「バイオレンス」カテゴリーアーカイブ

遠藤憲一主演×きうちかずひろ監督犯罪エンターテインメントムービー『アウト&アウト』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度『藁の楯』原作者の木内一裕の、クール&スマートな犯罪エンターテインメント小説『アウト&アウト』(講談社文庫刊)が、映画化されることが決定いたしました。本作はすでに完成し、2018年秋の全国ロードショーが決定しております。

映画化もされ話題となった『藁の楯』の小説家として知られる“木内一裕”。
『ビー・バップ・ハイスクール』で一世を風靡した漫画家であり、数々の傑作犯罪映画の監督でもある“きうちかずひろ”。

一癖も二癖もある魅力的なアウトローたちが織りなす犯罪エンターテイメント小説 『アウト&アウト』(講談社文庫刊)を、原作者自らが監督を務めて完全実写映画化。

小学二年生の少女、栞と二人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能の元に、一本の依頼の電話が入る。指定された場所に向かうと依頼人はすでに拳銃で撃たれた死体となっていた。事件の容疑者にされかねない矢能は迅速に対応を始めるが、事態は思いもよらぬ方向へと転がっていく!

映画情報どっとこむ ralph 主演は遠藤憲一!
血のつながらない少女との絆、愛情・・・人間ドラマも必見。
主演の矢能を演じるのは、遠藤憲一。
元ヤクザの探偵と小学生の女の子、というあり得ない名コンビがここに誕生!?  二人の思わずクスリとしてしまう微笑ましい掛け合いが生む異色のバディムービー感に加え、無愛想だが優しい元ヤクザの探偵を遠藤が 男の色気たっぷりに熱演! 血のつながらない少女との絆と愛情が丁寧に描かれつつ、大どんでん返しが待ち受けるラストまでの痛快な疾走感がたまらない、至極の犯罪エンターテインメントムービー!

映画情報どっとこむ ralph 遠藤さんときうち監督がコメントしています。

遠藤憲一コメント

撮影が始まるといろいろアイディアが浮かんできます。

自分の癖で「監督、ここはこうやってみてもいいですか?」とアイディアを形にして見せることも多いのですが、今回は監督の中でイメージが明確にあったようで、途中からはすべて監督の言うとおりに演じました。語尾の変更も許されません。

ちゃんと演じきれているのかだんだん不安になったこともあります。

そして、『アウト&アウト』は完成し試写を迎えました。何といっても登場人物全員が魅力的。監督の言う通りに演じて良かった!皆さんも是非、きうち監督の美学を楽しんで下さい!


きうち監督コメント

映画「アウト&アウト」は私の7本目の監督作品であり、長編映画としては実に18年ぶりの監督作品です。ちなみに原作者(きうちかずひろ&木内一裕)としての34本目の映像化作品でもあります。「原作者が自らメガホンを取った」などと言うと、小説家が映画監督に手を出したかのように思われがちですが私の場合は違います。映画監督が小説を書き、その小説が映画化されるに当たってベストの監督を選んだ、ということなのです。私は原作者として、脚本家として、監督として、そして製作者の一人として、この映画を作る過程でずっと戦い続けました。プロデューサーとも、俳優とも、予算とも、過酷なスケジュールとも、日本の映画製作の現状とも。幸い優秀なスタッフが結集してくれたお蔭で、その全ての戦いに勝利し、絶対的な自信を持ってお届けできる映画が完成しました。さて、この自信が真実のものなのか、それともハッタリなのかは、ぜひスクリーンで、ご自身の眼でお確かめ下さい。

映画情報どっとこむ ralph アウト&アウト

2018年秋、全国ロードショー

映画公式サイト:
out-and-out.jp

***********************************

原作:木内一裕「アウト&アウト」(講談社文庫刊)
監督:きうちかずひろ
製作:東映ビデオ 制作プロダクション:東映東京撮影所
製作委員会:東映ビデオ、木内一裕事務所、講談社、東北新社、サンセイR&D、博報堂DYMaP
配給:ショウゲート
宣伝:東映ビデオ 
(C)木内一裕/講談社
(C)2017「アウト&アウト」製作委員会


伝説の80年代『ストリート・オブ・ファイヤー』がリマスターで公開!


映画情報どっとこむ ralph 80年代に日本でも大ヒットを記録し、1984年のキネマ旬報人気投票読者部門第1位にも輝いたウォルター・ヒル監督『ストリート・オブ・ファイヤー』がデジタル・リマスター版として劇場公開となることが決定しました!!

7月21(土)よりシネマート新宿ほかにて全国順次公開となります。


男は、無法者たちの手から愛した女を救えるのか…!?

街へ戻ってきた流れ者のトム・コーディ。
かつての恋人で大人気ロック歌手となったエレンが、ストリートギャング“ボンバーズ”に攫われたと知ったコーディは、陸軍上がりの女兵士マッコイと共にエレンを救い出し、ボンバーズのボス、レイブンに一対一の闘いを挑む!

『ロング・ライダーズ』(80年)のウォルター・ヒル監督が84年に発表し、日本で大ヒットを記録した本作。この作品で大ブレイクを果たしたマイケル・パレと当時19歳のダイアン・レインが互いに未練を残す元恋人同士を演じ、若き日のウィレム・デフォーがギャング集団のボス役を怪演。
青春劇の王道を行くストーリーとスピーディーな展開、ド派手なアクション描写の数々、そして全編を覆う強烈なロックのリズム!! ファイヤー・インク「今夜は青春」やライ・クーダー・バンドの楽曲が強い印象を残す。

80年代のアイコンに満ち溢れた最高のロックンロール映画が、この度デジタル・リマスター版、5.1CHの大音響にて、スクリーンによみがえります!

映画情報どっとこむ ralph
ストリート・オブ・ファイヤー
原題:Streets of Fire
7月21(土)シネマート新宿ほかダイナマイトロードショー!以降全国順次公開

URL:streets-of-fire-jp.com

あらすじ
ロック歌手のエレンが地元凱旋ライブ中にストリートギャング“ボンバーズ”に誘拐された。久々に街に戻ってきた流れ者のトム・コーディは、元恋人エレン拉致の事実を知り、偶然出会った陸軍あがりの女兵士マッコイとともにボンバーズのアジトを急襲、エレンを救い出した。面目を潰されたボンバーズのボス、レイヴンはトムに決闘を申し込み、街に仲間とともになだれ込んできた。レイヴンとトムの一騎討ちの死闘。壮絶な対決の末、トムが勝利した。この出来ごとに恋心が再燃したエレンとトム。エレンは復縁を申し出るが、トムはまた街を去ることを決めていた。


***********************************

監督:ウォルター・ヒル
脚本:ウォルター・ヒル、ラリー・グロス
撮影:アンドリュー・ラズロ
音楽:ライ・クーダー
出演:マイケル・パレ、ダイアン・レイン、リック・モラ
ニス、エイミー・マディガン、ウィレム・デフォー
1984年 アメリカ
カラ― 94分
提供:キングレコード
配給:コピアポア・フィルム
©1984 Universal Studios. All Rights Reserved.
    


梅沢富美男 松坂桃李を絶賛! 新宿歌舞伎町・二丁目連合 『孤狼の血』 試写会​


映画情報どっとこむ ralph 5月12日(土)公開となる映画 『孤狼の血』役所広司と松坂桃李の演技にしびれる本作。

3月18日に銀座のホステスの皆様をお客様に迎えた、業界初!「ホステス同伴試写会」が大いに話題となりました。​そしてこの度梅沢富美男さんを“『孤狼の血』1日限定宣伝大使”にむかえ、さらに「新宿歌舞伎町・二丁目連合試写会」と銘打ち、キャバクラ嬢、ホストなど、「新宿の夜の街の住人」の皆様を呼び込んで特別な試写会イベントが開催されました。​

日付:​4月18日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:梅沢富美男
試写:新宿歌舞伎町・二丁目連合

映画情報どっとこむ ralph イベントには、MCとして映画本編にも出演している、「映画コメンテーター赤ペン瀧川」こと、瀧川英次が登場。

まだ映画を観る前の観客に、自作の「映画添削」動画を使用して、映画の見どころを観客に説明!
瀧川の話に会場の視線はくぎ付けとなりました。
そして、会場が温まったところで、ゲストの梅沢富美男が登場!
映画『孤狼の血』に合わせて、襟元の開いたシャツにスーツ、サングラスといった、まるで映画からでてきたような衣装で現れた梅沢に、会場一気に賑やかな雰囲気になりました。​

MCの滝川から、本作の感想や共感を得たシーンを聞かれると、
梅沢さん:本当に良い映画!久しぶりに痛快した!面白い!あまり映画もドラマも観ないが、この昭和60年代を舞台にした映画は半端じゃない!昔はじっくり作品を観せるのが時代として、任侠映画の主流だったけどね。この作品は圧倒的にテンポが良い。話が深い!

と本編の感想を熱く語りました。

梅沢さん:このままだと俺が全部話しちゃいそうだけれど、とにかくこの映画は理屈じゃねえんだ!世の中理屈じゃねえんだよ、というのがこの映画の核になっている!

