「サイコ」カテゴリーアーカイブ

久間田琳加 ブギーマン登場で大絶叫 『ハロウィン』JKジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph ≪声にならない声で「ヤバい」を連発!りんくま、!!!≫

1978年、公開から40年の時を経て、新たな恐怖が解き放たれる。
全米でNo.1超ヒットとなった『ハロウィン』が、4月12日(金)、全国公開となります。

この度、本作の公開を記念し、JK(女子高生)ジャパンプレミアを開催。久間田琳加、ブギーマンが登壇するイベントが行われました!
日時:3月20日(水)
場所:ブロードメディア試写室
登壇:久間田琳加、ブギーマン

映画情報どっとこむ ralph ”りんくま”の愛称でティーンの間で絶大な人気を誇るモデル・女優の久間田琳加さんをゲストに迎え、トークイベントを実施!

映画を観終えた女子高生たちの前に登場した久間田さんは、

久間田さん:私も最前列でみんなと一緒に観ていたんですけど、激ヤバい!!ちょ~怖かったです!

とまずは映画の感想を述べた。いつ来るかわからない恐怖に

久間田さん:ずっと眉をしかめて観ていました。。

と終始怖かった模様。


もともとホラーはあまり得意じゃないという久間田さんは、本作を

久間田さん:今まで観たホラー映画の中で結構上位に入る怖さ。

と評価。上映中は女子高生たちの悲鳴がそこかしこから聞こえていたようだが、

久間田さん:私はホラー映画では怖くて声が出せないタイプで、口パクで「ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい、、」って一人で言っていました。

と語ります。

映画情報どっとこむ ralph 劇中に登場する恐怖の化身ブギーマンについては、

久間田さん:いつの間にか移動していて、急に出てくる感じが怖い!あと何も喋らないから、それが一番怖い。

と言い、続いて怖かったシーンについての話題では

久間田さん:日常的なシーンが多く出てきて、、お手洗いとか、家の中とか、自分の生活の中にもブギーマンが出てきそうで怖いです。

と語った。もしブギーマンに襲われたら?という質問には

久間田さん:自家用ジェットとか用意して上空に逃げます!または船とか大きく移動できるもので逃げる!

しかし、もしもいきなり来たら?と聞かれると

久間田さん:ずっと立ちすくんでしまいそう。ローリーのようには戦えないです。

とここで映画の主人公ローリー・ストロードの話題に。
久間田さん:40年間ずっと同じ思いを持ったまま生きてこられたのは本当にすごいと思います。

とトラウマを抱えたまま40年間を過ごしてきたローリーの精神力についてコメント。また、

久間田さん:銃を持つ姿がかっこいいと思いました!

と強い女性への憧れも語った。

映画情報どっとこむ ralph イベントもいよいよ終了、と思いきや、突如会場内が暗転し不穏な音楽が鳴り響き、ざわつく会場内。

先ほどはホラー映画は声を抑えてしまうと言っていた久間田だったが、「きゃー!何?!」と今日一の絶叫リアクション!
なんと、劇中のホラーキャラクター“ブギーマン”がサプライズ登場!「何が一番怖いって、目が真っ黒なんですよね。」と

感情の読めない不気味さに怯えつつも、ブギーマンとの2ショット写真撮影も実現した!!
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

久間田さん:4月は新学期が始まるのでみんなで映画を観て仲良くなるきっかけになればいいなと思います。
と女子高生たちへ向けてコメントしイベントは終了した。


『ハロウィン』
原題:Halloween

【STORY】ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼をブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる―。

***********************************

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン 
製作:ジェイソン・ブラム 音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか
配給:パルコ 宣伝:スキップ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル//106分/R-15指定


『麻雀放浪記2020』 驚異の全身整形タレント・ヴァニラ 映画初出演!


映画情報どっとこむ ralph 2019年4月5日(金)全国公開の斎藤工 主演映画『麻雀放浪記2020』。

そして2020年の東京の至るところに出現する「量産型セクサロイド」役として、総額2億円以上の全身整形で今話題になっているタレント・ヴァニラが、≪映画初出演!≫していることが解禁となりました! 

先日解禁になりましたベッキー演じるAIユキは、このセクサロイドをプロトタイプとして生み出されたものであります。

映画情報どっとこむ ralph 1945年の【戦後】から斎藤工演じる坊や哲がやってきたのは2020年の【戦後】。

そこは科学技術が加速度的に発達し、国民の労働や生活の管理すべてを人工知能が支配する世界でありました。そして、2020年の東京の至るところに出現する量産型AI搭載セクサロイド役に、総費用2億円以上の全身整形タレント・ヴァニラがキャスティングされていることが明らかになりました!全身整形に総額2億円以上を費やしたヴァニラは、まさに人類が追い求める理想の姿。見た目は人だが魂のないアンドロイドという難しい役どころと、彼女の究極の美が、これ以上にない形で共鳴し、量産型AI搭載セクサロイドの醸し出す虚無感を見事に表現しました。
果てしなき人間の欲望を満たすために生み出された量産型のセクサロイドとして、時にはバッティングセンターの客寄せロボットとして、時には高級クラブのホステスとして、物語の随所に登場します。そして、アンドロイドの概念も知らない坊や哲にとってヴァニラ演じるセクサロイドは、絡繰り人形ならぬまるで人間そのもの。戦後から来た哲と最先端のアンドロイドの未知なる遭遇がもたらす超化学反応に乞うご期待ください。

■ヴァニラコメント
初めての映画出演でとても緊張したけど、和気あいあいの現場でとても楽しかったです。
監督やスタッフさんに色々とご指導頂きながらアンドロイド役を演じさせて頂きました。
びっくりしちゃうようなシーンもあるので是非皆さん楽しみにしていてくださいね!

■白石和彌監督コメント
究極の美しさを求めるヴァニラさんに強い感銘を受け、量産型アンドロイドを演じて頂きました。
二度登場しますが、少しアンドロイドとしての仕様が違います。将来のアンドロイドがヴァニラさんの容姿になったら最高だと思いました。

映画情報どっとこむ ralph このように科学と時代の進歩と共に、あらゆる理想を手に入れることが可能となった人類。人間の女性そっくりで、高度な人口知能を搭載しているために、会話をしたり家事をこなすことすらできるアンドロイドは、生身の女性のトリセツに翻弄される男どもを癒やし、いずれ人間の地位すら脅かす存在になるでしょう。すでに中国では慢性的な嫁不足解消のために量産型嫁ロボットが誕生しており、ロボットと人類の共存社会はもはや絵空事ではなく、いま目の前にある現実なのです。


こうした科学の発展の末には、本当に幸福があるのか。2020年に突然迷い込んだ「坊や哲」というフィルターを通して見る、現代社会の想像を超えたモラル崩壊が、観る者の倫理観を極限まで揺さぶります。これはまったくの虚構なのか、それとも起こりうる現実なのか?我々人類が辿り着いた科学の進歩の象徴でもある人工知能は、果たして未来を明るく照らす希望の存在となり得るのか。それとも人類を終末へと導く災いとなるのか……?

『麻雀放浪記2020』

4月5日(金)全国ロードショー!

公式HP:mahjongg2020.jp

***********************************


原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)

主演・斎藤工 x 監督・白石和彌

配給:東映 
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


関智一登壇「PSYCHO-PASS サイコパス」最終章!第三期制作発表!梶裕貴、中村悠一サプライズ


映画情報どっとこむ ralph 2019年1月より「PSYCHO-PASS サイコパス」Next Projectとして始動した『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』劇場三部作が連続公開となり、ついに3月8日(金)に最終章となる「Case.3 恩讐の彼方に」が公開初日を迎えました。 舞台挨拶には「Case.3 恩讐の彼方に」の主役・狡噛慎也を演じる関智一さんと、塩谷直義監督が登壇。

更にTVアニメ第三期『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の制作決定発表!キャストの梶裕貴さん、中村悠一さんがサプライズで登場して大盛り上がりとなりました。
『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』初日舞台挨拶
日程:3月8日(金)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇者:関智一(狡噛慎也役)、塩谷直義監督 /MC:吉田尚記
サプライズ登壇/梶裕貴(慎導灼役)、中村悠一(炯・ミハイル・イグナトフ役)

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶には「Case.3 恩讐の彼方に」の主役・狡噛慎也を演じる関智一さんと、塩谷直義監督が登壇し、作品の魅力を大いに語り

■Case.3について

関さん:
Case.2アフレコの頃、ちょうどCase.3のシナリオ制作が佳境の時だったんですが、塩谷監督から、Case.3のシナリオを制作するにあたり、狡噛ならどういうリアクションをとると思うかなど、聞いてきてくださって、僕=狡噛という風に捉えてくださっていて、とても嬉しかったです。

塩谷監督:
Case.3を制作するにあたり、戦闘シーンの研究も兼ねて、軍事的レクチャーを受けに訓練施設に行きました。そこには元自衛隊の方や元警視庁特殊部隊の方がおられ、こういうシーンにはどういう戦術がいいか、耐えうるシュミレーションプランを教えていただきました。そのおかげで、本格的な戦闘シーンが描けたと思います。

映画情報どっとこむ ralph TVアニメ第三期『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の制作決定発表されると、キャラクター原案を手掛ける天野明の描き下ろしビジュアルも公開されました。
ビジュアルには、TVアニメ第三期のメインキャラクターとなる公安局刑事課一係の監視官二人が描かれ、それぞれのキャストを梶裕貴(慎導灼(しんどう・あらた)役)さん、中村悠一(炯(けい)・ミハイル・イグナトフ役)さんが務めることも発表され、サプライズで登壇し、TVアニメ第三期へ向けての意気込みを語りました。

■TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』第三期に参加が決定された感想

梶さん:以前、「PSYCHO-PASS サイコパス」のゲーム版にの際、出演させていただいたのですが、き、そのご縁もあり、オーディションがあると伺い、受けさせていただきました。僕自身とても好きな世界観の作品だったので、今回の第三期に自分も参加できることになり、とても嬉しかったです。

中村さん:参加させていただく前から、とても楽しみでした。アフレコがすでに始まっているんですが、全員が主役級のキャスティングで、現場の皆さん思った以上にモチベーションが高く、収録もハードで疲れるのかなと思っていましたが、とても楽しく演じさせていただいています。


TVアニメ第三期『PSYCHO-PASS サイコパス 3』
フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送!!

STAFF
監督:塩谷直義
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
制作:サイコパス製作委員会

CAST
慎導灼:梶裕貴
炯・ミハイル・イグナトフ・ミハイル・イグナトフ:中村悠一 ほか

公式HP:psycho-pass.com/

画像使用の際、クレジット記載を
お願いいたします。
©サイコパス製作委員会


映画情報どっとこむ ralph 『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』
全国にて公開中

STORY
2116年に起きた東南アジア連合・SEAUnでの事件後、狡噛慎也は放浪の旅を続けていた。
南アジアの小国で、狡噛は武装ゲリラに襲われている難民を乗せたバスを救う。
その中には、テンジンと名乗るひとりの少女がいた。
かたき討ちのために戦い方を学びたいと狡噛に懇願するテンジン。
出口のない世界の縁辺で、復讐を望む少女と復讐を終えた男が見届ける、この世界の様相とは…。

***********************************

CAST
狡噛慎也/関智一
テンジン・ワンチュク/諸星すみれ 花城フレデリカ/本田貴子 キンレイ・ドルジ/志村知幸 ギレルモ・ガルシア/磯部勉 
ツェリン・グルン/高木渉 ジャン=マルセル・ベルモンド/鶴岡聡  


STAFF
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:深見真
総作画監督:恩田尚之、阿部恒、中村悟
作画監督:中村深雪、古川良太、竹内知海、
古川尚哉、市川美帆、黄瀬和哉、阿部恒、諸貫哲朗、
新野量太、中村悟
演出:河野利幸、遠藤広隆
撮影監督:荒井栄児
3D:サブリメイション
色彩設計:上野詠美子
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒
シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
制作:サイコパス製作委員会
配給:東宝映像事業部
©サイコパス製作委員会


高良健吾 主演『アンダー・ユア・ベッド』その女の自宅に潜入!ベッドの下から全てを覗き見る・・・


映画情報どっとこむ ralph この度、「リミッターを外せ︕」を合⾔葉に、あえ てタブーとされる題材をテーマに、クリエイター達の感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの⽴っ た作品を共同で開発、発信していくプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』が⽴ち上がりました。

今回はプロジェクト第二弾となる『アンダー・ユア・ベッド』の主演を高良健吾が演じることが情報解禁となりました!


メガホンを取ったのは安里麻里監督。

黒沢清監督、塩田明彦監督の助監督を経て 2004 年『独立少女紅蓮隊』で劇場長編映画デビュー。切れのいい演出 が高い評価を得る。2014 年『バイロケーション』ではホラー要素と謎解きミステリー、人間ドラマを融合させ、各方面で絶賛を浴び た。その他の作品に大ヒットシリーズの三連作『リアル鬼ごっこ3・4・5』『劇場版零~ゼロ~』、米澤穂信原作『氷菓』など確かなファ ンを獲得している。原作は『殺人鬼を飼う女』と同じく大石圭。93年に「履き忘れたもう片方の靴」で第 30 回文藝賞佳作。他の著書 に「殺人勤務医」「湘南人肉医」「復讐 執行人」「飼育する男」「檻の中の少女」「人間処刑台」「甘い鞭」「殺人調香師」「あの夜に あったこと」等がある。

安里麻里監督コメント
原作『アンダー・ユア・ベッド』は「もう一度名前を呼ばれたい男」の話だ。ただ「名前を呼んでくれた」という些細な事が、主人公・三井にとっては、 かけがえのない幸せの記憶。その女を妄想的に想う。変質的であり、純粋でもある。この危ういキャラクターを描いてみたかった。狂気か愛か分 からない瞬間をいくつも。緊張感と過敏すぎる空気感。そんなヒリヒリする映画を作ろうと思った。 主人公・三井は高良健吾さんに演じてもらった。繊細な役どころで、同じシーンでもニュアンスを変えていくつか芝居をしてもらう事があった。こち らが一言投げかけるだけで、まるで別人のような顔つきに変わっていて、よく驚かされた。「目を離してる間に何か塗りました?」とメイク部に聞い たほど。とんでもない役者と出会ってしまったと思う。 暴力描写はかなり激し目だ。でも、だからこそ裏腹に、大きな癒しがこの映画にはある。このカタルシスを、多くの人に味わって欲しい。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、家でも学校でも誰からも必要とされず存在を無視され忘れられてきた男が、学生時代に初めて「名前を呼んでくれた」女性との11 年ぶりの再会を夢見て、追い始める処から始まる。

しかし、目の前に現れた彼女は別人のように変わっていた。

何故?彼女に何が起こっているのか。

男は、彼女を監視するようになり、自宅に潜入しベッドの下で真上の彼女を想い過ごし始める。加速度的に暴走していく男。これは愛ゆえの盲目なのか、それとも狂気なのかー。

愛する彼女への一途で純粋な思いと、異常で孤独な男の切なさ、繊細な役柄を高良健吾が演じる。

主演・高良健吾(三井直人)さんコメント

いつもより個人的な想いが多くある現場だった気がします。続けてこられたからこそご褒美 が多かったというか。若い現場だったのでエネルギーもあって気持ちがいい組でした。 この作品は心から痛々しくて不気味ですから、ご褒美、気持ちがいいという想いは現場中 にはゼロ、むしろマイナスになるのですが、それでも、確かにあったと今でも思える日々、 現場でした。 観る人をなんともいえない気持ちにさせる作品なのかもしれませんし、R 指定がついている ので観る人を選んでいますが、笑えるか笑えないかは気分次第の不気味な愛と緊張がある 作品だと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『アンダー・ユア・ベッド』

今夏テアトル新宿ほか全国ロードショー

サイト URL:
http://underyourbed.jp

Twitter:
@satsu_under
[STORY]
もう一度、名前を呼ばれたい 雨の日の無人のエレベーター。誰かの香水の香りが残っている。俺は思い出す。この香り…11 年前、たった一度、名前を呼んでく れた彼女のこと。誰からも名前すら憶えられたことのないこの俺を「三井くん」と呼んでくれた時のこと。 人生でもっとも幸福だったあの感覚を思い出したい。俺は、彼女を監視する事にした。彼女の家のベッドの下で―。


***********************************


高良健吾

原作:大石圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫)
監督・脚本:安里麻里
配給:KADOKAWA
©2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会 R18+


『ハロウィン』動機、感情、すべて不明!戦慄の本予告&新ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、全米でNo.1超ヒットとなった『ハロウィン』が、4月12日(金)全国公開となることが決定しました!
1978年、ホラー映画の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』は後世に語り継がれるホラーキャラクター“ブギーマン”と恐怖を煽る象徴的な音楽で全米を震撼させ、32万5000ドルの製作費で4700万ドルの興行収入を記録。世界的に脚光を浴び、以降のホラー映画に多大な影響を与えた。公開から40年の時を経て、新たな恐怖が解き放たれる。

先日ブギーマンさんが、浅草寺でひとり大ヒット祈願をしたとの報告でざわつかせましたが・・・


このたび、すべてが謎に満ちた神出鬼没の恐怖の化身・ブギーマンがハロウィンの夜に忍び寄る、戦慄の本予告が解禁! さらに、闇夜にたたずむブギーマンを捉えた新ビジュアルを解禁させていただきます!

解禁された本予告では、40年前のハロウィンの夜に人々を震撼させた殺人事件の犯人、“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズの恐怖が再来する様子が収められている。また、40年前の事件の唯一の生き残り、ローリー・ストロード(ジェレミー・リー・カーティス)がブギーマンと対峙する様子も切り取られ、2人の運命が再び交錯することに期待が高まる本映像の注目ポイントをご紹介!


映画情報どっとこむ ralph ★動機・感情不明、人知を超えた怪力、そして不死身…。すべてが謎の恐怖の化身、ブギーマン現る!

不気味なマスクに素顔が覆われて感情は一切不明、大人を片手で軽々と持ち上げる人知を超えた怪力、何発もの銃弾を受けても立ち上がる不死身の肉体…。その生い立ちも、行動の動機もすべてが謎に包まれた恐怖の化身・ブギーマン。本映像では、トイレに立てこもる女性の頭上から人の歯を降らせるなど、その際立った異様さが観る者の恐怖を掻き立てている。40年の沈黙を経て、再び街に解き放たれた恐怖の化身・ブギーマンが再びハロウィンの夜を震撼させる!!

★安全な場所なんてない― 神出鬼没!忍び寄るブギーマンの恐怖に絶叫必至!!

すべてが謎に包まれたブギーマンのもうひとつの恐怖の秘訣は、その神出鬼没さにあり!40年前の事件を知る唯一の生き残りであるローリーが「安全な場所なんてない」と語るとおり、本映像ではリビングやトイレ、さらにはクローゼットまで、様々な場所に突如現れては人々に襲いかかるブギーマンの姿が確認できる。気配もなく忍び寄るその存在に気づいたとき、人々はただ恐怖し、絶叫するしかない…!!

★ヤツはずっとこの時を待っていた…。ブギーマンとローリー40年越しの宿命の激突!

マイケルが精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走したことを知ったローリーは「ヤツはずっとこの時を待っていた」とブギーマンの再来を予期していたことを明かす。さらに、「必ず私の元に来る」「私がやるしかない」と長きにわたり苦しめられてきた因縁に決着をつけるべく、ブギーマンに銃口を向けるローリー!しかし、不死身の肉体に銃弾は届かず、ついにはドアを突き破って伸びてくるブギーマンの手に捕らえられてしまう!はたして、40年越しに対峙する2人の宿命の激突の結末はいかに!?

映画情報どっとこむ ralph さらに、新たに解禁された新ビジュアルには巨大な包丁を手にし、家の前に不気味にたたずむブギーマンの姿とともに、「恐怖が、忍び寄る。」というブギーマンの特徴を端的かつ最大限に表現したコピーが添えられ、より一層の恐怖が掻き立てられる仕上がりとなっている。
ヤツはじっとこちらを見つめている。我々の住む街にもブギーマンがいるかもしれない、そんな錯覚すら起こす恐ろしいビジュアルだ。気配もなく忍び寄るブギーマンの恐怖にあなたは打ち勝つことが出来るのか…。世界が震撼した究極のショッキングホラーをぜひ劇場で体感してほしい!

ハロウィン
原題:Halloween


【STORY】
ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼を“ブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる―。

***********************************


監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン 
製作:ジェイソン・ブラム
音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか

配給:パルコ
宣伝:スキップ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/106分/R-15指定
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS