「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

アンドリュー・ガーフィールド“汚れ仕事”に臨む衝撃の本編映像が解禁


『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』

ハリウッド映画界若手きっての演技派俳優アンドリュー・ガーフィールドが主演する社会派サスペンス

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

が、1月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。
ドリーム-ホーム

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや『ソーシャル・ネットワーク』などで世界的スターとして活躍するガーフィールドが、主演最新作でようやくありついたまさかの“汚れ仕事”に臨む衝撃の本編映像が解禁となりました!!!



無職のシングルファーザーであるデニス(ガーフィールド)と母親のリン(ローラ・ダーン)は、突然不動産仲介業者のリック(マイケル・シャノン)から家が銀行によって差し押さえられたことを告げられ、たった2分の猶予で強制退去させられる。必死の思いで仕事探しに奔走する中、退去のせいで大事な工具を紛失したことに気づいたデニスは、自らを路頭に追いやったリックのもとに乗りこむ。

ふたりの言い合いから始まるこの映像は、リックに緊急事態の電話がかかってきたことで事態は一変。リックによって強制退去をさせられた人間が、腹いせにまさかの“置き土産”を残したのだ。人手が必要なリックは手伝いにくるよう言い、デニスは怒りをあらわにしながら、無我夢中で彼を追いかける。そして、悪臭たちこめる空き家の前で途方にくれるリックに向かって高額な賃金を要求。そして、誰もやりたがらない“汚物処理”を引き受ける。全ては、家族を守り家族の想い出が詰まった家を何としても取り戻したい一心で-

その度胸でリックに見込まれたデニスは彼の元で働くことになり、それまでの仕事では決して得られない大金を得られるようになるが、それは自分がかつて受けた住宅差し押さえの片棒を担ぐことでもあった。母親と息子に真実を言えないまま、人々を破綻させ大金を稼いでいくナッシュ。それによってやがて自らも大きな代償を払うことに気づくのだが・・・。

<家(ホーム)> それは家族の絆 還る場所 そして儚い夢―

ドリーム ホーム 99%を操る男たち
原題:99Homes

1月30日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開!

公式サイト:http://dreamhome99-movie.com/

公式Twitter:dreamhome_movie

********************************************************************

ドリーム-ホーム_ポスター.jpg監督:ラミン・バーラニ
脚本:ラミン・バーラニ、アミール・ナデリ『CUT』
出演:アンドリュー・ガーフィールド『アメイジング・スパイダーマン』/マイケル・シャノン『マン・オブ・スティール』、ローラ・ダーン『わたしに会うまでの1600キロ』
2014年/アメリカ/英語/112分/5.1ch/シネスコ
日本語字幕:アンゼたかし
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム 
©2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved


永野、じゅんいちダビッドソン極限ミッション対決に困惑!『X-ミッション』


世界のエクストリーム系トップアスリートがノーCGで繰り広げる前代未聞のアクション映画『X-ミッション』が2月20日(土)全国公開となります!

この度、本作の公開を前に2016年ブレイク・ピン芸人・永野さんが、昨年の“R-1ぐらんぷり2015”の王者・じゅんいちダビッドソンさんが

極限ミッション対決を挑んだのですが・・・

X-ミッション_永野&じゅんいちダビットソン
『X-ミッション』 イベント概要
日時:1月27日(水)
場所:ワーナー・ブラザース映画 試写室
登壇:永野、じゅんいちダビッドソン

物凄いハイテンションで現れた永野さんと、本田圭佑風に登場のじゅんいちダビッドソンさん!
X-ミッション舞台挨拶
永野さん:写して!映して!マスコミ!このイベントの為に染めてきました!

MC:のっけから掴んでお客を離す。Catch & Release お見事です。

じゅんダビさん:本田圭佑です!ACミランと間違えてXミッションに来てしまいました!一体感がイベントには重要です。「本田圭佑体操」いってみましょう!足を肩幅に、両手を前に伸ばし、ゆっくり左手を下げて、右手をストレッチして返します。ここで一言。真司ちょっと右!一体感出ましたね!グラッチェ!
(笑&拍手)
じゅんいちダビットソン
MC:永野さん、昨年19年目に大ブレーク!

永野さん:すみません。詐称してました。21年目なんです。少しでも若い感じだしたくって・・ネットニュースで!(ブレークれ変わったのは)舌が貧乏なんで食べ物は変わってないです。周りの態度が変わりましたね。後輩に挨拶されるようになりました!X-ミッション!
x
MC:映画ご覧になられて

永野さん:観るにあたってCGを使ってないことだけは知っておいてくださいと言われたんです。それ知らなかったらCGだと思っちゃうほど凄かったです!ジャッキーチェン以来のアクションです!置きに行ってません!物語も面白いです。

MC:じゅんいちさんは本物の本田圭佑さんと飲んだそうですが!

じゅんダビさん:永野さんの話すセクション長っつ!浦和の牧野に誘われてご飯いったら本物が現れて。ドッキリです。本田選手が僕の物まねをしたり、楽しんでいただいたと思います。周りがね。イタリアのメディアに知らせてください!

MC:映画の感想を。

じゅんダビさん:僕の中のリトル本田に聞いたら、「派手なアクションが最高と答えればいい」と返ってきたんで。答えます。派手なアクションが最高!(MC:2度手間ですね。)実際アクションが凄かったです。
飛ぶやつ凄いんですよ!こうやって。
X-ミッション_ムササビ
MC:ここで、エクストリーム極限な体験を。

永野さん:18mのバンジーに挑戦して!40分飛べなかったんです。本人的にはこの映画ぐらいだと思ったんですけどね。

じゅんダビさん:僕も4mの岩から海に飛び込むのに20分かかりました。


MC:でも、芸人さんとしてはエクストリームな感じの方がおいしいですよね。エクストリーム状況下でマジガチ笑いを撮るのはどっち!

ここで足つぼマットが運ばれてきます!

永野さん:X-ミッションに捧げる歌!そんなに痛くない。マンションより普通にX-ミッションが好き!あい!

じゅんダビさん:そうですね。エックスミッションて個ですね・・・・・全然痛くないですね。
X-ミッション_Xミッション中

ここで、お客さんにどっちが面白かったかを問うと圧倒的にじゅんいちダビッドソンさん!

MC:僕の雰囲気では、同率でした!

じゅんダビさん:えーつ。中東の笛!?

MC:5分5分でしたので。世界一からいウルトラですソースで罰ゲームしてもらいます!!
X-ミッション_バツゲーム
永野さん:本当の最下位はこのマットを用意した人でしょ!

『X-ミッション』(原題:POINT BREAK)

公式サイト:www.xmission.jp


********************************************************************

【ストーリー】
若きFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)に、超一流アスリートチームに潜入せよとのミッションが下される。
『X-ミッション』ポスターエクストリーム・スポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が率いるこの集団には、重大な疑惑がかけられていた。その天才的なスポーツ・スキルを駆使し、前代未聞の方法で次々と犯罪に手を染めているというのだ。自らも元アスリートであるユタは、ボーディに度胸と才能を認められ、チームに招き入れられる。命を危険に晒しながら共に行動するうちに、ユタはボーディの究極の信念に心が奪われていく。果たして、ユタはFBI捜査して決定的な証拠を掴み、彼らを捕えることができるのか? 

そして明かされる、彼らの本当の目的とは──!?

監督・撮影:エリクソン・コア(『ワイルド・スピード』撮影) 
脚本:カート・ウィマー『完全なる報復』『ソルト』
原案:POINT BREAK
出演:エドガー・ラミレス『ボーン・アルティメイタム』、ルーク・ブレイシー『スパイ・レジェンド』、
テリーサ・パーマー『ウォーム・ボディーズ』、デルロイ・リンドー『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』、
レイ・ウィンストン『ノア 約束の舟』 
配給:ワーナー・ブラザース映画  
114分 PG-12 

(c) 2015 Warner Bros. Ent. (c)Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved. 
 


