「ドキュメンタリー」カテゴリーアーカイブ

”知られざる歌”を巡る音楽ドキュメンタリー『あまねき旋律』予告解禁&公開日決定


映画情報どっとこむ ralph 人生の歌、友愛の歌、仕事の歌、苦い記憶の歌―

すべてを歌にのせて人々は生きていく。

”知られざる歌”を巡る音楽ドキュメンタリー『あまねき旋律(しらべ)』の公開日が10月6日(土)に決定。加えて、本映画の予告編が解禁となりました。


映画情報どっとこむ ralph
インド東北部、ミャンマー国境付近に位置するナガランド州。そこに広がる棚田には、いつも歌が響いている。村人たちは信じられないほど急な斜面に作られた棚田の準備、田植え、穀物の収穫と運搬といった作業を、“組(ムレ)”というグループごとに手作業で行っている。そして、その作業の間はいつも歌を歌う。

この度、解禁された予告編では、その一部を垣間見ることができる。「私たちに怠けている時間はない」と復唱しながら急な棚田をの草を刈っている女性たちのグループ。猛々しい歌にあわせて、泥水を耕す男性のグループ。「リ」と呼ばれるこの歌は、一人が時に即興的に歌詞を紡ぎながら、それに集団が呼応して進行していく。体の動きにあわせるように歌われるその姿を見ると、彼らの労働と歌が切り離せない形で繋がっていることに気付くはず。



そして、歌は労働のことだけが歌われるのではない。
それは例えば幸せな時、「私たちは恋人に向けて恋の歌を歌う」とある女性は話す。続く場面では、「あなたがいないと私には何もない。一緒にいられれば、これ以上のことはない」と歌いながら女性たちが田植えをしている姿をみることができる。反面、「歌うどころか話すことさえ不可能だった」と話す男性。この地域は、1950年代からナガの独立運動を巡って激化したインド軍との長きに渡る銃撃戦が行われていた。古来から受け継がれ歌い継がれる歌は、半世紀に及ぶ独立闘争を越えて存在する。
共同監督の、アヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールは、インドの南部出身。ナガランドに古くから伝わるこの音楽に魅了された彼らは、2011年より断続的にその地を訪れ、そこに生きる人々の生活と山々に広がる棚田の雄大な風景や季節の移り変わりをカメラに収めた。


予告編の最後に女性が語る台詞が印象的だ。「もし、あなたがいなければ、真実の愛はみつけられない」という彼らの歌の一節を紹介し、それは「愛する人だけじゃなく、音楽についても言えるわ」と語る。人と共に生きることの大切と共に、彼らが音楽や歌うことをとても大事に思っていることがよく分かるエピソードだ。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門で日本映画監督協会賞と奨励賞のW受賞したのを始め、世界各国の映画祭で人々を静かに深く魅了した音楽ドキュメンタリーが遂に日本公開となります。

あまねき旋律(しらべ)
原題:kho ki pa lü
英題:Up Down & Sideways

10月6日(土)よりポレポレ東中野にてロードショー!以降全国順次公開

公式;:
amaneki-hirabe.com

***********************************


監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール
製作:ウ・ラ・ミ・リプロジェクト
配給:ノンデライコ
2017/インド/83分/チョークリ語/16:9/カラー
©the u-ra-mi-li project


アルパインクライマー・山岳カメラマン:平出和也『クレイジー・フォー・マウンテン』山の日記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 新宿武蔵野館・シネクイントほか全国にて公開中の世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を追った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』。

8月11日の山の日を記念し、アルパインクライマーで山岳カメラマンの平出和也さん(39歳)迎えてトークイベントが行われました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』
日付:8月10日
場所:新宿武蔵野館
登壇:平出和也(アルパインクライマー/山岳カメラマン)

