「スポーツ」カテゴリーアーカイブ

吉沢悠のサーフィン生披露、TEEライブ 映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』イベント


映画情報どっとこむ ralph 2020年に開催される東京オリンピックで、初めて公式競技に採用されることが決まった「サーフィン」。
オリンピックに先駆け、美しい海が広がる種子島を舞台に、夢に挑戦することから逃げ出した一人の男が、再びサーフィンを通して自身と向き合い、人生の輝きを取り戻していく物語が誕生!

映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』

は、5月31日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります。

そして!5月22日に、キャストと監督によるトークはもちろんのこと、主題歌を担当したアーティスト・TEEさん(UNIVERSAL SIGMA)によるミニライブ、そして、ご自身も実際にサーファーの吉沢悠さんによるサーフィンのデモンストレーションを実施するイベントが行なわれました、
日程 2019年5月22日(水) 
場所:スポル品川大井町
登壇:吉沢悠、馬場ふみか、TEE 、松原奈祐、南美沙、喜多一郎監督

映画情報どっとこむ ralph
また、主演の吉沢さんには、2018年世界ジュニア選手権日本代表、2019年日本代表強化指定選手であります、16歳の天才サーファー・脇田紗良(さら)選手より、激励の花束贈呈もありました。

映画情報どっとこむ ralph トークイベントで“これだけは言いたいという暴露話”を聞かれ
吉沢さん:クランクイン前の2月に監督に『どれくらい鍛えられるの?』と言われ、ハードルが高いなと思いました。ウエイトでやったらサーフィンの筋肉とは違うなと思い、自主トレーニングをしていたので、背筋をスクリーンで見ていただきたいです。

とアピール。それについて

喜多監督:思った以上に一生懸命練習してくれて。合宿を2回もやってくれた」と感激した様子。吉沢さんが「この映画は、サーフィン担当の助監督さんがいたので、一緒に千葉と伊豆の海に行きました。オリンピック候補選手と一緒に合宿したんです。すごいでしょ。

と尊敬の眼差しを見せました。

馬場さん:もともと車の免許がなかったんですけれど、この映画で結構車を運転するシーンがあったので、2週間くらい通いつめて免許を取りました。

と報告。撮影では

馬場さん:すごい心臓バクバクで。

と話すと

吉沢さん:結構急ブレーキもありましたね。笑。

と突っ込むと、

馬場さん:『海に突っ込みそう』と言われました!

と話しました。

監督:吉沢君以外は怖がって誰も一緒に乗らなかった。

と舞台裏を話しました。

映画情報どっとこむ ralph 松原さん:サーフィンの練習をしすぎて、種子島で肋骨を折っちゃって。実は本番の時、痛み止めを使ってやっていました。」と初告白。南さんは、「撮影の日程の天気が曇りか雨予報だったけれど、晴れ女、晴れ男のパワーのおかげで、ほとんど晴れました。

と話しました。

喜多監督:(大杉漣さん、小栗旬さんが出演した)前作から技術がかなり進歩して、ドローンという新兵器があったんです。サーフィンにはやっぱりドローンだなというシーンが結構あるので、そこはぜひ見て欲しいし、一つ一つの頑張りが映画に映っているので、今の話を含めて、色々なところを見てもらえれば。

とアピールしました。

“撮影中聞きたかったこと”を聞かれ、

吉沢さん:馬場ふみかさんは香里奈さんとの共演に緊張されていたけれど、実際撮影が始まったら、すごく仲が良くて。どうやらクランクインする前の日に二人で食事に行ったそうで。

と言うと、

馬場さん:ちょうどホテルでお会いして、『今から食事行くんですけれど』『じゃあ一緒に行きましょう』となって、仕事の話だとかプライベートの話をさせていただいて、楽しい時間を過ごしました。

と答えました。

松原さん:ふみかちゃんにスキンケアは何を使っているか聞きたかったです。

と女子ならではの質問を投げると、

馬場さん:今日も長袖着ています。映画の撮影中は、(役柄上)ちょっとタンニングした上にめちゃくちゃ日焼け止めを塗っていました。

と回答しました。

南さん:一番最初に吉沢さんのサーフィンシーンをムービーで見せていただいたんですが、種子島に撮影に行ったら、もっとうまくなっていた。いったい何をしたんですか?

