「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

ファンタジー・ロマンス『シェイプ・オブ・ウォーター』第90回アカデミー賞(R) 最多13部門ノミネート!!


映画情報どっとこむ ralph 第90回アカデミー賞(R) 最多13部門ノミネート!!

この度20世紀フォックス映画配給の『シェイプ・オブ・ウォーター』が、第90回アカデミー賞(R)ノミネートにおきまして作品賞、監督賞(ギレルモ・デル・トロ)、主演女優賞(サリー・ホーキンス)、助演男優賞(リチャード・ジェンキンス)、助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)、脚本賞(ギレルモ・デル・トロ)、作曲賞、編集賞、衣裳デザイン賞、美術賞、撮影賞、音響編集賞、録音賞の<最多13部門のノミネートを果たしました

本作は『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』などの世界的ヒット作で知られる、メキシコの巨匠ギレルモ・デル・トロ監督によるファンタジー。ひとりの孤独な女性と水の中で生きる不思議な生物との言葉を超えた“愛”を描き、映画賞を席巻中。この度も圧巻の最多ノミネートとなりました! 

昨年のベネチア国際映画祭では満場一致で金獅子賞を受賞。ゴールデングローブ賞では、最多7部門ノミネート、監督賞・作曲賞2部門を受賞。12月1日よりニューヨーク限定2館で始まった先行公開を皮切りに、8週目となる現在まで徐々に公開館数を拡大しながら興行収入3,000万ドルをすでに突破(1/21現在)、賞レース前哨戦でもすでに74受賞、256ノミネートを果たし(1/21現在)、特にアカデミー賞(R)との親和性の高いブロードキャスト映画批評家協会賞では、他を寄せ付けない、史上最多となる14部門でのノミネートを果たし、圧倒的な強さを見せています。

アカデミー賞(R)の発表は、日本時間3月5日(月)となります。

映画情報どっとこむ ralph 世界的人気監督ギレルモ・デル・トロ監督の最高傑作!

孤独だが慈愛に満ちた女性イライザを演じたのは『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンス、彼女を支える優しい隣人に『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス、イライザと恋に落ちる生き物に息吹を与えるのは『パンズ・ラビリンス』でもデル・トロ監督とタッグを組んだダグ・ジョーンズ、冷徹な政府の調査官には『テイク・シェルター』のマイケル・シャノン、イライザの頼もしい同僚には『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサーが扮しています。──類まれなる美しさをたたえた映像世界!!切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス!!

Sally Hawkins in the film THE SHAPE OF WATER. Photo by Kerry Hayes. © 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved


シェイプ・オブ・ウォーター

原題:The Shape of Water 

物語・・・

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。
人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……

***********************************

監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』

出演:サリー・ホーキンス『ブルージャスミン』、マイケル・シャノン『テイク・シェルター』、リチャード・ジェンキンス『扉をたたく人』、ダグ・ジョーンズ『パンズ・ラビリンス』、マイケル・スツールバーグ『シリアスマン』、オクタヴィア・スペンサー『ドリーム』
配給:20世紀フォックス映画
  
(C)2017 Twentieth Century Fox


『スリー・ビルボード』第90回アカデミー賞(R) 作品賞含む6部門で7ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 『スリー・ビルボード』が、日本時間23日(火)のアカデミー賞(R)ノミネート発表で。作品賞、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)、助演男優賞Wノミネート(ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル)、脚本賞、作曲賞、編集賞の6部門で7ノミネートされました

なおアカデミー賞(R)の授賞式は、日本時間3月5日(月)となります。


本作はハリウッドが誇る演技派女優フランシス・マクドーマンドが主演するクライム・ドラマ。アメリカ、ミズーリ州の片田舎の町で娘を殺されたミルドレッドは、依然解決しない事件への抗議のために、町はずれに巨大な広告看板を設置した。それを快く思わない警察官や住民とミルドレッドの間の諍いは、日増しにエスカレートしながらも、事態は思わぬ展開を見せていくのだった……。

<名優たちの演技に絶賛の声!!>

娘のために全てをかなぐり捨てて孤高の闘いを決意するミルドレットに『ファーゴ』のフランシス・マクドーマンド
、彼女と対立する警察官には『猿の惑星:聖戦記』のウディ・ハレルソン、『コンフェッション』のサム・ロックウ
ェルが扮し、圧巻の演技力を見せています。演劇界の鬼才マーティン・マクドナー監督のもとに才能が集結!2月1日(木)からの公開を前に話題を呼んでいます!


