「バイオレンス」カテゴリーアーカイブ

『全員死刑』の昭和実録映画風クラッシック特別ポスター解禁!メイキングも!


映画情報どっとこむ ralph けしからん!日本映画界を狂わす今もっとも注目すべき危険な狂悪エンターテイメントが誕生!

強い家族の絆、熱い親子愛が、監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺と連続殺人にエスカレート!かつて福岡で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件。

主演の次男・タカノリ役にはこれが映画初主演作となり、『帝一の國』(17)や『トリガール!』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮祥太朗。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が小林勇貴の才能に惚れ込み結集。わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語が繰り広げられる。

映画情報どっとこむ ralph 本作『全員死刑』の昭和実録映画風クラッシック特別ポスターが解禁となりました。
ポスターを手掛けたのは、大手配給会社・東映宣伝部の宣伝マンとして「仁義なき戦い」シリーズや数々の実録映画の名キャッチコピーを生み出し、人々の心に残る様々なポスターを作り出した惹句師関根忠郎氏が担当。ポスターには“美談・偽善蔓延ウソクソ社会をぶっ殺せ!”や“勃起バイオレンス!”など数々の規制、コンプライアンスを無視した過激な言葉が入る!こんなことが昭和は許されていたのか、、と、考え深くなるほどだ。この、限定ポスターをヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿、シネ・リーブル梅田の3劇場のみで11月18日から公開が決定!まさに、男のインスタ映え間違いなしだ!

そして、関根忠郎氏より、小林監督への熱きエールのコメントが到着。

キミは、いいぞ!80 才のオレに、ここまで熱を入れ込ませるんだからな。 世の中を震撼させ、掻き回してくれ。しかし作品はオレ好みのリズム感を、もっとハッキリさせてくれ!今の空洞に打ってつけだ。


さらに、11月18日の映画公開に備え、けしからん舞台裏を抑え、本作への間宮祥太朗の意気込み、そして、初主演となった本作への思いが語られる、男泣き必死の特別なWEB限定メイキング映像が解禁となりました!



映画情報どっとこむ ralph 家族想いの主人公タカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の資産家一家狩りがはじまった。
『全員死刑』

2017年11月18日(土)全国ロードショー

***********************************

配給:日活/東京テアトル
監督・脚本:小林勇貴
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子 清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊)
脚本:継田淳
音楽:中川孝
©2017「全員死刑」製作委員会


葉加瀬マイがセクシーアクション映画で初主演『LADY NINJA 〜青い影〜』


映画情報どっとこむ ralph グラビア活動を再開した葉加瀬マイさんが、格闘技イベント・RIZINのラウンドガール「RAIZINガール」から卒業し、セクシーアクション映画で初主演。それが『LADY NINJA 〜青い影〜』。

本作は、特殊忍者部隊「LADY NINJA」の同僚役で、赤井英和さんの娘のプロレスラーの赤井沙希さんが出演。

夜叉役で、元プロレスラーの坂口征二さんを父に、俳優の坂口憲二さんを弟に持つ現役プロレスラー&総合格闘家である坂口征夫さんも映画初出演する本格アクション映画です。

国家転覆を企む黒田財閥の黒田源一役に阿部祐二さん。黒田財閥の秘密兵器の天才科学者・別府数馬役で、カルト芸人・俳優の鳥肌実さんが、また、葉加瀬マイさんと赤井沙希さんがメンバーである「LADY NINJA」の総司令官役で、ルー大柴さんが出演します。

監督は、『女囚701号 さそり外伝』『CONFLICT』の藤原健一さん。

映画情報どっとこむ ralph 御影亜矢役・葉加瀬マイさんのコメントも到着しました。

今回、初主演初アクションということで、かなり大きなプレッシャーでした。クランクイン前の3ヶ月前くらいからアクションの練習や体力作りを始めました。毎日ヘトヘトで人と闘うのにこんなに体力使うんだとびっくりしましたけど、強くなりたいという気持ちがどんどん芽生えていき青アザをたくさん作りました。そんな気持ちを込めて全身全霊でぶつかったアクションと、全力で体当たりしたセクシーなシーンと見所満載なので是非注目してみてほしいです!

いつもの私にプラスした忍者の私を楽しみにしていてください!

LADY NINJA 〜青い影〜

http://ladyninja.net

物語・・・
この国は長引く大不況によって破滅的な財政破綻に陥り、治安が急激に悪化した。弱体化した日本政府に代わって台頭したのが巨大多国籍企業。しかしその一方で、黒田源一(阿部祐二)率いる黒田財閥がその機に乗じて国家転覆を企んでいるという噂も一部で囁かれていた……。黒田財閥は、天才科学者・別府数馬(鳥肌実)を秘密兵器とし、ある目的のために人身売買をし、人体実験を繰り広げていたのだ。その裏を突き止めるべく、政府は非合法活動を専門に扱う特殊任務部隊”極楽”を結成。極楽とは、御影万作(ルー大柴)を総司令官とする部隊であり、その極楽が秘密裏に結成したのが特殊忍者部隊「LADY NINJA」である。

LADY NINJA の一員である御影亜矢(葉加瀬マイ)と九条小夏(赤井沙希)らは、黒田財閥との闘いに挑む。彼女たちを待ち受けていたのは数々の強敵、死と隣り合わせの事件。期待と裏切り。友情、愛情、真実とは……。知能犯との闘いは一筋縄ではいかなかった。スリル、サスペンス、エロティシズムが交差する、今までに無い新しい人間界のサバイバルストーリー。

***********************************

出演:葉加瀬マイ 赤井沙希 鳥肌実 坂口征夫 阿部祐二 ルー大柴 他
監督:藤原健一
脚本:川崎龍太
制作:ANGLE
配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作「LADY NINJA」製作委員会
©「LADY NINJA」製作委員会


外国特派員からも感嘆の声!入江悠監督「ビジランテ」記者会見


映画情報どっとこむ ralph 大森尚朋、鈴木浩介、桐谷健太トリプル主演12月9日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります『ビジランテ』。

その公開に先立ち、日本外国特派員協会にて上映され、脚本・監督の入江悠が記者会見を行いました。

別々の世界を生きてきた三兄弟が30年ぶりに再会し、逃れられない家族や土地、血によって運命が狂いだす本作。入江監督に、自身のルーツについて、映画に込めた思いなど、質問が多くあがりました。
上映&入江悠監督による日本外国特派員協会記者会見
日時:11月14日(火)
場所:日本外国特派員協会
登壇:監督・入江悠(いりえ・ゆう) 

映画情報どっとこむ ralph Q:崔洋一監督の『血と骨』を彷彿とさせるものがあると感じました。暴力的な父、嫌いだけど断ち切れない家族とのつながりを描いているという共通点があると思います。監督にとって家族の繋がりとはどのようなものですか?

入江監督:家族という問題を描くのを避けていましたが、2年前に江戸時代を舞台にした時代劇を制作したときに自分の家族を遡って調べて、家系、家、血について考えることがあり、本作制作のきっかけになりました。

Q:どういった考えがあって『ビジランテ』というタイトルをつけたのですか?

入江監督:もともと自警団という存在にとても興味がありました。それと個人的な問題なのですが、私は、集団生活が苦手で“集団”にとても恐怖を感じる人間なんです。『ビジランテ』は三兄弟が主人公になっていますが、個人を飲み込んでいくようなコミュニティだったり、力を描こうと思ったときにこのタイトルを思いつきました。それともうひとつ言うと、関東大震災のときに日本の自警団が自発的に発生して私の地元の方でも事件を起こしたという歴史があって、それを20代のときに知りました。タイトルを決める際にこのことも意識にありました。

Q:かつて映画監督の憂いを吐露していましたが、今の映画界について思うところはありますか?

入江監督:『ビジランテ』を作った東映ビデオは日本では珍しいオリジナル脚本を受け入れてくれる会社です。オリジナルの脚本で勝負したい作家には門が開かれている会社だと思います。メジャーの映画会社がオリジナルでチャレンジングな企画にもっとチャンスを与えてくれたらいいなと思います。私は今38歳ですが、自分たち世代がオリジナル脚本を映画にしにくい流れを断ち切っていく必要があると思うので、どんどんオリジナルの企画をプロデューサーに投げていきたいと思います。

Q:若い世代の人に『ビジランテ』をどう見てほしいですか?

入江監督:僕が10代のころに衝撃を受けた監督がいて、すごく痛いバイオレンスが描かれているのですが、その監督は北野武さんです。人を傷つけることはこんなに痛いことなんだとか、人を追い詰める暴力はこうやって派生するんだとか、そういうものを学びました。暴力とは何なのか、人を傷つけるとはどういうことかを自分の中で追及したい気持ちがありました。肉体的な痛みだけではなく精神的な痛みもあると思うのですが、今まで避けてきたそういうものを『ビジランテ』に込めました。キラキラした学園青春映画を観ている人に『ビジランテ』を観てほしいです。

Q:『ビジランテ』では逃げようのない負の連鎖を描いていますが、この映画の希望的なメッセージは何ですか?

入江監督:個人を飲み込んでいく集団のメカニズム、経済の合理性のメカニズムという“暴力”を映画で捉えられないかと思いました。この映画を観て、自分だったらどう行動するか、映画館を出た後に少しでも考えてもらえたらうれしいです。マリオ・バルガス・リョサという作家がボヴァリー婦人を論じた本があって、そこで「ボヴァリー夫人が死ぬことは私たちの希望だ」と書いていて、それを読んで自分の中で腑に落ちるところがありました。「作中の人物が読者である私の代わりに死んでいった。私に訪れるかもしれなかった未来を先取りしている」という意味で、リョサは救いだと言っています。そのように『ビジランテ』を観てくれる人がいたらうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph 『ビジランテ』
12月9日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開!

物語・・・
幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。再会した3兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」とは、警察や法律が機能していない世界で、己の力・判断で本当に大切なものを守り抜く集団を指す。―

***********************************

出演:大森南朋 鈴木浩介 桐谷健太  篠田麻里子 嶋田久作 間宮夕貴 吉村界人 般若 坂田聡 岡村いずみ 浅田結梨 八神さおり 宇田あんり 市山京香 たかお鷹 日野陽仁 /菅田俊

脚本・監督:入江悠
音楽:海田庄吾 
製作:間宮登良松 江守徹 太田和宏 平体雄二 
エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 江守徹 
プロデューサー:佐藤現 平体雄二 音楽プロデューサー:津島玄一キャスティングディレクター:杉野剛 企画協力:國實瑞恵
撮影:大塚亮 照明:新井和成 録音:田中博信 美術:松塚隆史 編集:佐藤崇 スタイリスト:荒木里江 衣装:越智雅之 ヘアメイク:金森恵 音響効果:松浦大樹 助監督:松本壇 製作担当:松村隆司 製作プロダクション:スタジオブルー 

配給:東京テアトル 製作:「ビジランテ」製作委員会(東映ビデオ・巖本金属・東京テアトル・スタジオブルー)
©2017「ビジランテ」製作委員会  【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/125分】 R15+


撮影日数の9割がアクション撮影!キム・オクビン『悪女/AKUJO』予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、2017年第70回カンヌ国際映画祭で上映され話題沸騰となった、超過激スタイリッシュ・ヒロインアクション映画『悪女/AKUJO』が、2018年2月10日(土)より角川シネマ新宿ほかにてロードショーとなります。


本作の、狂気全開&ネクストレベルのアクションが伝わる必見の予告編が解禁となりました!

本作は今年の第70回カンヌ国際映画祭公式招待作品として、ミッドナイト・スクリーニング部門にて上映され話題沸騰。

その全貌がついに明らかになります。

悲しげなメロディの口笛とともにこの映像が捉えるのは、犯罪組織の女殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)のFPS主観映像。

50人以上はいる敵のアジトに単身乗り込み、あまりに強烈なノンストップ・アクションを繰り広げる映画のオープニングシーンだ。
愛と裏切りに翻弄され続ける彼女が繰り広げる厨房での機関銃や拳銃が入り乱れての銃撃戦、ウェディングドレスでの長距離射撃(女性アクション映画の金字塔『ニキータ』へのオマージュシーン)、トンネルを激走しながら日本刀で斬り合うバイクチェイス、爆走する車のボンネットからのバスへの飛び乗り・・・など、本作が誇るネクストレベルのアクションの数々が矢継ぎ早に映し出されていく。

極め付けは、スクヒの「見せてあげる、あなたが作った私を」という決め台詞。

自分を殺し屋として育て上げてくれた、かつて愛した男ジュンサン(シン・ハギュン)に言葉を浴びせ、最後の闘いに挑む。

悲しき運命を背負った“悪女”スクヒの悲しみと狂気を帯びた強さが引き立て合う、映画本編への期待を禁じ得ない映像となっている。



映画情報どっとこむ ralph 本作は、撮影日数のうちおよそ9割がアクション撮影にあてられ、テコンドーとハプキドーの黒帯を持ち、優れた身体能力を持つオクビンは劇中の9割以上のアクションを自ら演じたという。「段取りをいちばん飲み込んでいるのは自分だから」と、覆面を被っていて顔が映らない場面でも進んで取り組んだといい、その強い決意には、スタントマン出身でアクション畑のチョン・ビョンギル監督も肝を冷やすほどだったという。


また、ビョンギル監督が12月に本作のプロモーションで来日することも決定! 
監督が登壇してのプレミア上映も実施予定です。お楽しみに!

映画『悪女/AKUJO』

2018年2/10(土)、角川シネマ新宿ほかロードショー

公式HP:
akujo-movie.jp

公式Twitter:
@akujo_movie

物語・・・
史上最強の女殺し屋。最後の暗殺ターゲットは、最愛だった人―。
犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、国家組織に拘束されてしまい、政府直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり。

***********************************

監督:チョン・ビョンギル『殺人の告白』
出演:キム・オクビン、シン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョン
原題:THE VILLAINESS/悪女
2017/韓国/カラー/R15+ 
© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.
提供:カルチュア・パブリッシャーズ 
配給:KADOKAWA 


高橋名人、人狼ゲーム対決でAIに圧勝!@VR人狼渋谷


映画情報どっとこむ ralph 将棋やチェスでも人工知能と戦うことが話題ですが、この度、最も難易度が高い人狼ゲームで対戦が行われた。会場は、世界初のVRを駆使した“人狼ゲームスペース”VR人狼渋谷。

得意の16連射も披露しながら、人狼をあぶり出す高橋名人、東京大学・静岡大学の最高峰の人工知能研究チームも参戦したが、高橋名人の鋭い観察眼に圧倒され会場は大きな熱気に包まれた。

高橋名人もVRゴーグルを着け、人狼の襲撃動画を見たり、さらに12月公開のグラドル人狼襲撃動画もいち早く体験し大興奮!

日付: 11月13日(月)
会場: “人狼ゲームスペース”VR人狼渋谷。
ゲスト:高橋名人 & 人狼ガールズ(小島みつみ・アンジュ 水着で登場!)
人工知能 AIチーム 東京大学 准教授博・鳥海不二夫 & 静岡大学・准教授博 狩野芳伸
MC:有村昆 サッシャ

映画情報どっとこむ ralph いよいよゲーム開始!!

JG:名人頑張って!

と寄り添う人狼ガールズ。

高橋名人:これも動揺作戦か?!良いとこ見せちゃおうかな、ワハハ。

顔を赤らめながらにこやかに答える高橋名人

有村さん:ぜひ名人景気付けに幻の16連射を披露してもらってもよいですか?

と有村昆が聞くと、おもむろに十円玉を取り出し16連射を披露する余裕を見せ記者から「おー」という歓声が。


人工知能チーム:日本でもベスト4、ということは世界でベスト4のAIですので強いですよ。

と煽ると、

高橋名人:じゃ、ソース見せて!そしたら勝てるから。

とマニアックにけん制する一場面も。


堀江貴文さん(VR人狼渋谷のアンバサダー)からメッセージ!
「本日はVR人狼渋谷のオープンイベントおめでとうございます。
僕も遊びに行きましたが、VRはかなりいいね!そして高橋名人人間代表として、人工知能に負けないように想定外のプレイで相手を撹乱してください!応援しています。

とコメントが届いた。

熱戦を見守り応援する“人狼ガールズ”に囲まれながらのプレイで高橋名人が動揺するも勝ちをおさめ、ゲーム界のレジェンドとしてAIを圧倒!

VR&映像プロデュースには、映画コメンテーターの有村 昆氏。ナレーションはJ-WAVEでもおなじみサッシャ氏。映像制作は、ルーカスフィルム 元CGクリエイターが担当しているという質の高い世界初のVR人狼ゲームを堪能できる空間。VR人狼渋谷は徒歩7分の好立地で絶賛予約受付中!

http://www.vrjinro.com/

映画情報どっとこむ ralph そして、実写劇場版の人狼ゲームは若手女優男優の登竜門的映画になっています!
VRゲームの前に観てみるのも一考です!



***********************************