「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

韓国×北朝鮮×米国の関係みておくべき!?映画かも『 V.I.P. 修羅の獣たち 』


映画情報どっとこむ ralph 韓国国家情報院の要員&警察×北朝鮮工作員×米国CIAの息をのむ対立が一目でわかる男たちの狂宴。

『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』が、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。
本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

映画情報どっとこむ ralph 米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。

連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、

北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、

米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、

全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソク。

豪華な顔ぶれが大集合!
中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、韓国の国家情報院&警察×北朝鮮の工作員×米国のCIAの息をのむ対立が一目でわかる画像解禁!

国家情報院の要員・パク・ジェヒョクに扮したチャン・ドンゴンが橋上でタバコを吸う姿
北朝鮮から亡命したVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)を間にし、対立していく警察チェ・イド(キム・ミョンミン)の姿。
そして、違う場面でキム・グァンイルの胸ぐらをつかむふたりの姿
まで、熱く感情的なキャラクターらが衝突しながら緊張感が高まる犯罪ドラマの一面を表しております!

映画情報どっとこむ ralph 分断国家という特性を生かした作品は昔話になるかもしれない。そんな”今”だからこそ、”実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作

『V.I.P. 修羅の獣たち』。
原題:브이아이피/英題:V.I.P.
6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』
2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved



ブルース・ウィリス主演外科医で処刑人『デス・ウィッシュ』邦題・公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph ブルース・ウィリス主演×鬼才イーライ・ロス監督
悪人には問答無用。警察の手に負えない犯罪は、俺が始末する。

この度、ブルース・ウィリス主演×イーライ・ロス監督最新作『Death Wish』が邦題を『デス・ウィッシュ』とし、10月19日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開することが決定しました!

警察の手におえない犯罪都市となったシカゴで救急患者を診る外科医ポール・カージー。

ある日、家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。一向に進まない警察の捜査に怒りの頂点に達したポールは自ら銃を手に取り、犯人を抹殺するため危険な街へと繰り出し始める。犯罪者には死あるのみ。外科医と処刑人2つの顔を持つ過激な男の壮絶な復讐劇が今、幕を開ける。
主演のポール・カージーを演じるのは『ダイハード』シリーズ、『エクスペンダブルズ』シリーズのハリウッドきってのアクションスター、ブルース・ウィリス。本格的アクション大作映画への出演は『REDリターンズ』以来。『ジュラシック・ワールド』のビンセント・ドノフリオ、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のエリザベス・シュー、そしてレオナルド・ディカプリオの恋人として話題になっているモデルのカミラ・モローネが共演する。監督は『グリーン・インフェルノ』、『ノック・ノック』の鬼才イーライ・ロス。本作で自身初となるアクション大作に臨む。脚本を『特攻野郎Aチーム』の監督&脚本を務めたジョー・カーナハンが担当する。

ブライアン・ガーフィールド「狼よさらば」を原作に1974年にチャールズ・ブロンソンが主演を務めた伝説の同名映画をイーライ・ロスが斬新な演出で蘇らせる。スマホやYouTubeなど現代ならではの要素を取り入れ、善と悪の境界線の狭間でスタイリッシュかつド派手なアクションをぶっ放す全く新しい『デス・ウィッシュ』が誕生です!

映画情報どっとこむ ralph デス・ウィッシュ

10月19日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

物語・・・
犯罪が多発し、警察の手に負えない無法地帯と化した街、シカゴ。救急救命の患者を診る外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は、毎日犯罪に巻き込まれた患者の生死に立ち会っていた。裕福で幸せな家庭だけが彼の平穏の地だった。しかし、ポールが留守のうちに家族は何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。ポールの願いも空しく警察の捜査は一向に進展をみせなかった。怒りの頂点に達したポールは、犯人を抹殺するべく自ら銃を手に取り、危険な街へと繰り出し始める

***********************************

配給:ショウゲート
(C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.


早くも、続編製作決定じゃけえ!!映画『孤狼の血』!シリーズ化へ!


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット公開中!昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画 『孤狼の血』(配給:東映)。

この度、皆様の熱望の声に押され、映画『孤狼の血』の続編が東映にて製作されることが決定しました。

役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、中村倫也、中村獅童、竹野内豊、音尾琢真、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介など日本を代表する豪華キャストが集結し、「新たな東映やくざ映画の金字塔」とまで言われ、映画公開前から業界内で大絶賛、公開後も瞬く間に賞賛の嵐の映画『孤狼の血』。

各映画レビューサイトにて、「期待度・満足度1位」を獲得し、公開後2週目にして早くも「続編を切に希望します」「続編を見たい!」など続編を熱望する声がやまない本作の続編の製作が東映にて決定し、撮影スタッフ・キャストの調整に入っていることが明らかとなりました。映画『孤狼の血』続編の物語のベースとなるのは、柚月裕子著、「孤狼の血」(角川文庫刊)の続編でもある「凶犬の眼」(KADOKAWA刊)。

●「孤狼の血」原作者:柚月裕子先生のコメント
「荒磯に波」の東映△マークを見るだけで、心が震えました。続編は望外の喜びです。持てる力すべてを注ぎ込んでくださった 東映とスタッフ、劇場に足を運んでいただいた観客の皆様には、感謝の言葉しかありません。あの狂熱と恍惚を、再び期待しております。


●東映株式会社代表取締役社長:多田憲之さんのコメント
「孤狼の血」は東映らしい作品となりました。このジャンルの映画を続けていかなくてはならないと思い、続編の決定を致します。

と、東映としては映画『孤狼の血』のスタッフ・キャストの続投を熱望しているそうです。

映画情報どっとこむ ralph
そして 『孤狼の血』で主演を務めた役所広司さんのコメントをご紹介。

●『孤狼の血』大上章吾役:役所広司さんのコメント
続編は、第一作を遥かに超えるいい作品を期待しています。今後、色んな監督、脚本家、俳優たちがこのジャンルの映画で魅力が発揮される時代が来ると日本映画に活気が出るのではないでしょうか?


映画『孤狼の血

公式HP:
www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

画像は現在公開中の『孤狼の血』より。

***********************************


キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介 

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕
照明:川井稔
録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
    


大泉洋 x 松田龍平映画『探偵はBARにいる3』ブルーレイ&DVD6.13日リリース!爆笑特典映像の一部を公開!


映画情報どっとこむ ralph 『美学として靴下は履いていた方が・・・』by大泉

ススキノを縦横無尽に駆け回る探偵の活躍を、ハードボイルドに紡いだ気鋭ミステリー作家・東直己の「ススキノ探偵」シリー ズを原作にした映画『探偵はBARにいる』シリーズの第三弾となる本作のブルーレイ&DVDが6月13日(水)にリリースされます。
本作は、【探偵】大泉洋と、【その相棒】松田龍平のタッグが唯一無二の存在感を発揮し、映画史に残る名コンビとして幅広い 世代の心をつかみ、誰もが次作を待ち望む人気シリーズとして、確固たる地位を築いた『探偵はBARにいる』シリーズの第三 弾。シリーズ 2 作目の前作から4年の時を経て、俳優としてさらなる飛躍を遂げた2人が、ついにススキノに帰って来ました! 注目のニューヒロインには、映画、ドラマと幅広く活躍する北川景子。ひれ伏したくなるような絶対的な美しさと、時折見せる子供 のような無邪気さで、探偵の心を激しく惑わせます。更に、前田敦子、鈴木砂羽、リリー・フランキーら豪華新キャストが続々集 結。人気シリーズに容赦なく新風を吹き込みました。

この度、ブルーレイ&DVD ボーナスパック収録の特典映像の一部を公開!!



作品の予告に続いて1分25秒あたりから、特典映像が始ま るこの動画では、大泉洋を始めとして、松田龍平、北川景子、リリー・フランキーらが撮影の合間に和気藹々と談笑する メイキング映像や、アクションシーン撮影の様子、大泉&松田 のインタビューの様子や、各地の舞台挨拶の様子など、終始 笑いの絶えない盛りだくさんな特典映像となっております。 ある過酷なシーンの撮影では、『だったらもうパンツ一丁で』 『美学として靴下は履いていた方が・・・』と自ら提案する大泉 の姿も納められており、作品に対する熱意が伝わってきま す!

www.tantei-bar.com

映画情報どっとこむ ralph 『探偵はBARにいる3』 6月13日(水)リリース

・通常版 DVD 価格:¥3,800+税
・ボーナスパック 【DVD3 枚組】
価格:¥6,800+税
・通常版 Blu-ray
価格: ¥4,800+税
・ボーナスパック
【Blu-ray1枚+DVD2枚組】
価格:¥7,800+税
【発売元:東映 東映ビデオ 販売元:アミューズソフト】

★DVD レンタル 同日スタート
発売元:テレビ朝日
販売元:東映 東映ビデオ
Ⓒ2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

***********************************


役所広司、白石和彌監督、柚月裕子先生 大いに語る映画 『孤狼の血』特別展!


映画情報どっとこむ ralph 5月12日(⼟)公開、昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画 『孤狼の血』。

本作の公開を記念し、紀伊國屋書店新宿本店(東京都新宿区新宿3丁目17­7)にて特別展(5月31日まで開催。 劇中で使⽤された衣装や小道具を展示)開催記念テープカットと公開記念トークイベントが開催されました。

役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、江口洋介、竹野内豊、石橋蓮司など豪華キャストの共演が話題の映画『孤狼の血』。

テープカットイベントでは主演の役所広司さん。原作者の柚月裕子先生が登壇。
トークイベントではテープカットで登壇された役所広司さん、柚月裕子先生に加え、白石和彌監督、MCには赤ペン瀧川先生が登壇されたイベントが開催されました。

日付:5月5日
場所:紀伊國屋書店新宿本店
登壇:役所広司、柚月裕子先生、白石和彌監督、赤ペン瀧川

映画情報どっとこむ ralph 当日イベントでは、GW真っ只中ということもあり、開始前のも関わらず大勢の人だかりで紀伊國屋書店新宿本店前はまるで祭りのような盛り上がり!!

テープカットイベントではMCの紹介と共に役所広司さん、柚月裕子先生の順で登場。
瞬間、新宿の街が⼀気に歓声に包まれました。

MCから挨拶を求められ、

柚月先生:多くの方に立ち止っていただきとても嬉しいです。紀伊國屋書店 新宿本店も 『孤狼の血』⼀⾊となっています。ぜひお楽しみください。

と⼀言。 続いては役所広司さんのご挨拶、

役所さん:原作を見て映画を見てもよし、映画を見て原作を見てもよし。映画は5月12 日公開ですのでぜひよろしくお願いします。

との挨拶で、会場は⼀気に大盛り上がりになりました。 新宿の熱気がさらに高まる中、いよいよ特別展の開催を記念してのテープカットが執り行われました。テープカットには紀伊國屋書店新宿本店店長の西根店長も⼀緒に参列し、3人でのテープカット。
MCの合図でテープが切れた瞬間、大きな歓声と拍手に包まれました。

映画情報どっとこむ ralph トークイベントは1部と2部の2部構成。

1部ではまずMCの赤ペン瀧川先生、解説に秋本鉄次さんが登場、冒頭に

秋本さん:本日は5月5日は子供日ですが、今日この会場だけは孤狼の日として制定したいと思います!

と会場を沸かせ、赤ペン瀧川先生によるトークイベントの説明や秋本鉄次さんの角川文庫の歴史についての解説で会場は大いに盛り上がりを見せました。そしていよいよ柚月裕子先生が登場。

MCの赤ペン瀧川先生から役所広司さんが演じた「大上章吾」について聞かれると

柚月先生:映画 で役所広司さんが演じられると聞いた時、私が書いた以上の恐い大上になるなと思いました。

と当時を振り返りました。その後 柚月裕子先生は⼀旦退場し、赤ペン瀧川先生の映画『孤狼の血』予告と生「赤ペン瀧川の映画添削」が行われ、赤ペン瀧川先生が実は署長役として映画『孤狼の血』に出演してることが発覚!意外性からか会場から笑いと拍手が巻き起こりました。

その後赤ペン瀧川先生の紹介と共に白石和彌監督と柚月裕子先生が登場。
まず監督へ「原作/ミステリー→映画/アウトローへとなぜ変わったのか?」 との質問に

白石監督:映画化では2時間にま とめなきゃならないという中で、気がつくと、、、血みどろになっていました。』とコメントし笑いを誘いました。また今作で バディを組んだ役所広司さん、松坂桃李さんについて聞かれると『桃李くんに関しては映画の中⼼であり、桃李くんの真っ直ぐさが日岡とリンクして頼もしかった。

また役所広司さんについては

白石監督:僕はまだ若手監督だと自分は思っているのですが、憧れ の役所さんに出てもらえて嬉しかったですし、大上を演じて恐さだけでなく、可愛さも加えてもらいました・

と絶賛。


その後、赤ペン瀧川先生の「赤ペン瀧川の映画添削」でもあった映画『孤狼の血』に署長役出演時のメイキング映像が上映され。それに対して白石和彌監督は『このコーナーいります?』柚月裕子先生は『凛々しくて素敵でした。』とコメント、会場は 和気藹々という雰囲気に包まれました。

1部が和気藹々とした雰囲気の中、MC赤ペン瀧川先生より先日、発売された『孤狼の血』の続編となる「凶犬の眼」について の質問があり、柚月裕子先生よりどういった内容なのか、どういったところ見て欲しいのか語られました。  

それを聞いて赤ペン瀧川先生は白石和彌監督に映画化となった折には…と質問

白石監督:『孤狼の血』がヒットしたら是非撮りたい!続編がすでに⽤意されているなんてこんな幸せなことはないです。

と意欲を見てせていました。次回作への期待が高まる中、1部は大盛況のうちに幕を閉じました。


映画情報どっとこむ ralph 2部では、役所広司さん、白石和彌監督、柚月裕子先生が登場。
役所広司さんは登場のご挨拶で

役所さん:このイベントをきっかけにこの映画が大ヒットするように宣伝してください。

と笑いを 誘っていました。主人公「大上章吾」について」演じてみて共通点などありましたかと聞かれると

役所さん:共通点は全く無いのですが、大上は天使だと思って演じていました。ただ汚い天使ですけど。

と今回演じられた「大上章吾」について笑いを交えながらコメント。


共演者の松坂桃李さんについて共演した印象を聞かれると

役所さん:成長する日岡をしっかりと演じきっていましたね。

と感慨深くコメント。また松坂桃李さんとのシーンで大変だったシーンは?と聞かれると

役所さん:台詞が多いシーンがあったんですけど、現場で いきなりこのシーンワンカット撮るからと監督と言われた時は驚きました。

と撮影当時を振り返りました。そのシーンに対して

白石監督:撮影が後半で広島に行きつけの店ができていたので、早く行きたくて

と会場を沸かせ

白石監督:大上と日岡ニ人にとって、とても大切なシーンで自分が編集するときに切れないように、自分を追い込む意味でもワ ンカットで撮らせていただきました。

と熱くコメント。撮影中の苦労話を聞かれると、

役所さん:呉弁で話すのが⼀番大変でした。呉の方が聞いた時に不 快に思わないように自然に聞いてもらえうようにとしっかり練習しました。

と撮影当時と振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

白石監督:目を覆うようなシーンもありますが多くの方に楽しめるようなエンターテイメント となっておりますので是非劇場にお越しいただければと。  

役所さん:日本映画が変わって活気づくきっかけになるような映画となっておりますので、是非劇場でご覧いただけれ ばと思います。

とメッセージ。
フォトセション後大きな握手の中、大盛況のうちに幕を閉じました。

映画『孤狼の血

5月12日(⼟)公開。

特別展は紀伊國屋書店新宿本店(東京都新宿区新宿3丁目17­7)にて開催中。

公式HP:
www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!
***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介
原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)

監督:白石和彌

脚本:池上純哉音楽:安川午朗

撮影:灰原隆裕照明:川井稔録音:浦田和治
美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会