「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

葛西紀明選手~ガリットチュウ福島まで『スカイスクレイパー』5大都市ご当地ポスター完成


映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム』、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』、『キングコング:髑髏島の巨神』のレジェンダリー・ピクチャーズが贈るドウェイン・ジョンソン主演映画『スカイスクレイパー』が9月21日(金)より日本公開となります!
この度、全国5大都市から集結した強力すぎる援軍が、燃え盛る超高層ビル”ザ・パール”へと飛び移り、大ピンチなドウェインとともにビルへとしがみつく全国5大都市ご当地ポスター5種が完成しました!

このほど完成した5種類のご当地ポスターは、5大都市から結集した大物たちが燃え盛るザ・パールへ大ジャンプをキメる瞬間、そしてドウェインと共にビルのへりにしがみつく衝撃的な光景を捉えたもの。

北海道版には、日本を代表する”ジャンプの名手”であるスキージャンプ競技のレジェンド・葛西紀明選手が参戦!
世界各地で誰よりも滑空してきている葛西選手といえども未知の領域となる高さに挑むことになったこの撮影について、
葛西選手:いつもは高層ビルの高さに匹敵するフライングヒルのジャンプ台を飛んでいますが、その高さをスキー無しで飛ぶイメージをしながら撮影に臨みました。さすがの僕もこの高さはイメージするだけで怖いですね。スタッフの皆さんと一所懸命撮影しました!

と振り返っています。さすがの美しい飛行姿勢で燃え盛るザ・パールへと乗り込み、決死の形相で家族救出劇をサポートします!

映画情報どっとこむ ralph また東京版は、徹底的にビジュアルを作り込んだモノマネで大人気のガリットチュウ・福島善成が、本作のヒロインである妻・サラ(ネーヴ・キャンベル)に扮し大ジャンプ!
福島さん:ポスターの出来が凄くてめちゃくちゃ驚いてます!扇風機をあて何度もジャンプさせていただきました。近年、あんなジャンプした日はないと思います。次の日、筋肉痛になった甲斐がありました!主人公の奥様役ネーヴ・キャンベルさんのモノマネをやらせて頂きました。一瞬は似てるんですが、びっくり顔は全く似てないですね!申し訳ございませんでした!

と複雑な心境と共にコメントを寄せています。ドウェインパパは、共にビルのへりにぶら下がっているのが本当は妻ではなく日本の誇る芸人だったとしても、きっと必死に救出してくれるに違いありません!

さらに名古屋版は中日ドラゴンズの人気マスコットキャラ・ドアラ。
大阪版は大阪を代表するヒーローとも言うべきシンボルくいだおれ太郎がそれぞれカメラ目線でキメポーズもばっちりのジャンプ。
福岡版は福岡ソフトバンクホークスの人気マスコットキャラ・こふうさんが見つめる中ふうさんがまさかの背面飛びを披露!


1000m超えの史上最大にデカイ建物”ザ・パール”で史上最高にヤバイ家族救出劇に挑む絶体絶命の大ピンチのはずなのに、どこかシュールでホッコリさせられてしまう仕上がりのこのご当地ポスターは、9月中旬より全国の劇場をはじめ様々な施設・場所で順次掲出予定。
映画情報どっとこむ ralph 世界を代表するヒーローであるドウェインに負けじと奮闘する、全国各地を代表するヒーローである彼らの雄姿をぜひ目撃してください!

スカイスクレイパー

公式サイト:
skyscraper-movie.jp

公式Twitter:
twitter.com/JP_Skyscraper

あらすじ
香港、ビクトリア湾の一角に優雅にそびえ立つ史上最大の超高層ビル「ザ・パール」。
元FBI人質救出チーム隊長のウィルはこのビルの98階に家族とともに暮らしている。
ある日ビルのオーナーであるツァオに呼ばれたウィルは、ビルの安全管理システムを24時間以内に分析せよと依頼を受け、ビルのアクセス権限のマシンコードを託されるが…。

***********************************

監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン ネーヴ・キャンベル パブロ・シュレイバー チン・ハン他
原題:SKYSCRAPER
全米公開:7月13日
© Universal Pictures


佐藤流司 主演映画で初主題歌!コメントあり『ダブルドライブ ~龍の絆~』


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル『刀剣乱舞』で注目の俳優・佐藤流司が主演する映画『ダブルドライブ ~龍の絆~』の主題歌が解禁!

