「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

『紙の月』が第27回東京国際映画​祭コンペ部​門日本代表に決定


10月23日に開幕する第27回東京国際映画祭は、“作品重視”をコンセプトとして掲げ、例年以上に大きく力を注ぐのが「コンペティション部門」です。


そして、映画祭の“顔”となる「コンペティション部門」の日本代表として、

『紙の月』

が出品されることが決定致しました!!

紙の月
邦画で唯一のコンペティション部門出品となる『紙の月』は、既にマスコミの間でも評判を呼び大きな注目を集める話題作です。

紙の月_本ポスター原作は、「八日目の蟬」をはじめ、女性を中心に抜群の信頼性と人気を誇る直木賞作家、角田光代の長編小説。

メガホンをとるのは、昨年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した傑作『桐島、部活やめるってよ』を送り出し、次回作が熱望されていた鬼才、吉田大八監督。

そして、今や日本を代表するトップ女優として多方面に活躍する宮沢りえが7年ぶりの映画主演を務めます。

邦画を代表するに相応しい、日本映画界最高峰のコラボレーションにより誕生した、心を揺るがす衝撃のヒューマン・サスペンスが東京から世界へ発信されます。

主演の宮沢りえさん、吉田大八監督。そして東京国際映画祭でどの映画をかけるか決めるプログラマー矢田部吉彦さんからコメントが届いています!

主演:宮沢りえさん
脚本を受け取った日から、撮影が終わるまで、梨花という手強い女を演じる覚悟を持ち続けるのは、地球一周マラソンするくらいのエネルギーでした。そんな撮影の日々。吉田監督の繊細で粘り強い演出はそんなワタシの栄養剤でした。曝け出し、走り抜けた作品は、ワタシにとって強烈な記憶となりました。観てくださった方にもそうであったら、しあわせです。
宮沢りえ(梨花)
監督:吉田大八さん
社会の敵として、さわやかに破滅する」ヒロインの映画が、文字通り世界を敵に回す絶好の機会を得て、とても興奮しています。どうかこの挑発に乗り、彼女がどこまで走り抜けるのかを最後まで見届けてください。
吉田大八監督
東京国際映画祭プログラミングディレクター:矢田部吉彦さん
登場人物をいかに魅力的に描くかということに神経を注ぐ演出家である吉田監督と、抑圧からの解放と転落を見事に演じきった宮沢さんとの出会いは運命的であり、両者のケミストリーが今年の日本映画を代表する1本を生み出した。コンペティションでお迎えできることに興奮しています。

第27回東京国際映画祭は以下で開催されます!今から楽しみ!
   
開催期間:10月23日(木)~10月31日(金) 
会場:六本木ヒルズ(港区)、TOHOシネマズ 日本橋(中央区)他          
オフィシャルHP:http://www.tiff-jp.net 
    
併設マーケット:TIFFCOM2014(Japan Content Showcase 2014)
10月21日(火)~10月23日(木) http://jcs2014.com/ja 
映画祭チケット発売 :10月11日(土)よりticket boardにて発売開始!ご購入は、東京国際映画祭公式サイトへ。

********************************************************************


『紙の月』

紙の月1バブル崩壊直後の1994年。
夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。

細やかな気配りや丁寧な仕事ぶりによって顧客からの信頼を得て、上司からの評価も高い。

紙の月2何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。

そんなある日、梨花は年下の大学生、光太と出会う。光太と過ごすうちに、ふと顧客の預金に手をつけてしまう梨花。
最初はたった1万円を借りただけだったが、その日から彼女の金銭感覚と日常が少しずつ歪み出す――。

監督:吉田大八
キャスト:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美
公開:11月15日(土)全国ロードショー!
配給:松竹
  
(C)2014「紙の月」製作委員会公開表記


109前で貞子が中条あやみに・・・なキス!『劇場版 零~ゼロ~』イベント


公開記念イベント「KAODKAWA ホラーヒロイン引継式」
ホラーヒロイン引継式フォト3

主人公・アヤ役には中条あやみ、クラスメイトのミチ役に森川葵。

ティーンに絶大な人気を誇るセブンティーン専属モデルのふたりが、学園で起こった“神隠し”の謎に迫る。

恐怖演出に定評のある安里麻里監督が、禁断の謎がひも解かれていく恐怖と衝撃を美しく幻想的に描き出す。

『リング』『らせん』『貞子3D』『アナザー Another』に続く、新たなKADOKAWAホラーの傑作がここに誕生!

それが『劇場版 零~ゼロ~』

そして、この度、公開記念イベント「KAODKAWA ホラーヒロイン引継式」が行われました。


それは、大ブレイク中の超絶美女 中条あやみと森川葵に、KADOKAWAホラーを代表する貞子が登場し、ホラーヒロインを引き継ぎ、ここに最凶ヒロインが誕生しました!

また、キスをすると呪われて死んでしまうという本作の設定から、果敢にも貞子が中条あやみにキスを・・・
逆に、貞子は卒倒して、救急隊員に運ばれることに!


公開記念イベント「KADOKAWAホラーヒロイン引継式」

日時:9月17日(水) 17:00~
場所: 渋谷109イベント広場

登壇者:中条あやみ、森川葵
スペシャルゲスト:貞子

ホラーヒロイン引継式3
ヒロイン2人がイベント広場に登場するとカワイーの声が!劇中の制服姿。清楚です。

中条さん:今日は忙しいのにきていただきありがとうございます。
中条あやみ
森川さん:凄い集まっていただきましてありがとうございます。いっつも普通に通っているところで舞台に立つって変な感じがします。
森川葵
MC:お二人はどんなキャラクターを演じてますか?

中条さん:演じたアヤはクールビューティーで皆を虜にしてしまう存在です。

MC:美少女中の美少女ですよね。この映画に出ている方は皆さん美しいんですけどね

森川さん:私の役は明るくって元気で物語を引っ張っていく役です。

MC:ホラー映画は普段観ますか?

中条さん:怖いので一人では見れないですね。でも、私は幽霊っぽい役もあるのでアナザー だったり、貞子だったりKADOKAWAさんのホラーを参考にして、勉強しました。おばけが出てくる場面は目を隠しちゃうんですけどね。

森川さん:意味無いじゃん!私はパッケージを見るだけで怖いので観てないです。

MC:一足先に観させていただいて怖かったです。そして美しい映画でした。お二人のキスシーンありましたよね。

中条さん:唇がやわらかかったです。葵ちゃんの。

森川さん:中条さんのも。凄いやわらかかったですよ。

ホラーヒロイン引継式
MC:普段はモデルのお二人。お芝居をしてみていかがでしたか?

中条さん:雑誌だと、モリリンモリリンって楽しくやってるんですけど、今回はホラーだったので。先輩に頼らせていただきました。

森川さん:映画の撮影のときはアヤとして会ってるので、違う人と会っているようでした。

MC:中条さんは一人二役。演じ分けはいかがでしたか?

中条さん:幽霊っぽい雰囲気を出さなくてはいけないシーンもあったので、先輩の貞子さんを参考にして演じました。

森川さん:家でこんな風にまねてたの?

森川貞子の真似
森川さん:物語を引っ張ってく役。でも途中魔法にかかって落ちていくんですけど。監督と話し合って元気を保たなくてはいけないとテンション上げていました。

MC:映画を観ていかがでしたか?

中条さん:現場は和気藹々とした現場だったので、ホラー映画になるのかなって大丈夫かなと思っていたんですけど。完成したものを観たらちゃんと怖いホラーになっていたので早く皆さんに観にいただきたいと思います。

MC:「KAODKAWA ホラーヒロイン引継式」と言うことでこんなゲストの方に来て頂いています。

予定の場所と違うところから登場。

貞子あらわれる
中条さん、森川さん:キャー

森川さん:かわいい。。

貞子さん:耳打ち

MC:貞子さん映画観ましたって、怖かったそうです。

中条さん:先輩に言ってもらえるなんて嬉しいです。

MC:余りに怖かったので、KAODKAWA ホラーヒロインを貞子からアヤに引き継ぎましょうと提案がありました。

たすきを貞子さんからアヤ(中条さん)さんに掛けられ

ホラーヒロイン引継式たすき
中条さん:凄い光栄です。頑張ります。

貞子さんはさらにアヤにキスしてしまいます。でもアヤに似た少女に深夜12時にキスすると死ぬのが映画の設定。
貞子KISS 倒れる貞子 貞子のろわれて倒れてしまい担架で運ばれて退場!
担架で運ばれる貞子
MC:本日の引継ぎ式いかがでしたか?

中条さん:貞子さんにも来て頂いて。良かったです。頑張ります。貞子に負けないぐらい怖い映画になっていますが、そんな中でも女の子達の世界観。怖い中にも美しい。今まで無かったホラーだと思います。是非劇場に。

森川さん:フィルムで撮っていて、とても綺麗な映像を映画館で観ていただけると思います。大きいスクリーンで観て下さい。

ホラーヒロイン引継式フォト2
『劇場版 零~ゼロ~』

は、9月26日(金)より全国公開です。
公式HP:www.zero-movie.jp
公式twitter:https://twitter.com/zero_movieJP
公式facebook:https://www.facebook.com/zero.movieJP

********************************************************************


映画『劇場版 零~ゼロ~』あらすじ

劇場版 零~ゼロ~閉塞感漂う山間の町にある女学園。学園のカリスマ的存在であるアヤが寄宿舎の部屋に籠るようになってから数日後、生徒が次々と失踪する事件が発生。姿を消した生徒たちに共通していたのは、アヤにそっくりな少女が写っている1枚の写真に接触し、アヤの“幻”に悩まされていたことだった。その“幻”は、生徒たちに耳元で囁きかける―「お願い、私の呪いを解いて…」―。学園には、午前零時に、女の子だけにかかる呪いがあるという、古くからの言い伝えがあった。やがて、失踪した生徒たちが水死体となって発見される。その頃、アヤの“幻”を見るようになっていたミチの前に、本物のアヤが姿を現わす。自分の“幻”の正体を突き止めたいアヤは、ミチと共に、呪いのおまじないを試そうとするが…。

監督・脚本:安里麻里

キャスト:
中条あやみ 森川葵

小島藤子 美山加恋 山谷花純 萩原みのり/中村ゆり/浅香航大/中越典子/美保純

原案:「零 ~zero~」(コーエーテクモゲームス)
原作:大塚英志「零~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い」(角川ホラー文庫刊)

主題歌:JAMOSA「LOVE AIN’T EASY」(rhythmZONE)
配給:KADOKAWA
(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会


三木眞一郎さんのマニアックなインタビュー掲載パンフ!


シフトチェンジの音で感情を表現!?鋭い考察が光る声優界屈指のカーマニア三木眞一郎さんのインタビュー掲載!劇場パンフレットをGETせよ!

アメリカが誇るモンスター・マシン、シェルビー・マスタングGT500スーパースネークが、ブルガリアを舞台に大爆走を繰り広げる、空前のカー・アクション大作

『ゲッタウェイ スーパースネーク』

は、9月20日(土)より全国公開です。

ゲッタウェイ スーパースネーク
今回、予告編のナレーションを務めたのは声優の三木眞一郎さん。



元々は「鋼の錬金術師」マスタング大佐の声をしていたことから、“マスタング”つながりで!
予告をお願いされた三木さん。

ですが、実は自動車雑誌にコラムを執筆する等カーマニアとして有名な三木さんのあまりにも深い車知識に驚嘆し、今回『ゲッタウェイ スーパースネーク』の劇場パンフレットに特別インタビューが掲載となってます!

本作を「真の車好きによる車好きのための映画」と絶賛する三木さんは、とあるシーンについて「このシーンだけシフトチェンジの音が違う」と指摘。「クラッチを切って1速からニュートラルに入れて、クラッチを離してアクセルあおってから、もう1回クラッチを切ってシフトを入れている」「犯人への怒りに燃える主人公の心の動揺を、シフト音で表現
したんじゃないかな。」と鋭く分析するなど、カーマニアならではの数々の考察は思わずもう1度映画を見直したくなるほどの面白さです。

実際のパンフレットは、これの5倍くらいマニアックだそうです。

その他劇場パンフレットには撮影秘話、イーサン・ホーク、セレーナ・ゴメスのメイキング写真も満載。是非公開劇場にて劇場パンフレット(税込:620円)をGETして映画と共に
お楽しみください。

『ゲッタウェイ スーパースネーク』

9月20日 新宿バルト9他全国ロードショー
公式HP: getawaymovie.jp

********************************************************************


愛する者を救うため、男はアクセルを踏み続ける。

ゲッタウェイポスター元プロ・レーサー、ブレント・マグナーのもとに、妻を誘拐したという脅迫電話が入る。「車を盗め。そして走れ。さもなければ妻は死ぬ」。その指示に従いマスタング・スーパースネークのアクセルを踏むブレント。

それが死のゲームの始まりだった。

盗んだ車の所有者だと主張する生意気な少女が同乗し、街中をパトカーの群れに包囲される中、次々と降りかかる“課題”をこなすために、ブレントはブルガリアの首都ソフィアを大暴走する。「捕まったらゲーム・オーバー」不敵な声はブレントにひたすら走り続けることを命じるのだった。

果たしてこのレースのゴールはどこなのかー?

製作総指揮:ジョエル・シルバー「マトリックス」シリーズ「シャーロック・ホームズ」シリーズ 
監督:コートニー・ソロモン「ダンジョン&ドラゴン」
出演:イーサン・ホーク「フッテージ」「ビフォア・ミッドナイト」、セレーナ・ゴメス「スプリング・ブレイカーズ」、ジョン・ヴォイト「トランスフォーマー」

2013年/アメリカ/カラー/スコープサイズ
DCP・5.1ch/上映時間:90分
提供:ハピネット、ショウゲート 配給:ショウゲート 

©2013 ADF Acquisitions, LLC. All Rights Reserved.
 
 


リアムxハリソンxゲイリー『パワー・ゲーム』本予告、キービジュアル完成!



巨大企業の二大カリスマCEOVS産業スパイとなった若手社員

パワー・ゲーム勝つのは野心か?権力か?

リアム・ヘムズワース×ハリソン・フォード×ゲイリー・オールドマンの超豪華キャストで贈る

『パワー・ゲーム』

は、11月15日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開!

今回は本予告とビジュアルが完成致しました。

もしも絶大な権力や富を持つリーダーが利益と野望のみを優先し、邪悪な違法行為に手を染めたらどうなるのか?

ある日突然、産業スパイに仕立てられたひとりの若者の想像を絶する運命を描いて大反響を呼んだジョゼフ・フィンダーの全米ベストセラー小説「侵入社員」が映画化された本作品。

ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマンの共演は『エアフォース・ワン』以来、17年ぶりとなります。

パワーゲーム
今回解禁となる本予告編では、アメリカを代表する二大IT企業のカリスマCEOとして君臨する、ワイアット(ゲイリー・オールドマン)とゴダード(ハリソン・フォード)の並々ならぬ因縁を想起させる激しい舌戦。



成り上がりの野心に満ち溢れているものの、カリスマCEOの因縁に巻き込まれていくアダム・キャシディ(リアム・ヘムズワース)の三者三様の姿が映し出されます。また潜入先の美しき幹部エマには注目女優のアンバー・ハードが扮し、TVドラマ「LOST」のソーヤー役で知られるジョシュ・ホロウェイも登場。リチャード・ドレイファス、ルーカス・ティル等映画ファン垂涎のキャスティングです。

革新的スマホの情報を巡り、スパイとして暗躍するキャシディに待ち受ける企業間抗争と監視社会の罠。

衝撃のビジネスサスペンスとして展開する

『パワー・ゲーム』

11月15日(土)新宿ピカデリーほか全国公開です

********************************************************************


監督:ロバート・ルケティック
出演:リアム・ヘムズワース ハリソン・フォード ゲイリー・オールドマン アンバー・ハード リチャード・ドレイファス ルーカス・ティル ジョシュ・フォロウェイ

原題:Paranoia/2013年/アメリカ/106分/カラー/シネスコ

(c) 2013 PARANOIA PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

配給:東京テアトル ハピネット


『ある優しき殺人者の記録』葵つかさスペシャルナイト!!


映画『ある優しき殺人者の記録』

が、9月6日(土)公開後、ツイッター等での口コミが広がり絶賛公開中のなか、続々劇場イベントが決定!

9月16日(火)は映画監督の大根仁(『モテキ』『恋の渦』)をゲストに迎え、葵つかさスペシャルナイトが緊急決定!葵つかさ×大根監督トークショーのほか、プレゼント抽選会、握手会ありとお楽しみ企画満載イベントとなります!

ある優しき殺人者の記録
9月16日(火)『ある優しき殺人者の記録』葵つかさスペシャルナイト!!
【会場】新宿バルト9
【時間】20:50~上映
【企画】
・葵つかさ×大根仁 トークショー
・抽選で数名様にサイン入りプチョン映画祭マガジン&ポスター&写真集(台湾限定版)
・葵つかさ握手会
・写真撮影OK
【料金】通常料金
【チケット販売方法】
・KINEZO EXPRESS(インターネット販売)
 9月12日(金)24:00(9月13日(土)0:00)より販売開始
・劇場窓口
 9月13日(土)劇場オープン時より販売開始
(お問い合わせ)
03-5369-4955(自動音声案内)

『ある優しき殺人者の記録』について・・・

それは、ある殺人犯からの一本の電話から始まった。
衝撃のクライマックス!世界が注目する鬼才・白石晃士監督最新作は、

POV方式の86分ワンカット!

場所は韓国。障害者施設を脱走し、18人を殺害した疑いのある男から一本の電話を受け訪れた場所は廃屋マンション。映像には、その密室で起こった全てが記録されている・・・。

監督・脚本・撮影を担当した白石晃士は、これまで『口裂け女』(07)、大島優子主演の『テケテケ』(09)など多くのホラー作品を世に送り出しているが、『ノロイ』(05)、『オカルト』(09)、ももクロ本人達が何も知らされずに廃墟ロケをする『シロメ』(10)や、あびる優、岩佐真悠子らが除霊をレポートする『カルト』(13)、『コワすぎ』シリーズなど、POV方式を使ったフェイク・ドキュメンタリーのスペシャリストである。

さらに、『グロテスク』(09)、『バチアタリ暴力人間』(10)、『超・悪人』(11)といった圧倒的な暴力性とエロス、そして独特のユーモアで、フェイク・ドキュメンタリーの枠組みを越えて、観る者の脳裏に迫っていく作風が、新たなコアファンを増殖させている。

本作『ある優しき殺人者の記録』でも、POV方式のフェイク・ドキュメンタリーを採用しているが、恐怖に迫る圧倒的な暴力性や、生々しいエロスといった白石晃士監督の宝刀は高純度のまま、さらに、全く違う場所に着地させるといった異次元の衝撃を作り出し、スリラー映画の新たな傑作となった。

出演: ヨン・ジェウク キム・コッビ 葵つかさ 米村亮太朗
監督・脚本・撮影: 白石晃士
製作:日活、ZOA FILMS
配給 :ティ・ジョイ、日活
©NIKKATSU、ZOA FILMS
公式サイト: satsujinsha-kiroku.jp

********************************************************************