「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

役所広司、松坂桃李、江口洋介ら12名登壇!映画 『孤狼の血』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 5月12日(土)公開、昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画 『孤狼の血』。

本作の公開を記念して、4月25日(水)に丸の内TOEIにて、完成披露試写会が行われ、本作出演の役所広司さん、松坂桃李さん、江口洋介さん、真木よう子さん、竹野内豊さん、ピエール瀧さん、中村倫也さん、音尾琢真さん、伊吹吾郎さん、阿部純子さん、白石和彌監督、原作者の柚月裕子先生が登壇しました。


映画 『孤狼の血』完成披露試写会
日付:4月25日(水)
丸の内TOEI
登壇:役所広司、松坂桃李、江口洋介、真木よう子、竹野内豊、ピエール瀧、中村倫也、音尾琢真、伊吹吾郎、阿部純子
白石和彌監督、柚月裕子先生(原作者)

映画情報どっとこむ ralph 当日イベントの開始前には、丸の内TOEIの前に平日とは思えないほどの人だかりができ、なんと歩道に寄せられたトラックステージからイベントの登壇者がサプライズ登場!

映画『孤狼の血』のイメージカラーである“黒×黄”のタキシードやドレスを身にまとった豪華キャスト陣、監督、原作者の姿に集まっていた900人以上の観衆だけでなく、偶然通りかかった人々からも歓声が上がり、大きな盛り上がりを見せました。
映画情報どっとこむ ralph イベントでは、MCの呼び込みで各キャストが登場。

最後に登場した役所さんの時にのみ、BGMの音量が上がり

役所さん:僕が頼んだわけじゃありませんが…。

との挨拶により、会場は一気に朗らかな雰囲気になりました。


MCから、それぞれ映画『孤狼の血』に出演しての感想を聞かれ、

松坂さん:警察の役をやったというより、役所さんとバディを組ませていただけたことが宝です。きっと映画を観終わったあと“羨ましい…!”と思っていただけると思うのですが、今回作品の中で役所さんが使われていたライターをいただきました。濃厚な関係性で過ごせたことが、本当に宝になりました。

と語り、

役所さん:松坂くんとは二度目の共演ですが、今回は一緒のシーンが多く、楽しかったです。素晴らしい役者さんだと思いました。

と絶賛。

さらに、極道側の人間を演じた江口さんは

江口さん:”仁義なき戦い”があり、それからVシネマブームがきて、オールバックの男たちが格好良く生きていた時代の時間が止まっていたような感じがしていましたが、今回この映画が新しい突破口になればと思います。

と作品への思いをコメントし、江口さんの部下を演じた中村さんは

中村さん:ご覧の通り、いまだにタバコを買うと年齢確認をされる童顔の僕が左手に注射器、右手に拳銃のよ うなエキセントリックな役を白石監督に振っていただいて、一生懸命演じました。だめだったら監督のせいにしようと思います。


と述べ、 会場の笑いを誘いました。

また、組長を演じた伊吹さんは

伊吹さん:実録物を東映で作ろうという話になり、最初にできたのが“仁義なき戦い”で、その筋の方に本当にご指導いただいたり、あの時代だからこそできた作品でした。今の時代に極道を扱う作品を企画するというのは、東映のスタッフの方も非常に大変だったでしょう。

と過去を振り返って、コンプライアンスを乗り越えてのスタッフを労いました。

そんな伊吹さんと敵対する組の若頭を演じた竹野内さんは

竹ノ内さん:今まで良い人の役が 多かったんですが、今回白石監督からこのような役をいただいて、こんなすごいキャストの中で演じさせていただけて嬉しかったです。

と普段とは違う役柄をアピール。

映画情報どっとこむ ralph
作品の中でも印象的なキャラクターを演じて

音尾さん:白石監督から“音尾くんパンチパーマにできる?”と 言われて、地毛をパンチパーマにして現場に挑みました!撮影後、パンチパーマをとくために坊主にしたら、意外にも坊主の役で仕事が繋がってしまい坊主俳優になりつつあります。人生が変わりました。

とコメントし、観客からは笑いが起こりました。

そして

ピエールさん:試写会にお着物でいらっしゃっている方がいるので、重厚で、かちっとした映画に見えて良いですね。映画の内容も それにふさわしいものになっております。

と作品の印象を語りました。


キャストからのコメントを聞き、

白石監督:東映と言えば実録やくざもののイメージがある中で、現代にそれに近いものを作ろうとしたとき、誰を起用すればいいのかと考え、自分が本当に一緒に仕事をしたい人たちに声をかけ集まっていただきました。皆さん本当に映画の中で良い顔をされています。

と作品を共に作り上げたキャスト陣を語りました。 また、熱い男たちの中で強くしなやかに生きる女性を演じた真木さんは

真木さん:オールキャストが切磋琢磨するクラブのシーンを間近でみて、“格好良い…!”と思ったのと同時に、自分が男性だったら自分もやってみたいなと思うような、ちょっとうらやましいくらい格好良いものに なっています。

と作品の魅力を述べ、ミステリアスな女性を演じた

阿部さん:格好良いな、熱いな、と思いました!みぞおちのあたりをぐっと掴まれるような熱さを感じました。出演させていただいている身でありながら、作品のファンになり、このギラギラした男たちに惚 れこんでしまいました!

と実際に出来上がった映画を観た感想を述べました。

そして、原作者の柚月先生は、映像で観た『孤狼の血』について聞かれると

柚月先生:原作を書いた時も、“男”を全面に出そうと書いた作品ですが、 映像はすごいですね。私が考えていた以上に、ダイレクトに格好良さを感じていただけると思います。

と本作の迫力を語りました。柚月先生のコメントを受けて、映像化の苦労を聞かれ

白石監督:時代設定が現代ではないので、どう映像にしていくかがとても重要でした。呉の 人々の協力、スタッフやキャストが一丸となって、戦う男たちの世界を作ってくれました。苦労はあったのですが、こうやって出来上がっ てしまうと、苦労は何一つ覚えておらず、充実した時間だったなと思います。

と晴れやかにコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、これから映画を観る方へコメントを求められ

役所さん:白石監督に最初に会ったときに“元気のある日本映画”を作りたいと言われ、それを作るために頑張りました。やくざ役の皆さんも根が不良なので、生き生きされてましたし、真木さんや阿部さんは華を添えてく ださいましたし、僕と松坂くんは正義の味方をやっております。

とジョークを交えてコメントし、会場が笑いに包まれたままイベントは幕を閉じました。

​映画『孤狼の血

5月12日(土)ROADSHOW

公式HP:
www.korou.jp​

物語・・・
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。​
***********************************


キャスト:

役所広司 松坂桃李
真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 ​

石橋蓮司 ・ 江口洋介 ​

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊) 
監督:白石和彌 
脚本:池上純哉 音楽:安川午朗 
撮影:灰原隆裕 
照明:川井稔 録音:浦田和治 
美術:今村力​

企画協力:株式会社KADOKAWA 
製作:「孤狼の血」製作委員会 
配給:東映 上映時間:126分 
©2018「孤狼の血」製作委員会
     


遠藤憲一主演×きうちかずひろ監督犯罪エンターテインメントムービー『アウト&アウト』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度『藁の楯』原作者の木内一裕の、クール&スマートな犯罪エンターテインメント小説『アウト&アウト』(講談社文庫刊)が、映画化されることが決定いたしました。本作はすでに完成し、2018年秋の全国ロードショーが決定しております。

映画化もされ話題となった『藁の楯』の小説家として知られる“木内一裕”。
『ビー・バップ・ハイスクール』で一世を風靡した漫画家であり、数々の傑作犯罪映画の監督でもある“きうちかずひろ”。

一癖も二癖もある魅力的なアウトローたちが織りなす犯罪エンターテイメント小説 『アウト&アウト』(講談社文庫刊)を、原作者自らが監督を務めて完全実写映画化。

小学二年生の少女、栞と二人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能の元に、一本の依頼の電話が入る。指定された場所に向かうと依頼人はすでに拳銃で撃たれた死体となっていた。事件の容疑者にされかねない矢能は迅速に対応を始めるが、事態は思いもよらぬ方向へと転がっていく!

