「サイコ」カテゴリーアーカイブ

『来る』追加キャスト青木崇高&柴田理恵&伊集院光&太賀も“来る”!


映画情報どっとこむ ralph この度、岡田准一 主演映画『来る』(12月7日公開)の追加キャスト情報が解禁致しました。解禁されたキャスト陣は、青木崇高さん、柴田理恵さん、伊集院光さん、太賀さんら、超個性派俳優陣たち!

青木崇高さんは、自称・秀樹(妻夫木聡)の親友で“民俗学者”である【津田大吾】を、柴田理恵さんは、TVで有名な“タレント霊媒師”である【逢坂セツ子】を、伊集院光さんは、香奈(黒木華)が勤める“スーパーの店長”を、太賀さんは、“あれ”に遭遇してしまう秀樹の“後輩社員”である【高梨重明】をそれぞれ演じます。

彼ら超個性派俳優陣が、岡田准一さん、黒木華さん、小松菜奈さん、松たか子さん、妻夫木聡さんらとともに、本作にどのような化学反応を起こすのか!

そして、迫り来る“あれ”をどのように待ち受けるのか!

怪しい雰囲気を漂わせる彼らが、どのようにストーリーに関わってくるのかも本作の見どころの一つです。“かつてない最恐エンターテインメント映画”に相応しいキャスティングがそろい、恐怖とワクワクで公開が今から待ちきれません。

人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント映画

『来る』がついに、2018年12月7日(金)来る。

公式サイト:http://kuru-movie.jp/

映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本を務めたのは、CM演出の巨匠にして、その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也。
そして2018年。中島監督最新作に、日本を代表する5人の演技派俳優が集結した。主演は、近年数多くの映画に出演し、名実ともに国民的俳優となった岡田准一。『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、日本中の話題を集めた黒木華。中島監督作『渇き。』で才能を見出され、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、鮮烈な女優デビューを飾った小松菜奈。『ヴィヨンの妻』で報知映画賞・日刊スポーツ映画賞・日本アカデミー賞の3賞で最優秀女優賞を受賞、『告白』では中島ワールドの強烈なヒロインを体現した松たか子。

そして『悪人』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』では同最優秀助演男優賞を受賞、確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木聡。ほかにも、青木崇高、柴田理恵、伊集院光、太賀といった個性的な面々が共演。原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)。


物語・・・
オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。民俗学者・津田はその「何か」を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「※※※※」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・・・!・・・・・・、・・・・!
あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。 エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

***********************************

原作:「ぼぎわんが、来る」(2015年10月30日 初版発行 2月24日文庫発売)
◆著者:澤村伊智(角川ホラー文庫刊)2015年「第22回日本ホラー小説大賞」獲得

作品タイトル    「来る」
監督・脚本      中島哲也
出演         岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
           青木崇高 柴田理恵 太賀 志田愛珠 蜷川みほ 伊集院光 石田えり
撮影スケジュール   2018年2月上旬~5月上旬
製作プロダクション  東宝映画 ギークサイト
配給         東宝
映画のマルシー    ©2018「来る」製作委員会
中島哲也,岡田准一,黒木華,小松菜奈,松たか子,妻夫木聡,青木崇高,柴田理恵,太賀,志田愛珠,蜷川みほ,伊集院光,石田えり


たんぽぽ白鳥が川村の生ドッキリに悲鳴『死霊館のシスター』試写会


映画情報どっとこむ ralph 全世界1,350億円超えの驚異的な興行収入『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』が9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開となります。

その公開直前、お笑い芸人・たんぽぽ登壇イベントが行われました!
イベントではプロポーズされたばかりで幸せいっぱいの白鳥久美子に生ドッキリを敢行!
某全米大ヒット恋愛映画のPR大使と聞かされ、ウキウキで登壇した白鳥の前に本作のホラーアイコンでもある悪魔のシスター・ヴァラクに扮した川村エミコが登場!

