「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

『ベルリンファイル』にコメントが続々


韓国で1月29日に公開されるや、緻密に仕立てられたプロット、強烈で緊迫したアクション、破滅的なロマンスが話題を呼び、“映画史上最高の完成度”との評価を受け、現在700万人以上を動員した『ベルリンファイル』がいよいよ7月13日(土)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほかにて公開です。

先行公開されたアメリカで好評を受けていますが、日本でもその評価は高く、北朝鮮のいまを描いた物語に軍事評論家、小説家などが絶賛!!早くも多くのコメントが届いています。


コメント一覧

●天木直人さん(元駐レバノン特命全権大使、作家)
これは間違いなく第一級のスパイ映画でありアクション映画だ。
何よりも、第一級の悲恋映画である。

●小川和久さん(軍事アナリスト)
男女の愛憎と渦巻く謀略。血の通った人間を通して朝鮮半島の「今」を活写した秀作。面白い。観て損はない。

●木村元彦さん(ジャーナリスト)
南北分断の諜報戦が行なわれるは、
かつて東西冷戦の象徴,今は統一ドイツのショーウインドウ、
舞台にして不足無し。リュ・スンワン、ベルリンを見事に仕切った。

●佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)
北朝鮮のスパイ一人一人の心理に踏み込んでいるところが凄い。
また、イスラエルを守るためならば平気で北朝鮮と汚い取引をする
モサドの工作員が面白い。
国際インテリジェンス戦争の現在(いま)を伝える最高傑作。

●菅沼光弘さん(元公安調査庁調査第2部長)
金正恩への政権交代に伴う過酷な権力闘争に葛藤、その中で義と情に苦しむ北朝鮮秘密工作員の命運に現実を見た。

●田岡俊次さん(軍事ジャーナリスト)
北朝鮮の武器輸出や秘密資金の利権争い、外交官亡命など主題は現実での南北情報機関の謀略合戦は凄味がある。

●手嶋龍一さん(外交ジャーナリスト・作家)
「寒い国から帰ってきたスパイ」で描かれた諜報戦(インテリジェンス・ウォー)が鮮やかに蘇った。かつての冷戦都市ベルリンはいまも各国諜報員が暗躍する主戦場だ。

●テレンス・リーさん(危機管理コーディネーター)
これは現実だ。日本の隣国である分断国家が世界を舞台に繰り広げる暗闘。我々も刮目しなければならない!

●貫井徳郎さん(小説家)
スパイ、亡命、裏切り。
嘘ばかりの世界で、信じられるのがまさかあの人とは。
すごく面白かった!

●辺真一さん(コリア・レポート編集長)
異国のベルリンでも対立、対峙とは!あまりにも悲しく、哀れだ。朝鮮半島の悲劇はいつ終わるのだろうか!?

(五十音順)


そして、本作でハリウッドでも評価され、“次の舞台はハリウッドになるだろう”とまで言われている、リュ・スンワン監督の来日が6月中下旬に決定しています!

7月13日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
『ベルリンファイル』の陰謀はまだまだ止まりません!!

********************************************************************


story
アラブ組織との武器取引現場を韓国情報院の敏腕エージェント・ジンスに察知され、からくもその場から脱出した北朝鮮諜報員ジョンソン。なぜ、このトップシークレットが南に漏れたのか?
まもなく、北の保安監視員ミョンスから、妻ジョンヒに二重スパイ疑惑がかけられていると知ったジョンソンは、祖国への忠誠心と私情の板挟みになり苦悩を深めていく。しかしジョンソンは、まだ気づいていなかった。すでに彼自身までが恐るべき巨大な陰謀に囚われていたことに。
CIA、イスラエル、中東そしてドイツの思惑も交錯し世界を巻き込んだ戦いが“陰謀都市ベルリン”で始まる。 生き残るのは果たしてー

監督・脚本:リュ・スンワン(『生き残るための3つの取引』)
武術監督:チョン・ドゥホン(『G.I.ジョー バック2リベンジ』)
出演:ハ・ジョンウ(『チェイサー』)/ハン・ソッキュ(『シュリ』)/
チョン・ジヒョン(『猟奇的な彼女』)/リュ・スンボム(『クライング・フィスト』)
配給:CJ Entertainment Japan
©2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
公式HP berlinfile.jp



