「オムニバス」カテゴリーアーカイブ

『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016』特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph ウォルト・ディズニー・ジャパンは、『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016』を2019年7月17日(水)よりブルーレイとDVDで発売するとともに、DVDレンタルを開始となります。
ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 本作は、1992年にスタジオジブリが初めて手がけた短編作品「そらいろのたね」から、2005年制作の最新アニメーションPVまでの、全22作品を収録した『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート』に2005年以降に制作された11作品を新たに追加収録した全33作品の貴重な作品集です。

また、今回が初のブルーレイ化となります。

この度、スタジオジブリ・プロデューサー 鈴木敏夫氏からのメッセージを皮切りに、新垣結衣のシングル曲「piece」ミュージック・クリップや、丸紅新電力企業CM「鳥獣戯画」など、今回本作に新たに収録された11作品より、さらに“ショート”な映像の一部が公開された特別映像が解禁となりました。




発売情報:『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016』

年7月17日(水) 発売 
ブルーレイ:4,700円+税、
DVD:3,800円+税
(C)2019 Studio Ghibli




***********************************


土屋哲彦監督、畑井雄介監督作品集『RUN!-3films-』池袋シネマ・ロサにて待望の上映決定!!


映画情報どっとこむ ralph ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、数々の映画祭に招待され受賞もしてきた土屋哲彦監督、畑井雄介監督の疾走感溢れる3作品を1つに集めたオムニバス映画『RUN!-3films-』。昨年2月に別府ブルーバード劇場にて上映され、瞬く間に大反響を呼び2019年11月に池袋シネマ・ロサにて劇場ロードショーが決定しました。

「追憶ダンス」
は「山形国際ムービーフェスティバル2017」準グランプリと観客賞を受賞するなど数々の映画祭で高い評価を上げてきた話題作。主演は『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』ドラマ『アシガール』の篠田諒と『仮面ライダーW』の木ノ本嶺浩。2人は本作において「FOXムービー短編映画祭」審査員特別俳優賞を受賞。新進気鋭な若手俳優の演技に注目が集まる。監督は、『闇金ドッグス』などヒット作を生み出してきた土屋哲彦監督。深夜のコンビニを舞台に、店員と強盗の記憶の掛け違いを巡る、スピード感溢れる展開が観るものを圧倒する。

「VANISH」
人に言えない秘密を抱えた男たちが築いた奇妙な関係を通して「喪失」を描いた本作は「しがショートムービーフェス2015」でグランプリを受賞し「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」でも話題となった、美しい映像で描かれる壮大な世界観が魅力のSFドラマ。『残穢【ざんえ】-住んでは行けない部屋-』『予告犯』の松林慎司が主演。監督は、これまで多くの映画やドラマなどの映像作品で助監督をしてきた実力派・畑井雄介。

「ACTOR」
は「追憶ダンス」と同じく土屋監督作品。
「杉並ヒーロー映画祭」で観客賞とベストヒーロー賞をW受賞した他、「ゆうばり国際ファンスティック映画祭2016」 や「アヴァンカ国際映画2018」など多くの映画祭に招待され、『忍びの国』NHK大河ドラマ『西郷どん』の黒岩司や、現在大好評ビデオパスにて配信中『RIDER TIME仮面ライダー龍騎』で主人公・城戸真司を演じている須賀貴匡など演技派が多数出演。夢を捨てられない男が、現実と幻想の境界を疾走する。

映画情報どっとこむ ralph ★土屋哲彦監督コメント
多くの優れた短編が映画祭での上映で終わってしまうことが常という中、この作品を劇場公開まで導いてくれた全ての皆様に感謝申し上げます。バラバラに作った3つの物語を並べたら、不思議とスジの通った一本の映画になりました。主人公たちはどいつも社会から必要とされてないような、ハミ出し者たち。それでも吠えて、あがいて、走る。そんな映画です。あらためて一本の映画になった「RUN!」を観たら「負け犬店員もコンビニ強盗も、売れない俳優も…俺だ!(人喰い親子とヤクザさえも!)」と思えました。そしてきっと、皆さんにもそう感じて頂けるようなパワーを持った作品です!ぜひ、劇場でお楽しみください!