「ハローキティとセーラー服と機関銃」グッズ発売決定!


角川映画40周年の歴史が誇る伝説的シリーズ
最新作『セーラー服と機関銃 –卒業-』が、3月5日(土)より公開となります。

そして、橋本環奈が主演する映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』とサンリオの人気キャラクター『ハローキティ』の夢のコラボレーション商品の発売が決定しました!!
『セーラー服と機関銃--卒業-』星泉×HELLO-KITTY
“「星泉」×HELLO KITTY”と銘打ったコラボレーション商品は、映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』の公開を知ったキティちゃんが、主人公の目高組四代目組長、星泉(橋本環奈)のコスプレに挑戦しようと思い立ったことからはじまりました。
星泉×キティ
セーラー服でおもちゃの銃を携え、髪を風になびかせた姿の、ボールペン、てぬぐいなどのコラボレーショングッズが多数用意され、3月から本作の公開劇場等で発売されます。

「星泉」×HELLO KITTY 公開に併せまして、豪華コラボグッズ発売予定

・「この街を守ることと、大事なことは忘れない!」特製メモ帳
・「ルールを守らなければ貼りたおす!」特製ふせんセット
・「汗をぬぐえばソ・ウ・カ・ン!」特製てぬぐい
・「斬った貼ったの大騒ぎ!」シールセット
・「目高組も大事な書類もバラバラにならない!」
  特製クリアファイル
・「色あせない先代との記憶!」特製ボールペン
・「組長仕込みの芯の強さ!」特製シャープペンシル

※上映劇場での商品取り扱いについては各劇場までお問合せ下さい。上映劇場は公式HP(http://sk-movie.jp/)をご確認下さい

『セーラー服と機関銃 -卒業-』

2016年3月5日(土)全国ロードショーです。

公式HP:http://sk-movie.jp/   
Twitter:@sk_movie2016

物語・・・
セーラー服と機関銃-–卒業-場面写真18歳、高校三年生の星泉(ほし・いずみ)には、組員わずか4名の弱小ヤクザ・目高組の組長という驚きの過去があった。伯父を殺した敵を機関銃で襲撃する大事件を起こしたあと、組は解散。いまは、シャッター商店街の中で「メダカカフェ」を経営し、「組長」あらため「店長」として活躍する日々。卒業を間近に、普通の女子高生としての日常を取り戻していた。そんなある日、ニセモデル詐欺に巻き込まれた友達の相談から、泉の周辺には、ふたたび危ない影が忍び寄ってきて…

********************************************************************

出演:橋本環奈 長谷川博己 安藤政信 大野拓朗 宇野祥平 古舘寛治 鶴見辰吾 榎木孝明 伊武雅刀 武田鉄矢

監督:前田弘二 
原作:赤川次郎「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」
主題歌:橋本環奈「セーラー服と機関銃」(YM3D/YOSHIMOTO R and C)  
配給:KADOKAWA 
(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会 


映画『X-ミッション』オンライン限定予告動画が到着!


『X-ミッション』極限アクション×究極サウンド“MAN WITH A MISSION” 最強コラボソング「Give it Away」爽快感MY(マジヤバ)!オンライン限定予告で解禁!!


2月20日(土)公開のアクションサスペンス映画『X-ミッション』。

本作は、世界初の試みとなる有名トップアスリートが前代未聞のノーCGリアルアクションに挑み、世界4大陸11ヶ国の秘境/絶景でかつてないスケールで繰り広げられるアクションサスペンス大作です。
『X-ミッション』×MAN-WITH-A-MISSION
先日、音楽業界で最も勢いのある究極の生命体バンド“MAN WITH A MISSION” の「Give it Away」が本作のイメージソングに決定したことはお伝えしましたが!

この度、彼らが歌う疾走感MY(マジヤバ)な「Give it Away」が流れる超エクストリームなオンライン限定予告動画が到着しましたので、ご紹介!!

一足先にTVで解禁となった本映像は放送されるや否や、

「これ観たいやつ!MWAMがやるの?観るわ!」
「見てみたいかも。Xスポーツは見ててエキサイトするよね!」
「おおおおおおお!!!!!!」
「目がァァァ!目がァァァ!離せネエエ(「゚Д゚)「ガウガウ 」

と大興奮気味な熱いツイートなどネット上では大盛り上がり!

と言ういことでオンライン限定予告が解禁!



今回到着したオンライン予告限定動画は、冒頭から「Give it Away」の激しく圧倒的なサウンドが流れ、一気にテンションは急上昇!

そして、畳み掛けるように超特大の波に乗りまくるサーフィン。
『X-ミッション『サーフィン 超高速で空を飛ぶウイングスーツ・フライング。
『X-ミッション』サブ② 超絶壁を滑走するスノーボード。
『X-ミッション』スノボー 超高低差を登りたおすフリー・ロッククライミング。
『X-ミッション』クライミング 超難関の道を爆走して飛躍するモトクロス・スタントとアドレナリン沸騰シーンの連続!
『X-ミッション』モトクロス それらのアクションシーンは、本物の世界一流のアスリートたちによって命懸けのノーCGスタントで撮影されています。


本作の極限アクションシーンにシンクロした激しくも疾走感溢れるサウンドは、映画のハードなアクションと魅力をより一層際立たせ、本作への期待が高まります!“極限過ぎる”オンライン限定予告をお見逃しなく。

ストーリー
『X-ミッション』ポスター若きFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)に、超一流アスリートチームに潜入せよとのミッションが下される。

エクストリーム・スポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が率いるこの集団には、重大な疑惑がかけられていた。

その天才的なスポーツ・スキルを駆使し、前代未聞の方法で次々と犯罪に手を染めているというのだ。
自らも元アスリートであるユタは、ボーディに度胸と才能を認められ、チームに招き入れられる。命を危険に晒しながら共に行動するうちに、ユタはボーディの究極の信念に心が奪われていく。果たして、ユタはFBI捜査官として決定的な証拠を掴み、彼らを捕えることができるのか? そして明かされる、彼らの本当の目的とは──!?

『X-ミッション』

2月20日(土) 新宿ピカデリー、丸ノ内ピカデリー他 全国ロードショー
<2D/3D上映>

公式サイト:www.xmission.jp


********************************************************************

監督・撮影:エリクソン・コア(『ワイルド・スピード』撮影) 
脚本:カート・ウィマー『完全なる報復』『ソルト』
原案:POINT BREAK
出演:エドガー・ラミレス『ボーン・アルティメイタム』、ルーク・ブレイシー『スパイ・レジェンド』、
テリーサ・パーマー『ウォーム・ボディーズ』、デルロイ・リンドー『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』、
レイ・ウィンストン『ノア 約束の舟』 
配給:ワーナー・ブラザース映画  
114分 PG-12  

(c) 2015 Warner Bros. Ent. (c)Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved. 
    
  


『残穢【ざんえ】』公開記念「鬼談百景」オールナイト上映&6監督トーク


第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(『屍鬼』「十二国記」シリーズなど)の小説をミステリーの名手・中村義洋監督が映画化する『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』が、2016年1月30日(土)に全国公開いたします。

本作公開を記念して、Jホラーを代表する6人の監督(中村義洋・白石晃士・安里麻里・岩澤宏樹・大畑創・内藤瑛亮)が手掛けたスピンオフ映像作品「鬼談百景」(原作:小野不由美)が1月23日(土)に一夜限りの劇場上映会ををおこない、上映前には6人の監督が勢揃いして「鬼談百景」撮影エピソード、『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』と「鬼談百景」の恐怖の連鎖について、さらに彼らの真髄であるJホラーについて熱く語るトークイベントを行いました。
「鬼談百景」舞台挨拶
『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』公開記念
「鬼談百景」オールナイト上映&トークイベント詳細


日時:1月23日(土)
登壇:中村義洋、白石晃士、安里麻里、岩澤宏樹、大畑創、内藤瑛亮
場所:テアトル新宿

会場は老若男女のお客さんでほぼ満席。「鬼談百景」はすでにインターネットで先行配信中にもかかわらず、この日を楽しむためにそれを観ずに来場した生粋のJホラー好きばかりが集まりました。

今回映像化されたのは「鬼談百景」99話のうちの10のエピソード。
『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』中村義洋監督が「追い越し」、白石晃士監督が「密閉」、安里麻里監督が「影男」「尾けてくる」、岩澤宏樹監督が「どこの子」「空きチャンネル」、大畑創監督が「一緒に見ていた」「赤い女」、内藤瑛亮監督が「どろぼう」「続きをしよう」を手掛け、今宵限りの劇場公開に、Jホラーを代表するこの6人の監督が集結しました。

6人の監督が登壇すると、Jホラーファンから大きな拍手と歓声で迎えられ・・・。

このトークイベントが、『残穢』公開記念と銘打っていることについて、

中村監督:原作者の小野不由美さんが『鬼談百景』の連載をしている間に『残穢』の構想を思いついたそうです。怪談は100揃うと災いが起こるということで、『鬼談百景』を99話、『残穢』を100話目にしたとお聞きしました。

と2つの恐怖の連鎖について説明し、

白石監督:『鬼談百景』『残穢』どちらにも「私」という小野先生自身を彷彿とさせるキャラクターが出てくるんです。『残穢』で竹内結子さんが演じているのですが、『鬼談百景』ではその竹内さんが「私」としてナレーションをしてくださっています。

と付け加えました。


「鬼談百景」の撮影エピソードに話題が移ると、

中村監督:今回インターネット配信がメインだから僕はパソコンサイズと映画のスクリーンサイズどちらを意識するか考えたんだけど・・
と、他の監督たちは「基本的には映画スクリーンを意識した」と応えながらも

安里さん:ただそれをパソコンの小さいサイズにすると怖い対象が見えなくなったりするので悩んだ。

白石さん:あと昔のブラウン管のときの霊の白さだと、今の液晶画面だと見えなかったりするので難しい。

など、ベテランホラー監督ならではの細かい視点に会場をうならせました。

中村監督:変な言い方をしてしまうけどみんな『低予算でよくやったな!』と。出来が凄く良くて、僕ももっと頑張ればよかったと思った。僕と白石くんが新人のころ『日本のこわい夜』で頑張っていたころを思い出して泣けた。

としみじみ語りました。さらに

中村監督:『ほんとにあった!呪いのビデオ』をやっていたころは、フェイクドキュメンタリー等の立ち位置が認められて、こんなふうにホラーという括りでトークイベントができると思っていなかった。

と吐露し、同じく『ほんとにあった!呪いのビデオ』のスペシャル版を撮った

白石監督:僕が撮ったのはドキュメンタリーだったけど(笑)。

と会場を笑わせながらも他の監督たちとともに深く頷きあっていました。最後に

中村監督:他の監督作品を全部見て、新たな可能性を感じた。『鬼談百景』はあと89話あるんで(笑)、全部やってもいいんじゃないかな

と締め、会場からも期待の拍手が沸き起こりました。


「鬼談百景」
公式サイト: kidan100.com

原作:小野不由美「鬼談百景」(角川文庫刊)
ナレーション:竹内結子
ナレーション監修:鈴木謙一
メインテーマ:安川午朗
製作:松井智、小松賢志
企画:永田芳弘
プロデューサー:姫田伸也、田坂公章、楢本皓、小田泰之
アソシエイトプロデューサー:植野亮、川原伸一
製作:「鬼談百景」製作委員会
企画・製作幹事:ハピネット
配給・制作協力:日本出版販売
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:Studio View、アムモ98


(c)小野不由美/KADOKAWA (c)2015「鬼談百景」製作委員会



「残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐」 
公式サイト:http://zang-e.jp

残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋ポスター原作:小野不由美 『残穢』(新潮文庫刊)
  第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋 (『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一 ( 『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介  ほか

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

********************************************************************