映画情報どっとこむ ralph 平出さんに密着した「情熱大陸」(MBS・TBS系)が7月29日に放送され、彼のその果てしない山への挑戦に、視聴者が「ガチですごい!」「衝撃!」などとSNSで発信するなど多くの話題を集めたばかり。

この日も、お客様たちと一緒に本作を観賞された平出さんが、上映後そのまま客席からステージに登場すると歓声が起き、その人気ぶりがうかがえました。

そして、今見た感想を開口一番

平出さん:哲学的な映画で、自分も何故、山に登るのか改めて考えさせられました。

と感想を述べました。

平出さんに関する最新ニュースとして、MCが“登山界のアカデミー賞”とも言われる「ピオレドール賞」を日本人で唯一、しかも2009年に続き二度目の受賞決定が先日発表されたことに触れると、未踏峰・未踏ルートにこだわり、数々の新ルートを制覇し続ける平出さんは

平出さん:この賞は順位を競うようなものではなく、わたしの探求心に対して、よく見つけたね!というような賞なんです!

と、「ピオレドール賞」について説明。今回の受賞は、昨年の夏、15年かけて挑み続けてきたパキスタンのカラコルム山脈「シスパーレ」に4度目の挑戦で見事登頂した功績が称えられて贈られるものであることを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 映画についてのトークでは、本作の撮影監督であるレナン・オズタークと、ミャンマーのカカボラジ山で偶然遭遇したことがあるというエピソードが飛び出し、その際、レナンが撮影に使っていたドローンを3基も墜落させてしまい

平出さん:和也、ドローンもらえないか?と言われたことがあるんですよ!

と平出さん。世界有数の山岳カメラマンであるレナンの意外な部分が垣間見えるエピソード。

また、本作を手掛けたジェニファー・ピードン監督が前作『Sherpa』の撮影監督を探していた際に

平出さん:ジェニファー・ピードン監督にレナンか和也か悩んでいる。と言われていたんです。あの時、僕が選ばれていたらこの映画にも関わっていたかもしれないですね。

と笑顔で語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・山の日記念ということで自身の心の山は何処か聞かれ

平出さん:小さい頃に親に連れて行ってもらった八ヶ岳。木々の匂いを嗅ぐだけで充実した気持ちになる。皆さんも大切な人と登った山や季節を変えて登る山があれば大切にしていただきたいです!

とイベントを締めました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開中です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************


製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク
ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face  
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ  


ジョエル・ロブションが残した最後のメッセージを!『世界が愛した料理人』


映画情報どっとこむ ralph スペインのミシュラン料理人が究極の食を求めて日本の名店を巡る美食ドキュメンタリー『世界が愛した料理人』が9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開となります。

そして、本作にも出演している「フレンチの神様」と呼ばれる巨匠シェフ、ジョエル・ロブション。

2018年8月6日亡くなられました。享年73歳。

ジョエル・ロブションと約40年間に渡る親交を築き、偶然にもロブションと同い年の服部学園・理事長の服部幸應先生は

服部先生:彼の料理はパーフェクト。その完璧さに近付こうとする姿勢に自分も影響を受けた。

と追悼のコメントを寄せてくれました。

1981年にパリで自身の店をオープンし、わずか3年でミシュラン三ツ星を獲得。日本でも幾つもお店を出していますが、本作では、生前カメラの前でインタビューを受ける様子が映されています。

ロブションは日本食を愛していたため、数多くの日本料理店を訪れていて、オバマ前大統領が訪ねたことでも有名な寿司屋「すきやばし次郎」もその1つで、劇中では「すきやばし次郎」の店主・小野二郎とのエピソードも語られています。

そして、長年連れ添ってきた料理への想いを聞かれるロブションは、まるでわが子の話をするように温かく、愛がある。劇中、ロブションはこう言う。

「私は食材に愛情と敬意を持っています。料理にもそれが表れているはず。」

世界中に「食」を通して幸せを与えてきた「フレンチの神様」の創作の秘訣が明らかになるロブションが最後にカメラの前で残したメッセージの全貌は是非劇場で。

映画『世界が愛した料理人
原題:SOUL

は9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開です。
***********************************

監督:アンヘル・パラ、ホセ・アントニオ・ブランコ 
  
出演:エネコ・アチャ「アスルメンディ」、マルティン・ベラサテギ「ラサルテ」、カルメ・ルスカイェーダ「サンパウ」、ジョエル・ロブション「ジョエル・ロブション」、石田廣義・石田登美子「壬生」、山本征治「龍吟」、小野二郎・小野禎一「すきやばし次郎」、服部幸應、マッキー牧元、マイケル・エリス「ミシュランガイド」

2016年/75分/スペイン/5.1ch/ビスタ/カラー 



止まったら死ぬぞ!松村厚久。彼を写し撮ったドキュメンタリ『熱狂宣言』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph KATSU-do/チームオクヤマ配給によるドキュメンタリー映画『熱狂宣言』が、11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズにてロードショーが決定。


なぜ、彼はこんなにも多くの人を惹きつけるのか。

松村厚久、51歳。
東証一部上場企業・DDホールディングス代表取締役社長。
従業員 約1万人、約500店舗を経営、年商 約500億円。
「外食界のスター」 「革命児」 「天才」 「ビックマウス」 「不思議ちゃん」 ・・・
数々の異名を持つ男。 自らを“幸運な人間”だと断言する彼は、13年前から難病・若年性パーキンソン病を患っていた。

映画情報どっとこむ ralph 本映画の被写体は、若年性パーキンソン病を抱えながら、“熱狂宣言”を掲げ、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げた経営者。
彼の映画と聞いて、企業PRのための成功者のサクセスストーリーとみる者もいれば、「難病と闘うカリスマ経営者」という感動巨編を思い浮かべる人も多いだろう。しかし、これはそのどちらでもない。得も言われぬ一人の男のプリズム状になっている光をダイレクトに伝えるべく、彼を写し撮った一種のダイレクトシネマ(≒観察映画)であり、人間観察眼に秀でた奥山和由による新しいドキュメンタリー映画。



熱狂宣言
11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズにて熱狂ロードショー!!

公式HP:
http://www.nekkyo-sengen-movie.com/

Twitter:
https://twitter.com/NekkyoSengen

***********************************

製作・監督:奥山和由
出演:松村厚久
音楽:木下航志
プロデューサー:江角早由里
2018年/日本/カラー/DCP/2ch/77分
©︎2018吉本興業/チームオクヤマ


映画『顔たち、ところどころ』×浅間国際フォトフェスティバル コラボ決定!


映画情報どっとこむ ralph 軽井沢にほど近い長野県御代田(みよた)町で 2018年8月11日より開催される「浅間国際フォトフェスティバル」 にて、映画『顔たち、ところどころ』に登場するJRのフォト・トラックが登場!併せて、映画の特別試写会も行います。

浅間国際フォトフェスティバルは、「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする」というコーポレートミッションを持ち、写真雑誌『IMA』を出版している株式会社アマナと 御代田町が共同で開催。

ソシテ・・・

映画『顔たち、ところどころ』 は、名匠アニエス・ヴァルダと写真家でアーティストのJRが、フランスの田舎街をめぐり、人々と出逢い、作品を一緒に作り残していくドキュメンタリーです。

写真でそこに住む人々とふれあう、写真で町おこしをする、そんなコンセプトの元、映画『顔たち、ところどころ』と 「浅間国際フォトフェスティバル」がコラボレーションすることが決定しました。

9月15日の公開に先駆けた特別試写会の開催に加え、大都市から紛争地帯、様々な場所でそこに住む人々の大きなポートレイトを貼り出す<インサイドアウト> プロジェクトで知られるアーティストJRのフォト・トラックが登場。

ポートレイト撮影用のフォトブースとポスターを印刷するプリンターを装備しており、ご来場の方々の写真を撮影し、そのポートレイトが会場内に展示されます。
既に会場には、まるで映画のワンシーンのように、御代田町の人々の写真が展示されています。
御代田町の自然と調和し、今まで体験したことのないような五感で感じる写真の楽しみ方を提案する浅間国際フォトフェスティバルは今年プレ開催。

国内外で活躍する三十数名の写真家が参加し、ワークショップやトークイベント、地元の交流など様々な体験型のイベントも予定されています。

映画情報どっとこむ ralph 浅間国際フォトフェスティバル
【会期】2018年8月11日(土)~ 9月30日(日)10:00~18:00
※オープニングレセプション 8月11日(土)10:00~

【会場】長野県北佐久郡 御代田町 旧メルシャン軽井沢美術館 周辺エリア(北佐久郡 御代田町馬瀬口1794-1)

【参加作家一覧 (敬称略) 】:アニエス・ヴァルダ+JR、うつゆみこ、ダミアン・プーラン、鈴木理策、マッシモ・ヴィットーリ×谷尻誠(建築家)、水谷吉法、清水はるみ、藤原聡志、小池健輔、ホンマ タカシ、小林健太、小山泰介、石橋英之、ジェシカ・イートン、ルーカス・ブレイロック、チャーリー・エングマン、金村修、ルーク・ステファンソン×元木大輔(建築家)、伊丹豪、エド・ファン・デア・エルスケン、川内倫子、鷹野隆大、横田大輔、シャーロット・デュマ、森山大道、チャド・ムーア、モーテン・ラング×元木大輔(建築家)、ロジャー・バレン

【公式ホームページ】
http://asamaphotofes.jp/

映画『顔たち、ところどころ』上映
【日時】2018年8月18日(土)、8月19日(日)14:00~
【会場】あつもりホール(エコールみよた内)
【参加費】無料

JRのフォト・トラック
【日時】8月11日(土)~8月19日(日)
【会場】 フェス会場内
【参加費】無料

※ 撮影されたポートレイトは会場に展示されるため、お持ち帰りできません 。コピーライトフリー(誰でも自由に使うことができる画像)となります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『顔たち、ところどころ

2018年9月15日(土)より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/kaotachi/

Twitter:
@FacesPlacesJP

行先は、はじめてなのになつかしい あの場所。

映画監督アニエス・ヴァルダと、写真家でアーティストのJR。
年の差54歳の二人が、フランスの田舎街を旅しながら人々とふれあい育む、でこぼこで優しい友情。

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆で、カンヌ、アカデミー両賞で名誉賞を受賞しているアニエス・ヴァルダ。そして、大都市から紛争地帯、様々な場所で、そこに住む人々の大きなポートレイトを貼り出すアートプロジェクトで知られるアーティストJR(ジェイアール)。
『顔たち、ところどころ 』は、そんなふたりがフランスの田舎街を旅しながら、人々とふれあい、作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのハートウォーミングなドキュメンタリー。

第90回 アカデミー賞 ドキュメンタリー部門 ノミネート
第70回 カンヌ国際映画祭 ルイユ・ドール(最優秀ドキュメンタリー賞)受賞
第42回 トロント国際映画祭 観客賞ドキュメンタリー部門受賞


間違いなく今世紀最高のノンフィクション映画の一本。
――CriterionCast

不完全かつ、かけがえのない記憶の地図だ。
――LA Times

完璧。ヒューマニズムの奇跡!
――Rolling Stone


***********************************

監督・脚本・ナレーション:アニエス・ヴァルダ、JR
出演:アニエス・ヴァルダ、JR
音楽:マチュー・シェディッド(-M-)
字幕翻訳: 寺尾次郎
配給・宣伝:アップリンク
2017年/フランス/89分/1:1.85/5.1ch/DCP
© Agnès Varda – JR – Ciné-Tamaris – Social Animals 2016.