とその出来に太鼓判を押しました。

映画情報どっとこむ ralph また、この映画にでてくる昭和の男と、平成の男の違いを問われると、役者というところで

梅沢さん:昔の役者は、今とは質が違う。役者は浮世の中で生きていけない、別の生き物だという認識があったし、豪遊していたよね。

と当時を語り、
梅沢さん:今はマスコミに色々言われてしまうから、芸能界の人間もどんどん小さくなっていっている。器のでかい奴が出てくるといいね。

と規格外の若者が現れることへの期待を述べました。そして本作の登場人物同様、いつまでも格好良い梅沢さんにその秘訣をきくと

梅沢さん:モテたいから身体を鍛えた!20代の共演者の子たちに“格好良くなったね”と言われたり、原宿へ行ったときに若い子に“格好良い!”と言われるのが嬉しい。声と筋肉は歳をとらないって本当だね。

と最近のRAIOOOエピソードを語ってくれました。​

映画情報どっとこむ ralph さらに“女性の口説き方”を問われ

梅沢さん:必勝法はない!

としながらも

梅沢さん:女性の嫌がることをしないこと。下心があるからこそ誠意を見せる。一番女の子たちに使ったのは、“ラーメンを食べたい”“カニを食べたい”と言われたら北海道へ連れていくこと。何でだと思う?帰れないから!

と梅沢流の女性の落とし方を披露し、会場からは大きな笑い声が上がりました。
最後に・・・

梅沢さん:警察じゃけえ何をしてもええんじゃ、という映画のキャッチコピーがあるけれども、何故そんな行動をとったのか、最後まで映画を観るとその理由がわかるので、ぜひ注目しながら観てほしい。特に松坂くんが良い演技をしている!この映画で松坂くんを使ったのが成功!彼の今までのイメージと全く違ったものが観れる!楽しんで観てください。

と観客へメッセージを送り、映画への期待を膨らませた観客の盛大な拍手に包まれたまま、イベントは幕を閉じました。​
映画情報どっとこむ ralph 記者:この映画は任侠・警察・バイオレンス物ですが松坂桃李演じる日岡の成長物語。
チョット怖いですが、見逃すのは損な映画です。

​映画『孤狼の血

5月12日(土)ROADSHOW

公式HP:
www.korou.jp​

【ストーリー】​
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。​
第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!​

***********************************

【キャスト】
役所広司 松坂桃李
真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 ​

石橋蓮司 ・ 江口洋介 ​

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊) 
監督:白石和彌 
脚本:池上純哉 音楽:安川午朗 
撮影:灰原隆裕 
照明:川井稔 録音:浦田和治 
美術:今村力​

企画協力:株式会社KADOKAWA 
製作:「孤狼の血」製作委員会 
配給:東映 上映時間:126分 
©2018「孤狼の血」製作委員会
     


リン・ラムジー監督来日『ビューティフル・デイ』ジャパンプレミア&ティーチイン


映画情報どっとこむ ralph リン・ラムジー監督6年ぶりの新作である『ビューティフル・デイ』が6月1日より公開となります。

本作は、2017年カンヌ国際映画祭コンペティション部門で男優賞(ホアキン・フェニックス)と脚本賞(リン・ラムジー)をW受賞したハードボイルド調のクライム・スリラーというべき物語。

唯一無二の感性が息づく演出、演技で映像化し、観る者にジャンルの枠をはるかに超えた映画体験をもたらす衝撃作!

日本での公開を控え、本日17日(火)にリン・ラムジー監督が来日し、ジャパンプレミアが行われ、ティーチインも行われました。
日時:4月17日(火)
場所:新宿バルト9 スクリーン2 
登壇:リン・ラムジー監督

映画情報どっとこむ ralph Q.本作は4/6(金)にアメリカでも公開となり大ヒットを受け拡大公開されると伺いました。アメリカでの反応はいかがでしたか?

ラムジー監督:本当に素晴らしい反響を得て、とてもポジティブなフィードバックをいただいています。先に公開されたイギリス国内でもかなり好評で、アメリカのサンダンス映画祭でこの作品を観てもらった時も素晴らしい反響をいただきました。映画を観ながら音楽にあわせて足を鳴らし、作品に没入する方もいたので、この映画祭でそれだけ良い反応をいただいたという事は、アメリカでの反応も良くなるという予兆だったと思います。

Q.ホアキン・フェニックスについて

ラムジー監督:この作品は私たちにとっても特別な作品でした。ホアキンのスケジュールの関係で、急に撮影出来ることになり、睡眠もほとんどとれない過酷な現場でした。クランクイン間近なのに脚本は完成していないし、さらにその脚本も20ページカットしなければいけなかったり、夏場のとても暑いニューヨークで撮影したりと、通常であればクランクアップ後はしばらく寝ていたいと思うような時間でしたが、今回は終わった時に本当に寂しくて、もう一本映画をつくろう、と思わず言い合うような現場でした。先週行ったロサンゼルスでのプロモーションにはサプライズでホアキンが来てくれました。彼がプロモーションに参加する事はこれまでなかったので、皆にとっても、私にとっても本当に嬉しかったです。大作映画が席巻している映画業界の中で、こういう小さな映画を彼がサポートしてくれる事も嬉しいことです。今回の来日の話をしたら、「僕も行きたい!」と言っていたので、もしかしたら客席に隠れているかもしれませんね(笑)


Q.本作の時代設定は現代ですが、携帯電話やパソコンを持った人物が登場しない事に何か意図がありますか?

ラムジー監督:ホアキンとも話して、テクノロジーは避けて人物を描こうと決めました。そもそもガジェットを持つようなキャラクターではなく、自分の人生でありながら幽霊のように生きている男性なので、自分を追う事ができるようなテクノロジーを避けているキャラクターだと考えたわけです。テクノロジーから離れて生きるのは難しい時代ではありますが、彼は幽霊のような存在だと考えてもらえればと思います。

Q.カメラが水平かそれより下からいつも撮影していましたが、どういった意図があったのでしょうか?

ラムジー監督:キャラクターと寄り添った感覚で撮りたいと考えたので、ニューヨークという街自体を背景にしようと思いました。なので、よくある高層ビルの輪郭や空撮したようなカットは入っていません。常にジョーという存在と共にある、何よりもキャラクターと同じ高さで撮るという事にこだわった結果だと思います。 私の長編デビュー作の『ボクと空と麦畑』の時と同じカメラマンが撮ってくれたんですが、きっと何かこだわりがあるんだと思います。


Q.ほとんどの暴力描写が、暴力そのものではなく、何かが起きた後を描いていましたが、元々撮影していた暴力的なシーンを編集したのでしょうか、それとも初めから敢えて暴力描写を避けて撮ったのでしょうか?

ラムジー監督:今回は29日というタイトな撮影スケジュールだったので、最初から決め込んで撮影に入り、追撮も一切しませんでした。暴力描写については、どうしても陥りがちなパターンがあるし、今回はそういったパターンは避けたかったんです。映像を観てもらえれば何が起こったのかは明らかなわけで、逆に観客に想像してもらう余地も生まれるというアプローチにしました。主人公のジョーは他人に暴力をふるう事が機械的になっている男ですが、自分の歯を抜くなどパーソナルな暴力シーンもしっかり見せています。編集作業も撮影と同じくらい時間がなかったんですが、最初からすべてをそぎ落として、なるべく正確無比に画を繋いでいこうと進めました。実は、今回初めてデジタルで撮影したんですが、今までフィルムで撮ってきた時と同じように、デジタルであっても何テイクも撮らないように心がけました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に観客に向けて何度も繰り返し

アリガトウゴザイマス。

と日本語で感謝を伝え、イベントは終了した。

ビューティフル・デイ

6月1日(金) 新宿バルト9 ほか 全国ロードショー

孤独な男と全てを失った少女。

その日、壊れた2つの心が動きだす―
元軍人のジョーは行方不明の捜索を請け負うスペシャリスト。ある時、彼の元に舞い込んできた依頼はいつもと何かが違っていた。依頼主は州上院議員。愛用のハンマーを使い、ある組織に囚われた議員の娘・ニーナを救い出すが、彼女はあらゆる感情が欠落しているかのように無反応なままだ。


そして二人はニュースで、依頼主である父親が飛び降り自殺したことを知る

映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本・製作:リン・ラムジー

1969年12月5日、スコットランド・グラスゴー出身。(48歳)

イギリス国立映画テレビ学校の卒業制作として制作した短編『Small Deathes』(未)で、96年度カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。監督第2作目の短編『Kill the Day』(96/未)はクレルモン・フェラン国際短編映画祭で審査員賞を受賞。第3作目の『Gasman』(98/未)で再びカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞、加えて英国スコットランドアカデミー賞の最優秀短編賞に輝いた。
長編映画デビューとなった『ボクと空と麦畑』(99)はカンヌ国際映画祭ある視点部門で上映され、エディンバラ国際映画祭ではオープニングを飾り、ガーディアン新人監督賞を受賞。批評家を中心に絶賛され、数多くの賞を獲得し華々しい監督デビューを飾った。長編2作目の『モーヴァン』(02)では、02年度カンヌ国際映画祭のCICAE賞とユース賞を獲得。美しき母子の歪んだ関係性をサスペンスフルに描いた長編第3作目『少年は残酷な弓を射る』(12)でもロンドン映画祭作品賞受賞を始め、主演を務めたティルダ・スウィントンのヨーロッパ映画賞とナショナル・ボード・オブ・レビュー賞での主演女優賞受賞、さらには英国アカデミー賞での各賞ノミネートなど各映画賞を席巻した。本作は『少年は残酷な弓を射る』以来6年ぶりの新作となる。

