「アニメ」カテゴリーアーカイブ

Jキャメロンがもはや新次元の領域だ!と『アップルシード アルファ』予告編解禁


「もはや新次元の領域だ」とジェームズ・キャメロンがコメント

2004年にその革新的映像世界で国内外に衝撃を与えた「アップルシード」シリーズ待望の最新作

アップルシード アルファ

が2015年1月17日(土)より、新宿バルト9他にて全国公開となります。

そして!超映像世界の予告編、ついに解禁となりました。



今回解禁された予告編には『アップルシード アルファ』の超絶映像世界が描かれています。

さらには
『アバター』『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督
『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』『メゾン・ド・ヒミコ』の犬童一心監督
『楽園追放 -Expelled from Paradise-』『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄氏

の大絶賛コメントも収録、日米のまさにトップクリエイター大絶賛のスペシャル動画です。

アップルシードアルファ
さらに今回の予告編で、気になる来場者特典情報も解禁。ファン必見!士郎正宗原作の第一巻のカバービジュアルと、映画ビジュアルをあしらったギラギラ光る数量限定の“アップルシード30周年記念、ガンメタルクリアファイル”のビジュアルも解禁です! 

アップルシードアルファ特典映像
物語・・・
「アップルシード アルファ」ティザービジュアル
世界大戦後の荒廃したニューヨークで戦火を生き抜いた元SWATの敏腕女性隊員デュナンと、その相棒・サイボーグとなったかつての恋人ブリアレオスは未だ戦いの日々を送っていた。終わりの見えない戦いの中、人類が生み出した理想都市オリュンポスでの安息を夢見る二人の前に突如現れた1人の少女。

オリュンポスから来たという彼女は謎の追手に追われていた。少女と行動を共にする中で、二人は彼女の身体に秘められた秘密を知ることになる。それは世界を、地球を破壊し尽くすほどの巨大な力の鍵だった。迫り来る更なる最強の追手、今、人類の未来は二人に託された。

2015.1.17(sat)新宿バルト9ほか全国ロードショー
appleseedalpha.jp

この作品、4DXと言うリアル体感型シアターでの上映もあります。

前後左右上下に動くモーションシートや風、香り、ミスト、フラッシュなどのエフェクトの体験できるようです。

来週、これを体験できるイベント&試写会に行ってきますので、レポートしますのでお楽しみに!

********************************************************************

原作:士郎 正宗『攻殻機動隊』
監督:荒牧 伸志『アップルシード』シリーズ、『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』、『キャプテン
ハーロック』

CAST:小松由佳/諏訪部順一/悠木碧/高橋広樹/名塚佳織/東地宏樹/玄田哲章/堀勝之祐

メインテーマ:“Depth”中田ヤスタカ(CAPSULE)『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

キャラクターデザイン:山田 正樹『アップルシード』シリーズ
脚本:マリアンヌ・クラブジック『God of War』(ゲーム)英国アカデミー賞受賞
制作:SOLA DIGITAL ARTS『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』
サウンドトラック:unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN
配給:株式会社アニプレックス 

Motion picture(C)2014 Lucent Pictures Entertainment Inc./Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved. Comic book(C)2014 Shirow Masamune/Crossroad
  


ひつじのショーンの映画の邦題決定&新ビジュアル日本初解禁



英国アードマン・アニメーションズ製作最新作、シリーズ初の長編映画

となる『Shaun the Sheep The Movie(原題)』の邦題が、

映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~

に決定し、2015年夏に新宿ピカデリー他全国公開となります。

「ひつじのショーン」は、アカデミー賞(R)を多数受賞している英国アードマン・アニメーションズの大ヒットシリーズ『ウォレスとグルミット』の第3作目 『ウォレストとグルミット、危機一髪!』(日本公開1997年)に登場するショーンを主人公にしたスピンオフ作品。

羊のショーン
日本では現在NHK Eテレにて放送中の本作。来年で生誕20周年を迎える “ひつじのショーン”が満を持してついに映画化です。

ショーンの些細ないたずらが発端で牧場主が牧場を出ることに。彼を助けるため、ショーン、牧羊犬のビッツアー、おなじみの個性溢れる仲間たちは大都会に繰り出し、新たな土地で冒険を繰り広げます!

羊のショーンAbroad
邦題決定に伴い、うまれてはじめての大都会を歩く新ビジュアルが日本初解禁!イギリスが誇る世界的ミュージシャンを彷彿とさせ、映画ならではのスケール感がうかがえます。

気になる物語は・・・・

牧場でのんびりと過ごすショーンと仲間たち。ある日、ショーンは牧場主から自由になる生活を手に入れるためにあるいたずらをすることに。ショーンと群れの仲間たちは牧場主を眠らせて、牧場の隅にある車の中に移し、まるで夜になったように見せかける。

ところが、牧場主が中でぐっすり眠ったまま車が動きだし大暴走!ビッツァーは暴走するトレーラーの後を追いかけて都会へ・・・。

牧場に取り残されたショーンと仲間たちは大混乱。そこでショーンたちはビッツァーと牧場主を追いかけて都会へ旅に出ることに!

はたして、ショーンは牧場主を見つけ出すことができるのでしょうか・・・。

映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~

2015年夏 新宿ピカデリー他全国ロードショー

http://www.aardman-jp.com/shaun/

********************************************************************

監督・脚本:マーク・バートン
      リチャード・スターザック

配給・宣伝:東北新社
(c) 2014 Aardman Animations Limited and Studiocanal S.A.


天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~公開日決定!


衝撃すぎる バカボン一家VSフランダースの犬
赤塚不二夫さん生誕80周年企画・国民的名作ギャグマンガ「天才バカボン」の初の長編アニメ映画

映画「天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~」

公開日が2015年5月23日

正式大決定!!

天才バカヴォン~蘇る-フランダースの犬~
天才バカヴォン~蘇る-フランダースの犬~


今年の8月。衝撃が走った!

登場人物は、バカボン一家とフランダースの犬のネロとパトラッシュ~
ネロ通常
ネロ通常

物語は日本中に感動を呼んだあのフランダースの犬のラストシーンから始まる…

がしかし・・・


ネロとパトラッシュが天使の手を振りほどき、悪の手先となって現代に蘇り、いままで自分を虐げてきた人間への復讐の鬼となり悪事を繰り返す。
ネロ豹変
ネロ豹変


しかし、そこに現れたのは、あのバカボン一家!!変わらない馬鹿さを武器に挑む!

本作は、ネロとパトラッシュの原作では決して見られない恐ろしい姿、そして変わらないバカボン一家の馬鹿さ加減、バカボンのあの名物キャラクターも多数登場し、そして感動?のラストにはあの人までも登場と超豪華な顔ぶれとなっています。

絶対に一緒になるはずのない二組を引き合わせたのは、「鷹の爪」など数々のヒット作品を生み出しているFROGMAN。

今作を通してバカボン一家の姿から、思いやりの大切さ、人間としての本当の”賢さ”とは何か、そしてお馴染の”これでいいのだ!”のフレーズで現代社会を痛烈に皮肉りながら子供から大人まで楽しめる現代版「バカボン」を見事に描いていく。

パパ
映画「天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~」

2015年5月23日(土)日本中に”これでいいのだ”が響き渡る!

公式サイト:bakavon.com



********************************************************************

監督・脚本:FROGMAN
声優:FROGMAN、他
制作:DLE 制作協力:フジオプロ/日本アニメーション
企画協力:ぴえろ
製作:天才バカヴォン製作委員会
配給:東映 宣伝:DLE/ティ・ジョイ

天才バカボン
赤塚不二夫による漫画作品。バカボンのパパを中心としたナンセンス・ギャグ漫画。『週刊少年マガジン』1967年第15号連載開始。その後『週刊少年サンデー』『月刊少年マガジン』『月刊テレビマガジン』『月刊コミックボンボン』など1994年まで数多くの雑誌で連載・読切作品を発表。文藝春秋漫画賞(1972年)受賞。1971年~2000年までの間に、アニメが4シリーズ放映された。

