「ドキュメンタリー」カテゴリーアーカイブ

氷河融解映像が到着!『不都合な真実2:放置された地球』たまには地球の事考えてみては・・


映画情報どっとこむ ralph 2006年に公開され、第79回アカデミー賞で2部門受賞し、ノーベル平和賞を授与されたアル・ゴア元・米副大統領の伝説的ドキュメンタリー『不都合な真実』

その続編であり、2020年にオリンピック・パラリンピックを控え、“環境にやさしい大会”、“環境都市”の実現を目指す東京で開かれた第30回東京国際映画祭のクロージング作品として上映された『不都合な真実2:放置された地球』を、11月17日(金)から日本公開します。

地球が温かくなることで起こる問題の1つが氷河融解。氷河が海に解けだすことで海面が上昇し、洪水や海抜の低い場所の水没、また温暖化による気候変動も相まって、豪雨や嵐、干ばつなど多大な影響を及ぼします。

この度、そんな氷河融解の現実が映し出された衝撃の本編抜粋映像が到着しました!
 

映画情報どっとこむ ralph ゴアさん:最も暑い15の年のうち14は2001年以降です。中でも暑いのは2016年。

と上昇し続ける気温について説明するところから始まる本映像。2016年4月、グリーンランドの気温が大きく平均を上回ったと説明するゴアですが、次の映像では、氷が高温により、次々と雪崩のように崩れ落ちる衝撃の様子が切り取られています。カルフォルニア大学地球科学科教授のエリック・リグノー博士は氷が全く見えない山肌を指さし、
リグノー博士:山腹のラインが80年代にはあの緑色まで氷だった。

と衝撃の事実を説明すると、ゴアは動揺を隠せない様子をみせます。
Climatologist Dr. Eric Rignot and Al Gore in Greenland in An Inconvenient Sequel: Truth to Power from PARAMOUNT PICTURES and PARTICIPANT MEDIA.

続いて、ゴアが訪れたグリーンランド気象観測基地のコンラッド・シェフテン博士は、2000年から現在までに12メートルもの氷が失われていると説明、更に1枚の写真を見せて

シェフテン博士これは基地です、氷の上に建てた。支柱も深くね。これが翌シーズンです。今の姿ですよ。

と1年で基地の支柱が露わになるほど氷が解ける衝撃の事実を明かしており、温暖化の影響で氷河がダメージを受けていることが歴然であることがわかる内容となっています。
Al Gore and Dr. Konrad Steffen at the Swiss Camp Climate Station in Central Greenland as seen in An Inconvenient Sequel: Truth To Power from Paramount Pictures and Participant Media.

グリーンランドでは、毎年平均2500億トン以上の氷が海に溶けており、夏になると北極の氷がなくなるのも時間の問題だとする見方もあるほど。このままでは、異常気象はもちろんのこと、海面の上昇により世界の地図が大きく変化してしまう可能性もあるのです。

映画情報どっとこむ ralph また、共同監督のボニー・コーエンは異変を起こしている氷河を目の当たりにしたゴアの姿こそ、今の世界における彼の立場を表わしていると明かします。

グリーンランドのラッセル氷河で撮影をしていたとき、勢いよく流れる北極の川の淵まで歩いていった。アルは、全てをのみこみながら、しばらくそこに立っていたわ。氷が砕け、海に向かって流れて行った。

そこで彼は『前回来たときよりも溶けやすくなっている』と言ったの。

彼の表情に畏れを感じたわ。まるで、彼は初めてこの状況を目にしたかのようだった。そして、それは消えていった。何かとっても力強いものを感じた瞬間だった。巨大な氷河に立ち向かう中で、委縮せず、覚悟があったわ。

世界各地であらゆる異常気象が発生し、温暖化をはじめとした環境問題を無視せずにはいられなくなった現在。

今を生きるひとりひとりが未来の地球のために踏み出す勇気と感動を与えてくれること間違いなしの本作に是非ご注目ください。

公式HP:
http://futsugou2.jp/
公式TW:
@futsugou2
公式FB :
@futsugou2.jp


***********************************

監督:ボニー・コーエン、ジョン・シェンク『南の島の大統領 沈みゆくモルディブ』
製作総指揮:ジェフ・スコール『スポットライト』『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』、デイヴィス・グッゲンハイム『不都合な真実』(監督)、ローレンス・ベンダー『パルプ・フィクション』『グッド・ウィル・ハンティング』、ローリー・デイヴィッド、スコット・Z・バーンズ『不都合な真実』、レスリー・チルコット『不都合な真実』
製作:リチャード・バージ、ダイアン・ワイアーマン『不都合な真実』
全米公開: 2017年7月28日 
日本公開: 2017年11月17日 
(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
    


谷花音とパンク町田がネコトーク!!!『猫が教えてくれたこと』試写会


映画情報どっとこむ ralph 『猫が教えてくれたこと』が 11月18日(土)よりシネスイッチ銀座他 全国順次ロードショーとなります。

そして、公開直前にトークショー付き試写会が行われ、愛猫みかんちゃんを初お披露目した谷花音さんとパンク町田さんが

映画『猫が教えてくれたこと』トークショー付き試写会
日時:11 月 15 日(水)
場所:アキバシアター
登壇:谷花音、パンク町田(ULTIMATED ANIMAL CITY 代表)

映画情報どっとこむ ralph 家で猫を 2 匹飼っているという谷さんは、映画に登場する猫たちについて

谷さん:みんな本当に自由気まま!自分で自分の食べ 物を獲りに行く姿や、子猫を守ろうとする姿など、今まで見たことのない“猫の本能”を 知ることができました。

と感想を述べた。

飼い猫のはっさく、みかんの 2 匹と暮らし始めて4年半という谷さん。

「猫に癒される瞬間は?」と司会者に聞かれると、

谷さん:疲れている時や、学校のテストが上手くいかなかったなあ…と落ち込んで家に帰ると、そこに猫たちがいて、明日も頑張ろう!という気持ちになれる。

と飼い猫たちとのエピソードを語った。


数々の動物を扱いこなしてきたパンク町田さんは、5 匹の野良猫たちと暮らしているという。そんなパンクさんの持つ猫のイメージとは、ズバリ

パンクさん:霊会と現世をつなぐ動物。猫がある一点をジーっと見ていると、“あ、そこにもしかして3年前に亡くなった母親がいるのかな?”なんて考えてしまう。そういう意味で猫はとてもありがたい存在。猫に 霊感なんてないよ!

と猫霊感所持論を覆し場内に笑いを誘った。

動物と接する時のコツを聞かれたパンクさんは、

パンクさん:まず自分が食べられな いことですね。

と即答。また、

パンクさん:むやみに目を合わせたりむやみに追いかけまわして触らないことです。動物と人間は仲良くできるんです。ただ、 その動物の種類やその個体個体によって仲良くできる距離感がみんな違う。人間が勝手なイメージで近付くから嫌われてしまう。適した距 離感、それが猫の欲しい愛情。

と語り、地上 10 センチの距離で猫の暮らしを撮影した本作については、

パンクさん:猫の方から人間に近づいてきているので、猫にとってもちょうどいい距離感。彼らが人間を見て、距離感を決めて近寄ってきているので、素晴らしい猫たちですね。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 谷さん:猫を飼い始めた頃、噛まれるのではないかと怖かった。

と言う谷さんに対し、

パンクさん:動物と接する時は怖がってはダメ!

とパンクさんがアドバイ ス。

パンクさん:噛まれても痛くないふり!痛くないふりして撫でてあげる。ヤマネコもそうですよ。ベンガルぐらいだったら少しは縫うけど、撫でてあげればす ぐ仲良くなれます。

と、さすがポストムツゴロウな発言を繰り出した。会場には、

谷さん:人懐こくて犬っぽい性格なんです。

が紹介する愛猫みかんちゃんが登場。1歳半というみかんちゃんを腕に抱きながら

谷さん:みかんがよくキュルキュルって鳴きながら走るんです。

とお悩み相談する

谷さん:ホルモンが分泌された時に声が出ることもあれば、声を出すことによってホルモンが分泌されたりもする。遊んでいる時などにキュルキ ュルという声を出したら、気分が高揚しているという現れですね。

と答え、会場の観客も大きく頷いた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

この映画の見どころを聞かれると、

谷さん:普段猫を飼っている人でも見れない猫の行動や本能を間近で感じられる映画。猫を飼っていない人でも、新しい発見のある作品です。

と笑顔で語った。


映画『猫が教えてくれたこと
原題:Kedi

11月18 日(土)よりシネスイッチ銀座他 全国順次ロードショーです。

幼い頃から猫と一緒に暮らし、猫の習性を知り尽くしているジェイダ・トルン監督だからこそ撮ることのできた、猫の幸せそうな表情、そして猫を見つめる人々の優しいまなざし。監督が「猫がふいに膝の上に乗ってきて、おとなしく背中をなでられながらゴロゴロと喉を鳴らしているような雰囲気の映画になればいいなと思っている」と語った、観客を優しく包み込むような幸せ溢れる本作。つきましては、世界で最も幸せに暮らす猫たちが主人公の映画『猫が教えてくれたこと』のご紹介をぜひお願い申し上げます。

***********************************

監督:ジェイダ・トルン
製作:ジェイダ・トルン、チャーリー・ウッパーマン
主演猫:サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン
2016年サイドウォーク映画祭・ベストファミリーフィルム
配給:アンプラグド
2016年/79分
メリカ/5.1ch/ビスタ/カラー
©2016 Nine Cats LLC


THE YELLOW MONKEY、松永大司監督登壇舞台挨拶「オトトキ」ミッドナイト先行上映


映画情報どっとこむ ralph この復活劇の1年間を追いかけたのは松永大司監督。
一年間密着の末、最後に監督が仕掛けたのは、彼らの原点とも言えるライブハウス、渋谷 La.mamaでの無観客ライブ。 彼らは一体誰のために歌っているのか?バンドを続けるということはどういうことなのか?​

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』。​

公開日の前夜である本日10日夜、新宿バルト9シアター9にて、ミッドナイト先行上映&THE YELLOW MONKEYのメンバー、松永監督が登壇する舞台挨拶イベントを行いました。

映画「オトトキ」ミッドナイト先行上映&舞台挨拶​
日時:11月10日(金)
場所:新宿バルト9 ​
登壇:THE YELLOW MONKEY(吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二)+松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph
本ドキュメンタリーを撮るにあたって感じたこと​

廣瀬さん:最初この企画の話を聞いたのが再集結したばかりのライブのリハ中でそれどころじゃなかった。目の前のことに夢中というか。そんなタイミングがうまく結びついたのと、自分自身をさらけ出したのもあってリアルなドキュメンタリーになってると思うな。

菊地(昭)さん:松永監督は空気になるタイプなんだよね。すんなり撮ってるから僕らもカッコつけてないところが多い。真の僕らを見てもらえると思う。

吉井さん:見ていただければわかると思うけど、我々は家族なんじゃないかなって。僕は問題を起こす三男坊ね(笑) 3人にずっと助けてもらって、ここまでこれたなって感じました。

菊地(二)さん:ドキュメンタリーってヘビーになりがちだと思っていたから、再集結してハッピーな1年だからどうなるだろうと思ったね。監督が僕のオブラートのようなものをはがしてくれました。構えていない、素の自分を映し出してくれた。

松永監督:イエローモンキーを知らない人にも彼らの魅力が届けばいいなと思っています。自分が感じた彼らの魅力を伝えたいですね。​

映画情報どっとこむ ralph 11月20日まで伊勢丹新宿店隣接のイセタンウエストⅡで行われている期間限定ギャラリー&ショップで展示されているメンバーの私物を紹介する一幕も。

吉井さんはツアー中の楽屋を賑わすトランペット、菊地(二)さんはバンド結成後間もない頃のライブ時やリハーサル音源を録りためたカセットテープ、廣瀬さんは本編にも登場するシルバーアクセサリー、菊地(昭)さんは昨年のライブでも使用した白いギターをそれぞれ紹介しなました。​

私物にまつわるエピソードを笑いを交えつつ話しているうちに、時刻は11月11日の24時に。無事公開初日を迎えたことをMCが伝えると、会場からは暖かな拍手が送られました。


最後に・・・​
松永さん:これだけのお客さんが集まってくれてとても嬉しいし、パワーをもらえますね。彼らの魅力が詰まった作品になっているので、楽しんでください」。

菊地(二)さん:みなさんにいま『生まれてきてよかった』と伝えたいです。ライブ中、吉井に“イエローモンキーのドラムを叩くために生まれてきた男”と紹介された時にもそう思いました。映画を見るとわかるけれど、両親にも伝えたい。いま当たり前のようにメンバーに囲まれて、映画を撮ってくれた松永監督がいて、その中で自分もこうしていられる。みんなに感謝しています。再集結して1年間、いろいろなことがあったけれど、監督には引き続き僕らを撮り続けて欲しいですね(笑)。

なお、ギターの菊地(昭)が映画のために書き下ろした主題歌「Horizon」は11月29日(水)に配信リリースされることも発表された。

『オトトキ』  

映画公式サイト
theyellowmonkey-movie.jp ​

Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE  
Instagram:
https://www.instagram.com/ototoki_movie/
Facebook:
OTOTOKI.MOVIE ​

***********************************


出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二  

監督:松永大司​

制作プロダクション:ブースタープロジェクト  
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  
©2017映画「オトトキ」製作委員会​


沖昌之の猫の撮り方レクチャーも!松江哲明も登壇『猫が教えてくれたこと』試写会


映画情報どっとこむ ralph 『猫が教えてくれたこと』が11月18日(土)よりシネスイッチ銀座他全国順次ロードショーとなりますが、公開直前、猫好きで知られるドキュメンタリー映画監督・松江哲明監督と猫写真家・沖昌之さんが登壇するトークショー付き試写会が行われました。
映画『猫が教えてくれたこと』トークショー付き試写会
日時:11月9日(木)
場所:神楽座
登壇:松江哲明氏(映画監督)、沖昌之氏(猫写真家)

映画情報どっとこむ ralph 会場で猫を飼っている人は?の司会者の問いに多数の手が挙がり、猫好きが大集結している模様。

ドキュメンタリー作家としての松江監督から観た本作のポイントを
松江監督:実は猫を飼い始めてから、猫映画に違和感を覚えるようになったんです。例えば、猫を擬人化して人の気持ちを代弁させたり、アクションさせたり・・・だって猫はそんなことできませんから(笑)僕の猫も優しいからではなく寒いから近寄ってきて、暑かったらどっか行くし、僕が甘えてお腹にばふっといったら我慢してくれたり、嫌な時は逃げるし、僕はその関係が好きなので、猫がこんなに自由な映画ってなかなかないなと思いました。

と猫好きならではの独特な見解で作品の良さを述べ

松江監督:こんな自由に撮れるのも、昔は音がするフィルムで撮っていたけれど、デジタル機器が小型化してこんな猫の表情が近くで撮れたんでしょう。

と、カメラ技術の発達がこの作品の手助けになったのではと加えた。一方沖さんは

沖さん:猫たちがカメラを寄せても自然に歩いていて、街にたくさん人がいても自分の道路ですよと言わんばかりに猫が歩いていて、街の人々も猫がいて当然で、猫も人という哺乳類がいて当然、危害も加えないしフレンドリーなんだという関係性が作品から伝わったし、猫を通してイスタンブールの人々の優しさが垣間見れました。

と人と猫の理想的な関係性に心打たれた様子。

そして、

沖さん:僕も野良猫の写真一枚撮るのに、一日中構えたりしているんです。そういう意味でこの映画は、奇跡を捉えています。あんなにもたくさんの猫の気持ちを映像に収めていますから。

と写真家ならでは観点で、”奇跡”と捉えた。

映画情報どっとこむ ralph そして、特別に沖さんによる猫の上手な撮影の仕方のレクチャータイムに。

登場したのは猫と実寸大サイズの人形。これには
沖さん:無理難題だね~(笑)

といいながらも撮影のポイントを解説。
沖さん:まずは景色と猫を俯瞰で撮る。そうやっているうちに猫は撮られることに飽きてしまうので他の子に行きます。そのあと戻ってくると、毛づくろいしたり状態が変わってる。動く前は必ず伸びをして、腕立て伏せみたいになって、最終的にどこかに飛び降りる場合は必ず降りる方を見ます。だから顔にピントを合わせて待ち構える。ポイントは常に先を読むこと。1秒2秒先の猫の行動を読んでシャッターを切るといいねがたくさんつく写真が撮れますよ。

と、会場を沸かせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

沖さん:僕は愛想の悪い男でした。そんな僕がいつも口角の上がっている猫を見ると幸せな気持ちになるんです。だから僕もいつもご機嫌な空気を出したいなと思っています。そんな風に皆さんも猫に教えてもらえうことがなにかある、そんな映画です。

松江監督:人間や変わっていく世界に対してとどめておくべき価値観や、失ってはいけないものを教えてくれる作品ではないかと思います。今から5年前に僕の猫と出会ったのは、きっとあの時の僕には猫が必要だったからだと思っています。5年間猫には助けられたけど、きっと猫は助けるつもりはなくて、でもそんな存在がいるだけで学ぶことがありました。きっと皆さんもこの作品を観たらそんな気持ちになるのではと思っています。

と猫を愛する監督ならでは。イベントを締めました。

映画『猫が教えてくれたこと
原題:Kedi

11/18(土)シネスイッチ銀座他全国順次公開

幼い頃から猫と一緒に暮らし、猫の習性を知り尽くしているジェイダ・トルン監督だからこそ撮ることのできた、猫の幸せそうな表情、そして猫を見つめる人々の優しいまなざし。監督が「猫がふいに膝の上に乗ってきて、おとなしく背中をなでられながらゴロゴロと喉を鳴らしているような雰囲気の映画になればいいなと思っている」と語った、観客を優しく包み込むような幸せ溢れる本作。つきましては、世界で最も幸せに暮らす猫たちが主人公の映画『猫が教えてくれたこと』のご紹介をぜひお願い申し上げます。

***********************************

監督:ジェイダ・トルン 
製作:ジェイダ・トルン、チャーリー・ウッパーマン 
主演猫:サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン
2016年サイドウォーク映画祭・ベストファミリーフィルム
配給:アンプラグド 
2016年/79分
メリカ/5.1ch/ビスタ/カラー
©2016 Nine Cats LLC
     


男性ストリップ店ラ・ベアの神秘。あなたの推しメン(筋肉は?)『ラ・ベア マッチョに恋して』


映画情報どっとこむ ralph 12月9日(土)より公開の『ラ・ベア マッチョに恋して』。

男性ストリッパーの白熱したステージと、禁断の舞台裏に肉迫する魅惑の映像満載!
俳優、ジョー・マンガニエロが初監督。ダラスの男性ストリップ店ラ・ベアの神秘のヴェールをいま暴く!
テキサス州ダラスにある世界一の人気を誇るクラブ「ラ・ベア」。
店内ではイケメンマッチョダンサーたちが今宵も女性客を魅了していた。
日本でも大ヒットし山田孝之主演・福田雄一演出で舞台化もした『フル・モンティ』や、チャニング・テイタムを一気にスターダムにのしあげた『マジック・マイク』シリーズで職業として描かれている男性ストリッパーの素顔や内面に迫る真実のドキュメンタリー。
前述の『マジック・マイク』で“ビッグ・ディック”を演じた俳優ジョー・マンガニエロによる初監督作。2002年の『スパイダーマン』フラッシュ・トンプソン役でもお馴染みの売れっ子俳優が、自身が演じたディープな世界に引き寄せられるようにメガホンをとった。
女性客へは彼らから惜しみない愛が注がれる。仕事や家庭をその瞬間だけは忘れさせるために魔法をかけるのがプロフェッショナルな彼らのやり方だ。最高のパフォーマンスのための努力、特異な職業であるが故の世間からの偏見、そして27歳の若さで夭折した仲間…華やかなステージに隠された仕事・友情・恋愛を赤裸々に描く。

映画情報どっとこむ ralph さらにテレビなどで活躍の大注目の“ムキドル”こと筋肉アイドルの才木玲佳さんからも≪筋肉率No.1!≫と絶賛のコメント。

私が今まで観た映画の中で、筋肉率No.1!
偏見を持たれがちな派手な世界の真実。
私たちに見えているものを“1”とするなら、その裏には“100”もの見えない努力や苦労がある。
彼らの筋肉はもちろんのこと、絶え間ない努力や一流のプロ意識を称えたい。
才木玲佳(筋肉アイドル)

映画情報どっとこむ ralph ラ・ベア マッチョに恋して

http://www.labare-movie.jp

物語・・・
カウボーイのコスチュームに身を包んだ二人のイケメンが向かったのは一軒の住宅。そこに集うのは女性たち。マッチョダンサーによるパフォーマンスが始まる!

ステージでは男たちが輝いていた。「努力を惜しまない、セックスアピールの塊」ランディ“マスターブラスター”や、『マジック・マイク』をきっかけにこの世界に飛び込んだ “チャニング”など魅力あふれるダンサーたちが登場する。店をまとめるのはやり手経営者のジョー・ミラーとアレックス。そしてパトロンのマーガレット。
そんな彼らに深い悲しみが訪れる。カリスマ性を持つトップダンサー・アンジェロが亡くなった―そこから見える彼ら現役ストリップダンサーたちの人生、愛、笑い、そして苦悩。男性ストリッパーの未知の領域を真摯に映し出す話題作!

***********************************

出演:マスターブラスター チャニング チェイス トレント DJニック・アダムス
シーザー コール ジョー・ミラー アレックス JD オースティン ほか
監督/プロデューサー:ジョー・マンガニエロ 
プロデューサー:ニック・マンガニエロ
編集:クリス・グローバン 
撮影監督:アンドリュー・ホイーラー 
音楽:Z-TRIP 製作:3:59
原題:La Bare 
字幕:宍戸レイ
2014年/91分/アメリカ/カラー
© 2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved