「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

ヒョンビン『コンフィデンシャル/共助』場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、動員数781万人を記録し、2017年上半期韓国映画動員数ナンバー1となり、第21回ファンタジア国際映画祭で最優秀アクション賞を受賞したメガヒットアクションエンターテインメント原題『共助』が『コンフィデンシャル/共助』の邦題にて2月9日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国公開することが決定!

ヒョンビンのアクションシーンなど場面写が到着しました!

まずは、史上初の南北“共助捜査”に挑んだ2人のはずが、ヒョンビン演じる北朝鮮のエリート刑事チョルリョンがユ・ヘジン演じる相棒で韓国の刑事ジンテに手錠をかけられているシーン!早くも仲間割れ?
車にしがみついたり派手なアクションで傍若無人にソウルを駆け回るチョルリョン。
そして熱血刑事ジンテの勇ましいシーンも!銃の玉をすべて落としてしまう!?まさかのミスの後、銃を片手に敵を威嚇します。このピンチをどう切り抜けるのか!
次の画像は今年10月に突然死去したキム・ジュヒョクの画像。
本作ではチョルリョンを裏切る上司ギソンを演じ、第1回ザ・ソウルアワードの助演男優賞を受賞しました。

映画情報どっとこむ ralph そして日本でも大人気のガールズグループ少女時代のユナちゃん画像も解禁!
チョルリョンに一目ぼれしちゃうジンテの姪ミニョンを演じます。
チョルリョンに色々な手でアプローチする一生懸命なミニョンをみんなで応援しましょう!

その他、ハリウッド驚愕のアクションで魅せるヒョンビンが床から銃で狙うシーンや敵を追いかけ街を激走するシーンなど、盛りだくさんとなっています!

映画情報どっとこむ ralph
コンフィデンシャル/共助

原題:공조
英題:Confidential Assignment

公式サイト:kyojo-movie.jp

物語・・・
北朝鮮の刑事イム・チョルリョン(ヒョンビン)は極秘任務を遂行中、上官チャ・ギソン(キム・ジュヒョク)の裏切りにより仲間と妻を殺されてしまう。組織は世界を揺るがす機密を盗み、韓国へと逃亡。それを秘密裏に取り返さなくてはならない北朝鮮はチョルリョンをソウルに派遣する。国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は庶民派熱血刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)を任務にあたらせ、歴史上初の“南北共助捜査”を契約する。しかし、韓国は北朝鮮の真の思惑を探るべく捜査を偽装してジンテにチョルリョンの密着監視を命じていた。かくして出会うはずのなかった刑事コンビはそれぞれの思惑を持ちつつ凶悪な犯罪組織との戦いに身を投じていく。

***********************************

監督:キム・ソンフン 
出演:ヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョク、ユナ(少女時代)ほか
(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
配給:ツイン 2017年/韓国/カラー/デジタル/韓国語124分


木梨憲武=犬屋敷、新宿の空を!!特報映像到着!映画『いぬやしき』


映画情報どっとこむ ralph 「GANTZ」の原作者である奥浩哉が、リアルな日常と現実には有り得ない非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画「いぬやしき」。
コミック、アニメと、注目を浴びて続けている「いぬやしき」が、2018年4月20日、いよいよ実写映画として公開されます!

監督は『GANTZ』のメガホンをとった佐藤信介。
CG・ワイヤーアクションなどの技術を用いて、実写化不可能と言われた数々の原作を見事に映像化し、大ヒットに導いてきた監督が、最新の技術を駆使し、万全の態勢で撮影に臨みました!

そんな映画『いぬやしき』、衝撃の特報映像が、ついに解禁!


木梨憲武は犬屋敷壱郎を演じるに当たり、老けメイクを施して初老のサラリーマン役になりきりました。前半ではそんな犬屋敷壱郎の、仕事でも家庭でもダメダメで、悲壮感溢れるリアルなサラリーマンぶりが映し出されています。

そして後半からは怒涛の展開! 謎の事故に巻き込まれる犬屋敷! 鋭い眼光で敵意を見せる獅子神! 最後は犬屋敷の背中がジェットエンジンのような機械に変形し、新宿の空を飛ぶ!!

前半の“日常”と後半の“非日常”が完全に切り替わる、衝撃の特報映像となっています!


さらに!アニメ「いぬやしき」の21日(木)最終回では、テレビ放送一回限りでしか観られない、特別映像を放送! 今回ご紹介の特報とはまた異なる内容の限定映像、こちらも是非ご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『いぬやしき』

2018年4月20日(金)全国東宝系にてロードショー! 

まもなく定年を迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出すーー。

主人公・犬屋敷壱郎役には、芸人・俳優・アーティストなど、幅広く活動し、映画主演は実に16年ぶりとなる木梨憲武。そして犬屋敷壱郎と同じ能力を持つ大量殺人鬼・獅子神皓役を演じるのは、話題作に次々と出演し、今作で自身初の悪役を演じる若手No.1俳優・佐藤健。

お笑いコンビ「とんねるず」として30年以上芸能界の第一線で活躍する木梨憲武のまさかのキャスティングは大きな話題になり、多くの期待の声が上がっています。

実写化不可能と言われた作品を次々に作り出した佐藤信介監督の実力が垣間見える特報映像となっています!
2018年4月20日、誰も観たことのない“新宿上空バトル”にご期待ください!

***********************************

監督:佐藤信介
『GANTZ』(2011年公開 興行収入:34.5億円)
『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開 興行収入:28.2億円)
『図書館戦争』(2013年公開 興行収入:17.8億円)
『アイアムアヒーロー』(2016年公開 興行収入:16.2億円) など

原作:おく奥ひろ浩や哉
代表作:「GANTZ」(累計発行部数2100万部突破) など

製作:フジテレビジョン
撮影時期:2017年3月~4月末(新宿など、都内にて撮影)
©2018映画「いぬやしき」製作委員会 ©奥浩哉/講談社
     


北原里英卒業発表後初の主演作 白石和彌監督『サニー/32』サントラ発売!


映画情報どっとこむ ralph アイドルグループNGT48・北原里英のグループ卒業発表後初の主演作、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』など話題作を世に送り続ける、白石和彌監督最新作『サニー/32』のオリジナル・サウンドトラックが作品の全国公開に先駆け2018年2月14日(水)に発売することが決定しました。

そして本作の劇伴を担当するのは、TVアニメ「ピンポン」や映画『聲の形』の劇伴も手がけた牛尾憲輔。ソロユニット”agraph”としても活動し、電気グルーヴのライブサポートメンバーとしても活動する注目のアーティストが初の実写映画の劇伴を手掛けた。
さらに元NUMBER GIRLの田渕ひさ子が歌う本作の主題歌「pray」や『南極料理人』『モヒカン故郷へ帰る』の沖田修一監督が歌う劇中歌「もっともかわいいマーダーはサニー」も収録されるなど、映画同様サウンドトラックも話題性に事欠かない仕上がりとなっている。
今回のサウンドトラックに収録される主題歌「pray」に関して、

牛尾憲輔さん:監督から主題歌を頼まれ、歌って頂く方を考えました。作中での赤理の向井に向けた母性的な眼差しや、監督から頂いた”祈り”というキーワードの純粋さを表せる歌声を、と思い、田渕さんにお願いしました。

とコメントを寄せています。

まさに映画の予測不能なストーリー展開が音楽にも反映され、様々な楽曲が本編を彩っている。映画を見た人も、見ていない人も堪能できる内容となりそうだ。

2018年2月17日(土)の全国劇場公開前に一足早くこのサウンドトラックで映画『サニー/32』の世界を体感してみてはいかがだろうか。

リリース情報
映画『サニー/32』オリジナル・サウンドトラック
音楽:牛尾憲輔
2018年2月14日(水)Release

PCCR-00668 \2,500+税
発売元・販売元:ポニーキャニオン 
(C)2018『サニー/32』製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 本作は脚本の髙橋 泉をはじめ、2013年に公開され、国内映画賞を席巻した『凶悪』のスタッフ、キャストが再集結した話題作。「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」と呼ばれ、ネットなどで神格化し世間を騒がせた11歳の少女“サニー”。事件から14年後、仕事も私生活も今一つの中学教師・藤井赤里(北原里英)が、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という“サニー”の狂信的信者から拉致をされ、雪深い山麗の廃屋に監禁されてしまうところから始まる予測不能の物語。

映画『サニー/32』情報

2月17日(土)全国公開  2月9日(金)新潟・長岡先行公開

公式サイト
http://movie-32.jp/

物語・・・
仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理(北原里英)は、24歳の誕生日に2人組の男に誘拐されてしまう。誘拐犯の柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)は、「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ世間を騒がせた少女サニーの狂信的な信者で、赤理を「サニー」と呼んで監禁するのだが……。

***********************************

北原里英
ピエール瀧・門脇麦・リリー・フランキー
駿河太郎 音尾琢真(特別出演)
山崎銀之丞 カトウ シンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門 松永拓野 蔵下穂波 蒼波 純

スーパーバイザー:秋元 康 脚本:髙橋 泉  音楽:牛尾憲輔
監督:白石和彌
(C)2018『サニー/32』製作委員会


藤田玲、荒井敦史、西川俊介、螢雪次朗、甲本雅裕登壇「ボーダーライン」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 12月16日(日)より公開の映画「ボーダーライン」の初日舞台挨拶が行われ、主演の藤田玲、荒井敦史、西川俊介、螢雪次朗、甲本雅裕、渡辺武監督が登壇しました。
かつて窪塚俊介、佐野和真、窪田正孝らが歴代の番長を務め、23本製作された伝説のヤンキー映画「ガチバン」。そして、その「ガチバン」に出演した敵キャラ、山田裕貴が演じた“安藤忠臣”をフィーチャーした闇金映画「闇金ドッグス」。この2作品と同じ世界観で描き、アウトローな荒くれ者に特化したこれらのシリーズを≪AMG・アウトロームービー・ユニバース≫と命名。第三弾として「ボーダーライン」が製作されました。
『ボーダーライン』初日舞台挨拶 概要
日程:12月16日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:藤田玲、荒井敦史、西川俊介、螢雪次朗、甲本雅裕、渡辺武監督

映画情報どっとこむ ralph 主演として作品に参加した感想

藤田さん:お話を頂いた時は、プレッシャーを凄く感じましたが、現場に入ったら素晴らしい名優の皆さんがいらっしゃって・・・
    (金髪姿だった荒井さんを見て)
荒井さん:なんで僕を見るんですか(笑)

藤田さん:クイズ番組とかに出られているのかなぁ・・・

荒井さん:カズレーザーじゃねーよ(会場爆笑)

藤田さん:(仕切り直して)すごく心地のいい現場で、主演だからということは考えずに、皆さんに身を委ねて、皆さんと一緒に作り上げることができました。

撮影で苦労した点について

藤田さん:夏場の撮影でしたので、革ジャンを着ての撮影が大変でした。携帯扇風機を常備していました(笑)。
アクションもハードで殺陣とは違って、リアルな殴り合いだったので、ボロボロになりながら撮影しました。

荒井さん:ガチバン以来、久しぶりに紅井レオとして戻ってこられて嬉しかった。トレードマークである顔のトライバルタトゥーを入 
    れる作業に時間が掛かるので、他のキャストさんより1時間くらい早く現場に入るのですが、苦労という訳はなく、現場戻ってきたなと実感しました。帰ってこれる場所があるというのが本当に嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 現場の雰囲気について

西川さん:荒井さんとは、前に共演したことがあり、藤田さんは、はじめましてでした。一緒にお弁当を食べて頂いたり・・・

藤田さん:それ、普通だからね(会場爆笑)

西川さん:撮影の合間にも気さくに接してくださったので、嬉しかったです。

藤田さん:西川さんは、本当に可愛らしい方なので、役のことを考えなくても接しやすかったです。そういう雰囲気を現場でも出していたので、和気あいあいでした。
 
藤田さんとのエピソードを聞かれ

螢さん:初めて会ったのが、藤田さんが高校生の時で、10年以上前になります。その頃から、礼儀正しく、雰囲気は10代の頃から変わっていないです。僕みたいなおじさんを前にすると共通の話題もないので、距離を置いたりするんですが、藤田さんはそういう感じがなく、僕とラフに会話をしたり。

藤田さん:失礼な奴になっていませんか僕(会場爆笑)。未だに覚えているのが、僕が13歳くらいのときに始めて出演した舞台を螢さんがご覧になっていて、酷い芝居だなと言われ・・・(笑)

螢さん:13歳なのに、凄く目立っていて、凄い印象に残っていました。あの子は凄いなと。他にも主演作品が沢山ありますし、頼もしいし、素敵でよかったなと素直に思いました。

甲本さんとの共演について

藤田さん:甲本さんと芝居について相談させて頂いたり、本当の親子みたいな関係でした。お父さんに話をするみたいに、「ここ、どうしましょうか。」「こうしたら、面白いんじゃないか」などディスカッションしながら芝居ができて楽しかったです。

撮影中のエピソードについて

甲本さん:車が好きで、役柄寡黙に演じなければいけないんですか、車が見えるとちょっとニヤけてしまう(笑)。役に集中できなくなるかもと思ったので、あまり、車を見ないようにしていたんですが、往年の車を見るとやっぱりかっこいいですよね。

藤田さんが書いた主題歌について

藤田さん:中学生のときにはじめた書いた想い入れのある曲でした。アベルの気持ちになってリライトする時にリアリティを持たせたいと思ったので、構想は練りつつ、アベルとして生きた撮影が終わって後に書きました。共演者の皆さんの感情だったり、台詞だったり、アベルとして噛み砕いたときにどうなるのかということを一番に考えました。

最後の一言
藤田さん:この作品は、キャスト、スタッフが命を懸けて作りました。皆さんに届けることができた本当に嬉しいです。本日はお越し頂きましてありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、自動車整備工場で働きながら、あることがきっかけで運び屋をしているアベルが、かつての悪友・紅井レオとの出会いを契機に最悪の事態に巻き込まれていく姿を描くバイオレンスカーアクション。主演のアベルを演じるのは、「牙狼〈GARO〉シリーズ」の1つ「絶狼〈ZERO〉シリーズ」で主役を演じ、舞台やミュージカルで活躍する藤田玲。そして「ガチバン」から史上最も強烈なキャラクター“紅井レオ”を演じる荒井敦史、「闇金ドッグス」からは謎多きキャラクター“ジョン・キヴィマキー”を演じる副島淳が登場!その他、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」でアカニンジャーを演じた西川俊介。遠藤要、蛍雪次朗、甲本雅裕ら名優が脇を固めます。


また、本編に登場する日米の名車“2012 TOYOTA86(D2仕様)”、“HONDA S2000”、“1973シボレー・コルベット スティングレイ”、“1968フォード マスタングなどが暴れまわる弩派手なカーアクションも見所となっております。
***********************************

出演:藤田玲 
荒井敦史 副島淳 西川俊介 遠藤要 螢雪次朗 甲本雅裕
監督:渡辺武 脚本:池谷雅夫
主題歌「BORDERLINE -A side-」DUSTZ(DOLCE STAR RECORDS)企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「ボーダーライン」製作委員会(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
(C) 2017「ボーダーライン」製作委員会 公式HP:http://borderline-movie.com/


激昂の16人斬り『MR.LONG /ミスター・ロン』アクションシーン映像解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、第 67 回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、熱烈なスタンディングオベーションで 迎えられた、話題作『MR.LONG /ミスター・ロン』が12月16日(土)より新宿武蔵野館ほかにて公開します。

台湾の腕利きの殺し屋“ロン”が日本での任務に失敗し、追われた先の村で少年ジュンと母リリー、そしてちょ っと変わった村人たちと出会い、徐々に人間らしさを取り戻すハートウォーミングバイオレンスストーリー。 そしてこの度、ナイフの達人ロンに襲い掛かるヤクザたちを次々に切り伏せていく、怒濤のアクションシーンが解禁!

ジュンと共に家路についたロンを待ち受けていたのは、六本木で殺し損ねたターゲット。
ジャンとその仲間たち。
木刀、ナイフと各々に武器を持ち、ロンへ向かっていくヤクザたち。
ジュンには見えないように目深に帽子かぶせ、ロンは立ち向かう。無表情な男だが静かに怒りを見せるロンは、次々とヤクザを切り伏せる!立ち上がろう とする者も容赦無く後ろからとどめを刺す!ジャンを銃弾の盾にして最後の一人も仕留めたロン。 その視線の先には怯える村人たちと、呆然と立ち尽くすジュン。ジュンと視線があったロンは絶望の表情を見せ る。殺し屋ロンの本領が発揮された、見ごたえあるアクションシーンとなっています!!
映画情報どっとこむ ralph 第 67 回ベルリン国際映画祭出品 SABU 監督最新作はハートウォーミングバイオレンス!!

MR.LONG /ミスター・ロン

12 月 16 日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次公開

公式 HP:https://mr-long.jp/

主人公のロンを演じるのは傑作『牯嶺街 クーリンチェ 少年殺人事件』で主演デビューを飾り、『グリーン・デスティニー』 『レッド・クリフ』などに出演しアート系から大作まで幅広く活躍している、アジアを代表する俳優チャン・チ ェン。 心を閉ざした少年ジュンを演じるのは、オーディションを勝ち抜き今後の活躍が期待されるバイ・ルンイン。ジ ュンの母リリーを演じるのは中国のテレビドラマなどで活躍しているイレブン・ヤオ。そしてリリーの過去の恋 人 賢次を、『たたら侍』にて主演を務めた劇団 EXILE の青柳翔が演じる。監督は衝撃の初監督作品『弾丸ラン ナー』(96) 、『アンラッキー・モンキー』( 97) 、 『MONDAY』( 00)、『蟹工船』(09)、『天の茶助』(15)などを 精力的に発表しつづけ、ベルリン国際映画祭常連の SABU が務める。

物語・・・
ナイフの達人・殺し屋ロン。東京、六本木にいる台湾マフィアを殺す仕事を請け負うが失敗。北関東のとある田舎町へ と逃れる。日本語がまったくわからない中、少年ジュンやその母で台湾人のリリーと出会い、世話好きの住民の人情に 触れるうちに、牛肉麺(ニュウロウミェン)の屋台で腕を振ることになる。屋台は思いがけず行列店となるが、やがてそ こにヤクザの手が迫る……。

***********************************

出演:チャン・チェン 青柳翔 イレブン・ヤオ バイ・ルンイン
監督/脚本:SABU
製作:LiVEMAX FILM LDH pictures BLK2 Pictures 高雄市文化基金會 Rapid Eye Movies
配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2017 LiVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA