「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

菅田将暉&ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』 釜山国際映画祭レポ!


映画情報どっとこむ ralph 10月7日より前篇が絶賛公開中の『あゝ、荒野』が昨日・10月14日(日)、韓国・釜山で開催 されている第22回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門に正式出品し、W主演を務めた菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさん、そして監督の岸善幸さんが、野外でのグリーティングイベント(Meet&Greet)、公式記者会見、上映後Q&Aに参加しました。

まるで歓迎されてい るかの様に現地は快晴。
現地時間夕刻、BIFF Village(ビフ ヴィレッジ)と呼ばれる海雲台(ヘウンデ)海水浴場の海岸をバックに設置された映画祭公式の特設ステージで行われた、野外でのグリーティングイベントは、約2,000人と多くの観客でたいへんな賑わいをみせ、ス テージへ向かう花道には多くの映画ファンが待ち構え、登壇する菅田ら3人に歓迎の声を かけた。ファンの歓声に応えるように手を振る3人の姿も見られた。

映画情報どっとこむ ralph 釜山国際映画祭が初めての国際映画祭への参加となる

岸監督:アニョハセヨ。韓国のヤン・イクチュンさんと、日本の菅田将 暉さんと、とても激しく面白い映画を撮りました。ぜひ楽しんでください。

と挨拶。続き
ヤン・イクチュンさん:こんなに大勢の観客の 方が集まっていただいてありがとうございます。韓国ではあまりない5時間の作品ですが、スクリーンでぜひごらんください。

と挨拶。

母国開催の映画祭に本作で参加できたことに感慨もひとしお。映画『ピンクとグレー』(15)以来2年ぶりに釜山入りした菅田さんからは

菅田さん:アニョハセヨ。以前この場所には奇抜な格好で来たので、今回は割と落ち着いて、ちゃんと大人になって帰ってきまし た。大人の映画です。楽しんでください。

と一言ずつ挨拶。

菅田さん、岸監督が韓国語で「こんにちは」と挨拶すると、現地の熱狂的なファンたちの黄色い歓声が上がる一面もみられた。 ヤンが自分の役どころについて

ヤンさん:私の本当の性格は臆病で繊細、ウサギのような性格なのでバリカンと似てますね

と述べると、

菅田さん:絶対ウサギではない。豚とかゴジラ!ヤンさんの演技はいつもこちらの想像を超えていて撮影現場に緊張感を与えていました。

と、一方でみんなを笑わせる現場のアイドルでもありました。

菅田さん:外国の 撮影現場でうまくやるには笑わせるしかなかったんです!」と言って観客の笑いを誘った。 その後、本作の見どころでもある”ボクシングシーン”そして”青春”に絡めトークを展開し、最後に岸監督は「二人が体を鍛えに 鍛えたのも見所ですが、もうひとつ。見事なラブストーリーとなっております。ぜひみなさん観てください。」 と話し、菅田は「ヤン さんに日本に来てもらってばかりだったので、僕らもこうやって韓国に来られてよかったです。また戻って来られるように頑張っ て面白い映画を作っていきます。『あゝ、荒野』ぜひ観てください。よろしくお願いします。」と締めの挨拶をして野外ステージイベ ントは終了。

映画情報どっとこむ ralph 続き、海外メディア参加の公式記者会見と取材をこなし、GCV Centum City内の劇場で観 客とのQ&Aに応じた。
上映後の会場ということで、約300人収容の劇場は異様な熱気に包まれ、3人の登場に喜びで涙を見せる観客も。いくつかの質問があり「映画の中に対照的 なものがたくさん登場するが監督はどの様に考えているか」について質問されると、

岸監督:ヤンさんが演じたバリカンは言葉がうまく出ず、新次は口より先に手が出てしまう。 実は二人とも人と繋がること、コミュニケーションを取るのが苦手なキャラクターで、対照 的に見えるかもしれませんが、実は根っこにあるものは同じ。そういったことを念頭に置き ながら演出しました。

と制作時の裏側を語った。


最後の挨拶で

菅田さん:韓国のお客さんは知的だなと思いました。文化も人も違うからこそ、純粋に映画と人との(良い)距離感 があって。またこうやって釜山の土地に戻って来たいなと思いました。

と海外映画祭ならではのコミュニケーションを楽しみ 会場を後にした。ちなみに、映画祭期間中のチケットは全てソールドアウト。

『あゝ、荒野』の世界デビュー戦は大成功を収めた。なお、本作は今年から新設された「キム・ジソク特別賞」にノミネートされており、受賞発表は現地時間10月21日(土)を予定しています。

前篇 絶賛公開中、10月21日(土)より後篇 新宿ピカデリーほか全国公開
HP: kouya-film.jp

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア ほか

原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎 主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン
R15+
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ


チャン・チェン来日決定!『Mr.Long /ミスター・ロン』 ポスタービジュアルも解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 冷酷な殺し屋はまさかの“PERFUME”ファン!?

