「オムニバス」カテゴリーアーカイブ

SING LIKE TALKINGと歩んだ3つの物語 映画「Music Of My Life」が完成


映画情報どっとこむ ralph 2018年デビュー30周年を迎えるバンド、SING LIKE TALKINGの音楽とファンからの手紙を元にして創られた映画「Music Of My Life」が製作された。

ファンから寄せられたリアルストリーとライブ映像を融合させた音楽映画。

4月16日の109シネマズ名古屋を皮切りに全国7カ所で開催されるファンミーティングで先行上映されます。
ファンから募集した「私とSING LIKE TALKING」の中から3つの実話を元にSING LIKE TALKINGと共に歩んだ28年の歳月がテーマに描かれています。

Episode I【20年振りの恋】
『あの時、ちゃんと告白しておけばよかった。
 振られてもいいから。』
—–高校生時代の突然の別れ以来、20年振りに偶然再会した香織と陽一。
それぞれの人生を歩み、今初めて知る真実。
ひとつの音楽が、20年の時を繋げる。
     

Episode II【心の扉】
『お母さん、ペアチケットってかわいいよね。
 シングライクのライブ、お父さんと行きたかったの?』
—–病気で臥した母と、高校生の晴。
誰もわかってくれない。でも何かしなくてはいけない。
くじけてもくじけても、娘が母を想う。

      
Episode III【わたしの子】
『もうすぐこの子が生まれる。名前はわたしの大好きな…。』
—–お腹の子に大好きなあの人の名前をつけたいのに、家族が大反対!
一家分裂にまで発展!?

映画情報どっとこむ ralph
SING LIKE TALKINGはもちろん、音楽ファン必見の映画なのでチェックを!

今秋劇場公開です。




Music Of My Life

SING LIKE TALKING オフィシャルサイト
http://singliketalking.jp/

***********************************

監督:岡元雄作
キャスト:
田畑智子/山中崇/高野志穂/東風万智子
ゆってぃ/小林きな子/松本穂香/北村優衣
国枝量平/新井政子/金沢きくこ
吉田騎士/小澤翔太/野口準/小澤雄志/野沢悠月

<主題歌>SING LIKE TALKING「6月の青い空」(Universal J)
2017年6月7日発売 4月16日先行配信

制作:ビッグバード
企画・製作:ユニバーサル J
企画・配給:ユニバーサル コネクト
配給協力 KADOKAWA
日本語/77分/カラー/ヴィスタ/5.1ch
©2017 UNIVERSAL MUSIC LLC.


4月8日・9日週末『ブルーハーツが聴こえる』キャスト&監督の連続舞台挨拶決定


映画情報どっとこむ ralph 先日の完成披露プレミア上映会にて、満席の観客の前で大いに盛り上がりをみせた映画『ブルーハーツが聴こえる』が、4月8日に初日を迎え、いよいよ全国での公開となります。

そして、初日と公開2日目の新宿バルト9舞台挨拶に豪華キャスト&監督が集結が決定しました!!
6作品で構成された作品の特徴を生かし、各作品が連続で舞台挨拶を実施します。

映画情報どっとこむ ralph 初日及び公開2日目舞台挨拶全スケジュール

場所:新宿バルト9
日程:4月8日(土)

<第一弾>
10:00の回上映終了後『人にやさしく』&『ラブレター』&『1001のバイオリン』
■登壇者(予定)
『人にやさしく』:市原隼人、下山天監督(敬称略)

『ラブレター』:斎藤工、井口昇監督(敬称略)

『1001のバイオリン』:李相日監督(敬称略)

<第二弾>
14:00の回上映終了後『ハンマー(48億のブルース)』&『ジョウネツノバラ』
■登壇者(予定)
『ハンマー(48億のブルース)』:尾野真千子、角田晃広、伊藤沙莉、飯塚健監督(敬称略)

『ジョウネツノバラ』:永瀬正敏、工藤伸一監督(敬称略)

映画情報どっとこむ ralph 日程:4月9日(日)

