「スポーツ」カテゴリーアーカイブ

映画『蹴る』劇場公開日決定! 乙武洋匡、岡田武史、木村元彦コメント!


映画情報どっとこむ ralph 重度の障害がありながらも電動車椅子サッカーに人生をかける 選手たち。世界へ挑んだ6年間の情熱と愛の物語。

誰にも負けない、誰にも止められない。 永岡真理は生まれながらにして難病「SMA(脊髄性筋萎縮症)」を患 い、生涯で一度も歩いたことがないが、ひとたび試合が始まれば、 華麗かつ激しいプレーで観客を魅了する。 東武範は筋ジストロフィーにより、呼吸器が手放せず、食事を摂るこ とも辛いが、国内でも屈指の実力を誇る。 真剣なトレーニング、家族のサポート、自らの障害との折り合い、恋 愛模様、そして夢のワールドカップ……。


映画『蹴る』は、永岡、東を中心に、電動車椅子サッカーワールド カップを目指す選手達を6年間に渡り追い続けたドキュメンタリー映 画である。
自らの“足”である電動車椅子を巧みに操り、華麗なフェイント、高度 な戦術、強烈なシュートを繰り広げる選手達の姿とともに、 日常生 活に垣間見せる人生の苦悩や葛藤、恋愛模様、家族のサポート、 介助の様子など、その生きざまをも描き出す。


監督を務めたのは、知的障がい者サッカー日本代表の雄姿を記録 した『プライドinブルー』(07・文化庁映画賞優秀賞受賞)、ろう者サッ カー女子日本代表の『アイコンタクト』(10・第27回山路ふみ子映画 福祉賞受賞)など、障がい者サッカーのドキュメンタリー映画を撮り 続けてきた中村和彦。日本障がい者サッカー連盟会長で元日本代 表サッカー選手の北澤豪氏も出演し、障がい者サッカーのさらなる 発展・普及に向けた活動を行っている。

映画情報どっとこむ ralph
『蹴る』2019年3月23日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

日本語字幕付き、音声ガイド付き上映あり

*クラウドファンディングサポーターによるご支援が170万円を突破(2/21迄実施中)*
募集モーションギャラリー は、こちら

映画情報どっとこむ ralph コメントが届いています!

FC 今治オーナー 岡田武史
ワールドカップ・フランス大会が終わった失意の中、出会ったのが電動車椅子サッカーの仲間だった。 医者に止められてもプレーを続ける姿に背中を押されて私はピッチに戻った。 彼らの真剣さ、勇気を受け止めてください。

ノンフィクションライター 木村元彦
「生きているということが当たり前だと思わずに生活しています」という肉声が胸に刺さった。 「蹴る」ことはすなわち彼ら、彼女らにとってはすなわち「生きる」ことなのだ。 壮絶な蹴り様、生き様を中村和彦監督はここに刻印した。

作家 乙武洋匡
電動車いす歴 30 年以上を誇る私なら、そこそこやれるだろうと挑んでみた。 電動車いすで、あれほどの迫力と躍動感を生み出せるなんて脱帽!!

***********************************

監督:中村和彦(『プライド inブルー』『アイ・コンタクト』『MARCH』)
出演:永岡真理 東武範/北沢洋平 吉沢祐輔 竹田敦史 三上勇輝 有田正行 飯島洸洋 内橋翠 内海恭平 塩入新也/北澤豪(日本障がい者サッカー連盟会長)

プロデューサー:中村和彦 森内康博
後援:(公財)日本サッカー協会 (公財)日本障がい者スポーツ協会 (一社)日本障がい者サッカー連盟 (一社)日本電動車椅子サッカー協会 (特非)日本ブラインドサッカー協会 (一社)横浜市医師会 (一社)日本筋ジストロフィー協会 (一社)全国肢体不自由児者父母の会連絡会 SMA家族の会 助成:文化庁文化芸術振興費補助金

製作:「蹴る」製作委員会(中村和彦+らくだスタジオ)
配給:「蹴る」製作委員会+ヨコハマ・フットボール映画祭
2018年 / 日本映画 /1時間58分/ 日本語(日本語字幕版、音声ガイド版上映あり) 文部科学省 特別選定作品(少年向き/青年向き/成人向き)


阿部真央が映画『チア男子!!』主題歌書き下ろし!撮影現場訪問特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、横浜流星さん&中尾暢樹さん W主演の映画『チア男子!!』の公開が5月10日(金)に決定し、さらに主題歌に、昨日武道館コンサートを大成功させ今年10周年のアニバーサリーイヤーを華々しくスタートさせた阿部真央さんが本作のために書き下ろした新曲「君の唄(キミノウタ)」が決定。

本作は『桐島部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説「チア男子!!」の実写映画化。

原作となる「チア男子!!」は早稲田大学の男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”をモデルに、直木賞作家の朝井リョウ先生が大学在学中に執筆した作品で、これまで女子がやるものとされてきたチアリーディングに男子が挑戦する物語。横浜流星さんと中尾暢樹さんのW主演の他、浅香航大さん、瀬戸利樹さん、岩谷翔吾さん、菅原 健さん、小平大智さんらが出演。

朝井撮影前3ヶ月を超えるチアリーディングの特訓により息の合った迫力のパフォーマンスで魅せる。

物語は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)とともに男子だけでチアリーディングを始める青春物語。大学チアリーディング界初の男子チアチーム“BREAKERS”を結成し、大舞台に挑戦する!

映画情報どっとこむ ralph さらに主題歌を、昨日の武道館ライブを大成功に終え、今年10周年アニバーサリーイヤーを迎える阿部真央さんが担当することが発表された。


本作の主題歌について、監督・制作陣の中では、映画のラストを飾る曲は、本編同様、登場人物や観客の一人一人の進む道を後押しするような曲にしていきたいという思いがあり、イメージに近い曲として阿部さんの「Believe in yourself」が挙がり、彼女に本作のための主題歌を書き下ろして欲しいとオファーしたところ快諾。

クランクイン前の練習、チアリーディングシーンの撮影現場などを本人が見学に訪れ、監督とも打ち合わせをして作品に寄り添った主題歌が作り上げられた。阿部さん自身が映画に自分の気持ちを重ねて制作した新曲「君の唄(キミノウタ)」は、大切な存在に対して誰もが経験したことがあるであろう、その感情に寄り添い、背中を推してくれるような壮大なミディアムテンポの楽曲になっている。

●映画『チア男子!!』阿部真央 撮影現場訪問特別映像




今回の発表に合わせて、阿部真央さんが撮影現場を訪問した際の映像と、コメントが届きました!

阿部さん:人は一人では何一つ成し得ないということ。
誰かと共にある人生こそ素晴らしく、多くの学びと喜びがあるということ。
仲間を信じること。自分を壊し変えていくこと。
そんなたくさんのことを教えてくれる素晴らしい物語だと思いました。
この作品に携われたことを心から誇りに思います。ご縁を繋いで下さった全ての方に感謝です。本当にありがとうございます。
映画『チア男子‼』を通して多くの方にブレイカーズの物語と、キャストさんスタッフさんの情熱が感動となって伝わる事を心から祈っています。是非ご覧ください。


映画情報どっとこむ ralph 映画『チア男子!!

5月10日(金)全国公開

公式サイト:
http://letsgobreakers7.com
 
公式Twitter:
@letsgobreakers7


本作は、『桐島、部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説 「チア男子!!」の実写映画化。

原作となる「チア男子!!」は早稲田大学の男子チアリー ディングチーム“SHOCKERS”をモデルに、直木賞作家の朝井リョウが大学在学中に 執筆した作品で、これまで女子がやるものとされてきたチアリーディングに男子が 挑戦する物語。

道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が 怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)の言葉をきっかけに、ともに 大学チアリーディング界初の男子チーム“BREAKERS“を結成し、大舞台に挑戦します。

***********************************


出演:
横浜流星・中尾暢樹
瀬戸利樹 岩谷翔吾 菅原 健 小平大智 / 浅香航大

清水くるみ 唐田えりか 山本千尋
伊藤 歩

原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
主題歌:「君の唄(キミノウタ)」阿部真央(PONY CANYON)

脚本:登米裕一
監督:風間太樹 
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン 
©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT
    


横浜流星&中尾暢樹W主演『チア男子!!』オリジナルフォト スタンド付ムビチケ数量限定で発売決定!!