と質問。

吉沢さん:それは別の方ですね。

と言うも、南さんは、見間違いじゃなかったと首を振り、

南さん:体つきも変わっていてすごいなと思いました。

と付け加えました。

“撮影秘話”を聞かれ

吉沢さん:撮影の最後の方に、みんなで飲みに行って、カラオケに行ったら、竹中さんと馬場ふみかちゃんが、『サヨナラCOLOR』を僕に歌ってくれて、泣かせにかかるという出来事がありました。上手いんですよ!竹中さんも上機嫌で。うれしかったです。

と話すと、

馬場さん:もうすぐ終わりますねという時で、泣かせようとしました。

とおちゃめな部分をのぞかせました。

南さん:皆さんがキャラが濃くて、竹中直人さんはずっと歌を歌っていた。

と楽しかった撮影現場について語りました。

馬場さん:種子島で沢山おいしいものを食べました。ひたすら地元の方に用意していただいた美味しいものを食べて撮影していました。

と話し、

松原さん:夜な夜な男子チームが釣りをしていたらしく、コンビニ行くと男子が群れていました。

と目撃談を話すと、

吉沢さん:出演している立石ケン君が釣りにはまって、プロデューサーと僕が帰った後も釣っていて、次の日揚げてもらって美味しくいただきました。

と地元の方との連帯をうかがわせるエピソードを披露。

最後に・・・

吉沢さん:僕はロングボードからショートボードに変えて、この映画で、今までと違うサーフィンの楽しさを知ったので、これからも続けていきたいなと思っています。

とサーフィン愛を熱く語り、トークイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph その後、アーティストのTEEさんが登場し、スマッシュヒットとなったセカンド・シングル「ベイビー・アイラブユー」と、本作の主題歌「UMI」を披露。
TEEさん:映画のタイアップは初めての試みなので、なんとかしていい曲を作ろうと思いました。とてもいい曲ができたのではないかと思います。実は、映画に出演しているんです。チョイ役で。助演チョイ役賞を獲るんじゃないでしょうか?セリフが少ないので余計に緊張しました。俳優さんの姿を見ながら、すごいなと思いました。 現場に行かせていただいたんで、現場の空気やこの映画に懸ける想いを吉沢さんと話させていただいて、どういうことを伝えたいということを知れて、歌に落とし込むことができました。C&Kというアーティストと一緒に作った曲で、C&Kの魂もこの曲には籠っています。映画の魂の一部になれたらいいなと思います。

と主題歌に込めた熱い想いを語りました。


『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』

5月31日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト:http://lifeonthelongboard2.com



***********************************


キャスト&スタッフ

吉沢 悠 馬場ふみか

香里奈 立石ケン 森高愛 大方斐紗子 泉谷しげる

松原奈佑 南美沙 TEE 角田信朗

勝野洋/榎木孝明(特別出演)/竹中直人

監督:喜多一郎
脚本:喜多一郎 金杉弘子 プロデューサー:半田健
制作プロダクション:オフィスアッシュ
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
2019年/日本/カラー/112分/ビスタ/5.1ch/DCP 映倫番号 : 121930
©2019『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会
    


映画『氷上の王、ジョン・カリー』“カリーの魂を甦らせる”オーケストラによる映画音楽 特報到着


映画情報どっとこむ ralph 5月31日(金)より、公開となる伝説の五輪フィギュアスケート金メダリスト、ジョン・カリーを捉えた映画『氷上の王、ジョン・カリー』から、特別映像が解禁。

ジェイムス・エルスキン監督と音楽監督のスチュアート・ハンコックが、“カリーの魂を甦らせる”映画音楽について語ります。

映画に登場する、ジョン・カリーによる数々の芸術的な演目は、クロード・ドビュッシーの『「牧神の午後」への前奏曲』、ニコライ・リムスキー=コルサコフの『シェヘラザード』などの楽曲に彩られている。本作では、その全てをオリジナルの譜面を元にブラチスラバ交響楽団のオーケストラによる演奏で再録音している。

特典映像では、ヨハン・シュトラウス2世の『美しく青きドナウ』が使われた演目の貴重な映像を観ることができる。
月に照らされたドナウ川をイメージした深いブルーを基調とした衣装は、カリー自身のデザイン。
カリー、ネイサン・バーチ、ティム・マーフィー、ショーン・マクギルの男性4名のカルテットで踊った。


映画情報どっとこむ ralph ジェイムス・エルスキン(本作監督):
僕らの狙いは、孤高のジョン・カーリーの演技を蘇らせること。
彼の魂を呼び起こし、映画で生き返らせることだ。
ジェイムス・エルスキン監督
Q.カリーは、エリック・サティの『ジムノベティ』にあわせ男性ふたり女性ひとりでシンクロしながら踊る演目『トリオ』や、現代音楽家でシンセサイザー奏者であるジャン=ミッシェル・ジャールの曲『軌跡(EQUINOXE)』を使った前衛的な振付の演目『バーン』など、様々な曲とコラボレートした演目を残しましが、特に『美しく青きドナウ』の深いブルーを基調とした衣装で男性4人名のカルテットで踊る姿には、すごく魅せられました。

ジョンは誰かに宛てた手紙の中で『美しく青きドナウ』が使われている映画『2001年宇宙の旅』を観に行く話を書いていたんだ。彼はあの映画にすごく興味を持っていたから、きっと意識していたはず。ジョンはよくデヴィッド・ボウイと比較された。ボウイに共通する審美眼を、たしかにジョンは持っていた。

つまり、あのパフォーマンスには、『2001年宇宙の旅』と『スペイス・オディティ』(『2001年宇宙の旅』をモチーフにした1969年発売のボウイの2ndアルバム)の両方が混在している。だから、ジョンは『美しく青きドナウ』を選んだんだ。『ドナウ』の映像を発見できたのは幸運だったよ。リハーサル風景を撮った古い素材で、この映画で初めて人の目に触れたんだ。


Q.他にも、クロード・ドビュッシーの『「牧神の午後」への前奏曲』、ニコライ・リムスキー=コルサコフの『シェヘラザード』などが劇中の演目に使われていますが、劇中のすべての音楽はこの映画の為にオーケストラで再録音されたそうですね。

この映画を成功させるためには、パフォーマンスの音楽をすべて再現する必要があった。オリジナルの譜面を探し、ブラチスラバ交響楽団による演奏で再録音し、音楽で物語を紡ぐという困難な仕事を、音楽監督のスチュアート・ハンコックは成し遂げてくれた。

僕らの狙いは、孤高のジョン・カーリーの演技をスクリーンに蘇らせ、彼の魂を呼び起すことだった。映画館に来てくれた観客がライブを見ているようなものにしたかったんだ。音楽を入れた時、スケートの滑走音と観客の歓声が混ざって体がゾクッと震えたよ。


Q.日本でも映画『ボヘミアン・ラプソディ』(日本公開2018年11月)が大ヒットしましたが、カリーと同様にエイズで早逝したイギリスの同時代アーティストを描いた映画が、時をほぼ同じくして公開されたことについてどう思いますか?

セクシュアリティの物語を社会が受け入れるようなったんだと思う。ドキュメンタリーに限らず、ドラマでも多くなってきてるよね。実話への関心が高まっていることが、僕には興味深い。映画は、ニュースを見るだけではできない感情移入が可能になる。たとえ自分が主人公とまったく異なるアイデンティティーだったとしても、映画はその人の身になって感じることができる。

映画情報どっとこむ ralph スチュアート・ハンコック(本作音楽監督):

生のオーケストラに勝るものはない。
60人の生身の演奏家たちが感情を込め音楽を奏でる。

スチュアート・ハンコック(音楽監督)
映画情報どっとこむ ralph 映画『氷上の王、ジョン・カリー』

2019年5月31日(金)、新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

氷上の王、ジョン・カリー 公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/iceking/

公式twitter:
https://twitter.com/theicekingjp

***********************************

監督:ジェイムス・エルスキン(『パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト』)
出演:ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ
ナレーション:フレディ・フォックス(『パレードへようこそ』『キング・アーサー』)
(2018年/イギリス/89分/英語/DCP/16:9/原題:The Ice King)
字幕翻訳:牧野琴子
字幕監修・学術協力:町田樹
配給・宣伝:アップリンク
(c) New Black Films Skating Limited 2018 / (c) 2018 Dogwoof 2018


風間監督、地元山形で、浅香航大とともに凱旋『チア男子!!』舞台挨拶・Q&A


映画情報どっとこむ ralph 「桐島、部活やめるってよ」で旋風を巻き起こした直木賞作家の朝井リョウが、大学在学中に書き上げた「チア男子!!」がついに、横浜流星・中尾暢樹らを迎えて実写映画化。大ヒット公開中です!

本日、山形県のソラリスにて浅香航大さんと風間監督による公開記念舞台挨拶が行われました。

風間監督にとって山形は地元であり、学生時代に同じ朝井リョウ原作の「桐島、部活やめるってよ」を観た劇場で、長編初監督作品の舞台挨拶ということで、想い入れの強い凱旋となりました。

映画『チア男子!!』 山形凱旋上映 概要
日時:5月20日(月)
場所:ソラリス(山形) 
登壇:浅香航大  風間太樹監督

映画情報どっとこむ ralph 満席の劇場に、「風間監督!おかえりなさい〜」の声援に応える形での登壇。

まずは

浅香さん:今日は、風間監督の地元である山形の劇場に来れてとても嬉しいです。
映画『チア男子!!』風間監督x浅香航大 とコメントがあり、

風間監督:本日はお越しいただき誠にありがとうございます、長編初となる映画を山形の劇場にかけていただけることだけでも嬉しいのですが、こうやって舞台挨拶ができることを本当に嬉しく思います。

と挨拶した。

映画情報どっとこむ ralph 監督が27歳、浅香が26歳。
ほかキャスト陣も20代という平成生まれの勢いのあるチームで作った作品について、

浅香さん:監督が自分たちにすごい寄り添ってくれて、毎シーン、細かい話し合いもできたし、一緒にキャラクターを作っていけた。身近に感じさせてくれるのと同時に、芯がしっかりしていてこの監督になら委ねられるなという安心感もありました。撮影含め4ヶ月ほど時間をともにし、勢いある20代が集まったその結束力や絆というのも青春映画としてスクリーンに詰め込むことができたと思っています。

と監督の印象を語った。

また風間監督からは初長編映画ということについて

風間監督:とにかく全てが初めての経験で、こうやって舞台挨拶をするのも初めてだったので、全てに感動し、携わっていただいた多くのスタッフ、キャスト、製作委員会の皆様に感謝しております!

と語った。

映画『チア男子!!』風間監督x浅香航大
また、鑑賞後のお客様からのQ&Aも行われ、

15年前から浅香さんのファンという女性から、「今の気持ちをミゾのように格言で言うと?」という質問に対し、

浅香さん:過去の苦悩の上に今の自分があります。

と回答。また好きなシーンや、キャストの第一印象など、山形の『チア男子!!』ファンからのたくさんの質問に答えた。


最後に・・・、

浅香さん:本日はお越しいただきありがとうございました。『チア男子!!』は自分にとっても想い入れの強い作品です。今日はこうやって監督の故郷に一緒に来られたことが嬉しいですし、忘れられない1日になりました。まだまだ公開は続きます、一人でも多くの方に観ていただけたら嬉しいです。

