「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

『凶悪』白石和彌監督で映画化



「凶悪」。


若松プロダクション出身監督 長編映画デビュー!
ノンフィクションベストセラー小説禁断の映画化!!

日本社会に巣くう闇にメスを入れる。
衝撃の社会派サスペンスエンターテイメント制作の始動です。

ワイドショーで連日報道される凶悪犯罪の数々。その背景には日本が抱える社会問題が存在している。その状況下において引き起こされた、実在の凶悪殺人事件をベースにした衝撃作が誕生する――。その名は、『凶悪』。
『凶悪 -ある死刑囚の告発-』
(新潮文庫刊)


本作の題材となる事件とは、ある死刑囚が獄中から告発した殺人事件の真相を、ひとりの雑誌記者が暴き、ペンの力で警察をも動かし首謀者逮捕に至らせたというもの。

まるで犯罪小説のようなセンセーショナルな内容に各メディアは大々的に報道し、日本中を震撼させた。

この一連の物語をドキュメントとした原作 新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)は、2009年に文庫化されると10万部を超えるベストセラーを記録しました。
Amazon 凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)

そして、このたび映画化が決定。
そのメガホンを取るのは、反体制的視点から日本社会にメスを入れ続けた唯一無二の映画監督、若松孝二の弟子であり、若松プロダクション出身の映画監督、白石和彌(シライシ・カズヤ)監督。

実在の凶悪殺人事件の真相を描くとともに、内在する日本の社会問題をもあぶり出します。

若松プロダクション出身の映画監督
白石和彌(シライシ・カズヤ)監督
ここで白石監督 コメントをご紹介。

『実際の事件を映画化することに強い責任を感じています。凶悪な男たちが問答無用に犯していく凄惨な事件と、その真相に迫っていく記者の執念は、人間の深い業を映し出すはずです。この事件の根底には高齢者問題や長引く不況、家族の絆の喪失など、現代の社会が抱える様々な問題が内在しています。決して一過性の事件ではなく、起こるべくして起こった事件を、社会と人間をしっかりと見つめながら真摯に映画にしていきます。師である若松孝二監督は常々「映画を武器にして戦う」と言っていました。私も師の意志を受け継ぎ、自分の思いを映画にして訴え、戦っていければと思っています』

震撼!驚愕!衝撃の社会派サスペンスエンターテイメント、

映画『凶悪』の完成は2013年春。

公開は同年秋を予定しています。

********************************************************************


白石和彌監督 プロフィール

1974年北海道生まれ。1995年、中村幻児監督主催の映像塾に参加。以後、若松孝二監督に師事し、フリーの演出部として活動。若松孝二監督『明日なき街角』(’97)、『完全なる飼育 赤い殺意』(’04)、『17歳の風景 少年は何を見たのか』(’05) などの作品へ助・ト督として参加する一方、行定勲、犬童一心監督などの作品にも参加。初の長編映画監督作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(’10)をへて、本作『凶悪』で本格デビューを果たす。


原作 新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊) とは

「記者にもたらされた告発。それは警察も知らない極悪殺人事件だった。」新潮45編集部記者が白日の元にさらした、凶悪事件の真相から首謀者逮捕までを描いた白熱の犯罪ドキュメント。2007年に単行本化。大反響を受け2009年に文庫化されると10万部を超えるベストセラーを記録。また、昨年12月「ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリーバボー」(CX)にて本作の特集が組まれ、大きな話題を呼ぶ。


『凶悪』映画紹介
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?
「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。そこには驚愕の内容が記されていた。「自らが犯した事件には、他にも数々の余罪事件が存在している。さらに、”先生”と呼ばれる一連の事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?罠なのか?”先生”とは何者なのか?事件にとりつかれたかのように真相を求める雑誌記者・藤井が辿りつく先に待つものとは?そこには、身も凍る真実が潜んでいた。


『凶悪』
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌
完成:2013春予定
配給・宣伝:日活
(C)2013 「凶悪」製作委員会


インセプション


インセプション

盗むのは、おまえの 〈アイディア〉
他人の頭の中に侵入してアイディアを盗むプロフェッショナル集団

今、絶対不可能なミッションが始まる。

インセプション
盗むのは、おまえの 〈アイディア〉

【ストーリー】
ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人が一番無防備になる状態―
夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリストである。
コブが備えもつ類稀な才能はこの業界でトップレベルであり、裏切りに満ちた企業スパイの世界において引っ張りだこの存在となっていた。
だがその才能ゆえ、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。

そんな彼に絶好のチャンスが訪れる。
彼が最後の仕事と決めたミッションを果たすことさえできれば、かつての幸せな人生を取り戻せるかもしれないのだ。
だがその任務はほぼ不可能に近い「インセプション」と呼ばれるものだった。
今回は彼が得意とするアイデアを盗み取るミッションではなく、コブとその部下のスペシャリストたちで構成されたチームは強盗とは真逆の行為―
つまり 「インセプション」 とはアイデアを“盗み出す”のではなく他人の潜在意識に入り込み、ある考えを“植えつける”という最高難度、究極のミッションを意味する。
これを成し遂げればそれこそ真の完全犯罪となりうる。

しかしながら最高の技術を持ち、細心の注意を払って準備を行ったが、予測していなかった展開が待ち受けていた。
彼らの動きを全て先読みする手強い敵と対戦する準備は到底できていなかったのだ。
その敵の存在を予見できたのはコブただひとりだった――。


【キャスト&スタッフ】
出演:
レオナルド・ディカプリオ, 渡辺謙, ジョセフ・ゴードン=レヴィット,
マリオン・コティヤール, エレン・ペイジ
監督: クリストファー・ノーラン



********************************************************************


かなり評判の良い映画です。

ただ、飛行機の中で観た記憶はあるのですが。。。
僕的には難解だったのかも。

********************************************************************




セブン


セブン

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス。

セブン
「暴食・強欲・怠慢・肉欲・高慢・嫉妬・憤怒」
「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件

【ストーリー】
雨の降り続く、大都会。退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセットと、血気盛んな新人刑事ミルズは、ある死体発見現場に。

暴食:肥満した男が食べ物につっぷして死に、強欲:弁護士は高級オフィスビルで殺害される。

そして、次々と。

2人の前に起こった事件は全て、キリスト教の「7つの大罪」=「暴食・強欲・怠慢・肉欲・高慢・嫉妬・憤怒」に基づく連続猟奇殺人へと発展していく。


監督は「密閉感あるスリラー」と定評のデビッド・フィンチャー。
そしてピットの妻をブレイク前のグウィネス・パルトロウが演じている。


【キャスト&スタッフ】
出演: ブラッド・ピット, モーガン・フリーマン, グウィネス・パルトロウ, ケビン・スペイシー
監督: デビッド・フィンチャー

********************************************************************

モーガン・フリーマンが老刑事、ブラッド・ピットが若手刑事。

老刑事と若手の刑事のよくある育成型のパターン。と思いきや

恐ろしく良くできたサイコ・サスペンス。

全体を通すシリアスでダークな感じが良く、終わり方が衝撃。

デビッド・フィンチャー監督な作品。

********************************************************************



インソムニア


インソムニア

アル・パチーノxロビン・ウィリアムズ
インソムニア=不眠症

「ゴッドファーザー」のアル・パチーノ、「グッド・ウィル・ハンティング」のロビン・ウィリアムズ、「ボーイズ・ドント・クライ」のヒラリー・スワンクら演技派俳優が集結して贈るサスペンス・アクション。

【ストーリー】
白夜のため日が沈まないアラスカのナイトミュート。17歳の少女が殺される。
ロサンゼルスのベテラン警部ドーマー(アル・パチーノ)と同僚のハップ・エッカートがアラスカ派遣される。
しかし、ロサンゼルスでは、内務監察部による、過去のドーマーの捜査に対する調査が進んでいた。

ベテラン刑事らしい洞察で事件に望む警部ドーマー。そして、第二の。。。。
中不眠症に陥り、次第に精神のバランスを崩していくなか、現地の新人女性刑事エリー(ヒラリー・スワンク)と共に捜査にあたるが。。

【キャスト&スタッフ】
出演: アル・パチーノ, ロビン・ウィリアムズ, ヒラリー・スワンク, モーラ・ティアニー, マーティン・ドノヴァン

監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ヒラリー・サイツ
製作総指揮:スティーブン・ソダーバーグ/ ジョージ・クルーニー/
      トニー・トーマス/ キム・ロス/ チャールズ・J.D.シュリッセル
********************************************************************


映画初っ端で、そうくるかの展開。

そして、
インソムニア=不眠症。

睡眠不足からの破綻。

刑事推理物ではなく、サスペンスとしての展開が面白い作品。

映像・内容共に監督の色が濃い。

僕は好き。ただし、刑事物のすっきり感はないので注意。

********************************************************************




ブラック・スワン


ブラック・スワン

2011年度アカデミー賞主演女優賞受賞:ナタリー・ポートマン
美と狂気がせめぎあう衝撃的サスペンス
あなたの想像は100%覆される

ブラック・スワン
美と狂気がせめぎあう衝撃的サスペンス


【ストーリー】
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生のすべてをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。しかし純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦だった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリーの出現も、ニナを精神的に追いつめていく。やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった……。

【キャスト&スタッフ】
ニナ…ナタリー・ポートマン(坂本真綾)
トマ…ヴァンサン・カッセル(森田順平)
リリー…ミラ・クニス(小松由佳)
エリカ…バーバラ・ハーシー(竹口安芸子)
ベス…ウィノナ・ライダー(園崎未恵)

【スタッフ】
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン
衣装デザイン:エイミー・ウエストコット

●字幕翻訳:松浦美奈 ●吹替翻訳:古瀬由紀子



********************************************************************