「ジャニーズ」カテゴリーアーカイブ

北山宏光、多部未華子、金時 ら登壇!『トラさん~僕が猫になったワケ~』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『トラさん~僕が猫になったワケ~』として実写映画化、本日2月15日(金)より全国ロードショー。

ついに公開を迎えた本日。朝から満席になる劇場もあるほどの盛況ぶりを見せ、SNS上では、「北山宏光の全力がすごく伝わりました。心があたたかくなる愛が沢山詰まった物語」「映画観て1時間以上泣きっぱなしだったのは初めて」「想像を遥かに超えました。あんな感動するなんて…、頭痛するほど泣きました」「何回見てもまた違った良さが見つけれる。トラ泣きというよりトラ号泣!!」といった、絶賛・感涙の声が溢れている本作。

TOHOシネマズ新宿にて初日舞台挨拶が行われ、主演の北山宏光さんをはじめ、多部未華子さん、平澤宏々路さん、筧昌也監督が登壇しました!

日付:2月15日(金)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、筧昌也監督

映画情報どっとこむ ralph 会場に集まった観客450名から大きな拍手と歓声で迎えられ、笑顔で登壇した面々。

本作で映画初出演にして初主演、そして初猫役に挑んだ北山さんは

北山さん:待ちに待った初日です!撮影してから約1年間の準備期間があったのですが、やっと皆さんに観てもらえる日がきて嬉しいです。
と感無量のご様子でイベントをスタート。


先月行われた完成披露試写会では、猫スーツに身を包んだ北山さんが、異例の“トラさん姿”をサプライズ生披露したことで大きな話題を呼んでいましたが、本日は観客全員が猫耳を着用する、“逆サプライズ”を実行!会場中に猫姿が集まる圧巻の光景を前に、

北山さん:すごい!色違いもあるし、男の子も猫になってる!皆さんありがとうございます!

と驚きながら喜ぶ北山さんをはじめ、

多部さん:可愛いです!

と笑顔で応え、場内を沸かせました。


一方、北山と初タッグを組んで

筧監督:今までTVドラマの監督をすることが多かったので、実は映画は11年ぶりなんです。今日を迎えるのに、およそ4年かかりました。本作を作るのが僕自身の日常となっていたので、手が離れるような、少し寂しい気もします。ただ、皆さんに観ていただいてこそ映画は完成するので、本当に嬉しいです。

と北山さん同様感慨深い表情を浮かべつつ、

筧監督:映画になると宣伝期間も長いし、試写会もあるので、事前の反響の高さをとても実感しました。久々に連絡をくれた方も沢山いらっしゃったので、映画は人と会えるなって改めて思いました。

と胸中を明かし、しみじみ喜びを噛みしめました。

続いて、公開前の時点で反響の高さを実感したかと聞かれた面々。
満を持して北山さんが、

北山さん:ヒロミさんが見てくれるって言ってくれたので、『絶対ですよ!』って念押ししておきました(笑)あと、Hey! Say! JUMPの薮(宏太)からは、『一緒に観に行こう』と誘ってくれたので、こっそりどこかで観に行くかもしれません!(笑)

と答えると会場大歓声!!そんな北山さんに対し、

多部さん:いつ、どこの劇場に観に行くんですか?

北山さん:え!?、ここで自分のスケジュール発表するの?

とうろたえつつ、最後には

北山さん:…東京です!(笑)

と白状?し笑を取りました。


映画情報どっとこむ ralph イベントでは、「私から見た“北山宏光”さんはこんな人!」と題したトークコーナーに。

北山さん演じるダメ夫の寿々男を支える妻・奈津子として初めての本格的な母親役に挑戦して

多部さん:(北山さんは)すごい人です。現場で一番盛り上げてくれたし、ピリピリすることもなく和やかな楽しい空気をいつも作ってくれたので、それは北山さんの人柄の良さなのかなって思う瞬間は沢山ありました。

とコメント。多部さんの言葉に喜ぶ北山さんでしたが、

多部さん:あとは信じられないくらいポジティブ!宏々路ちゃんやスタッフの方と北山さんをいっぱいいじり倒してもめげなかったです(笑)

とすかさずいじると、

北山さん:いいんですいいんです。“ダメ男”の役なのでね。尻に敷かれるくらいがちょうどいいんです。

とぼやき、笑いを誘いました。流れで寿々男と奈津子の愛娘・実優を演じて

平澤さん:北山さんが現場に入られる時に毎朝片手に持っていたジュースは、何だったんですか?

といじられ、

北山さん:あれは…タピオカミルクティーだよ。

と流行りものを毎日持ってきていたことに照れ笑いを浮かべる北山さん。




また、公開を記念し、「今まで一度も言っていない注目シーンの発表」に話が及ぶと

多部さん:奈津子が倒れるシーンがあるのですが、実はそれが撮影初日でした。思い入れのあるシーンですね。

筧監督:僕、実は劇中に出てて台詞も言ってます。自分がカメラの前にいるのは少し不思議な気分でしたね。ぜひ2回目に探してみてください。

とそれぞれ撮影を懐かしみながら回答。

北山さん:劇中、実優の同級生が授業参観に来た寿々男を見て『不審者、不審者!』って教室でいじるシーンがあるのですが、その音頭に併せて踊ってるのが皆さん分かったかな~?

とコメントすると、踊りを生で一度みたい観客から突然「不審者!不審者!」とコールが起こるも、

北山さん:誰だ!一番最初に言い出したやつ!俺はやらないぞ!(笑)もう一回劇場で見てください!

と一蹴し、場内は再び大きな笑いが巻き起こりました。

映画情報どっとこむ ralph 本日の舞台挨拶を皮切りに、明日明後日の2日間で川崎、名古屋、大阪、福岡、広島と5地区にわたり全国を行脚、計10回の舞台挨拶に登壇する北山さんと筧監督の2人。(詳細は公式サイトより:http://torasan-movie.jp/app/news/?p=457)

北山さん:各会場で全て違う質問がされると聞いてるので、ちゃんと答えを考えておかないと…。でも、力の限り皆さんのところに行きたいなって思ってます!楽しみです。

筧監督:正直スケジュールすごいですよね(笑)。時間足りるのかなって少し不安ですが、北山くんと一緒に頑張ります!

と“トラさん旋風”を巻き起こすことを誓い合いました。

イベント終盤には、スペシャルゲストとして、奈津子や実優といった“生きている人間からの視点”のシーンで登場する、トラさん役を演じた猫の金時が、北山さんに抱っこされながら登場!夢の競演に観客からは「可愛い~!!」と黄色い悲鳴が飛び交い、報道陣からの大量のフラッシュを浴びる中、北山さんの抱っこに安心しきった様子の金時に、北山さんをはじめキャスト一同笑顔でフォトセッションに臨みました。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

北山さん:皆さん、本当にありがとうございます。初映画、初主演ということで、素晴らしいスタッフとキャストの皆さんに恵まれて遂にこの日を迎えることができました。愛情を込めて作った作品ですので、ぜひ多くの方に劇場に足を運んでくれると嬉しいです。

と力強く映画をPRして、イベントを閉じました。

トラさん~僕が猫になったワケ~

は本日2月15日(金)より全国公開です。

公式サイト:
torasan-movie.jp



***********************************

出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧 昌也
脚本:大野敏哉 音楽:渡邊 崇 
主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
配給:ショウゲート 
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会


スペシャル映像到着!『トラさん~僕が猫になったワケ~』感涙の声が続出!著名人からコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)が、まさかの実写映画化。『トラさん~僕が猫になったワケ~』として、遂に本日、2月15日(金)より全国公開となります。
Kis-My-Ft2の北山宏光が映画初出演にして初主演を飾り、多部未華子、平澤 宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、そしてバカリズムと、個性豊かなキャスト陣が集結!筧 昌也がメガホンをとり、この冬最高の感動作が誕生しました。

Kis-My-Ft2が歌う主題歌「君を大好きだ」も物語を彩っています。

感涙の声続出!新出しシーン含むスペシャル映像が解禁となりました!

本日解禁となった映像は、「平成最後の名曲」とも言われている藤井フミヤ作詞の楽曲、Kis-My-Ft2が歌う主題歌「君を大好きだ」にのって、猫=トラさんの姿になった寿々男(北山)が、時にコミカルでキュートに、時に切なく、本作の見所がぎゅっと詰まった映像になっている。本日公開日を迎え、北山演じるトラさんの新カットもお披露目。本作で描かれる“誰も見たことがない愛のカタチ”に期待が高まる映像となっています。



映画情報どっとこむ ralph ◆ビジュアルからの予想に反して泣けた&家族愛に感動の声続出!
北山と多部が新境地を開いた熱演を魅せる本作には、各界から絶賛の声が続々到着。
吉田大八監督や放送作家・鈴木おさむ、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次、いった著名人から、人気イラストレーターのヒョーゴノスケ氏、かわいちひろ氏からも、感動の声と共にイラストが到着した。

★吉田大八(映画監督)
猫でも幽霊でもロボットでも、そのまなざしを人っぽく感じてしまうのは僕らが人間だからに違いない。
つまり、これは人間ドラマです。

★鈴木おさむ(放送作家)
正直、キスマイの北山君が出ていなければ、この映画を見ていなかったと思う。だから思う。北山君。
この映画に出会わせてくれてありがとう。普通って凄い。普通って奇跡。毎日の当たり前に感謝。泣いたなー。

★秋山竜次(お笑い芸人)
明日から近所の猫たちに全力で話しかけると決めました。笑って感動して、まさかあのまま進んでいくとわ!
最高でした。豚のお話の際は是非僕にオファーを。

★emma(モデル)
何気ない毎日がどれだけ幸せかということに気づかせてくれる心温まる映画でした。
観終わったあと自分の家族に「いつもありがとう」と伝えなきゃと思いました。

★有村昆(映画パーソナリティ)
ズバリこの映画の成功の鍵は北山宏光さんにあり!
可愛くコミカルに演じれば演じるほど、後半の切なさが際立ち号泣。やられたっ!

★よゐこ 濱口 優(お笑い芸人)
笑いあえる喜び、家族を持つ責任をまさか北山の作品から学ぶとは!
最高でした!全力で北山猫ちゃんに頬ずりしたいです!!

★爆笑問題 太田 光(お笑い芸人)
お〜い、北山ぁ!いい”笑い”やってるニャぁ〜!

★爆笑問題 田中裕二(お笑い芸人)
オイオイ北山くん、猫になって何やってんだよ」なんて笑って観てると大変です。
後半かなりやられます。ご注意を!

★棚橋弘至(プロレスラー)
家族の方が言えないことってたくさんあって。
「トラさん」を観て決めた。朝は「愛してま~す」からはじめよう。

★キャイ~ン 天野ひろゆき
ロケバスで丸くなって寝ている北山君をよく見ますが、理由が分かりました。
  北山君はネコだったんだね。

★shin5(文筆家)
小学生の娘をもつ父親としてグッとくるシーンがあったり、家族の温かさを感じる描写がたくさんあって、笑って泣いて、大切な人に会いたくなりました。


映画情報どっとこむ ralph ★ヒョーゴノスケ(イラストレーター)
同じ年頃の娘がいるせいか見事に大号泣でした!北山宏光さんの演技が上手すぎて北山宏光さんが本当にダメ男に見えてきた(本当は違うと思いますが…)

★かわいちひろ(イラストレーター)
のほほんとしたお話かと思ってたら予想外に何回も泣いてしまって、原作の漫画も是非読んでみたい……凄く優しく暖かい話でした、親子でも誰とでも楽しめると思います

映画情報どっとこむ ralph 大切な人と一緒に側に居られるという「当たり前のこと」がどんなに大切か気付かせてくれる本作。猫になってしまった寿々男が見出した、奈津子と実優のために出来ることとは…?ラストで寿々男たちの家族の絆の強さに「トラ泣き」すること間違いなし!
北山宏光の映画初出演にして初主演で贈る、この冬最高の感動作




『トラさん~僕が猫になったワケ~』

は本日2月15日(金)より全国公開です。

公式サイト:
torasan-movie.jp


***********************************

出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧 昌也 脚本:大野敏哉 音楽:渡邊 崇 
主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
配給:ショウゲート 
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会


大倉忠義、成田凌でBL!行定勲監督が映画化!『窮鼠はチーズの夢を見る』


映画情報どっとこむ ralph この度、セクシャリティを越え、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」/「爼上の鯉は二度跳ねる」が、行定勲監督により『窮鼠はチーズの夢を見る』のタイトルで実写映画化されることが決定しました。

本作で主人公・大伴恭一(おおともきょういち)を演じるのは、映画では『100回泣くこと』(13)に続き、単独主演を務める大倉忠義。

学生時代から「自分を愛してくれる女性」と付き合い、受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた恭一は、ある日、後輩の今ヶ瀬渉(いまがせわたる)と7年ぶりに再会。

「昔からずっと好きだった」と突如想いを告げられ、今ヶ瀬の一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていきます。


大倉忠義(大伴恭一役)コメント:
素直に、とてもピュアなラブストーリーだと思いました。もちろん衝撃を受けましたが、恋に落ちるきっかけというのは、誰にも分からないものだなと。行定組でのお芝居は大きなプレッシャーがありますが、とても贅沢な時間だと思うので、堪能したいと思います。成田さんと初めて共演させていただきますが、お互いすんなり入っていけそうな気がして楽しみです。人が人を好きになるということに境界線はないということを、この映画を通じて感じてもらうきっかけになればと思います。

映画情報どっとこむ ralph そして、そんな恭一を好きになってはいけないと頭ではわかっていながらも、彼への想いを募らせ葛藤する姿に誰もが共感せずにはいられない今ヶ瀬渉役を、『愛がなんだ』(19)、『カツベン!(仮題)』(19)など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌が務めます。

成田凌(今ヶ瀬渉役)コメント:
セリフの一言一言がとても繊細で、どう表現していくか、とてもやりがいがある作品だと感じました。
現場に入り、大倉さんと対峙しないと見えてこない感情はきっとあると思いますが、今ヶ瀬という役に自分がどう寄り添えるか、今から胸が膨らみますし、心のスイッチが入りました。きっと、誰にとっても共感してもらえる恋愛が描けると思います。行定組の一員として、丁寧に一生懸命に作っていくので、観て頂く方それぞれが自由に楽しんでもらえたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph メガホンを取るのは、行定勲。
その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取ってきた『ナラタージュ』(17)、『リバーズ・エッジ』(18)に続き、本作では、揺れ動く2人の男性の切なくも狂おしい恋を、時に繊細に時に大胆に描きます。

行定勲監督コメント:
男と男の性愛を区別することなくリベラルに描く原作の在り方と、深い共感を得るセリフの素晴らしさに感銘を受けました。マイノリティの人が受ける社会の偏見や苦悩に焦点を当てるだけでなく、人と人がぶつかり合う激しくも切ない個人の物語に惹かれ映画化を切望しました。これは、人を受け入れることについての映画になると思います。大倉忠義と成田凌は、私が撮りたいと思っていた俳優たちです。私の新たな恋愛映画への挑戦は、二人の持つ男の繊細さと色気で今までにない映画に昇華されることを確信しています。私はラブストーリーをいくつも作ってきましたが、これまでとは違う新しい愛のカタチに期待してください。

映画情報どっとこむ ralph 窮鼠はチーズの夢を見る

2020年、全国ロードショー

公式サイト:
http://www.phantom-film.com/kyuso/


【ストーリー】
広告代理店に勤める大伴恭一は優柔不断な性格が災いし、不倫を繰り返してきた。ある日彼の前に妻から派遣された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬渉だった。不倫の事実を隠す代わりに彼が突きつけてきた条件は、「カラダと引き換えに」という信じられないものだった…。はじめは拒絶していた恭一だったが、7年間一途に想い続けてきたという今ヶ瀬のペースに乗せられ、やがて彼と過ごす時間が心地よくなっていくのだが・・・。


原作者:水城せとな
10月23日生まれ。1993年、プチコミック(小学館)にてデビュー。以降、別冊少女
コミック、Judy、月刊フラワーズなどて活躍を続け、2012年、月刊フラワーズでの
連載『失恋ショコラティエ』で第36回講談社漫画賞を受賞。同作は2014年、テレビ
ドラマ化もされた。
代表作に『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』『失恋ショコラ
ティエ』『黒薔薇アリス』『脳内ポイズンベリー』など。

「窮鼠はチーズの夢を見る」
「俎上の鯉は二度跳ねる」



***********************************

原作:水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」/「俎上の鯉は二度跳ねる」(小学館「フラワーコミックスα」刊)
監督:行定勲
脚本:堀泉杏
出演:大倉忠義 成田凌
配給:ファントム・フィルム
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会


北山宏光&多部未華子が和装でヒット祈願『トラさん~僕が猫になったワケ~』


映画情報どっとこむ ralph ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)が、『トラさん~僕が猫になったワケ~』として実写映画化、2月15日(金)より全国ロードショーとなります。


この度、15日(金)に迫った本作の公開に先駆け、縁結びとまねき猫で有名な、“猫と縁の深い”浅草の今戸神社にて、「“トラさん招き猫”でヒット祈願」イベントが行われ、主演の北山宏光と、多部未華子が登壇しました。

日付:1月7日
場所:浅草:今戸神社
登壇:北山宏光、多部未華子

映画情報どっとこむ ralph 本作で映画初出演にして初主演、そして初猫役に挑んだ北山と、北山扮する寿々男の妻・奈津子役として、本格的な母親役に初挑戦した多部。天気に恵まれた今戸神社に、2人が“夫婦そろって”華やかな和装姿で登場すると、集まったファン100名からは黄色い歓声が飛び交いました。


集まった多くの報道陣が注目する中、本堂での祈祷を粛々と終えた二人。

「朝早く、寒い中ありがとうございます」と北山が開口一番に感謝を述べると、続く多部も笑顔を浮かべながら深々とお辞儀。二人の和装姿にファンからは「可愛い~!」と大歓声が起こる中、北山は「こうして神聖な場所で和装してヒット祈願できたのは光栄です」とコメント。北山の姿に、多部が照れ笑いを浮かべながら「素敵なお着物ですね…(笑)」と褒めると、またもや悲鳴に近い歓声が巻き起こり、思わず北山も「(リアクションの)練習してないですよね?! 皆さんの反応がすごくいい(笑)」と吐露し、ファンを沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の売れない漫画家・寿々男役と、寿々男が猫として生まれ変わった“トラさん”役という、人間と猫の二役を演じた北山。初主演ながら、撮影後には“自分の日常生活との境界線が分からなくなることが沢山あった”と語るほど全身全霊で難役に挑んだという北山は、「初映画で初主演、そして初猫だったので、自分の中でこれからきっと忘れられない作品になっていくのだろうなと思う」と振り返りつつ、「祈祷中も、『売れろ、売れろ~』って考えてました(笑)」と冗談をまじえながらも「とにかく1人でも多くの方に観てほしいと願いました」と、公開を間近に控えた素直な胸中を明かしました。
 一方の多部も、明るく大らかに寿々男や娘の実優(平澤)を支える“妻”であり“母”である奈津子という、これまで経験がなかった役柄に、「奈津子は、まさに“こんな奥さんがいたらいいな”というキャラクターで。そんな素敵な奥さんを演じさせていただいて、正直難しかった部分もありました」とコメント。
しかし、現場で明るくコミュニケーションをとる北山の人柄のおかげで、「すごく現場が楽しかった」と笑顔で撮影を振り返りました。


イベント中、終始仲睦まじい様子を見せた北山と多部は、実は本作で初共演。多部の第一印象について、「人見知りなのかなって最初は思いました。10分位の少しの空き時間でも小説を読まれていて、『絶対、そんな短時間じゃ中身頭に入らないでしょ!』って(笑)。そんな時は、(実優役の)宏々路ちゃんも含めて「一緒にご飯たべよ」ってお誘いしてました」と答えた北山に対し、多部は「すごく小さな空間だったので、『一緒に食べよ』って言われたら食べるしかなかったですね」と茶目っ気たっぷりにコメント。多部の発言に、「渋々だったの!?」と狼狽える北山のリアクションに観客や報道陣からも笑いが起こる中、多部が「そんなことないですよ!北山さんはイジられやすいキャラクターなので、現場は本当に和やかで楽しかったです」と笑ってフォローしつつ、「でも、現場では皆からずっとイジられていたので、普段はどんな立ち位置の人なのかなって思ったりもしました(笑)」と明かすと、すかさず北山が「(Kis-My-Ft2)メンバーの中では、イジったりイジられたり…。でも、撮影の現場でイジってたのは多部ちゃんだけだよ!」と切り返し、「多部ちゃんが
いじるから皆も“多部化”していくんです…」と嘆きました。そんな二人も、撮影を重ねるうちにお互いの印象も変わったとのことで、「多部ちゃんは実際は
気持ちいいほどサバサバしてて、カッコいい方だなって」と北山が明かすと、多部も「素敵な方だと思います。実は、私の母親が一番好きなアイドルなんですよ、北山さん。この前も『やっぱり素敵な人だわ』って話していました(笑)」と北山を絶賛しました。

 撮影中の思い出について、「トラさん役のネコの金時(きんとき)が、撮影中にどこかに脱走してしまって、皆で探しましたのはすごく覚えてます」(北山)、「北山さんと宏々路ちゃんと3人でゲームしたり、遊んだ記憶がすごくあって、楽しかったです」(多部)と答えた二人は、特におすすめのシーンについて聞かれると、「どのシーンもオススメですが、奈津子と実優が、死んでしまった寿々男を想いながら話すシーンは、僕自身としても感動しました。いいシーンだなって。また、寿々男と奈津子が言葉を交わさず笑い合うシーンも、二人の関係性がすごく伝わるシーンなので、注目してもらいたいです。」(北山)、「やっぱり北山さんの“猫姿のシーンですね。飯豊まりえさんが演じられた白猫のホワイテストも含めて、二人のシーンはとても好きです。撮影初日に北山さんの猫姿を観たのですが、肉球を付けてもらっている北山さんの姿を見て、可愛いなってほのぼのしました。」(多部)とそれぞれ見どころを語りました。

イベントでは、映画公開を記念した特製“トラさん招き猫”のお披露目除幕式も行われ、「トラさん大ヒット!」のかけ声を合図にトラ柄があしらわれた“トラさん招き猫”が披露されると、ファンからは歓声が。北山と多部も「可愛い!縁起も良さそうですね。」と声を揃えて目を輝かせました。

いよいよ公開まであと8日に迫った本作。最後に作品を楽しみに待つファンに向け、北山が「待ちに待った公開です。素晴らしいキャスト・スタッフの
皆さんで、愛情を込めて作った作品なので、ぜひ劇場に来ていただけると嬉しいです。作品の魅力を一言で言うと、“家族愛”かなと。だから家族皆さんで観ていただきたい。例えば日曜日に、娘や奥さんに劇場に無理やり連れてかれたお父さんが、上映後には一番号泣して出てくるみたいなことがあったら嬉しいな(笑)」と語ると、続く多部も「物語の設定は少し変わっていますが、テーマはとてもシンプルで、素敵なメッセージが伝わるかと思います。北山さんと同じく、ぜひ大切な人と一緒に観ていただき、“家族愛”を感じてもらえたら嬉しいです」(多部)と想いを重ねて作品をアピールしました。

今戸神社とは・・・?
伊弉諾神(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の神様という夫婦の神様が祀られていることから、特に縁結びにご利益があるとされている。最近では「婚活神社」としても知られるようになり、不定期で「縁結び会」が開催されている。また江戸時代に初めて招き猫が作られたとされる浅草今戸地区にあるため、そこかしこに招き猫が飾られていることから“猫神社”としても名高い。

映画情報どっとこむ ralph 「大切な人と過ごす毎日が一番の奇跡」と心に刻む、この冬最高の感動作『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、2月15日(金)より全国ロードショーです。


【STORY】
売れないマンガ家の高畑寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男に“あの世の関所”が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」。トラ猫の姿で奈津子と娘・実優(平澤)のもとに戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉さえ通じない。限られた時間の中で、トラさん=寿々男は、家族に何ができるのか―?

***********************************

出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧 昌也 脚本:大野敏哉 音楽:渡邊 崇 主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
配給:ショウゲート 公式サイト:torasan-movie.jp ©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会


『映画 少年たち』完成披露試写会 サプライズLive&舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 1969年の初演から50年。
伝説として語り継がれる舞台「少年たち」が遂に『映画 少年たち』となって3月29日スクリーンに登場!

この度全国公開に先立ち、完成披露試写会が行われ、SixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.、本木克英監督 の舞台挨拶とともに、宮近海斗(Travis Japan)、中村嶺亜(7 MEN 侍)、HiHi Jets、美少年、5忍者、少年忍者ら総勢 62名が登場し、約1400人の観客を前に、20分にわたるサプライズでライブパフォーマンスを繰り広げました!


『映画 少年たち』 完成披露試写会
日程:1月30日(水)
場所:TOKYO DOME CITY HALL
登壇:
①サプライズLive パフォーマンス:SixTONES、Snow Man、西畑大吾(なにわ男子)、関西ジャニーズJr.、宮近海斗(Travis Japan)、中村嶺亜(7MEN 侍)、HiHi Jets、美少年、5忍者、少年忍者、ジャニーズJr.研修生(敬称略)
②舞台挨拶:SixTONES、Snow Man、西畑大吾(なにわ男子)、関西ジャニーズJr.、本木克英監督

映画情報どっとこむ ralph 初披露となった本編上映の最終カットが終わるや否や、BGMと共に5忍者、少年忍者らが登場すると、会場からは大歓声が沸き起こりました。
続いてHiHi Jets、美少年らが登場、さらにSixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.が登場しパフォーマンスを繰り広げる と、会場のボルテージは最高潮に!宮近海斗、中村嶺亜も登場し、本編でも歌われている楽曲を含む全11曲が披露され、映画と実 演の豪華なショーとなりました。

パフォーマンスが終わると、深澤辰哉・田中樹・室龍太がMCとなり、舞台挨拶を実施。

まずはSixTONESから、

ジェシーさん:もともと舞台で 『少年たち』をやらせていただいていたので、スクリーンになるのは初めてのことで嬉しかったですし、僕たちがこうして選ばれたことにも感謝を しております。3月29日に公開しますので、皆さま盛り上げていってください。

京本さん:このようなイベントで本編を観ていただいてまずは安心しております。更にたくさんの人に観て頂けるように僕たちも頑張っていくので、応援をよろしくお願いいたします。

松村さん:今日は楽しん でいただけましたでしょうか?全国に広まっていくように僕らも頑張っていきます。今日は楽しんでいきましょう!

髙地さん:エガオという役を演 じさせていただいたのですが、本作ではあたらしい一面を見せられたのではないかなと思います。みんなで『少年たち』を盛り上げていきま しょう!

森本さん:皆さま本日はお越しいただきありがとうございます。短い時間ですが、楽しみましょう!

田中さん:僕の情報屋という役名も 気になるところかと思いますが、本作はたくさんのメッセージがこめられているので、それを感じていただけたらと思います。

と挨拶。

続いて Snow Manから、

岩本さん:本編からこんなに髪が伸びました。本日は短い時間ですが楽しんでいってください。

渡辺さん:映画に全身全霊を 注ぎました。『少年たち』の応援もよろしくお願いいたします。

阿部さん:みんなから映画楽しかったという歓声をいただいて嬉しかったです。 今日はよろしくお願いいたします。

宮舘さん:ジャニーさんが愛した作品です。今日のこの場所も愛で満たしていきましょう!

佐久間さん:ネタ バレをせずに楽しかったということを多くの方に広めていっていただければと思います。

深澤さん:すべてに力を注ぎこみました。ぜひ注目していただきたいシーンもたくさんありますので何度も観てください!

と挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 続いて関西ジャニーズJr.から、なにわ男子の西畑さんがまずは挨拶。

西畑さん:SixTONESさんとSnow Manさんと並ぶとこんなにシルバニアファミ リーっぽさが出てしまうのですが…(笑)でも頑張りましたので、ぜひいろんなところで広めていただけると嬉しいです。

向井さん:舞台では赤と青のチームでしたが映画では黒チームという新しいキャラクターを演じられて嬉しく思います。

正門さん:黒房という新しい形で歴史ある『少年たち』という作品に携わらせていただけたのが本当に幸せです。

小島さん:あと一人で挨拶が終わるので大きい拍手をお願いいたします! (笑)

室さん:お時間短い中ではありますが、本日はよろしくお願いいたします!

と挨拶。
続いて本作のメガホンをとった

本木監督:最初は完成できるのだろうかと思っていました。今日を無事に迎えられてよかったです。

とコメントしました。

MC3人から本作に出演すると聞いたときどう思ったかという質問があがると、

髙地さん:Snow ManとSixTONESで舞台を務めさせていただい ていたものがスクリーンになると聞いて驚きました。半世紀前から行われている歴史ある作品、ジャニーズの歴史に僕たちが名を残せるという のが本当に嬉しかったです。

向井さん:関西にとっても舞台といえば『少年たち』というくらい学んでいることが多い作品です。龍太くんが看守 長をやっていたり、思い出深い作品なので頑張りました。

佐久間さん:重要文化財の奈良刑務所で実際に撮影させていただけたのは本当に嬉しかったです。実際にホテルになるということなのでまた行きたいです。

本木監督:この作品の監督を依頼された時、好奇心が沸き 起こりました。ここにいるジャニーズJr.のみんなに会って、陰でも愚痴や弱音を言わないことに本当に関心したし、みんなに背中を押されて 完成したと思っています。

とコメント。
続いて本作の見どころの一つでもある冒頭8分の1キャメ1カットの長回しついては、

ジェシーさん:(奈良 刑務所に)行ってすぐに撮影したんだよね。

本木監督:そのためにスタッフは2ヶ月準備をしました。みんなが一発でダンスを覚えてくれ てすごく撮影は楽でしたね。

と語りました。さらに

松村さん:エンドロールにも注目してください。

とコメント。

好きなシーンの話になると、

向井さん:龍太くんのシーン!

田中さん:髙地のシーン!

とそれぞれ他の人が出ているシーンを上げながら、本作に 出演している先輩である横山裕さんや戸塚祥太さんとの話もあがり、

京本さん:戸塚くんは直前まで出演されることを知らなくて、舞台で共演させて いただいていたときに映画や演技について相談をしていたんです。撮影で再会できてあの穏やかな優しい雰囲気に包まれてとてもよかったです!実際に僕が本作で演じた新入りの役をずっと戸塚くんがやっていたので感慨深かったです。

とコメント。また横山に関しては、本当に優 しい先輩だったと思い出を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

岩本さん:この作品はジャニーさんの愛が詰まっている作品なので、いろんな世代に愛される作品になってくれればと思います。

西畑さん:老若男女問わず愛される作品になっていると思います。ぜひみなさん【#少年たちエモい】でつぶやいていただけたらと思います!

ジェ シーさん:ジャニーズの素晴らしさが詰まっている作品だと思います。こうして作品が完成したことが嬉しいです。みんなで広めて、今後も盛り上げ ていただけたらと思います!

本木監督:公開まであと2ヶ月。大ヒットするように力を貸してください。才能あるみんなが演じた作品です。

とコメントし、舞台挨拶を締めくくりました。

さらに舞台挨拶の最後には・・・、ライブパフォーマンスで登場したメンバー全員が登壇し、アンコールライブとして『勇気100%』を披露!お客様 も一緒に、会場が一体となって歌い、大盛り上がりの舞台挨拶となりました。



『映画 少年たち』

3月29日(金)全国ロードショー

オフィシャルサイト:
http://shonentachi-movie.jp/


ジャニー喜多川が手がけた舞台の初映像化にして初の映画総指揮作品。

心に深い傷を持ち、それぞれの事情を抱えて少年刑務所に収監された少年たちー。若さゆえに生まれる抵抗、悩み、葛藤が 描き出されたストーリーが、オリジナル楽曲とダンスに乗せて描かれる日本発のミュージカル・エンターテイメントです!!
出演は飛ぶ鳥を落 とす勢いのジャニーズJr.のグループSixTONES(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、人気・実力 を兼ねそなえるSnow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)、人気急上昇のなにわ男子 (西畑大吾)・関西ジャニーズJr.(向井康二※1、室龍太、正門良規、小島健)というタッグ。更に、関ジャニ∞の横山 裕、 A.B.C-Zの戸塚祥太らが出演し、脇を固めます。

【STORY】
2012年、とある少年刑務所。ここは犯罪に手を染めた少年たちがそれぞれの事情を抱えて収監される場所。刑務所内にはいくつかの房がある。赤 房と青房の少年たちは互いをライバル視して喧嘩を繰り返し、黒房はそれを面白がって傍観している。常に監視され抑圧された刑務所ではあるが、そ れでもシャバよりはましだ。 ある日、刑務所に一人の新入りがやってくる。身寄りのない彼は誰とも馴染もうとせず、いつも独りぼっちで日記を書いてい た。そんな頃、新しい看守長が赴任してくる。徹底的にお前たちを鍛えなおす、と高圧的に告げ、少年たちを暴力で支配し始める看守長。以来、地 獄のような日々が少年たちを待っていた。新入りは、いじめを受けた自分を庇い、懲罰を受ける同じ雑居房の少年に心を寄せるようになっていく。いつ しか二人は親友になり、仲間も増え、夢を語るようになる彼ら。しかし、看守長の圧制はいよいよ厳しさを増し、我慢の限界にきていた少年たちは団 結し、密かにある計画を練るが…。

***********************************

ジェシー 京本大我 髙地優吾 松村北斗 森本慎太郎 田中 樹 /SixTONES 岩本 照 深澤辰哉 渡辺翔太 阿部亮平 宮舘涼太 佐久間大介 / Snow Man 西畑大吾 / なにわ男子 向井康二※1 室 龍太 正門良規 小島 健 / 関西ジャニーズJr.

宮近海斗/Travis Japan 大西流星/なにわ男子 嶋﨑斗亜/関西ジャニーズJr. 中村嶺亜/7 MEN 侍 川﨑皇輝/5忍者 HiHi Jets 美 少年 7 MEN 侍 5忍者 Jr.SP なにわ男子 関西ジャニーズJr. 戸塚祥太(A.B.C-Z) 山下リオ 森口瑤子 伊武雅刀 横山 裕


製作総指揮:ジャニー喜多川
監督:本木克英
脚本:石川勝己
脚本協力:川浪ナミヲ 高見健次
音楽:長谷川雅大
撮影:南野保彦 照明:江川敏則 美術:須江大輔 録音:栗原和弘 松本悟
編集:川瀬功(J.S.E) 助監督:井上昌典
振付:SANCHE 特別協力:法務省
企画協力:ジャニーズ事務所
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:松竹
ⓒ映画「少年たち」製作委員会

※1現在、向井康二はSnow Manとして活動