映画『凶悪』9月21日心の闇をみる


映画『凶悪』は、9月21日より全国公開される運びとなったそうです。

本作は、ある死刑囚が告白した警察も知らない殺人事件の真相をたったひとりの雑誌記者が追い求め、驚愕の真実を暴きだしていくというベストセラーノンフィクション「凶悪 −ある死刑囚の告発−」を元に映画化したエンターテイメント作品です。


監督は、反体制的視点から日本社会にメスを入れ続けた映画監督、若松孝二に師事した若松プロダクション出身の映画監督、白石和彌監督。出演は、事件を追う雑誌記者・藤井を山田孝之、獄中から事件を告発する死刑囚をピエール瀧、告発された殺人事件の首謀者をリリー・フランキー、藤井を支える妻を池脇千鶴が演じています。

事件を追求していく過程で描かれる人の心の闇や狂気、正義と悪意がせめぎあう中で極限の人間ドラマが展開して行く作品です。

『凶悪』映画紹介
「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。

そこには驚愕の内容が記されていた。「自分が犯した事件の他に、 数々の殺人事件が在している。さらに、”先生”と呼ばれる事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」

果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?”先生”とは何者なのか?事件の真相を追い求めるジャーナリスト・藤井が辿りつく先に待つものとはー。

山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキーと、個性溢れるキャストのコラボレーションが、正義と狂気がせめぎ合うセンセーショナルな題材でどのような化学変化を起こすのか!?

日本社会に巣くう闇にメスを入れる、今年最大の衝撃作!
映画『凶悪』

9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショーです!

********************************************************************


『凶悪』
出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌
企画協力:新潮社
配給・宣伝:日活
(C)2013 「凶悪」製作委員会
http://www.kyouaku.com


96時間


『96時間』父の愛が、パリの街を暴走する。

リュック・ベッソンが仕掛けるスタイリッシュ・タイムリミット
アクション 『96時間』


【ストーリー】
お前が何者なのかは知らない。何が目的かもわからない。身代金を望んでいるなら、言っておくが、金はない。だが、俺は闇のキャリアで身につけた特殊な能力がある。お前らが恐れる能力だ。娘を返すなら、見逃してやる。だが返さないならお前を捜し、お前を追い詰め、そしてお前を殺す。

18歳のアメリカ人少女キムが、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐された。偶然にもその事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父親ブライアンは、命よりも大切な娘を襲った悪夢のような出来事に、ずたずたに胸を引き裂かれる思いを味わう。しかし、政府の元工作員として幾多の修羅場を潜り抜けてきた彼は、冷静さを失ってはいなかった。追跡可能なタイムリミットは96時間! 異国の極悪犯罪組織に娘を奪われた父親は、自らの手で奪還すべく迷わず闇の世界へ飛び込んでいった!

【キャスト】
ブライアン…リーアム・ニーソン(石塚運昇)
レノーア…ファムケ・ヤンセン(深見梨加)
キム…マギー・グレイス(明石香織)

【スタッフ】
監督:ピエール・モレル
製作・脚本:リュック・ベッソン
脚本:ロバート・マーク・ケイメン




********************************************************************


この映画に関して皆さんの評価をお願いします。(星を押すと投票できます)


邦題は96時間ですが原題は『Taken』
イメージ的には獲物な感じでしょうか?

さすが、リュック・ベッソン製作・脚本!
スピーディーで、息もつかせません。

流石のカメラ・ワーク、見るものに矛盾など考える余裕を与えません。お得意のカーアクションも、知り尽くしたパリが舞台なのでお手の物。


内容は「007」の引退したジェームズ・ボンドが、「ボーン・アイデンティティ」のジェイソン・ボーンのように単独で暴れまわり、娘を救出に向かう!よくあるスタイル。

ですが、そんなスパイ系ヒーローの中で誰よりも、このお父さん容赦ないんです。
躊躇って何?そこが何より良い。
そして、使っている道具類が普通なのも良いんですよね。
僕は好き。

トムクルーズの『アウトロー』もこれぐらい容赦無く、スピード感があっても、いいのにね。
まあ、あれは、古き良きアメリカ映画テイストで、それはそれで良いのですが。


因みに現在公開中の続編はこちら 映画『96時間/リベンジ』
http://www.foxmovies.jp/96hours/

********************************************************************




『アウトロー』興収15億円超え確実の大ヒット


『M:I』シリーズに続く、トムの新ヒーロー、新シリーズに映画ファンが大注目。
古き良きアメリカ映画の匂いもする作品です。ローカル・シェア70% 都市部に偏らず“ジャック・リーチャー”旋風吹き荒れてます!