★畑井雄介監督コメント
ある日、なんとなく気になって調べたのが「VANISH」の始まりでした。年間失踪者数が10万人。そしてその原因はわかっていない。この圧倒的な数に驚きました。消えた人はどこに行ったのか?僕なりの考えがこの「VANISH」には詰まっています。長編映画を目指す為に作られた今作は、パイロットフィルムになります。まだ完結していない物語ではありますが、多くの方に観て頂ける事がとても嬉しいです。主人公を演じた松林さんの苦悩。主人公と共存するヤクザを演じた津田さんの狂気。必見です。そして、「追憶ダンス」「ACTOR」の監督である土屋監督は、助監督時代の先輩でもあります。あの頃を一緒に走り抜けた先輩の作品と、こうして劇場公開される事をとても誇りに思います。



すべての作品に津田寛治が出演。
観客はそれぞれの世界に引き込まれること間違いない。

★津田寛治(俳優)コメント
ラ・セッテは映画好きが多い事務所なので、呑み会も映画の話で盛り上がります。この「RUN!-3films-」というオムニバス作品も、発端はみんなで飲んでいる時に出来た企画でした。若手の一人がベロベロになりながら「俺の主演映画作って下さい!今度のギャラ全部ブッコミますから!」と叫んだのです。その時の彼のギャラはとても映画が撮れる金額では無かったのですが、みんなもベロベロだったのもあり、「よーっし。とろーとろー!」と盛り上がったのでした。その勢いで3本も短編映画を作ってしまうこの事務所が僕は、す、好きです。

映画情報どっとこむ ralph 『RUN!-3films-』
2019年11月2日(土) 池袋シネマ・ロサにて上映決定!!

公式HP:『RUN!-3films-

2019年/日本/84分
©2019TEAM RUN!


「追憶ダンス」
コンビニバイト中の鈴木の前に、突然フルフェイスのヘルメットを被った強盗が現れた。そいつは中2まで一緒だった同級生の佐藤だという。「いじめた方が忘れても、いじめられた方は忘れないんだよ!」と、ナイフを持って襲ってくるが全く身に覚えがない。そこに警察官が現れ…。記憶の掛け違いを巡る二人の戦いは、予想外の結末に!

篠田諒 木ノ本嶺浩 青木玄徳 山﨑ケイ(相席スタート) 黒岩司 古谷佳也 日下雅貴 津田寛治
監督:土屋哲彦 脚本:池谷雅夫 撮影:髙橋一己 照明:西野哲雄 録音:蓬田智一 美術:山下修持 編集:伊藤瑞樹 
スタイリスト:竹内大海 ヘアメイク:川瀬輝美 アクション:根本太樹 効果・MA:西川良 音楽:田口大善
製作:ラ・セッテ 制作協力:エルロイ 協力:パイプライン/ヴィレッジ 企画・プロデューサー:星久美子 

「VANISH」
年間失踪者数10万人、その原因はわかっていない――。ある田舎町を走る車。そこにいるのは死体処理が生業のヤクザと、生きていくために人を喰うしか出来ない、「自分」が何者か分からない男。『消す』ことを宿命づけられたふたりは、共存のために一緒にいた。「命」とは?「生きるとは?」スタイリッシュな映像で贈るSFファンタジー

松林慎司 山口康智 志村美空 笹原尚季 谷沢龍馬 黒岩司 シャア・ハック 蟹江アサド 津田寛治
監督:畑井雄介 撮影監督:八重樫肇春 録音:久保琢也 特殊メイク:八幡裕美子 ガンエフェクト:早川光 アシスタントプロデューサー:伊藤広
協力:齋藤幸太郎 辻宗一郎 車両協力:中山賢一 持ち道具協力:小澤圭美 キャスティングプロデューサー:星久美子
制作:ラ・セッテ 制作協力:パイプライン 機材協力:ガゼボフィルム

「ACTOR」
売れない役者の山田はアルバイト先でもバカにされる日々。正直、向いてないのか・・と悩みながら振り向くと、そこは撮影現場だった。「やれば出来るじゃない」共演女優に言われ少しだけ自信を取り戻し、憧れの俳優との共演シーンで覚醒。『闇を切り裂け!その光を掴み取れ!』自分を見下してきたヤツらを撃つために!

黒岩司 須賀貴匡 菅野莉央 龍坐 佐野大樹 松林慎司 笠原紳司 川村亮介 佐野和真 髙橋洋 津田寛治
監督・脚本・編集:土屋哲彦 撮影監督:辻健司 録音:蓬田智一 ガファー:山本真吾 スタイリスト:竹内大海 ヘアメイク:野網達弥 MA:森浩一 音効:徳永義明 音楽:鷲見音右衛門文広 エンディング曲:踊ろうマチルダ「Bus to Hell」 字幕:ノーマンイングランド 助監督:畑井雄介 アシスタントP:伊藤広 橋本恵美子 プロデューサー:星久美子 制作プロダクション:エルロイ 制作:ラ・セッテ
***********************************



齋藤彩夏・渡辺いっけい・爆笑問題 太田光登壇『東映まんがまつり』初日舞台あいさつ


映画情報どっとこむ ralph 1967年(昭42年)より、東映が子ども向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズ「東映まんがまつり」が、29年ぶりに復活、本日4月26日(金)より上映開始!

この度、齋藤彩夏さん、渡辺いっけいさん、太田光さんら豪華アフレコキャストが登壇し 29年ぶりの「東映まんがまつり」復活を祝う、本作の初日舞台挨拶を実施致しました!

「東映まんがまつり」初日舞台あいさつ
日付:4月26日(金)
場所:新宿バルト9
登壇者:齋藤彩夏さん(ブラウン役)、渡辺いっけいさん(マルチーズ署長役)、爆笑問題 太田光さん(アルパチ役)、メタ・バラッツ(東京スパイス番長)
おしりたんてい(着ぐるみ)、ペロ(着ぐるみ・1969年公開の「東映まんがまつり」内「長靴をはいた猫」の主人公)

映画情報どっとこむ ralph 新たな元号・令和に切り替わるゴールデン・ウィーク直前、1967年(昭42年)より、東映が子ども向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズ「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活し、ついに全国公開!

その記念すべき日を祝うために都内で行われた舞台挨拶に駆け付けたのは、本作の上映作品のうちの一つで幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている、見た目はおしりでも推理はエクセレントな名探偵「おしりたんてい」が活躍を繰り広げる、『映画おしりたんてい カレーなる じけん』より、おしりたんていの助手・ブラウン役の齋藤彩夏さん、マルチーズ署長役の渡辺いっけいさん、映画版のゲストであるアルパチ役の太田光さん!!


太田さんの大きな掛け声とともに3人がステージに登場すると、

齋藤さん:おはようございます。本日こうしてご挨拶できて嬉しいです!本日はよろしくお願いします!

とブラウンらしい元気なご挨拶。

渡辺さん:本編ではナレーションとマルチーズ署長の声をやらせていただいております!僕にとってはアニメ初挑戦のお仕事が映画になるということで非常に嬉しく思っております。今日はよろしくお願いします!

と公開を迎えた喜びを明かし、続いて、太田さんは時事ネタで会場を沸かせながら、劇場版のみのゲスト声優であることに

太田さん:本当に寂しいですよ!レギュラーでも入れていただきたい!

とテレビシリーズへの意欲をのぞかせました!

