「サイコ」カテゴリーアーカイブ

高杉真宙、身を削って挑んだ新境地『君が君で君だ』高杉真宙×松居大悟監督トークイベント!


映画情報どっとこむ ralph 7月7日に公開いたしました映画『君が君で君だ』が熱い注目を集めております。

公開前その全貌が明らかにされていなかった本作。

作中で描かれているシーンの衝撃や、その愛の形への熱烈共感コメント、否定コメントなど、賛否の衝撃を巻き起こし口コミが広がり全国11館スタートながら、新宿バルト9では平日の回でも満席回が続出している映画「君が君で君だ」。

7月12日(木)、新宿バルト9にて高杉真宙さんと松居大悟監督による上映後トークイベントが行われました。

高杉は劇中で、ヒロインであるキム・コッピのダメ彼氏役・宗太を演じていますが、イケメン俳優という面影は微塵もなく、今作では無精髭をはやし髪の毛も無造作。見るからにダメ彼氏役を好演しております。イベントでは、役作りについて撮影のエピソードなどを話しました。


日付:7月12日(木)
場所:新宿バルト9
登壇:高杉真宙、松居大悟監督

映画情報どっとこむ ralph 上映終了後、高杉さん、松居監督が登壇すると大きな拍手が沸き起こった。
MCから初めて脚本を読んだ感想を聞かれ

高杉さん:最初はびっくりしました。ただ松居監督の作品をいくつか見させていただいていたので、監督とご一緒したいという気持ちはありました。自分がやったことのない役でもあり、キャストの皆様も素敵な方ばかりだったので、どんな作品になるのかなと思いながら読ませていただきました。

とコメント。

続いて、MCから高杉へのオファーの理由を聞かれ

松居監督:この世代で、いわゆる王子みたいな役者さんの真宙ってほんと貴重だなと思って、あまりこういうタイプの人はいないなと思いオファーしました。そして、一緒に読み合わせやリハーサルをしていく中で、狂気というか底力のようなものを感じました。

と絶賛。また、高杉さんへの役作りの依頼について

松居監督:とにかくクズになってもらいたかったので、パチンコ屋やゲーセンとかに入り浸ってほしい、あとひげを伸ばしてくれとお願いしました。

と語りました。

共演者との撮影について聞かれ

高杉さん:激しい撮影でした。迫力のあるキャストの皆さまですし、演技もすごかったです。自分がその中にいることができたのが幸せで、現場ではずっと緊張していました。

振り返りました。そして特に覚えているシーンについて

高杉さん:満島さんに連れていかれて、羽交い締めにされて首輪をつけられるところです。なかなか無い経験ですし今後も首輪をつけられることはないかな。

と貴重な体験だったと語りました。

映画情報どっとこむ ralph MCから完成した本編を見た印象を聞かれ

高杉さん:泥臭くて、男三人の愛情で気持ち悪さとかもあるのではと思っていて、もちろんそれはあったのですが、松居監督の作品って、どれも綺麗だなっていつも思うんです。気持ち悪さはあるけどその中で青春がある感じがして、最初見た時にやっぱり綺麗だなと思いました。

と語った。高杉さんの凄みを聞かれ

松居監督:この三人(池松、満島、大倉)が、がっつり組んでやっているとすごい圧があると思うんですけど、この圧に対して全く物怖じしないでいるのって結構なエネルギーがいると思うんですけど、最初からそれをスッとやっていてすごい現場力というのを感じた。

と高杉さんを褒めたたえた。

最後に・・・

高杉さん:この作品を見て、これまで僕自身は“自分が自分で自分だ”だったのですが、ここまで人のために尽くして生きていくって素晴らしいなと考えさせられました。皆さんがこの映画をどのように感じるのかとても気になりますが、感情が伝染すればいいなと思っております。

と高杉さんが締めくくり、会場は大きな拍手に包まれイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、舞台挨拶で突如ゲリラキャンペーンがスタート!

「#君が君で君だ」をつけて感想ツイートいただいた方の中から、抽選で5名様にサイン入りチラシを密封でプレゼント!


監督からも、撮影中にも履いていた雪駄のレプリカにサインをつけて1名様にプレゼント!

さらに、イラストを描いて投稿してくれた方には、抽選で1名様に「君が君で君だ」のスタッフTシャツにサインを入れてプレゼントという企画が舞台上で発表された!!

応募締め切り7月22日(日)です!



新宿バルト9平日も満席続出!
池松壮亮主演、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二共演この愛は純情か、それとも異常か。

俳優・高杉真宙、身を削って挑んだ新境地

映画「君が君で君だ

公式サイト:
https://kimikimikimi.jp

全国絶賛公開中


物語・・・
大好きな子が好きな「尾崎豊」「ブラピ」「坂本龍馬」になりきり、自分の名前を捨て、10年間ただひたすら好きな子を見守ってきた3人の男たちを描いた恋愛譚。触れ合うことも告白することもなく、ただ見守り続けてきた3人が、執拗な借金の取り立てから好きな子を守るべく立ち上がるも返り討ちに!

***********************************


監督・原作・脚本:松居大悟
出演:池松壮亮、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二、高杉真宙、向井理/YOU
制作:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ

ⓒ2018「君が君で君だ」製作委員会
   


藤田恵名 国内・外で話題沸騰のMVが映画化!女性殺し屋と日本食 映画「WELCOME TO JAPAN」製作決定! 


映画情報どっとこむ ralph 先日、MV検閲済ver.と未検閲ver.を解禁し、キングレコード公式サイト1週間で、15万視聴回数を超えまだまだ、その 再生回数は伸び続け、全世界から注目を浴びている『藤田恵名』 「言えない事は歌の中」。
このMVが、トロント映画祭、シッチェス・ファンタスティック映画祭、サウス・バイ・サウスウエストなど海外映画祭から問い合わせ殺到中。

その勢いさながらに、MVの世界観をふくらませて映画化することが決定!

タイトルは、「WELCOME TO JAPAN」。

女性殺し屋と日本の食文化を描いた作品となっている。異色とも思えるこの組み合わせに、藤田恵名が体当たりで挑んだ。藤田恵名が演じる女性殺し屋は、弁当箱で不良外国人たちを殺しまくる。
殺し屋という役柄の為、MVでも披露 している激しいアクションシーンで、多くの痣を作ったが、痣の数だけ凄味のある彼女の新たな一面を見れることになる。更に、殺しと食がテーマとなっているこの作品を観終わった後、日本のお弁当が食べたいと感じることにもなりそうだ。

監督には、世界的クリエイティブの祭典SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)で2017年日本映画で唯一上映された「蠱毒ミートボールマシン」の西村喜廣が担当。

映画情報どっとこむ ralph
藤田恵名の座右の銘は、「群れるな、勝ち取れ!」。

その言葉通り、彼女の“核”、または“芯”の部分が剥き出しとなり、ステージとスクリーンで世界を魅了する日がきた。 今いちばん”脱げる”シンガーソングライターとして、2018年ロックとエロスをまき散らす藤田恵名。目が離せません!

***********************************



上田慎一郎監督と愉快な俳優仲間たち!な舞台挨拶『カメラを止めるな!』初日


映画情報どっとこむ ralph 試写を観た映画系の記者仲間から、緻密な脚本と展開に絶賛の声が上がっている『カメラを止めるな!』。
本年度1,2を争う作品で、何度も観たくなると言う方もいるほど。

上田監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作!が6月23日(土)公開となりました!!
そして、初日舞台挨拶には、監督含め12名が登壇。

更に、本作を観に来ていた笠井アナを見つけた、MCを担当が急遽泣きつき、無理やりMC交代!

場所:新宿K’s cinema
登壇:上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、山﨑俊太郎、大沢真一郎、竹原芳子、浅森咲希奈、吉田美紀
MC:フジテレビ笠井アナ

映画情報どっとこむ ralph MCの宣伝さんは、控え通路で始まる前から緊張すると話していましたが、会場でフジテレビの笠井アナが客席にいるのを見つけ、急きょMCをお願い。断るも、観客の拍手に押され・・・
笠井MC:初日おめでとうございます!まずいんですよ。飛び入りで強制で司会に!って書いてくださいよ!ゆうばりでお会いして。その後、軽部さんと一緒にやっている男おばさんにも出ていただいたので。お礼です。

と、言うことで急きょ笠井アナがMCに。

脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。しかも、役者の皆さんは長編映画ほとんど出たことがないのだそう。
濱津さん:雨の中お越しいただきありがとうございます。。沢山の方の応援でこの日を迎えることが出来ました。最初の吹っ切れた監督が大変でした。青子に自分を持っていくのは良い経験となりました!

と言う濱津さんは、普段は小劇場の俳優さんだそう。

真魚さん:監督の娘役。今日を迎えられてうれしいです。

と、監督曰く猫をかぶっているそう。


しゅはまさん:ポンやりました!こんなに多くの方たちに来ていただけて感激です!今日はずっと満席だそうで。もう1回見たい方はリピーター割もありますんで!

と、営業をかける強者の一面も。
さらにポンを実演。

長屋さん:いけ好かない俳優役です!僕は疑問があります・・・・ゾンビって斧使えます?疑問です。

この返しに、監督が本当にめんどくさい奴なんです!と紹介。

映画情報どっとこむ ralph 細井さん:酔っ払いカメラマンです!最初のはフグ雑炊です!

市原さん:37分ワンカット本当にコンタクトレンズが入らなくてテンパりながら演じました。顔出しパネルがロビーにあります。僕の部分が穴が開いてますので、是非顔を入れて写真をSNSにアップしてください!

山﨑さん:・・・・・・人をいじって笑わせる。監督です。傷つきました。でも愛があるんです。

大沢さん:愉快な仲間たちと、こうして舞台に立ててるのが嬉しいです。何度でも足を運んでください。

竹原さん:始まる前はどうなることかと思っていましたが。無事公開できました!前回の上映の時に世界に行けたらいいなと言ってたんですけど。本当に現実になったそうです!ありがとうございました!!!

本作はイタリアとドイツの映画祭に出品されたそうで、上田監督は現地に行かれていたと話しました。

浅森さん:今日上映後初の舞台挨拶凄いなと思っています。もともとワークショップから始まった作品が。知り合いでない方達にも広がっているのが嬉しいです!

吉田さん:ちょうど一年前に廃墟で撮影。体当たりで演じまして、実は取れたシーンは本当で。脳震盪になってました!

とのハプニングも、そのまま映像に収めているという監督さん。

映画情報どっとこむ ralph 上田監督:記念すべき初日の初回。去年の6月21日クランクインしました。半分ぐらい経験のない人たちとワークショップから初めて。選んだ基準はポンコツ。人間として不出来な、不器用な人をキャスティングしました!そういう映画が作りたくて。宣伝活動もみんなでやってきました!

37分一発撮りはテイク6まで。しかしながら、役者原因で止まったことはなく、技術的なものばかりだそうで。それだけ役者人は力を注いでいたと思われます。

最後に・・・
上田監督:今日から新たな一歩です。今日感染したかたは、他にも感染させてください!ゾンビになって(笑) 


最後の最後に・・・

上田監督:カメラを

客席:止めるな!!!
で、イベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph カメラを止めるな!

http://kametome.net/index.html
物語・・・
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき
撮影:曽根剛|録音:古茂田耕吉|助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助|主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治
96分/16:9/2017年


椎名ひかり 井口昇監督との初演技トレーニングは!『少女ピカレスク』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本日より公開となった『少女ピカレスク』の初日舞台挨拶が行われ、初主演を務めるヒカリ役・椎名ひかりさん、共演の日菜子役・長澤茉里奈さん、亜衣役・神門実里(ノーメイクス)さん、前田役・松永天馬さん、ユキエ役・上埜すみれ(ノーメイクス)さん、彩乃役・武田玲奈さん、そして井口昇監督が登壇しました。過激な発言(自主規制してます)はありつつも、とても和やかな舞台挨拶となりました。

本作は、「自撮り配信」を題材に、心の闇に飲み込まれるアイドルたちの物語を描く。

自撮り生配信でファンとの濃密なコミュニケーションを取りながら、トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリが狂気の世界に突き落とされる。

日付:6月23日
場所:シネマート新宿
登壇:椎名ひかり、長澤茉里奈、神門実里(ノーメイクス)、松永天馬、上埜すみれ(ノーメイクス)、武田玲奈、井口昇監督
SPゲスト:ちーちゃん

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の前にキャストの皆さんと監督が登場!に歓声と拍手!

初主演を務めるヒカリ役・椎名ひかりさん、

共演の日菜子役・長澤茉里奈さん、

亜衣役・神門実里(ノーメイクス)さん、

前田役・松永天馬さん、

ユキエ役・上埜すみれ(ノーメイクス)さん、

彩乃役・武田玲奈さん、

そして井口昇監督

映画情報どっとこむ ralph 本作で初主演を務める椎名ひかりさんは
椎名さん:超絶バッドエンドでもあってハッピーエンドでもある物語。観る人の体調やその日の気分や情緒で感想が変わる作品。心が病んでる時に観たらとても好い映画に感じるかもしれない。幸せの時に観たらなんて酷い作品なんだと感じると思います。
と作品についての自分の見方をコメント。


共演の長澤さんは
長澤さん:パッと見はホラー作品のように見えますが、登場するアイドルたちのそれぞれのドラマが面白い。生き方や成長過程がSNS配信を通して描かれるところに注目して欲しい。

神門さん:合間で笑ってしまうくらいの暴力シーンがありますが、最後まで観るとうるっと来る作品、愛の深さが詰まっていて、とくに女性に観てほしいです。

とそれぞれ見どころを解説!

またアーヴァンギャルドのボーカルを務める松永さんは
松永さん:井口監督作品は大ファンで全部観ています。井口監督のどの作品も“乙女”なんですよ。監督自身が女の子になりきって撮影していると思います。“自撮り”をする今の女の子について寄り添っている作品です!

と絶賛。

上埜さん:女の子が美しい作品だと思います。スクリーンに映っている女の子が全員美しい。苦しんでいるのに綺麗だなって・・・・思いました。眼球を舐めるところとか。
と、独特の“拷問”シーンの中にある美しさを称えました。

武田さん:残酷でもあって切ないお話。私自身は自分のシーンに感情移入出来たと思います。

と語り、劇中で武田さんが涙を流すシーンについて

井口監督:あの涙は台本にはなく、本当に涙を流してくれたシーンなんです!

映画情報どっとこむ ralph 今回大きなスクリーンで観るのは初めてだった井口監督は、

井口監督:ラストシーン辺りは涙が出ましたね。いい映画だなと。椎名ひかりさんが初主演・初演技で、色々二人で演技トレーニングしましたね。
と演技指導について語り、

椎名さん:発作や気絶の演技トレーニングもしましたね(笑)

と初めての演技を真剣にトレーニングをして挑んだと明かしました!

舞台挨拶の途中、劇中に登場する新人アイドル・ヒカリのもう一人の人格“ちーちゃん”が突如舞台に登場、自撮りをしながらステージ上に暴れまわる姿に、場内が騒然とする一幕も。

映画情報どっとこむ ralph また撮影中のエピソードについて

井口監督:撮影中落ちないはずの照明が突然落ちたり、劇中ヒカリが配信しているときに後ろの壁にかけているものが堕ちるのも実はハプニングで、撮影は止めずにそのまま撮りました。

とから撮影中に起きた“怪奇”現象について語った。


最後に・・・・

井口監督:何度も見てもらえると見るたび変わると思います。2回3回と言わず10回観てもらえたら、きっと何か感じてもらえると思います。デートムービーとして向いているから何回も見てほしいです!

椎名さん:主題歌の『確認事項:しあわせとかについて』や本作もそうですが、辛いとか苦しいとか悲しいとか生きたくないとか、負の感情をめいっぱい集めて、無理やり開き直って、幸せすぎてもうしょうがない、という気持ちを唄っています。そんな気持ちをこの作品を通して感じてもらえたらと思います。

と最後に締めくくった。


『少女ピカレスク』

シネマート新宿ほか全国順次特別先行上映中!


物語・・・
トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリ。一人でも多くのファンに“自分”を届けるため、自撮り生配信で濃密なコミュニケーションをとる毎日を過ごしていた。
そんなある日、新曲のPV撮影をすることに。ダンサーとして参加していた新人アイドル日菜子と亜依の2人と親しくなり、撮影も順調に進んでいた。しかし、“ちーちゃん”と呼ばれる少女が収録現場に現れ、撮影中止せざるを得ない混乱を引き起こしてしまう。
「いつも、ちーちゃんは大事な時に邪魔してくるんだ」
生配信中に心情を吐露するヒカリ。そして、日菜子や亜依の近くでも不可解な出来事が起こり始める。
嫉妬、憎悪、憧れ。生配信を通して映し出される、少女たちの想いとは……。
***********************************

監督・脚本:井口昇
主演:椎名ひかり
長澤茉里奈 松永天馬 神門実里 上埜すみれ 武田玲奈(友情出演)
配給:東北新社
提供:ファミリー劇場

主題歌:椎名ぴかりん「確認事項:しあわせとかに」


『夏のホラー秘宝まつり2018』映画祭のポスタービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 【ホラー秘宝】は、キングレコードが贈る、ホラー映画の人気レーベル。
そのラインナップの質は、ホラーファンのみならず一般の映画ファンからも一目を置かれる存在。2014年に、ホラー映画未開の地・キネカ大森で開催された「ホラー秘宝まつり」第1回の開催は大成功を収め、多くのホファンからの声援・喝采をいただき、年々、規模を拡大し、【観客参加型のホラー映画祭!】として開催されてきました。そして今年は記念すべき、5周年を迎えます。5度目の“夏”迎え、パワーアップした『夏のホラー秘宝まつり2018』、皆さまを確実に恐怖のどん底へと陥れます。 この度、映画祭のポスタービジュアルが解禁となります!

“『怪談新耳袋新耳GメンG冒険編』メン”VS『心霊グラビア ツアーズ』美女アイドルのバトル勃発!!!!

より恐怖のどん底へ引きずり込むのは、どのホラー映画か?

今年のホラー秘宝まつりの目玉は、なんと行っても“新耳Gメン”だ!2013年を最後に、沈黙を続けていた大人気心霊ドキュメントシリーズ、”新耳Gメン”と呼ばれる中年の男たちが心霊映像を撮影するために、心霊スポットに体当たりの殴り込みをかける、伝説のシリーズ。ノーCG、ノー特殊造形、ノースタント、フェイクじゃない、まさにリアル、一切のやらせなしのガチンコ心霊ドキュメンタリー。昨年、5年ぶりに見事、不死鳥のごとく復活した「怪談新耳袋Gメン」が今年も登場!さらにパワーアップして前編・後編の2部作に!幽霊が出る廃墟旅館、必ず出ると言われる山岳の山小屋、広大な工場跡地など、おぞましい心霊スポットに突撃ルポ。やらせなし!スタントなし!CGなし!これが本物の心霊映像だ!

そして、今年は、もう一本!美女アイドルが映画祭の人気企画『新耳袋Gメン』ばりにグラビアアイドル4名が、ホラースポットをガチンコで突撃する『心霊ツアーズ』。
まさに、 新耳Gメンの中年男VS美女アイドル!大人気心霊ドキュメンタリー「怪談新耳袋Gメン」にライバル出現!?「新耳袋Gメン」は中年の男たちが心霊スポットに潜入するが、本作品は女性タレント達が幽霊を撮影するべく、心霊スポットに潜入!今回の主人公たちは、原あや香、ミシェル・ヤン、池尻愛梨、松川千紘の4名。彼女たちが心霊スポットに、まさに全身全霊で殴り込みをかける! 

映画情報どっとこむ ralph さらに、今回は、園子温監督や小林勇貴監督に続く、若干22歳の気鋭の若手・阪元裕吾監督の商業映画デビュー作『ファミリー☆ウォーズ』も参戦!殺人を犯した認知症のおじいちゃんを家族が餅で殺そうとするも失敗。一家は破滅への道へと突き進み、家族で殺し合うバトルへと勃発といった内容から、SNSで賛否を呼び炎上勃発!本作の情報をSNSにUPしたところ、その内容から賛否を巻き起こし、一部、上映中止の声が上がる問題作!

意気揚々とホラースポットに潜入する前のスナップ写真のGメン(『怪談新耳袋Gメン冒険編』)、この後に起こる恐怖を知らずに笑顔でほほ笑むグラビア美女アイドル(『心霊ツアーズ』)、家族から、つきたての餅を口元に運ばれ、その意図を感じ取った無表情のおじいちゃん(『ファミリー☆ウォーズ』)がデザインされ、三つ巴のバトルの様相を呈し、より恐怖のどん底に引きずり込むかを賭けた、阿鼻叫喚の地獄絵図を彷彿とさせる、この世の物とは思えないビジュアルが遂に、完成いたしました!
そして、このバトルの行方は、映画祭会期中に毎年劇場で実施している“ホラー総選挙”の結果で明らかに!劇場の投票用紙で投票が最も多かったホラー作品を、映画祭の最終日となる9日(金)の最終回に発表され、シークレット上映されます。

映画情報どっとこむ ralph 夏のホラー秘宝まつり、全国へ感染拡大!東京・名古屋・大阪の三都市で同時開催決定!

東京@キネカ大森:8月25日(土)~9月7日(金)

名古屋@シネマスコーレ:8月25日(土)~
 
大阪@シアターセブン:8月25日(土)~


<血の祝祭>全国で開幕!
キネカ大森に続き、名古屋・大阪にて開催決定!名古屋でシネマスコーレ、大阪はシアターセブンと、全国三都市同時開催が決定いたしました!全国で催されることが決定し、ますます盛り上がることが予想される『夏のホラー秘宝まつり2018』にぜひご注目ください!

さらに、例年通りスペシャルな特典が満載!
①スタンプラリー実施、5本みたら1本無料。
②全作品をコンプしたらDVDプレゼント!
③ホラー総選挙を実施、人気投票1位の作品を当てたらDVDプレゼント、さらにグランプリ作品はキネカ大森の【名画座】枠でアンコール上映
④投票率の最も高いホラー映画を、映画祭最終日にシークレット上映
⑤参加型イベントを多数開催!ゲストによるトークショー【ホラーしゃべれ場】や、クラッカー、コスプレありの【パリピ(パ―ティーピーポー上映)】なども予定。


***********************************