「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

映画『Diner ダイナー』究極の2択を迫るドS最狂映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)が、監督:蜷川実花×主演:藤原竜也の運命の初タッグで映画化!窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。店主も、客も、全員殺し屋のダイナー<食堂>を舞台に繰り広げられる、本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメント映画『Diner ダイナー』が、7月5日(金)に公開となります。
映画『Diner ダイナー』
映画情報どっとこむ ralph この度、藤原竜也 史上“最狂”!?
狂気溢れるボンベロキャラクター動画が解禁に!

これまでに藤原竜也が演じてきた過去作では、いずれの作品も個性的なキャラクターを演じ、強烈なインパクトと圧倒的な存在感を示してきた。しかし本作では、これまでの藤原はこの為の序章でしかなかったのでは?と思わせる程ぶっ飛んだ世界の中で、全てを支配する狂気の天才シェフ”ボンベロ“を怪演!彼の「お前はここから出られない」、「365日24時間休みなしで働けるか?」、「俺のルールを守れるか?」と次々に冷酷無情なセリフを吐き捨てていく様から、殺し屋たちすら自らのルールに従える王=“ボンベロ”の異常性を感じることができる。さらに、玉城ティナ演じるオオバカナコの顔を便器に押し付け、「舐めろ」と強制する姿や、怯えるカナコの顔スレスレに包丁を突き刺すボンベロの姿は、まさに、「従うか、死ぬか」の2択を迫る、藤原史上最狂&最悪のドSなキャラクターだ。

しかし一方で、真剣に料理と向き合うボンベロの姿や、一人銃を見つめて真剣に思い悩む姿も描かれており・・・?<ダイナー>に集結しはじめる日本屈指の殺し屋たち、そして、唯一殺し屋ではない普通の存在として<ダイナー>に売られてきたオオバカナコ。彼ら全てがダイナーに集う時、一体何が起きるのか??ボンベロの目的とは一体―?今後の情報にご期待いただきたい!



映画情報どっとこむ ralph 映画『Diner ダイナー』

7月5日(金)ダイナー開店!

<ストーリー>
ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。

「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。
映画『Diner ダイナー』 映画『Diner ダイナー』 次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!
映画『Diner ダイナー』
***********************************


藤原竜也 玉城ティナ
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)

脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
監督:蜷川実花

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会  
蜷川監督フォトクレジット:(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会


ジャッキー・チェンとジャッキー“ちゃん”がコラボ!『ザ・フォーリナー/復讐者』激似予告 解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 世界的アクションスターのジャッキー・チェン主演最新作『ザ・フォーリナー/復讐者』が、5月3日(金・祝)より新宿ピカデリー他にて、全国公開!

この度、映画の公開を記念して、本家″世界のジャッキー・チェン“と″日本のジャッキー“ことジャッキーちゃんの奇跡のジャッキーコラボが実現!ジャッキーのモノマネにおいては日本を代表する存在となったジャッキーちゃんが、新作の予告編に紛れ込むという特別版予告が完成した!
今回の撮影では、劇中で最恐の復讐者となるジャッキーにより近づくため、ジャッキー本人同様に老けメイクを施して撮影に臨んだジャッキーちゃん。特殊メイクを担当したのは、映画『アイアムアヒーロー』などで才能を発揮した日本の第一人者・藤原カクセイ氏が担当。ただでさえ似ているジャッキーちゃんが、最もジャッキー・チェンに近づく見間違うほどのクオリティーに、撮影後のインタビューでは、自身のメイクを振り返って「大満足!」とご満悦な様子のジャッキーちゃん。

さらに劇中のジャッキー同様に対決してみたい相手を聞かれると、Mrシャチホコとニッチロー’の名をあげ、同じモノマネの土俵に身を置くものとして闘志を燃やしていた。映画の公開を目前に解禁となった、2人のジャッキーが織りなす奇跡のコラボレーションをお見逃しなく!!



