「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ『孤狼の血』ポスター&キャストコメント到着


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』から、本ポスタービジュアルが解禁!主要キャストの皆さんからコメントも到着しています!

今回解禁された本ポスタービジュアルは、主演の役所広司さんが演じる大上章吾、松坂桃李さん演じる日岡秀一のビジュアルがインパクト強く配置され、ハードボイルドな雰囲気が漂うビジュアルのポスター。

さらに真木よう子さん、江口洋介さん、 竹野内豊さん、石橋蓮司さんなど錚々たる豪華キャストの荒々しい姿も!

「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」

という印象的なキャッチコピーは、劇中での大上の台詞。この台詞からもわかるように、刑事にも 関わらず、常軌を逸した大上の捜査に、新人刑事で大上の下に配属された日岡は戸惑います。そんな中、とある失踪事件を発端に、対立する 暴力団組同士の抗争が激化していき…。

映画情報どっとこむ ralph さらに豪華キャストのコメントが到着!

役所広司( 大上 章吾 役)
「ダーティーな刑事としてやくざと警察の間を奔走する大上の存在は、汚れた世の中の歪みの象徴なのかもしれません。このご時世にこんな 男臭い映画を作る。そこに東映の心意気を感じました。この映画が若い方々や女性たちにどう伝わるのかは分かりませんが、男なら誰しも、 たとえ普段は大人しくても、本当は心の奥底に「暴れたい」という野性を眠らせていると思います。かつて男たちはこうした映画を劇場で観 ると、感化され、怒り肩で風を切るように街へ出て行ったものです。久々にそんな魅力を持った作品が誕生しました。だから「男たちよ、劇 場に来い!」。そう願います。」

松坂桃李(日岡 秀一 役)
「日岡は自分なりの正義を抱いて大上の後を付いていきます。上司と部下というコンビは、徐々にバディであり師や父のような関係性へと変 わっていき、それに伴って日岡の正義も形を変えていきます。男であれば、誰もが多かれ少なかれ大上の正義に憧れる瞬間があると思います。 一方でルールに沿った日岡の正義は、現代の倫理観の表れなのかもしれません。劇場の暗闇で血湧き肉躍るたくさんの“悪い事”が起こります。 「自分の正義を貫くとは?」それを観客へと問いかける、あっという間の約2時間です。」

真木よう子(高木 里佳子 役)
「里佳子はクラブのママという顔を通して呉原の裏世界に関わっています。そんな女性を演じるためには、ナンバーワンホステスとしての所 作や喋りを身に付けなくてはと、自分なりに予習を積みました。周囲の男性たちからもメロメロになるという腕の掴み方などを教わりました (笑)。途中、里佳子は激しい一面も見せます。その或るシーンで私のテンションが上がってしまい、監督から「やり過ぎです」と抑えが 入ったのは楽しい思い出でした(笑)。私から見てもカッコいい男たちだらけの見応えある作品です。女性の皆さんにもぜひ観ていただきた いですね。」

ピエール瀧(瀧井 銀次 役)
「この物語は話の裏側で「悪い人は悪いだけじゃない」し、「良い人も良いだけじゃない」ことを描いているので、実は画面に映っていない 部分や行間に大事なことが隠れている感じがしました。こういう激しい映画は出るのも観るのも好きです。どうせ観るならエグい方がいいし、 何らかの衝撃や感動、もしくは傷が残る方が、観る甲斐があるじゃないですか。白石監督にはこれからも好き勝手にやっていただきたいと 思っています。」

石橋蓮司(五十子 正平 役)
「やくざ役は久し振りでしたが、慣れた領分なので楽しくやらせてもらいました。敵対する尾谷組や警察を相手に、「どういじめてやろう か」、「どう説得してしまおうか」と策を練るのは五十子を演じる醍醐味でしたね。僕ら役者はこうした映画の中で発散できますが、とかく 今の日本において、どうも感情を激しく表に出す生き方は、やくざに限らず白い目で見られがちです。そのための鬱積が転じて、かえって突 拍子もない犯罪が起こることだってある。そんな事態を招くぐらいなら、時にはこういった映画を観て、大いに発散していただきたいと思い ます。」

江口洋介(一之瀬 守孝 役) 「初のやくざ役でしたが、映画や資料を通じて、一般常識では計り知れない裏社会の常識や、力で力を制するという哲学を自分なりに学んで 臨みました。尾谷組は小さな組で、義理と人情と面子を重んじる。80年代という時代を背景に、そういう昔気質の組織の生き辛さと息苦しさ の中から、一之瀬という男を手探りで組み立てていきました。昔のやくざ映画や警察映画とはまた違った、生々しい魅力を持った映画になり ました。白石監督にとって、東映にとって、そして僕ら俳優にとって、新たな名刺代わりの一本として皆さんに届けば嬉しいですね。」

映画情報どっとこむ ralph 男たちはそれぞれが信じる「正義」を貫き、ラストに向けて物語は加速する…!

白石和彌監督x東映 衝撃作、

映画『孤狼の血』は5月12日(土)ロードショー!

物語・・・
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜 査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


北原里英、白石和彌監督『サニー/32』トークショーの模様を緊急生配信!


映画情報どっとこむ ralph そして、SHOWROOMに〈サニー〉降臨。
劇中さながらサニーの「キタコレ!」シーンを、まさかの再現・・・!?


昨年8月、キャプテンを務めるNGT48・並びにAKB48グループからの今春卒業が決定し、卒業後女優としての活躍を誓った北原里英が女優業を本格始動する第一弾作品、映画『サニー/32』は公開中。

この度ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOMショールーム」において、2月24日(土)14:40〜「スペシャルトークショー&サニー降臨。キタコレ!お悩み相談!」の配信が決定しました。

NGT48北原里英グループ卒業発表後初の主演映画『サニー/32』の公開を記念して実施する、本編上映後のスペシャルトークショーの模様を緊急生配信が決定しました。

そして、その後なんと!SHOWROOMに〈サニー〉降臨。

劇中さながらサニーの「キタコレ!」シーンを、まさかの再現・・・!?視聴者からのお悩みを聞いて、北原里英<サニー>がその場で答えます!その模様をSHOWROOMにて独占・生配信!

当日は、北原里英さん(NGT48)のほかに、白石和彌監督も出演。

映画情報どっとこむ ralph 番組:こちら

配信日程: 2018年2月24日(土)
14:40〜「スペシャルトークショー」
15:30〜「サニー降臨。キタコレ!お悩み相談!」
※当日の状況によって時間が変更となる可能性がございます。

出演者:北原里英(NGT48)、白石和彌監督

SHOWROOMは、ルーム内のハートマークを押して番組をフォローすることで、
番組開始時にお手持ちのスマートフォンに通知が届きます。ぜひ事前にご準備ください。
無料会員登録方法はこちら

映画情報どっとこむ ralph 映画『サニー/32
全国公開中
公式サイト:
http://movie-32.jp/
公式Twitter:
@32_movie

≪STORY≫
冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。
雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁。柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。
“サニー”とは――世間を騒がせた「小学生による同級生殺害事件」の犯人の通称。
そのいたいけなルックスゆえに「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」とネットなどで神格化、狂信的な信者を生み出すことに。この“サニー事件”から14年目の夜、二人の男によって拉致監禁された赤理。赤理は正気を失っていきながらも、陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みるが、それは驚愕の物語の始まりにすぎなかった。



***********************************

出演:
北原里英
ピエール瀧・門脇 麦・リリー・フランキー
駿河太郎 音尾琢真(特別出演)
山崎銀之丞 カトウ シンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門
松永拓野 蔵下穂波 蒼波 純

スーパーバイザー:秋元 康 脚本:高橋 泉 音楽:牛尾憲輔
監督:白石和彌
主題歌:「pray」牛尾憲輔+田渕ひさ子

製作:永山雅也・間宮登良松・三宅容介
エグゼクティヴプロデューサー:千葉善紀 企画:石田雄治
プロデューサー:高橋信一・押田興将
撮影:灰原隆裕 美術:多田明日香 照明:谷本幸治
録音:浦田和治 装飾:佐々木健一 音響効果:柴崎憲治
編集:加藤ひとみ キャスティング:安生泰子 衣裳:高橋さやか
ヘアメイク:有路涼子 助監督:佐和田 惠 制作担当:宮森隆介
企画・製作幹事:日活 
製作:日活・東映ビデオ・ポニーキャニオン
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:日活
協力:新潟県フィルム・コミッション協議会・長岡フィルムコミッション
Ⓒ2018『サニー/32』製作委員会
   


カンヌ主演女優賞 ダイアン・クルーガー約11年ぶりの来日決定!『女は二度決断する』


映画情報どっとこむ ralph 第75回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞受賞、第70回カンヌ国際映画祭では主演女優賞(ダイアン・クルーガー)を受賞した、ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』が、4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて他にて全国公開となります。

そしてこの度、3月下旬に主演女優ダイアン・クルーガーがファティ・アキン監督とデニス・モシットと合わせて『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』(07)より約11年ぶりに来日することが決定しました!

来日時には、ダイアンはじめ監督やデニスが登壇するイベントも行うそうです。

映画情報どっとこむ ralph ダイアン・クルーガーさんのインタビューも届いています。

Q:本作への思い

ダイアン:「元々、私はファティの作品の大ファンでした。2012年のカンヌで「あなたの映画に出たい」と話して、ようやく夢が叶ったんです。この映画のもとになったネオナチによる事件については、ドイツに住んでいなかったこともあって、当時は知りませんでした。『女は二度決断する』は犯人側の動機は問題にしていません。ただ、家族を失った者が感じる悲痛な感情を描いています。撮影に入る前に約6ヶ月かけて30家族ほどのテロや殺人事件の犠牲者となった方々に話を聞いて、とてつもない苦しみや哀しみや重みを引き受けなければいけないと感じました。この経験は私の人生を完全に変えました。撮影中、何度も自分が演技をしているのではないような感覚になったんです。自分の目の前で起きていることに反応しているような……。今も私の中にカティヤはいます。この作品は私にとってとても大切な映画になりました。

Q:カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞時の喜びとともに

ダイアン:『女は二度決断する』は映画祭最後の週末に上映されました。だから私たちは日曜日に町にいたのです。私たちは日曜日の午後に声がかかり、何かを獲得したから帰らぬように、と知らされました。何の賞を獲得したのか知らなかったので、会場で自分たちの名前が呼ばれた瞬間、ひどく興奮しました。その瞬間のことは、私は正確に覚えていません。その週に、マンチェスターでアリアナ・グランデのコンサートでテロが起こったので、特に感情的でした。数十人のカティヤがイギリスで生まれたのです。

映画情報どっとこむ ralph 本作は『イングロリアス・バスターズ』『トロイ』などのヒット作品に出演するハリウッド女優ダイアン・クルーガーが、初めて母国ドイツでドイツ語の演技に挑戦した野心作。

ドイツで実際に起こった連続テロ事件に着想を得て生まれた。突然のテロにより、最愛の家族を失った女性。生きる気力を失いそうになりながら、彼女がくだす決断とは?

『女は二度決断する』

2018年 4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

STORY
突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは――。
ドイツ、ハンブルク。
カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。しかし、裁判は思うように進まない。
“Aus Dem Nichts”

突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか――。

映画情報どっとこむ ralph 『女は二度決断する』 最新映画賞まわり<2018.2.14現在>

第70回カンヌ国際映画祭 主演女優賞受賞(ダイアン・クルーガー)
第75回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞受賞
第90回アカデミー賞®外国語映画賞 ショートリスト
第1回インディワイヤー栄誉賞 主演女優賞(ダイアン・クルーガー)
第22回サテライト・アワード 主演女優賞(ダイアン・クルーガー)/外国語映画賞
第39回バイエルン映画賞 監督賞(ファティ・アキン)/女優賞(ダイアン・クルーガー)
第23回クリティクス・チョイス・アワード 外国語映画賞
第17回ニューヨーク映画批評家オンライン賞 外国語映画賞
第49回カンザスシティ映画批評家協会賞 外国語映画賞
第27回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 観客賞
第69回バンビ・メディア賞 審査員特別賞

第16回ワシントンDC映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第1回LAオンライン映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第16回サンフランシスコ映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第13回ノース・テキサス映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第42回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門出品
第14回女性映画批評家協会賞 女性による、または、女性についての、最優秀外国映画ノミネート
第4回フェニックス批評家サークル賞 外国語映画賞ノミネート
第18回フェニックス批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第7回ジョージア映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール

2017/ドイツ/106 分 提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド

©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


『ペンタゴン・ペーパーズ』特別先行上映決定!「TOHOシネマズ 日比谷」グランドオープンで!


映画情報どっとこむ ralph 2大オスカー俳優メリル・ストリープ✕トム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演を果たすとして大きな話題となっております、映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が 3月30日(金)より公開いたします。


ですが・・・

この度、3月29日(木)にオープンを迎える「TOHOシネマズ 日比谷」にて、本作の特別先行上映実施が決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 3月29日(木)にグランドオープンを迎える「東京ミッドタウン日比谷」内に出店される「TOHOシネマズ 日比谷」は、全11スクリーン・約2200席を新設し、隣接する東京宝塚ビル内の2スクリーン・約600席(スカラ座・みゆき座)を改装し一体運営することで、全13スクリーン・約2800席を誇るシネマコンプレックスです。

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』はそのオープン記念作品として、全国で唯一「TOHOシネマズ 日比谷」でのみ、オープン同日の3月29日(木)より特別先行上映されます。

ぜひこの機会に、最高の環境でいち早く本作をお楽しみください。

<TOHOシネマズ 日比谷>
スクリーン1~11番 / 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 「東京ミッドタウン日比谷」4階
スクリーン12・13番 / 東京都千代田区有楽町一丁目1番3号  東京宝塚ビル 地下

※詳しい情報はTOHOシネマズ公式サイトをご確認ください。

※東京ミッドタウン日比谷の詳しい情報はこちら

映画情報どっとこむ ralph ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

公式サイト:
http://pentagonpapers-movie.jp/

公式Twitter:
@pentagon_movie

本作は、1971年、泥沼化していたベトナム戦争について調査・解析した機密文書”ペンタゴン・ペーパーズ”を、政府からの圧力に屈さずにスクープし、報道の自由を守り抜いたワシントン・ポスト紙の記者たちの奮闘を描いた実話に基づく物語です。

スピルバーグは「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、予定していた作品よりも先に製作する事を決め、撮影を敢行。政府によってジャーナリズムに規制がかけられ、何が真実で、何が正しいのかがわからなくなってきている現代。「今」だからこそ伝えるべき作品と強烈なメッセージを込め、この危機的状況に警鐘を鳴らす作品に仕上げています。

スピルバーグの強い呼びかけに応え、名優メリル・ストリープとトム・ハンクスがついに初競演を果たしたとしても話題となっている本作は、リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー(『スポットライト 世紀のスクープ』)が脚本を手がけ、音楽はジョン・ウィリアムズ、撮影はヤヌス・カミンスキーが担当。本年度アカデミー賞では作品賞、メリル・ストリープは自身21回目となる主演女優賞にノミネートされ、注目です。

***********************************

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
キャスト:メリル・ストリープ、トム・ハンクス他
全米公開:2017年12月22日 (限定公開)2018年1月12日(拡大公開)
日本公開日:2018年3月30日(金)
原題:The Post
配給:東宝東和
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.


医学生が好奇心で始めた禁断の臨死体験 『フラットライナーズ』BD&DVD発売


映画情報どっとこむ ralph 禁断の臨死実験に挑んだ5人の医学生を襲う恐怖を描く、映画『フラットライナーズ』のブルーレイ&DVDを、5月2日(水)にリリースすることが決定しました!
Courtney (Ellen Page) in Columbia Pictures’ FLATLINERS.


1990年にジュリア・ロバーツ、キーファー・サザーランド、ケヴィン・ ベーコンら当時の若手スター主演で描いた傑作サスペンスのリメイク! さらに、キーファー・サザーランドは本作にも出演!

オリジナル版と同じく俳優マイケル・ダグラスが再び製作を務め、 監督には『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で世界に名を轟かせた デンマーク出身のニールス・アルデン・オプレヴを抜擢!

1990 年のオリジナル版と同じく、俳優のマイケル・ダグラスが再び製作を担当。さらに 監督を務めるのは、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で世界に名を轟かせた デンマーク出身のニールス・アルデン・オプレヴ。

映画情報どっとこむ ralph ■エレン・ペイジやディエゴ・ルナ、ニーナ・ドブレフなど若手実力派キャストが集結!

主演の医学生コートニーを熱演するのは、『JUNO/ジュノ』、『X-MEN:フューチャー&パスト』のエレン・ペイジ。医学生仲間に は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナ、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のニーナ・ドブレフ、「グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース」のジェームズ・ノートンら若手実力派キャストが集結。
Ray (Diego Luna) intubates Courtney (Ellen Page); Jamie (James Norton) assists

Courtney (Ellen Page) in Columbia Pictures’ FLATLINERS.


映画情報どっとこむ ralph ブルーレイ&DVDだけ!劇場公開では見られなかった豪華声優陣による日本語吹替版を収録!

日本語吹替版でコートニーを演じるのは、「ハヤテのごとく!」で主人公・ハヤテを演じ人気を集めた白石涼子。さらに、レイ (ディエゴ・ルナ)には、「進撃の巨人」でリヴァイを代表作に持つ大人気声優の神谷浩史を起用!その他にも、鈴木達央、藤井 ゆきよ、潘めぐみといった豪華声優陣がブルーレイ&DVD&デジタル配信だけのために集結!


フラットライナーズ
5月2日(水) ブルーレイ&DVD発売、DVDレンタル開始!
※4月4日(水)より順次デジタル先行配信

公式ホームページ:
http://www.flatliners.jp/

■ブルーレイ&DVDセット 4,743円+税(2枚組)

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and Cross Creek Pictures, LLC. All Rights Reserved.

***********************************