「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

『ハイネケン誘拐の代償』歴史的大事件の真相を!なイベント


6月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります、本格サスペンス・ミステリー映画

ハイネケン誘拐の代償

本作は、1983年に実際に起きた大ビール企業「ハイネケン」の経営者誘拐事件の真相を追ったエミー賞受賞の犯罪ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ヴリーズのベストセラー本を基に映画化。

この度、劇場公開に先立ち、犯罪ジャーナリストで元神奈川県警刑事の小川泰平さんと映画評論家の松崎健夫さん登壇の公開記念トークイベントが行われました。

『ハイネケン誘拐の代償』公開記念トークショーイベント
日程:6月3日(水)
登壇ゲスト:小川泰平(犯罪ジャーナリスト)
松崎健夫(映画評論家)
会場: アスミック・エース試写室

『ハイネケン誘拐の代償』トークショー②
イベントの様子
元刑事で犯罪ジャーナリストである小川さんと、映画評論家の松崎さんが犯罪心理や映画的観点から本作の魅力を語ったトークショーイベント。本作は誘拐犯の目線で事件が描かれていて、「警察の活躍が全くなかった!」と残念がる小川さんでしたが、犯罪のプロではない犯罪経験のない青年たちが起こした事件がゆえに、素人である彼らの心理の揺れ動きが
とてもリアルだったと大絶賛!

Q:映画はどうでしたか?

小川さん:映画、ドラマを含めて誘拐ものの作品で、警察の活躍が全くないのは非常に珍しいなぁと思いましたね。(笑)もう少し事件後のことが知りたかったですね。もし『ハイネケン誘拐の代償 Part2』なんかがあれば、いいですよね。
犯人と警察との戦いが全くなく終わってしまいましたし、犯人の逃亡劇が見たかったです。ただ犯人が逃亡中、奥さんに電話をかけて逮捕されるきっかけを作ってしまいましたよね、普通だったら絶対しないようなことをしてしまうところにリアルさを感じましたね。

松崎さん:95分間の映画なんですが、あっという間に終わってしまいました。犯人の視点から描かれていて、警察がどんな風に動いていたかが描かれていないからなんですよね。

Q:映画では描かれていませんが、実際警察はどんな捜査をしていたんでしょうか。

小川さん:映画の最後に字幕で、事件に関する匿名の情報が寄せられたと出てきますが、実際、たくさんの情報があったと思いますし、情報収集していたと思います。今回のケースは、(ハイネケンを誘拐する前に)強盗をしていますよね、だから警察はこの2つの事件のつながりや、同じ地域で類似するような事件、人数、手口といったことを調べていたと思います。これはオランダで起きた事件ですが、日本の場合だったら短期間で同じような事件が2回起こるなんてことはないので、そいうった点を注目していくんじゃないかと思いますね。

日本だけじゃなく、海外でも言えることですが、いろんな種類の事件がありますよね。その中で警察が一番慎重に捜査を行わなくてはいけないのが身代金目的の誘拐事件と言われています。殺人事件というのは、すでに人が亡くなっていますよね、
強盗事件は、人が傷つけられてお金が取られています。身代金目的の誘拐事件は、被害者がどんな状態かわからないし、もしかしたら殺されてしまうかもしれない、無事に解放されるかもしれない、だから警察は勝負ができないんですね。

Q:いろんな映画を見ていてもわかるのですが、誘拐事件は成功率が低い気がするんですが、日本での検挙率が97%だというデータがあります。実際はどうなんでしょうか。

小川さん:実際は、検挙率としては97%なんですが、成功したケースは1件もありません!逃げられてしまった未解決の事件はあるのですが、未解決というのは身代金は払われていないという意味ですね。世界で見てみると、個人の誘拐と何百億もの大金を要求される政治的な誘拐があるんですが、犯人が複数いるような集団で誘拐をするのはなかなか難しいですね。映画の中でもありましたが、誘拐するのは意外と簡単でお金を要求することもできますが、お金を受け取って自分のものにするかが難しいんです。