映画情報どっとこむ ralph 主演は、『ラッシュアワー』シリーズや『ベスト・キッド』など大ヒット作を多数有し、2016年にはアカデミー賞名誉賞を受賞した、全世界が誇るアクションスターのジャッキー・チェン。共演には、『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』でジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナンが名を連ね、まさにジャッキーVS007とも言える布陣で、ハリウッドレジェンドの真っ向対決が実現する!

そんな本作のメガホンをとったのは、007シリーズの中でも最高傑作との呼び声の高い2作品、『007/ゴールデンアイ』『007/カジノ・ロワイヤル』を手掛け、ブロスナンとダニエル・クレイグのボンド襲名を請け負った名匠・マーティン・キャンベル監督。脚本は、『エネミー・オブ・アメリカ』、『ダイ・ハード4.0』のデヴィッド・マルコーニ。音楽は、『ドライヴ』や『オンリー・ゴッド』のアンビエントなサウンドで一躍脚光を浴びたクリフ・マルティネスが務めるという、まさにアクション映画ファンが夢に見たクオリティ完全保障のスタイリッシュ・サスペンスアクションが誕生した!

映画情報どっとこむ ralph 『ザ・フォーリナー/復讐者』

5月3日(金・祝) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー

公式HP:
https://the-foreigner.jp/


STORY
怒らせてはいけない人を怒らせてはいけない。
ロンドンでレストランのオーナーとしてつつましい生活を送るクァン(ジャッキー・チェン)。
平穏無事な生活を送っていた中、突然たったひとりの高校生の娘が無差別テロに命を奪われてしまう。クァンは復讐の怒りに煽られ、静かに爆発していく。
彼は犯人を探すうちに、北アイルランド副首相のリーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)にたどり着く。
ヘネシーは、官僚としての仕事で過去に抱えた問題に脅かされていた。
クァンの犯人を追うあくなき執念が、昔アメリカの特殊部隊出身である事を浮き彫りにしていく。次第に明らかになっていく二人の過去。敵か、味方か・・・孤独な男たちの戦いは、想像もしない結末へと向かっていく―。
***********************************

監督:マーティン・キャンベル
脚本:デヴィッド・マルコーニ
製作:ジャッキー・チェン、ウェイン・マーク・ゴッドフリー、アーサー・M・サルキシアン、ケイ・キン・ハン、クレア・カップチャック、ジョン・ゼン、スコット・ランプキン、ジェイミー・マーシャル、キャシー・シュルツマン 
音楽:クリフ・マルティネス
出演:ジャッキー・チェン、ピアース・ブロスナン
配給:ツイン

© 2017 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION STX FINANCING, LLC WANDA MEDIA CO., LTD.SPARKLE ROLL CULTURE & ENTERTAINMENT DEVELOPMENT LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.


崎山つばさ映画『クロガラス1』ミニシアターランキング2位を獲得!上映期間の延長


映画情報どっとこむ ralph 映画『クロガラス1』がミニシアターランキング2位を獲得! 好評につき、上映期間の延長も決定! パンフレットをはじめとするグッズも脅威の売り上げを記録!


2.5次元俳優の神7のひとり「崎山つばさ」をはじめとする注目の2.5次元俳優陣が挑む映画『クロガラス』。

2部作となる本作のエピソード1にあたる『クロガラス1』が先日公開となりました。エピソード2の『クロガラス2』は3月30日より公開です。

ミュージカル「刀剣乱舞」の刀剣男士として出演し、多くの女性ファンを熱狂させている崎山つばささんが映画初出演にして初主演!崎山さんに加え、植田圭輔さん、最上もがさんがチームを組んだ解決屋“クロガラス”が、アジア最大の歓楽街「新宿の裏社会」で起こるトラブルに立ち向かいます。

さらに、本作の主題歌には崎山さんが初めて作詞を手掛けた主題歌「Re:quest」を使用!

映画情報どっとこむ ralph この度、映画『クロガラス1』の上映が開始となり、ミニシアターランキングで2位を獲得する好発進となりました!

映画『クロガラス1』がシネマート新宿、シネマート心斎橋にて上映開始となり、多くの回が満席で、立ち見での鑑賞希望も続出するなど、大変ご好評。

好評につき、シネマート新宿、シネマート心斎橋での上映期間の延長も決定!
パンフレットをはじめとするグッズも脅威の売り上げを記録しております!

パンフレットには、エピソード1、2のキャスト、ストーリー紹介をはじめ、主要キャストと小南敏也監督のインタビューを掲載。
崎山つばさと植田圭輔のスペシャル撮り下ろしグラビアと対談も大ページで掲載されるなど、ファン必携の内容です。


映画『クロガラス1』絶賛公開中!

映画『クロガラス2』2019年3月30日より1週間限定レイトショー

劇場:シネマート新宿、シネマート心斎橋
公式
Twitter:@blackcrow2019


映画情報どっとこむ ralph 先日、本作1を観させていただきましたが、なかなか面白い。
内容はハードですが、女性をターゲットにしているからかエイベックスさんだからか、絵面はライト。

新宿が舞台と言うこともあり、メチャメチャダークサイドよりな冴羽凌イメージ。崎山つばささん どうやら めちゃ強いが殺しはしないらしい。

そして植田圭輔さん、最上もがさんが、良い味出して支えています!

ターゲット層的には休止中?の犬達シリーズに変わりる作品として良いかも。

今回は、紹介的な内容だったので2も観たくなる作りです。

金さえ払えばどんな危ない仕事も引き受ける「解決屋さん」

ダークヒーロー“クロガラス”の活躍を是非、会社帰りにどうぞ!

***********************************

劇場:シネマート新宿、シネマート心斎橋
出演:
エピソード1 崎山つばさ 植田圭輔 最上もが 西川俊介 出口亜梨沙 南圭介 / 菅田俊
エピソード2 崎山つばさ 植田圭輔 最上もが 浅川梨奈 栗林藍希 松林慎司 / 菅田俊

監督:小南敏也
主題歌:崎山つばさ「Re:quest」

©エイベックス・ピクチャーズ
  


『HOMIE KEI〜チカーノになった日本人〜』LAでの上映も決定


映画情報どっとこむ ralph その男の名前は、KEI。
バブル時代にヤクザとして大成功を収めるも、FBI囮捜査にはめられてアメリカの極悪刑務所へ。そこでは日々抗争、殺人が絶えず、たった一人の日本人はすぐに殺されてもおかしくない最悪の状況だった。しかし、己の力と精神力で闘い生き残った男は、いつしかチカーノという刑務所内最強のギャンググループと通じ合うようになる。メキシコ人でないと受け入れられないチカーノギャングの世界で、仲間として、家族として受け入れられたのだ。彼らと強い絆で結ばれたまま、男は出所し、日本へ帰国した。
この壮絶な過去は多数のメディアで取り上げられ、原作者として別冊ヤングチャンピオンにて連載された『チカーノKEI』(秋田書店)の単行本は、4巻合わせて発行部数40万部を突破。アパレルブランドを立ち上げ、日本のチカーノ・ブームの牽引者としても知られる。そんな輝かしい活躍の裏で、帰国後は引きこもりなど問題を抱える少年少女を救済する団体を立ち上げ、自らの家族関係を見つめ直す時間を過ごしている。


そんなKEIへの7年にわたる取材をもとに、ドキュメンタリー映画『HOMIE KEI~チカーノになった日本人~』が誕生し、4月26日からヒューマントラストシネマ渋谷にて公開が決定しました。壮絶な過去から現代に至るまでKEIの様々な顔に迫り、仲間とは何か?家族とは何か?人とのつながりとは何か?を問いかける再生の物語です。

