「ドキュメンタリー」カテゴリーアーカイブ

沖昌之の猫の撮り方レクチャーも!松江哲明も登壇『猫が教えてくれたこと』試写会


映画情報どっとこむ ralph 『猫が教えてくれたこと』が11月18日(土)よりシネスイッチ銀座他全国順次ロードショーとなりますが、公開直前、猫好きで知られるドキュメンタリー映画監督・松江哲明監督と猫写真家・沖昌之さんが登壇するトークショー付き試写会が行われました。
映画『猫が教えてくれたこと』トークショー付き試写会
日時:11月9日(木)
場所:神楽座
登壇:松江哲明氏(映画監督)、沖昌之氏(猫写真家)

映画情報どっとこむ ralph 会場で猫を飼っている人は?の司会者の問いに多数の手が挙がり、猫好きが大集結している模様。

ドキュメンタリー作家としての松江監督から観た本作のポイントを
松江監督:実は猫を飼い始めてから、猫映画に違和感を覚えるようになったんです。例えば、猫を擬人化して人の気持ちを代弁させたり、アクションさせたり・・・だって猫はそんなことできませんから(笑)僕の猫も優しいからではなく寒いから近寄ってきて、暑かったらどっか行くし、僕が甘えてお腹にばふっといったら我慢してくれたり、嫌な時は逃げるし、僕はその関係が好きなので、猫がこんなに自由な映画ってなかなかないなと思いました。

と猫好きならではの独特な見解で作品の良さを述べ

松江監督:こんな自由に撮れるのも、昔は音がするフィルムで撮っていたけれど、デジタル機器が小型化してこんな猫の表情が近くで撮れたんでしょう。

と、カメラ技術の発達がこの作品の手助けになったのではと加えた。一方沖さんは

沖さん:猫たちがカメラを寄せても自然に歩いていて、街にたくさん人がいても自分の道路ですよと言わんばかりに猫が歩いていて、街の人々も猫がいて当然で、猫も人という哺乳類がいて当然、危害も加えないしフレンドリーなんだという関係性が作品から伝わったし、猫を通してイスタンブールの人々の優しさが垣間見れました。

と人と猫の理想的な関係性に心打たれた様子。

そして、

沖さん:僕も野良猫の写真一枚撮るのに、一日中構えたりしているんです。そういう意味でこの映画は、奇跡を捉えています。あんなにもたくさんの猫の気持ちを映像に収めていますから。

と写真家ならでは観点で、”奇跡”と捉えた。

映画情報どっとこむ ralph そして、特別に沖さんによる猫の上手な撮影の仕方のレクチャータイムに。

登場したのは猫と実寸大サイズの人形。これには
沖さん:無理難題だね~(笑)

といいながらも撮影のポイントを解説。
沖さん:まずは景色と猫を俯瞰で撮る。そうやっているうちに猫は撮られることに飽きてしまうので他の子に行きます。そのあと戻ってくると、毛づくろいしたり状態が変わってる。動く前は必ず伸びをして、腕立て伏せみたいになって、最終的にどこかに飛び降りる場合は必ず降りる方を見ます。だから顔にピントを合わせて待ち構える。ポイントは常に先を読むこと。1秒2秒先の猫の行動を読んでシャッターを切るといいねがたくさんつく写真が撮れますよ。

と、会場を沸かせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

沖さん:僕は愛想の悪い男でした。そんな僕がいつも口角の上がっている猫を見ると幸せな気持ちになるんです。だから僕もいつもご機嫌な空気を出したいなと思っています。そんな風に皆さんも猫に教えてもらえうことがなにかある、そんな映画です。

松江監督:人間や変わっていく世界に対してとどめておくべき価値観や、失ってはいけないものを教えてくれる作品ではないかと思います。今から5年前に僕の猫と出会ったのは、きっとあの時の僕には猫が必要だったからだと思っています。5年間猫には助けられたけど、きっと猫は助けるつもりはなくて、でもそんな存在がいるだけで学ぶことがありました。きっと皆さんもこの作品を観たらそんな気持ちになるのではと思っています。

と猫を愛する監督ならでは。イベントを締めました。

映画『猫が教えてくれたこと
原題:Kedi

11/18(土)シネスイッチ銀座他全国順次公開

幼い頃から猫と一緒に暮らし、猫の習性を知り尽くしているジェイダ・トルン監督だからこそ撮ることのできた、猫の幸せそうな表情、そして猫を見つめる人々の優しいまなざし。監督が「猫がふいに膝の上に乗ってきて、おとなしく背中をなでられながらゴロゴロと喉を鳴らしているような雰囲気の映画になればいいなと思っている」と語った、観客を優しく包み込むような幸せ溢れる本作。つきましては、世界で最も幸せに暮らす猫たちが主人公の映画『猫が教えてくれたこと』のご紹介をぜひお願い申し上げます。

***********************************

監督:ジェイダ・トルン 
製作:ジェイダ・トルン、チャーリー・ウッパーマン 
主演猫:サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン
2016年サイドウォーク映画祭・ベストファミリーフィルム
配給:アンプラグド 
2016年/79分
メリカ/5.1ch/ビスタ/カラー
©2016 Nine Cats LLC
     


男性ストリップ店ラ・ベアの神秘。あなたの推しメン(筋肉は?)『ラ・ベア マッチョに恋して』


映画情報どっとこむ ralph 12月9日(土)より公開の『ラ・ベア マッチョに恋して』。

男性ストリッパーの白熱したステージと、禁断の舞台裏に肉迫する魅惑の映像満載!
俳優、ジョー・マンガニエロが初監督。ダラスの男性ストリップ店ラ・ベアの神秘のヴェールをいま暴く!
テキサス州ダラスにある世界一の人気を誇るクラブ「ラ・ベア」。
店内ではイケメンマッチョダンサーたちが今宵も女性客を魅了していた。
日本でも大ヒットし山田孝之主演・福田雄一演出で舞台化もした『フル・モンティ』や、チャニング・テイタムを一気にスターダムにのしあげた『マジック・マイク』シリーズで職業として描かれている男性ストリッパーの素顔や内面に迫る真実のドキュメンタリー。
前述の『マジック・マイク』で“ビッグ・ディック”を演じた俳優ジョー・マンガニエロによる初監督作。2002年の『スパイダーマン』フラッシュ・トンプソン役でもお馴染みの売れっ子俳優が、自身が演じたディープな世界に引き寄せられるようにメガホンをとった。
女性客へは彼らから惜しみない愛が注がれる。仕事や家庭をその瞬間だけは忘れさせるために魔法をかけるのがプロフェッショナルな彼らのやり方だ。最高のパフォーマンスのための努力、特異な職業であるが故の世間からの偏見、そして27歳の若さで夭折した仲間…華やかなステージに隠された仕事・友情・恋愛を赤裸々に描く。

映画情報どっとこむ ralph さらにテレビなどで活躍の大注目の“ムキドル”こと筋肉アイドルの才木玲佳さんからも≪筋肉率No.1!≫と絶賛のコメント。

私が今まで観た映画の中で、筋肉率No.1!
偏見を持たれがちな派手な世界の真実。
私たちに見えているものを“1”とするなら、その裏には“100”もの見えない努力や苦労がある。
彼らの筋肉はもちろんのこと、絶え間ない努力や一流のプロ意識を称えたい。
才木玲佳(筋肉アイドル)

映画情報どっとこむ ralph ラ・ベア マッチョに恋して

http://www.labare-movie.jp

物語・・・
カウボーイのコスチュームに身を包んだ二人のイケメンが向かったのは一軒の住宅。そこに集うのは女性たち。マッチョダンサーによるパフォーマンスが始まる!

ステージでは男たちが輝いていた。「努力を惜しまない、セックスアピールの塊」ランディ“マスターブラスター”や、『マジック・マイク』をきっかけにこの世界に飛び込んだ “チャニング”など魅力あふれるダンサーたちが登場する。店をまとめるのはやり手経営者のジョー・ミラーとアレックス。そしてパトロンのマーガレット。
そんな彼らに深い悲しみが訪れる。カリスマ性を持つトップダンサー・アンジェロが亡くなった―そこから見える彼ら現役ストリップダンサーたちの人生、愛、笑い、そして苦悩。男性ストリッパーの未知の領域を真摯に映し出す話題作!

***********************************

出演:マスターブラスター チャニング チェイス トレント DJニック・アダムス
シーザー コール ジョー・ミラー アレックス JD オースティン ほか
監督/プロデューサー:ジョー・マンガニエロ 
プロデューサー:ニック・マンガニエロ
編集:クリス・グローバン 
撮影監督:アンドリュー・ホイーラー 
音楽:Z-TRIP 製作:3:59
原題:La Bare 
字幕:宍戸レイ
2014年/91分/アメリカ/カラー
© 2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved
    


アーティストを長年撮影してきた写真家 鋤田正義氏のドキュメンタリー映画『SUKITA』


映画情報どっとこむ ralph 坂本龍一に5年間密着した『Ryuichi Sakamoto:CODA』が公開となりましたが、YMO結成前からの細野晴臣・坂本龍一・高橋幸宏を撮影してきた写真家・鋤田正義氏のドキュメンタリー映画『SUKITA』が2018年5月より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開が決定したそうです。


そして本作品に登場する鋤田撮影の代表的な写真4枚が到着しました。
本作ではYMOの細野、坂本、高橋それぞれと語らう鋤田の姿が映し出されており、アルバム「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」のジャケット撮影時のエピソードを愉しそうに3人が披露し、極め付きの秘話も明かされています。鋤田正義といえばYMO以外にも、2016年に急逝したデヴィッド・ボウイとの40余年に及ぶコラボレーションをはじめイギー・ポップ、マーク・ボラン、寺山修司、忌野清志郎など時代の寵児たちをカメラに収めたことで知られています。1938年に福岡で生まれ、高校生の頃に母親にカメラを買ってもらったことで「もう一つの“時”」があることを知ったと言います。

1970年には活躍の場を日本のみならず世界に広げ、そのフィールドは広告、ファッション、音楽、映画まで多岐にわたり、現在もイギリス、フランス、イタリア、アメリカ等の世界各地で自身の写真展を展開中です。本作は2018年5月で満80歳を迎える鋤田の創作活動から人柄までを追った【初のドキュメンタリー映画】であり、鋤田正義の今後の写真家としての人生をも予感させる作品です。劇中では坂本龍一、布袋寅泰、MIYAVI、ジム・ジャームッシュ、ポール・スミス、山本寛斎など、世界に名だたるアーティストたちが鋤田との仕事や思い出を語っています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『SUKITA』

2018年5月より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
公式サイト:
sukita-movie.com

鋤田正義プロファイル
1938年、福岡生まれ。1960年代から頭角を現し、1970年代には活動の場を世界に広げる。デヴィッド・ボウイやイギー・ポップ、マーク・ボラン、忌野清志郎、YMO等の写真が有名だが、そのフィールドは広告、ファッション、音楽、映画まで多岐にわたる。写真集に「BOWIE×SUKITA Speed of Life 生命の速度」、ボウイ「氣」、「YMO×SUKITA」、忌野清志郎「Soul」等がある。また、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ等の世界各地で自身の写真展を展開中。

***********************************

監督:相原裕美
出演:鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里 リリー・フランキー クリス・トーマス ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVIPANTA 是枝裕和 立川直樹 高橋靖子 他

配給:パラダイス・カフェフィルムズ2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分
©2018「SUKITA」パートナーズ
© All the photos by SUKITA. All rights reserved


ナオト・インティライミ 生歌披露 公開直前プレミア上映舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』は、忙しさに追われていた彼が純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、原点回帰をするために、世界をめぐった旅の記録。それが『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』。

11月23日(木・祝)より、後編が 2018年1月5日(金)よりTOHOシネマズ新宿他全国公開となります。
その完成を記念TOHOシネマズ 新宿にてナオト・インティライミと加藤肇監督が登壇した舞台挨拶付き公開直前プレミア上映イベントを開催しました!

『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』
公開直前プレミア上映イベント

日時:11月6日(月)舞台挨拶
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇者:ナオト・インティライミ、加藤肇監督

映画情報どっとこむ ralph なんと今回の舞台挨拶前の上映を、ナオト本人もファンと一緒にサプライズで観客席から鑑賞していました!

舞台挨拶が始まると同時に、ナオトが一緒に鑑賞していたことを告げられた瞬間、観客席からは大きなどよめきとともに歓声が上がり、その歓声に背中を押されるようにステージへと駆け上がると、持ち前のマイクパフォーマンスで観客を最初から盛り上げました!

Q:今回再び旅に出た理由、その時の心境は?

ナオト・インティライミ:ずっと音楽が好きで始めて、それを生業にやらせて頂き幸せ者で無我夢中でした。ただこの6年間はやるべきことに囲まれている状態を感じてこのまま続けていては良くないなと思い、10年後20年後も自分から音楽を追い続けるために、今回旅に出ました。長い目で見ても、決意して旅に出られて良かったと、今でも思っています。

Q:ナオトさんの旅に同行され監督にとってナオトさんの印象は?
加藤監督:今回、旅の始まりの出発の日、成田空港でナオトさんに意気込みなどのインタビューをしようとしたところ、ナオトさんに「旅っていうのは、そういうものじゃないんだ」と出鼻から怒られてしまいました。ナオトさんにとっては、そういった段取りのようなものがあるのとは違い、単にナオトさんにカメラが付いていくという気持ちだったようで、仕事には真剣な人なんだと思いました。

Q:現地の人と仲良くなる秘訣は?

ナオト・インティライミ:顔ですかね。表情で「僕は敵じゃない」と言うのをまずは伝えないといけないので、そこは大事にしています。ぶっきらぼうでしかめ面で近づいても子ども達は警戒するけれど、笑顔で接して現地の言葉を覚えて挨拶をすることで相手との距離を詰めることが出来ると思います。僕の場合はサッカーと音楽をやっているのも役に立ちました。また相手の名前を手に書いたり、メモをしたりして覚えるのも大切でいつもやっています。

Q:リアルなドキュメンタリーならではのマル秘エピソードはありますか?

ナオト・インティライミ:レストランでのライブで上手く観客を盛り上げることが出来ず、悔しくて夜の公園で現地の曲を練習しているところなんかは「入ってないのかよ!」とも思いましたが、別に宣言して練習したわけでも撮られたくてやっていた訳でもないから仕方ないですよね(笑)。


映画情報どっとこむ ralph さらに、トークイベント中、背後にあるキーボードとパーカッションの話題になると、ナオトから本作の主題歌「Sunday」を初披露することが発表!

映画本編を観たばかりで会場全体のテンションが高まる中、エネルギッシュな曲調の「Sunday」の演奏が始まると、会場内はどんどん盛り上がり、ナオトとファンと演奏スタッフと、会場全体がひとつとなりました!

映画情報どっとこむ ralph Q:締めの一言挨拶
加藤監督:
本日はご覧いただき、本当にありがとうございます。アフリカ音楽とナオトさんの音楽と、非常に音楽に溢れた作品になっています。アフリカ音楽などは聴き馴れないようなものでも、何度か劇場に足を運んでいただくうちに馴染んでいくと思うので、何度でも観て頂けると嬉しいです。
ナオト・インティライミ:
音楽はもちろん、それだけではない旅の醍醐味が詰まっています。出会いや別れ、生と死など。
アフリカという特別な地でナオト・インティライミが旅をしたから、ああいったことが起こるというのではなく、世界のどこかでは普段の日常として同じようなことが起きて経験しているという、皆様の普段の生活の一部と重なる部分や心が動いてもらえるところがあると、我々としてもこの旅をひとつの作品にした意味があるのかなと思います。一度観ただけだと見落としていたシーンが沢山あると思います。何度観ても、何通りもの違う見方があると思うので何度でも観てください。またこの映画マジで観といた方がいいよとSNSなどで広めてバズらせていただけたら嬉しいです。ありがとうございます!

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2

【前編】 2017年11月23日(木・祝)
【後編】 2018年1月5日(金)
TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
www.naoto-tabiuta2.com

作品概要
“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』は、忙しさに追われていたナオトが、純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、原点回帰をするために行った、13年ぶりの長旅に密着したドキュメンタリー。アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年かけて19ヵ国をめぐった旅の撮影時間は1000時間に及ぶ。

ナオトならではの筋書きなしの旅が生み出す“新たな出会いと音楽”。

ミュージシャンと即興セッションや、子供たちとの交流など、言葉も文化も異なる異国でナオトの<人間力>を発揮し、旅の刺激から生きる力を入れていく――。世界の音楽と文化を体感し、現地の人々との触れ合いを追った、奇跡のドキュメンタリー映画が前・後編の2部作で誕生。

***********************************

出演:ナオト・インティライミ 
監督:加藤肇
主題歌「Sunday」含むコンセプトアルバム「旅歌ダイアリー2」2017.11.22Release!!
配給:日活
©2017「ナオト・インティライミ冒険記2」製作委員会
    


萩本欽一まだ(視聴率)30%諦めない宣言!映画『We Love Television?』稲敷凱旋で!


映画情報どっとこむ ralph “視聴率100%男”萩本欽一を追いかけたドキュメンタリー映画『We Love Television?』が11月3日に公開。

昨日11月4日、茨城ゴールデンゴールズの本拠地である稲敷市にて公開2日目舞台挨拶を行いました。

萩本欽一さん、土屋敏男監督のほか、ゴールデンゴールズの現監督である片岡安祐美さん、稲敷市田口久克市長も登壇。

欽ちゃん真骨頂の素人いじりも飛び出す<稲敷>凱旋イベントとなりました!
日時:11月4日(土)
場所:USシネマ パルナ稲敷 (稲敷市)
登壇:萩本欽一、片岡安祐美、土屋敏男監督 田口久克(稲敷市市長)

映画情報どっとこむ ralph 公開二日目に茨城県稲敷市USシネマ パルナ稲敷にて行われたイベント。稲敷市は、萩本が立ち上げた社会人野球チーム茨城ゴールデンゴールズの本拠地です。

そんな稲敷凱旋に、ゴールデンゴールズの現監督を務める片岡安祐美さん、稲敷市市長、そして稲敷市市民が訪れ凱旋を祝いました。

当日のMCは本作の配給会社である日活株式会社 配給宣伝部長が務め、慣れない素人司会に対し・・・・

欽ちゃん:暗めの司会でお送りしておりっます!

とさっそく司会に突っ込み。
続けて

欽ちゃん:今回、僕は映画を撮っていることを全く知らなかったんだけど、なんで怪しまなかったって、土屋ちゃんがずっとカメラ持ってるのね。いつもカメラ持ってるから撮ってるの全然気づかなかった。司会やってる日活の人に『なんでこの映画公開するって決めちゃったの?』って聞いたら『立ち話で…』だって(笑)。それ土屋ちゃんに騙されてんじゃないの?って言ったんだよね~。

と会場を笑わせる欽ちゃん。


また会場を見渡し、客席に来ていた、ゴールデンゴールズ監督時代のなじみの顔を見つけ、

欽ちゃん:あそこのおっかさんなんかはお店やっててね、選手がたくさんご馳走してもらって助かったんだよね。

など当時の思い出を懐かしく語りました。

映画情報どっとこむ ralph 先日放送された日本テレビ「24時間テレビ」で公開プロポーズを受けた片岡安祐美さんは

片岡さん:おかえりなさい!欽督(萩本の監督時代の愛称)とは24時間テレビぶりにお会いしますが、おかげさまでお嫁にいけることになりました!年内入籍を目標に頑張ります!

と挨拶。

映画の感想を聞かれ

片岡さん:感動しました!野球をやっていたころのことを思い出して、たくさん思い出がよみがえりました。

と話すと客席から

観客:パワーのある欽ちゃんが大好き!涙が出たよ!

と一般のお客さんから感想が飛び出し、

欽ちゃん:お母ちゃんの声にもパワーがあるね。その声で野球も応援してくれてたんだね、ありがとう。昨日は横浜で舞台挨拶をしたんだけど、おじさんが帰りがけにね『欽ちゃん、ありがとう!』って言ってくれて。それがうれしくって、涙が出ちゃったよ。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

今日は久しぶりに友達に会った気分。駆けつけてきてくれてありがとう。僕はまだ(視聴率)30%をあきらめてない。この映画を見たみなさんは僕の夢の目撃者だから半券を捨てずに取っといて。もしこれから僕が30%とることができたら、半券を見せに来てよ。そしたら飯に連れて行くから。

と欽ちゃんらしい親しみに溢れたコメントで舞台挨拶は終了。
欽ちゃん自ら客席に駆け寄り、劇場の観客と固く握手を交わして舞台挨拶は終了した。


映画『We Love Television?』は絶賛全国公開中!

公式サイト:
http://kinchan-movie.com/

物語・・・
ある日突然、土屋敏男がカメラを抱えて萩本欽一の自宅に訪れる。「視聴率30%超えの番組を作りましょう。」その一言から、萩本欽一と土屋敏男の番組作りが始まる。番組に出演する演者との顔合わせ、番組構成に関わる人達との打ち合わせなどを精力的にこなす萩本欽一は、76歳。新しいものへの探求心、笑いへの追求心…周囲の人達の熱量を最大限に引き出していく萩本欽一独自の手法とは?これまで誰も見たことのない萩本欽一の真の姿を追った、最初で最後のドキュメンタリー映画。

***********************************

出演:萩本欽一 / 田中美佐子、河本準一
企画・構成・監督:土屋敏男(つちや・としお)
配給:日活
©2017日本テレビ放送網 
上映時間:110分