映画情報どっとこむ ralph 本作は、『桐島部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説 「チア男子!!」の実写映画化。

原作となる「チア男子!!」は、母校・早稲田大学の 男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”をモデルに、直木賞作家の朝井リョウ が大学在学中に執筆した作品で、これまで女子がやるものとされてきたチアリー ディングに男子だけで挑戦する物語。

横浜流星と中尾暢樹をW主演に迎え、2019年5月に公開となります。

道場の息子として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が怪 我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)とともに、大学チアリー ディング界初の男子チアチーム”BREAKERS”を結成し、大舞台に挑戦する青春物語です。

映画情報どっとこむ ralph 本作のムビチケが1月25日(金)より全国の上映劇場にて発売となります。

ムビチケを購入すると、1枚につき1個、映画『チア 男子‼』の”BREAKERS”メンバーの記念写真つきオリジナルフォトスタンドが数量限定でプレゼントされます。映画撮影の3ヶ月前からチアの練習で共に汗を流し絆を育んできた、横浜流星、中尾暢樹、浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原 健、小平大智が、劇中のチアリーディングチーム”BREAKERS”のユニフォームを着て笑顔を見せる記念写真!

この度、そのオリジナルフォト スタンドのビジュアルも披露されました。『チア男子‼』の青春と友情を感じられる爽やかなフォトスタンドは、映画の公開を 待つファン必携のアイテムとなっております。

【ムビチケ販売情報】
発売日:1月25日(金)
価格:1,400円(税込)

映画情報どっとこむ ralph 横浜流星と中尾暢樹W主演 
映画『チア男子‼』

2019年5月に公開

公式サイト:
http://letsgobreakers7.com
公式Twitter:
https://twitter.com/letsgobreakers7

***********************************

出演:横浜流星・中尾暢樹
瀬戸利樹 岩谷翔吾 菅原 健 小平大智 / 浅香航大 清水くるみ 唐田えりか 山本千尋 伊藤 歩

原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
脚本:登米裕一
監督:風間太樹
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン
©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT


新テニスの王子様のステージで『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』 <2020年早春>全国公開発表!


映画情報どっとこむ ralph 大人気漫画「テニスの王子様」。
「週刊少年ジャンプ」での連載終了後、2009年からは「新テニスの王子様」として「ジャンプSQ.」(集英社)にて現在も絶賛連載中!来年2019年には、連載開始から20周年を迎える本シリーズの新たなる劇場版が、いよいよ本格始動します。

この度、本日12月22日(土)、幕張メッセで開催中の「ジャンプフェスタ2019」にて、「新テニスの王子様」のステージイベントが行われ、原作者の許斐 剛ほか、声優の皆川純子(越前リョーマ役)、置鮎龍太郎(手塚国光役)、近藤孝行(大石秀一郎役)、甲斐田ゆき(不二周助役)、さらに、テニミュ青学レギュラーキャスト陣(阿久津仁愛、青木 瞭、江副貴紀、皆木一舞、田口 司、竹ノ内大輔、岩田知樹、大久保 樹、中島拓人)が登壇!

会場に押し寄せた多くのファンの熱気と期待に包まれる中、許斐の口から遂に劇場版のタイトル(『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』)と、公開時期(「2020年早春全国公開」)が発表されました。
映画情報どっとこむ ralph 本作では、原作では描かれていない「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」の物語の間にある空白の3か月に迫るエピソードが展開。

今回、新しく物語の構想を練り、完全オリジナルで作り上げたという。タイトルロゴもスクリーンに投影され、「ステンドグラスをイメージして作りました。一つ一つの色は、各学校のカラーになっているんです」と強いこだわりを明かしつつ、「本日から立ち上がる映画公式サイトにもアップされるので、ぜひチェックしてみてください」とアピールした。


さらに、許斐渾身の本作のイメージビジュアルがお披露目されると、観客からは悲鳴交じりの歓声も沸き起こり、会場のボルテージは最高潮に!
左手にテニスラケット、着物を腰に巻き、凛々しい表情を浮かべる主人公の越前リョーマの後ろに映るのは刀を構えたサムライの影。これまで数々の予想と常識を超えた展開を見せてきた本シリーズが、最新作でさらなるパワーアップをすることを誓った。

また、本作が2020年早春公開であることが明かされると、許斐は「オリンピックイヤーの幕開けとして、“テニプリ”を世界に持っていきたいです。世界に通じるコンテンツだということを知らしめたいと思います!皆さん、ぜひ楽しみに待っていてください!」と力強い言葉で締めくくった。

最後には、自身が作詞・作曲を手掛けた「テニプリっていいな」を許斐自らが熱唱し、万雷の拍手に包まれイベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph なお、今回の情報解禁に際して許斐-剛先生は、下記のコメントを併せて発表。
『テニスの王子様』も早いもので週刊少年ジャンプで連載を始めてから『新テニスの王子様』と合わせもうすぐ20周年イヤーが始まります!! 皆様には本当に感謝感謝です!支えて下さった多くのファンの方々、一度でもテニプリで笑ってくれた方々、そして…テニプリを知らないアナタに20年分のハッピーを詰め込んだ、全く新しいエンターテイメントを映画という媒体を使って作らせて戴きました!! それが『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』です!! 観た人すべてを幸せにしたいと思います

製作総指揮・許斐 剛による新たなる劇場版『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』は、<2020年早春>全国公開!

映画公式サイト:
https://gaga.ne.jp/RYOMA_MOVIE/

***********************************



映画『氷上の王、ジョン・カリー』特別鑑賞券発売開始!特典は・・・


映画情報どっとこむ ralph アイススケートを「スポーツ」から「芸術」へと昇華させた、
伝説の五輪フィギュアスケート金メダリスト、その知られざる光と影。


2019年初夏に、新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほかにて公開となる、映画『氷上の王、ジョン・カリー』の
特別鑑賞券が12月21日(金)発売となります。


アイススケートをメジャースポーツへと押し上げ、さらに芸術の領域にまで昇華させた伝説の英国人スケーター、ジョン・カリー。

彼はバレエのメソッドを取り入れた演技で、1976年インスブルック冬季五輪フィギュアスケート男子シングルの金メダルを獲得する。しかし、マスコミが真っ先に伝えたのは、表に出るはずのなかった彼のセクシュアリティだった。

同性愛が公的にも差別されていた時代に、ゲイであることが公表されたメダリストの存在は、世界中を驚かせ論争を巻き起こす。
映画情報どっとこむ ralph しかし、彼は華麗な滑りで多くの人を魅了し続け、現在の日本人スケーターにも影響を与えている。

映画はアスリートとしてのカリーだけでなく、栄光の裏にあった深い孤独、自ら立ち上げたカンパニーでの新たな挑戦、そして彼を蝕んでゆく病魔AIDSとの闘いを、貴重なパフォーマンス映像と、本人、家族や友人、スケート関係者へのインタビューで明らかにしていく。新たに発掘された、ホームビデオで撮影された彼の最高傑作『ムーンスケート』について監督のジェイムス・エルスキンは「どんなスケートより美しく心を打たれた。

これをみて感動を覚えない人はいないだろう」と語っている。

これは、時代に翻弄され不当な扱いを受けながらも、屈することなく高みを目指し、人を遠ざけながらも愛に飢え、滑り、踊り続けた男の物語。

映画情報どっとこむ ralph 映画『氷上の王、ジョン・カリー

2019年初夏、新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

公式サイト 
http://www.uplink.co.jp/iceking/

公式twitter 
https://twitter.com/theicekingjp

特別鑑賞券が12月21日(金)発売となります。

公開劇場窓口・オンライン限定特典として、ご購入者に先着で映画や観戦チケット入れに丁度いいA5サイズのオリジナルクリアファイルをプレゼント。

特別鑑賞券「ムビチケカード」¥1,500(税込)
2018年12月21日(金)発売

★公開劇場窓口・オンライン限定特典
映画『氷上の王、ジョン・カリー』オリジナルクリアファイル(A5)
※無くなり次第終了

ムビチケカード(特典付き)のオンライン購入はこちら

eメール型映画前売券「ムビチケオンライン券(特典無し)」購入はこちら

***********************************

監督:ジェイムス・エルスキン(『パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト』)
出演:ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ
ナレーション:フレディ・フォックス(『パレードへようこそ』『キング・アーサー』)
(2018年/イギリス/89分/英語/DCP/16:9/原題:The Ice King)
字幕翻訳:牧野琴子
字幕監修・学術協力:町田樹
配給・宣伝:アップリンク

(c) New Black Films Skating Limited 2018