Q:誘拐事件でいうと昔、グリコ森永事件があって不手際があって犯人にお金が渡ってしまったと言われていますよね。それは、犯人に接触するから危ないんでしょうか。

小川さん:そうですね、接触もそうですが大金なので大きなリスクが伴います。もっと古い事件でいうと、3億円強奪事件というのがありますが、あの事件も結局、お金は使われていません。お金を盗むまでは誰も傷つけず、華麗に行うんです。なので3億円強奪事件と言われていますが、実は誰も怪我をいていない窃盗事件で、プロ中のプロの仕業と言われていますが、お金は奪ったけれど結局お金は使われていません。

この映画でも盗んだお金は埋められていまだに見つかっていないと言われていますが、実際にお金が使われたのかわからないんですね。事件後、5人の犯人グループの中から有名なマフィアが生まれますし、被害者のハイネケン氏は、この事件をきっかけに警備会社を設立したというのは有名な話ですよね。

Q:映画の中で誘拐するための準備にかなりお金をかけていますよね。犯人心理から見て、彼らは多額の準備金を投じてまで巨額の大金がほしいものなんでしょうか。

小川さん:そうですね、僕も同じことを思いました。
強盗がうまくいったんだから、強盗を月に1回、半年に1回くらいのように繰り返せば、1回で数億円手に入れるのは難しいですが、犯人は5人いますから、5回繰り返したら1人ずつ十分なお金を手にできるんじゃないかっ思いしたね。(笑)

犯人たちは幼馴染の素人5人組ですが、綿密な計画を立ていました。これが犯罪組織、プロ集団だったら、個々の意見もバラバラだと思うんですが、素人がゆえに彼らは団結して、意思の疎通が図れていて、誘拐まではうまくいってもお金が手に入るまで、入った後の行動を見ると、やはり彼らは素人だったんだと感じましたね。

Q:小川さんの話にもありましたが、犯人グループの1人がオランダを代表するマフィアになりますよね。実際、再犯率というのはどのくらいなんでしょうか。

小川さん:実際どれだけ割りに合わないかということもあり、日本では誘拐事件の再犯率は低いですね。

Q:警察の方は犯罪映画を観る時、どういった気持ちでご覧になるんですか。

小川さん:個人差はあると思いますが、私は映画に限らずドラマもほとんど見ています。
特に最近感じるのは、「踊る大捜査線」というドラマ以降、刑事ドラマの内容が結構リアルになってきたんですね。
「レインボーブリッチが閉鎖できません!」とか言ってましたけど、本当は簡単にできるんすよ。もちろんできないこと言ってますけど、いかりや長介さんが出てきて我々が普段言っているようなことを言っていたりして、非常にリアルになってきています。だから昔と比べて、視聴者の目が肥えているんですね、どちらかというと映画よりドラマの方が敷居が低いので、昔は「えー!」と驚かれたものが、今は思われなくなっていると思うので(犯罪ものの)映画を作るのは非常に大変だろうなと感じます。そう考えると、『ハイネケン誘拐の代償』はとても斬新な映画でしたね。

『ハイネケン誘拐の代償』トークショー①
Q:最近は、戦後に比べると事件の件数だけ見ると減っているものの、表面的には犯罪が凶悪化していると言われています。ただそれは、際立ったものが出てるからそう感じるだけと聞きました、それは本当なんでしょうか。

小川さん:本当です。実際、犯罪件数も凶悪化も減っています。ここ10年、年間の殺人事件は約1000件ほどで変わりません。

でも凶悪犯罪が起こるとクローズアップされて連日連夜、どのチャンネルを回しても繰り返し報道していますよね。10年、20年前より警察も以前に比べて、情報提供するようになってきました。レプといって報道陣を集めて、ある程度の情報公開も行います。さらに、一般の方もそういったことに慣れてきているんです。その結果、多いような錯覚を起こしてしまうんじゃないかと思います。

Q:映画を観て、同じような手口で事件を起こす人がいるんじゃなかと言われることもありますが、私が逆でこんなことをしたらこういう風になってしまうといった抑止力になると思うんですが、小川さんはどう思われますか。

小川さん:僕も同じ意見ですね。事件(手口)をマネする人もいるかもしれませんが、みなさんに知ってもらうことによって、これは詐欺なんだ、泥棒に入られますとといった抑止力になるという両面がある気がします。知らないことが怖いので・・・

Q:映画の中で犯人たちに感情移入するべきじゃないと思うんですが、いつの間にか犯人たちが捕まらないでほしい!という心理になってしまう気がするんですが・・・

小川さん:僕は犯人たちが口論するシーンで「そこで怒っちゃダメなんだよ~!」と思ったんですよね。(笑)彼らを応援するわけじゃありませんが、それに近いものを感じましたね。結果的に、ハイネケン氏がこの事件で亡くなっていないこともわかっていますから、何とかして助かるし、お金も持ってますしね。

Q:こういった事件に巻き込まれた人のその後のケアというのは現状どうなんでしょうか。

小川さん:誘拐事件だけではありませんが、ほどんとの被害者が子供、女性、高齢者などの被害弱者と言われている人たちなんですね。そういった人へのケアは十二分にされています。逆に、加害者のケアをしっかりしていなから簡単に(刑務所から)出てきてしまうと言われています。

Q:日本において映画のような事件を起こした場合の服役期間はどれくらいなんでしょうか。

小川さん:10年前後くらいだと思います。と言うのは、(人を)傷つけていませんから。映画の中で、犯人たちが強盗した時、拳銃で地面を撃てと言っていましたし、誘拐事件に関しても、女性や(富裕層の)子供を誘拐していません。
子供が誘拐されるのを見ると精神的にまいってしまうじゃないですか、この映画でいうと途中まで被害者のハイネケン氏の方が強かったりしましたしね。

Q:この事件を調べてみて、オランダ在住の日本人が書いたブログを見つけたんです。
2003年1月27日にレストランで1人が死亡した銃撃線に巻き込まれて、その後この事件で死亡したのが、
ハイネケンを誘拐した犯人の1人だったとあったんです。
おそらくジム・スタージェス演じるコルだと思われるんですが・・・

小川さん:ハイネケン氏が亡くなった翌年に起こった事件でしたよね。
私もいろいろ調べてみたんですが、オランダに友達がいてどこまでが本当かわかりませんが、事件後、“絶対に許さない!”とハイネケン氏が資産を投じて警察に負けないくらい犯人探しをしていたと聞きました。

Q:最後に、この映画の面白いところはどこだと思いますか。

小川さん:この映画の面白いところは、まだまだ未解決なことがたくさんあるということですよね。是非、第2弾を観たい!と思う作品でしたね。

松崎さん:ダニエル・アルフレッドソン監督は、映像で何かを訴えかけるという部分に長けていると思うんですが、犯人が捕まるカットで地面に伏せるシーンがあるんですが、あのシーンだけ上から撮っているんです。あのシーンで“神だけは知っている”ということを表しているじゃないかなぁと思いましたね。ご興味がある方は、是非、もう1度ご覧ください。
                  
ハイネケン誘拐の代償

6月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:kidnapping.asmik-ace.co.jp 

********************************************************************


【ストーリー】
1983年、オランダ・アムステルダム。大ビール企業「ハイネケン」の会長、フレディ・ハイネケンが何者かに誘拐された。
世界でも指折りの大富豪であるハイケネンの誘拐は世間を驚かせ、警察も巨大組織による犯行を疑う。
しかし誘拐したのは、犯罪経験のない幼なじみの5人の若者だった…。
大胆不敵な計画を実行し、史上最高額(当時)の身代金を要求する犯人グループ。

すべては上手くいっていたはずの誘拐。ところが、人質であるハイネケンの傲慢な言動に、5人は段々と翻弄され、歯車が狂いだしてゆく……。駆け引き、誤算、落とし穴。

誘拐された大富豪と、誘拐した若者たち。追い詰め、

追い詰められる男たちが支払う“誘拐の代償”とは――?!

【出演】アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、
ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーウェン、トーマス・コックレル
【監督】ダニエル・アルフレッドソン 
2014年ベルギー・イギリス・オランダ/95分/スコープサイズ/5.1ch/日本語字幕:松浦美奈  
配給:アスミック・エース  

(c) 2014 Informant Europe SPRL, Heineken Finance, LLC
(c) Sofie Silberman 2014 (c) Ben Rothstein 2014



終わりのセラフ イケメン吸血鬼達が東京の街に出現報告!


終わりのセラフ先に言いますが今回のご紹介は映画じゃないです!TVアニメですよ。

春アニメ人気No.1!イケメンヴァンパイアに虜になる女子が急増中な

終わりのセラフ

がTOKYO MXほかにて放送中です。

とっても盛り上がってる今。

「吸血鬼襲撃イベント」と題し、物語の舞台となります東京の街に3週連続で吸血鬼達が出現しました!!!!!!

表参道、渋谷、新宿などをキャラクター達が所狭しと駆け巡る「終わりのセラフ」に合わせて、各回放送直後、舞台となった各地に、作品から抜けだしてきたかのような吸血鬼達がリアルに登場!ウォーキングを始めるとファンが殺到し、あわやパニック!!!

ともいえる盛り上がりに「終わりのセラフ」をしらない通行人も思わず足を止める大盛況ぶりとなりました。

「終わりのセラフ」吸血鬼襲撃イベント実施概要
日程・場所:
5月17日(日) 原宿駅周辺
5月24日(日) 表参道駅周辺 
5月31日(日) 新宿駅周辺  

吸血鬼襲撃イベント公式ハッシュタグ:#seraph_vampire(検索リンク→https://goo.gl/gIuVut)
※イベント公式ハッシュタグをTwitterで検索して頂けますと、本イベントに関するツイートがご覧いただけます。
※作品のイメージ衣装にてコスプレをしたモデルによるイベントになります。
※アニメ作品のプロモーションイベントとなりますので、ご紹介時は本作の画像を必ずご使用下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「終わりのセラフ」吸血鬼襲撃イベントご報告レポート

最終回に向けての盛り上がりに合わせて、今回アニメ作品では珍しい試みとも言える「吸血鬼襲撃イベント」が実施され、現実の会場に加えて、インターネットでも大きな盛り上がりを見ました!

harajuku_02現在放送中の「終わりのセラフ」では実際のロケハンに基づき、表参道、渋谷、新宿などをキャラクター達が所狭しと駆け巡る。そんなアニメの各回放送直後、舞台となった各地に物語から抜けだしてきたかのような吸血鬼達がリアルに登場し、ウォーキングやフォトセッションを行うイベント。

Harajuku_015月17日実施の原宿、5月24日実施の表参道と先だって2度同イベントは実施されていますが、公式HP等のみでの告知にも関わらず、当日はリアルに出現した吸血鬼達を探すべく、毎回100人近くの「終わりのセラフ」ファンが詰めかけ、会場は大変な盛り上がり。

そしていよいよ最終日の5月31日、新宿。公式Twitterが「これより新宿駅方面に向かうようです」とつぶやくと、ネット上には「どこ!?」と出現場所を探すつぶやきが相次いだ。

まずはTOHOシネマズ新宿前にて記念撮影。
ゴジラと吸血鬼という異色のコラボレーションが実現した。続いて吸血鬼たちは歌舞伎町入り口から、一路アニメイト新宿店へ。「終わりのセラフ」が展開されているコーナーの前での撮影の後、1階入り口前にてファンとの記念撮影に応じた。直前の告知にも関わらず、集まったファンの数は50名以上。記念撮影を求めるファンの波は引くことなく、気温30度を超える猛暑の中、吸血鬼達はクールにポーズ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その後、一行はちょうど日本ダービーの生中継が行われていたアルタビジョン前へと移動。ちょうど第4コーナーを回った頃で人々が熱狂する中、ファンを引き連れて撮影する様子はかなり目立っており、目を止めた通行客からの撮影も後を絶たなかった。

最後に新宿駅南口での記念撮影を終えると、ロケバスへと撤収。会場からは「毎週やって欲しい」とイベント終了を惜しむ声や、「この聖地巡礼は新しい」との声も聞こえていた。

sinjuku_02
本イベントのTwitter実況タグ「#seraph_vanpire」では今も投稿が相次ぎ、イベント時に撮影した写真が次々と報告されている。実際の風景が舞台となっているアニメは珍しくないが、実際の放送にリンクして現実にリアルタイムで登場するイベントは珍しく、最終回の放送を控え、現実でもネット上でも大きな盛り上がりを見せました。

終わりのセラフs2
<あらすじ> 
ある日突然、未知のウイルスにより世界は滅びた。生き残った子供たちは地の底より現れた吸血鬼たちに支配され、家畜同然の扱いに耐えかねた百夜優一郎はミカエラや幼い孤児たちと外の世界へと脱出を図るが……。時は4年後。優一郎は日本帝鬼軍の吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊。恐るべき吸血鬼たちとの戦いに、その身を投じていく…!!

アニメ公式サイト:http://owarino-seraph.jp 
原作公式サイト :http://owarino-seraph.com
作品公式twitter:@owarino_seraph

<スタッフ>
原作:鏡 貴也、漫画:山本ヤマト、コンテ構成:降矢大輔
  (集英社「ジャンプスクエア」連載)
監督:徳土大介
副監督:肥塚正史
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:門脇 聡
イメージボード:品川宏樹    
音楽プロデュース:澤野弘之
アニメーション制作:WIT STUDIO

<主題歌>
OPテーマ SawanoHiroyuki[nZk]:Gemie 「X.U.」 
EDテーマ SawanoHiroyuki[nZk]:Yosh  「scaPEGoat」 

<キャスト>
百夜優一郎 :入野自由
百夜ミカエラ:小野賢章
一瀬グレン :中村悠一
フェリド・バートリー:櫻井孝宏
柊 シノア  :早見沙織
早乙女与一 :岡本信彦
君月士方  :石川界人
三宮三葉  :井口裕香
クルル・ツェペシ:悠木 碧
柊 暮人   :前野智昭
柊 深夜   :鈴木達央
クローリー・ユースフォード:鈴村健一 

 (C)鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社・終わりのセラフ製作委員会
 (C)Takaya Kagami, Yamato Yamamoto, Daisuke Furuya/SHUEISHA, Seraph of the End Project

終わりのセラフ第1巻<初回限定生産>2015年6月24日(水)よりBlu-ray&DVD発売開始です!


<収録内容>
Blu-ray (GNXA-1401) :7,000円+税
DVD (GNBA-2401) :6,000円+税

<収録内容>
本編:第1話~第3話を収録、本編約71分
特典:おまけアニメ「終わらないセラフ」、PV第1弾

<初回限定生産仕様>
(1)特典ディスク:イベントダイジェスト映像収録DVD
 ※AnimeJapan等の映像を収録予定
 ※Blu-ray商品でも特典はDVDとなります
 ※収録はダイジェスト映像となります
(2)特典小冊子:品川宏樹イメージボード集(32P)
(3)作品紹介リーフレット(8P)
(4)キャラクターデザイン門脇 聡描き下ろしイラスト三方背ケース
(5)イベントチケット優先販売抽選申込券
※商品仕様は予告なく変更になる場合があります。

********************************************************************



映画「青鬼 ver.2.0」“間違い探し”上映決定!


ニコニコ動画で火が付き、関連動画の視聴回数が6,000万超を誇る大人気フリーゲーム『青鬼』。
青鬼-ver.2
待望の映画第2弾では、「青鬼」に加え、ゲームファンの間で“ハンペン”と親しまれ絶大な人気を誇る青鬼の亜種、「フワッティー」も登場します!

そして、この度7月4日映画公開を記念して、ニコニコ生放送(ニコ生)で同日0:00より『青鬼 ver.2.0』世界最速上映が決定しました!

世界で一番早く映画を観るにはニコ生でネットチケットを購入し視聴する感じです。

『青鬼ver.2.0』上映チャンネル
http://live.nicovideo.jp/watch/lv215442619

【前売券】全会員・・・1300ポイント(税込 1300円)
販売期間: ~ 2015年7月3日(金)23時59分

【当日券】全会員・・・1800ポイント(税込 1800円)
販売期間:2015年7月4日(土)0時 ~ 2015年8月1日(土)21時

そうなんだよね。

さらに、映画史上初となる“間違い探し”上映も決定しています。

なんですかそれは!?



これは、映画館とニコ生で上映される『青鬼 ver.2.0』の映像内に

違いが5箇所あって・・・
【景品】“フワッティー”超プレミアフィギュア
その違いを見つけた方に世界で1体しか存在しない「フワッティー」のフィギュアがプレゼントされるという、史上初となる映画館とニコ生のコラボイベントなんだって。

さらに、抽選で100名に正解者の名前が入った「特製“正解認定”カード」が贈られます。

上映開始日7月4日より公式ホームページ設置される解答フォームより応募ができるそうです。

新しい映画のカタチの誕生ですね!

青鬼 ver.2.0

7月4日(土)全国ロードショー

公式サイト: http://aooni-movie.com/

青鬼ver2
********************************************************************

出演:中川大志 平祐奈 松島庄汰 久松郁実 勧修寺玲旺  タモト清嵐

監督:前川英章
脚本:いながわ亜美
制作:デジタル・フロンティア
企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「青鬼 ver.2.0」製作委員会

(C) 2015 noprops・黒田研二/『青鬼 ver.2.0』製作委員会
   


グザヴィエ・ドラン特集“DOLAN ANYWAYS”を開催6月20日より


美しき俊英な彼。グザヴィエ・ドラン。
監督だけに留まらず、俳優としても評価の高い彼が、脚本を読んで出演を熱望した主演作

エレファント・ソング

が2015年6月6日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷アップリンク他、全国順次公開となります。

そして、この度、映画の公開を記念して渋谷アップリンクでは、2015年6月20日(土)よりグザヴィエ・ドラン特集“DOLAN ANYWAYS”を開催。過去の監督作『トム・アット・ザ・ファーム』『わたしはロランス』『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人』を一挙上映。

DOLAN-ANYWAYS
グザヴィエ・ドラン特集上映
日程:2015年6月20日(土)~
会場:渋谷アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
上映作品:『トム・アット・ザ・ファーム』『わたしはロランス』『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人』
http://www.uplink.co.jp/movie/2015/37854

渋谷アップリンク併設のカフェ「Tabela」のパティシエによる、『エレファント・ソング』の物語のキーとなる“チョコレート”を使った限定コラボスイーツも登場。カフェでは“ガトーショコラ(バナナ or 甘夏)”、映画館ではテイクアウトで“コリアンダーとナッツのチョコレートパウンド”を楽しむ事ができるようになるそうです。
左:パウンド&右:ガトーショコラ
【映画館テイクアウトフード販売】
◎コリアンダーとナッツのチョコレートパウンド(300円)
しっとりした生地にクラッシュした塩チョコレートとコリアンダーシードを練り込んで、キャラメルでコーティングしたヘーゼルナッツを加えました。スパイスが爽やかに香るチョコレートケーキ。

【渋谷アップリンク併設のカフェTabela連動メニュー】
◎エレファント・ガトーショコラ バナナ or 甘夏(680円)
カカオ70%のビターチョコを使用したガトーショコラはバナナと甘夏の二種をご用意。お酒との相性も抜群。

また、6月11日(木)には『エレファント・ソング』の上映後、映画館でコラボスイーツとドリンクを楽しみながら、パリの映画館で開催されたグザヴィエ・ドランによる公開授業(約1時間の編集版)を鑑賞する“スペシャル”なイベントも開催。

世界で注目される新しい才能グザヴィエ・ドランの魅力を知ることができる絶好の機会です。
映画『エレファント・ソング』+「ドラン先生の公開授業」上映会(スイーツ&ドリンク付)

日程:2015年6月11日(木)開場18:30 / 上映19:00
会場:渋谷アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
料金:2,300円 コリアンダーとナッツのチョコレートパウンド&ドリンク付き(前売り券ご利用の方は差額800円で参加いただけます)
☆詳細・チケット情報はこちら http://www.uplink.co.jp/event/2015/37890

映画『エレファント・ソング』の本編上映後、映画館の照明をすこしあげて渋谷アップリンク併設のカフェ「Tabela」のパティシエによる“コリアンダーとナッツのチョコレートパウンド”とドリンクを楽しみながら、パリの映画館で開催されたグザヴィエ・ドランによる公開授業(約1時間編集版)を鑑賞。

尚、上映される「ドラン先生の公開授業」の約2時間の全編は、現在発売中の「グザヴィエ・ドラン/わたしはロランス+トム・アット・ザ・ファームBlu-ray BOX」に特典ディスクとして収録されている。

映画『エレファント・ソング』 作品情報

2015年6月6日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷アップリンク他、全国順次公開

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/elephantsong/

エレファントソングチラシ表
失踪した精神科医と、愛を渇望した一人の青年マイケル。
グザヴィエ・ドランが「これは僕だ」と出演を熱望した心理劇

失踪した精神科医。手がかりを知るのはマイケルだけ。
話をする代わりに彼は条件を提示した。

1、僕のカルテを読まないこと。
2、ご褒美にチョコレートをくれることを約束すること。
3、看護師長をこの件から外すこと。

監督:シャルル・ビナメ
脚本:ニコラス・ビヨン
出演:グザヴィエ・ドラン(『トム・アット・ザ・ファーム』)、ブルース・グリーンウ¬ッド(『スター・トレック』)、キャサリン・キーナー(『カポーティ』)、
キャリー=アン・モス(『マトリックス』)、ガイ・ネイコルム・フィオールドン、ほか
配給・宣伝:アップリンク
(2014/カナダ/100分/シネマ・スコープ/DCP)
© Sébastien Raymond

********************************************************************

  


染谷将太・水野絵梨奈ロックな舞台挨拶『ソレダケ / that’s it』


石井岳龍監督最新作

ソレダケ / that’s it

が5/27(水)に初日を迎え、染谷将太さん、水野絵梨奈さん、渋川清彦さん、村上淳さん、石井岳龍監督が舞台挨拶を行いました。

ロック映画らしくライブハウスTSUTAYA O-EASTでの爆音上映会&舞台挨拶。
そして!酒樽をギターで鏡割り!!

ソレダケ-thats-it初日舞台挨拶
映画『ソレダケ / that’s it』初日舞台挨拶
日 時:5月27日(水)
場 所:TSUTAYA O-EAST

登壇者:染谷将太(22)、水野絵梨奈(22)、渋川清彦(40)、村上淳(41)、石井岳龍監督(58)

MC:ヒダカトオル(46)

石井岳龍監督の最新作『ソレダケ / that’s it』の劇場公開に先駆けたプレミア爆音上映会が5月27日(水)に渋谷TSUTAYA O-EASTで行なわれました。

なぜ水曜日?
そう、この日は劇中の音楽を担ったbloodthirsty butchers(以下、ブッチャーズ)のリーダー、吉村秀樹さんの三回忌にあたる日。ブッチャーズの主戦場だったライブハウスで音楽のライブさながらに爆音で上映したいという制作スタッフの意向で実現。

平日の夕方開催にも関わらず、会場には限定300名の観客が“邦画界の革命児”の最新作をいち早く観ようと詰めかけました。

上映前には、石井岳龍監督、主演キャストの染谷将太さん、水野絵梨奈さん、渋川清彦さん、村上淳さんが舞台挨拶。

MCは生前の吉村秀樹さんと親交のあった日高央(THE STARBEMS、ex.BEAT CRUSADERS)が担当しました。日高さんは登壇者呼び込みの前に、「死してなおこんな映画を生み出させる吉村秀樹、恐るべし」とバンド界の偉大な先輩を褒め称えた。

そもそもの映画企画を石井監督にオファーした吉村が制作途中に急逝するなど、幾多の困難を乗り越えて公開初日を迎えたことを受け、

石井監督:スタッフもキャストも大変頑張ってくれて、とてもいい仕事ができた。今の気持ちはとても一言では言い表せられない。ようやく皆さんに観てもらえて嬉しい。

と感慨深げ。そして、社会の底辺で生きる若いホームレス、主人公の大黒砂真男〈ダイコクサマオ〉を演じた染谷さん、

染谷さん:3年前に監督から持ちかけられた企画は全然違ったが、吉村さんが亡くなったことで中断した企画を石井監督が練り直し、とても力強い形として昇華させた。本当に凄い映画。

と実に3年半もの期間を経て完成に漕ぎつけた石井監督の力量を絶賛しました。染谷と同じくアンダーグラウンドで生きる風俗嬢・南無阿弥〈ナンムアミ〉役に体当たりで挑んだ水野絵梨奈は、撮影中の印象に残ったエピソードとして、いろいろと重いものを担ぎながら地上40メートルくらいの螺旋階段を駆け下りた話を挙げ

水野さん:高所恐怖症なので、なかなかカットがかからずに凄く怖かった。

と、コメント。

役作りに際して、染谷は石井監督から
ソレダケ
染谷さん:監督からとにかく体力をつけてほしい。酷暑の時期に全力疾走するから!と言われました。

水野さん:私も走りました。

染谷さんと同じく本作の冒頭で全力疾走する裏社会の調達屋・恵比寿大吉〈ヱビスダイキチ〉を演じた

渋川さん:体力作りに関して特に何もしなかったのですが、その代わり、普段エスカレーターを使わずに二段上がりで階段を使いました。

村上さん:役的に低カロリーな男なので体力作りはしませんでした。

石井監督:究極の省エネ男、特に登場のシーンに是非注目してほしい。

と一言。

拷問や銃撃の大乱闘といった殺伐としたシーンの多い本作だが、村上によると現場はそれに反して和気藹々としていたそう。

そして、映画の公開を記念して“ロック鏡開き”を敢行。

石井監督:せーの、ロックンロール!

という掛け声と共に、木槌に見立てたエレキギターをキャスト陣が一斉に振り下ろし、樽酒の蓋を勢いよく割った。

ソレダケ-thats-it鏡割り
最後に、

染谷さん;こうして爆音上映という形で公開できる環境はこの映画にとって凄く幸せだと思う。まさに映画館で観てほしい映画。人と人がぶつかり合うエネルギーをもらえる作品です。

とアピールして締めました!

公式サイト:http://soredake.jp/

********************************************************************

作品概要
バンドbloodthirsty butchers(ブラッドサースティ・ブッチャーズ 以下、ブッチャーズ)のリーダー吉村秀樹からの熱烈なラブコールのもと石井岳龍監督が完成させた叛逆の青春物語、それが本作『ソレダケ / that’s it』。
ソレダケ-thats-itポスター 2013年5月27日に急逝した吉村秀樹率いるロックバンド、ブッチャーズとのコラボレーションに端を発した企画を、吉村亡き後監督が仕上げた作品で、その後、吉村秀樹の存在とブッチャーズの音楽から着想を得た石井岳龍監督は、その遺志を受け継ぎ、まったく新たな物語に取り組んだ。

ブッチャーズの持つ激しさ=他者を攻撃するような表層的な激しさとは異なる「攻撃的な諦念/無常」から導き出される、人間の意地が爆発する「底辺の叛逆」の物語。全篇にブッチャーズの楽曲を配置、主演に若き日本映画界の扇動者染谷将太、本格女優としての確実な一歩を踏み出した元E-girlsの水野絵梨奈、映画とロックのアウトサイダー渋川清彦、インディペンデント映画の番人村上淳、そして様々な役柄で世を魅了する綾野剛という屈指の個性派俳優たちを迎え、濃くて、危なくて、激しい、情熱とアクションが交差する青春ドラマが完成した。因みに映画のタイトル『ソレダケ』は、99年発表のブッチャーズの6枚目のオリジナルアルバム『未完成』の2曲目に収録の「ソレダケ」より引用している。
  
出演:染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳/綾野剛
監督:石井岳龍 
楽曲:bloodthirsty butchers 
脚本:いながききよたか 
製作:『ソレダケ / that’s it』製作委員会
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 
2015年/日本/カラー/1:1.85/3ch/110分 
© 2015 soredake film partners. All Rights Reserved.