「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

フライパン、ホース、女スパイは何でも武器に『アトミック・ブロンド』


映画情報どっとこむ ralph シャーリーズ・セロンが女スパイ『アトミック・ブロンド』が10月20日(金)より日本公開されます。
The Coldest City



この度、本作の新画像が解禁。
今回解禁されたのは、シャーリーズ・セロン演じるロレーン・ブロートンがどこかの部屋に侵入しているところ、警察に見つかり、脱出を図るシーン。本作の見どころのひとつである、シャーリーズ・セロンの体を張ったアクションが垣間見えるシーンとなっています。

このシーンで注目なのは女性スパイであるロレーンが様々な道具を使って相手を倒していくところ。本作でジェームズ・ガスコインを演じ、さらに第2班の監督を務めたサム・ハーグレイブはロレーンの戦闘スタイルを「(『ダイ・ハード』(88)の)ジョン・マクレーンを複雑にしたもの」と語ります。ロレーンは決して握りこぶしで直接殴ったりはせず、広げた手や拳を横にして打ち、すばやく肘で突き、手のひらでたたき、男が1発殴る間に3発殴ります。周囲にある物、目に入った物を何でも武器にします。

また、室内でかかっているジョージ・マイケルの「ファザー・フィギュア」にも注目。
ワム!のメンバーとして活躍したジョージ・マイケルの代表作の一つであり、先日、グラミー賞4冠の歌手サム・スミスがライブでカバーを披露したことでも再度注目を浴びている「ファザー・フィギュア」。このスローリーでムーディーな曲調と素早いアクションシーンのコントラストもアクションシーンを際立たせています。

物語・・・
1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?
公式HP http://atomic-blonde.jp/ 
Twitter @atomicblonde_jp/

***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)

キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他 

2017年/アメリカ映画/115分

配給:KADOKAWA 
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 


リスペクト溢れるイタリア映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』ブルーレイ&DVDで発売決定!!


映画情報どっとこむ ralph 今回は、日本へのリスペクトが炸裂する、イタリア発のダークヒーロー・アクション映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、ブルーレイ&DVDで発売決定!!

日本へのリスペクトが炸裂する、イタリア発のダークヒーロー・アクション映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、ブルーレイ&DVDで発売決定!!

近年新たな波が巻き起ころうとしているイタリア映画界から、日本カルチャーへのリスペクト魂みなぎる本格的ダークヒーロー・エンタテインメント『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』が誕生。

本国で大ヒットを記録し日本でもその斬新さに業界騒然となった本作のブルーレイ&DVDが、2017年12月20日(水)に発売されることが決定しました。

テロの脅威に晒されるローマ郊外。
孤独なチンピラとして裏街道を歩くエンツォは、ふとしたアクシデントから超人的なパワーを得てしまう。私利私欲のためにその力を使うエンツォだったが、ある出会いと別れから正義に目覚めていき、悪との壮絶な闘いに身を投じていく。

マイネッティ監督×永井豪×水木一郎『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』来日イベントでの一枚
本作の原作は、1975年に日本で放送開始され1979年にはイタリアでも放送されて大人気を呼んだ永井豪によるアニメ「鋼鉄ジーグ」。

少年時代から日本アニメの大ファンだった、気さくなオタク:ガブリエーレ・マイネッティ監督がこの「鋼鉄ジーグ」を重要なモチーフにして生み出した、これまでのイタリア映画のイメージを大きく覆す全く新しい映画として多くの賞賛を集めた、イタリア映画初の本格的ダークヒーロー・エンタテインメントだ。なおこの個性的な響きのタイトルはいわゆる”邦題”ではなく、本国公開時からイタリア語題と共に併記されている、正真正銘の原題である。

映画情報どっとこむ ralph 発売されるブルーレイとDVDの特典映像には、ガブリエーレ・マイネッティ監督による、虎の覆面を付けた少年の成長と活躍を描いた胸熱のショートムービー『Tiger Boy』を始め、本編削除シーンや予告編などが収録される予定になっている。

商品情報
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
2017年12月20日(水)発売
DVDレンタル同日スタート

<Blu-ray>
品番:PCXP.50539 価格:¥4,700+税
収録時間:本編119分+特典映像
特典映像:
■ショートムービー「Tiger Boy」(20分)
■削除シーン(10分)
■予告編集

<DVD>
品番:PCBP.53679 価格:¥3,800+税
収録時間:本編119分+特典映像
特典映像:
■ショートムービー「Tiger Boy」(20分)
■削除シーン(10分)
■予告編集

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
舞台は、テロの脅威に晒される現代のローマ郊外。
裏街道を歩く孤独なチンピラ エンツォはふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまう。始めは私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだったが、世話になっていた“オヤジ”を闇取引の最中に殺され、遺された娘アレッシアの面倒を見る羽目になったことから、彼女を守るために正義に目覚めていくことになる。
アレッシアはアニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的なファン。怪力を得たエンツォを、アニメの主人公 司馬宙(シバヒロシ)と同一視して慕う。
そんな二人の前に、悪の組織のリーダー ジンガロが立ち塞がる…。

***********************************

キャスト:
クラウディオ・サンタマリア
ルカ・マリネッリ
イレニア・パストレッリ
ステファノ・アンブロジ

スタッフ
監督・製作・音楽:ガブリエーレ・マイネッティ

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.


チ・チャンウクが初主演『操作された都市』予告到着 空白の3分16秒。俺は一体、何をした


映画情報どっとこむ ralph チ・チャンウクが初主演を果たした映画『操作された都市』が、2018年1月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが決定!

この度、チ・チャンウク扮する主人公の鋭いまなざしが印象的な日本版ポスタービジュアルと、殺人犯に仕立てられた主人公が、恐るべき力を持つ黒幕に翻弄されながらも疑いを晴らすために戦いを挑む姿が迫力あるアクションとともに展開する予告編映像が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph
今回解禁となった予告編では、ゲーマーの間では神と呼ばれるほどの腕前をもつが、現実社会ではうだつの上がらない元テコンドーの国家代表選手の主人公が、謎の女からの一本の電話によって、殺人犯に仕立てられ困惑する様子や、仲間の協力のもとゲームではない世界でどう黒幕を暴き生き残るのか、スピード感あふれる映像で展開します。

チ・チャンウクが撮影前から数か月に渡るトレーニングを積んだ激しいアクションシーンも必見です!
映画情報どっとこむ ralph 映画『操作された都市

2018年1月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

公式サイト
http://sousa-toshi.jp/


空白の3分16秒。仕組まれた殺人。俺は一体、何をした―

わずか3分16秒の空白のうちに殺人犯に仕立てられたクォン・ユ(チ・チャンウク)。次々に出てくる思いもよらない証拠、全ては何者かに仕組まれたかのように彼を犯人として導いていく―この殺人の実態を暴くためそれぞれ特技を持ったゲーマー仲間が集結。そして、徐々に明らかになる真実の裏に、浮かび上がる男の存在。しかし、その存在を知ったとき、彼らは恐るべき力を目の当たりにするのだった。街全体を操作する巨大な力に、たった5人で立ち向かう。果たして彼らに勝機はあるのか!?


大ヒットドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」で、どんな依頼も完璧に遂行する闇の便利屋を演じ、「THE K2~キミだけを守りたい~」で本格アクションを披露し注目を集め、世の女性たちを虜にした人気俳優チ・チャンウク。 本作では、オンラインゲームの世界では卓越した完璧なリーダーであるが、現実ではフリーターでうだつの上がらない主人公クォンを、弱さも併せ持つ人間味あふれる演技で熱演!
また、主人公を助ける個性あふれるゲーマー仲間に、『新感染 ファイナル・エクスプレス』で感染者役を演じ観客に強烈なインパクトを与えたシム・ウンギョンが対人恐怖症のハッカー役で参加。先日日本でのリメーク版製作も発表された『サニー 永遠の仲間たち』や『怪しい彼女』などでキュートな役柄が印象深い彼女の、これまでのとは異なる癖のある演技にも注目だ。
その他ドラマ「恋のスケッチ~応答せよ1988~」で一躍人気となったアン・ジェホン、『さまよう刃』など様々なジャンルで活躍するオ・ジョンセなど演技力抜群の俳優たちが集結。『トンマッコルへようこそ』で韓国800万人を動員し、人間味あふれるファンタジーで観客を感動で包んだパク・クァンヒョン監督の手により新感覚サスペンスアクションが誕生した。

***********************************

出演:チ・チャンウク 「ヒーラー~最高の恋人~」 シム・ウンギョン『怪しい彼女』 アン・ジェホン「恋のスケッチ~応答せよ1988~」 オ・ジョンセ「さまよう刃」
監督:パク・クァンヒョン 『トンマッコルへようこそ』
ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED


シャーリーズ・セロンになり切りブロンド美女スパイ15名が渋谷ジャック『アトミック・ブロンド』イベント!


映画情報どっとこむ ralph アトミック・ブロンド』が10月20日(金)より日本公開されます。

いよいよ公開を今週金曜日に控え、まさに『アトミック・ブロンド』が渋谷をジャックいたしました!主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、アカデミー女優で、近年では『マッドマックス怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で高い評価を受けているシャーリーズ・セロン。
『アトミック・ブロンド』を象徴するブロンドヘアーにサングラス、黒のロングコートに身を包んだスタイリッシュな80年代ファッションに身を包んだ総勢15名に昇る外国人モデルたちが、ハロウィンを間近に控えた休日の渋谷の街に来襲!スクランブル交差点から渋谷駅ハチ公前、TOHOシネマズ 渋谷を行脚し、若者や観光客で賑わう渋谷の街を『アトミック・ブロンド』一色に染め上げました。

全員170cm超えブロンド美女たちの行列に渋谷の街は騒然!
街ゆく人は振り返り、写真を撮る人だかりができました。
また、渋谷MODI前では10月15日(日)17時までアトミック女子による約1000個ものブロンドのウィッグを配布。
『アトミック・ブロンド』のサウンドトラックが流れる中、MODI前に立てられた巨大パネル前での写真撮影スポットもあり、外国人観光客を含む多くの人がウィッグをかぶり写真撮影を楽しみました。
映画情報どっとこむ ralph アトミック・ブロンド

物語・・・
1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?

10月20日(金)より、全国ロードショー!

公式HP http://atomic-blonde.jp/
Twitter @atomicblonde_jp/FB

監督は、『ジョン・ウィック』共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチ。

共演には、『X―MEN』『ウォンテッド』の演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のガゼル役で一躍注目され、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では敵役に起用されたソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)など実力派俳優が脇を固めます。

***********************************

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)

キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他

2017年/アメリカ映画/115分
配給:KADOKAWA
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
    


菅田将暉&ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』 釜山国際映画祭レポ!


映画情報どっとこむ ralph 10月7日より前篇が絶賛公開中の『あゝ、荒野』が昨日・10月14日(日)、韓国・釜山で開催 されている第22回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門に正式出品し、W主演を務めた菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさん、そして監督の岸善幸さんが、野外でのグリーティングイベント(Meet&Greet)、公式記者会見、上映後Q&Aに参加しました。

まるで歓迎されてい るかの様に現地は快晴。
現地時間夕刻、BIFF Village(ビフ ヴィレッジ)と呼ばれる海雲台(ヘウンデ)海水浴場の海岸をバックに設置された映画祭公式の特設ステージで行われた、野外でのグリーティングイベントは、約2,000人と多くの観客でたいへんな賑わいをみせ、ス テージへ向かう花道には多くの映画ファンが待ち構え、登壇する菅田ら3人に歓迎の声を かけた。ファンの歓声に応えるように手を振る3人の姿も見られた。