クオリティの高い“ヴァラク”メイクに白鳥も大絶賛するが、さらに追い打ちをかけるよう、悪魔のシスター軍団も登場し、白鳥は阿鼻叫喚!悪魔のシスター軍団を退治するため、白鳥は驚愕の公開懺悔を行い、会場爆笑のイベントとなりました。


日時:9月20日(木)
場所:ワーナー・ブラザース映画試写室
登壇:たんぽぽ(白鳥久美子、川村エミコ)
MC:コトブキツカサ

映画情報どっとこむ ralph 白鳥さんが“芸能界で最も幸せな女性の代表”ということで某恋愛映画のPR大使としてステージに登場。

初の恋愛映画のPR大使任命された嬉しさでいっぱいの白鳥さんは

白鳥さん:婚約しました、たんぽぽの白鳥です!こういう場所に呼ばれるときは、だいたい不幸エピソードを求められて呼ばれることが多いんですけど、幸せなほうで呼ばれているのでどきどき、逆に変な緊張をしちゃって(笑)。どんな顔して出ていけばいいのか、ちょっとフワフワしています!

と嬉しそうな様子。
交際中のお笑い芸人・チェリー吉武から公開プロポーズから約1か月が経過しようとしていて

白鳥さん:先輩やら後輩やら、本当におめでとうという言葉をいただいて!一番びっくりしたのは、住んでいるマンションの工場の事務のおばさんが階段駆け下りてきて、私がマンション出る瞬間に “おめでとー!”と言ってきたのが、一番びっくりしました。初めて会ったおばさんにまでこんな言ってもらえるんだと思って!

とその反響の大きさを実感。相方の川村さんは一番泣いて喜んだのにはびっくりしたそうで

白鳥さん:女性芸人は“あたしより先に行くんじゃあねぇよ!”とあると思ってました。だから前に喋っていたのは、Wで結婚して、Wで記者会見して、Wで結婚式のこれが一番いいよねと言ってたけど、予想以上に泣いて喜んでくれたので、うれしかったです。

とコンビ愛が伺える感動エピソードを披露。

映画情報どっとこむ ralph そんな幸せ絶頂の白鳥はステージに飾られた“誓いの十字架”にこれからも幸せが続くよう祈りを捧げてもらうことに。

白鳥さん:いろんなことがあっても、全部笑いにかえて・・

と祈りをささげた瞬間、突如、会場内に不気味でおどろおどしい音楽が鳴り、悪魔のシスター・ヴァラクに扮した相方

川村さん:ぎゃぁ~!祈っても無駄!

と絶叫しながら“誓いの十字架”を破って登場!あまりの恐怖とサプライズに驚きを隠せない白鳥さんは


白鳥さん:私のよく知っている人だよね!?

と言いながら、阿鼻叫喚!大成功をおさめたドッキリイベント!会場を沸かせた川村さんの悪魔のシスターの“ヴァラク”メイクを感想を聞かれ

白鳥さん:はまりすぎていて、毎日やっても大丈夫と思うくらいハマってる!今まで色々な変身メイクをしてますけど、一番似合っている!ぴったり!

と大絶賛!メイク自体は30分で完成したそうで

川村さん:すごく、気に入っている。一応、特殊メイクさんが来てくれたのですが『川村さん、すぐ終わりそうです』と言われて(笑)。ヴァラクの素質があったみたいです。

と裏側を明し、会場を沸かせた。
映画情報どっとこむ ralph 落ち着いたところで、たんぽぽ二人によるトークがスタート。映画の感想を

川村さん:ものすごく、面白かったです。普通のホラーと違って、お化け屋敷の感覚があります。すごく楽しい!最初からドキドキが止まらない。客観視するよりも、最初からはまり込んで観たほうがいい。私も(舞台の)ルーマニアに来たっていう気持ちで見ると、グングン入り込める!

と絶賛。映画の内容にちなみ、芸能界で悪魔的存在について質問され

川村さん:川村はブス過ぎる。川村はアイプチをしたほうがいいと呪いのように言うスタッフがいた。

と明かすと、

白鳥さん:モデルさんとお仕事するときにご挨拶行くと、“思ったより全然、可愛い”と言われるんです。あなたの中でブスを咀嚼しているよね。

と芸能界の怖~いエピソードを披露した。

そして川村さんがこれから鑑賞する一般客にイチオシのシーンを説明していると、、、、今度は悪魔のシスター軍団が登場!幸せムードに嫉妬した悪魔のシスター軍団に取り囲まれ、恐怖で言葉も出せない様子の白鳥さんにMCは「シスターたちを退けるために、最近やってしまった反省したい事の懺悔をお願いします」と指示!

川村さん:懺悔して、、久美ちゃん

と諭され
白鳥さん:チェリーさんが、昔お誕生日にちょっと派手目の下着をくれた。それをいまだに一度もつけてなくて、この前それでちょっと喧嘩して、まだつけてないんです。男性のムラムラした気持ちを裏切ってしまって、ごめんなさい!

と懺悔するが、

川村さん:捉えようによっては彼氏自慢だよ。

とクレーム。シスターを退けられなかった

白鳥さん:してないですけど、ちょっと豊胸しようかなと思って、リアルに病院を調べてました!

と告白するが、これでもまだ倒せず、、、、。遂に

白鳥さん:エミコさんより結婚することになってごめんなさい!

と懺悔すると、シスターは無事退散した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

川村さん:エピソード0的なつくりになっているので、これだけ観ても面白いです!IMAX、4D上映もあります。さらに体感的にも楽しめる映画となります。ゾクゾクした秋を過ごしましょう。皆さん、ぜひ見てください。

とアピール。

白鳥さん:ドッキリかけられて、今だに整理ができてない。

と言うと、

川村さん:男の人と観に行けば、抱き着くタイミングが四六時中です(笑)。

とお勧め。

白鳥さん:チェリーと観に行きたいと思います!

とあいさつし、イベントは大盛り上がりの中、終了した。


映画『死霊館のシスター

は9/21(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

映画『死霊館のシスター』は2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以上の興行収入を上げ大ヒットを記録。以降、『死霊館 エンフィールド事件』、『アナベル 死霊館の人形』、『アナベル 死霊人形の誕生』と、累計1,350億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている『死霊館』シリーズ最新作となる『死霊館のシスター』はシリーズすべての恐怖の始まりを描く。

物語・・・
1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこの事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。二人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。バーク神父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“悪魔のシスター”と対峙することになる―。

***********************************

監督:コリン・ハーディ 
脚本:ゲイリー・ドーベルマン 
製作:ジェームズ・ワン
出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 宣伝:スキップ&ポイント・セット
コピーライト:©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:The Nun


ラストアイドル 阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央 出演映画『がっこうぐらし!』公開月決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、大人気コミックス原作の映画『がっこうぐらし!』の1月公開決定!

本作は海法紀光(ニトロプラス)と千葉サドルによる同名のコミックが原作で、学園で共同生活を送る4人の女子高生の日常と、生き残りをかけたサバイバルホラーとのギャップが国内外で反響を呼んだ大人気作。

コミック累計発行部数は200万部を超え、TVアニメも圧倒的な人気を誇るもの。

この度、この大人気作の実写化にともない、『呪怨』シリーズのプロデューサーと『リアル鬼ごっこ』の柴田一成監督がタッグを組み映画化に踏み切りました。

メインキャスト4名には、秋元康プロデュースのアイドルグループ「ラストアイドル」から、オーディションによって選出された4名 (阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央)が抜擢され、今年6月~7月にかけて撮影が行われました。

そして、ワンシーンが公開。
不穏な煙が漂う廊下の奥に浮かび上がる、3人の女子高生のシルエット。
あれっ!?もう一人は・・・

この場面写真からでは映画の全貌は把握できないが、中央の女子高生が持っているシャベル のシルエットや、彼女たちの視線の先に無数に横たわる何かの影が、否が応でも想像力を掻き立たせる緊張感ある場面写真となっている。

公式サイト:
gakkougurashi-movie.jp


***********************************

原作:「がっこうぐらし!」海法紀光(ニトロプラス)×千葉サドル(芳文社「まんがタイムきららフォワード」連載)
©「がっこうぐらし!」製作委員会


平山夢明先生とレイヤー桃月なしこが『死霊館のシスター』オールナイト上映トークイベントに!


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界1,350億円超えの驚異的な興行収入をたたきだした大ヒットホラー『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』が9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開となります。

その公開を記念して『死霊館のシスター』をいち早く観られる『死霊館』ユニバースの一気見上映が新宿ピカデリーで開催され、この最恐イベントに『死霊館』シリーズの大ファンというホラー作家の平山夢明さんと、現役看護師でコスプレイヤーの桃月なしこさんによるトークイベントが行われました。

日時:9月14日(金)
場所:新宿ピカデリー
登壇:平山夢明、桃月なしこ、マイケルティー・ヤマグチ

映画情報どっとこむ ralph ホラー作家の平山夢明さんと現役看護師でコスプレイヤーの桃月なしこさんが登壇。

はじめに

平山さん:今日は、まったりといいホラー日和です!

と挨拶し、本作にちなんでおへそを出したセクシーなシスターのコスプレで

桃月さん:今日は朝五時までという長丁場になりますけれども、トークイベントと死霊館シリーズを観てその世界観を楽しんでほしいです」と続けた。MCからセクシーな衣装について聞かれると桃月は「『死霊館のシスター』ではとても怖いシスターが出てきますが、私は怖さを取っ払ったかわいらしさ重視で来ました!
とこだわりのコスプレポイントを挙げた。

「死霊館」シリーズについて、

平山さん:ジェームズ・ワンが東洋系の人ということもあって、『呪怨』のようなジャパニーズホラースタイルと、今までのハリウッドのホラーがうまくミックスされている。ハリウッドのホラーではわからない怖さっていうものを見せることができなかったんですが、『グラッジ』や『リング』がウケたことによって、アメリカの観客も、よくわからない不安っていうものを楽しめるようになって、いち早くそれを取り入れたのがジェームズ・ワンなんです!

と指摘。

桃月さん:過去に4作品ありますが、どれも違った怖さがあって、毎回想像を超えた新しい恐怖を与えてくれます!

と魅力を語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph シリーズの中で好きな作品やシーンを聞かれると、
平山さん:一番最初の『死霊館』!明るいところでゾッとするシーンがあるのが好きなんです。観客だけはわかるんだけど、登場人物たちが分かっていないというヒッチコック的な怖さを投げ込んでくるとことか。あとウォーレン夫婦の奥さんが生きてるのか死んでるのかわからない顔をしているのがかわいいね。

と話し会場に笑いが起こった。

桃月さん:どの作品も怖いけどやっぱり『アナベル 死霊館の人形』のとある方が自分の身を呈してある者を守るシーンがあって、行っちゃダメ~って!

とネタバレに注意しつつ話すと、

平山さん:アナベルのあの人形のひどい作りったらないね、腕によりをかけてひどいもんつくってるからね。

とアナベル人形に噛みつき笑いを誘った。



最新作『霊館のシスター』を一足先に観た平山さんは

平山さん:第5作だけど時系列的には一番古くて、すべてはここから始まったということなんだけど、やっぱりジェームズ・ワンだから今までのシリーズで抑えてた部分ってあるでしょ?もっとやりたかったなってあるけど、ストーリーを語る上である種のリアリティーラインてのがあるでしょ、ここまでやっちゃいけないっていう、でも(本作では)完全にそこを取っ払ってやってる。理屈はいいんだ、お前らこれを喰え!っていう。ホラーの大盛り劇場みたいな、そこが好きだね。キャンプファイヤーにガソリンをぶち込んだような作品です。

と熱弁。

桃月さん:ほんとにこれが原点で今までの作品とは全然舞台が違って、まったく別の作品を観ているんじゃないかと思えるほど違った。自分は今何を見てるんだろうと思った。

とシリーズNo.1スタートを切った本作の出来に大満足の様子だった。

平山さん:(舞台となっている)トランシルヴァニアには、今は世界遺産になってますけど、要塞聖堂というものがあって戦争とか敵が攻め込んできたときに要塞になるように籠城できるようになっている教会や修道院になっていて、いろんな仕掛けがあって、その辺りも意識して作られたセットや舞台になっていると思うので普通の修道院では見られないものがいっぱいなのでそれも楽しめます。

と注目ポイントを挙げ、

桃月さん:過去作品を観た方は知っていると思うんですけど、過去作にヴァラクって出てきてたんですけど、怖さを全面に押し出して無くて、でも今回はヴァラクが本気を出してきたな!というか、メチャクチャ怖さを全面に出してきてる!そこを楽しんでほしいです。

とおすすめした。

映画情報どっとこむ ralph 今まで『死霊館』からは“アナベル人形”そのほか日本でも大ヒットした『イット』のピエロ“ペニー・ワイズ”などいろんなホラーキャラクターが登場するが、今作で登場する、悪魔のシスター“ヴァラク”について

平山さん:ある意味キリスト教的、カトリック教的な思想が反映されていて、聖なる者の真逆にあるとしてヴァラクは描かれていて、なぜ彼女がそうならなければならなかったとか、彼女自体の存在の恐ろしさというのはかなり強烈に来ます。ただ僕らの世代って尼さんとかっていうとオードリー・ヘップバーンを思い出したりして、ヴァラクを見ていると、お前ちょっと落ち着け!と思ってしまう(笑)キャラ作りもてんこ盛りな感じ!こりゃまいった!ハブがシスターの服着てるような感じだもん、ハブばあさん!

と大絶賛!?した。

桃月さん:シスターって普通は神に仕えし尊い存在とは思うんですけど、とにかくヴァラクは真逆で、(オールナイト上映が終わる)朝五時にはこの顔は忘れられないと思う、こびりついて一生思い出すと思う」とヴァラクの強烈なキャラクターに太鼓判を押した。

トークイベントも佳境になり、MCがフォトセッションの時間に移ろうとすると、突然会場が暗転し、顔の無い悪霊シスター集団がサプライズ登場!あまりの怖さに悲鳴すら出ない会場をゆっくりと徘徊しステージに上がったシスター集団は、これから朝5時まで一気に「死霊館」シリーズを見る観客に向かって「アーメン」とお祈りを捧げた。今回シスター集団を召還したホラー演出家のマイケルティー・ヤマグチ氏も駆けつけ、「(私が)アーメンと言わせました。召喚するのは大変でした」と明かした。さらに平山氏と桃月さん、シスターから来場者に抽選で『死霊館のシスター』オリジナルグッズのプレゼントも送られた。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

平山さん:それではみなさんこれから地獄さ行くでー!」と拳を突き上げ、これから始まるオールナイト上映に挑む観客にエールを送り、大盛況のイベントは幕を閉じた。


映画『死霊館のシスター
英語/原題:The Nun
9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

***********************************

監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェームズ・ワン

出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズほか

配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ&ポイント・セット 2018年/アメリカ/カラー/デジタル/96分


©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


DDT戦士が集結が監督スカウトに?集結!映画『ダウンレンジ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ハリウッドに拠点を置く北村龍平監督と真木太郎プロデューサーがタッグを組んだ極限のソリッドシチュエーションスリラー『ダウンレンジ』が、9月15日(土)より新宿武蔵野館ほかにて日本上陸となりました。

この度、初日である9月15日(土)に、北村龍平監督による舞台挨拶が行われ、ハリウッドで戦う北村龍平監督の新作に、常に最前線で戦うDDT戦士が集結。

登壇したのは、DDT EXTREME級王座HARASHIMA、坂口征夫、赤井沙希、現東京プリンセスオブプリンセス王者山下実優、ミス東スポグラレスラー第一人者まなせゆうな、そして代表高木三四郎他多数。

日付:9月15日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:北村龍平監督
高木三四郎、男色ディーノ、HARASHIMA、坂口征夫、樋口和貞、赤井沙希、山下実優、まなせゆうな、上福ゆき、 With ヨシヒコ
あいかわい翔

映画情報どっとこむ ralph この日は、大のプロレスファンである北村龍平監督を祝福するべく、DDT、東京女子プロレスに所属する総勢10名(高木三四郎、男色ディーノ、HARASHIMA、坂口征夫、樋口和貞、赤井沙希、山下実優、まなせゆうな、上福ゆき、ヨシヒコ)のプロレスラーたち、そして哀川翔のものまね芸人あいかわい翔らも会場に駆けつけた。

『VERSUS』で世界にその名を轟かせた北村龍平監督が、原点回帰とも言える衝撃のソリッドシチュエーションスリラーを手がけた作品がいよいよ初日を迎えたということで、この日の舞台あいさつも、普段の映画初日舞台あいさつとはひと味違ったものに。


会場内に突如リングアナウンサーが登場すると、この日集まった10名のプロレスラーたちを呼び込み。舞台上には屈強なファイターたちが勢ぞろい!

が・・・彼らを迎える北村監督も体格の良さでは負けていない。

北村監督:今日は決してDDTの入団会見ではありません!と笑う北村監督でしたが、

DDTの高木三四郎社長:北村監督はわれわれよりもでかいので、プロレスラーとしてスカウトしたい!

と熱いラブコール。

映画情報どっとこむ ralph 『ルパン三世』以来、久々の作品を発表して

北村監督:『ルパン三世』とは真逆の原点回帰の映画を作りたいと思い、『この世界の片隅に』の真木プロデューサーに絶望の中心となる映画を作らないかと言ったら、快く引き受けてくれた」と本作制作の経緯を説明。「無駄をそぎ落として、限定空間というミニマムなセットでマキシマムなテンションで、観客を90分間、地獄に落としたいなと思って作りました。観客の皆さんには体感していただきたい。

と観客に呼びかけた。

日本が誇るゲイプロレスの第一人者である男色ディーノさんは、北村監督が好みのタイプだったのか、この日は太ももをスリスリするなど積極的にアプローチ。最終的には北村監督の唇を奪うひと幕まであり、会場を大いに盛り上げた。

そして映画の感想を求められ

男色ディーノ:たぶん皆さん、映画を見終わった後に、監督は精神が病んでいるんじゃないかと。何か嫌な事があったのかなと思うと思います。それくらいの追い詰められ方をします。

と述べると、

坂口さん:いつも映画は自分に置き換えて観るので、今回は非常に疲れました。皆さんもどん底に落ちながら観てもらえれば!

とコメント。さらに

赤井さん:誰もがこの世界にいたらどうしようと。冷や汗と脇汗が止まらない。自分たちも戦いの場にいるので、自分ならどうするだろうと想像しながら観ました。

と続けた。

そんなカオス空間となったこの日の舞台あいさつもいよいよ終盤。

映画情報どっとこむ ralph 最後のあいさつを求められ・・・

北村監督:映画監督というのは割の合わない仕事なんです。この映画も三年かかって作った大事な作品です。今日はお客さまに届けるために来たので、楽しんでください。頑張って作ったインディーズ映画なので、皆さんの口コミで広げていただければ。そしてまた次の映画で帰ってきたいと思いますんで、よろしくお願いします。

と会場に呼びかけた。

すでに発表された、初日より3種のオリジナルクリアファイルが日替わりで来場者プレゼントされるのに引き続き、2週目の9/22(土)からは、通称ラクガキング、キャラクターデザインの至宝、寺田克也氏による映画「ダウンレンジ」インスパイアイラストカードが来場者プレゼント第2弾として配布されることが決定した。
このイラストは、先日行われた『ダウンレンジ』日本最速上映イベント中に書き下ろすという、偉業の超プレミアム作品。もちろん非売品となっているので、是非劇場でゲットしてほしい。来場者プレゼント以外に、劇場ロビーでは、劇場限定Tシャツの発売もするので、こちらも要チェックです。

映画情報どっとこむ ralph ダウンレンジ

原題:Downrange
9月15日(土) 新宿武蔵野館2週間限定レイトショー、9月22日(土)大阪第七藝術劇場にて

公式HP:
http://downrangethemovie.com/
『ヴァーサス』『あずみ』『スカイハイ』『ゴジラファイナルウォーズ』そして『ルパン三世』と話題作を次々と手がけ、ハリウッドに拠点を移し『ミッドナイト・ミート・トレイン』『ノー・ワン・リヴズ』を発表し、日本人監督で唯一人、ハリウッド最前線で活躍する北村龍平監督と、『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』など数々の名作を手がけ、『この世界の片隅に』で社会現象を巻き起こした真木太郎プロデューサーがタッグを組んだ異色の注目作が『ダウンレンジ』。


物語・・・
6人の大学生が相乗りし、広大な山道を車で横断していると、タイヤがパンクする。タイヤ交換を担当した男は、パンクはアクシデントではなく、銃撃を受けていたことに気づく。その時、既に彼らは「何か」の標的になっていた…。



***********************************


監督・製作・原案:北村龍平(『ルパン三世』)
製作総指揮:真木太郎(『この世界の片隅に』)  

出演:ケリー・コーネア/ステファニー・ピアソン/ロッド・ヘルナンデス・フェレラ/アンソニー・カーリュー/アレクサ・イエームス/ジェイソン・トバイアス

2018年/アメリカ/英語/90分/R-15 
製作・配給:ジェンコ 
製作協力:イレブン・アーツ 
配給協力:エレファント・ハウス
©Genco. All Rights Reserved.downrangethemovie.com