「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

ケヴィン・コスナー『ラストミッション』予告動画到着!


ケビン・コスナー 『ラストミッション』ポスター
ケビン・コスナー
『ラストミッション』ポスター
6月21日(土)より公開、
ケヴィン・コスナー主演最新作

『ラストミッション』

マックG監督とリュック・ベッソンが脚本として豪華タッグを組んだ作品です!

そして!
この度、本作の映像素材初となります、ポスタービジュアルと予告動画が到着いたしましたのでご紹介!



予告動画内容

超一流エージェントのイーサン(ケヴィン・コスナー)は、任務中に倒れ余命3か月と告げられ、余生を家族と過ごそうとパリに住む妻と娘の元へと向かいます。

そこへ謎の女エージェント・ヴィヴィ(アンバー・ハード)が登場し、延命できるという怪しい薬をチラつかせて、イーサンの命と引き換えに、最後の任務<ミッションミッション>を依頼します。

現在59歳のケヴィン・コスナー。本作では、激しい銃撃線や肉弾戦のほか、危険なカーチェイスを披露し全盛期を彷彿とさせる暴れっぷりを見せています!

凄腕CIAのイーサンは、娘のゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)に全く頭があがらず言いなりになってばかり。極秘任務中にも関わらず、ゾーイの誕生日だからと電話をかけ彼女に誕生日の歌を歌うようにせがまれえると、断りきれず歌い出すイーサンの姿はコミカルなのでお見逃しなく!

またヴィヴィを演じるアンバー・ハードは、先日ジョニー・デップと婚約し世界中から注目をあつめる女優です。

劇中では、超セクシーな衣装を身にまといイーサンに任務遂行を迫ります。本映像では、セクシーなボンテージ姿も披露しているので目を奪われること間違いなしです!

『ラストミッション』
あの往年の『ボディーガード』オマージュもある

『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)
6月21日(土)より、新宿バルト9ほかロードショー!!

公式サイト:Lastmission.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/lastmissionmovie
公式Twitter:https://twitter.com/lastmission0621

過去記事:ケヴィン・コスナー『ラストミッション』試写してきた


********************************************************************


『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)

【ストーリー】
余命宣告されたベテランCIAエージェントのイーサンは、残された時間を別れた家族と過ごそうとパリに行く。しかし、空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイとは溝が深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィが、病に効く試験薬を餌に現役最後の仕事を持ちかけてくる。

それは、凶悪で冷徹なテロリストを仕留めなければいけないという史上最高に危険な仕事だった―。

果たして彼は、世界の危機を防ぎながら娘の信頼を勝ち取るという同時進行不可能な究極の<ラストミッション>を遂行する事ができるのか!?

監督:マックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』)
原案・脚本:リュック・ベッソン
共同脚本:アディ・ハサック
キャスト:ケヴィン・コスナー(『カンパニー・メン』『マン・オブ・スティール』『エージェント・ライアン』)、
アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』『ラム・ダイアリー』)、
ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』)、
コニー・ニールセン(『グラディエーター』『パーフェクト・センス』)
(C)2013 3DTK INC.
配給:ショウゲート


ケヴィン・コスナー最新作は『ラストミッション』


6月21日(土)より公開となるケヴィン・コスナー最新主演作
原題『3 Days to Kill』の

邦題が『ラストミッション』に決定です!

そして初の場面写真を解禁となりましたのでご紹介!
今回、到着した画像では、59歳のケヴィン・コスナーのイーサンが、銃を片手に鋭い眼光で敵を睨みつけている姿。アクション・射撃シーンは健在です。

『ラストミッション』
彼が演じるイーサン・レナーは、賢くて危険なベテランCIAエージェント。

ある日、任務中に倒れ医師から告げられたのは、余命3ヶ月。

残された時間を家族と過ごそうと、離ればなれに暮らしている妻と娘に会いに行きます。

そこへ謎の女エージェントヴィヴィ(アンバー・ハード)が延命できる薬を提供する代わりに、凶悪で冷徹なテロリスト抹殺の仕事を持ちかけられます。

イーサンは、ラストミッションとして無謀な仕事を引き受け、そして・・・

この役で、ケヴィン・コスナーは、悪人たちの扱いは慣れているけれども、自分の娘には手を焼く父親の顔も見せています。

マックG監督 × リュック・ベッソン脚本で送る 
パリを舞台に繰り広げられる、エキサイティングなアクション・エンターテインメント

『ラストミッション』

6月21日(土)より、新宿バルト9ほかロードショー!!

公式サイト:lastmission.jp   
公式Facebook: 近日オープン予定   
公式Twitter:@lastmission0621

********************************************************************


『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)

【ストーリー】
余命宣告されたベテランCIAエージェントのイーサンは、残された時間を別れた家族と過ごそうとパリに行く。しかし、空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイとは溝が深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィが、病に効く試験薬を餌に現役最後の仕事を持ちかけてくる。それは、凶悪で冷徹なテロリストを仕留めなければいけないという史上最高に危険な仕事だった―。果たして彼は、世界の危機を防ぎながら娘の信頼を勝ち取るという同時進行不可能な究極の<ラストミッション>を遂行する事ができるのか!?

監督:マックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』) 
原案・脚本:リュック・ベッソン 共同脚本:アディ・ハサック
キャスト:ケヴィン・コスナー(『カンパニー・メン』『マン・オブ・スティール』『エージェント・ライアン』)、アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』『ラム・ダイアリー』)、ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』)、コニー・ニールセン(『グラディエーター』『パーフェクト・センス』) 
配給:ショウゲート (C)2013 3DTK INC.


田中聖レッドカーペットで黄色い声援!沖縄国際映画祭


3月23日(日)に行われました那覇会場、国際通りレッドカーペットイベントに品川ヒロシ監督、田中聖さんが参加しました。メッチャニコヤカな田中さんが印象的です。そして、黄色い声援!で、那覇国際通りレッドカーペットはつつまれました。

これは品川ヒロシ監督の最新作

『サンブンノイチ』が第6回沖縄国際映画祭<3月20日(木)~3月24日(月)開催>のコンペティション部門<Laugh部門>に出品しているからです。

(C)2014-沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピースNAHA_RedCarpet_onethird_2_R
『サンブンノイチ』

●3月23日(日)那覇国際通りレッドカーペット
場所:那覇会場 国際通りレッドカーペット
参加者:品川監督、田中聖さん

サンブンノイチ沖縄国際映画祭田中聖.2
コメント
Q:沖縄に来られて、レッドカーペット歩かれてのお気持ちは!?

田中聖:
楽しかったです!思った以上に気温も、お客さんも熱くって。
楽しかったです!!沢山お越し頂いて感謝しています、
是非『サンブンノイチ』4月1日(火)からなので劇場で観てください!

品川監督:
いや~楽しかった!沢山のお客さんが来てくれて嬉しいですね。
やっぱ聖くんはすごいね。こうき~こうき~キャー!!って。
僕とはついでに握手してるんでしょうね(笑)。
こうき~こうき~あっ品川監督…みたいな (笑)。

Q:まもなく4月1日(火)より『サンブンノイチ』が公開になります、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

サンブンノイチ沖縄国際映画祭田中聖
田中聖:
まずは何より劇場で観てください!
2度3度観ても違う楽しみ方ができますよ。劇場でお待ちしてます。

品川監督:長かったーーー

田中聖:撮影から約一年ですもんね。

品川監督:
一年待ってやっと来た!やっと公開、やっと皆さんに観てもらえるって気持ちでいっぱいです。『サンブンノイチ』すっごい面白いしかっこいい作品です、是非4月1日(火)より劇場で観てください!

(C)2014 沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピース

(C)2014-沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピースNAHA_
『『サンブンノイチ』』

4月1日【(火)エイプリルフール】全国ロードショー
公式HP: www.sanbunnoichi.jp 

過去記事
品川ヒロシの手腕が光る『サンブンノイチ』試写感想

********************************************************************

(C)2014-沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピースNAHA_RedCarpet_onethird_3_R
『サンブンノイチ』

【作品概要】

◆ストーリー
サンブンノイチ_ポスタービジュアル舞台は川崎の仲見世通りにあるキャバクラ“ハニーバニー”。
一発逆転を賭けた銀行強盗に成功、営業前のハニーバニーに駆け込む3人の男たちがいた。
店の売上金を紛失した、店長・シュウ(藤原竜也)、借金まみれのボーイ・コジ(田中聖)、店の常連で破産寸前!?浪速の商人・健さん(ブラックマヨネーズ小杉竜一)。

手に入れた大金はココで3分の1ずつ分け合う…はずだった。
が、数億の金をめぐり内輪揉めが勃発。
更にはこの大金を裏で狙う大物の影が―
謎の女・まりあ(中島美嘉)、闇の帝王・破魔翔(窪塚洋介)、そして川崎の魔女・渋柿多見子(池畑慎之介☆)。果たして大金は誰の手に!?

サンブンノイチ_田中聖
監督・脚本:品川ヒロシ『ドロップ』『漫才ギャング』 
原作:木下半太「サンブンノイチ」(角川文庫刊) 
角川文庫創刊65周年記念作品
キャスト:藤原竜也、田中 聖、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、中島美嘉、窪塚洋介 池畑慎之介☆、木村 了、哀川 翔(特別出演) ほか
テーマ音楽:「Triad」→Pia-no-jaC←
配給:KADOKAWA 吉本興業
(C)2014『サンブンノイチ』製作委員会


一足早いクリスマス!R18+映画『フィルス』で


1年で最もカップルが盛り上がるイベント、ク・リ・ス・マ・ス!!

クリスマス(c)2013-Lithium-Picture-Limited11月16日(土)より絶賛上映中のR18+映画『フィルス』が、まさかの今年No1.クリスマス・デートムービの座をかけ、カップル限定のクリスマス・キャンペーンを実施することになったそうです!

ラッキーなカップルには本作の主人公・悪徳刑事ブルース・ロバートソンも愛用(?)している手錠をプレゼント!!クリスマスモードに浮かれた街並み、話題のクリスマスパーティーシーンなど、今年は『フィルス』をマネして盛り上がりましょう!

■イベント概要

【実施日】
12/4(水)・12/11(水)・12/18(水)

【実施劇場】シネマライズ
http://www.cinemarise.com/theater/access.html


【キャンペーン1】
★カップル割引サービス!
二名でご来場のお客様は お二人で2000円のカップル割引でご覧いただけます。

フィルス|グッズ【キャンペーン2】
★カップル限定プレゼント・サービス!

各日先着6組様には、悪徳刑事御用達アイテム!(おもちゃの手錠)をプレゼント!

『トレインスポッティング』原作者の最新映画化。
英国発★愛と絶望を笑いにするクライム・コメディ!!

『フィルス』は、公開中です!

★公式HP http://www.uplink.co.jp/filth/
★公式FB https://www.facebook.com/FilthMovieJP
★公式TW https://twitter.com/filth_movie

フィルス(c)2013-Lithium-Picture-Limited
********************************************************************


『フィルス』

特技は同僚や友人を陥れるための裏工作と残業の不正申告。ポルノ・売春・不倫・アルコール・コカイン中毒・・・。あまりに最低、あまりに強烈、イカれた刑事ブルース・ロバートソン。街がクリスマスモードに浮かれ出す頃、残忍な日本人留学生殺人事件が起きる。初動捜査では[目撃者はゼロ]。その捜査の指揮を任されたブルースは、この事件で手柄をあげ出世しようと目論む。だが、捜査を進めるにつれ、自分の過去と向き合わなければならなかった。やがて[目撃者とされる謎の女]の存在が急浮上したとき、衝撃の真実が明らかになる!果たして狂気の中、どうしようもない男の人生に明日はくるのか!?

原作:アーヴィン・ウェルシュ
監督:ジョン・S・ベアード
出演:ジェームズ・マカヴォイ、ジェイミー・ベル、イモージェン・プーツ、
ジョアンヌ・フロガット、ジム・ブロードベント、エディ・マーサン
配給:アップリンク パルコ
R18


痛っ『キリングゲーム』試写してきた!


『キリングゲーム』試写してきました!

ロバート・デ・ニーロVSジョン・トラボルタ 初競演にして一騎打ち!!
仕留めるか、標的になるか、史上最狂の”狩り”(キリングゲーム)が幕を開ける!

という、マスコミ向けインフォメーション。

キリングゲーム
ストーリーですが、
舞台はアメリカ東北部からカナダへと広がるアパラチア山脈の大自然。

キリングゲーム旧ユーゴスラビアのボスニア紛争でそれぞれ地獄の戦場を経験した立場の異なる男たち。退役してから家族とも疎遠になり、人里離れた山小屋で独居生活を静かに営む元アメリカ軍人のベンジャミン(ロバート・デ・ニーロ)。そこにセルビア人の元兵士コヴァチ(ジョン・トラボルタ)が現れ、かつて戦場で出会ったベンジャミンに対して”人間狩り”を容赦なく仕掛けてくる。

戦争の凄惨な記憶を封印してきた男と、いまだ戦争を終わらせていない男。彼らは過去に決着をつけるため、世間から隔離された場所で、1対1の孤独な者同士の戦争になだれ込んでいく。

で、ネタばれしないように試写の感想を。

ヨーロッパ最悪とも言われるボスニア紛争。
キリングゲーム戦いアメリカ兵デ・ニーロが遠い地で行った悪行or/and正義に対して、生き残ったセルビア人のトラボルタが復讐を企てるお話。しかも、一撃で殺す。。。よりも、“狩”的要素を楽しんでいくのですが。。。詰めが甘い。

今回、一番思ったのは“痛そう!”あんなことしたらメッチャ痛いよ。の連続です。
戦闘と痛いの観るの好きな人は是非。

この脚本には勿体無いほどの凄い俳優が2人で熱演。
デ・ニーロ70歳が偉く頑張っていて映画としては良いのですが、紛争から18年にしては年取りすぎてるのが気にかかります。

共に15-20歳若かったら良かったのに・・・私的な感想です。

『キリングゲーム』

2014年1月11日(土)、新宿バルト9 他全国ロードショーです。

********************************************************************


『キリングゲーム』
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン(『ゴーストライダー』シリーズ)  
脚本:エヴァン・ドーハティ(『スノーホワイト』)
出演:ロバート・デ・ニーロ(『ゴッドファーザーPART II』)、ジョン・トラボルタ(『パルプ・フィクション』)、マイロ・ヴィンティミリア(「HEROES/ヒーローズ」)
配給:ショウゲート/協力:アミューズソフトエンタテインメント/2013年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/5.1ch/85 分/原題:KILLLING SEASON/字幕翻訳:高橋彩
c2013 PROMISED LAND PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.
配給:ショウゲート