映画情報どっとこむ ralph 主演は遠藤憲一!
血のつながらない少女との絆、愛情・・・人間ドラマも必見。
主演の矢能を演じるのは、遠藤憲一。
元ヤクザの探偵と小学生の女の子、というあり得ない名コンビがここに誕生!?  二人の思わずクスリとしてしまう微笑ましい掛け合いが生む異色のバディムービー感に加え、無愛想だが優しい元ヤクザの探偵を遠藤が 男の色気たっぷりに熱演! 血のつながらない少女との絆と愛情が丁寧に描かれつつ、大どんでん返しが待ち受けるラストまでの痛快な疾走感がたまらない、至極の犯罪エンターテインメントムービー!

映画情報どっとこむ ralph 遠藤さんときうち監督がコメントしています。

遠藤憲一コメント

撮影が始まるといろいろアイディアが浮かんできます。

自分の癖で「監督、ここはこうやってみてもいいですか?」とアイディアを形にして見せることも多いのですが、今回は監督の中でイメージが明確にあったようで、途中からはすべて監督の言うとおりに演じました。語尾の変更も許されません。

ちゃんと演じきれているのかだんだん不安になったこともあります。

そして、『アウト&アウト』は完成し試写を迎えました。何といっても登場人物全員が魅力的。監督の言う通りに演じて良かった!皆さんも是非、きうち監督の美学を楽しんで下さい!


きうち監督コメント

映画「アウト&アウト」は私の7本目の監督作品であり、長編映画としては実に18年ぶりの監督作品です。ちなみに原作者(きうちかずひろ&木内一裕)としての34本目の映像化作品でもあります。「原作者が自らメガホンを取った」などと言うと、小説家が映画監督に手を出したかのように思われがちですが私の場合は違います。映画監督が小説を書き、その小説が映画化されるに当たってベストの監督を選んだ、ということなのです。私は原作者として、脚本家として、監督として、そして製作者の一人として、この映画を作る過程でずっと戦い続けました。プロデューサーとも、俳優とも、予算とも、過酷なスケジュールとも、日本の映画製作の現状とも。幸い優秀なスタッフが結集してくれたお蔭で、その全ての戦いに勝利し、絶対的な自信を持ってお届けできる映画が完成しました。さて、この自信が真実のものなのか、それともハッタリなのかは、ぜひスクリーンで、ご自身の眼でお確かめ下さい。

映画情報どっとこむ ralph アウト&アウト

2018年秋、全国ロードショー

映画公式サイト:
out-and-out.jp

***********************************

原作:木内一裕「アウト&アウト」(講談社文庫刊)
監督:きうちかずひろ
製作:東映ビデオ 制作プロダクション:東映東京撮影所
製作委員会:東映ビデオ、木内一裕事務所、講談社、東北新社、サンセイR&D、博報堂DYMaP
配給:ショウゲート
宣伝:東映ビデオ 
(C)木内一裕/講談社
(C)2017「アウト&アウト」製作委員会


音尾琢真 映画『孤狼の血』全身刺青の極道の構成員場面写到着!


音尾琢真 映画『孤狼の血』全身刺青の極道の構成員場面写到着!