<第三弾>
15:35の回上映終了後『少年の詩』

■登壇者(予定)
『少年の詩』:優香、内川蓮生、清水崇監督(敬称略)

映画情報どっとこむ ralph 【チケット情報】
通常料金
劇場HPにてご確認ください。

◆◆チケット購入方法◆◆
インターネット販売(KINEZO EXPRESS)および新宿バルト9劇場窓口にて販売。
【KINEZO EXPRESS】
4月1日(土)AM0:00(=3月31日(金)24:00)より発売
※販売日より上映日3日前まではクレジットカード決済のみのご利用となります。
現金・モバイルSuica・U-NEXTポイント決済ご利用のお客様は上映日より2日前より
ご利用頂けますが、満席になり次第販売は終了となります。

【劇場窓口販売】
4月1日(土)劇場オープン時より発売
※オンライン販売で残席がある場合のみ。

チケットの購入はこちらから


注意事項——————————————————————-

※舞台挨拶付き上映の回は全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶付きの上映をご鑑賞いただくには、舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大

監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日

配給:日活/ティ・ジョイ
宣伝協力:MUSA

(c)TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight
    


斎藤工 尾野真千子 市原隼人 豊川悦司ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』プレミア上映


映画情報どっとこむ ralph 映画『ブルーハーツが聴こえる』。
2年の時を経て、クラウドファンディングにより多くの皆様の応援と支援のもと、遂に4月8日から劇場公開が決まり、その公開直前プレミア上映会イベントが3月15日(水)新宿バルト9にて行われ舞台挨拶が行われ

登壇者は、『ハンマー(48億のブルース)』から尾野真千子、飯塚健監督、『人にやさしく』から市原隼人、『ラブレター』から斎藤工、井口昇監督。『少年の詩』から清水崇監督、『ジョウネツノバラ』から工藤伸一監督、『1001のバイオリン』からは豊川悦司、李相日監督


日程:3月15日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:尾野真千子/市原隼人/斎藤工/豊川悦司
飯塚健監督/井口昇監督/清水崇監督/工藤伸一監督/李相日監督

映画情報どっとこむ ralph 実は登壇者はブルーの何かを付けて登壇。(紺色も可)

「ハンマー(48億のブルース)」
尾野真千子×角田晃広(東京03)の掛け合いに笑い、恋愛に悩むアラサー女子をポップに描く
© TOTSU

飯塚監督の脚本ですが女性の心理をわかっている作品、
尾野さん:すっと、台本は読めましたね。共感できたと・・・お・も・い・ま・す。

現場での指示はどのように?との質問に

飯塚監督:凄くテンポを早くしようという感じではなかったのですが、皆さんがやってくれたものがそのままですね。

尾野さん:長いのとかは、本読みの時に練習を重ねてから、作りましたね。なんか良い感じでした。今でも月数回のみに行ってます。

かなりチームワークが良かったそう。


「人にやさしく」
市原隼人×高橋メアリージュンがアクションで魅せ、極限下の人間模様を描く本格SF作品
© Solid Feature

市原さん:この作品が公開できるのは、製作スタッフの情熱と応援してくださった皆様の賜物です。ありがとうございます。何かのために生かされてるのではないかというメッセージが込められています。

アクションシーンが冒頭から激しいものでしたが・・・

市原さん:しっかり共演者もトレーニングして臨みました。全部宇宙船の中です。宇宙と言えばCGと思われるかもしれませんが、特撮です。それは人と向き合うことを表現するのに、味がある表現になっていると思います。監督もスタッフもやりたくて集まった人たちばかりで、楽しかったですね。

と、熱い市原節も飛び出しました。

映画情報どっとこむ ralph 「ラブレター」
斎藤工×要潤×山本舞香によるノスタルジックで、可笑しくも泣ける初恋ファンタジー
© DAIZ

斎藤さん:ドラマティックな2年以上を経て、公開を迎えました。嬉しいですね。

本作は井口監督の高校性の頃の初恋が詰まった作品。MCは斎藤さんに答えをもらおうとしたのですが監督がしゃべり始め、斎藤さんは操り人形状態に・・・つい一心同体に。
(井口監督が斎藤工を後ろから操っている図WWW)

斎藤さん:監督に僕の役が出来るのは斎藤さんしかいないと熱い役者みょうりに尽きるラブレターをいただきまして。即オファーを受けました。僕の高校時代もエッチなことばかり考えてました。男子校だったので女優さんに恋してましたね。井口さんの気持ちよくわかりました。

井口監督:特に演出したのは、太った男の動き方ですね。デブレクチャーをしましたね。走り方とかあごのタプタプを触っちゃうとか。

斎藤さん:難しかったのは・・・呼吸法ですね。少し上を向いて気道を確保することですね。(笑)
井口監督:たたずまいが、太っている人になってるので素晴らしいです。

斎藤さん:山本舞香さんをぼくが撮った映像も使ってくださったので、ご覧ください。


「少年の詩」
優香×内川蓮生×新井浩文が挑むシングルマザーと思春期に差し掛かった少年の絆を描く
© SHAIKER

時代が1987年が舞台、なぜその時代を?
清水監督:ブルーハーツを知った、地元の前橋で撮りたかったんですね。1987年は未だこの曲は生まれていませんが、自分の小学生を思い出して、そのころの世相と事件とかこだわって作りました。おとなには理解できない世界観を出したかったんですね。今回、監督の色がとっても色が出ていると思いますので、つかれるぐらいおなか一杯になると思います。

映画情報どっとこむ ralph 「ジョウネツノバラ」
永瀬正敏×水原希子による、究極の愛を美しく壮大なビジュアルで描いた異色ラブストーリー
©BBmedia

永瀬さんと共同制作の本作
工藤監督:永瀬さんにカメラマンとして作品を使ったことがあって、しばらく機関があいてこのブルーハーツの企画を話して、曲をTOO MUCH PAINとジョウネツノバラとどっちにしようかと悩んで。永瀬さんと原案を話している時にジョウネツノバラだなと。すぐ永瀬さんが脚本を書いてくださって、でも2時間ほどの作品になっていて、それを短編の長さにシンプルに集約させました。


「1001のバイオリン」
豊川悦司×小池栄子×三浦貴大×石井杏奈による、震災に翻弄された家族を描くヒューマンドラマ
© geek sight

豊川さん:原発事故を扱っていて、現実にいる方達がいるので、普段以上に緊張感をもって演じました。役を作るよりも寄り添う形でアプローチしました。

李監督:ブルーハーツというバンドは30年間僕らに諦めるな!と伝えてくれてるバンドだと思います。こうして公開できた良かったです。

フラガールの以来のタッグのお二人は・・・

豊川さん:緊張感の連続。OKを出さない監督で有名のなので。。。

李監督:撮影自体は短くて、震災から3年をどう映像にするか、答えのないような会話を豊川さんとした気がします。

豊川さん:実際、その場所に行くと想像を超えていて。。。大変なことを感じて、そのうえで映画にすること。は真摯にきっちりしたものを作らねばと思いました。

と、映画製作への想いを語りました。

公開にこぎつけたことが本当に嬉しいご様子の登壇者の皆さん。こんなに笑顔の多いフォトセッションは珍しいなと感じた記者でした。そして、クラウドファンディングに万歳!!


映画『ブルーハーツが聴こえる』。

4月8日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー 



公式サイトtbh-movie.com

***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/
優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大
監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日
配給:日活/ティ・ジョイ 
宣伝協力:MUSA

© TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight  
     


斎藤工、尾野真千子、市原隼人ほか登壇決定!『ブルーハーツが聴こえる』プレミア


映画情報どっとこむ ralph 豪華キャストと監督が集結!極上の映像と音楽で綴る贅沢な1本
クラウドファンディングで劇場公開を叶えた話題作!映画『ブルーハーツが聴こえる』。

公開に先駆け、3月15日(水)、新宿バルト9にて公開直前プレミア上映会を実施決定!

尾野真千子、市原隼人、斎藤工、飯塚健監督、井口昇監督、清水崇監督、工藤伸一監督、李相日監督の登壇が決定し、6つのストーリーがすべて観られる完成版をお届け。

豪華な公開直前プレミア上映会の先行抽選販売受付は、3月4日(土)AM11:00からスタートです!!

映画情報どっとこむ ralph ≪公開直前プレミア上映会≫
(日時) 3月15日(水) 18:30の回 <上映前 舞台挨拶>
(登壇者~予定~) 尾野真千子、市原隼人、斎藤工、飯塚健監督、
井口昇監督、清水崇監督、工藤伸一監督、李相日監督
(チケット料金) 2,000円均一
(場所) 新宿バルト9(東京都新宿区新宿3丁目1-26新宿三丁目イーストビル9階)
(Pコード) 556-661≪チケット販売≫
「チケットぴあ」にて販売
※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様4枚までとさせていただきます。

【販売スケジュール】
◆先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)

3月4日(土)AM11:00~3月10日(金)AM11:00まで
インターネット購入
※PC・モバイル共通
※抽選結果は、3月10日(金)夕方となります。
※インターネットのみでの受付となり、受付の際、ぴあへの会員登録が必要となります。

◆一般発売
3月11日(土)AM10:00~
≪一般発売に関する注意事項≫
※ お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、もしくは電話予約、
インターネットでお求めいただけます。 ※ お席はお選びいただけません。

□インターネット購入
チケットぴあ  
※PC・モバイル共通

□店頭直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00【営業時間は店舗によって異なります】
サークルK・サンクス 営業時間 朝5:30~深夜2:00【発売初日は10:00~】
セブンーイレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】

□電話予約
チケットぴあ音声自動応答TEL:0570-02-9999
※要Pコード・自動応答24時間受付
(毎週火・水 2:30~5:30はシステムメンテナンスのため受付休止)

≪チケット購入に関するお問い合わせ≫
「チケットぴあ」インフォメーション(10:00~18:00) 0570-02-9111

≪注意事項≫
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。
※特別興行の為、各種割引・各種招待券は、ご使用いただけません。
※全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※転売・転用を目的としたご購入は、固くお断りいたします。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。
保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。
その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 「耳をすませば、いつだってあの名曲が、心の中で叫んでる。」

名曲とともに豪華キャスト陣の熱演に心揺さぶられる予告編ストレートなメロディーとメッセージ性の強い歌詞が、今でも多くの人の心を刺激(魅了)し続けている、1995年に解散した伝説のバンドTHE BLUE HEARTS。

2015年の“結成30年”を機に、世代を超えて愛されるTHE BLUE HEARTSの名曲6曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」が映画になりました!

尾野真千子×角田晃広(東京03)の掛け合いに笑い、恋愛に悩むアラサー女子をポップに描く「ハンマー(48億のブルース)」

市原隼人×高橋メアリージュンがアクションで魅せ、極限下の人間模様を描く本格SF作品「人にやさしく」

斎藤工×要潤×山本舞香によるノスタルジックで、可笑しくも泣ける初恋ファンタジー「ラブレター」

優香×内川蓮生×新井浩文が挑むシングルマザーと思春期に差し掛かった少年の絆を描く「少年の詩」

永瀬正敏×水原希子による、究極の愛を美しく壮大なビジュアルで描いた異色ラブストーリー 「ジョウネツノバラ」

豊川悦司×小池栄子×三浦貴大×石井杏奈による、震災に翻弄された家族を描くヒューマンドラマ「1001のバイオリン」

監督には『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の飯塚健、『L-エル-』の下山天、『ヌイグルマーZ』の井口昇、『呪怨』シリーズの清水崇、CMディレクターの工藤伸一、『怒り』の李相日ら、人気クリエイター陣が挑みます。
***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/
優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大

監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日
配給:日活/ティ・ジョイ 宣伝協力:MUSA

© TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight


映画『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』津田寛治が親分役!コメントも到着


映画情報どっとこむ ralph “酒場詩人”吉田類が、映画初出演にして初主演を飾る極上のほろ酔いムービーがついに誕生!

[居酒屋チャンス][どつぼ酒場][ふるさと酒場土佐っ子]―3 つの居酒屋を舞台にした心温まるオムニバス作品 映画『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』が、6 月、角川シネマ新宿ほか全国公開。

この度追加キャストとして発表するのは、本作の第 2 話[どつぼ酒場]に、ヤクザの親分役で出演する実力派俳優・津田寛治。
津田演じるヤクザ の親分・岩永翼は、居酒屋[どつぼ酒場]に子分を連れて睨み顔で登場。お店に 入るや子分と大喧嘩をはじめ、店番をするはめになった伊藤淳史演じる平凡 なサラリーマン・日暮義男を怖がらせてしまうという役どころ。 津田寛治から本作について、また、津田と共演した第 2 話[どつぼ酒場]の 主演・伊藤淳史から、共演者についてのコメントが到着しました!
津田さん:[どつぼ酒場]で、どつぼなヤクザを演じさせて頂きました。長尾 監督や第2話主演の伊藤淳史さんをはじめとするスタッフ、キャストの皆さんの 温かい真心の力で、とてもクセになる素敵などつぼ酒場がオープンしました。是 非ご来店下さい!

伊藤淳史: 共演者の皆さんが台本に書かれていない素敵な味付けをして撮影現場に来てくださったので、ずいぶん助けられました。[どつぼ酒場]での出来事がリアルに起こっているかのように感じるほど、演じていてすごく楽しかった です。
と、語っています!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

今宵ノ一軒目 [居酒屋チャンス]
人生のチャンスに見放された面々ばかりがなぜか集まる[居酒屋チャンス]。今日も、常連たちがホッピーを飲みながら、いい気 分でいるところへ、変装姿の若い女の子が逃げ込んでくる。店主のママが機転を利かせて店内にかくまうが、実は彼女は人気ア イドルグループのメンバー・ “エリリン”こと、山下絵里子(松本妃代)だった!恋愛禁止のルールを破り、彼氏との駆け落ちを 図るも、電話口で急に逃げ腰になった彼氏の対応に落ち込むエリリン。ママや常連たちが彼女を温かく励ますが、常連の中には、 起死回生の大スクープを狙うマスコミ関係者もいて・・・。

今宵ノ二軒目 [どつぼ酒場]
穏やかな毎日を送る平凡なサラリーマン・日暮義男(伊藤淳史)。妻と子供が帰省中の今夜は、一人居酒屋でささやかな 夏休みを楽しむつもりだ。しかし、お目当てのお店は閉店、たまたま雑居ビルの行き止まりにある居酒屋[どつぼ酒場]に入って しまう。やる気ゼロのお店の大将から、スーパーで買った冷凍マグロと生ぬるいビールを出され嫌な予感がした矢先、飲みすぎで 倒れる老人、厚化粧に若作りファッションの自称・美魔女のホステス、お店に入るや喧嘩を始めるヤクザの親分(津田寛治) たちなど彼の前に次々と珍客が現れ、まさに“どつぼ”にはまっていく・・・。

今宵ノ三軒目 [ふるさと酒場土佐っ子]
とあるビジネスホテルの一室で、友達と電話で話している男(吉田類)。モリモトファンドの社長・森本勝也は、巨額の詐欺の 疑いで、警察から行方を追われていた。バッグに太いロープを忍ばせホテルを出た勝也は、人生最後の一杯を楽しもうと、通りが かった居酒屋[ふるさと酒場土佐っ子]に立ち寄る。お店で真っ先に目に入ったのは、彼の故郷・高知の名酒。ふるさとの香り と味が、高知県の山奥・仁淀川中流域の村で生まれ育った子供時代の思い出を呼び起こす。父と母、学校の先生、そして、 幼なじみの翔太・・・翔太とは、将来の夢を語り合った仲だった。

horoyoi-sakaba.jp


***********************************

吉田類 /伊藤淳史/松本妃代/津田寛治

監督:長尾直樹
配給:KADOKAWA
©2017『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』製作委員会