映画情報どっとこむ ralph そして、現在NHK Eテレで放送されている大人気のTVアニメ版「おしりたんてい」が、今回ついに映画になるということで、映画化が決定したときの気持ちを聞かれ

齋藤さん:映画になるというイメージがなかったから、ドッキリかと思いました!

と驚いた様子で語り、

渡辺さん:マルチーズ署長は小さいので、大きなスクリーンだとハッキリ見えるかも!と思い、それがシンプルに嬉しかったです!

と自身が演じたキャラクターへの愛に溢れたコメント!そして、

太田さん:役作りというか、いわれたそのままにやりました!僕的にはクールにやろうと思ったら、監督に「もうちょっと元気よくやってください」と言われて、なんだよ!思いましたけど(笑)

と冗談ながらに語り、

渡辺さん:いち早く本作を観たのですが、太田さんはとっても良いんですよ!非常にしっかりやってらっしゃいます(笑)作品の方は安心してご覧ください(笑)

とのフォローが入って会場が笑いに包まれる一幕も。


続いて、小さい頃の「東映まんがまつり」の思い出へ話が及ぶと、

太田さん:やっぱり夏休みの一番の楽しみでしたよね!毎年見に行ってました!

と懐かしみながら、

渡辺さん:そうですよね!長靴をはいた猫とか!

と懐かしい話に2人して大盛り上がり!世代ではない齋藤さんも

齋藤さん:母が毎年楽しみに見に行っていたので、母と今回一緒に見に行けるのが楽しみです!

と、世代を超えて一緒に楽しめる喜びを語りました!

今回本作で上映される4作品『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』『えいが うちの3姉妹』『りさいくるずー』のなかで印象に残っている作品を質問されると、

太田さん:やっぱりおしりたんていじゃないですかね!他はあんまり面白くなかったな(笑)

と、自身が吹き替えを務めた作品を贔屓するも、すかさず

渡辺さん:絶対他の作品観てないでしょ(笑)

との突っ込みを入れ、またも会場は笑いに包まれました。

渡辺さん:うちの3姉妹はほのぼのして癒されますね!

と自身のお気に入りを明かしました。


本編をすでに鑑賞して

太田さん:まさかこんなことになっているとは思わなかったですよね。3Dメガネかけると飛び出してくるじゃないですか!

と、通常の2D上映で公開する本作に対しての冗談で会場を沸かせながら、

太田さん:でも本当に絵がキレイですよね!アニメもここまできたか!

とクオリティの高さに感動した様子で、

渡辺さん:テレビシリーズに出てくるキャラクターが沢山出てきて、まさにおまつりって感じで楽しかったです!

とタイトルにふさわしい仕上がりに感心する一方、

齋藤さん:大画面でおしりのお顔を観られるなんて!次の夢は4DXでおしりたんていの必殺技を見ることですね(笑)

と、本作の感想を思い思いに語りました!

映画情報どっとこむ ralph そして今回の「東映まんがまつり」復活のお祝いに、『映画おしりたんてい カレーなる じけん』で、新しいお店に欠かせないカレーのスパイスがなくなる事件が発生するというストーリーにあわせ、おしりたんていと、東京スパイス番長で鎌倉にてスパイスを販売している株式会社アナン3代目のメタ・バラッツさんが登場!!

大人気のおしりたんていに会場の子どもたちからも歓声が上がるなか、

メタ・バラッツさん:私が鎌倉生まれのインド人ですので、鎌倉の素材を沢山入れ、夏野菜のかぼちゃで甘みを出しつつ、インドのスパイスで香り高く仕上げ、今回だけ特別に作らせていただきました!

という紹介と共にカレーが登場すると、「いい香りがしていますね!」「子どもでも食べられそう!」とテンションが上がった3人は早速実食へ!

渡辺さん:非常にマイルドって言おうと思ったら、後からちょっとスパイス来ますね(笑)フルーティーな感じもしますし、面白くておいしいです!

と絶賛し、

齋藤さん:すごい色んな香りがしますね!美味しいです!

と大喜び!一方で

太田さん:もう少しあったかいうちに食べたかったな(笑)

渡辺さん:あなたが喋りすぎたんですよ(笑)

との渡辺さんのツッコミで、会場に笑いが起きながらも、

渡辺さん:でも僕は辛いのが苦手ですが、これは食べられました!美味しかった!

と満足した様子で語りました。

そして、1969年に上映された「東映まんがまつり」より、「長靴をはいた猫」の主人公ペロが50年の時を超え登場し、29年ぶりの復活となる本作のお祝いに駆け付け会場は大盛り上がり!大きな拍手と共に登場したペロに、当時実際に観ていた本作のファンだという太田さんも渡辺さんも「感動しています!」と興奮しっぱなしで、キャスト一同とおしりたんていと共に記念撮影を行いました!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

これから映画をご覧になる方へのメッセージとして、

齋藤さん:いつもテレビシリーズを見てくださっている方はもちろん、今回おしりたんていに触れてくださる方も、劇中の“ものを探す仕掛け”が沢山あり、楽しんでいただけるかと思いますので、是非観てください!

と熱のこもったメッセージ。

渡辺さん:テレビシリーズ以上に仕掛けが満載です!大きなスクリーンを利用して色んな探し物があります。エンドロールが終わった後も席を立たずお楽しみください!

と劇場版ならではの楽しみ方も伝授!

太田さん:参加させていただけて楽しかったです!アフレコを皆さんとご一緒に出来なかったのは残念ですが、レギュラー放送のほうで僕を出していただければ(笑)実写版でもやりたいですね(笑)

と冗談を交えたコメントで会場に爆笑を起こしながらも、

太田さん:でも、これがヒットすれば、そういう可能性につながると思いますので、どうぞ楽しんでご覧ください!

と語り、29年ぶりに復活するまんがの“おまつり”ふさわしい、大爆笑、大盛り上がりのイベントに幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 「東映まんがまつり!」

今回上映になる注目の4作品は、幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている、見た目はおしりでも推理はエクセレントな名探偵「おしりたんてい」から『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』。新しいお店のカレーに欠かせないスパイスが無くなる事件が発生!映画館でもおしりたんていと助手のブラウンが華麗に難事件を解決いたします!
©Troll/POPLAR  ©2019東映まんがまつり製作委員会

続いて「バーハンター」から、釣りへの情熱と才能だけは誰にも負けない少年トッタが、謎の海域に潜む伝説の超大物バーソウル「“”海魚ポセイドン」に挑む、『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』!
©鈴木サバ缶/小学館・爆釣団・テレビ東京 ©2019東映まんがまつり製作委員会

さらに、フー、スー、チーのおかしくてキュートな3姉妹が巻き起こすおっぺけぺーな日常に、観た人からハッピーになれる『えいが うちの3姉妹』!
©松本ぷりっつ/主婦の友社 ©2019東映まんがまつり製作委員会

最後には、ダンボールから作られた冒険家コンビ、ネコのヤマオリ、イヌのタニオリが伝説のお宝をさがしにダンボール惑星を大冒険する『りさいくるずー』。
©coyote ©2019東映まんがまつり製作委員会

大人気作品てんこ盛りでたっぷり4本楽しめる、まさに“まんがのおまつり”です!

***********************************





『カメラを止めるな!』クリエイター再集結!!『タイトル未定』新作映画今夏公開決定


映画情報どっとこむ ralph 上田慎一郎監督待望の長編デビュー作『カメラを止めるな!』(以下『カメ止め』)。
6/23(土)に都内2館で公開が始まって以降、多くのお客様に支えられて動員数220万人以上、興行収入31億を突破。日本アカデミー賞では最優秀編集賞・話題賞のほか優秀作品賞や優秀監督賞など計9部門を受賞するなど、国内外で63もの賞に輝き、2018年最大の話題作となりました。

そして、本日3月8日には日本テレビで地上波初放送も果たした今、アスミック・エース配給にて贈る、『カメ止め』クリエイター3人による最新作の公開が決定。キーワードは「三角関係」「復讐」「カメ」。
今作は彩の国ビジュアルプラザによる支援を受け製作。

上田監督のオリジナル脚本(共同脚本:中泉、浅沼両監督)に『カメ止め』クリエイター陣が集結し、1本の映画を作り上げました。

上田慎一郎と共に監督を務めるのは、『カメ止め』で助監督を担当し、3月2日にAbemaTVでOAされ話題となった「カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』」で監督も務めた中泉裕矢。2011年の『円罪』で監督デビューし、『母との旅』『エンドロールを撮りに』が国内映画祭で話題に。3月2日には最新監督作『君がまた走り出すとき』が公開されました。

そして、『カメ止め』ではスチールを担当した浅沼直也も監督として参加。『冬が燃えたら』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017短編部門最優秀作品賞を受賞した新進気鋭のクリエイターです。

映画情報どっとこむ ralph この3人は2015年に製作され、全国公開もされたオムニバス映画『4/猫 ねこぶんのよん』で各話の監督を担当した間柄で、息の合った共同監督ぶりに期待が高まります!!


今回の新作ですが、現在タイトルは≪未定≫、キャストやストーリーなど未だベールに包まれたまま。現在分かっているのは、「三角関係」、「復讐」、「カメ」といった映画のカギを握る3つの重要なキーワードだけ・・・。

3人の共同監督がそれぞれ特徴を生かして演出された、『カメ止め』を超える≪ネタバレ厳禁≫の濃厚な時間が待ち受けます!
撮影は昨年、わずか9日間で終了し、現在、鋭意ポストプロダクション中!

そして、この度、公開が“今夏”に決定致しました!

『カメ止め』クリエイターが一丸となって制作中の「タイトル未定」映画が、2019年も派手にはじけます!!併せて解禁となりました写真に果たして意味はあるのか?ぜひ続報をお楽しみに!


今夏、全国ロードショー!!
公式Twitter:
turtle_themovie

映画情報どっとこむ ralph 監督プロフィール

上田慎一郎(監督・脚本)
1984年、滋賀県出身。中学生の頃から自主映画を撮りはじめ、高校卒業後も独学で映画を学ぶ。2010年、映画製作団体PANPOKOPINA(パンポコピーナ)を結成。『お米とおっぱい。』『恋する小説家』『テイク8』など8本の映画を監督し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得する。2015年、オムニバス映画『4/猫 ねこぶんのよん』の1編『猫まんま』を監督し、商業デビュー。2017年、監督を務めた初の劇場用長編『カメラを止めるな!』が2館から350館へと拡大する異例の大ヒットを記録する。松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第7弾の監督にも起用され、現在製作中。妻であるふくだみゆきの監督作『こんぷれっくす×コンプレックス』(2015年)、『耳かきランデブー』(2017年)等ではプロデューサーも務めている。「100年後に観てもおもしろい映画」をスローガンに娯楽性の高いエンターテイメント作品を創り続けている。
《Twitterアカウント:@shin0407

中泉裕矢(監督・共同脚本)
1979年、茨城県出身。2011年から映像製作に携わり、初監督作品『円罪』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012ノミネート、第二回Jim×Jimアワードグランプリなどを獲得。続く監督作『母との旅』、『エンドロールを撮りに』が国内映画祭にてグランプリ5冠、観客賞8冠を達成。2015年12月に初の商業映画『4/猫ねこぶんのよん』の一編『ホテル菜の花』にて全国公開を果たす。これまでにイトーヨーカドー、楽天 SUPER LIVE TVなどのWEBドラマやWEB CM、アロンアルファのCMメイキングなども手掛けている。現在テレビ東京『ガイアの夜明け』の演出を担当。最新監督作は『君がまた走り出すとき』(19)。
《Twitterアカウント:https://twitter.com/pokyapa》