映画情報どっとこむ ralph 釜山国際映画祭が初めての国際映画祭への参加となる

岸監督:アニョハセヨ。韓国のヤン・イクチュンさんと、日本の菅田将 暉さんと、とても激しく面白い映画を撮りました。ぜひ楽しんでください。

と挨拶。続き
ヤン・イクチュンさん:こんなに大勢の観客の 方が集まっていただいてありがとうございます。韓国ではあまりない5時間の作品ですが、スクリーンでぜひごらんください。

と挨拶。

母国開催の映画祭に本作で参加できたことに感慨もひとしお。映画『ピンクとグレー』(15)以来2年ぶりに釜山入りした菅田さんからは

菅田さん:アニョハセヨ。以前この場所には奇抜な格好で来たので、今回は割と落ち着いて、ちゃんと大人になって帰ってきまし た。大人の映画です。楽しんでください。

と一言ずつ挨拶。

菅田さん、岸監督が韓国語で「こんにちは」と挨拶すると、現地の熱狂的なファンたちの黄色い歓声が上がる一面もみられた。 ヤンが自分の役どころについて

ヤンさん:私の本当の性格は臆病で繊細、ウサギのような性格なのでバリカンと似てますね

と述べると、

菅田さん:絶対ウサギではない。豚とかゴジラ!ヤンさんの演技はいつもこちらの想像を超えていて撮影現場に緊張感を与えていました。

と、一方でみんなを笑わせる現場のアイドルでもありました。

菅田さん:外国の 撮影現場でうまくやるには笑わせるしかなかったんです!」と言って観客の笑いを誘った。 その後、本作の見どころでもある”ボクシングシーン”そして”青春”に絡めトークを展開し、最後に岸監督は「二人が体を鍛えに 鍛えたのも見所ですが、もうひとつ。見事なラブストーリーとなっております。ぜひみなさん観てください。」 と話し、菅田は「ヤン さんに日本に来てもらってばかりだったので、僕らもこうやって韓国に来られてよかったです。また戻って来られるように頑張っ て面白い映画を作っていきます。『あゝ、荒野』ぜひ観てください。よろしくお願いします。」と締めの挨拶をして野外ステージイベ ントは終了。

映画情報どっとこむ ralph 続き、海外メディア参加の公式記者会見と取材をこなし、GCV Centum City内の劇場で観 客とのQ&Aに応じた。
上映後の会場ということで、約300人収容の劇場は異様な熱気に包まれ、3人の登場に喜びで涙を見せる観客も。いくつかの質問があり「映画の中に対照的 なものがたくさん登場するが監督はどの様に考えているか」について質問されると、

岸監督:ヤンさんが演じたバリカンは言葉がうまく出ず、新次は口より先に手が出てしまう。 実は二人とも人と繋がること、コミュニケーションを取るのが苦手なキャラクターで、対照 的に見えるかもしれませんが、実は根っこにあるものは同じ。そういったことを念頭に置き ながら演出しました。

と制作時の裏側を語った。


最後の挨拶で

菅田さん:韓国のお客さんは知的だなと思いました。文化も人も違うからこそ、純粋に映画と人との(良い)距離感 があって。またこうやって釜山の土地に戻って来たいなと思いました。

と海外映画祭ならではのコミュニケーションを楽しみ 会場を後にした。ちなみに、映画祭期間中のチケットは全てソールドアウト。

『あゝ、荒野』の世界デビュー戦は大成功を収めた。なお、本作は今年から新設された「キム・ジソク特別賞」にノミネートされており、受賞発表は現地時間10月21日(土)を予定しています。

前篇 絶賛公開中、10月21日(土)より後篇 新宿ピカデリーほか全国公開
HP: kouya-film.jp

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア ほか

原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎 主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン
R15+
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