「コメディ」カテゴリーアーカイブ

紘毅、徳永ゆうき ゆうきひろきミニライブ付き『バケツと僕!』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 3月3日よりK’s cinemaにて公開となります紘毅・徳永ゆうきW主演『バケツと僕!』の舞台挨拶付きプレミア上映が行われました。

本作は、養護施設の新米先生となった気弱な青年・神島(紘毅)と、軽度の発達障害をもった個性的な少年・バケツ(徳永ゆうき)の笑いあり、涙ありのバディムービー。様々な壁に立ちはだかられ、つまずきながらも2人の不器用な絆で乗り越えようとする感動的な作品。

舞台挨拶には、主演の紘毅さん、徳永ゆうきさんと、本作にも出演している「ダウン症のイケメン」タレントのあべけん太さん、原作「バケツ」(文春文庫刊)の著者・北島行徳さん、石田和彦監督が登壇しました。
更に、主演の2人が意気投合し、本作の応援ユニット「ゆうきひろき」を結成。2月28日のDVD付きシングルCDの発売に先駆け、特別ミニライブを行ないました。

『バケツと僕!』の舞台挨拶付きプレミア
日時:2月21日(水)
場所:飯田橋 神楽座
登壇: 紘毅、徳永ゆうき、あべけん太、北島行徳、石田和彦監督

映画情報どっとこむ ralph 先日44歳になられた徳永さんと紹介されると
徳永さん:45です。23歳です!

との鉄板ネタからスタート。

徳永さん:役作りはイメージがわかなくて難しかったのですが、あべけん太さんとも撮影前によく話して創り上げました。常にぼーっとしてる中にも明るさがある人だと監督から言われて演じました。

と話します。徳永さんにアドバイスもした自身障害を持つ阿部さんは

あべさん:障害者をもっと知って欲しいので、この映画を観ていただけたら嬉しいです。

そして、自然な演技が目を見張る紘毅さんは

紘毅さん:生涯を持つ方と接することがなかったので、どう接してよいのか・・から始めて。でも、撮影が進むに連れて普通で良いんだと気づかされまして、自分で壁を作らないということ。役作りというよりはやりながら学びました。

と語り、石田監督からもっと明るく演じるようにと演出があったそうで

紘毅さん:台本もらってかなり集中していて、シリアスに始めたらもっと楽しい映画だからって監督から言われて、最初の3倍くらい明るく演じました。監督が底抜けに明るい方なんです!真面目なシーンほど真面目にふざけました。

と明るい映画にするアプローチに変更したそう。

原作者の北島さんは

北島さん:原作小説は13年前。映画化・ドラマ化の話が沢山あって、でも全部とん挫して。・・・年月が経って。今回晴れて映画化となりました。二人の演技を見て、これで13年間待たされたんだ。これで良かったんだと思いました。今の世の中、ピリピリしている。すぐ怒ったり、誹謗中傷したりそんなに焦らないで優しく成りなよと。きつい描写もありますが半面優しを感じてもらえるところもあると思います。

映画情報どっとこむ ralph ひろきゆうきミニライブ

本作の主題歌「虹色のファンタジー」を紘毅さんが披露。

そして、徳永さんが茶髪にして登場!

ゆうきひろきとして「白い雲のように」、「ひだまりの詩」を生で披露しました。
映画情報どっとこむ ralph

『バケツと僕!』

3月3日(土)より新宿K’s cinema他、全国ロードショー

公式サイト:
baketsu.ayapro.ne.jp/
物語・・・
養護施設で働くことになった神島(紘毅)は“バケツ”というあだ名の15歳の少年(徳永ゆうき)と出会う。バケツには軽度な知的障害と盗癖があり、母親から虐待を受け、挙句の果てに捨てられ、更には唯一の兄弟からも見放され、しまいには施設からも追い出されてしまう。神島は、先輩の黒田(岡本玲)の協力を得て、バケツを引き取り面倒をみることにするのだが・・・・。

***********************************

紘毅 徳永ゆうき
岡本玲 竹島由夏 二木てるみ 渡辺梓 ダチョウ倶楽部 海原はるか・かなた 杉田かおる
主題歌:「虹色のファンタジー」紘毅(出版:前川企画)
監督:石田和彦 原作:北島行徳「バケツ」(文春文庫刊)
エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ
企画・プロデューサー:竹山昌利
プロデューサー:古谷謙一
脚本:北島行徳・山田耕大・石田和彦・竹山昌利
音楽:安川午朗 撮影:佐々木原保志
照明:安河内央之 録音:橋本泰夫 美術:黒田享大 編集:細野優里子
スクリプター:長坂由起子
音響効果:伊藤進一 整音:野村みき
助監督:宮村敏正 制作担当:松田憲一良
製作:映画『バケツと僕!』製作委員会
制作プロダクション:カートエンターテイメント
配給:彩プロ
助成 文化庁文化芸術振興費補助金
年少者映画審議会推薦
©映画『バケツと僕』製作委員会


仲良し!知英、竹中直人「レオン」公開直前イベントで和気藹々


映画情報どっとこむ ralph OL小鳥遊玲音(知英)と年商500億の女好きワンマン社長の朝比奈玲男(竹中直人)の”心”と”身体”が入れ替わってしまう、ハチャメチャ痛快コメディ映画「レオン」が2月24日に(土)に公開となります。

公開を直前に控えた2月21日に知英さん、竹中直人さんが登壇する公開直前イベントが行われました。

日程:2月21日(水)
場所:ブロードメディア・スタジオ
登壇者:知英、竹中直人

映画情報どっとこむ ralph コメディ映画に出演してみたいという夢が本作で叶ったという知英さん。オファーがきたときのことを

知英さん:嬉しかったです。オヤジはオヤジでも普通のオヤジではなく、“エロ”オヤジ。はじめは、大丈夫かなと思ったが、“エロ”ということよりも社長としての“威厳”という方を意識して演じました!

と役作りを頑張ったという知英さんですが、まさかの知英さんから“エロ”と言う言葉が出たことに戸惑うMCに、

知英さん:“エロ”という言葉をマスコミの前でこんなに初めて口にしました

と話し、笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 竹中さんは知英さんとの共演について、

竹中さん:美しい方だというのは知っていたが、人見知りが激しいので、知英さんがどんな人だろうととても緊張しました!

と話しました。しかし、撮影が始まると、すぐに打ち解け、仲良くなったそう。

本作は、玲音の親友に大政絢さん、玲音の恋心をもてあそぶプレイボーイ日下に山崎育三郎さん、中身が入れ替わったレオン恋をしてしまう若手社員に吉沢亮さん、玲男の甥っ子にジャングルポケット斉藤慎ニさん、朝比奈の秘書にミッツ・マングローブさん達が個性的で強烈すぎるキャラクターを演じていることも見どころのひとつ。

ドラマ「オーファンブラッック」でも共演していた山崎育三郎さんについて

知英さん:山崎さんがプレイボーイ・日下のキャラになりきっている姿に、撮影中も笑ってしまってNGをたくさん出してしまいましたぁ。

という知英さん。また、ジャングルポケットの斉藤さんとの絡みが多かった竹中さんは、斉藤さんについて

竹中さん:映画初出演なのに魅力的な演技をする人。アドリブをしてもちゃんと返してくれる。色んな役がこなせる人!

と俳優としての斉藤さんに大絶賛。

映画情報どっとこむ ralph “心”と“身体”が入れ替わる本作にとって、入れ替わりのシーンは重要になりますが、知英さんも竹中さんも好きなシーンとして挙げるのが、ふたりが入れ替わった直後に知英さんが病院で目覚めるシーン。

このシーンは竹中さんの「目を開けたまま眠る人」を見ることができる本作の爆笑注目シーンのひとつで、その技はまるで芸のよう。芸といえば、竹中さんの伝説のギャグ「笑いながら起こる人」が有名でありますが、なんとこの日は竹中さんから知英さんへ「笑いながら怒る人」を伝授!

まずお手本として、竹中さんが本物の「笑いながら怒る人」を披露すると、場内は爆笑の渦に。そして、「難しい!」と嘆きつつも、一生懸命に真似をして、知英さんが「笑いながら怒る人」を完コピすると会場は笑いと拍手が沸き起こりました。

最後にもうすぐ公開を迎える本作について、

知英さん:とにかく笑いたいと思ったらこの映画を観てほしい!

竹中さん:知英がとにかくスゴい!そして他の役者も個性派揃いで、そのエネルギーを、絶対にスクリーンで堪能してほしい。

とメッセージをおくりました。


『レオン』

2018年2月24日(土)新宿バルト9ほか、全国ロードショー

公式HP:
reon-movie.com

地味なナイスバディの派遣OLと年商500億のセクハラワンマン社長
性別も地位も性格も何もかもが正反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?
 年商500億を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊 玲音(28)(たかなし・れおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひな・れお)。
小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。
一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。
しかし、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事の根っからの女好き。。。。
ある日、偶然ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が・・・・!
なんと、心は朝比奈のままだが、体が小鳥遊玲音になっていたのだ。
性別も地位も性格も、何もかも反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?

「俺の人生、どうなるの?」 「わたしの人生どうなるのかしら?」

***********************************

出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)
ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉   
山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの400日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『リベンジgirl』)
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム
©清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


知英 おっぱい触る?キャバクラ へ初入店!映画「レオン」で特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 2月24 日(土)に公開となる知英の劇場長編初主演映画「レオン」に関しまして、 主演の知英演じる小鳥遊玲音が、華麗なる夜の蝶・キャバ嬢役を初めて演じ、キャバクラへ初入店&初接客する特別映像を解禁!

入れ替わってる!?

本作では、ナイスバディだけが取り柄の地味な OL 小鳥遊玲音(たかなし・れおん/知英)と年商 500 億の女好きワンマン社長の 朝比奈玲男(あさひな・れお/竹中直人)の”心”と”身体”が入れ替わってしまう。性別も地位も性格も何もかも正反対の二人が入れ替わってしまったからさあ大変!しかもそれに乗じて、社長の身内が会社乗っ取りを企む大事件も勃発。社長と社員の禁断の恋も始まる予感・・・?!


この度、解禁となった映像は、本作の主人公・小鳥遊玲音が、会社をクビになり、新たなる職場として選んだキャバクラへ初入店する場面。

『知英。でも中身は竹中直人!』


親友・サリナ(大政絢)のアドバイスで、”女”に磨きをかけるためにファッション・美容にたっぷりお金をかけた玲音。 お金を稼ぐ為に選んだ仕事はなんとキャバ嬢!解禁映像では、内気なOL玲音が派手なドレスに身を包み、ゴージャスキャバ嬢に変身!自慢のナイスバディを披露し、

「男の相手なんてちょちょいのちょいよ、使わねーとな、女の武器は」

と、内気な OL だった 玲音には似つかない発言を。

どこか様子がおかしい。。 早速、入店 1 日目にして指名を受け、はじめてお客さんにつくが、「よいしょっと」と両足を椅子の上に載せ、「で、何飲むんだお前ら」と華麗なるキャバ嬢には到底に似つかわしくない台詞を。。それもそのはず、キャバ嬢・玲音の“心”は、朝比奈玲男(竹中直人)と事故で入れ替わった状態で、中身はワンマン女大好き社長だったのだ!

華麗なるキャバ嬢へ外見が変わっても性格は、 大胆で強気な元のワンマン社長のまま。。様子がおかしい玲音を見て、固まっているお客さんに、追い打ちをかかけるように「おっ ぱい触る?♡」と隠しきれないおっさん感満載の台詞を放ち、あえなくバックヤードへ退場。。。

初接客は即刻バックヤード行きの 悲しい結末となり、「あれー?」といぶかしがるシーンで特別映像は終了。

おっぱい触る?♡ 知英、キャバクラへ初入店!華麗なる夜の蝶のはずが、あぁ。。 隠しきれないおっさん感溢れる接客映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 初のキャバ嬢役(※中身はワンマン社長)演じた知英さんは、

知英さん:初めての役だったので、接客の仕方などが分からない時もあったんですけど、”自分はオヤジになったんだ”と思ったら楽に演じられました(笑)

と振り返ります。ナイスバディなゴージャスキャバ嬢のはずが、おっさん感が溢れ出してしまっている玲音の笑撃のキャバクラシーンをチラ見せする本映像ですが、もちろん、本編に はまだまだ爆笑シーンが盛りだくさん!

映画情報どっとこむ ralph 映画『レオン』

2 月 24 日(土)新宿バルト 9 ほか、全国ロードショー

果たして、2 人が巻き起こす騒動の結末は? 主演を務めるのは、一世を風靡した韓国の大人気ユニット KARA で活躍後、2014 年に活躍の場を日本へ移した知英(じよん)。 劇場映画初主演を果たす本作では、見た目は美人 OL だが、中身は女好きのエロ社長という難しい役柄を、女優生命を賭けた捨て身 のナリキリ演技で、弾けきった見事なエロオヤジっぷりを披露し、コメディエンヌとしての才能を存分に見せつける。とにかくスクリーンいっぱいに 放たれるキュートな魅力に、誰もが釘づけになること必至!そんな知英扮する小鳥遊玲音と入れ替わってしまう女好きのワンマン社長朝 比奈玲男を演じるのは竹中直人。中身が地味なナヨナヨの OL になりきる、芸達者な竹中の演じっぷりは、抜群の安定感!内股歩きあ でスクリーンの中を走り回る竹中の姿には抱腹絶倒間違いなし!さらに、二人を取り巻く共演者には、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジ ャングルポケット)ミッツ・マングローブ、山崎育三郎など、今を時めく人気キャストの豪華競演も見逃せない! ハチャメチャで破天荒な展開を笑いたっぷりに、そして時々ピュアな恋心を甘酸っぱく描く、空前絶後のスィッチング・エンターテイメント がここに誕生しました。


過去記事:
竹中直人 知英のパワーと日本語に感動と絶賛!『レオン』完成披露試写会
http://eigajoho.com/96976


***********************************

出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉  山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『リベンジgirl』)
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会 
配給:ファントム・フィルム
©清智英・大倉かおり/講談社・2018 映画「レオン」製作委員会


萩本欽一ドキュメンタリー映画『We Love Television?』BD&DVDで発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 今回は、全エンタメファン必見!欽ちゃんこと萩本欽一のドキュメンタリー映画『We Love Television?』ブルーレイ・DVDで5月9日(水)に発売決定!

特典映像には映画の続編!?な対談も収録!


映画情報どっとこむ ralph 「僕が死んだ日に公開して欲しい」

1980年代3本のレギュラー番組がどれも視聴率30%を超え、“視聴率100%男”と言われた、日本のコメディアンの至宝・欽ちゃんこと萩本欽一。その“最初で最後の”ドキュメンタリー映画『We Love Television?』が昨年11月3日に公開され、大きな話題となった。冒頭の言葉は萩本がこの映画に寄せたメッセージだ。メガホンを取ったのは、萩本を師と仰ぐ、日本テレビで『電波少年』シリーズなど、数々の人気番組を手がけた”Tプロデューサー”こと土屋敏男。
萩本のテレビというメディアに対する執念や狂気が、あまりに生々しく映し出されている。もちろん萩本イズムを継承する土屋のテレビへの執念、狂気は言わずもがなで、そんな二人が作り出したドキュメンタリーは、日本の爆笑王の一挙手一投足、全てを映したとてつもなく熱量の高いドキュメンタリーになっている。始まりは2011年1月。土屋が“専売特許”のアポなしで萩本宅に突撃し、「また視聴率30%を超える番組を作りましょう」と持ち掛けたところからカメラは回り始める。萩本と土屋の新番組作りがスタートし、様々な人を巻き込み進んで行く中で、顔合わせ、打合せ、演出、様々なシーンで萩本が語る言葉は、テレビマンだけではなく、エンターテインメント作りにかかわる全ての人、ひいては懸命に生きている全ての人間にとって、まさに“金言”の数々だ。
そんな映画が5月9日にブルーレイ・DVD化される事が決まった。この作品の特典映像では萩本と土屋の対談が収録されているが、映画だけではなく、ここでも思わず唸ってしまう“金言”の数々を聞くことができる。それは萩本が「僕は映画を観てないし、このDVDも観る気はないけど(笑)、普通だったらこの映画をどうやって作ったのかを話すのに、さらに新しい事を足そうするこの貪欲なディレクターのおかげで、映画以上の話をしたね」と語っているが、映画を“テレビの教科書”として捉えるならば、その続編ともいうべき、濃い対談になっている。人の心を動かすのも、物事を動かすのも、全ては一人の人間の“熱狂”から始まる――そう改めて教えてくれるのが『We Love Television?』だ。

文:田中久勝

映画情報どっとこむ ralph テレビを舞台にしたドキュメンタリー映画ではあるものの、その内容は、すべてのエンタメファンにとって全編瞬きする間もないほど必見中の必見。日本を代表するコメディアン、“欽ちゃん”こと萩本欽一を「電波少年」シリーズの“Tプロデューサー”=土屋敏男が追いかけた映画『We Love Television?』が、5月9日(水)にブルーレイ・DVDで発売される。特典映像として追加収録された二人の対談では、まるで映画の続編とでも言えそうな、シビアで真摯でストイックで、そしてユーモアに溢れまくった欽ちゃんの姿が収められている。特典映像も含めて存分に楽しんでいただきたい。

【商品情報】
We Love Television?
2018年5月9日(水)発売 DVDレンタル同日開始
<DVD>
2枚組 品番:PCBP.53726 
価格:¥4,000+税
<Blu-ray>
2枚組 品番:PCXP.50568
価格:¥5,000+税 
※<Blu-ray>封入の特典DiscはDVDとなります。

ともに収録時間:本編110分+特典映像130分以上
ともに特典映像(予定):
■スペシャル対談 土屋敏男×萩本欽一(約70分)
■土屋敏夫×萩本欽一×高須光聖 3人トークロングバージョン(約60分)
■劇場映画予告編 
■特報 
■劇場公開直前に放送された宣伝番組

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C)2017日本テレビ放送網

***********************************

本でも楽しめる!We Love Television?


吉沢亮!ピュア過ぎるド天然な可愛さを披露する「レオン」特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 2月24日(土)に公開となる知英の劇場長編初主演映画「レオン」に関しまして、本作の主人公・玲音(知英)に恋するあまり、ピュアすぎて考えられないほど唐突な行動をとってしまう ド天然社員・一条を演じる吉沢亮さんの、天然具合が可愛すぎる特別映像が解禁です。

この度解禁となった映像は、吉沢亮が演じる天然社員・一条があまりにもかわいい天然ボケを披露するもの!


本作の主人公・小鳥遊玲音(※中身は入れ替わった朝比奈玲男)が、お金を入れても反応しない自販機に八つ当たりしているところに、「まぁまぁまぁ」と一条(吉沢亮)が止めに現れ、突然自販機と会話!「よしよし」と声をかけると、ガチャンとジュースが出てくる!自販機を愛でる、あまりの天然さ!か、可愛すぎる。。。

玲音(※中身は入れ替わった玲男)が作ってきた手作り弁当を一条が食べる場面では、食材を丁寧に味わいながら(かわいい。。)、玲音の得意料理のトマトの味噌汁に口をつけた瞬間、あまりの美味しさに感動して空中浮いてしまう!

一口の味噌汁であわや昇天!する姿はまさに天使のようなかわいさ!!ちょっぴり天然がすぎる同僚・一条は、主人公・玲音の“心“と”身体“が朝比奈玲男(竹中直人)と入れ替わってしまっている事に全く気づかないほどの純粋さを披露!

中身がオッサンとは露知らず、一途に玲音(※中身は入れ替わった玲男。。)を思い続ける純粋さが垣間見える本映像ですが、もちろん、本編にはまだまだ魅力的な一条の登場シーンが盛りだくさん!

玲音(※中身は玲男。)を一途に思い続ける一条の恋は成就するのか!?心配すぎて目が離せない一条の恋模様は、是非劇場で。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
ナイスバディだけが取り柄の地味なOLと年商500億の女好きワンマン社長

性別も地位も性格も何もかも正反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?

年商500億を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊 玲音(28)(たかなし・れおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひな・れお)。
小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。
一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。
しかし、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事の根っからの女好き。。。。
ある日、偶然ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が・・・・!
なんと、心は朝比奈のままだが、体が小鳥遊玲音になっていたのだ。
性別も地位も性格も、何もかも反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?

 「俺の人生、どうなるの?」 「わたしの人生どうなるのかしら?」

レオン

2月24日(土)新宿バルト9ほか、全国ロードショー

公式HP:
reon-movie.com

公式Twitter:
@reon_movie

***********************************

出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉  山崎育三郎 竹中直人

監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『リベンジgirl』)
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム
©清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会