「バイオレンス」カテゴリーアーカイブ

ジオウメンバーが平成仮面ライダーを一挙に振り返る「平成仮面ライダー20作 補完計画」始動!!


映画情報どっとこむ ralph KDDIの全キャリア対応可能な映像配信サービス「ビデオパス」では、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』の全国ロードショーを記念して、“平成仮面ライダー振り返り大作戦!”と題して、未公開シーンなどを追加した平成仮面ライダー 劇場版18作品のディレクターズカット版を配信の他、 12月14日(金)12時より、平成最後の仮面ライダー「仮面ライダージオウ」の出演キャストが平成仮面ライダー20作品を一挙に紹介するスペシャル映像「平成仮面ライダー20作 補完計画」を、独占無料配信。
また、スペシャル映像の配信に先駆けて、同映像の予告動画を12月14日(金)8時より、YouTubeでご覧いただけます。


  「平成仮面ライダー20作 補完計画」は、「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系毎週日曜午前9:00~)の常磐ソウゴ(奥野壮)、明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)の4名が、平成仮面ライダー20作品を振り返るスペシャル映像です。平成仮面ライダーの印象や変身シーンなどを、平成仮面ライダーの映像とともに紹介します。
 
2001年公開の「仮面ライダーアギト PROJECT G4」から2012年公開の「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム」まで18作品の“ディレクターズカット版”は、公開時に惜しくもカットされた未公開シーンやアクションシーンを追加・再編集した貴重な作品です。この度は、初配信の10作品を含む18作品がラインアップ。劇場では観られないライダー達の勇姿を振り返り、劇場版をより楽しんでいただけます。

期間: 12月14日(火) 12:00~ 1月31日(木) 23:59
対象: ビデオパスのアプリをダウンロードいただいた方ならどなたでも視聴可能
URL: http://kddi-l.jp/t4R

「仮面ライダークウガ」から「仮面ライダージオウ」までの20作品を、「仮面ライダージオウ」の常磐ソウゴ(奥野壮)、明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)の4名が、平成仮面ライダーの特徴とともに紹介します。


映画情報どっとこむ ralph 「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」のご紹介

毎年冬の恒例映画として人気を博してきた「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦」シリーズ(2009年~2015年)。2016年からは「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」とタイトルを改め、その人気を不動のものとした本シリーズの最新作にして平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が遂に12月22日(土)に公開されます。


【ストーリー】
仮面ライダーを愛してくれたあなたへ
常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい…。
強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない。」
彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体…?なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか?
謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――
あなたの記憶に、彼らは生きているか。

■公開日
12月22日(土) ROADSHOW 
http://www.movie-taisen.com/



***********************************

出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久

「ジオウ&ビルド」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
   


山崎紘菜ハリウッドデビュー!ミラ・ジョヴォヴィッチ主演『モンスターハンター』で


映画情報どっとこむ ralph そして、この度、女優の山崎紘菜が映画『モンスターハンター』出演することが決定!!

ゲームではプレイヤーにゲームやステージ、モンスターについて説明をしてくれる「ハンドラー(受付嬢)」という重要なキャラクターに抜擢されました。
  
              
山崎紘菜(ハンドラー役)コメント

山崎さん:ハリウッド映画、アクション、アフリカロケと初めて尽くしでドキドキしていますが、知らない所に足を踏み出す反面楽しみでもあります。アクション映画に興味があって『バイオハザード』シリーズが大好きなので、その作品のポール・W・S・アンダーソン監督とミラ・ジョヴォヴィッチさんと一緒に作品作りが出来るなんて夢の様です。ミラさんからは芝居のことはもちろん、女優としての心構えや生活スタイルなど色々なことを吸収して行きたい。また、ハンドラーという役はゲームで実在するキャラクターでファンがたくさんいるので期待を裏切らないように演じられたらと思います。ハリウッド大作に出演出来る機会は、滅多にないので人生を変える経験になると思う。見ている世界、固定概念を捨てて世界基準を身に付けたい。そして、撮影現場で   山崎紘菜を表現して、役として存在出来たら嬉しいです。日本人も出来ると勇気を与える、そんな期待を背負う立場でもあると思うので思いっきりチャレンジしたいです!また、映画出演が決まって、改めてモンスターハンターのゲームをプレイしているので、一緒に狩りをしてくれるハンター募集中です(笑)
映画情報どっとこむ ralph ポール・W・S・アンダーソン監督は起用理由を

アンダーソン監督:ゲームに登場するハンドラーのキャラクターそのものだと感じた。好奇心旺盛で明るく、モンスター達が支配する世界という未知なる環境にチームと一緒に冒険する様子が、彼女のハリウッド作品出演への熱意からも伝わってきて、仲間に加わってもらった。

と語っています。

また、撮影現場で山崎紘菜に対面したミラ・ジョヴォヴィッチは

ミラ・ジョヴォヴィッチさん:紘菜はとてもキュートで、まるでゲームから飛び出してきたみたいだった。彼女ならハンドラーという役を演じきってくれると確信したわ!