フランダースの犬
日本アニメーションが制作する「世界名作劇場」の第1作目として、フジテレビ系列で1975年に放映されたアニメーション作品。画家を目指す少年・ネロと愛犬パトラッシュが、日々の小さな幸せを感じながら、数々の試練に向き合っていく姿を描く。「世界名作劇場」シリーズは2015年に40周年を迎える。

FROGMAN プロフィール
「秘密結社 鷹の爪」シリーズ作者。超凄い人!
 
 


「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」初日舞台挨拶に桑島法子さん、中村繪里子さん、内田彩さん登壇


12月6日(土)に「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」の初日舞台挨拶が行われ、森雪役の桑島法子さん、桐生美影役の中村繪里子さん、岬百合亜役の内田彩さんが登壇しました。

イベントでは、作品に対する想いや気になる登場男性キャラクターも発表!最後は、無事に地球での公開に漕ぎ着けた、本作の“航海(公開)”のお祝いと今後のヒットを祈願してヤマトガールも加わり、鏡開きを行い・・・

登壇者・会場の観客ともに「よいしょ!よいしょ!よいしょ!」と声を合わせて鏡開きを行い、和気藹々とした雰囲気に会場も大いに盛り上がりました。

日 程:12月6日(土)
場  所:新宿ピカデリー
登壇者 :桑島法子(森雪役) 中村繪里子(桐生美影役) 内田彩(岬百合亜役) ヤマトガール5名

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟初日舞台挨拶
桑島法子さん(森雪役) 中村繪里子さん(桐生美影役) 内田彩さん(岬百合亜役)のコメントをどうぞ!

桑島さん:
やっと今回、舞台挨拶のオファーを頂きました。一章から七章まではお声がかからなかったので(笑)呼んで頂けてほっとしているところです。
(女子だけの舞台挨拶に)女子部ですね! ヤマトは「継承」がテーマですが、前回より成長したヤマトクルーになっていたり、森雪の立場から見て古代くん、格好良くなったなと思って見ていました。テレビシリーズの時は、1人2役で…監督から無茶振りがきた、と(笑)森雪役だけでもいっぱいいっぱいだったのに、「ユリーシャも」と言われて大変でした(笑)ただ、広い宇宙で自分とそっくりな人がいると考えると壮大なロマンが広がりますね。
今日、初日を迎えられてとても嬉しく思います。テレビシリーズと同様、アフレコしながらヤマトに乗っているような感覚でやらせて頂きました。
『宇宙戦艦ヤマト2199』は世界に誇れるアニメーションの技術が集結していて、冒頭のシーンから引き込まれましたね。
個性的なガミラスやガトランティスの新キャラクターたちが素敵だなと思って、私は一人ひとりに感情移入してしまいました。何度も劇場に足を運んで壮大なスケールとスリルを味わっていただけたら嬉しいです。

中村さん:
桐生を演じた中村です。テレビシリーズから引き続いてやらせて頂き、この初日舞台挨拶の場に来ることができて嬉しいです。映画の公開のタイミングから、YRAラジオヤマトの仲間にも加えて頂いて、ラジオをやらせて頂く中で勉強させて頂きました。また、アフレコでも、皆さんに助けて頂いたと実感しています。
今回、もう一役のお話を頂いて、(桑島さんも内田さんも)一人二役をテレビシリーズで演じられていたので、私も挑戦したいと思いました。役者として凄い挑戦ができましたね。(好きなキャラクターを聞かれ)個人的にはバーガーさんが好きなんです。
『宇宙戦艦ヤマト2199』が始まってから、2年8か月という長い期間かかりましたが、ヤマトという作品自体がここまで運んでくださったんだなと思っています。また、一つの結末を皆さんにお届けできたのは喜びであるとともに、ヤマトが新しい展開を見せるのが不可能ではないということを実証できたと思います。この後も『宇宙戦艦ヤマト2199』が皆さんに様々な冒険をお届けできるよう、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

内田さん:
『宇宙戦艦ヤマト2199』で舞台挨拶をさせていただくのは今回が初めてです。今日、この場に立てたことをとても嬉しく思っています。
一番最初からYRAラジオヤマトを担当させて頂いておりまして、一緒に応援してきましたが、初めは私のような若造がヤマトを語るなんて…と思っていたのですが、若い世代の方からオリジナルヤマトファンの方までたくさんのメッセージを頂いて、一緒に『宇宙戦艦ヤマト』シリーズを勉強させていただきました。
(好きなシーンを聞かれ)沖田艦長と古代君のなごやかな会話をする笑顔のシーンがとても好きです。その時に、艦長が「岬くんのラジオにリクエストしようかなぁ」っていうシーンが嬉しくて、ホロっとしてしまいましたね。
今回の完全新作劇場版、個人的にもとても楽しみにしていたんですけど、シリーズを通して愛が描かれていて素敵だなと思いました。
若い世代への継承がテーマにあるように、オリジナルの「宇宙戦艦ヤマト」から『宇宙戦艦ヤマト2199』へと受け継がれ、さらに次の世代に受け継がれていって、もっと大きな作品になっていければと思います。皆さんでヤマトを愛して頂けたら嬉しいです。

********************************************************************

『宇宙戦艦ヤマト2199-星巡る方舟』 本ポスター原作:西﨑義展/総監督・脚本:出渕 裕
チーフディレクター:別所誠人
キャラクターデザイン・総作画監督:結城信輝
チーフメカニカルディレクター:西井正典
メカニカルデザイン:石津泰志、玉盛順一朗
音楽:宮川彬良/音響監督:吉田知弘/CGディレクター:上地正祐
CG制作協力:SUNRISE D.I.D. /アニメーション制作:XEBEC
製作:宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

キャスト
古代進:小野大輔/森雪:桑島法子/島大介:鈴村健一
真田志郎:大塚芳忠/桐生美影:中村繪里子/沖田十三:菅生隆之

©西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
 


メッチャ可愛い!!ミニオンのクリスマスグリーティング映像到着!


ユニバーサル・ピクチャーズ史上NO.1を記録、日本でも大ヒットした映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』。
ミニオンズ_クリスマス
その『怪盗グルー』シリーズで大人気の、バナナが大好物な謎の生物ミニオンが、主役の映画

『ミニオンズ(原題)』

が、2015年7月31日より公開となります。

そして!
この度、ミニオンたちから一足早いクリスマスプレゼントが到着!
そのプレゼントの中身とは・・・・
ミニオンたちがノリノリでクリスマスソングを合唱する超キュートなクリスマスグリーティング映像!
それではご覧ください!



物語は・・・
人類が誕生する遥か昔、黄色い生物としてミニオンは誕生した。

長い年月をかけて進化しながら、絶え間なくその時代の最も強いボスに仕えてきた。

Tレックスからナポレオンなどあらゆるボスに仕えてきたが、失敗ばかりで長続きしない。

やがて仕えるボスがいなくなり、ミニオンたちは生きる目的を見失ってしまう。ミニオン滅亡の危機が迫る中、兄貴肌のケビン、バナナのことで頭がいっぱいのスチュアート、そして弱虫のボブが仲間たちを救うべく立ち上がった。

極寒の南極からニューヨーク、そして流行の最先端を行くロンドンへ―

新たな最強最悪のボスを探しに、ミニオンズの壮大な旅が始まる。


『ミニオンズ(原題)』
2015年7月31日よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!

********************************************************************

声の出演:サンドラ・ブロック、マイケル・キートン
監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ
製作:クリス・メレダンドリ
脚本:ケン・ダウリオ、シンコ・ポール
北米公開:2015年7月10日
配給:東宝東和
(C)2014 Universal Pictures.