「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

二階堂ふみら通な著名人からコメント!『泣く男』


『泣く男』がいよいよ10月18日(土)日本上陸。

公開まで1か月を切り、本作を一足先にご覧になった各界著名人の絶賛コメントが到着!

さらに
スイーツ(パティスリースワロウイテイルアネックス)カクテル(日比谷Bar)とのタイアップ決定しました!

泣く男
角界著名人から絶賛のコメントが届きました!ツウもハマるこの面白さを、ぜひ劇場で確かめてください。

二階堂ふみ(女優/『グランドジャンプNo.20』)
こんなにも突き抜けたクオリティ、そして作品に賭ける本気度にある種のショックを受けました。

崔洋一(映画監督)
キラーは哀しみと尊厳の海に漂う。
この物語は、ただ、ひたすらにチャン・ドンゴンの憂いを凝視することに残酷な美がある。

深町秋生(ミステリ作家)
非情な掟と運命に抗う者たちの、魂の慟哭が克明に描かれている。情念をまとった大量の銃弾と、哀しき肉弾戦に打ちのめされた。

横山昌義(「龍が如く」シリーズプロデューサー/脚本・演出)
金が有る不幸に無い不幸。だが最後に人を満たしてくれるのは人。
重厚なドラマが激しい肉弾戦、銃撃戦、情報戦の中で描かれた奇跡の作品。

神山健治(映画監督)
孤独な男が少女の命を奪った代償に命をかけて闘う姿が胸に迫る。
物語の後半、チャン・ドンゴン演じる殺し屋が、その行動の理由を一言つぶやく。
切ないその一言に注目せよ。

ピーコ(ファッション評論家)
冷徹な殺し屋が故郷に戻り、情けに動かされての戦いの描写に圧倒され、見終わった時、口がきけなかった。チャン・ドンゴン、凄い圧巻!

(順不同・敬称略)

泣く男_sub3
ゴンの一言グランプリ キャンペーン開催!

主人公は、罪を背負いながら任務に身を投じる孤独な殺し屋ゴン。
贖罪と任務に挟まれ、心の葛藤に揺れ動く<ぶれる男>。
泣く男ポスター 「かっこいい!」と大好評を博しているモノクロのポスターでは、銃を片手にたたずむゴンの姿に、背負った哀しみの深さも感じ取れる「男のカタルシス」にあふれたものになっている。俯きがちなゴンが見つめているものは、何なのか。その視線の先にあるものはーーーー?

じっと一点をみつめながら、ゴンはなんて言っているのか?

さあ、あなたの想像力をフルにかきたてて、これぞ!と思う一言を送ってください。

抽選で100名様にamazonギフト券をプレゼント!
期間: 9/24~10/17
応募方法 公式アカウントをフォロー⇒セリフをツイートして応募
※詳細は『泣く男』公式サイトnakuotoko.jp まで

抽選で100名様にAmazonギフト券500円分をプレゼント!

R15+のアクション映画とコラボしたら、こうなった!
スイーツ(パティスリースワロウイテイルアネックス)カクテル(日比谷Bar)とのタイアップ決定!


【スイーツ】パティスリースワロウテイル アネックス

泣く男ケーキ美味しい紅茶やスイーツを豊富に取り揃え、優雅な時間を満喫できる執事喫茶Swallowtaillのパティシエが手掛けるカフェ。伝統的なフランス菓子の製法をもとに厳選素材を使用した洋菓子が人気と、どう考えても「R15+」「アクション映画」とはイメージが重ならないカフェが、無謀にもコラボを挑戦! 実写映画とのコラボは初めてだが「ハードであり繊細な作品のイメージが伝わるように」と気合をいれて完成させたコラボスイーツとは・・・・?

期間:10/11(金)~31(金)
場所:パティスリースワロウテイル アネックス(新宿マルイ アネックス6F)

<『泣く男』ケーキ>
ほろ苦いコーヒーのムースをベースに、ゴンの身体に刻まれたタトゥーをプリントしたチョコと十字架、ヒロインのモギョンをイメージした赤いイチゴをのせたケーキ。口の中で広がる美味しさに泣けてくる

<『泣く男』クッキー>
映画のタイトルロゴと、ゴンの体に刻まれたタトゥーの文字をプリントした2枚組。タトゥーは、ゴンが自らの「仕事」の記録を刻んだもの。一口かじれば、あの時の記憶が・・・。

【カクテル】日比谷Bar

日比谷Barカクテル小BARを文化として発信していくことを使命として、またBARという豊かな文化を育む“場”として発展すべく、日々精進をポリシーとしている、落ち着いた雰囲気のbar。『泣く男』の衝撃の冒頭銃撃戦を彷彿させる本格的なBarが、コラボに挑戦!

期間:10/1(水)~31(金)
場所:日比谷BAR 都内17店舗

<Plum梅酒>
潜伏先の廃墟でみつけた酒。ゴンいわく「しびれるほど甘い酒」

<Danny Boyダニーボーイ>
子供を失った親の悲しみを歌ったアイルランドの民謡。ゴンの標的であり、贖罪の相手でもあるモギョンの切ない歌声を思い出しながら、一杯。

<Blue Sky青空>
ゴンが思い出の場所で窓から見上げた空をイメージ。その空は泣けるほど青かった。

『アジョシ』監督イ・ジョンボムが描く、もうひとつの男のカタルシス

その殺しの報酬は、贖い。完璧だった殺し屋が犯した、ただ一つの過ち。

逃れようのない罪に自ら課したラスト・ミッションとは―

『泣く男』

10/18(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国公開
公式サイト: nakuotoko.jp

********************************************************************


『泣く男』
監督・脚本:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』
出演:チャン・ドンゴン『ブラザーフッド』
    キム・ミニ 『火車 HELPLESS』、『恋愛の温度』
    ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、『ウルヴァリン:SAMURAI』
    キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』
2014年/韓国/116分/R15+
©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
 
 


『ポイントブランク 標的にされた男』試写してきました


『ポイントブランク 標的にされた男』試写してきましたよ!

観てきたのは、韓国映画。

ポイントブランク-標的にされた男
突然起きた謎の殺人事件をきっかけに、容疑者に仕立てあげられた元傭兵。

彼を助けた医師。

そして2人を追う刑事。

正体不明の組織。

四つ巴のノンストップ・クライム・サスペンス『ポイントブランク 標的にされた男』が11月15日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開されます。

物語は・・・

ある夜に起きた一つの殺人事件。
その場に居合わせた元傭兵ヨフンは、何者かに銃撃され病院に運び込まれる。そして、彼を治療した医師デジュンは突然、妻を誘拐される。そこへ、“妻を助けたければヨフンを連れ出せ” という謎の男からの電話。テジュンは自分と妻の身に何が起きたか分からないまま、ヨフンを病院から連れ出そうとする・・・

その瞬間から二人は“標的”となった。

試写感想ですが・・・

まず、チョン・チョルホンさん、チョ・ソンゴルさんによる脚本が素晴らしいです。

緊張感、疾走感、派手なアクション。
行き詰まる36時間を、登場人物の其々の性格を伝えながらも102分の中にキッチリ描いています。

そして、ミュージックビデオで定評のあるチャン監督による演出は、アクション・銃撃にも人物像がみえてきますし、リズム感がある展開は人間ストーリーが真にあって、それをアクションで魅せる感じで好印象です。

この手のクライムサスペンスは韓国がのってますよね。

さらに、主役の元傭兵(リュ・スンリョン)がイケメンじゃないとこや、奥さんを拉致されたお医者さん(イ・ジヌク)はかっこいいけど、その行動は普通の人なのがリアル。日本の映画だと“大人の事情”でかっこよくしてしまいそうですけど。映画を面白くするために徹してますよね。

そして、なんと言ってもこの映画を一つ締めているのがキム・ソンリョンさんが演じる女性警官の存在。余り書けないですけど。

ポイントブランク-標的にされた男sub1
ほんとに・・・えー・・・なエピソード満載。
最後の最後まで。

『ポイントブランク 標的にされた男』

が11月15日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開されます。

アクション、サスペンス好きな方、必見だと思います。

公式HP: http://pointblank-movie.jp/

********************************************************************


『ポイントブランク 標的にされた男』
監督:チャン『コ死:血の中間考査』
脚本:チョン・チョルホン、チョ・ソンゴル
出演:
リュ・スンリョン『王になった男』 
イ・ジヌク『怪しい彼女』 
ユ・ジュンサン『フィスト・オブ・レジェント』 
キム・ソンリョン『逆燐』
2014年/韓国/102分/シネスコ/5.1chサラウンド/日本語字幕:福留友子

提供:CJ Entertainment/配給:CJ Entertainment Japan
 
 


園子温監督作品、過去最高のスタート『TOKYO TRIBE』


常にセンセーショナルな作品を放ち続ける園子温監督が挑む最新作は、近未来の”トーキョー”を舞台に、ストリートギャングたちが大暴れする

『TOKYO TRIBE』

8月30日に公開初日を迎え、園子温監督作品、過去最高の興収で公開スタートしました!

8月30日TOKYO TRIBE初日舞台挨拶
8月30日TOKYO TRIBE初日舞台挨拶

公式サイト:http://tokyotribe-movie.com/

主演には、肉体っちゃこの方=鈴木亮平と、本職がHIP HOPアーティストのYOUNG DAIS。

ヒロインに大抜擢された清野菜名の他、佐藤隆太、染谷将太、でんでん、窪塚洋介、竹内力、大東駿介、石田卓也、市川由衣、叶美香、中川翔子、といった同じスクリーンには二度と収まらないであろう豪華キャストでお贈る前代未聞!

世界初!のバトル・ラップ・ミュージカル。

TOKYO_TRIBE
今週末も、鈴木亮平さんと園監督が出演するTBS「ぴったんこカンカン」や日本テレビ「未来シアター」など公開後も大量の露出があるそうです!

TOKYO_TRIBE_main
そして!

今週末9月4日開催、第39回トロント国際映画祭にも期待! 昨年の『地獄でなぜ悪い』で<観客賞>を受賞した部門【ミッドナイト・マッドネス部門】でのオープニング上映されます!

園子温監督『希望の国』『地獄でなぜ悪い』につづき、3年連続受賞の快挙なるか!? 世界初のバトル・ラップ・ミュージカルは、世界でどう評価されるのか!?

映画祭には、園子温監督、YOUNG DAIS が参加予定です!

第39回トロント国際映画祭
【ミッドナイト・マッドネス部門】オープニング上映
会場:Ryerson Theatre 
トロント現地上映日時:9月4日(木)23時59分~
 (日本日時:9月5日(金)12時59分~*午後)

********************************************************************


近未来の “トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。

TOKYO TRIBE ポスタートライブ間の暴動・乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去る。「ブクロWU-RONZ」のヘッドに君臨する<メラ>と「ムサシノSARU」に所属する<海(カイ)>。二人を取り巻く”トーキョー”中のトライブを巻き込んだ、激しく壮絶な一大バトルが今始まる??。累計250万部超、90年代のストリートカルチャーを牽引した井上三太による伝説的コミック「TOKYO TRIBE2」が遂に実写映画化!鬼才・園子温のエッセンスが加わり、新たなる”TT”伝説がこの夏、幕を開ける!

原作:井上三太「TOKYO TRIBE2」(祥伝社刊) 
監督・脚本:園子温  
出演:鈴木亮平 YOUNG DAIS 清野菜名 佐藤隆太 染谷将太 でんでん 窪塚洋介 竹内力 ほか

配給・宣伝:日活 
©2014INOUE SANTA/”TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS    
 
 


リーアム・ニーソンがまさかのLEGOに 『フライト・ゲーム』予告編


9月6日(土)より全国公開となる映画

『フライト・ゲーム』

本作は、高度1万2000mの大西洋上空を飛行する旅客機が舞台となるフライトサスペンスアクションです。

そして、本作『フライト・ゲーム』の予告映像をLEGOブロックで再現した映像が到着!併せて、そのシンクロ率がわかる、驚愕の予告との比較映像が到着いたしました!

フライト×LEGO
映像内では、リーアム・ニーソンはじめ、本予告に登場する全ての人物や本作の舞台となる飛行機はもちろん、小物の一つ一つがLEGOブロックで作られており、役者の表情までもシーン事に作り変えるなど、クオリティの高さが光る緊迫した映像に仕上り。



今回のLEGOとのコラボレーションは、日本でも今年3月に公開された映画『LEGO(R)ムービー』で本作の主演であるリーアム・ニーソンが、顔が半回転するごとに性格が変わる“バッド・コップ/グッド・コップ”の声を担当、米国での公開時期が本作とほぼ同じであったことから、両作のPRの為にと実現したものだそうです。

『96時間』シリーズのリーアム・ニーソン主演世界各国でオープニング興収NO.1続出!!

『フライト・ゲーム』

9月6日(土)、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!
公式サイト: http://flight-game.gaga.ne.jp/

********************************************************************


【STORY】
フライト・ゲーム_ポスタービジュアルNY発ロンドン行旅客機の警備のため、客を装って乗り込む航空保安官のビル。真夜中、彼の携帯に指定の口座に送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺すというメールが届く。

悪戯か本気か半信半疑でいるうちに、1人目の犠牲者が出てしまう。

ビルは乗客を拘束して荷物や携帯を調べるが、何ひとつ手掛かりは見つからない。
乗客名簿を調べた保安局は、「全員問題ない。お前以外は」とビルを疑う。

彼には暗い過去があり、今もある問題を抱えていた。
さらに犯人の指定口座がビルの名義だと判明する。2人目、3人目と犯行は繰り返され、機内の疑惑と緊張感が頂点に達するなか、次のタイムリミットが迫る──!

監督:ジャウマ・コレット=セラ 『アンノウン』、『エスター』、『GOAL!2』、『蝉人形の館』
出演:リーアム・ニーソン 『96時間』シリーズ、『アンノウン』/ジュリアン・ムーア 『ブラインドネス』、『シングルマン』、ミシェル・ドッカリー 『アンナ・カレーニナ』、『ダウントン・アビー~貴族とメイドの相続人~』/ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜は明ける』

提供:ギャガ/ハピネット 配給:ギャガ
原題:Non-Stop/2014年/アメリカ映画/107分/カラー/5.1chデジタル/シネスコ/字幕監修:松浦美奈

(C)2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. – STUDIOCANAL S.A.

 


イ・ジョンボム監督の最新作『泣く男』来日会見



イ・ジョンボム監督の最新作『泣く男』は10月18日公開ですが

プロモーションのため3年ぶりに来日し、8月27日(水)、韓国文化院にて来日会見を実施されました!

監督1_泣く男
では、その模様をご報告!

MC:本作はアクションとドラマが見事に融合した作品となっていますが、『アジョシ』の次に本作を撮ろうと思ったきっかけを教えてください。

イ・ジョンボム監督:この作品はもともと、15年くらい前になりますが、自分が映画学校の学生だった頃に考えていたアイディアです。その時期、“罪の意識”というものに関心をもっていて、小説を読んだり、実践主義の勉強をしていました。そこで、殺せない殺し屋を主人公にすれば、その心の中の激しい感情を表現できるのではないか、と思ったんです。 実際、学生時代にそのテーマで短編映画を撮影しました。

また『アジョシ』を撮ったあとに、自分の作品を振り返ると、これはたまたまなのですが、『熱血男児』、『アジョシ』と、すべて男性が泣いて終わる映画だったことに気づき、そういう映画は、この映画で最後、と思って取り掛かりました。

さらに今回、内面が成長していく男の物語を描きたかった。映画は楽しく観られることも大切ですが、ただ単に観てすぐに忘れてしまうアクションだけの映画でなく、観客が様々な色を感じられる、そして良い思いをもって映画館を出られる作品にしたいと思いました。

MC:チャン・ドンゴン演ずる、主人公ゴンのキャラクターに込めた思いや、ゴン役にチャン・ドンゴンさんを選んだ理由は?

イ・ジョンボム監督:チャン・ドンゴンさんは素晴らしいルックスと繊細な感情表現をもつ俳優です。そしてドンゴンさんも年を重ね、現在40歳すぎですが、本作にはそういう年齢の俳優が必要で、実生活で家庭を持ち、さらに子供を持つ一人の親であることも重要でした。そういう人物であれば、誤って子供を殺してしまい、またその母親をなかなか殺すことができないとゴンというキャラクターを理解することができるのではと思ったからです。加えて、自らも母親に捨てられたという過去を持っている…。殺し屋でありながら、なかなか相手を殺せない、チャン・ドンゴンさんは、そんな複雑な心理構造を持つ役を見事に演じ切ってくれました。

泣く男イベント
MC:チャン・ドンゴンさんは、本作を打診されたときにどんな反応でしたか?

イ・ジョンボム監督:シナリオを読んでもらう前に、一緒にお酒を飲む機会があり、本作の話をしたのですが、そこですぐにOKしてくれました。体力的にもキツイ映画ですよ、と警告もしたのですが、本人はそれでもやりたいと快諾してくれました。実は、ドンゴンさんと私は同じ時期に同じ学校に通っていたという縁もあります。彼はそのとき、すでに大スターでしたが(笑)、でも飾り気ない感じで後輩とバスケを楽しんでいるところをみたことがあって、その時の笑顔が良くて、いつか機会があったら一緒に映画を撮りたい、と思っていました。

MC:銃撃戦のリアルさも本作の見どころのひとつですが、そこにこだわったわけは?

イ・ジョンボム監督:基本的にリアリティのあるドラマが好きなんです。だからハリウッドで描かれるファンタジーにつつまれた殺し屋ではなく、リアルさを求め、ドンゴンさんにはまず銃に慣れてもらおうと射撃を習ってもらいました。そして役作りのために、銃による犠牲者の映像を見てもらったりもしました。

また一番気を使ったのは、アパートでの銃撃戦のシーンです。韓国でも銃を使うということは違法ですので、撮影は難しい面もあり、実は撮影に使ったアパートにスタッフが1か月くらい実際に住み込んで住民の了解をとりました。

MC:本作は男からみてもカッコイイ男を描いていて、非常に面白い。今後も男性にこだわり、映画を撮り続けていくのでしょうか?

イ・ジョンボム監督:前作のウォンビンさんも、本作のチャン・ドンゴンさんも本当にイケメンですよね。私はそんな素晴らしい俳優さんたちと仕事ができる幸運を得たわけで、その幸せを最大限生かそうと思っています。それと実は個人的に女優さんが苦手なんです(笑)。性格的に女優さんとどう話してよいか、どうやって演出してよいかわからない時があって(笑)。でも女性が主人公の作品も、機会があったらトライしてみたいです。

また、主人公が涙を流して、後悔し、懺悔して、あるいは誰かを赦す、というエンディングの映画は個人的にはこの作品で一区切りかなと思っています。映画監督といえども、完成された人間ではなく、色々な作品を撮りながら成長していくものなので、このあとは違うジャンルにも挑戦し、今度はぜひ笑顔で終われるような映画を撮ってみたいです。


『泣く男』

10月18日TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー
公式HP:nakuotoko.jp

********************************************************************



泣く男ポスター<ストーリー>

幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。

ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴン。しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。

そこで彼を待ち受けていたのは、哀しい因縁で結ばれた最後のターゲットと、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だった―。

監督・脚本:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』

出演:チャン・ドンゴン『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』 キム・ミニ 『火車 HELPLESS』、『恋愛の温度』

ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、『ウルヴァリン:SAMURAI』 キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』

2014年/韓国/116分/R15+
©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved