達が男を張り合う姿は可愛くて痛快だ。


ハッティ・ショウ役 沢城みゆき
声優としての人生の中で、力也さん&山路さんと肩を並べて共闘し、山寺さんと戦うことができる日が来るだなんて、半ば夢かなぁと、受け止め切れず思わず苦笑したのが、台本を開いて最初のリアクションでした。敬愛する(!)御三方と、実際にマイク前、横一列で収録した時の高揚は、残念ながらどうにも文字ではお伝えしきれません。あの…とにかく、最高に“アレ”で!“アレ”でした!!!ぜひ劇場で体感していただけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph この夏ぶっちぎりのアクション体験になること間違いなしのワイスピは、吹替え版もアクセス全開フルスロットルで駆け抜けます!!

いよいよ日本公開まで1か月を切り、さらにヒートアップする本作の今後の情報から目が離せない!

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
原題:Fast & Furious : Hobbs & Shaw

8月2日(金) 全国超拡大ロードショー!
***********************************

キャスト:ドウェイン・ジョンソン/ジェイソン・ステイサム/イドリス・エルバ/ヴァネッサ・カービー/ヘレン・ミレン
監督:デヴィッド・リーチ(「ジョン・ウィック」「アトミック・ブロンド」「デッドプール 2」)  
脚本:クリス・モーガン(「ワイルド・スピード」シリーズ) /ドリュー・ピアース(「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「アイアンマン3」)
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和
邦題:ワイルド・スピード/スーパーコンボ
©UNIVERSAL PICTURES


山崎貴監督でルパンがフル3DCGアニメーション映画化決定『ルパン三世 THE FIRST』


映画情報どっとこむ ralph 1967年に「漫画アクション」にて連載がスタート、1971年にはテレビアニメ化され、誕生から50年以上経った今でも映画・ゲーム・スピンオフなど様々なメディアで老若男女問わず絶大な人気を誇る「ルパン三世」。
ルパン一世ことアルセーヌ・ルパンの孫であるルパン三世を中心に、桁外れな技術を持つ早撃ちの天才ガンマン・次元大介、居合の達人で切れない物はないという斬鉄剣の使い手・石川五ェ門、類稀なる美貌と抜群のプロポーションを持つ謎の美女・峰不二子、ICPO(インターポール)のルパン三世専任捜査官・銭形警部など個性豊かな魅力的なキャラクターと、アクション・コメディ・ラブ要素など、小粋でオシャレな世界観が人気を博している国民的キャラクター「ルパン三世」の劇場最新作が12月6日(金)に長編アニメーションとして23年ぶりに公開されることが決定しました!


監督・脚本を務めるのはVFXの第一人者である山崎貴(『ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ』、『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』『アルキメデスの大戦』『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』監督・脚本など)に決定!
しかも今作は「ルパン三世」史上初となる3DCGアニメーションとなり、先日、お亡くなりになられた原作者モンキー・パンチの悲願でもあった“フル3DCGによるルパン一味”が誕生!
生前、キャラクター設定資料を観て「新しい感覚がいっぱいつまったルパンになりそうで、どんな作品になるか想像するだけで、今からワクワクしています」とコメントするなど、モンキー・パンチが完成を心待ちにしていた“新しいルパン三世”がこの冬、スクリーンで大活躍します!!

【監督・脚本:山崎貴 オフィシャルコメント】
子供の頃、横浜の親戚の家に遊びに行ったとき初めてルパンの映像に出会いました。
“何という大人っぽいアニメーションだ。さすが都会すげー”と強烈な印象が残っています。
その後様々な名作を生み出したルパン三世という作品はモンキー・パンチ先生のオリジナルキャラの圧倒的な個性の強さと懐の深さから生まれたものだと思っています。その系譜の端っこに3DCGという新たなフォーマットで加われるのは本当に嬉しいことです。デジタル環境を漫画の世界に持ち込んだ先駆者であるモンキー・パンチ先生に完成品を観てもらえなかったことが残念です。

映画情報どっとこむ ralph 映画のタイトルは『ルパン三世 THE FIRST』に決定!
謎を解いたものは莫大な富を手にすることができるとされ、あのルパン一世が唯一盗み出すことに失敗した因縁のお宝・ブレッソン・ダイアリー。第二次世界大戦中にはナチスがその行方を追い求めたともいう伝説級の獲物に挑むルパン一味の活躍を、シリーズ初となる3DCGアニメーションで描くなど、まさに「ルパン三世」新時代突入の記念すべき第一作であるという想いが込められたタイトルとなっています。

そして、60秒の予告映像とティザービジュアルも解禁となります!
予告はモンキー・パンチ先生の描いた「ルパン三世」の画から始まり、歴代のルパンが一堂に会するシリーズの歴史を感じるオープニングから始まり、3DCGとなったルパン一味と銭形警部が生き生きと動く様子が描かれています。さらに、映画オリジナルキャラクターに加え、ルパンの「確実に世界を変える何か」という衝撃的なセリフが印象的な映像になりました。


映画情報どっとこむ ralph ティザービジュアルには傷だらけになったハットをかぶりステッキを持って不敵に笑うルパン三世の姿が描かれています。

不朽の名作『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年/宮崎駿監督作品)の誕生から40年、今だからこそ描くことができる3DCGアニメーション版ルパン三世に是非ご期待ください!

公式HP:
lupin-3rd-movie.com

ストーリー
20世紀最高の考古学者ブレッソンが遺した、最大の謎・ブレッソンダイアリー。
その謎を解いたものは莫大な富を手にすることができるとされ、第二次世界大戦中には、あのナチスがその行方を追い求め、かのルパン一世でさえも盗み出すことに失敗したといわれる最高難度の秘宝。
そんな伝説級のに、天下の大泥棒ルパン三世が挑む!
ブレッソンダイアリーに隠された秘密とは一体!?
ルパン一味、装いも新たに3DCGにてスクリーンに参上!!

***********************************

監督・脚本:山崎貴
原作:モンキー・パンチ
音楽:大野雄二
出演:栗田貫一 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき 山寺宏一
制作:トムス・エンタテインメント/マーザ・アニメーションプラネット
製作:2019映画「ルパン三世」製作委員会
配給:東宝
©モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会


藤原竜也・窪田正孝 あなたはどっちに殺されたい?映画『Diner ダイナー』麗しき美の競演!! 場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph ノンストップ・エンターテイメント映画『Diner ダイナー』が大ヒット公開中となっている!
『Diner ダイナー』ボンベロ スキン(窪田正孝)Diner ダイナー[1]

この度、藤原竜也✕窪田正孝の麗しき場面写真が解禁となった!

藤原✕窪田といえば、新旧 夜神月(ライト)役を演じた2人としてネット上でも大いに話題をさらったばかり。

このほど解禁された画像では、傷を追った窪田演じる殺し屋スキンを介抱するボンベロ(藤原竜也)の姿が映し出されており、劇中、惜しげもなく披露される窪田の肉体美を堪能できると共に、2人のただならぬ関係性を感じさせる貴重なショットだ。
スキンの背後から包帯を巻くボンベロが、まるでバックハグをしているかのような錯覚に陥るほどに、傷だらけのスキンからは色気が溢れ、妖艶さすら感じさせる。元殺し屋で天才シェフ、殺し屋専用<ダイナー>の王にして、最狂&ドSのボンベロ、そして、全身が凄まじい傷跡で覆われ、優しさの中に表裏一体の狂気を孕んだスキン。2人が殺し屋として対峙するとき、一体何が起きるのか!?ぜひ、劇場で確かめて欲しい。

映画情報どっとこむ ralph 映画『Diner ダイナー』

7月5日(金)ダイナー開店!

公式サイト:diner-movie.jp 
公式Twitter:@DinerMovie 
#ダイナー

Diner ダイナー <ストーリー>
ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとしそこに売られた。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる!

***********************************

藤原竜也 玉城ティナ / 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ /小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一  
主題歌:DAOKO✕MIYAVI 「千客万来」(ユニバーサル ミュージック)
監督:蜷川実花
配給:ワーナー・ブラザース映画

映画クレジット:(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会  
蜷川監督フォトクレジット:(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」


“2組の同性カップルの妊活”『バオバオ フツウの家族』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 9月28日(土)より新宿K’s cinema他で順次公開される台湾映画『バオバオ フツウの家族』の予告編が公開されました。

5月にアジアで初めて同性婚が認められた台湾から届いた本作は、2組の同性カップル4人が協力して、「赤ちゃんが欲しい!」と妊活をし、家族になる物語です。

新人監督の登竜門として台湾で一番大きな脚本賞「徴選優良電影脚本奨」で、優秀脚本賞優秀賞を受賞し、プロデューサーの目に止まり映画化された本作。過去この脚本賞からは、今の台湾映画界を担う魏徳聖(ウェイ・ダーション)(『KANO 1931 海の向こうの甲子園』)、林書宇(トム・リン)(『百日告別』)、楊雅喆(ヤン・ヤーチェ)(『GF*BF』)ほか、多くの監督と脚本家が出ています。
バオバオ フツウの家族 台湾では80年代の民主化に伴い、LGBT運動も90年代に萌芽の時を迎え、2003年に台北でLGBTパレードが始まりました。2010年には第ニの都市高雄で、2011年からは新竹、屏東、台中、花蓮等各地にこの運動が広まりました。映画では1992年の蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督作品『青春神話』あたりからLGBTをテーマにした作品が市民権を得て、1993年にアン・リー監督『ウェディング・バンケット』で花開きます。その後、『藍色夏恋』『僕の恋、彼の秘密』『花蓮の夏』『GF*BF』など、特に青春映画にて秀作が続きました。しかし本作は、同性を愛することに逡巡して悩める高校生を中心とした若者たちの姿ではなく、すでにそのステップを超え、社会の軋轢や、理解することが難しい親たちとの確執と対峙する深い人間ドラマになっています。
バオバオ フツウの家族 今回公開された予告編には、ジョアンとシンディ、チャールズとティムという、ロンドンでの2組の同性カップルの幸せな日々、家族を持つことの葛藤、4人が妊活を思いつき実行する姿が映し出されます。しかし体外受精で無事妊娠したシンディは、身重で1人、台北の空港に降り立ちます。なぜ彼女は一人で戻って来たのか!?
 ロンドン生活の経験者であるシエ・グアンチェン(謝光誠)監督は、この映画を最初はロード・ムービーにしようと思っていたそうです。ロンドンで子供を授かった女性と様々な人との出会いを、映像と音楽で心模様の広がりを描きたかったという考え方が、冒頭の車窓の風景が流れているカットに反映されています。
 また、予告編のラストに流れる台湾のインディーズバンドFLUXの「東京大夜逃」の中の「I try to find somewhere I could call home(故郷と呼べるどこかを見つけたい)」という歌詞が、4人の心情と重なり合います。



繊細な心を持つシンディを演じるのは、日本とフランスのハーフで、本格的な演技は初めてのエミー・レイズ(雷艾美)。ジョアンを演じるのは、台湾版「花より男子」の「流星花園」等、アイドルドラマからアート映画まで国内外でキャリアを積んでいるベテラン、クー・ファンルー(柯奐如)。チャールズを演じるのは、台湾で活躍する日本人の蔭山征彦。香港電影評論学會の脚本賞を受賞した『念念』(2015年/東京フィルメックスにて上映)の脚本、映画音楽、『KANO 1931~海の向こうの甲子園』では出演の他に若手の演技指導など、マルチな才能を発揮しています。ティム役は、蔡力允(ダニエル・ツァイ)。豊富な経験から幅の広さで印象深い学者像を作り上げています。監督は、本作が長編映画監督デビューとなるシエ・グアンチェン(謝光誠)。

映画情報どっとこむ ralph バオバオ フツウの家族
原題:親愛的卵男日記
英題:BAOBAO

9 月 28 日(土) 新宿 K’s cinema 他 順次公開

公式サイト:
www.baobao.onlyhearts.co.jp

twitter:
@baobao_movie

バオバオ フツウの家族
≪STORY≫
「赤ちゃんが欲しい」と、ロンドンに住む2組の同性カップルが協力して妊活を始める。双子を妊娠したシンディは、ひとりロンドンから台湾に戻る。不安と悲しみに満ちた彼女が頼ったのは幼馴染の警官タイ。かねてよりシンディを密かに思っていたタイは、理由も聞かずに自分がお腹の子の父になると言うのだが、シンディの心は癒されない。子供を持って家庭を築きたいと願うシンディとジョアンがようやく待望の子宝に恵まれたのに、なぜ彼女はひとりで帰国したのか…。

***********************************


監督:謝光誠(シエ・グアンチェン)≪第 1 回長編監督作≫
出演:雷艾美(エミー・レイズ)、柯奐如(クー・ファンルー)、蔭山征彦(カゲヤマユキヒコ) 蔡力允(ツァイ・リーユン)、楊子儀(ヤン・ズーイ)
2018 年/台湾/97 分/1:1.85/

配給:オンリー・ハーツ/GOLD FINGER
協力:GENXY/ビームス
後援:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
©Darren Culture & Creativity Co.,Ltd