「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

いい夢みろよ!&モデルガールズのCA姿



「上昇気流でいい夢みろよ!」 一日「初」機長・柳沢慎吾が大絶賛!
モデルガールズもCA姿で美脚を披露!!
の爆笑会見のご報告です。

名匠ロバート・ゼメキスと名優デンゼル・ワシントンが贈る、衝撃と感動の物語。

『フライト』

3月1日、今週金曜日からの公開に先駆け、2月26日(火)都内でイベントが実施されました。

イベントの内容

『フライト』公開直前イベント
日程:2月26日(火)
会場:TOKYO FM HALL (東京都千代田区麹町1-7 FMセンター2F)
ゲスト:柳沢慎吾さん(50)、モデルガールズさん(モデルガールズ:中村 さくらさん、藤本 恵理子さん、苫米地 玲奈さん 尾花 貴絵さん、春輝さん、箕島 宏美さん 滝元 吏紗さん、河合 ひかるさん)

会場に設けられたランウェイを、CAの姿で颯爽と登場するモデルガールズ。そこへ、一日機長に抜擢された柳沢慎吾さんが乱入しランウェイを闊歩しました。トーク中は“ひとり警視庁24時”を超えて、“ひとりフライト”を初披露。離陸から着陸までの一連の流れを鋭い観察眼で研究した動きで細かく表現し、モデルガールズと会場を爆笑の渦に巻き込みました。

モデルガールズ、リーダー中村さくらさんは「滑走路のことを英語でランウェイというのですが、私たちも飛行機が飛び立つように颯爽と歩かせてもらいました。」とランウェイについて、一方、本作については同じくリーダーの簑島宏美さんが「映画の見どころでもある緊急着陸のシーンは、汗が出るくらいハラハラしました。それだけではなく、ストーリーも内面から響くものがあって、色々な感情が。」とそれぞれ感想を。

柳沢さんは、初のパイロット任命に「機長は初の恰好で嬉しいです。こんな綺麗な人たちに囲まれてテンション上がっちゃいます!」

「どこを見たらいいのか困っちゃう。」と素晴らしいプロポーションのモデルガールズを前に照れる場面も。

映画について、「(上映時間は)2時間18分ですが、長さを感じず没頭しちゃうぐらい楽しめました!クライマックスはどうなっちゃうの?!という面白さもあるし、ストーリー性があって最後のシーンは心揺さぶられました。」

また、俳優の観点から、本作でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた“名優”デンゼル・ワシントンについて「目の動きやアップになった時の表情の細かい演技が本当にすごかったです!難しい役柄なのに固くなりすぎず、ラフに演じているのに雰囲気がある、さすがオスカー2回とってるだけあるよね!あ、僕もエランドール賞2回受賞してます!」としっかり自己アピールも。

「アカデミー賞は残念ながら逃しましたが、僕の心の中では間違いなくアカデミー賞を受賞した素晴らしい作品です!よろぴくお願いします!キメゼリフ言い続けて25年ですが言わせていただきます…

映画「フライト」3月1日上昇気流にのって、いい夢見ろよ!!」

といつもの決め台詞で締めくくられました。

最後のフォトセッションの場面では、柳沢さんからスタッフに「あれ持ってきて!」とリクエストが。。。。平均身長175cmのモデルガールズを前に「機長」と書かれた特製のお立ち台を用意し写真撮影。

終始、会場を爆笑の渦に巻き込んだイベントでした。

柳沢慎吾さん(50)、モデルガールズさん

デンゼル・ワシントンの圧倒的な演技力が光る感動のドラマ
『フライト』は3月1日(金・映画ファーストデー)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショーです!
********************************************************************


<『フライト』作品紹介>

多くの命を救った、高度3万フィートからの奇跡の緊急着陸。
彼は英雄か、犯罪者なのか?アカデミー賞最有力、衝撃と感動の話題作。

男は一夜にして、ヒーローになった。
フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機が原因不明の急降下、ウィトカー機長は草原への緊急着陸に成功し多くの乗客の命を救う。
それは、どんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だった。マスコミがウィトカーの偉業を称え、彼は一躍、時の人となる。

ところが、ある疑惑が浮上する。彼の血液中からアルコールが検出されたのだ。
ヒーローは一夜にして地に堕ちた。

あの時、機内で何が起きたのか?様々な人の人生を巻き込みながら語られる、衝撃の事実とは?人生の闇にのみ込まれた男が、本当の栄光とは何かを見出すまでの魂の軌跡を描き出す。



デンゼル・ワシントンの圧倒的な演技力が光る感動のドラマ。
監督:ロバート・ゼメキス
キャスト:デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、メリッサ・レオ、ジョン・グッドマン、ケリー・ライリーほか
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
© 2012Paramount Pictures.All Rights Reserved.
2013年3月1日(金・映画ファーストデー)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!


96時間


『96時間』父の愛が、パリの街を暴走する。

リュック・ベッソンが仕掛けるスタイリッシュ・タイムリミット
アクション 『96時間』


【ストーリー】
お前が何者なのかは知らない。何が目的かもわからない。身代金を望んでいるなら、言っておくが、金はない。だが、俺は闇のキャリアで身につけた特殊な能力がある。お前らが恐れる能力だ。娘を返すなら、見逃してやる。だが返さないならお前を捜し、お前を追い詰め、そしてお前を殺す。

18歳のアメリカ人少女キムが、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐された。偶然にもその事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父親ブライアンは、命よりも大切な娘を襲った悪夢のような出来事に、ずたずたに胸を引き裂かれる思いを味わう。しかし、政府の元工作員として幾多の修羅場を潜り抜けてきた彼は、冷静さを失ってはいなかった。追跡可能なタイムリミットは96時間! 異国の極悪犯罪組織に娘を奪われた父親は、自らの手で奪還すべく迷わず闇の世界へ飛び込んでいった!

【キャスト】
ブライアン…リーアム・ニーソン(石塚運昇)
レノーア…ファムケ・ヤンセン(深見梨加)
キム…マギー・グレイス(明石香織)

【スタッフ】
監督:ピエール・モレル
製作・脚本:リュック・ベッソン
脚本:ロバート・マーク・ケイメン




********************************************************************


この映画に関して皆さんの評価をお願いします。(星を押すと投票できます)


邦題は96時間ですが原題は『Taken』
イメージ的には獲物な感じでしょうか?

さすが、リュック・ベッソン製作・脚本!
スピーディーで、息もつかせません。

流石のカメラ・ワーク、見るものに矛盾など考える余裕を与えません。お得意のカーアクションも、知り尽くしたパリが舞台なのでお手の物。


内容は「007」の引退したジェームズ・ボンドが、「ボーン・アイデンティティ」のジェイソン・ボーンのように単独で暴れまわり、娘を救出に向かう!よくあるスタイル。

ですが、そんなスパイ系ヒーローの中で誰よりも、このお父さん容赦ないんです。
躊躇って何?そこが何より良い。
そして、使っている道具類が普通なのも良いんですよね。
僕は好き。

トムクルーズの『アウトロー』もこれぐらい容赦無く、スピード感があっても、いいのにね。
まあ、あれは、古き良きアメリカ映画テイストで、それはそれで良いのですが。


因みに現在公開中の続編はこちら 映画『96時間/リベンジ』
http://www.foxmovies.jp/96hours/

********************************************************************




『アウトロー』興収15億円超え確実の大ヒット


『M:I』シリーズに続く、トムの新ヒーロー、新シリーズに映画ファンが大注目。
古き良きアメリカ映画の匂いもする作品です。ローカル・シェア70% 都市部に偏らず“ジャック・リーチャー”旋風吹き荒れてます!

順調な滑り出しですね。

『アウトロー』
『アウトロー』 大ヒット上映中!
(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

既に全世界で1億9000万ドルをあげ、トム・クルーズの新シリーズとして注目を集めている『アウトロー』(原題“JACK REACHER”)が、2月1日(金)より日本でも321スクリーンで公開され、3日間で3億1983万4000円、動員27万8830人。週末興行で2億2774万4400円、動員18万7422人をあげる大ヒットを記録。

観客は、30代以上の映画ファンを中心に、カップルや夫婦、学生グループなど幅広い層で賑わっているようですが、なにげに圧倒的に年配男性の支持を受け、平日の興行も期待できる観客層となっているそうです。

鑑賞者のリアクションも、トム・クルーズのイーサン・ハントとは異なる“アウトロー・ヒーロー”のクールなかっこ良さや、作品内容も謎解きテイストの面白さに大満足の声が続出していることから、口コミ効果やリピーターも順調に見込めるスタートとなりました。

1月8日に来日し、ファンサービスするトムクルーズ
(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
それにしても、どうして邦題「アウトロー」にしちゃったんですかね?
ちょっと、違う感じ。何だけどな。。。

因みに、2013年の作品群のなかで、『テッド』に続く第2位となる絶好のスタートを飾る成績です!

って、『テッド』凄すぎです。エロ熊がトム様に勝つなんて。。

でも、僕は『テッド』大好き。

********************************************************************



映画『アウトロー』
イギリスの作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説「ジャック・リーチャー・シリーズ」を映画化したアクション大作。街から街をさすらう元軍の秘密捜査官だった男が­、たった一人で悪に鉄拳を食らわすさまを描き出す。『ミッション:インポッシブル』シリーズなどでおなじみのトム・クルーズが孤高の主人公を熱演し、『タイタンの逆襲』の­ロザムンド・パイクらが共演。世界一の無法者が仕掛ける一世一代の大勝負の行方に目がくぎ付け。
(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
http://www.outlaw-movie.jp/

(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

2013年2月1日(金)公開
全国の劇場にて、大ヒット上映中!

配給・宣伝パラマウント ピクチャーズ ジャパン


リリー・フランキー映画『凶悪』キャスト発表&公開初日決定!!


若松プロダクション出身、白石和彌監督の長編デビュー作『凶悪』。

警察も知らない殺人事件を、死刑囚の告発を頼りに一人の雑誌記者が明るみに出し、首謀者逮捕に至らせたという実在の凶悪殺人事件を題材としたベストセラー 『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)の映画化です。

この度、公開日が9月21日(土)に決定したことと、キャストが発表されましたのでご報告。

主人公である、事件の真相を追う記者・藤井役には若手実力派俳優・山田孝之。
警察も知らない事件を暴くため奔走する様は、ジャーナリズムの真髄を衝きながらも、徐々に明らかになっていく事件の真相と心の闇に囚われ、正義心が狂気へと変貌していく様は人が持つ危うさを見事に体現していて、その鬼気迫る演技が注目を浴びることは間違いありません。

物語のすべての始まり―。

獄中から衝撃の告白を展開し、藤井と未解決事件の接点を見出す死刑囚・須藤役には大人気テクノバンド・電気グルーヴのメンバーで、俳優やタレントとしても活動する、ピエール瀧。
数々の殺人事件の実行犯であり、暴力の魔力に取り憑かれたかのような凶悪人物でありながら、時に垣間見せる人情味。その二面性ある繊細なキャラクターを演じます。

そして、須藤によって告発された殺人事件の首謀者と目される、先生(役名:木村)を演じるのは、イラストレーター、文筆業、俳優など多種多彩なジャンルで活躍するリリー・フランキー。
狡猾な知能と狂気を併せ持ち、金のためにいとも簡単に殺人を犯す、悪の権化ともいうべき絶対的”凶悪”を怪演。人が持つ善悪の境界線を崩壊させていく姿は、映画史に傷跡を残したキャラクター、『ダークナイト』のジョーカーを彷彿とさせます。

誰も観たことのない個性溢れるキャストのコラボレーションが、正義と狂気がせめぎ合うセンセーショナルな題材でどのような化学変化を起こすのか!?

人間誰しもが持つ狂気をあぶり出す深いテーマは、日本国内に留まらず、世界中の映画祭で衝撃を与えることは必至です。

山田孝之
山田孝之@『凶悪』
(C)2013 「凶悪」製作委員会
 
【山田孝之 コメント】
脚本を読ませていただいたときに、是非この作品に参加したいと思いました。タイトルの通り「凶悪」な内容ですが、雑誌記者である藤井が、須藤と木村の狂気、事件の異常さに触れて変わっていくところに面白さを感じました。正義とはあくまで自分の中だけにあるもので、それは時として他人にとっては悪とも成りうるものだと思います。藤井が持つ正義心は木村への強い憎しみへ変わり、いつしか狂気の方向へ暴走してしまう。その感情の変化がこの映画では何よりも重要と感じていたので、実話ということを深く意識せず、脚本に書かれた藤井の人物像を理解し、表現することに注力しました。人間誰しもが持つ二面性を、リアリティをもって伝えることが出来ればと思っています。また、この作品には無視することのできない要素がたくさん含まれていると思っています。エンターテイメントとしてだけで終わることなく、観た方それぞれが、今自分が置かれている環境や社会について考えるきっかけとなれば嬉しく思います。

ピエール瀧
ピエール瀧@『凶悪』
(C)2013 「凶悪」製作委員会

【ピエール瀧 コメント】
人殺しで死刑囚の役と聞き、「須藤という人物と同じ気持ちになることはできない」と正直に思いました。ですが、監督から強い覚悟と決意を感じたので、この作品に参加させていただきたいと思いました。この事件について、お話しをいただくまでは知りませんでしたが、原作本の印象はリアリティがあり過ぎて、とてもネガティブな気持ちになったのを覚えています。暴力シーンを初めて演じた時は嫌な気持ちでしたが、お芝居を重ねるうちに徐々にその気持ちが薄れていく感覚がありました。それが、暴力が持つ魔力であり、暴力の本質なのではないかと思います。今回、「凶悪」なお芝居で競演したリリー・フランキーさんは日頃から親交がありますが、ここまでしっかりと二人でお芝居をしたことは初めてなのでとても新鮮でした。

リリー・フランキー
リリー・フランキー@『凶悪』
(C)2013 「凶悪」製作委員会

【リリー・フランキー コメント】
木村役を演じることにひどく消耗しました。木村という人物を「殺人を犯すことを何とも思わず、お金がなくなることへ恐怖を感じている人物」と理解していましたが、この役を演じることは本当に疲れました。そんな木村や須藤は常軌を逸した人物だけれども、どこか普通の人間らしい一面も時にはあり、また藤井は正義なのか偏執狂なのかわからない。それぞれの二面性が描かれて魅力的な脚本でした。原作も脚本の後に読ませていただきましたが、「こんなにも悲惨な事件が日常に行われていたのか」という驚きとともに、色々と考えさせられる部分がありました。木村は目的のために一見冗談っぽく殺人を起こしていきますが、監督の演出が素晴らしく、妙なリアリティがそこにはありました。またリアリティという面でいうと、劇中でピエール瀧さん演じる須藤に睨まれた時、役を越えて本当に悲しい気分になりましたが、昔からよく知っている彼との関係が、木村と須藤の関係性にも反映され、芝居によりリアリティを持たせることができたと感じています。

今秋、究極の狂気が全世界を挑発する!

日本公開は9月21日(土)。

********************************************************************



映画『凶悪』の紹介
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?
「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。そこには驚愕の内容が記されていた。「自分が犯した事件の他に、数々の殺人事件が存在している。さらに、”先生”と呼ばれる事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?”先生”とは何者なのか?事件に取り憑かれたかのように真相を求める雑誌記者・藤井が辿りつく先に待つものとは?

『凶悪』
出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編
    『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌 
企画協力:新潮社 配給・宣伝:日活 
(C)2013 「凶悪」製作委員会
www.kyouaku.com

9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー


『凶悪』白石和彌監督で映画化



「凶悪」。


若松プロダクション出身監督 長編映画デビュー!
ノンフィクションベストセラー小説禁断の映画化!!

日本社会に巣くう闇にメスを入れる。
衝撃の社会派サスペンスエンターテイメント制作の始動です。

ワイドショーで連日報道される凶悪犯罪の数々。その背景には日本が抱える社会問題が存在している。その状況下において引き起こされた、実在の凶悪殺人事件をベースにした衝撃作が誕生する――。その名は、『凶悪』。
『凶悪 -ある死刑囚の告発-』
(新潮文庫刊)


本作の題材となる事件とは、ある死刑囚が獄中から告発した殺人事件の真相を、ひとりの雑誌記者が暴き、ペンの力で警察をも動かし首謀者逮捕に至らせたというもの。

まるで犯罪小説のようなセンセーショナルな内容に各メディアは大々的に報道し、日本中を震撼させた。

この一連の物語をドキュメントとした原作 新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)は、2009年に文庫化されると10万部を超えるベストセラーを記録しました。
Amazon 凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)

そして、このたび映画化が決定。
そのメガホンを取るのは、反体制的視点から日本社会にメスを入れ続けた唯一無二の映画監督、若松孝二の弟子であり、若松プロダクション出身の映画監督、白石和彌(シライシ・カズヤ)監督。

実在の凶悪殺人事件の真相を描くとともに、内在する日本の社会問題をもあぶり出します。

若松プロダクション出身の映画監督
白石和彌(シライシ・カズヤ)監督
ここで白石監督 コメントをご紹介。

『実際の事件を映画化することに強い責任を感じています。凶悪な男たちが問答無用に犯していく凄惨な事件と、その真相に迫っていく記者の執念は、人間の深い業を映し出すはずです。この事件の根底には高齢者問題や長引く不況、家族の絆の喪失など、現代の社会が抱える様々な問題が内在しています。決して一過性の事件ではなく、起こるべくして起こった事件を、社会と人間をしっかりと見つめながら真摯に映画にしていきます。師である若松孝二監督は常々「映画を武器にして戦う」と言っていました。私も師の意志を受け継ぎ、自分の思いを映画にして訴え、戦っていければと思っています』

震撼!驚愕!衝撃の社会派サスペンスエンターテイメント、

映画『凶悪』の完成は2013年春。

公開は同年秋を予定しています。

********************************************************************


白石和彌監督 プロフィール

1974年北海道生まれ。1995年、中村幻児監督主催の映像塾に参加。以後、若松孝二監督に師事し、フリーの演出部として活動。若松孝二監督『明日なき街角』(’97)、『完全なる飼育 赤い殺意』(’04)、『17歳の風景 少年は何を見たのか』(’05) などの作品へ助・ト督として参加する一方、行定勲、犬童一心監督などの作品にも参加。初の長編映画監督作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(’10)をへて、本作『凶悪』で本格デビューを果たす。


原作 新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊) とは

「記者にもたらされた告発。それは警察も知らない極悪殺人事件だった。」新潮45編集部記者が白日の元にさらした、凶悪事件の真相から首謀者逮捕までを描いた白熱の犯罪ドキュメント。2007年に単行本化。大反響を受け2009年に文庫化されると10万部を超えるベストセラーを記録。また、昨年12月「ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリーバボー」(CX)にて本作の特集が組まれ、大きな話題を呼ぶ。


『凶悪』映画紹介
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?
「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。そこには驚愕の内容が記されていた。「自らが犯した事件には、他にも数々の余罪事件が存在している。さらに、”先生”と呼ばれる一連の事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?罠なのか?”先生”とは何者なのか?事件にとりつかれたかのように真相を求める雑誌記者・藤井が辿りつく先に待つものとは?そこには、身も凍る真実が潜んでいた。


『凶悪』
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌
完成:2013春予定
配給・宣伝:日活
(C)2013 「凶悪」製作委員会