とし、

風間監督:本日はご来場ありがとうございました。今、『チア男子!!』は日本中からメッセージをいただけていますが、今日山形に来てこうやってみなさんの顔を見ていると、(中には友人や親族もいますが)こういう応援が自分の背中にあるのであれば、これからも作品を続けられると思いました。本当に今日はありがとうございました。

と挨拶。アットホームな凱旋上映イベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 練習期間約3か月を要したチアリーディング。その間に生まれたBREAKERSの正真正銘、本物の友情や青春が、観る者それぞれの青春を思い返させ、感動をもたらしています!青春が過ぎ去った大人こそが、過去の自分を振り返りながらも、BREAKERSに明日への勇気をもらえるのかもしれません。
BREAKERS 絶賛公開中の本作にぜひご注目ください!

映画『チア男子!!』

公式サイト:
http://letsgobreakers7.com

公式Twitter:
@letsgobreakers7


物語・・・
柔道一家に生まれたハルは、幼い頃から柔道に打ち込む姉=晴子に憧れて育った。優しすぎる性格から晴子のように強くなれない晴希は、ある日の試合で肩を負傷。以降、柔道を続けるかどうか迷っていた。そんな時同じ柔道仲間で無二の親友であるカズが、突然「やりたいことがあるんだ」と柔道をやめることを宣言。動揺するハルに「俺はこれをやる。ハルと一緒に!」と笑顔で畳みかけたのは、“男子チアリーディング部”の創設だった。ひとつ間違えると大けがにつながるチアの基本は、「仲間を信頼すること」。だが、メンバーを集め練習に打ち込んでいくうちに、“BREAKERS”の歯車は少しずつ狂い始め、やがてメンバーの間に決定的な亀裂を生んでしまう。


***********************************

出演:横浜流星 ・ 中尾暢樹  瀬戸利樹  岩谷翔吾  菅原 健  小平大智
/ 浅香航大  清水くるみ  唐田えりか  山本千尋  伊藤 歩
原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
主題歌:阿部真央「君の唄(キミノウタ)」(PONY CANYON)
監督:風間太樹
脚本:登米裕一
音楽:野崎良太&Musilogue 
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン
c朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT 


桑田真澄、上原浩治、仁志敏久から映画「泣くな赤鬼」へメッセージ動画到着


映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松 清。教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」待望の映画化!6月14日(金)全国劇場公開。

その高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と再会する。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。

厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。

この度、野球界のレジェンド 桑田真澄さん、仁志敏久さん、そして、本日涙の引退会見を行った読売ジャイアンツ投手・上原浩治選手から、本作への熱いメッセージ入り特別映像が届きました。

甲子園を大いに沸かせ、読売ジャイアンツへドラフト1位として入団。沢村賞を受賞するなど数々の活躍をし、引退後は野球評論家としても活躍中の桑田真澄さん。甲子園に3年連続で出場し、読売ジャイアンツへ入団。新人王、ゴールデングラブ賞などを受賞し、野球解説者や「第1回WBSCプレミア12」のコーチを務めるなど、引退後も活躍が多岐にわたる仁志敏久さん。高校時代は無名ではあったものの、大学を経て読売ジャイアンツへ入団し、メジャーリーグに挑戦。リーグチャンピオンシップシリーズMVPを受賞するなど華々しい活躍をし、現在も第一線で活躍している上原浩治選手。

映画情報どっとこむ ralph 今回、野球界を盛り上げ、牽引してきた豪華なお三方から本作に対する熱いメッセージ動画をいただきました!

■桑田真澄/野球評論家
「本当に熱い映画です!僕自身も野球から様々なことを学び、失敗も重ねながら人生を生き、人生に活かしてきました。その大切さを改めて強く感じました。甲子園を目指したあの頃の情熱、この映画から皆さんにも感じて頂きたいです。」


■仁志敏久/野球解説者
「子供の頃から甲子園を目指して、プロ野球に入り、一生懸命野球をやり続けたこと、その全てが僕にとっては“青春”です。映画『泣くな赤鬼』をご覧頂いて、そんな青春と、感動と情熱を感じて頂きたいです!」


■上原浩治/読売ジャイアンツ 投手
「挫折しそうな時もあったけれど、高校3年生の最後にピッチャーをやらせてもらったことが、今に繋がっています。悔いのないように生きたい、そう感じさせてくれる作品でした。皆さんにも、赤鬼先生と球児たちから熱いパワーを感じとって頂きたいです!」



映画情報どっとこむ ralph さらに、江夏豊さん、川崎憲次郎さんからのコメントも到着!プロが認める、野球映画としてのクオリティの高さが伺いしれます!ますます本作の公開に期待が高まること間違い無し!といった内容となっております。


■江夏豊/野球評論家
「子が親より先に亡くなるというのは最大の親不孝というのが世の常だが、教師にとって、教え子に先立たれるのも同じこと。野球、教師と生徒、男と男…それを見事に表現した、心に染み入る作品だと思う。野球を愛する者、全ての方に見てもらいたい。」

■川崎憲次郎/野球解説者
「赤鬼の思い、ゴルゴの思い…、いろんな人間の感情が入り混じった、深い意味のある映画。人間は十人十色。様々な人間模様、人間関係があり、どう理解して、自分ならどう接するべきか、その難しさを強く思い知らされました。きっと多くの事を感じさせられることと思います。」

映画情報どっとこむ ralph 泣くな赤鬼』待望の映画化

6月14日(金)全国劇場公開


【物語】
城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、夢叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称:ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築く立派な大人に成長していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。あの時なぜもっと言葉をかけてやらなかったのか、厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。「俺は、わかったつもりで全然わかってなかった―。」命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな。」 赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。

***********************************


堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳  脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA 制作プロダクション:松竹撮影所
©2019「泣くな赤鬼」製作委員会


中尾暢樹・浅香航大・菅原健・小平大智 劇場生コメンタリー 映画『チア男子!!』応援上映


映画情報どっとこむ ralph 「桐島、部活やめるってよ」で旋風を巻き起こした直木賞作家の朝井リョウが、大学在学中に書き上げた「チア男子!!」。実在する男子チアチーム “SHOCKERS”をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描いた感動青春小説。朝井作品ならではの一人一人の抱えるドラマやキャラクター性の秀逸さで人気になり、これまでアニメ化や舞台化されてきた「チア男子!!」がついに実写映画化。大ヒット公開中!

この度、109シネマズ二子玉川にて応援上映&劇場生コメンタリー上映を実施いたしました。イベントは、集まった観客と共にキャスト自ら上映を鑑賞し、応援する“応援上映”、更に上映に併せて副音声形式で映画の裏側等を話す“生コメンタリー上映”を実施しました。
映画『チア男子!!』応援上映&劇場生コメンタリー
映画『チア男子!!』応援上映&劇場生コメンタリー上映 概要
日時:5月19日(日)
場所:109シネマズ二子玉川 
登壇:中尾暢樹 浅香航大(※生コメンタリー上映のみ) 菅原健 小平大智 風間太樹監督

映画情報どっとこむ ralph まず最初に実施した“応援上映”では、中尾暢樹さん、菅原健さん、小平大智さん、風間太樹監督が登場。

4人はドリンクにサイリウム、さらに劇中でも実際に使用された“BREAKERS”うちわを持参し、応援上映に気合十分で登場すると客席からは大きな歓声が。上映前に行われた舞台挨拶で、観客と「レッツゴー、ブレイカーズ」のコール&レスポンスでウォーミングアップを整えると、キャスト&監督は場内最前列に着席し上映はスタートしました。

劇中で印象的な「すごく気持ち~!!」「これから!」などの名台詞を観客とキャスト全員で叫ぶなど、上映が進むにつれてボルテージは上昇。

更に映画が進むにつれて成長していくBREAKERSを実際に手拍子や声を出して応援していくことでまるで会場全員がBREAKERSのメンバーになったような一体感でクライマックスへ。ラストチアのシーンでは、客席から「がんばれー!」や「ハルー!!」「カズ―!!」とBREAKERSの勇姿を応援する声で溢れ、実際に目の前でチアパフォーマンスが行われているような臨場感に包まれ、大きな歓声やすすり泣く声も聞こえるなど感動の渦が巻き起こり、大盛況のうちに上映は終了しました。

さらに今回が応援上映初体験だったという中尾さんは、

中尾さん:こんなに応援上映が楽しく盛り上がるものだとは知らなかった。

と興奮の表情を見せていました。

続いて実施された“生コメンタリー上映”では、応援上映のメンバーに加え浅香航大さんも参戦。
この企画は先日の舞台挨拶で中尾暢樹さん、浅香航大さんが提案した企画が実現したのものとなり、上映前に

中尾さん:初めてなので、どうなるか分かりませんが、とても楽しみです。

とコメント。

浅香さん:(やりたいと)言ってみるものですね。初めてやる企画なのでとても楽しみです。

とコメント。上映が開始すると、映像に併せてキャストと監督がキャラクターの設定や、細かな小物・ロケ地など“チア男子の裏側”を徹底解説しました。


まず話題にあがったのがチアリーディングの練習をする際の衣装について。“元陸上部で少しお金持ち”の溝口(浅香航大)は、陸上部の時につかっていた良いブランドのスポーツウェアを、“あまり運動経験のない”トン(小平大智)は、中学時代の体育のジャージを着ているなど、各キャラクターにあった衣装を着ているなどといった細かな設定が解説されました。

そしてチアリーディングの練習内容やパフォーマンスに関して、

監督:本作のモデルとなった早稲田大学男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”から徹底的なリサーチを重ねた結果、リアルで本格的な映像が出来上がりました!

とコメント。また実際に3ヵ月の練習を重ねてから撮影に挑んだため、

浅香さん:映画序盤にチアがまだ出来ない演技をするのも、逆に難しかったですね。

と、実際に演じたキャストだからこそわかる難しさを語りました。

“応援上映”では、BREAKERSの勢いそのままにライブ会場の如く盛り上がり、さらに“オーディオコメンタリー上映”ではその中に隠された奥深さを感じられるという、本作の二つの魅力を感じられるイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 練習期間約3か月を要したチアリーディング。
その間に生まれたBREAKERSの正真正銘本物の友情や青春が、見るものそれぞれの青春を思い返させ、感動をもたらしています!そして、さらに応援上映会も決定し、ますます盛り上がっていくチア男子!!から目が離せない。
チア男子 青春が過ぎ去った大人こそが、過去の自分を振り返りながらも、BREAKERSに明日への勇気をもらえるのかもしれません。絶賛公開中の本作にぜひご注目ください!

映画『チア男子!!』

公式サイト:
http://letsgobreakers7.com

公式Twitter:
@letsgobreakers7


物語・・・
柔道一家に生まれたハルは、幼い頃から柔道に打ち込む姉=晴子に憧れて育った。優しすぎる性格から晴子のように強くなれない晴希は、ある日の試合で肩を負傷。以降、柔道を続けるかどうか迷っていた。そんな時同じ柔道仲間で無二の親友であるカズが、突然「やりたいことがあるんだ」と柔道をやめることを宣言。動揺するハルに「俺はこれをやる。ハルと一緒に!」と笑顔で畳みかけたのは、“男子チアリーディング部”の創設だった。ひとつ間違えると大けがにつながるチアの基本は、「仲間を信頼すること」。だが、メンバーを集め練習に打ち込んでいくうちに、“BREAKERS”の歯車は少しずつ狂い始め、やがてメンバーの間に決定的な亀裂を生んでしまう。

***********************************


出演:横浜流星 ・ 中尾暢樹  瀬戸利樹  岩谷翔吾  菅原 健  小平大智
/ 浅香航大  清水くるみ  唐田えりか  山本千尋  伊藤 歩
原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
主題歌:阿部真央「君の唄(キミノウタ)」(PONY CANYON)
監督:風間太樹
脚本:登米裕一
音楽:野崎良太&Musilogue 
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン
©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT