「コメディ」カテゴリーアーカイブ

『カンチョリ』予告編解禁 人生の最大のピンチとは


ソン・ジュンギやキム・スヒョンと肩を並べ韓国を代表する人気若手俳優として注目が集まるユ・アインの

【カンチョリ】ポスタービジュアル最新作
『カンチョリ オカンがくれた明日』

5月17日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショーすることが決定(配給:CJ Entertainment Japan)し、日本オリジナルの予告編が、ついに解禁となりました!

ユ・アインさんは、大ヒットドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のコロ役でブレイクした彼です。

【カンチョリ】2本作は、釜山の港町を舞台に、病気の母親を支えるため、金もコネもない中一人奮闘するカン・チョル~通称カンチョリと、認知症を患いながらも天真爛漫な母スニさんとの、時にコミカルで、時に切なく温かな絆が感動を呼ぶハートフルストーリー。

【カンチョリ】1そして、今回解禁となった日本オリジナル予告編では、主人公カンチョリと母スニさんの、微笑ましい会話のやりとりや、ほのぼのとした二人の日常シーンから一転、スニさんの病気が悪化し、手術費をなんとか工面しようと悩み、奔走するカンチョリの姿、そして訪れる人生の最大のピンチをも予感させるもの。。。



『カンチョリ』は
カンチョリクリアファイル現在、韓国版ビジュアルの特製クリアファイルが付いた特別鑑賞券が、上映劇場(一部除く)にて絶賛発売中!

ユ・アインの表情がファンにはたまらない、日本オリジナルの特典は先着限定数でのプレゼントにつき、どうぞお早目に!

公開は5月17日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショーです。
★公式HP kangchul-movie.com

********************************************************************


『カンチョリ』

【STORY】  ぶっきらぼうだが情に篤いカンチョリ(ユ・アイン)は、病気で認知症の母親スニ(キム・ヘスク)の面倒を見ながら釜山港で黙々と働き、一日一日を懸命に生きてきた。お金もコネもなく母親と幸せに暮らすことが唯一の望みだったが、ある日、ソウルから旅行に来た自由人スジ(チョン・ユミ)と出会い、しばしの間、笑うことを取り戻し、人生で初めて外の世界へ出る夢を抱き始める。そんな時、母の容体が悪化し、さらには幼なじみの危ない儲け話に巻き込まれ、非常な決断の時がカン・チョルに迫る。はたして彼は大切にしてきたものを最後まで守り抜くことができるのか…。

監督:アン・グォンテ 『マイ・ブラザー』 出演:ユ・アイン 『ワンドゥギ』 キム・ヘスク 『10人の泥棒たち』 ほか   
配給:CJ Entertainment Japan 
【2013年/韓国/カラー/108分】 
©2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved


下ネタは世界共通の笑い舞台挨拶でジョニーとノブコブ意気投合


『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』沖縄映画祭舞台挨拶でジョニーとノブコブ意気投合!

ジョニー・ノックスヴィル 沖縄国際映映画祭 舞台挨拶に参上!!
ノブコブ、ジョニーと意気投合”下ネタは世界共通の笑い!!”

現在開催中の第6回沖縄国際映画祭(3/20~24)のラフ部門に正式出品され、本作に主演するジャッカスのリーダーで全米ナンバー1の人気コメディアン、ジョニー・ノックスヴィルが待望の来日中です。

本日3月23日(日)に、厳戒態勢のもと?那覇・国際通りで行われたレッドカーペットイベントでは、大勢の日本の芸人たちが歩く中、メインゲストとしてジョニー兄貴が登場。沿道からは一際大きな歓声があがりました。

サブ_ジャッカス沖縄レッドカーペット
『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』ジョニー・ノックスビル舞台挨拶
メイン_ジャッカス沖縄レッドカーペット 【日時】3月23日(日) 15:42~
【場所】沖縄コンベンションセンター シアター1(沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1)
【登壇者】ジョニー・ノックスヴィル(43)、平成ノブシコブシ 徳井健太(33)、吉村崇(33)


映画祭の本上映終了後には、ジョニー・ノックスヴィルの舞台挨拶催されました。ジャッカスを愛してやまないという平成ノブシコブシの吉村と徳井が登場。世界の〝破天荒″ジョニー兄貴に会えた歓びを全身を使って表現する吉村。なんと破天荒集団〝ジャッカス″入りを直訴する場面も見られ、終始笑いの絶えない舞台挨拶となりました。

MC:まずは沖縄映画祭参加の感想をお聞かせください。

ジョニー:沖縄に来れてうれしいです。沖縄の女性はキレイですね。
吉村:そんなことない人もいますよ(笑)。

MC:レッドカーペットはいかがでしたか?

サブ2_ジャッカス沖縄舞台挨拶ジョニー:ワクワクしたよ。沖縄の皆さんにあえてうれしい。妻と娘は(レッドカーペットには)参加せずにサーフィンを楽しんでるよ。
吉村:旦那は仕事なのに。
ジョニー:そう、俺は仕事なのにね(笑)。僕は運動神経があまりないから、サーフィンはやらないんだ。突っ立ってることしか出来ない。
だから牛にぶつかられたりするスタントをやるんだよ。動物たちはしっかり働いてくれるしね。
徳井:こんなスタント、(運動神経なくて)出来ますか!?

吉村:日本の芸人でジャッカスファンの人多いんですよ。日本のテレビは規制が厳しいんですけど、ジャッカスみたいなことをやるのが憧れなんです。
ジョニー:じゃあ、是非アメリカに来てください。スタントをお願いしたいです。保険の約束は出来ないけど(笑)。ロケットに乗ってもらうとか、牛の前に立ってもらうとか。

メイン_ジャッカス沖縄舞台挨拶
MC:ジョニーさんは普段はイケメンですが、今回は86歳のおじいさんを演じましたが、演じるにあたってなにかアドバイスをお願いします。

ジョニー:かっこいいと言ってくれてありがとう。あなたもキュートだよ。こんな感じで演じるんだ。

(ジョニーがおじいさんの演技を実演し、平成ノブシコブシの二人も挑戦。徳井が演じたおじいさん役に、吉村が「トイレに行きたい人みたいだよ」とつっこみ、吉村が演じたおじいさん役には、ジョニーも関心し、「俺よりもよっぽどうまいよ」と褒めた。)

吉村:ジョニーさん、笑いを取る為にはどうしたらいいんですか?
ジョニー:僕は、話してもウケがとれないから、スタントをやるようになったんだよ。転んだりすると皆笑うしね。

(吉村が実際に転んでみるが、会場で全くウケず、吉村「全然笑わないじゃないですかー」。徳井も転ぶが打ち所が悪く絶叫。
ジョニーはすこし引きながら「とてもいいです」と日本語でフォロー。)

MC:演技している最中に、笑ってしまうことはなかったですか?

ジョニー:やる前は心配して笑う余裕なんてないんだよ。終わった後に見てみると爆笑するよ。クソしたところとかね。日本語では「ダップン」(脱糞)って言うんだってね。

MC:ジャクソン・ニコル君との共演はいかがでしたか?

ジョニー:怖いもの知らずで、果敢に挑んでくるんだ。よく人の急所を殴ってくるんだよ。普段はおりこうさんなんだけど、学校では相当悪いやつなんだ。机の中に花火を隠し持っていたりね。次世代のジャッカスだよ。

MC:ジャッカスが世界中でこんあに愛されている理由は何だと思いますか?

ジョニー:体を張ったジョークは言葉の壁を超える面白さがあると思う。子供のころ誰しもやっていたことだよね。
吉村:世界共通ですよね。下ネタは。是非ぼくたちもジャッカスのメンバーに入れてもらえませんかね?
ジョニー:是非出演してよ。日本でもまた撮りに来たいと思ってるんだ。大好きな国だしね。1作目も日本で撮ったから、この映画の続編「クソジジイ2」は日本で撮りたいね。

MC:最後に、日本のファンに向けて一言お願いします。

ジョニー:本当にありがとう。またいつか戻ってきたいと思います。そしてビールを飲みましょう。

(日本語で)ノミマショー。

MTVのテレビシリーズで人気に火がついた「ジャッカス」シリーズ。その映画化第4弾の最新作にして、シリーズで初めてアカデミー賞(メイキャップ&ヘアスタイリング部門)にノミネートされた

『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』 

3月29日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー

********************************************************************


『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』 

プロデューサー:スパイク・ジョーンズ、ジョニー・ノックスヴィル、ジェフ・トレメイン、デレク・フリーダ
監督:ジェフ・トレメイン 
キャスト:ジョニー・ノックスヴィル、ジャクソン・ニコル 
原題:jackass presents Bad Grandpa


田中聖レッドカーペットで黄色い声援!沖縄国際映画祭


3月23日(日)に行われました那覇会場、国際通りレッドカーペットイベントに品川ヒロシ監督、田中聖さんが参加しました。メッチャニコヤカな田中さんが印象的です。そして、黄色い声援!で、那覇国際通りレッドカーペットはつつまれました。

これは品川ヒロシ監督の最新作

『サンブンノイチ』が第6回沖縄国際映画祭<3月20日(木)~3月24日(月)開催>のコンペティション部門<Laugh部門>に出品しているからです。

(C)2014-沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピースNAHA_RedCarpet_onethird_2_R
『サンブンノイチ』

●3月23日(日)那覇国際通りレッドカーペット
場所:那覇会場 国際通りレッドカーペット
参加者:品川監督、田中聖さん

サンブンノイチ沖縄国際映画祭田中聖.2
コメント
Q:沖縄に来られて、レッドカーペット歩かれてのお気持ちは!?

田中聖:
楽しかったです!思った以上に気温も、お客さんも熱くって。
楽しかったです!!沢山お越し頂いて感謝しています、
是非『サンブンノイチ』4月1日(火)からなので劇場で観てください!

品川監督:
いや~楽しかった!沢山のお客さんが来てくれて嬉しいですね。
やっぱ聖くんはすごいね。こうき~こうき~キャー!!って。
僕とはついでに握手してるんでしょうね(笑)。
こうき~こうき~あっ品川監督…みたいな (笑)。

Q:まもなく4月1日(火)より『サンブンノイチ』が公開になります、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

サンブンノイチ沖縄国際映画祭田中聖
田中聖:
まずは何より劇場で観てください!
2度3度観ても違う楽しみ方ができますよ。劇場でお待ちしてます。

品川監督:長かったーーー

田中聖:撮影から約一年ですもんね。

品川監督:
一年待ってやっと来た!やっと公開、やっと皆さんに観てもらえるって気持ちでいっぱいです。『サンブンノイチ』すっごい面白いしかっこいい作品です、是非4月1日(火)より劇場で観てください!

(C)2014 沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピース

(C)2014-沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピースNAHA_
『『サンブンノイチ』』

4月1日【(火)エイプリルフール】全国ロードショー
公式HP: www.sanbunnoichi.jp 

過去記事
品川ヒロシの手腕が光る『サンブンノイチ』試写感想

********************************************************************

(C)2014-沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピースNAHA_RedCarpet_onethird_3_R
『サンブンノイチ』

【作品概要】

◆ストーリー
サンブンノイチ_ポスタービジュアル舞台は川崎の仲見世通りにあるキャバクラ“ハニーバニー”。
一発逆転を賭けた銀行強盗に成功、営業前のハニーバニーに駆け込む3人の男たちがいた。
店の売上金を紛失した、店長・シュウ(藤原竜也)、借金まみれのボーイ・コジ(田中聖)、店の常連で破産寸前!?浪速の商人・健さん(ブラックマヨネーズ小杉竜一)。

手に入れた大金はココで3分の1ずつ分け合う…はずだった。
が、数億の金をめぐり内輪揉めが勃発。
更にはこの大金を裏で狙う大物の影が―
謎の女・まりあ(中島美嘉)、闇の帝王・破魔翔(窪塚洋介)、そして川崎の魔女・渋柿多見子(池畑慎之介☆)。果たして大金は誰の手に!?

サンブンノイチ_田中聖
監督・脚本:品川ヒロシ『ドロップ』『漫才ギャング』 
原作:木下半太「サンブンノイチ」(角川文庫刊) 
角川文庫創刊65周年記念作品
キャスト:藤原竜也、田中 聖、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、中島美嘉、窪塚洋介 池畑慎之介☆、木村 了、哀川 翔(特別出演) ほか
テーマ音楽:「Triad」→Pia-no-jaC←
配給:KADOKAWA 吉本興業
(C)2014『サンブンノイチ』製作委員会


『超高速!参勤交代』 舞台挨拶!@沖縄国際


松竹配給にて6月21日(土)より公開となります話題の映画『超高速!参勤交代』。

第六回沖縄国際映画祭のコンペティション“laugh部門”へ出品され、 3月21日(金)の上映後舞台挨拶を実施。本舞台挨拶では、映画を観て大好きな作品だったという、ウーマンラッシュアワーのお二人をスペシャルサポーターとしてお迎えしました。また、お二人には作品に合わせて大名に扮装した格好でご登壇頂き、得意の早口(超高速)芸も披露しました。

『超高速!参勤交代』舞台挨拶
日時:3月21日(金)
場所: 桜坂劇場/ホールC【沖縄県那覇市】
登壇者: 本木克英監督、ウーマンラッシュアワー(村本大輔、中川パラダイス)

0321沖縄国際映画祭_舞台挨拶
0321沖縄国際映画祭_舞台挨拶
【一言挨拶・感想】
本木監督: 今回、このワールドプレミアでの上映が、全国初の上映となりましたが、満席のお客さんから上映後に拍手を頂いてホッとしました。
そしてお二人には即席の扮装をして頂きましたが、とてもお似合いなので、是非今度は本格的な時代劇にご出演頂きたいですね。

忙しくてスケジュール取れないのですが…。

村本大輔: オファーはぼく一人に頂いたと思いますが、監督にはしっかりスケジュール抑えて頂きたいですけどね。正直、映画をまだ観てないんです…。満員のお客さんから拍手もありましたが、中川が昨日からこの映画すごかったと、ずっと言っていました。

・中川パラダイス: 豪華な俳優さん達が、こんなに激しいアクションするんだ!!という、衝撃を受けました。 そして2時間前に並んだお客さんがチケットを取れないというところからも注目の高さが伺えますね。


【豪華なキャスト陣ですが、撮影中はいかがでしたか?】
本木監督: 佐々木蔵之介さんは、個性的なキャスト陣の中で、主役としてしっかりとリーダーシップを取って引っ張ってくれて、優秀な社会人のような印象も受けました。
深田さんは、紅一点という中で、不思議ちゃんの雰囲気がありながらも、本番が始まると豹変して素晴らしい演技を見せてくれました。一番へんなのは役柄通り、西村雅彦さんでしたが(笑)
【映画にちなんで無理難題な経験は?】
村本大輔:ボールペンのインクを1本なくなるまで書き続けるロケをさせられました。8時間書きっぱなしだったのに3分しか使われず、映ってるのは手元だけ、という酷い経験をしました。

中川パラダイス:村本がいつも無茶ブリしてくるんです。これやったら面白いと言われ、ロケでタガメ寿司を食べさせられて、結局カメラの前で吐くことになりました。こいつ、口が立つからなかなか言い返せないんです。

村本大輔:(超高速早口で)口が立つから言い返せないという文字数使えたら、ぼくはもっとお客さん沸かすこと言えますけどね。 言葉は商具ですからね、ちゃんと作ってから出してくださいね。


【最後に一言】
本木監督:「釣りバカ日誌11」や「ゲゲゲの鬼太郎」などを撮った思い出深い場所で上映することが出来て、皆さんに見て頂いて本当に嬉しいです。6年前にはグランプリも頂きましたし、弾みをもらえる場所でもあるので、有難い限りです。本当にありがとうございました。

村本大輔:完成にここまでかかりました。皆さんからツイッターなどで色んなコメントなどあれば、それを参考にして次回作を撮りたいと思いますので、これからも応援よろしくお願い致します。

中川パラダイス:なんでお前が監督づらしてんだよ!(場内爆笑) 1回だけでは観切れない部分もたくさんある映画です。アクションシーンなど、色々な動きがあって、違うところに目を向けたら、もっと面白いところがあると思います。2回、3回と、映画館で観て頂いて、この作品をどんどん好きになって頂けたらと思います。

超高速参勤交代
誰もが笑えて、楽しめて、そして最後にはグッと胸が熱くなる、 最高にホットな歴史エンターテイメント

映画『超高速!参勤交代』

6月21日(土)全国ロードショー http://cho-sankin.jp/
公式Twitter:@chosankin

********************************************************************


映画『超高速!参勤交代』

物語 江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。 磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。元文元年(1736年)春、 湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする 老中・松平信祝の差し金であった。期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。 しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だった。 藩主・内藤政醇は、小藩と侮った老中の仕打ちに激怒しつつも、知恵者の家老・相馬兼嗣に命じ、 4日間で無事参勤交代を果たせる作戦を立てはじめた。それは、道中の人が見ているところでは 渡り中間を雇って大人数に見せ、人のいないところでは藩の少人数のみで、山中を近道して 駆け抜けると言う奇想天外な作戦だったのだ!そこに東国一の忍びと言われる 戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵を道案内役として雇うが、幕府の老中・松平も刺客を雇い、 湯長谷藩の参勤交代を阻止しようとしていた… 果たして湯長谷藩は、5日以内に参勤交代を果たし、無事に藩と領民を守ることができるのか!?

【作品概要】
監督:本木克英
脚本:土橋章宏(講談社「超高速!参勤交代」)

出演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!!JUMP)、 柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司/陣内孝則(特別出演)、西村雅彦
製作:「超高速!参勤交代」製作委員会
企画・配給:松竹
(C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会


『サンブンノイチ』沖縄国際映画祭にキャスト・監督参加決定!!


KADOKAWA 吉本興業配給にて4月1日(火)より公開となります

『サンブンノイチ』


本作は第6回沖縄国際映画祭(3月20日(木)~3月24日(月)開催)のコンペティション部門<Laugh部門>に出品されしますが、上映時の舞台挨拶及びレッドカーペットイベントに品川ヒロシ監督、藤原竜也さん、田中聖さん、小杉竜一さんが参加することが決定したそうです。

藤原竜也x品川監督
第6回沖縄国際映画祭における『サンブンノイチ』監督・キャスト稼働予定スケジュールをお知らせします!
サンブンノイチ_ポスタービジュアル ●3月21日(金)
11:00~11:30上映前舞台挨拶
(11:30~13:30本編上映【120分】)
場所:桜坂シアターB
登壇者(予定): 品川監督、小杉竜一さん

●3月21日(金)
14:00~宜野湾レッドカーペット
16:00~オープニングセレモニー
場所:宜野湾レッドカーペット
参加者(予定):品川監督、小杉竜一さん

●3月23日(日)
12:00~14:00 (10:30より位置取り抽選)
那覇国際通りレッドカーペット
場所:那覇会場 国際通りレッドカーペット
参加者(予定):品川監督、田中聖さん

●3月24日(月)
14:40~15:10 上映後舞台挨拶
(12:40~14:40本編上映【120分】)
場所:OCCシアター1
登壇者(予定):品川監督、藤原竜也さん

第6回沖縄国際映画祭<3月20日(木)~3月24日(月)開催>
第6回沖縄国際映画祭<3月20日(木)~3月24日(月)開催>

詳細は第6回沖縄国際映画祭公式HPを確認してください!

第6回沖縄国際映画祭公式HP:http://oimf.jp/

『サンブンノイチ』  田中 聖、藤原竜也、小杉竜一
『サンブンノイチ』 
田中 聖、藤原竜也、小杉竜一
********************************************************************


『サンブンノイチ』

ストーリー
舞台は川崎の仲見世通りにあるキャバクラ“ハニーバニー”。
一発逆転を賭けた銀行強盗に成功、営業前のハニーバニーに駆け込む3人の男たちがいた。

店の売上金を紛失した、店長・シュウ(藤原竜也)、借金まみれのボーイ・コジ(田中聖)、店の常連で破産寸前!?浪速の商人・健さん(ブラックマヨネーズ小杉竜一)。

手に入れた大金はココで3分の1ずつ分け合う…はずだった。
が、数億の金をめぐり内輪揉めが勃発。
更にはこの大金を裏で狙う大物の影が―
謎の女・まりあ(中島美嘉)、闇の帝王・破魔翔(窪塚洋介)、そして川崎の魔女・渋柿多見子(池畑慎之介☆)。果たして大金は誰の手に!?


監督・脚本:品川ヒロシ『ドロップ』『漫才ギャング』
原作:木下半太「サンブンノイチ」(角川文庫刊) 角川文庫創刊65周年記念作品
キャスト:藤原竜也、田中 聖、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、中島美嘉、
窪塚洋介 池畑慎之介☆、木村 了、哀川 翔(特別出演) ほか
テーマ音楽:「Triad」→Pia-no-jaC←
配給:KADOKAWA 吉本興業

4月1日【(火)エイプリルフール】全国ロードショー
サンブンノイチ公式HP:www.sanbunnoichi.jp
(C)2014『サンブンノイチ』製作委員会