「バイオレンス」カテゴリーアーカイブ

映画『いぬやしき』MAN WITH A MISSIONが主題歌!本予告映像も到着


映画情報どっとこむ ralph 「GANTZ」の原作者・奥浩哉先生がそのエッセンスを取り込みながらも、リアルな日常と非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画「いぬやしき」。

昨年10月からはフジテレビ・ノイタミナ枠でアニメが放送され、その衝撃的な内容で大きな反響を呼びました。注目を集め続ける「いぬやしき」が、「GANTZ」を2部作で実写映画化した佐藤信介監督の手によって、主人公・犬屋敷壱郎:木梨憲武さん vs 高校生・獅子神皓:佐藤健さんで写映画化“新感覚バーチャルムービー”として4月20日(金)に公開となります!

その主題歌を、大人気バンド「MAN WITH A MISSION」が制作!

「MAN WITH A MISSION」は、頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5匹で構成される、日本を代表するロックバンド。映画のプロデュース陣は「世界と戦える大作に挑戦」というテーマを掲げており、主題歌も世界に通用するアーティストにお願いしようと決意し、そこで彼らと出会いました。

国内の人気だけに留まらず、海外のオーディエンスからも熱烈な支持を受けていること…、“究極の生命体”である「MAN WITH A MISSION」と“究極の力”を手に入れる「犬屋敷」…、グループ名の「MAN WITH A MISSION(使命を持った男)」…、そして、“いぬ”と“オオカミ”という動物的親和性…。様々な条件・共通点から、プロデュース陣は「このバンドしかいない!ワンだウルフ!!(Wonderfull)」と、熱烈オファー! メンバーが元々原作のファンであったということもあり、すぐにオファーを快諾。アニメ「いぬやしき」でもオープニングテーマ曲を制作し、今回、映画『いぬやしき』のために、新曲「Take Me Under」を書き下ろしました!

戌年である2018年、“いぬ”と“オオカミ”が、イヌ科最強タッグを結成します!

映画情報どっとこむ ralph 同バンドのボーカル&ギターのジャン・ケン・ジョニーさんと木梨さんからコメントを

ジャン・ケン・ジョニー(Gr.&Vo.)さんからのコメント
イチ早ク映画ヲ観マシタガ、原作ノエッジガ効イタ世界観ヲソノママニ、プラスシテ人間ドラマノ温モリトテーマノ重厚サヲ更ニ深ク感ジサセラレマシタ。演者ノストーリートキャラクターヘノ憑依度トイウノダロウカ、凄イノ一言。原作サナガラニコミカルナノニ不安ト哀シサモ滲マセツツ、心許ナクモ確固タル覚悟ト正義感ヲ持ッテ機械化シテ闘ウ木梨憲武さんハ必見デス。凄イ姿ニナリマスヨ。マヂデ。自分達ノ楽曲「Take Me Under」モダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ。映画「いぬやしき」トトモニ楽シンデ下サイマセ!

木梨憲武さんからのコメント
最高にステキな楽曲!不思議な光を浴びて私もオオカミになり、MAN WITH A MISSIONと一杯やりたいです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、その主題歌が入った本予告映像もついに解禁!



期待を軽々と超える映像を生み続ける、佐藤信介監督の本領発揮! アップテンポの主題歌とともに流れる映像では、日本最高峰の技術が集結された驚愕のCGとド迫力のアクションの連続!  

高層ビル群の間、ヘリコプターの上、そして都庁展望台…。新宿上空を飛び回りながら繰り広げられる“ジジイVS高校生”の新次元バトルは、映像の中に“トリップ”したかのような新感覚に陥ります!


主題歌情報 
主題歌:MAN WITH A MISSION 「Take Me Under」


≪発売日≫
MAN WITH A MISSION「Take Me Under」
2018年4月18日(水)

映画情報どっとこむ ralph
いぬやしき

4月20日(金)全国東宝系にてロードショー!  

公式サイト
http://inuyashiki-movie.com/

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。
強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

***********************************

監督:佐藤信介
『GANTZ』(2011年公開 興行収入:34.5億円)
『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開 興行収入:28.2億円)
『図書館戦争』(2013年公開 興行収入:17.8億円)
『アイアムアヒーロー』(2016年公開 興行収入:16.2億円) など

<原作> おく奥ひろ浩や哉『いぬやしき』(講談社「イブニング」所載)
その他代表作:「GANTZ」(累計発行部数2100万部突破) など
©2018「いぬやしき」製作委員会 
©奥浩哉/講談社


ドウェイン・ジョンソン 『スカイスクレイパー』9月日本公開決定!超高層ビルで大暴れ!!予告到着!


ドウェイン・ジョンソン 『スカイスクレイパー』9月日本公開決定!超高層ビルで大暴れ!!予告到着!

映画情報どっとこむ ralph この度、『パシフィック・リム』、『ジュラシック・ワールド』、『キングコング:髑髏島の巨神』のレジェンダリー・ピクチャーズが贈る最新アクション・エンターテインメント超大作『SKYSCRAPER』(原題)が、邦題『スカイスクレイパー』として9月より日本公開することが決定!

あわせて、規格外の超高層ビルが遂にベールを脱ぐ第一弾予告が到着しました!


物語の舞台は香港にそびえ立つ1000メートル超えの超高層・超豪華ビル「ザ・パール」。

とある事件で片足を失い義足となった元FBI人質救出チーム隊長の主人公ウィルが、警察に追われ、謎の組織から狙われながらも、史上最大の高層ビルから愛する家族を救い出す、大迫力の救出アクション・エンターテインメント。


主演を務めるのはWWEのスーパースターとして“ロック様”の名で絶大な人気を誇った肉体派俳優ドウェイン・ジョンソン!!

数々のアクション映画で活躍するドウェインが、片足を失い義足となった父親として愛する家族を守るために超高層ビルで大暴れします!

メガホンを取るのは『ドッジボール』『なんちゃって家族』『セントラル・インテリジェンス』などを手掛けたローソン・マーシャル・サーバーです!

映画情報どっとこむ ralph 『スカイスクレイパー』

あらすじ・・・

香港、ビクトリア湾の一角に優雅にそびえ立つ史上最大の超高層ビル「ザ・パール」。

元FBI人質救出チーム隊長のウィルはこのビルの98階に家族とともに暮らしている。

ある日ビルのオーナーであるツァオに呼ばれたウィルは、ビルの安全管理システムを24時間以内に分析せよと依頼を受け、ビルのアクセス権限のマシンコードを託されるが…。
公式サイト:
skyscraper-movie.jp
公式Twitter:
twitter.com/JP_Skyscraper

***********************************

監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン ネーヴ・キャンベル パブロ・シュレイバー チン・ハン他
原題:SKYSCRAPER
全米公開:7月13日
© Universal Pictures


井浦新、成田凌、共同生活内容は墓場まで持ってく!『ニワトリ★スター』 完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 主演:井浦 新 × 出演:成田 凌『ニワトリ★スター』 完成披露試写会&舞台挨拶が行われました。

井浦さん&成田さんはなんとクランクイン前に10日間の同居生活!そして軍資金の10万円を1夜で!やLiLiCoさんは成田さんを・・・等々裏話も飛び出すフランクな舞台挨拶となりました!

日付:2月10日(土)
場所:スペースFS汐留
登壇:井浦新、成田凌、紗羅マリー
阿部亮平、LiLiCo、津田寛治、かなた狼監督

映画情報どっとこむ ralph かなた監督:ちょっと過激なところもありますが、シンプルに伝えたいことが描かれていますので最後までお楽しみください。

との監督の挨拶の後、井浦さんは、長年の知り合いである監督の風貌をいじるところからスタート。
井浦さん:初監督お風貌じゃないですよね。(笑)でも監督って職業凄いですね、9年ぐらい前にいつか映画撮るから一緒にやろうと。この人とはしっかり何か決着付けなきゃと思っていたので、スタンバイして10年。小説が出来上がって、台本が完成して、撮影。ゼロからつくられて行くのを傍らで見させていただいてよい経験となりました。

と、企画から関わっていることを明かしました。
出来上がったディーーープな作品を観て

井浦さん:めちゃくちゃな映画。人によって其々感じるものがあるかと。人に突きつけるものがあります。そこに惑わされないで!楽しんでください!深く考えずに、監督の罠にはまってください!数々おこる事件をそのまま楽しんで。

と、これから観るお客様に語ります。

映画情報どっとこむ ralph 一方、赤いトサカ頭で全身TATOOの役を熱望した成田さんは渡された台本を読むなと監督に言われていたのにもかかわらず読み込んでいたそうで・・・
成田さん:監督にお会いした時に、読んだのか?と聞かれてしまい。。。。「読みました」と答えて。この作品は僕しかできないです!日本にこの役ができる役者は僕以外にいないですといいきりました。そしたら出来ました!

監督:ホント叫んでました!大声で、「ぼくしかいません!!!!」って。

と、かなり入れ込んでいたのだそう。

今回初共演の井浦さんと成田さんは撮影場所の近くの部屋を借りて撮影前に10日間共同生活をしたそうで、監督にはキスぐらいしたのかとの問いには・・・

井浦さん:色々墓場まで持っていきます。

と会場を沸かせます。実は生活初日に10万円の軍資金をスタッフからもらったそうですが、

成田さん:10万円!やったって思いました。

井浦さん:結局その日、みんなでキャバレーに行って全部使ってしまいました。

成田さん:(女の子に)かまへんかまへん!って言ってしまったので僕のせいです。

と、使ってしまった原因を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 今回、全くの未経験の沙羅さんは監督と成田さんと一緒に・・・
沙羅さん:始まる前に、ワークショップをして、自分の汚い感情の部分をすべて出せと。何を話したかは墓場まで持って行かないと。それがあったことで、力になりました。

と語ると、

成田さん:大切なワークショップでした。恥ずかしい部分を出せと。監督の前で脱いで踊って。ポニーテールとシュシュを裸で踊りました。

と話すと、

監督:この作品に掛けていたので、僕の前で踊って、心が折れないことを、探りました。

と語る監督。


ここで、成田さんと絡みがあったLiLiCoさんは不敵な笑顔と共に
LiLiCoさん:今日は凌くんのファンがいっぱい。先に言っときますがスクリーン童貞は、わたしがいただきました。ものすごく体位が大変で首がいたくなったら、首持ってく
れて。優しかった。
これに対して

成田さん:クランクイン最初のシーンで、気持ちが大変で。

と返します。LiLiCoさんは完成したものを見て

LiLiCoさん:最後の感動が凄すぎて、こんなに泣いたことないです。嗚咽しながら出てきましたね。人間が生きることとはどういうことか。衝撃作で、感動作ですので。

と、映画をアピール。加えて「付き合ってないから心配しないで!」と、ファンであふれる会場とTVカメラに向けて発信。

映画情報どっとこむ ralph 津田さんは、めちゃ怖い外道役。
津田さん:原作を読んでみて。素晴らしくって。俺がやった役はダークサイド側としてなくてはならい役。がりがりで爬虫類のようなやくざ。で、先ずは痩せて現場入りしました。でも普通の現場じゃなかったんです。本当に撮ったことないんだなと思いました。(笑)

と、初監督をいじるもそのスタンスは今後も続けて欲しいと、新鮮だったと明かします。

阿部さん:嫌われてなんぼだと、思っていただければ。

と、悪役に徹したお二人。

映画情報どっとこむ ralph モテワンコンテスト2017のお二人が花束の贈呈!

そしてもう一つ、SPRINGBROOK天文台でヘラクレス座星雲の星をNiwatori★Starに認定してもらったと発表!これは映画を観た方にプレゼントの方針だそう。

詳しくはホームページをご参照ください!

監督:今日で生むのは終わったんで送り出す感じです。この世の中のほうが、麻痺していて、非現実のほうが、感情を揺さぶります。暴力大っ嫌いだからこそ、残忍に描いています。何が正解かはわかりませんが、コンプライアンスと言う文字を辞書から削除して映画にしました!2時間15分をお楽しみください!


井浦新&成田凌が泣き、叫び、笑う

ニワトリ★スター

2018年3月17日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷

公式サイト:
http://niwatoristar.com/    

Twitter:
@G_U_Monkeys


物語・・・

裏社会の住人とも呼べない場末の生活をおくる草太と同居人の楽人の姿を軸に展開されていく。深夜のバーでアルバイトをしている2人の秘密は、大麻の密売で生活していること。目標もなく中途半端に生きてきた2人が巻き込まれる“あいつら”の恐怖、街の不良たちを影で操り暴力団の新たな形態を構築するヤクザ・八田、DVの恐怖にさらされながらも愛を支えに耐える未婚の母子、知っているつもりで何も知らなかった親友の内面……。草太と楽人が迎える運命の先には、予測不能な結末が待ち構えていた。



***********************************


出演:井浦新、成田凌、紗羅マリー、阿部亮平、LiLiCo、鳥肌実、津田寛治、奥田瑛二

山田スミ子、海原はるか・かなた、裵・ジョンミョン、ペロンヤス、名倉央、DAY(Titanium)、佐藤太一郎、水橋研二、尚玄、辰巳蒼生、村上新悟、石橋穂乃香、シャック、マグナム弾吉、中澤梓佐

監督:監督:かなた狼 制作:株式会社ウィルコ 
製作:GUM株式会社 GUM WORLD株式会社  
配給・宣伝:マジックアワー  GUM WORLD株式会社    
(C)映画『ニワトリ★スター』製作委員会


=LOVEサイン入り台本をプレゼント!『スターシップ・トゥルーパーズ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 昆虫型生命体“バグ”と人類の戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。そして、20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』が2月10日(土)より全国ロードショーとなりました。

その公開を記念して、代々木アニメーション学院×指原莉乃プロデュースアイドル「=LOVE」が登壇する舞台挨拶が行われました。
メンバー全員がくじを引き、各人が直筆でサインした本作の台本12冊+全員サイン1冊をファンにプレゼントする「お宝大抽選会」もありで大盛り上がりとなりました!

日程:2月10日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:=LOVE
佐々木 舞香、諸橋 沙夏
大谷映美里、大場花菜、音嶋莉沙、齋藤樹愛羅、齊藤なぎさ、佐竹のん乃、髙松瞳、瀧脇笙古、野口衣織、山本杏奈
映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手と推しメンの名前を連呼する会場のファンの皆さんが待ち受ける中、=LOVEの皆さんが登場!

見どころを

齋藤(き)さん:私の大好きな内田彩さんがエイミースナップ役で。一言ですが絡めたので、私のバリバリ声なので見つけてください。

野口さん:内田彩さんにインタビューする役なのですが、私がデモいただいたときのとは違う吹き替えで。。。演技の勉強になりました!!

山本さん:広島弁が出ないで、標準語でしゃべれていたか確認してください!

大谷さん:好きなシーンは戦闘シーン。凄くハラハラドキドキしながら見られると思います!

髙松さん:私は「イーグル2クリア」というセリフが一番好きです!絶対聞いてください!

佐々木さん:カマチョがどんどん成長していくのがわかるともうので、最後の最後で本当に格好良くなりますのでその過程を真剣に見てください!全部真剣に見てください!

諸橋さん:朝早い回の方もたくさんいて・・たくさん見てくださってありがとうございます。今回12人で参加して勉強にもなった作品です。

齊藤さん:すごい短いセリフのなので、私の声を見つけてください!

大場さん:ヒロインのカマチョの舞香のあの叫び声に注目してください!

瀧脇さん:私も一言なので、多くの方に私の声を見つけていただければと思います。

佐竹さん:私はリサがやっている役のところが好きで。メンバー間でもまねしています。皆さん見つけてください!

音嶋さん:12人の一番最後なので・・・チェックしてください!

映画情報どっとこむ ralph オーディションを受けてカマチョ役に決まった佐々木さんはその時の感想を
佐々木さん:12人並んでいて、名前がずっと呼ばれなくて・・・なんだ!って思っていたら最後に佐々木さん!って名前を呼ばれて、どうしよう!って思いました。一生懸命に連取して得た役でしたので嬉しかったのですが、本当に実感したのは家に帰った後で。。お母さんに連絡しました!


グランドスタッフのサナ役を射止めた諸橋さんは
諸橋さん:快適な空の旅を・・・がぎこちなくて。で、だんだんセリフも変わっていって監督が足し引きをしてくれて、衣織にもポイントを教えてもらいました!

映画情報どっとこむ ralph ここでメンバーの皆さんからのプレゼントコーナー

山本さん:サイン入り台本を13名の方にプレゼントさせていただきます!


最後に・・・

佐々木さん:今日は皆さん来てくださってありがとうございます。初日をこうして迎えられて、私たちも嬉しいです!12人声を感じつつ、迫力のあるストーリーを楽しんでください!

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS
邦題:スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

は2月10日より2週間限定全国ロードショー[吹替版のみ]。

公式HP:
http://sst-mars.jp/

公式twitter:
@sst_mars

はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!
舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?
***********************************

小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

監督:荒牧伸志 松本勝
脚本:エド・ニューマイヤー/プロデュース:ジョセフ・チョウ

エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一/プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ/音楽:高橋哲也/制作:SOLA DIGITAL ARTS

企画・製作:Lucent Pictures Entertainment Sony Pictures Worldwide Acquisitions/配給:KADOKAWA

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
   


映画『マンハント』桜庭ななみ 新人刑事な新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、2016年に大阪や岡山などを中心に日本でのオールロケを敢行し、高倉健主演でも映画化された原作「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」の再映画化に挑んだ映画『マンハント』が全国大ヒット公開中!

世界中のアクション映画ファンを熱狂させたジョン・ウー監督独自のアクション流儀はそのままに、チャン・ハンユー、福山雅治他、アジアや日本を代表するキャストがスクリーン上で躍動します。無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウをチャン・ハンユーが演じ、彼を追いながら事件の真相に迫る刑事矢村聡を福山雅治が演じます。ジョン・ウー監督久々の激しいアクション作品にベネチア国際映画祭やトロント国際映画祭など、世界各国の映画祭をはじめ、2017年11月に公開された製作本国中国でも大きな話題をさらいました!
映画情報どっとこむ ralph 本作では、福山雅治さんや國村隼さんなど、豪華実力派俳優とアジアのスターたちとの競演が見どころの一つでもありますが、その中でも一際、瑞々しい魅力を放っているのが近年アジアにも活躍の場を広げつつある桜庭ななみさん。

彼女自身、中国語と韓国語を得意とし、2016年には、全編中国語で挑んだ台湾ドラマ「戀愛沙塵暴」に出演し、日本とアジアの100人以上の映画プロデューサーが制定する「APNアワード2016」を受賞するなど、日本から世界へとその活躍の場を広げています。

この度、本作で桜庭ななみさん演じる百田里香の新場面写真が解禁となりました!
彼女が演じる百田は、福山さん演じる刑事・矢村の部下役。これまで独自の捜査で数々の事件を解決してきた矢村刑事の助手として、叱咤激励されながら捜査の手がかりを掴んでいくという役どころ。今回解禁された場面写真は、まさに助手として捜査のアシスタントを務める重要なシーンとなっており、大阪府警の新人刑事として、悪戦苦闘しながらも徐々に矢村の信頼を得ていく様を見事に演じきっています。

また、本作への出演に関して、彼女自身「ジョン・ウー監督とご一緒することは一生の宝になると思う。本当に幸せな時間だった。」とその想いを語っており、今後のますますの活躍に目が離せません。

映画情報どっとこむ ralph ジョン・ウー監督xチャン・ハンユーx福山雅治 映画『マンハント』

全国大ヒット公開中!
<ストーリー>

逃げる弁護士。追う刑事。魂の出会い。撃ち抜け、この世界。

実直な国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)が目を覚ますと、女の死体が横たわっていた。現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。何者かにハメられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。真実こそが正義と信じる刑事の矢村(福山雅治)は独自の捜査で彼を追っていく。

鍵を握るのは謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。

ドゥ・チウに近づくほど、この事件に違和感を覚え次第に見解を変えていく矢村。そしてついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追及を決意する。身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人の追われながらの真相究明。

果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

***********************************

主演:チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン
友情出演:國村隼
特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工
共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠
監督:ジョン・ウー

撮影監督:石坂拓郎『るろうに剣心』、美術監督:種田陽平『三度目の殺人』、音楽:岩代太郎『レッドクリフ』、アクション振付:園村健介『GANTZ』、衣装デザイン:小川久美子『キル・ビル』

原作 西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』/徳間書店刊 および 株式会社KADOKAWAの同名映画

© 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.