映画情報どっとこむ ralph この度、5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』より、音尾琢真さん演じる、加古村組構成員・吉田滋の新場面写真が解禁。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法 成立直前の広島。
役所広司さん演じる大上章吾、松坂桃李さん演じる日岡秀一が所属する、呉原東署と対立する暴力団組織・加古村組。

組長の加古村 (嶋田久作)や若頭の野崎(竹野内豊)など、個性的な面々が揃う加古村組の中でも、強烈な存在感を放つ構成員の吉田滋を演じるのは、今 や” 白石組“に欠かせない、俳優・音尾琢真さん。

一之瀬(江口洋介)が若頭を務める尾谷組の”シマ”にある「クラブ梨子」のママ・リコ(真木よう子)に迫り、怪しげな笑みを浮かべる吉田だが、
先日解禁になった予告編では、全裸でベッドに縛られ、大上(役所広司)に刃物を突きつけられる衝撃的な姿も…。
キュッてなるメッチャ ヤバいシーンです。


「白石監督作品に参加できることは僕の生き甲斐になっているので、この上ない幸せです」

と語り、白石作品にはどんな役でも出演したいという音尾。

本作では全身に刺青を入れた姿も披露。

吉田の行動がきっかけで、燻っていた尾谷組と加古村組の抗争の火種が激化していく原因を作るなど、本作でも重要な役どころ を演じています。

映画情報どっとこむ ralph 2016年版国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

映画『孤狼の血

公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!
***********************************

キャスト:役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)

監督:白石和彌
脚本:池上純哉 音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕 照明:川井稔
録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
    


トム・クルーズ『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』WEB限定ポスター世界初出し! 日本先行解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計興収3000億円以上(※1ドル=109円換算)、トム・クルーズが伝説的スパイ イーサン・ハントを演じる
大人気スパイアクション映画『ミッション:インポッシブル』。その最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が8月3日(金)より日本公開となります。

この度、トム・クルーズがヘリから落下寸前の究極の超絶スタントに挑む日本先行WEB限定ポスタービジュアルが到着しました!

先日、特別映像の解禁では、2000時間の飛行訓練の末、トム自ら “ヘリコプター”まで操縦していることが明かされ、世界中を驚かせ、全世界がその続報を心待ちにする本作。ここ日本でも『ミッション:インポッシブル』ファンの熱い期待に応えるべく、配給会社が交渉を重ね、その第2弾WEB限定ポスタービジュアルを、特別に日本で先行解禁されることに!

今回解禁されたポスタービジュアルでは、予告映像解禁時に話題となった、高空を飛行するヘリコプターにしがみついたトム演じるイーサン・ハントが、決死のミッションを遂行する姿を捉えています。ヘリにつかまったトムの遙か下方には山脈が見え、とんでもない高度でアクションが展開されていることが窺い知れます。
映像内では、そのヘリから振り落とされ、地上へと落ちていくイーサンの衝撃的な姿が映し出されていますが、果たしてイーサンは、今回のミッションを無事遂行させることができるのか?最新作では、シリーズ史上最高高度でのスタントが繰り広げられると噂されるなど、ポスターの<究極の不可能へ>という言葉からうかがい知れるように、史上最大・最難関のミッションがイーサン・ハントを待ち受けています。

映画情報どっとこむ ralph また、3月2日から発売が始まっているムビチケオンライン券は、購入することで、イーサン・ハントが所属するスパイ組織IMFの極東支部のエージェントになることができるという豪華特典付き!ムビチケオンライン券を購入したエージェントには、映画公開までの期間に定期的にミッションが発令され、ミッションを遂行した一部エージェントには、豪華特典を受ける権利が与えられる可能性があるという、業界初の試みとして話題を集めています。

※ムビチケ購入キャンペーンサイト:こちら

映画情報どっとこむ ralph ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

公式HP:
http://missionimpossible.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp 
ハッシュタグ:#mijp

物語・・・
何者かに複数のプルトニウムが盗まれた。標的は<3つの都市>。イーサン・ハントとIMFチームは、
その“同時核爆発を未然に防ぐミッション”を受ける。猶予は72時間、だが手がかりは薄く、“名前しか分からない正体不明の敵“を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。
タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMFに立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェントのウォーカーで、イーサンは彼との対決を余儀なくされる。

そして、いくつもの<フォールアウト(予期せぬ余波)>が絶体絶命のイーサン・ハントに降りかかる。

今度のミッションの不可能は一つではなく、連鎖してたたみ掛けるようにIMFに迫る!!


***********************************

日本公開:8月3日(金)
全米公開:7月27日(金)予定
監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、
ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  


イ・ビョンホン韓国歴史大作『天命の城』ポスタービジュアル&予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『トガニ 幼き瞳の告発』『怪しい彼女』の俊英ファン・ドンヒョクが監督を務め、イ・ビョンホンとキ ム・ユンソクをW主演に迎えた歴史大作『天命の城』が6月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国 ロードショーとなります。

極寒の地で繰り広げられる朝鮮王朝の存亡を賭けた男たちの熱き 47 日間の闘い

ポスタービジュアル&予告編が解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 1636 年、丙子の役。
明の衰退により清が朝鮮にも進出を始め、その大軍に朝鮮国王・ 仁祖と朝廷は南漢山城への籠城を余儀なくされる。国王・仁祖をはさみ、朝鮮の未来を 見据えるチェ・ミョンギル(イ・ビョンホン)と、キム・サンホン(キム・ユンソク)の意見は激し く対立していく。屈辱の降伏か、死を覚悟して戦うか、僅かな兵力と食料しかない孤立無 援の状況となった彼らの、一国の存亡をかけた壮絶な 47 日間の真実の闘いを描いた歴 史大作となっている。

ドンヒョク監督は原作を読み、「まるで詩のようにも感じさせる二人の 論議と言葉が素晴らしく、十分に映画のセリフで活かしたかった。とても美しく哲学的な 言葉の数々が、互いにぶつかり合いながら出るエネルギーと哀しみがこの映画の一番大 きな見どころであると思う。」と映画に込めた思いを語っている。

撮影では、手先も凍る厳しい寒さと風景をリアルに再現するため 平昌にオープンセットを作り 11 月から 5 か月間にも及ぶオールロケを敢行しており、風と吹雪が吹き続ける南漢山城を自然に表 現した。韓国的な感性を越え、普遍的な共感を呼び起こす挑戦的で新しい音楽にしたいというドンヒョク監督と意を共にした坂本 は、韓国の伝統音楽と原題西洋の交響楽を合わせたスコアを完成させた。

スタッフ&キャストの徹底したこだわりのもと製作された 臨場感あふれる映像美と迫力を重厚なサウンドの中で堪能できる予告編となっている。

映画情報どっとこむ ralph 天命の城
原題:남한산성
http://tenmeinoshiro.com/

6 月 22 日(金)より TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー


監督を務めたのは『トガニ 幼き瞳の告発』や『怪しい彼女』のファン・ドンヒョク。
主演には 王と民が生き延びることを第一に考え、清との和平交渉を主張する吏曹大臣チェ・ミョンギ ル役にハリウッドでも活躍するトップスター、イ・ビョンホン。
そしてもう一人、大儀と名誉を重 んじ最後まで戦うことを主張する礼曹大臣キム・サンホン役に『チェイサー』『哀しき獣』のキ ム・ユンソクを迎えた。

2 人の大臣の対立の中で決断を迫られる朝鮮国王・仁祖には『神 弓-KAMIYUMI-』のパク・ヘイル、山城の鍛冶屋役にコ・スと、韓国映画界を代表する 俳優陣の豪華共演となっている。

また、今回音楽を手掛けた坂本龍一は本作が監督映 画念願の初参加となっている。

***********************************

監督:ファン・ドンヒョク『怪しい彼女』『トガニ 幼き瞳の告発』
音楽:坂本龍一
出演:イ・ビョンホン『王になった男』
キム・ユンソク『哀しき獣』
パク・ヘイル『神弓-KAMIYUMI-』
コ・ス『マルティニークからの祈り』

ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION and SIREN PICTURESALL RIGHTS RESERVED
2017 年/韓国映画/139 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
字幕翻訳:根本理恵//提供:ツイン、Hulu
配給:ツイン