***********************************

出演:ホアキン・フェニックス(『her/世界でひとつの彼女』)ジュディス・ロバーツ、エカテリーナ・サムソノフ
監督・脚本:リン・ラムジー(『少年は残酷な弓を射る』『モーヴァン』)
音楽:ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)
原作:ジョナサン・エイムズ「You Were Never Really Here」
2017年/イギリス/英語/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/90分 【PG-12】
提供:クロックワークス、アスミック・エース 
配給:クロックワークス
© Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.
© Alison Cohen Rosa / Why Not Productions


『亜人』Blu-ray・DVDの豪華版に収録メイキング映像を一部特別公開


映画情報どっとこむ ralph 「踊る大捜査線」シリーズ、「SP」、「PSYCHO-PASS」など、数々の大ヒット作品のメガホンをとり、王道エンターテインメントの可能性を切り開いてきた本広克行監督とその類まれなる身体能力で不可能と呼ばれてきた数々のアクションを成立させてきた佐藤 健というタッグが送る誰も見たことがない、壮絶な新感覚アクション大作映画『亜人』のBlu-ray&DVDが4月18日(水)に発売となります。

Blu-ray&DVD豪華版の特典ディスクには、佐藤 健、綾野 剛、城田 優、川栄李奈、本広克行監督といった豪華な面々が集結したビジュアルコメンタリーが収録されるほか、貴重なメイキング映像やイベント映像集などここでしか見ることができない特典映像が満載です。

この度、Blu-ray&DVDリリースに先駆けて、Blu-rayおよびDVDの豪華版に収録されるメイキング映像を一部特別公開です!



映画情報どっとこむ ralph ある日突然“亜人”である事が発覚し、国家から狙われる逃亡者となってしまった 主人公<永井 圭>役を演じた佐藤は、撮影初日を終えて、「いよいよ始まった なという感じです。しっかりと準備をすることができたので、あとは僕たちがやるだけ。 なんとかいい作品に仕上げたいですね」と意気込みを語る。一方、永井と死闘を 繰り広げる「最強・最恐・最凶」な不死身のテロリスト<佐藤>役を演じる綾野は、 「なかなか難しい役どころだなと改めて<佐藤>の偉大さというか大きさにねじ伏せられそうな感じがしています」と恐縮している様子。それでも綾野は「みなさんの 協力を得て、なんとかなっています」と笑顔をのぞかせた。 「首を切ったり、高いところから飛び降りたり、死なないからこそ、できることしかない アクション」と佐藤が語るように、本作では絶対に死なない“亜人”同士の終わら ない【エンドレス・リピート・バトル】が繰り広げられる。高いところから飛び降りる シーンでは、佐藤自らがワイヤーアクションを担当し、華麗なアクションを披露。 ワイヤーアクションでは、躍動感あるアクションを撮影するため、カメラマンが佐藤の動きにあわせて後ろ向きに建物から飛び降りるというアクロバティックな撮影方法が 取られていたことも明らかになっている。撮影を終えると、本作でアクション監督を 担当している大内貴仁は、佐藤のワイヤーアクションを「これは本人がやっている ことはあんまりないですよ」と絶賛。類まれなる身体能力を持つ佐藤とスタッフの阿吽の呼吸によって本作の迫力あるアクションが撮影されていることが映像から見て取れる。


続けて、映像的な説得力を自身の肉体によって持たせるべく、筋肉のパンプアップを行ったという綾野は「ベンチプレスやダンベルとかを 使って、奥底にあるものを引き起こす」とコメント。そんな綾野を本広監督は「彼があそこまで追い込んで、一生懸命やるから、全 スタッフ・全キャストに余波がいっていますね」と絶賛している。

映画情報どっとこむ ralph
亜人

4月18日(水) Blu-ray&DVD発売
Blu-ray&DVD 好評レンタル中

■Blu-ray豪華版 6,800円+税
■DVD豪華版 5,800円+税
■DVD通常版 3,800円+税

発売元:東宝・講談社 販売元:東宝
(c) 2017映画「亜人」製作委員会 (c)桜井画門/講談社
***********************************