「サイコ」カテゴリーアーカイブ

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』武田玲奈が4D体験!特別予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 5月19日(土)より全国公開の『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』。

2016年よりAmazonプライム・ビデオ配信限定でスタートした本シリーズは、人間のタンパク質を好み、食人本能を有する人工生命体“アマゾン”が潜伏する世界を舞台に、2人の仮面ライダーの壮絶な戦いを描いた人間ドラマです。


先日、実施された完成披露試写会ではなんと仮面ライダーアマゾンオメガ、アマゾンアルファと同じ「緑色」と「赤色」のキャラクター、ガチャピンとムックが映画の応援隊長として登場!異色のコラボレーションを果たし、大きな話題となりました。

そんな掟破りの映画が今回仕掛けるのは、「仮面ライダー」シリーズ史上初となる4D上映。

この度、劇場限定ver.とWEB限定ver.の4D特別予告映像が解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph マシンガンで揺れる!
血しぶきで濡れる!
衝撃の劇場限定ver.


「勝手に人に作られて、勝手に殺されようとしている」と叫ぶ、藤田富演じる水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガの意味深なセリフが印象的な中、マシンガンで撃つシーンでは実際に椅子が揺れ、変身シーンでは爆風がふきつけ、血しぶきの飛び散るシーンでは、水しぶきが観客に降りかかるなど、臨場感あふれる4Dの「仮面ライダーアマゾンズ」を一足先に体験することができます。

もはや映画の枠を超え、アトラクションと化した「仮面ライダーアマゾンズ」。映画本編では、予告をはるかにしのぐ、超絶リアル体験ができることを予感させた映像に仕上がりました。

WEB限定ver.の予告編は、武田玲奈演じる水澤美月と、仮面ライダーアマゾンオメガ、仮面ライダーアマゾンアルファが一足先に4D体験をする様子が収められた特別映像となっています。

スモークが焚かれ、稲光が走り、血しぶきと同時に水しぶきが飛び散るなどあまりのリアルな体験に仮面ライダーアマゾンオメガ、アマゾンアルファまで目を覆ってしまう一幕も(!?)

映画鑑賞後には、「すごい迫力だったね!」と興奮する武田に対し、「けっこうエグかったね。」「これやりすぎだろ」と4D演出に圧倒されるアマゾンオメガとアマゾンアルファのコミカルなやりとりにも注目です!



劇場限定ver,は4月20日(金)より全国の4D上映劇場にて、随時上映予定。


シーズン2の後の世界で繰り広げられる人工生命体「アマゾン」を巡る新たな計画や、姜暢雄扮する御堂英之助が新たな「仮面ライダーアマゾンネオアルファ」に変身する姿、そして悠と仁、2人の戦いの決着は・・・・!?

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判

の公開日は5月19日(土)です!

物語は・・・

悠と仁の最終決戦へ。2人の男の戦いがこの映画で完結
本作にて明らかになる、人工生命体「アマゾン」を利用した新たな陰謀「アマゾン畜産計画」。

そして謎に包まれたその計画を通じて、再会する悠と仁。シリーズを通して描かれてきた宿命の2人の最後の戦いが本作にて描かれます。2人に下される最後の審判、そして「アマゾン」が迎える結末は・・・。

***********************************

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 Ⓒ石森プロ・東映
©2018劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会


『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』場面写解禁!前売り特典発表!


映画情報どっとこむ ralph この度、『ソウ』シリーズ最新作監督スピエリッグ兄弟の最新作『ウィンチェスターハウス アメリカで最 も呪われた屋敷』の場面写真が解禁。 合わせて前売り特典が解禁です。
『ソウ』シリーズ最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』などを手掛けるオーストラリアの気鋭双子監督、スピ エリッグ兄弟の最新作となる本作は、カリフォルニア州サンノゼに実在する「ウィンチェスター・ミステリーハ ウス」を舞台としたホラー。家族と屋敷を亡霊から守るために増改築を24時間、365日、38年間続けた謎の未亡 人サラ・ウィンチェスター。実在の人物であるサラをオスカー女優のヘレン・ミレンが演じている。

この度解禁された場面写真では、38年間続けられた増改築により 摩訶不思議な構造を持つ屋敷内で起こる事件に巻き込まれる人々の緊迫した表情がうかがえる。漆黒のヴェールを脱ぎ素顔をあらわに する謎多き未亡人サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)の姿や、
ウィンチェスター銃を構え恐怖に抗う表情のエリック(ジェ イソン・クラーク)の姿をとらえている。
屋敷にはどんな秘密が隠されているのか・・・