順調な滑り出しですね。

『アウトロー』
『アウトロー』 大ヒット上映中!
(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

既に全世界で1億9000万ドルをあげ、トム・クルーズの新シリーズとして注目を集めている『アウトロー』(原題“JACK REACHER”)が、2月1日(金)より日本でも321スクリーンで公開され、3日間で3億1983万4000円、動員27万8830人。週末興行で2億2774万4400円、動員18万7422人をあげる大ヒットを記録。

観客は、30代以上の映画ファンを中心に、カップルや夫婦、学生グループなど幅広い層で賑わっているようですが、なにげに圧倒的に年配男性の支持を受け、平日の興行も期待できる観客層となっているそうです。

鑑賞者のリアクションも、トム・クルーズのイーサン・ハントとは異なる“アウトロー・ヒーロー”のクールなかっこ良さや、作品内容も謎解きテイストの面白さに大満足の声が続出していることから、口コミ効果やリピーターも順調に見込めるスタートとなりました。

1月8日に来日し、ファンサービスするトムクルーズ
(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
それにしても、どうして邦題「アウトロー」にしちゃったんですかね?
ちょっと、違う感じ。何だけどな。。。

因みに、2013年の作品群のなかで、『テッド』に続く第2位となる絶好のスタートを飾る成績です!

って、『テッド』凄すぎです。エロ熊がトム様に勝つなんて。。

でも、僕は『テッド』大好き。

********************************************************************



映画『アウトロー』
イギリスの作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説「ジャック・リーチャー・シリーズ」を映画化したアクション大作。街から街をさすらう元軍の秘密捜査官だった男が­、たった一人で悪に鉄拳を食らわすさまを描き出す。『ミッション:インポッシブル』シリーズなどでおなじみのトム・クルーズが孤高の主人公を熱演し、『タイタンの逆襲』の­ロザムンド・パイクらが共演。世界一の無法者が仕掛ける一世一代の大勝負の行方に目がくぎ付け。
(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
http://www.outlaw-movie.jp/

(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

2013年2月1日(金)公開
全国の劇場にて、大ヒット上映中!

配給・宣伝パラマウント ピクチャーズ ジャパン


ワイルド・スピード MEGA MAX


ワイルド・スピード MEGA MAX

全世界でシリーズ最高成績を記録!!
アクションの常識を覆す最強のエンターテイメント!

ワイルド・スピード MEGA MAX



【ストーリー】
指名手配犯のドミニク’ヴィン・ディーゼルと、彼を脱獄させた元FBI捜査官ブライアン’ポール・ウォーカー。“お尋ね者”として追われる身となった彼らは、厳重に張り巡らされた捜査網といくつもの国境を越え、共に南米の地に降り立った。ブラジルの裏社会に身を隠しながら、持ち前のドライビング・テクニックを生かし、超高級車の強奪など命がけのヤマをこなしていく2人。しかし彼らは、逃亡生活から抜け出し永遠の自由を得るために、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを奪うという、あまりにも無謀な最後の賭けに出る…

【キャスト】
ヴィン・ディーゼル
ポール・ウォーカー
ジョーダナ・ブリュースター
ドウェイン・ジョンソン
タイリース・ギブソン

【スタッフ】
製作総指揮:サマンサ・ヴィンセント
監督:ジャスティン・リン
脚本:クリス・モーガン
音楽:ブライアン・タイラー
製作:ニール・H・モリッツ
編集:クリスチャン・ワグナー
撮影:スティーヴン・F・ウィンドン
プロダクション・デザイン:ピーター・ウェナム
http://mega-max.jp/

(C) 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
Artwork and Packaging Design
(C) 2011 Universal Studios. All Rights Reserved.
********************************************************************


この映画に関して皆さんの評価をお願いします。(星を押すと投票できます)



無茶苦茶なストーリーを意見してはいけません。

単純痛快なカー&アクションものを楽しめるかた必見。
僕は。。。。大好き。

原題はFast & Furious  早く、猛烈。

確かに。

********************************************************************