「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

『ミッション:インポッシブル』最新作、遂に始動!


トム・クルーズ主演・製作

『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作<第5弾>

ウィーン、モロッコ、ロンドンで撮影スタートしたそうです!

パラマウント映画は超人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』の最新作<第5弾>をオーストリア・ウィーン、モロッコ、英国ロンドンで撮影を開始します。

監督は『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞脚本賞を受賞し、『アウトロー』では監督・脚本を手掛けたクリストファー・マッカリー。

脚本には『アイアンマン3』『パシフィック・リム』など大ヒットアクション映画を手掛ける気鋭ドリュー・ピアースとテレビゲーム業界出身のウィル・ステープル。そして、監督のクリストファー・マッカリーが手掛けます。

そして、キャストですが

当然、主演イーサン・ハント役にはトム・クルーズ。

共演はベンジー・ダン役にサイモン・ペッグ、ウィリアム・ブラント役にジェレミー・レナー、新たにアレック・ボールドウィンが加わり、スウェーデン出身の新進気鋭の女優レベッカ・ファーガソンも大抜擢!!!

製作にはトム・クルーズ、J.J.エイブラムス。
製作会社はスカイダンス・プロダクション。
という布陣で製作開始となります。

不可能を可能にする男:イーサン・ハントの活躍はいかに

『ミッション:インポッシブル』第5弾

全米、日本では2015年12月に公開を予定だそうです。

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

********************************************************************



チャン・ドンゴン主演『泣く男』試写してきた!


あるたった一つの過ち。。

10月18日公開のチャン・ドンゴン主演
『アジョシ』のイ・ジョンボム監督最新作

『泣く男』

を、試写してきました!

結論から言いますと凄いです。
観る物に迷ったらお勧めです。もちろんチャン・ドンゴン好きははずせない映画です。

泣く男
泣く男ポスター物語は
幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。

ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴン。

しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。

そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。

そこで彼を待ち受けていたのは、哀しい因縁で結ばれた最後のターゲット。
そして、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だった―。

泣く男_sub2ナンなんでしょう。

結構無茶なストーリーですが、そのスピード感と観客を飽きさせない展開。

明らかに海外で売ることを考えたうえでの物語、配役、映像のクオリティな感じがします。凄いです。

泣く男_sub3 戦闘がリアルをということですが・・・
ゾンビか?あんたは?と思うくらいの銃撃戦は、ちょっとやりすぎなところはありますが、エンターテインメント作品としてはありです。

暗く哀しい感じの全体のストーリーの流れをアクション・銃撃戦とうまくからめて、観客を現場に引きずりこみます。

そして最後の戦いへと・・・


イ・ジョンボム監督は「すぐに忘れられてしまうようなアクション映画にはしたくなった」と語っています。

これは、監督にやられたなと。

孤独な殺し屋の心の葛藤と強烈なアクション
オオカミのようなチャン・ドンゴン

哀しき贖罪の行方は、あなたの目で。

『泣く男』

10月18日(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国ロードショー
公式サイト: nakuotoko.jp

注)チャン・ドンゴンの鍛え抜かれた裸のシーン少な目です。



********************************************************************


『泣く男』

監督:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』
出演:チャン・ドンゴン 『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』
キム・ミニ 『火車 HELPLESS』『恋愛の温度』
ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、 『ウルヴァリン:SAMURAI』
キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』
2014年/韓国映画/116分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド
日本語字幕:根本理恵/R15+
配給:CJ Entertainment Japan
 
 


チャン・ドンゴン主演アクション必見『泣く男』予告編解禁


10/18公開!!!
チャン・ドンゴン主演『泣く男』

の日本オリジナル予告編が解禁となりました!


『アジョシ』のイ・ジョンボム監督最新作です。
因みに監督は来週来日するようですよ!

泣く男ポスター今回、解禁となりました予告編。

あるたった一つの過ち。。

組織を捨て命がけの戦いに挑む孤独な殺し屋を演じたチャン・ドンゴンの魅力、監督こだわりの壮絶なアクションシーンの数々。

特に、トカレフ、ショットガン、M4、グロック19、MP5K、38口径、消音器P250などの多様な銃器による、スピード感、緊迫感ある銃撃シーンは、アメリカ特殊部隊の訓練に参加したからなんですって!

『泣く男』前売特典「”拭く男“ファイバークロス」画像また、8月16日(土)より売り出された、全ての汚れを殺し屋のように消し去る“拭く男”ファイバークロスが付いた特別鑑賞券も発売です!
(※一部劇場のみ※数量限定)

「すぐに忘れられてしまうようなアクション映画にはしたくなった」と語るイ・ジョンボム監督が描きだす、哀しき贖罪の行方、そして新たな男のカタルシス。

『泣く男』

10月18日(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国ロードショー
公式サイト: nakuotoko.jp

********************************************************************



『泣く男』

<ストーリー> 
泣く男_sub1幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。
ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴン。しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。

泣く男_sub2これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。

そこで彼を待ち受けていたのは、哀しい因縁で結ばれた最後のターゲットと、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だった―。

監督:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』
出演:チャン・ドンゴン 『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』
キム・ミニ 『火車 HELPLESS』『恋愛の温度』
ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、 『ウルヴァリン:SAMURAI』
キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』
2014年/韓国映画/116分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド
日本語字幕:根本理恵/R15+
配給:CJ Entertainment Japan
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved


緊迫の頭脳戦!ビジネス・サスペンス『パワー・ゲーム』公開決定!