映画情報どっとこむ ralph 4月28日より販売開始となるムビチケには、 本作にちなんだ仕掛け付きのオリジナル特典付き!!
この度発表された前売り特典は、映画の舞台となる実在する幽霊屋敷ウィンチェスターハウスのイラスト が描かれたオリジナル3Dカード。メイキング映像が500万回以上再生されるなど、国内外で注目を集めてい る3Dアーティスト、永井秀幸が描いたオリジナルのデザインとなっている。 スマホや携帯電話のカメラ機能を使いある一定の角度から 写真を撮影すると鉛筆で描かれただけの屋敷が不気味に飛 び出し立体的に見える仕様となっており、屋敷全体が奇妙 な構造で溢れたウィンチェスターハウスらしい仕掛けとな っています。

映画情報どっとこむ ralph 38年間365日24時間、増改築が続けられた屋敷 今なお全米で語り継がれる実話に隠された恐怖の物語。


ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
原題:Winchester

2018年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

公式サイト:winchesterhouse.jp

物語・・・
娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェ スター(ヘレン・ミレン)はウィンチェスター銃によって命を 落とした人々の亡霊から逃れる為、一族の膨大な財産をつぎ込 み365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰り返していた。サ ラの精神鑑定のために“ウィンチェスターハウス”に送り込まれ た精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)は屋敷の中に 厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見する。ウィン チェスターハウスに巣くう亡霊の正体とは何なのか?

***********************************

監督:マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ

出演:ヘレン・ミレン、ジェイソン・クラーク、セー ラ・スヌーク

提供:ポニーキャニオン/REGENTS
配給:REGENTS/ポニーキャニオン
宣伝:REGENTS
字幕翻訳:栗原とみ子 2018/オーストラリア、アメリカ/英語/99分/スコープ/5.1ch/G
© 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.


井口昇監督ファンに朗報!椎名ひかり主演『少女ピカレスク』が劇場にて今夏、特別先行上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 株式会社ファミリー劇場は、会員制サービス「ファミリー劇場 CLUB」 にて配信予定の、配信ドラマ『少女ピカレスク』(監督:井口昇/ 主演:椎名ひかり)を劇場にて今夏、特別先行上映することを決定しました。

心の闇に触れた時、あなたは・・・狂気へと突き落とされる。 タップ一回で世界に自分自身をコネクトできる“生配信”。

アイドルとファン/配信する側と見る側の心の距離は、 ネットのない時代からは考えられないほど近づいた。一見すると孤独感が薄れているようにも感じるが、誰かが繋 がったことで浮かび上がる孤独もある。
「自撮り配信」を題材に、心の闇に飲み込まれるアイドルたちの物語を『片腕マシンガール』、『ゴーストスクワッド』の奇才・井口昇監督が描く。主演を、「Popteen」のモデルとしてデビューし、 魔界からやってきた魔界人アイドル“椎名ぴかりん“として活動を続け、今やサブカル文化のファッションアイコンとして多くの若者を魅了する椎名ひかりが務め、自撮り生配信でファンとの濃密なコミュニケーションを取りながら、トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリを演じる。また主題歌には、椎名ぴかりんの新曲「確認事項:しあわせとかについて」が決定し、まだ謎に包まれている作品内容についての鍵となっている。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度本作が映画館での先行上映が決定したことについて、初主演となる椎名ひかりと、監督を務める井口昇からコメントが到着しました。

椎名ひかり:ついに解禁!お待たせ致しました!ぴかりん初めての女優&主演作品になります!最近よくある、、「とりあえずアイドルだしとけばいいだろ」的 なホラー?と、思ってるとイタイ目をみますよ w さすが井口昇監督!変態 が溢れた作品になってます!洋画ホラーに負けないくらい、インパクトの あるキャラクターが日本初【ココ】に誕生したかもしれないですよ!楽曲にも注目…つじつまが合いまくって鳥肌!絶頂アンハッピーになる事、間違いなし!


井口昇監督:椎名さんを主演にするのなら単なるアイドルものにしたくない と思い、現在の若い人達の苦悩や狂気を体現する役と物語を演じ て貰いたいと考えるようになりました。こうして誰も観たことのない『魔性の青春ドラマ』と呼べる作品が出来上がりました。こ の作品のテーマは、今を生きる少女の『孤独』と『狂気』です。 今を生きる人は SNS や配信動画などで自分の存在や現在をリ アルタイムで世に発信出来るようになりました。見知らぬ人と SNS で知り合い、明るくコミュニケーション出来るようにもなり ました。しかし、その一方で本音や本来の自分を出しにくくなっ てきて、より孤独が深くなってきたのも事実だと思います。 この作品は椎名さんをはじめ少女達が、自画撮りの動画をそれ ぞれ配信していくところから始まり、それが微妙に絡み合いなが ら思いもよらないスリリングな展開に繋がっていきます。おそら くクライマックスは誰も予想できないと思いますし、僕自身こんな衝撃的な作品になっていくとは 予想してませんでした。なので、これ以上内容は語らない事にします。ただ見終わるとき今後 SNS に関わる事が恐ろしくトラウマになっていくでしょう。今を象徴するキャストと物語で彩られた迷 宮のような作品です。椎名ひかりさんの初主演と思えない強烈な演技とカリスマ性に衝撃を受けて貰えたら嬉しいです。

と、監督が言う『少女ピカレスク』は劇場にて今夏、特別先行上映です!

公式サイト:
http://www.fami-geki.com/picaresque

***********************************

監督・脚本:井口昇
主演:椎名ひかり
撮影:平見優子 照明:陸浦康公 録音:高島良太
衣裳:ヨシダミホ ヘアメイク:リョータ
特殊造型・特殊メイク:石野大雅
アクション監督:カラサワイサオ
振付:竹森徳芳
VFX:野島達司 本編集:橋本悠平 整音:桑原秀樹
音響効果:村田桃子
助監督:岡秀樹 制作担当:伊東 祐之
音楽:福田裕彦 企画:上野遼平 プロデューサー:小柳大侍 福井 真奈
制作:ワンダーヘッド
配給:東北新社
提供:ファミリー劇場

主題歌:椎名ぴかりん「確認事項:しあわせとかについて」


池田エライザが幽霊たちに振り回される?『ルームロンダリング』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 7月7日(土)より公開となる池田エライザ主演の映画『ルームロンダリング』の予告編が完成!!!

主役の御子役に抜擢されたのは、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザ。2018年には映画出演作が6本と今最も勢いのある若手女優の一人です。その他、胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役には、オダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優、健太郎。そして、個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じます。他にも木下隆行、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。
映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となった予告編は、主人公・御子の引っ越しシーンからスタート。新居で何があったのか叔父に問うと「他殺・・・」と衝撃の返答が。御子はワケあり物件に住み、その履歴を帳消しにするという秘密のお仕事=ルームロンダリングをしている。人付き合いが苦手で、“人生こじらせ中”の御子にとって、ぴったりのお仕事!かと思いきや、その物件には幽霊が居座っていた。津軽弁のパンクス、カニの仮装をした小学生、コスプレ好きのOL・・・。次々に御子の前に現れる、キャラが濃すぎる“この世に未練たらたらな”幽霊たち。成仏できない彼らのお悩み解決に奔走させられる、奇妙な共同生活の様子がコミカルに描かれます。

幽霊たちに振り回されながらも、徐々に自分に向き合っていく御子。叔父の「泣くな、笑え」という台詞は、劇中の御子と同様に観る者の背中を押す、あたたかなメッセージを予感させます。予告編の最後には「おっぱい!おっぱい!」と謎に叫ぶ幽霊の姿。全体を通して、思わずクスッと笑ってしまう仕上がりの予告編となっております。


映画情報どっとこむ ralph 映画『ルームロンダリング』

roomlaundering.com

本作は新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト、「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015」で全474企画の中から準グランプリを受賞していて、独創的なアイディアで注目を集めながら、オカルトの中にヒューマンドラマの要素を入れた爽やかな設定を評価された企画です。

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ…見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー 

監督:片桐健滋  脚本:片桐健滋・梅本竜矢   
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch ©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム 


韓国×北朝鮮×米国の国家組織を巻き込む連続殺人事件『V.I.P. 修羅の獣たち』브이아이피予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』 、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

そして、この度、本作の本ビジュアル、予告編映像が解禁!



解禁された予告編映像では、連続殺人事件のニュースが流れ、犯人を捕まえようと必死になった崖っぷちに立たされた警察(キム・ミョンミン)、北朝鮮の制服を身にまとった謎の工作員(パク・ヒスン)、“企画亡命者”として韓国にいる要人の息子(イ・ジョンソク)と彼を警戒している国家情報員(チャン・ドンゴン)、<交差する四つの狂気>、<国家機関の攻防戦>というキャッチと共に迫力満点のカーチェイス、激しいアクションシーンが盛り込まれ、最後はVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)の血まみれであざ笑いゾッとする姿が激しく心に余韻を残していく。

また、併せて解禁した本ビジュアルは、警察、工作員、要人の息子、国家情報員、4人の横顔と、下部にはグァンイルに銃を向け合い、息のつまるような緊張感を醸し出す。
“実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作『V.I.P. 修羅の獣たち』。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、そして全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソクが扮し、その豪華な顔ぶれが大集合!中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画『 V.I.P. 修羅の獣たち
原題:브이아이피/英題:V.I.P.

6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』

2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved