「ドキュメンタリー」カテゴリーアーカイブ

マノロ・ブラニク インタビュー到着!タイトルは事実だと『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』


映画情報どっとこむ ralph マノロ・ブラニクの魅力と、華麗なる手仕事に迫るファッション・ドキュメンタリー

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

は、12月23日(土・祝)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー!
そのマノロ・ブラニクさんのインタビューが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph Q.この映画の撮影はどのような経験でしたか。

ブラニクさん:カメラが周りにあると完全にリラックスして居心地よいというわけにはいかなかったですが、何とか慣れました。このドキュメンタリーには満足しています。私の人生の様々な側面をリアルに捉えています。靴のデザイン、アトリエ工房での長い作業、イギリスの庭園での静かな生活を楽しむシーンなどです。

Q.あなたと監督マイケル・ロバーツとはどのような関係ですか。そしてあなたがこの企画をマイケルと共に進めることに決めた理由はなんですか。

ブラニクさん:彼とは30年以上前からの友人です。しかし、それでも映画の出演に関してはずいぶん考えました。そうは言ってもマイケルは、ほかの誰でもない“マイケル”だからね。他の監督に同意して映画を作ったとして、この私の物語を彼以上にうまく語れる人物はいないという結論に達しました。監督を彼に任せれば、私の仕事は美しく撮られるだろうし、私の物語は真実らしく、この映画を通して私は自分自身のままでいられるだろうと思いました。これらすべてのことを考えたうえで、私は「イエス」と返事しました。

Q.この映画のタイトルについて説明していただけますか。

ブラニクさん:本当にそのままだよ。小さいころ、実際にお菓子の包み紙で、トカゲと、それから犬にも靴を作ってあげてました。

Q.観客に本作から何を受け取ってもらいたいですか。

ブラニクさん:この映画を観た人が楽しんでくれることを望みます。私のイマジネーションの世界と同時に、それに関わってくれた人々との絆を感じ取ってもらえればと思います。観客は、私の人生を垣間見、マイケル・ロバーツの創造的ヴィジョンと、誰にも真似できないウィットを楽しむことになるでしょう。

Q.全世界的な「マノロ」への熱狂をどう思いますか。

ブラニクさん:何も感じない。見てもない。ミラノやサンクト・ペテルブルクのエルミタージュ美術館で行われている私の靴の展覧会に多くの人々が来ていると聞いて、これには本当に驚いています。

Q.芸術的表現の手段として、あなたが靴を選んだのはなぜですか。

ブラニクさん:創造的な仕事をしたいと思い、セットやコスチュームデザイナーとして出発しました。だが、ダイアナ・ヴリーランドの忠告に従って、靴のデザインに絞ることにした。彼女の助言と援助にはずっと感謝しています。

Q.あなたにインスピレーションを与えるのは何ですか。

ブラニクさん:私の周りにあるものすべてがインスピレーション源です。最初はそれと分からなくても、後でそれが想像の中に現れ、私はそれを最終的に靴のスケッチに移す。それは本でもありうるし、映画、展覧会、建物でも。私は視覚的人間なので、気に入ったものは忘れないし、いつか私のコレクションの中に現れることになります。

Q.ビジネス界に何十年もとどまっていて、あなたの事業が不況知らずで、会社が独立を保ち、オーナーであるあなたの意向を中心に運営を続けられているのはなぜでしょう。

ブラニクさん:質のいい靴を作る、それ以外に秘密なんかないよ!

Q.あなたはこれまでに膨大な量の遺産を残してくれました。はじめからずっと協力している人はいるのですか。もしそうなら、彼らとの関係はどのようなものなのでしょう。

ブラニクさん:そう、はじめから一緒に仕事をしている人たち、彼らと今でもまだ仕事しています。私は変化を好みません。一緒にいて楽しい人と仕事したい。それが一番大事だ。楽しむことがね!

Q.この映画は何十年にもわたる長く実り豊かなキャリアを辿っています。引退する意向はありますか。もしそうなったら、「マノロブラニク」のブランドの将来はどうなるのでしょう。

ブラニクさん:いや決して引退はしない。いつまでも、いつまでも続けるのみです。ずっと美しい靴を作り続けていたいからね!

映画情報どっとこむ ralph 1970年代初期にロンドンにショップをオープンさせて以来、その構築的で美しいハイヒールが、多くのセレブやファッショニスタから熱狂的に支持されてきたシューズブランド<マノロ ブラニク>。

そのデザイナーであるマノロ・ブラニクの魅力と、華麗なる手仕事に迫るファッション・ドキュメンタリー『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』原題:Manolo: The Boy Who Made Shoes for Lizards 

は、12月23日より公開致します。
 

ソフィア・コッポラ監督作品『マリー・アントワネット』(06)に全面協力し、第79回アカデミー賞にて衣装デザインのミレーナ・カノネロにオスカーをもたらした。2007年には今までの功績を讃えられ、大英帝国勲章名誉コマンダーを受勲。

世界中の女性を虜にする “夢の靴”が生みだされる工房(アトリエ)から、イギリス・バースの閑静な自宅、そしてそこに保存された30000点に及ぶアイテムのアーカイブにまでカメラは切り込み、天才マノロ・ブラニクの魅力に迫るファッション・ドキュメンタリーがついに日本公開!


「トカゲに靴を作った少年」とは?

生れ故郷のスペインのカナリア諸島の庭園を駆け回り、チョコレートの包み紙でトカゲのために靴を作ることに熱中していた少年時代。自然と植物を愛でる眼差しが、今でもデザインの源になっている

***********************************

監督・脚本:マイケル・ロバーツ
出演:マノロ・ブラニク、アナ・ウィンター、リアーナ、パロマ・ピカソ、シャーロット・オリンピア、イマン、
   アンジェリカ・ヒューストン、ジョン・ガリアーノ、ソフィア・コッポラ、ルパート・エヴェレット

2017年/イギリス/89分
配給:コムストック・グループ 
配給協力:キノフィルムズ 
(C)HEELS ON FIRE LTD 2017


ゆく年くる年に。チベット僧侶とお話ししよう『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』イベント開催へ!


映画情報どっとこむ ralph 中国で驚きの動員300万人超え!

中国の《芸術映画》の興収記録をつくったチベット語映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』が12/23(土)よりアンコール公開!!

実際の“村人”出演の巡礼ロードムービーが、『ラ・ラ・ランド』級の大ヒットになったのはなぜ?チベットの小さな村から、聖地ラサ、そしてカイラス山へ。“五体投地”という両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈る仏教でもっとも丁寧な礼拝を繰り返しながら、はるか2400kmを1年もかけて歩く11人の村人の巡礼旅を描いた映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』。

映画情報どっとこむ ralph 2016年7月、日本で世界最速となる劇場公開が行われると、「映画を見るだけで心が癒される」という声が高まり、2万人に近い観客を動員し、ミニシアター系映画としてはスマッシュヒットに。そして、この日本公開の約1年後、2017年6月26日に中国で公開されると、なんと空前の大ヒットに! 2017年10月現在で、動員300万人超え、興収1億元(約17億円)超えを記録。これはチベット語映画としてはもちろん、中国における「芸術映画」の最高興収記録(出典:北京周報2017.9.21)となった。この300万人超えという数字は、今年の日本映画市場で比べると、アカデミー賞で大きな話題を呼んだ『ラ・ラ・ランド』級のヒット。

これまで中国映画市場で大ヒットする映画と言えば、スター競演やアクション満載のエンタテイメント巨編が中心だったので、なぜ村人自身が出演し、スターもいなければアクションもない、チベット語の巡礼ロードムービーが大ヒットに?

『胡同のひまわり』などで日本にもファンの多い華人チャン・ヤンが監督した『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』、映画完成時には「中国で大規模な公開は無理だと思うが、ひとりでも多くの人が見てくれたら」と謙虚に語っていたが、この大ヒットに一番驚いているのは監督自身かもしれない。

本作の日本語字幕を監修したチベット研究者の星泉教授(東京外国語大学教授)は「チャン・ヤン監督のチベット愛あふれる映画『ラサへの歩き方』が中国で大ヒットしたことは嬉しいニュースでした。チベット文化の核心ともいえる利他の心とともに、ごく普通の人びとの物語を映し出したこの映画は、異文化の壁を越え、人の心の奥まで届く力を持つのでは?」とコメント。同じく字幕監修協力を行った在日チベット人のロディ・ギャツォ氏は「『ラサへの歩き方』の大ヒットはチベット人の社会でも大きな話題でした。政治がない映画だから、誰でも見られることが素晴らしい。たくさんの普通の中国人がチベットの文化を知ってくれたら将来的にもっといい関係になれると思います」と語った。

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、この記録的な中国大ヒットを受け、12月23日(土)より渋谷のシアター・イメージフォーラムでアンコール公開が決定。初日には、年末にふさわしく、チベットの高僧ニチャン・リンポチェ師を迎えてのイベントも開催する。

※詳細は下記のとおり。

■『ラサへの歩き方 祈りの2400km』アンコール公開
12月23日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて連日10:50〜上映


■『ラサへの歩き方 祈りの2400km』アンコール公開記念イベント
【ゆく年くる年に。チベット僧侶とお話ししよう】

開催日時:12月23日(土) 13:30~15:00(イベント終了後、茶話会もあり)
会場:イメージフォーラム3階
料金:無料(『ラサへの歩き方~祈りの2400km』映画チケットおよび半券ご提示に限り)/それ以外の方は入場料1,000円
事前予約:
・電話:03-5366-1545(月~金)
・メール:info@moviola.jp 
件名「12/23チベット仏教予約」としていただき、本文にお名前、お電話番号、人数を明記ください。予約完了メールをもってご予約となります。
*当日は13:15までにお越しください。遅れた際、ご予約でも立見になる場合があるそうです。
イベント詳細はこちら

***********************************

監督・脚本:チャン・ヤン 
撮影:グオ・ダーミン 
出演:チベット巡礼の旅をする11人の村人たち
118分/中国/2015/COLOR/チベット語/DCP/16:9/DOLBY 5.1
配給:ムヴィオラ
www.moviola.jp/lhasa


松永大司監督、橘ケンチが大いに語った“THE YELLOW MONKEY”映画「オトトキ」​イベント


映画情報どっとこむ ralph 15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画「オトトキ」。​

11月11日(土)に全国公開され、現在も全国で絶賛公開中の本作品ですが、この度、松永大司監督と橘ケンチさん(EXILE/EXILE THE SECOND)によるトークイベント付き上映が行われました!​


映画「オトトキ」スペシャルトークイベント​
日時:12月10日(日)
場所:新宿バルト9 シアター3​
登壇:松永大司監督、橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)​

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中「オトトキ」トークイベントのゲストにEXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチが監督の松永大司とともに登壇。

お二人は松永監督の前作「トイレのピエタ」のプロモーションの一環で行われた対談がきっかけとなり、現在も交友があるという。
松永監督:ケンチくんはクリエイティブへの執着がすごい。本当に映画が好きなアーティストだと思います。裏方に近い感覚を持っているので個人的に趣味も合って楽しいんです。

橘さん:映画監督って、ちょっと怖いイメージがあるんですよ。でも松永さんはフランクでマイルド。先輩だけど同じ目線で話してくれるし、話題が尽きない。
と、仲の良さをにじませます。​

実は、橘さんはすでに本作を2回見たという。
1度目は編集中のものを関係者向けの試写会で、2回目は公開後に自ら劇場に足を運んだ。
橘さん:試写会で見た時にすでに引き込まれてファンになっていたみたいで、2度目に映画館で見た時は、席に座ってから上映が始まるまでドキドキしっぱなしでした。僕のファンもこういった気持ちで見てくれているのかなと思ったり、とても濃厚な2時間でした。​

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
​橘さん:『オトトキ』を見てすっかりイエモンファンになりました。吉井さんがメンバーを気遣いつつ丁寧にものを伝えている様子に共感しました。グループは一人一人の人間で成り立っているなあと実感しましたね。これは4人の人間模様が垣間見える人間ドラマ。あと2回は見たいと思っています。
松永監督:今日のケンチくんのトークイベントもそうですが、一見交わることのない人たちが交わることで、イエモンのファンじゃなかった人が見てくれる可能性が芽生えますよね。こういったことで1年近く密着させてくれたメンバーにも、恩返しできればと思います。​
ものづくりという共通項で仲を深める橘さんと松永監督でした。

映画『オトトキ』  ​

全国絶賛上映中!


公式サイト:
theyellowmonkey-movie.jp

公式Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE​

当日上映料金:通常料金 ​
※料金設定は各上映劇場によって異なります。ご鑑賞いただく劇場のHP等にてご確認ください。​


***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二
監督:松永大司​
制作プロダクション:ブースタープロジェクト​
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  ​
©2017映画「オトトキ」製作委員会​


横浜DeNA 今永昇太選手、桑原将志選手『FOR REAL』公開初日舞台挨拶にて​


映画情報どっとこむ ralph この度、19年ぶりに日本シリーズに進出した、横浜DeNAベイスターズ。

その2017年シーズンを振り返る球団公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL-必ず戻ると誓った、あの舞台へ。-」が12月9日(土)より劇場公開しました。

そして、公開日でもある12月9日(土)、横浜ブルク13にて、横浜DeNAベイスターズの今永昇太選手、桑原将志選手が登壇の舞台挨拶イベントが行われました。


日付:12月9日(土)
場所:横浜ブルク13
登壇:横浜DeNAベイスターズ今永昇太選手、桑原将志選手

映画情報どっとこむ ralph 12/9(土)の公開初日を迎えた本作品、地元横浜の映画館”横浜ブルク13”には大勢の横浜DeNAベイスターファンが約400席の劇場を埋め尽くした。そんな熱気の中、横浜DeNAベイスターズの今永昇太選手、桑原将志選手が登壇すると、待ち望んだファンから大きな手拍子と歓声が上がった。それに応えるように

今永選手:映画楽しんでいただけましたか!

桑原選手:今日一日よろしくお願いします!

と元気にファンに挨拶。客席からは大きな拍手が上がった。​


そして、2017シーズンを密着したこの映画については、​
今永選手:ここまで撮られていたか、というところもありましたし。来シーズンは気をつけなきゃいけないなぁというところもありました(笑)ただ、試合前は正直自分自身のことに集中していて気にはならなかったですね。カメラいるなぁ、程度で。そういうところも見ていただきたいです。ただ、自分が真面目な人間だ、ということを前提に見ていただきたいです(笑)

桑原選手:1年間シーズンを戦って、みんなの喜怒哀楽、経験したことが凝縮された映画になっているので、あらためて見返すといろんな思いが頭の中に蘇って来ました。​密着されているということは気にならなかったです。スタッフの方が選手を配慮してくれているので。この映像を見ると、すごいモチベーションになりますし、感謝の気持ちしかありません。あと、選手だけではなくファンのみなさんに喜んでもらえるのもぼく自身嬉しいことなので。そういったところも見て欲しいです。

と其々コメント。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、ファンからの質問コーナーも盛り上がり、小学生の男の子からの「どうやってホームランを打つんですか?」という質問に対しては、

桑原選手:いまはボールが遠くに飛ばないと思うけど、毎日バット振る練習を続けていくことが大切。打てなくても落ち込むことなく続けていくことが大事。

といアドバイス。​続いて、「野球をやってよかったと一番思う瞬間はどんな時ですか?」という質問に対して、

今永選手:試合に勝った時のヒーローインタビューの舞台に立ったときですね。勝ったんだな、という実感がわくときです。

桑原選手:野球をやれている。皆さんの前で野球をやれているときが一番幸せなときです。

とコメント。​
選手とファンが一体となった舞台挨拶イベントとなりました。​

映画情報どっとこむ ralph 本作品は、全国順次公開中。​

公開日:2017年12月9日(土)~ ※上映開始日、上映期間等は各劇場で異なります

上映劇場:神奈川県(6か所)
横浜ブルク13、チネチッタ(川崎)、イオンシネマ港北ニュータウン、横須賀HUMAXシネマズ、シネプレックス平塚、TOHOシネマズ海老名

:北海道(1か所) ユナイテッド・シネマ札幌
:東京都(1か所) 新宿バルト9
:千葉県(1か所) イオンシネマ幕張新都心
:埼玉県(1か所) イオンシネマ浦和美園
:愛知県(1か所) 109シネマズ名古屋
:大阪府(1か所) 梅田ブルク7
:福岡県(1か所) ティ・ジョイ博多
※チケット料金は通常料金となります。詳細は各上映劇場にて異なりますので、劇場HP等でご確認ください。
(舞台挨拶等、特別興業は除く)

映画情報どっとこむ ralph DVD・Blu-ray発売概要
【予約受付】 :2017年11月25日(土)
【発売日】 :2018年1月5日(金)
【価格】 :通常盤DVD 4,100円(税込み)
:初回限定盤DVD:4,600円(税込み)
:初回限定盤Blu-ray:5,100円(税込み)
:特別仕様盤Blu-ray:15,000円(税込み)
※Blu-rayの通常盤販売はありません。また、DVDの特別仕様盤販売はありません

内容
通常盤   本編のみ収録

初回限定盤
本編+特典映像(ショートストーリー、選手インタビュー、モチベーション映像、他)+特製ブックレット
       :特別仕様盤
本編+選手副音声+特典映像(ショートストーリー、選手インタビュー、モチベーション映像、クライマックスシリーズ優勝祝勝会映像、他)+特製ブックレット+特製フォトフレーム(選手実着用ユニフォームの一部生地を埋め込んだオリジナル商品)

【発売場所】 
横浜DeNAベイスターズ オフィシャルwebショップ
横浜DeNAベイスターズ BAYSTORE NAIYA 2F 
※予約受付は11月26日(日)より承ります

***********************************

FOR REAL-必ず戻ると誓った、あの舞台へ。-
監督:金澤佑太
エグゼクティブプロデューサー:里見夏生
プロデューサー:伊藤喜澄/奥村健太
企画:野田尚志
制作協力:ビューキャスト/メディア・ワン
配給・宣伝:ティ・ジョイ
制作・著作:横浜DeNAベイスターズ
Ⓒ2017 YOKOHAMA DeNA BAYSTARS
        


ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭OP上映


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する映画『犬ヶ島』が2018年春より、日本を含む全世界で公開。
この度、本作が、2018年2月15日[現地時間]より開催される第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映&コンペティション部門への正式出品が決定しました!

独特な世界観で数多くの映画ファンを魅了し、ベルリン国際映画祭の参加も常連ともいえるウェス・アンダーソン監督作品としては、審査員グランプリの銀熊賞を受賞した『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)以来、オープニング作品としては約4年ぶり、2度目の選出、またコンペティション部門へは4度目の出品となります!!!


本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。

声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結。

さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙らといった日本を代表する異色なキャスト陣の参加が決定していることから、映画ファンを中心に日本のみならず世界中が公開を待ちわびています!

現在、映画祭での上映日に合わせキャスト、スタッフの渡航は調整中。


***********************************

映画『Isle of Dogs』
邦題『犬ヶ島』

監督:ウェス・アンダーソン
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