SABU監督・脚本。
ベルリン国際映画祭
第67回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、熱烈なスタンディングオベーションで迎えられた、話題作『Mr.Long /ミスター・ロン』が 12 月 16 日(土)より新宿武蔵野館ほかにて公開となります。

主人公のロンを演じるのは『牯嶺街少年殺人事件』の主演を務め人気を博し、『グリーン・デスティニー』『レッド・ クリフ』などに出演しアート系からハリウッド大作まで幅広く活躍している、アジアを代表する俳優チャン・チェン。

心を閉ざした少年ジュンを演じるのは、オーディションを勝ち抜き今後の活躍が期待されるバイ・ルンイン。ジュン の母リリーを演じるのは中国のテレビドラマなどで活躍しているイレブン・ヤオ。

映画情報どっとこむ ralph そしてリリーの過去の恋人賢次を、『たたら侍』にて主演を務めた劇団EXILEの青柳翔が演じる。

監督は『弾丸ランナー』(96)にて衝撃のデビューを 飾り、その後も『アンラッキー・モンキー』( 97) 『MONDAY』( 00)『蟹工船』(09)『天の茶助』(15)などを手掛け、 ベルリン国際映画祭常連の SABU が務める。 台湾の腕利きの殺し屋“ロン”が日本での任務に失敗し、追われた先の村で少年ジュンと母リリー、そしてちょっと変 わった村人たちと出会い、徐々に人間らしさを取り戻すハートウォーミングバイオレンスストーリー。 そしてこの度、チャン・チェンの来日が決定!!
第 30 回東京国際映画祭のレッドカーペットを歩きます!!
さらに 10 月 27 日(金)には 六本木アリーナにて特別イベントと舞台挨拶つき上映を開催!!
映画ファンには見逃せない 1 日となっている!!
映画情報どっとこむ ralph また、併せてポスタービジュアルも解禁!!
本作にて重要な役割を担う牛肉麺(ニュウロウミェン)の屋台に寄りかかり、眉間に皺を寄 せて睨みを利かせるチャン・チェン。
その隣には不貞腐れた表情で腰を掛けるバイ・ルン インの姿も。お互い仏頂面をしているが、隣り合ったその距離がどこか信頼感を感じさせ、 不器用で感情表現が苦手な 2 人の絆を思わせるビジュアルとなっている。そしてチャン・ チェンの胸にはあの有名アーティスト“PERFUME”の文字が!!腕利きで冷酷な殺し屋 ロンはまさか“PERFUME”ファンなのか!!? その真相は是非とも劇場で!!

Mr.Long /ミスター・ロン

12 月 16 日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次公開

公式 HP:
https://mr-long.jp/

物語・・・
ナイフの達人・殺し屋ロン。東京、六本木にいる台湾マフィアを殺す仕事を請け負うが失敗。北関東のとある田舎町へと逃れる。 日本語がまったくわからない中、少年ジュンやその母で台湾人のリリーと出会い、世話好きの住民の人情に触れるうちに、牛肉麺 (ニュウロウミェン)の屋台で腕を振ることになる。屋台は思いがけず行列店となるが、やがてそこにヤクザの手が迫る……。

***********************************

出演:チャン・チェン 青柳翔 イレブン・ヤオ バイ・ルンイン
監督/脚本:SABU『天の茶助』
製作:LiVEMAX FILM LDH pictures BLK2 Pictures 高雄市文化基金會 Rapid Eye Movies
配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2017 LiVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA
       


新宿に強面たちが集結!『アウトレイジ 最終章』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』が10月7日全国公開となり、初日舞台挨拶が行われました。北野武監督、西田敏行さん、大森南朋さん、ピエール瀧さん、松重豊さん、大杉漣さん、金田時男さんが新宿歌舞伎町がすぐ近くの新宿ピカデリーに一歩出たら会いたくない強面たちが集結。

『アウトレイジ 最終章』初日舞台挨拶
日時10月7日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:北野武監督、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男

映画情報どっとこむ ralph 暖かな拍手に迎えられ、キャストの皆さんが一人づつ登壇。最後に北野武監督が現れると一層大きな拍手!全くボケずに着席。

初日を迎えての感想を聞かれた西田さん
西田さん:小説『アナログ』(北野武:著)の販売促進会においでいただきましてありがとうございます!!!(拍)

こんなに沢山の方々にお集まりいただき、感謝の念に堪えません。

心から御礼申し上げます!

(誰が生き残るのか?と言うことで、役者界での生き残り方法を)ともかく、風が吹く方に尻尾を振りながら元気に歩いていく。(笑)これが方法です。

大杉さんは9年ぶりの北野組
大杉さん:もう9年経つのかなと思いますね。アウトレイジは良い緊張感の現場で、北野組は僕にとって独特で・・・帰ってきたな。と言う気持ちでいっぱいです。
(個性的なキャラクター)誰からも信頼されていないというキャラは、中途半端で役作りが難しかったですが、やりがいはありました。

初北野組のピエールさん
ピエールさん:北野組初めてだったので、緊張しながら現場に入り、わからないまま終わってしまった感があります。アウトレイジと言う最高の作品に出させていただいて光栄です。
(役作りは・・・)変態なやくざなので、いつも通り(笑)プライベートを出し過ぎないように心がけました。入れ墨を入れるのに8時間かかるのですが・・・・出来上がりみたら、後の方は背中書かなくても良いんじゃないかなと。今思いました。(観たばかりの観客、大笑)

映画情報どっとこむ ralph 金田さんは本来実業家。で前作に続き出演する素人さん。
金田さん:今回は監督が表現したいことがだんだんわかってきました。家族を巻き込んで、役に入り込みました。

前作に続いてマル暴(組織犯罪対策部)刑事役で出演
松重さん:ビヨンドで、台本上では死ぬ役だったんですが・・・撮影中皆死にたくない!って雰囲気になってきまして、桐谷君と新井君は「死にたくない!」と、死んだシーンで生きてるかもを自分で演出する。生き残りにかけた男たちの映画でもあります。ぼくの場合は生き残れまして・・・そして生き残った5年でした!
(正義感溢れる刑事役に共感は?)全員悪人問い看板の中で、善良な公務員。一人だけ浮いてるなと思ってはいました。

アウトレイジへの出演を度々画策していたことで知られる大森さんは念願かなって初参加。
大森さん:夢にまでみたアウトレイジ出演です。遂に最終章で呼んでいただき、感動しました。
(アウトレイジの魅力は?)北野映画が好きなのと、バイオレンスものが好きなので・・現代で、ここまでやくざを描いているのは珍しいので、その辺りは魅力ですね。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中に印象に残った
西田さん:思いではすべてのシーンですが、脳溢血の後遺症がある塩見さんと初日に撮ったんですが、私も頸椎も亜脱臼して、歩行がままならなかった時で。二人とも抱えられながらの撮影。監督が「大丈夫?本変えちゃう?」って、気遣いをしていただきました。

北野監督:西田さんが怪我。塩見さんが病気になったり。体の悪さ具合が迫力があって生かそうと思っていて観ている俺の首はこんなだから・・・どんな撮影なんだと(笑)。

北野監督:アウトレイジは一度死ぬと、二度と出られないのがルールなので、いよいよ最終章です。三部作で自分なりにうまいまとめ方が出来たなと思ってます。次の映画は恋愛()ものとかをやって、その間にバイオレンス映画を見直して、次は日本の役者オールスターズで撮るかなと。この映画に呼ばれない役者は認められてないという追い込み方をして・・・お車代だけ出てもらおうかなと思ってます。仲代さんも500円で出てもらいます!(笑)
と笑いを取ったところで、強面集団退場となりました。

アウトレイジ 最終章

ただいま絶賛全員暴走中!次回の原作?北野武著小説『アナログ』絶賛販売中

outrage-movie.jp

あらすじ・・・
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。
そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武
音楽:鈴木慶一

出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会


大森南朋 鈴木浩介 桐谷健太 愛憎ぶつける迫真のせめぎ合う『ビジランテ』ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太が豪華トリプル主演を務める映画『ビジランテ』が2017年12月9日(土)よりテアトル新宿他全国公開となります。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』が大ヒットし話題となった鬼才・入江悠 監督がオリジナル脚本・メガホンをとる最新作。本作は、歪みを抱える地方都市、別々の世界を生きてきた三兄弟が再会したことで、人間の欲望、野心、プライドが衝突し、狂気に満ちた社会の裏側に引きずり込まれていくバイオレンス・ノワール。

大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太の三兄弟が、愛憎をぶつける迫真の演技でせめぎ合う緊迫のビジュアルがこの度解禁となりました!

30年間行方知れずだった長男を演じたのは、『まほろ駅前多田便利軒 』(2011)、『捨てがたき人々』(2012)、『さよなら渓谷』(2013)、『アウトレイジ 最終章』(2017)など様々なジャンルで硬軟演じる実力派、大森南朋。過去に例をみないほどの暴力性を匂い立たせて、破滅に向かわざるを得ない危険な男の生き様を体現。失踪後の空白の時間はほとんど明かされないが、鋭く射る眼光や獣のような立ち振る舞いから、一郎が背負った“業”を垣間見せる。

兄弟の中で唯一まっとうな道を歩んでいるように見える次男には、「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズや「愛してたって、秘密はある。」(2017)など数々のテレビドラマでバイプレイヤーぶりを見せる、鈴木浩介。映画出演は『ライアーゲーム 再生』(2012)以来約5年ぶりとなる。生まれ育った土地で市会議員を務め、美しい妻と幼い子供に囲まれているが、一郎が帰郷したことによって権力の思惑にからめとられる。建前の感情で生きざるを得ない状況下で選択するのは、兄弟の絆かそれとも地位か。関係性が固定された閉鎖的な社会の中で流されるままに生きる男の哀愁を、鈴木が絶妙なさじ加減で炙り出す。

父親の威光に反発するかのように闇社会に片足を突っ込みながらも、優しい心根を捨てきれない三男に扮するのは桐谷健太。昨年だけで6本の話題作に出演し、今年も『火花』でW主演を務めるなど、躍進が止まらない。才気あふれる桐谷が、極寒の川を渡り、咆哮し、極限まで追い詰められた三郎の切迫感を自らの肉体に憑依。感情を抑えながらも、たぎる思いを奥底に抱く優しき男として三郎を熱演。井筒和幸監督、石井隆監督ら一筋縄ではいかない個性と対等に渡り歩いてきた真の映画俳優が、世間のイメージをぶち壊し、ノワールという世界観に寄り添った。

映画情報どっとこむ ralph また、トリプル主演の大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太に加え、篠田麻里子の『ビジランテ』オリジナルポストカード付きで全国共通鑑賞券の劇場販売が開始です!

映画『ビジランテ

公式HP:
http://vigilante-movie.com

物語・・・
幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。再会した3兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく。

「ビジランテ」とは、警察や法律が機能していない世界で、己の力・判断で本当に大切なものを守り抜く集団を指す。―

***********************************

出演:大森南朋 鈴木浩介 桐谷健太  篠田麻里子 嶋田久作 間宮夕貴 吉村界人 般若 坂田聡 岡村いずみ /菅田俊
脚本・監督:入江悠 
音楽:海田庄吾 
配給:東京テアトル
【2017年/日本/カラー/125分】 R15+ 
©2017「ビジランテ」製作委員会 


「PKCZ®×HiGH&LOW」 コラボライブ&完成試写会が開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 「HiGH&LOW」プロジェクト映画第3弾である『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が今年の8月19日に公開し、「HiGH&LOW」シリーズ3作品の累計興行収入は、45億円、累計入場者数は350万人を突破!

そんな日本中が熱狂した「HiGH&LOW」シリーズも遂に完結!最終章となる映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は、11月11日(土)に公開します。

そこで映画公開に先駆け、11月6日(月)、7日(火)に映画とライブがコラボした超スペシャルイベント「PKCZ®×HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW」を開催する事が決定しました!!

横浜・赤レンガ倉庫で開催された昨夏では、「HiGH&LOW」より登坂広臣とELLYが参戦し、超レアな“OMILY”コンビが誕生しました。
2人の熱唱に場内は大興奮!さらにスペシャルゲストとして、EXILE SHOKICHIが、登場した際は、会場のあちこちから悲鳴に似た歓声が沸き上がり、「HiGH&LOW」の
テーマソングを歌い観客を魅了しました!

そんな、大盛況だったコラボライブ第二弾となる今年は、最大人数1万2千人が収容できる横浜アリーナからお届けします!

果たして、今年はどんなサプライズゲストが登場するのか!?
さらに、11月11日公開の映画「HiGH&LOW THE MOVIE3」を一足先に見れちゃう完成披露試写会の実施します!

2日限りのプレミアムライブショー、ぜひご期待ください!!

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」11月11日(土) 全国ロードショー 

ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

***********************************