浅沼直也(監督・共同脚本)
1985年、長野県出身。東放学園映画専門学校出身。
長編『HeartBeat』は、ゆうばりファンタスティック映画祭2012正式出品、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012長編部門に正式ノミネート。第6回田辺・弁慶映画祭で市民審査賞を受賞。テアトル新宿で劇場公開される。文化庁委託事業若手映画作家育成プロジェクト2013に選出され、『鉄馬と風』を完成させる。『冬が燃えたら』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017短編部門最優秀作品賞を受賞。国内外の25の映画祭にノミネートされ、10の受賞を達成している。最新作『七年目の化石』は、第71回カンヌ国際映画祭ショートフィルムコーナーにて正式上映した。
《Twitterアカウント:https://twitter.com/asanacho》

SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ とは
埼玉県川口市に2003年オープンした、映像関連産業を核とした次世代産業の導入・集積を図るSKIPシティの中核施設。6つの施設群(HDスタジオ、映像制作支援室、インキュベートオフィス、映像ホール、映像ミュージアム、映像公開ライブラリー)によって構成され、撮影から編集、作品の上映まで一貫して行えることが特徴となっている。

***********************************


製作・著作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
脚本:上田慎一郎
共同脚本:中泉裕矢、浅沼直也
監督:上田慎一郎、中泉裕矢、浅沼直也
企画・制作:デジタルSKIPステーション
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース


29年ぶりの復活『東映まんがまつり』予告編&本ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 1967年(昭42年)より、東映が子ども向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズ「東映まんがまつり」が、29年ぶりに復活、4月26日(金)に全国公開します。

この度、本作の予告編と本ポスタービジュアルが到着しました!

「あの伝説が…ついに復活を遂げる!」というナレーションと共に幕を開け、まず登場したのは、幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている、見た目はおしりでも推理はエクセレントな名探偵「おしりたんてい」!

劇場版タイトルが『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』に決定した本作では、新しいお店のカレーに欠かせないスパイスが無くなる事件が発生!
口ぐせの「フーム、においますね」も飛び出し、映画館でもおしりたんていと助手のブラウンが華麗に難事件を解決いたします!

続いて「爆釣(ばくつり)バーハンター」から、釣りへの情熱と才能だけは誰にも負けない少年トッタが、謎の海域に潜む伝説の超大物バーソウル「“神(しん)”海魚ポセイドン」に挑む、『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』!

さらに、フー、スー、チーのおかしくてキュートな3姉妹が巻き起こすおっぺけぺーな日常に、観た人からハッピーになれる『えいが うちの3姉妹』!

最後には、ダンボールから作られた冒険家コンビ、ネコのヤマオリ、イヌのタニオリが伝説のお宝をさがしにダンボール惑星を大冒険する『りさいくるずー』の映像もお目見え!

大人気作品てんこ盛りでたっぷり4本楽しめる、まさに“まんがのおまつり”と言うべき本作に期待は高まるばかり!


今年のGWは是非映画館で“まんがのおまつり”を堪能してください!



映画情報どっとこむ ralph 【東映まんがまつりとは】
1967年から始まった、夏休みなど長期休みに行われた東映の子ども向けオムニバス興行タイトルのひとつ。アニメ作品だけでなく、実写映画「フィンガー5の大冒険」や「がんばれ!!ロボコン」などさまざまなジャンルの作品が上映された。「東映まんがまつり」という呼称は1990年の春まで使われており、29年ぶりの復活となる。

公式サイト:
toei-mangamatsuri.jp

公式twitter:
@toei-manga

***********************************


配給:東映
宣伝:ガイエ
©Troll/POPLAR ©鈴木サバ缶/小学館・爆釣団・テレビ東京 ©松本ぷりっつ/主婦の友社 ©coyote
©2019東映まんがまつり製作委員会