「ドキュメンタリー」カテゴリーアーカイブ

ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』公開決定&メインビジュアルが完成


映画情報どっとこむ ralph この度、山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 にて小川紳介賞受賞した、ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』が7月14日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開する運びとなりました。

香港の新世代による 香港そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー
内容は・・・・
僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。 当時27歳だったチャン・ジーウン陳梓桓監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

「僕たちは何かを変えたか——」

2014年は香港・雨傘運動のほか、台湾・ひまわり運動では学生たちが立法院を占拠し、日本ではSEALDsの前身となる学生団体SASPLが結成された。明確な結果が見えず運動が終わった時、彼らは自分たちがどう闘い続けていくかという問題に直面する。若者たちの軌跡を紐解く事で、私たちアジアの未来が見えてくる。

映画情報どっとこむ ralph コメントが届きました!

■奈良美智/美術家
彼らの最前線は宙に舞い飛び散ったのか?それは夢であったのか?香港の街は静かな夜に涙するだけなのか?否!道は続くのだ!と僕は思った。
大人気香港ブログ「香港*芝麻緑豆」https://edokomomo.exblog.jp のほか、香港ローカルグルメの求道者として「香港路地的裏グルメ」「香港無問題 香港ローカルなりきり旅」の著作がある、フリーライター香港迷の池上千恵様よりコメントが届きました! ※香港迷とは、香港ファンの意味です。

■池上千恵/フリーライター・香港迷
普通選挙を求めて立ち上がった普通の学生たち。あの秋、高層ビルのもと下にあった「香港人」たちの静かな情熱と黄色い雨傘。広東語と繁体字と自由、香港のアイデンティティを守ろうとする真っ直ぐな姿が胸を焼く。

映画情報どっとこむ ralph ★イラスト到着★
香港に関するイラストや著作も多く、食や暮らしをテーマにしたほんわかイラストが大人気のイラストレーターの小野寺光子様より描き下ろし特製イラストが届きました!
この雨傘運動のシンボルである黄色い雨傘をさした登場人物たちが描かれたイラストがポストカードになりました。特別前売り鑑賞券(\1,300)を劇場でお買い求めいただくと、プレゼントいたします!※一部劇場ではお取扱いがござません。

乱世備忘 陳梓桓監督


ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』
原題 乱世備忘(Yellowing) 

公式サイト:www.amagasa2018.com

***********************************

監督 陳梓桓(チャン・ジーウン)
エグゼクティブプロデューサー 崔允信(ヴィンセント・チュイ) 
プロデューサー 任硯聰(ピーター・ヤム) 陳梓桓(チャン・ジーウン)
コプロデューサー 張鐵樑(チョウ・テツリョウ) 編集 胡靜(ジーン・フ) 陳梓桓(チャン・ジーウン)

音楽 何子洋(ジャックラム・ホ) 

制作 影意志(雨傘運動映像ワークショップ) 配給 太秦 監修 倉田徹
©2016 Ying E Chi All Rights Reserved. 
2016|香港|カラー|DCP|5.1ch|128分


トランプ政権、シリア攻撃と同日に劇場公開! シリア人ジャーナリストが苦言 映画『ラッカは静かに虐殺されている』


映画情報どっとこむ ralph シリア内戦をテーマにした映画『ラッカは静かに虐殺されている』が14日に公開初日を迎え、アップリンク渋谷では土日全回満席になるなど大ヒットスタートを切った。

同日、都内・アップリンクにて開催されたトークショーに、シリア人ジャーナリストのナジーブ・エルカシュさんとアラブ思想・シリア文化研究者の岡崎弘樹さんが出席。
奇しくもこの日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして、米トランプ政権と英・仏が共同でシリアに対する軍事攻撃に踏み切ったというニュースが飛び込み、この事態に対して両氏が言及した。

日付:4月14日
場所:アップリンク渋谷
登壇:
ナジーブ・エルカシュ(シリア人ジャーナリスト)
岡崎弘樹(アラブ思想・シリア文化研究者)

映画情報どっとこむ ralph 本作は、イスラム国(IS)に支配され、混迷を深めるシリア北部の街ラッカの惨状をインターネットを駆使して世界に発信している市民ジャーナリスト集団「RBSS/Raqqa is Being Slaughtered Silently」の命懸けの活動を追うドキュメンタリー。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『カルテル・ランド』のマシュー・ハイネマン監督がメガホンを取っている。


シリア攻撃の一報に対して、日本の新聞社からコメントを求められ
エルカシュさん:私にとっては、今日は特別な日ではない。虐殺はずっと続いている。なぜ、トランプ政権が攻撃したときしか取材しないのか?

と苦言を呈したことも明かした。一方、

岡崎さん:“今日の攻撃はどうか”ということよりも、それを踏まえながら、もっと大きな議論を作っていくことが大事だ。

と強調した。

映画情報どっとこむ ralph 戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。その中で過激思想と武力で勢力を拡大するISが、

岡崎さん:ユーフラテスの花嫁」と呼ばれた美しい街ラッカを制圧。本作では、その生死の狭間で戦うRBSSの姿を追っているが、「ラッカは、素晴らしい宝の山。内戦によって荒廃した街を整備すれば、一大観光地になるようなところ。同時に有能な作家、ジャーナリスト、小説家を数多く輩出していて、歴史と文明が揃った街でもあります。

と称える。そんな平和で才能溢れる街が、なぜ虐殺の対象になったのか。
岡崎さん:シリア人ではない外国人戦闘員がISの中核。ラッカにいるスンニ派の部族が、宗派感情などをうまく利用されながら、次第に取り込まれていったのではないか。

と述べた。

また、「RBSSの面々は顔を出して発言しているが、その反面、危険度も増すのでは?」という観客からの問いに対して、

エルカシュさん:今月6日に、早稲田大学の講義で、Skype中継を通じてRBSSのメンバーの1人、ハッサン・イーサ本人と話ましたが、彼が言うには、『シリア政府はフェイクニュースが非常に多く、“本当はISのメンバーではないのか?”などという、あらぬ疑いをかけられたため、それを払拭するために顔と実名を公表するという行動に出た』と説明していた。彼らは未だに命の危険にさらされている。潜伏先のドイツから今は別の国に移動し、セキュリティのしっかりしたところに隠れて生活しているようです。

と現状を話されました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッカは静かに虐殺されている』は、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野で大ヒット公開中です。

<『ラッカは静かに虐殺されている』公開記念トークショー>

4月21日(土) 13:00回上映後

会場:アップリンク渋谷
ゲスト:白川優子(国境なき医師団)、横田徹(報道カメラマン)

4月22日(日)13:00回上映後
会場:アップリンク渋谷
ゲスト:安田菜津紀(ジャーナリスト)、望月優大(ライター・編集者)


映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッカは静かに虐殺されている

次々と殺されていく仲間や家族。そして暗殺の魔の手は、自らにも忍び寄る。

ドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年6月、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」がシリア北部の街ラッカを制圧した。

かつて「ユーフラテス川の花嫁」と呼ばれるほど、美しかった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”( Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は秘密に結成された。

彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す。


公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/raqqa/

公式Twitter:
@raqqamoviejp
***********************************

監督・製作・撮影・編集:マシュー・ハイネマン(『カルテル・ランド』)

製作総指揮:アレックス・ギブニー(アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞『闇へ』監督

(2017/アメリカ/92分/英語・アラビア語/1:2.35/5.1ch/DCP)

配給・宣伝:アップリンク


アーティスト・辻一弘氏に迫るドキュメンタリー「The Human Face」日本初上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 「政界一の嫌われ者」から「伝説のリーダー」になったウィンストン・チャーチルを描いた感動の実話『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(アカデミー賞®主演男優賞<ゲイリー・オールドマン>、メイクアップ&ヘアスタイリング賞<辻一弘他2名>受賞)が、TOHOシネマズ シャンテほか大ヒット上映中です!

公開後、SNSでは「アカデミー賞に値するG・オールドマンの圧巻の演技と辻一弘さんの特殊メイクが素晴らしすぎる」「G・オールドマン扮するユーモアでチャーミングなチャーチルが魅力的」「‪迷いを払拭したチャーチルの最後の演説に涙が止まらなかった」「リーダーとはどうあるべきかを考えさせられるヒューマンドラマ」「イギリス版『日本のいちばん長い日』を観ているかのような緊張感溢れる傑作ドラマ」など、熱い絶賛コメントが続々と寄せられています。

この度、映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の公開に合わせて、ロサンゼルス・シドニー・ソウル・バンクーバー・アムステルダムといった世界の各都市で開催されてきたUK発の“ツアーする”インディペンデント映画祭「Lift-Off Film Festival」にて、現代アーティスト・辻一弘に迫る短編ドキュメンタリー「The Human Face」(アメリカ/14分)の日本初上映が決定!

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でゲイリー・オールドマンをチャーチルに大変身させ、その卓越した特殊メイクでアカデミー賞を受賞した辻一弘。本ドキュメンタリーは、辻自らの芸術活動、創作にかける想いを聞くことができる貴重なドキュメンタリー作品。引退していた辻に自らオファーをし『ウィンストン・チャーチル〜』で辻とコラボレーションをしたゲイリー・オールドマンが当時を振り返り、『シェイプ・オブ・ウォーター』で半魚人のキャラクターを決定づける“目”のデザインをオファーしたギレルモ・デル・トロ監督も登場。それぞれがアーティスト辻一弘の魅力を熱く語っている。

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』と合わせてご鑑賞するのはいかがでしょう。


映画情報どっとこむ ralph 開催概要:2018年4月19日(木)
東京都 渋谷アップリンク
Lift-Off Film Festival「Shorts programme 1」
開映19:30

<「Shorts programme 1」上映作品>

『The Human Face』(日本語字幕付き)
『Travelogue Tel Aviv』
『Woodman』
『BACKSTORY』
『Mitaka Sumo School』
『5 billion years』
『Silence』

料金:1500円

詳細Lift-offサイト
他にも、映画『ウィンストン・チャーチル〜』公開記念イベント続々開催!!

映画情報どっとこむ ralph ◎祝アカデミー主演男優賞! ゲイリー・オールドマンの「人生いろいろ」

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したオールドマンの主演作3本を上映する、ファン必見のオールナイト上映が開催決定。

ゲイリーがセックス・ピストルズのベーシスト シド・ヴィシャスになりきった『シド・アンド・ナンシー』、フランシス・フォード・コッポラが怪奇小説の古典を映画化し、ドラキュラ伯爵役を演じた『ドラキュラ』、ジョン・ル・カレによるスパイ小説の実写化で、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた『裏切りのサーカス』の上映が決定し、ゲイリーのカメレオン俳優っぷりが一夜で楽しめるラインナップとなりました。


開催概要:2018年4月21日(土)東京都 新文芸坐
開場 22:15 / 開映 22:30 / (5:20終映予定)

<上映作品>
「シド・アンド・ナンシー(30周年デジタル・リマスター版)」
「ドラキュラ」
「裏切りのサーカス」
料金:一般 2300円 / 前売り券、友の会 2100円
※18歳未満入場不可

◎恒例の「大谷ノブ彦のシネマナイト」待望のチャーチル編開催!


映画館・シネマテークたかさきにて恒例となっている、ダイノジ・大谷ノブ彦さんと一緒に映画を観て、上映後には大谷さんの熱いトークライブを開催するシネマナイト第3弾に『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』が選ばれました。チャーチルのウィットに富んだユーモアがたっぷりと描かれる本作。お笑い芸人の大谷ノブ彦さんはどのように本作を観たのか?熱いトークイベントになること間違いなし!


開催概要:2018年5月3日(木・祝)群馬県 シネマテークたかさき

開場19:45 / 開演20:00(22:50終了予定)

特別料金:通常料金+300円

映画情報どっとこむ ralph 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

TOHOシネマズ シャンテほか大ヒット上映中


「英国一型破りな男が、歴史を変えた。」

1940年、第二次世界大戦初期。ナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれるなか、ヨーロッパの運命は、新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に委ねられた。嫌われ者の彼は政敵に追いつめられながら、ヨーロッパのみならず世界にとって究極の選択を迫られる。

ヒトラーに屈するのか、あるいは闘うのか――。


「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダー」(2013年PwCJAPAN調べ)に、スティーブ・ジョブズやガンジーを抑えて選ばれた伝説の政治家チャーチルは、最大の国難に直面したその時、いかにして人びとに勇気と希望を与えたのか?チャーチル没後に公開された戦時内閣の閣議記録によって明らかとなった実話を基に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間を描く、感動の歴史エンターテインメント。

***********************************

監督:ジョー・ライト
出演:ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、スティーヴン・ディレイン、ロナルド・ピックアップ、ベン・メンデルソーン  
2017年/イギリス/125分 

ユニバーサル作品 
配給:ビターズ・エンド/パルコ
© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


映画『HURRY GO ROUND』の世界観を堪能できる宿泊者専用コンセプトラウンジ登場! 宿泊予約スタート


映画情報どっとこむ ralph 1998年5月2日、人気絶頂の中、突然永眠したX JAPANのギタリストhide。あれから20年、“hide 20th Memorial Project“の一環として製作されるドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』の5月26日(土)全国公開を記念して、hotel koe tokyo初のミュージシャン・コラボとなる企画が決定しました。

hideとhotel koe tokyoのコラボレーション企画として、映画『 HURRY GO ROUND』の世界観を堪能できる宿泊者専用コンセプトラウンジが登場します。

本企画で登場するコンセプトラウンジは、hotel koe tokyo 3Fの宿泊者専用フロアに設置され、hideにまつわるパネルや貴重なアイテムの展示、映画をイメージしたウェルカムドリンクの提供などゆったりとした大人の時間を演出します。さらに客室には映画とコラボしたオリジナルアメニティを用意。ハンドタオルやフェイスタオルなどのアメニティは、そのまま宿泊者にプレゼントされます。

また、1Fに登場するPOP UP SHOPでは、映画のアートワークをフィーチャーしてデザインされたグッズを販売します。

本コラボでは、音楽やアートなどのカルチャーとファッションを結びつけた新しい体験を提案しているhotel koe
tokyoの取り組みにhideの存在が非常にマッチしていることに注目。4/27(金)から5/2(水)までの6日間は映画とのコラボ風船の配布(毎日先着100名)やネイル・サービス(有料/予約制)の提供なども行います。

映画情報どっとこむ ralph <hotel koe tokyo × hide コンセプトラウンジ>

*ラウンジのご利用はホテルへの宿泊者が対象となります

期間 :2018年4月27日(金)~5月10日(木)
企画内容 :hideにまつわるパネルや貴重なアイテムの展示 オリジナルアメニティのプレゼントなど

{宿泊概要]
期間:2018年4月27日(金)~5月10日(木)
予約受付期間 :2018年4月17日(火)10:00am~4月26日(木)23:59
宿泊料金 :S(1名):¥46,000/S(2名):¥62,000/M:¥105,000/L:¥130,000/XL:¥270,000
※オリジナルアメニティ付き
※サービス料、消費税、宿泊税は含まれておりません
予約・お問合せ :hotel koe tokyo
予約サイト:
http://hotelkoe.com/culture/collaboration-info

特別企画につき、以下ご留意ください
1.公式HPのみからの予約受付(電話、対面予約不可)となります。
2.事前決済のみ対応です。
3.予約確定後のキャンセル、日程変更ならびに一切の予約内容に関する変更は不可となります。
4.連絡のないキャンセル、当日不泊における返金はいたしませんのでご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph <展示・販売概要>

期間 :2018年4月27日(金)~5月10日(木)
場所:hotel koe tokyo1Fイベントスペース「koe space」
販売内容 :映画『HURRY GO ROUND』のアートワークをフィーチャーしてデザインされたコラボレーショングッズ
(キャップ、Tシャツ、スマホケース、スマホリング など)

映画情報どっとこむ ralph 映画情報

HURRY GO ROUND

2018年5月26日(土)角川シネマ新宿 他全国ロードショー。

あの衝撃の日から20年。 hide初心者の俳優・矢本悠馬がナビゲーターとして、 亡くなる直前3ヶ月間の軌跡に迫るドキュメンタリー。

最期の楽曲「HURRY GO ROUND」に秘められたメッセージとは・・・


***********************************

監督:石川 智徹
ナビゲーター:矢本 悠馬
主題歌:「HURRY GO ROUND」

配給:KADOKAWA
企画・製作:UNIVERSAL CONNECT
制作プロダクション:サーティー・フレーム
Ⓒ2018 「HURRY GO ROUND」製作委員会


旅の案内人に小泉今日子&東出昌大 日本の美しさ”を巡る旅『ピース・ニッポン』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 数年間に一度だけ、”一期一会”でしか出会えない神々が宿る美しい瞬間があります。

本作は8年の歳月をかけてその瞬間を追い求め、全国47都道府県・200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化。空からとらえた見たことの無い絶景の数々、そして知っているようで知らなかった日本人特有の精神やルーツも紐解いていく、壮大で、ドラマチックな映画が誕生しました!

紅葉の中虹色に輝く那智の滝、雲海に浮かぶ竹田城、そして熊本地震により崩落する前の天空の道ーー。後世に遺したい景色を厳選した、111分の日本を巡る旅へ、観客を誘います。

映画情報どっとこむ ralph 新たな日本に出逢う壮大な旅のナビゲーターを務めるのは、小泉今日子さんと東出昌大さん。

東出昌大さんは映画作品のナレーション担当は本作が初となる。後世に遺したい”本当の日本の美しさ”を巡る旅への案内人として、日本を代表する映画俳優として第一線で活躍する二人が作品に華を添えます。

音楽は海外でも高い評価を受けているアンビエント・アーティストの岡野弘幹が手がけ、日本の大自然と精神を見事に表現しています。さらに、映画の劇中歌には竹内まりや「いのちの歌」が決定!その他にも、劇中には細野晴臣「悲しみのラッキースター」から「ボレロ」「星に願いを」まで、日本の名曲から世界的スタンダード・ナンバーまで、様々な楽曲が映画に一層の彩りを与えています。


映画情報どっとこむ ralph 監督は、映画「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」、「TAJOMARU」のほか、今井美樹、布袋寅泰、GLAY、といった多数の有名アーティストの音楽クリップを手掛けてきた中野裕之さん。

中野裕之監督からのコメント
この映画は、日本を映像や写真や音声で後世に遺すプロジェクトが作り上げた、日本の美しい映像を見ながら、
日本人の精神の歴史や全国の美景を一度に見ることができる、いわば日本のベスト盤です。お寺と神社の違いを、海外の人と同じくらい知らない世代が増えました。一度見るとプチ日本通。活性化したい地方を支援し、日本に恋する人を増やして日本を元気にしたいと思って8年間撮影しました。全国の撮影者が一期一会で出会った美しい日本を見て恋してください


映画情報どっとこむ ralph 神道と仏教が混交していく中で、日本人が持つようになった特有の精神や自然感にフォーカスする「日本の精神」、世界に類を見ない豊かな気候風土が生み出す変化を巡る「日本の四季」、そして、日本列島を南から北へ、簡単には出会うことができない奇跡のような瞬間を紡いでいく「一期一会の旅」。

3部構成の贅沢な旅を通して、日本の美しさを発見し、日本に恋してください。日本人のDNAを呼び覚ます111分、まさに日本の”ベスト盤”とも言える作品に仕上がりに!

2020年東京オリンピックに向かって“日本”が益々世界から注目されるにあたり、「日本人にもっと日本のことを知ってほしい、そしてもっと日本に恋してほしい。」そんな想いで製作された本作、本当の美しい日本を捉えた極上の映像体験を、是非劇場の大スクリーンで体感してください!


ピース・ニッポン・プロジェクトについて
ピース・ニッポン・プロジェクトは、日本を映像や写真という目に見える形で後世に遺すプロジェクトです。天災の多い日本だからこそ、日々変わっていく美しい町並みや自然を遺したい。本作は、そんな膨大な映像の中から、美しさを追い求めて撮影された映像のみを厳選して作られた作品です

ピース・ニッポン

peacenippon.jp

***********************************


ナビゲーター:小泉今日子 東出昌大  
出演:渡辺大 及川さきの

監督:中野裕之

劇中歌:竹内まりや「いのちの歌」  

エグゼクティブ・プロデューサー:林郁 
プロデューサー:中野裕之  六彌太恭行  小長井千晶  竹川潤一 
音楽:岡野弘幹 
メインテーマコーラス:Aika・human note
脚本:柴崎明久  中野裕之   
撮影:日本を愛する全国の映像作家たち  
タイトルディレクション:葛西 薫  
歴史監修:磯田道史 制作協力:アクアジオグラフィック株式会社 株式会社デビッドワッツ  
制作プロダクション:ピースデリック有限会社
配給:ファントム・フィルム
製作:PEACE NIPPON PROJECT LLC
(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC (2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/111分)

*4K上映は一部4K上映対応劇場のみ