「サイコ」カテゴリーアーカイブ

映画『累 -かさね-』衝撃の原作、遂に最終回!土屋太鳳、芳根京子から熱いメッセージ!


映画情報どっとこむ ralph 現在、13巻まで発売され累計発行部数230万部突破、イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるまが放つ『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)が、『ストロベリーナイト』や『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督により実写映画化。

キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳さんと芳根京子さんの二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じます。
日本に先んじて、スイスで行われた第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭に出品され、目の肥えた海外の観客からの大絶賛を受け、「観客賞」を受賞! その他、続々と海外映画祭から呼ばれており、早くも海外から注目されております。


そんな映画の原作漫画が、漫画誌「イブニング」で堂々のフィナーレを迎えます!

本日発売の漫画誌「イブニング」(17号)にて、漫画「累」の最終回である第125話が掲載され、2013年から5年間続いた連載が遂に終了します。その表紙を実写映画の主演である土屋太鳳さん、芳根京子さんの2人が、映画のビジュアルで表紙を飾ります!

映画情報どっとこむ ralph そんな二人から、原作終了前日である今日、同タイミングでブログにコメントと2ショット写真をサプライズでアップ!

土屋太鳳 さん(淵 累/丹沢ニナ 役):
漫画「累」がいよいよ、明日発売する「イブニング」にてフィナーレを迎えるとのこと。
本当におめでとうございます…! 私が昨年夏に体験した累たちの世界は、なぜか「永遠」の感覚に近くて、その世界が節目を迎えることは想像が出来ないのですが、5年の月日を走り続けてきた累たちは消えるのではなく、これから更に読む人々のもとに、美しくせつなく舞い降り続けるのだと思います。「累」の世界に出会うことが出来て、本当に本当に本当によかった…!私は本当に…累たちに、どんなに救われたことでしょう。
これから末永く、そしてゆっくりと、感謝をお伝えしていけたら嬉しいです。
スクリーンの累とニナと共に、心からの愛を込めて。

芳根京子さん (淵 累/丹沢ニナ 役):
松浦だるま先生、本当に、本当にお疲れ様でした!
試写の時、だるま先生の後ろの席で鑑賞していたのですが、映画が終わった時、だるま先生が振り向いて「累になってくれてありがとう」と手を握ってくださいました。
それが、嬉しくて、ホッとして、温かくて、あぁ、累と一緒に戦ってよかった、とたくさんの感情の涙が止まらなくなり、佐藤監督がそんな私も見て「人が声を出して泣きわめく姿久しぶりに見た」と爆笑しておりました。笑
去年の夏、映画「累-かさね-」の世界を駆け抜けた時間は、この先も忘れたくない、忘れない、私の大切な大切な宝物です。最高の夏でした。
だるま先生、ニナ、累、本当にありがとうございました!!

映画情報どっとこむ ralph それに応える形で、松浦だるま先生もコメントと描き下ろしで特別イラストをアップ!

松浦だるま先生(原作者):
漫画「累-かさね-」が最終回を迎える事について、映画版主演の土屋さんと芳根さんがそれぞれInstagramとブログでふれてくださり、めちゃくちゃに嬉しいお言葉に感激しております…!映画版に触発されて完走できたと言える部分もあり、描きながらお二人の累/ニナが脳裏によぎる瞬間が何度もありました。
映画「累」の撮影現場ではさながら奇跡を見るようでした。もちろんその演技力はお二人が懸命に培ってきた経験や知識の積み重ねによって表されるのだと思いますが、それだけではなく、土屋さん芳根さんの感性の見せてくれるものが、私には素晴らしい表現として景色としてスクリーンに映って見えました。
 本物の女優であるお二人の力の見せる鮮烈な姿が、原作に与えた衝撃と影響はひとことではあらわせません。原作はイブニング本誌では明日8月10日、単行本では9月7日に最終回を迎え、同時に映画公開と、なんか生まれ変わって羽ばたいていくようです。こんな幸せな作品があるだろうか。
 ちょっとうれしすぎて長々と書きすぎなんですが、土屋太鳳さんも芳根京子さんも本当にありがとうございます。お忙しい中とは思いますが、どうかご自分の身体を大事にがんばってください!映画「累」はもちろん、その先のご出演作品もファンとして追い続けることになりそうです。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ本日終了する大ヒットコミック「累-かさね-」!
実写映画も公開までいよいよ1か月を切りました!

原作同様に、衝撃の展開の連続! 予測不能の劣等感ドロドロバトルが、9月7日(金)、開幕します…!

累 -かさね-

公式サイト:http://kasane-movie.jp/




土屋太鳳オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/tao-tsuchiya/
芳根京子オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/yoshinekyoko/
松浦だるまTwitter:
https://twitter.com/darumaym?lang=ja
***********************************

原作  : 「累 -かさね-」(講談社「イブニング」連載中)   
脚本   : 黒岩勉
監督  : 佐藤祐市
出演 : 土屋太鳳 芳根京子
横山 裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀 れい 
浅野忠信
主題歌  : Aimer「Black Bird」(SME Records)
製作   : フジテレビジョン
配給   : 東宝

Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社


映画『2重螺旋の恋人』診察室での緊迫の精神分析シーンを公開!


映画情報どっとこむ ralph このたび、フランスを代表する映画作家フランソワ・オゾンの最新作『2重螺旋(らせん)の恋人』が8月4日(土)にヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開となります。
今回、本編映像より特別に解禁となるのは、主人公クロエが精神分析医の恋人/ポールと同じ職業、同じ容姿を持つ謎の男・ルイの正体を探るために、自分の素性を隠したまま彼の診察を初めて受ける緊迫のシーン。



本作は『スイミング・プール』『危険なプロット』などサイコスリラーの名手として知られ熱狂的なファンを持つオゾン監督が、4年の構想期間を経て放つ、謎が謎を呼ぶ極上の心理サスペンス。

映像は、精神分析医の恋人/ポールと同じ職業、同じ容姿のルイの存在を偶然知ったクロエ(マリーヌ・ヴァクト)が、初めてルイ(ジェレミー・レニエ)の診察室を訪ねるシーンから始まる。その正体を探るために「先生が知人のポール・メイエルに似ていて」と自身の素性を隠したまま尋ねると、「ポールは自分の双子の弟だ」と答えるルイ。クロエは初めて知る事実に動揺するが、それらを隠すように ‘姉の存在’や、‘母の死’など自身の心境について嘘の設定を話す。しかし、ルイは即座に嘘だと見抜いて、全て「自分を誘惑するための嘘」だと断じる。

オゾン監督自身が「精神分析の治療は場面は動きがないものになりがちだが、本作では心象とカットをリンクさせ、観客は精神分析医になって患者の話を聞いているように感じるだろう」と語っています。本編では、穏やかで包み込むような治療をするポールの診察室との対称性や、シンメトリーに配置された美術にも注目です。

映画情報どっとこむ ralph 2重螺旋の恋人

8/4(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
www.nijurasen-koibito.com

物語・・・
原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。
穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。

ルイと名乗る男はポールと双子で、しかも同じ精神分析医だという。
なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく…。


***********************************

監督・脚本:フランソワ・オゾン
原作:ジョイス・キャロル・オーツ「Lives of the Twins」
音楽:フィリップ・ロンビ

出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、
ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ、ドミニク・レイモン

2017年/フランス/1時間47分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:L’amant Double/
日本語字幕:松浦美奈
配給:キノフィルムズ
R-18

©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION
– FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU


安田顕、ナッツ・シトイ ウェディングスタイルで登場!『愛しのアイリーン』完成披露試写会イベント


映画情報どっとこむ ralph 幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。
二人で歩む、地獄のバージン・ロード!

そこで本作の公開を記念しまして、完成披露試写会が行われ

安田顕さん、木野花さん、ナッツ・シトイさん、そして、吉田恵輔監督、原作者の新井英樹先生が一同に会して舞台挨拶を行いました。
映画『愛しのアイリーン』完成披露“宴”試写会イベント
日時:8月1日(水)
会場:有楽町朝日ホール
登壇:安田顕、ナッツ・シトイ、木野花、吉田恵輔監督、新井英樹

映画情報どっとこむ ralph 主演の安田さんとヒロインのシトイさんがMCに呼び込まれると・・・

結婚行進曲が流れるウエディングスタイルで登場!
祝福するファンの皆さん!

安田さん:どうもありがとうございました。本当にドンドン体がほてってきています!緊張してます。バージンロードでおめでとうございます!!って言われました。プライベートでも歩いてないんですよ。結婚式やってないので。晴れやかな舞台感無量です!

と明かす安田さん。花嫁衣裳のシトイさんは
シトイさん:ミナサン、二ホンにコラレテウレシイデス!エイガヲタノシンデクダサイ!

と、日本語で挨拶すると大拍手。メチャメチャファンのノリがいい本イベント。

シトイさん:私も緊張して・・・そして興奮しました!隣にこんなにハンサム。ベリーかっこいい!が居たので!
安田さん:マイプレジャー。アプリシエイトです。アイラブユー!

シトイさん:I LOVE YOU TOO!

と付け加えると、さらに会場は盛り上がります!

明るい舞台挨拶に、撮影時もこんな様子だったのか尋ねるMCに
木野さん:全然こんなじゃないですよ!暑くて暑くてグダグダな中で集中してやりましたね。
新井先生:ちからいっぱい応援しに来ました!映画傑作になってます!
吉田監督:華やかなこのステージ。勘違いしてないかなと。。。爽やかな恋愛映画を期待してるなら・・・ごめんなさい!劇場を出た時の皆さんのお顔が不安です!

とこれから観る観客に忠告と不安を語ります。

映画情報どっとこむ ralph 吉田監督はデビュー当時から映画企画を創っていたそうで
吉田監督:デビューしてから何度も企画を渡したんですが・・・皆これはちょっと・・・・と言われ続けた十年でした。なぜできなかったのか?映画を観ていただければわかると思います。出来は自画自賛吉田になっています!

と語る監督。
新井先生:私の書いた漫画が映画になるなんて。しかも一番下品なこれが一番最初とは。

とする先生。


このオファーを受けて安田さんは・・・
安田さん:脚本を読んで凄いなと。こんなにオマ○○って言うんだと。こんなに?後半は心に打たれましたが、原作も読んでみると。なぜ私に?という疑問はありました。たふだ、10年前にこれが映画化しなくてよかったです。10年前なら僕はここにいないから。観たらきっと嫉妬していたと思います。この時点の映画化で、自分が間に会ってよかったです。撮影時にも安田顕に引き戻されないように、来てくれたマネージャーさんに視界から消えてもらうようにしました。ゲス田顕のままでいたかったんです!

と、今回の役に手ごたえを感じているそう。

映画情報どっとこむ ralph 安田さん:木野さんとシトイさんの演技に脱帽しました。

と言われたシトイさんはオーディションで勝ち取ったヒロイン

シトイさん:これは挑戦でした!
とするシトイさん。そして、木野さんは

木野さん:原作読んで、これ人間でやるの?って私似ない?って。安田さんも似てない!でも、見え方より中身かなと。私の中の何かを感じてくれたんでしょうね。物凄く覚悟したし、ジムにも通いました!飛ばされても大丈夫なようにね。

と話すと

吉田監督:見た目より観終わったときにどうかと。キャラの持つ。。。ゆがんだ熱量をこの二人なら演じ切ってくれるだろうとオファーしました。

安田さん:我々二人が歪んでると?

吉田監督:その通りです(笑)褒めてるんです!

と、会場の爆笑を誘います。



撮影現場での安田さんはどうだったか聞かれた

木野さん:暗かった!ボソボソで。終わると面白いんですけどね。

安田さん:初対面で、私たち不器用だからねって!
木野さん:不器用じゃないの?愛すべき不器用さ。魅力的ですよ。

シトイさん:IWAOも喋らないミステリアス。女性はそういう人に惹かれる思います。安田さんは・・・とっても静かでミステリアス。とってもプロな役者です。とっても紳士的で顔がカッコいい!

と言われニヤニヤの安田さん。

映画情報どっとこむ ralph 映画を観て

安田さん:観終えて鈍器で殴られたような感じでした。疲れました。衝撃的でした、違う人がやらないで良かったです。代表作かも。役者人生にくさびを打ってくれた作品になりました!


最後に・・・

吉田監督:どのような感想がいただけるのか不安です。エゴサーチしようと思います。
安田さん:吉田恵輔監督と安田顕共にイニシャルKYです。空気が読めるのか読めないのか、読まないのか?肯定のも否定も感じたものを発信していただけたら!宜しくお願いします。公開は9月14日です!

映画『愛しのアイリーン

寒村の地。
久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンでの嫁探しツアーで出会った嫁、アイリーンを連れていた!42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。騒つく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。今、戦慄の来訪記が幕を開ける?。
ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。

日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがここに誕生!

***********************************

安田顕/ナッツ・シトイ 河井青葉 ディオンヌ・モンサント/福士誠治 品川徹 田中要次/伊勢谷友介/木野花

監督・脚本:吉田恵輔(※吉は土よし) 
原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)

音楽:ウォン・ウィンツァン
主題歌:奇妙礼太郎「水面の」 (WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)
企画・製作:河村光庸 製作:瀬井哲也 宮崎伸夫 
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎 
プロデューサー:佐藤順子 行実良 飯田雅裕
製作幹事:VAP 
企画・制作・配給:スターサンズ
制作協力プロダクション:SS工房
2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)
レイティング:R15+


映画『ヴェノム』新予告&日本版ポスタービジュアル&前売り特典解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月2日(金)に日本公開を予定しておりますの新予告と日本版ポスターが解禁となります。

マーベル・コミックで高い人気を誇るキャラクター、ヴェノム。その強烈なビジュアルがこれまでの予告編のラストで大々的に披露され、ファンの期待がさらに高まる中、今回解禁となった新予告ではヴェノムの“悪の魅力”が一気に炸裂!最も残虐な悪の存在として、ますますインパクトを強めたビジュアルの全貌が明らかとなった。

そして日本独自に制作されたポスターも同時に解禁となり、「最悪」というコピーに違わない姿で、日本に堂々と降臨を果たす!


世界を変えるのは、<最悪>だけだ。

 敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。

ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓…体のどの部位も喰い尽くす。悪党に対し、両手両足の次に顔を食いちぎってやる、と喜々として脅す。エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく。

ヴェノムと対峙するキャラクターは、先日行われた“コミコン・インターナショナル・サンディエゴ”で発表された<ライオット>。ライフ財団によって作り出されたであろうその悪の存在もまた、ヴェノム同様、強烈なインパクトで登場する!

主演は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ヒットで知られ、『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞®助演男優賞に初ノミネートされたトム・ハーディ。またヒロイン役として、同じくアカデミー賞®ノミネート俳優のミシェル・ウィリアムズ。<ライフ財団>の社長、カールトン・ドレイクを演じるのはリズ・アーメッド。監督は、長編デビュー作『ゾンビランド』の成功で知られ、『L.A.ギャング・ストーリー』でハードボイルドな世界を描いたルーベン・フライシャー。

映画情報どっとこむ ralph <前売り情報>
発売日:8月10日(金)
※取り扱い劇場の詳細は公式サイトをご参照ください。
http://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=venom
券種:ムビチケカード 一般1,400円(税込)

特典:オリジナル・ミニフィギュア(巻きつくベロ付き)
※数量限定 ※一部劇場を除く ※コードは付属しません ※写真はイメージです

映画情報どっとこむ ralph 『ヴェノム
原題:VENOM

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

***********************************

全米公開:10月5日

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL


過激な残酷さサデイスティック・スリラー『メイヘム 殺人晩餐会』予告編とポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ウィッチ』『君の名前で僕を呼んで』製作チーム最新作『メイヘム 殺人晩餐会』が2018年8月8日(水)からカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018にて公開。

この度、予告編とポスタービジュアルが解禁となりました!
大ヒットホラー『ウィッチ』、アカデミー脚色賞受賞作『君の名前で僕を呼んで』を生み出したプロダクションRT Featuresが自信を持って贈る最新作は、前代未聞のラストシーンが待ち受ける禁断のサデイスティック・スリラー!

このレストランでオーダーすると、二度と生きては帰れない。

思わず目を覆いたくなる驚愕シーンの連続に全神経が刺激される!


映画情報どっとこむ ralph シッチェス・カタロニア国際映画祭、モスクワ国際映画祭、バンクーバー国際映画祭など数々の有名映画祭で上映された本作は、その“過激な残酷さ”ゆえに映画ファンの熱狂と圧倒的な評価を獲得!数々の受賞を果たした本物の恐怖映画が遂に日本解禁!!

メイヘム 殺人晩餐会

2018年8月8日(水)シネマカリテにて公開

物語・・・
35歳の男ルイス・イナシオはレストランのオーナーを務める身。

夢を叶え美しい妻もいる彼は一見誰もが羨む生活を送っていた。

しかし、彼がたどりついたのは底なしの虚無感と深い闇の世界。満たされない心の乾きを感じていた。次第に目立ち始める奇行。そしてある日、レストランに押し入った強盗の1人を殺害。

行動はエスカレートし殺人への衝動が爆発。店にいた客を次々に殺していく…。

***********************************


監督・脚本:ガブリエラ・アマラウ
製作総指揮:ホドリゴ・テイシェイラ『ウィッチ』『君の名前で僕を呼んで』
出演:ルシアス・パエス / ムリーロ・ベニシオ / イランヂール・サントス / カミーラ・モルガド
2017年 / ブラジル / ポルトガル語 / カラー / 98分 / スコープサイズ / レイティング:R18+
配給:AMGエンタテインメント 
(C) BY RT FEATURES, 2017