「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

鏡リュウジ、名越康文、赤川次郎、坂上忍ら『ザ・プレイス 運命の交差点』へコメント!


映画情報どっとこむ ralph 人生と運命という複雑系の綾を、
たった一つのカフェのテーブルの上で描き出す傑作。


この度、4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開となるパオロ・ジェノヴェーゼ監督『ザ・プレイス 運命の交差点』へ、鏡リュウジ、名越康文、赤川次郎、坂上忍 各界の著名人からのコメントが届きました。

カフェ「ザ・プレイス」の奥のテーブルに昼も夜も座っている男の元には、
人生に迷ったものたちがひっきりなしに訪ねてくる。彼らが自らの願いや欲望を叶えるためには、男が告げる行為を行わなくてはならない。
運命を操る男と絡み合う人生の綾を見事に描き出した本作に絶賛の声!

映画情報どっとこむ ralph この度、解禁された各界からの著名人からのコメントは、精神科医、心理学者、占星術研究家などが中心に称賛の声を寄せている。

赤川次郎(作家)
人は知らず知らず、誰かを不幸にして生きている。 そんな人生の皮肉をひと幕の舞台劇のように描いた、不思議なファンタジーだ。

石丸幹二(俳優・歌手)
彼は、救い主なのか悪魔なのか。 訪問者に淡々と投げつける、 生と死にまつわる課題。 カフェに朝が来て、夜が更けてゆく。 名もなき男の美しい映像が、 その深い孤独を物語る。

鏡リュウジ(占星術研究家)
人生と運命という複雑系の綾を、 たった一つのカフェのテーブルの上で描き出す傑作。

加藤諦三(作家、心理学者、早稲田大学名誉教授)
ギリシャ悲劇、アガメムノン総大将は逆風で船は出られない。その時娘の生け贄と言う信託を受ける。娘への愛と 総大将の責任で、苦しみ、娘を生け贄にする。 今の世俗的生活を通してよみがえるギリシャ悲劇

コトブキツカサ(映画パーソナリティ)
謎の男を訪ねる者たちは自らの願いや欲望を満たす為に決断を強いられる。 悪夢と喜悦が背中合わせの脚本に唸りました。

坂上忍(俳優)
なんて粋な映画なんでしょう そして、なんて深い映画なんでしょう とてつもなく優しさに溢れ 時に怖ろしいまでに残酷で でも、全ての判断はわたし達に委ねられているのです

辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
毎日毎日願い事をされまくっている神様は、 もしかしたらこんな疲れた表情をしているのかもしれません……。 萌えと感謝がせめぎ合いました。

名越康文(精神科医)
人生という紐(ヒモ)がからまった時、理屈だけでは解けないことが良くある。見えないところで、意外なものと意外 なものが結び付いているからだ。

野村雅夫(ラジオ DJ / 翻訳家)
舞台のカフェからカメラは離れないのに、僕たち観客の想像のレンズはずっとカフェの外にフォーカスを合わせられる。 映画は見せてなんぼだけれど、これは見せないのがいい映画。そこに魅せられる。

星野概念(精神科医 など。)
示唆的な言葉、態度、雰囲気は、迷える他人の人生を変えうるほど強力です。一方、人生は 1 秒先さえ未知 で、「正解」はありません。「こうなりたい」と思うことは最善なのか、「こうなりたいならこうしなさい」という言葉は最適 なのか。ずっと誰も知らないそれらのことに、人は翻弄され続けるのかもしれません。

山内ケンジ(劇作家・映画監督)
カフェで、修道女が男に、神を感じなくなったので感じたい、どうすればいいでしょう?と聞く。男は妊娠しろと言う。 修道女は指示通り別の男とセックスをするのだが、その模様は全く描かれず、再びカフェに来てたぶん妊娠しました と報告する、という映画。そんな映画、面白いのか?面白かったんですよ!

映画情報どっとこむ ralph 『ザ・プレイス 運命の交差点』

4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

URL:
theplace-movie.com


***********************************

監督・脚本:パオロ・ジェノヴェーゼ『おとなの事情』

出演:ヴァレリオ・マスタンドレア、マルコ・ジャリ―ニ、アルバ・ロルヴァケル、サブリーナ・フェリッリ
2017年/イタリア/イタリア語/101分/カラー/シネスコ/5.1ch/DCP
原題:The Place 字幕:椎名敦子
後援:イタリア大使館
特別協力:イタリア文化会館
配給:ミモザフィルムズ
宣伝協力:佐々木瑠郁、岩井秀世
© 2017 Medusa Film SpA .  


『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』海外版3都市ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 2017年、新たにアベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦したスパイダーマン。その最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(7月5日アメリカ公開)の海外版ポスターが3種類到着しました!
前作『スパイダーマン:ホームカミング』では、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーが、ヒーローの師匠とも言うべきアイアンマンに導かれ、真のヒーローへと成長する過程が描かれた。本作は“ホーム”であるニューヨークから、舞台はヨーロッパへ。ピーター(トム・ホランド)は、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちと夏休み旅行へ出かける。しかし、旅行中、ピーターの前に突如現れたのは、S.H.I.E.L.D.の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)。ニックが現れた理由とは?そしてピーターと対峙する新たな敵とは――?

映画情報どっとこむ ralph この度解禁となった海外版ポスターは、ヴェネチア、ベルリン、ロンドンとヨーロッパの都市を舞台にした3種類。

ヴェネチアではリアルト橋を背景にイタリアのガイドブックを読みふけり、
ベルリンではブランデンブルク門とともに、
そしてロンドンでは定番スポットの観覧車、ロンドン・アイの上から街を一望するスパイダーマンがそれぞれ描かれている。

夏休み旅行が一転して、これらヨーロッパの都市で一体どんな試練が待ち受けるのか?

また今回、ポスターで披露されている新スーツにも注目!お馴染みの「赤と青」から、「赤と黒」の配色にアップグレードされた本作のスーツにはどんな新機能が搭載されているのか・・・期待は高まるばかり!

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
原題:Spider-Man:Far From Home
夏 全国ロードショー!
全米公開:7月5日

公式Twitter: @spidermanfilmjp 
公式サイト: Spiderman-Movie.jp 
#スパイダーマン

***********************************


監督:ジョン・ワッツ(『スパイダーマン:ホームカミング』)
キャスト:トム・ホランド、ジェイコブ・バタロン、ゼンデイヤ、サミュエル・L・ジャクソン


45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』新旧場面写到着


映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム』『キング・アーサー』の人気スター、チャーリー・ハナムと大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で世界を魅了し、本年度アカデミー賞主演男優賞受賞を果たしたラミ・マレックの最旬スターがタッグを組み、45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』6月21日・金 TOHOシネマズ シャンテ他全国公開。

リメイク版でのチャーリー・ハナム&ラミ・マレックの入魂の演技は、オリジナルスチールと見比べても遜色なく、その気迫を感じさせる。また、二人が並んだその姿は、若き日のマックイーンとホフマンを彷彿とさせ、日本版ポスターが公開になると、二人の激似ぶりが話題となりました。

映画情報どっとこむ ralph この度、1973年公開の『パピヨン』に主演した伝説のスター スティーブ・マックイーンの誕生日3月24日(日)午後2時に、オリジナル版スチール&本作の追加スチールが解禁。

オリジナル『パピヨン』

新作『パピヨン』


また、日本では長らく絶版だった原作本が河出書房新社より4月中旬に文庫本で復刊予定。

本書は原作者であるアンリ“パピヨン”シャリエールの実体験を基にした、驚くべき回顧録として69年に出版されると一千万部以上の世界的な大ベストセラーとなりました。今回の映画化では、この原作とダルトン・トランボによる73年版の脚本をベースにしており、オリジナル版にはない独自のエピソードも追加されています。


映画情報どっとこむ ralph 絶望の淵に追いやられても、決して自由と希望を諦めない男たちの姿に、日本は再び、胸を熱くする!

『パピヨン』

6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

HP:
http://www.transformer/m/Papillon 

TWITTER:
https://twitter.com/PapillonRebirth


<STORY>
1931年、パリ。「狂乱の時代」の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”(チャーリー・ハナム)と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガ(ラミ・マレック)と出会い、やがて二人は奇妙な友情で結ばれてゆく…。

***********************************

監督:マイケル・ノアー
脚本:アーロン・グジコウスキ『プリズナーズ』
出演:チャーリー・ハナム『パシフィック・リム』『キング・アーサー』 / ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』トミー・フラナガン『エイリアンVSプレデター』 / イヴ・ヒューソン『ブリッジ・オブ・スパイ』

2017年 / アメリカ / 英語・スペイン / 133分 / シネスコ / DCP / カラー / 5.1ch / 原題:Papillon / G / 日本語字幕:松浦美奈 
配給:トランスフォーマー / 提供:トランスフォーマー+シネマライズ / 原作『パピヨン』4月河出書房新社より発売予定
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 

オリジナル『パピヨン』情報
(1973年/フランス=アメリカ合作/監督:フランクリン・J・シャフナー/出演:スティーヴ・マックィーン、ダスティン・ホフマン)ブルーレイ:KIXF-4210/¥2,500+税 
DVD:KIBF-4445/¥1,900+税
企画協力:フィールドワークス
発売・販売:キングレコード
(C) 1973 Cinemotion N.V.


秋津艦長(西島秀俊)「これは訓練ではない!」『空母いぶき』の新たな予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の襲撃。日本領土の島が占領され未曾有の緊張が走る中、政府は自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本は経験したことのない一日を迎えようとしていた。

5月24日公開となる『空母いぶき』の新たな予告編と本ポスター・ビジュアルが初解禁。

真っ赤に染まる空母「いぶき」を背景にオールスターキャストが並ぶ本ポスターは、「運命の、24時間。」というコピーと共に、戦後最大の危機に立ち向かう人間達の緊張状態が表現されている。大胆に配置されたタイトルが“規格外の大作感”を醸し出す。

映画情報どっとこむ ralph 新たに解禁となった予告編では、日本が侵略を受けた状況下「これは訓練ではない!」という空母「いぶき」秋津艦長(西島秀俊)からの言葉により、第5護衛隊群の各艦隊員はかつて経験したことのない緊張感におそわれる。攻撃か、防御か。自身の信念の元で激しく葛藤する「いぶき」副長の新波(佐々木蔵之介)。たまたま取材目的で「いぶき」に乗艦していたニュース・サイトの記者、本多裕子(本田翼)は、この事態にどう立ち向かうのか。垂水内閣総理大臣(佐藤浩市)を中心とする政府は、究極の選択を迫られる。想定を超えた戦闘状態へと突入していく第5護衛隊群。「対空戦闘用意!」海の向こうでは各艦長(髙嶋政宏、玉木宏)の号令がこだまし、中野店長(中井貴一)のコンビニエンス・ストアには、事態を知り食料や水を求める市民の長蛇の列が出来始める。クリスマス・イブ前日、この国が保ち続けた平和を終わらせないために、それぞれの戦いが今、始まるー。


映画情報どっとこむ ralph 2018年3月に撮影が始まった本作は、長きに渡る撮影とポストプロダクションを経て2019年1月に完成。

いち早く試写をご覧になった原作者のかわぐちかいじ氏よりコメントが到着。

「映画は原作以上に秋津と新波が自衛官としてクッキリ描かれていて国を守るとはどういうことかというテーマが二人の確執を通して浮び上ってくる。」

と絶賛しています。


『空母いぶき』

5月24日(金) 全国ロードショー

kuboibuki.jp

<ストーリー>
20XX年。
日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる―。

***********************************


出演:
西島秀俊 佐々木蔵之介
本田翼 小倉久寛 髙嶋政宏 玉木宏 戸次重幸 市原隼人 堂珍嘉邦 片桐仁 和田正人 石田法嗣 平埜生成 土村芳 深川麻衣 山内圭哉
中井貴一 村上淳 吉田栄作 佐々木勝彦 中村育二 益岡徹 斉藤由貴 藤竜也 佐藤浩市

【原作】かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
【企画】福井晴敏 【脚本】伊藤和典 長谷川康夫
【音楽】岩代太郎 【監督】若松節朗
【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ
【配給】キノフィルムズ
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ


『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』畠中祐 増田俊樹 逢坂良太ら登壇!完成披露舞開催決定


映画情報どっとこむ ralph 2016年4月から6月までフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送され、圧倒的な映像美と迫力のバトルアクションで話題を呼んだ

オリジナルアニメーション「甲鉄城のカバネリ」。総集編映画、ソーシャルゲームと展開し、完全新作となる劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』の劇場上映が、5月10日(金)から2週間限定公開となります。


そして!

この度、4月23日(火)に本作の完成披露上映会の開催が決定となりました。

上映後には豪華キャスト陣による舞台挨拶の実施もございます!
チケット発売詳細などはリリースをご確認ください。

劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』完成披露舞台挨拶

日程:4月23日(火)19:00回 ※上映後舞台挨拶
場所:新宿ピカデリー
登壇者:生駒役・畠中 祐/来栖役・増田俊樹/巣刈役・逢坂良太/荒木哲郎(監督・脚本)/大河内一楼(構成)予定
料金(税込):2000円 ※ 別途手数料あり
チケット発売情報:※リリースをご参照ください

映画情報どっとこむ ralph 劇場中編アニメーション「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」

5月10日(金)より2週間限定劇場上映

公式サイト:
http://www.kabaneri.com/ 

公式Twitter:
@anime_kabaneri

その旅路の先に、新たな運命(さだめ)
世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。
後にカバネと呼ばれる事になるそれらは、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持ち、噛んだ者までもカバネにしてしまう。
カバネは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本(ひのもと)で、分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称・駿城(はやじろ)の一つ、甲鉄城(こうてつじょう)に乗り込んだ生駒たちは、熾烈な戦いを潜り抜け、カバネと人の新たな攻防戦の地、日本海に面する廃坑駅「海門」(うなと)に辿りついた。
生駒たちは、同じくカバネから「海門」を奪取せんとする、玄路、虎落、海門の民と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるのだが、「海門」の地にはある“秘密”が隠されていたのだった。


■『甲鉄城のカバネリ』総集編
Blu-ray&DVD/COMPLETE SOUNDTRACK 4月24日(水)発売決定!
劇場上映を記念して、2016年12月と2017年1月に公開されたTVシリーズ総集編「前編 集う光/後編 燃える命」の映像を、ディスク2枚組で完全収録したBlu-ray&DVD/COMPLETE SOUNDTRACK発売!

***********************************


【キャスト】
生駒(いこま)畠中 祐/無名(むめい)千本木彩花/菖蒲(あやめ)内田真礼/来栖(くるす)増田俊樹
鰍(かじか)沖 佳苗/侑那(ゆきな)伊瀬茉莉也/巣刈(すかり)逢坂良太/吉備土(きびと)佐藤健輔
鈴木(すずき)マックスウェル・パワーズ/景之(かげゆき)三木眞一郎


【メインスタッフ】
監督・脚本 荒木哲郎/構成 大河内一楼/キャラクター原案 美樹本晴彦
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督 江原康之/サブキャラクターデザイン 尾崎智美 山内遼
コンセプトアート よー清水 森山洋/デザインワークス 形部一平 胡拓磨 村田護郎
プロップデザイン 常木志伸 吉川真一 西原恵利香
美術デザイン 平澤晃弘 谷内優穂 杉本智美/メイクアップアニメーター 中愛夏 三田遼子/美術監督 吉原俊一郎
色彩設計 橋本賢/3D監督 廣住茂徳 今垣佳奈/撮影監督 山田和弘/編集 肥田文/音響監督 三間雅文
音響効果 倉橋静男 山谷尚人/音楽 澤野弘之
アニメーション制作:WIT STUDIO
制作:カバネリ製作委員会
配給:松竹メディア事業部
主題歌:「咲かせや咲かせ」EGOIST
©カバネリ製作委員会