「ドキュメンタリー」カテゴリーアーカイブ

まさか段ボールに泣かされるとは!な映画『旅するダンボール』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2018年SXSW FILMスポットライト部⾨に正式出品され、世界が最も注⽬する段ボールアーティスト、島津冬樹の活動に迫ったドキュメンタリー映画『旅するダンボール』。

ついに12月7日(金)より公開を開始し、同日、 段ボールエッセイ『段ボールはたからもの 偶然のアップサイクル』も発売されました。

初日、翌日の二日間に渡り公開記念舞台挨拶&トークショーを行いました。島津冬樹、岡島龍介監督、映画 音楽コンポーザー吉田大致、汐巻裕子プロデューサーが登壇し、鑑賞後の皆様の感想を聞きながらトークを 繰り広げました。

日付:12月7日(金)、8日(土)
登壇:島津冬樹、岡島龍介監督、映画 音楽コンポーザー吉田大致、汐巻裕子プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
岡島監督:撮影のはじめは段ボール好きの島津のことを全く理解できなかった。撮影中のキャンプで一つ のテントで一緒に過ごしてから、だんだん距離が縮まっていった。

音楽の吉田大致さんは

吉田さん:ストーリーやキャラクターに寄り添って音楽をつけるため、撮影現場で監督と一緒に島 津を研究した。半年は手探りだった。

と撮影での苦労を語りました。

プロデューサーの汐巻裕子さんは

汐巻さん:一人のアーティストとしての成長記録としても、良い作品になった。島津君は、 最初の撮影の頃とだいぶ顔つきが変わった。

と話すと、
島津冬樹さん:精悍な顔つきになったとは最近よく言われます、ヒゲも生やしたし!

と答え、会場から笑いが生まれました。

段ボールを巡る旅での思い出を聞かれると

島津冬樹さん:イスラエルが大変だった。入国審査のときに段ボール拾いに来 た、とうっかり言ってしまったら、止められて入国できなかった。それから4時間尋問を受けて空港に拘束され ました。でも、色んな段ボールを見つけられてすごくいい国だった。しかし、出国のときに今度はセキュリティ で怪しまられ、4時間かかりました…。結果的に段ボールは別送になりました。

と、映画には描かれない段 ボール旅の裏話も語りました。


島津冬樹さんは最後に映画について、

島津冬樹さん:僕のようなものづくりをやる人に勇気を与えられるんじゃないかな。 普段目を向けない段ボールでも、素敵な映画や本になる。 どんなものでも、素敵なものになることを知ってほしい。 そう気付くきっかけを与えられたら。

と熱い想いを語りました。

映画情報どっとこむ ralph
旅するダンボール

話題沸騰!全国で順次公開ゆるヒット中!だそうです。

公式サイト :
carton-movie.com

12/7(金) 〜 YEBISU GARDEN CINEMA/新宿ピカデリー、ミッドランドスク エアシネマ(名古屋)、MOVIX京都、神戸国際松竹、MOVIX仙台、MOVIX橋 本、イオンシネマ大宮、イオンシネマ天童 12/28(金) 〜 イオンシネマ浦和美園 12/28(金) 〜 イオンシネマ 四條畷、松本シネマライツ(長野) 1/11(金) 〜イオンシネマ港北ニュータウン、イオンシネマ市川妙典、イオン シネマ茅ヶ崎、イオンシネマ金沢、イオンシネマ高の原、イオンシネマ広島 西風新都、イオンシネマ高松東、イオンシネマ福岡、イオンシネマ熊本


INTRODUCTION
世界30カ国の街角で捨てられた段ボールを拾って、 かわいくてカッコいい段ボール財布に。不要なものから大切なものを生み出す、 いま世界からもっとも注目の<段ボールアーティスト>島津冬樹の活動に迫った ドキュメンタリー映画。わたしにもできるかも!と思わず参加したくなる、 未来を支えるみんなのアップサイクル!
段ボールアーティスト・島津冬樹について いま世界が最も注目する段ボール・アーティスト、島津冬樹。 本人は自身を段ボールピッカーとも呼ぶ。これまでに世界30カ国を巡り、な にげない街角から捨てられた段ボールを拾ってきた。もう8年間もの間、誰も が見向きもしない段ボールを、デザイン、機能性を兼ね備えた段ボール財布 に生まれ変わらせている。こうして島津が生み出す段ボール財布は世界中 を旅して、リサイクルや再利用といった概念のさらに先を行く<アップサイクル>の可能性を伝えている。


映画情報どっとこむ ralph ■初の段ボールエッセイ、映画公開と同時発売!
「段ボールはたからもの 偶然のアップサイクル」
 映画公開日に、初の段ボールエッセイ(柏書房刊)が発売となりました。
街角で捨てられた段ボールを拾い集め、かわいくてかっこいい財布をつくる活動「Carton」を続ける島津冬樹。
世界30カ国を旅しながら大好きな段ボールを集めているうちに「不要なものから大切なものへ」というテーマを見つけました。
段ボールを探し歩いた旅の記録、段ボールへの愛が語られます。

[仕様] 段ボールはたからもの 偶然のアップサイクル
著者 : 島津冬樹(文と絵)
発行 : 柏書房
出版年月日 : 2018/12/7
ISBN : 9784760150731
判型・ページ数 : 4-6・208ページ
定価 : 本体1,400円+税


■映画のあとのおすすめスポット!段ボールのあたたかさを感じよう!
島津冬樹の手作りの作品、Cartonのグッズを手にとれる場所があります。
エッセイ本「段ボールはたからもの 偶然のアップサイクル」も全国の書店で発売中。映画鑑賞後にぜひお立ち寄りください。

◯YEBISU GARDEN CINEMA付近: 
恵比寿ガーデンプレイス内、東京都写真美術館ミュージアムストアNADiff BAITENで財布・エッセイ本販売
◯新宿ピカデリー:
ポップコーンアップサイクルバッグ 2500円(税込)限定販売
◯国立新美術館内B1 スーベニアフロムトーキョー:
ミニフェアとワークショップを開催中
◯京都・藤井大丸:carton EXHIBITION〜旅するダンボール〜
7階ギャラリースペースにて展示とワークショップを開催中



***********************************

2018年/日本/91分/カラー/アメリカンビスタ/ステレオ/DCP
日本語字幕:Mika Totechinsky
出演:段ボールアーティスト・島津冬樹
ナレーション:マイケル・キダ

監督:岡島龍介
製作:汐巻裕子 撮影・編集:岡島龍介
音楽:吉田大致 VFX:松元 遼 L.A.撮影:サム・K・矢野
2018年/日本/91分/カラー/アメリカンビスタ/ステレオ/DCP
日本語字幕:Mika Totechinsky
出演:段ボールアーティスト・島津冬樹 ナレーション:マイケル・キダ
監督:岡島龍介
製作:汐巻裕子 撮影・編集:岡島龍介
音楽:吉田大致 VFX:松元 遼 L.A.
撮影:サム・K・矢野
©2018 pictures dept. All Rights Reserved


大槻ケンヂ、辛酸なめ子、上坂すみれ ら『緊急検証!THE MOVIE 』舞台挨拶付き完成披露上映会


映画情報どっとこむ ralph この度、2012年よりCS放送ファミリー劇場にて不定期で放送されている人気看板オカルト・エンターテインメント番組「緊急検証!」がまさかの映画化。『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』が、2019年1月11日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国公開となります。

本作の公開を前に、キャストの大槻ケンヂ、辛酸なめ子、吉田悠軌、康芳夫、そして上坂すみれが登壇した舞台挨拶付き完成披露上映会を実施いたしました。

日時:12月6日(木)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:大槻ケンヂ、辛酸なめ子、吉田悠軌、康芳夫、上坂すみれ 

映画情報どっとこむ ralph この日のチケットは一瞬で売り切れ。大勢の観客を前にして

大槻さん:『緊急検証!』シリーズはファミリー劇場で数年やっていて。大みそかには『紅白オカルト合戦』というのをやっていたんですが、今回、映画化されるということで驚いております。今日は映画を楽しんでください!

と挨拶。

辛酸さん:人類が滅亡するんじゃないかというノリだったんですが、映画が公開されるということで、地球が平和だということを実感させられます。収録の日は咳ぜんそくになってしまい、苦しくて。映画に咳が入ったらどうしようと心配していましたが、(入っていなくて)良かったです!

と彼女らしいユーモラスなコメントで会場を沸かせる。さらに

吉田さん:今日は携帯が通信障害になったり、都営地下鉄が止まったりして。何者かの巨大な陰謀が上映を阻止しようとしたとしか思えない。でも皆さんのおかげで、上映までこぎつけたという思いです。

と冗談を交えながらも観客に感謝を述べると、

上坂さん:いち視聴者として『オカルト紅白合戦』を楽しみにしているとつぶやいたら、それをスタッフが発見してくれて。オーディオコメンタリーをやらせてくれたり、今回の映画ではナレーションまでやらせていただいた。スタッフの皆さんのフットワークの軽さに驚いております。今回はオカルト三銃士の知られざる姿が見られると思うので、ぜひ大スクリーンで観てもらいたいです!

と付け加えた。

最後に・・・

康さん:50年くらい前に石原元都知事をリーダーに、ネッシー探検隊を結成して。現地(スコットランドのネス湖)に一年くらいいました。だからこの映画の中にわたしが登場すると聞いてビックリしました。2、3日前に完成した映画をDVDで観てみたところ、とてもシリアスな内容に作っていた。ここまでしっかりと作るなら、続編を作ったらいいと思います。

とお墨付きを与えた。

映画情報どっとこむ ralph そして舞台あいさつ終了後は、報道陣に向けた囲み取材を実施。

大槻さん:僕は今日の朝に映画を観たんですけど、朝からクラクラしました!

と語れば、

上坂さん:スタッフさんと一緒に完成した映像を観たんですが、みんなですごく盛り上がったので。応援上映に向いているんじゃないかと思いました。友だちのオカルト仲間と、思い切り声を出して上映会をしたい。映画では、ユリ・ゲラーさんが観客に語りかけるシーンがあって。それはわたしのような平成生まれにはできなかったすごい体験なので、若い方にもぜひ観てもらいたいですね。

と付け加えた。

そして

康さん:いわゆるオカルトとカルト、精神の狂気と正気、カルトと反カルトというように区分けする意味が分からないというのが僕の哲学。僕はネッシーを探検しに行って、オリバー君を招へいしたことがありますが、それはオカルトだとは思っていないです。

と自身のポリシーを語ると、

大槻さん:オリバー君が猿なのか人間なのかという点も、虚と実のボーダーラインがあいまいだというところは共感します。この映画も、そのあたりのグレーゾーンというか、あいまいなところを突いているなと思いますね。この映画なのか何なのか分からないような映画が映画館にかかるということが、ボーダーレスということを、ものの見事に現しているなと思いました!

と感心した様子をみせた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー

は2019年1月11日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国公開

https://www.fami-geki.com/kinkyu/

***********************************

出演:逸見太郎 大槻ケンヂ 辛酸なめ子 飛鳥昭雄 山口敏太郎 中沢健 吉田悠軌 / ナレーター:奈佐健臣 上坂すみれ
監督:高橋圭
脚本:伊藤のぶゆき
企画プロデュース:服部洋之(ファミリー劇場) プロデューサー:小柳大侍 仲川啓介
2019年/日本/カラー/ステレオ
主題歌:筋肉少女帯「オカルト」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
製作・配給:東北新社
提供:ファミリー劇場
(C)東北新社


中江裕司監督『盆唄』ハワイで盆踊り!?震災後の福島に希望の光が差し込む予告編完成


映画情報どっとこむ ralph この度、『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』の中江裕司監督による最新ドキュメンタリー映画『盆唄』が2019年2月15日(金)より公開となります。

先日の第19回東京フィルメックスにて特別招待作品として上映され、観客へのアンケートで満足度100%を記録した本作!

この度、待望の予告編が完成。

冒頭に東日本大震災から4年経った福島県双葉町の様子が映し出される。避難先で伝統「盆唄」を唄い続けるが「みんなでやってきた双葉の盆踊りが大好きだが、出来ないのは残念…」と、存続の危機を前に悲しみにふける双葉町の人々。しかしそんなある日、ハワイ・マウイ島へ訪れた双葉町の人々を待ち受けていたのは、島に住む大勢の日系人が100年以上前から受け継がれていたフクシマオンドを熱狂的に唄い、踊る姿!その盛り上がりに圧倒されるものの、ハワイとの交流を通して、いつしか双葉町が復活する日を信じ、「盆唄」を受け継いでいこうとする双葉町の人々の強い姿が映し出されていく。

福島、ハワイ、そして富山へと映画が旅をし、さらには余貴美子、柄本明、村上淳など豪華俳優が声の出演をするアニメーションも差し込まれており、従来の形にとらわれない新しいドキュメンタリーとなっている。震災の悲しみを抱えながらも、福島の希望にあふれた予告編が誕生です。


映画情報どっとこむ ralph 映画『盆唄』

2019年2月15日(金)より、テアトル新宿ほか全国順次ロードショー!
フォーラム福島、まちポレいわきも同時公開!

www.bitters.co.jp/bon-uta/

ふるさとを離れても、忘れることのない唄。

希望のかなたへ盆唄は響き続ける。

2015年。東日本大震災から4年経過した後も、福島県双葉町の人々は散り散りに避難先での生活を送り、先祖代々守り続けていた伝統「盆唄」存続の危機にひそかに胸を痛めていた。そんな中、100年以上前に福島からハワイに移住した人々が伝えた盆踊りがフクシマオンドとなって、今も日系人に愛され熱狂的に踊られていることを知る。双葉の人々は盆唄を披露すべく、ハワイ・マウイ島へと向かう。自分たちの伝統を絶やすことなく後世に伝えられるのではという、新たな希望と共に奮闘が始まった。やがて故郷と共にあった盆唄が、故郷を離れて生きる人々のルーツを明らかにしていく。

盆踊りとは、移民とは。そして唄とは何かを探し求める200年を超える物語―。双葉の豊かな伝統芸能とハワイのボンダンス・日系文化にまつわる唄や音楽、その背景を『ナビィの恋』の中江裕司監督が3年の歳月をかけ撮りあげた渾身のドキュメンタリーが完成!
***********************************


監督:中江裕司(『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』)
撮影監督:平林聡一郎
編集:宮島竜治・菊池智美

エグゼクティブプロデューサー:岡部憲治
プロデューサー:堀内史子 アソシエイトプロデューサー:岩根愛 

アニメーション:池亜佐美
音楽:田中拓人
音楽プロデューサー:佐々木次彦
製作:テレコムスタッフ 配給:ビターズ・エンド

出演:福島双葉町のみなさん、マウイ太鼓ほか 

声の出演(アニメーション):余貴美子、柄本明、村上淳、和田總宏、桜庭梨那、小柴亮太

日本/2018年/134分/ビスタ  
©2018テレコムスタッフ 


島津冬樹を追う映画『旅するダンボール』拡大公開決定!新ピカ限定オリジナルグッズ情報到着!


映画情報どっとこむ ralph 12月7日(金)YEBISU GARDEN CINEMA/新宿ピカデリー ほか全国順次公開の『旅するダンボール』の拡大公開決定のお知らせと新宿ピカデリー限定のオリジナルグッズ情報が到着!

2018年SXSW FILMスポットライト部⾨に正式出品され、世界が最も注⽬する段ボールアーティスト、島津冬樹の活動に迫ったドキュメンタリー映画『旅するダンボール』 。
公開前から各種メディアでのインタビューや出演希望が相次ぎ注目を集めている中、現在決定している上映館に加え全国での拡大公開が決定いたしました!


また、メイン上映館である新宿ピカデリー限定で、 “ポップコーンアップサイクルバッグ” の発売も決定いたしました。

映画鑑賞のお供として欠かせないポップコーン。普段は人目を浴びることなく、捨てられてしまう流通用のパッケージを大胆なデザインに生まれ変わらせた<アップサイクル>なバッグです。価格は2500円(税込)です。
実際にアーティストの島津冬樹が、新宿ピカデリーのバックヤードを探検し見つけたポップコーンの豆の袋をアップサイクルし、ひとつひとつ手作りで丁寧に仕上げています。本人が見つけた、映画館の舞台裏の一番のお気に入りを作品です。
映画情報どっとこむ ralph 話題沸騰 『旅するダンボール』拡大公開決定!

12/7(金) 〜
イオンシネマ大宮
12/7(金) 〜
イオンシネマ天童
12/28(金) 〜
イオンシネマ浦和美園
12/28(金) 〜
イオンシネマ 四條畷
1/11(金) 〜 オンシネマ茅ヶ崎
イオンシネマ金沢
イオンシネマ高の原
イオンシネマ高松東
イオンシネマ福岡
イオンシネマ熊本

ぜひお近くの映画館で、段ボールと一緒に巡る旅をお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph 旅するダンボール』 

2018.12.7(金)YEBISU GARDEN CINEMA/新宿ピカデリー、ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)、MOVIX京都、神戸国際松竹、MOVIX仙台、MOVIX橋本、ほか全国順次公開

公式サイト:
http://carton-movie.com/

***********************************

2018年/日本/91分/カラー/アメリカンビスタ/ステレオ/DCP
日本語字幕:Mika Totechinsky
出演:段ボールアーティスト・島津冬樹 ナレーション:マイケル・キーダ
監督:岡島龍介
製作:汐巻裕子 撮影・編集:岡島龍介
音楽:吉田大致 VFX:松元 遼
L.A.撮影:サム・K・ヤノ
配給・宣伝:ピクチャーズ・デプト 
特別協賛:サクラパックス株式会社
(C)2018 pictures dept. All Rights Reserved


『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』ポスター&予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph CS放送ファミリー劇場にて不定期で放送されている人気看板オカルト・エンターテインメント番組「緊急検証!」がまさかの映画化。『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』(2019年1月11日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開)の予告編とポスタービジュアルを解禁となります。


かつて日本中を熱狂させたオカルトブーム。

しかし、現在では世間からインチキ・オワコン扱いされている。

そこで、平成のオカルトシーンを牽引し続けた緊急検証が誇る3人の男たちにオカルトの未来を託し、全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンによって“オカルト=オワコン”説を覆すことができるかを劇場版では徹底検証する。

まさに“オカルト界の未来をかけた聖戦”となる今回のプレゼンテーションを行うのは、雑誌「ムー」などでもおなじみのサイエンス・エンターテイナー飛鳥昭雄、作家でありオカルト研究家の山口敏太郎、そして作家でありUMA研究家の中沢健という通称“オカルト三銃士”の3人。そして世紀の試みに立ち会うのは、タレント・司会者の逸見太郎、ロックミュージシャン・作家の大槻ケンヂ、コラムニスト・漫画家の辛酸なめ子、オカルト研究家の吉田悠軌。

そしてナレーションを人気声優の上坂すみれが担当する。

この度解禁となった【ポスタービジュアル】では、70年代を代表する超有名なオカルトネタであり今回のプレゼンテーマとなる、ネッシー、ノストラダムスの大予言の書影でおなじみのイラスト、そしてユリ・ゲラーがスプーン曲げをするビジュアルが大きく描かれる。そして、「平成は終わる。オカルトは終わらないー」という、オカルトはオワコンではないという強い意志が伺えるキャッチコピーが目を引く。また、全世界初、劇場で一緒にスプーンを曲げようという気になる文言が!なんと、来場者プレゼントとしてスプーンが付いてくるという。映画を観ながらスプーン曲げに挑戦するということだそう。

映画情報どっとこむ ralph 【予告編】では、当時のオカルトブームの真っ只中にいた男たちが映し出され、また海外ロケまで行ったことが分かり、これまでのテレビシリーズとは次元の違うスケールである作品に仕上がっていることが確認できる。果たしてネッシーは本当にいるのか?ユリ・ゲラーの超能力は本物だったのか?そして、気になる「地球のラストを公開する」とは一体どういうことなのか?全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンで、過去を凌駕する衝撃や驚きとともに、日本中をワクワクさせることは出来るのか?公開が待ち遠しい。


『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』

2019年1月11日、ユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて公開。

www.fami-geki.com/kinkyu/themovie

***********************************

出演:逸見太郎 大槻ケンヂ 辛酸なめ子 飛鳥昭雄 山口敏太郎 中沢健 吉田悠軌 / ナレーター:奈佐健臣 上坂すみれ
監督:高橋圭 脚本:伊藤のぶゆき 企画プロデュース:服部洋之(ファミリー劇場) プロデューサー:小柳大侍 仲川啓介
2019年/日本/カラー/ステレオ/主題歌:筋肉少女帯「オカルト」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
製作・配給:東北新社/提供:ファミリー劇場/(C)東北新社