「バイオレンス」カテゴリーアーカイブ

青野楓 松村龍之介 古田新太 宮原華音「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」東京再上映決定


映画情報どっとこむ ralph 2011年にオリジナルアニメとして発表された「BLOOD-C」が実写映画として復活。

これまでのBLOODシリーズと同じく「少女・小夜が日本刀で戦う」という設定は踏襲し、完全オリジナルストーリーとして生み出された映画『阿修羅少女~BLOOD-C異聞~』。
8月26日テアトル新宿での公開から2ヶ月、全国順次公開中ですが、再び東京での上映が決定!!

11月11日(土)より、東京・調布市の調布駅前に9月29日に誕生したイオンシネマ シアタス調布にて1週間限定上映します。

映画情報どっとこむ ralph そして!本日他の上映館の公開日も一部発表になりました。

10月21日(土)から
群馬県:109シネマズ高崎
茨城県:MOVIXつくば

10月28日(土)から
石川県:ユナイテッド・シネマ金沢

11月11日(土)から
東京都:イオンシネマ シアタス調布
北海道:シネマ太陽函館
岐阜県:大垣コロナシネマワールド
福井県:福井コロナシネマワールド
熊本県:ユナイテッド・シネマ熊本

11月18日(土)から
栃木県:フォーラム那須塩原
香川県:イオンシネマ宇多津

12月2日(土)から
岩手県:フォーラム盛岡
宮城県:MOVIX利府
福島県:フォーラム福島
愛知県:109シネマズ名古屋
12月9日(土)から
山形県:ソラリス

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶詳細など最新情報は随時公式サイトや公式Twitterなどにて発表がありますのでお楽しみに!

阿修羅少女~BLOOD-C異聞~

公式サイト:
http://www.asuragirl.com
公式Twitter:
@bloodc_stage

物語は軍事政権下、戦前の日本。赤狩りと称して横暴を極める特高警察。蹂躙される村の住民たちとの間で始まる抗争、そこに見え隠れする「古きもの」の影と、それを狩るために現れる制服の少女、小夜―――
因果の渦が巻く寒村の中心で、宿命に翻弄される姉弟を演じるのは舞台「攻殻機動隊ARISE」で草薙素子役を演じた青野楓と、舞台「英雄伝説 閃の軌跡」や舞台「戦国BASARA」などで主演を務める松村龍之介。脚本には「BLOODシリーズ」第1作から携わっている藤咲淳一、監督は舞台「BLOOD-C The LAST MIND」の演出を務めた奥秀太郎。
その他、宮原華音、古田新太、手塚とおる、田中要次、坂井真紀、水野美紀、銀粉蝶、八神蓮、郷本直也、滝川英治、友常勇気、南圭介が出演。
神に見捨てられた地で、生き残るのは誰だ?

■ストーリー
戦乱の時代に陥る少し前の日本。山奥の寒村で特高警察が殺された。
特高警察の部隊長、甘粕は部隊を率いて村に捜査本部を設置。村人に対して横暴とも言える捜査を繰り返していた。
限界を迎えそうになる村人、その中で一人唇を噛みしめ辱めに耐える青年がいた。
彼の名は蓮、血の病を患い診療所で過ごす姉、蘭を大切に思う心優しき彼は外の世界への憧れを懐きつつも、姉を見捨てることは出来ず村にとどまっていた。
特高と村人との乱闘の中、逃げ出した蓮の前に現れる制服姿の少女――
日本刀を携える彼女は自らを「小夜」と名乗る。「古きものを狩るためにここに来た」と告げる。
そんな中、特高警察と村人の確執はもはや留まることを知らず、村は血で血を洗う殺戮と戦いの宴へと突き進んでいく。
その中、目覚める蘭、彼女の血に秘められた謎とは?そして、「古きもの」とは?
小夜の刃が煌めく時、因習と血脈で塗り固められた惨劇の幕が開く!

***********************************

【CAST】
青野楓/松村龍之介/古田新太/宮原華音
手塚とおる/八神蓮/田中要次/銀粉蝶/水野美紀/坂井真紀
郷本直也/滝川英治/南圭介/結城貴史/友常勇気
石渡真修/中山孟/時光陸/古波倉要/宮城紘大/吉川麻美/白柏寿大

監督:奥秀太郎
原作:Production I.G・CLAMP
脚本:藤咲淳一
音楽:中尾憲太郎
撮影:与那覇政之
美術:中嶋義明 / 録音:白取貢
アクションコーディネーター:藤田けん / プロデューサー:奥村千之介


CLAMP描き下ろしのg-swordと『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』コラボポスター到着


映画情報どっとこむ ralph プロジェクト最終章。映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は、11月11日(土)に公開となります。

そしてこの度、クリエーター集団CLAMP描き下ろしの「HiGH&LOW g-sword」とコラボしたポスタービジュアルが解禁となります。


今回解禁となるのは、週刊少年マガジンで『HiGH&LOW g-sword』を連載していたクリエーター集団CLAMP描き下ろしのイラストと、11月11日公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』がコラボレーションしたポスタービジュアルです。
イラスト版も実写版同様にMUGEN(琥珀・九十九) と 雨宮兄弟(次男・雨宮雅貴、三男・広斗)の2組が佇んでおり、ポップなイラスト版とクールな実写版の両方を楽しめるHiGH&LOWファン、CLAMPファンにはたまらないポスタービジュアルです!

映画情報どっとこむ ralph ▼CLAMPプロフィール
いがらし寒月、大川七瀬、猫井椿、もこなの4名からなる創作集団。
『聖伝 RG VEDA』『東京BABYLON』『X』『魔法騎士レイアース』
『カードキャプターさくら』『ANGELIC LAYER』『ちょびっツ』『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』『×××HOLiC』『こばと。』『GATE 7』など、少女誌、少年誌、青年誌と幅広く活躍し、数多くのヒット作品を発表。2017年現在、国内コミックス総売上数1億部突破。海外での人気も非常に高く、アメリカ、フランス、中国、台湾、韓国をはじめ、世界20ヶ国以上で出版されている。
「週刊少年マガジン」にて2017年3月より『HiGH&LOW g-sword』
(原案 HI-AX)を定期連載していた。

映画情報どっとこむ ralph チームを超えて力を合わせ、悪名高きスカウト集団・DOUBTと監獄からの刺客・プリズンギャングとの“黒白堂駅の闘い”に勝利した SWORD(山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYS、達磨一家)メンバーたち。だが、勝者が決まったかに見えたその場に、九龍グループの善信会を率いる善信吉龍(岸谷五朗)が乗り込んでくる。九龍グループが振りかざす“大人の力”は、想像をはるかに超えて強力だった。
琥珀(AKIRA)、九十九(青柳翔)、雨宮雅貴・広斗兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)が、命懸けで 公開したUSB内の機密情報によって一度は逮捕された九龍グループ総裁・九世龍心(津川雅彦)は、証拠不十分によりすぐ釈放。 打ちのめされた若者たちに追い打ちをかけるかのように、九龍グループ総力を結集した“SWORD壊滅行動”が遂行されていく。

大切な仲間を狩られ、愛する地元の街に吊された山王連合会。

大切な根城のクラブ「HEAVEN」を金の力で追い立てられるWhite Rascals。

鬼邪高校や、達磨一家の本拠地も壊滅状態。

固い結束を誇る山王連合会は分裂の危機に晒され、コブラ(岩田剛典)は一人、九龍に闘いを挑むが、逆に拉致され激しい拷問に あってしまう。

“無名街”には重機が入り、無残にも九龍に破壊されていく。ここにいては家族に危険が及ぶと察知したスモーキー(窪田正孝)は、皆 に逃げろと告げて、一人街に残り、敵に対峙しようとするー。

政府と裏でつながっている九龍グループは、かつて政府主導で行われた不正を隠ぺいするため、SWORD地区の“無名街”を爆破、その 跡地にカジノ建設を目論んでいた。その事実を知った琥珀は、コブラ救出作戦を決行。一堂に会したSWORDメンバーと琥珀・九十九・ 雨宮兄弟たちは、隠ぺいを暴くための“3つの証拠”を見つけだし、九龍の野望を永遠に打ち砕くことを決意する。

「これが最後の喧嘩だ!」政府によるSWORD地区の爆破セレモニーが刻一刻と迫るなか、九龍グループの圧倒的戦力をくぐりぬけて、 “ファイナル・ミッション”に走る若者たち──。伝説として語り継がれるSWORD最後の闘いが、いま始まる。


映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」11月11日(土) 全国ロードショー 
ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会
***********************************

企画プロデュース:EXILE HIRO
脚本:平沼紀久、渡辺啓、上條大輔、Team HI-AX
監督:久保茂昭(「HiGH&LOW ドラマseason1」総監督/「HiGH&LOW THE MOVIE」「THE MOVIE2」監督) 中茎強(「HiGH&LOWドラマseason2」「THE MOVIE2」監督)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW THE MOVIE」/「るろうに剣心」シリーズ)
企画制作:HI-AX
製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会
配給:松竹
ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

【ムゲン】 AKIRA・青柳翔 【雨宮兄弟】 TAKAHIRO・登坂広臣 【山王連合会】 岩田剛典・鈴木伸之・町田啓太・山下健二郎・佐藤寛太・佐藤大樹・八木将康・岩谷翔吾・山本彰吾/天野浩成 【White Rascals】 黒木啓司・遠藤雄弥・稲葉友・栁俊太郎・廣瀬智紀・松田凌・西川俊介・西村一輝 【鬼邪高校】 山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・青木健・清原翔・陳内将 【RUDE BOYS】 窪田正孝・佐野玲於・ZEN・佐野岳/藤井夏恋・鈴木梨央 【達磨一家】 林遣都・阿部亮平・小澤雄太・水野勝・田中俊介・守屋光治・井澤勇貴 【苺美瑠狂】 楓・佐藤晴美・山口乃々華・城戸愛莉/藤井萩花・坂東希 【MIGHTY WARRIORS】 ELLY・大屋夏南・野替愁平・白濱亜嵐・ANARCHY・LIKIYA・祐真キキ/NAOTO・関口メンディー 【九龍グループ・会長】津川雅彦・岩城滉一・岸谷五朗・加藤雅也・笹野高史・髙嶋政宏・木下ほうか・中村達也・早乙女太一 【九龍グループ・幹部】橘ケンチ・小林直己・尚玄・小野塚勇人・渡邉紘平・武田幸三・夕輝壽太・白石朋也・荒木秀行・黒石高大 長谷川初範・堀部圭亮・矢島健一・斎藤洋介・渡辺裕之・池上幸平/豊原功補/YOU/小泉今日子/飯島直子


過去シリーズ7作をたった3分で“ソウ”ざらい!?総集編映像到着


映画情報どっとこむ ralph 2004年の公開時、世界をかつてない衝撃に陥れた【ソリッド・シチュエーション・スリラー】の傑作、『ソウ』。
それ以降2010年の『ソウ ザ・ファイナル3D』まで毎年ハロウィンに新作が公開され、多くの映画ファンを虜にしてきた大ヒットシリーズの待望の新章が、遂にこの秋始動する――

その名も『ジグソウ:ソウ・レガシー』!!!

この度、過去『ソウ』シリーズ7作、ソウ尺682分(※本編尺でカウント)をたった3分で振り返るソウ集編映像が解禁となります。



今回解禁となる映像はそんな過去『ソウ』シリーズ7作とジグソウの歴史を紐解く内容。

前作『ソウ ザ・ファイナル 3D』での終焉から7年。『ジグソウ:ソウ・レガシー』として再び動き出した本作で指す“ジグソウ”とは一体何者なのか?今だ謎が多い本作の公開前に“ソウ集編”で『ソウ』の歴史を“ソウ”ざらいいただきたい。本作の監督を手掛けるのは『デイブレイカー』、『プリデスティネーション』で一躍、スリラー界の若き才能と評されたマイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟。新たな『ソウ』の世界に、全世界の映画ファンが興奮すること間違いなしだ!

映画情報どっとこむ ralph
映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』

密室に集められた5人の男女。頭には目の部分がくり貫かれたバケツが被せられ、身体には鎖が繋がれている。その鎖は対面する壁に繋がっており、壁には一面に丸鋸刃(まるのこは)が付いている。“さあゲームをしよう、お前たちは嘘をついてきた罪を告白せよ、真実のみがお前らを自由にする生きるか死ぬか、お前たち次第だ”ゲームは始まった・・・
遺体安置室の検視台に半裸の男。それは街中の公園で見つかった死体。
死体を見つめる刑事のハロランとキース、検視官のローガンとエレノア。
男が被っているバケツを外すと、顔半分がはがれ顎から上が無い。
首の皮膚はジグソウパズル型に切り取られている。伝説の連続殺人犯“ジグソウ”のやり口――殺害したのはジグソウの模倣犯か?
傷の奥から抜きだしたUSBスティックをパソコンで起動すると、「ゲームは始まった。4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」 その声はまさしくジグソウ。彼は10年前に死んだはずなのに・・・。

11月10日(金)全国ロードショー!!

公式サイト:
jigsaw.asmik-ace.co.jp
公式Twitter:
@JigsawMovie_JP
***********************************

監督:スピエリッグ兄弟(『デイブレイカー』『プレデスティネーション』)
出演:マット・パスモア カラム・キース・レニー クレ・ベネット 
   ハンナ・エミリー・アンダーソン ローラ・ヴァンダーヴォート 
   マンデラ・ヴァン・ピープルズ ポール・ブラウンスタイン
   ブリタニー・アレン ジョサイア・ブラック
脚本:ジョシュ・ストールバーグ ピーター・ゴールドフィンガー(『ピラニア 3D』『ピラニア リターンズ』)
プロデュース:オーレン・クールズ マーク・バーグ グレッグ・ホフマン(『ソウ』シリーズ) 
提供:アスミック・エース/ポニーキャニオン 
配給:アスミック・エース
原題:JIGSAW/2017年/アメリカ/92分/スコープサイズ/5.1chサラウンド
(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


健太郎・佐田正樹・カナタタケヒロ「デメキン」舞台挨拶 京都国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 10月12日(木)から15日(日)まで京都市内各所で開催された、「京都国際映画祭2017」。

14日(土)Tジョイ京都にて映画「デメキン」が上映され、主演・健太郎、原作者・バッドボーイズの佐田正樹、主題歌を担当したLEGO BIG MORLのカナタタケヒロ、山口義高監督が舞台挨拶に登場しました。

10月14日
場所:Tジョイ京都
登壇:健太郎、佐田正樹、LEGO BIG MORLカナタタケヒロ、山口義高監督

映画情報どっとこむ ralph 健太郎さんは映画初主演を務めた感想を聞かれると、
健太郎さん:もともと映画のお話がある前から『デメキン』を読んでいて、佐田正樹役を演じさせていただけるのは本当に光栄なことでした。佐田さんの半生を演じるということで、生半可な気持ちではやれないなと、バチバチに気合いを入れました。

と相当な覚悟を決めて、撮影に挑んだと語った。

一方
佐田さん:映画の内容は全てノンフィクションですが、唯一フィクションなのは、主人公が男前過ぎるところ。

と話すと会場は笑いに包まれた。続けて、初めて健太郎さんに会って

佐田さん:本当に不良の役できるの?という感じだったが、撮影が進むにつれ、こんなヤンキーと肩がぶつかったら、謝ってしまうかも。
と怖い不良になっていく健太郎を絶賛!

山口監督:佐田さんにリハーサルや撮影現場に来て頂いたので、分からないことあっても本人に聞けばいいので助かりました。言葉遣いや方言についても協力してもらい、一緒に作ることができた。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌「一秒のあいだ」を手がけた、LEGO BIG MORLのカナタタケヒロは、

カナタさん:正樹と厚成の友情を音楽でどう表現できるか、というところを重要視しました。自分でもエンディングにめちゃくちゃハマってると思いました。

自画自賛。この作品は

佐田さん:特に女性に観て頂きたい。男はただ殴り合いたいからじゃなく、好きな人のために、友だちのために喧嘩するんですよ。喧嘩が終わったら、勝ち負けはどうでもよくて、後は友だちになれる。そんな男たちの青春を、是非観て知って楽しんでほしい。

と呼びかけました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

健太郎さん:初めての主演作ということで、今までにない思い入れを感じている。監督、キャスト、スタッフ、佐田さん、LEGO BIG MORLの皆さん…本当にみんなの熱い思いが集結した作品になっています。

と熱くアピールして舞台を終えました。

デメキン

は、12月2日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。

公式サイト

本作は、累計発行部数170万部を突破し、ミリオンセラーとなった、お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹の半生を綴った実録自伝小説・コミックスの実写映画化。
主人公の正樹役は、放送中のNHK土曜時代ドラマ「アシガール」や2017年10月28日公開の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』などに出演する、ネクストブレイク筆頭の逸材・健太郎が演じ、映画『亜人』(公開中)や『あゝ、荒野』(前編:公開中 後編:10月21日公開)、『HiGH& LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11月11日公開)など話題作への出演が続く実力派俳優の山田裕貴が脇を固める。監督は、三池崇史の助監督として数多くの現場を支え、右腕とも言える山口義高。
***********************************

出演:健太郎  山田裕貴
栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修 
岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン
(水玉れっぷう隊)  坂田聡 

原作:佐田正樹『デメキン』 
監督:山口義高
脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)

製作:東映ビデオ、AMGエンタテインメント 製作プロダクション:ステアウェイ 
配給:AMGエンタテインメント 2017/日本/115分
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
(C)2017 映画『デメキン』製作委員会


リスペクト溢れるイタリア映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』ブルーレイ&DVDで発売決定!!


映画情報どっとこむ ralph 今回は、日本へのリスペクトが炸裂する、イタリア発のダークヒーロー・アクション映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、ブルーレイ&DVDで発売決定!!

日本へのリスペクトが炸裂する、イタリア発のダークヒーロー・アクション映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、ブルーレイ&DVDで発売決定!!

近年新たな波が巻き起ころうとしているイタリア映画界から、日本カルチャーへのリスペクト魂みなぎる本格的ダークヒーロー・エンタテインメント『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』が誕生。

本国で大ヒットを記録し日本でもその斬新さに業界騒然となった本作のブルーレイ&DVDが、2017年12月20日(水)に発売されることが決定しました。

テロの脅威に晒されるローマ郊外。
孤独なチンピラとして裏街道を歩くエンツォは、ふとしたアクシデントから超人的なパワーを得てしまう。私利私欲のためにその力を使うエンツォだったが、ある出会いと別れから正義に目覚めていき、悪との壮絶な闘いに身を投じていく。

マイネッティ監督×永井豪×水木一郎『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』来日イベントでの一枚
本作の原作は、1975年に日本で放送開始され1979年にはイタリアでも放送されて大人気を呼んだ永井豪によるアニメ「鋼鉄ジーグ」。

少年時代から日本アニメの大ファンだった、気さくなオタク:ガブリエーレ・マイネッティ監督がこの「鋼鉄ジーグ」を重要なモチーフにして生み出した、これまでのイタリア映画のイメージを大きく覆す全く新しい映画として多くの賞賛を集めた、イタリア映画初の本格的ダークヒーロー・エンタテインメントだ。なおこの個性的な響きのタイトルはいわゆる”邦題”ではなく、本国公開時からイタリア語題と共に併記されている、正真正銘の原題である。

映画情報どっとこむ ralph 発売されるブルーレイとDVDの特典映像には、ガブリエーレ・マイネッティ監督による、虎の覆面を付けた少年の成長と活躍を描いた胸熱のショートムービー『Tiger Boy』を始め、本編削除シーンや予告編などが収録される予定になっている。

商品情報
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
2017年12月20日(水)発売
DVDレンタル同日スタート

<Blu-ray>
品番:PCXP.50539 価格:¥4,700+税
収録時間:本編119分+特典映像
特典映像:
■ショートムービー「Tiger Boy」(20分)
■削除シーン(10分)
■予告編集

<DVD>
品番:PCBP.53679 価格:¥3,800+税
収録時間:本編119分+特典映像
特典映像:
■ショートムービー「Tiger Boy」(20分)
■削除シーン(10分)
■予告編集

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
舞台は、テロの脅威に晒される現代のローマ郊外。
裏街道を歩く孤独なチンピラ エンツォはふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまう。始めは私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだったが、世話になっていた“オヤジ”を闇取引の最中に殺され、遺された娘アレッシアの面倒を見る羽目になったことから、彼女を守るために正義に目覚めていくことになる。
アレッシアはアニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的なファン。怪力を得たエンツォを、アニメの主人公 司馬宙(シバヒロシ)と同一視して慕う。
そんな二人の前に、悪の組織のリーダー ジンガロが立ち塞がる…。

***********************************

キャスト:
クラウディオ・サンタマリア
ルカ・マリネッリ
イレニア・パストレッリ
ステファノ・アンブロジ

スタッフ
監督・製作・音楽:ガブリエーレ・マイネッティ

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.