楽曲をのせた特別映像が公開となりました!

本作は、車が紡ぐ流れ者たちの生き様を描いたクライム・カーアクションムービー。

多額の借金を抱え、盗難車ビジネスに手を染めた、五十嵐純也(佐藤)が盗んだ高級車のトランクに監禁された美女との出会いを機に思わぬ事件に巻きこまれる様を描く。共演には、AKB48およびSKE48の元メンバー・木崎ゆりあさん、「ごくせん」の脇知弘さん、名優・波岡一喜さん、絶狼<ZERO>の藤田玲さんが顔を揃える。


映画情報どっとこむ ralph 前作「~狼の掟~」と今作の本編をふんだんに収録された特別映像には、佐藤さんがアーティスト「Ryuji」として、結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」の新曲「OVER」が使用されています。


佐藤流司さんからのコメントをどうぞ!

佐藤流司です。
ダブルドライブ~狼の掟~が絶賛公開中ではございますが、ここでもう1つ、私佐藤流司が主演であるダブルドライブ~龍の絆~の公開も迫ってまいりました。龍の絆編に関しては純也の物語が主軸です。純也節MAXの本編、どうぞご期待ください。

そして何と言ってもこの龍の絆編、主題歌はThe Brow Beatが担当させて頂きました。

「OVER」というタイトルには様々な困難と向き合い乗り越えて行く純也だったり、あとシンプルにオレの歌唱力の限界も超えてるので、そういった諸々の意味も含めて「OVER」という曲名にしました。作詞もさせてもらいましたので、是非歌詞も含めてこの超攻撃的なサウンドと、そしてもちろんこの映画を楽しんで頂けたら、と思います。


<楽曲CREDIT>
タイトル:「OVER」
アーティスト名:
The Brow Beat
作詞:Ryuji
作曲:tatsuo
編曲:tatsuo
発売元:
株式会社ユークリッド・エージェンシー

映画情報どっとこむ ralph 佐藤流司 主演『ダブルドライブ ~龍の絆~

は2018年9月22日(土)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開です。

藤田玲 主演『ダブルドライブ ~狼の掟~』大ヒット上映中

公式サイト:
doubledrive-movie.com



過去記事:
藤田玲×佐藤流司×小宮有紗×波岡一喜『ダブルドライブ ~狼の掟~』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/122291


***********************************

出演:佐藤流司 木﨑ゆりあ 脇 知弘 内野 智 波岡一喜 藤田 玲
監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫 
企画・配給:AMGエンタテインメント
主題歌:「OVER」The Brow Beat(ユークリッド・エージェンシー) 
製作:「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会 
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/74分 
(C)2018「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会 


GIANTS×『劇場版シティーハンター』 “Get Wild”を踊るチアダンスで場内も大盛り上がり!


映画情報どっとこむ ralph 原作の発行部数が全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”「シティーハンター」が長編アニメーション映画として復活!2019年2月8日(金)に『劇場版シティーハンター(仮題)』としてスクリーンに帰ってきます!



この度、本作の公開を記念し、本日8月29日(水)に東京ドームで開催された巨人VS広島戦で、GIANTS×『劇場版シティーハンター』のコラボレーションによる「シティーハンターナイター」が開催されました!
この一夜だけのスペシャルイベントでは、先日解禁となったジャイアンツのユニホームを着用した主人公・冴羽獠と相棒・槇村香のコラボビジュアルをデザインしたオリジナルクリアファイル(非売品)が先着来場者1万人に配布され、開場からわずか1時間で全て無くなり、手にしたファン達が試合前から盛り上がっている様子を見せていました。

さらに東京ドーム内のビールカップ(プラカップ)がすべて「シティーハンターナイター」の特別仕様となっており、会場内は「シティーハンター」一色となりました。

さらに今回は冴羽獠役のレジェンド声優・神谷明さんが場内アナウンスを務めており、開場から間もなくすると、「今日は美女がいっぱいいるな~ムフフ」と冴羽獠の声が場内に響き渡り大歓声の中、



「今日の試合は、『劇場版シティーハンター』とジャイアンツのスペシャルコラボ「シティーハンターナイター」。みんな、楽しんでいってくれよ。」と本イベントの開幕を告げました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版シティーハンター(仮題)

新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽獠。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋だが、無類の女好き。

相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして獠を支え成長していきます。
2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描いた北条司による原作は1985年、「週刊少年ジャンプ」で連載開始。
1987年にサンライズ制作、読売テレビ・日本テレビ系列でTVアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作を数える大ヒット作となっています。


ソーシャルメディア公式アカウント:
https://twitter.com/cityhuntermovie

***********************************

原作:北条司
総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」)
脚本:加藤陽一(「妖怪ウォッチ」)

キャスト:神谷明、伊倉一恵、一龍斎春水、玄田哲章、小山茉美

チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦
キャラクターデザイン:高橋久美子

総作画監督:菱沼義仁
美術監督:加藤 浩(ととにゃん)
色彩設計:久保木裕一
音響監督:長崎行男
音響制作:AUDIO PLANNING U
音楽:岩崎 琢
編集:今井大介(JAYFILM)
アニメーション制作:サンライズ
配給:アニプレックス
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会


藤田玲×佐藤流司×小宮有紗×波岡一喜『ダブルドライブ ~狼の掟~』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「絶狼<ZERO>」の藤田玲主演、『刀剣乱舞』の佐藤流司、『ラブライブ!サンシャイン!!』の小宮有紗が共演する、映画『ダブルドライブ ~狼の掟~』が8月25日(土)よりシネマート新宿ほかで公開となりました!

その公開を記念しまして、キャストを招いた初日舞台挨拶を実施いたします。


初日舞台挨拶
日程:8月25日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:藤田玲、佐藤流司、小宮有紗、波岡一喜

映画情報どっとこむ ralph 立ち見もいる観終えたばかりの観客の拍手の中現れるキャストの4名。

藤田玲さん:今日は短い時間ですが一緒に楽しみましょ!

佐藤流司さん:今日はよろしくお願いします

と、挨拶。波岡さんは今日は60%の声の調子とのこと。

映画情報どっとこむ ralph ボーダーラインから引き続きの主演の藤田さん。

藤田さん:アベルと言う役をもう一度できるのは幸せ。そして、今回バディを、ミュージカル界から凄い方。流司と・・・。嬉しく思っています。バディーとして続ける第一歩になる作品かなと想っています。作品いかがでしたか?(大拍手)

今回運転するシーンも多く

藤田さん:今回は、ちゃんと自分で運転しています。GT-Rの運転楽しかったですね。
と、楽しんだ裏では何カットも同じシーンを撮るため、セリフとギアの位置などがつながるように覚えておくのが大変だったと語る藤田さん。また、となりに座っていたのが佐藤さんで、楽しかったと言います。

藤田さん:今回流司ボコボコにされるじゃないですか。そんな龍二が観られるなんて。ミュージカル業界は最強の方が多いので。

佐藤さん:自がやってきた中で、今回最弱ですね。地に足ついてない役。自由にやれて良かったですね。毎日、玲さんのマネージャーさんの車で帰って、毎日飲んで帰りました。

マネージャーさんの車の中で飲んで帰ったらしく、スルメの匂いが!!!

佐藤さん:波岡さんがいらっしゃった日に、昼食を一緒にして・・・貯金の話をしました!
と、生々しい話をしたと笑顔で語る佐藤さん。

映画情報どっとこむ ralph 紅一点のとMCが言うと

佐藤さん:紅一点と言えば俺ですね。

と、赤井革ジャンをアピール。するも、本当の紅一点の小宮さん
小宮さん:見た目は派手ですが芯の強い女の子。ぶれないようにお芝居をしました。現場は皆さん優しくて。特に監督。優しかったです。

藤田さん:ホントに明るい方でね。ずっと喋ってるんだよね。
実は、こう見えてと言うか・・・・見るからにと言うか小宮さんは車好き。

小宮さん:車全部と言うよりGT-Rが好きなんです。昔父親が乗っていたので。憧れていたので。今回GT-Rが主の回に私が出れてよかったなと。何しろ父が喜んでくれました。私は故障したバイクに腰かけてるだけですけど。将来、青の34に乗りたいんです。
と、筋金入り。


そして、60%の喉の調子の波岡さんは闇金ドックスの役から続き

波岡さん:声は60%ですけど。佐藤君は2%でガサガサだから。大丈夫です。作品マタギ嬉しいですね。前は坊主で、今回メッチャ長くて。大丈夫かなと思いましたが。実は1日しか撮影無くて。今日出てました?俺?
と、心配がるお茶目な波岡さん。

藤田さん、佐藤さん共に波岡さんがめっちゃいい人とインタビューで答えていたとの話には

波岡さん:この風貌なので、マイナスから入るんですね。実はそこそこいいやつなんで、30点くらいでイイ人!になるんです。波岡一喜単騎出陣!
との、刀剣乱舞からのセリフを!これには佐藤さんファン大拍手!

波岡さん:ダブルドラゴン4騎出陣で!マジで間違えた・・・

と、カンフーチックに。題名間違え!

映画情報どっとこむ ralph ここで、監督から質問

Q.藤田さんへ。自分で買うとしたらドングリな車?

藤田さん:買う?GT-Rですね。唯一エアコンついてたんで。無しで革ジャンきついです。

今すぐ脱ぎたい!と言うことで生脱ぎに大拍手!

Q.佐藤さんへ。もし謝金をしてまで買うとしたら?

佐藤さん:国です!xxとか。

と、きっぱり!刀剣乱舞が抜けてない?

Q.小宮さんへ、元ヤン?

小宮さん:では、無いです!違います!

実は、ラブ要素が台本上にはあったそうですが。。。

藤田さん:現場入ったらどんどんなくなって。俺嫌われてるとおもって。ショックでした。
小宮さん:(事務所?)コワイです~。監督です!なくてもいいかと。ほんとに何もなくなりました!

Q.波岡さんへ、元ヤンですね!

波岡さん:決めつけ!!!

Q.さて問題です!波岡さんが一番怖い顔をした時の眉毛の角度を求めなさい!

実演してくれる波岡さん。
一同:90度!コワッ!

で、フォトセッションに!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
過去に家族同然の仲間たちを次々と残虐したヤクザの広澤を殺してしまった我妻アベル(藤田玲)は、他に頼る当てもなく、少年院時代に世話になった兄貴分の村上大児(駒木根隆介)の元を訪れた。大児は「サガミ連合」という名の愚連隊を率いており、そのメンバーの一人、五十嵐純也(佐藤流司)と出合ったアベルは、お互い車好きな事もあって意気投合する。ある日、大麻の取引に失敗した純矢はペナルティとして多額の借金を背負い闇金に手を染める羽目に。闇金会社社長・塩田(波岡一喜)の苛烈な取立てに苦しむ純也、一方で、兄を殺され復讐を誓う広澤の弟・狂介はアベルの行方を追っていて…。



『ダブルドライブ ~狼の掟~』 8月25日(土)公開中

『ダブルドライブ ~龍の絆~』9月22日(土)公開

公式サイト:
doubledrive-movie.com


***********************************

出演:藤田 玲 小宮有紗 駒木根隆介 野中隆光 小國彰裕 波岡一喜 佐藤流司

監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント

製作:「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会 2018年/日本/カラー/シネマスコープ

(C)2018「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会


ブルース・ウィリス、完全暴走!!『デス・ウィッシュ』本予告&本ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph ブルース・ウィリス主演×イーライ・ロス監督最新作『デス・ウィッシュ』が10月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開となります。


警察の手におえない犯罪都市となったシカゴが舞台。

救急患者を診る外科医ポール・カージー。
ある日、家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。

一向に進まない警察の捜査に怒りの頂点に達したポールは自ら銃を手に取り、犯人を抹殺するため危険な街へと繰り出し始める。犯罪者には死あるのみ。外科医と処刑人2つの顔を持つ過激な男の壮絶な復讐劇が今、幕を開ける―。

主人公のポール・カージーを演じるのは『ダイハード』シリーズ、『エクスペンダブルズ』シリーズの稀代のアクションスター、ブルース・ウィリス。本格的アクション大作映画への出演は『REDリターンズ』以来!

その他『ジュラシック・ワールド』のビンセント・ドノフリオ、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のエリザベス・シュー、そしてモデルのカミラ・モローネが共演する。

監督は鬼才イーライ・ロス。本作で自身初となるアクション大作に臨む。
脚本を『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の監督&脚本を務めたジョー・カーナハンが担当する。

ブライアン・ガーフィールドの「狼よさらば」を原作に1974年にチャールズ・ブロンソンが主演を務めた伝説の同名映画をイーライ・ロスが斬新な演出で蘇らせる。

スマホやYouTube、そして銃社会への警鐘など現代ならではの要素を取り入れ、善と悪の境界線の狭間でスタイリッシュかつド派手なアクションをぶっ放す全く新しい『デス・ウィッシュ』が誕生!

映画情報どっとこむ ralph 家族を何者かの襲撃で失い、悲しみに打ちひしがれる主人公・ポールが妻の葬儀で涙するシーンから始まる。犯罪が溢れ返っているシカゴでは警察もなすすべがなく、一向に捜査に進展がないことにいら立ち、遂に男は決意する。「復讐は必ず果たす。俺の手で。」銃を手に取ったセリフの次には、命を救う≪外科医≫から命を奪う≪処刑人≫へと変貌していく様が描かれる。

彼の初めての“処刑”の現場に居合わせた市民によってその様子がネット上にアップロードされる。するとたちまちシカゴ中に動画が拡散、メディアは「“悪人を裁く” その男は犯罪者か?」と議論を交わす中、処刑人・ポールの行動は激化していく。

今度は工場で働く容疑者の男をパイプレンチで激しく叩きつける!たまらず悲鳴をあげる男に間髪入れずに「犯人は?言え!!!」と激しく恫喝!「医者を呼んでくれ」と助けを求める男にポールが一言「俺がお前の医者だ。」とリアルに医者だったためもはや男に抵抗する術はなく“事故死”として処刑される。

「この男、悪人には問答無用。」

の言葉の通り、ついには白昼堂々、町のギャングに銃を連射!!

ラストには家族を失ったためカウンセリングを受ける姿が。カウンセラーに「元気そうね。最近外出してるの?」と聞かれ、悩ましげな顔を浮かべるとポール。脳裏にはその所業の数々が・・そして一言「少しだけ」。「その調子で頑張って」と促されると「ああ、そうするよ!」と満面の笑みを浮かべる。果たして暴走する主人公・ポールは一体どこに行ってしまうのか!?



映画『デス・ウィッシュ
10月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

物語・・・

犯罪が多発し、警察の手に負えない無法地帯と化した街、シカゴ。救急救命の患者を診る外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は、毎日犯罪に巻き込まれた患者の生死に立ち会っていた。裕福で幸せな家庭だけが彼の平穏の地だった。しかし、ポールが留守のうちに家族は何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。ポールの願いも空しく警察の捜査は一向に進展をみせなかった。怒りの頂点に達したポールは、犯人を抹殺するべく自ら銃を手に取り、危険な街へと繰り出し始める。

***********************************


監督:イーライ・ロス『グリーン・インフェルノ』、『ノック・ノック』
脚本:ジョー・カーナハン『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』

出演:ブルース・ウィリス、ビンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー、カミラ・モローネ、ボー・ナップほか

配給:ショウゲート
提供:ポニーキャニオン、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
宣伝:スキップ
© 2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.