「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ『孤狼の血』ポスター&キャストコメント到着


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』から、本ポスタービジュアルが解禁!主要キャストの皆さんからコメントも到着しています!

今回解禁された本ポスタービジュアルは、主演の役所広司さんが演じる大上章吾、松坂桃李さん演じる日岡秀一のビジュアルがインパクト強く配置され、ハードボイルドな雰囲気が漂うビジュアルのポスター。

さらに真木よう子さん、江口洋介さん、 竹野内豊さん、石橋蓮司さんなど錚々たる豪華キャストの荒々しい姿も!

「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」

という印象的なキャッチコピーは、劇中での大上の台詞。この台詞からもわかるように、刑事にも 関わらず、常軌を逸した大上の捜査に、新人刑事で大上の下に配属された日岡は戸惑います。そんな中、とある失踪事件を発端に、対立する 暴力団組同士の抗争が激化していき…。

映画情報どっとこむ ralph さらに豪華キャストのコメントが到着!

役所広司( 大上 章吾 役)
「ダーティーな刑事としてやくざと警察の間を奔走する大上の存在は、汚れた世の中の歪みの象徴なのかもしれません。このご時世にこんな 男臭い映画を作る。そこに東映の心意気を感じました。この映画が若い方々や女性たちにどう伝わるのかは分かりませんが、男なら誰しも、 たとえ普段は大人しくても、本当は心の奥底に「暴れたい」という野性を眠らせていると思います。かつて男たちはこうした映画を劇場で観 ると、感化され、怒り肩で風を切るように街へ出て行ったものです。久々にそんな魅力を持った作品が誕生しました。だから「男たちよ、劇 場に来い!」。そう願います。」

松坂桃李(日岡 秀一 役)
「日岡は自分なりの正義を抱いて大上の後を付いていきます。上司と部下というコンビは、徐々にバディであり師や父のような関係性へと変 わっていき、それに伴って日岡の正義も形を変えていきます。男であれば、誰もが多かれ少なかれ大上の正義に憧れる瞬間があると思います。 一方でルールに沿った日岡の正義は、現代の倫理観の表れなのかもしれません。劇場の暗闇で血湧き肉躍るたくさんの“悪い事”が起こります。 「自分の正義を貫くとは?」それを観客へと問いかける、あっという間の約2時間です。」

真木よう子(高木 里佳子 役)
「里佳子はクラブのママという顔を通して呉原の裏世界に関わっています。そんな女性を演じるためには、ナンバーワンホステスとしての所 作や喋りを身に付けなくてはと、自分なりに予習を積みました。周囲の男性たちからもメロメロになるという腕の掴み方などを教わりました (笑)。途中、里佳子は激しい一面も見せます。その或るシーンで私のテンションが上がってしまい、監督から「やり過ぎです」と抑えが 入ったのは楽しい思い出でした(笑)。私から見てもカッコいい男たちだらけの見応えある作品です。女性の皆さんにもぜひ観ていただきた いですね。」

ピエール瀧(瀧井 銀次 役)
「この物語は話の裏側で「悪い人は悪いだけじゃない」し、「良い人も良いだけじゃない」ことを描いているので、実は画面に映っていない 部分や行間に大事なことが隠れている感じがしました。こういう激しい映画は出るのも観るのも好きです。どうせ観るならエグい方がいいし、 何らかの衝撃や感動、もしくは傷が残る方が、観る甲斐があるじゃないですか。白石監督にはこれからも好き勝手にやっていただきたいと 思っています。」

石橋蓮司(五十子 正平 役)
「やくざ役は久し振りでしたが、慣れた領分なので楽しくやらせてもらいました。敵対する尾谷組や警察を相手に、「どういじめてやろう か」、「どう説得してしまおうか」と策を練るのは五十子を演じる醍醐味でしたね。僕ら役者はこうした映画の中で発散できますが、とかく 今の日本において、どうも感情を激しく表に出す生き方は、やくざに限らず白い目で見られがちです。そのための鬱積が転じて、かえって突 拍子もない犯罪が起こることだってある。そんな事態を招くぐらいなら、時にはこういった映画を観て、大いに発散していただきたいと思い ます。」

江口洋介(一之瀬 守孝 役) 「初のやくざ役でしたが、映画や資料を通じて、一般常識では計り知れない裏社会の常識や、力で力を制するという哲学を自分なりに学んで 臨みました。尾谷組は小さな組で、義理と人情と面子を重んじる。80年代という時代を背景に、そういう昔気質の組織の生き辛さと息苦しさ の中から、一之瀬という男を手探りで組み立てていきました。昔のやくざ映画や警察映画とはまた違った、生々しい魅力を持った映画になり ました。白石監督にとって、東映にとって、そして僕ら俳優にとって、新たな名刺代わりの一本として皆さんに届けば嬉しいですね。」

映画情報どっとこむ ralph 男たちはそれぞれが信じる「正義」を貫き、ラストに向けて物語は加速する…!

白石和彌監督x東映 衝撃作、

映画『孤狼の血』は5月12日(土)ロードショー!

物語・・・
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜 査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


北原里英、白石和彌監督『サニー/32』トークショーの模様を緊急生配信!


映画情報どっとこむ ralph そして、SHOWROOMに〈サニー〉降臨。
劇中さながらサニーの「キタコレ!」シーンを、まさかの再現・・・!?


昨年8月、キャプテンを務めるNGT48・並びにAKB48グループからの今春卒業が決定し、卒業後女優としての活躍を誓った北原里英が女優業を本格始動する第一弾作品、映画『サニー/32』は公開中。

この度ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOMショールーム」において、2月24日(土)14:40〜「スペシャルトークショー&サニー降臨。キタコレ!お悩み相談!」の配信が決定しました。

NGT48北原里英グループ卒業発表後初の主演映画『サニー/32』の公開を記念して実施する、本編上映後のスペシャルトークショーの模様を緊急生配信が決定しました。

そして、その後なんと!SHOWROOMに〈サニー〉降臨。

劇中さながらサニーの「キタコレ!」シーンを、まさかの再現・・・!?視聴者からのお悩みを聞いて、北原里英<サニー>がその場で答えます!その模様をSHOWROOMにて独占・生配信!

当日は、北原里英さん(NGT48)のほかに、白石和彌監督も出演。

映画情報どっとこむ ralph 番組:こちら

配信日程: 2018年2月24日(土)
14:40〜「スペシャルトークショー」
15:30〜「サニー降臨。キタコレ!お悩み相談!」
※当日の状況によって時間が変更となる可能性がございます。

出演者:北原里英(NGT48)、白石和彌監督

SHOWROOMは、ルーム内のハートマークを押して番組をフォローすることで、
番組開始時にお手持ちのスマートフォンに通知が届きます。ぜひ事前にご準備ください。
無料会員登録方法はこちら

映画情報どっとこむ ralph 映画『サニー/32
全国公開中
公式サイト:
http://movie-32.jp/
公式Twitter:
@32_movie

≪STORY≫
冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。
雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁。柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。
“サニー”とは――世間を騒がせた「小学生による同級生殺害事件」の犯人の通称。
そのいたいけなルックスゆえに「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」とネットなどで神格化、狂信的な信者を生み出すことに。この“サニー事件”から14年目の夜、二人の男によって拉致監禁された赤理。赤理は正気を失っていきながらも、陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みるが、それは驚愕の物語の始まりにすぎなかった。



***********************************

出演:
北原里英
ピエール瀧・門脇 麦・リリー・フランキー
駿河太郎 音尾琢真(特別出演)
山崎銀之丞 カトウ シンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門
松永拓野 蔵下穂波 蒼波 純

スーパーバイザー:秋元 康 脚本:高橋 泉 音楽:牛尾憲輔
監督:白石和彌
主題歌:「pray」牛尾憲輔+田渕ひさ子

製作:永山雅也・間宮登良松・三宅容介
エグゼクティヴプロデューサー:千葉善紀 企画:石田雄治
プロデューサー:高橋信一・押田興将
撮影:灰原隆裕 美術:多田明日香 照明:谷本幸治
録音:浦田和治 装飾:佐々木健一 音響効果:柴崎憲治
編集:加藤ひとみ キャスティング:安生泰子 衣裳:高橋さやか
ヘアメイク:有路涼子 助監督:佐和田 惠 制作担当:宮森隆介
企画・製作幹事:日活 
製作:日活・東映ビデオ・ポニーキャニオン
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:日活
協力:新潟県フィルム・コミッション協議会・長岡フィルムコミッション
Ⓒ2018『サニー/32』製作委員会
   


ドウェイン・ジョンソン「キョダイカガトマラナイ!」『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンの主演最新作『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:RAMPAGE)の日本公開が、5月18日(金)に決定しました!(全米公開は2018年4月20日予定)。

本作は1986年に発売されたアーケード・ゲーム[RAMPAGE]を基に製作され、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるというストーリー。更に世界最高の視覚効果VFXチーム「ウェタデジタル」社がCGを担当し巨獣達をリアルに表現されています。

映画情報どっとこむ ralph この度ドウェイン・ジョンソンの日本だけの特別コメント付き特報が解禁に!!

ドウェイン:よぉ!オレはドウェイン・ジョンソン

と自ら日本語で名乗り・・・

ドウェイン:今日日本のみんなに見てもらいたいのはカッコいい日本限定の予告編だ。日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなる!

とが作品の魅力を語り、すると最後に何度も練習したという日本語で

ドウェイン:キョダイカガトマラナイ!

を、ノリノリで披露しております。



特報は、巨獣たちが続々と参戦し、大都会を舞台に人間そっちのけで大乱闘するド迫力の映像!!インパクトあり過ぎな“巨大化が止まらない!”の言葉と共に突如現れたのは、大暴れする白い毛色のアルビノ種ゴリラ!!

ゴリラだけでなく何故かオオカミも到底考えられないサイズへと巨大化し、大暴走!!人間に牙を剥き、ヘリコプターに飛び掛かる。それを見た人々は「動物たちに異変が」「いったい…?」と戸惑いを隠せない…。

謎のガスを浴びて、普通サイズだったゴリラの身体がどんどん巨大化!!そして巨獣と化したゴリラは檻を破壊し、人を投げ飛ばし、所構わず暴れまくり、さらに凶暴化!!

都会のど真ん中で雄叫びをあげ、巨大なオオカミと共に、戦車を吹き飛ばし、高層ビルまでもブッ壊す!!さらには翼のある巨獣までもがビルを破壊しながら参戦し、街を舞台に大乱闘する!!

終盤には、「まだ他にもいるのか?」と水中にいる新たな巨獣の登場を期待させ、さらなる大乱闘を予感させる。

映画情報どっとこむ ralph
一体なぜ巨獣たちは同じ街に集まり、破壊を続けるのか?そして彼らはどこまでデカくなるのか?!人間には彼らを止める術があるのか。巨大化し続ける獣達が続々と登場する大迫力な映像となっている。

ランペイジ 巨獣大乱闘

原題:RAMPAGE の意味は大暴れとか暴れまわるです!

2018年5月18日(金)より全国公開

公式サイト:rampagemovie.jp
公式Twitter:@warnerjp

#巨獣大乱闘

物語・・・
ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

***********************************


監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルドスピード』シリーズ)、ナオミ・ハリス(『ムーンライト』)、マリン・アッカーマン(TV「ビリオンズ」シリーズ)、ジェイク・レイシー(TV「GIRLS/ガールズ」シリーズ)、ジョー・マンガニエロ(TV「トゥルーブラッド」シリーズ)、ジェフリー・ディーン・モーガン(TV「ウォーキング・デッド」シリーズ)


映画『いぬやしき』MAN WITH A MISSIONが主題歌!本予告映像も到着


映画情報どっとこむ ralph 「GANTZ」の原作者・奥浩哉先生がそのエッセンスを取り込みながらも、リアルな日常と非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画「いぬやしき」。

昨年10月からはフジテレビ・ノイタミナ枠でアニメが放送され、その衝撃的な内容で大きな反響を呼びました。注目を集め続ける「いぬやしき」が、「GANTZ」を2部作で実写映画化した佐藤信介監督の手によって、主人公・犬屋敷壱郎:木梨憲武さん vs 高校生・獅子神皓:佐藤健さんで写映画化“新感覚バーチャルムービー”として4月20日(金)に公開となります!

その主題歌を、大人気バンド「MAN WITH A MISSION」が制作!

「MAN WITH A MISSION」は、頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5匹で構成される、日本を代表するロックバンド。映画のプロデュース陣は「世界と戦える大作に挑戦」というテーマを掲げており、主題歌も世界に通用するアーティストにお願いしようと決意し、そこで彼らと出会いました。

国内の人気だけに留まらず、海外のオーディエンスからも熱烈な支持を受けていること…、“究極の生命体”である「MAN WITH A MISSION」と“究極の力”を手に入れる「犬屋敷」…、グループ名の「MAN WITH A MISSION(使命を持った男)」…、そして、“いぬ”と“オオカミ”という動物的親和性…。様々な条件・共通点から、プロデュース陣は「このバンドしかいない!ワンだウルフ!!(Wonderfull)」と、熱烈オファー! メンバーが元々原作のファンであったということもあり、すぐにオファーを快諾。アニメ「いぬやしき」でもオープニングテーマ曲を制作し、今回、映画『いぬやしき』のために、新曲「Take Me Under」を書き下ろしました!

戌年である2018年、“いぬ”と“オオカミ”が、イヌ科最強タッグを結成します!

映画情報どっとこむ ralph 同バンドのボーカル&ギターのジャン・ケン・ジョニーさんと木梨さんからコメントを

ジャン・ケン・ジョニー(Gr.&Vo.)さんからのコメント
イチ早ク映画ヲ観マシタガ、原作ノエッジガ効イタ世界観ヲソノママニ、プラスシテ人間ドラマノ温モリトテーマノ重厚サヲ更ニ深ク感ジサセラレマシタ。演者ノストーリートキャラクターヘノ憑依度トイウノダロウカ、凄イノ一言。原作サナガラニコミカルナノニ不安ト哀シサモ滲マセツツ、心許ナクモ確固タル覚悟ト正義感ヲ持ッテ機械化シテ闘ウ木梨憲武さんハ必見デス。凄イ姿ニナリマスヨ。マヂデ。自分達ノ楽曲「Take Me Under」モダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ。映画「いぬやしき」トトモニ楽シンデ下サイマセ!

木梨憲武さんからのコメント
最高にステキな楽曲!不思議な光を浴びて私もオオカミになり、MAN WITH A MISSIONと一杯やりたいです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、その主題歌が入った本予告映像もついに解禁!



期待を軽々と超える映像を生み続ける、佐藤信介監督の本領発揮! アップテンポの主題歌とともに流れる映像では、日本最高峰の技術が集結された驚愕のCGとド迫力のアクションの連続!  

高層ビル群の間、ヘリコプターの上、そして都庁展望台…。新宿上空を飛び回りながら繰り広げられる“ジジイVS高校生”の新次元バトルは、映像の中に“トリップ”したかのような新感覚に陥ります!


主題歌情報 
主題歌:MAN WITH A MISSION 「Take Me Under」


≪発売日≫
MAN WITH A MISSION「Take Me Under」
2018年4月18日(水)

映画情報どっとこむ ralph
いぬやしき

4月20日(金)全国東宝系にてロードショー!  

公式サイト
http://inuyashiki-movie.com/

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。
強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

***********************************

監督:佐藤信介
『GANTZ』(2011年公開 興行収入:34.5億円)
『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開 興行収入:28.2億円)
『図書館戦争』(2013年公開 興行収入:17.8億円)
『アイアムアヒーロー』(2016年公開 興行収入:16.2億円) など

<原作> おく奥ひろ浩や哉『いぬやしき』(講談社「イブニング」所載)
その他代表作:「GANTZ」(累計発行部数2100万部突破) など
©2018「いぬやしき」製作委員会 
©奥浩哉/講談社


ドウェイン・ジョンソン 『スカイスクレイパー』9月日本公開決定!超高層ビルで大暴れ!!予告到着!


ドウェイン・ジョンソン 『スカイスクレイパー』9月日本公開決定!超高層ビルで大暴れ!!予告到着!

映画情報どっとこむ ralph この度、『パシフィック・リム』、『ジュラシック・ワールド』、『キングコング:髑髏島の巨神』のレジェンダリー・ピクチャーズが贈る最新アクション・エンターテインメント超大作『SKYSCRAPER』(原題)が、邦題『スカイスクレイパー』として9月より日本公開することが決定!

あわせて、規格外の超高層ビルが遂にベールを脱ぐ第一弾予告が到着しました!


物語の舞台は香港にそびえ立つ1000メートル超えの超高層・超豪華ビル「ザ・パール」。

とある事件で片足を失い義足となった元FBI人質救出チーム隊長の主人公ウィルが、警察に追われ、謎の組織から狙われながらも、史上最大の高層ビルから愛する家族を救い出す、大迫力の救出アクション・エンターテインメント。


主演を務めるのはWWEのスーパースターとして“ロック様”の名で絶大な人気を誇った肉体派俳優ドウェイン・ジョンソン!!

数々のアクション映画で活躍するドウェインが、片足を失い義足となった父親として愛する家族を守るために超高層ビルで大暴れします!

メガホンを取るのは『ドッジボール』『なんちゃって家族』『セントラル・インテリジェンス』などを手掛けたローソン・マーシャル・サーバーです!

映画情報どっとこむ ralph 『スカイスクレイパー』

あらすじ・・・

香港、ビクトリア湾の一角に優雅にそびえ立つ史上最大の超高層ビル「ザ・パール」。

元FBI人質救出チーム隊長のウィルはこのビルの98階に家族とともに暮らしている。

ある日ビルのオーナーであるツァオに呼ばれたウィルは、ビルの安全管理システムを24時間以内に分析せよと依頼を受け、ビルのアクセス権限のマシンコードを託されるが…。
公式サイト:
skyscraper-movie.jp
公式Twitter:
twitter.com/JP_Skyscraper

***********************************

監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン ネーヴ・キャンベル パブロ・シュレイバー チン・ハン他
原題:SKYSCRAPER
全米公開:7月13日
© Universal Pictures