映画情報どっとこむ ralph スリー・ビルボード

物語・・・

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

ベネチア国際映画祭で脚本賞を受賞後、近年アカデミー賞作品賞に大きく影響するトロント国際映画祭の観客賞を受賞。ゴールデングローブ賞では、最多となる<作品賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞>の主要4部門を受賞。
11月10日からの全米公開ではわずか4スクリーンで館アベレージ8万ドルを超える、今年2番目(公開時点)の記録となる大ヒットスタートを切り、11週目となる現在、興行収入3,200万ドルを突破するスマッシュヒット(1月21日現在)となっている。
賞レース前哨戦でもすでにゴールデングローブ賞、全米俳優協会賞など最重要ポイントを制覇、79受賞、193ノミネートを果たしている(1月21日時点)。


***********************************

監督・脚本・製作:マーティン・マクドナー『セブン・サイコパス』
出演:フランシス・マクドーマンド『ファーゴ』、ウディ・ハレルソン『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』、サム・ロックウェル『コンフェッション』、アビー・コーニッシュ、ジョン・ホークス、ピーター・ディンクレイジ、ルーカス・ヘッジズ

原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri
配給:20世紀フォックス映画   
(C)2017 Twentieth Century Fox


『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』第90回アカデミー賞 (R)作品賞・主演女優賞 2部門ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 2大オスカー俳優メリル・ストリープ✕トム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は 3月30日(金)より公開となります。

この度、現地時間1月23日に第90回アカデミー賞のノミネーションが発表され、本作が作品賞、主演女優賞にノミネートを果たしました!!!
メリル・ストリープは昨年の『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』に続きノミネート。
なんと21回めだそうです!

現地時間3月4日に開催される授賞式の行方が期待されます!

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

公式サイト:http://pentagonpapers-movie.jp/

公式Twitter:@pentagon_movie

政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…報道の自由、信念を懸けた“決断”の時は近づいていた-。

スピルバーグは「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、予定していた作品よりも先に製作する事を決め、撮影を敢行。
政府によってジャーナリズムに規制がかけられ、何が真実で、何が正しいのかがわからなくなってきている現代。
「今」だからこそ伝えるべき作品と強烈なメッセージを込め、この危機的状況に警鐘を鳴らす作品に仕上げています。
そんなスピルバーグの強い呼びかけに応え、名優メリル・ストリープとトム・ハンクスがついに初競演!
脚本はリズ・ハンナ、そして『スポットライト 世紀のスクープ』のジョシュ・シンガーが手がけ、音楽はジョン・ウィリアムズ、撮影はヤヌス・カミンスキーが担当するという世界最高の布陣となっております。

物語・・・

1971年、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国内には反戦の気運が高まっていた。
国防総省はベトナム戦争について客観的に調査・分析する文書を作成していたが、戦争の長期化により、それは7000枚に及ぶ膨大な量に膨れあがっていた。ある日、その文書が流出し、ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープした。ライバル紙のニューヨーク・タイムズに先を越され、ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと編集主幹ベン・ブラッドリーは、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する。
真実を伝えたいという気持ちが彼らを駆り立てていた。
しかし、ニクソン大統領があらゆる手段で記事を差し止めようとするのは明らかだった。

政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…報道の自由、信念を懸けた“決断”の時は近づいていた-。

***********************************

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
キャスト:メリル・ストリープ、トム・ハンクス他
全米公開:2017年12月22日 (限定公開)2018年1月12日(拡大公開)
日本公開日:2018年3月30日(金)
原題:The Post
配給:東宝東和
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.


『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』第90回アカデミー賞でクリストファー・プラマー助演男優賞にノミネート


映画情報どっとこむ ralph フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。

1973年に発生し、1700万ドルの身代金を要求された彼の孫の誘拐事件を巨匠リドリー・スコットが映画化した『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』が第90回アカデミー賞でクリストファー・プラマーが助演男優賞にノミネートされました!