また、本作は、国際交流基金主催のイベント、Japan/Mexico Bi-national Week 2019で3月14日 (木) 午後6時から在ロサンゼルス・メキシコ総領事館シアターにて、上映されることが決定しました。KEIがかつて収監され、生き抜いた地であるカリフォルニアでの上映になります。

映画情報どっとこむ ralph ■監督サカマキマサのコメント

「核家族化が進み、ネット社会に暮らす今、家族や友人、仲間を大切にする気持ち、お金のためではなく相手のことを思ってとる行動など、古き良き慣習が失われつつある。実際に物事を見聞きせず、顔も名前も明かさずに好き勝手なメッセージを発信されることも珍しくない。この作品はアメリカ刑務所内で日本文化とチカーノ文化が奇跡的に混ざり合うことで、新たな活路を見出し、時代の流れに逆らって生きることを選択した男の半生を綴りました。私は映画製作に憧れて80年代の終わりに渡米しました。LAで初めて異国文化に触れながら映画の勉強をしたので、特にこの作品をメキシコ系移民の多いカリフォルニアでワールドプレミアできることに意義を感じています。」   サカマキマサ


■著名人からのコメント

新羅慎二(若旦那 ミュージシャン)
「新宿歌舞伎町からアメリカのジェイルまで。自分の居場所の作り方は僕ももともと不良少年だったので痛いほどわかります!ケイさんは愛に生きて己と戦った人です。」

根本敬(漫画家・エッセイスト)
「私が最も敬愛するKEIさん。その実母が後半現れた瞬間ビックリ!KEIさんに続き敬愛する奥崎謙三先生とそっくり!!…見所だらけ全編気の抜けない映画です。」 

ケロッピー前田(身体改造ジャーナリスト)
「家族とは、仲間とは、生きるとは、 壮絶な人生の果てにチカーノと出会い、 KEIが見つけた幸せを感じて欲しい。」 

空族 相澤虎之助(映画監督・脚本家)
「不良たちの生きざまを通してバブルと引き換えに“根”を断たれてしまった我々の姿が見えてくる。でもKEIさんの少しはにかんだ笑顔には、メキシコ移民を描いた映画『ミ・ ファミリア』の「実を蒔けばまた育つさ」というチカーノの言葉そのものが宿っていた。 」 

映画情報どっとこむ ralph ドキュメンタリー映画『HOMIE KEI〜チカーノになった日本人〜』 

4月26日(金)~:ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開。
5月以降:北海道 デイノスシネマズ札幌劇場 浦河大黒座、青森 青森松竹アムゼ、宇都宮 宇都宮ヒカリ座、横浜 横浜シネマジャック&ベティ、長野 シネマポイント、名古屋 シネマスコーレ、大阪 シネ・リーブル梅田、神戸 元町映画館、で公開が決定、その他全国公開

HP:http://homie-kei.com/


■あらすじ
1961年東京生まれのKEIは、親の愛情が乏しい家庭に育ち、ヤクザの道へ。
バブル時代に大成功を収めてハワイに進出するも、FBI囮捜査にはめられてアメリカの極悪刑務所へ収監される。そこでは日々抗争、殺人が絶えず、たった一人の日本人はいつ殺されてもおかしくない最悪の状況だった。

しかし、KEIは己の力と精神力で生き残り、いつしかチカーノという刑務所内最強のギャンググループと通じ合うようになる。メキシコ人でないと受け入れられないチカーノギャングの世界で、仲間として、家族として受け入れられたのだ。

彼らと強い絆で結ばれたまま出所し、日本へ帰国したKEIは、引きこもりなど問題を抱える少年少女を救済する団体を立ち上げ、奉仕活動を始める。仲間との再会、母親との確執、KEI自身の家族、チカーノたちが教えてくれたものとは——。

7年にわたる取材をもとに、様々な角度からKEIという男を描いた再生のドキュメンタリー。

***********************************

出演 KEI
監督 サカマキマサ / 撮影 加藤哲宏 / 編集 有馬顕 大畑創 Travis Klose音楽 原夕輝 / プロデューサー 中村保夫 YAS / 配給統括 守屋文人原案 東京キララ社『チカーノになった日本人』 『アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人』動画プロモーション エル・エー/ 宣伝ビジュアル カルファ / 宣伝協力 秋田書店 プロデューサー MASA  戸山剛 / 配給 エムエフピクチャーズ 制作プロダクション・配給協力 マウンテンゲート・プロダクション2019年|日本|カラー|5.1ch|ビスタ|DCP|73分©「HOMIE KEI~チカーノになった日本人~」製作委員会  


神谷明、伊倉一恵、一龍齋春水登壇!『劇場版シティーハンター』 宇都宮隆からメッセージ


映画情報どっとこむ ralph 2019年に長編アニメーション映画としてついに復活を遂げた! その名も『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』!

2月8日(金)に公開。全国251 のスクリーンで封切られた本作の興行成績は、土日の2日間で観客動員数179,980人、興行収入 257,118,420 円を記録!
公開4 日間《2/8(金)~2/11(月・祝)》は観客動員数 324,824 人、興行収入 451.596,920 円を記録する“もっこり”大ヒットスタート! アニメ作品では週末興行収入ランキング1 位に輝いた。

そんな大ヒットを受け、本日2月16日(土)に新宿バルト9にて大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、神谷明さん、伊倉一恵さん、一龍齋春水さん、こだま兼嗣総監督、諏訪道彦プロデューサー、植田益朗プロデューサー、小形尚弘プロデューサーが登壇しました。

『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』!
日付:2月16日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:神谷明、伊倉一恵、一龍齋春水、こだま兼嗣(総監督)、諏訪道彦プロデューサー(読売テレビ)、植田益朗プロデューサー(スカイフォール)、小形尚弘プロデューサー(サンライズ)

映画情報どっとこむ ralph 客席から登場した神谷さん、伊倉さん、一龍齋さんに会場からは大きな拍手と歓声が上がり、更に

神谷さん:待たせたな。俺を呼んだのは君だろ。

と劇中の台詞を使って挨拶すると、会場は一気に熱を帯びた。

公開から一週間が経ち、周囲からの反応を聞かれ

こだま総監督:この業界に携わっている人たちから大きな反響を受けております。

とコメント、現在声優学校の先生として教えているという

伊倉さん:生徒達が尊敬の目を向けてくれるようになりました(笑)鼻が高いです(笑)

と笑顔で語った。


神谷さん:ツイッターをやっているんですけども、昨日【厳しい目を持って観に行ったんですが、面白くて楽しかったです】というツイートを見てほっとしました(笑)声優になった時の夢が、【親子二代で観てもらえるように声優として長生きしたい】でした。今三代になりつつあります。もうちょっと頑張らないとね(笑)

とそれぞれ周囲からの反応について語った。

植田P:私はネットを探りまくって、悪いことを書いてるやつを潰しています(笑)スイーパーですから(笑)

と冗談を交えつつ、

植田P:色んな方から祝辞を頂きまして、本当に嬉しいです。今日こうしてここに立っていられるのも、皆さんのお蔭です。本当にありがとうございます。

と語った。
映画情報どっとこむ ralph 今だから話せる制作現場、アフレコ現場の裏話について聞かれ

こだま総監督:今回は新宿の街を描こうと思いまして。前のシリーズでは新宿の特定の場所が分かるようには描いていないのですね。ただ今回は映画という事で冴羽獠が生活している場所、そこに冴羽獠がいる、訪ねて行ける場所を映像できちんと出そうとしました。

とコメント。この話を受けて

諏訪Pがバスターミナル新宿についてと話しだすと

こだま総監督:元々脚本に入って無かったのに諏訪さんがいきなりバスターミナルで戦ってくれって言いだして(笑)

とバスターミナルが作品に登場した経緯を暴露してくれました。

神谷さん:音声だけ入ったDVDを貰って見せて頂いたんですけども、再放送で聞く冴羽獠の声と劇場版の声が違っているかなと思い、特に冒頭部分はもっと当時に寄せたい、皆様に違和感を感じられないようにしたいと思い、撮り直しをさせて頂きました、

とアニメ業界では異例である撮り直しを行ったことを明かした。

一龍齋さん:今回若い人たちが私達の演じているところをずっと見ていて背中に視線が刺さって(笑)自分が願っている音が出ないときに、『皆外に出て下さい』とお願いしてしまいました(笑)。

とアフレコ時の話を語った。また、小形Pが先輩である諏訪P、植田Pに対し

小形P:今回で諏訪さん、植田さんが業界から引退されるということで、そういう気持ちで作りました(笑)

と語り、諏訪P、植田Pからツッコミを受ける場面も!

映画情報どっとこむ ralph 今作の大ヒットを祝してTM NTEWORKの宇都宮隆さんからお祝いのメッセージが寄せられたことが司会から伝えられ、

宇都宮さん:改めて「劇場版シティーハンター」公開おめでとうございます。今回のシティーハンターのエンディング楽曲において、北条さん含め、スタッフの皆様満場一致でオリジナルの「Get Wild」を採用いただいたというお話を耳にして、とても嬉しく思います。2019年の今なお愛されるシティーハンター。今回の作品にも携われたこと、大変光栄に思うと同時に、心より感謝いたします。引き続き多くの方に見てほしい作品です。

とのメッセージに会場は歓声に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

神谷さん:“次”に繋がるように皆で頑張っていきたいと思います。どうぞなお一層、シティーハンターご贔屓の程お願い申し上げまーす!!

と挨拶、会場は割れんばかりの拍手に包まれて大盛況のまま終了した。



『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』 

公式サイト:
https://cityhunter-movie.com/
ソーシャルメディア公式アカウント:
@cityhuntermovie


裏社会に名を轟かす始末屋(スイーパー)にして、桁外れの女好き。仕事を受ける条件は美女の依頼か、依頼人の思いが心を震わせた時のみ…。人呼んでシティーハンター、冴羽 獠が帰ってきた!1985年、北条 司が『週刊少年ジャンプ』で連載を開始した『シティーハンター』。1987年にはTVアニメが放送スタートし、1999年放送のTVスペシャルまで至る大ヒットシリーズとなった。

そして、2019年――アニメ放送30周年記念プロジェクトとして新作長編アニメーションがその幕を開ける!声優陣は冴羽 獠役の神谷 明、槇村 香役の伊倉一恵をはじめ、オリジナルキャストが“奇跡”の再結集。獠に依頼をする美人モデル、進藤亜衣役に本作が声優初挑戦の飯豊まりえ、香の幼馴染で気鋭のIT企業経営者、御国真司役に山寺宏一、さらに特別出演としてチュートリアル・徳井義実がゲスト参加する。スタッフは初代監督にして今回総監督を務めるこだま兼嗣のもと、脚本の加藤陽一など、オリジナルスタッフと初参加のクリエイターを織り交ぜた布陣となっている。物語は本作の為に書き下ろされたオリジナルストーリー。20年の時を経て、伝説のアニメ『シティーハンター』の新たなる歴史が動き出す!

***********************************



原作:北条 司
総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」) 
脚本:加藤陽一(「妖怪ウォッチ」) 
キャスト:神谷 明、伊倉一恵、飯豊まりえ、山寺宏一、一龍斎春水、玄田哲章、小山茉美、大塚芳忠、徳井義実(チュートリアル)
チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦
キャラクターデザイン:高橋久美子・菱沼義仁
総作画監督:菱沼義仁
美術監督:加藤 浩(ととにゃん)
色彩設計:久保木裕一
撮影監督:長田雄一郎
編集:今井大介(JAYFILM)
音楽:岩崎 琢
音響監督:長崎行男
音響制作:AUDIO PLANNING U
アニメーション制作:サンライズ
配給:アニプレックス
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会