「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

北村龍平監督最新作ソリッドシチュエーションスリラー『ダウンレンジ』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 「VERSUS」で世界にその名を轟かせた北村龍平監督が、原点回帰とも言える衝撃のソリッドシチュエーションスリラーを完成させた。

最新作『ダウンレンジ』が9月15日より新宿武蔵野館ほかにて公開です。

ポスター画像も到着!「エルム街の悪魔」シリーズも手掛けるマシュー・ピークによるものだそうです。

映画情報どっとこむ ralph 『ダウンレンジ』とは銃弾の射程圏内を指す用語。

6人の大学生が車に相乗りし、遮るもののない広大な山道を走っていると、突然タイヤがパンクする。仕方なく全員が車を降り、携帯電話を取り出してみるが山道のせいか電波は不安定だ。ひとりの男子がタイヤ交換を始めると、パンクはアクシデントではなく、銃撃を受けていたことに気づく。その時、既に彼らは見えない「何か」の標的になっていた・・・。

見えない敵に追い詰められていくそのさまはスティーブン・スピルバーグ監督作品『激突』にも似た焦燥感に満ちている。また広い荒野の中にも関わらず全く身動きの取れない相反するシチュエーションを演出、『CUBE』や『SAW』に匹敵するギリギリの逼迫感がスクリーンを圧倒する。

映画情報どっとこむ ralph 本作はブラッドリー・クーパー主演『The Midnight Meat Train』(08)を手掛けた後、『ルパン三世』(14)の北村龍平監督と2016 年『この世界の片隅に』を社会的大ヒットに導いた真木太郎プロデューサーがタッグを組んだ異色の注目作である。一発の銃弾が平和な日常を一転させる銃社会アメリカ。抵抗不可能の社会的恐怖を本作であぶりだす。

2017年のトロント国際映画祭を皮切りに、シッチェス・カタロニア国際映画祭、釜山国際映画祭など世界各国の映画祭で上映され、喝采を浴びた。

ダウンレンジ
原題:Downrange

物語・・・
6人の大学生が相乗りし、広大な山道を車で横断していると、タイヤがパンクする。タイヤ交換を担当した男は、パンクはアクシデントではなく、銃撃を受けていたことに気づく。その時、既に彼らは「何か」の標的になっていた…。

公式HP:
http://downrangethemovie.com/

***********************************

監督・製作・共同脚本:北村龍平(『ルパン三世』)  
製作総指揮:真木太郎(『この世界の片隅に』)  
製作:森コウ
編集:北島正平
原案・脚本:ジョーイ・オブライアン(『フルタイム・キラー』)
出演:ケリー・コンネア/ステファニー・ピアソン/ロッド・ヘルナンデス・ファレア/アンソニー・カール/アレクサ・イエームス/ジェイソン・トバイアス/イーオン・ボイド/吉松育美
2018年/アメリカ/90分/R-15 
©Genco. All Rights Reserved.
   


「VR ZONE OSAKA」のアクティビティにゴジラが参戦!ゴジラの活動を停止せよ!


映画情報どっとこむ ralph 第1作の『ゴジラ』(1954)が公開されてから64年。

今秋にオープンする注目の施設「VR ZONE OSAKA」にてゴジラの圧倒的な破壊力を体験できる新VRアクティビティ「ゴジラVR」の先行稼働が決定!
ゴジラによって無残に破壊されている街をかいくぐり、仲間と協力しながらゴジラの圧倒的な破壊力の恐怖をVRで体験することができます!


2018年秋にオープン予定のVRエンターテインメント施設「VR ZONE OSAKA」に、ゴジラの圧倒的な 破壊力をVRで体験できる「ゴジラ VR」の設置が決定!
オープンと同時に稼働開始となります。体験者 は攻撃ヘリ部隊の一員として、「血液凝固弾」を命中させ、ゴジラの活動を停止させることがミッション! ゴジラによって無残に破壊されている街をかいくぐり、仲間と協力しながらゴジラの圧倒的な破壊力の恐怖 をVRで体験することができます。「VR ZONE OSAKA」の入場チケットの予約は2018年8月23日(木)に開始します。

VR ZONE OSAKA
(大阪府大阪市北区角田町5-15 「HEP FIVE」8階、9階)
⇒2018年秋より稼働開始予定

公式ホームページ:
https://vrzone-pic.com/osaka/

映画情報どっとこむ ralph 因みに!!!!!
東京での稼働は11月を予定しています。

VR ZONE SHINJUKU
(東京都新宿区歌舞伎町1-29-1)

公式ホームページ:
https://vrzone-pic.com/shinjuku/

***********************************

TM&(C)TOHO CO., LTD.
(c)BANDAI NAMCO Amusement Inc.


第2弾始動!『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』特報到着!


映画情報どっとこむ ralph テレビ放送から12年。2017年秋より開幕した『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2弾が、遂に始動!タイトルは、『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』。
今秋、11月10日(土)より全国107館にて全国公開となります。
本作で描かれるのは父をなくしたアネモネの魂の軌跡。
世界を救うために、戦場へと投入されるアネモネが戦う相手は、26億人を死に至らしめた絶望の存在“7番目のエウレカ=エウレカセブン”。
そして、アネモネとエウレカが出会う時、『ハイエボリューション』が描こうとした真の世界が明かされることになります。

監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが集結。さらに新メカニックのデザイナーとして、ニルヴァーシュのオリジナルデザイナーである河森正治も参加しています。

今作の舞台は、「エウレカセブン」シリーズ初の東京。
解禁された待望の新ビジュアルは、業火に包まれた東京の上空に舞い降りる、シリーズ至上最大級の大きさを誇るニルヴァーシュ。この二ルヴァーシュは人類の敵か味方か。
特報映像では、東京を覆う“エウレカセブン”と、ニルヴァーシュの戦闘シーンが描かれています。
最後に登場する幼きアネモネの涙の意味とは――。

新たなストーリーの扉が開き、ここから全てがはじまる――。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁されたビジュアルと特報映像は7月20日(金)より、全国の上映劇場にて順次公開され、さらに同20日より、ファン待望の新ビジュアルを使用したオリジナルクリアファイル付ムビチケカードが販売されます。(特典は数量限定のため無くなり次第終了となります。一部取扱いのない劇場もございます)

詳細は映画公式サイトをご覧ください。
公式HP:http://eurekaseven.jp/

映画情報どっとこむ ralph ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン

2018年11月10日(土)全国ロードショー

まだ幼かったあの日。父はアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。
アネモネの小さな胸に深く残る後悔。彼女の心を支えたのは、ぬいぐるみのガリバーとAIコンシェルジュ・ドミニキッズ。
7年が経過し、アネモネは父が散った戦場――東京にいた。
アネモネは実験部隊アシッドが実行する作戦の要として、人類の敵「7番目のエウレカ=エウレカセブン」と戦わなくてはならないのだ。エウレカセブンにより追い詰められた人類は、もはやアネモネに希望を託すしかなかった。そしてアネモネは、エウレカセブンの内部へとダイブする。

***********************************

監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一/原作:BONES
メインメカニックデザイン:河森正治/コンセプチャルデザイン:宮武一貴/
デザインワークス:武半慎吾、永井一男、出渕裕、齋藤将嗣、中田栄治、草彅琢人、片貝文洋、柳瀬敬之、
コヤマシゲト/サブキャラクターデザイン・キャラクター総作画監督:藤田しげる、倉島亜由美/
特技監督:村木靖
デザインワークス・メカニック作画監督:横屋健太
メインアニメーター:柿田英樹、
金子秀一、大塚健、阿部慎吾、長野伸明/美術監督:永井一男、本庄雄志/色彩設計:水田信子/
編集:坂本久美子
撮影監督:木村俊也/3D監督:篠原章郎(グラフィニカ)/音響監督:若林和弘/
音楽:佐藤直紀/アニメーション制作:ボンズ/
製作:バンダイナムコアーツ、バンダイナムコエンターテインメント、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、
ボンズ、MBS
配給:ショウゲート
©2018 BONES/Project EUREKA MOVIE


日比谷にヘリコプター!!トム・クルーズら登場!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が、8月3日(金)より日本公開いたします(全米公開7月27日)。

この度、公開に先駆け、トム・クルーズを筆頭にヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の4名がプロモーションの為に来日。

昼間に行われた記者会見に続き、ジャパンプレミアが行われました。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア
日時:7月18日(水) 
場所:東宝ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場
登壇者:トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督

映画情報どっとこむ ralph 夕方からジャパンプレミアが行われました。

スチール、ムービー合わせ、約130名程のマスコミと、会場内のプレミア招待客500名と、トムを一目でも見ようと会場周囲に集まったファン合わせて約1000人が待ち構える中、トムを筆頭にレッドカーペットに登場したキャスト、監督がそれぞれに登場すると、ファンは大熱狂!

レッドカーペット上で、

トム:とても興奮しているよ!信じられないくらいワクワクしている。日本のファンとは温かい関係が築けていると、来日する度に感じているんだ。日本のファンが作品を観てどんな反応をみせてくれるのか期待しているよ。

とコメント、続いて

ヘンリー:日本の歴史や文化がとても好きなんだ。こうやって仕事じゃなくて、今度は是非休暇で来たいね。

サイモン:前回来日したときよりも暑いね(笑)日本は毎回来るのが楽しみなんだ。どんなときでも来たいと思っているよ!

マッカリー監督:前回よりも暑くないから少し快適だ(笑)日本が大好きだよ。作品は本国で今とても良い反応を得られていて、非常に誇りに思っている。みんなが一生懸命取り組んでくれたお陰だね。前作の反応がとてもよかったから、続編を担当する監督は大変そうだなんて思っていたら、結局自分がやることになったわけだけど(笑)

とそれぞれにコメントを寄せました。

また、マスコミの取材をこなしたあとは、その熱狂ぶりに応えるように、一人ひとり丁寧にファンサービスを行い、ワールドプレミア時と同様にカーペット上ですれ違うと声を掛け合うなどし、仲睦まじい様子もみせました。

その丁寧で優しさ溢れる対応に、ファンは「来れてよかったね~!」と口にするなど大興奮!今年最高の猛暑が東京を襲った中、約2時間にもわたるファンサービス。

映画情報どっとこむ ralph その後・・・ステージイベントが行われました。

作品の中で登場する同系列モデルのヘリコプターと、今回のジャパンプレミアの為に、ドイツから日本に送り届けられたという、本作仕様のBMW M5モデルが華を添えるステージに、ヘンリー、サイモン、マッカリー監督が登場し、再び観客から大歓声があがる中、突如ヘリが霧に包まれ、そこからトムが登場!

本作の完成を待ちわびていた日本のファンに向けて、

トム:こんばんは、よく来てくれました!とても暑いけど、温かい歓迎に本当に感謝しています。これが日本だね!みんな大好きだ!ベストを尽くしてつくった映画です。きっとワクワクするはず!みんなの為につくったよ!
とコメントすると、ファンからは「トーム!」「I love you!」といった声が多数あがりました。


続いて

ヘンリー:僕は君(トム)を上回る日本好きなんだからね。日本のみんなのことが大好きです!歴史や伝統が豊かな国だし、もっとゆっくり来てみたいです!

といい、続けて

ヘンリー:今度マッカリー監督の、日本を舞台にした、トムが主演の、勿論僕も出演する、サイモンにも一役買ってもらって(笑)映画をつくれればと思うけどどう思う?

とファンに呼びかけると大きな拍手が向けられました。


サイモン:コンニチワ!日本の全てが好きです!みんなこの暑い中、すごい熱気で迎えてくれて、その忍耐力はたまらなくクレイジーだと思うけど(笑)熱烈な応援に感謝します。早く観てもらいたいな!

とコメント。

マッカリー監督:この面子で最後に挨拶となると、もう何もいうことなくなっちゃうな(笑)日本大好き!本当に来てくれてありがとう!

とコメントを寄せました。

映画情報どっとこむ ralph 一歩間違えれば命に係わる、ノースタントでのアクションが注目を浴びている本作ですが、そのこだわりについてトムは設置されたヘリに近づき、撮影を思い出すように機体を触りながら

トム:このヘリはとても楽しんで操縦したんだ。急降下してスピンもしたよ!ヘリが僕のことをよくめんどうみてくれて、こうやって無事に撮影を終えることができたんだ。

と明かしました。
世界的大ヒットシリーズにはじめて参加したことについて

ヘンリー:このような人気シリーズに参加できること自体光栄だし、この素晴らしいキャストたちと共演できたこと、そして、最高の監督であるマッカリーと仕事ができたことを本当に嬉しく思っているんだ。その中でも、トムと毎日顔を合わせることということが一番スペシャルな出来事だった。トムは優しく寛大で親しみのある人物だ。朝、互いのファーストネームを呼びながら挨拶する日が訪れるなんて、とてもクールな経験だったよ。

と感無量の様子で語りました。

シリーズを重ねるごとに役割が多くなってきている大人気キャラクターであるベンジーですが、次回作ではスタントもやってしまうのでは?といった質問が及ぶと、

サイモン:実は全て僕がトムのマスクを被って演じていたんだ。大きな格闘シーンがあるんだけど、生きながらえるか是非スクリーンで確認して!

とユーモアたっぷりに回答し笑いを誘いつつ、

サイモン:ヘンリーが言うように、みんなとの仕事は特別な経験だ。超一流の役者と超一流の監督がいたからね

と語ると、

トム:僕もこれだけの素晴らしい俳優たちと一緒に仕事ができて、本当に幸せだった。毎日、撮影場所にいくのが楽しみでたまらかったよ。マッカリーと仕事することも大好きなんだ。本当に楽しいんだ!

と語ると、

マッカリー監督:ヘンリーは一生懸命で役者として素晴らしい。そして、イケメンだ(笑)サイモンだって、ハンサムだ!今回彼がこの作品において、人間らしさの部分を担ってくれている。でも、第一にトムなしでつくれなかったけどね!

と語るなど互いを称賛し合いました。

また、トムとの仕事について質問が及ぶと、

マッカリー監督:トムとは、これまでに10年以上仕事をしてきたけど、実は正式に映画をつくろうと話したことはないんだ。だから何年もかけて貯めていたアイディアがこの映画にも含まれている感じなんだ。前作でトムがヘリにしがみついたシーンだって、最初はジョークだったんだよ!でもそれをトムは真剣に受け止めてしまった。今後はジョークでさえ気を付けないといけない(笑)自分で演出するにあたり、僕もヘリなどに乗らないといけないわけだから、二度とやらない!僕は面白くないんだ!

と茶目っ気たっぷりに回答し、会場は笑いに包まれました。また、マッカリー監督は、記者会見でも多く語られた、トムの骨折エピソードも披露!その驚愕のエピソードに会場からは驚嘆の声があがりました。

最後に・・・

トム:23回も日本に来ているなんて信じられない。初めて日本に来たことを覚えている。あのときも温かい歓迎を受けて、本当に感動したんだ。そのときのことを思い出しながら、自分はこんな良い人生をおくっているんだと今日改めて思った。みんなが楽しめるものを届けたいと思ってやってきた。その結果、みんなの楽しみの一つとして僕を選んでくれてありがとう。温かい笑顔をありがとう。素晴らしい会話をありがとう。こんなにも日本に来れることは本当に名誉なことだと思っています!!

と挨拶。その熱のこもった愛情たっぷりのコメントに、ファンは更なる拍手と歓声をトムたちに向けました。


またステージ上を去る前に、マッカリー監督の妻と娘をステージ上に呼び、紹介を始めたトム。

トム:このふたりの助けがなければ、この映画はつくることができなかった。彼女たちは本当に素晴らしいんだ。

と拍手をおくる場面もみられるなど、トムの愛情深く、誠実な一面も垣間見らました。去り際までも「トムー!」「ヘンリー!」「サイモン!」「I love you!」「Thank You!」と歓声は続き、このジャパンプレミアの様子を生中継していたTwitterライブの視聴数は200万人を超え、国内映画業界最高数値レベルを叩き出し、さらに、Twitterトレンドにもあがるなど、現場以外での場所でも大盛り上がりの中、ファンも大満足のジャパンプレミアは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph ジャパンプレミア後には、日本最速の一般試写会が行われ、その舞台挨拶が行われました。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT 

公式サイト:http://missionimpossible.jp/ 

公式Twitter:@mimovie_jp 
#mijp

***********************************

日本公開:8月3日(金) 全米公開:7月27日(金)予定
監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、
ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
 
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


『去年の冬、きみと別れ』 瀧本智行監督インタビュー到着!岩田剛典のヒゲはペンで書いていた!?


映画情報どっとこむ ralph この度、『脳男』、『グラスホッパー』など数々のサスペンス・エンターテイメントを手掛てきた瀧本智行監督がインタビューに応じ、 ”映像化不可能”と言われた中村文則の原作を見事映画化するに当たってのこだわりや、主演の岩田剛典との今だからこそ話せる撮影エピソードなどを語ってくれています。


本日ブルーレイ&DVD リリース! 『去年の冬、きみと別れ』 瀧本智行監督インタビュー到着!
岩田剛典のヒゲはペンで書いていた!?
映画化へのこだわりや、今だからこそ話せる撮影秘話を語る!

映画情報どっとこむ ralph ■原作ファンならではのこだわり

滝本監督:え!という気持ちでしたね(笑)これを映画化するのか…という感じはありました。

とのオファーがあったときの気持ちを語った瀧本智行監督。

滝本監督:もともと中村さんは、芥川賞を受賞した『土の中の子供』など、いわゆる日本の純 文学の系譜に位置するような、暗くて重い作品を書かれる作家さんでした。僕はその 頃の作品も大好きだったんですが、この小説ではより多くの読者を相当意識したんだ と思います。ミステリーの手法を使えばより開かれたものになるんじゃないかと、意識的 に取り組まれたある種テクニカルな作品なんですよね。そういう意味では映画もテクニ カルな部分も大切にしながら、中村文学の本質みたいなものはしっかりと感じられる ような映画にしたいなと思いながら監督していました。

中村のファンで本作も読んで いたという瀧本監督は、原作を分析しながら撮影時をこう振り返っている。実際、脚 本も中村とやりとりし、10 稿以上の推敲を重ねたという。


■「すごく成長したのは間違いない」

岩田剛典との撮影を振り返り そんな本作で岩田剛典は、映画単独初主演を果たしている。岩田との撮影について、

滝本監督:彼は俳優としての技術的な基礎の 部分はまだ固まっていませんでしたが、そういう意味では白紙のキャンバスが目の前にあるみたいな気分でした。

と語えい

滝本監督:すごく成長したのは間違いない。それはみんなも認めるところだと思います。僕に言わせると彼はとてもポテンシャルがある 人なので、彼に何かをしてあげたつもりは全くなくて、その道筋を僕も一緒になって探したというか。僕もどうすればいいのか、岩田剛典の持っているもの、感じているものが、どうすればいい形でスクリーンに映るかを探しながら、今日はこの辺をつついてみ ようとか。こっちは違ったな、じゃこちらをつついてみようかな、とか。そういう日々でしたね。

と振り返った。

初日舞台あいさつでは瀧本監督からの手紙に、岩田が男泣きする場面も話題となったが、

滝本監督:恥ずかしいからやめようと言った んですけどね。僕に課せられた宿題は、岩田剛典を舞台上で泣かせてください、ということでした(笑)。(手紙の)文章は この映画のシナリオよりも時間をかけて推敲しまくりましたからね(笑)

と照れくさそうに話した。さらに、公開後の今だから話せることを聞かれると、

滝本監督:(終盤のシーンの)岩田君のヒゲは全部ペンで書いたんです。

と驚きの 秘話を披露。

滝本監督:どうしてもヒゲがほしかったんですが、ヒゲが薄くて生えないんですと言っていて。3 日、4 日ぐらいヒゲが生えるの を待っていたんですけど、やっぱり薄くて。

と明かした。

■「2 度、3 度の鑑賞に耐えられるものを作った」

最後に今回のブルーレイ&DVDリリースについて、

滝本監督:最初にスタッフとは、2度、3度の鑑賞に耐えられるものを作るぞということ を話し合いました。“驚愕の真実”とか“予測不能などんでん返し”とか、そういった宣伝文句になることは分かっていましたか ら。そうするとお客さんは、どんなどんでん返しがあるんだろう、という興味でこの映画を最初に観ると思います。でも中村さんの 小説の本質は、人間というものをどう見るか、どう描くかということ。そこにずっとこだわってきた作家さんですし、僕自身もそう。 だからすべての真相を知った上で、『そうか主人公はこんなことがあって、こんなふうに変化して。だからその瞬間にこんな表情 をしていたんだ』と2回、3回と観ることで発見していくことがこの映画の本質だと思うので、何度でも観ていただいて、発見して いただけたらとても嬉しいです。

と思いを述べた。

映画情報どっとこむ ralph
『去年の冬、きみと別れ』 好評ブルーレイ&DVD リリース/デジタル配信中
【初回仕様】 ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)¥6,990+税
【初回仕様】 DVD プレミアム・エディション(2 枚組)¥5,990+税
【初回仕様】 ブルーレイ ¥4,990+税
【初回仕様】 DVD ¥3,990+税 発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

【映像特典 収録内容】
<プレミアム・エディション>
●撮り下ろし!今だから語れる、岩田剛典<公開後>単独インタビュー
●メイキング・オブ 『冬きみ』~撮影日誌~
●未公開映像集
●イベント映像集 – 完成披露試写会舞台挨拶 – 公開直前!岩田剛典誕生日サプライズイベント:舞台挨拶&舞台裏映像も! – 初日舞台挨拶

<マスコミ取材回>
●本編をご覧になった皆様へ ~ジャパンプレミア上映後:岩田剛典舞台挨拶~
●劇場予告編・TV スポット集 【封入特典】 <プレミアム・エディション>
●ブックレット(プレス縮刷版/24 ページ)
●特製大判ポストカードセット(3 枚組)
●木原坂雄大フォトカード
●蝶ステッカー <通常版>
●蝶ステッカー

***********************************