映画情報どっとこむ ralph 日本人離れしたスタイルと女優キャリアを活かして、いよいよハリウッドデビューとなります!!ミラ・ジョヴォヴィッチら  ハリウッド俳優たちとの共演も予定されています。映画『モンスターハンター』は10月より、南アフリカとナミビアで撮影が始まっており、山崎紘菜は11月下旬よりクランクインしております。

映画『モンスターハンター』は2020年全国東宝系にてロードショー予定です!

突然の嵐に巻き込まれた国際連合軍。隊長のアルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)たちが辿り着いたのは、この世界に存在するはずのない、超巨大モンスターたちが暮らす新世界だった!アルテミスたちの戦力は、超巨大モンスターたちにまったく通用しなかったが、新世界で出会った謎の男と共に立ち向かう!

***********************************

脚本:ポール・W・S・アンダーソン
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演者:ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、ティップ・“T.I.”・ハリス、ミーガン・グッド、
ディエゴ・ボネータ、山崎紘菜、ロン・パールマン
撮影時期:2018年10月~12月 南アフリカ、ナミビアにて撮影予定
公開時期:2020年予定
製作:コンスタンティン・フィルム、東宝ほか
日本配給:東宝
© CONSTANTIN FILM
©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.


岡崎体育がオタクテロリスト役で斎藤工を翻弄!映画『麻雀放浪記2020』


映画情報どっとこむ ralph 舞台は2020年。そこで、いったい何がおころうとしているのか!?

カウントダウンは、すでに始まっているー

この度、東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』が、2019年4月5日(金)より、全国公開することが決定いたしました。不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化。

主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を熱演。そして、個性強めな、チャラン・ポ・ランタンもも、ベッキー、竹中直人が脇を固めています!

メガホンをとるのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)の白石和彌監督。

映画情報どっとこむ ralph 更に今回、映画完全オリジナルキャラクター、ドクに岡崎体育がキャスティングされていることが解禁となりました!!


2020年、新たな「戦後」、東京オリンピックが中止の“未来”。

主人公・坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子。そのドテ子の熱烈なファンであるドクを、岡崎体育が演じます。商業映画で、本格的な演技に挑戦するのは今回が初めて。

2020年の近未来、電磁パルスを仕掛けるオタクテロリストとして、坊や哲(斎藤工)を翻弄します!
アーティスト活動で見せるその存在感は、映画の大事なスパイスとなっており、岡崎が一体どんな場所に登場するのか?強烈な原案と岡崎の個性がぶつかり合い、新たな“麻雀放浪記2020”の中で、一体どんな化学反応を起こしているのか⁉

岡﨑体育(ドク)コメント
ついに岡崎体育の憎らし&愛らしフェイスが劇場のスクリーンに映し出されるときが来ました。今後の僕の宿題として、アカデミー賞の新人賞にノミネートされたけど受賞には至らず、受賞された俳優さんに少し悔しさの見え隠れがある笑顔で賛辞を送るやつの練習しときます。

白石和彌監督コメント
岡崎体育さんの独自の世界観が好きでお願いしたのですが大正解でした。これからお芝居の仕事が増えるんだろうなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 先日、マカオ国際映画祭でまさかの出品中止!となり、ワールドプレミアがお預けになった本作!
お披露目に関しても今後の情報に注目です!

映画『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国ロードショー!

***********************************

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工
チャラン・ポ・ランタンもも、ベッキー、竹中直人、岡崎体育
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


小倉優香・搗宮姫奈・花影香音バトルアクションシーン一部到着!!映画『レッド・ブレイド』


映画情報どっとこむ ralph 映画『レッド・ブレイド』が2018年12月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開します。

本作は、いじめられっ子の高校生・マコが、憧れていた“忍者”となり、時空を超えた戦いに巻き込まれていく姿を描くニンジャアクション・エンターテインメント。鬼才・園子温が原案、坂口拓が総合演を手掛け、小倉優香が映画初主演を飾ります。

この度、主演・小倉優香のバトルアクションシーン一部と新場面写真が到着。
この度公開された映像は、時空を超えた戦いに巻き込まれた、小倉演じるマコが敵をなぎ倒していくソードアクションを展開。片やセーラー服に身を包み、岩永演じる悪の忍者・勘助に、ハイキックするシーン等が収められています。



映画情報どっとこむ ralph 映画『レッド・ブレイド
は、2018年12月15日(土)より公開。

本作は、『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』など海外でも高い評価を受ける園子温原案によるストーリー。『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督、『RE:BORN リボーン』主演で知られる坂口拓と“ミスター・バイオレンス”と称され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015正式上映作品『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋のメガホンで映画化。さらに、ド迫力のオープニングアクション監督を『いぬやしき』『BLEACH』などを手掛けた下村勇二が担当。今までの忍者の常識を覆す、世界初の忍者映画がここに誕生しました。

映画初主演にして本格アクションに挑戦する小倉優香。“リアル峰不二子”と絶賛されるスタイルでグラビア界を席巻し、最近は、ドラマ「チア☆ダン」や「恋のツキ」などに出演するなど女優として開眼。今後は、主演舞台「呪いシリーズ(呪いの万華鏡/呪いの49日)」の公演を控えている。共演には、舞台『MIRRORION(ミラリオン)』の搗宮姫奈や『アズミ・ハルコは行方不明』の花影香音。『孤狼の血』の岩永ジョーイなどアクションに特化した実力派若手俳優が小倉の脇を固める。また、総合演出の坂口拓が、TAK∴名義で伝説の忍者として登場する。

ストーリー
いじめられっ子の高校生・マコ(小倉優香)は、この世界に嫌けが差していた。学校の図書室で忍者の児童書「雷風刃」を読むことが唯一心安らぐ瞬間で、巨大な悪に立ち向かう忍者たちに憧れていた。ある夜、下校途中のマコの前に「雷風刃」の忍者・ヒロ(搗宮姫奈)とユウ(花影香音)が現れる。時空を切り裂き、導かれるようにタイムスリップした先に待っていたのは伊賀の世界。伝説の忍者・才蔵(TAK∴)指南のもと、強さを求めマコの忍者修行が始まる。ところが、マコと同様に、「雷風刃」の悪人・原田勘助(岩永ジョーイ)が現実世界に出現してしまい・・・。

***********************************

小倉優香
搗宮姫奈 花影香音 岩永ジョーイ 美音咲月 徳江かな 咲村良子 榊英雄 TAK∴

原案:園子温
総合演出:坂口拓
監督:石原貴洋
脚本:龍一朗 
サウンドデザイン:小野川浩幸
音楽:中森信福
プロデューサー:木村俊樹 ラインプロデューサー:真山俊作 撮影:富田伸二 照明:太田博 録音:杉本崇志 
オープニングアクション監督:下村勇二 TAK∴ 稲川義貴(トリプルクラウン)
アクション監督:坂口茉琴
アクション監修:匠馬敏郎
主題歌:『moi-même』(AMG MUSIC)
制作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMGエンタテインメント
協力:アミューズメントメディア総合学院 
製作:「レッド・ブレイド」製作委員会 
(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会


『ザ・プレデター』監督シェーン・ブラックと製作ジョン・デイビスのインタビュー映像公開!


映画情報どっとこむ ralph シリーズ1作目『プレデター』の“最初の犠牲者”本人が明かす!
シェーン・ブラックが演じたホーキンスが最も早く殺された、驚きの理由とは?! 監督シェーン・ブラックと製作ジョン・デイビスのインタビュー映像公開!

今回公開されたのは、映画『ザ・プレデター』の監督で、シリーズ1作目『プレデター』 (1987)にも出演したシェーン・ブラックと、シリーズ全作で製作を務めてきたジョン・デイビスの インタビュー映像。ブラック監督がシリーズ1作目『プレデター』で“最初の犠牲者”となる 通信兵ホーキンスを演じたまさかの理由がこのインタビューで語られています。

ブラックは、『プレデター』への最初のオファーについて「トーマス兄弟が書いた脚本にジョークを 書き加えるよう依頼されたが、不要だと思い断った」と語る。すると今度は「出演者としてロケに 加わるよう言われ、喜んで引き受けた」と当時を振り返る。これに対し、シリーズ全作で製作を 務めてきたジョン・デイビスは、
「出演の名目で連れていき(脚本を)書かせようとしたが、 “出演する”と主張するから真っ先に死ぬ設定にした」と語り、ホーキンスを早く殺せば、ブラック が長い期間演じなくてなくて済むだろうという思惑でホーキンスが“最初の犠牲者”になったと、 驚きの理由を明かしている。

またブラックは、
演じたホーキンスについて「僕が演じた役柄は嫌な奴だが笑えるんだ」と、 意外にもお気に入りの様子。さらに、『ザ・プレデター』でコイル役を演じたキーガン=マイケル・ キーも、ブラック監督が『プレデター』に出演していたことについて「“ウソだろ”って言ったよ。見て みたら最高だった」と、ブラックの当時の演技を絶賛している。



映画情報どっとこむ ralph 『ザ・プレデター』のブルーレイには、今回公開された映像のほかに、メイキングや未公開 シーン集など計 60 分を超える映像特典を収録。ブラック監督が本作を製作した理由を語る インタビュー映像をはじめ、進化を遂げたプレデターのデザインを紹介する舞台裏映像など、 ファン必見の映像特典が満載だ。

映画『ザ・プレデター

のブルーレイ&DVDは、2019年1月5日(土)発売、同時レンタル 開始。
2018年12月19日(水)より先行デジタル配信。
映画情報どっとこむ ralph 『ザ・プレデター』

2019年1月5日(土)ブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始!
※2018年12月19日(水)先行デジタル配信!
■ザ・プレデター 2枚組ブルーレイ&DVD ¥3,990+税
■ザ・プレデター <4K ULTRA HD + 2Dブルーレイ/2枚組> ¥5,990+税
■プレデター クアドリロジーBOX <4K ULTRA HD + 3D + 2Dブルーレイ/9枚組> ¥16,800+税
発売元・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
© 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

***********************************