巨大企業の二大カリスマ(CEO)vs企業スパイとなった若手社員
勝つのは野心か?権力か?
緊迫の頭脳戦を描いた痛快ビジネス・サスペンス

リアム・ヘムズワース×ハリソン・フォード×ゲイリー・オールドマン

『パワー・ゲーム』

11月15日(土)新宿ピカデリー他、全国公開決定です!

パワーゲーム
『Paranoia(原題)』(直訳:偏執症)の邦題が『パワー・ゲーム』に決定しました!
 
もしも絶大な権力や富を持つリーダーが利益と野望のみを優先し、邪悪な違法行為に手を染めたらどうなるのか?

ある日突然、産業スパイに仕立てられたひとりの若者の想像を絶する運命を描いて大反響を呼んだジョゼフ・フィンダーの全米ベストセラー小説が、ついに『パワー・ゲーム』として映画化です。

この作品、製作陣の想定をはるかに上回る大物スターが参加したそうです。

その最大のトピックは1997年の『エア・フォースワン』以来、17年ぶりとなるハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマンの共演が実現したことです。ハリソンが、天才的なひらめきを誇り、いかなる相手にも真意を読ませないアイコン社のゴダードを悠然とした存在感で体現。対してライバル会社のCEOを演じるゲイリーは、時に狂気を覗かせるほど辛辣で激情型のワイアットを凄みたっぷりに演じます。

また主人公アダムとヒロインのエマを演じるのは、共に話題作が相次ぐハリウッドの若手注目株。『ハンガー・ゲーム』シリーズや『エクスペンダブルズ2』で活躍中のリアム・ヘムズワースと、私生活ではジョニー・デップの恋人と報じられるアンバー・ハードが、虚飾に満ちたハイリスクな世界で惹かれ合う男と女の関係をロマンティックに魅せています。

そして、豪華キャストの個性を引き出しながらシャープに展開させているのが『キューティ・ブロンド』『ラスベガスをぶっつぶせ』のロバート・ルケティック監督です。

物語ですが・・・

急成長を遂げるIT企業ワイアット社CEOのワイアット(ゲイリー・オールドマン)は宿敵のゴダード(ハリソン・フォード)率いるアイコン社が開発中の新製品の情報を手に入れるため、野心家の若手社員アダム(リアム・ヘムズワース)の弱みを握り高い報酬でアイコン社へ潜り込みスパイ活動を行えという信じがたい指令をだした。やむなくその要求を受け入れアイコン社に潜入しエリート街道にのるアダムは有力情報を手に入れようとするが……。それは恐るべき本性を露わにしたワイアットと巨大な権力者ゴダードとの戦いに挑むことになるのだった。

パワー・ゲームに否応なく巻き込まれていくドラマ。
目の離せないスリルがみなぎっています。

『パワー・ゲーム』

は、11月15日(土)新宿ピカデリーほか全国公開です。

********************************************************************


監督:ロバート・ルケティック
出演:
リアム・ヘムズワース、ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン
アンバー・ハード、リチャード・ドレイファス

原題:Paranoia/2013年/アメリカ/106分/カラー/シネスコ  
(c) 2013 PARANOIA PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
共同配給:東京テアトル ハピネット


『泣く男』引き締まった肉体ポスター解禁


・・・・ 『アジョシ』から4年。
韓国アクション映画の新境地を切り開いたイ・ジョンボム監督、待望の最新作

『泣く男』

が10月18日(土)より公開が決定し、遂にメインポスターが解禁です!

泣く男
前作の『アジョシ』では、情を殺した“ぶれない男”を描いたジョンボム監督。
泣く男_sub1
今回の『泣く男』では罪を背負いながら任務に身を投じる孤独な殺し屋を主人公に据え、心の葛藤に揺れ動く“ぶれる男”を描き出しています。

“ぶれない男”と“ぶれる男”、両作の主人公はジョンボム監督の描く“男の姿”の合せ鏡とも言えます。

泣く男_sub2主人公ゴンを演じるのは、強烈な男性美と圧倒的な演技力を兼ね備えるチャン・ドンゴン。本作のためにアメリカ特殊部隊の銃撃訓練にも参加、5ヶ月にもわたる訓練を経てプロの殺し屋のアクションを体得し、肉体をシャープに絞込んだ、今までのドンゴンとは違う役柄に挑んでいます。

解禁となったメインポスター。
泣く男ポスター引き締まった肉体に彫り込まれたいくつものタトゥー。「その殺しの報酬は、贖(あがな)い」というコピーのイメージそのままに、哀しみを背負っているような表情で俯く男。男性だけでなく、女性の心をもグッと引き込むようなデザインに。銃弾のようなシルバーを基調にしたイメージはこれまでの韓国映画とは一線を引くスタイリッシュな仕上がりとなっており、まさに、男のカタルシスを感じさせるポスターが完成です。

このメインポスターは8月16日(土)より、全国の公開劇場で掲出予定。

『泣く男』前売特典「”拭く男“ファイバークロス」画像また併せて、全ての汚れを殺し屋のように消し去る“拭く男”ファイバークロスが付いた特別鑑賞券の発売も予定しています(※一部劇場のみ※数量限定)。



その殺しの報酬は、贖(あがな)い

『泣く男』

10月18日(土)TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショーです。

公式サイト:nakuotoko.jp

********************************************************************


監督・脚本:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』

出演:チャン・ドンゴン『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』
キム・ミニ 『火車 HELPLESS』、『恋愛の温度』
ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、『ウルヴァリン:SAMURAI』
キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』
2014年/韓国/116分/R15+
提供&配給:CJ Entertainment Japan
©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved