「スポーツ」カテゴリーアーカイブ

志尊淳が鈴木大地長官を表敬訪問『走れ!T校バスケット部』がスポーツ庁とのコラボ決定!


映画情報どっとこむ ralph 実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が今年11月3日(土)に公開となります。

監督は、映画『今日、恋をはじめます』、『クローバー』、この夏公開の『青夏きみに恋した30日』等、数々の青春恋愛映画に定評のある古澤健。脚本は、この春、「おっさんずラブ」、「チアダン」の徳尾浩司。

弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描いた、胸アツ青春映画がこの秋、誕生します!

そんな、『走れ!T校バスケット部』がスポーツ庁とのコラボレーション決定!

主演の志尊淳が鈴木大地長官を表敬訪問しました。


映画情報どっとこむ ralph 鈴木長官が待ち構える長官室に少し緊張した面持ちで志尊が入室。

志尊さん:生きているうちにスポーツ庁さんに入らせて頂く機会があるとは1ミリも思ったことがなかったので、すごく緊張していました。

という志尊を鈴木長官が温かい笑顔で迎え、和やかなムードの中、対談がスタートしました。

鈴木長官:全編、涙なしでは見られないストーリーでしたね!悩みを抱えながら部活動をしている方々もいると思いますが、この作品を観れば勇気をもらえると思います。

と大絶賛!志尊さんも撮影中にスポーツを通じてコミュニケーションの大切さや深さを学んだこと打ち明けました。

さらに共演者全員がバスケット未経験者だったことを明かすと

鈴木長官:みなさんバスケット未経験には見えませんでした!

と驚いたご様子。さらに、志尊さんが過去に剣道・水泳・野球・サッカー・ソフトボール・ボクシング・総合格闘技をやっいて、

志尊さん:スポーツがない生活はなかった!

とスポーツに精通していたことを明かすと、

鈴木長官:スポーツ庁の職員になれるくらいですよ!

と墨付きを頂き、終始和やかな対談となりました。


映画情報どっとこむ ralph お二人のコメントをまとめました!

志尊淳(田所 陽一役)

まさか生きているうちにスポーツ庁さんに入らせて頂く機会があるとは1ミリも思ったことがなかったので、すごく緊張していました。(笑)今回このような形で表敬訪問をさせて頂くということでガチガチに緊張していましたが、鈴木長官が穏やかな方ですごく安心しました!

陽一はイジメにあって転校しますが、僕の学生時代にも身近にイジメがあったので、その時の気持ちを思い出しました。人それぞれに様々な形があるとは思いますが、陽一は前を向く姿勢を貫いていたので、その部分はすごく意識して演じました。僕をはじめ共演者のみんなはバスケの経験がなかったのですが、作品の中ではしっかりとプレーしなければいけない役どころだったので、撮影の約3ヶ月前から日々練習しました。パスからシュートまでの過程をみんなで練習することで、すごくコミュニケーションが深まっていって、終わった後には言葉を交わさずとも自然にチーム一丸となっていました。その練習過程があったからこそ、ここまで作品を作り上げられたのだと思いますし、僕らキャスト陣と役の成長過程がリンクしていました。

実際に透のように部活を兼任している友人もいて、「このスポーツが好き!」「この部の雰囲気が好き!」「環境が好き!」など様々な理由があったので、楽しく部活動ができることが一番大切かなと思いました。スポーツを交えた演技はすごく楽しかったです!「こんなにキラキラと青春を送っていたんだな」と試写を観た後に感じたので、「学生時代にもっともっとがむしゃらにやっていればよかったな」と少し後悔しました。チームスポーツを

通じて同じ時間を共有することで、プレー時間以外での過ごし方やコミュニケーションを交わすことをとても深く考えるようになりました。スポーツ庁さんが色々な角度からスポーツを推奨されていて、鈴木長官の通勤時間も無駄にしないという理念のスニーカーも素敵だと思います!

僕はスポーツ大好きで、剣道・水泳・野球・サッカー・ソフトボール・ボクシング・総合格闘技をしていました。野球は約8年間やっていてキャッチャーだったので体が大きかったのですが、俳優を目指すとき18Kg痩せました!スポーツがない生活はなかったですし、女性がスポーツをしている姿はすごく素敵に感じます。



鈴木大地 長官(スポーツ庁)

全編、涙なしでは見られないストーリーでしたね。親友がイジメにあっていて、それを助ける姿は本当に勇気があるなと感じました。悩みを抱えながら部活動をしている方々もいると思いますが、この作品を観れば勇気をもらえると思いますし、陽一君のような行動はとても参考になると思います。

T校メンバーはこの作品で初共演の方もいると伺いましたが、映画の中で本当に1つのチームになっていましたね!そしてみなさんバスケット未経験には見えませんでした!「本当にバスケットが楽しい!」という感情がにじみ出ていました。

スポーツ庁でも多くの取り組みをしていますが、国民のみなさまにもいろいろなスポーツをやってみて、一番自分が向いているスポーツや楽しいと思ったスポーツを一所懸命にやってみてほしいです。

胸にパラリンピックのバッチもつけて頂いて、ありがとうございます!我々も大会でスポーツ選手が活躍されることはもちろん、国民のみなさんの健康増進や運動不足解消など様々な理由でたくさんの人々にスポーツをやって頂きたいと思っています。志尊さんにスポーツ好きだと言って頂けると、スポーツ人口が5%くらい上がった気がしますね(笑)

映画情報どっとこむ ralph
映画『走れ!T校バスケット部』

11月3日(土)より全国東映系にてロードショー!!

サイト:
http://tkoubaske.jp/

Twitter:
https://twitter.com/tkoubaske

Instagram:
https://www.instagram.com/tkoubaske/

戦連敗、向かうところ負けばかりの雑草チーム「T校バスケット部」。
そんなT校に、バスケの強豪白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一が転入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、バスケットボールを辞めていた。もう二度とバスケはしない――。
そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。
情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢 ―。
陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!

***********************************

監督:古澤健
脚本:徳尾浩司

キャスト:
志尊淳、佐野勇斗、早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201。

原作「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)
©2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会


フェイク爺さんバスケット!『アンクル・ドリュー』サウンド・トラック発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 豪華NBAスターとハリウッドコメディスターが夢の共演を果たし、全米で大ヒットを記録した青春コメディ映画『アンクル・ドリュー』は11月9日(金)に公開となります!


本作には!!!

エイサップ・ロッキー、エイサップ・ファーグ、Gイージー、フレンチ・モンタナ、ウィズ・カリファ、ロジック、カリードなど、ヒップホップ/R&B界を中心に旬な豪華アーティスト総勢28組以上が大集結!!!

そのサウンド・トラック『アンクル・ドリュー・オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラック』の日本盤が10月31日(金)に発売されることが決定しました。


そんな注目の映画『アンクル・ドリュー』のサウンド・トラックは、映画の舞台でもある、米ニューヨーク州ハーレムについて地元のフッド・スターでもあるエイサップ・ファーグが熱く歌った「ハーレム・アンセム」、同じくハーレムが生んだレジェンド・クルー=ディプセットによる「ストロンガー ft.ドラマ」、第60回グラミー賞で”最優秀新人賞”を含む5部門にノミネートされたシンガー=カリードにの「ステイ」、今年の12月に待望の初来日公演も控える、UK発”期待の新人”=ネイオによるティーナ・マリーのカバー曲「アイ・ニード・ユアー・ラヴィン」、主演のカイリー・アーヴィングと2015年にシングル「ビルズ」で全英チャート2位を獲得したシンガー=ランチマネー・ルイスによるコラボ曲「リディキュラス」など好曲が多数収録。

他にもエイサップ・ロッキー、ウィズ・カリファ、21サヴェージ、Gイージー、フレンチ・モンタナ、キッド・インク、ロジック、ゴールド・リンク、H.E.R.等、ヒップホップ/R&B界を中心に豪華アーティストが大集結。バスケット界と密接なアーティストやサウンドが全米熱狂の青春バスケ映画『アンクル・ドリュー』を更にひきたてる注目のサウンド・トラックだ。

映画情報どっとこむ ralph 【リリース情報】
『アンクル・ドリュー・オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラック』
●国内盤発売日 : 10月31日(金) / 価格2,200円+税 SICP-5911
●輸入盤 / 配信 :発売中
試聴・購入リンク:https://VA.lnk.to/UncleDrew_VAmo
●トラックリスト

01. エイサップ・ファーグ / ハーレム・アンセム
02. Gイージー ft. ヨー・ガッティ & YBNナハミール / 1942
03. フレンチ・モンタナ & レミー・マー / ニュー・サング
04. エイサップ・ロッキー x グッチ・メイン x 21サヴェージ ft. ロンドン・オン・ダ・トラック / カーキー
05. ゴールドリンク ft. H.E.R. / アイ・キャン・フィール・イット
06. トーン・スティス ft. 2チェインズ / ライト・フレックス
07. レイケリー47 ft.クライド・ゲバラ / チェイン・ギャング
08. ロジック / ボーリン
09. カズン・スティズ / レコーズ
10. ディプセット ft. ドラマ / ストロンガー
11. ネイオ / アイ・ニード・ユアー・ラヴィン
12. カリード / ステイ
13. キッド・インク ft.エリー・ドゥエ / アス
14. ウィズ・カリファ / ホワッツ・ザ・プレイ
15. グレイス / クラップ・ユアー・ヘンズ
16. カイリー・アーヴィング ft. ランチマネー・ルイス / リディキュラス

映画情報どっとこむ ralph 若い奴らにはまだ負けねぇ!仲間も金も青春も、全部バスケで取り戻せ!

アンクル・ドリュー
原題:UNCLE DREW

11月9日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

公式サイト:
http://uncledrew.jp
Twitter:
https://twitter.com/uncledrew_jp


【STORY】
マイケル・ジョーダンに憧れバスケットボールを始めた青年ダックス(リルレル・ハウリー)は、あるトラウマから選手の夢を諦め、現在はストリートバスケチームのコーチをし、大会での優勝を目指していた。しかし、ある日突然、チームの主力選手をライバルチームに引き抜かれてしまう。失意の中ダックスは、伝説の選手だったお爺さん・アンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会う。二人はかつての仲間を集め、伝説のチームを復活させ、バスケの聖地”ラッカー・パーク”で開催される大会に挑むことに…。果たしてダックスの夢はかなうの!?そして、ドリューたちはかつての輝きを取り戻すことができるのか―!?

***********************************

監督:チャールズ・ストーン三世 「ドラムライン」
出演:カイリー・アービング、シャキール・オニール、レジー・ミラー、リルレル・ハウリー「ゲット・アウト」、ティファニー・ハディッシュ「Girls Trip(原題)」
配給・宣伝:REGENTS  2018/アメリカ/英語/103分/ドルビーサラウンド/カラー/アメリカンビスタ/
Motion Picture Artwork © 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』ヤヌス・メッツ監督インタビュー映像解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(8月31日(金)より全国公開)のヤヌス・メッツ監督のインタビュー映像が解禁となります。

世界中が固唾を呑んで見たスポーツ史に刻まれた究極の名勝負の映画化が実現した本作。

インタビュー映像でヤヌス・メッツ監督は、マッケンローを演じたシャイア・ラブーフについて


メッツ監督:シャイアの集中力はすごいよ。ひとつのシーンに同じアプローチで臨むことは絶対にないんだ。いつも何か新しい要素を持ち込んでくる。そして彼は周りのすべてのテンションを上げることができる。シャイア・ラブーフとは、ドキュメンタリーを撮っているようだったよ。

と、初のタッグとなったシャイアとの撮影時のエピソードを明かし、ボルグ役のスベリル・グドナソンについては、

メッツ監督:いつも謎の部分がある。そしてそれは、彼の役作りにおいてとてつもなく興味深い瞬間を作り上げた。

と、充実感を得た様子で語っています。

監督のきっかけについては、

メッツ監督:ビヨン・ボルグの映画を僕で撮れるのだろうか?僕はスェーデン人じゃないし、テニスに特別な興味があるわけでもないし。でも、なんとなく引っかかるものがあった・・・何かが僕の意識を捉えた。脚本は本当に素晴らしくて心揺さぶられる始まり方だった。実際、脚本はいっぺんに読んでしまったよ。大いに感動したね。スポーツや2人のアイコンについてだけの物語じゃなかった。人生に対する2つの非常に異なるアプローチが描かれていたんだ。

と話し、また、

メッツ監督:『ボルグ/マッケンロー』は、違った方法で、同じ悪霊に駆り立てられていた、2人の人間についての映画だ。認知されたいという思い、意味を見出したいという思いに駆り立てられて、人生最大の疑問に直面する。どうして僕らはここにいるんだ?どのように生きるべきなのか?

と本作の内容について解説しています。



映画情報どっとこむ ralph 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

http://gaga.ne.jp/borg-mcenroe/


【ストーリー】
ボルグvsマッケンロー 1980年ウィンブルドン、全世界が注目した、世紀の試合が甦る――テニスブームに沸く1980年、対極的な2人のスタープレイヤーの戦いに世界中が熱狂していた。5度目のタイトル獲得を目指す冷静沈着な美しきボルグと、短気で荒々しい悪童マッケンロー。トップを走る2人が極限の精神状態で挑んだ、熱狂と興奮の試合。
生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る、感動の実話。

***********************************

出演:シャイア・ラブーフ『トランスフォーマー』シリーズ、スベリル・グドナソン『ストックホルムでワルツを』ステラン・スカルスガルド、ツヴァ・ノヴォトニー、レオ・ボルグ(ボルグの息子)

監督:ヤヌス・メッツ『アルマジロ』第62回カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ受賞
© AB Svensk Filmindustri 2017


あの話題のNBA選手カイリー・アービングが爺さんドッキリがコメディ映画に!『アンクル・ドリュー』


映画情報どっとこむ ralph 11月より日本公開が決定した映画『アンクル・ドリュー』。

豪華NBAスターとハリウッドコメディスターが夢の共演を果たし、全米大ヒットを記録した本作から、場面写真6点が到着しました!

特殊メイクでお爺さんに扮した現役 NBAスター選手“カイリー・アービング”が、ストリートバスケのコートに現れ、なめてかかった若者達を前に神業プレイを連発するという、ペプシコーラが仕掛けたドッキリCMが、Youtube総再生回数1億回を突破するなど話題を呼び、この度青春コメディ映画として生まれ変わりました。

本作で主人公アンクル・ドリューを演じるのは、CMに引続きカイリー・アービング。チームメイト役に、シャキール・オニール、レジ―・ミラーなど歴代のNBAレジェンド選手達が出演。さらに、『ゲット・アウト』でブレイクを果たしたリルレル・ハウリーや、MTVアワード2018で最優秀コメディ演技賞を受賞したばかりのティファニー・ハディッシュなど、今最もホットなハリウッドコメディ俳優陣が脇を固めております。監督は、天才マーチングドラマーの成長を綴った快作『ドラムライン』を手掛けたチャールズ・ストーン三世。

この度解禁された場面写真には、爺さんドリームチームの入場シーン、ドリューとビッグ・フェラ(シャキール・オニール)が訳ありげに対峙するシーン、ブーツ(ネイト・ロビンソン)のパワー溢れるダンク写真など、ニューヨーク・ハーレムに実在するバスケの聖地“ラッカー・パーク”で開催される大会の様子が伝わってきます。

また、ドリュー爺さんたちがクラブでダンスを披露しているちょっぴりお茶目な写真や、主人公ダックスが地元の床屋でお爺さんに相談する写真など満載です。







映画情報どっとこむ ralph そしていよいよ、日本版ポスターと特報映像が9/7(金)に解禁予定ですので、乞うご期待下さい!

爺さんドリームチームが活躍するド直球アメリカンコメディ

映画『アンクル・ドリュー
原題:UNCLE DREW

公式サイト:
http://uncledrew.jp

Twitter:
@uncledrew_jp

***********************************

監督:チャールズ・ストーン三世「ドラムライン」
脚本:ジェイ・ロンジーノ「スキップ・トレース」
出演:カイリー・アービング、シャキール・オニール、レジ―・ミラー、リルレル・ハウリー、ティファニー・ハディッシュ、他
配給/宣伝:REGENTS
2018/アメリカ/英語/103分/ドルビーサラウンド/カラー/アメリカンビスタ/Motion Picture Artwork

© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


松岡修造『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』学生らに熱い思いを語った!


映画情報どっとこむ ralph アスリート史上、最も美しい男・ボルグ【氷の男】VS 最も荒々しい男・マッケンロー【炎の男】

1980年ウィンブルドン決勝戦。世界が熱狂した極限の決戦とは──?

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』が8月31日(金)TOHOシネマズ日比谷他にて全国公開となります。

ジョン・マッケンローと20歳の時に対戦した経験を持つ松岡修造さんが登壇して、自身の原点を語り、さらにテニスについて悩める学生らに熱く語りました。

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』公開直前イベント
日時:8月19日(日)
場所:神楽座
登壇:松岡修造、バモス!わたなべ

映画情報どっとこむ ralph この日は公開直前イベントに「僕のテニスは、この二人の奇蹟の試合から始まった!映画を観ながら僕はウィンブルドンセンターコートで一緒に戦っていた!伝説を感じろ!そして戦え!」と熱いコメントをよせた松岡修造さんが登壇。

MCが松岡さんを呼び込もうとすると、待ちきれなかったのかその前に登場!
自身の情熱を表すかのような赤い色のユニフォームとリストバンド、ラケットを手に突如現れた松岡さんに、テニスファンが終結した会場は笑いと拍手の嵐!

そして、松岡さんからお客さんへの「この中でマッケンロー派はいます?」や、高校生に「なんで甲子園行ってないんだよ!」といった飛び込みの質問でイベントはスタート。

当時のボルグとマッケンローについて聞かれ

松岡さん:彼らが来ていたユニフォームのFILAは、当時若者が着るのがステイタス、彼らのファッションが世界に通じたというくらい本当に人気の二人だった。

とふたりの人気ぶりを振り返ります。ウィンブルドンで日本人として最高のベスト8入りを経験を持つ松岡さんが、ウィンブルドンとほかとの違いについて質問されると

松岡さん:ウィンブルドンは聖地。この80年の試合を見て、世界と戦いたいなと思い、僕のテニスをスタートさせた。それまでのテニスに対する魂が変わった試合だった。

と自信雄ルーツを語りました。

88年、ジャパンオープン準々決勝で、松岡さんがマッケンローとのギリギリの戦いを展開した試合については

松岡さん:センターコートでマッケンローが自分にジャンピングアタックしてきたわけ。でもその時に自分に世界のマッケンローがかかってきたときには、よし!と思ったよね。

と貴重なエピソードを披露しました。

映画情報どっとこむ ralph
映画については、

松岡さん:この映画を観ると、どれだけのプレッシャーや雰囲気で試合をしているかが分かると思う。みんなも錦織圭を観ててもを中途半端な思いじゃなく、心の底から一生懸命応援しようと思うと思う。

と話し、近々、全米オープン始まることについて、

松岡さん:圭は今年は行けると思う。個人的な意見としてはグランドスラムの4つの大会での優勝を1回獲ると獲り方は変わってくると思うからそのためにも勝ってほしいなと思っているね。そして圭にも見てもらいたいね、この映画!!

と世界の戦いを描いた本作にを世界で戦う錦織圭選手にもアピールしました。


そして、会場に集まったテニスを学ぶ学生らの「テニスにまつわるお悩み」アドバイスをその場で解決するお悩み相談コーナーがスタート。

「テニスの試合での好不調が激しい。なかなか立て直すことができない。どうしたらいいでしょうか。」という質問に、

松岡さん:何言ってんの?それがテニスじゃないか!!!弱い幹太郎、強い幹太郎。すべて幹太郎。

と質問者の名前をもじったさすがの答えに会場は爆笑!その意味を聞かれると、

松岡さん:いい時と比べる、ということ。弱い幹太郎の時もすべて自分なんだから。

他にも学生の方の質問に笑いを交えながら答え、そして最後に、よしもとのテニス若手芸人「バモス!わたなべ」さんからの質問も。「ブヨンボルグ」のボルグの格好をして登場したバモス!わたなべさんの芸風について興味津々な松岡さんは、ネタのリクエストをし「テニスあるある」を披露してもらうと、お客さんは微妙な空気のお客さんのリアクションを観て、

松岡さん:見てみ、この記者の人たちのリアクションを。いいか、お笑いっていうのは…

とお笑いについて指導し始める松岡さん。そして肝心なバモス!さんの「太って仕事を取ってますけど、本当は痩せてテニスがうまくなりたい」という質問に、『バモスはボルグ―、マッケンブー、信じてブー。』と書いたボードを渡し、
松岡さん:この映画を観て、自分をもっと追い込んでみろ。そしたら世界がわかるから。語尾にぶーをつけて話すんだよ。

と独特の返しで悩みを解決!?しました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

この映画について、

「マッケンローは心の部分で悩んでいた部分があったというのがこの映画で分かり、イメージが変わる。そして音楽、映像、カメラワーク、の光の使い方。本当に素晴らしい。ひとつだけ言いたいのはこの映画は深いので、本気で観て自分はどの男か、どういう性格をしているのかと思い考える作品だと思う。この映画を通して考えるべき作品だと思う。

とこれから映画を観る観客にメッセージを伝え、大盛況のうちにイベントは幕を閉じました。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男


物語・・・
ボルグvsマッケンロー 1980年ウィンブルドン、全世界が注目した、世紀の試合が甦る――テニスブームに沸く1980年、対極的な2人のスタープレイヤーの戦いに世界中が熱狂していた。5度目のタイトル獲得を目指す冷静沈着な美しきボルグと、短気で荒々しい悪童マッケンロー。トップを走る2人が極限の精神状態で挑んだ、熱狂と興奮の試合。
生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る、感動の実話。

***********************************

監督:ヤヌス・メッツ『アルマジロ』第62回カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ受賞
出演:シャイア・ラブーフ『トランスフォーマー』シリーズ、スベリル・グドナソン『ストックホルムでワルツを』ステラン・スカルスガルド、ツヴァ・ノヴォトニー、レオ・ボルグ(ボルグの息子)            
配給・宣伝:ギャガ宣伝部
© AB Svensk Filmindustri 2017