「ジャニーズ」カテゴリーアーカイブ

岡田准一、超絶“殺し屋映画”『ザ・ファブル』特報映像、公開日解禁!


映画情報どっとこむ ralph 週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、今、一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』が実写映画化。特報映像とティザービジュアルが到着しました!

そして公開日は、2019年6月21日(金)に決定しました!

主人公のファブル/佐藤アキラ役には、日本映画界を代表する演技派俳優・岡田准一。自らも数種の武術や格闘技のインストラクター資格を持ち、『SP』『図書館戦争』などで高い身体能力を見せた岡田が、コミック原作映画初出演にして、初めての「殺し屋」役に挑戦しています。

「殺してはいけない殺し屋」を、アクション全開ながらも、時にコミカルに演じる姿は必見!

アキラの相棒・ヨウコ役には、木村文乃。

ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげるボス役には佐藤浩市。

アキラが初めて出会う一般人の女性、ミサキ役に山本美月。

アキラを狙う殺し屋・フード役には福士蒼汰。

その他アキラと深く関わる裏社会の人間に柳楽優弥、向井理、安田顕。

アキラを雇うバイト先の社長に佐藤二朗ほか、これ以上ないほど今の日本映画界屈指の豪華なオールスターキャスティングが実現!かつてない興奮を呼び起こす超一級エンターテイメント。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、初めての映像となる特報映像が解禁!

圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋“ファブル”。

今回の映像では、彼が銃をぶっ放し、華麗に相手を仕留める超絶アクションシーンがお目見え。同時に、「1年間殺し屋を休業し、一般人として普通の生活を送ること」というミッションのもと、”佐藤アキラ”として普通の人になりきるため弱いチンピラに絡まれてもやられたフリをしたり、初めて居酒屋に行ったり、ペットと暮らしたり、バイトをしたり…。殺し屋として生きてきたため普通の日常生活を送った経験がないファブルが、“「プロの普通」の生活”を送ろうとするコミカルな姿も必見です。その他特報内には、同じく初解禁となる超豪華キャストの劇中ビジュアルも登場しています。


映画情報どっとこむ ralph ザ・ファブル

2019年6月21日 全国公開
物語・・・
どんな相手も6秒以内に殺す。
“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる
存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。

殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!

【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

***********************************


出演:岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 向井理 佐藤二朗 安田顕 佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
松竹・日本テレビ共同幹事作品
©2019「ザ・ファブル」製作委員会


中島健人&中条あやみ映画『ニセコイ』×「週刊少年ジャンプ」強力タッグ 実写キャストグラビア他多数!


映画情報どっとこむ ralph 少年漫画界の雄・「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2011~2016年まで連載され、同誌での最長連載ラブコメとして新たな記録を樹立し、コミックスのシリーズ累計1200万部を突破した大人気漫画「ニセコイ」(原作:古味直志/集英社「ジャンプコミックス」刊/全25巻)。

その超異色のヤバイラブコメ『ニセコイ』が中島健人x中条あやみで映画化12月21日公開!

そしてこの度、映画『ニセコイ』と原作元「週刊少年ジャンプ」の強力タッグで実現した、数々のコラボ企画が解禁となりました!

コラボ内容

12月10日売 新年2号:
・実写キャストによる“ニセ表紙ビジュアル”
・完成披露イベントレポート

12月17日売 新年3号:
・千棘(中条あやみさん)×小咲(池間夏海さん)×万里花(島崎遥香さん)映画コラボグラビア
・古味直志先生描きおろし映画コラボポスター
・2年ぶりの新作登場!古味直志先生描き下ろし「ニセコイ」番外編23P
・中島健人&中条あやみ対談インタビュー


映画情報どっとこむ ralph 12月10日発売の「週刊少年ジャンプ」新年2号の誌面には、「もし実写キャストがジャンプの表紙を飾ったら!?」をテーマに制作された“ニセ表紙ビジュアル”が掲載。おなじみジャンプロゴや見出しコピーワークなど“ホンモノ”さながらの“ニセ表紙ビジュアル”は、千棘(中条)・小咲(池間)・万里花(島崎)の美女3人に囲まれ強烈な変顔を披露する主人公・楽(中島)や、集(岸)・クロード(DAIGO)も登場。連載時は何度も表紙を飾った人気漫画「ニセコイ」が、映画『ニセコイ』の実写キャストで“ニセ表紙”を再現します!

映画情報どっとこむ ralph さらなる目玉企画として、12月17日発売の新年3号では、「週刊少年ジャンプ」誌面では超レアとなる、実写キャストによるグラビアが、異例のカラー6ページに及ぶ特大規模で実現しました!劇中に登場する制服に身を包んだ中条あやみ・池間夏海・島崎遥香のヒロインたちが、千棘・小咲・万里花としてグラビア撮影を慣行。本編では描かれないクリスマスを目前にしたヒロインたちの様子が、完全オリジナルで撮り下ろしされました。“ニセ”ではなく、“マジ”で可愛い超貴重な『ニセコイ』実写グラビアにご期待ください!
映画情報どっとこむ ralph そしてなんと、撮影現場にも足を運び、映画公開を楽しみに応援している原作者・古味直志先生が23ページにも及ぶ「ニセコイ」の、完結後2年ぶりとなる新作番外編を描き下ろし!

映画公開記念の読切として「週刊少年ジャンプ」にニセコイが帰ってきます!
さらには映画ポスターを古味先生が漫画イラスト化した貴重なポスターセンターカラーや、中島健人&中条あやみの対談インタビューなど、超盛りだくさんのコラボ企画が目白押し。そしてなんと、古味直志先生と「週刊少年ジャンプ」ニセコイ担当編集者から、愛に溢れたコメントが届きました!原作ファン、映画ファン、キャストファン誰もが楽しめるアツイ企画が掲載される「週刊少年ジャンプ」は、映画「ニセコイ」の公開に向けて盛り上がりを見せていくそうです!

映画情報どっとこむ ralph
極道一家に生まれながら、勉強一筋の真面目で普通な高校生・一条楽(中島健人)と、ギャング組織の一人娘で容姿端麗なハーフ女子ながら、ケンカっ早い暴力的な強烈ガール・桐崎千棘(中条あやみ)が、性格真逆で相性最悪にも関わらず、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まるブッ飛んだハイテンションな恋愛抗争コメディが今冬、河合勇人監督のもとついに実写映画化。W主演の中島&中条の他に、池間夏海、島崎遥香、岸優太(King & Prince)そして、DAIGOと旬なキャストが集結し、コミカルに振り切った演技に挑戦したことでも話題。強烈キャラ達がお届けする。

「ニセコイ」
平成最後の冬を笑い飛ばせ!12月21日(金)より公開!

映画公式サイト
http://nisekoi-movie.jp/
「どうしてこうなったんだーー!」
勉強一筋の真面目な高校生にして実は極道「集英組」の一人息子・一条楽はある日突然金髪&ハーフのキョーレツ女子・桐崎千棘と宿命の出逢いをとげる。実は千棘はアメリカのギャング組織「ビーハイブ」の一人娘。性格真逆で相性最悪の2人は抗争寸前な親の組織の仲をとりもつため強制的に恋人のフリをさせられることに!幼い頃に結婚の約束をしたハズの運命の相手を探している楽にとって好きでもない奴と恋人のフリなんて地獄!でもバレても抗争勃発で即・地獄!
ゼッタイ無理!な恋愛抗争コメディ、開戦!!!

***********************************

監督:河合勇人
原作:古味直志「ニセコイ」(集英社ジャンプ コミックス刊)
出演:中島健人 中条あやみ
池間夏海 島崎遥香 岸優太(King & Prince)/ DAIGO
配給:東宝
映画のマルシー : ©2018映画『ニセコイ』製作委員会
漫画のマルシー :©古味直志/集英社
©2018映画『ニセコイ』製作委員会 ©古味直志/集英社


北山宏光 初主演映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』Kis-My-Ft2が歌う珠玉のラブソングが主題歌に!


映画情報どっとこむ ralph ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)が、実写映画化を果たします。

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』で、主人公の売れないマンガ家・高畑寿々男(たかはた・すずお)を演じるのは、本作が映画初出演にして、映画初主演となるKis-My-Ft2の北山宏光。

この度、今回の主題歌決定を記念して、映画の“大好き家族写真”を解禁。

死んで猫=トラさんになる前の寿々男(北山)、そして、奈津子(多部)と実優(平澤)。笑顔溢れる3人の幸せな日々はずっとずっと続くと思っていた。って言う画像。

映画情報どっとこむ ralph さらには、本作の主題歌が、主演の北山が所属するグループKis-My-Ft2が歌う『君を大好きだ』に決定、本日京セラドーム大阪にて行われたコンサート「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 YOU&ME Extra Yummy!!」のMCにて、メンバーの口から直接の発表となりました。

この楽曲は、映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』のために書き下ろされた珠玉のロックバラードで、作詞に藤井フミヤ、編曲に亀田誠治という強力タッグを迎えた楽曲。「ずっと君を大好きだー」そんなストレートな言葉が胸に沁み入るハートフルなラブソングとなっています。作品のエンディングにふさわしく、北山演じる主人公・寿々男=トラさんの伝え切れなかった想いを綴っているかのような歌詞は、物語の余韻を心に刻みます。

本作のプロデューサー・明石直弓氏も今回の主題歌に、「映画の最後にこの歌が流れると、寿々男の姿が蘇って愛おしくなりました。胸が熱くなり、大切な人には想いを伝えなくては、という気持ちになります」と語り、せつなくも幸せな気持ちになれる作品を一層彩る主題歌となっています。
作詞を手がけた藤井フミヤ氏も、以下のコメントを寄せています。

「『メロディーから浮かんだイメージ』『映画の脚本を読んで得たイメージ』『キスマイのメンバーが歌っているイメージ』そして『キスマイのファンが聴いているイメージ』。それをひとつのハートにして『君を大好きだ』」さらに、編曲の亀田誠治氏も、「切なさと明るさと力強さがキスマイと繋がっていくイメージでアレンジさせて頂きました。平成最後の名曲誕生の予感がします。」と楽曲を絶賛。

映画の世界観にも寄り添う心温まるラブソングに、誰しもが思わず大切な人のことを思い浮かべてしまうような、そして感謝を伝えることの大切さを改めて思う、そんな楽曲に期待が高まります。

◆楽曲情報◆
「君を大好きだ」Kis-My-Ft2(avex trax)
作詞:藤井フミヤ
作曲:ヨシダタクミ  
編曲:亀田誠治

映画情報どっとこむ ralph 北山宏光初主演作『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、2019年2月15日(金)より全国ロードショーです。ぜひ、本情報のご掲載の程、何卒宜しくお願い致します。

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~
2019年 2月15日(金)全国ロードショー
公式サイト:
torasan-movie.jp


【STORY】
売れないマンガ家の高畑寿々男は、妻・あがパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、
ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。
そんなスズオのダメ夫っぷりに“あの世の関所”が下した判決は、
「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」
トラ猫の姿でナツコとミユのもとに戻ったスズオは、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。
愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=スズオだが、猫だから言葉さえ通じない。
スズオは、家族に何ができるのか。どうやって人生を挽回するのかー

***********************************

出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路
飯豊まりえ 富山えり子 要 潤 バカリズム
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧 昌也
脚本:大野敏哉
音楽:渡邊 崇 配給:ショウゲート 
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会  


映画「うちの執事が言うことには」コミカライズ描き下ろしビジュアルお披露目!


映画情報どっとこむ ralph 2014年3月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化された極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」が、待望の実写映画化、2019年5月17日(金)より全国ロードショーいたします。

主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、今年5月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし、年末のNHK紅白歌合戦への初出場も決定するなど、今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬 廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二の個性溢れるキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑みます。
そんな実写映画化に期待が高まる中、12月22日に新刊、原作小説シリーズ「うちの執事に願ったならば」第6巻とコミック「うちの執事が言うことには」第9巻が発売、映画のビジュアルをあしらった帯の展開も始まります。

映画情報どっとこむ ralph また同22日発売、「うちの執事が言うことには」コミカライズ連載中・月刊ASUKA2月号の表紙では、同コミックの作画を手がける音中さわき氏が映画ティザービジュアルの構図を、コミックのキャラクターで描き下ろし完全再現!映画の世界観がコラボする、貴重なビジュアルが完成しました!
さらには、月刊ASUKA2月号では、撮影現場のレポートなどを掲載、「うち執」大特集号となっています。

映画公開まであと半年!
原作小説&コミックスを読みながら、映画の世界に飛び込む準備をすれば、上流階級、社交界、執事・・・妄想膨らむ非日常、
独特の世界感に魅せられることまちがいなし!

【書籍情報】
タイトル:うちの執事に願ったならば 6
著:高里椎奈
イラスト:佐原ミズ
定価:560円(税別)
ISBN:978-4041069912
角川文庫刊
書籍サイト

電子書籍[BOOK☆WALKER]


【書籍情報】
タイトル:うちの執事が言うことには 第9巻
作画:音中 さわき
原作:高里 椎奈/キャラクター原案:佐原 ミズ
あすかコミックスDX
定価:580円(税別)
ISBN:978- 4041077412
あすかコミックスDX
書籍サイト

電子書籍[BOOK☆WALKER]

映画情報どっとこむ ralph 映画「うちの執事が言うことには」

【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。
《肖像写真のWEB掲載に関する注意事項》
・本リリースにおける出演者の画像データは、お渡しした素材1点に限りWEBでもご使用いただけます。
・お渡しした素材に関して、本件記事以外の用途での二次使用はできませんのでご注意ください。
・トリミングでの使用はご遠慮ください。

公式サイト:
http://uchinoshitsuji.com/

***********************************

永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上淳
原日出子 吹越満 奥田瑛二
監督:久万真路 脚本:青島武
原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫)
公開日:2019年5月17日(金)全国公開
配給:東映

©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


あなたのスマホに“あれ”が来る…!!映画「来る」最恐LINEコラボエフェクト本日新登場!


映画情報どっとこむ ralph コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」http://line.me において、12/7より公開となる映画『来る』との「LINEコラボエフェクト」がトークルームカメラ内に本日新登場いたしました。

「LINEコラボエフェクト」は、エンタメコンテンツとコラボレーションしたスペシャルエフェクトを、トークルームカメラ内にて期間限定で提供するものです。フィルターを使って撮影した写真をトークルームで送ってコミュニケーションをとれるほか、ビデオ通話やチャットライブの際にも作品の世界観を楽しみながら楽しく会話をすることができます。そしてこの度、映画『来る』の映画公開を記念として制作されたコラボエフェクトを、本日2018年12月5日(水)から2019年2月28日(木)の間、展開します。

今回登場する本エフェクトは、劇中で妻夫木聡さん演じる田原秀樹らを襲う“あれ”が現れるというもの。さらに、ユーザーが口を開くと、 “あれ”が笑い声と共にやってきて画面が点滅。そして劇中に出てくる子供(チサ)のようにユーザーの目が白くなり、手形が突如現れ、画面上部から血が流れてきます。

また、今回は特別に先行して映画『来る』の試写会イベントに参加をした、ミス明治学院大学グランプリの藤田みりあさん、ミス中央大学グランプリの中塚美緒さんの2名に、どのように自分の顔が“最恐”になるかどうかを先行して体験してもらいました。

エフェクトは、カメラの場合はトークルームの左下にある [+]から [カメラ]を選択してカメラを起動し、画面左下にある顔マークをタップするとフィルターの選択画面に移行し、お好きなフィルターを選ぶことができます。ビデオ通話やチャットライブの場合は、機能を立ち上げ後、左下にある顔マークをタップするだけで、フィルターの選択画面に移行します。

LINEでは、今後もユーザーのコミュニケーションをよりリッチに、楽しくするための機能を提供してまいります。

[実施期間] 2018年12月5日(水)12時~2019年2月28日(木)23時00分
[URL]https://lin.ee/bCLrGfO/xqao

映画情報どっとこむ ralph 映画『来る

2018年12月5日(金)ロードショー
公式サイト:
http://kuru-movie.jp/

こわいけど、
面白いから、観てください。
2011年度の米国アカデミー賞外国語映画賞部門に日本映画代表作として選出され、国内でも数々の映画賞を席巻、興行収入38.5億円の大ヒットを記録した映画『告白』。監督・脚本を務めたのは、CM演出の巨匠にして、その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也。そして2018年。中島監督最新作に、日本を代表する5人の演技派俳優が集結した。主演は、『関ヶ原』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、今年も『散り椿』をはじめ主演映画が続く、いまや名実ともに国民的俳優となった岡田准一。『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、日本中の話題を集めた黒木華。中島監督作『渇き。』で才能を見出され、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、鮮烈な女優デビューを飾った小松菜奈。『ヴィヨンの妻』で報知映画賞・日刊スポーツ映画賞・日本アカデミー賞の3賞で最優秀女優賞を受賞、『告白』では中島ワールドの強烈なヒロインを体現した松たか子。そして『悪人』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』では同最優秀助演男優賞を受賞、確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木聡。ほかにも、青木崇高、柴田理恵、伊集院光、太賀といった個性的な面々が共演。原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「■■■■が、来る」。(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)。この冬、人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント映画『来る』が、ついに、来る~~~~!!!!

物語・・・
オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。民俗学者・津田はその「何か」を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「※※※※」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・・そ・・う・・か!・・あ・・れ・・の・・正・・体・・は、・・あ・・い・・つ・・だ!
あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。 エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

映画情報どっとこむ ralph ≪原作≫
「ぼぎわんが、来る」(2015年10月30日 初版発行 2月24日文庫発売)
著者:澤村伊智(角川ホラー文庫刊)2015年「第22回日本ホラー小説大賞」獲得

***********************************


監督・脚本: 中島哲也
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
撮影スケジュール:2018年2月上旬~5月上旬
製作プロダクション:東宝映画 ギークサイト
配給:東宝
©2018「来る」製作委員会