「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

映画『人魚の眠る家』絢香の書き下ろし主題歌入り最新予告映像&ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 11月16日(金)に公開となる映画『人魚の眠る家』。
稀代のベストセラー作家・東野圭吾先生の作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の同名小説を堤幸彦監督が実写映画化。篠原涼さん子と西島秀俊さんが映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーです。

この度、最新予告映像と本ビジュアルが解禁!
また、本作の主題歌が、絢香さん書き下ろしの新曲「あいことば」に決定しました!

最新予告映像内で、音源の一部が解禁となります!!

すでに公開となっている特報映像では篠原涼子のかつて見せたことのない狂気の表情と、衝撃のキャッチコピーが話題となっていますが、今回の最新予告映像では、薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)の夫婦が、意識のない娘・瑞穂がいつか目覚める日を信じ下した決断、その禁断の技術の内容が垣間見えるなど、さらに一歩踏み込んだ内容になっています。

母親、父親、祖父、祖母、研究者とその恋人…それぞれが、眠り続ける瑞穂の回復を願う中、娘に向かって包丁を振り上げる薫子の姿が。
そんな衝撃的な映像に、今回解禁となる絢香の新曲「あいことば」が流れ、全てを優しく包み込む―。先の読めない展開、想像を絶するクライマックスを経て明かされる真実・・・この愛の結末に、涙が止まらない!!


プロデューサーの新垣弘隆は、主題歌に絢香を起用した理由として「大切なわが子を守り抜こうとする母の愛を描いた本作の世界観を、絢香さんなら最も美しく表現できるという確信がありました。そして母親でもある絢香さんに今、どうしても歌って欲しいと思いました」と語ります。今回解禁となる主題歌「あいことば」は、原作、台本を読み感銘を受けた絢香が書き下ろした楽曲。

「本当に素晴らしい作品の一部となれたこと、この楽曲を生み出すキッカケをくださったことに感謝しています」と本作に込めた思いを語ります。


合わせて、篠原涼子自身が「こんな自分もいたのかと驚きを感じた」というクライマックスシーンの意を決した薫子の強い視線、西島秀俊演じる和昌の溢れ出る想いを抑えきれない、未だみたことのない表情。両者の<涙>が印象的な本ビジュアルも解禁!

人魚の眠る家

11月16日(金)全国公開
娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の元に、ある日突然、悲報が届く。 「娘がプールで溺れた―」。
愛するわが子は意識不明のまま、回復の見込みはないという。
深く眠り続ける娘を前に、奇跡を信じる夫婦はある決断を下すのだが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。


***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子  

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


原作者の新井英樹が描き下した安田顕/ナッツ・シトイ 『愛しのアイリーン』のイラストが解禁


映画情報どっとこむ ralph 幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。二人で歩む、地獄のバージン・ロード!
映画『愛しのアイリーン』(主演:安田顕/監督:吉田恵輔/原作:新井英樹)が9/14(金)に、全国公開されました!

9月14日より全国公開となる『愛しのアイリーン』。原作である新井英樹の漫画は1995年に「ビッグコミックスピリッツ」で連載され、嫁不足の農村に暮らす非モテの四十代男性と貧しく若いフィリピン女性の国際結婚を軸に、夫婦、親子、家族における壮絶な愛の形をダイナミックに描ききった異色のラブストーリーとして、日本に大きな衝撃を与えた。

稀代のカメレオン俳優・安田顕が主人公の42歳ダメ男:岩男を演じ、物語のもう一人の主人公といえる少女アイリーン役に大抜擢されたのは、フィリピンの新星ナッツ・シトイだ。

この度、原作者の新井英樹が描き下した映画『愛しのアイリーン』のイラストが解禁となった!

この度、映画『愛しのアイリーン』のイラストが描き下されたのは本作の一場面。

勢いで国際結婚をした岩男が、フィリピン女性アイリーンを連れて帰国。実家には国際結婚をしたことを一切知らせず、アイリーンとともに帰宅するが、なんと実家は父親のお葬式の最中で、蒼白な表情を見せる母・ツルとのバトルが始まる直前の画像である。立ち尽くす岩男を尻目に、何も事情を知らない無垢な表情を魅せるアイリーン役のナッツ・シトイの表情が可愛く描かれている。

原作者の新井英樹からは、先日のイベント登壇時に「泣けた!」と語れ、映画化を熱望した本作の監督・吉田恵輔に向けて「映画は吉田監督から俺へのラブレター」と語られた本作。映画をイラスト化することで、新井英樹から吉田監督へのラブレターの「回答」として相応しいイラストに仕上がっている。


幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。
二人で歩む、地獄のバージン・“全国ロードショー”開始!

寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。

ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。
日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがついに全国公開スタート!

映画『愛しのアイリーン

は全国大ヒット公開中!

過去記事:
初日舞台挨拶の模様
http://eigajoho.com/124680


完成披露舞台挨拶の模様
http://eigajoho.com/119393


***********************************

安田顕/ナッツ・シトイ
河井青葉 ディオンヌ・モンサント/福士誠治 品川徹 田中要次/伊勢谷友介/木野花

監督・脚本:吉田恵輔(※吉は土よし)
原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)
音楽:ウォン・ウィンツァン

主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲(ロンド)」 (WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)

企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 宮崎伸夫
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸岡本東郎
プロデューサー:佐藤順子 行実良 飯田雅裕

製作幹事:VAP
企画・制作・配給:スターサンズ
制作協力プロダクション:SS工房
2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)
レイティング:R15+


ラストアイドル 阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央 出演映画『がっこうぐらし!』公開月決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、大人気コミックス原作の映画『がっこうぐらし!』の1月公開決定!

本作は海法紀光(ニトロプラス)と千葉サドルによる同名のコミックが原作で、学園で共同生活を送る4人の女子高生の日常と、生き残りをかけたサバイバルホラーとのギャップが国内外で反響を呼んだ大人気作。

コミック累計発行部数は200万部を超え、TVアニメも圧倒的な人気を誇るもの。

この度、この大人気作の実写化にともない、『呪怨』シリーズのプロデューサーと『リアル鬼ごっこ』の柴田一成監督がタッグを組み映画化に踏み切りました。

メインキャスト4名には、秋元康プロデュースのアイドルグループ「ラストアイドル」から、オーディションによって選出された4名 (阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央)が抜擢され、今年6月~7月にかけて撮影が行われました。

そして、ワンシーンが公開。
不穏な煙が漂う廊下の奥に浮かび上がる、3人の女子高生のシルエット。
あれっ!?もう一人は・・・

この場面写真からでは映画の全貌は把握できないが、中央の女子高生が持っているシャベル のシルエットや、彼女たちの視線の先に無数に横たわる何かの影が、否が応でも想像力を掻き立たせる緊張感ある場面写真となっている。

公式サイト:
gakkougurashi-movie.jp


***********************************

原作:「がっこうぐらし!」海法紀光(ニトロプラス)×千葉サドル(芳文社「まんがタイムきららフォワード」連載)
©「がっこうぐらし!」製作委員会


サスペンスフルな禁断のカンニング試験シーン解禁!映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』


映画情報どっとこむ ralph 世界 16 の国と地域で大ヒットとなり、アジア各国では歴代記録を塗り替えるまでの一大ムーブメントとなったクライム・エンタテイメ ント映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』が、いよいよ 9 月 22 日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開となります。


そして!

公開にむけて期待が高まる中、このたび、主人公リンが、試験中に“禁断のある方法”で友人を助ける試験シーンが本編より解禁となりました!

今回解禁となった本編映像では、主人公リンが、転入後はじめて友達になったグレースを助けるために、試験中に解答を教えるシーンが 展開。数学の中間テスト開始早々、リンは、有料で行われた補習授業とまったく同じ問題が試験に出題されていることに気が付く。周囲 を見わたすと、その補習にでていた生徒たちはニヤニヤ笑いながら問題を解き、教師も当たり前のように振る舞っている。そんな状況の 中、グレースは、補習に出ていたにも関わらず解き方が分からないと涙をながす始末。絶望的な彼女の様子をみたリンは、教師に見つか らないよう、禁断のある方法で解答を教えようとする…。

ただの試験にもかかわらず、緊迫感ただようサスペンスフルなシーンが展開。有料補習がつまり教師への賄賂であり、好成績を得るため に金銭で成り立っている教育システムの腐敗にリンが気づく重要なシーンであると同時に、たった一度、友人を助けるためにしたこの行為が、“カンニング・ビジネス”を始めるキッカケとなってしまう運命の分かれ道となる場面でもある。天才女子高生が、どのような方法を用いて多くの友人たちに解答を教えようとするのか、その後の展開に期待が高まる内容に。



映画情報どっとこむ ralph 長編初監督作『Countdown』が、第 86 回アカデミー賞外国語映画賞のタイ代表に選ばれ、2 作目となる本作のメガヒットで、最も旬な 映画監督として一躍時の人となった若き俊英ナタウット・プーンピリヤ監督は、本作の脚本執筆に約 1 年半をかけており、「元々ハリウ ッドのスパイ映画やアクション映画が好きで、特に『ミッション:インポッシブル』シリーズをよく見ていたこともあり、この題材を使っ て、スパイやアクションの要素をもった映画作品を撮りたいと思いました。「カンニング」というテーマは、タイ人やアジアの人々にとっ てすごく身近な、実際にあり得る題材で、そのテーマにも惹かれました。大げさに描いたわけではなく、タイでは現実にあり得ることな のです。 」と話している。アジアをはじめ世界各国を驚かせた、タイ発の青春クライム・エンタテインメントを劇場で!

映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち
原題:Chalard Games Goeng

9/22(土)より、新宿武蔵野館 他 全国順次ロードショー!

公式サイト: http://maxam.jp/badgenius/


物語・・・
小学生の頃からずっと成績はオール A、さらに中学時代は首席と天才的な頭脳を持つ女子高生リン。裕福とは言えない父子家庭で育った彼女は、その明晰な頭脳を見込まれ、 晴れて進学校に特待奨学生として転入を果たす。新しい学校で最初に友人となったグレースを、リンはテストの最中に“ある方法”で救った。その噂を聞きつけたグレースの彼氏 パ ットは、リンに“ビジネス”をもちかけるのだった。それは、より高度な方法でカンニングを行い、答えと引き換えに代金をもらう――というもの。“リン先生”の元には、瞬く間に学生たちが 殺到した。リンが編み出したのは、“ピアノレッスン”方式。指の動きを暗号化して多くの生徒を高得点に導いたリンは、クラスメートから賞賛され、報酬も貯まっていく。しかし、学校が 誇るもう一人の天才・生真面目なバンクとの出会いが、波乱の種に…。そのビジネスの集大成として、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試「STIC」 を舞台に、最後の、最大のトリックを仕掛けようとするリンたちは、バンクを仲間に引き入れようとするが…。

***********************************

監督:ナタウット・プーンピリヤ
脚本:ナタウット・プーンピリヤ、タニーダ・ハンタウィーワッタナー、ワスドーン・ピヤロンナ
撮影:パクラオ・ジランクーンクム/音楽:フアランポン・リディム、ウィチャヤー・ワタナ サップ/キャスト:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、チャーノン・サンティナトーンクン、イッサヤー・ホースワン、ティーラドン・スパパンピンヨー、タネート・ワラークンヌクロ
2017 年/タイ/タイ語/130 分
字幕翻訳:小田代和子
監修:高杉美和
提供:マクザム
配給:ザジフィルムズ/マクザム
後援:タイ王国大使館
©GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.


梅沢富美男、京本政樹 必殺仕事人のキメポーズ対決『イコライザー2』特別試写会


映画情報どっとこむ ralph デンゼル・ワシントンを主演に、世にはびこるの悪を葬るロバート・マッコールという新たなダークヒーローを演じた『イコライザー』。

その大人気作の続編『イコライザー2』が日本でもいよいよ10月5日(金)より全国ロードショーとなります。

梅沢富美男さん、京本政樹さんが登壇する特別試写会イベントが行われました。

なぜこのお二人と思います?マッコールが“US版仕事人”ということで、仕事人といえば!のキャスティングだそうです!


日時:9月19日(水)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:梅沢富美男、京本政樹

映画情報どっとこむ ralph 満員の会場に白のジャケットを羽織った京本政樹さんが登壇。

京本さん:前作ではホームセンターに勤めていた主人公ですが、タクシードライバーということで、今回はタクシードライバーを意識した革ジャン着るしかないと思いまして、こちらにしました。ですが、仕事人ということでこの手袋は持ってきました。

と答え、京本さんは仕事人でもお馴染みの手袋を観客に見せた。

US版仕事人と呼ばれる本作にかけ、前作でも登壇した京本さんに仕事人の流儀を問うと

京本さん:京本政樹といえば仕事人と言われることが多いですが、僕は当時から黒と赤の組み紐で人を吊るしたり、派手な仕事人でしたね。仕事人の流儀というと、僕とか僕の先輩は艶やかにかたちにすることが流儀でした。あとは前作ではマッコールが職場のホームセンターの中で敵を成敗するけど、僕も組み紐の職人だから、組み紐で敵を成敗したんだよね。

と自身の”仕事人”ぶりと、マッコールの仕事人を比較した。


また、作品の感想を尋ねられると

京本さん:見る前のみなさんにネタバレしていいですか?(笑)

と観客の笑いを誘い、

京本さん:必殺仕事人とかぶるシーンが多くて、びっくりしました。僕が組み紐で敵を吊るすのと同じように、敵を紐で吊るしてて、監督が「必殺仕事人」を研究したのかな?って思いました。(笑)デンゼルも前作の方がふわっとしていたけど、今作ではすごく何か”起こるぞ、起こるぞ、”って緊迫さを感じました。

と話した。今回の敵が主役のマッコールと同じ特殊訓練を受けているプロのイコライザーということで、京本さんをもしのぐ手強い仕事人として、35年前にシリーズで共演した梅沢富美男さんが登壇。梅沢さんの登壇に

京本さん:(必殺仕事人撮影時)昔を思い出しますね。当時と(梅沢さんが)全然変わらないから。

と過去のエピソードも思い出しつつ、感慨深そうな京本さん。

梅沢さん:最終回で(京本さんとは)初めてお会いしてね。僕は出るシーン少ないのに女形だから支度が大変なのよ。

と梅沢さんも当時の仕事人エピソードを語った。そんなトークが盛り上がる中、舞台上では「対決!どっちがすごい?イコライザー」がスタート。

映画情報どっとこむ ralph 身の回りの物を武器に変えて19秒で世の不正を抹消するイコライザーにかけ、舞台に用意された身の回りのもの(組紐屋の竜が使っていた組紐/はぐれ仕事人“弐”の武器だった扇子/ロバート・マッコールが武器にしたお茶用ポット/ハンマー/コルク抜き/コップ/ナイフ/やかん/バット/消火器/サングラス/カラーコーン/帽子/双眼鏡/傘/ハンディ扇風機/ハンドル/鏡/麺棒)を持ち、キメポーズを決める対決に

京本さん:梅沢さんに譲ります。僕本当は(紐で)吊れないのよ。

と言うと、

梅沢さん:僕の武器の扇子も監督が簡単に決めたのよ。

と梅沢さんが、それぞれ弱気なコメントをした。

「傘」を選んだ京本さん、「扇子とサングラス」を選んだ梅沢さんは仕事人のテーマソングに合わせ、流石にバシッと決まったポーズを決めると会場からは大きな拍手が。ポーズを決め終わって・・・

京本さん:僕の回ではないですが、傘を使って人を斬る回がありましたね。

と、ここでも必殺仕事人の撮影当時を振り返った。ここで当時の撮影のエピソードを話す京本さんに

梅沢さん:喋りすぎだよ!今回は(イコライザーが19秒で敵を倒すことから)19時には上映始めなきゃなんだから!

と今回のイベントの”19しばり”に触れると、観客からは笑いが起こった。


そこで、それぞれのポーズへの拍手で観客の反応を見ると、それぞれに対し同じくらいの拍手の量。スクリーンに映し出された京本さんと梅沢さんの決めポーズ写真を見ると、

京本さん:久しぶりのツーショットいいですね。

と京本さんは感慨深げ。

映画情報どっとこむ ralph ここで映画の感想を尋ねられ

梅沢さん:アメリカ映画の中でも義理と人情のテーマを大切にしてくれるところが素晴らしいって思ったよ。日本ではくだらない漫画の題材ばかりやりやがって。ま、俺も出たけどね。(笑)でも、(デンゼルの)なんともいえない人情芝居たまらないよね。

と大絶賛。そこに

京本さん:まさに夢芝居ですよね。

とのっかった。

梅沢さん:(映画では)困った人を助けたり意外と身近な話なのよ。

と梅沢さんが話すと、

京本さん:そこでタクシードライバーっていうのが大事になってくるんですよね。

と京本さんも反応し、タクシーの乗客のことを助けることになる作品の内容にふれ、

梅沢さん:タクシー運転手って人の話聞こえるんだよね。タクシー乗ったら人の悪口言うのやめようって思ったわ。(笑)

と梅沢さんが話し、会場は笑いに包まれた。また、

京本さん:(『イコライザー2』劇中で)ちょんまげ姿の影絵が出てくるんですよね。(アントワーン)監督は私たちの仕事人シリーズを研究したなって思いました。

と、”仕事人”ならではの映画の鑑賞ポイントを京本さんは語った。

フォトセッションの時間になり、観客に設けられた撮影時間が”15秒”であったことから、「なんで19秒じゃないんだよ!」と京本さんからツッコミが入るほど、『イコライザー』の19秒の世界観を最後まで意識したイベントとなった。「またこれで大ヒットして、3のイベントも出たいね」と京本さんと梅沢さんが次作への期待を話し、大盛況のままイベントは幕を閉じました。


『イコライザー2』

2018年10月5日(金)全国ロードショー。

#イコライザー2 
Equalizer2.JP

STORY
マッコール(デンゼル・ワシントン)の現在の“表”の職業はタクシードライバー。CIA時代の元上官である親友スーザン(メリッサ・レオ)が何者かに殺害され、マッコールは極秘捜査を開始。そして、スーザンが死の直前まで手掛けていた任務の真相に近づくにつれ、彼の身の上にも危険が迫りその手口から身内であるCIAの関与が浮上。相手は自分と全く同じ特殊訓練を受けたスペシャリストだった!〈イコライザー〉VS〈イコライザー〉の正義と悪の壮絶な闘いが展開していく!!

***********************************


監督: アントワーン・フークア(『トレーニングデイ』『イコライザー』)
キャスト:デンゼル・ワシントン(『トレーニングデイ』『イコライザー』)、ペドロ・パスカル(『キングスマン: ゴールデン・サークル』)、メリッサ・レオ(『イコライザー』『プリズナーズ』、ビル・プルマン(『イコライザー』『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』)