クリストファー・プラマーは『終着駅 トルストイ最後の旅』(2009年)において2010年に開催された第82回アカデミー賞で初めて助演男優賞にノミネートされ、その後、『人生はビギナーズ』(2010年)で第84回(2012年開催)アカデミー賞助演男優賞を見事受賞、6年ぶり3度目となるアカデミー賞助演男優賞のノミネートとなります。

映画情報どっとこむ ralph 『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』

2018年初夏 全国公開
実は、本作はケビン・スペイシーのセクハラ疑惑発覚。
リドリー・スコットが再撮影することを決意。

11月13日にはクリストファー・プラマーをピンチヒッターとして起用することが発表され、その月の下旬から再撮影がスタート。
12月上旬には作品が完成し、当初の全米公開に間に合わせたという大逆転劇を成し遂げましたもの。

“世界中のすべての金を手にした”と言われた大富豪ジャン・ポール・ゲティ(C・プラマー)。
愛する17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドル(約47億円※)という破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうかその支払いを拒否。
彼は大富豪であると同時に、稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家から離れ中流家庭の人間となっていたポールの母ゲイル(M・ウィリアムズ)は、息子のために誘拐犯のみならず世界一の大富豪とも戦うことに。
一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫る。
しかし、事件は思いもよらぬ展開へと発展していく。昨日まで普通の母親だった人間が、世界中の金(All the Money in the World)を手にした男と手段を選ばない犯人グループにどう立ち向かうのか?
息子の命を救えるのは母の愛か、金の力か?重厚なドラマと最後まで目が離せないスリリングな展開に期待が高まる(※事件が発生した1973年11月当時の為替レート1ドル=278.263円で算出)。

出演は、実力派のミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグに加え、アカデミー賞受賞のケビン・スペイシーがゲティ役で出演・・・するはずだった。
しかし、ハリウッドの大プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ告発に端を発した一連の騒動から派生し、12月の全米公開を目前に、あろうことかケビン・スペイシーの降板劇が発生。
お蔵入りすらささやかれた本作だが、急きょ、オスカー俳優のクリストファー・プラマーをゲティ役に抜擢。

ミシェル、マーク、そしてスタッフが一致団結して短期間での再撮影を敢行、リドリーを中心とした全キャスト、スタッフの本作にかける情熱とこれまでに例を見ない展開が世界中の注目を集めた作品です。

***********************************

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ クリストファー・プラマー ロマン・デュリス チャーリー・プラマー and マーク・ウォールバーグ
脚本:デビッド・スカルパ
原作:ジョン・パーソン ”Painfully Rich: The outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J.Paul Getty”

配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


『ゲット・アウト』第90回アカデミー賞作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネート


映画情報どっとこむ ralph 現在上映中『ゲット・アウト』(原題:GET OUT)が第90回アカデミー賞ノミネーションが発表され、作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネートされました!
低予算ながらも全米初登場で NO.1 大ヒットを記録し、 監督デビュー作にも関わらず米映画レビューサイトで99%大絶賛された、映画の常 識を覆すサプライズ・スリラー! 2017 年 10 月 27 日(金)より全国 33 館で小規模公開され、映画ファンを中 心に SNS 上でも高評価が続出し、興行収入 1 億円の大台を突破するなど、本国同様、日本でもサプライズ・ヒット上映中です!

映画情報どっとこむ ralph また、本年度ゴールデン・グローブ賞でも作品賞&主演男優賞 2 部門にノミネートされ、惜しくも受賞は逃したものの、各映画賞 でサプライズ受賞!

そして、この度、本年度アカデミー賞ノミネーションが発表され、作品賞&主演男 優賞&監督賞&脚本賞4 部門にノミネートされました! 作品賞に関しては、ジャンル映画にも関わらず、ゴールデン・グローブ賞に続き、本作 が見事にノミネート入り!また、主演男優賞に関しては、ゴールデン・グローブ賞に続 き、ダニエル・カルーヤが初ノミネートを果たしました!そして、監督賞&脚本賞に関 しては、監督デビュー作にも関わらず、ジョーダン・ピールが初のダブル・ノミネートを達 成しました! 低予算映画にも関わらず、4 部門サプライズ・ノミネートの快挙!授賞式は現地時間 3月4日(日)!

果たして『ゲット・アウト』の運命は!?

http://getout.jp

https://twitter.com/GetOutJP

大ヒット上映中!

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは 裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。

その夜、庭を猛スピードで走り去る 管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。

翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパー ティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携 帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがお かしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

製作を手掛けたのは、『インシディアス』『ザ・ギフト』『ヴィジット』のジェイソン・ブラム。 また、監督・脚本を務めたのは、アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ ピール。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンが異色のタッグを組み、じわじわ来 る“恐怖”とあっと驚く“結末”が待ち受ける、今まで誰も観たことないオリジナリティ溢 れる本作を作り上げた!

***********************************

製作:ジェイソン・ブラム
監督・脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー
ユニバーサル映画
配給:東宝東和
© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved